次世代モビリティ分野に特化した情報提供サービス

公表されない技術開発情報をあなたに!

CASEの漠然とした脅威にさよなら!
開発状況が見えれば、未来で戦える!

特許解析レポーティングサービス

mobipaからのお知らせ

最新記事

※ 主に、CASE先進技術に関する記事です
 Connected(コネクテッド)、Autonomous car(自動運転車)、Shared & Services(シェアリング)、Electric(電気自動車)

報道されるCASE先進技術って、具体的に何があるの?知りたいあなたへ

mobipa発行の記事は、先進技術の情報が豊富です。過去分もあります。
なぜならば、業界各社の企業発表のたびに発行することと、過去の企業発表を遡及して特許解析で最近の状況について記事にしているからです。
蓄積しているので、先進技術の記事が集まり遡及可能にしています。

クリックして、記事一覧をご覧ください。

A(自動運転車)の記事

S(サービス関連)の記事

E(脱炭素車)の記事

mobipa
CASE先進技術の報道が気になっている…という方へ
特許解析レポーティング
自動運転車が走行するイメージ
CASEが変える、未来とは
私たちの未来の暮らしにもたらすものがどのようなものかを推測。Connected(コネクテッド)、Autonomous car(自律走行車)やShared & Services(シェアリング)、Electric(電動化)のCASE技術が車や移動を変えた未来像を解説
自動運転車が走行するイメージ
自動運転が生みだすビジネス
自動運転車とは、認知、判断、操作、そしてヒューマンインターフェイスを要件とする車であり、無人で走行する車両のこと。今後ホテルなどのバレットパーキングやトラックの隊列走行、ロボットタクシーなど、まざまなサービスとして活用が見込まれる。
道路を走行する自動車
自動運転の技術を急拡大させたCruiseの勢い
General Motors が2280円規模の投資をして子会社化したCruiseが2019年に100人近い開発者を増やしたことを明らかにした特許解析の結果を説明する。
テスト走行を行うCruiseの技術開発とは
開発者を急激に増やしたCruiseが、何を開発しているのかを特許解析で明らかにした。解説する。