ITS(Intelligent Transport Systems、 高度道路交通システム)で用いられ ている代表的な無線通信がDSRC (Dedicated Short Range Communications、狭域通信)です。一般的に は、道路沿いなどに敷設された通信 装置(路側機)と、走行する自動車に 搭載された車載器などとの間で行わ れる無線通信を指します。ETC (Electronic Toll Collection、自動料 金支払いシステム)は、その代表的な適用例です。 出展;総務省のHP

DSRC(Dedicated Short Range Communications:狭域通信)は、 V2Xの通信方式として 車両通信に適用することが2019年10月現在期待されている。ただし、類似技術として競合するのが、携帯電話の通信網を使用する C-V2X(Cellular-V2x:セルラーV2X)。5Gの普及を考慮して、車両間通信などに期待されている。

参考)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です