デンソーが共同開発するFMCW方式のLiDAR

共同開発

2021年1月19日に株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:有馬 浩二)は、自動車向けのセンサーを開発する米国のスタートアップ企業Aeva Inc.(本社:米国 カリフォルニア州、社長:Soroush Salehian、以下Aeva)と共同開発を行うと発表した。周波数連続変調(FMCW)方式の次世代LiDARをデンソーとAevaの技術を融合して共同で開発するという。

デンソーは、安全で自由な移動の実現を目指し、車両の安全性能を向上する製品として、画像センサーやミリ波レーダー、LiDARなど、高度運転支援・自動運転に関する技術開発に取り組んできました。

一方で、Aeva社も周波数連続変調(FMCW)方式のLiDARを開発してきていると思われる。

従来のToF方式

LiDARの距離計測の一般的な原理は、Time of Flightの略のToF方式が知られている。

パルス光を発して反射光の遅延時間から距離を計測する原理を使う方法。

FMCW方式のLiDAR

TOF方式と比べ、物体との距離や方向を検知だけでなく、物体の移動速度を同時に計測することが可能にする技術という。

FMCW方式のLiDARが実用化されれば、従来のTOF方式より正確な状況を把握しやすくなり、自動運転車の安全性が増していくことが期待される技術といえるのかもしれない。

デンソーが培ってきたセンシング技術と、Aeva社の固有技術を掛け合わせることで、高性能な次世代LiDARを開発、提供するとデンソーはいう。

次回の記事(案)

本記事は、デンソーのプレスリリースをベースにFMCW方式を説明したが、まだまだ、深堀ができることが多くある。例えば、

  • FMCW方式のLiDAR開発をする企業が他にないのか?
  • 他社の開発技術の内容はどうなのか?

がいただければ、それを特許解析した記事を制作したいと思います。
是非、「深掘リク」ボタンを押していただければと思います。

2020年1月23日 アナリスト 松井

関連記事

DENSO記事

LiDAR記事