次世代モビリティ情報配信の会員制サービス

CASEの技術開発戦略のための情報収集をする方に最適

技術情報の収集に、困っていませんか?

例えば、メディアの記事を読んでも技術のこと、詳しく把握できない。技術を把握できる特許情報を自分で読むと、手間と時間がかかり過ぎる。特許解析を業務委託すると、手続きに時間がかかり過ぎるし、しかも高額。

いずれも、技術の最新動向の把握ができなくて、困っている!

Mobipaを利用すれば、解決します。

次世代モビリティの実現を目指す企業が共通に必要とするのが、CASEの技術情報ですが、その技術情報が分かり易い記事で手間をかけないで簡単に把握できるのがMobipa。

 Connected(コネクテッド)
 Autonomous car(自動運転車)
 Shared & Services(シェアリング)
 Electric(電気自動車)

「1分で分かる」Mobipaのサービス

会員制の有料サービス

記事見放題プランを利用すれば、課金を気にせず、日々配信される記事と蓄積されている過去の記事を閲覧できるようになり、しかも、割安料金で利用できます。

Mobipa利用のメリット

見放題なので、手続きに手間や時間をかけさせません。また、大きな費用負担をかけさせません。会員が自ら特許を読むことなく、手間と時間をかけずに、日々配信される特許解析を伴う記事を読むだけでCASEを先導する企業の技術開発動向を把握できるようになります。

是非、ご利用ください。

記事サンプル

例えば、

自動運転車が走行するイメージ
CASEが変える、未来とは
私たちの未来の暮らしにもたらすものがどのようなものかを推測。Connected(コネクテッド)、Autonomous car(自律走行車)やShared & Services(シェアリング)、Electric(電動化)のCASE技術が車や移動を変えた未来像を解説
自動運転車が走行するイメージ
自動運転が生みだすビジネス
自動運転車とは、認知、判断、操作、そしてヒューマンインターフェイスを要件とする車であり、無人で走行する車両のこと。今後ホテルなどのバレットパーキングやトラックの隊列走行、ロボットタクシーなど、まざまなサービスとして活用が見込まれる。
道路を走行する自動車
自動運転の技術を急拡大させたCruiseの勢い
General Motors が2280円規模の投資をして子会社化したCruiseが2019年に100人近い開発者を増やしたことを明らかにした特許解析の結果を説明する。
テスト走行を行うCruiseの技術開発とは
開発者を急激に増やしたCruiseが、何を開発しているのかを特許解析で明らかにした。解説する。

記事はこちら