「夢のクルマ、実現間近 IT企業交え開発競う 完全自動運転、今年前半試行も 毎日新聞」など、2018年1月4日     ニュース

ニュース
夢のクルマ、実現間近 IT企業交え開発競う 完全自動運転、今年前半試行も

自動運転を目指す企業にはIT企業が目立つ。名古屋大の野辺継男(のべつぐお)客員准教授は「自動運転はソフトウエアの開発そのもの。IT企業の得意分野だ」と指摘する。米半導体大手、エヌビディアが自動運転向けの人工知能(AI)を開発するなど技術は格段に進歩しており「完全自動運転は意外と早く実現するかもしれ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ラスベガスで完全自動運転タクシーに乗れる!AptivとLyftがCES 2018に合わせ運行

自動運転技術を開発するAptivと配車サービスを手がけるLyftは、米国ネバダ州ラスベガスで開催される家電見本市Consumer Electronics Show(CES)2018の期間中、ラスベガス … 使用する自動車は自動運転に必要な各種センサを車体に一体化させており、一般的な自動運転車と違って目障りな装置が飛び出していない。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【電子版】ドライバーの脳波で走行 日産が運転支援技術を開発

高い安全性や移動手段としてのの新しい可能性を追求するため、世界各メーカーは自動運転技術の確立を急いでいる。日産自では2016年に、高速道路の同一車線で車間距離を把握して停車や前進を促す自動運転を実現。20年までには一般道での自動運転技術を投入する予定。一方、 トヨタ自動車も20年の高速道路向け …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
伊那市長谷で1~3月 自動運転車実証実験へ

… で自位置を特定し、既定のルートを走行する20人乗りのバス車両を使用する。磁気センサーはレベル4の実験区間の一部150メートルに埋設する。 モニターや近隣住民にアンケートを実施して、自動運転の社会受容性を検証。小型無人機ドローンなど新産業技術を連携させる伊那市の物流の仕組み作りを踏まえ、人と荷物 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産、ドライバーの心を読んで反応時間を短縮する技術を開発

Nissanの最新研究プロジェクト’brain-to-vehicle’(B2V)は、ドライバーがハンドルをまわそうと思ったり、ブレーキを踏もうと思っただけで行動を予測する技術を開発し … SFシリーズの「ブラックミラー」の世界を彷彿させるが、この技術から得られるデータを利用して、ADASが改善され、もっと賢く能力の高い自動運転車への道が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Local MotorsがOlli顧客のために10億ドル超の資金調達

▽Xcelerateについて当社の使命は未来-Xcelerateはテキサス州フリスコに本社を置く持続可能な輸送リース会社で、米国中の最も進歩的な組織の一部に資金援助を提供している。モビリティーの将来と自動運転によるフリート技術に重点を置き、Xcelerateは、フリートを電動パワートレイン車両に移行させつつある公的および …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
交通事故死者、17年は過去最少の3694人 68年ぶり更新

政府は20年までに年間死者数2500人以下を目標に掲げている。ただ、17年版の警察白書は従来の対策では「達成は困難」と指摘した。警察庁は17年6月、遠隔システムの制御により、無人の自動運転車の公道実験を初めて認める許可基準を公表。将来的な事故防止に向けて先端技術の開発を支援する。事故原因などを …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
幅広い分野手がける KYB の“モノづくり”とは…クルマ、バイクから航空・鉄道、建設機械関連まで

被災をきっかけに資郎は一時的に海軍の技術者となる。 … その後は、建設機械、産業機械用のギヤポンプやギヤモーター、パワーステアリング、コンクリートミキサなどの特殊車両、航空機部品などさまざまな分野へ進出 … やがて訪れる自動車の電動化、自動運転化の世界でもその技術力は余すことなく活かされることだろう。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車の試乗体験コース、順義区に開設

北京市順義区政府は12月29日、同市で初となる自動運転車の試乗体験ができるテストコースをオリンピック水上公園に整備したと明らかにした。新華社電などが伝えた。 テストコースは全長7キロメートル。北京汽車集団(北汽集団)傘下の新技術研究部門が技術支援を行い、系列の北京… 関連国・地域: 中国-北京.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
“現役最強のホンダ”を徹底解剖! もはや「国民」の新型N-BOX進化の裏側

の新技術と「マジで軽かよ?」とビックリする … と、今どきの思いつくクルマの装備や技術のほぼすべてが新型N-BOXで手に入る。そして、それら … 発売中の増刊『クルマプレイボーイ』では、2018年のイチ推しカー、コンパクトSUV最強の10台、ニッポン自動運転の実力、各メーカートップ独占インタビューetc…専門誌が書け …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
夢のクルマ、実現間近 IT企業交え開発競う 完全自動運転、今年前半試行も

IT企業と自動車メーカーが入り乱れて開発競争は過熱している。独フォルクスワーゲン(VW)はエヌビディアと提携。独BMWは米半導体大手インテルなどと組み、インテルはウェイモとの協業を発表した。そのウェイモはホンダとも共同研究を検討している。自動運転車をいち早く実現できる相手はどこか。既存メーカーの模索は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Local MotorsがOlli顧客のために10億ドル超の資金調達

… 共同通信JBN】Local Motors(https://localmotors.com )は、Elite Parking Services子会社のフロリダ州に本拠を置くElite Transportation Services(ETS)とテキサス州のXcelerateのいずれも業界をリードする専門家らと提携して、Local Motorsの自動運転シャトルバス「Olli」のためのサードパーティーによる運営支援と車両 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
車載SWでイスラエル社と提携、LG電子

車載SWでイスラエル社と提携、LG電子. LG電子は、自動運転車向けソフトウエア事業を強化するため、ジェスチャー・顔認識技術を手掛けるイスラエルのアイサイト・テクノロジーズと手を組んだ。 アイサイトのジェスチャー・顔認識技術を採用した車載インフォテインメントシステムを1月9日に米ラスベガスで開幕する家…
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「自動運転はどこまで進んだのか? Yahoo!ニュース 個人」など、2018年1月3日     ニュース

ニュース
自動運転はどこまで進んだのか?

テレビでも1昨年までは自動ブレーキだったのが、ニッサンの最新のリーフのように、公道での自動運転の能力をアピールするが2017年は増えてきたように思う。 …. しかし、間違いなく交通システムを変え、運転手という雇用形態を消滅させる技術だとすると、公共機関や大学でももっと研究が進み、それに基づく準備が必要に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
来週のCES期間中に完全自動運転タクシー、好みの地点までラスベガスの公道走行

自動運転技術を開発する英アプティブ(旧デルファイ・オートモーティブ)と配車サービス大手の米リフトは2日、両社が協力して、アプリで乗車予約を受け付ける自動運転タクシーの試験サービスを9-12 … CESでは多くの企業が自動運転車のデモ走行を実施しているが、駐車場など閉鎖された区域で実施されるものがほとんど。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
どれだけ便利になるのか 人やモノの移動も様変わり

運転席はなく、向かい合ったシートに乗り込んで談笑していれば、目的地まで連れて行ってくれる。すでに傘下の独アウディが高速道路での低速走行など一定の条件付きで、走行中にハンドルやアクセルから手足を離すことができる自動運転車を欧州で発売している。自動運転技術を巡っては、米グーグルなどIT企業も交えた …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
マツダの魂動デザイン 無駄をそぎ落とす「引き算」で進化

電動化、コネクティビティ、自動運転など、さまざまな技術革新の荒波にもまれる自動車業界。カーシェアの台頭などでクルマのコモディティ化が一層進むのではないかという観測も出ている。 自動車メーカーがその変化に対応しながら自分のアイデンティティをどう保つのか四苦八苦するなか、そのトレンドに乗らず今日の基準で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
変化する人との関係~福岡モーターショー2017

多くの観客は国産メーカーによる「未来のクルマ」の展示を楽しみに来場しているのではなかろうか。少なくとも筆者はそのクチである。入口をくぐるとレクサスのLS、LCが出迎える。中に進むと日産、ホンダ、トヨタ、マツダなど、国内メーカーのコンセプトカーがずらりと並んでいた。総じていえるのは、やはり自動運転技術と電気 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
見えぬ影響、課題 自動運転「とっさの判断」可能か

AIによる自動運転技術の拡大が期待される交通分野。しかし事故・違反の際はだれが責任をとるのかといった法律の整備が課題だ。原因がソフトの誤作動だった場合、現在の保険制度では対応できない可能性がある。 AIは、未経験のアクシデントに遭遇した場合、人間のような「とっさの判断」ができない可能性が指摘される。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
KDDI・ゼンリン・富士通、自動運転向けダイナミックマップの実証実験を開始

実験の目的は「ダイナミックマップ」生成のために必須技術となる走行時の大容量データを収集していくこと。そして自動運転車へのマップ配信技術の実地検証にある。 完全自動運転にあたっては、自動運転車が自らの位置情報を把握するため、道路や付帯構造物などの正確な情報把握が欠かせない。またこれに気象情報や …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
来週のCES期間中に完全自動運転タクシー、好みの地点までラスベガスの公道走行

ニュートノミーは16年に、シンガポールで世界初の自動運転タクシー実証試験を行い、注目されたスタートアップ。買収に先立つ17年初めには、ニュートノミーとリフトの提携が発表され、ニュートノミーの本社があるボストンの一部地区で、リフトの配車サービス網やアプリを使いニュートノミーの自動運転車を走らせる試験 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「自動運転 海外では「レベル3」実用化へ NHK」など、2018年1月2日     ニュース

ニュース
自動運転 海外では「レベル3」実用化へ

世界の自動車メーカーが次世代の技術として自動運転の開発を急いでいますが、ことしはドライバーがハンドルから手を離した状態でも走行が可能な「レベル3」と呼ばれる … 自動運転技術は5つの段階に分類され、このうち実用化されているのは衝突を回避する自動ブレーキや渋滞時に前のに自動で追従する機能など、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ自動車がEV開発で「仲間作り」を本格化、7社共同で車種拡大を目指す!

clicccar.com(クリッカー)
そうしたなか、日経新聞によるとトヨタは提携関係にあるマツダ、スズキ、スバル、ダイハツ、日野、デンソーのノウハウを持ち寄り、7社共同で電動の開発を加速させるそうです。 おりしも自動車各社では「電動化」に加え、「自動運転」や「コネクテッドカー」(繋がる)など、次世代技術関連の開発費が増大しており、基盤となる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
どこの国のどんなプロフェッショナルがロボットに職を奪われるのか?

科学の進歩は職業ドライバーの職をも奪う。研究者らの予測では、近い将来、タクシーのサービスは自動運転車が提供することになり、人間の代わりに目的地まで商品を自力で配達する自動車が使われるため、長距離トラック運転手という職業も消滅する。 自動運転技術は飛躍的な発展を遂げている。現在、BMW、 Daimler、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
フルモデルチェンジが多い?2018年の自動車業界を大予測

2018年も東京オートサロンで幕を開ける日本のクルマ業界。SUBARUの「完成検査不備問題」が「燃費不正問題」にまで拡大 … GPSの誤差が数cm程度になると言われていて、将来の自動運転技術に貢献するほか、対応したカーナビの自位置精度が高まるはず。 2017年から続く話題では、ドライブレコーダーの普及がさらに …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「AIと生きる/2 自動運転始まる村の「足」 ぬくもりは負けない 毎日新聞」など、2018年1月1日     ニュース

ニュース
AIと生きる/2 自動運転始まる村の「足」 ぬくもりは負けない

玄関から手押しを持ってきて、足の不自由な高齢の乗客に手渡す。「いってらっしゃい」と声をかけ、運転席に戻ると次の停車場所に向かった。 バスやタクシーの運転手は人工知能(AI)やロボットで代替できる可能性が高いといわれる。技術が進歩すれば、都市部でも大勢の人が職を失うかもしれない。ただ、村で自動運転の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
2018急上昇ワード:「無人化ビジネス」仕事奪うパンドラの箱か? 人手不足の救世主か?

自動運転技術ベンチャー「ZMP」は、2020年の「無人タクシー」の実現に向け、2018年は「無人運転の開発を加速させる年」(ZMP担当者)。2017年12月には運転席 … フォー」も米半導体大手のNVIDIA(エヌビディア)と業務提携し、ハンドル、アクセル、ペダルのない完全自動運転車を開発、2018年春に実証実験をするという。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
完全自動運転時代の必須技術!「ダイナミックマップ」の実証実験を開始へ

KDDI株式会社、株式会社ゼンリン、富士通株式会社は26日、完全自動運転車の安全な走行を実現するための必須技術とされる「ダイナミックマップ」について、その … 実証実験においては、KDDIが自動運転車に搭載されたカメラやセンサーによって生成されるデータを確実かつ効率的にアップロードし、専用ネットワークに送信 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
なぜ、EVに本気になったのか? トヨタの答え

2030年に電動を世界で550万台以上販売し、そのうち電気自動車(EV)と燃料電池(FCV)を100万台以上とする。そして、2025年頃までにはエンジン専用をゼロにする──。トヨタ自動車が車両の電動化を加速すると宣言した。エンジンとハイブリッド(HEV)にほぼ絞り込んできたこれまでの戦略を改め、2020年以降 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノーSYMBIOZコンセプトカーに込められたIAVのノウハウ

自動運転車の開発において、IAVはルノーにとってなくてはならない存在だ。ルノーのSYMBIOZ(シンビオズ)コンセプトカーはベルリンを本拠地とするIAVと技術パートナーとして新たな技術のポテンシャルを引き出そうとしている。張り巡らされたセンサー類やインテリジェントなアルゴリズムがSAE レベル4自動運転段階を可能に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【初めてのマイカー】女の5年ローンでポルシェ 928 S4…岩貞るみこ

でも、当時29歳のかけだしジャーナリストゆえ、運転の技術も人格も信用されていない時代に左ハンドルの大きな輸入の広報車両をお借りするにあたり「928に乗って … いや、本当にいけすかない自然人(法律用語で人間のことをこう呼ぶのだと、自動運転システムを語る弁護士先生に教えていただきました)だったと思います。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【平成30年 年頭所感】ベイオーク 代表取締役社長 塩原 淳平

次世代燃料についても、ハイブリッドカー(HV)・電気自動車(EV)・燃料電池(FCV)などが定着し、エンジンのみの車種の販売の終了に向かいつつあります。自動運転技術については、米国で2018年に本格的なサービスが開始される模様の中、法改正など日本での実用化は先の長い話・・・とは言っていられない状況です。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【平成30年 年頭所感】日本中古自動車販売協会連合会・日本中古自動車販売商工組合連合会 会長 …

自動運転や電気自動車など技術革新により、あつかうクルマそのものが常に進化し変化を続けている今、環境に合わせて我々も変わっていかなくてはなりません。そのためには、青年部などの若い方の柔軟な発想が必ず必要になります。若い方が参加し活躍できる組織を目指し、かつあらゆる情報が組織全体に行き渡るよう …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
【2018年展望】EVで未曾有の日本6社連合へ…CACE+A がもたらす自動車産業の激流

こうした4要素に連動するかたちでAI(人工知能)も欠かせない技術要素として脚光を浴び、「CACE+A」という様相となってきた。AIをめぐっては、自動車業界が外部の企業や研究機関との連携で凌ぎを削る展開となっている。「オープンノベーション」を合言葉に、業界は国内外の多くのスタートアップ企業を含め、協業や出資を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
2018急上昇ワード:「無人化ビジネス」仕事奪うパンドラの箱か? 人手不足の救世主か?

ソフトバンクグループの「SBドライブ」も2017年12月に、運転席のない自動運転シャトルバスの試乗会を開いた。東京23区の公道では初めてだった。報道によると、名古屋大学発のベンチャー「ティアフォー」も米半導体大手のNVIDIA(エヌビディア)と業務提携し、ハンドル、アクセル、ペダルのない完全自動運転車を開発、2018 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「【市場をにぎわす5大テーマ】(4)次世代自動車~ニッポン基幹産業でもゲームチェンジ? まぐまぐニュース!」など、2017年12月31日     ニュース

ニュース
【市場をにぎわす5大テーマ】(4)次世代自動車~ニッポン基幹産業でもゲームチェンジ?

それこそ人の操作が不要な「自動」になっている可能性は高いと見られている。もちろん、 … これにともないエンジンがなくなり、電気自動車(EV)が中心の世の中になるのではないかと見られ、株式市場でもEV関連の銘柄が買われた。 … 自動運転にも必要な技術で、道路や歩行者の情報を外から得て事故を防ぐ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
免許証はいらない?自動車業界の重鎮が2050年に消えるものを予言

ドイツのダイムラーが使い始めたと言われており、Connected(つながるクルマ)、Autonomous(自動運転車)、Shared(配車サービスなど)、Eelectric(電気 … そのためには従来のハードを中心としたメカニカル・エンジニアリングに加え、AI・ビッグデータなどのソフトウエア技術、さらにはロボティクスなどの新しい技術で、人に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
三菱電機、「CES2018」に出展

次世代の運転支援技術を搭載したコンセプトカー「EMIRAI4」を紹介・最新のHMI(ヒューマンマシンインターフェース)技術を搭載し、安心・安全・快適なコックピットを実現。 ・広角カメラ型ドライバー … 北米で実証実験中の自動運転技術搭載「xAUTO-US(エックスオートユーエス)」を紹介。 ・自律型走行技術とインフラ型走行 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
免許証はいらない?自動車業界の重鎮が2050年に消えるものを予言

ホンダは2017年1月、米ラスベガスで毎年、開催されている世界最大の家電見本市で、提携先のソフトバンクの人工知能「感情エンジン」を搭載した世界初のコンセプトカーであるEVコミューター「ホンダNeuv(ニューヴィー)」を公開したが、そのコンセプトが端的に次世代のクルマ社会を物語っている。クルマが、所有者や家族と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「自動運転の交通事故 責任範囲設定で開発競争に先手 2025年メド完全実用化 産経ニュース」など、2017年12月30日     ニュース

ニュース
自動運転の交通事故 責任範囲設定で開発競争に先手 2025年メド完全実用化

自動運転車による交通事故をめぐり政府が責任範囲の設定を急ぐのは、今後、成長産業になるとみられるこの分野で先頭集団を走る日本の自動車メーカーを後押しする狙いがある。各国の自動車メーカーやIT関連企業がしのぎを削る自動運転技術の開発競争で、人工知能(AI)の開発などで出遅れた日本の官民が連携して“ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
フォード、自動運転車・電気自動車チームを会社発祥の地デトロイト コークタウンへ移転

フォードは12月14日、同社の最新技術のカギである自動運転と電気自動車開発・販売戦略チームをフォードの“ふるさと”で進めることになると発表した。 フォード創業の地、デトロイトのコークタウン。風情のある建物だ. フォードが自動運転開発と電気自動車の開発・販売戦略チームをデトロイトの約4180平方メートルの土地に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタは「コネクテッド」な次期クラウンで、クルマの新たな価値を創造できるか

クルマ同士やクラウドとの接続性が高まり、さらに電動化や自動運転技術の導入が進めば、クルマは「所有」するものから「利用」するものへと変わっていくだろう。 こうした動きにメーカーも対応していかなければならない。現にドイツのダイムラーは、カーシェアリング・サーヴィスを自社で提供している。クラウンのチーフエンジニア …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転中にVR体験 ルノーが新型EVで導入

ルノー・日産アライアンスの「 コネクテッドカー」技術開発担当シニア・バイス・プレジデントであるOgi Redzic氏は「自動運転技術はすぐにでも市場に参入することになるでしょう。この技術が普及すれば、私たちは今までになかった体験ができるようになると考えています。シンビオズは、もう運転の必要がない運転者たちが乗車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ドイツ4ブランド、元日から値上げ…輸送費増

フォルクスワーゲン(VW)も小型車「ゴルフ」やセダン「パサート」など9車種で、3年ぶりに平均で1・2%値上げする。アウディも17車種で1%、BMWも2%の値上げを予定している。 原油価格の上昇で、完成を日本に輸送する費用が増えた。世界的に自動運転技術や電気自動車(EV)などの開発競争が激しく、従来より研究 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
フォード、自動運転車・電気自動車チームを会社発祥の地デトロイト コークタウンへ移転

最近では中国向けにゾタイ(Zotye)社と電気自動車関係においてパートナーシップを締結し、Zotye Ford Automobile Co. の50%50%ジョイントベンチャー企業を設立している。ほかにもArgo AI社に10億ドル以上投資しており、Argo AI社のロボット技術や人工知能技術などをフォードの自動運転技術に応用できないか模索して …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「自動運転中にVR体験 ルノーが新型EVで導入 ニコニコニュース」など、2017年12月29日     ニュース

ニュース
自動運転中にVR体験 ルノーが新型EVで導入

シンビオズは「レベル3」の自動運転を実現していますが、未だ「レベル5」の完全自動運転ではないので、教習と同じように緊急時にの対応ができる人物が … ルノー・日産アライアンスの「 コネクテッドカー」技術開発担当シニア・バイス・プレジデントであるOgi Redzic氏は「自動運転技術はすぐにでも市場に参入することに …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタが描くコネクティッドカー戦略 – クラウドの活用を推進

また、自動運転では『クルマ』の自律化により、モニタリングが必要なためコネクティッドの技術が活用されている。さらに、重要なのはクルマがクラウドとともに進化し、車内連携から社会システムと連携し『いいクルマ』の定義が多様化していく。つまり、単独のクルマから、つながるクルマを経て社会の一員になると考えている」との …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
赤ちゃんみたいにゼロから学習できるAIロボット、誕生

今あちこちで自動運転車が開発されていますが、現実の道路で起こりうること全部を予見してプログラムに入れ込んでおくのは無理なので、Vestriのような技術が役に立つというわけです。 Vestriが白紙の状態からどうやって世界の動き方を学ぶかというと、キモはカメラで捉える映像の分析にあります。Vestriは物を動かしながら …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ソフトバンク、イスラエルのテクノロジー企業「Vayyar」とIoTでの協業を開始

Vayyarは、電波を用いた3Dイメージングセンサー製品の設計・開発で、世界トップクラスの実績と技術ノウハウを有する企業。2011年設立のベンチャーだが、超 … 今年7月には自動車および自動運転市場に同技術を投入すると発表し、自動運転車内外におけるリアルタイムモニタリングや、車両生産ラインでの安全性・効率 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
「スターウォーズ」と「スターデザイナー」|LOS ANGELES AUTO SHOW 2017

ロサンゼルス・オートショーが2017年12月1日から10日まで一般公開された。 LAショーの始まりは1907年に遡る。1929年には場内の電気系統から火災が発生。幸い犠牲者はなかったが、展示車両の大半が消失するという事故があった。しかし第二次大戦後は全米最大の自動車市場であるカリフォルニアのショーとして、独自 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「LG、自動運転車のテレマティクスでHereと提携 CNET Japan」など、2017年12月28日     ニュース

ニュース
LG、自動運転車のテレマティクスでHereと提携

LG Electronicsと、「Here Maps」を提供するHereが提携した。LGのテレマティクス技術とHereのロケーションサービスを統合して、完全自動運転車用のデータ通信ハブを構築するという。 両社は双方の技術を統合して、自動運転車に搭載されたカメラ、レーダー、LiDARなどのセンサからのデータを、Hereの「HD Live Map」 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ドライバーの意図はくめない? 自動運転の課題 (1/4)

技術顧問サービスを手掛けるVision Systems Intelligence(VSI Labs)の創業者であり、主席アドバイザーを務めるPhil Magney氏は、EE Timesの取材に応じ、「2017年は、レベル2(部分的な自動運転)の自動運転車向けに、ADAS(先進運転支援システム)や、さまざまなセンサー技術が段階的な発展を遂げた年だった。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
国産の品質が悪化? 日本の自動車業界に何が起こっているのか

Bluetoothやカーナビといった、基礎的な先進装備が評価を下げる要因になるケースがあるとすると、気になるのは“本当のハイテク技術”である「自動運転車」時代の乗車体験の変化だ。 J.D. Powerでは、自動運転車時代には、これまで重視された品質に加えて、「トラスト(信頼)」が消費者の新たな基準として重要になると見て …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
吉利、商用ボルボの筆頭株主に 4000億円超出資か

商用のボルボの筆頭株主になることで手薄だった商用分野にも力を入れる。 ABボルボは「ボルボ」や「ルノー」のブランドの商用を手掛けている。商用のボルボは電気自動車(EV)や先進運転支援システムなどの技術を持つことから、今回の出資を契機に吉利やボルボ・カーとEVや自動運転技術の共同開発も進める …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ すべての人へモビリティを、移動の自由を 「Concept‐愛i」「Concept‐愛i RIDE」 東京モーターショー …

岡部氏 このクルマはAIの技術を使った新しい時代の愛車を提案するというコンセプトで造っています。このクルマの特徴は人を理解するという点で、二つのAI技術を使っています。一つは … 実際に、このクルマは2020年に公道での実証実験を予定しており、その際には自動運転の機能も含めてデモすることを想定しています。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
最先端のスマスピに、昭和生まれ疑惑[ITmedia NEWS アンカーデスクマガジン 水曜日版 2017/12/27]

電気自動車に自動走行、コネクテッドカー……。 ミライに向けて走り出したさまざまなクルマ技術を、 ITmedia NEWS編集部が総力を挙げて大特集! 業界の最新動向から取材して分かったコネクテッドカーの「今」まで、週1で記事を更新予定です。 最新記事は、 「舞台はPC・スマホからクルマへ 「自動運転」で半導体 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
トヨタ系、自動運転の人材獲得注力

トヨタ系、自動運転の人材獲得注力. 【共同】トヨタ自動車のグループ企業が、自動運転や電気自動車(EV)開発の要となる人工知能(AI)、IT分野の人材獲得に力を入れている。グループ企業の多くが本社を置く愛知県周辺では十分採用できず、東京に拠点を設ける動きも出ている。 自動車部品最大手のデンソー(愛… 関連国・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
LG、自動運転車のテレマティクスでHereと提携

LG Electronicsと、「Here Maps」を提供するHereが提携した。LGのテレマティクス技術とHereのロケーションサービスを統合して、完全自動運転車用のデータ通信ハブを構築するという。 両社は双方の技術を統合して、自動運転車に搭載されたカメラ、レーダー、LiDARなどのセンサからのデータを、Hereの「HD Live Map」 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「自動運転車の安全な走行を実現する「ダイナミックマップ」生成でKDDI、ゼンリン、富士通が共同で実証実験 ITmedia」など、2017年12月27日     ニュース

ニュース
自動運転車の安全な走行を実現する「ダイナミックマップ」生成でKDDI、ゼンリン、富士通が共同で実証実験

KDDI、ゼンリン、富士通は、2018年1月から、自動運転車の走行に利用する「ダイナミックマップ」を生成するために必須となる大容量データの情報収集と、自動運転へのマップ配信技術の実証実験を開始する。 ダイナミックマップは、自動運転や運転支援システムに必要となる高精度の3次元情報を持つデジタル地図。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「日本の自動運転技術は世界最高になり得るのか」デロイトトーマツ周氏が語る…オートモーティブワールド …

毎年規模を拡大して開催しており、前回は世界中から3万4542名の業界関係者が来場した。「カーエレクトロニクス技術展」「EV・HEV駆動システム技術展」「クルマの軽量化技術展」「コネクティッド・カーEXPO」「自動車部品・加工EXPO」の5テーマに、新たに「自動運転EXPO」を加えた6つの展示会を開催する。また業界の第一 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ZMP、第1回 自動運転EXPOに RoboCar MiniVan など出展へ

技術を活用した製品を自動車メーカ/部品メーカ等へ販売している。これまで実験・開発用車両「RoboCarシリーズ」や、ソニー製高感度CMOSセンサを搭載したステレオビジョン「RoboVisionシリーズ」、カメラやレーザセンサなどから周辺環境を把握し、自位置を推定、ステアリングやアクセル・ブレーキの制御を行う自動運転 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
2017年、小沢が面白かったクルマベスト5

というのも、今年後半は東京モーターショーもあって新作「EV(電気自動車)」「セミ自動運転カー」さらに「スポーツカー」の意欲作を楽しみにしていたのに、実際に出てきたのは日産「リーフ」のみ。北米プレミアムEVブランド、テスラ初のコンパクト「モデル3」は出遅れてるし、面白いセミ自動自動運転技術を搭載した市販は抑えめ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
の操作はジェスチャーで、アルプス電気がCES 2018で公開予定

アルプス電気は12月26日、2018年1月に米国ラスベガスで開催されるCES 2018において、自動運転車向けのジェスチャーによる入力技術を初公開すると発表した。 将来の自動運転車に向けて、アルプス電気が提案するのが、静電方式による入力デバイス。これは、ジェスチャーによる運転席周辺の入力操作を可能にするもの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【インタビュー】インテル 執行役員 オートモーティブ担当 大野誠氏に、Intelの自動車向け半導体ビジネス …

買収総額は約153億ドル(日本円で約1兆7442億円、1ドル=114円換算)と巨額の買収劇となったことでも大きな注目を集めたが、それだけの資金を投じて自動運転のキーコンポーネントとみられているコンピューター・ビジョンの技術を手に入れるというのが、Intelの自動運転実現への本気度を示していると業界では考えられて …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【材料】アートSHDなど自動運転関連が軒並み高、KDDIの3次元マップ提携の動きなど受け物色人気再燃

… エレクトロニクス<6769>、アイサンテクノロジー<4667>など自動運転車関連株が軒並み買われている。年末で中小型株物色の流れが強まるなか、内需の材料テーマ株に個人投資家資金を中心とした物色の矛先が向いており、その流れのなか株価面で休養十分な同セクターにも注目が集まった。自動運転技術を巡る世界の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Uber、失敗に終わった自動車リース事業をFair.comに売却か

The Wall Street Journalによると、提携ディーラーを介して中古を無期限でリースするサービスを展開する新興企業Fair.comが、同事業を買収するという(金額 … Khosrowshahi氏は規制当局、ドライバー、乗客との良好な関係の構築に努めつつ、自動運転技術を盗んだとして提訴されている大きな訴訟問題にも対処している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
交通トラフィックを先読みする

日本でいうところの花火渋滞などに備えて、流入トラフィックを別ルートに誘導することもできる。 自動車をデータ通信のパケットに見立てて、最適なルーティングを行うために、ノードや伝送路の情報を活用するといったところだろう。 将来的には自動運転車が主流になるかもしれないといわれる中、こうした技術は都市と移動手段 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車分野・製薬分野が積極採用しているIT人材とは

自動運転など自動車分野の先進技術に興味があったことが志望動機となったこの男性は、好きなことに加えて、英語に堪能。一方、日本語力は会話レベル。海外の協業パートナー/開発拠点との連携がなければプロジェクトを進められないため英語力が当然求められるが、日本語力は必要ないとして採用担当者が条件を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
人工知能が仕事を奪う」に怯えている人たちが、今絶対にすべきこと

今では農業人口はわずか約3%で、近代化の過程でより「食える」産業の綿花・紡績産業、鉄鋼産業、電子機器産業、自動車産業などなどへと労働者が移動していったことはよく知られています。 ですから、人工知能が行う処理がいかに魔法のように見えても、労働市場で実際に起こることは、これまで何度も起こってきた技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
北京市 ハイテク産業推進ガイドラインを発表

北京市政府は26日、「ハイテク産業推進ガイドライン」を発表しました。このガイドラインは、次世代情報技術、集積回路、先端設備製造、医薬保健、省エネ・環境保全、人工知能(AI)搭載型新エネルギー自動車、新材料、人工知能、ソフトウェア・情報サービス、技術サービス業の10分野に対する指針となり、イノベーションによる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
音声認識技術の中心「サウンドバレー」:安徽省

すでに一般家庭のほか、おもちゃ、自動車、会議記録といった分野での応用が進んでいます。 人工知能と産業との融合・応用は、仕事や日常生活を便利にするだけでなく、効率の向上や、手作業からの解放といった面で、実体経済の発展を促しています。 合肥ハイテク区の責任者によりますと、「サウンドバレー」は1000億元の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
【材料】アートSHDなど自動運転関連が軒並み高、KDDIの3次元マップ提携の動きなど受け物色人気再燃

アートスパークホールディングス<3663>が一時6%高、ゼンリン<9474>も4%近い上昇をみせたほか、モルフォ<3653>、ベリサーブ<3724>、ザインエレクトロニクス<6769>、アイサンテクノロジー<4667>など自動運転車関連株が軒並み買われている。年末で中小型株物色の流れが強まるなか、内需の材料テーマ株に個人 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「渋滞や工事情報も組み込んだ自動運転向け「ダイナミックマップ」–KDDIら3社が実証実験 CNET Japan」など、2017年12月26日     ニュース

ニュース
渋滞や工事情報も組み込んだ自動運転向け「ダイナミックマップ」–KDDIら3社が実証実験

KDDI、ゼンリン、富士通は12月26日、完全自動運転時代の「ダイナミックマップ」生成に必須技術となる大容量データの情報収集と、自動運転車へのマップ配信技術の実証実験を、2018年1月に開始すると発表した。 ダイナミックマップは、自動運転や運転支援システムに必要となる高精度の3次元情報を持つデジタル地図 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
バイドゥ、自動運転技術を盗んだと元幹部を提訴

しかし、自動運転車をどこよりも先に路上で走行させようという競争は熾烈で、中国だけを見ても、バイドゥは滴滴出行(ディディチューシン)などのライバル企業と競争を繰り広げている。(Uberを中国から締め出したことで知られる)ディディチューシンは、「AIに基づくセキュリティとインテリジェントな運転技術」を開発するための研究 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
三菱電機の考える自動運転 準天頂衛星によるセンチメートル級の自位置測定が可能に

三菱電機の予防安全(自動運転)コンセプトは「大切にしたいのは、どんな時でも人を想うこと」。自動運転の機能を実現するだけでなく、クルマとドライバーとの関係性を大事にしたいという思いが見える。これを支える技術コンセプトとして「ドライバーと常に寄り添う」「乗る人すべてに心地よく」「宇宙(そら)からクルマを見守る」の3 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アップルが自動運転技術の「チラ見せ」に追い込まれた理由

アップルの研究者が自動運転自動車用に開発中の機械学習テクノロジーの内容を珍しく少しだけ明らかにした。 12月第2 … 講演内容はアップルが11月にオンラインで公開した論文に関するもので、3次元座標における点群(ポイント・クラウド)情報から歩行者や車両を認識するためにシステムを訓練するというものだ。 ほかに …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマでIntelやQualcommには負けない、ルネサスCEO

まず、我々が車載半導体事業でターゲットにしているのは、メインストリームの量産数が大きいクルマ(以下、量産)ということだ。量産がレベル4とかレベル5と言われている完全自動運転車になるのはかなり先のことで、2030年でもそうはなっていないだろう。1000万円、2000万円もする高級に向けて、自動運転の機能を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転技術搭載!日産エクストレイルが当たる「ザテレビジョン」のお年玉企画

また、日産を象徴する「Vモーション」を拡大採用。ヘッドライトまわり … 装備面では、リアバンパー下に足先を入れて引くだけでバックドアを自動開閉できる、欧州などでも人気の装備「ハンズフリー機能付きリモコンオートバックドア」を採用。 … 先進技術を搭載したエクストレイルをゲットして、2018年を革新的な1年にしよう!
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
燃料電池、2030年には市場が170倍に拡大

ホンダ社長の八郷隆弘氏は「2030年をメドに、車両の販売台数の2/3をHEVやプラグインハイブリッド(PHEV)、電気自動車(EV)、FCVといった電動に置き換えていく」と語っている。その基となるのが、クラリティフューエルセルのPFだ。共通のPFを活用することで、電動の低コスト化や車種展開の加速を狙う(関連記事: …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
大型貨物船の自動運航開発プロジェクト

自動運転技術開発が進んでいるが、実は船でも自動運航を目指す動きが出ている。将来、大型の貨物船を自動で運航させるため、新しい技術を開発するプロジェクトの様子が公開された。 26日に公開されたのは、日本郵船が船舶用の機器メーカーなどと共同で進めている研究プロジェクトで、船の運航の自動化を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アルプス電気「CES 2018」にて自動運転向け入力技術等を紹介

① 車載用静電入力デバイス 未来の自動運転車に向けてアルプス電気が提案するのは、静電方式による入力デバイス。 ジェスチャー/タッチによる運転席周辺の入力操作が可能です。高感度の静電センサと独自アルゴリズム・ASIC設計により、メニュー選択などをタッチパネルに直接触れずに、かつ精度良く入力できるため、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
軽二輪中古販売、2.4%減の1万0254台で3か月ぶりのマイナス 11月

全国軽自動車協会連合会は12月25日、11月の軽二輪車(126~250cc)中古販売台数を発表。前年同月比2.4%減の1万0254台で3か月ぶりの … 減の1825台、スズキは同7.5%減の1595台。輸入などその他は同10.1%減の411台だった。 …. 自動運転実現の一端を担うデンソーテンとは!? センシング技術や情報分析 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動車・輸送機 ニュース

日本電産は2020年までに同社初となる自動車テストコースを国内に新設し、車載部品の開発を加速する。車載事業は20年度に売上高1 … (2017/12/26 05:00). ヴァイナス(大阪市北区、藤川泰彦社長、06・6440・8111)は、人工知能(AI)を活用して車や航空機などに使う流体解析シミュレーションの時間を半減以下にする.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
人工知能の今後の重要キーワードは「相互作用」「理解」「交感」…韓国マーケティング企業が報告

韓国・ヒュンダイ自動車系列のマーケティング企業「INNOCEAN Worldwide(以下、INNOCEAN)」が、「人工知能から感性知能に」というレポートを発表した。分析を担当したのはINNOCEANのビッグデータ分析担当組織「デジタルコマンドセンター」。分析対象は、韓国内のポータルサイト、ブログ、カフェ、SNSコミュニティ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【2017年 産業界10大ニュース】変化の速い「時代」、順応する力重要に

日刊工業新聞社は2017年の10大ニュースを選定した。株価がバブル崩壊後最高値になるなど景気回復基調が鮮明になったことが1位となった。それ以外では人工知能(AI)の普及、電気自動車(EV)へのシフト、働き方改革など社会変革を表すニュースが多かった。一方、素材産業でのデータ改ざんや自動車業界での無資格 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「2018年の日経平均は2万7000円に達する可能性も」大和証券 野間口毅氏

11月上旬から12月下旬の日経平均は2万2000円〜2万3000円のレンジでもみ合う展開が続いた。その直接的な要因は海外投資家の動きが鈍ったことだ。東京証券取引所及び大阪取引所が発表する投資部門別株式売買動向(週間ベース)によると、海外投資家は現物と先物の合計で9月第2週から11月第1週まで日本株を8 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
バイドゥ、自動運転技術を盗んだと元幹部を提訴

バイドゥは、Microsoftをはじめとする50社以上の企業と提携して、2020年までに自動運転車を路上で走行させることを目的とした「Apollo」というプロジェクトに取り組んでいる。同社の最高経営責任者(CEO)を務めるRobin Li氏は、北京の路上で自動運転車を試験したことで罰せられたことを人工知能(AI)に関する自社の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「[FT]自動運転車、雪に挑む 日本経済新聞」など、2017年12月25日     ニュース

ニュース
[FT]自動運転車、雪に挑む

雪と氷が道路を覆い始め、サンタクロースのそりがクリスマスで駆け回るなか、新種の乗り物が雪道での運転を身につけようとしている。自動運転車だ。 北半球のあちこちで冬の初雪がかつてない数の自動運転車に降り積もっているが、開発担当者はほとんどの人間にとっても理解しにくい技術自動運転車に習得させようとして …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転技術をめぐってバイドゥが元幹部を提訴

中国の検索エンジン巨大企業バイドゥ(Baidu)が、無人自動運転車技術を盗んだとして、前上席副社長のジン・ワンを訴えている。ワンはバイドゥの自動運転部門を先導していたが、2017年3月に退職し、ジンチィ(Jingchi:景驰)という自身の無人自動運転会社を立ち上げた。 ジンチィは自律走行の公道での最初の試験 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
パナソニック 自動運転技術開発強化 コネクテッドカー向けセキュリティも注力-デジタルAV技術の活用で

今後は顧客に対しての製法技術の提案や、フィードバックを受け技術開発で返していく」と述べ、開発体制の強化として、OEMと共にデジタル家電技術をコアにして非連続な進化を起こしていくことを目標に掲げた。「コネクティッドカー」「ADAS・自動運転」「電動化」と市場が大きく変化していく中で、同社は車載事業の売り上げ目標 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転はまだ”意地悪”?

技術にしても運用にしても、まだまだ問題は山積みだが、それは法律や社会の準備が整うにつれて解消されそうだ。 自動運転についてはいろいろな話がいろいろなところからきこえてくる。高速道路の運転中に、入り口から流入してくるクルマがいれば、普通は内側の車線によけるなり、それができない場合は少しスピードを落とす …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
歩行者や標識、運転影響をAIで解析 AZAPA

自動車の技術開発を支援するAZAPA(アザパ、名古屋市)は、ドライバーが感じる刺激と運転行動の関係性を解析する計測システムを開発した。カメラや車両などから取得した運転時のデータを人工知能(AI)を使って解析、定量化して示す。人の運転行動を予測しやすくなり、高度運転支援システム(ADAS)や自動運転技術の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
未来のクルマが続々登場!まもなく開催のCES 2018をチェック

まもなくラスベガスで開催されるCES 2018(米国時間2018年1月9日~12日)とともに、自動車の未来がやってくる。例年通り、自動車メーカーや機器サプライヤが最新のイノベーションを披露し、その多くはこれから数年間に量産される自動車に搭載される見通しだ。 自動車分野の次なるイノベーションと目されている自動運転車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
コネクテッドカー時代、自動車メーカーはセキュリティツールの準備を – Palo Alto Networks

このような接続により、で利用できるインフォテイメント機能(「Apple CarPlay」「Android Auto」など)も変わりつつあり、自動運転技術の進化に一役かっている。これらの最新技術を支えるひとつの核がクラウドベースの技術になるが、人命にも関わりかねない自動車。悪用されると恐ろしいことになるのは言うまでもない。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
高速道路の安全性・信頼性の向上を図るための基本方針…新東名はトラック隊列走行のため6車線運用

運転支援に資する新技術の早期実用化、路連携による車両の自動制御など自動運転技術の活用を検討する。 歩行者・自転車の進入対策では誤進入者の行動特性を踏まえた対策を実施する。自動運転の実現に向けた取り組みでは、新東名でのトラック隊列走行を可能とする6車線で運用する。交通安全施設の整備では、新 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アリババグループとBMWがIoTで提携 「自動販売機」も投入へ

BMWはAlibaba CloudのIoTビジネスユニットと協力して、同社の車載用インフォテイメントシステムを中国の生活に向けて導入していく。 「BMWグループは、新しい戦略の中心的な柱の1つとして、伝統的な高級自動車メーカー・サービスプロバイダーからテクノロジーカンパニーへのシフトを目指すべく、自動運転、デジタルへ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NXP SemiconductorsとBaiduが自動運転で提携

「Apollo」はBaiduが2017年4月に発表したオープン自動運転プラットフォームで、自動運転車の主要な特長や機能をサポートする包括的かつセキュアなソリューションだ。 Baiduは「Apollo」を自動運転業界のAndroidだとしており、今回の提携に至ったという。「Apollo」には現在、70以上のグローバル・パートナーが参加している …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動車・輸送機 ニュース

アルパインは2018年度内に車載機器生産の検査工程に人工知能(AI)を導入する。米IBMのAI「ワトソン」を活用した検査 … 横浜ゴムが自動車や工業用のホース、シーリング材など主力のタイヤ以外のゴム製品を取り扱う「MB事業」に力を入れている。2020年に16年比78・4%増の売上高20… 続きを読む · 日本ガイシ、米 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車による食品の移動販売に関する取扱いについて通知されました。(2017.11.6)

食とAI製造編~人工知能導入によるフードディフェンスの未来。食品. AIで変わる食ビジネス: 食とAI製造編~人工知能導入によるフードディフェンスの未来。食品の安心・安全をいかに守るか · ロードサイドは郊外の銀座。一見不利な国道沿いの居酒屋で集客する. 経営者インタビュー: ロードサイドは郊外の銀座。一見不利な …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
アリババグループとBMWがIoTで提携自動販売機」も投入へ

BMWはAlibaba CloudのIoTビジネスユニットと協力して、同社の車載用インフォテイメントシステムを中国の生活に向けて導入していく。 「BMWグループは、新しい戦略の中心的な柱の1つとして、伝統的な高級自動車メーカー・サービスプロバイダーからテクノロジーカンパニーへのシフトを目指すべく、自動運転、デジタルへ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NXP SemiconductorsとBaiduが自動運転提携

「Apollo」はBaiduが2017年4月に発表したオープン自動運転プラットフォームで、自動運転車の主要な特長や機能をサポートする包括的かつセキュアなソリューションだ。 Baiduは「Apollo」を自動運転業界のAndroidだとしており、今回の提携に至ったという。「Apollo」には現在、70以上のグローバル・パートナーが参加している …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「世界のトヨタが「下請け企業」に?『自動車会社が消える日』【書評】 ZUU online」など、2017年12月24日     ニュース

ニュース
世界のトヨタが「下請け企業」に?『自動車会社が消える日』【書評】

自動運転の分野において、日本では「人間が主、機械が従」という固定概念が根強い。 自動運転技術の到達水準によってレベル分けがされているが、日本では「加減速やハンドル・ブレーキ操作を自動化」するレベル2までが、自動運転の限界とされてきた。 なぜなら、レベル3は「一定の条件下であればクルマが自動に運転 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
スキャンダルから技術革新まで。2017年ハイテク業界の10のびっくりニュース

スキャンダルから技術革新まで。2017年ハイテク業界の10のびっくりニュース. はてなブックマーク. 12月24日( … 自動運転車が現実に登場した年だった。2017年以前にもさまざまな関連技術が公開されてきたが、今年はアメリカの主要都市を無人の自動車が本当に走った年だった。むろん脚光を浴びたのはテスラだったが、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
技術は進化し人間は退化する・・・そして未来は?

先端技術の進歩は私たちの生活を便利にした。勝手に掃除機が部屋を掃除し、ついには自動洗濯物畳み機なるものまで出現した。近い将来には完全な自動運転車も登場しそうな勢いだ。人類はあらゆるものを自動化させ、何でもボタン1つでできるような世界を作ったが、人間自体のスキルは上がっているのかというとそうでは …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
世界のトヨタが「下請け企業」に?『自動車会社が消える日』【書評】

クルマに搭載された人工知能に、運転を任せる。そんな自動運転で、事故が起きたらどうする?一般的な日本人だったら、誰もが当たり前のように考える。 しかし、海外の技術者たちは違う。むしろ、人間の方がミスをする可能性が高いのだから、レベル2の方が危険でレベル3はおろか完全自動運転となるレベル4まで一気に技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「自動運転バス 丸の内行く センサーで障害物検知 東京新聞」など、2017年12月23日     ニュース

ニュース
自動運転バス 丸の内行く センサーで障害物検知

運転席はなく、衛星利用測位システム(GPS)で位置を把握し、車両に取り付けたセンサーが周囲の障害物を検知しながら、あらかじめ設定したルートを走行できる。 … 試乗会に合わせたセレモニーで、三菱地所の湯浅哲生・執行役常務は「丸の内には多くの先端技術が集まっており、自動運転車などの技術を後押しできる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
フィンランドの研究車両「Martti」が雪道での完全自動運転に成功!

フィンランド技術研究センター(VTT)は、雪道で完全自動運転を走らせることに成功した。 最高速度は時速40キロ。雪道を自動で走行すること自体も世界初なのだという。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「自ら学ぶコンピューター」時代の不安と期待

自動車の運転からミスを起こしやすい人間という要素を排除することも、機械学習で可能になる大きなメリットだ。リポートによると、自動運転で高速道路を時速65マイル(時速105キロメートル)で飛ばす際の違和感は、しばらくたてば徐々に消えるという。言い換えれば、自動運転車はついに実現しつつある。 バッテリー技術の向上 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ZF、自動運転車の「仮想テストドライブ」を予定…CES 2018の会場で

これにより、CESの来場者が、自動運転車の「仮想テストドライブ」体験を可能にするという。 ドリームカーには、エヌビディア(NVIDIA)と共同開発した中枢スーパーコンピュータ「ZF ProAI」を搭載。ZFとエヌビディアが提携を結んでから、1年で開発された。 ZF ProAIは、センサーなどから得たすべてのデータをリアルタイムに分析・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ウェイモ、自動運転車に保険を適用 来年にはサービス開始へ

アルファベット傘下の自動運転開発会社「ウェイモ(Waymo)」は、2018年中にアリゾナ州フェニックスで自動運転車による配車サービスを開始する予定だ。ユーザーはスマホのアプリ … ウェイモは、自動運転車に対する不安を緩和するため、保険企業と提携して乗客に保険を適用することを明らかにした。同社は12月19日、オン …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「現代自、対話型音声認識 米社と開発 19年新車にAIスピーカー 日本経済新聞」など、2017年12月22日     ニュース

ニュース
現代自、対話型音声認識 米社と開発 19年新車にAIスピーカー

【ソウル=山田健一】韓国・現代自動車は21日、人工知能(AI)を使った対話型の音声認識機能を2019年から新車に搭載すると発表した。三菱自動車もクルマのエアコンなどを操作する技術を18年から導入する。トヨタ自動車を含む自動車各社はネットに常時接続する「つながるクルマ(コネクテッドカー)」の商用化を急いで …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ウェイモ、自動運転車に保険を適用 来年にはサービス開始へ

自動運転技術の商業化を目指すウェイモにとって、今回のTrovとの提携は最新のニュースだ。11月には、米国最大の自動車ディーラー「AutoNation」と車両の保守サービスで提携し、レンタカー大手の「エイビス(Avis)」とも、フェニックス地域における車両の保守・管理でパートナーシップを締結した。また、複数の団体と共同で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
パナソニック、創業100年で“脱家電” 自動車関連に社運 トヨタ、テスラと提携強化

来年3月に創業100周年を迎えるパナソニックは「脱家電」にかじを切り、市場拡大が見込まれる電気自動車(EV)向けなどの車載用電池や自動運転といった自動車関連事業に社運をかけている。2021年度までに関連売上高を現在の約2倍の2兆5000億円に引き上げる方針。中でも世界シェア首位の車載用電池でさらなる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ウェイモ、自動運転車に保険を適用 来年にはサービス開始へ

ウェイモは、グーグルが長年に渡って研究開発を進めてきた自動運転技術を商業化する目的で2016年に設立された。同社は、フェニックスでクライスラーのミニバン「パシフィカ」にセンサーやソフトを搭載して実験を繰り返してきたが、商用の配車サービスを開始することを11月に発表していた。配備される車両の台数や対象と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転の「目」を作るエンジニア社長

今日、ベロダインは高度なライダー機器のトップサプライヤーだ。同社のセンサーは自動運転車の製造や試験を行うほとんどすべての自動車メーカーとIT企業に販売されている。大口の顧客にはGM、フォード、ウーバー、中国の百度(バイドゥ)などが名を連ねる。キャタピラーも巨大な無人の鉱山用トラックにベロダインの技術を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
フィンランドの研究車両「Martti」が雪道での完全自動運転に成功!

フィンランド技術研究センター(VTT)は、雪道で完全自動運転を走らせることに成功した。 最高速度は時速40キロ。 … 運転技術の向上の一環。VTTは今後、レーダーの解像度を高めたりセンサー能力をモニターするソフトウェアの高度化を図ったりしながら、さまざまな環境下で自動運転走行する技術の確立を目指すという。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
オン・セミコンダクター、完全自動運転とコネクトカー向け新技術をCES 2018で公開予定…

これは、の正面、周囲、背面の画像、ドライバー監視など、さまざまな先進運転支援システム (ADAS)アプリケーションに必要な最新のイメージセンサー。同社のイメージセンサーは、解像度、明瞭度、低照度や照度が混在した状態、レベル3以上の自動運転に必要な堅牢性に関して、現在や将来の性能要件を満たしている …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
埼工大が深谷市の公道で自動運転実証実験を開始!私大では唯一のSIP参加

埼工大では、チームを発足し自動運転研究をはじめて3年目になる。まさに「自動運転自動車」は最先端の技術であり、今もっとも注目されている研究の一つ。AIをはじめ、幅広い分野でプロジェクトに関わることができるため興味のある学生も多い。現状では情報処理系の4年生が7人、3年生が5人、博士課程が1人 博士研究員( …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転バスが都心部を初走行

同バスは定員15人で、ハンドル、運転席はなく、あらかじめ設定されたルートを自律走行する。GPS(全地球測位システム)での地図上の位置を、レーザースキャナーで周囲の障害物などを検知する。今回は、高層ビルに囲まれた場所のため、GPSは使用していない。ソフトバンクは、自動運転技術の事業化に向け、様々な …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ダイハツ「DNGAの開発で先進技術の導入加速」東京モーターショー2017

冒頭、奥平総一郎社長は「創業以来、小さなクルマづくりにこだわってきた。今後も軽自動車を核としたダイハツならではのクルマづくりをDNGAで実現していきたい。DNGAの開発にはEVや自動運転などの先進技術も含まれる。例えばダイハツが軽自動やで初めて実現した衝突回避システムであるスマートアシストのように、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
新型「リーフ」はEVではない!?

リーフ」は、自動運転レベル2にあたる高速道路場での同一車線自動運転技術「プロパイロット」に加え、ボタンを押すだけで、ハンドルやシフト操作をすることなく駐車できる「プロパイロット … 「EVは手の届かない未来のクルマではなくて、もう、現実として、みなさんの手の届くクルマなんだということを、表現したんですね。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
パイオニア、世界最大のコンシューマー・エレクトロニクス見本市「CES 2018」に出展

室空間における『総合インフォテインメント』のリーディングカンパニーを目指すPioneer Electronics (USA) Inc.のブースでは、自動運転社会に向けて開発を進めているさまざまな先進技術や、クルマのコネクテッド化を実現する最新のカーエレクトロニクス製品が展示される予定。 【主な出展内容】 1) コンセプト・コックピット( …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ロボットが荷物を配達、実用化向け実証実験

日本郵便は21日、ロボットで荷物を配達する実証実験を福島県南相馬市原町区桜井町の市スポーツセンターで行った。 配送ロボットは、自動運転技術を研究する「ZMP」(東京都文京区)が開発。荷物を入れる箱が両側に計6か所あり、最大で重さ100キロまで運ぶことができる。障害物を感知するレーザーセンサーやカメラ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「【岩貞るみこの人道車医】「安心」揺らいだものづくり、自動運転時代に消費者は レスポンス」など、2017年12月21日     ニュース

ニュース

【岩貞るみこの人道医】「安心」揺らいだものづくり、自動運転時代に消費者は

そして、そろそろ中古市場に被害軽減ブレーキ搭載が出回りはじめている。それでも装着とアピールして売る以上は、機能がちゃんとしているものを売ってくれるはずだ(性善説)。正規ディーラーの認定中古なら間違いない(性善説)。中古販売のみを扱う店だって、プロなんだから完璧な状態で販売しているはずだ( …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

道の駅から往復5キロ 長谷で自動運転車実験

道の駅と美和診療所、長谷総合支所を結ぶ国道152号をメインにした往復5キロのルートで行い、市民ら約100人を乗車モニターとして募集するとした実施計画案を承認。モニターや近隣住民にアンケートを実施して、自動運転の社会受容性を検証する。小型無人機ドローンなど新産業技術を連携させる伊那市の物流の仕組み …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

ついに時代はここまで来た…! 自動運転と人間のカーレース!

アクセル、ブレーキの技術やハンドル操作もかなりのもの。ハイスピードであるにも関わらず事故の気配は全くない。 この動画を見た後なら、自動運転車により安心して乗れそうだ。 自動運転車の未来に期待するのと同時に、今後はどんなジャンルの「ロボット vs 人間」という対決が見られるのか楽しみになる、そんな動画だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

パイオニア、地図で目指す「自動運転銘柄」への道

カーナビ事業の不振で、業績や株価の低迷が長引くパイオニア。だが、ここに来て、地味に続けてきた地図事業がにわかに脚光を浴びている。自動運転にはセンサーと地図の技術融合が欠かせないが、日本の詳細な地図データを提供できるのは、パイオニアのほかはゼンリン(北九州市)に限られる。株式市場では、地図 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

主張自動運転車 初の無人走行試験。実用化に期待

車内に誰も乗っていないが、人間の代わりに機械が運転操作を行う自動運転車を、一般車両が行き来する公道で走らせる。国土交通省と経済 … 実験は、無人の自動運転車が利用者を迎えに行くという想定で実施。約100 … この点が、自動運転車を開発する上で、最も困難な技術的課題であることを指摘しておきたい。 ツイート …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「自動車会社が消える日」はやって来るのか 100年ぶりのパラダイムシフトの中で

自動運転に限らず、EV(電気自動車)でもバーチャル・エンジニアリングを使った技術が重要になります。EVは、部品点数が減ることなどによってハードとしての構造はシンプルになりますが、ソフトウェアは内燃機関(エンジン)のクルマに比べて煩雑になる傾向にあります。開発期間を短縮させるためにもバーチャル・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

AGC 自動運転時代のガラスの新たな役割とは? 東京モーターショー2017

AGC旭硝子は「人とのインタラクティブコミュニケーションにおけるガラスの役割」をテーマに、東京モーターショー2017で展示を行った。メインとなったのは自動車向けの情報ディスプレイ。AGCが考える自動運転時代のクルマのモックアップには実際に乗ることができ、ドライバー目線でAGCの技術を体験することができる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

日産が「車両制御に関する将来の新技術」、CES 2018で初公開予定

日産が「車両制御に関する将来の新技術」、CES 2018で初公開予定 … この新たなテクノロジーについて、現時点で公表されているのは、「車両制御に関する将来の技術」、ということのみ。 日産は「インテリジェント … これは、より多くの自動運転車が早期に公道を走行できるようにするための新しい技術だった。 日産自動車と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「CES 2018」に出展

室空間における『総合インフォテインメント』のリーディングカンパニーを目指す当社のブースでは、自動運転社会に向けて当社が開発を進めているさまざまな先進技術 … 3) 位置情報を用いた価値・サービス構築に関する取り組み 「3D-LiDAR」センサー技術を活用して自動運転用地図の更新・運用を行う“データエコシステム” …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「GTC Japan 2017」NVIDIA CEO、Jensen Huang氏が語る、ビジョンとソリューション

世界最大ロボットメーカー、重工や自動車メーカーの国である日本では課題も多く、その課題を解決するにはAIはもっとも適切な技術であるといい。NVIDIAは日本でAIを展開するため、富士通、ファナック、スーパーコンピューターを開発しているAIST研究所や複数のAIスタートアップとパートナーになった。 特に、自動運転車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース

現代自が対話型音声認識サービス開発 19年の新車に搭載

【ソウル聯合ニュース】韓国の現代自動車グループは21日、人工知能(AI)を用いた対話型音声認識アシスタントサービスを米サウンドハウンドと共同開発したと発表した。2019年発売の新車に初搭載する。 同サービスはサウンドハウンドの対話型AIプラットフォーム「Houndify」を基盤に作動する。声だけでエアコンや …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「アウディが先陣、自動運転車が「レベル3」になると何ができる? 投信1」など、2017年12月20日     ニュース

ニュース
アウディが先陣、自動運転車が「レベル3」になると何ができる?

また、の長距離運転には“疲れ”がつきものです。また、運転者は運転に集中しなくてはならず、スマホなどを見ることはできません。このことが自動車で移動することの大きなハードルとなっているのではないでしょうか。 そこで期待されるのが、今、話題となっている「自動運転技術」です。ただし、スマホを見ながら移動するため …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
平昌五輪に合わせ自動運転のFCV披露 高速道路走行=現代自

これらのは、米自動車技術者協会(SAE)が定める自動運転技術区分で最上位のレベル5に次ぐレベル4を満たしている。レベル4は限定条件の下でドライバーが運転に関与せず、システムがの速度と方向をコントロールする段階で、ドライバーが必要ない無人自動車を意味するレベル5とともに完全自動運転に分類され …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
オートリブの最新自動運転車、ディープラーニングで乗員を理解…CES 2018で公開予定

スウェーデンに本拠を置き、自動運転技術などを手がけるオートリブ社は12月19日、米国ラスベガスで2018年1月に開催されるCES 2018において、最新の自動運転車の研究開発車両「LIV 2.0」を初 … 具体的には、車両の頭脳が、ドライバーや乗員の声や手の動きを追跡することにより、ドライバーや乗員の気持ちを理解。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
無人の電動カートがお迎え…公道で自動走行実験

国立研究開発法人「産業技術総合研究所(産総研)」(東京都)が手掛ける実験で、県内外で実験を重ね、2020年の実用化を目指す。愛知県や東京都では14日、公道での自動運転システムの実証実験が行われたが、人が全く乗っていないが公道を通って利用者を迎えに行くのは、輪島での実験が国内初めてという。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
『ニッサン・エクストレイル』特別仕様運転支援システムを標準化。価格は280万円から

エクストレイル』は、発売以来、高い走行性能を兼ね備えた本格SUVとして、お客さまから好評を得ています。また、本年搭載した、高速道路同一車線自動運転技術の“プロパイロット”は、幅広いお客さまにご愛用いただいています。 今回発売する特別仕様“20Xi”、“20Xi HYBRID”は、ガソリンの“20X”、およびハイブリッド …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NVIDIAがAIで目指す未来の姿 – GTC Japan 2017基調講演レポート

12月12日と13日の2日間にわたって、NVIDIAが技術者向けイベント「GTC Japan 2017」を開催した。 … AIは、自動運転車や産業・福祉ロボットのような未来を実現する技術だ。AIが活用される … 自動運転車はソフトウェアによって定義され、NVIDIAでは「NVIDIA DRIVE」と呼ばれる自動運転アーキテクチャを開発している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ボルボの自動運転実証実験「Drive Meプロジェクト」、予想以上に問題解決に時間が掛かっているため4年 …

ボルボの自動運転車の実証実験計画「Drive Meプロジェクト」が足踏み状態となっている。同社は、100台の自動運転車をスウェーデンで展開するというこの計画を4年先送りするとし、技術がまだ万全でないことを認めた。ボルボによれば今後4年間で、ドライバーのいないクルマに搭載された自動運転テクノロジーと人々がどう …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
韓国、すぐ金になる技術ばかり好む…長期投資に出なければ

自動運転車のカメラとレーダー、ライダセンサーは運転者の知覚能力に代わる核心部品だ。それだけ重要だが韓国の技術が最も遅れている分野だ。人の目のように周辺環境を把握する前後方カメラセンサーはイスラエルのモービルアイの製品を装着した。ゼロシャトルの4つの角に取り付けられた触覚形の装置には光で距離を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
未来を先取り!? 夢のコンセプトカーが集結!

会場には、近未来を予見するかのようなコンセプトカーが続々登場。トヨタからは“未来の愛車”を目指し提案する「TOYOTA Concept-愛i(コンセプト・アイ)」シリーズの最新モデルが登場。ドライバーの感情認識や嗜好推定を行う技術自動運転技術を組み合わせ、ユーザーの安心・安全と気持ちを先回りした提案が行えるように。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米運送大手UPS、Tesla発表の電動トラック125台を予約

トラックはTeslaの発表していた「Tesla Semi」で、完全な電気自動車ゆえの機能性や同社の得意とする自動運転技術などが費用とCO2排出量の削減につながることが期待される。 Teslaによれば、カーゴなしのSemiは停止状態からわずか5秒で約100km/hに到達するほどのトルクをもち、通常のディーゼルエンジンの15秒 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ウェブ
伊マニエッティ、将来の自動運転向け技術をCES 2018で初公開予定

イタリアの自動車部品大手、マニエッティマレリは12月19日、米国ラスベガスで2018年1月に開催されるCES 2018において、将来の自動運転向け技術を初公開すると発表した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
Waymo、自動運転車の乗客に保険を適用へ–オンデマンド保険のTrovと提携

Waymoは米国時間12月19日、同社が開発している自動運転のミニバン「Chrysler Pacifica Hybrid」の乗客に保険をかけるため、オンデマンド保険の新興企業であるTrovと提携すると発表した。Trovは設立からわずか5年ほどだが、今後は同社がWaymoの自動運転車の乗客に保険を提供する。保険の対象としては遺失物や、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「「レベル8」の自動運転車はトランスフォーム…2060年のモビリティ レスポンス」など、2017年12月19日     ニュース

ニュース
「レベル8」の自動運転車はトランスフォーム…2060年のモビリティ

コンペの参加者は、2060年のロサンゼルス市がレベル5以上の完全自動運転車を導入したと想定し、車両やインフラストラクチャーが、どのように変化すべきかを提案する。 2017デザイン&デベロッパー … 現在、米国のSAE(自動車技術者協会)が定めている自動運転のレベルは、0~5まで。最高のレベル5が完全自動運転車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「ホンダの自動運転はパーソナルカー」安井裕司氏…GTC 2017

半導体メーカーのNVIDIAが12月12~13日に開催した技術イベント「GTC Japan 2017」において、ホンダの自動運転AI開発をリードする本田技術研究所 四 … 走行する公共交通としての自動運転車と、パーソナルカーとして、オーナーが行きたいところに、高精度地図データがない場所であっても移動するために使う自動運転車
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
韓国政府「2020年までに自動運転車の高速道路運行を可能に」規制見直す

政府はまた、2020年まで高速道路で自動運転車が運行できるよう関連規制を改正すると共に、自動運転車に搭載される9大主要部品と技術の開発に向けて、2021年まで1445億ウォン(約145億円)を投資する。2022年まで電気自動車を35万台に増やす計画も立てた。 産業部は政策推進の背景と関連し、「産業競争力が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転開発で重要なのはチップスペックではない」NVIDIAグプタ氏…GTC 2017

半導体メーカーのNVIDIAが12月12~13日に開催した技術イベント「GTC Japan 2017」において、NVIDIA Global Head – Solutions Architecture & Engineering, … 自動運転車は産業グレードのディープラーニングの活用例となる。それを … 自動運転車にディープラーニングを利用する際に考慮すべき点は、第一に安全性。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AI半導体「エヌビディア」は何がスゴいのか

エヌビディアのAIコンピューターを搭載した、自動運転車のプロトタイプ。 … 12月中旬、4000人を超える技術者たちが東京・お台場のホテルに詰めかけた。 … トヨタ以外にも、エヌビディアは米EVメーカーのテスラ、独高級大手のアウディとも次々に協業を進め、ハンドルがいらない「レベル5」の完全自動運転に対応するAI搭載 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
素材大手、次世代に投資

素材大手が次世代自動車向け材料の増産に乗り出す。つながる「コネクテッドカー」に不可欠なガラス材料について、積水化学工業は200億円を投じオランダ工場に生産ラインを増設し、クラレも韓国で18年から増産する。日本の素材大手は「CASE」と呼ばれる次世代カーの先端分野に積極投資し、基幹技術を握るとともに …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産 エクストレイル、プロパイロット標準装備の特別仕様を発売

特別仕様は上級グレード「20X」および「20Xハイブリッド」(ともに2列シート)をベースに、自動運転技術「プロパイロット」や、「インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)」、「RCTA(後退時車両検知警報)」、「ハイビームアシスト」、「インテリジェント アラウンドビューモニター」、「インテリジェント ルームミラー」などの運転 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
BMW、GMなどスタートアップや技術者採用・投資に熱心な5社の「AutoTech投資戦略」

自動運転技術」や「先進運転支援システム(ADAS)」に代表されるAutoTechとは、自動車運転の安全性や走行性の向上を目指す先端技術を指す。 …. メーカーとは対照的に、BMWは組織内にAV部門を開設し、インテル(Intel)やモービルアイ(Mobileye)といった大手テクノロジー企業と提携関係を結び、完全自動運転車の共同 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【絶賛発売中!】2018年版『間違いだらけのクルマ選び』

新型リーフ、テスラ・モデル3、VW e-ゴルフなどEVが続々登場、欧州ではエンジン規制まで話が進み、国産メーカーは遅れが指摘されるが……、それは本当なのか? 一方で、長足の進歩を遂げた自動運転技術を搭載の、レクサスLSやそのライバルが一斉登場。EVも自動運転も未来の話ではなく、いよいよ私たちの今日の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
モバイル技術を活用し、IoT時代を牽引 – クアルコムのIoT事業戦略

このような状況を背景に、12月15日に行われたクアルコムのIoT事業戦略会において、同社のシニアバイスプレジデントであるRaji Talluri(ラジ・タルーリ)氏は、「モバイル分野で培った技術が活きている」と同社製品の優位性を語った。 「例えば、自動運転の分野において、が得た情報を瞬時に処理し、ドライバーを適切に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
HV王者のトヨタがEVにアクセル踏み込む理由

トヨタ自動車が2017年の東京モーターショーに出品した「コンセプトアイ」の2車種。人工知能(AI)を搭載した電気自動車(EV)だ。今後はEVを含む電動車の … HV(ハイブリッド車)で圧倒的な世界シェアを誇るトヨタ自動車も、急速に進むEV(電気自動車)シフトには焦りと危機感を隠せなかった。 トヨタは12月18日、2025年頃 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日本最大のAI・人工知能の専門展!4月、ビッグサイトにて開催

リード エグジビション ジャパン(株)は、2018年4月4日(水)~6日(金)までの3日間、東京ビッグサイトにて「第2回 AI・人工知能EXPO」を開催する。 … 製造、IT、自動車・運輸、教育、メディア、広告など来場者の業種は幅広く、また会場で熱心に商談をする様子から「AI」は各業界が注目し、導入を進めていることがはっきりした。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
AI半導体「エヌビディア」は何がスゴいのか

たとえばトヨタは、自動運転車の頭脳にエヌビディアのスーパーコンピュータ「ドライブPX」を採用。実際にどの車種にいつ頃搭載されるのかは明らかでないが、自動運転に欠かせないといわれるAIの部分で、共同開発を進めている。 トヨタ以外にも、エヌビディアは米EVメーカーのテスラ、独高級大手のアウディとも次々に協業を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
BMW、GMなどスタートアップや技術者採用・投資に熱心な5社の「AutoTech投資戦略」

自動運転技術」や「先進運転支援システム(ADAS)」に代表されるAutoTechとは、自動車運転の安全性や走行性の向上を目指す先端技術を指す。 …. メーカーとは対照的に、BMWは組織内にAV部門を開設し、インテル(Intel)やモービルアイ(Mobileye)といった大手テクノロジー企業と提携関係を結び、完全自動運転車の共同 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「増える高齢ドライバー事故 「自動運転で減らす」 国交省の見解 (1/2) ITmedia」など、2017年12月18日     ニュース

ニュース
増える高齢ドライバー事故 「自動運転で減らす」 国交省の見解 (1/2)

高齢者がクルマを買う際は家族の意向が重要になるため、家族を含めて自動運転技術を体験できる試乗会なども開催されているという。 自動運転 今年の「東京モーターショー」で展示されたAI(人工知能)搭載のコンセプトカー「TOYOTA Concept-愛i」の小型モビリティ。各メーカーが自動運転に力を入れている. クルマメーカー …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
BMWが新テストコース建設へ、自動運転や電動車両の開発を強化

新たなテストコースは、自動運転や電動車両、デジタル関連の技術の開発を強化する目的で建設されるもの。BMWグループのドイツ国内のテストコース … チェコ共和国に建設される新テストコースは、BMWグループの開発の中核拠点、ドイツ・ミュンヘンから、で2時間30分の立地条件。およそ500ヘクタールの広大な敷地を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
フィンランド製の自動運転車が雪道を悠然とドライブ

カリフォルニアの滑らかで温かな舗装道路を誇らしげに走ることが自動運転の1つの形態ならば、北フィンランドの凍てついた雪の中を走ることもまた、全く違う形態の1つだ。フィンランド … ここでのポイントは、雪の天候のための完璧な消費者向け自動車を作ることではなく、それに関連した固有の技術的問題に取り組むことだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
電動化と知能化がもたらす「愛着2.0」の時代を、新型「日産リーフ」に見た

高速道路の同一車線における自動運転技術「プロパイロット」も同様だ。実際に高速道路を走らせてみると、巡航走行時には先行との距離を一定に保ち、緩やかなカーヴでは自動でステアリング操作までしてくれる。そして渋滞では、アクセルペダルとブレーキペダルの踏み替えを繰り返すストレスが、相当に軽減されることが …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
深層断面/「自動運転」すぐそこに…公道実証、全国で続々

人が運転に関与しない完全自動運転車を見据えた公道での実証実験が、全国で相次ぎ実施されている。14日には愛知県と東京都で運転席に人のいない「遠隔型」の車両の公道実験が始まった。18日には石川県で、全国初の車両内無人の自動運転車の公道実験が行われる。自動運転技術的には実用化水準に達しつつ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、25年に全モデルに電動 電池に1.5兆円

トヨタはこれまでEVの販売目標などを公にしてこなかった。「優遇策なしで売れるEVやFCVをつくるのは難しい」(トヨタ幹部)との危機感があり、他社との連携なしには実現が難しいと判断した。 自動運転などの次世代技術では米グーグルなどIT(情報技術)大手など異業種との開発競争が本格化する。トヨタは仲間作りを進め …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
西村直人の「トヨタ 電動化技術説明会」レポート

CASEとは、Connected(ネット社会とつながる)/Autonomous(自律自動運転技術)/Shared(共有化)/Electric(電動化)の4つの柱を表した言葉で、このうち「E」の … となり、本田技研工業もFCV(燃料電池)である「クラリティ フューエル セル」をベースにしたEVやPHV(プラグインハイブリッドカー)を日本でも発売するとした。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ものづくり大会全国3位 八女工高初の快挙達成 電気科・堤さん 自動車科・当麻さん [福岡県]

今年は11月18、19日、広島、岡山両県であり、各部門とも全国9ブロックの地区予選を勝ち抜いた9人と開催地選抜1人の計10人が出場し、日頃学んだ技術を競った。 … 就職先は大手自動車メーカーで「乗る人が安心安全なと、人工知能(AI)や自動運転の時代になっても乗っていて楽しいを開発したい」と夢を語った。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
人工知能をもつドラレコの可能性とは…Nauto Japan 井田哲郎 代表【インタビュー】

自動運転の実現に向けたAI技術を読み解くため、業界のキーパーソンに各社の取り組みについて話を聞いた。第3回目となる今回は、Nauto Japan … に活かされています。データを集めるためには、新車だけではなく、既存のにも載せられるデバイスである点が、スピード感とデータ量という意味では重要だと思っています。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トピックス ニュース

人が運転に関与しない完全自動運転車を見据えた公道での実証実験が、全国で相次ぎ実施されている。14日には愛知県と東京都で運転席に人のいない「遠隔型」の車両の公道実験が始まった。18日には石川県で、全国初の車両内無人の自動運転車の公道実験が行われる。自動運転技術的には実用化水準に達.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
人工知能をもつドラレコの可能性とは…Nauto Japan 井田哲郎 代表【インタビュー】

我々の作っているリスク検出用のアルゴリズムと、あとはデバイスが集めるデータという2点が、自動車メーカーに大きな興味を持っていただいているところだと思います。 —:ドライバー … 一部、ルールベースの人工知能を使ってる会社はありますが、当社のようにニューラルネットワークをエッジで回してるという例は無いですね。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ものづくり大会全国3位 八女工高初の快挙達成 電気科・堤さん 自動車科・当麻さん [福岡県]

自動車整備部門は3級自動車整備士に必要な学科のほか、測定器作業、エンジン故障箇所の診断など四つの課題で実施。幼い頃から車が好きだったという当麻さんは「3年間、自動車科の仲間と学んだことが大会に生かせた」と振り返る。就職先は大手自動車メーカーで「乗る人が安心安全な車と、人工知能(AI)や自動運転の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「自動運転、人材確保レース AIの社内蓄積乏しく 日本経済新聞」など、2017年12月17日     ニュース

ニュース

自動運転、人材確保レース AIの社内蓄積乏しく

実用化が近づく自動運転(Autonomous)の。画像などクルマ周辺の膨大な情報を取り込んで処理をする人工知能(AI)や半導体の技術が不可欠だ。自動車各社はスタートアップ企業などとの連携で技術の取り込みを図る一方、自前の人材確保も急ぐ。旧来の組織や産業構造を抱えたままでは人材確保はままならない。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

進歩を遂げる「無人自動運転」、開発の最前線に密着

社会が劇的に変わりそうです。運転席に人がいない無人運転のを、一般車両が行き交う「公道」で走らせる国内初の実験が、愛知県と東京都で行われました。急速な進歩を遂げる「自動運転」の技術。開発の最前線に密着しました。 誰もいない運転席でくるくると回るハンドル。アクセルもブレーキも自動制御。愛知県幸田町 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

EV向け「ワイヤレス充電」実用化の動き広がる

電気自動車を充電する際も、充電器を備えた高速道路のサービスエリアなどに立ち寄るか、自宅に戻って、そのつど、に積んであるケーブルを取り出し、車体と … ワイヤレス充電」はこうした手間を省くものですが、自動車業界では開発が進む「自動運転」の技術も活用して、さらにユーザーの利便性を向上させようという構想も …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

自動運転車に対する見方、中国人は米国人より楽観的―米メディア

自動運転車が交通渋滞の問題を緩和できるかについては、議論が絶えることはない。例えば、自動運転車は交通事故による交通渋滞を軽減することができるという見方がある。自動運転車には先進的なセンサーと車両間の通信技術が採用されており、人による運転よりも移動がスムーズになることが期待できるのだ。その一方 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

クルマのインターネット常時接続とITSはなんのために必要なのか?—-自動運転実現のために

2020年に向けて、世界の主要な自動車メーカーは自動運転化の技術を競っている。もちろん自動車メーカーは正確に言えば、完全な無人の自動運転を目指すGoogle派ではなく、ADAS(高度運転支援システム:レベル3)を目指しており、高速道路などでドライバーの監視なしで走行できることが目標とされている。*2016年10月 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

AIがもたらす近未来

コンピューターが「目」を持つことで大量の画像を認識し、ディープラーニング(深層学習)という技術で自ら学習し自ら判断する能力を獲得したという。 ただ、現時点でのAIは囲碁や将棋といった個別の分野向けの「特化型」とされる。県内でも実証実験が行われるなど話題の自動運転車もその一つだ。 だが、自動運転技術の確立 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

英国でテクノロジーパークを運営するHORIBA…全長100kmのテストコース

編集部にメッセージを送る. 英国中部ミッドランド地域は自動車関連企業が多く集まる自動車開発における最先端技術の集積エリアだ。HORIBA(堀場製作所)はそこで自動車関連の … 計測技術を統合し、新たな製品・サービスの拡充を進めていく。特に自動運転や電気自動車など次世代モビリティ分野に力を入れていく計画だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース

自動運転、人材確保レース AIの社内蓄積乏しく

実用化が近づく自動運転(Autonomous)の車。画像などクルマ周辺の膨大な情報を取り込んで処理をする人工知能(AI)や半導体の技術が不可欠だ。自動車各社はスタートアップ企業などとの連携で技術の取り込みを図る一方、自前の人材確保も急ぐ。旧来の組織や産業構造を抱えたままでは人材確保はままならない。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「自動運転 感じる未来(福岡モーターショー2017) 日本経済新聞」など、2017年12月16日     ニュース

ニュース
自動運転 感じる未来(福岡モーターショー2017)

国内外のメーカーが最新技術を使った自動車などを披露する「福岡モーターショー2017」が15日、福岡市内で開幕した。2007年の初回からほぼ隔年で開催しており、今回は6回目。出展車両は二輪車を含めて204台。コンセプトカーや最新モデルだけでなく、地元大学が開発する電動車いすの自動運転システムなども登場した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米デザインスタジオが考案した「自律走行スクールバス」が描き出す、新しい通学の姿

いいニュースは、ハンナは人間ではなく自動運転のスクールバスなので、ベビーシッター代を払う必要がないこと。悪いニュースは、ロボットであるハンナがクルマの間を縫ってわが子を安全に送り届ける責任を負うことだ。 自律走行スクールバスが時期尚早なアイデアだと感じられるなら、それは自動運転技術がまだ公共の場で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
増えるEV、各社が競う

15日に福岡市で「福岡モーターショー2017」が開幕した。前回は出展を見送った三菱自動車や電気自動車(EV)ベンチャーの米テスラも参加し、会場には次世代として各社が思い描くEVや自動運転技術を搭載したコンセプトカーのほか、最新モデルの市販などが登場。来場者は自動車の未来を体感した。 自動車業界は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
三つ巴の携帯キャリアに、第4勢力参入[ITmedia NEWS アンカーデスクマガジン 金曜日版 2017/12/15]

無人運転」実現に向け、各社が一歩を踏み出し始めました。自動運転技術ベンチャーのZMP(東京都文京区)は12月14日、都内の公道で初めて運転席に人がいない自動運転を走らせる実証実験をスタート。2020年に完全無人タクシーを商用化する考えです。 ◇20年に「無人タクシー」実現へ 都内公道で自動運転の実証 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
トヨタ走ればデータ湧く つながる車へ全方位提携

トヨタはまず2018年春から画像を人工知能(AI)で解析し、車線別の渋滞状況を試験提供する。さらにタクシー … その新型車には豊田章男社長も「トヨタ自動車の未来の武器になる」と期待する。 多くの産業で … PwCストラテジー&によると、15年に自動車産業で生み出された利益の41%は自動車販売によるもの。だが30年に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
2年ぶり福岡モーターショー、最新技術を展示

九州最大の自動車展示会「福岡モーターショー2017」が15日、2年ぶりに福岡市で開幕した。18日まで。トヨタ自動車をはじめ国内外のメーカーが参加し、人工知能(AI)といった最新技術を搭載した試作車のほか、新型車やバイクを含めて計200台以上を出展した。実際に乗り込むことができる車もある。 国内の四輪車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
トヨタ走ればデータ湧く つながるへ全方位提携

自動車産業が未曽有の大転換時代に突入した。「C=コネクテッド(つながる)」「A=オートノマス(自動運転)」「S=シェアリング」「E=エレクトリック(電動化)」という4つの変革は、の使われ方や造り方を大きく変え、完成や部品メーカーに事業モデルの変革を迫る。その一方で産業ピラミッドの外にいた企業には新たな市場 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「[FT]中国、スパイ活動警戒で外国製自動運転車を規制へ 日本経済新聞」など、2017年12月15日     ニュース

ニュース
[FT]中国、スパイ活動警戒で外国製自動運転車を規制へ

外国製の自動運転車はスパイ活動に利用される恐れがあるとの懸念から、世界最大の自動車市場である中国の規制当局が純国産技術を優先する可能性が浮上している。 外国の自動車メーカーは、中国での自動運転技術の推進に制限を受けているという。中国政府は国家安全保障上の問題を理由に、高解像度カメラや全 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転の歴史は、砂漠でのレースから始まった 国防総省のチャレンジから興った新産業の舞台裏

彼らは2007年11月3日、ロサンゼルス郊外の閉鎖された空軍基地で、動き回るロボットたちをじっと見ていた。ロボットは交差点を行き交い、の走る間に入り込み、駐車スペースを見つけたりしていた。これらのロボットたちは、米国防総省傘下の国防高等研究計画局(DARPA)の主催する自律走行レース「アーバンチャレンジ」 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
国交省と経産省が“国内初”、車両内無人で公道を自動走行

開発車両は、自動運転レベル4相当の機能を持つ。今回の走行試験では運転者が遠隔で車両を監視して、危険と判断した場合には車両を止める。車両運転に係る義務は遠隔操作者にあるため、自動運転レベル2に該当する。国土交通省自動車局技術政策課の担当者によれば「保安要員が電動自転車などで車両を追いかけて …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
次世代ずらり、未来変える? 福岡モーターショー開幕

今回のテーマは「クルマと変えよう暮らしの未来」で、電気自動車(EV)や水素で走る燃料電池(FCV)、人工知能(AI)を活用した自動運転の試作が並んだ。 福岡市博多区の自動車整備士の津曲(つまがり)龍さん(36)は息子の将英君(5)と初めて訪れた。「EVや自動運転など最新の技術をみたいと思ってきました」。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルネサス 自動運転のセンサー、仏社と開発へ

ライダーはレーザー光を用いての周辺を広範囲にセンシングする技術。目に見えないレーザー光を放射状に発光させて反射光などを測定し、遠距離にある障害物までの距離を測定する。や歩行者のほか、障害物の性質も把握できる。 ルネサスは「R―Car(アールカー)」ブランドで周辺認知から判断、駆動という自動運転に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【可愛い】ハンドルもアクセルもない自動運転AIモビリティ「Milee(マイリー)」の展示を見に行ってきた

会場にはNVIDIAが開発中の自動運転車「BB8」も展示。迫力満点。しかし、写真のように人気は可愛い「Milee」に集中していた. 可愛い外観は、株式会社カブクとの連携で実現した。カブクは全世界に300以上構築している工場ネットワークを活用し、産業用3Dプリントや切削、射出成形など多種多様な工法や素材を組み合わせ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
オムロン子会社、顔認識技術運転者の状態を監視

危険な運転が検出されると、センターから事業者の管理者向けに自動的にメールで通知する機能も備える。また、事業者はセンターに集めたデータを分析して、危険な運転が多い従業員に対して安全運転の指導ができる。車両には内外を撮影するドライブレコーダーも設置してあるため、必要に応じて危険運転時の映像を確認 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマが売れない時代のビジネス基盤 トヨタのコネクテッドカー戦略

一方、外の世界とつながるコネクテッドカーは、継続的なサービスや周辺事業の可能性を広げ、将来の自動運転技術などのベースにもなる。山本氏は、「パワートレインはEV(Electric Vehicle)やFCV(Fuel Cell Vehicle)に変わり、自動運転も導入されるが、基盤になるのはコネクテッド技術自動運転クルマが自律化しても …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【材料】パイオニアは3日ぶり反発、米エヌビディアと自動運転車開発プラットフォームへの対応で協業へ

【材料】パイオニアは3日ぶり反発、米エヌビディアと自動運転車開発プラットフォームへの対応で協業へ … 改めて自動運転関連として関心が高まっているようだ。 … 軽量・低コストな3D-LiDARの開発を進めており、今年9月から国内外の自動車メーカーやICT(情報通信技術)関連企業などにサンプル供給を開始している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
検索の百度、自動運転技術の開発にアクセル

インターネット検索中国最大手の百度(バイドゥ)が自動運転技術の開発を加速する。国家プロジェクトの認定をこのほど取得し、提携する国内自動車大手と組んで2018年に商用で実証試験し、19年からは乗用車にも広げる。ネット銀行、人工知能(AI)スピーカーにも参入するなど多角化を進めて検索依存から脱却し、騰訊 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
福岡でモーターショー開幕 2年ぶり、AI搭載EV試作車など新技術展示 ルノー、ボルボも

九州最大の自動車展示会「福岡モーターショー2017」が15日、2年ぶりに福岡市で開幕した。18日まで。トヨタ自動車をはじめとした国内外のメーカーが参加し、人工知能(AI)といった最新技術を搭載した試作車のほか、新型車やバイクを含めて計200台以上を出展。試作車の一部は実際に乗り込むことができるなど、来場者 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
サムスン電子、米向けOS開発社と提携

サムスン電子は、米国の向けOS(基本ソフト)開発会社のレノボ(Renovo、中国のIT業者レノボとは別会社)と提携し、自動運転車の開発を加速させる。 米シリコンバレーに本拠を置くサムスン電子戦略革新センター(SSIC)が、レノボが開発したOS「AWare」を… 関連国・地域: 韓国/米国. 関連業種: 自動車・二輪車/IT・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【報ステ】『AIの目』…自動運転のカギ握る半導体

東京都内で14日、自動運転の実証実験が行われた。公道を無人の … 自動運転のカギを握るのは、大量の画像データを高速で処理できる半導体で、『AIの目』とも言われている。AIがや … トヨタやアウディなど自動車メーカーが相次いでエヌビディアとの提携に踏み切り、その時価総額は12兆円を超えている。ジェンスン・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
検索の百度、自動運転技術の開発にアクセル

インターネット検索中国最大手の百度(バイドゥ)が自動運転技術の開発を加速する。国家プロジェクトの認定をこのほど取得し、提携する国内自動車大手と組んで2018年に商用で実証試験し、19年からは乗用車にも広げる。ネット銀行、人工知能(AI)スピーカーにも参入するなど多角化を進めて検索依存から脱却し、騰訊 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「なぜアップルは秘密裏に開発していた「自動運転技術」を公開し始めたのか? WIRED.jp」など、2017年12月13日     ニュース

ニュース
なぜアップルは秘密裏に開発していた「自動運転技術」を公開し始めたのか?

サラクディノフの話からは、アップルが自動運転技術の開発に密かに注力している様子が垣間見えた。実際にアップルは、カリフォルニア州車両管理局(DMV)から今年4月、自律走行の試験を行う許可を得ており、CEOのティム・クックは6月に同社がこの技術に興味をもっていることを明らかにしていた。 アップルの自動車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【池原照雄の単眼複眼】トヨタ、2018年初めから第2世代安全技術展開…出遅れた車線維持アシストも

こうした予防安全技術の充実とともに、自動運転の要素技術である走行車線を維持するための自動操舵技術「レーントレーシングアシスト(LTA)」も新世代版の目玉となる。前方車両を追従するクルーズコントロール使用時に作動するもので、国内業界ではSUBARU(スバル)の「アイサイト」が先陣を切って14年に実用化、その後 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
LAオートショー2017リポート アメリカ

キャデラックがかねてより宣言していた自動運転技術のスーパークルーズが展示されていた。世界初の量産型ハンズフリー自動運転車で2018年に市販されるCT6に搭載される予定だ。自動運転モードが実行できるのはフリーウェイのみだが、各国がしのぎを削る自動運転技術でGMがその存在感をアピールした格好だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車分野の究極目的「完全自律走行」の実現に必要な技術とは?

ADASから高度ADAS、そして完全自動運転車までの道程には、インテリジェントで安全かつ堅牢なシリコン・ソリューションが必要なことは明らかです。 世界は多くの分野で間違いなく変化を続けており、そのほとんどが技術進歩によるものです。ほとんどすべての議論が完全自動車両や無人車両に関するものに集中している …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車はソフトウェアが定義する」NVIDIA ファンCEO…GTCジャパン基調講演

半導体メーカーのNVIDIAは、12月12~13日の2日間、技術イベント「GTC Japan 2017」を開催した。これに合わせて、同社CEOのジェンスン・ファン氏が来日し、13日に基調講演を行った。ファン氏はまず冒頭のあいさつで、会場の笑いを誘った。「日本に来るのが大好きだ。グレイトな人々、食事、文化…そしてラーメン(笑)。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
国内初、一般公道で「無人自動走行」実証評価 国交省らが実施 石川県で

経済産業省と国土交通省は12月13日、石川県輪島市の一般公道で国内初の車両内無人による自動走行の実証評価を18日に開始すると発表した。実証に用いる車両は、産業総合研究所に委託して開発した自動運転レベル4相当の技術を搭載した車両。遠隔にいる運転者の監視・操作の下で実施する。 国土交通省北陸信越 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
“半導体”最新技術の展示会、都内で始まる

人々の生活がより豊かになるような世界に半導体の用途がどんどん広がっていく」(東京エレクトロン コーポレート技術マーケティング部 山口忠之 部長). ドローン技術のほか、自動運転などさまざまな分野で半導体の需要は高まっていて、市場規模は昨年より36%も増加しています。この展示会は今月15日まで開かれます …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
カーシェア参入 新技術体感、顧客開拓狙う

来年1月15日から東京、神奈川、静岡、大阪、兵庫、滋賀、京都、和歌山、奈良の9都府県の日産販売店や日産レンタカー店舗などに約30カ所の拠点を構え、新型電気自動車「リーフ」か小型車「ノートe-POWER」を配備する。会員登録したメンバーの間で1台のを共有し、利用する。ショートタイム(15分200円)のほか、6 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アズジェント、自動車用認証ソリューション「SafeCAN」提供開始

現在、自動車メーカーをはじめとする多くの企業が自動運転車の開発に取り組んでいます。 … 自動車メーカーは、物理ハッキングだけでなく、クラウド-車両間のセキュアな通信を利用するためのOTA技術が使われることをセキュリティ上懸念していますが、彼らのセキュリティ対策はクラウド-ゲートウェイ間で終わってしまってい …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
走行位置のポジショニングも可能。研究中のレベル2自動運転を披露したZFジャパン

clicccar.com(クリッカー)
11月初旬に開催されたZFの新技術発表イベント「Vision Zero Days Japan」では、現在開発途中となるレベル2自動運転のデモンストレーションも行われました。 … デモではパソコンを操作して、車線内のどの位置に自をポジショニングするかのコントロールも可能となっていて、パソコンを操作することで自位置が右に左に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
九州最大「福岡モーターショー」15日に開幕 AI搭載試作車など200台集結

九州最大の自動車展示会「福岡モーターショー2017」が15日、福岡市で開幕する。トヨタ自動車など国内自動車メーカーが、燃料電池自動車人工知能(AI)といった最新技術を搭載した試作車を展示。新型車やバイクも含めた200台以上が集まり、新たなファンの獲得や取引拡大を目指す。 ホンダはAIなどの技術を活用して …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
あと3年で、日本の自動車メーカー等の「品質」は世界で通用しなくなるかもしれない

今年の「『現代用語の基礎知識』選 2017ユーキャン新語・流行語大賞」の候補には入らなかったが、「IoT」(Internet of Things:モノのインターネット)は間違いなく、今年流行ったビジネス用語だ。ビッグデータ、AI(Artificial Intelligence:人工知能)の2語とワンセットで「第4次産業革命」などと称されるが、その歴史をさかのぼると …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
コマツ AIで建機を自動制御へ 米ITメーカーと連携

建設業界で熟練労働者の不足が深刻化する中、建設機械大手の「コマツ」は、アメリカの大手ITメーカーと連携し、大型の建機を自動で制御するなど、AI=人工知能 … がエヌビディアのGPUをこぞって採用したほか、トヨタ自動車もことし5月、自動運転車の開発を加速させるためエヌビディアと提携したことを明らかにしています。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「テスラ、自動運転用に独自のAIチップを開発へ イーロン・マスクが語った構想の思惑 WIRED.jp」など、2017年12月12日     ニュース

ニュース
テスラ、自動運転用に独自のAIチップを開発へ イーロン・マスクが語った構想の思惑

テスラが自動運転技術を進化させるために人工知能(AI)のチップを独自開発していることを、イーロン・マスクが明らかにした。新チップによってクルマ自動運転 … 野心的なプロジェクトを加えた。テスラのクルマは将来、自社設計のチップを用いて自動運転の人工知能(AI)ソフトウェアを動かすことになるだろう、というのだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマの「完全自動運転」でなくなる職業・モノ全リスト

日産とホンダが開発するのは6段階中の「レベル4」で、運転はすべて自動。ハンドルやブレーキはついているが、ほとんど「飾り」に近い。 自動運転車が公道を走る日は、もっと早く訪れるかもしれない。日本政府は、「東京五輪」をメドに技術開発を急いでいて、五輪の来場者を乗せるバスやタクシーを「ドライバーレス」にすると宣言 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
インテルが買収した自動運転技術イスラエル企業「Mobileye」…シャシュア CEOとは何者か

1999年にイスラエルで設立されたモービルアイは、自動走行の中心的な技術となる「先端運転支援システム」(ADAS)を世界に先駆けて開発した企業だ。 ADASは、車線を離脱したり、歩行者や前方車両との追突の危険性があった際に警告してくれる「インテリジェント安全装置」である。モービルアイのADASは、前方車両と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
OKI、アヴネットとAI搭載の高度自動運転技術開発向け新型プラットフォームを共同開発

新型プラットフォームは、『AD(自動運転)はADAS(先進運転支援システム)の単純延長ではない』、かつ「コンパクト設計」の実現というコンセプトのもと開発されました。車載電子システムの機能安全要求レベルASIL-C(注7)に対応したMPSoCを2個搭載し、1つ目で多数のセンサー情報を処理して人物、車両、障害物の検出を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車、統合機運 国有大手3社が戦略提携 EV開発強化、外資に対抗

戦略提携で「国家チーム」を組むことによって、EV、人工知能(AI)、自動運転といった最先端分野の研究・開発力を高めると同時に、海外展開を加速し「中国ブランド」の国際化を … 国内メーカーにEVなど次世代技術の開発を奨励し、世界市場で主導権を握ることを目指す。3社の合併構想はそのための一手との見方が強い。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「カーシェアリング」参入 会員募集

交通エコロジー・モビリティ財団によると、国内の個人向けカーシェアリングの車両は、2010年の1265台から、15年は1万6418台と13倍に増加。日産は「シェアリングは今後確実に広まる。新車販売に与える影響もゼロではない」として、に対する需要が「保有」から「利用」へと変化する中、これまで中心だった新車販売以外 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
中国のAIは”大したことはやってない”のか

ディープラーニングを行っているわけではないため、正確にはAIとは言えないのだが、レーザーを照射して周辺の対象物を検出・測距するという、自動運転でも使われる技術を用いている。 この自動運転車を走らせているのは、大手ECコマース会社・京東。日本でいうAmazonのような企業で、注文された商品を無人で届けよう …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ボルボが目指す死傷者ゼロ、可能性が大きくなる1台…西村直人【カーオブザイヤー2017-18】

2020年までに新しいボルボでの交通事故による死亡者や重傷者の数をゼロにする」これはボルボが掲げている安全思想「Vision2020」の大きな目標です … 2017年、一気に注目度が高まった自律自動運転技術に関してもボルボは積極的ですが、XC60では全モデルを通して要素技術である「パイロットアシスト/運転の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【特集】「人工知能」関連に物色人気再燃の兆し、政府がAI用新型半導体支援<注目テーマ>

自動運転車、ロボット、バイオ創薬、ドローン、フィンテックなど市場の有力テーマである技術系分野において、AIはそれらに横ぐしを通すように密接に絡み、 … 打ち出しているが、直近、読売新聞などを通じて、自動運転車やロボットに搭載するAI向け新型半導体の開発支援に乗り出すことが伝わり、関連株を強く刺激している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
Tesla、独自のAIチップを開発中。イーロン・マスクが語る

ますます進化を続けるTesla(テスラ)の電気自動車ですが、CEOとして会社を率いるイーロン・マスク氏によれば、なんとTeslaは独自のAI(人工知能)チップを開発中だというのです。 マシンラーニング関連のカンファレンス、Neural Information Processing Systems(NIPS)に登壇したマスク氏は、「Teslaはソフトウェアやハード …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
統合機運 国有大手3社が戦略提携

3社はそれぞれ日系メーカーと合弁会社を設立するなど中国自動車産業の中核を担ってきた。しかし、売り上げの大半を合弁相手のブランド車に依存しており、独自ブランドの販売では精彩を欠いているのが実情だ。戦略提携で「国家チーム」を組むことによって、EV、人工知能(AI)、自動運転といった最先端分野の研究・開発力 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【GTC Japan 2017】トヨタやホンダも参加するNVIDIAの技術カンファレンスが開幕

GTC Japan 2017は、GPUテクノロジーに関わる人に向けて研究開発やビジネスに関連したセッションやトレーニングが用意されるイベント。カンファレンスセッションとしては、ディープラーニング、AI(人工知能)、GPU、HPCなどさまざまなテーマがあるが、自動車関連も充実したものとなっている。 同社のGPUはAIエンジンとして …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【電子版】17年の半導体製造装置市場、過去最高の559億ドルに SEMIが見通し

米SEMI(カリフォルニア州)は12日、2017年の半導体製造装置の世界販売額が前年比36.5%増の559億ドルとなり、過去最高を更新する見通しだと発表した。ITバブルだった00年に記録した477億ドルを初めて超える。世界の半導体市場が自動車やIoT(モノのインターネット)、AI(人工知能)、医療などで拡大し、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
フォードとアリババが戦略提携 スマート自動車開発でも協力

フォードとアリババは、多様な分野で戦略的に提携することで合意した。共同でスマート自動車の開発にも取り組み、人工知能、スマート移動サービス、デジタルマーケティングなどでも協力する。12月8日、中国… ご覧頂いている記事は、有料購読記事となります。 日本未公開の業界別情報を中心に、以下コンセプト沿った記事を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
統合機運 国有大手3社が戦略提携

3社はそれぞれ日系メーカーと合弁会社を設立するなど中国自動車産業の中核を担ってきた。しかし、売り上げの大半を合弁相手のブランドに依存しており、独自ブランドの販売では精彩を欠いているのが実情だ。戦略提携で「国家チーム」を組むことによって、EV、人工知能(AI)、自動運転といった最先端分野の研究・開発力 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「Apple、自動運転車技術のデモを関係者限定で公開 iPhone Mania」など、2017年12月11日     ニュース

ニュース
Apple、自動運転車技術のデモを関係者限定で公開

Appleが先月の下旬に初公開した自動運転車技術に関する研究論文には、同社が開発中の「VoxelNet」と呼ばれるソフトウェアを用いた周辺環境マッピング技術の実験 … 米カーネギーメロン大学の教授を務め、Appleの自動運転技術の論文の共著者としても名を連ねたサラフトジノフ氏は、2016年にAppleに加わりました。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
名古屋大学発のベンチャー「TierⅣ」が低速型「完全自動運転車」を実用化へ

clicccar.com(クリッカー)
位置把握や走行経路作成、走行中の運転判断など、完全自動運転車に必要な機能を実現しており、今後走行実験を経て、再来年をめどに小型モビリティーを活用した移動サービスの事業化を目指しているそうです。 米国では大手自動車会社のみならず、ベンチャー企業による自動運転技術の開発が活発化しています …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
LG電子、自動運転技術を独自開発

LG電子は10日、第4世代移動通信技術のLTEを応用したV2X(車間通信および路車間通信)技術を韓国で初めて開発したと発表した。 V2Xは同士(車間)やと信号などのインフラ(路車間)とをつなぐ通信システム。高度な安全運転や自動運転を可能にする次世代技術として注目されている。 LG電子が開発した「LTE …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
EVには、モーターならではの「走る楽しさ」がある 新型日産リーフの走りに込められた思い

クルマを走らせる楽しさだけでなく、日産は運転の自動化に向けた取り組みも進めている。新型「日産リーフ」は、高速道路同一車線自動運転技術「プロパイロット」に加えて、日産として初めて自動駐車機能「プロパイロットパーキング」を搭載した。こうした一連の自動化技術は、「運転する楽しさ」に逆行することにはならないか。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ステアリング操作が可能なシャシーダイナモ、テストコースと実験室の間を埋める (1/2)

こうした現状を踏まえて技術術究を開始したのがDMTS(Driving&Motion Test System)だ。自動車は、ハイブリッドシステムや自動運転など、さまざまな部品が関わる複合化したシステムを操る技術が求められている。シミュレーション技術やCAE活用でシステム設計技術は向上したものの、完成のシステムテストは単体 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
台湾初の自動運転車、彰浜工業区で走行実験

自動車技術のテストなどを行う財団法人、車両研究測試験中心(車両中心)は7日、彰化県鹿港鎮の彰浜工業区で自社開発の自動運転車の路上走行実験を行った。前方障害物認知など各種システムに大きな問題がなく走行を終えたことを受けて、2018年から車両中心の敷地内で自動運転車を… 関連国・地域: 台湾.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
交通死亡事故ワースト1の愛知県 運転する人型ロボット開発に向け実証実験

今後も豊田市内で実証実験が続けられ、ロボットが自分でに乗り込み、目的地まで運転できることを目指すとのことです。 にAI(人工知能)が搭載される自動運転技術が進んでいますが、さらにロボットが運転してくれるとなると、人が運転しない時代がすぐそこに来ているのかもしれません。 愛知県はによる交通死亡事故 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
五輪で商業ベースの無人タクシーを…ZMP 谷口恒 代表取締役社長【インタビュー】

でも、過疎地の自動運転って確かに必要なんですけど、商売ではないんです。社会貢献にはなりますけど、そこからはスタートはできない。これには理由が2つあって、1つはまず、需要が非常に少ないこと。もう1つは技術面です。お台場でやると日本中のデータが取れるんです。フェラーリも走っているしトラックも大型コンテナ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
速度10倍、電力100分の1…AI半導体開発

政府は、自動運転車やロボットに搭載する人工知能(AI)向け新型半導体の開発支援に乗り出す。 通常より処理速度が速く、消費電力の少ないタイプで、2018年度中に企業や大学の技術者が利用できる開発拠点を設ける。AIの性能を左右するAI用半導体の開発は米IT企業が先行し、世界的に競争が激化しており、官民で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
DeNAのエンジニアが「ゲーム」から「自動車」事業に異動して活躍できるワケ

例えば、カーシェアが普及すると同時に自動運転技術が発展する未来を、小林さんはイメージする。ユーザーが仕事に行っている間、駐車場に止めたクルマを他のユーザーが借りたいとき、クルマが無人で借りたい人の場所まで出向き、ニーズを満たして戻ってくる――そんなサービスも「現実的にできなくはない」(小林さん)。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動運転の技術を習得する意義とは

本講座で講師を務める二宮芳樹氏(名古屋大学 未来社会創造機構知能化モビリティ研究部門 特任教授)に、自動運転技術を習得する意義や、理解を深める上でのポイントなどについて聞いた。(聞き手は、田中直樹). ――自動運転の技術を習得する意義は。 自動運転は、自動車、ロボット、人工知能、ヒューマンファクタ-、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
名古屋大学発のベンチャー「TierⅣ」が低速型「完全自動運転車」を実用化へ

clicccar.com(クリッカー)
名古屋大学発のベンチャー「TierⅣ(ティアフォー)」が、米国の半導体大手「NVIDIA(エヌビディア)」との業務提携により、自動運転式小型EV「Milee(マイリー)」を開発、市街地や中山間地域での実用化を目指し、来春から愛知県内で実証実験を始めるそうです。 「TierⅣ」は2015年12月に名古屋大学准教授だった現・東京大学 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
高精度地図分野での企業間コラボレーションが進む

自動運転の実用化に欠かせない「高精度地図」を巡る企業間のコラボレーションがあちこちで始まっている。まず自動車サプライヤー大手であるボッシュがパイオニアの子会社であるマッププロバイダー、インクリメントPと提携。数センチ以下の誤差で自位置を把握できるボッシュ・ロード・シグネチャーの実用化を進めるボッシュ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【特集】<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」1位にアクセル

11日の東京株式市場で、アクセルの株価は前週末終値の902円を挟んで小幅な値動きとなっている。8日付の日刊工業新聞で「名古屋大学発ベンチャーのティアフォー(名古屋市中村区)は、米半導体大手のエヌビディアと業務提携し、完全自動運転の小型電気自動車(EV)を開発した」と報じられ、ティアフォーと自動運転に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「日本の自動車メーカーが生き残る道は、ある livedoor」など、2017年12月10日     ニュース

ニュース
日本の自動車メーカーが生き残る道は、ある

ほかにもドローンで人間を運べるようになったり、まで造れる3Dプリンタが出現したり、ビットコインが実用化レベルに達したり、ヒッグス粒子やiPS細胞が …. 次に、自動運転。これは技術的にはすでに十分可能だ。むしろその実現は技術より、各国の道路行政に負うところが大きい。日本とアメリカであれば、明らかに日本の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ドローンに自動運転車、そして殺人ロボット兵器…ターミネーターの世界に以前より「未来」感じず

ボタン1つで前のに追随する自動運転車も、GPS(全地球測位システム)を使って無人で農作業をするトラクターもすでに販売されている時代である。 先月、ジュネーブで「殺人ロボット兵器」の規制をめぐる初の国連公式専門家会議が開かれた。AIを持ち、人間の意思を介在せず敵を自律的に殺傷する兵器のことだ。技術は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産とDeNA協働のロボットタクシーサービス「Easy Ride」の公道実験を2018年3月に実施予定!一般 …

先日、日産の自動運転技術「プロパイロット」の新たな実験について紹介したばかりだが、その日産がどうやら2018年3月に新たな実験を予定しているようだ。それが、ロボット … 試験で使われるの精度は、プロパイロットを搭載したモデルよりもさらに上をいっているようなので、どのような結果が得られるか大変楽しみだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
サーキットで速いだけの「タイプR」に価値はない! シビック タイプR開発者が激白

そう考えるに至った背景には、時代の変化も大きいと語る。 「自動運転技術もどんどん進んでいます。走る楽しさや操る喜びは、いずれ消えてしまうんでしょうか。私はそうなってほしくないし、途絶えさせるべきではないと思っています。だからこそタイプRは、もっともっと色々な人たちが楽しめるクルマじゃなきゃいけない」.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「自動運転車では「タイヤ」も進化!路面状況に合わせて「トレッド」が変化 clicccar.com(クリッカー)」など、2017年12月9日     ニュース

ニュース
自動運転車では「タイヤ」も進化!路面状況に合わせて「トレッド」が変化

clicccar.com(クリッカー)
例えばタイヤのゴムが路面上の水を感知すると軟らかい材料に変化、タイヤが路面の凹凸に密着することで、人が運転しない自動運転車などでも安全に走れるようになると … このように自動運転技術の開発が加速するなか、唯一路面と接触している重要部品「タイヤ」についても、着々と進化に向けた準備が進んでいるようです。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
未来の、最新技術一堂に 大阪モーターショー開幕

国内外のメーカーが最新技術を駆使した未来のエコカーや新型のスポーツカー、バイクを出展。32のブランドから約350台が会場に勢ぞろいし、11日まで開かれる。 国内からはトヨタ自動車やホンダなどが参加し、人工知能(AI)を搭載した自動運転車や電気自動車(EV)の試作を公開した。 トヨタはAIが運転手と対話したり、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「ハンドルもペダルもない」完全自動運転EV、来春実証へ

ハンドルやアクセルペダルなどのない完全自動運転車の開発は国内初とみられる。 … と資本提携するヤマハ発動機の電動ゴルフカートをベースにし、車体には3次元(3D)プリンターを使った受託製造サービスのカブク(東京都新宿区)の技術を活用した。 … 完全自動運転車を巡っては市販を改造したの公道実験が進む。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産がカーシェアサービスに本格進出 「リーフ」など電動でファン獲得

若者のクルマ離れが指摘される中、電動の走りや先端技術を知ってもらい、ファン拡大につなげる。 サービスは日産系の販売店やレンタカーを扱う店舗などに設けるステーションで提供。当面は1カ所当たり1台、最上位グレードを用意する。リーフを置く拠点には充電器を設置し、自動運転技術などをアピール。対象車種は順次 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【イベント プレビュー&レビュー】「第1回 自動運転EXPO」

見どころには、レベル4の自動運転システムなどが挙げられる。 会期中は最新の業界動向が学べるセミナーも併催する。業界の第一線で活躍する講師の講演が予定されている。 このほかに「第10回[国際]カーエレクトロニクス技術展~カーエレJAPAN~」「第8回 クルマの軽量化 技術展」など5つの構成展を連動させ、来場者 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
テスラ、自動運転向け半導体を自前でも開発

自動運転の試作向けでは圧倒的シェアを誇る米画像処理半導体(GPU)大手エヌビディアへの依存を軽減する狙いがあるとみられる。 … テスラは米アップルや米半導体大手アドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)で実績を上げた著名技術者のジム・ケラー氏を引き抜き、AMDから人材を集めていた。 極端に短い納期とコスト …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ホンダが年明けのCESでコンセプトロボット

このほか、シリコンバレーを中心にスタートアップ企業と取り組むオープンイノベーションの技術なども紹介する。 具体的には、ドライバーの精神状態を把握し、自動運転時のドライビングスタイルを最適化する技術や、自動運転車に、高精細マップとリアルタイムの高精度位置情報を提供する技術、コネクテッドカー向けの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ソニーが実証実験を進める「SC-1」とは、どんな「クルマ」なのか?

運転者にトラブルがあった場合なども、車外から安全に操作することが可能なのだ。さらに自動運転に対応させるため、2次元のLiDARや超音波センサーも搭載し、映像認識技術やクラウドとの連携によって、完全自動運転のノウハウを蓄積することが期待されている。 2代目車両に導入されたもう一つの機能は、AIを利用した …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「2017年超モノづくり大賞」の贈賞式、記念シンポなど開催ーモノづくり日本会議

2008―13年に、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)のプロジェクトで「大型トラックの自動運転・隊列走行」を実施した。このプロジェクトは学術研究の意味合いが強かったこともあり、技術的には成功したが、実用化には至らなかった。実用化段階になると、プラットフォームや車両を誰がつくるのかといったことや、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
未来の車、最新技術一堂に 大阪モーターショー開幕

国内からはトヨタ自動車やホンダなどが参加し、人工知能(AI)を搭載した自動運転車や電気自動車(EV)の試作車を公開した。 トヨタはAIが運転手と対話したり、感情を読み取ったりする試作車「Concept 愛i(コンセプト・アイ)」を出展。中でも高齢者や車いすの利用者を想定したモデルは、目的地や途中経路の施設のバリア …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
「ハンドルもペダルもない」完全自動運転EV、来春実証へ

名古屋大学発ベンチャーのティアフォー(名古屋市中村区、武田一哉社長)は、米半導体大手のエヌビディアと業務提携し、完全自動運転の小型電気自動車(EV)を開発した。ハンドルやアクセルペダルなどのない完全自動運転車の開発は国内初とみられる。市街地や中山間地域での近距離移動を目的とする。実用化を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「AI搭載自動運転車、EV、SUV…未来の車、最新技術一堂に-大阪モーターショー開幕 産経ニュース」など、2017年12月8日     ニュース

ニュース
AI搭載自動運転車、EV、SUV…未来の、最新技術一堂に-大阪モーターショー開幕

西日本最大級の自動車展示会「大阪モーターショー」が8日、大阪市住之江区のインテックス大阪で開幕した。国内外のメーカーが最新技術を駆使した未来のエコカーや新型のスポーツカー、バイクを出展。約30のブランドから300台以上が会場に勢ぞろいし、11日まで開かれる。 国内からはトヨタ自動車やホンダなどが参加 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日立グループの自動運転技術、コスト抑えてレベル3を実現へ

センサーコストの上昇を抑えながら2020年以降に、SAE(米自動車技術会)が定める「レベル3」の自動運転の実現を目指す──。日立オートモティブシステムズが十勝 … 同社が技術試乗会で公開した実験は、日産自動車「フーガ」のハイブリッド(HEV)をベースに開発したものである。センサーの構成を見ると、フロント …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
CMOS技術で小さく低コストに、長距離から短距離まで検知

CMOS技術を適用したチップの登場によって、自動運転などで使う77GHz帯ミリ波レーダーの小型化、低コスト化が進む。長距離検知だけでなく、車両周辺の短距離検知にも適用できる。米Texas Instruments(TI)社が、同レーダーの最新動向や今後の進化の方向性などを解説する。 (本誌). 先行追従(ACC)などの快適な …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転にらみタイヤも進化 水を感知して性能変化 住友ゴム新技術

住友ゴム工業は7日、路面上の水や温度を自ら感知して性能を切り替えられる自動車用タイヤを2023年を目標に開発すると発表した。将来的に自動運転車の普及などが進むと、タイヤのメンテナンスや性能に気を配る運転手が減る可能性を踏まえ、路面の状態を気にせず走行できるようにする。競合タイヤメーカーも自動運転 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産、自動運転の公道実験、高精度地図使うも低速域に課題

日産自動車が2020年の実用化を目指す自動運転実験の公道試験を都内で始めた(図1)。「Infiniti Q50(日本名:スカイライン)」をベースとした車両で、自動運転技術「プロパイロット」の新世代版を搭載する。カー・ナビゲーション・システムを設定すると目的地まで、一般道と高速道路を含むルートを自動運転で走行する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自律走行、ついに悪天候の街へ 実用化に向け、Waymoが厳しい条件下のテストを加速

自律走行が悪天候に非常に苦労する理由を理解するため、まずはセンサーについて見てみよう。現在、自動運転技術をテストしている会社のほとんどが、レーダーとLiDAR(ライダー=光検出と測距の頭文字)と呼ばれるレーザースキャナー、それとカメラを組み合わせて使っている。レーダーは悪天候でもよく機能する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転、冬道で実証実験…10日から大樹

過疎化や高齢化が進む中山間地域で交通手段を確保するため、人が運転しない自動運転車で住民や商品を運ぶ実証実験が10日、大樹町で始まる。 … 道産業振興課は「自動運転技術開発を支援し、国や企業の実証事業を集積することで、道内経済の活性化や道が抱える高齢化社会への対応につなげたい」としている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転、電気自動車 大阪モーターショー

世界中の自動車メーカーが最新技術を披露する第10回大阪モーターショーが8日、開幕した。今回の目玉は、「電気自動車」への転換。自動運転などの新しい技術に注目が集まる一方、次世代エコカーの本命として、開発競争が過熱しているのが電気自動車だ。背景には、世界各国で進む環境規制の強化がある。フランスや …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米EV業界で注目される「中韓」部品供給企業の存在感

ガソリンで圧倒的な加速力を誇る英マクラーレンを凌駕(りょうが)している。1回の充電で1000キロ弱の走行が可能だ。トラックはスタイリッシュで近未来的なデザインが目を引く。貨物を運搬するのに十分なトルク(タイヤを回す力)があり、上位クラスは1回の充電で500マイル(約800キロ)走行する。 米グーグルの自動運転 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
近未来の自動車、国内外から大阪に集結

Lmaga.jp(京阪神エルマガジン社)
BMW、マセラティ、ジープといった輸入やハーレーダビッドソンなど二輪車も終結。来場者は、「かっこいいなあ」「すごいな」と思い思いに座席に座ったりパネルを操作し、会場は熱気にあふれた。 各社のグッズがもらえるゲームや自衛隊の高機動試乗と合わせた迷彩服試着をはじめ、9日にはレーシングドライバー・佐藤琢磨 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
タチエス、人工知能型ビジネスアプリケーション「HUE®」へバージョンアップ~業務効率化により年間 …

タチエスは、多くの自動車メーカーへシートを供給している自動車シート製造企業です。30年前から海外に進出し、現在では海外売上比率は約6割を占めます。国内外合わせて67拠点に展開しており、海外市場を中心に開拓・販路拡大に積極的に挑戦しています。こうした中で、タチエスは事業成長を支えるグローバル一体となっ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アリババとフォードが提携–自動車業界で新たな機会を探る

両社は、モビリティサービス、人工知能(AI)、デジタルマーケティングなど、さまざまな重点分野で協業する。 手始めに、先行販売や試乗、ローンのオプションなど、自動車所有のサイクル全体を通じて新たな小売りの機会を評価する試験的調査を実施する。流通戦略やクラウドの接続性、オンライン小売マーケティングのほか、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
近未来の自動車、国内外から大阪に集結

Lmaga.jp(京阪神エルマガジン社)
開会式で堀内俊樹実行委員長は、「各メーカーから自動運転車、AI技術搭載車、EVなどの近未来車が出展。合わせて、イベントも多数用意しています」と挨拶。国産車のなかでもトヨタ、ホンダ、日産などは、人工知能(AI)を搭載した自動運転車や電気自動車(EV)に力を入れており、見どころのひとつだ。 BMWのハイブリッド・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AI搭載自動運転車、EV、SUV…未来の車、最新技術一堂に-大阪モーターショー開幕

国内からはトヨタ自動車やホンダなどが参加し、人工知能(AI)を搭載した自動運転車や電気自動車(EV)の試作車を公開。米EVメーカー、テスラのスポーツタイプ多目的車(SUV)をはじめ、東京モーターショーには出展されなかった輸入ブランドの最新モデルも見られる。 10回目の開催を記念し、親子で楽しめるミニ四駆レース …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
大阪モーターショー開催 車と対話など時代先取りする試作車が一堂に会す

大阪市で8日開幕した西日本最大級の自動車展示会「大阪モーターショー」には、人工知能(AI)がバリアフリー情報を提供する自動運転車など、国内外から最新技術を積んだ車が一堂に会した。新型の電気自動車(EV)やスポーツカーのほか、時代を先取りするアイデアを結集させた試作車が並び、高齢者にも優しい未来の車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ホンダ、香港企業とAI共同研究開発

… の本田技術研究所(埼玉県和光市)が、香港のセンスタイム・グループ(商湯集団)と、人工知能(AI)技術に関する共同研究開発の契約を締結したと発表した。期間は5年間。交通事故ゼロ社会の実現に向けた自動運転技術の確立を目指す取り組みの一環… 関連国・地域: 香港/日本. 関連業種: 自動車・二輪車/IT・通信.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
アクセルがストップ高気配、協業先が完全自動運転車開発で思惑

名古屋大学発のベンチャー企業、ティアフォーが米半導体大手のエヌビディアと業務提携し、完全自動運転の小型電気自動車を開発したと一部で伝えられたことが買い人気化のきっかけとなった。 当社は今年5月にティアフォーと自動運転に最適な専用システムに関する研究開発を共同で推進していくことで合意しており、今回 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
フォード、EV生産地をメキシコへ 米では自動運転車のライン増

フォードは米ライドシェア大手リフトと自動運転車の配車で、米ドミノ・ピザとは自動運転による配達で提携している。自動運転の需要が想定より大きいとみてラインを増やす。 フォードの生産計画は政治や経営陣交代に翻弄され、昨年末から二転三転している。米トランプ政権からの圧力で18年から小型車を生産するはずの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
香港AI企業と提携 自動運転で共同研究

香港AI企業と提携 自動運転で共同研究. 毎日新聞 2017年12 … ホンダは7日、香港の人工知能(AI)ベンチャー「センスタイム」と自動運転技術の共同研究開発契約を結んだと発表した。期間は5年間。人やの動きを認識・予測して次の行動を決めるのに必要なAI技術を共同開発、より高度な自動運転技術の実用化を急ぐ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【市況】10時35分時点の日経平均は206円高、完全自動運転車の開発報道受けアクセルなどに物色

名古屋大学発ベンチャーのティアフォーが、米半導体大手のエヌビディアと業務提携し、完全自動運転の小型電気自動車を開発したと報じられている。これを受け同社と自動運転に最適な専用システムLSIに関する研究開発で協業を行っているアクセル<6730>や、新興市場では同社に出資しているアイサンテクノ<4667>などに …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
STキネ、自律走行の試験で米社と提携

試験の内容は、ブレーキの制動距離や障害物の回避、さまざまな道路・天候の条件下での走行性能など、機能面、安全面の双方を網羅する予定。 まずは陸上交通庁(LTA)が導入を計画する自動運転バスや、観光地セントーサ島内のオンデマンドシャトルの試験に用いる方針。さらに自律走行可能なフォークリフトやロボット …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
<動意株・8日>(前引け)=理研グリーン、アクセル、DDS

きょう付の日刊工業新聞で「名古屋大学発ベンチャーのティアフォー(名古屋市中村区)は、米半導体大手のエヌビディアと業務提携し、完全自動運転の小型電気 … 記事によると、開発したEVは、ハンドルやアクセルペダルなどのない完全自動運転車で、同タイプの開発は国内初とみられるという。18年春以降に愛知県内で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米EV業界で注目される「中韓」部品供給企業の存在感

ガソリンで圧倒的な加速力を誇る英マクラーレンを凌駕(りょうが)している。1回の充電で1000キロ弱の走行が可能だ。トラックはスタイリッシュで近未来的なデザインが目を引く。貨物を運搬するのに十分なトルク(タイヤを回す力)があり、上位クラスは1回の充電で500マイル(約800キロ)走行する。 米グーグルの自動運転 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【材料】アクセル—急伸し一時上昇率トップ、ティアフォー関連銘柄として物色

アクセル<6730>は急伸し一時上昇率トップ。名古屋大学発ベンチャーのティアフォーが、米半導体大手のエヌビディアと業務提携し、完全自動運転の小型電気自動車を開発したと報じられている。ハンドルやアクセルペダルなどのない完全自動運転車の開発は国内初とみられている。同社はティアフォーと自動運転に最適な …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【材料】注目銘柄ダイジェスト(前場):アクセル、ミクシィ、インフォテリアなど

名古屋大学発ベンチャーのティアフォーが、米半導体大手のエヌビディアと業務提携し、完全自動運転の小型電気自動車を開発したと報じられている。ハンドルやアクセルペダルなどのない完全自動運転車の開発は国内初とみられている。同社はティアフォーと自動運転に最適な専用システムLSIに関する研究開発で協業して …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「ホンダ 自動運転の画像認識 香港のIT企業と共同開発 NHK」など、2017年12月7日     ニュース

ニュース
ホンダ 自動運転の画像認識 香港のIT企業と共同開発

大手自動車メ-カーのホンダは、人やの動きが複雑な市街地での自動運転の実用化に向けて、AI=人工知能の技術に強みを持つ香港のIT企業と共同で画像認識などの … 発表によりますと、ホンダは香港のIT企業、センスタイムと今後5年間、自動運転に欠かせない画像認識などの技術を共同開発することで合意しました。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
BlackBerry、コネクテッド・カーと自動運転車のセキュリティに関する枠組みを発表

サイバーセキュリティ・ソフトウェアを提供するカナダのBlackBerry Limitedは、コネクテッド・カーと自動運転車をサイバー攻撃から保護するために求められる枠組みを発表した。 最新技術とコネクティビティが自動車に実装されることで運転体験が向上する一方、自動車メーカーは解決すべきサイバーセキュリティに関する複雑な …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
《経済》 自動運転の公共交通 実証実験始まる

自動運転技術を活用したサービスを開発するSBドライブ(東京)と浜松市、スズキ、遠州鉄道は、自動で走るが地域の公共交通機関として住民の生活を支える未来を想定し、西区庄内地区で実証実験を始める。路線バスのように決まったルートを走る軽自動車を七日から十九日まで運行し、住民に利用してもらいながら課題を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ヤマハ発、CES初出展 AI搭載2輪など公開

人工知能(AI)搭載2輪や飛行ロボット(ドローン)、近距離移動を想定した自動運転技術を発信。分野の垣根を超えたパートナー探しや、オープンイノベーションによる技術革新と事業創出を目指す。 自動運転サービスの実現を目指す電動4輪モビリティ「06GEN=写真」は、路面画像認識によって自位置を確認。クラウド技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ウーバーの日本市場攻略が行き詰まったワケ

自家用で乗客を運ぶライドシェア(相乗り)の世界最大手、ウーバー・テクノロジーズが日本市場での方向転換を決めた。11月下旬、ウーバーのアジア事業を … その後もセクハラ問題やグーグル傘下で自動運転技術を開発するウェイモとの裁判ざたが続く。6月には責任をとって創業者カラニック氏がCEOを辞任する事態に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産とDeNAの配車サービスが一般向け実証実験、無人運転車投入は次のフェーズで

実証実験には一般のモニターに参加してもらい、2018年3月5~18日の2週間で実施する。車両は電気自動車「リーフ」の先代モデルをベースとした自動運転車で、運転席には人が座る。走行するのは、あらかじめ設定されたルートとなる。モニターは、スマートフォンのアプリを通じて行きたい場所の設定や配車の予約を行う。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
進む世界のEVシフト「トヨタが中国メーカーに追い抜かれる日」

電気自動車(EV)や自動運転の開発競争が世界的に激化し、中国企業は巨大市場を背に急成長中だ。世界を席巻 … 業績が安定しているトヨタグループの株価は、トヨタから1千円引くと豊田自動織機、2千円引くとデンソーといった相場観があった。それが … いずれもトヨタが得意なハイブリッド(HV)の技術から転用できる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【岩貞るみこの人道医】これ以上の「音」は無理なんですけれど? クルマの警告音を考える

すでにおなかいっぱいな状況であるにもかかわらず、自動運転の未来に向けて現在も、さまざまな運転支援技術の開発が続けられている。そして、開発者に話を聞くと、ほぼ全員が口をそろえて「コーション(注意喚起)もアラーム(警告)も、音!」と言っている。ちょっと待った。このまま単に上乗せされても私、もう、無理なんです …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
3D CADによるクルマと飛行機の設計・製作の支援(2)

前回から、乗り物(ヴィークル)を動かす過程ではなく、生み出す過程において情報通信技術が大活躍しているという話を取り上げている。今回は、クルマと飛行機を題材に、CAD/CAMの使われ方、3Dモデリング、自動運転について紹介しよう。執筆にあたっては、3D CADを提供しているダッソー・システムズに協力いただいた。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動走行し、空きスペースに自動駐車

自動運転やカーシェアリングなど、自動車の利用方法が大きく変わろうとしている中、これらの変化に先んじて技術開発を行うため、安心・安全分野の先端技術開発を … 自動バレー駐車とは、大規模駐車場にて車両が自動走行し、空きスペースに自動駐車するしくみであり、同社は上記共同研究と協業を含む活動の一環として、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
日本は潮流を生み出す先駆者だ! 自動車業界の覇権を握りつつある日本=中国

中国メーカーの自動車も近年は質の向上が見られるようになってきているのは事実で、中国で人気となっているSUV市場では販売が好調な中国車も存在する。 … また、人工知能を搭載したトヨタのコンセプトカー「Concept-i」などの存在を挙げたうえで、機能と美しさを兼ね備えた物作りは日本の工業デザインの最大の特徴だ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
車の進化を体感 大阪モーターショー8日開幕

西日本最大級の自動車展示会「第10回大阪モーターショー」(日本自動車販売協会連合会大阪府支部、日本自動車輸入組合、読売新聞大阪本社などの実行委員会主催)が8日、大阪市住之江区のインテックス大阪で開幕する。 国内外の32ブランドが出展する。人工知能(AI)を搭載した自動運転車や電気自動車(EV)の …
Google Plus Facebook