キー技術

キー技術ごとの記事一覧から各技術の動きを見ていただくページです。

自律走行車両
LiDARセンサー
カメラ(イメージセンサー
人工知能
V2X通信
EVバッテリー
FCV
MaaS
3D地図
自動バレーパーキング
トラック隊列走行

自律走行車両(Driverless vehicle)

無人で走行する自律走行車技術の開発が進められている。

テスト走行を伴って、走行時のデータを集めて安全性を確認するとともに、カメラやLiDARセンサーからの画像データを蓄積して、AI技術などの学習データを構築していると思われる。

LiDARセンサー

Light Detection and Ranging、Laser Imaging Detection and Rangingの略で、可視光などの波長の光を照射し、反射光から対象の距離や方向、形状などを測定するリモートセンシング技術。

自動運転において、周囲の自動車や歩行者、障害物などの情報を画像認識して、自動でブレーキをかけるなどして衝突を防ぐ機能などに使われる。

LiDARの技術課題は、コスト、小型化、計測精度、処理速度など。各社で技術開発が進められている。

カメラセンサー(Image Senser)

自動運転において、周囲の自動車や歩行者、障害物などの情報を画像認識して、自動でブレーキをかけるなどして衝突を防ぐ機能の画像取得をするリモートセンシング技術としてのカメラには、単眼カメラあるいはステレオカメラなどが使われている。

人工知能(AI)

自動運転において、人工知能技術は、自律走行車のキー技術と言われています。カメラたLiDARなどによるリモートセンシングによって周囲の自動車や歩行者、障害物などが画像化された後の画像認識に人工知能が使われ、画像内の自動車や歩行者、障害物を認識する機能に使われている。それだけではなく、画像認識後の人工知能技術として使うことの開発が進められているが、その辺の技術まで、特許解析で明らかにしていきたいと思います。

V2X(Vehicle-to-Everything)

自動運転において、人工知能技術は、自律走行車のキー技術と言われています。カメラたLiDARなどによるリモートセンシングによって周囲の自動車や歩行者、障害物などが画像化された後の画像認識に人工知能が使われ、画像内の自動車や歩行者、障害物を認識する機能に使われている。それだけではなく、画像認識後の人工知能技術として使うことの開発が進められているが、その辺の技術まで、特許解析で明らかにしていきたいと思います。

EVバッテリーEV Battery

電気自動車のことをEV、或いは、バッテリーEVなどと呼ばれている。電気自動車はすでに商用化されていて、2030年代には、エンジン車が販売されなくなり、電気自動車に変わっていくことが計画されている。

その次世代に向けての課題は、バッテリーと言われている。連続して走行できるだけのバッテリー容量には至ってなく、ガソリン給油時間のレベルでの急速充電は、まだ先のこと。バッテリーの技術開発などが進められているので、特許解析で明らかにしていきたいと思います。

燃料電池車(Fuel Cell Vehicle)

Fuel Cell Vehicleを略で、燃料電池自動車ののこと。

MaaS(Mobility as a Service)

Mobility as a Service の略で、マースとよばれている移動サービス。スマホで目的地を指定すると、様々な乗り物を乗り継いで、行きたいとこに行けるようにするサービスを考えている業者がいるようである。

参入企業は、タクシー、レンタカー、シェアカー、ライドシェア、などの既存事業者と、自動車関連ではない他業界まで広がっていて、今後さらに増えていくことが予測される。

ここではMaaSのための技術開発に着目し、特許解析をしていこうと思います。

高精度3次元マップ

地図

自動運転に不可欠なものに地図情報がある。従来の地図を高精度にすることと、渋滞情報や事故情報のように時々刻々と変わる情報を加えていくことと、信号機など道路からの情報など、多次元の情報からなる地図情報が自動生成されるなどの技術が開発されている。

自動バレーパーキング

自動運転に不可欠なものに地図情報がある。従来の地図を高精度にすることと、渋滞情報や事故情報のように時々刻々と変わる情報を加えていくことと、信号機など道路からの情報など、多次元の情報からなる地図情報が自動生成されるなどの技術が開発されている。

トラック隊列走行

自動運転に不可欠なものに地図情報がある。従来の地図を高精度にすることと、渋滞情報や事故情報のように時々刻々と変わる情報を加えていくことと、信号機など道路からの情報など、多次元の情報からなる地図情報が自動生成されるなどの技術が開発されている。

EV

自動運転に不可欠なものに地図情報がある。従来の地図を高精度にすることと、渋滞情報や事故情報のように時々刻々と変わる情報を加えていくことと、信号機など道路からの情報など、多次元の情報からなる地図情報が自動生成されるなどの技術が開発されている。