トヨタ モビリティサービス パートナー

□ e-Palette Concept

“e-Palette Concept”は、トヨタ自動車が 2018年6月にプレスリリース したもの。

翌年の2018 International CESで出展している。

複数のサービス事業者による1台の車両の相互利用や、複数のサイズバリエーションをもつ車両による効率的かつ一貫した輸送システムといったサービスの最適化を目指しています。(出展;トヨタ自動車のHP

動画で見るとこんな感じです。

コンセプトは、ライドシェアや宅配などの未来型のサービスのもの。


トヨタ自動車 が用意する自動車は、大型バス並みのサイズの自動運転車と、中型車両、それに小回りの利くバイク並みの小型車の3車両。これにより、大型車で遠距離輸送を担い、中型車が引き継ぎ、最後は小型車に引き継ぎ、街中や住宅地の狭い道を輸送する。つまり、 トヨタは、3つの異なるサイズの自動運転車を開発する模様。

宅配業者やタクシー、などを手掛けるサービス事業者は、この車両を活用し、荷物を家に届けるサービスをする。

トヨタ自動車は、モビリティサービス(MaaS)専用次世代電気自動車(EV)のコンセプトで、パートナーを集めて、サービスの企画段階から実験車両による実証事業をともに進めていく。

□トヨタが自社開発する技術

  • 車両制御インターフェース
  • DCM(データコミュニケーションモジュール)
  • TBDC(TOYOTA Big Data Center)
  • OTA(Over The Air)無線通信を経由して、ソフトウェアの更新を行うこと
  • モビリティサービスプラットフォーム(MSPF)

□モビリティサービス のパートナー

  • Didi Chuxing(ビジネスパートナー&技術パートナー)
  • マツダ株式会社 (ビジネスパートナー&技術パートナー)
  • Uber Technologies, Inc. (ビジネスパートナー&技術パートナー)
  • Amazon.com, Inc.(ビジネスパートナー)
  • Pizza Hut   (ビジネスパートナー)

「自動運転車も使うLiDARセンサー技術でマヤの巨大都市を発見。グアテマラの森林に6万もの構造物 Engadget 日本版」など、2018年2月5日     ニュース

ニュース
自動運転車も使うLiDARセンサー技術でマヤの巨大都市を発見。グアテマラの森林に6万もの構造物

文化遺産保護のための科学的調査を行うPACUNUM財団はLiDAR技術を利用した調査によって、中米グアテマラの森林地帯に6万ものこれまでに知られていない構造物を発見しました。これはこの地に栄えた古代マヤ文明の都市がわれわれの認識よりかなり大規模で、マヤの人口も従来は500万人ほどとされていた …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
人間と機械の“意思疎通”が不十分な自動運転技術 (1/2)

今後、ロボットカーにもさまざまなセンサー技術を適用することで、透視能力のような機能を搭載できるのではないだろうか。しかし今のところ、人間のドライバーの心まで読み取れるような透視機能はまだ存在しない。 このような、自動運転車の実現に向けたビジョンが不十分であるという現状に対し、恐れることなく立ち向かって …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車の公道実証プロジェクトと事業化–国内外で進む

… Chuxing、Pizza Hut、Mazda、Uber、技術パートナーとしてDidi Chuxing、マツダ、Uber Technologiesと提携し、実験車両による実証事業を進める。 MSPFでは、車両制御インターフェースを開示、他社開発の自動運転制御キットが搭載可能で、モビリティサービスプラットフォーム上でサービス事業者が必要とするAPIを公開 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日立オートモティブシステムズ、一般道にて自動運転の走行実証試験を実施!対向や歩行者の検知 …

… ステアリングのすべてを自動的に制御し、ドライバーをサポートする高速道路同一車線自動運転技術「プロパイロット」が装備されている。また、アクセル、ブレーキ、ハンドル、シフト、パーキングブレーキまで、駐車操作のすべてを自動制御する国産初の本格的自動駐車システム「プロパイロット パーキング」も採用されている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
新型FCVで平昌まで自動運転

【ソウル=鈴木壮太郎】韓国の現代自動車は5日、新型燃料電池(FCV)「NEXO」(ネクソ)を3月、韓国で発売すると発表した。同日はネクソに自動運転技術を搭載した試作でソウル近郊から五輪開催地の平昌まで走行するデモンストレーションを公開。次世代の開発で先行するトヨタ自動車など世界大手に対抗する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
現代自動車、ソウル~平昌間190キロメートル高速道路で自動運転に成功

現代自動車が平昌(ピョンチャン)冬季五輪を控えてソウル~平昌間の高速道路約190キロメートル区間で自動運転に成功した。数百キロメートルの長距離コースで、区間別法規が許容する最高速度(時速100~110キロメートル)を実現し、自動運転技術を披露したのは韓国ではこれが初めてだ。 現代自動車は2日、米国自動車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
無人の自動運転車が公道を走る、ボッシュが走行テスト開始へ 2018年内

このプロジェクトは、どのようなが都市部での完全自動運転を実現できるかという考察を元に、自動運転を可能とするシステムの量産化を整えるのが狙い。背景には、ドライバーがのもとへ行くのではなく、がドライバーのもとへ来る、という考えがあるという。市街地のあらかじめ決められた範囲内では、スマートフォンを使っ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
元グーグル技術者が自動運転ロボットカー『Nuro』を発表…スタートアップ

元グーグル技術者が自動運転ロボットカー『Nuro』を発表… … 米国に本拠を置くスタートアップ企業、Nuroは、無人で自動運転を行うロボットカー、『Nuro』を発表した。 Nuroは、 … Nuroの完全自動運転車は、商品輸送のコスト構造を変え、さまざまな日用品やサービスのための強力なプラットフォームを作り出す、としている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日立オートモティブ、デリーモーターショー2018で電動化や自動運転など紹介予定

くわえて、インドでは電動化車両自動運転車両の普及に向けた動きも活発化。2030年までに内燃機関搭載の国内販売を禁じ、電気自動車のみに制限するとの方針を政府が明らかにしている。また、交通事故での死亡者数が世界最多となるインドでは、安全運転支援をはじめとする技術へのニーズが高まっている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
デンソー社長「変なEVを乱立させたくない」

単独でを造れるほどの広範な技術を有するが、走行性能からサービス競争に移る次世代カーでは、これまでの積み上げがリセットされた非連続な世界での戦いに … これまでは完成メーカーとすり合わせをして作り込むことで成長してきた歴史がある。 … 電動化や自動運転の時代は全体をどう電子制御するかが重要だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
デンソー社長「変なEVを乱立させたくない」

デンソーは自動車部品メーカー国内首位、世界でもトップ3に入る。単独で車を造れるほどの広範な技術を有するが、走行性能からサービス競争に移る … 一方、最近はソフトウエア系が注目され、人工知能や自動運転などでほかに強いプレーヤーが出ている。ソフトでできないものがあれば、自前だけでなく外の力も借りていく。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
三菱自動車工業の17年4~12月期、最終損益700億円の黒字

三菱自動車工業が5日に発表した2017年4~12月期の連結決算は、最終損益が700億円の黒字(前年同期は2133億円の赤字)に転換した。売上高は前年同期比13.1%増 … 企業がネット上に開示した決算発表資料から業績データやポイントを人工知能(AI)技術を使って自動で文章を作成しました。詳しくはこちらをご覧ください.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動運転車の公道実証プロジェクトと事業化–国内外で進む

… Technologiesと提携し、実験車両による実証事業を進める。 MSPFでは、車両制御インターフェースを開示、他社開発の自動運転制御キットが搭載可能で、モビリティサービスプラットフォーム上でサービス事業者が必要とするAPIを公開する。サービス事業者や開発会社とオープンに提携することで、新たなモビリティサービス …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
無人の自動運転車が公道を走る、ボッシュが走行テスト開始へ 2018年内

このプロジェクトは、どのようなが都市部での完全自動運転を実現できるかという考察を元に、自動運転を可能とするシステムの量産化を整えるのが狙い。背景には、ドライバーがのもとへ行くのではなく、がドライバーのもとへ来る、という考えがあるという。市街地のあらかじめ決められた範囲内では、スマートフォンを使っ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
広汽集団、自動運転車研究企業と提携

中国自動車大手の広州汽車集団(広汽集団)は2日、自動運転車の研究を進める広州小馬智行科技(小馬智行)と戦略提携枠組み協定を交わしたと発表した。 小馬智行はロボットやドローン(小型無人機)の技術開発を手掛けているほか、レベル4(高度自動運転)、レベル5(完全自動… 関連国・地域: 中国-広東. 関連業種: …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告