“自動運転”車、日本初販売の裏側

日産自動車は、自動運転技術を搭載車をトヨタより早く8月下旬に発売するという記事が出た。

確かに、販売として、トヨタが遅れたのかもしれない。

しかし、技術が遅れを取っているのか?そこには疑問がある。

一方、日産は、なぜ、販売を急いだのか?その狙いは何か興味深い。

日産、自動運転を「セレナ」に搭載する意味

http://toyokeizai.net/articles/-/127629

20160716日 東洋経済

日産自動車は国内自動車メーカーとして初めて、自動運転技術を搭載した自動車である新型「セレナ」を8月下旬に発売する。

というのは、トヨタの自動運転技術に関する記事は多くあって、それによれば、
日産のレベル3(半自動運転)を超えて、レベル4(完全自動運転)に取り組んでいる。
つまり、日産が取り組んでなさそうな人工知能にも踏み込み、「自動運転」でなく「自律走行」に踏み込んでいる。

テスラの技術、自動運転向け人工知能の特許技術はなさそう

テスラに自動運転自動車が話題になっている。そこで、保有する特許があるのか調べてみた。
とりあえず、日本の特許で調べてみた。結果、下表の15件のみで「人工知能」*「車」の特許がなかった!
テスラ特許.png
ユーザーインターフェースの特許が多く、人工知能の技術そのものの特許がなさそう。
他社の技術を導入しているのか?不明。

「死亡事故の自動運転車」報道、誤報!

なんだ、誤報だったのか!

死亡事故のテスラは自動運転車ではなかった 出典;Newsweek日本版

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/07/post-5449.php

今年5月にフロリダ州で発生した交通事故で、運転支援機能が搭載されたテスラのセダンのドライバーが死亡していたことについて、多くのメディアが「自動運転で初めての死亡事故」と報道した。ここで理解しておかなくてはならないのが、事故にあったテスラは自動運転車ではないことだ。アメリカ運輸省高速道路交通安全局(NHTSA)が「レベル4」や「レベル3」と区分している自動運転車、つまり「走行中に、安全上必要なすべての動作を自動で行う」ものでも、「特定の状況で、安全上必要なすべての動作を行う」ものでもない。

メディアは、自動運転車が事故を起こすことが話題になるので、焦ったようですね。

とはいえ、自動運転車が事故を起こすことはいつか来ます。

問題になるのは、人工知能の暴走でしょう!

自動走行、初めて死亡事故

自動走行、初めて死亡事故を起こしたという記事が入ってきた。
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20160701-OYT1T50118.html
https://news.nifty.com/article/economy/stock/yomiuri-20160701-50060/
やはり、人工知能は、まだまだだ!と思った方もいると思います。
記事によれば、
原因は、米高速道路交通安全局(NHTSA)が調査中とのことで現時点不明であるが、
死亡したトレーラーが斜行してきたとあり、自動運転車側が事故を引き起こしたではない模様。
今回の事故まで、テスラは「約2億1000万キロ・メートルの走行実績がある」らしく、
自動運転の実力は、実用レベルであることは、概ね検証されてきていると思われた。