本サイトは、整備中。

未完成な情報も含まれますので、予めご了承いただき、閲覧ください。

自動運転車に関わる技術動向・企業動向・特許動向の3動向を情報提供します。


調査は、プレスリリースやニュース、特許情報、などが対象です。

サイトの活用方法

メニューの構成をこの後説明する。
お客様の興味のある技術、企業、特許技術を選んで閲覧いただけます。

メニュー・サブメニュー の構成イメージ

技術動向
 俯瞰(技術)
 LiDAR
 自動運転OS
 GPU
  ・
  ・
企業動向
  俯瞰(企業)
 NVIDIA
 AZAPA
  ・
  ・
特許動向
 注目特許分類
 俯瞰(特許)
 車線逸脱防止支援(レーンアシスト)
  ・
  ・

技術動向・企業動向・特許動向の定義(意味)について説明する。

技術動向とは

自動運転車に関わる技術・機能について、特に、 プレスリリース技術の動向を、注目度が高い 技術・機能 を取り上げ、その具体的な技術内容を特許情報を使い分析してまとめたもの。

企業動向とは

自動運転車に関わる技術・機能をプレスリリースする企業(大学なども含む)について、ニュースなどで注目度が高い 技術・機能 を取り上げ、その企業の具体的な 技術開発内容 を特許情報を使い分析し、 アライアンスなどの取り組みについて、 プレスリリース、等のネットで取得できる情報で分析してまとめたもの。

特許動向とは

自動運転車に関わるプレスリリースする技術・機能の「課題」「実現手段」を特許情報で分析し、「開発時期」や「技術開発の活性度」を時系列のパテントマップで分析し、まとめたもの。なお、特許権について、基本、分析をしていない。
発見した基本特許情報に限りお知らせすることがある。

ミッション別のサイト活用方法

「戦略策定」企画者向け

例えば、共同開発で自動運転車の開発を目指す担当者向けには、2つの活用があります。1つは、共同開発先を選定する際に選択肢となる企業やその技術を見極める際にご利用いただけ流ものです。

アライアンス先の検討は、選択肢となる複数の企業の技術力を比較したいものです。同じ技術のように見えて企業の保有する技術は異なります。その差を把握してから期待にマッチした技術を保有している相手を選び、アライアンス契約を結びたいものです。

その保有技術の差を明らかにする独自の調査方法は、特許情報を使います。特許情報を操ります。注目される「企業の技術」を見極めた上で、各「企業の技術」ごとの特許情報を調べ、より粒度を細かく分類して技術の評価を行うことで、「企業の技術」ごとの比較が可能。その情報を提供します。

当社技術を補完するのは、B社!

「技術開発」者向け

例えば、同業他社(競合)の技術開発戦略を知るのに活用できます。

競合の保有する技術を把握して、お客様の技術開発戦略を検討してください。

同じ技術を後発で開発してても勝てません。

特許を先に取得され、お客様の開発結果は、上市できなくなります。それだけでなく、顧客にとっても後追い製品には、魅力が落ちます。競合の技術開発内容を把握して、いち早く製品化することが重要です。

勿論、お客様は、独自で調査をしていると思いますが、特許調査にしても、初めて行う際は、特許読み込み量が膨大になって、開発者の負担が大きくなります。また、初めての技術分野は、特許が読みにくいものです。まずは、このサイトを利用し、概略を把握すには、適していると思います。日々、この領域の特許を読んでいるスタッフがいて、慣れている技術スタッフが整理してまとめていますので、客様の負担は軽減できます。概略把握には活用できます。

つまり、特許情報を使って、競合の技術ごとをより粒度を細かく分類して技術の評価を行うことで、御社の技術と比較できるようにします。

調査方法は、IPC、などの特許分類で比較するパテントマップ分析はしません。技術開発者にとって意味のある結果が得られないからです。

独自の調査方法で、行います。基本、商品カテゴリー別に技術を分析できるようにします。特許情報を使いますが、特許権にフォーカスした考察は、この段階では行いません。分かりにくいからです。

特許権(抵触防止)調査における本サイト情報の利用は、十分ではありませんので、おやめ下さい。調査会社に調査を依頼する際のサンプル特許程度に扱ってください。

本サイトの特長、「独自の調査方法」

  1. 注目技術を抽出 ;プレスリリースやニュース、特許情報、などから
  2. 注目企業の抽出 ;プレスリリースやニュース、特許情報、などから
  3. 全体を俯瞰   ;上1、2項の結果から
  4. 注目技術の比較 ;企業別の技術開発内容を把握(主に、特許情報)
  5. 注目企業の取組み;技術提携状況、開発する技術内容
  6. まとめ

つまり、プレスリリース技術を単位に、競合(連合)の技術開発の脅威を把握して情報提供するノウハウがあります。