発明者数で見るCASEを先導する企業の開発投資活動

Connected(コネクテッド)Autonomous(自動運転)、Share&servive(シェアカーやデリバリーカーなど)、Electric(電動化)の4つの技術を頭文字をとって、CASEと呼ばれている。

CASEの各技術は、現在、多くの企業等で技術開発が行われている。企業発表されることのない技術開発活動なので、各企業が行い公開される特許情報をベースに特許解析を行った。その結果、際立って多くの出願を行っている企業が3社であることが分かった。この企業は、自動車メーカーであり、それぞれが次世代モビリティの実現に向け取り組むことを企業発表している企業である。ここでは、この3社を先導企業と呼んで、各社の技術開発戦略が読み解けるように特許解析を行い、結果を説明していく。

Conected Car 開発投資

急上昇中。開発競争のピークはこれからまだ先にありそうな勢い。

開発企業は、米国自動車メーカーが先行していた。それを追従する形で日本のメーカーが米国自動車メーカー以上の開発者を増やして、急速に追従しているように見える。

先導企業3社の競争が激化

トップ3は、Ford、GM、TOYOTA。

投資を増やす競争になっていて、米国の自動車メーカーが先行していたのを発明者数では追い抜く状況にまで、TOTOTAの投資が目立っている。

Autonomous Car 開発投資

急上昇中。開発競争のピークはこれからまだ先にありそうな勢い。

開発企業は、米国自動車メーカーが先行していた。それを追従する形で日本のメーカーが米国自動車メーカー以上の開発者を増やして、急速に追従しているように見える。

先導企業3社の競争が激化

トップ3は、Ford、TOYOTA、GM。

投資を増やす競争になっていて、米国の自動車メーカーが先行していたのを発明者数では追い抜く状況にまで、TOTOTAの投資が目立っている。

Service&Share Car 開発投資

急上昇中。開発競争のピークはこれからまだ先にありそうな勢い。

開発企業は、米国自動車メーカーが先行していた。それを追従する形で日本のメーカーが米国自動車メーカー以上の開発者を増やして、急速に追従しているように見える。

先導企業3社の競争が激化

トップ3は、Ford、TOYOTA、GM。

投資を増やす競争になっていて、米国の自動車メーカーが先行していたのを発明者数では追い抜く状況にまで、TOTOTAの投資が目立っている。

Electric Car 開発投資

急上昇中とはいえない、平たんな状況にある。開発競争のピークは過ぎたのかもしれない。

開発企業は、米国自動車メーカーが先行していた。それを追従する形で日本のメーカーが米国自動車メーカー以上の開発者を増やして、急速に追従しているように見える。

開発競争が

先導企業3社の競争が激化

トップ3は、Ford、TOYOTA、HONDA。

投資を増やす競争になっていて、米国の自動車メーカーが先行していたのを発明者数では追い抜く状況にまで、TOTOTAの投資が目立っている。