「 【材料】個人投資家わらしべ:アクセルが自動運転ベンチャーのティアフォーに出資【FISCOソーシャル … 株探ニュース」など、2018年3月10日     ニュース

ニュース
【材料】個人投資家わらしべ:アクセルが自動運転ベンチャーのティアフォーに出資【FISCOソーシャル …

2017年12月8日付の日刊工業新聞は「完全自動運転EV、ティアフォーがエヌビディアと連携開発」という見出しで、『【名古屋】名古屋大学発ベンチャーのティアフォーは、米半導体大手のエヌビディアと業務提携し、完全自動運転の小型電気自動車(EV)を開発した。ハンドルやアクセルペダルなどのない完全自動運転車の開発 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
スバル社長交代 あの「SUBARU」に何が起こっているのか

現社長の吉永泰之氏は、2011年6月の就任以来、2012年には2月に軽自動車の生産を終了したか思えば、翌3月にはトヨタ自動車 <7203> との共同開発を商品化、翌年3月にはSUBARU初の … いずれにせよ、これからの自動車業界には電気自動車の台頭や自動運転技術の向上など、大きな変革が待ち受けている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「「世界最高」性能の自動運転車向けライダーを実現、測定距離が2倍に @IT MONOist」など、2018年3月6日     ニュース

ニュース
「世界最高」性能の自動運転車向けライダーを実現、測定距離が2倍に

東芝は2018年3月5日、自動運転システムのセンサーなどに用いられるライダー(LiDAR:Light Detection and Ranging)向けの計測回路技術を開発したと発表した。従来の車載用ライダーと比較して測定可能距離が2倍となる200mを実現しており、その性能は「世界最高」(同社)だという※)。今後は、さらなる測定距離の延伸 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日本郵便、公道で自動運転実験 都心で2キロメートル

日本郵便の担当者は「労働力の減少に新技術で対処したい」と話す。 実験には自動運転技術を手掛けるアイサンテクノロジーとティアフォー(名古屋市)が開発した車両を使用する。車両が自らの位置を特定できるようにするため、実験前に道路周辺の3次元データを取得する。運転時はカメラとセンサーで信号や障害物を認識し …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米・フォードが自動運転車によるピザ宅配に挑戦! 今後は無人タクシーも登場?

clicccar.com(クリッカー)
米・フォードがフロリダ州マイアミで、自動運転車を使ったピザの宅配実験をスタートさせました。 … このように、米国では自動運転技術普及の先に商品の無人デリバリーや、自動運転タクシーサービスなどが待ち受けているとみられ、日本でも早々に自動車会社が率先して新たなビジネスモデルの構築を模索する時代が訪れそう …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「ロボネコヤマト」の実証実験から、自動運転時代の「新しい宅配」のかたちが見えた

一連のサーヴィスを支えるのが、人工知能を利用した車両運行システム。宅配ドライヴァーのノウハウを取り入れながらDeNAが開発したもので、道路の混雑状況や受け取りの需要予測などを考慮しながら配送ルートなどの計画を立てる。「ドライヴァーは計画に沿って運転すればいいだけなので、高齢者や女性の雇用にも …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ベントレーはあえて「自動運転レヴェル」を上げない ライヴァルのアウディ「A8」に先を譲る理由とは

このことを考えると、この新モデルが自動運転技術のレヴェル2を超えられないのは驚きだ。レヴェル2では、車両のステアリングと速度は「1つまたは複数のドライヴァー支援システム」によって制御されるが、そのほかの運転要素は人が制御する。 ベンテイガのアクティヴレーンアシスト機能(ALA)が、人間に代わってステアリング …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
KDDIが自動運転ベンチャー「ティアフォー」に出資する理由

KDDIは3月5日、自動運転ベンチャーのティアフォー(名古屋市)と資本・業務提携を結んだと発表した。出資金額は非公開。ティアフォーは、周辺環境の認識や経路判断を担う自動運転車用のOS「Autoware」を開発したほか、無人運転の実証実験に成功している。KDDIはティアフォーの技術力を生かし、第5世代移動通信 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転支える無償ソフト OS公開、国内外で開発に活用 (1/2ページ)

運転席に人のいないのハンドルが動き、ひとりでに走った。昨年12月、愛知県幸田町で実施された全国初の公道実験。緊急時にブレーキなどを遠隔操作する以外は人が運転に関わらない「完全自動運転」で、政府が定めた自動運転のレベル区分のうち、2番目に高度な「レベル4」に相当した。技術面で中心的な役割を担った …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
コンチネンタル NVIDIA社と提携 自動運転向けAIの世界生産を目指す

また、高精細地図を取り入れ車両が地図上で自位置を特定できるようなれば、地図の更新機能も搭載する計画だ。 コンチネンタルが持つ先進運転支援システムに関する専門知識により、多機能カメラ、魚眼カメラでのサラウンドビュー、短距離、長距離のレーダーセンサー、高解像度3D LiDAR技術の他に運転支援・自動運転 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「本気モード」の自動運転、日産・DeNAとANA・SBドライブがレベル4相当を実証

自動運転技術を搭載した実験車両に一般公募した参加者を乗せ、横浜市の日産グローバル本社から周辺の商業施設を3月18日まで周回する。参加者はスマートフォン(スマホ)アプリを使って乗車する時間と場所を指定できる。検証する自動運転技術はレベル4相当。実験の運転席には担当者が座るものの、原則として …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
中国企業の自動運転車を体験した外国人記者、「不思議なことに私はまだ生きている」―中国メディア

1日、環球網は、中国の通信機器大手、華為技術自動運転車を体験した外国人記者から「不思議なことに私はまだ生きている」との言葉が寄せられたことを伝えた。 … 外国人記者のコメントはこの体験を受けたもので、同氏は「ファーウェイの自動運転分野参入を示すものではなく、同社のCPU『Kirin970』の人工知能(AI)性能 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ダイソンが開発中の「既存車と根本で異なるEV」とは

グーグルやパナソニックも自動運転実験用に電気自動車を作っている。 異業種参入の中でもインパクトが大きそうなのがアップル。正式発表ではないが、電気自動車開発プロジェクト「Project Titan」が14年に始まったことは公然の秘密だ。日本勢では、ソニーが17年10月に独自開発したAI(人工知能)対応の電気自動車の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ボルボがヴェンチャーキャピタルを設立、スタートアップ獲得競争での勝算は?

例えば、自社の製造プロセスを改善するソフトウェアやハードウェア、自動車の購入や維持に役立つイノヴェイション、人工知能、機械学習、データサイエンスの分野、またカーシェアリングの仕組みをシンプルにする可能性をもつ「マイクロトランザクション」といった分野である。 つまるところ、クルマの設計や組み立て、販売、使 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタデンソーアイシンが都内で自動運転開発を加速「従来と異なる発想で」

TRI-ADの出資金額は5000万円で、出資比率はトヨタ自動車が90%、デンソーとアイシンが5%ずつ。代表取締役CEOには、AI(人工知能)などの研究開発を行うトヨタ自動車の米国子会社Toyota Research Institute(TRI)のCTOを務めるジェームス・カフナー(James Kuffner)氏が就任する。カフナー氏は、グーグル(Google) …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
存在感を増すCVC(コーポレート・ベンチャー・キャピタル)。どんな企業がやっているのか

GVは、2009年にGoogle VenturesとしてスタートしたAlphabet、Inc.のベンチャーキャピタル部門である。ライフサイエンス、ヘルスケア、人工知能、ロボット工学、運輸、サイバーセキュリティ、農業の分野において、300社以上に投資している。(参照:Portfolio). Uber(自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリ)も投資先のひとつ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
コンチネンタル NVIDIA社と提携 自動運転向けAIの世界生産を目指す

この提携で、AI 自動運転車を開発から大量生産へと移行させるうえで、鍵となるすべての要素の準備が整いました。当社の最新の DRIVE Xavier プロセッサー、幅広い NVIDIA DRIVE ソフトウェア、そして、テスト、検証、機能上の安全性における「Cloud-to-Car」アプローチと、コンチネンタル の専門知識やグローバルな事業 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
KDDI、5G活用で共同実証実験 自動運転車OS企業と提携

KDDIは5日、センサーなどから集めた情報をもとに自動運転車を制御する基本ソフト(OS)開発のティアフォー(名古屋市)に出資し、資本業務提携したと発表した。出資額は非公表。今後、第5世代(5G)移動通信方式を活用した自動運転の実証実験などを共同で行う方針だ。 両社は昨年12月、愛知県内でティアフォーのOS「 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ホンダ、急変する自動車市場に長期戦略で挑む

独自の高効率なプラグインハイブリッドを開発の中心として取り組み、燃料電池、電気自動車の開発へつなげる。 4.先進安全技術導入への取り組み 事故ゼロ社会の実現に向けて安全運転支援システムの標準装備を順次各地域へ拡大し、自動運転技術の研究開発は外部との提携を活用したオープンイノベーションにより …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「自動運転車でみなとみらい巡り、配車サービスは「地域との協力が不可欠」 @IT MONOist」など、2018年2月27日 ニュース

2018年2月27日
ニュース
自動運転車でみなとみらい巡り、配車サービスは「地域との協力が不可欠」

@IT MONOist

日産自動車とディー・エヌ・エー(DeNA)は2018年2月23日、横浜市内で会見を開き、自動運転車による配車サービス「Easy Ride(イージーライド)」の実証実験の … サービスが本格稼働する時には、乗降地点や充電スポットを提携店舗に提供してもらったり、運賃の一部を負担していただいて提携店舗に乗客を誘導したり …

自動運転車がみなとみらいを走る – 日産とDeNA、実証実験を開始 – マイナビニュース

すべての記事

関係のないコンテンツを報告
日産 グプタ専務「中期目標達成を確信」…2022年度に商用事業を4割増の120万台に

レスポンス

グプタ専務はこれらの実現に向け、新モデル投入など商品力の強化を図るほか、電動化や自動運転技術といった先進技術、さらに仏ルノーおよび三菱自動車工業との提携効果を「われわれの強み」として積極活用する方針を示した。新モデルについては今春に、中期計画での第1弾モデルとして走破性の高いフレームSUVの …

関係のないコンテンツを報告
アルグス・サイバー・セキュリティーがエリクソンと

SankeiBiz

提携では140年以上にわたって築かれ、接続インフラで数十億人をつないだエリクソンの通信に関する専門知識と、サイバー・セキュリティーと自動車におけるアルグスの数十年の経験や、取得済みならびに申請中の革新的特許39件を活用します。アルグスはすでに、世界のコネクテッドおよび自動運転車両の主要自動車 …

関係のないコンテンツを報告
配車アプリの開発激化 ライドシェアを意識

毎日新聞

世界的に拡大する「ライドシェア(自家用の相乗り)」を意識し、人工知能(AI)を使い効率的な配車と利用者の利便性向上を目指す方針だ。【井出晋平】 … 日本交通グループも今月8日、トヨタと資本提携すると発表。 … 日産自動車は今月、ディー・エヌ・エーと共同で配車アプリを使った自動運転タクシーの実証実験を始めた。

関係のないコンテンツを報告
1個のGPUで30兆、NVIDIAが放つ自動運転時代のAI戦略

BIGLOBEニュース

一方、フォルクスワーゲンの視点から見れば、圧倒的な数の提携先を持つNVIDIAに、自動運転を始めとするノウハウが集まるのは間違いない。さらに、うがった … 会場では、実際に公道で8マイルの距離を自動運転車で走行した動画を披露したが、交差点23個、右左折8回、停止信号2回を走り抜いていた。たった1個のGPUで …

関係のないコンテンツを報告

「フォードは自動車ではなく「モビリティのOS」をつくろうとしている 相次ぐ買収と部門再編が示唆すること WIRED.jp」など、2018年2月26日     ニュース

ニュース
フォードは自動車ではなく「モビリティのOS」をつくろうとしている 相次ぐ買収と部門再編が示唆すること

フォードは自動車ではなく「モビリティのOS」をつくろうとしている──相次ぐ買収と部門再編が示唆すること … 2017年5月にフォードの新しいCEOとなったジェームズ・ハケットは、「人工知能(AI)のパワーとネットワーク接続型の自律走行車の登場により、われわれは過去1世紀で初めて、古いシステムを段階的に改善する …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
オンキヨーが車載AIスピーカー、音声認識高め19年発売へ

持ち運び可能にすることで、使える場面を広げる。 26日からスペイン・バルセロナで開かれている携帯見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)」に参考出品した。またオンキヨーも加盟し、トヨタ自動車などが推進する車載端末とスマホを連携させる技術「スマートデバイスリンク(SDL)」のコンソーシアムのコーナーにも展示 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車部品和大、今年の連結売上高100億元超へ

自動車部品和大、今年の連結売上高100億元超へ. 自動車部品大手の和大工業(ホタ・インダストリアル)を中核とする和大集団の沈国栄董事長は22日、グループの連結売上高が今年は100億台湾元(約365億2,800万円)の大台を超えるとの見方を示した。人工知能(AI)を搭載したスマート生産ラインの導入が加速し、業績に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
完全自動運転車にかかる「コスト」は誰が払うのか、「法整備」も高いハードルに (1/3)

現在、自動車業界は、自動運転技術、コネクテッドカー、モビリティサービスなどの次世代技術による大きな変革の真っただ中にある。本連載では、これら次世代技術に焦点を当てながら、自動車が未来のモビリティへ移り変わる方向性を提示していく。第2回は、自動運転車にかかる「コスト」と「法整備」の観点から、その未来像を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ポルシェ、車両にブロックチェーン技術を導入へ…将来の自動運転車に活用目指す

ポルシェは、車両にブロックチェーン技術を導入すると発表した。将来の自動 … すでにポルシェは、ドイツ・ベルリンに本拠を置くスタートアップ企業、XAIN社と共同で、車両にブロックチェーンアプリを導入する試験を開始。 … ポルシェは、将来の自動運転車の機能の向上を、ブロックチェーン導入によって目指していく、としている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車でみなとみらい巡り、配車サービスは「地域との協力が不可欠」

日産自動車とディー・エヌ・エー(DeNA)は2018年2月23日、横浜市内で会見を開き、自動運転車による配車サービス「Easy Ride(イージーライド)」(※)の実証実験の方針や実験車両を披露した … イージーライドのためだけの技術にはしない。 … 自動運転車のルート変更の指示なども車両管制センターから行う可能性がある。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車は洗車機が苦手 車体の周囲を検知するセンサーに影響

Avisがどのぐらいの頻度で洗車を行っているかは明かせないとのことでしたが、これは他の自動運転カー技術の開発を行っている企業でも同じことが言える模様。トヨタやAptiv、Drive.AI、Uberなどの企業はCNNに対し、洗車を行う際には車体に傷を付けにくいマイクロファイバー素材の洗車用クロスを使うほか、アルコールや …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【速報】全日空(ANA)とソフトバンク(SBドライブ)が羽田空港エリアの公道で完全自動運転バス(レベル4 …

向かう先にボーイング777の機体が見えてくる。その大きさに子どもの頃のように胸が高鳴る。こんな大きな機体が空を飛ぶのかと改めて感動する。その巨体の手前に小さなバスが止められている。777に比べると本当に小さな、見落としてしまいそうな車体だ。 しかし、この小さな車体が、今の先端技術を詰め込んだ自動運転 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産 グプタ専務「中期目標達成を確信」…2022年度に商用事業を4割増の120万台に

グプタ専務はこれらの実現に向け、新モデル投入など商品力の強化を図るほか、電動化や自動運転技術といった先進技術、さらに仏ルノーおよび三菱自動車工業との提携効果を「われわれの強み」として積極活用する方針を示した。新モデルについては今春に、中期計画での第1弾モデルとして走破性の高いフレームSUVの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産が中国で目指す「EVのNo.1ブランド」の現実味

2月5日、2022年に中国での新車販売台数を17年比109万台増の260万台に引き上げ、そのうち3割を電動車両にするという事業計画を公表した日産自動車。自動運転、コネクテッドと並ぶ自動車業界の技術革新競争の中核である電動化のプランが含まれている上、投資額が日本円で1兆円に達するということもあって、注目を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【トヨタ】ドライバーのステアリングを視点するレーンキーピングアシスト

今回は、車線逸脱防止を目的にドライバーをサポートし、さらにステアリング制御を加え、自動運転の先駆けとなる、トヨタの先進安全技術レーンキーピング … (ミリ波レーダー方式)」と「レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付)」の機能を利用するため、メーカーオプション装着は全てセットで選択することが必要です。 参考:
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【新車購入】 X氏の値引き特報その1

先進の自動運転技術を評価しての選択だったが、思っていたよりも燃費が伸びない。走りも … 交渉では前セレナのときと同様にメーカーオプションは特別色のみ、ディーラーオプションは一切なし(フロアマットも買わない)。 … 下取りのセレナは、買い取り専門店と交渉した結果、251万円(下取り200万円)で売却した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
1個のGPUで30兆、NVIDIAが放つ自動運転時代のAI戦略

CES2018で華やかな記者発表を繰り広げた日本メーカーと比べると、ドイツメーカーの方が落ち着いた印象だ。その背景には、ドイツメーカーにとって、自動運転やコネクテッド・カーがCESで語るべき未来の夢物語ではなく、手の届く未来にまで近づいているという現実がある。実際、現段階でもすでに、メルセデス・ベンツ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ウェブ
ポルシェ、車両にブロックチェーン技術を導入へ…将来の自動運転車に活用目指す

ポルシェは、車両にブロックチェーン技術を導入すると発表した。将来の自動運転車などへの活用を目指す。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「高速道路であおられる、自動運転の落とし穴 日経ビジネスオンライン」など、2018年2月14日     ニュース

ニュース
高速道路であおられる、自動運転の落とし穴

自動車メーカーに加えて、グーグルなどのIT(情報技術)大手、ウーバーなどのライドシェア(相乗り)大手まで、様々な業種の企業が開発を加速させる自動運転車。異種格闘技戦ともいえる競争が激化する中で、ホンダはどのような自動運転車を実現しようとしているのか。自動運転車が普及するとどのような変化が起きるのか。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車に信号情報 政府、18年度から公開へ

政府は2018年度から自動運転車向けに信号情報を提供する。信号機に取り付けた通信機や交通管制センターから、に信号の色や色が変わるタイミングを伝える。現行の自動運転技術はカメラなどで信号の色を識別しているが、逆光時などに正確に検知できないといった課題があった。民間への情報提供を進め、自動運転の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車実証実験 運転席不在で走行

運転席が無人の実験車両は時速10キロ前後で走行し、クランクではさらに減速しながら見事な“ハンドルさばき”で難所を通過した。 国交省飯田国道事務所の岡本由仁計画課長(31)は「思っていた以上に順調。さらに技術が高まっていけば、運転席にドライバーがいない違和感も解消され、社会に浸透していくと思う。今後細か …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ボッシュ、ZFに続きコンチネンタルもNVIDIAと、自動運転システムを共同開発

今回の提携の発表により、コンチネンタルやRobert Bosch(ボッシュ)、ZFといった大手サプライヤーが自動運転コンピュータにNVIDIAの技術を採用することになる。 コンチネンタルとNVIDIAは、幹線道路での全周囲の状況把握や自動車線変更、合流といった高度な自動運転機能から開発に着手する。自位置特定のための高 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
パナソニック、つながる向けサイバー防衛システム

パナソニックは14日、トレンドマイクロとつながる(コネクテッドカー)向けのサイバー防衛システムを共同開発することで合意したと発表した。外部のサイバー攻撃からカーナビなどの通信機器を守るシステムの開発などで連携する。早ければ2020年の実用化を目指す。自動運転など新技術の開発が進むなか、ハッキングなど …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ボルボ 過去最高の業績 前年比27.7%増の営業利益を計上

… の協力関係を強化し、技術開発においてスケールメリットが得られる技術系合弁会社を設立。また、コンパクト・モジュラー・アーキテクチャー(CMA)を共有するジーリー社の新ブランドであるリンクス社の株式を30%取得している。 さらに2017年、ボルボ・カーズは2019年から2021年までに数万台の自動運転対応のベース車両 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車サイバーセキュリティについての4つの重要な質問と回答

自動車業界はiPhone時代のようなものであり、新しいネットワーク接続機能と自動運転技術が次々と生まれることで、イノベーションの爆発が促進され、たくさんの新規プレーヤーがマーケットに参入しています。このような状況は消費者や大企業から見れば好ましいことなのですが、それらの新機能を支えるソフトウェアの欠陥に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ウェブ
自動運転車関連技術開発推進プロジェクト】自動運転車関連技術参入促進セミナー

本県では、運転支援システムにおいて業界をリードする(株)SUBARUと連携し、自動運転車関連技術の開発を推進するとともに、県内中小企業の参入を支援する「自動運転関連技術開発推進プロジェクト」を実施しています。 この度、同プロジェクトの一環として、県内企業の皆様に自動運転に関する知識を深め、関連技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
脱・自動車メーカーを図るホンダが目指す「協調と共感」

ホンダは人と協調する人工知能技術をCI(Cooperative Intelligence)と呼んでいるが、「3E-A18」は10歳の子供ほどの大きさで、人の表情を認識するCIを搭載し、音や表情でコミュニケーションを交わす。同社のアシモのように二足歩行などの複雑な技術は持たないが、丸っこいスタイルや柔らかな外装で、より親しみやすく、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
今の自動車製造工場がすごい! VWの動画で知る最新のクルマづくり

今の自動車製造工場がすごい! VWの動画で知る最新のクルマづくり … AI(人工知能)が優秀になってきたとはいえ、まだまだ人間が手間をかける部分です。 出典:Volkswagen Group(YouTube). 原寸大のクレイモデルをつくります。少し前まではこれも手作業でしたが、いまはロボットでおおよその形を削り出すことができる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ボッシュ、ZFに続きコンチネンタルもNVIDIAと、自動運転システムを共同開発

今回の提携の発表により、コンチネンタルやRobert Bosch(ボッシュ)、ZFといった大手サプライヤーが自動運転コンピュータにNVIDIAの技術を採用することになる。 コンチネンタルとNVIDIAは、幹線道路での全周囲の状況把握や自動車線変更、合流といった高度な自動運転機能から開発に着手する。自位置特定のための高 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「自動運転の基幹技術、AIが読む「ダイナミックマップ」とは? (1/3) ITmedia」など、2018年2月9日     ニュース

ニュース
自動運転の基幹技術、AIが読む「ダイナミックマップ」とは? (1/3)

人はクルマを運転する際、地図やナビの情報だけではなく、常に自分の目や耳で周囲の状況を把握する。例えば信号の色や工事中の看板、歩行者や他のクルマの動きなど、刻々と変化する情報に対応している。こうした情報が重要なのは自動運転車も同じ。ダイナミックマップは、高精度な3次元地図データに交通規制や道路 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転中の事故、責任の所在は? 運転者の過失は生じるのか 損保会社に聞く

ひとえに「自動運転」といっても、レベル1からレベル5まで5段階があり、現在、日本で市販されているクルマに搭載されているのは、レベル2までの技術です。レベル1は、自動ブレーキやACC(アブダクティブ・クルーズ・コントロール。車間距離を一定に保ちながらクルマが定速で自動走行する)などのいわゆる「運転支援」技術、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車ITセキュリティ研究の第一人者、フィッシュマイスター准教授「ソフトウエア技術を制すものが自動

同准教授は自動車ITセキュリティ研究の第一人者で、コネクテッドカーや自動運転車の安全とセキュリティを確実にするためのデータ主導型、エビデンス・ベースの … フィッシュマイスター准教授によると、その大きなカギとなるのはソフトウエア技術で、ソフトウエア技術を制するものが自動運転を制すると言っても過言ではない …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、自動運転の研究開発を促進…米非営利団体への支援継続

トヨタ自動車の米国の人工知能技術の研究・開発部門、トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)は、ロボティクスや自動運転の研究を行う米国の非営利団体「 … OSRFは、「ROS2」と呼ばれる第2世代のROS(ロボット・オペレーティング・システム)が、自動運転車のソフトウェアや支援システムの開発に広く使用されることを期待 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自律走行の開発レースの勝敗を決める「LiDAR」技術 その古くて新しい歴史と課題

だからこそ、自律走行の開発レースでプレイヤーたちは、運転手のいない完全なロボットカーをつくるのに、このレーザーセンサーを必要不可欠だと考えている(例外として有名なのは、イーロン・マスクだ。彼はカメラで十分だと判断しているらしい)。 同じ理由から、アルファベットの自動運転部門であるウェイモ(Waymo)とライド …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
元Google及川卓也氏、デンソーの技術顧問に 自動運転など推進

デンソーは2月9日、エンジニアの及川卓也氏と技術顧問契約と締結したと発表した。Google日本法人などで活躍した及川氏のスキルと経験を生かして情報通信分野を強化し、電動化・自動運転・コネクテッドカー(つながる)などの事業を推進する狙い。 photo デンソーの公式Webサイト. 及川氏は、OS「Windows」やWeb …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転は史上最大の産業になる」エヌビディアCEOが語る理由

自動運転の対象はのみならず耕運機、ブルドーザー、掘削機などあらゆる動く機械に及びます。実現のためには非常に高速なセンサーとその信号を分析するコンピューターが必要で、完成形はまだ存在しません。だがわれわれのAIやコンピューティングの技術を低消費電力と低コストで達成する能力で、そんなコンピューターを …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
[韓国毎日経済新聞]SKと韓国交通公団、5Gで車間通信

韓国通信大手のSKテレコムと韓国交通安全公団は5日、ソウル郊外・京畿道の試験エリアで、最新の自動運転技術を公開した。道路を走っていた自動運転対応2台がスクールゾーンに進入。2台はこれを認識して自然に速度を落とした。 1人の子供が信号を無視して道路に飛び出す。すぐさま街灯に設置された監視カメラが5 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
歩行者と光のアニメーションでコミュニケーションするクルマ…三菱電機が開発

三菱電機は2月8日、周囲の歩行者や車両に対して光での動きを伝える技術「安心・安全ライティング」の進化について発表した。ドア開けや後退のタイミングに、車外センサーと連動して光で歩行者 … もっと分かりやすく伝えるコミュニケーション技術が求められている。この問題は、自動運転車両においても同じだと考えている」
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルネサス社長「全分野で追い風」17年12月期 純利益42%増

自信の背景には主力の車載半導体の分野で、自動運転技術や高度運転支援システム(ADAS)の普及によって需要の伸びが期待できるためだ。 1月上旬に米ネバダ州ラスベガスで開かれたコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)。完全自動運転車のデモを披露したルネサスブースを世界の自動車大手幹部が次々と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
トヨタ、自動運転の研究開発を促進…米非営利団体への支援継続

トヨタ自動車の米国の人工知能技術の研究・開発部門、トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)は、ロボティクスや自動運転の研究を行う米国の非営利団体「 … トヨタの狙いは、既存の自動車産業の枠を超え、より広範なモビリティ企業へと発展するために、TRIのロボティクスや自動運転の研究をいっそう強化することにある。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタが日本交通子会社に75億円出資、タクシー向け新サービスを共同開発

都内の500台のタクシーに装着した通信型ドライブレコーダー「TransLog(トランスログ)」から走行中の画像や車両データを収集、地図上に反映させて人工知能(AI)で解析した結果をナビゲーションアプリに車線単位での混雑状況として配信する。 トヨタ自動車のモビリティサービスプラットフォームは、DCM(車載通信機)から …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
住友電工とNECがモビリティ事業で協業を開始 – AI・IoT技術を活用

住友電気工業(住友電工)とNECは2月9日、自動車部品の企画・開発をはじめとしたモビリティ事業において2017年12月より協業を開始したと発表した。 今回の協業は、第1弾として自動車をネットワークでつなぐコネクテッド領域から開始し、両社が有するAI(人工知能)・IoT(Internet of Things)技術を活用して車両や車外 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ボルボやロータスを傘下に収める中国浙江吉利控股集団が、ダイムラーの筆頭株主になることを計画中!

スウェーデンの自動車メーカー、ボルボを傘下に持つ中国浙江吉利控股集団(ジーリー・ホールディング・グループ)は、ダイムラーに入り込むことを真剣に検討中だ。ドイツの『Bild am Sonntag』紙は、ジーリーの李書福会長に関する特集記事の中で、中国の自動車大手である同社がクウェート投資庁の保有する6.8%を上回る株 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「市場を結ぶ自動運転 日本経済新聞」など、2018年2月8日     ニュース

ニュース
市場を結ぶ自動運転

仮想空間にあらゆる想定条件を与えることで、自動運転車がどのような挙動をとるか、実車を走らせることなく検証することができる。つまりこれを繰り返すことで、自動運転に必要なソフトウエアの完成度を上げていくのである。 一見、地味に見えるこのシミュレーターはグラフィックス、科学技術計算、そしてエッジコンピューテ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
準天頂衛星「みちびき」使い雪道を自動走行

三菱電機は7日、準天頂衛星「みちびき」からの信号を利用し、雪道の高速道路で自動走行する技術を初めて実証した。雪の影響で車載カメラが道路の白線を認識できなくても、衛星が側に送る高精度な測位情報と3次元(3D)地図の情報で自動走行できることを確認した。悪天候下で安全な自動走行を実現する技術として …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【岩貞るみこの人道医】スマホ時代に取り残された「運転席」、歩み寄りはスマホ側から

で、話をもどすと、要は、首都高が出したツイッターの情報を、運転中にスマホで見ることがここでいうセカンダリアクティビティに当たるわけだが、現在の道交法では、この行為は禁止されている。でも、自動運転技術車両に装備することによって、スマホを見ても安全が担保できるようにすれば、せっかくの首都高提供ツイッター …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
あの「BlackBerry」はいま? 来るコネクテッドカーの時代に向けセキュリティーソフト企業へ変身していた …

巷は自動運転車やコネクテッドカーの話題で持ちきり。一方でインターネットにつながっているがゆえセキュリティーリスクが懸念されています。仮に自動車がハッキングされて暴走すれば命に関わる惨事となりかねません。自動車メーカーは自動運転車やコネクテッドカーがハッキングされることを防止するためのセキュリティー …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
学生が考えた「ピックアップトラック」のデザインは、都市とフォードの未来を変えるか

自動運転技術を含む自動車の進化に合わせて、フォードが「未来のピックアップトラック」のあり方を模索している。 … 未来都市では大型が歓迎されない状況を想定したもので、小型で伸張式のロボットアームを搭載している。 … 自動運転技術により、人々はクルマをもたず、必要なときだけ呼び出すようになるかもしれない。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
手作業で工場カイゼン トヨタ副社長「競争力の源泉」

トヨタ自動車が手作業による技能の育成に力を入れている。電動化や自動運転、IT(情報技術)によって業界は100年に一度の変化を迎えた。投資が膨らむなか、品質とコスト低減の両立が競争力のカギを握る。50年以上、生産現場にかかわる河合満副社長は「品質や安全、ロボットの技能の源泉は人の手作業や感性に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
エヌビディア、データセンター部門の伸びに注目 【米決算プレビュー】

ゲーム向けのグラフィック処理などに使ってきたGPUはAIの技術を取り込みやすい特長があり、ディープラーニングに適しているとみたトヨタやテスラなどが相次ぎ採用。エヌビディアのGPUは世界の自動車・部品大手に自動運転車の研究で使われており、レベル5と呼ばれる完全自動運転技術開発に弾みがつく可能性がある …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
産業春秋/変革期迎える自動車産業

ある自動車部品メーカーの社長に、真剣な表情で問われた。「我々のように、これだけの危機感を持っている企業をほかにご存じですか」―。迫り来る構造変化の大きさをあらためて感じた。 自動車産業は今、変革期を迎えている。異業種を巻き込んで電気自動車や自動運転技術の開発競争が激化。一方でシェアリングなど、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノー日産連合、自動運転EVタクシー事業を中国配車大手と計画。将来的には業務提携も

ルノー日産連合は、2022年までにEV12車種にくわえて40車種の自動運転車を用意し、配車サービスへの参画を中長期計画に盛り込んでおり、今回の発表はその一環 … 一方、ライドシェア事業は自動運転との相性が良さそうで、Google(Alphabet)の自動運転技術企業Waymoは2018年より自動運転化したフォードPacifica …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
コンチネンタルとNVIDIA、AI開発を介した自動運転システムで提携

一方、NVIDIAの創業者兼CEOであるジェンスン・フアン(Jensen Huang)氏は、「これで、AI自動運転車を開発から大量生産へと移行させるうえで鍵となるすべての … ちなみにコンチネンタルは、人々と商品の持続可能かつコネクテッドなモビリティーの実現を目指し、先駆的な技術とサービスの開発を手掛けるテクノロジ企業。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動車事故損害 AIで判定、三井住友海上

三井住友海上火災保険は東大発ベンチャーのアリスマー(東京・江東)と提携し、自動車事故の損害を人工知能(AI)で瞬時に判定するシステムを開発した。2018年夏ごろに実用化し、事故車両の修理見積もりに活用する。業務の効率化を進め、保険金支払いを早める。 AIが事前に学習した約50万件の自動車の事故画像をもと …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノー・日産・三菱自動車、中国の配車アプリ大手「滴滴出行」とEVカーシェアリングで協業

… ルノー・日産自動車・三菱自動車のような業界リーダーと戦略的な提携を行ない、滴滴出行の強みやリソースを共有することによって、私たちはモビリティに対する多様なニーズに応え、シェアリングに基づくオープンな交通のエコシステムを形成することができるようになります。滴滴出行は今後もライドシェア、人工知能(AI)、新 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
エヌビディア、データセンター部門の伸びに注目 【米決算プレビュー】

製品用途は、PCの画像処理から、ゲーム機、専門可視化装置、データセンター、AI(人工知能)、仮想通貨のデータ処理、自動車等へと拡大。任天堂の家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」のメーンプロセッサーにエヌビディア製のモバイルプロセッサ「Tegra」が採用されている。 ゲーム向けのグラフィック処理などに使ってき …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ルノー日産連合、自動運転EVタクシー事業を中国配車大手と計画。将来的には業務提携

ルノー・日産・三菱連合(以下ルノー日産連合)が、中国のライドシェア・配車大手、滴滴出行(ディディチューシン)と将来的な自動運転ライドシェア事業を計画中だと発表しました。ルノー日産連合は、2022年までにEV12車種にくわえて40車種の自動運転車を用意し、配車サービスへの参画を中長期計画に盛り込んでおり、今回 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
市場を結ぶ自動運転

斬新な展示やデモで毎年注目を集める我々のブースだが、今年最も注目を頂いたのが自動運転車の開発に向けたソフトウエア・シミュレーター(AutoSIM)である。 弊社スーパーコンピューター(DGX)の膨大な計算能力で、様々な路面状況や気象状況を含めた道路環境を仮想化する。そのDGXで生成された仮想空間の中に、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
コンチネンタルとNVIDIA、AI開発を介した自動運転システムで提携

この提携では、レベル 2 の自動機能から車両にハンドルやペダルが搭載されていないレベル 5 の完全自動運転機能まで、幅広いAIコンピューターシステムの開発と生産を実現していく。 具体的には双方のエンジニアリングチームが共同で、NVIDIA DRIVEプラットフォームをベースとする自動運転ソリューションの開発を進める。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタがマツダの「燃料喰い」ロータリーエンジンを採用する理由

トヨタ自動車<7203>が次世代ハイブリッド(HV)に、資本提携したマツダ<7261>のロータリーエンジン(以下、ロータリー)を採用することが明らかになった。2018年1月に米ラスベガスで開かれた「CES(国際家電ショー)2018」にトヨタが出展した自動運転車「eパレット コンセプト」の実用で、レンジエクステンダー(発電用 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「現代自、燃料電池車でソウルから平昌まで自動運転 日本経済新聞」など、2018年2月7日     ニュース

ニュース
現代自、燃料電池でソウルから平昌まで自動運転

現代グループは、21年までにスマートシティーでレベル4の自動運転システムを実用化し、30年までには無人自動運転技術の商業化を計画している。また、自動運転車の実用化に向けてV2X技術の研究やインフラ構築も行っており、17年10月には米国のモビリティー研究機関のACM(American Center for Mobility)の最先端 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
GM、自動運転に年1千億円を投資

【ニューオーリンズ=兼松雄一郎】米ゼネラル・モーターズ(GM)は6日、2018年中に自動運転技術の開発に10億ドル(約1090億円)を投じると公表した。従来は年6億ドル程度の投資だったが、今年はペースを上げる。 GMはハンドルもペダルもない量産型の自動運転車を米国で19年に実用化する計画だ。実験中のGMの自動 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
2021年に完全自動運転システムの市場投入へ!NVIDIAとコンチネンタルが自動運転車向けAI車載 …

同提携は、レベル2(部分自動運転)から、車両にハンドルやペダルが搭載されていないレベル5(完全自動運転)機能までの、幅広いAIコンピュータ・システムの … 多機能カメラ、サラウンド・ビュー付き魚眼カメラ、短距離および長距離レーダー・センサー、高解像度3D Lidar技術に加え、支援運転・自動運転向け中央制御装置が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
国土交通省:福岡県みやま市において、自動運転サービスの実証実験を2月17日から開始

国土交通省では、高齢化が進行する中山間地域における人流・物流の確保のため、「道の駅」等を拠点とした自動運転サービスの2020年までの社会実装を目指し、全国13箇所 … みやま市役所山川支所」自動運転実証実験における主な検証項目は、以下のとおり。 … 自動運転としてのシステムは、路連携型技術を用いる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
2台で5G送受信、SKTが自動運転試験

2台で5G送受信、SKTが自動運転試験. 韓国通信大手のSKテレコム(SKT)は5日、韓国国土交通省傘下の韓国交通安全公団と共同で、2台の自動運転車が第5世代(5G)移動通信技術でデータを送受信しながら走るテスト走行に成功したと発表した。 テスト走行は、自動運転車の試験のために京畿道華城市に造成され…
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
と自転車、歩行者の共存を

ですから、例えば主な施策の中には「交通不便地域における新たな生活交通確保」というものがあるので、中心市街地では難しくとも、施策としてそうした地域での実験などはできるのではないかなぁ、と。自動運転自動車の存在は、自転車とどう共存できるのか。自動運転技術レベルや、導入の度合いによっては、専用レーンを …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アウディ、自動運転可能なセダンを4月発売

アウディ、自動運転可能なセダンを4月発売. 中国第一汽車集団(一汽集団)とドイツのフォルクスワーゲン(VW)による合弁、一汽大衆汽車(吉林省長春市)は、アウディブランドから「レベル3(条件付き自動運転)」の自動運転技術を搭載したセダン「A8L」の新型を発売する。計画では4月に販売を開始する予定。6日付…
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ヤフー、顧客企業とビッグデータを活用する新規事業を創出…日産自動車などと実証実験

ヤフーは、顧客企業の持つデータとヤフーのビッグデータ・人工知能(AI)技術を融合して顧客企業の活動を支援する新規事業創出に向けた実証実験を、本格的に … 実証実験に先行して日産自動車、江崎グリコ、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)、神戸市、福岡市といった企業・自治体などそれぞれと実証実験を進めている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
2021年に完全自動運転システムの市場投入へ!NVIDIAとコンチネンタルが自動運転車向けAI車載 …

提携は、レベル2(部分自動運転)から、車両にハンドルやペダルが搭載されていないレベル5(完全自動運転)機能までの、幅広いAIコンピュータ・システムの … NVIDIAは今回の提携とは別に、トヨタ、日産、アウディ、メルセデス、テスラ、バイドゥなどと自動運転向けAIコンピューティング・エコシステムでの連携を発表している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「100台の自動運転車が接続しても、ネットワークの通信遅延を100m秒以下に――NECが自動運転向け … @IT」など、2018年2月6日     ニュース

ニュース
100台の自動運転車が接続しても、ネットワークの通信遅延を100m秒以下に――NECが自動運転向け …

NECは2018年2月5日、自動運転車向けに、「複数の無線通信端末の間で、帯域や通信時間などの無線リソースを無線基地局から端末の緊急度に応じて調整する」適応ネットワーク制御技術を発表した。多数の無線通信端末が存在する不安定な通信環境でも、自動車にリアルタイムな周辺情報の共有を可能にする。 同技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Continental と NVIDIA、世界規模での AI 自動運転車の生産実現に向け協業

高度運転支援システムにおける Continental の専門知識によって、多機能カメラ、サラウンド ビュー付き魚眼カメラ、短距離および長距離レーダー センサー、高解像度 3D Lidar技術に加え、支援運転・自動運転向け中央制御装置が統合されます。Continental の高度運転支援システムの売上は 2016 年に 12 億ユーロを突破 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ソウルから平昌まで190kmを自動運転、ヒュンダイの次世代燃料電池が成功

このデモンストレーションに使用された自動運転車には、さまざまなカメラとLIDARを搭載。また、自動運転車は大量のデータを処理するため、多くの電力が必要。燃料電池は、燃料電池スタック内の水素と酸素との反応によって電気を生成することができる。ヒュンダイは、自動運転の試験に最適なモデルになる、としている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
はシェア時代へ 自動運転とコネクテッドが後押し

自動運転技術の開発競争は、コネクテッドカー開発とオンデマンド配車ビジネスを巻き込んで、新しいモビリティービジネスの構築を目指すステージに進みつつある。日経BPクリーンテック研究所では、自動運転・コネクテッドカー開発に取り組む世界のイノベーティブな先端企業55社に着目し、その技術開発の動機付けとなる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NEC、周辺情報をリアルタイムに共有できる適応ネットワーク制御技術を開発…自動運転実現に貢献

NECは2月5日、自動運転においてリアルタイムに周辺情報を共有可能とする適応ネットワーク制御技術を開発したと発表した。 昨今、自動車の自動運転に加え、工場・倉庫の搬送や検査・宅配のためのドローンを対象とした自動運行の開発が加速。モバイルネットワークを活用して位置情報やカメラ画像などの周辺情報を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
公道で右折、信号停車 春日井で無人運転実験

県は五日、運転席にドライバーが座らず、人工知能(AI)が走行を制御する自動運転車の実証実験を、春日井市で実施した。県は昨年十二 … 運転席に人が座らず、AIに操作を任せる走行は「レベル4」と呼ばれる最高の自動運転技術。県は二〇一八年度、複数台の自動運転車を公道で同時に走行させる実証実験に乗り出す。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米ウーバー、自動運転技術盗用を否定 グーグル系ウェイモと初公判

O>傘下グーグル系のウェイモが自動運転技術の盗用で米配車大手ウーバー・テクノロジーズ[UBER.UL]を提訴した裁判の審理が5日、始まった。ウーバー側は盗用はなかったと主張した。 自動運転開発会社のウェイモは、同社の元エンジニア、アンソニー・レバンドウスキ氏がウーバーに移る前の2015年12月に、自動運転車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転時代の近未来、移動シーンはどう変わるか…MaaS 市民参加ディスカッション

東京都内の東京大学生産技術研究所で2月5日、「未来社会とMaaS ~これからの移動を実現するサービス~」と題したディスカッションが行われ、SIPメンバーや … さらに、クルマ自動運転も、ただA地点からB地点へ最短距離で行くだけでなく、道路の混雑状況や飛び出しリスク、料金といった条件に最適なルートを選定し、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産、中国全ブランドにプロパイロット…2019年から自動運転レベル2導入へ

プロパイロットは、高速道路の同一車線で使える自動運転技術。まずは2016年8月、日本国内向けの新型『セレナ』に採用された。プロパイロットは、高速道路の単一車線での自動運転技術で、渋滞走行と長時間の巡航走行の2つのシーンで、アクセル、ブレーキ、ステアリングのすべてを自動的に制御し、ドライバーの負担を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NEC、産総研、理研がAI研究で連携、基盤技術開発から実用化までを一貫で加速

また、個別システムのスマート化の進展により求められる「自律型AI間の協調」については、自律制御システム間で、譲る、分担する、融通するといった、AI同士が自律的に協調を行う技術を研究する。この技術により、自動運転車など自律型の機器が出現し、社会システムにこれらが組み込まれる際に、人間が制御するよりもより …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
素材各社・クルマ攻略(上)「餅は餅屋」に 材料売りからの“脱却”へ

素材業界が、自動車分野を中心にバリューチェーンの上流を目指している。三井化学が1月に試作や金型製造など開発支援のアークを買収するなど、各社は材料売りからの脱却をもくろむ。コスト面で優位な中国や中東、米国と同じ土俵で戦っても勝ち目はない。一方、自動車業界も100年に1度の変革期を迎え、産業構造の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
コンチネンタルとNVIDIA、自動運転システムの開発で提携

ContinentalとNVIDIAは米国時間2月5日、自動運転車開発に関する戦略的提携を締結したと発表した。「NVIDIA DRIVE」プラットフォームをベースとした自動運転システムを開発し、2021年に市場投入を目指す。目標は、購入者のニーズに応じてSAEのレベル2〜レベル5に対応し、自律性という面でスケーラブルなコンピュータ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
はシェア時代へ 自動運転とコネクテッドが後押し

自動運転技術の開発競争は、コネクテッドカー開発とオンデマンド配車ビジネスを巻き込んで、新しいモビリティービジネスの構築を目指すステージに進みつつある。 … 社に着目し、その技術開発の動機付けとなるビジョン、製品開発や実証テストなどの活動実績、そして買収や出資、業務提携などの協業関係を調査してまと…
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ウェブ
コンチネンタルとエヌビディアが提携…完全自動運転システムを2021年導入へ

今回の提携により、レベル2の部分的な自動運転から、ステアリングホイールやペダルがないレベル5の完全自動運転まで、AIコンピュータシステムの生産が可能になるという。 コンチネンタルとエヌビディアは、高速道路での車両周辺360度の認識、自動での車線変更や合流など、高度に自動化された運転機能を共同開発して …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「AIチップを巡って、半導体技術と業界構造が大転換の予感 日経テクノロジーオンライン」など、2018年1月22日     ニュース

ニュース
AIチップを巡って、半導体技術と業界構造が大転換の予感

クラウドサービスのベンダーも、スマートフォンをはじめとする電子機器のメーカーも、そして自動車メーカーまでも、人工知能(AI)関連処理を専門に実行するAIチップの開発に乗り出すようになった。AIの活用によるビジネスイノベーションの創出や仕事の高効率化のアイデアは、既に星の数ほど多く出てきている。ただし、実際に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産が自動車の未来技術を育てる! 5年で最大10億ドルを投資するVCを設立[CES2018]

このファンドは自動車の電動化、自動運転システム、コネクティビィティ、人工知能など、新たなモビリティに焦点を当てている新興企業や、技術起業家が参加するオープンイノベーションのパートナーシップを対象に、初年度は最大2億ドルを投資するというもの。既存の研究・先行開発チームと協力しながら投資を行う分野や市場 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
豪新車販売を拡大、IDOM 3年内に最大手目指す=羽鳥社長

羽鳥社長はまた、自動車業界には、T型フォードの大量生産が始まって以来の大変革が約100年ぶりに起きようとしていると説明。さまざまな企業が自動運転車や電気自動車(EV)、自動車関連の人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)、ライドシェアリングなどに参入する中、羽鳥社長は「車産業はネットだけでは完結しない …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
NVIDIA オートモーティブ事業担当副社長 ロブ・チョンガー氏のオートモーティブワールド招待講演レポート

中国のBaiduとドイツのティア1部品メーカーZFとの提携により、Baiduが中国で展開を予定している自動運転のプラットフォーム“Apollo”にNVIDIAのXavierが採用される予定であること、ドイツの自動車メーカーであるフォルクスワーゲンが、NVIDIAのAIやDRIVE IXを同社の車両に採用する予定であること、また、メルセデス・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車産業、世界中がEVシフト― 主戦場は中国市場、民族系とドイツ企業の動き活発/梅上零史

Kigyoka.com ベンチャー企業のためのメディア
中国第一汽車集団(吉林省長春市)、東風汽車集団(湖北省武漢市)、重慶長安汽車(重慶市)の中国国有大手3社は17年12月、包括的な戦略提携をすると発表した。EVや自動運転などの新技術開発、自動車の製造や部品調達、海外進出などを共同で進める。3社のトップが相互に入れ替わるなど統合に向けて動き出して …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
光で乗り物酔いを防ぐ、米大学が発明。自動運転の移動時間を有効活用

将来の自動運転車の普及に向けて、車内で読書やPC作業をして感じる不快感や酔いを防ぎ、これから増えるであろう(自動運転)車内移動時間の有効活用に … 大学自身が発信するニュースの見出しにもあるように、自動運転の時代に向けた技術ではありますが、特に自動運転車にかぎらず、これまで普通のクルマに同乗した …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
燃料電池の自動運転車向け、GMがプラットフォームを公開…デトロイトモーターショー2018

GMは、米国で開催中のデトロイトモーターショー2018において、水素燃料電池技術による自動運転車両向けプラットフォームを展示した。2017年10月の合衆国陸軍協会ミーティングで初公開されている。 … 自動運転技術を組み込んだ水素燃料電池プラットフォームで、GMは商業用途のほか、軍事利用での活用も見込む。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
レクサスの次世代SUV、自動運転「ショーファーモード」搭載…デトロイトモーターショー2018

さらに、LF-1リミットレスには、最新の自動運転技術を導入。ドライバーが、目的地までの運転操作を車両に任せる「ショーファーモード」を搭載。また、4Dナビゲーションシステムを装備。これは、ナビゲーションに時間の概念を取り入れ、車両や渋滞状況などを考慮し、休憩やレストランの提案、ホテルの予約など行うもの。情報は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産が自動車の未来技術を育てる! 5年で最大10億ドルを投資するVCを設立[CES2018]

このファンドは自動車の電動化、自動運転システム、コネクティビィティ、人工知能など、新たなモビリティに焦点を当てている新興企業や、技術起業家が参加するオープンイノベーションのパートナーシップを対象に、初年度は最大2億ドルを投資するというもの。既存の研究・先行開発チームと協力しながら投資を行う分野や市場 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
の進化9万6000人実感 札幌モーターショー閉幕

4回目の今回は、国内外27社38ブランドの四輪や二輪車など189台を展示。21日は3日間で最多の約4万1千人が来場した。 日産自動車の「リーフ」、ホンダの「アーバンEVコンセプト」などの電気自動車(EV)やスバルの「ヴィジヴ パフォーマンス コンセプト」など自動運転技術の搭載が特に注目を集めた。帯広市の会社 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタのこのクルマがもしわが国に入ってきたら、われわれの生活にどんな変化をもたらすだろうか=中国 …

記事は、今月9−12日に米ラスベガスで行われた世界規模の家電見本市・CESにトヨタが参加し、豊田章男社長自らが「eーパレット」という名前の新しい全自動運転電気自動車を紹介したと伝えた。そして、「eーパレット」には全自動運転車、電動自動車であることに加えて、最新のインターネット設備と技術を搭載しているという …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車産業、世界中がEVシフト― 主戦場は中国市場、民族系とドイツ企業の動き活発/梅上零史

Kigyoka.com ベンチャー企業のためのメディア
世界各国でガソリン廃止が政策として打ち出され、次世代自動車の本命は電気自動車(EV) という流れが出来つつある。 …. EVや自動運転などの新技術開発、自動車の製造や部品調達、海外進出などを共同で進める。3社のトップが相互に入れ替わるなど統合に向けて動き出しており、年間1千万台の生産規模を持つ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アドバネクス Research Memo(5):EVシフトによる事業機会の拡大

金属加工総合メーカーへの挑戦」を掲げ加工技術を積み上げてきたアドバネクス<5998>は、2015年3月にプラスチック事業を行うグループ会社を手放したが、金属プレスと樹脂射出成形を組み合わせて製造するインサートモールドは残した。一方、船橋電子を買収して製造技術を獲得した細物深絞り加工製品は、欧州での需要 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
CANかイーサネットか? 車載ネットワークの最新動向…オートモーティブワールド2018 専門セッション

CASE(Conected・Autonomous・Sheared・Electric)車両は、ネットワーク技術なしには語れない。ここでいう … CANは前述したようにクルマの中に構成された独自の制御ネットワーク。クラウド接続 … このゲートウェイがしっかりできていれば、CAN側はとくに変更や改良を加えずコネクテッドカーや自動運転は実現できそうだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
三ツ星ベルト、真の競争力つけ強い企業体に

EVやPHVの拡大や、自動運転などの技術革新が進み、我々部品業界にとってもターニングポイントにあると言える。EV化、PHV化が進むと、我々の主力製品であるベルトが使われないが少しずつ増えてくる。そのために、当社では電動パーキングブレーキシステム、電動パワーステアリングシステム、スライドドアに使用 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「NVIDIA、ソニー、クアルコム……「自動運転銘柄」を宣言する技術企業たち:CES2018 BUSINESS INSIDER JAPAN」など、2018年1月17日     ニュース

ニュース
NVIDIA、ソニー、クアルコム……「自動運転銘柄」を宣言する技術企業たち:CES2018

テクノロジーショーであるCES 2018の会場では、社会のアメリカということもあり、昨今の自動運転技術の進展を反映して自動車メーカー展示は多い。そんな中でIT企業として …. CESの会場では、自動運転企業のAptivがライドシェアサービスの米Lyftと協業し、会場周辺で試乗できる自動運転車を用意した。Lyftはライバルで …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
独部品のZF、中国・奇瑞と自動運転で提携

【デトロイト=湯沢維久】独部品大手のZFは16日、中国の奇瑞汽車(安徽省)と自動運転技術で提携すると発表した。ZFは既に自動運転ではGPU(画像処理半導体)大手の米エヌビディアや中国インターネット検索最大手の百度(バイドゥ)と提携しており、奇瑞汽車も含めた連携で中国での自動運転車への部品供給を目指す。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ハンドルもペダルもない完全な自動運転車「Cruise AV」–GMが2019年に発売

General Motors(GM)は、ハンドルもペダルも搭載しない自動運転車「Cruise AV」を2019年に市販する計画を発表した。 … このCruise AVは、GMとして第4世代の自動運転車で、量産が可能な初めてのモデルという。 … このCruise AVは、GMが2016年に買収したCruise Automationの技術をベースに開発したという。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
22歳が仕掛ける「アンバンドル」 自動運転、転換迫る

世界2位の自動車市場である米国。1908年発売の「T型フォード」で量産技術を生み出した自動車大国は今、自動運転や環境といった次世代の分野で、フロントランナーの地位を固めようとしている。今月開催の米家電見本市「CES」と北米国際自動車ショーはこうした技術の祭典となり、自動車産業にもたらす構造変化の大き …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマの全てを変える自動運転時代のイメージセンサー。王者ソニーの苦闘と挑戦

それらと車載用はどう違っていたのだろうか? 今回、ソニーで車載向けセンサー事業を統括する、ソニーセミコンダクタソリューションズ・車載事業部統括部長の北山尚一氏に、ロングインタビューする機会を得た。彼らの4年間の苦闘と、ソニーのセンサーを使った自動運転車の未来が、彼の言葉から具体性をもって見えてきた。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AIで100メートル後方の車両も検出、三菱電機が電子ミラーの新技術

一連の処理を軽量にする工夫により、車載用マイコン上で毎秒30回実行できるようになった。 将来、自動運転車が車線変更できるかを判断するために「必須の技術になる」(三嶋部長)と見込む。三菱電機は今後、ミリ波レーダーなどの他のセンサーとの組み合わせにより、悪天候などで見通しが悪い状況でも高精度に検出できる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
長谷の自動運転車実験 走路に磁気マーカー

国土交通省が伊那市長谷の道の駅「南アルプスむら長谷」を拠点に行う自動運転車の実証実験の準備が始まり16日、磁気センサー搭載の実験車両を定められ … この区間は道幅が4・3~4・5メートルと狭いうえに、今までの実験であまり例のない直角カーブが連続する「クランク」があり、高度な制御技術が要求されるという。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
高級ブランド「キャデラック」に先行導入 GM、EVモデルや自動運転車

米ゼネラル・モーターズ(GM)は15日、高級ブランド「キャデラック」に電気自動車(EV)モデルや自動運転といった先端技術を先行導入することを明らかにした。ハイテク製品ラインとしての歴史的役割を再び担うことで、ブランドイメージの向上につなげるとともに、販売増加を目指す。 GMは中国での急成長を踏まえ、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
レクサスの次世代SUV「LF-1 Limitless」、縦横は「LX」並みで高さは「NX」以下

レクサスブランドの次世代デザインの可能性を示し、自動運転技術を搭載するコンセプトカー」(トヨタ自動車)である。 またレクサスブランドは、2025年頃までに、グローバルに展開する全てのモデルを電動専用、電動グレード設定とする計画である。このため、LF-1 Limitlessも、従来のガソリンエンジンやハイブリッドに加え …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
モーリーが期待する〈新EV時代〉の到来〜新型「日産リーフ」特別対談〜

そして、第2世代となる今回の新型日産リーフには、事故を防ぐこととゼロ・エミッションのための技術を詰め込みました。とはいえ、モーリーさんがおっしゃるように、の楽しさ、移動することで生まれる喜びや感動をお客様、特に若者へアピールしていくことも確かに大切。たとえば、自動運転機能を使うことによって、の中で楽しく …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
トヨタ車にアマゾンAI

【デトロイト=兼松雄一郎】トヨタ自動車が15日、北米国際自動車ショーで米アマゾン・ドット・コムの人工知能(AI)「アレクサ」を搭載した新型車を発表した。車の中から音声で家のエアコンを操作できるほか、ネットでの買い物も可能になる。アマゾンはAIスピーカーで高まるシェアを武器に、自動車も含めた経済圏の拡大をはかって …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
独部品のZF、中国・奇瑞と自動運転提携

【デトロイト=湯沢維久】独部品大手のZFは16日、中国の奇瑞汽車(安徽省)と自動運転技術で提携すると発表した。ZFは既に自動運転ではGPU(画像処理半導体)大手の米エヌビディアや中国インターネット検索最大手の百度(バイドゥ)と提携しており、奇瑞汽車も含めた連携で中国での自動運転車への部品供給を目指す。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転に乗り遅れるな 米整備業界、メーカーに布石

米最大の自動車ディーラー、オートネーションのマイク・ジャクソン最高経営責任者(CEO)は16日、自動運転車の整備・管理事業を拡大する方針を明らかにした。米グーグル系ウェイモと自動運転車の整備で提携したのに続き他社との交渉も始めたという。シェアサービスが普及すれば、自動車販売は苦戦を強いられる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車に乗ってわかった運転がうまい、下手な

… 企業から、新型の自動運転車や近日実施する試験運転の計画、それに新しい提携についての多くの発表があった。ラスベガスのコンベンション・センターの向かいにある駐車場では、いくつかの企業がこうしたに乗れるようにしていた。アプリを使ってリフト(Lyft=サンフランシスコに拠点を置く配車サービス会社)の自動運転車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NVIDIA、ソニー、クアルコム……「自動運転銘柄」を宣言する技術企業たち:CES2018

テクノロジーショーであるCES 2018の会場では、社会のアメリカということもあり、昨今の自動運転技術の進展を反映して自動車メーカー展示は多い。そんな中でIT企業として … DRIVE Pegasusに関しては自動運転のスタートアップ企業のAurora、自動車メーカーではフォルクスワーゲン、ヒュンダイと提携。さらにライドシェア …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマの全てを変える自動運転時代のイメージセンサー。王者ソニーの苦闘と挑戦

彼らの4年間の苦闘と、ソニーのセンサーを使った自動運転車の未来が、彼の言葉から具体性をもって見えてきた。 …. 今回の提携先で言えば、ボッシュやデンソーがこれにあたる)と話す中で色々情報交換をし、「なるほど、そういうニーズならば我々のイメージセンサーのこういう部分を伸ばせば、もっともっと安全性に寄与 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
<JQ>アズジェントが反発 出資企業が自動運転保護で提携

(11時25分、4288)5営業日ぶりに反発している。一時、前日比119円(4.4%)高の2844円まで上昇した。16日の取引終了後、出資するイスラエル企業が、ハッカーからコネクテッドカー(つながる)を保護するための戦略を開発するために、アルパイン(東証1部… [有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「視界360度・脳波測定・自走二輪 車の自動運転が進化 朝日新聞」など、2018年1月15日     ニュース

ニュース
視界360度・脳波測定・自走二輪 自動運転が進化

クルマ自動運転技術が進化している。トヨタ自動車は「視野」を360度に拡大し、日産自動車は乗る人の脳波をとらえて運転に反映させる。ヤマハ発動機は自ら立って走れるオートバイをつくった。 各社は米ラスベガスで12日(日本時間13日)まで開かれた家電・技術見本市「CES」で新技術を披露。 トヨタが公開した自動運転 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車のある未来】GMがハンドルのない自動運転車を2019年実用化へ!NVIDIAとサーファー憧れ …

自動運転車の開発競争が熾烈なことは既にご存じの通りだが、必ずしも自動車メーカーが主導であるとは限らないのが面白い点だ。ハンドルやブレーキペダルが自動運転車の開発や実験は、米Google(アルファベット)のウェイモが先行した。そしてこの数年は、ディープラーニング技術で脚光を浴びている「NVIDIA」も台頭して …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AIと自動運転車が街を見守る

2040年、道路交通の主役は自動運転車になり、運転免許はほぼ不要になる。自動運転は交通事故を減らすだけでなく、センサーを駆使して街を24時間見守り、犯罪を未然に防ぐ。は移動手段から、社会の安全を支える … レベル4の完全自動運転技術は2020年の実用化を目指している。 注)レベル3と言っても、渋滞中の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
フォード、駐車場などインフラと連動する自動運転車

ハケットCEOは「まずは自動運転を使った移動・輸送受託のビジネスモデルを広げることに注力する」とし、中小企業なども対象の顧客とすることを示唆した。 フォードは2021年に自動運転車の導入を計画している。米ゼネラル・モーターズ(GM)から2年遅れとなることについてケン・ワシントンCTO(最高技術責任者)は「都市 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
打倒テスラ宣言の高級自動運転EV「フィスカー」創業者の野望

創業者のヘンリック・フィスカー(Henrik Fisker)は「バッテリー技術の新時代」の幕開けだという。 … CESに向けて意気込むフィスカーに、EV業界の今後と、現行の自動運転車に足りないものについて聞いてみた。 … また、当社が発表するソリッドステートのバッテリーは自動運転車だけでなく家電の未来をも変えるものだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ヤマハの低速自動運転車の”現実味”—CES 2018で提案

CES 2018で、関係者の間で話題になっていたのが、”ワンマイルモビリティを再定義する”というコンセプトのヤマハの低速自動運転車だ。 … 今後については、商品としての信頼性を高めたうえで、「ゆくゆくは、現行の誘導線を利用した自動走行の置き換えも考えていきたい」と、同社モビリティ技術本部の吉田睦グループ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
デンソー子会社が次世代AUTOSAR対応OSを開発、自動運転車のECUに適用へ

自動運転車やコネクテッドカー、ADAS(先進運転者支援システム)など、高度な車載システムに採用される高性能なインテリジェントECUがターゲットで、ヘテロジニアスな … AUBIST OS POSIX版は、そういった処理に対応可能なマルチコア/メニーコア技術を活用した高性能なプロセッサを搭載するインテリジェントECUに最適 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
北米国際自動車ショー開幕、各社が自動運転技術などアピール フォードがEV投資倍増を表明

各社は売れ筋のピックアップトラックやスポーツ用多目的(SUV)を展示の中心に据える一方、電気自動車(EV)や自動運転など先端技術の開発もアピールしている。 米自動車大手フォード・モーター幹部は14日、会場内で記者団に対し、EVやハイブリッド(HV)の開発費を従来計画の2倍超に当たる110億ドル(約1 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
大型ブームの先へ

… 【デトロイト=兼松雄一郎、工藤正晃】北米国際自動車ショーが14日(日本時間15日)開幕する。販売が好調な大型を中心に各社が戦略車種を相次ぎ発表する見通し。ただ、大型の需要は原油価格の動向次第で変調を来しかねない。「大型ブーム」の先をにらみ、欧米やアジアの自動車大手が電動化や自動運転技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマ技術 激戦インドでは欧米・現地企業の動きに要注意

これらの地域における自動車技術の特許等の動向について調査を行ったところ、日本の完成メーカーは、ASEAN各国の市場で力強さを発揮し、特許出願件数 … 調査では、図1に示す点線内の技術(注:自動二輪車・三輪車に関する特許出願に関しては原則調査対象外としたが、車種が特定されていない出願や、自動車等に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
燃料電池車「MIRAI」に未来はこないのか!?

トヨタ自動車が、電気自動車への本格参入を明確にした。17年10月に開幕した「東京モーターショー2017」でAI(人工知能)を搭載した電気自動車の「トヨタコンセプト愛i」を発表。20年代前半には、航続距離が大幅に伸びる「全固体電池」の実用化方針を打ち出した。電気自動車時代でも世界のトップメーカーであり続ける意欲 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
新刊/中村吉明著『AIが変えるクルマの未来 自動車産業への警鐘と期待』

人工知能(AI)関連本と思って読み進めると違った。変革期にある自動車産業の現在位置を解説した一冊だ。カーシェアリング、電動化、自動運転といった革新の波が、組み立… (残り:173文字/本文:253文字). (2018/1/15 05:00). ※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけます。 会員登録 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
CES閉幕 AI進化で新たな競争加速 電機とクルマの境界消え、合従連衡へ号砲 (1/2ページ)

先陣を切ったのはトヨタ自動車だった。開幕に先立つ8日、未来の商用をイメージした電気自動車(EV)の試作を発表。独特の箱形のデザインで移動型の店舗になったり、移動ホテルになったりする。多彩な用途を実現するため米ネット通販大手アマゾン・コムや米配車大手ウーバー・テクノロジーズ、ピザハットと提携したこと …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【CES 2018】Intelの自動運転向けソリューションを統括するキャシー・ウインター氏に聞く

ウインター氏:5Gに関して自動運転は非常にいいユースケースになると考えている。現在の自動車は常時接続にはなっていないが、すでに自動運転車の開発フェーズでは高速な携帯電話回線が必要になり、5Gはそのよいアプリケーションになる。高精度マップの構築にも5Gは必要になるだろう。また、自動運転が普及した後は、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「まずは全固体電池 ルノー・日産・三菱自が投資計画 日本経済新聞」など、2018年1月12日     ニュース

ニュース
まずは全固体電池 ルノー・日産・三菱自が投資計画

フランスRenault(ルノー)や日産自動車、三菱自動車などで構成するRenault・日産・三菱自連合は2018年1月9日、オープンイノベーションを支援する企業ベンチャーキャピタルファンドを設立すると発表した。名称は「Alliance Ventures(アライアンス・ベンチャーズ)」。電動化や自動運転、人工知能(AI)などの成長分野に対し …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ自動車が車載Linux「AGL」を車載情報機器に全面採用、「他社も続く」

… 中の各種自動車モデルに素早く展開できた」と述べている。 消費者向けエレクトロニクス展示会「CES 2018」(2018年1月9~12日、米国ネバダ州ラスベガス)に出展しているAGLは、車載Linuxの車載情報機器向けディストリビューションの最新版となる「AGL UCB 5.0」を公開。併せて、アマゾン(Amazon)のAI(人工知能) …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
<札幌モーターショー特集>国内外27社 200台出展

国内外の最先端の自動車を展示する「札幌モーターショー2018」(道、道経連、北海道新聞社などでつくる実行委主催)が19~21日、札幌市豊平区の札幌ドームで開かれる。4回目となる今回は、27社38ブランドの四輪車と二輪車など約200台が出展される。各社が開発競争にしのぎを削る電気自動車(EV)や人工知能(AI) …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AI使った家電やロボット…米見本市が開幕

【ラスベガス(米ネバダ州)=松本裕平】世界最大級の家電・情報技術(IT)の見本市「CES」が9日、米ラスベガスで開幕した。 電機、自動車、IT企業など3900社以上が出展し、人工知能(AI)を使った自動運転システムや家電、ロボットなど最先端の技術を披露している。 トヨタ自動車は配車サービスなどに使える自動運転の試作 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
NVIDIA、AI自動運転プラットフォーム「NVIDIA DRIVE」の機能安全技術の詳細を発表

NVIDIAは2018年1月10日(米国時間)、同社のAI自動運転車プラットフォーム「NVIDIA DRIVE」の機能安全アーキテクチャの詳細を発表した。このプラットフォームは、オペレーター、環境、システムに関連する問題が発生した場合も含めて、冗長化と多様化を通じて車両の安全稼働を実現する。 自動車メーカーはNVIDIA …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「レベル3」自動運転開発を支援――NXP、自動運転車アプリケーション向け開発/テストプラットフォーム …

オランダのNXP Semiconductorsは2018年1月11日、自動車の自動運転アプリケーションの開発とテストに向けたソフトウェアプラットフォーム「NXP Automated Drive Kit」を発表した。同プラットフォームでは、自動車技術者協議会(SAE International)の定める「レベル3」の自動運転車を開発できる。 レベル3の自動運転は、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
無人運転を19年に実用化へ

【ラスベガス=兼松雄一郎】米ゼネラル・モーターズ(GM)は11日、無人運転の量産を2019年にも実用化する方針を公表した。基本的に人が運転に関与しない高度な自動運転車で、全米での普及に向け米当局に申請した。の次世代技術の焦点である自動運転は独フォルクスワーゲン(VW)やトヨタ自動車も開発を急ぐ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「もうチキンバスケットとは言わせない」

クルマの天井でくるくる回り、周囲の状況を把握する。自動運転の実験車両がほぼ標準的に採用しているLIDAR(レーザーレーダー)を供給するのが米Velodyne LiDAR社だ(図1)。優れた認識精度が高く評価されている一方で、「量産には使えない」(ある自動車メーカーの自動運転技術者)との声も少なくない。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタの自動運転コンセプト、関係者の度肝を抜く!

ラスベガスで行われている『CES』(最新技術の見本市)に於いてトヨタは『eパレットコンセプト』というのを発表した。簡単に言えば、工場などで使われている無人運搬を一般道で運用しようというもの。下手な文章でクドクド説明するより、下の動画を見て頂きたい。物流を電気で走る自動運転車に置き換えていくという …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産、ドコモなど6社 「つながる」の実証実験

日産自動車やNTTドコモなど6社は12日、コネクテッドカー(つながる)の実証実験を2018年中に日本で始めると発表した。周囲の車両や道路インフラ、歩行者が持つ機器と直接通信できる「セルラーV2X」と呼ぶ新たな技術規格の信頼性などを評価し、より安全な自動運転技術の実現などに役立てる。 セルラーV2Xは携帯 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産など、自動運転車の開発加速に向けたVCファンドを設立

初年度には、クルマの電動化、自動運転システム、コネクティビティ、人工知能などの新たなモビリティに焦点を当てている新興企業や、技術起業家が参加するオープンイノベーションのパートナーシップを対象に最大2億ドルを投資する予定で、こうした取り組みを毎年継続していくことで、財務リターンを確保しながら、新技術や新 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
<札幌モーターショー特集>夢の時代接近 自動運転、欠かせぬAI

次世代自動車の主役に躍り出た電気自動車(EV)と共に注目される技術が「自動運転」と、その実現に欠かせない「人工知能(AI)」だ。に乗り、行き先を告げるだけで目的地に連れて行ってくれる―。そんな夢のような時代に近づく技術を採用したコンセプトカーが札幌モーターショーにも登場する。 自動運転などの国家戦略「 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産とNASA、自動運転モビリティの共同研究を拡大

NASAの技術をベースに日産が開発した「SAM」(シームレス・オートノマス・モビリティ) 全 1 枚 拡大写真 日産自動車の米国法人の北米日産とNASA(アメリカ航空宇宙局)は1月11日、自動運転モビリティ … 日産とNASAはこの5年間、研究開発パートナーシップの下、自動運転車両システムの研究開発で協力してきた。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
注目ベンチャー5社「快眠」スリープテックや「妊活センサー」、「眼鏡型360度カメラ」が面白い:CES2018

アメリカ・ラスベガスで開催されている世界最大規模のテクノロジーショー「CES 2018」。デジタル業界の新年はCESと共に明けるといわれるほどだが、2018年はいつにも増してスタートアップの出展が注目度を高めている。スタートアップが集まるエリア「Eureka Park」は、巨大なサンズコンベンションセンターの1階を全て埋め …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
GM、19年にもハンドルなし「無人運転」の量産

の次世代技術の焦点である自動運転は独フォルクスワーゲン(VW)やトヨタ自動車も開発を急ぐ。GMが早期に … GMが実用化するのは、「レベル4」と呼ばれる自動運転車。特定の場所や … トヨタは20年代前半に実用化する方針を打ち出し、日産自動車は提携する仏ルノー、三菱自動車との連合で22年をメドに開発する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
南洋大とボルボ、自動運転電気バスを開発へ

自動運転電気バスはまず、NTUのキャンパス近くにある自律走行用のテストコースで実証実験を実施。その後、公道試験に進む予定だ。 NTUは2016年10月に陸上交通庁(LTA)と自動運転バスの技術開発で提携を結んでいる。同大キャンパスと西部ジュロンの環境配慮型工業団地クリーンテック・パークを結ぶ1.5 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「CESで自動運転車を初体験 —— とても退屈で、素晴らしい体験だった BUSINESS INSIDER JAPAN」など、2018年1月11日     ニュース

ニュース
CESで自動運転車を初体験 —— とても退屈で、素晴らしい体験だった

1月10日(現地時間)、同僚と私は自動運転タクシーに乗るために、CESの会場であるラスベガス・コンベンション・センター(LVCC)近くの駐車場に向かった。今回の取り組みでは、Aptivが車両自動運転技術を提供、Lyftが実際の運行を担当している。 我々はラスベガスのドライブを楽しんだ。だが今のところ、CESで体験した中 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Uberが自動運転にNVIDIAの技術を採用、開発ペースを加速…CES 2018で発表

Uberは、ボルボ『XC90』SUVの最初のテスト車両で、NVIDIA GPUコンピューティングテクノロジの使用を開始。現在では高性能のNVIDIAプロセッサーを使用して、自動運転/配車車両自動運転の貨物トラックの両方でディープニューラルネットワークを稼働させている。以来、Uber車両の開発ペースは急激に加速しており、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
インテル傘下のMobileye、今後の自動運転プロジェクトの詳細など明らかに

Mobileyeの最高経営責任者(CEO)で最高技術責任者(CTO)のAmnon Shashua氏は、自動運転車の開発における重要分野に関して、センシング、REM(Road Experience Management)、運転ポリシーなどを挙げている。 この方針に従い、Mobileyeの2018年の「マスタープラン」には、レベル4(L4、高度に自律的な運転が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転向け技術をCESで披露、存在感を強調するNXP

NXPは、LG Electronicsおよび、アルゴリズム関連の専門技術を提供するドイツHELLA Aglaiaと、先進運転支援システム(ADAS)や自動運転車向けの技術開発で協業するという。これが、CESにおけるNXPの発表の目玉の1つだ。この協業により、NXPが「S32V」プロセッサをベースとして開発した、ADASおよび自動運転車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転の実験、杉並で開始 住宅街の公道は都内初

住宅街の公道を利用した東京都内初の自動運転車の実証実験が11日、杉並区内で始まった。自動運転技術開発を手がけるアイサンテクノロジーのほか東京大学、測量会社の第一航業(東京・杉並)が杉並区の支援を受けて実施した。区立の井草森公園の周囲の都道・区道約1キロを、ミニバンをベースにした自動運転車が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米運輸当局、トラックや列車の自動運転で新たな政策指針策定へ

道路交通安全局(NHTSA)は自動運転車に対する「不必要な規制の障壁」や安全性の検証と認証の方法に関して意見を求めている。連邦公共交通局や連邦高速道路局も意見を公募している。これらの意見は同省の連邦自動運転車政策の第3版の作成に利用される。チャオ長官によると第3版は今夏に公表される見通し。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車技術のためのディストリビューションAutomotive Grade LinuxをToyotaとAmazonがサポート

AGLはそれに対してさらにセキュリティを厚くし、自動運転車をハッカーにやられないようにしたい。遠隔通信や地図関連の技術も重要だ。とくに地図データは、各社ばらばらでなく、全メーカーが共有できる形式であることがきわめて重要だ。地図の共通化は、AGLがメインの課題として追究している安全性の面でも欠かせない。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転 通行量の多い市街地で実証実験 東京 杉並区

自動運転の実用化に向けて東京 杉並区で、人やの通行量が比較的多い市街地を自動で走行させる実証実験が行われました。 続きを読む. この実証実験は、杉並区や自動運転技術開発に取り組む民間企業、それに東京大学などが共同で行ったものです。 の上部には特殊なセンサーがあって人や障害物を検知できる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アウディが2018年に自動運転「レベル3」のA8を発売予定。日本での発売は?

clicccar.com(クリッカー)
2018年、本国ではいよいよ世界初の自動運転レベル3の製品としてA8がデビューの予定です。すでにドイツでは法整備が整い、あとは国際的な技術基準が整えられ、その技術認証がクリアとなればレベル3自動運転車としてデビューとなるそうです。デビュー時には時速60km以下の自動車専用道路に限って使用できるものとなり …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
OKIグループとアヴネット、自動運転向けのAIボードを開発

OKIグループの設計受託企業であるOKIアイディエスは、技術商社大手のアヴネットと共同でレベル4~5の自動運転車に向けた人工知能(AI)コンピューターボードを開発した(リリース)。2018年2月からアヴネットが国内で販売する。将来的にはアジアにも販路を広げる。ボードは開発・評価用であり、実際のシステム開発をOKI …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ルノー・日産・三菱がベンチャー・キャピタルを設立 バッテリーや自動運転など新たなモビリティに5年間で …

ルノー・日産・三菱の約10億ドルという出資額は、CVCを持つ自動車メーカーとしては最大となる。 BMW iVenturesもGM Venturesも、ベンチャー・キャピタル運営の経歴が長いが、ファンド規模は彼らより小さい(BMWは、iVenturesの次の10年での投資総額を5億ドル以上に増やしている)。トヨタもロボティクスや人工知能の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
CESで自動運転車を初体験 —— とても退屈で、素晴らしい体験だった

1月10日(現地時間)、同僚と私は自動運転タクシーに乗るために、CESの会場であるラスベガス・コンベンション・センター(LVCC)近くの駐車場に向かった。今回の取り組みでは、Aptivが車両自動運転技術を提供、Lyftが実際の運行を担当している。 我々はラスベガスのドライブを楽しんだ。だが今のところ、CESで体験した中 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転向け技術をCESで披露、存在感を強調するNXP

同プラットフォームはBaiduが開発したもので、“ロボットカー向けAndroid”としても知られている。この提携により、NXPの半導体チップがApollo Open Autonomous Driving Platformをサポートできるようになるとしている。 こうしたさまざまな発表内容から、NXPが、「ADASや自動運転車向けオープンプラットフォームの強力な …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、何でも出来る・使えるクルマ「e-Palette Concept」を「CES」に出展

提携する米ウーバーテクノロジーズ、マツダに加え、新たにアマゾン、ピザハット、滴滴を含めた計5社を第1弾パートナーとして、多機能車両を開発する。 また、トヨタが培ってきた安全性の高い車両制御技術を用いて開発した車両制御インターフェースを自動運転キット開発会社に開示する予定だ。自動運転キット開発会社は、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「Uber、自動運転車に NVIDIA の技術を採用 PR TIMES」など、2018年1月10日     ニュース

ニュース
Uber、自動運転車に NVIDIA の技術を採用

CES 2018 の開幕前に開催されたプレス カンファレンスにおいて、NVIDIA の創業者兼 CEO、ジェンスン・フアン (Jensen Huang) は、このコラボレーションでは Uber Advanced Technologies Group の自動運転車両自動運転トラックで NVIDIA の技術を利用し、AI アルゴリズムの実行によって、複雑な環境においても各 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
エヌビディアCEO、2時間に及ぶ「自動運転強化宣言」の中身

プレゼンの中で、フアンはVWとウーバーとの提携以外にも、自動運転技術を手掛けるスタートアップ「オーロラ(Aurora)」とのパートナーシップや、中国におけるバイドゥと部品大手のZFとの提携拡大、BlackBerry QNXとの協業、自動車向けAI機能の強化、新たなARテクノロジーの開発、自動運転車向けスーパーコンピュータの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転EV 配送・相乗りも 米家電見本市

【ラスベガス清水憲司、釣田祐喜】トヨタ自動車は8日、米ネット通販大手アマゾン・コムや米ライドシェア大手ウーバー・テクノロジーズなどと連合を組み、バス型の自動運転電気自動車(EV)の開発を進めると表明した。自動運転やライドシェアなど新たな技術・サービスが次々と登場する中、を使う側の視点を重視しないと …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米フォード、自動運転車での食品・買い物の配達実験へ

米 フォード・モーターは、買い物・宅配代行の新興企業ポストメイツと提携し、自動運転による宅配実験を ピザ以外にも拡大、最終的に運転者なしでネット注文の … フォードは年内に、消費者とドライバーを結び付けて食料品や出前、他の買い物などを宅配するポストメイツと手を組み、自動運転技術によって宅配がどのように …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、次世代移動サービスに照準=自動運転車で宅配や相乗り

トヨタ自動車が自動運転機能を搭載した商用電気自動車(EV)の試作を公表し、無人運転による宅配など多様なサービスに活用していく方針を明らかにした。背景にあるのは、ライドシェア(相乗り)の … 自動車業界では、異業種企業の参入により、自動運転などの技術競争が加速。海外では同時に、自動車を所有せずに …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車用ソフトウェアを開発するAImotive、シリーズCラウンドで3800万米ドルを調達

ハンガリー・ブタペストを拠点とする AImotive は、自動運転車のカメラやセンサーからデータを収集し、人工知能の運転システムが歩行者や障害物を回避できるようそれらを認識するソフトウェアを … 調達資金は、世界でのスケールに向けた動きやシミュレーション技術を駆使した自律走行ソフトウェア制作の加速に活用される。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
技術力の結集。ミニマムなセンサー類を装備したトヨタの自動運転車「Platform 3.0」

現在開催中のCES 2018にて、トヨタの子会社で人工知能等の研究開発を行なうToyota Research Institute, Inc.(TRI)が開発した自動運転実験「Platform 3.0」が展示されます。 これは車外の状況を検知するセンサーやレーザー類の機能を大幅に強化しているだけでなく、Lexus LS600hLのボディーに馴染むデザインとなっ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
電機大手、車載技術競う AI使い道案内、自動運転サポート… CESでパナやソニー

三菱電機は展示を車載関連に絞り、運転支援機能を備えた試作を公開。声で個人を認証し、登録しておいた行き先を画面に表示するシステムや、ドローンを活用して道路状況を把握する技術を提案する。 ソニーは自動運転に活用する車載カメラ向けの画像センサーを紹介。暗所や逆光でもの周囲360度の状況を正確に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
TOYOTAのさようなら自動車、こんにちはモビリティサービス宣言 CES2018

世界最大の家電見本市「CES」が9日、米ラスベガスで開幕するのに先駆けて発表した。披露したのは全長4.8メートルの電気自動車(EV)「e―Palette(イー・パレット)コンセプト」。エリア限定で完全自動運転ができる. 「レベル4」の技術を載せて、まず20年の東京五輪で、大会関係者の移動で実験する。 提携する米ウーバー …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
サムスン、自動運転向けプラットフォームをCES 2018で発表…レベル3-5に対応

サムスン、自動運転向けプラットフォームをCES 2018で発表…レベル3-5に対応 … 韓国のサムスン電子は1月9日、米国ラスベガスで開幕したCES2018において、自動運転向けの新開発プラットフォーム、『DRVLINE』を発表した。 … 自動車メーカーが自動運転技術車両に組み込む際のソリューションになることを目指す。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
【CES 2018】ルノー、日産、三菱自動車、ベンチャーキャピタル「アライアンス・ベンチャーズ」設立。5年間で …

Ionic Materialsはマサチューセッツ州を拠点に自動車および多様な用途に使われる高密度エネルギーバッテリーの性能およびコスト競争力向上を可能とする固体高分子電解質を開発している。 このほか、Alliance Venturesは初年度、クルマの電動化、自動運転システム、コネクティビティ、人工知能などの新たなモビリティに …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
技術リーダーに必須の「4種の神器」とは?

既に当時と同様に、大きな変化の兆候が表れています。 例えば、自動車業界では電気自動車へのシフトが一気に進み、各国で電気自動車に対する法律やインフラ整備が進んでいます。それだけではなく、自動運転に対する法整備も現実のものとなろうとしています。 金融業界では、2017年にデータの分析や予測に人工知能が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ZF:人工知能(AI)による自動運転がまもなく現実に

特に環境データの検出と処理のために搭載された「ZF ProAI」はテスト車両で中央制御ユニットとして機能し、モジュラー・アプローチで自動運転機能の開発を可能にする。ZFのアプローチは、車の用途やハードウェアの構成、自動運転のレベルなど自動車メーカーのニーズに応じて対応可能で、あらゆるクルマに適用できる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
LG、新AIプラットフォームをCES 2018で発表…ドライバーの眠気を認識

韓国のLGエレクロニクスは1月9日、米国ラスベガスで開幕したCES2018において、新開発のAI(人工知能)プラットフォーム、『ThinQ』を発表した。 ThinQは、AIの研究を加速するために、韓国のLG人工知能研究所が中心になって開発。 … 自動車の室内を監視するモニターとして活用できる。ドライバーの表情や動作を検知し、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
エヌビディアCEO、2時間に及ぶ「自動運転強化宣言」の中身

プレゼンの中で、フアンはVWとウーバーとの提携以外にも、自動運転技術を手掛けるスタートアップ「オーロラ(Aurora)」とのパートナーシップや、中国におけるバイドゥと部品大手のZFとの提携拡大、BlackBerry QNXとの協業、自動車向けAI機能の強化、新たなARテクノロジーの開発、自動運転車向けスーパーコンピュータの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転EV 配送・相乗りも 米家電見本市

自動運転やライドシェアなど新たな技術・サービスが次々と登場する中、を使う側の視点を重視しないと生き残れないと判断。他業種との … 減少を抑えるには、ユーザー側の企業と提携し、の使われ方にも目配りする必要がある。 … 運転手なしで動くライドシェアや配送、移動販売、宿泊施設などとしての使用を想定する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米フォード、自動運転車での食品・買い物の配達実験へ

米 フォード・モーターは、買い物・宅配代行の新興企業ポストメイツと提携し、自動運転による宅配実験を ピザ以外にも拡大、最終的に運転者なしでネット注文の配達ができるようにするに … 当面は運転者が乗り込んで進める実験を通じて、フォードは自動配達システムがどのように機能するかを十分見極めることにしている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転EV、ユーザーの視点重視 配送・相乗りも 米家電見本市

【ラスベガス清水憲司、釣田祐喜】トヨタ自動車は8日、米ネット通販大手アマゾン・コムや米ライドシェア大手ウーバー・テクノロジーズなどと連合を組み、バス型の自動運転電気自動車(EV)の開発を進めると表明した。自動運転やライドシェアなど新たな技術・サービスが次々と登場する中、を使う側の視点を重視しないと …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
CES2018:FordとQualcommがの広範な接続性実現のために提携

携帯電話の接続性は、自動運転車ならびにモビリティサービスなどに向けて、フォードが展開しようとしている、充電ステーションネットワークやパートナープラットフォームなどの重要な要素となっている。Fordはまた本日(1月9日)、クラウドベースのコネクテッドスマートシティプラットフォームも発表した。この上に、都市や、運送 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
元グーグルの自動運転開発責任者、新会社立ち上げ再起動

【ラスベガス=中西豊紀】米グーグルで自動運転車の開発プロジェクトを率いてきたクリス・アームソン氏は業界では知る人ぞ知るスターエンジニアだ。2016年夏の突然の辞任後は沈黙を守っていたが、このほど新たなベンチャーを立ち上げ自動運転の世界に戻ってきた。すでに独フォルクスワーゲン(VW)とも提携。「(機械の) …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
TOYOTAのさようなら自動車、こんにちはモビリティサービス宣言 CES2018

世界最大の家電見本市「CES」が9日、米ラスベガスで開幕するのに先駆けて発表した。披露したのは全長4.8メートルの電気自動車(EV)「e―Palette(イー・パレット)コンセプト」。エリア限定で完全自動運転ができる. 「レベル4」の技術を載せて、まず20年の東京五輪で、大会関係者の移動で実験する。 提携する米ウーバー …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AI進化、最新技術が競演 家電見本市、米で開幕

日産自動車はカルロス・ゴーン会長が記者会見し、提携先の三菱自動車、フランス自動車大手ルノーと共同で新興企業を支援するファンドを設け、今後5年間で最大10億ドル(約1130億円)を投資すると発表した。先進的な技術を取り込み、電気自動車(EV)や自動運転車の競争力を高める。ホンダはAI搭載のロボットを中心に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【コラム】新年(2018年)に予測する中国自動車業界、次の一手

2018年は日本の自動車メーカーは当然、ドイツメーカーも新エネルギーの発売を予定している。全国乗用車市場信息聯席会の秘書長(事務局長)は、2017年の電気自動車などの新エネルギー販売台数は、50万台を突破今年は、100万台の大台を達成できるかがポイントと発言している。だけに限るわけではないが、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「【新聞ウォッチ】米家電見本市「CES 2018」開幕、次世代技術の競演で際立つ自動車各社 レスポンス」など、2018年1月9日     ニュース

ニュース
【新聞ウォッチ】米家電見本市「CES 2018」開幕、次世代技術の競演で際立つ自動車各社

【新聞ウォッチ】米家電見本市「CES 2018」開幕、次世代技術の競演で際立つ自動車各社 … で火花」というタイトルで、「もともとはテレビなど家電製品が主役だったが、自動運転車や人工知能(AI)の開発競争が加速する中、自動車やIT、半導体業界、ベンチャー企業も入り乱れて次世代技術を競い合う場になりそうだ」と紹介。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米 家電ショーを前に AI搭載家電や自動運転車披露

アメリカのラスベガスで世界最大規模の家電ショーが始まるのを前に、主要メーカーは、AI=人工知能が搭載された家電製品や、自動運転の電気自動車など最 … メーカーの存在感が年々高まり、トヨタ自動車の豊田章男社長は「これが将来の移動手段だ」と述べて、自動運転の電気自動車のコンセプトカーを披露しました。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「2018年の自動車業界は“晴れ”基調」、自工会会長の西川氏

… に大台となる500万台に乗った。 2018年のさらなる市場拡大を目指して、西川氏は「技術革新と事業革新が成長のためのキーワードだ」との考えを述べた。技術革新では、日産をはじめ自動車メーカー各社が取り組む電動化の加速はもちろん、人工知能(AI)の活用によって企画や技術開発のスピードが上がるとの見通しだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NVIDIA、「Xavier」を活用した次世代の自動運転プラットフォームを提供へ

グラフィックスチップ大手のNVIDIAは米国時間1月7日、同社の「Xavier」を利用した次世代の自動運転プラットフォームを発表した。Xavierは、自動車向けの人工知能(AI)に賭ける同社が研究開発に20億ドル(約230億円)を費やしたSoC(System on a Chip)だ。 NVIDIAが「世界で最もパワフルなSoC」と呼ぶXavierは、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NVIDIAが「GTC Japan 2017」で人工知能時代の到来をアピール

NVIDIAでは,このほかにヘルスケアもAIの技術が役立つ分野と位置づけている。フアンCEOは,基調講演の中で日本におけるAI活用の重要な分野として自動車,産業ロボット,建設に加えてヘルスケアを挙げ,その市場規模が700億ドルに上るとした。基調講演の最後に,フアンCEOは,これらの技術によるAI革命が始まったと …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車・輸送機 ニュース

ブルームバーグ)トヨタ自動車はインターネット通販最大手の米アマゾン・ドット・コムやライドシェア大手のウーバー・テクノロジーズなどと提携し、自動運転や … 【米ラスベガス=杉本要】米エヌビディアは7日(日本時間8日)、自動運転向けの人工知能(AI)技術で独フォルクスワーゲン(VW)や米ウーバー・テクノロジーズなどと.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ZF:AIコントロールボックスが百度の自動駐車システムに採用

ZFフリードリヒスハーフェン社(以下ZF)と中国の百度社(バイドゥ:Baidu、以下、百度)は、アメリカで開催される「コンシューマーエレクトリックショー(CES) 2018」に先立ち、無人で自動駐車を可能にする新しいシステムを発表する。両社の戦略的提携による最初の成果であるこのシステムは、ZFがアメリカの半導体 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
主戦場は音声対応=「つながる家電」日韓競う-米見本市

… 【ラスベガス時事】世界最大級の家電・IT見本市「CES」の開幕を前にした8日の記者会見で、日韓の電機メーカーはあらゆる機器がつながるIoT(モノのインターネット)への対応を競った。CESの主戦場は数年前まで薄型テレビだったが、音声対話型人工知能(AI)を住宅・家電や自動車といかに連携させるかに移った。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
トヨタ:自動運転EVで宅配や移動ホテル-アマゾンなどと提携

トヨタはこのサービスの展開にあたり、車両制御のインターフェース(規格)を外部に開示。これによりさまざまな企業が開発した自動運転システムの搭載が可能になるとしている。豊田章男社長は「eパレット」のコンセプトは、これまでのの概念を超えて消費者にサービスを含めた「新たな価値が提供できる未来のモビリティ社会 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
運転手なしでピザ宅配? トヨタがアマゾンなどと提携

これよりも小さめのと大きめのも追加してつくる。 アマゾンやピザハットのほかに、中国でライドシェアを手がける配車大手、滴滴出行(ディディチューシン)や、ほかの分野で提携済みの米配車大手ウーバー・テクノロジーズ、マツダとも協力する。 トヨタ以外の企業が開発した自動運転システムも載せられるようにし、提携の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
元グーグル社員らが創業の自動運転企業Aurora、現代やVWと提携

シリコンバレーで自動運転車の開発を手掛けるスタートアップ「Aurora」がフォルクスワーゲン(VW)と現代自動車と提携する。約1年前の創業 … Auroraを創業したのは、グーグルの自動運転プロジェクトの元責任者であるクリス・アームソン(Chris Urmson)と、テスラのオートパイロット技術の元開発責任者であるスターリング・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
CES 2018:アマゾンやUberと組んだトヨタは、新しい自律走行で「モビリティ企業」に転身できるか

トヨタは今回、UberやUberの中国におけるライヴァルである滴滴出行(ディディチューシン)、マツダ、ピザハット、そしてアマゾンと提携した。Uberと滴滴出行、マツダは技術パートナーである。車両の設計に加わるだけでなく、必要に応じて独自の自動運転プログラムを搭載できる。ピザハットとアマゾンは、顧客からの注文が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ 電気自動車のコンセプトカー発表 米IT企業と連携も

… のを前に、現地で自動運転で走行する電気自動車のコンセプトカーを発表し、商品の配送などのサービスに使うためにアメリカのIT企業などと提携しての開発を進めることを … 技術は急速に進展しており、競争の火ぶたは切られた」と述べて、トヨタとしてこれまでのの概念を超えた取り組みを進める意気込みを示しました。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタが自動運転商用=対話型AIにも関心-米家電見本市

… 【ラスベガス時事】米ネバダ州ラスベガスで9日開幕する世界最大級の家電・IT見本市「CES」を前に、日本の電機・自動車大手が8日、記者会見を開いた。トヨタ自動車は完全な自動運転機能を備えた商用のコンセプトを初公開。話し掛けるだけでさまざまな情報が得られる音声対話型AI(人工知能)を備えた機器も相次いで …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アルガス・サイバー・セキュリティーがコネクテッド/自律走行をサイバー攻撃から守るためルネサスと提携

コネクテッドと自動運転車両を推進する上での重要な要素となり、走行中の全車両をサイバー攻撃から守るという我が社の使命における新たな節目と言えます。コネクテッド車両が増え、自律走行の時代が急速に近づく中、自動車サプライチェーンに属するすべての企業サイバーセキュリティーを最優先事項とし、どのような …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車・輸送機 ニュース

… シェア大手のウーバー・テクノロジーズなどと提携し、自動運転や電動化技術を用いて小売りや外食、配送などさまざまな事業者が活用できる移動車両サービスに取り組むと発表した。 … 【米ラスベガス=杉本要】中国・南京に本拠を構える電気自動車(EV)ブランドの「バイトン」は7日(日本時間8日)、初の試作を発表した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AirbiquityとArityがエッジ分析機能のOTAソフトウエアとデータ管理をコネクテッドカー業界に提供

Arityとの提携は、AirbiquityのOTAmaticによるアップグレード可能なエッジ分析がこの市場機会をいかにスマートに取り込んでいるかを実証している」と述べた。 Arityのゲーリー・ハルグレン社長は「最新航空機は1回の飛行で0.5テラバイトのデータを生成する。コネクテッドな自動運転車も同じで、車両ごともしくは車両間で大量 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタが次世代「電気自動車」 移動型店舗にも活用

トヨタが発表したeパレットは自動運転の技術を活用して人の移動や物流、移動型の店舗など、幅広く利用できる次世代の電気自動車です。インターネット通販のアマゾンなど5社と提携し、を売るだけでなく、安全性や決済などのサービス面での収益の拡大を図ります。2020年の東京オリンピックで実験を行い、2020年代前半 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
NVIDIAのAI技術、Uberが自動運転車に採用へ (1/2)

NVIDIAは「CES 2018」のプレスカンファレンスで、Uber Technologiesの自動運転車に同社のAI(人工知能)技術が採用されると発表した。 … NVIDIAのCEO(最高経営責任者)であるJensen Huang氏は、NVIDIAは、「蓄積してきたGPU技術を基に、急速に成長する市場、例えばゲーム(1000億米ドル)、人工知能(3兆 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、サービス業向け自動走行EV 5社と実証実験

EVのほか、中距離向けにはマツダの技術を生かし「レンジエクステンダー」と呼ばれる発電専用エンジンを積んだプラグインハイブリッド(PHV)の供給も検討する。ウーバーや滴滴はそれぞれ自動運転技術を開発しているが、トヨタはイー・パレットの車両制御のインターフェースを開示し、協業企業がそれぞれの自動運転技術を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米 家電ショーを前に AI搭載家電や自動運転車披露

アメリカのラスベガスで世界最大規模の家電ショーが始まるのを前に、主要メーカーは、AI=人工知能が搭載された家電製品や、自動運転の電気自動車など最先端の技術を取り入れた製品を披露しました。 続きを読む. アメリカのラスベガスでは、国内外のおよそ4000社が出展する世界最大規模の家電ショー「CES」が9日 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
元グーグル社員らが創業の自動運転企業Aurora、現代やVWと提携

シリコンバレーで自動運転車の開発を手掛けるスタートアップ「Aurora」がフォルクスワーゲン(VW)と現代自動車と提携する。約1年前の創業 … Auroraを創業したのは、グーグルの自動運転プロジェクトの元責任者であるクリス・アームソン(Chris Urmson)と、テスラのオートパイロット技術の元開発責任者であるスターリング・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタが自動運転商用=対話型AIにも関心-米家電見本市

… 【ラスベガス時事】米ネバダ州ラスベガスで9日開幕する世界最大級の家電・IT見本市「CES」を前に、日本の電機・自動車大手が8日、記者会見を開いた。トヨタ自動車は完全な自動運転機能を備えた商用のコンセプトを初公開。話し掛けるだけでさまざまな情報が得られる音声対話型AI(人工知能)を備えた機器も相次いで …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
35%が完全自動運転車※1を利用したい完全自動運転車でやってみたいことトップは「睡眠」

完全自動運転車の実用化には、現時点では法律や技術面での多くの課題があります。しかし、実用化によって、交通事故や渋滞といった社会問題の解決に効果が見込まれることから、将来は一般的な移動手段となることが予想されます。誰もが安心して利用できるような法整備や技術向上が進むことを期待したいと思います。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタがサービス向け自動運転EV、Amazonを仲間に

限られた範囲で完全自動運転を実現できる「レベル4」の技術を搭載するという。エレクトロニクス関連の大型展示会「CES 2018」(米国ラスベガス、2018年1月9日~1月12日)の開幕に先立って開いた記者発表会で披露した。 発表会にはトヨタ社長の豊田章男氏が登壇し、e-Palette Conceptの発表を「これまでのクルマの概念 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産がデモ、脳波を使って“思い通りの運転”を支援する技術

自動運転車への適用を想定した技術だが、クルマを人間のコントロール外に置くのではなく、ドライバーが行う次の運転操作を支援することで”思い通りの運転”をサポートすることを目指す。日産自動車によると、完全自動運転車であっても運転の責任はドライバーが負うことを前提にし、運転支援システムに人の脳を融合する技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ソニー、自動車の危険回避を支援する「セーフティコクーン」。イメージセンサー活用

今回のCES 2018では、今後高度な自動運転の実現に向け、ソニーが提案する、イメージセンサー技術による「の眼」の進化を紹介。暗所、逆光などの運転環境下において自動車の周囲360度の状況を検知し、早期からの危険回避行動を支援する技術を疑似体験できるようにする。 さらに、望遠や広角、高速、感度などが求め …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車、次の課題は商用化 CES開幕へ

【ラスベガス】米アプティブのグレン・デボス最高経営責任者(CEO)は1年前、自社で開発したSUV(スポーツタイプ多目的)型の自動運転車に見込み客を乗せ、世界最大の家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」の会場内を行き来していた。複雑な環境でも自動運転を可能にする自社技術の進展を見て …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「VWとウーバー、自動運転向けにエヌビディアの技術採用 ブルームバーグ」など、2018年1月8日     ニュース

ニュース
VWとウーバー、自動運転向けにエヌビディアの技術採用

グラフィック半導体の米 エヌビディアは、同社の人工知能(AI)に関する専門知識・技術を ウーバー・テクノロジーズとフォルクスワーゲン(VW)が自動運転車の実用化のために採用すると発表した。 エヌビディアの … VWはインテリジェント・コパイロット・システムの開発にエヌビディアの技術を取り入れる。両社が発表した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米ラスベガスで開幕へ 次世代技術競う

日産は、運転手の脳波を測定することで、実際にハンドルやアクセルを操作する前にシステムが作動してイメージ通りの運転を可能にしたり、自動運転時の安全性を高めたりする技術を発表する。トヨタのAI開発子会社は車外の状況を把握するセンサー類を高度化した新しい自動運転実験を公開。自動運転技術やAIの開発を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米家電見本市が9日開幕、つながるやAIに注目

人工知能(AI)を搭載した機器の展示が増えるほか、自動運転やコネクテッドカー(つながる)など自動車関連の技術も多く紹介される。家電業界と他の業界との垣根がなくなり、最新の技術を紹介する展示会としての様相が色濃くなっている。 「1年前は200だった自動運転の協業先が、300以上に増えた」。開幕に先立つ7日、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
現代自、米オーロラと自動運転車を共同開発

現代自、米オーロラと自動運転車を共同開発. 韓国・現代自動車グループは4日、米オーロラと組み、自動運転車を開発すると発表した。2021年までにドライバーが運転に関与しないレベル4(米国基準)技術の実用化を目指す。自動運転技術の実証実験に適した「スマートシティー」を選定して、テスト走行を実施する。 まずは、燃 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタの自動運転テクノロジーは人間を超えた!? 全周囲200mをセンシングする「Platform 3.0」

clicccar.com(クリッカー)
ガーディアン(高度安全運転支援)とショーファー(全自動運転)という2つの方向で自動運転テクノロジーを開発しているトヨタ。北米の子会社で人工知能等の研究開発を担うToyota Research Institute, Inc.(TRI)の開発した次世代の自動運転実験「Platform 3.0」を発表しました。 旧型のレクサスLSをベースとした実験 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ドライバーの脳波を「先読み」してを制御、日産が開発

つまり、自律自動車が路上を走るようになるまで、実際にその技術にお目にかかることはなさそうだ(「完全自律型自動車 2021年に販売開始」を参照)。 それなのに、なぜ関心を集めているのか。自動運転の時代が来ても多くの人々は運転を楽しみたいはずだ。そのとき、より安全な運転のためにこの技術は役立つと日産は主張 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノー・日産・三菱自、新興企業に年230億円投資

仏ルノー・日産自動車・三菱自動車の連合は自動運転などの分野で優れた技術を持つ新興企業を対象とする投資ファンドを設立する。2018年から毎年2億ドル(約230億円)規模を投資する方針だ。同企業連合は2022年までに人が運転に関与しない完全自動運転車を実用化する計画を示しており、投資先の技術を活用して …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NVIDIA、自動車向けARプラットフォーム「Drive AR」発表

こうしたARとしての機能は自動運転技術が進歩することで、カメラによる周辺環境のマッピングや認識が進むため可能になります。 NVIDIAのCEOジェンスン・フアン氏は、「をさらに未来に向けて次のレベルに押し上げることができる」として、この「Drive AR」を紹介しました。具体的に採用される車種などは不明ですが、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
今年のCESの主人公は“スマートシティ”

革新技術展示会」と呼ばれるに相応しい。 今年CESが投げかける話題は「スマートシティ」だ。かつて個人用スマート機器で革新を繰り返し、昨年はスマートホーム、今年はスマートシティにまで拡張された。人工知能(AI)とモノのインターネット(IoT)、5世代(G)通信、自動運転車、ロボットなど、先端技術を組み合わせた結果だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転に光、照明メーカーが次世代ランプ開発に拍車

自動運転の本格化に向け、自動車用照明メーカーが次世代ランプの開発に取り組んでいる。小糸製作所は光線の反射で全周囲の歩行者や車両を検知するランプや、走行状況を光で伝える照明の開発に着手。同様の照明は市光工業も手がけ始めた。スタンレー電気や三菱電機はの動線を路上に照射する技術を開発.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
今年のCESの主人公は“スマートシティ”

かつてテレビ、オーディオなどが主役だったとすれば、自動車、ドローンはもちろん、人工知能(AI)のような先端技術が席巻している。「革新技術展示会」と呼ばれるに相応しい。 今年CESが投げかける話題は「スマートシティ」だ。かつて個人用スマート機器で革新を繰り返し、昨年はスマートホーム、今年はスマートシティにまで …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米ラスベガスで開幕へ 次世代技術競う

開幕に先駆け、中国のEVベンチャー、フューチャー・モビリティーは7日、「バイトン」ブランドで、次世代高速通信や顔認証による解錠、米アマゾン・コムの音声AI「アレクサ」といった最新技術に対応し、音声や手ぶりでカーナビなどを操作できるコンセプト車を公開した。自動運転機能も搭載する。「自動車とIT両業界にまたがった …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車・輸送機 ニュース

自動運転の本格化に向け、自動車用照明メーカーが次世代ランプの開発に取り組んでいる。小糸製作所は光線の反射で全周囲の歩行者や車両を検知するランプや、走行状況を光で伝える照明の開発に着手。同様の照明は市光工業も手がけ始めた。スタンレー電気や三菱電機は車の動線を路上に照射する技術を開発.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
LG電子、ADAS開発で世界大手と提携

韓国のLG電子は、自動運転車に用いる先進運転支援システム(ADAS)に関する次世代技術開発でオランダの半導体大手NXPセミコンダクターズと、ドイツの自動車部品メーカー・ヘラと提携した。 LG電子の「次世代ADASカメラおよび映像認識・制御アルゴリズム」と、NX… 関連国・地域: 韓国/欧州. 関連業種: 自動車・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「夢のクルマ、実現間近 IT企業交え開発競う 完全自動運転、今年前半試行も 毎日新聞」など、2018年1月4日     ニュース

ニュース
夢のクルマ、実現間近 IT企業交え開発競う 完全自動運転、今年前半試行も

自動運転を目指す企業にはIT企業が目立つ。名古屋大の野辺継男(のべつぐお)客員准教授は「自動運転はソフトウエアの開発そのもの。IT企業の得意分野だ」と指摘する。米半導体大手、エヌビディアが自動運転向けの人工知能(AI)を開発するなど技術は格段に進歩しており「完全自動運転は意外と早く実現するかもしれ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ラスベガスで完全自動運転タクシーに乗れる!AptivとLyftがCES 2018に合わせ運行

自動運転技術を開発するAptivと配車サービスを手がけるLyftは、米国ネバダ州ラスベガスで開催される家電見本市Consumer Electronics Show(CES)2018の期間中、ラスベガス … 使用する自動車は自動運転に必要な各種センサを車体に一体化させており、一般的な自動運転車と違って目障りな装置が飛び出していない。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【電子版】ドライバーの脳波で走行 日産が運転支援技術を開発

高い安全性や移動手段としてのの新しい可能性を追求するため、世界各メーカーは自動運転技術の確立を急いでいる。日産自では2016年に、高速道路の同一車線で車間距離を把握して停車や前進を促す自動運転を実現。20年までには一般道での自動運転技術を投入する予定。一方、 トヨタ自動車も20年の高速道路向け …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
伊那市長谷で1~3月 自動運転車実証実験へ

… で自位置を特定し、既定のルートを走行する20人乗りのバス車両を使用する。磁気センサーはレベル4の実験区間の一部150メートルに埋設する。 モニターや近隣住民にアンケートを実施して、自動運転の社会受容性を検証。小型無人機ドローンなど新産業技術を連携させる伊那市の物流の仕組み作りを踏まえ、人と荷物 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産、ドライバーの心を読んで反応時間を短縮する技術を開発

Nissanの最新研究プロジェクト’brain-to-vehicle’(B2V)は、ドライバーがハンドルをまわそうと思ったり、ブレーキを踏もうと思っただけで行動を予測する技術を開発し … SFシリーズの「ブラックミラー」の世界を彷彿させるが、この技術から得られるデータを利用して、ADASが改善され、もっと賢く能力の高い自動運転車への道が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Local MotorsがOlli顧客のために10億ドル超の資金調達

▽Xcelerateについて当社の使命は未来-Xcelerateはテキサス州フリスコに本社を置く持続可能な輸送リース会社で、米国中の最も進歩的な組織の一部に資金援助を提供している。モビリティーの将来と自動運転によるフリート技術に重点を置き、Xcelerateは、フリートを電動パワートレイン車両に移行させつつある公的および …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
交通事故死者、17年は過去最少の3694人 68年ぶり更新

政府は20年までに年間死者数2500人以下を目標に掲げている。ただ、17年版の警察白書は従来の対策では「達成は困難」と指摘した。警察庁は17年6月、遠隔システムの制御により、無人の自動運転車の公道実験を初めて認める許可基準を公表。将来的な事故防止に向けて先端技術の開発を支援する。事故原因などを …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
幅広い分野手がける KYB の“モノづくり”とは…クルマ、バイクから航空・鉄道、建設機械関連まで

被災をきっかけに資郎は一時的に海軍の技術者となる。 … その後は、建設機械、産業機械用のギヤポンプやギヤモーター、パワーステアリング、コンクリートミキサなどの特殊車両、航空機部品などさまざまな分野へ進出 … やがて訪れる自動車の電動化、自動運転化の世界でもその技術力は余すことなく活かされることだろう。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車の試乗体験コース、順義区に開設

北京市順義区政府は12月29日、同市で初となる自動運転車の試乗体験ができるテストコースをオリンピック水上公園に整備したと明らかにした。新華社電などが伝えた。 テストコースは全長7キロメートル。北京汽車集団(北汽集団)傘下の新技術研究部門が技術支援を行い、系列の北京… 関連国・地域: 中国-北京.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
“現役最強のホンダ”を徹底解剖! もはや「国民」の新型N-BOX進化の裏側

の新技術と「マジで軽かよ?」とビックリする … と、今どきの思いつくクルマの装備や技術のほぼすべてが新型N-BOXで手に入る。そして、それら … 発売中の増刊『クルマプレイボーイ』では、2018年のイチ推しカー、コンパクトSUV最強の10台、ニッポン自動運転の実力、各メーカートップ独占インタビューetc…専門誌が書け …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
夢のクルマ、実現間近 IT企業交え開発競う 完全自動運転、今年前半試行も

IT企業と自動車メーカーが入り乱れて開発競争は過熱している。独フォルクスワーゲン(VW)はエヌビディアと提携。独BMWは米半導体大手インテルなどと組み、インテルはウェイモとの協業を発表した。そのウェイモはホンダとも共同研究を検討している。自動運転車をいち早く実現できる相手はどこか。既存メーカーの模索は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Local MotorsがOlli顧客のために10億ドル超の資金調達

… 共同通信JBN】Local Motors(https://localmotors.com )は、Elite Parking Services子会社のフロリダ州に本拠を置くElite Transportation Services(ETS)とテキサス州のXcelerateのいずれも業界をリードする専門家らと提携して、Local Motorsの自動運転シャトルバス「Olli」のためのサードパーティーによる運営支援と車両 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
車載SWでイスラエル社と提携、LG電子

車載SWでイスラエル社と提携、LG電子. LG電子は、自動運転車向けソフトウエア事業を強化するため、ジェスチャー・顔認識技術を手掛けるイスラエルのアイサイト・テクノロジーズと手を組んだ。 アイサイトのジェスチャー・顔認識技術を採用した車載インフォテインメントシステムを1月9日に米ラスベガスで開幕する家…
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「AIと生きる/2 自動運転始まる村の「足」 ぬくもりは負けない 毎日新聞」など、2018年1月1日     ニュース

ニュース
AIと生きる/2 自動運転始まる村の「足」 ぬくもりは負けない

玄関から手押しを持ってきて、足の不自由な高齢の乗客に手渡す。「いってらっしゃい」と声をかけ、運転席に戻ると次の停車場所に向かった。 バスやタクシーの運転手は人工知能(AI)やロボットで代替できる可能性が高いといわれる。技術が進歩すれば、都市部でも大勢の人が職を失うかもしれない。ただ、村で自動運転の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
2018急上昇ワード:「無人化ビジネス」仕事奪うパンドラの箱か? 人手不足の救世主か?

自動運転技術ベンチャー「ZMP」は、2020年の「無人タクシー」の実現に向け、2018年は「無人運転の開発を加速させる年」(ZMP担当者)。2017年12月には運転席 … フォー」も米半導体大手のNVIDIA(エヌビディア)と業務提携し、ハンドル、アクセル、ペダルのない完全自動運転車を開発、2018年春に実証実験をするという。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
完全自動運転時代の必須技術!「ダイナミックマップ」の実証実験を開始へ

KDDI株式会社、株式会社ゼンリン、富士通株式会社は26日、完全自動運転車の安全な走行を実現するための必須技術とされる「ダイナミックマップ」について、その … 実証実験においては、KDDIが自動運転車に搭載されたカメラやセンサーによって生成されるデータを確実かつ効率的にアップロードし、専用ネットワークに送信 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
なぜ、EVに本気になったのか? トヨタの答え

2030年に電動を世界で550万台以上販売し、そのうち電気自動車(EV)と燃料電池(FCV)を100万台以上とする。そして、2025年頃までにはエンジン専用をゼロにする──。トヨタ自動車が車両の電動化を加速すると宣言した。エンジンとハイブリッド(HEV)にほぼ絞り込んできたこれまでの戦略を改め、2020年以降 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノーSYMBIOZコンセプトカーに込められたIAVのノウハウ

自動運転車の開発において、IAVはルノーにとってなくてはならない存在だ。ルノーのSYMBIOZ(シンビオズ)コンセプトカーはベルリンを本拠地とするIAVと技術パートナーとして新たな技術のポテンシャルを引き出そうとしている。張り巡らされたセンサー類やインテリジェントなアルゴリズムがSAE レベル4自動運転段階を可能に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【初めてのマイカー】女の5年ローンでポルシェ 928 S4…岩貞るみこ

でも、当時29歳のかけだしジャーナリストゆえ、運転の技術も人格も信用されていない時代に左ハンドルの大きな輸入の広報車両をお借りするにあたり「928に乗って … いや、本当にいけすかない自然人(法律用語で人間のことをこう呼ぶのだと、自動運転システムを語る弁護士先生に教えていただきました)だったと思います。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【平成30年 年頭所感】ベイオーク 代表取締役社長 塩原 淳平

次世代燃料についても、ハイブリッドカー(HV)・電気自動車(EV)・燃料電池(FCV)などが定着し、エンジンのみの車種の販売の終了に向かいつつあります。自動運転技術については、米国で2018年に本格的なサービスが開始される模様の中、法改正など日本での実用化は先の長い話・・・とは言っていられない状況です。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【平成30年 年頭所感】日本中古自動車販売協会連合会・日本中古自動車販売商工組合連合会 会長 …

自動運転や電気自動車など技術革新により、あつかうクルマそのものが常に進化し変化を続けている今、環境に合わせて我々も変わっていかなくてはなりません。そのためには、青年部などの若い方の柔軟な発想が必ず必要になります。若い方が参加し活躍できる組織を目指し、かつあらゆる情報が組織全体に行き渡るよう …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
【2018年展望】EVで未曾有の日本6社連合へ…CACE+A がもたらす自動車産業の激流

こうした4要素に連動するかたちでAI(人工知能)も欠かせない技術要素として脚光を浴び、「CACE+A」という様相となってきた。AIをめぐっては、自動車業界が外部の企業や研究機関との連携で凌ぎを削る展開となっている。「オープンノベーション」を合言葉に、業界は国内外の多くのスタートアップ企業を含め、協業や出資を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
2018急上昇ワード:「無人化ビジネス」仕事奪うパンドラの箱か? 人手不足の救世主か?

ソフトバンクグループの「SBドライブ」も2017年12月に、運転席のない自動運転シャトルバスの試乗会を開いた。東京23区の公道では初めてだった。報道によると、名古屋大学発のベンチャー「ティアフォー」も米半導体大手のNVIDIA(エヌビディア)と業務提携し、ハンドル、アクセル、ペダルのない完全自動運転車を開発、2018 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「自動運転バス 丸の内行く センサーで障害物検知 東京新聞」など、2017年12月23日     ニュース

ニュース
自動運転バス 丸の内行く センサーで障害物検知

運転席はなく、衛星利用測位システム(GPS)で位置を把握し、車両に取り付けたセンサーが周囲の障害物を検知しながら、あらかじめ設定したルートを走行できる。 … 試乗会に合わせたセレモニーで、三菱地所の湯浅哲生・執行役常務は「丸の内には多くの先端技術が集まっており、自動運転車などの技術を後押しできる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
フィンランドの研究車両「Martti」が雪道での完全自動運転に成功!

フィンランド技術研究センター(VTT)は、雪道で完全自動運転を走らせることに成功した。 最高速度は時速40キロ。雪道を自動で走行すること自体も世界初なのだという。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「自ら学ぶコンピューター」時代の不安と期待

自動車の運転からミスを起こしやすい人間という要素を排除することも、機械学習で可能になる大きなメリットだ。リポートによると、自動運転で高速道路を時速65マイル(時速105キロメートル)で飛ばす際の違和感は、しばらくたてば徐々に消えるという。言い換えれば、自動運転車はついに実現しつつある。 バッテリー技術の向上 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ZF、自動運転車の「仮想テストドライブ」を予定…CES 2018の会場で

これにより、CESの来場者が、自動運転車の「仮想テストドライブ」体験を可能にするという。 ドリームカーには、エヌビディア(NVIDIA)と共同開発した中枢スーパーコンピュータ「ZF ProAI」を搭載。ZFとエヌビディアが提携を結んでから、1年で開発された。 ZF ProAIは、センサーなどから得たすべてのデータをリアルタイムに分析・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ウェイモ、自動運転車に保険を適用 来年にはサービス開始へ

アルファベット傘下の自動運転開発会社「ウェイモ(Waymo)」は、2018年中にアリゾナ州フェニックスで自動運転車による配車サービスを開始する予定だ。ユーザーはスマホのアプリ … ウェイモは、自動運転車に対する不安を緩和するため、保険企業と提携して乗客に保険を適用することを明らかにした。同社は12月19日、オン …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「【岩貞るみこの人道車医】「安心」揺らいだものづくり、自動運転時代に消費者は レスポンス」など、2017年12月21日     ニュース

ニュース

【岩貞るみこの人道医】「安心」揺らいだものづくり、自動運転時代に消費者は

そして、そろそろ中古市場に被害軽減ブレーキ搭載が出回りはじめている。それでも装着とアピールして売る以上は、機能がちゃんとしているものを売ってくれるはずだ(性善説)。正規ディーラーの認定中古なら間違いない(性善説)。中古販売のみを扱う店だって、プロなんだから完璧な状態で販売しているはずだ( …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

道の駅から往復5キロ 長谷で自動運転車実験

道の駅と美和診療所、長谷総合支所を結ぶ国道152号をメインにした往復5キロのルートで行い、市民ら約100人を乗車モニターとして募集するとした実施計画案を承認。モニターや近隣住民にアンケートを実施して、自動運転の社会受容性を検証する。小型無人機ドローンなど新産業技術を連携させる伊那市の物流の仕組み …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

ついに時代はここまで来た…! 自動運転と人間のカーレース!

アクセル、ブレーキの技術やハンドル操作もかなりのもの。ハイスピードであるにも関わらず事故の気配は全くない。 この動画を見た後なら、自動運転車により安心して乗れそうだ。 自動運転車の未来に期待するのと同時に、今後はどんなジャンルの「ロボット vs 人間」という対決が見られるのか楽しみになる、そんな動画だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

パイオニア、地図で目指す「自動運転銘柄」への道

カーナビ事業の不振で、業績や株価の低迷が長引くパイオニア。だが、ここに来て、地味に続けてきた地図事業がにわかに脚光を浴びている。自動運転にはセンサーと地図の技術融合が欠かせないが、日本の詳細な地図データを提供できるのは、パイオニアのほかはゼンリン(北九州市)に限られる。株式市場では、地図 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

主張自動運転車 初の無人走行試験。実用化に期待

車内に誰も乗っていないが、人間の代わりに機械が運転操作を行う自動運転車を、一般車両が行き来する公道で走らせる。国土交通省と経済 … 実験は、無人の自動運転車が利用者を迎えに行くという想定で実施。約100 … この点が、自動運転車を開発する上で、最も困難な技術的課題であることを指摘しておきたい。 ツイート …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「自動車会社が消える日」はやって来るのか 100年ぶりのパラダイムシフトの中で

自動運転に限らず、EV(電気自動車)でもバーチャル・エンジニアリングを使った技術が重要になります。EVは、部品点数が減ることなどによってハードとしての構造はシンプルになりますが、ソフトウェアは内燃機関(エンジン)のクルマに比べて煩雑になる傾向にあります。開発期間を短縮させるためにもバーチャル・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

AGC 自動運転時代のガラスの新たな役割とは? 東京モーターショー2017

AGC旭硝子は「人とのインタラクティブコミュニケーションにおけるガラスの役割」をテーマに、東京モーターショー2017で展示を行った。メインとなったのは自動車向けの情報ディスプレイ。AGCが考える自動運転時代のクルマのモックアップには実際に乗ることができ、ドライバー目線でAGCの技術を体験することができる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

日産が「車両制御に関する将来の新技術」、CES 2018で初公開予定

日産が「車両制御に関する将来の新技術」、CES 2018で初公開予定 … この新たなテクノロジーについて、現時点で公表されているのは、「車両制御に関する将来の技術」、ということのみ。 日産は「インテリジェント … これは、より多くの自動運転車が早期に公道を走行できるようにするための新しい技術だった。 日産自動車と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「CES 2018」に出展

室空間における『総合インフォテインメント』のリーディングカンパニーを目指す当社のブースでは、自動運転社会に向けて当社が開発を進めているさまざまな先進技術 … 3) 位置情報を用いた価値・サービス構築に関する取り組み 「3D-LiDAR」センサー技術を活用して自動運転用地図の更新・運用を行う“データエコシステム” …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「GTC Japan 2017」NVIDIA CEO、Jensen Huang氏が語る、ビジョンとソリューション

世界最大ロボットメーカー、重工や自動車メーカーの国である日本では課題も多く、その課題を解決するにはAIはもっとも適切な技術であるといい。NVIDIAは日本でAIを展開するため、富士通、ファナック、スーパーコンピューターを開発しているAIST研究所や複数のAIスタートアップとパートナーになった。 特に、自動運転車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース

現代自が対話型音声認識サービス開発 19年の新車に搭載

【ソウル聯合ニュース】韓国の現代自動車グループは21日、人工知能(AI)を用いた対話型音声認識アシスタントサービスを米サウンドハウンドと共同開発したと発表した。2019年発売の新車に初搭載する。 同サービスはサウンドハウンドの対話型AIプラットフォーム「Houndify」を基盤に作動する。声だけでエアコンや …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「アウディが先陣、自動運転車が「レベル3」になると何ができる? 投信1」など、2017年12月20日     ニュース

ニュース
アウディが先陣、自動運転車が「レベル3」になると何ができる?

また、の長距離運転には“疲れ”がつきものです。また、運転者は運転に集中しなくてはならず、スマホなどを見ることはできません。このことが自動車で移動することの大きなハードルとなっているのではないでしょうか。 そこで期待されるのが、今、話題となっている「自動運転技術」です。ただし、スマホを見ながら移動するため …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
平昌五輪に合わせ自動運転のFCV披露 高速道路走行=現代自

これらのは、米自動車技術者協会(SAE)が定める自動運転技術区分で最上位のレベル5に次ぐレベル4を満たしている。レベル4は限定条件の下でドライバーが運転に関与せず、システムがの速度と方向をコントロールする段階で、ドライバーが必要ない無人自動車を意味するレベル5とともに完全自動運転に分類され …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
オートリブの最新自動運転車、ディープラーニングで乗員を理解…CES 2018で公開予定

スウェーデンに本拠を置き、自動運転技術などを手がけるオートリブ社は12月19日、米国ラスベガスで2018年1月に開催されるCES 2018において、最新の自動運転車の研究開発車両「LIV 2.0」を初 … 具体的には、車両の頭脳が、ドライバーや乗員の声や手の動きを追跡することにより、ドライバーや乗員の気持ちを理解。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
無人の電動カートがお迎え…公道で自動走行実験

国立研究開発法人「産業技術総合研究所(産総研)」(東京都)が手掛ける実験で、県内外で実験を重ね、2020年の実用化を目指す。愛知県や東京都では14日、公道での自動運転システムの実証実験が行われたが、人が全く乗っていないが公道を通って利用者を迎えに行くのは、輪島での実験が国内初めてという。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
『ニッサン・エクストレイル』特別仕様運転支援システムを標準化。価格は280万円から

エクストレイル』は、発売以来、高い走行性能を兼ね備えた本格SUVとして、お客さまから好評を得ています。また、本年搭載した、高速道路同一車線自動運転技術の“プロパイロット”は、幅広いお客さまにご愛用いただいています。 今回発売する特別仕様“20Xi”、“20Xi HYBRID”は、ガソリンの“20X”、およびハイブリッド …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NVIDIAがAIで目指す未来の姿 – GTC Japan 2017基調講演レポート

12月12日と13日の2日間にわたって、NVIDIAが技術者向けイベント「GTC Japan 2017」を開催した。 … AIは、自動運転車や産業・福祉ロボットのような未来を実現する技術だ。AIが活用される … 自動運転車はソフトウェアによって定義され、NVIDIAでは「NVIDIA DRIVE」と呼ばれる自動運転アーキテクチャを開発している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ボルボの自動運転実証実験「Drive Meプロジェクト」、予想以上に問題解決に時間が掛かっているため4年 …

ボルボの自動運転車の実証実験計画「Drive Meプロジェクト」が足踏み状態となっている。同社は、100台の自動運転車をスウェーデンで展開するというこの計画を4年先送りするとし、技術がまだ万全でないことを認めた。ボルボによれば今後4年間で、ドライバーのいないクルマに搭載された自動運転テクノロジーと人々がどう …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
韓国、すぐ金になる技術ばかり好む…長期投資に出なければ

自動運転車のカメラとレーダー、ライダセンサーは運転者の知覚能力に代わる核心部品だ。それだけ重要だが韓国の技術が最も遅れている分野だ。人の目のように周辺環境を把握する前後方カメラセンサーはイスラエルのモービルアイの製品を装着した。ゼロシャトルの4つの角に取り付けられた触覚形の装置には光で距離を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
未来を先取り!? 夢のコンセプトカーが集結!

会場には、近未来を予見するかのようなコンセプトカーが続々登場。トヨタからは“未来の愛車”を目指し提案する「TOYOTA Concept-愛i(コンセプト・アイ)」シリーズの最新モデルが登場。ドライバーの感情認識や嗜好推定を行う技術自動運転技術を組み合わせ、ユーザーの安心・安全と気持ちを先回りした提案が行えるように。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米運送大手UPS、Tesla発表の電動トラック125台を予約

トラックはTeslaの発表していた「Tesla Semi」で、完全な電気自動車ゆえの機能性や同社の得意とする自動運転技術などが費用とCO