「高速道路であおられる、自動運転の落とし穴 日経ビジネスオンライン」など、2018年2月14日     ニュース

ニュース
高速道路であおられる、自動運転の落とし穴

自動車メーカーに加えて、グーグルなどのIT(情報技術)大手、ウーバーなどのライドシェア(相乗り)大手まで、様々な業種の企業が開発を加速させる自動運転車。異種格闘技戦ともいえる競争が激化する中で、ホンダはどのような自動運転車を実現しようとしているのか。自動運転車が普及するとどのような変化が起きるのか。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車に信号情報 政府、18年度から公開へ

政府は2018年度から自動運転車向けに信号情報を提供する。信号機に取り付けた通信機や交通管制センターから、に信号の色や色が変わるタイミングを伝える。現行の自動運転技術はカメラなどで信号の色を識別しているが、逆光時などに正確に検知できないといった課題があった。民間への情報提供を進め、自動運転の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車実証実験 運転席不在で走行

運転席が無人の実験車両は時速10キロ前後で走行し、クランクではさらに減速しながら見事な“ハンドルさばき”で難所を通過した。 国交省飯田国道事務所の岡本由仁計画課長(31)は「思っていた以上に順調。さらに技術が高まっていけば、運転席にドライバーがいない違和感も解消され、社会に浸透していくと思う。今後細か …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ボッシュ、ZFに続きコンチネンタルもNVIDIAと、自動運転システムを共同開発

今回の提携の発表により、コンチネンタルやRobert Bosch(ボッシュ)、ZFといった大手サプライヤーが自動運転コンピュータにNVIDIAの技術を採用することになる。 コンチネンタルとNVIDIAは、幹線道路での全周囲の状況把握や自動車線変更、合流といった高度な自動運転機能から開発に着手する。自位置特定のための高 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
パナソニック、つながる向けサイバー防衛システム

パナソニックは14日、トレンドマイクロとつながる(コネクテッドカー)向けのサイバー防衛システムを共同開発することで合意したと発表した。外部のサイバー攻撃からカーナビなどの通信機器を守るシステムの開発などで連携する。早ければ2020年の実用化を目指す。自動運転など新技術の開発が進むなか、ハッキングなど …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ボルボ 過去最高の業績 前年比27.7%増の営業利益を計上

… の協力関係を強化し、技術開発においてスケールメリットが得られる技術系合弁会社を設立。また、コンパクト・モジュラー・アーキテクチャー(CMA)を共有するジーリー社の新ブランドであるリンクス社の株式を30%取得している。 さらに2017年、ボルボ・カーズは2019年から2021年までに数万台の自動運転対応のベース車両 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車サイバーセキュリティについての4つの重要な質問と回答

自動車業界はiPhone時代のようなものであり、新しいネットワーク接続機能と自動運転技術が次々と生まれることで、イノベーションの爆発が促進され、たくさんの新規プレーヤーがマーケットに参入しています。このような状況は消費者や大企業から見れば好ましいことなのですが、それらの新機能を支えるソフトウェアの欠陥に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ウェブ
自動運転車関連技術開発推進プロジェクト】自動運転車関連技術参入促進セミナー

本県では、運転支援システムにおいて業界をリードする(株)SUBARUと連携し、自動運転車関連技術の開発を推進するとともに、県内中小企業の参入を支援する「自動運転関連技術開発推進プロジェクト」を実施しています。 この度、同プロジェクトの一環として、県内企業の皆様に自動運転に関する知識を深め、関連技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
脱・自動車メーカーを図るホンダが目指す「協調と共感」

ホンダは人と協調する人工知能技術をCI(Cooperative Intelligence)と呼んでいるが、「3E-A18」は10歳の子供ほどの大きさで、人の表情を認識するCIを搭載し、音や表情でコミュニケーションを交わす。同社のアシモのように二足歩行などの複雑な技術は持たないが、丸っこいスタイルや柔らかな外装で、より親しみやすく、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
今の自動車製造工場がすごい! VWの動画で知る最新のクルマづくり

今の自動車製造工場がすごい! VWの動画で知る最新のクルマづくり … AI(人工知能)が優秀になってきたとはいえ、まだまだ人間が手間をかける部分です。 出典:Volkswagen Group(YouTube). 原寸大のクレイモデルをつくります。少し前まではこれも手作業でしたが、いまはロボットでおおよその形を削り出すことができる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ボッシュ、ZFに続きコンチネンタルもNVIDIAと、自動運転システムを共同開発

今回の提携の発表により、コンチネンタルやRobert Bosch(ボッシュ)、ZFといった大手サプライヤーが自動運転コンピュータにNVIDIAの技術を採用することになる。 コンチネンタルとNVIDIAは、幹線道路での全周囲の状況把握や自動車線変更、合流といった高度な自動運転機能から開発に着手する。自位置特定のための高 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「WaymoとUber、自動運転技術めぐる訴訟で和解 CNET Japan」など、2018年2月13日     ニュース

ニュース

WaymoとUber、自動運転技術めぐる訴訟で和解

Waymoは2017年、配車サービス企業UberがWaymoの自動運転車開発に必要な技術に関する企業秘密を盗んだとして、Uberを提訴した。 和解の一環として、WaymoはUber株式の0.34%を取得する。この交渉に詳しい情報筋らによると、Uberの現在の時価総額である720億ドル(約7兆8300億円)から換算して、約2億4500 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

AIベンチャーが狙うクルマの「頭脳」

香港のAIベンチャーであるセンスタイムは2017年12月、ホンダと自動運転用のAIを共同開発すると発表した。武器とするのは画像認識技術。中国の公安当局が複数の都市で運用する、監視システムで使われているものだ。 中国では大都市の主要な交差点にカメラを設置して、クルマや人間の動きを記録している。センスタイム …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

鉄道の廃線跡地を自動運転サービスに活用、実証実験へ

国土交通省は、中山間地域における道の駅を拠点とした自動運転サービスとして、鉄道廃線跡地を活用して地域内の生活の足を確保する実証実験を実施すると発表した。 国土交通省では、高齢化が進行する … 車両はアイサンテクノロジーが開発した車両自律型技術を搭載した自動運転車を使う。事前に作製した高精度3次元 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

日産の新型「リーフ」を解剖する!

電動化や自動運転化――。自動車業界に変革の波が押し寄せてきている。これまで培ってきた自動車技術の本流が入れ変わり、新たな技術が勃興する。こうした時代に備えて最新の電気自動車(EV)の実力を確かめたい。ターゲットに選んだのは、日産自動車の新型「リーフ」だ。2017年10月に初の全面改良を実施した同 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

カーエレクトロニクスとともに発展を遂げてきた日本の自動車産業電動化・自動化に向けた将来像を探る

とはいえ、私がデンソーで開発部門長や専務を2010 年まで務めてきた中で、エンジンも、ブレーキも、ボディ系も一通りやり終えたこともあって、クルマ技術競争はもうほぼ終わりかなと思ってたんですよ。ところがこの数年で自動運転が見えてきて、EVへのシフトもものすごい勢いで始まっていますし、技術の進化はすごいなと …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

ウェブセミナー 日産×Amanek – 進化する移動とユーザー体験を議論

ウェブセミナーは、日産自動⾞でコネクテッドカーとモビリティサービスの可能性に挑む三浦修一郎氏と、ホンダで日本のテレマティクスをリードし、現在は … ライドシェア、カーシェアリングなど移動のさまざまな形が世界的に広がりをみせ、自動運転技術の進化と相まって、クルマは従来とは異なる移動ツールへと変化しようとして …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

SUVに自動運転、大トルク化競う

各社が出展したSUVのコンセプトや新型から見えた開発方針は、「運転を簡単に、楽しくすること」である。トルクを大きくして走る楽しさを追求し、自動運転技術の導入で運転者の負荷を抑える。 パワートレーンにダウンサイジングターボエンジンは使うものの、電動化は遅れている。各社は環境負荷を抑えることの優先順位を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

クルマがスマホ化する時代 ポルシェ ジャパン社長に聞く

自動車業界は、EV(電気自動車)と自動運転という2つのイノベーションによる変化を迎えている。時代の変化と無縁な企業はなく、ポルシェもまた例外ではない。ポルシェといえば自動車好きのためのであり、EVや自動運転の波は一般より緩やかであるようにも思えるが、七五三木社長の危機感は決して小さなものではない …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

MEB対応で電池を床下全面に配置

… 台数をグループで300万台とする目標は、自動車業界に大きなインパクトを与えた。急速に電動化を進める中で、VWグループの高級ブランドAudi社は将来の自動運転技術の採用を見据えて、注目すべき電動コンセプトカーを相次いで公開している。今回は、Audi社の電動コンセプトカーや環境対応技術プラットフォームを …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

米グーグル、IoT事業責任者にサムスン電子元幹部を起用

… 傘下のグーグルは今月、あらゆるものがインターネットにつながるIoT(インターネット・オブ・シングス)事業の責任者として、12月に韓国サムスン電子の最高技術責任者(CTO)を辞任したインジョン・リー氏を起用した。リー氏が … 新たに浮上している技術分野には、自動運転車や仮想アシスタント付き家電などが含まれる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース

AIベンチャーが狙うクルマの「頭脳」

ハンドルを握る人間の運転手は不要となり、判断能力を備えたAI(人工知能)と半導体がクルマを操る時代がやってくる。 自動車産業の収益構造も大きく変わる。産業全体の利益が2015年の4000億ドル(約44兆円)から2030年の6000億ドル(約66兆円)へと拡大する一方で、ハードウエアを製造する完成車メーカーや自動車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

素材メーカー「クルマ攻略」の攻め筋、勝ち筋

自動車メーカーは人工知能(AI)や電動化など多方面の技術課題を抱える。一方、足元ではエンジン車がまだまだ事業の中心だ。「何でもかんでもやらないといけない時代になって材料のことまで考える余力が少なくなる」化学大手幹部は顧客の台所事情を推察する。その上で『餅は餅屋』とばかりに、軽量化ならアルミニウム …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「期待膨らむ自動運転車 市民がモニター乗車 長野日報」など、2018年2月12日     ニュース

ニュース
期待膨らむ自動運転車 市民がモニター乗車

自動運転車で将来、仕事とかに行ければいい」と楽しみにしていた。 同市東春近の会社員伊藤清朗さん(51)は「発進、加速がもう少しスムーズになればという思いはあるが、自分の住んでいる地域で行われる最新技術の実験。どう展開していくか興味深い」と話した。 市民モニターは1月末から公募し、締め切りまでの4日間で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
東京から始まるモビリティー革命、世界を先導する

激安電気自動車(EV)」「自動運転サービス」「乗り捨て自転車」「すぐ乗れるタクシー」「環境世界一の燃料電池(FCV)」「誰でもモビリティー」――。世界有数の大都市である東京都。2020年にこの地は世界に向けた先端技術の“ショーケース”となる(図1)。東京都が抱える人口の増加や一極集中、環境対応自動運転への …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
4000億円規模の研究開発投資、デンソーが「歯を食いしばってやる」宣言

自動車部品メーカーが、国内外で開発部門の強化に動いている。電気自動車(EV)や自動運転車などの次世代は、バッテリーや自動走行システムの開発に膨大な費用が必要になる。次世代でもガソリンから引き続き使用される既存部品は、完成メーカーから現状以上の原価低減の要請が強まるとみられる。各社は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車・輸送機 ニュース

「2017年までに開発に着手した新技術・新製品をもっと形につなげるべく、現場の従業員にもアイデア出しを奨励しつつ、他の企業や研… 続きを読む … 自動車産業で自動運転. … 住友電気工業はNECと協業し、コネクテッドカー(つながる)時代を見据えた自動車の車内と車外をつなぐ次世代部品開発に着手した。両社が持つ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動車・輸送機 ニュース

… 及川卓也氏(写真)と技術顧問契約を結んだ。自動車産業で自動運転… 続きを読む · 住友電工、NECと協業 次世代部品開発に着手. (2018/2/12 05:00). 住友電気工業はNECと協業し、コネクテッドカー(つながる車)時代を見据えた自動車の車内と車外をつなぐ次世代部品開発に着手した。両社が持つ人工知能(AI)や、Io.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
住友電工、NECと協業 次世代部品開発に着手

住友電気工業はNECと協業し、コネクテッドカー(つながる車)時代を見据えた自動車の車内と車外をつなぐ次世代部品開発に着手した。両社が持つ人工知能(AI)や、Io… (残り:225文字/本文:305文字). (2018/2/12 05:00). ※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけます。 会員登録する …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「自動運転車 長谷で実証実験スタート 長野日報」など、2018年2月11日     ニュース

ニュース
自動運転車 長谷で実証実験スタート

国土交通省は10日、伊那市長谷の道の駅「南アルプスむら長谷」を拠点にした公道で自動運転車の実証実験を始めた。開始式と、ドライバーが運転席から監視するのみの「レベル2」走行による約600メートルの試乗も行い、来賓やマスコミ関係者ら約80人が新技術を体感。手動に切り替える場面も1度あったが、同省の担当 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
18カ月間で約100億円の出資を集めたアイデア 荷物を無人で宅配

彼らが開発したのは、自動運転技術を搭載した。使用用途は、何かを宅配するときに使われるようです。 具体的な例は、提携しているスーパーがオンラインで注文のあった商品を、このに入れて、たくさんの家の前まで配達をするといったイメージ。 … 「Nuro」がのサイズを普通乗用車よりも小さくデザインしています。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Uber、Google系列Waymoとの特許訴訟で和解 2億4500万ドル支払い

Waymoは、元Googleの自動運転車プロジェクトのメンバーで、Ottoの創業者のアントニー・レヴァンドウスキCEOがGoogleを退社する際、自動運転向け … はっきりさせておきたいのだが、WaymoからUberに企業秘密が流入したとも、UberがWaymoの自動運転技術の専有情報を利用したともわれわれは考えていないが、今後 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【舘内 端 連載コラム】第39回 近代日本史:内燃機関自動車が崩壊する

それでも自社を拡大するとすれば、他社のマーケットを奪うしかない。これは拡大こそが使命である資本主義的自動車産業の末路といってよい。そして内燃機関自動車としての技術「進化」を終えた現在、残されたマーケット刺激型技術は、つまり市場のフロンティアはEVしかないのである。そこに自動運転も、カーシェアも、ライド・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
秋吉 健のArcaic Singularity:電気自動車は自動運転の夢を見るか。変革期へ突入した自動車の現在と …

そもそも、自動運転車とEVは自動車業界の長年の夢でもありました。有限資源である石油を効率的に利用するにはどうすればよいのか。人による自動車事故を減らし渋滞を緩和する技術はないのか。自動車業界はエンジンの改良やハイブリッド化、オートクルーズ機能や自動ブレーキシステムの開発など、様々なアプローチで …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ジャガー・ランドローバー、英国最大の自動車メーカーであり続けると宣言

しかしながら、自動車業界は多くの課題に直面しており、お客様の動向に確実に影響を与えています。特に英国において、その傾向は顕著です。 今後もジャガー・ランドローバーは、将来の自動運転やコネクテッド技術、そして電動化への投資を続け、より時代やニーズに合致したものを開発し提供していく必要があります」と語る。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
P2P型自動車保険のシンガポールVouch Insurtech、75万5000米ドルを調達——グリーベンチャーズ …

P2P型自動車保険のシンガポールVouch Insurtech、75万5,000米ドルを調達——グリーベンチャーズ、Nogle Capital、匿名エンジェル複数から … その投資戦略は革新的技術(クラウドコンピューティング、人工知能、ブロックチェーン、サイバーセキュリティ、データアナリティクスなど)を有した発展段階にある企業を主な対象 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「自動運転の技術盗用訴訟で和解 米ウーバー、グーグル系に265億円相当支払い 産経ニュース」など、2018年2月10日     ニュース

ニュース
自動運転技術盗用訴訟で和解 米ウーバー、グーグル系に265億円相当支払い

米配車大手ウーバー・テクノロジーズは9日、自動運転技術の盗用を巡って米グーグル系のウェイモが起こした訴訟で、和解が成立したと発表した。ウェイモはグーグルの自動運転車開発部門が独立した会社。 米メディアによると、ウーバーがウェイモに対し約2億4500万ドル(約265億円)相当の自社株を支払うことや、ウェイモ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
愛知製鋼社長「素材だけでは立ちゆかず」次世代車技術に新組織

トヨタ自動車グループの愛知製鋼の藤岡高広社長は自動運転など次世代車技術の開発を加速する方針を明らかにした。2020年度までの中期経営計画では自動運転技術や電動用部品の開発などスマート分野に布石を打つことを柱に掲げ、設備投資も積み増す。日本経済新聞に対し「単なる素材や部品のメーカーでは立ち …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
スズキと連携し中小EV対応支援 浜松で新組織

スズキの常勤監査役で2004年に発売した世界戦略「スイフト」のチーフエンジニアなどを務めた望月英二氏がセンター長に就任し、静岡大学の荒木信幸名誉教授が顧問になる。技術コーディネーターを含めて10人ほどの体制を作り、EVのほかコネクテッドカー(つながる)や自動運転に関する技術情報を中小企業に提供 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転で磁気システム実用化へ 愛知製鋼(愛知県)

トンネルなどGPSが届かない場所や雪が積もった道でも安定的にの位置を特定できるのが強みで、の電動化、自動運転技術が進む中、新たな収益の柱に育てる考え。浅野弘明副社長は「エンジン部品の素材は、残念ながらあまり大きな成長は期待できない」「新しい事業を開拓していかないといけない」と話す。愛知製鋼 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
興味深いテクノロジー11選 奇抜なものから現実味を帯びているものなど

そして、ライバル社を出し抜いていち早く先端技術を手にするため、テクノロジー企業と取引を交わす場にもなっている。 今年のCESでは、多くの自動車メーカーが自動運転用のソフトウェアとハードウェアを展示し、さらには自動運転車両の将来的な使われ方に関するコンセプトを打ち出していた。 奇抜なものや非常に現実味を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トップにスズキ・望月氏 浜松「次世代自動車センター」

スタッフはセンター長や顧問をはじめ、事務局職員、技術コーディネーターなど計約10人の予定。センター長には、スズキの望月英二常勤監査役、顧問には静岡大の荒木信幸名誉教授が就く。事務所は浜松商工会議所の同機構内に置き、県と浜松市の負担金で運営する。「CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
家電から自動車まで「最先端商品」がマジ凄!

手のひらサイズの小さな端末で、電話はおろか商品の購入やゲーム、写真撮影など、なんでもできる――以前は考えられなかった技術革新が、今の時代では当たり前のものとなっている。同じように“まさか、 … また、アメリカでは18年から自動運転車『Waymo』のタクシーが利用開始される見込みだというのだ。無人の自動車に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
興味深いテクノロジー11選 奇抜なものから現実味を帯びているものなど

今年のCESでは、多くの自動車メーカーが自動運転用のソフトウェアとハードウェアを展示し、さらには自動運転車両の将来的な使われ方に関するコンセプトを … この中国企業は、Nvidiaとピータービルトと提携してレベル4の自動運転専用トラックを3台設計開発し、アリゾナ州の道路で16,000km以上のテスト走行を完了して …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

2017年11月度ニュース掲載Wordランキング

本サイトでは、「自動運転」に関する記事をDB化しキーワードをタグ付けしています。

2017年11月発行のニュースに掲載された「企業名」、掲載Word(技術用語)のランキングは次のようになりました。

 

トップ2企業は、「トヨタ」「Waymo」(Googleの関連会社)で、10月と同様でした。

しかし、3位のUBERは、10月のトップ20には入ってなく、11月度の注目企業となりました。

 

そのUBERの記事は、例えば、「ウーバー、ボルボ車2万4000台購入で合意-自動運転技術を搭載へ」bloomberg

にあるように、UBERがボルボ車を2万4000台を購入し、自動運転技術を搭載するというもの。

1台500万円とすると、総額1000億円くらいのUBER費用になる計算です。

 

それ以上に注目されるのが、、自動運転技術を搭載すること。

 

UBERビジネスに実際に使うのでしょうね。その点が凄いと思いました。

今後のUBERビジネスの動きが注目されます。

 

逆に、3位だった「GM」は、トップ20に入りませんでした。

それだけ、市場の話題は、毎月変わってきているということなのでしょう。市場が動いていることが感じられます。

 

一方、注目技術Wordは、先月同様に、「人工知能」(含むAI)」「EV」「LEVEL5」(含む 完全自動運転)がトップ3に入りました。

 

 

 

 

「自動運転の基幹技術、AIが読む「ダイナミックマップ」とは? (1/3) ITmedia」など、2018年2月9日     ニュース

ニュース
自動運転の基幹技術、AIが読む「ダイナミックマップ」とは? (1/3)

人はクルマを運転する際、地図やナビの情報だけではなく、常に自分の目や耳で周囲の状況を把握する。例えば信号の色や工事中の看板、歩行者や他のクルマの動きなど、刻々と変化する情報に対応している。こうした情報が重要なのは自動運転車も同じ。ダイナミックマップは、高精度な3次元地図データに交通規制や道路 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転中の事故、責任の所在は? 運転者の過失は生じるのか 損保会社に聞く

ひとえに「自動運転」といっても、レベル1からレベル5まで5段階があり、現在、日本で市販されているクルマに搭載されているのは、レベル2までの技術です。レベル1は、自動ブレーキやACC(アブダクティブ・クルーズ・コントロール。車間距離を一定に保ちながらクルマが定速で自動走行する)などのいわゆる「運転支援」技術、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車ITセキュリティ研究の第一人者、フィッシュマイスター准教授「ソフトウエア技術を制すものが自動

同准教授は自動車ITセキュリティ研究の第一人者で、コネクテッドカーや自動運転車の安全とセキュリティを確実にするためのデータ主導型、エビデンス・ベースの … フィッシュマイスター准教授によると、その大きなカギとなるのはソフトウエア技術で、ソフトウエア技術を制するものが自動運転を制すると言っても過言ではない …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、自動運転の研究開発を促進…米非営利団体への支援継続

トヨタ自動車の米国の人工知能技術の研究・開発部門、トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)は、ロボティクスや自動運転の研究を行う米国の非営利団体「 … OSRFは、「ROS2」と呼ばれる第2世代のROS(ロボット・オペレーティング・システム)が、自動運転車のソフトウェアや支援システムの開発に広く使用されることを期待 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自律走行の開発レースの勝敗を決める「LiDAR」技術 その古くて新しい歴史と課題

だからこそ、自律走行の開発レースでプレイヤーたちは、運転手のいない完全なロボットカーをつくるのに、このレーザーセンサーを必要不可欠だと考えている(例外として有名なのは、イーロン・マスクだ。彼はカメラで十分だと判断しているらしい)。 同じ理由から、アルファベットの自動運転部門であるウェイモ(Waymo)とライド …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
元Google及川卓也氏、デンソーの技術顧問に 自動運転など推進

デンソーは2月9日、エンジニアの及川卓也氏と技術顧問契約と締結したと発表した。Google日本法人などで活躍した及川氏のスキルと経験を生かして情報通信分野を強化し、電動化・自動運転・コネクテッドカー(つながる)などの事業を推進する狙い。 photo デンソーの公式Webサイト. 及川氏は、OS「Windows」やWeb …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転は史上最大の産業になる」エヌビディアCEOが語る理由

自動運転の対象はのみならず耕運機、ブルドーザー、掘削機などあらゆる動く機械に及びます。実現のためには非常に高速なセンサーとその信号を分析するコンピューターが必要で、完成形はまだ存在しません。だがわれわれのAIやコンピューティングの技術を低消費電力と低コストで達成する能力で、そんなコンピューターを …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
[韓国毎日経済新聞]SKと韓国交通公団、5Gで車間通信

韓国通信大手のSKテレコムと韓国交通安全公団は5日、ソウル郊外・京畿道の試験エリアで、最新の自動運転技術を公開した。道路を走っていた自動運転対応2台がスクールゾーンに進入。2台はこれを認識して自然に速度を落とした。 1人の子供が信号を無視して道路に飛び出す。すぐさま街灯に設置された監視カメラが5 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
歩行者と光のアニメーションでコミュニケーションするクルマ…三菱電機が開発

三菱電機は2月8日、周囲の歩行者や車両に対して光での動きを伝える技術「安心・安全ライティング」の進化について発表した。ドア開けや後退のタイミングに、車外センサーと連動して光で歩行者 … もっと分かりやすく伝えるコミュニケーション技術が求められている。この問題は、自動運転車両においても同じだと考えている」
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルネサス社長「全分野で追い風」17年12月期 純利益42%増

自信の背景には主力の車載半導体の分野で、自動運転技術や高度運転支援システム(ADAS)の普及によって需要の伸びが期待できるためだ。 1月上旬に米ネバダ州ラスベガスで開かれたコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)。完全自動運転車のデモを披露したルネサスブースを世界の自動車大手幹部が次々と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
トヨタ、自動運転の研究開発を促進…米非営利団体への支援継続

トヨタ自動車の米国の人工知能技術の研究・開発部門、トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)は、ロボティクスや自動運転の研究を行う米国の非営利団体「 … トヨタの狙いは、既存の自動車産業の枠を超え、より広範なモビリティ企業へと発展するために、TRIのロボティクスや自動運転の研究をいっそう強化することにある。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタが日本交通子会社に75億円出資、タクシー向け新サービスを共同開発

都内の500台のタクシーに装着した通信型ドライブレコーダー「TransLog(トランスログ)」から走行中の画像や車両データを収集、地図上に反映させて人工知能(AI)で解析した結果をナビゲーションアプリに車線単位での混雑状況として配信する。 トヨタ自動車のモビリティサービスプラットフォームは、DCM(車載通信機)から …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
住友電工とNECがモビリティ事業で協業を開始 – AI・IoT技術を活用

住友電気工業(住友電工)とNECは2月9日、自動車部品の企画・開発をはじめとしたモビリティ事業において2017年12月より協業を開始したと発表した。 今回の協業は、第1弾として自動車をネットワークでつなぐコネクテッド領域から開始し、両社が有するAI(人工知能)・IoT(Internet of Things)技術を活用して車両や車外 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ボルボやロータスを傘下に収める中国浙江吉利控股集団が、ダイムラーの筆頭株主になることを計画中!

スウェーデンの自動車メーカー、ボルボを傘下に持つ中国浙江吉利控股集団(ジーリー・ホールディング・グループ)は、ダイムラーに入り込むことを真剣に検討中だ。ドイツの『Bild am Sonntag』紙は、ジーリーの李書福会長に関する特集記事の中で、中国の自動車大手である同社がクウェート投資庁の保有する6.8%を上回る株 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「市場を結ぶ自動運転 日本経済新聞」など、2018年2月8日     ニュース

ニュース
市場を結ぶ自動運転

仮想空間にあらゆる想定条件を与えることで、自動運転車がどのような挙動をとるか、実車を走らせることなく検証することができる。つまりこれを繰り返すことで、自動運転に必要なソフトウエアの完成度を上げていくのである。 一見、地味に見えるこのシミュレーターはグラフィックス、科学技術計算、そしてエッジコンピューテ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
準天頂衛星「みちびき」使い雪道を自動走行

三菱電機は7日、準天頂衛星「みちびき」からの信号を利用し、雪道の高速道路で自動走行する技術を初めて実証した。雪の影響で車載カメラが道路の白線を認識できなくても、衛星が側に送る高精度な測位情報と3次元(3D)地図の情報で自動走行できることを確認した。悪天候下で安全な自動走行を実現する技術として …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【岩貞るみこの人道医】スマホ時代に取り残された「運転席」、歩み寄りはスマホ側から

で、話をもどすと、要は、首都高が出したツイッターの情報を、運転中にスマホで見ることがここでいうセカンダリアクティビティに当たるわけだが、現在の道交法では、この行為は禁止されている。でも、自動運転技術車両に装備することによって、スマホを見ても安全が担保できるようにすれば、せっかくの首都高提供ツイッター …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
あの「BlackBerry」はいま? 来るコネクテッドカーの時代に向けセキュリティーソフト企業へ変身していた …

巷は自動運転車やコネクテッドカーの話題で持ちきり。一方でインターネットにつながっているがゆえセキュリティーリスクが懸念されています。仮に自動車がハッキングされて暴走すれば命に関わる惨事となりかねません。自動車メーカーは自動運転車やコネクテッドカーがハッキングされることを防止するためのセキュリティー …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
学生が考えた「ピックアップトラック」のデザインは、都市とフォードの未来を変えるか

自動運転技術を含む自動車の進化に合わせて、フォードが「未来のピックアップトラック」のあり方を模索している。 … 未来都市では大型が歓迎されない状況を想定したもので、小型で伸張式のロボットアームを搭載している。 … 自動運転技術により、人々はクルマをもたず、必要なときだけ呼び出すようになるかもしれない。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
手作業で工場カイゼン トヨタ副社長「競争力の源泉」

トヨタ自動車が手作業による技能の育成に力を入れている。電動化や自動運転、IT(情報技術)によって業界は100年に一度の変化を迎えた。投資が膨らむなか、品質とコスト低減の両立が競争力のカギを握る。50年以上、生産現場にかかわる河合満副社長は「品質や安全、ロボットの技能の源泉は人の手作業や感性に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
エヌビディア、データセンター部門の伸びに注目 【米決算プレビュー】

ゲーム向けのグラフィック処理などに使ってきたGPUはAIの技術を取り込みやすい特長があり、ディープラーニングに適しているとみたトヨタやテスラなどが相次ぎ採用。エヌビディアのGPUは世界の自動車・部品大手に自動運転車の研究で使われており、レベル5と呼ばれる完全自動運転技術開発に弾みがつく可能性がある …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
産業春秋/変革期迎える自動車産業

ある自動車部品メーカーの社長に、真剣な表情で問われた。「我々のように、これだけの危機感を持っている企業をほかにご存じですか」―。迫り来る構造変化の大きさをあらためて感じた。 自動車産業は今、変革期を迎えている。異業種を巻き込んで電気自動車や自動運転技術の開発競争が激化。一方でシェアリングなど、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノー日産連合、自動運転EVタクシー事業を中国配車大手と計画。将来的には業務提携も

ルノー日産連合は、2022年までにEV12車種にくわえて40車種の自動運転車を用意し、配車サービスへの参画を中長期計画に盛り込んでおり、今回の発表はその一環 … 一方、ライドシェア事業は自動運転との相性が良さそうで、Google(Alphabet)の自動運転技術企業Waymoは2018年より自動運転化したフォードPacifica …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
コンチネンタルとNVIDIA、AI開発を介した自動運転システムで提携

一方、NVIDIAの創業者兼CEOであるジェンスン・フアン(Jensen Huang)氏は、「これで、AI自動運転車を開発から大量生産へと移行させるうえで鍵となるすべての … ちなみにコンチネンタルは、人々と商品の持続可能かつコネクテッドなモビリティーの実現を目指し、先駆的な技術とサービスの開発を手掛けるテクノロジ企業。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動車事故損害 AIで判定、三井住友海上

三井住友海上火災保険は東大発ベンチャーのアリスマー(東京・江東)と提携し、自動車事故の損害を人工知能(AI)で瞬時に判定するシステムを開発した。2018年夏ごろに実用化し、事故車両の修理見積もりに活用する。業務の効率化を進め、保険金支払いを早める。 AIが事前に学習した約50万件の自動車の事故画像をもと …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノー・日産・三菱自動車、中国の配車アプリ大手「滴滴出行」とEVカーシェアリングで協業

… ルノー・日産自動車・三菱自動車のような業界リーダーと戦略的な提携を行ない、滴滴出行の強みやリソースを共有することによって、私たちはモビリティに対する多様なニーズに応え、シェアリングに基づくオープンな交通のエコシステムを形成することができるようになります。滴滴出行は今後もライドシェア、人工知能(AI)、新 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
エヌビディア、データセンター部門の伸びに注目 【米決算プレビュー】

製品用途は、PCの画像処理から、ゲーム機、専門可視化装置、データセンター、AI(人工知能)、仮想通貨のデータ処理、自動車等へと拡大。任天堂の家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」のメーンプロセッサーにエヌビディア製のモバイルプロセッサ「Tegra」が採用されている。 ゲーム向けのグラフィック処理などに使ってき …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ルノー日産連合、自動運転EVタクシー事業を中国配車大手と計画。将来的には業務提携

ルノー・日産・三菱連合(以下ルノー日産連合)が、中国のライドシェア・配車大手、滴滴出行(ディディチューシン)と将来的な自動運転ライドシェア事業を計画中だと発表しました。ルノー日産連合は、2022年までにEV12車種にくわえて40車種の自動運転車を用意し、配車サービスへの参画を中長期計画に盛り込んでおり、今回 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
市場を結ぶ自動運転

斬新な展示やデモで毎年注目を集める我々のブースだが、今年最も注目を頂いたのが自動運転車の開発に向けたソフトウエア・シミュレーター(AutoSIM)である。 弊社スーパーコンピューター(DGX)の膨大な計算能力で、様々な路面状況や気象状況を含めた道路環境を仮想化する。そのDGXで生成された仮想空間の中に、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
コンチネンタルとNVIDIA、AI開発を介した自動運転システムで提携

この提携では、レベル 2 の自動機能から車両にハンドルやペダルが搭載されていないレベル 5 の完全自動運転機能まで、幅広いAIコンピューターシステムの開発と生産を実現していく。 具体的には双方のエンジニアリングチームが共同で、NVIDIA DRIVEプラットフォームをベースとする自動運転ソリューションの開発を進める。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタがマツダの「燃料喰い」ロータリーエンジンを採用する理由

トヨタ自動車<7203>が次世代ハイブリッド(HV)に、資本提携したマツダ<7261>のロータリーエンジン(以下、ロータリー)を採用することが明らかになった。2018年1月に米ラスベガスで開かれた「CES(国際家電ショー)2018」にトヨタが出展した自動運転車「eパレット コンセプト」の実用で、レンジエクステンダー(発電用 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「現代自、燃料電池車でソウルから平昌まで自動運転 日本経済新聞」など、2018年2月7日     ニュース

ニュース
現代自、燃料電池でソウルから平昌まで自動運転

現代グループは、21年までにスマートシティーでレベル4の自動運転システムを実用化し、30年までには無人自動運転技術の商業化を計画している。また、自動運転車の実用化に向けてV2X技術の研究やインフラ構築も行っており、17年10月には米国のモビリティー研究機関のACM(American Center for Mobility)の最先端 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
GM、自動運転に年1千億円を投資

【ニューオーリンズ=兼松雄一郎】米ゼネラル・モーターズ(GM)は6日、2018年中に自動運転技術の開発に10億ドル(約1090億円)を投じると公表した。従来は年6億ドル程度の投資だったが、今年はペースを上げる。 GMはハンドルもペダルもない量産型の自動運転車を米国で19年に実用化する計画だ。実験中のGMの自動 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
2021年に完全自動運転システムの市場投入へ!NVIDIAとコンチネンタルが自動運転車向けAI車載 …

同提携は、レベル2(部分自動運転)から、車両にハンドルやペダルが搭載されていないレベル5(完全自動運転)機能までの、幅広いAIコンピュータ・システムの … 多機能カメラ、サラウンド・ビュー付き魚眼カメラ、短距離および長距離レーダー・センサー、高解像度3D Lidar技術に加え、支援運転・自動運転向け中央制御装置が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
国土交通省:福岡県みやま市において、自動運転サービスの実証実験を2月17日から開始

国土交通省では、高齢化が進行する中山間地域における人流・物流の確保のため、「道の駅」等を拠点とした自動運転サービスの2020年までの社会実装を目指し、全国13箇所 … みやま市役所山川支所」自動運転実証実験における主な検証項目は、以下のとおり。 … 自動運転としてのシステムは、路連携型技術を用いる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
2台で5G送受信、SKTが自動運転試験

2台で5G送受信、SKTが自動運転試験. 韓国通信大手のSKテレコム(SKT)は5日、韓国国土交通省傘下の韓国交通安全公団と共同で、2台の自動運転車が第5世代(5G)移動通信技術でデータを送受信しながら走るテスト走行に成功したと発表した。 テスト走行は、自動運転車の試験のために京畿道華城市に造成され…
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
と自転車、歩行者の共存を

ですから、例えば主な施策の中には「交通不便地域における新たな生活交通確保」というものがあるので、中心市街地では難しくとも、施策としてそうした地域での実験などはできるのではないかなぁ、と。自動運転自動車の存在は、自転車とどう共存できるのか。自動運転技術レベルや、導入の度合いによっては、専用レーンを …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アウディ、自動運転可能なセダンを4月発売

アウディ、自動運転可能なセダンを4月発売. 中国第一汽車集団(一汽集団)とドイツのフォルクスワーゲン(VW)による合弁、一汽大衆汽車(吉林省長春市)は、アウディブランドから「レベル3(条件付き自動運転)」の自動運転技術を搭載したセダン「A8L」の新型を発売する。計画では4月に販売を開始する予定。6日付…
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ヤフー、顧客企業とビッグデータを活用する新規事業を創出…日産自動車などと実証実験

ヤフーは、顧客企業の持つデータとヤフーのビッグデータ・人工知能(AI)技術を融合して顧客企業の活動を支援する新規事業創出に向けた実証実験を、本格的に … 実証実験に先行して日産自動車、江崎グリコ、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)、神戸市、福岡市といった企業・自治体などそれぞれと実証実験を進めている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
2021年に完全自動運転システムの市場投入へ!NVIDIAとコンチネンタルが自動運転車向けAI車載 …

提携は、レベル2(部分自動運転)から、車両にハンドルやペダルが搭載されていないレベル5(完全自動運転)機能までの、幅広いAIコンピュータ・システムの … NVIDIAは今回の提携とは別に、トヨタ、日産、アウディ、メルセデス、テスラ、バイドゥなどと自動運転向けAIコンピューティング・エコシステムでの連携を発表している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「100台の自動運転車が接続しても、ネットワークの通信遅延を100m秒以下に――NECが自動運転向け … @IT」など、2018年2月6日     ニュース

ニュース
100台の自動運転車が接続しても、ネットワークの通信遅延を100m秒以下に――NECが自動運転向け …

NECは2018年2月5日、自動運転車向けに、「複数の無線通信端末の間で、帯域や通信時間などの無線リソースを無線基地局から端末の緊急度に応じて調整する」適応ネットワーク制御技術を発表した。多数の無線通信端末が存在する不安定な通信環境でも、自動車にリアルタイムな周辺情報の共有を可能にする。 同技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Continental と NVIDIA、世界規模での AI 自動運転車の生産実現に向け協業

高度運転支援システムにおける Continental の専門知識によって、多機能カメラ、サラウンド ビュー付き魚眼カメラ、短距離および長距離レーダー センサー、高解像度 3D Lidar技術に加え、支援運転・自動運転向け中央制御装置が統合されます。Continental の高度運転支援システムの売上は 2016 年に 12 億ユーロを突破 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ソウルから平昌まで190kmを自動運転、ヒュンダイの次世代燃料電池が成功

このデモンストレーションに使用された自動運転車には、さまざまなカメラとLIDARを搭載。また、自動運転車は大量のデータを処理するため、多くの電力が必要。燃料電池は、燃料電池スタック内の水素と酸素との反応によって電気を生成することができる。ヒュンダイは、自動運転の試験に最適なモデルになる、としている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
はシェア時代へ 自動運転とコネクテッドが後押し

自動運転技術の開発競争は、コネクテッドカー開発とオンデマンド配車ビジネスを巻き込んで、新しいモビリティービジネスの構築を目指すステージに進みつつある。日経BPクリーンテック研究所では、自動運転・コネクテッドカー開発に取り組む世界のイノベーティブな先端企業55社に着目し、その技術開発の動機付けとなる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NEC、周辺情報をリアルタイムに共有できる適応ネットワーク制御技術を開発…自動運転実現に貢献

NECは2月5日、自動運転においてリアルタイムに周辺情報を共有可能とする適応ネットワーク制御技術を開発したと発表した。 昨今、自動車の自動運転に加え、工場・倉庫の搬送や検査・宅配のためのドローンを対象とした自動運行の開発が加速。モバイルネットワークを活用して位置情報やカメラ画像などの周辺情報を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
公道で右折、信号停車 春日井で無人運転実験

県は五日、運転席にドライバーが座らず、人工知能(AI)が走行を制御する自動運転車の実証実験を、春日井市で実施した。県は昨年十二 … 運転席に人が座らず、AIに操作を任せる走行は「レベル4」と呼ばれる最高の自動運転技術。県は二〇一八年度、複数台の自動運転車を公道で同時に走行させる実証実験に乗り出す。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米ウーバー、自動運転技術盗用を否定 グーグル系ウェイモと初公判

O>傘下グーグル系のウェイモが自動運転技術の盗用で米配車大手ウーバー・テクノロジーズ[UBER.UL]を提訴した裁判の審理が5日、始まった。ウーバー側は盗用はなかったと主張した。 自動運転開発会社のウェイモは、同社の元エンジニア、アンソニー・レバンドウスキ氏がウーバーに移る前の2015年12月に、自動運転車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転時代の近未来、移動シーンはどう変わるか…MaaS 市民参加ディスカッション

東京都内の東京大学生産技術研究所で2月5日、「未来社会とMaaS ~これからの移動を実現するサービス~」と題したディスカッションが行われ、SIPメンバーや … さらに、クルマ自動運転も、ただA地点からB地点へ最短距離で行くだけでなく、道路の混雑状況や飛び出しリスク、料金といった条件に最適なルートを選定し、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産、中国全ブランドにプロパイロット…2019年から自動運転レベル2導入へ

プロパイロットは、高速道路の同一車線で使える自動運転技術。まずは2016年8月、日本国内向けの新型『セレナ』に採用された。プロパイロットは、高速道路の単一車線での自動運転技術で、渋滞走行と長時間の巡航走行の2つのシーンで、アクセル、ブレーキ、ステアリングのすべてを自動的に制御し、ドライバーの負担を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NEC、産総研、理研がAI研究で連携、基盤技術開発から実用化までを一貫で加速

また、個別システムのスマート化の進展により求められる「自律型AI間の協調」については、自律制御システム間で、譲る、分担する、融通するといった、AI同士が自律的に協調を行う技術を研究する。この技術により、自動運転車など自律型の機器が出現し、社会システムにこれらが組み込まれる際に、人間が制御するよりもより …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
素材各社・クルマ攻略(上)「餅は餅屋」に 材料売りからの“脱却”へ

素材業界が、自動車分野を中心にバリューチェーンの上流を目指している。三井化学が1月に試作や金型製造など開発支援のアークを買収するなど、各社は材料売りからの脱却をもくろむ。コスト面で優位な中国や中東、米国と同じ土俵で戦っても勝ち目はない。一方、自動車業界も100年に1度の変革期を迎え、産業構造の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
コンチネンタルとNVIDIA、自動運転システムの開発で提携

ContinentalとNVIDIAは米国時間2月5日、自動運転車開発に関する戦略的提携を締結したと発表した。「NVIDIA DRIVE」プラットフォームをベースとした自動運転システムを開発し、2021年に市場投入を目指す。目標は、購入者のニーズに応じてSAEのレベル2〜レベル5に対応し、自律性という面でスケーラブルなコンピュータ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
はシェア時代へ 自動運転とコネクテッドが後押し

自動運転技術の開発競争は、コネクテッドカー開発とオンデマンド配車ビジネスを巻き込んで、新しいモビリティービジネスの構築を目指すステージに進みつつある。 … 社に着目し、その技術開発の動機付けとなるビジョン、製品開発や実証テストなどの活動実績、そして買収や出資、業務提携などの協業関係を調査してまと…
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ウェブ
コンチネンタルとエヌビディアが提携…完全自動運転システムを2021年導入へ

今回の提携により、レベル2の部分的な自動運転から、ステアリングホイールやペダルがないレベル5の完全自動運転まで、AIコンピュータシステムの生産が可能になるという。 コンチネンタルとエヌビディアは、高速道路での車両周辺360度の認識、自動での車線変更や合流など、高度に自動化された運転機能を共同開発して …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「自動運転車も使うLiDARセンサー技術でマヤの巨大都市を発見。グアテマラの森林に6万もの構造物 Engadget 日本版」など、2018年2月5日     ニュース

ニュース
自動運転車も使うLiDARセンサー技術でマヤの巨大都市を発見。グアテマラの森林に6万もの構造物

文化遺産保護のための科学的調査を行うPACUNUM財団はLiDAR技術を利用した調査によって、中米グアテマラの森林地帯に6万ものこれまでに知られていない構造物を発見しました。これはこの地に栄えた古代マヤ文明の都市がわれわれの認識よりかなり大規模で、マヤの人口も従来は500万人ほどとされていた …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
人間と機械の“意思疎通”が不十分な自動運転技術 (1/2)

今後、ロボットカーにもさまざまなセンサー技術を適用することで、透視能力のような機能を搭載できるのではないだろうか。しかし今のところ、人間のドライバーの心まで読み取れるような透視機能はまだ存在しない。 このような、自動運転車の実現に向けたビジョンが不十分であるという現状に対し、恐れることなく立ち向かって …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車の公道実証プロジェクトと事業化–国内外で進む

… Chuxing、Pizza Hut、Mazda、Uber、技術パートナーとしてDidi Chuxing、マツダ、Uber Technologiesと提携し、実験車両による実証事業を進める。 MSPFでは、車両制御インターフェースを開示、他社開発の自動運転制御キットが搭載可能で、モビリティサービスプラットフォーム上でサービス事業者が必要とするAPIを公開 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日立オートモティブシステムズ、一般道にて自動運転の走行実証試験を実施!対向や歩行者の検知 …

… ステアリングのすべてを自動的に制御し、ドライバーをサポートする高速道路同一車線自動運転技術「プロパイロット」が装備されている。また、アクセル、ブレーキ、ハンドル、シフト、パーキングブレーキまで、駐車操作のすべてを自動制御する国産初の本格的自動駐車システム「プロパイロット パーキング」も採用されている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
新型FCVで平昌まで自動運転

【ソウル=鈴木壮太郎】韓国の現代自動車は5日、新型燃料電池(FCV)「NEXO」(ネクソ)を3月、韓国で発売すると発表した。同日はネクソに自動運転技術を搭載した試作でソウル近郊から五輪開催地の平昌まで走行するデモンストレーションを公開。次世代の開発で先行するトヨタ自動車など世界大手に対抗する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
現代自動車、ソウル~平昌間190キロメートル高速道路で自動運転に成功

現代自動車が平昌(ピョンチャン)冬季五輪を控えてソウル~平昌間の高速道路約190キロメートル区間で自動運転に成功した。数百キロメートルの長距離コースで、区間別法規が許容する最高速度(時速100~110キロメートル)を実現し、自動運転技術を披露したのは韓国ではこれが初めてだ。 現代自動車は2日、米国自動車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
無人の自動運転車が公道を走る、ボッシュが走行テスト開始へ 2018年内

このプロジェクトは、どのようなが都市部での完全自動運転を実現できるかという考察を元に、自動運転を可能とするシステムの量産化を整えるのが狙い。背景には、ドライバーがのもとへ行くのではなく、がドライバーのもとへ来る、という考えがあるという。市街地のあらかじめ決められた範囲内では、スマートフォンを使っ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
元グーグル技術者が自動運転ロボットカー『Nuro』を発表…スタートアップ

元グーグル技術者が自動運転ロボットカー『Nuro』を発表… … 米国に本拠を置くスタートアップ企業、Nuroは、無人で自動運転を行うロボットカー、『Nuro』を発表した。 Nuroは、 … Nuroの完全自動運転車は、商品輸送のコスト構造を変え、さまざまな日用品やサービスのための強力なプラットフォームを作り出す、としている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日立オートモティブ、デリーモーターショー2018で電動化や自動運転など紹介予定

くわえて、インドでは電動化車両自動運転車両の普及に向けた動きも活発化。2030年までに内燃機関搭載の国内販売を禁じ、電気自動車のみに制限するとの方針を政府が明らかにしている。また、交通事故での死亡者数が世界最多となるインドでは、安全運転支援をはじめとする技術へのニーズが高まっている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
デンソー社長「変なEVを乱立させたくない」

単独でを造れるほどの広範な技術を有するが、走行性能からサービス競争に移る次世代カーでは、これまでの積み上げがリセットされた非連続な世界での戦いに … これまでは完成メーカーとすり合わせをして作り込むことで成長してきた歴史がある。 … 電動化や自動運転の時代は全体をどう電子制御するかが重要だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
デンソー社長「変なEVを乱立させたくない」

デンソーは自動車部品メーカー国内首位、世界でもトップ3に入る。単独で車を造れるほどの広範な技術を有するが、走行性能からサービス競争に移る … 一方、最近はソフトウエア系が注目され、人工知能や自動運転などでほかに強いプレーヤーが出ている。ソフトでできないものがあれば、自前だけでなく外の力も借りていく。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
三菱自動車工業の17年4~12月期、最終損益700億円の黒字

三菱自動車工業が5日に発表した2017年4~12月期の連結決算は、最終損益が700億円の黒字(前年同期は2133億円の赤字)に転換した。売上高は前年同期比13.1%増 … 企業がネット上に開示した決算発表資料から業績データやポイントを人工知能(AI)技術を使って自動で文章を作成しました。詳しくはこちらをご覧ください.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動運転車の公道実証プロジェクトと事業化–国内外で進む

… Technologiesと提携し、実験車両による実証事業を進める。 MSPFでは、車両制御インターフェースを開示、他社開発の自動運転制御キットが搭載可能で、モビリティサービスプラットフォーム上でサービス事業者が必要とするAPIを公開する。サービス事業者や開発会社とオープンに提携することで、新たなモビリティサービス …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
無人の自動運転車が公道を走る、ボッシュが走行テスト開始へ 2018年内

このプロジェクトは、どのようなが都市部での完全自動運転を実現できるかという考察を元に、自動運転を可能とするシステムの量産化を整えるのが狙い。背景には、ドライバーがのもとへ行くのではなく、がドライバーのもとへ来る、という考えがあるという。市街地のあらかじめ決められた範囲内では、スマートフォンを使っ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
広汽集団、自動運転車研究企業と提携

中国自動車大手の広州汽車集団(広汽集団)は2日、自動運転車の研究を進める広州小馬智行科技(小馬智行)と戦略提携枠組み協定を交わしたと発表した。 小馬智行はロボットやドローン(小型無人機)の技術開発を手掛けているほか、レベル4(高度自動運転)、レベル5(完全自動… 関連国・地域: 中国-広東. 関連業種: …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「車同士が即座に位置確認 NEC、自動運転後押し 日本経済新聞」など、2018年2月3日     ニュース

ニュース
同士が即座に位置確認 NEC、自動運転後押し

NECは走行中の自動車が互いの位置を即座に確認できる技術を開発した。携帯電話の通信網を使って100台のデータを効率よく振り分ける方法を考案。0.1秒以内に各が共有できる情報が従来の5倍以上に増え、実用水準を満たした。通信会社に技術提供し、自動運転車の普及が期待される2020年代前半にも交通インフラ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
韓国の次世代車技術 「競争力は十分」=文大統領

その上で、「現在、電気自動車(EV)も2万5000台が普及し、今年から普及を早め、2022年に35万台、30年には300万台時代を向かえ、FCVも早く普及すると思う」と表明。「22年までに高速道路やスマートシティでの完全自動運転車両が商用化されるよう目標を立て、30年にはすべての地域の自宅から路地、一般道路、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車とマシーンラーニングを組み合わせた、最強の追跡能力を持つパトカーの中身とは

米国特許商標庁が先日、自動車メーカーのフォードに対して与えた特許は、自動運転車とマシーンラーニングといった最新のテクノロジーを組み合わせた最強の追跡能力を持つ … もしもフォードによるロボットカー技術が実現すれば、こういった「違反の可能性が高い地域」に偏って監視が行なわれても不思議ではありません。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ホンダ、進む中国傾斜 今期3度目の業績上振れ

ホンダが中国への傾斜を強めている。2日には2018年3月期の業績予想について3度目の上方修正を実施。伸びが目立つのは中国だ。17年には生産台数で初めて米国を抜き、販売も18万台差に近づいた。量を追うだけでなく、自動運転など次世代技術開発でも現地企業と相次ぎ提携。若さと勢いのある市場を成長 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「一回の充電でソウルから釜山まで」…電気自動車時代が開かれる

自動運転の基礎資料となる精密道路地図(現在約1350キロメートル区間製作)は、全国の高速道路と主要都心など5500キロメートル区間について2020年までに … 自動車の生産経験がない情報技術(IT)企業も、未来事業に進出できるよう、生産を代行する「自動車製作サービス専門企業」を育成し、開放型電気・自動運転の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ながらスマホ運転撲滅なるか?フォードが「自動運転パトカー」の特許を取得

Appleも取り組んでいる自動運転車計画、目的地を指定すればドライバーが運転する事なく移動できるとの事で、多くの企業が開発と試走を繰り返していますね。 これらの技術は基本的に一般乗用車やバスなどの「人を運ぶ事」を目的としているのですが、フォード・モーターは「交通違反を取り締まる自動運転車」を開発している …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【マネジメント新時代】“時代の要請”、「MaaS」が新しい都市計画の起爆剤に (1/3ページ)

背景には最近の新技術、コネクティッドカー、自動運転技術、電動化などの進展により、モビリティーを所有するのではなく、サービスとして考えることが望ましいのでは … ものでも、2010年代の電気自動車(EV)ブーム、その後はスマートシティ、米ウーバー・テクノロジーズなどのライドシェアリング、そして直近は自動運転車など …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日立オートモティブシステムズ、茨城県内の一般道で自動運転走行の実証試験を実施

またひたちなか市にある自動車安全運転センター 安全運転中央研修所の模擬市街路で、一般道での自動運転を想定した走行実証試験(2016年12月~2017年3 … 検証を重ねると共に、高度な自動運転を実現する各種センサー技術の開発を加速し、自動車メーカーによる自動運転車両の早期実現に貢献します」と語っている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動車・輸送機 ニュース

ヘイ、メルセデス」。ドイツのメルセデス・ベンツは2日、こうした呼びかけで起動する音声アシスタントや機械学習による人工知能(AI)を備えた新型コンパクトカー「A… 続きを読む … 【名古屋】トヨタ自動車グループ8社が2日発表した2017年4-12月期連結決算は全社が増収、6社が増益だった。国内や中国、アジアでの販売が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
グッドイヤー カーシェア向けのタイヤ整備プログラム公開

米グッドイヤーは1月18日、カーシェアリングサービス向けのフリートサービスビジネスモデルを導入したと発表した。米STRATIM社と共同で、タイヤメンテナンスプログラムを提供する。 このプログラムは、同社独自の人工知能技術に基づき、タイヤメンテナンスの分析を行う。これにより、シェアモビリティ事業者がタイヤの交換 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ホンダ、進む中国傾斜 今期3度目の業績上振れ

ホンダが中国への傾斜を強めている。2日には2018年3月期の業績予想について3度目の上方修正を実施。伸びが目立つのは中国だ。17年には生産台数で初めて米国を抜き、販売も18万台差に近づいた。量を追うだけでなく、自動運転など次世代の技術開発でも現地企業と相次ぎ提携。若さと勢いのある市場を成長 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「茨城県内の一般道において自動運転の実現に向けた走行実証試験を実施 PR TIMES 」など、2018年2月2日     ニュース

 

ニュース
茨城県内の一般道において自動運転の実現に向けた走行実証試験を実施

模擬市街路における走行実証試験では、複数のセンサーを統合し自動走行に必要となる高度な認識性能を実現するセンサーフュージョン機能について、一般道 … などによる評価検証を重ねるとともに、高度な自動運転を実現する各種センサー技術の開発を加速し、自動車メーカーによる自動運転車両の早期実現に貢献します。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
一般人はいつ自動運転車に乗れるのか? この道20年の研究者に聞く

特に、ドライバーレスで動くバスのような交通機関や、自動運転車のシェアリングサービスなどに対しては、まったく新しい乗り物という見方をしたほうが社会的に受け入れやすいと思います。 ――そうした心理的なことに加え、技術的に足りない部分はあるのでしょうか。 大きな課題の1つは、周囲の状況を確認するセンサーの能力 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
スリッパがスイッチひとつでウィ〜ンと自動整列! 自動運転技術を応用したスリッパが、日産本社ギャラリー …

日産自動車が、先進の自動運転技術で“おもてなし”を進化させた「自動で整列するスリッパ」を発表!? というちょっとユニークなニュースを耳 … 部屋の前で無造作に脱ぎ散らかったスリッパが、パネルのスイッチをポチっと押すだけで「ウィ〜ン」と動き出し、の車庫入れのように自動整列。クルっと方向転換し、迷うこともなく、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
EVの普及と自動運転の実現は、電力と運輸のネットワークを融合する!

2017年の東京モーターショーでは、日独の自動車メーカーや部品メーカーが電動化と自動運転技術を競っていた。 … は所有する時代からシェアする時代に移行し、スマートフォンのアプリで呼べば自動運転のEVが充放電ステーションから家まで迎えに来て、最適経路選択のアルゴリズムによりスムーズに目的地までヒトや …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
オンセミがアウディと戦略的提携、最新技術をいち早く車載用に

オン・セミコンダクターは2018年1月29日(現地時間)、Audi(アウディ)の半導体技術活用プログラム「Progressive SemiConductor Program」のパートナーに選定されたと発表した。自動運転車や電気自動車での採用を前提に、両社が直接関わりながら最新の半導体技術を自動車に適用させていく共同開発を行う。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ついに米国で「自律走行タクシー軍団」が走り出す ウェイモが「数千台」のミニヴァン導入を決定

競合に先駆けたスタートダッシュと計650万kmの公道テストによって、ウェイモはドライヴァーレス技術の開発レースに勝利したようだ。このロボットを使ってどう金を生むのか、そのビジネスモデル(ソフトウェアをクルマメーカーに売るのか? それとも自律走行タクシー軍団を米国中に走らせて金を稼ぐのか?)はまだ不透明なよう …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ホンダ倉石副社長「中国のスピードに遅れないよう、中国企業と提携を進めている」

ホンダの倉石誠司副社長は2月2日に都内で開いた決算説明会で、自動運転技術やカーシェアリングで中国企業と相次ぎ提携したことについて「中国は非常にスピードが … 車両の)電動化については中国がこれからリードしていくだろうし、シェアサービスについてもものすごく今伸びている」とした上で、「やはり我々としても中国 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
カナダ・オンタリオ州、次世代ネットワーク計画に55.7億円を投資 デジタル・インフラの建設で新技術・製品 …

このプログラムはオンタリオ・センター・フォー・エクサレンス(OCE)が運営・管理します。 ・この次世代ネットワークへの投資は、人工知能(AI)や5G無線技術、コネクテッドカーおよび自動運転車、ビッグデータ・アナリティクス(分析)、先進的製造業、サイバーセキュリティなど、変革技術の開発と採用を加速化するためのものです。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
製造業者とベンチャー企業の「マッチング」の成果は? 愛知・豊田市で発表会

愛知県豊田市の製造業者とベンチャー企業の「マッチング」の成果は? 豊田市は製造業者から課題を聞き取り、全国のベンチャー企業と引き合わせて共同開発を支援する取り組みを行っています。2日は発表会が開かれました。自動車ボディのメーカーと、人工知能技術を扱う企業が開発した機械は、自動車部品の表面に凹凸 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
オンセミがアウディと戦略的提携、最新技術をいち早く車載用に

自動運転車や電気自動車での採用を前提に、両社が直接関わりながら最新の半導体技術を自動車に適用させていく共同開発を行う。 オン・セミコンダクターは、イメージセンサー、パワーマネジメント、自動運転システムのコネクティビティ、パワー半導体などの製品ポートフォリオを持つ。アウディは半導体メーカーと直接協業する …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ホンダ倉石副社長「中国のスピードに遅れないよう、中国企業と提携を進めている」

ホンダの倉石誠司副社長は2月2日に都内で開いた決算説明会で、自動運転技術やカーシェアリングで中国企業と相次ぎ提携したことについて「中国は非常にスピードが … 車両の)電動化については中国がこれからリードしていくだろうし、シェアサービスについてもものすごく今伸びている」とした上で、「やはり我々としても中国 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「ZMP、自動運転車をレンタル 開発用の1人乗りEV 日本経済新聞」など、2018年2月1日     ニュース

ニュース
ZMP、自動運転車をレンタル 開発用の1人乗りEV

ZMPは、1人乗り電気自動車(EV)を基にした自動運転技術開発プラットフォーム(PF)のレンタルを2018年1月29日に開始した。名称は「RoboCar MV2」。月額100万円(税別)で、車両を所有せずに自動運転技術の開発に参入できる。研究開発費の削減を売りに、自動車メーカーや部品メーカー、通信事業者や地方自治体など …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転で出遅れ?日本が海外と渡り合うには

日本企業が海外勢に「後れを取っている」といわれる自動運転技術開発。最近は規制緩和が進み、 … 具体的には、中央分離帯のある自動車専用道路の同一車線を時速60キロ以下で走る際に、に運転を委ねることができるというものだ。 … このように徐々にではあるが、日本企業の自動運転技術は、進化し続けている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
FCA、無人自動運転サービス用に数千台の「Pacifica」を供給

Waymo社はアトランタやサンフランシスコ、デトロイト近郊など全米25都市でサービス技術を試験してきた。2018年からは、アリゾナ州フェニックスで自動運転車の配車サービスを正式に開始する。FCA社が追加供給する車両は、他の都市へのサービス拡大時に使われる。 Waymo社は2017年11月からPacifica Hybridを使って …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「14th Delhi Auto Expo 2018(第14回 デリーオートエキスポ 2018)」に日立オートモティブシステムズ …

また、「自動運転」のトレンドにおいても、交通事故での死亡者数が世界最多となるインドにおいては、交通事故撲滅に向けた、安全運転支援をはじめとする技術への … 日立オートモティブシステムズグループは、クルマ社会の抱える課題解決の鍵となる「電動化システム」、「自動運転システム」などの先進システムを提供し、次 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
電子/車両/カーエレを進化させるハイブリッド材料技術

… 低電力化技術 · 新規事業の創出・起業に挑む君に東京理科大 · 東急建設が東芝の「H2One™」を導入 · AI×IoTで加速するモノづくり革新 · ロームの最先端電源技術 · 検査工程は光学技術で効率化を可能にする · 学生がアイデアをすぐに具体化して効果を検証 大学で… ニアラインHDDで存在感を示す。東芝 · 自動運転車の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産、デザインの源泉「グローバルデザインセンター」はどんな場所なのか

日産自動車は31日、グローバルデザイン拠点「グローバルデザインセンター」(神奈川県厚木市)を2017年9月の改装後初めて日本の報道陣に公開した。デザインスタジオや新設した「アーカイブギャラリー=写真」などを紹介した。デザイナーが新たな発想を生み出しやすいような環境整備とともに仮想現実(VR)なども駆使し、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
LG電子、米社と次世代の保安技術開発

LG電子、米社と次世代の保安技術開発. LG電子は1月31日、電子制御システムの開発を手掛ける米ハネウェルと次世代向けセキュリティーシステムを共同開発すると発表した。 自動運転車やコネクテッドカー(つながる)は常にネットワークにつながり、多様な情報を送受信しているため、ハッキング対策など高度のセキ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
悪魔の経済計算と計算不能な価値の多様性による成長戦略

しかし、旧来のガソリンエンジンが一気に完全に消滅するわけでもありません。仮に、そこにこだわり続けるのならば、もはや、機能面の高度化に向けた技術開発では、生き残れなくなります。逆に、自動運転や電気自動車では実現できない固有性を軸にして、新たな価値創造のための技術開発こそが求められるはずです。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ジャガー・ランドローバー(Jaguar Land Rover)社、アイルランドにソフトウェア・エンジニアリング・センター …

同センターは、英国にあるジャガー・ランドローバー社のエンジニアリングチームとの協力の下、未来のジャガーおよびランドローバー ブランドの電動化と自動運転機能を支援する新技術を開発します。自動運転車と電気自動車(EV)の同社のビジョンの実現へ向けて、同センターは極めて重要な役割を担う施設となります。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
富士通、自動車へのサイバー攻撃を検知する新技術を開発

富士通は自動車制御支える土台として重要な車載ネットワーク(CAN) に対してサイバー攻撃が行われた場合、それを検知する技術を2018年度に実用化する計画を明らかにした。この技術は現在、 … 富士通では人口知能(AI)やデータ分析を利用して自動運転車を実現する「Mobility Iot Platform」も提供している。これからの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
トヨタと日産がCESで見せた将来への布石

世界の自動車市場をめぐる昨年の動向を振り返ると、政治的な采配の影響が見え隠れする欧州自動車メーカー勢の急激なEV(電気自動車)シフトの動きに対して、「日本メーカーは大丈夫か?」「遅れているのでは?」というような意見や風潮が、夏以降に加速し始めた。しかもEVに加えてAI(人工知能)や自動運転を踏まえた次 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「日本で「自動運転車」がまだできない単純な理由 投信1」など、2018年1月31日     ニュース

ニュース
日本で「自動運転車」がまだできない単純な理由

日本の企業では、スバルの自動ブレーキ機能「アイサイト」や、日産の高速道路の単一車線での自動運転技術などが開発・改良され、一部はすでに市販に搭載されています。 ただし、日本ではまだ法律的に「完全自動運転」が認められていません。つまり、免許を持っている人が常に運転席にいてを操縦しないといけないの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
2050年になくなる仕事 自動運転で違反が減れば警察庁が困る?

いつの時代にも、技術革新によって、消える仕事は必ずあるので、既得権者からの反発を食らう。 モビリティの世界でも、馬車からクルマに変わったことで、馬を取り扱う仕事が減った。日本でも江戸時代は駕籠屋(かごや)がいたが、不要になった。急速に普及した自動改札機によって、切符を切る人の仕事がなくなってしまった …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Waymo、自動運転の配車サービスに向けFiat Chryslerから大量調達へ

WaymoとFiat Chrysler Automobiles(FCA)は米国時間1月30日、各種サービスの展開に先駆けて自動運転車を十分に拡充するため、FCAがWaymoに … WaymoはFCAからミニバンを納車され、その後これらのミニバンに米自動車技術者協会(SAE)が定める基準でレベル4の自動運転に必要なハードウェアとソフトウェアを …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ドライバーレスの自動運転ライドシェアへ、FCAとウェイモが提携を拡大

FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)は1月30日、グーグル(Google)の自動運転車開発会社、ウェイモ(Waymo)との提携関係を拡大すると発表した。 FCAは2016年、グーグルと自動運転車のプロジェクトで提携。FCAのエンジニアとグーグルのエンジニアが協力し、最新の自動運転技術の自動車への搭載 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日野自、電動研究へ先端技術の新組織

日野自動車 商用の電動化や自動運転などの技術開発を手掛ける「先進技術本部」を新設すると31日発表した。2月1日付で実施し開発人員の1割を充てる。日野はトヨタ自動車やマツダが設立した電気自動車(EV)の基盤技術の開発会社「EVシー・エー・スピリット」に参加した。新設部署から担当者を派遣し、社内外で技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
17年 中国市場浸透カギ 次世代対応、提携拡大も

2017年の主要自動車グループの世界販売台数は、仏ルノーと日産自動車、三菱自動車の3社連合が2位となったが、世界最大の自動車市場・中国での販売力の差が如実に表れた。中国を含む主要市場では電気自動車(EV)などを優遇する制度が今後導入され、自動運転など次世代技術への対応も急務となる。世界市場で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トラック隊列、自動運転実験 北関東道壬生―笠間

日野自動車などトラックメーカー4社と豊田通商は30日、自動運転技術を活用し、トラック4台が隊列走行する実証実験を栃木、茨城両県の北関東自動車道で始めた。2月1日まで、車両間を通信でつないだ隊列走行を行い、地形や交通の影響などを確認する。 トラック物流業界では人手不足やドライバーの高齢化を背景に、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
不整地運搬/遠隔操作で自動走行/操作簡便、同時に複数車運転/熊谷組ら

熊谷組は、KATO HICOM(横浜市)、JMUディフェンスシステムズ(京都府舞鶴市)と共同で、不整地運搬(クローラキャリア)の自動走行技術を開発した。運転席から離れた操作室と不整地運搬の両方にコンピューターを設置して無線で接続(無線LAN)し、土砂積載場所から搬入場所まで自動で走行する。オペレーターは …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
欧米部品大手、CASEが迫る第2の創業

CASE――。コネクテッドカー(つながる=C)、自動運転(A)、シェアリング(S)、電動化(E)といった自動車業界に押し寄せる技術革新は、それぞれの英語の頭文字をとってこう呼ばれる。100年に1度と言われる自動車産業の変革期に挑むのは部品メーカーも同じ。欧米のメガサプライヤーがM&A(合併・買収)や自らの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
運転手の眠気を抑えるパナソニックのセンサー技術とは?

運転手の眠気を抑えるパナソニックのセンサー技術とは? … 自動車メーカーが開発に力を注ぐ自動運転車や電気自動車(EV)。 … 同社オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社技術本部センシングソリューション開発センターの式井愼一主任技師は「ドライバーに不快感を与えずに覚醒させる技術を目指した」とシステム …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
デンソー、東京に新拠点 4月開設、自動運転や通信技術開発を強化

トヨタ自動車グループの部品大手デンソーは31日、東京都港区に自動運転や通信技術の新たな研究開発拠点を設けると発表した。従業員約200人で4月に開設する。自動車の安全機能や人工知能(AI)に関わる国内の開発部門の一部を移転し、海外の研究拠点を統括する役割も担う。 他の研究機関や企業との連携も進め、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ファーウェイの米国進出を一蹴 ベライゾンも諜報懸念、スマホ販売中止 (1/2ページ)

5G通信網はスマホから自動運転自動車人工知能(AI)などあらゆる用途での利用が見込まれる。そのため、米安全保障当局や議員の一部から、中国政府と密接な関係を持つ可能性のあるメーカーによる5G対応スマホは、安全保障上のリスクにつながると危惧する声が上がっていた。 調査会社レコン・アナリティクスのアナ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Teslaの電気自動車が時間単位でレンタルできるように!

Teslaの電気自動車が時間単位でレンタルできるように! 間もなく開催され … 店舗を構えたモール・オブ・アメリカは全米最大級のショッピングモールとあり、多くの消費者に電気自動車をアピールする狙いだ。 Tesla車は …. 人工知能を搭載して自動運転し、ガソリンではなく電気で走る車やトラックが次々と開発されている。 しかし、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ドライバーレスの自動運転ライドシェアへ、FCAとウェイモが提携を拡大

FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)は1月30日、グーグル(Google)の自動運転車開発会社、ウェイモ(Waymo)との提携関係を拡大すると発表した。 FCAは2016年、グーグルと自動 … 今回の提携拡大の柱となるのが、FCAとウェイモが自動運転車によるライドシェアサービスを行うこと。FCAによると、世界初の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
元グーグルのエンジニアが立ち上げたNuro、宅配用自動運転バンを発表

近頃では、大手企業が、名の知られていなかった自動運転スタートアップとの提携を突然発表することは、珍しいことではない。新たに登場 … バンの重量は1トン以下で、その重さの大半を占めるのは、電気駆動システムに電力を供給するバッテリである(このバンがガソリンだと思った人は、おそらくいないはずだ)。幅は普通 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
17年 中国市場浸透カギ 次世代対応、提携拡大も

2017年の主要自動車グループの世界販売台数は、仏ルノーと日産自動車、三菱自動車の3社連合が2位となったが、世界最大の自動車市場・中国での販売力の差が如実に表れた。中国を含む主要市場では電気自動車(EV)などを優遇する制度が今後導入され、自動運転など次世代技術への対応も急務となる。世界市場で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
無人販売所が完全自動運転で街を走り回る!会計も燃料補給も手かからずな「Robomart」

無人販売所が完全自動運転で街を走り回る!会計も燃料補給 … 今回ご紹介するのは、ドライバーを必要としない、レベル5の完全自動運転車による食料品販売サービスになる。 自動化されて … ワイヤレス充電ステーションに関しても、主要なEV充電ステーションと提携する計画で、試験運用に向けて本格的に動き出している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「本当に望まれているのは「自動運転」なのか「予防安全」なのか (1/4) @IT MONOist」など、2018年1月30日     ニュース

ニュース
本当に望まれているのは「自動運転」なのか「予防安全」なのか (1/4)

1つは「安全で快適な車両の提供」だ。自動車が関係する交通事故のうち90%は人的ミスが占めるといわれている。自動運転技術は、この人的ミスを低減することができる。自動車メーカーは自動運転技術によって、消費者に「安全な車両」という価値を提供できるわけだ。また、高速道路での長距離移動など、車間距離を維持し …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
コラム:自動運転車革命、見落とされる「本質」

自動車メーカーやテクノロジー企業は、穏便な表現のNHTSAの要請に応えて、少しずつ技術の内容を公表しつつある。米アルファベット傘下のウェイモは昨年10月、安全リポートを公表。米インテルが買収した運転支援ソフト会社モービルアイは、「安全な自動運転車を開発し、それを証明する計画」を発表した。自動車大手 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
サムスン、Waymoと同じ場所で自動運転車の試験を開始–カリフォルニア州の基地跡地

また、Waymoはアリゾナ州フェニックスで公開試験を開始するにあたり、自社のにユーザーインターフェースを搭載し、走行中のが「見ている」景色を乗員が見られるようにした。 キャッスル空軍基地の跡地を利用するのは、Waymoとサムスンだけにとどまらない。Waymoの試験場は今後、さらに広大な自動運転技術の研究 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
性能テスト つくばの日本自動車研 来月から /茨城

警察庁が2016年5月に作成したガイドラインでは、公道での実証試験に入る前に、同研究所などの実験施設で、安全走行が可能かを確認するよう求めている。 永井正夫所長は「公道試験中に事故が起これば国全体の研究開発も止まってしまう恐れがある。テストを通じて開発者に技術を磨く場を提供し、自動運転技術開発 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トラックの電子けん引や無人バス・タクシー、自動運転事業化へ実験活発化

新東名の浜松サービスエリア〜遠州森町パーキングエリアの約15キロを、各メーカーが開発した自動運転システムを搭載したトラックが3台で隊列になって走行、1月23日〜25日の3日間で6.5往復した。 レーダーを用いて前方車両との車間距離を一定に保つACCと呼ばれる技術があるが、今回の実験ではACCに加え、車間 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
法と技術シンポジウム(第2回)「コネクティッド カー(Connected Car)とプライバシー・個人情報保護」開催の …

人工知能技術による自動運転車は社会を大きく変えると予想され、自動運転車の実用化と普及に向けて技術開発が進みつつある。現在はその前段階としてネットワークに接続されたいわゆるコネクティッドカーの開発が自動車会社を中心に行なわれている。一方でコネクティッドカーの社会での普及に関しては法制度の整備が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転への期待、睡眠求める日本人

仮眠や打ち合わせ、食事や仕事など、自動運転中の車内はいわば「第3の生活空間」(ドイツBosch社日本法人社長のKlaus Meder氏)である(関連記事:部品メーカー主導の自動運転技術)。快適な車内空間の実現に向けて、座席や表示機器などをめぐる開発競争は過熱している。2020年以降には完全自動運転車の市場 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ウェイモ、自動運転向けミニバン多数調達へ

米アルファベット傘下の自動運転車開発会社ウェイモは30日、自動運転車による一般向け配車サービスの開始を視野に、使用する自動運転車を大幅に増やす方針だ。 ウェイモは、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)から多数のミニバンを調達することで合意したと発表した。年内に受け取りを開始する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ世界販売 3位に後退

このうち、日産のグループは去年上半期の販売台数で初めて首位になりましたが、その後、国に義務づけられたの検査で不正が発覚し、国内の工場で一時、生産停止に追い込まれた影響で、結局、トップには立てませんでした。 一方、トヨタ … 特に力を入れているのが、自動運転など新しい技術を活用したサービス事業です。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ社長・副社長、セールスの前線へ 販売店てこ入れ

豊田社長は九州、工場たたき上げの河合満副社長は関東、「つながる」を担う友山茂樹副社長は中部、事業・販売を担うディディエ・ルロワ副社長は近畿を担当する。 24日、全国の販売 … 豊田社長は今月、米ラスベガスであった技術見本市CESで、自動運転車を使って相乗りなど幅広いサービスをめざすと宣言。「をつくる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動車産業界仕事研究イベント】Car Technology Forum 全国3都市で開催

AI(人工知能)を搭載した就活ロボが学生一人ひとりの行動記録からマッチした企業を個別に案内するといった、学生と企業のマッチングを促進する仕組みを導入しています。また、朝日新聞のその日の記事から社会や業界に関してのトピックスを就活目線でわかりやすく解説した「今日の朝刊」など、 単なる就活ノウハウの提供 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
グーグル系ウェイモ、自動運転の試験 数千台に拡大

【シリコンバレー=中西豊紀】米グーグル系の自動運転開発会社ウェイモは29日、公道試験用のを今の600台から数千台へと大幅に増やすと発表した。提携相手の欧米フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)から調達する。から得られるデータの量を増やし、他社に先行して実走行に耐えられる自動運転 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
如実に表れた「中国市場での販売力の差」

中国を含む主要市場では電気自動車(EV)などを優遇する制度が今後導入され、自動運転など次世代技術への対応も急務となる。世界市場で販売を拡大するには、他社との提携を通じた規模の拡大が必要で、世界の大手4グループの首位争いは激しくなりそうだ。 … と提携。電動用モーターでは日立製作所と組んだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「自動運転や電化の進む中で「技術以外」をどう磨くか (1/2) TechFactory」など、2018年1月29日     ニュース

ニュース
自動運転や電化の進む中で「技術以外」をどう磨くか (1/2)

環境対策や搭乗者保護、クルマのサービス化などこれらの普及を後押しする要素も多く、ADASを内包する自動運転と電化はいずれにしても、何らかのカタチで市販に盛り込まれていくだろう。 しかし、技術的に可能であることと、市販に搭載することでは大きく意味が異なる。市場性はもちろんのこと、人命に関わる製品で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車、米世論調査で「安心して乗れる」はわずか27%

一方、コロラド州在住のソーニャ・コイさんは、自動運転車について「多くの潜在力を秘めた、素晴らしい技術であり革新だ」と前向きな意見を述べつつ「通常のでも同じことだが、事故の際の法的責任がどうなるかについては懸念している」と話した。 自動車やハイテク業界は、自動運転車の公道での走行実験に対する規制緩和 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車へのサイバー攻撃を検知–富士通研が新技術

富士通は、車載ネットワーク(CAN)に対するサイバー攻撃を検知する技術を2018年度に実用化する計画であると明らかにした。 … 富士通では、人工知能(AI)やデータ分析などの機能を使って自動運転車を実現するIoT(モノのインターネット)基盤「Mobility IoT Platform」を提供しており、新技術もセキュリティ機能に組み込ま …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
CES 2018の注目テーマは「スマートホーム」「自動運転」「5G」! 最新トレンドをレポート

1月9日から米ラスベガスで開催された「CES 2018(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)」。CESは世界最大規模の家電見本市で、昨年の出展企業は4,000社以上、来場者数は約17万人を超えました。近年のトレンドとしては「IoT製品」等が多く出展され、デジタルマーケターも目が離せないイベントとなっています。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタが“会社”ではなくなる日

つまり、“会社”から“モビリティ・カンパニー”への転換ですね。 その象徴といえるのが、モビリティサービス専用EV「イー・パレット・コンセプト」です。 「イー・パレット・コンセプト」は、4~7メートル前後の全長を想定した、低床・箱型、バリアフリーの空間を持つEVです。 電動化、コネクテッド、自動運転技術が搭載されています。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
大手労組の要求案固まる 日産は一時金抑えめ

自動車大手の労働組合は29日までに2018年の春季労使交渉を巡る要求案を固めた。日産自動車などは一時金で抑えめの要求になった。原材料価格の上昇などから業績の動向を慎重にみる傾向が強い。経営側は電動化や自動運転など次世代技術の研究開発に資金を厚く投じる必要があるとみている。 日産自動車労働 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
『所有』から『リース』へ。ボルボが提案する“あえて買わない選択”

このキャンペーンで紹介されているXC40は、ボルボが新たに導入したリースプログラム『Care by Volvo』の対象を買うのではなくリースすることで、保険やメンテナンスなどにかかる時間と労力を省けるのが大きなメリットです。 ボルボによると、自動運転技術が自動車業界に革新をもたらしたように、のリースシステムこそ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ネクスティア・オートモーティブ、自動・混合モード運転に向けた操舵技術を発表

この技術は、車両技術の半・完全自動化が進む自動車業界で、ネクスティア・オートモーティブの技術が今後推進させていく独自のステアリング関連技術を支える技術基盤になると云う。 同技術について同社研究開発担当の執行役員、ジェフ・ズラスキ氏は「これら業界をリードする革新はそれぞれの実績に基づいているが、実際 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
EVの登場で “ユーザーエクスペリエンスの革命”が起きている―夏野剛氏インタビュー

夏野剛氏(以下、夏野):EVはこれまでのガソリンはもちろんハイブリッドともまったく違う乗り物になっているといえるでしょう。 … ボタン一つで駐車が可能な自動駐車機能がありますし、高速道路では、アクセル、ブレーキ、ステアリングを自動で制御してくれる自動運転技術「プロパイロット」もあるので、ストレスが大幅に軽減 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
間近に迫る自動車革命 自動走行から空飛ぶ無人タクシーまで

要は、航空機の製造で培った技術力を武器に新たなビジネスに参入する機会を虎視眈々と狙っているわけだ。 このところ、利用者の増えているウーバーと同じように、「ゆくゆくは携帯電話で空飛ぶ自動タクシーを呼べるようにする」と鼻息が荒い。実はウーバーでは2016年から始めた無人走行の実地試験のデータを集積して …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動車へのサイバー攻撃を検知–富士通研が新技術

従来の技術では、周期的に伝達される車載ネットワークへのメッセージ間隔が許容範囲を外れるかどうかで攻撃を検知していた。しかし、実際のメッセージも受信タイミングが揺らぐことがあるため、この方法では正常なやり取りを攻撃と誤って検知することがあった。 富士通では、人工知能(AI)やデータ分析などの機能を使って …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
スマホのアプリで自動車ローン申請、PSAグループが中国初のサービス

スマホのアプリで自動車ローン申請、PSAグループが中国初のサービス. 自動車 … PSAグループは、スマートフォンのアプリで自動車ローンの申し込みができるサービスを、中国に進出している自動車メーカーで初めて開始した、と発表した。 このアプリは、 … その中には、人工知能(AI)を必要とするものもある。なお、このアプリ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
間近に迫る自動車革命 自動走行から空飛ぶ無人タクシーまで

無人運転の自動車から空飛ぶまで、自動車の歴史は大きく変わりつつある。Googleの創業者ラリー・ページ氏は空飛ぶ自動車の開発に情熱と資金を投入しており、同氏が支援するベンチャー企業キティホークは商業化を目指し、試作機の改良に邁進している。ページ氏曰く「自宅の裏庭に留めた空飛ぶ自動車に乗って好きな …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「完全自動運転車の公道走行、GMが2019年までに実現へ clicccar.com」など、2018年1月28日     ニュース

ニュース

完全自動運転車の公道走行、GMが2019年までに実現へ

clicccar.com(クリッカー)
2019年までに「自動運転車」による公道走行実現を目指すゼネラルモーターズ(GM)が1月12日、米運輸省に「クルーズAV」(自動運転車)の公道走行許可を申請 … その実現に向け、シリコンバレーが培ってきたソフトウェアの知識や技術と、世界中に広がるGMチームやデトロイトの製造技術を融合、「安全性」を中心に据え、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

トヨタは自動車業界「100年に1度の破壊と創造」を生き残れるか

なかでも米シリコンバレーに拠点を置く「ユダシティー」という企業の動向が興味深い。グーグルで自動運転を担当していた元役員が設立した会社で、オンラインを通じて人工知能(AI)やセンサーなどの最新技術を習得できるサービスを提供している。世界で約400万人の技術者が登録しており、学び直しに活用しているそうだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

のサイドドア開閉を自動化、でも歩行者が接近した時は開きません

三井金属アクト(横浜市西区、真鍋貴志社長)は、自動車のサイドドアを自動で開閉するための電動ユニットの開発を本格化する。自動運転機能を使った無人の送迎車両への搭載を想定。画像認識技術を活用し、歩行者やバイクなどの接近時にドアを開けないようにするなど安全に配慮する。2020年の開発完了を目指す。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

血糖値を診るコンタクト・盗られたNEMを追う日本人技術者・フライングカー開発ネット講座 #egjp 週末版106

講師はGoogleで自動運転車プログラムのリーダーだったSebastian Thrun(スクールの創設者)や、MIT教授で2017年にはオーストラリアでブリトーのドローン配送プロジェクトを率いていたNicholas Roy、トロント大学航空宇宙工学教授Angela Schoellig、Amazon Roboticsの前身企業を創設したRaffaello D’Andreaといった …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース

トヨタは自動車業界「100年に1度の破壊と創造」を生き残れるか

グーグルで自動運転を担当していた元役員が設立した会社で、オンラインを通じて人工知能(AI)やセンサーなどの最新技術を習得できるサービスを提供している。世界で約400万人の技術者が登録しており、学び直しに活用しているそうだ。技術革新が速く、知識が陳腐化していく時代に求められるサービスと言えるだろう。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「自動運転、車内デザインの「快適」を競うサプライヤー ニュースイッチ Newswitch」など、2018年1月27日     ニュース

ニュース
自動運転、車内デザインの「快適」を競うサプライヤー

自動運転、車内デザインの「快適」を競うサプライヤー … 日産自動車が試作した完全自動運転技術を搭載したコンセプト「IMx」は、車体は安全性と意匠性を追求すればよいという概念を崩した。 … の内外装が様変わりし、乗員の快適性向上に役立つ付加価値の高い技術が部品メーカに求められるようになるからだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ピザの次はネット注文配達 米フォード自動運転実証実験、宅配新興と提携 (1/2ページ)

米ラスベガスで今月第2週に開催された世界最大の家電見本市「CES」で、フォードは年内にポストメイツと提携し、自動運転技術によって宅配がどう変わるかを検証する実証実験をスタートする方針を発表した。当面はドライバーが乗り込み、自動配達システムがどう機能するかを見極める。完全自律型の自動運転車の開発に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマのサービス化」と「タクシー」は何が違うの?

ですが、UberやLyftといったシェアリングサービスの台頭、自動運転技術の進歩は、「自動車を所有せず、必要な時にサービスとして利用する」時代を招き寄せつつあります … 半導体大手のルネサス エレクトロニクスも2017年春の自社イベントで「自動運転車は走る喜びを提供するオーナーカーと移動手段としてのサービスカーに …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ボッシュ ボーダフォン、ファーウェイと協働し、コネクテッドカーの車両間通信を実現

この5Gによる新しい移動体通信技術自動運転の道を切り拓くことにもなる。道路交通の完全ネットワーク化という目標を達成するには、車両同士が相互通信し、データを直接やり取りできるようにすることが重要になる。この車間の直接通信により、ドライバーからは見えない位置にある交差点、見通しの効かない丘陵遅滞、自 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
EVは人の身体と一体化する? 佐々木俊尚さんと体感する新型「日産リーフ」の実力

進化の二本柱となっているのが、自動運転技術とEV(電気自動車)の普及です。「まだまだ先の話でしょう」と思っている人も多いかもしれませんが、自動運転技術の一部はすでに実用化され、EVも問題なく普段使いが可能な性能と実用性を実現しています。そんなEVのなかでも本命と目され、自動運転技術も搭載した一台が、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「残された時間は10年ない」 自動車業界劇変、重鎮マルキオンネ氏が警告 (1/2ページ)

欧米自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)の最高経営責任者(CEO)を務めるマルキオンネ氏は、電動化や自動運転、ライドシェアをめぐる技術進化によって、消費者の自動車購入が向こう6~7年以内に変わるとみている。今月第2週に開催された北米国際自動車ショーを前に、デトロイトでインタビューに …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「受注が2倍に。会議室を生産スペースにした」(アドバンテスト社長)

そこで、3月をめどに国内の協力会社やサプライヤーを増やす。協力会社を1、2社と、サプライヤーを10社程度増やしたい。(売上高ベースの)生産能力は(18年3月期に1800億円を予想するが、将来は)2000億円にする必要がある」 ―電気自動車(EV)やハイブリッド(HV)、自動運転技術の開発が進み、車載向けの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ピザの次はネット注文配達 米フォード自動運転実証実験、宅配新興と提携 (1/2ページ)

米ラスベガスで今月第2週に開催された世界最大の家電見本市「CES」で、フォードは年内にポストメイツと提携し、自動運転技術によって宅配がどう変わるかを検証する実証実験をスタートする方針を発表した。当面はドライバーが乗り込み、自動配達システムがどう機能するかを見極める。完全自律型の自動運転車の開発に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「テスラの「半自動運転」は、なぜ消防車への追突事故を起こしたのか 見えてきた自動運転技術の課題と … WIRED.jp」など、2018年1月26日     ニュース

ニュース
テスラの「半自動運転」は、なぜ消防への追突事故を起こしたのか 見えてきた自動運転技術の課題と …

ドライヴァーは当時、クルマが「オートパイロット」モードになっていたと消防隊に伝えたという。限られた状況下で自動運転を可能にする半自動運転のシステムは一般的なものになりつつあるが、この事故はそうしたシステムの弱点を浮き彫りにした。 驚くべきことに死傷者がいなかったこの事故からは、技術的な疑問も浮かび …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日本自動車研究所、自動運転車の公道での実証実験前に安全性を確認する「事前テストサービス」説明会

説明会の冒頭、挨拶を行なった日本自動車研究所 研究所長の永井正夫氏は、「私どもJARIは自動運転車の開発が急速に進むなかで、公道の実証実験の安全確保を非常に重視しています。そこで自動運転車の公道実験に向けた事前テストサービスを2月より開始することと致しました。JARIは自動車技術に関する中立公正な …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米アップル、加州で自動運転試験車両を27台に増強-ライバルを追撃へ

クック最高経営責任者(CEO)は昨年6月、自動運転技術を開発するチームの存在を初めて認めた。「プロジェクト・タイタン」と称するこの取り組みは、自前で車両全体を製造する野心的な計画だったが、人員やコストの増大で2016年に規模が縮小された。アップルはDMVへの最新の登録についてコメントを控えた。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ダイナミックマップ向けのデータ収集と配信を実験、富士通とKDDI、ゼンリン

KDDI、ゼンリンおよび富士通の3社は、完全自動運転時代の「ダイナミックマップ」生成に必須技術となる大容量データの情報収集と、自動運転車へのマップ配信技術の実証実験を2018年1月から開始すると発表した。 今回の実証実験で、KDDIは一定間隔で生成される車載カメラやセンサーのデータを確実で効率的に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「MaaS」のサービスに深入りしないパナソニック、コックピットをそろえて対応

レベル3の自動運転車向けのコックピット(左)。カメラやセンサーを活用したドライバーモニタリングシステムが追加される(右)(クリックして拡大). こうしたコックピットシステムを実際の車両に展開するための技術もそろえる。車載情報機器のOSとしてAndroidや車載Linuxである「Automotive Grade Linux(AGL)」の対応を進め …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
富山で次世代・ロボフォーラム 企業の技術開発促す

基調講演では本田技術研究所の松本宜之社長が技術革新の重要さを訴え、外部企業との連携を進める姿勢を示した。同氏は「技術を持つ富山県の企業の協力を得られれば」と参加理由を語る。講演では同社の手掛ける自動運転車や感情を表現するロボットも紹介した。 開会に先立ち、石井隆一知事は「富山県は世界的に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ミライの街を支えるのは自動運転バス? 国交省に聞く「自動運転への期待」

日本政府は自家用、物流サービス、移動サービスそれぞれについて2025年までのシナリオを策定し、2020年までに高速道路での自動運転および限定地域での無人自動運転移動サービスの … しかし将来のコンパクト+ネットワークな街作りに向け、中村室長は「自動運転技術が役に立つ可能性があります」と期待している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
偶然の力で新事業に挑むパイオニア

一般に販売することを目指す自動運転車に搭載するには小型化とコスト削減が必要だった。 そんなLIDARを小型化して量産するために必要な技術が、偶然にもパイオニアの社内にあった。 基本となるレーザーの技術は、CDやDVDといった光ディスクを扱う上で欠かせない。LIDARを小型化する機構は、家電の開発で培った …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AutotalksとST、世界初のマス・マーケット向け第2世代V2XソリューションをCES 2018で展示

Autotalksが2019年までに普及を予定している先進的な技術は、特に、悪天候、不十分な照明などの見通しの悪い状況において、他のセンサからの情報を補完することができます。この技術は、自動車、自動運転車、自転車、そして歩行者を効率的に連携させることで、あらゆる道路の安全性を大きく向上させます。このチップ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車連合がベンチャーキャピタルファンド設立、5年間で最大10億ドル投資

同ファンドは初年度、の電動化、自動運転システム、コネクティビティ、人工知能などの新たなモビリティに焦点を当てている新興企業や、技術起業家が参加するオープンイノベーションのパートナーシップに向け、最大2億ドル(約221億円)を投資する予定だ。その後も毎年投資を行い、3社アライアンスが2017年9月に発表した …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動車連合がベンチャーキャピタルファンド設立、5年間で最大10億ドル投資

ルノー、日産自動車、三菱自動車自動車アライアンスは2018年1月9日、オープンイノベーションを支援する企業ベンチャーキャピタルファンド「Alliance Ventures」を設立し、今後5年間で最大10億ドル(約1100億円)を投資すると発表した。 同ファンドは初年度、車の電動化、自動運転システム、コネクティビティ、人工知能など …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「自動運転の安全性 公道試験前に評価 自動車研が新サービス 日本経済新聞」など、2018年1月25日     ニュース

ニュース
自動運転の安全性 公道試験前に評価 自動車研が新サービス

日本自動車研究所 25日、自動運転車の安全性を公道での実証実験に備えて事前評価するサービスを2月に始めると発表した。車両に載せたシステムが走行時に正確に動くかを調べるほか、テストドライバーが緊急時に対処できるかなどを試験する。評価結果を公道実験開始までの技術改良などに生かしてもらう。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ボッシュ、ボーダフォン、ファーウェイ、運転支援システムなどの車両情報を5G通信するC-V2X技術を開発

3社が開発を進めるC-V2X技術では、運転支援システム等の情報を車両間で通信することで、運転支援システムを搭載する車両はその情報をもとにこれまでよりも早いタイミングで自動的に車速を調整するため、割り込み車両にもスムーズに対処しやすくなるという。 また、C-V2X技術のネットワークに接続した車両は、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
徐々に進むEV化 でもその前に

そのためには自動運転も欠かせない技術という位置づけになるだろう。自動運転に関しては、パーソナルな車両にも搭載されるが、ドイツではリージョナルに使われる公共の乗り物から始まりそうだ。それはリージョナルなロジスティックス、カーシェアリングなどだ。北米では2018年の今年からフリーウエイでのCar to Car通信 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
GM、フォード、テスラが「自動運転機能」活用で新事業への進出を計画か?

clicccar.com(クリッカー)
日経新聞によると、GMは2016年に買収したベンチャー「クルーズ」社の技術をベースに、「セルフドライビング タクシー」サービスを自ら手掛けるそうで、高利益率事業の実現を目指す模様。またフォードも自動運転車を活用したサービス展開計画をデトロイトショー2018で発表。2016年に買収した「チャリオット」社と共同でライド …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AIは間違っても責任を取らない、ここに新ビジネスの種が

では、自動運転車で事故が起きた時には、だれがその責任を負うことになるのか。AIに刑事罰を課すことはできない。すべての責任をメーカーに課していたら、ビジネスは成立しないことだろう。自動運転は、自律走行の性能だけではなく、そろそろこの辺りをケアした技術開発や制度設計が必要になってきている。これは、自動 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
科学技術と市場の未来 そして投資家の責任(大機小機)

例えば自動運転車は万が一の時、歩行者と運転者のどちらを最優先で守るべきなのか。デザイナー・ベビーと遺伝子治療の境界線はどこか――技術の使い道や倫理の議論を後回しに、きらびやかな新技術だけ追いかけるのは危うい。 それは科学技術に資金をつける投資家の宿題でもある。新技術への投資でたとえ収益を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「アキュラウォッチ」搭載、アキュラ RDX 新型の先進運転支援…デトロイトモーターショー2018

ホンダの海外向け高級ブランド、アキュラは米国で開催中のデトロイトモーターショー2018において、新型アキュラ『RDX』のプロトタイプに、最新の「アキュラウォッチ」を搭載すると発表した。 アキュラウォッチは、アキュラの先進運転支援システム(ADAS)の総称。 … 将来の自動運転技術につながる先進安全技術を導入する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【電子版】論説室から/進むの電動化、サプライヤーは将来見据えた事業展開を

自動車サプライヤーの動向に詳しい立命館大学の佐伯靖雄准教授は「近年、電動部品の分野ではボッシュやコンチネンタルといったドイツ系部品メーカーの参入が増えている。自動運転の要素技術でも両社が上位に食い込んでおり、日本でもドイツ系メガサプライヤーの台頭が著しい」という。 自動車産業は完成メーカーを …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ホ?ッシュ/ホ?ータ?フォン/ファーウェイ: コネクテット?カーの相互通信を実現

C-V2X技術はこれまで、高速道路上での車線変更時や前走が突然ブレーキをかけた際のリアルタイム警告システムとして用いられてきた。しかし、直接的な情報交換が可能になれば、ACCはドライバーに警告するだけでなく、自動的に加速したり、ブレーキをかけたりすることができるようになる。この新しい移動体通信技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ロボット・自動運転車の頭脳、オープンソースで開発へ

今日この頃、これらの技術はめざましい進歩を遂げ、完全自動運転の時代まであと一歩―― … それについて、すでに自動運転車「RoboCar®」や宅配ロボット「CarriRo®」の実証実験を公道などで行っているZMPはきょう、自社開発の自動運転用コンピュータIZAC(アイザック)において、汎用開発ツールである画像認識機能 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
DHLグローバル・トレード・バロメーター/自動車産業による日本の短期経済成長の牽引を予測

世界初となるこのグローバル・トレード・バロメーター(人工知能、ビッグデータ、予測分析を駆使することにより算定される国際貿易成長に対する早期指標)では、世界的な自動車需要の鈍化により最新の数値が直近数ヵ月の数値を下回ったものの、日本の短期貿易成長はプラスを維持すると予測しています¹。また、陸上車&部品 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「トラック3台、1人で隊列に 技術活用、4社など実証実験 毎日新聞」など、2018年1月24日     ニュース

ニュース
トラック3台、1人で隊列に 技術活用、4社など実証実験

通信機能を使って先頭運転操作を2、3台目にも伝える仕組み。今回はアクセルとブレーキを自動制御し、ハンドルは人が操作。30日~2月1日にも茨城、栃木両県の北関東自動車道で実験する。 トラック4社はいすゞ自動車、日野自動車、三菱ふそうトラック・バス、UDトラックス。実験は経済産業省などが進める研究の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ZMPの自動運転用コンピュータ、オープンソースのソフトウェアライブラリに対応

ZMPは1月23日、自社開発の自動運転用コンピュータIZAC(アイザック)について、汎用開発ツールであるOpenCV「ポイントクラウドライブラリ(PCL)」への対応を開始した … 同社開発の自動運転車「ロボカー ミニバン」に搭載し、自動運転技術開発プラットフォームとして販売するとともに、公道での各種実証実験に使用している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
VWとヒュンダイが、創業1年の自動運転スタートアップと組んだ理由 狙いは幹部3人の「輝かしい実績」

自動運転技術の開発を行っているスタートアップのAurora Innovationが、フォルクスワーゲンとヒュンダイとの契約締結を発表した。創業から1年足らずの … 自律走行を走らせるために必要な、「製造」「ソフトウェア開発」「顧客対応」の専門知識を特定のコンビネーションですべて備えている企業はないからだ。 このためか、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
マツダのロータリー・エンジンが、トヨタの自動運転EV「e-パレット」のレンジエクステンダーとして復活

間もなく復活するトヨタ「スープラ」に続き、後継の登場が期待されているハードコアな日本製スポーツカーといえばマツダ「RX-7」だろう。マツダはRX-7後継モデルについて謎めいた発言を続けているが、その”心臓”を復活させることについては正式に認めた。同社は、トヨタの自動運転技術を用いた電気自動車(EV)にレンジ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ドローン活用で獣害阻止 伊那市長が方針

小型無人機「ドローン」や自動運転車など新産業技術の活用を探っている伊那市の白鳥孝市長は二十三日、ドローンを使った有害なニホンジカ探索と、その捕獲を連動させた事業に、二〇一八年度から … 同市は昨年十月、ドローンの活用を幅広く考える「ドローンフェス」を開き、その中で鹿を探索する技術を競うコンペを催した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
レクサスの新型旗艦「LS500h」試乗

トヨタ自動車は昨年10月、11年ぶりに全面改良した高級ブランド「レクサス」の旗艦セダン「LS」の販売を開始した。威厳のあるフロントマスクとクーペのような流麗なフォルムが際立ち、豪華な内装の車内はゆとりの空間が広がる。日本らしい心遣いの装備や自動運転につながる各種先進技術を導入し、快適性に加え、安全性 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
レクサス「LS500h」(車両型式:DAA-GVF50-AEVQH/公道試乗)

先進安全技術や高度運転支援技術については、過去に詳細なレポートがあるのでそちらで確認いただくとして、今回は公道における走行性能について報告したい。 LSのパワートレーンは … 自速度60km/hからの自動ブレーキ制御とともに、自動ステアリングによって障害物を回避するのを体感できた。車線をはみ出さない、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クアルコム ニチコンと連携しワイヤレス充電システムの市販化を計画

この契約によりクアルコムは技術特許やノウハウを提供し、ニチコンが量産製品を製造・販売するという連携が実現している。 クアルコム … しかしクルマと住宅の間で電力をやりとりするビークルtoホーム(V2H)としたり、自動運転とワイヤレス充電システムの親和性は高く、ワイヤレス充電は長期的な視点で考える必要がある。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
【高論卓説】自動車ビジネス、今年も激変 CESで主役、進化を目の当たり (1/3ページ)

自動車ビジネスを大きく変える技術革新は早まっており、今年も激変の年となりそうだ。年初に米ラスベガスで開催された世界最大の家電見本市「CES」は自動車が今年も主役の座にいた。 CESでは、クルマが人工知能(AI)を持ち、インターネットにつながったロボティクスに進化している。 Cの「つながる化」、Aの「自動運転」、S …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「Waymo、アトランタでも自動運転車のテスト走行を開始へ CNET Japan」など、2018年1月23日     ニュース

ニュース
Waymo、アトランタでも自動運転車のテスト走行を開始へ

また、最近になってミシガン州で冬季のテストを開始したほか、サンフランシスコでもテストを再開している。 「世界で初めて完全自動運転車両を公道で走行させた当社は、その技術をさまざまな都市や環境に展開することに注力している。アトランタ都市圏で当社のテストを実施し、この人命を救う技術を、さらに多くの場所で多く …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
VWとヒュンダイが、創業1年の自動運転スタートアップと組んだ理由 狙いは幹部3人の「輝かしい実績」

ドリュー・バグネルは、Uberで自動運転技術開発チームを率いてきた(バグネルとアームソンは「DARPAグランド・チャレンジ」で、同じカーネギーメロン大学チームのメンバーだった)。 Auroraの若さは、この経営幹部3人の実力によって補われているようである。自律走行がいよいよ実現に近づいたいま、業界はさまざまな問題 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転隊列トラックの実証実験 静岡・新東名高速で

日野自動車などトラックメーカー4社と豊田通商は23日、自動運転技術を活用し、トラック3台が隊列走行する実証実験を静岡県内の新東名高速道路で始めた。運転手が乗るトラックに続いて無人運転が走る技術の確立を目指す。物流業界の人手不足の解消や労働時間の短縮につなげる。 浜松サービスエリア―遠州森町 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車向けの4次元レーダーシステム、マグナが発表…デトロイトモーターショー2018

マグナインターナショナル(以下、マグナ)は、米国で開催中のデトロイトモーターショー2018において、自動運転車向けの4次元レーダーシステムを発表した。 マグナは、カナダに本拠を置く大手自動車部品メーカー。29か国 … が、自動運転車向けの4次元レーダーシステム「ICON RADAR」。これは、米軍の技術を導入したもの。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
パイオニア 路線バスの自動運転技術開発に向け実証実験を開始

複数のバス会社を保有し路線バスの運行ノウハウを持つ、みちのりグループとカーナビゲーションで培った自位置推定技術や、自動運転に必要とされる走行空間センサー「3D-LiDAR」、自動運転用地図などの開発を進めるパイオニアは、それぞれの知見を持ち寄り、将来の自動運転社会の実現に向けて研究・開発を進めて …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NSW、自動運転・ADAS開発向けスターターキットを提供開始

また、このスターターキットの提供にあたり、NVIDIA製品の販売代理店であるマクニカ、「VEK-AI 2」の製造元であるエンルートラボとの協業により、自動運転車・コネクティッド・カーの普及を目指す顧客のプロジェクトサイクルをサポートする。 なお、NSWでは、本スターターキットを自動車メーカーや自動車部品サプライヤー、建 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
燃料電池の自動運転車向け、GMがプラットフォームを公開…デトロイトモーターショー2018

GMは、米国で開催中のデトロイトモーターショー2018において、水素燃料電池技術による自動運転車両向けプラットフォームを展示した。2017年10月の合衆国陸軍協会ミーティングで初公開されている。 この新開発プラットフォームは、「SURUS」(サイレント・ユーティリティ・ローバー・ユニバーサル・スーパーストラクチャー)と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
無人コンビニ、米シアトルに開店

アマゾンは「画像認識やセンサー、AIの技術自動運転車に使われているのと同じ」と技術力の高さをアピールする。当初は昨年初めにもオープンする予定だったが、正確性を高めるのに時間を要した模様だ。こうした技術が普及すれば、小売店の形態や雇用情勢まで変化させる可能性もあるが、米メディアによると、アマゾンは …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
レクサスの次世代SUV、自動運転「ショーファーモード」搭載…デトロイトモーターショー2018

レクサスは、米国で開催中のデトロイトモーターショー2018において、最上級クロスオーバーのコンセプトカー、『LF-1リミットレス』に自動運転技術を搭載すると発表した。 LF-1リミットレスは、レクサスが次世代のクロスオーバーを提案したコンセプトカー。ボディサイズは、全長5014mm、全幅1986mm、全高1605mm、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュアンス・コミュニケーションズ 視線検出を統合し対話型AIを搭載した「ドラゴン・ドライブ」が登場

ニュアンスのAI搭載式ドラゴン・ドライブの革新的な新機能は自動車のインテリジェンス&自動運転技術部門でCES 2018 イノベーション・アワードを受賞した。 … ニュアンスのオートモーティブ事業担当シニア・バイスプレジデントであるアーンド・ヴァイルは、「コネクテッドカーや自動運転車の実現が近付くにつれ、クルマは急速に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
「未来の自動車づくり」を牽引 AZAPAが起こすイノベーション

AZAPAは自動車に欠かせない「エンジン制御(ECU、電子制御ユニット)」に関する独自のコア技術をベースに、未来の自動車づくりにおける、さまざまな課題を解決する … AI(人工知能)による自動運転、コネクテッドカーなど自動車のあり方が大きく変わっていく中、同社は自動車メーカーと第1次サプラヤー(Tier1)との間に入り、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
次の成長をもたらす「カイゼン2.0」に必要なものとは?

これからの改善にはIoT(Internet of Things)や人工知能(AI)、ロボット、ブロックチェーンの新技術の導入が必須。 … 例えば自動車1つとっても、電気自動車の無線による給電、自動運転の公道実験の実現、人工知能(AI)搭載自動車の発売、3Dプリンターによるボディー製造など、これらは全て2017年の1年間で起こったこと …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AIで流体解析シミュレーションの時間はどこまで短縮できる?

ヴァイナス(大阪市北区、藤川泰彦社長)は、人工知能(AI)を使って自動車や航空機の流体解析シミュレーション時間を短縮する技術開発を進めている。シミュレーション … 例えば自動車では、車体に近い部分は空気や液体の流れなど「現象の変化」を大きく受けるので、メッシュを高密度に配置することが必要だ。しかし経験の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュアンス・コミュニケーションズ 視線検出を統合し対話型AIを搭載した「ドラゴン・ドライブ」が登場

ドラゴン・ドライブは、トヨタ、アウディ、BMW、ダイムラー、フィアット、フォード、GM、ヒュンダイ、上海汽車など2億台以上の自動車に搭載され、40以上の言語で対話型サービスを提供しているが、今回の新機能追加で一段と進化を遂げている。 ドラゴン・ドライブの新機能は、対話型人工知能と視線検出などの非言語モダリティ( …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
VWとヒュンダイが、創業1年の自動運転スタートアップと組んだ理由 狙いは幹部3人の「輝かしい実績」

ピッツバーグを拠点とするAurora Innovationは18年1月4日、自社の自動運転ソフトウェアを商業化するために、フォルクスワーゲンとヒュンダイ(現代自動車)の両社と契約を締結したと … またヒュンダイとの提携によって、Auroraのソフトウェアは同社の自律走行をはじめとするヒュンダイ製のクルマに搭載されることになる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「AIチップを巡って、半導体技術と業界構造が大転換の予感 日経テクノロジーオンライン」など、2018年1月22日     ニュース

ニュース
AIチップを巡って、半導体技術と業界構造が大転換の予感

クラウドサービスのベンダーも、スマートフォンをはじめとする電子機器のメーカーも、そして自動車メーカーまでも、人工知能(AI)関連処理を専門に実行するAIチップの開発に乗り出すようになった。AIの活用によるビジネスイノベーションの創出や仕事の高効率化のアイデアは、既に星の数ほど多く出てきている。ただし、実際に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産が自動車の未来技術を育てる! 5年で最大10億ドルを投資するVCを設立[CES2018]

このファンドは自動車の電動化、自動運転システム、コネクティビィティ、人工知能など、新たなモビリティに焦点を当てている新興企業や、技術起業家が参加するオープンイノベーションのパートナーシップを対象に、初年度は最大2億ドルを投資するというもの。既存の研究・先行開発チームと協力しながら投資を行う分野や市場 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
豪新車販売を拡大、IDOM 3年内に最大手目指す=羽鳥社長

羽鳥社長はまた、自動車業界には、T型フォードの大量生産が始まって以来の大変革が約100年ぶりに起きようとしていると説明。さまざまな企業が自動運転車や電気自動車(EV)、自動車関連の人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)、ライドシェアリングなどに参入する中、羽鳥社長は「車産業はネットだけでは完結しない …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
NVIDIA オートモーティブ事業担当副社長 ロブ・チョンガー氏のオートモーティブワールド招待講演レポート

中国のBaiduとドイツのティア1部品メーカーZFとの提携により、Baiduが中国で展開を予定している自動運転のプラットフォーム“Apollo”にNVIDIAのXavierが採用される予定であること、ドイツの自動車メーカーであるフォルクスワーゲンが、NVIDIAのAIやDRIVE IXを同社の車両に採用する予定であること、また、メルセデス・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車産業、世界中がEVシフト― 主戦場は中国市場、民族系とドイツ企業の動き活発/梅上零史

Kigyoka.com ベンチャー企業のためのメディア
中国第一汽車集団(吉林省長春市)、東風汽車集団(湖北省武漢市)、重慶長安汽車(重慶市)の中国国有大手3社は17年12月、包括的な戦略提携をすると発表した。EVや自動運転などの新技術開発、自動車の製造や部品調達、海外進出などを共同で進める。3社のトップが相互に入れ替わるなど統合に向けて動き出して …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
光で乗り物酔いを防ぐ、米大学が発明。自動運転の移動時間を有効活用

将来の自動運転車の普及に向けて、車内で読書やPC作業をして感じる不快感や酔いを防ぎ、これから増えるであろう(自動運転)車内移動時間の有効活用に … 大学自身が発信するニュースの見出しにもあるように、自動運転の時代に向けた技術ではありますが、特に自動運転車にかぎらず、これまで普通のクルマに同乗した …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
燃料電池の自動運転車向け、GMがプラットフォームを公開…デトロイトモーターショー2018

GMは、米国で開催中のデトロイトモーターショー2018において、水素燃料電池技術による自動運転車両向けプラットフォームを展示した。2017年10月の合衆国陸軍協会ミーティングで初公開されている。 … 自動運転技術を組み込んだ水素燃料電池プラットフォームで、GMは商業用途のほか、軍事利用での活用も見込む。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
レクサスの次世代SUV、自動運転「ショーファーモード」搭載…デトロイトモーターショー2018

さらに、LF-1リミットレスには、最新の自動運転技術を導入。ドライバーが、目的地までの運転操作を車両に任せる「ショーファーモード」を搭載。また、4Dナビゲーションシステムを装備。これは、ナビゲーションに時間の概念を取り入れ、車両や渋滞状況などを考慮し、休憩やレストランの提案、ホテルの予約など行うもの。情報は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産が自動車の未来技術を育てる! 5年で最大10億ドルを投資するVCを設立[CES2018]

このファンドは自動車の電動化、自動運転システム、コネクティビィティ、人工知能など、新たなモビリティに焦点を当てている新興企業や、技術起業家が参加するオープンイノベーションのパートナーシップを対象に、初年度は最大2億ドルを投資するというもの。既存の研究・先行開発チームと協力しながら投資を行う分野や市場 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
の進化9万6000人実感 札幌モーターショー閉幕

4回目の今回は、国内外27社38ブランドの四輪や二輪車など189台を展示。21日は3日間で最多の約4万1千人が来場した。 日産自動車の「リーフ」、ホンダの「アーバンEVコンセプト」などの電気自動車(EV)やスバルの「ヴィジヴ パフォーマンス コンセプト」など自動運転技術の搭載が特に注目を集めた。帯広市の会社 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタのこのクルマがもしわが国に入ってきたら、われわれの生活にどんな変化をもたらすだろうか=中国 …

記事は、今月9−12日に米ラスベガスで行われた世界規模の家電見本市・CESにトヨタが参加し、豊田章男社長自らが「eーパレット」という名前の新しい全自動運転電気自動車を紹介したと伝えた。そして、「eーパレット」には全自動運転車、電動自動車であることに加えて、最新のインターネット設備と技術を搭載しているという …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車産業、世界中がEVシフト― 主戦場は中国市場、民族系とドイツ企業の動き活発/梅上零史

Kigyoka.com ベンチャー企業のためのメディア
世界各国でガソリン廃止が政策として打ち出され、次世代自動車の本命は電気自動車(EV) という流れが出来つつある。 …. EVや自動運転などの新技術開発、自動車の製造や部品調達、海外進出などを共同で進める。3社のトップが相互に入れ替わるなど統合に向けて動き出しており、年間1千万台の生産規模を持つ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アドバネクス Research Memo(5):EVシフトによる事業機会の拡大

金属加工総合メーカーへの挑戦」を掲げ加工技術を積み上げてきたアドバネクス<5998>は、2015年3月にプラスチック事業を行うグループ会社を手放したが、金属プレスと樹脂射出成形を組み合わせて製造するインサートモールドは残した。一方、船橋電子を買収して製造技術を獲得した細物深絞り加工製品は、欧州での需要 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
CANかイーサネットか? 車載ネットワークの最新動向…オートモーティブワールド2018 専門セッション

CASE(Conected・Autonomous・Sheared・Electric)車両は、ネットワーク技術なしには語れない。ここでいう … CANは前述したようにクルマの中に構成された独自の制御ネットワーク。クラウド接続 … このゲートウェイがしっかりできていれば、CAN側はとくに変更や改良を加えずコネクテッドカーや自動運転は実現できそうだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
三ツ星ベルト、真の競争力つけ強い企業体に

EVやPHVの拡大や、自動運転などの技術革新が進み、我々部品業界にとってもターニングポイントにあると言える。EV化、PHV化が進むと、我々の主力製品であるベルトが使われないが少しずつ増えてくる。そのために、当社では電動パーキングブレーキシステム、電動パワーステアリングシステム、スライドドアに使用 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「ボットカーは日産とNASAの共同開発で生まれる Forbes JAPAN」など、2018年1月21日     ニュース

ニュース

ロボットカーは日産とNASAの共同開発で生まれる

シリコンバレーにある日産リサーチセンター(NRC)を訪ねた昨年11月、次世代の自動運転技術をテストする施設で、リーアム・ペデルセン博士が1台の特殊リーフを見せてくれた。 … 一方、まったく人間の手を借りない自動運転車は無理だと言うのは、NRCのディレクターを務めるオランダ人のマールテン・シアハウス氏。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

埼玉県初!公道で自動運転の実証実験 埼玉工業大

… 公道での自動運転の実証実験を進めている。同市特有の砂嵐や狭い道路に対応し、自動運転技術の精度を高める。今回の実証実験を通じて同市と連携しながら、自動運転分野の人材や関連産業を育成し、地域の発展につなげる狙いもある。(黄金崎元). 先月から始まった実証実験では、トヨタのプリウスの改造を使用。3 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース

札幌モーターショー 道内5校、メーカーに肩並べ 21日最終日

札幌市豊平区の札幌ドームで開かれている自動車の祭典「札幌モーターショー2018」(実行委主催)は2日目の20日、家族連れを中心に約3万9千人が訪れ、来場者が自動車の未来を体感した。 次世代車として各社が開発中の電気自動車(EV)や人工知能(AI)搭載のコンセプトカー、最新モデルの市販車が並んだ。初出展 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「General Motorsが計画 完全な自動運転車を2019年までに量産で製造 livedoor」など、2018年1月20日     ニュース

ニュース
General Motorsが計画 完全な自動運転車を2019年までに量産で製造

ハンドルもペダルもない完全自動運転車」の量産計画が発表される … 自動運転技術の開発は、いまもっとも自動車業界でホットな話題でしょう。 … ところが、このほど米国では、デトロイトで開催されたモーターショーの「Detroit Auto Show」にあわせて、General Motors(GM)が、なんと完全自動運転仕様の電気自動車と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
「第2のテスラ」狙う中国EVベンチャーの実力

さらに健康状態の測定までできる。車内機器は、アマゾンのAI(人工知能)アシスタント「アレクサ」やジェスチャーで自由自在に操作できる――。 最新テクノロジーを”全部乗せ”したといっても過言ではないEV(電気自動車)のコンセプトカーが、1月9日から米ラスベガスで開かれた見本市「CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動運転車にドローン、量子コンピュータチップ…… – Intelの最新情報が詰め込まれた基調講演

例えば、人々は1日あたり1.5TBのデータを消費し、自動運転車は1日あたり4TB、ロボット制御には工場全体で1PBのデータを要すると説明。 … 集団)との提携を果たし、すでに提携を果たしているフォルクスワーゲン、BMW、日産、NAVINFOとともに、各国の道路交通法に準拠した自動運転車両の開発を加速させていく考えだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「大雨の中でも、駐車場でも……いま自動運転の最新動向はここまで来た:CES2018 BUSINESS INSIDER JAPAN」など、2018年1月19日     ニュース

ニュース
大雨の中でも、駐車場でも……いま自動運転の最新動向はここまで来た:CES2018

そんな嫌味が旧知のアメリカ人ジャーナリストの口から飛び出すほど、CES 2018はクルマ技術展示であふれていた。なんといっても、ここネバダ州では自動運転車が公道を走ることが許されている。それゆえ、自動運転のデモ走行を体験できるのも、CESの醍醐味だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
積雪地に特化した自動運転車、北大など開発へ

北海道大学やソフトウエア開発のヴィッツ(名古屋市)など産学7者でつくるプロジェクトチームは18日、積雪寒冷地に特化した自動運転技術を開発すると発表した。降雪により標識や道路境界線などが覆われた状態でも自動走行を可能とするシステムを開発する。2020年度までに連続走行距離で30キロメートル以上の達成を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ネクステア、自動運転向け新ステアリング技術を発表…デトロイトモーターショー2018

ネクステアオートモーティブがデトロイトモーターショー2018で発表したのが、新開発の自動運転向けステアリング技術。「ステアリング・オン・デマンド・システム」は、ボタンを押すか、ステアリングホイールをつかむだけで、SAE(全米自動車技術協会)の「レベル3」の自動運転に対応する。また、マニュアル運転と自動運転の両方 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ副社長:欧州に新拠点、「つながる」で攻勢-日米に次ぎ

のIT化が進むなか、米グーグルなども車載情報機器や自動運転車の開発を進め、既存の自動車メーカーと競合する構図となっていた。豊田章男社長は今月の米国際家電見本市(CES)で「グーグルやアップル、あるいはフェイスブックのような会社もライバルになってくる」と話していた。 トヨタでコネクティッド技術を含むIT関連 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
特別仕様まで造るトヨタディーラーの凄み

自動車業界は電動化や自動運転など100年に1度の変革期にあります。ディーラーも変革期にありますか。 今の変革は技術領域が中心で、ディーラーの業界構造が大きく転換することは当面考えられない。理由は4つある。 1つ目は自動車メーカーが専売制を採り、メーカーごとに流通網があることだ。多くの流通網がある家電 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
路線バス自動運転化に向け実証実験へ、パイオニアとみちのりHDなど

パイオニアとみちのりホールディングス、茨城交通の3社は、路線バス自動運転化の技術開発に向けた実証実験を、1月より茨城県常陸太田市内で実施すると発表 … 路線バスの運行ノウハウを持つ同グループと、高い自位置推定技術や走行空間センサー「3D-LiDAR」、自動運転用地図などの開発を進めるパイオニアは、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AI搭載のECUが自動運転の“エッジインテリジェンス”を加速させる!

住友商事は18日、AZAPA(名古屋市中区)と人工知能(AI)アルゴリズムを搭載した自動車制御コンピューターの共同開発に着手すると発表した。自動車における制御コンピューター(ECU)は、エンジンやモーター、カーナビなどのシステムを統合制御する装置。住友商事とAZAPAは、走行時の外部環境や自動車の性能を学習 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ベンツが新型オープンカー 全車に自動運転技術

メルセデス・ベンツ日本(東京)は19日、主力「Eクラス」のオープンカー「Eクラス カブリオレ」の新モデルを発売した。新型は5代目で、全面改良は約8年ぶり。全車に自動運転技術を搭載し、安全運転を支援する機能を充実させた。 高速道路での渋滞時に前のとの距離を調節しながら自動で追従走行するシステムや、方向 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
サービスとしてのモビリティ=MaaS(マース)って何?

前述のARK社の調査によれば、自動運転状況のモニタリングや非常時の対応を常時要求されることから、先進的な自動運転技術を保有する企業であることが必須条件とされています。また、MaaSビジネスをいち早くスタートすることにより、提供企業は所有する自動運転車両を用いて、自動運転地図の作成や自動運転技術の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「大型志向」と「エコ」が共存 北米自動車ショー 次世代投資も相次ぐ

… ピックアップトラックが占めたが、エコカーをはじめとする次世代市場への投資も目立った。フォード・モーターがEVやハイブリッド(HV)の開発費を110億ドル(約1兆2千億円)に倍増させるほか、独フォルクスワーゲン(VW)も投資拡大を表明。22年までにEVや自動運転技術などに340億ユーロ(約4兆6千億円)を投じる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
AI搭載のECUが自動運転の“エッジインテリジェンス”を加速させる!

住友商事は18日、AZAPA(名古屋市中区)と人工知能(AI)アルゴリズムを搭載した自動車制御コンピューターの共同開発に着手すると発表した。自動車における制御コンピューター(ECU)は、エンジンやモーター、カーナビなどのシステムを統合制御する装置。住友商事とAZAPAは、走行時の外部環境や自動車の性能を学習 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アイシン精機:子会社等の異動(設立)のお知らせ

グループとして、 将来の競争力確保のため「電動化」「人工知能」「情報通信」などの技術領域において、これらの優れた技術を有するスタートアップ企業を探索・発掘し、その最先端技術を活用する必要があると考え、その先進地区であるアメリカシリコンバレーに、当社の子会社であるアイシン・エィ・ダブリュ株式会社と共同で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
トヨタ副社長:欧州に新拠点、「つながる」で攻勢-日米に次ぎ

のIT化が進むなか、米グーグルなども車載情報機器や自動運転車の開発を進め、既存の自動車メーカーと競合する構図となっていた。 … トヨタ広報担当のジョー・ジャンイヴ氏はカープレイの導入について、トヨタのデータ保護の姿勢に変わりはなく、「今回の提携で、アップルは車両データにはアクセスしない」と電子メールで …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
サービスとしてのモビリティ=MaaS(マース)って何?

国内でも8月にトヨタ自動車とマツダが資本業務提携を発表し、EVの共同開発をめざすとしています。9月にはダイソンが2020年までに電気自動車市場に参入すると表明しました。 … そして、この変化を加速させるのが「自動運転車」――その名の通り、行き先を指定すれば人が運転しなくても走行するだというわけです。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【オートモーティブワールド2018】ラストワンマイル問題の解消なるか? レベル4の完全自動運転EV「Milee」

プロトタイプ初号機のマイリーは、アイサンテクノロジー、ティアフォー、岡谷鋼機の3社が業務提携し共同で進めているワンマイルモビリティ事業のプロジェクトで開発 … レベル4 (無人運転) 自動運転に成功し、自動運転の社会受容性実証実験をしています(ここで使用しているのはトヨタ・エスティマをベースとした自動運転車)。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「自動運転時代への近道は–CES 2018の車両技術を振り返る CNET Japan」など、2018年1月18日     ニュース

ニュース
自動運転時代への近道は–CES 2018の車両技術を振り返る

Uberと言えば、そのカーシェアリングサービスが、トヨタ自動車の発表で大々的に扱われた。トヨタは「e-Palette Concept」という新しい自動運転車両のコンセプトを打ち出し、e-PaletteについてはAmazon、Uber、Pizza Hut、Didi、マツダとパートナーシップを組んで自動運転技術を共有し、未来のスマートシティを探究していくと …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「ラストワンマイル」を自動運転で 人手補うクルマたち (1/2)

自動運転クルマで快適に移動する、という生活が実現するのはまだ先になりそうだが、その技術を活用できる分野は乗用車だけではない。1月17日に東京ビッグサイトで開幕した「第1回自動運転EXPO」では、短い距離を低速で自動走行する車両が提案されていた。物流などの分野で、店舗から個人宅までの「ラスト …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転時代、経営もNext模索 GMやフォード

例えば同社の自動運転車の土台になっている技術は、16年に約10億ドル(約1110億円)で買収したサンフランシスコが拠点の自動運転技術開発ベンチャー、米クルーズのものだ。GMの調達担当、マーサス・ジョシュア上級ディレクターは「自動運転車開発にはベンチャーの力が必要だ。だが調達はGMが一手にになう。両方の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車をお披露目

次世代の自動車技術を集めた展示会「オートモーティブワールド2018」が東京都江東区で17日から始まり、中部企業が自動運転技術などを出展した。技術開発支援のAZAPA(アザパ、名古屋市)はリコーと実証実験している自動運転車=写真=を展示した。 アザパはリコーと秋田県仙北市で昨秋から自動運転の実証実験を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタが考える自動運転開発のアプローチとは…オートモーティブワールド2018

トヨタ自動車先進技術開発カンパニーの松尾芳明主査は1月17日に開幕したオートモーティブワールド2018での自動運転に関するセミナーに登壇し、段階的に自動化 … まず人とクルマの融合を進めるアプローチでは「段階的に自動化のレベルを上げていくことができることで、それぞれの段階において技術をより速く実用化して …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転の実験支援サービス相次ぐ 立案から公道走行まで

最低限の人間の関与で走る自動運転車の導入や開発を検討する自治体や企業向けに、実際に公道を走らせる試験の実施を支援するサービスが相次いで登場している。自治体などには人口減少などの影響で赤字が続く地方路線バスやタクシーを自動運転技術でよみがえらせることなどへの期待があり、試験需要の拡大に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを