次世代モビリティの情報配信型サービス

戦略的に情報収集をしたい方に最適

CASE戦略のための情報収集ができるサイトがMobipa。

技術動向だけではなく、M&Aや協業などの動向を知ることができる。さらに、企業発表の裏にある技術開発活動を知ることができる。他社の開発戦略を探ることが可能で、特に、CASEを先導する企業の戦略を探りたい皆さまに最適。しかも、記事を読むだけで手間をかからない。それになんといっても、鮮度の高い情報収集ができる。

 

CASEの特許解析を日常的に行う戦略的なリサーチ

それを実現するMobipaは、特許解析を伴う独自のリサーチを日常的に行う。毎日だから鮮度が高い最新動向をお届けできる。毎日の特許解析だから技術の専門性が高まり、CASEを深掘りできる。CASEの技術開発戦略を構築する担当の方におススメのサービス。

① CASEを網羅的にリサーチ

技術開発や協業・M&A、テスト走行などの実験、などの情報を区別することなく、網羅的にリサーチします。

 Connected(コネクテッド)
 Autonomous car(自動運転車)
 Shared & Services(シェアリング)
 Electric(電気自動車)

②  鮮度の高い最新動向をリサーチ

日常的にリサーチすることにより、新しい動きを把握。知り得た情報は、速やかに新たな記事にし、迅速にサイト掲載し、みなさんに閲覧可能にします。

③  企業発表の裏にある企業活動を特許解析

企業発表や報道の情報は、技術を深堀されることはない。ましてや、開発戦略を公表することはなく、かつ、分析することもできない。

しかし、この発表の裏で、次世代のための技術開発(投資)活動が行われている。それを特許解析で深掘り。例えば、企業の技術開発の変遷を時間軸に辿ることにより、企業がどの技術に開発リソースを投入したか、あるいは、やめたか、それに他社に頼ったか、などを特許解析する。そんな深掘りを特許解析で行うのがMobipaなのです。

戦略を読むツールとしてご活用いただけるようにしています。

モビリティ分野での成長を目指す企業が抱える問題を解決

この分野の技術開発戦略を構築することに困っていませんか?情報戦略に勝つために必要な情報収集の問題を解決します。

調査

他社の技術開発の最新の動きを把握したい。

協業の動きを把握し、融合するどうなるのかを知りたい。

疲労

優れた技術を探せないで困っている。M&Aや共同開発を、他社に先を越されたくない・・・

パソコンで調べる

新規参入企業の動きを知って、対策をしたい。いち早く対策を練りたい・・・

コンテンツ(例)

例えば、

自動運転車が走行するイメージ
CASEが変える、未来とは
私たちの未来の暮らしにもたらすものがどのようなものかを推測。Connected(コネクテッド)、Autonomous car(自律走行車)やShared & Services(シェアリング)、Electric(電動化)のCASE技術が車や移動を変えた未来像を解説
自動運転車が走行するイメージ
Autonomousが生みだす製品
自律走行車とは、認知、判断、操作、そしてヒューマンインターフェイスを要件とする車であり、今後ホテルなどのバレットパーキングやトラックの隊列走行、ロボットタクシーなど、まざまなサービスとして活用が見込まれる。
道路を走行する自動車
GM・ホンダ連合の合体技術とは
General Motors がEV技術を、本田技研工業がxx技術を、それにGM子会社が走行実験で人工知能技術を技術開発して組み合わさった技術を特許解析で見える化した結果を解説
レクサス
トヨタとWaymoの技術の差とは
自律走行技術の技術開発は、人工知能を使っているという点では共通するものの、その人工知能への依存度など技術開発方針の違いが、特許解析で鮮明に分かってきた。特許解析した結果を解説

Mobipaの記事群はこちら

企業別、技術別の両方のメニューを用意しました。

企業単位に見たい方

技術単位に見たい方