企業)スタートアップ企業

東京に拠点を置く。 会社名がアセントロボティクス株式会社。
HPは、 https://www.ascent.ai/

自動運転システムのテスト走行は、増え続けていて、今後も完全自動運転化に向けた技術開発が進められる。テスト走行は、技術の進歩に欠かせないと思われていた中で、アセントロボティクス社は、独自AI技術でテスト走行をしないで済む AI ソフトウェアを開発したことは、今後の自動運転のAI化技術を発展させることに貢献するのかもしれない。

提携)日本マイクロソフトと協業

2019年6月11日のプレスリリースでは、アセントロボティクスと日本マイクロソフトがクラウドを活用した自動運転テクノロジー開発に向けて協業(出展;マイクロソフトHPのこのURL)とある。 アセントロボティクス は、Azure の活用を拡大していく方針。

技術)自動運転向け AI ソフトウェア

実際の路上での試験走行を必要とせずに仮想現実の中で走行するAI エージェントの学習を行うことができるため、国内・海外問わず展開することが可能な、自動運転向け AI ソフトウェアの開発を行っている会社。

出展;アセントロボティクス株式会社 のHP

独自技術)GANを利用した 疑似実画像を生成する特徴が特許情報から見えてきた

特許情報を調べたところ、特開2019-098949 を発見。

  • 技術内容は、自動運転のAI制御の学習方法。第1仮想環境を提供するシミュレータを利用して操作者による見本行動情報を取得し、実画像と第1仮想環境から抽出された仮想の疑似実画像をGAN(※1)を使い生成した第2仮想環境上で、見本行動情報に基づいてエージェントを模倣学習により学習させる学習方法、学習装置及び学習プログラム 。
  • ※1;敵対的生成ネットワーク(Generative Adversarial NetworkGAN)は、ディープラーニングをさらに工夫した画期的な技術である。詳しくは以下を参照。

Neural Network Console

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です