先導企業

「Ford+Volkswagen+ARGO AI」連合

自動運転システム

Ford Motor Companyは、北米の新車販売台数で、トップクラスにある自動車メーカー。

Volkswagen AG は、ドイツに本社を置き。ポルシェやフォルクスワーゲンのブランドの自動車メーカー。新車販売台数では世界No1となっている最大手。

自動運転システムの開発は、Volkswagen Autonomy GmbH(VWAT)を2019年に設立し、積極的に技術開発に取り組み始めている。

FordとVolkswagenは、業務提携し、「Argo AI」に巨額投資を行っている。3連合で自動運転システムを開発していく戦略と想定し、特許解析を行う。

「GM+Honda+Cruise」連合

自動運転システム開発

General Motors Companyは、北米の新車販売台数で、トップクラスにある自動車メーカー。GMと略す。

その自動運転システム開発は、「GM Cruise Holdings LLC」が行っている。

Cruiseは、サンフランシスコに拠点を置き、2013年にCruise Automationとして創業。その後、2016年にGMの傘下とった企業。GM以外にホンダやマイクロソフトと協業する。

TOYOTA

自動運転システム開発

トヨタ自動車は、世界No2の新車販売台数となる自動車メーカー。

自動運転システム開発は、2020年1月設立のWoven Planet Groupが取り組む。

Woven Planetを含めて、トヨタ自動車の技術開発活動や協業活動を特許解析をしておきます。

Waymo

自動運転システム開発

元Google。2016年12月にGoogleの自動運転車開発部門が分社化して、Alphabet傘下となった企業。

Abarth、Alfa Romeo、Chrysler、Citroën、Dodge、DS、Fiat、Jeep、Lancia、Maserati、Opel、Peugeot、Ram、Vauxhallの14ブランドの資本をもつステランティス N.V. と提携して、技術開発を進めている。

Waymo単独で行う事業は、LiDARセンサーの販売と、Chryslerの車両を使った完全無人車両での自動運転配車サービスを開始している。

技術開発活動や協業活動を特許解析をしておきます。

Daimler

自動運転システム開発

Daimler AGは、ドイツ・シュトゥットガルトに本拠を置く、世界的自動車メーカー。トラックの販売における世界最大手。

ブランドは、メルセデス・ベンツ、スマート、フレイトライナー、など、他にもある。三菱ふそうトラック・バスが子会社。

技術開発活動や協業活動を特許解析をしておきます。

Tesla

自動運転システム開発

Tesla, Inc アメリカのシリコンバレーを拠点に、二次電池式電気自動車と電気自動車関連商品、ソーラーパネルや蓄電池等を開発・製造・販売している自動車メーカー。

電気自動車の販売台数No1で、時価総額が世界一となった大企業。

電気自動車の開発に注力しつつ、自動運転システム開発にも取り組んでいる。

技術開発活動や協業活動を特許解析をしておきます。

Robert Bosch

自動運転システム開発

Robert Boschは、ドイツのゲルリンゲンに本社を置く、自動車部品の大手サプライヤー。

長距離LiDARの開発や自動バレーパーキングのシステム化技術など、自動運転システム開発に取り組んでいる。

技術開発活動や協業活動を特許解析をしておきます。

DENSO 

自動運転システム開発

元Google。2016年12月にGoogleの自動運転車開発部門が分社化して、Alphabet傘下となった企業。

Abarth、Alfa Romeo、Chrysler、Citroën、Dodge、DS、Fiat、Jeep、Lancia、Maserati、Opel、Peugeot、Ram、Vauxhallの14ブランドの資本をもつステランティス N.V. と提携して、技術開発を進めている。

Waymo単独で行う事業は、LiDARセンサーの販売と、Chryslerの車両を使った完全無人車両での自動運転配車サービスを開始している。

技術開発活動や協業活動を特許解析をしておきます。

ZF
ドイツ
APTIV
元デルファイ・コーポレーション
Aurora
ワーゲンとヒュンダイと提携
tuSimple
Zoox
Amazon
Innoviz Technology
Blickfeld
Velodyne
Ibeo
Valeo
TOPOSENS
Wayve

Veoneer

LiDAR製品のサプライヤー

世界最大手の自動車安全システムサプライヤーAutolivの傘下にある企業。
2018年に、エレクトロニクス事業の別会社を新しく創立したのが、「Veoneer」

Autoliv(オートリブ)は、世界27カ国に拠点を有し、従業員数約66,000人を擁するグローバルカンパニーです。

エアバッグ・シートベルト・ステアリングホイールなどの開発・生産・販売を行っている。また、ADASや自律走行システムなど自動車安全システムの世界的リーダーである。ブロックの追加

Luminar

LiDAR製品のサプライヤー

カリフォルニア州パロアルトに本社、フロリダ州オーランドに開発拠点を置く、2012年設立のスタートアップ企業。https://www.luminartech.com/

ボルボ、トヨタ、VWグループのアウディの子会社のAID(Autonomous Intelligent Driving)など自動車メーカーとの共同開発を進めている。

認知性能が高いLiDAR 技術を保有する。照射する光の波長を工夫し、遠くにある「暗い(黒い)」物体の検出を可能にしつつも、目に優しい光で実現している。

Mobileye

イスラエルのエルサレムに拠点を置き、
 2017年にINTELの嵩下に入る。
https://www.mobileye.com/about/

先進運転支援システム(ADAS)を可能にするソフトウェアの大手サプライヤ で、BMWとIntelとで完全自律型自動車を開発する。2021年の生産開始を計画。

主な保有技術は、単眼カメラによるセンシング技術と、リアルタイムマッピングシステム、人工知能(AI)の強化学習システムの技術がある。

Aurora(+Uber)

Velodyne
veoneer
LiDAR
tuSimple
Innoviz Technology
Blickfeld
Ibeo
Valeo
TOPOSENS
Wayve

Bosch

本田技研工業は、日本に拠点を置く、大手自動車メーカー。

AVPの開発を進めている。

技術開発活動や協業活動を特許解析をしておきます。

HONDA

本田技研工業は、日本に拠点を置く、大手自動車メーカー。

AVPの開発を進めている。

技術開発活動や協業活動を特許解析をしておきます。

「Amazon+Zoox」連合

Apple

Sony

Uber