ソニーのEV車開発の狙いを読む

なぜ、自動車を出展したのか?

背景

ソニーの自動車開発が話題になっている。もしかすると、自動車メーカーになる目論見があるのかもしれないと思った方もいると思う。過去に、デジタルカメラ事業を譲渡でミノルタブランドを手に入れた経験があるから尚更なこと。ソニーが自動車メーカーになる可能性は、否定することはできない。ならば、現時点でどこまで自社開発できる技術力があるのかを調査・分析してみることにした。

概要

  1. 2020CESで発表したEV車「VISION-S」は、「新たな感動体験をもたらすモビリティの世界」があるクルマ。Safty 、ENTERTAINMENT、ADAPTABILITYの3つの技術が示された。
  2. 「Safety Cocoon(セーフティコクーン)」と名付けたイメージャー技術は、オートモティブ向けに適用し、安全性能のビジョンが示された。
  3. 配車サービス会社をタクシー会社と共同で設立している。S.RIDE(エスライド)という配車アプリで、スマホのワンアクションでタクシーを呼べるシステムで、事業をすでに東京エリアで開始している。
  4. オートモーティブ向けのソニーの技術開発は、EV車の自社開発ができる技術力が現在備わっていないという分析結果になった。CES出展で注目を浴びる手段だったのではないかと”pat見”の結果そう思った。

1.EV車「VISION-S」開発

「VISION-S」は、 ソニーが開発したEV車。プロトタイプではあるが、ソニーが開発したということで CES2020で注目を浴びた。

ソニーの発表には、「CES 2020出展について、テクノロジーに裏打ちされたクリエイティブエンタテインメントカンパニー」の進化を紹介 ( 出典; ソニーのプレスリリース ) と題し、「 新たな感動体験をもたらすモビリティの世界 」を目指していることが説明されている。

CES2020

「VISION-S」 の技術、3つとは

「VISION-S」 サイトによれば、モビリティの進化に向かってのソニーの3つの技術について説明されていました。

  1. Safty (安全) のための 「知覚」技術
  2. ENTERTAINMENT (エンターテイメント) のための「音場、映像、そして快適なUI 」技術
  3. ADAPTABILITY(適応性)のための「 システムが成長する」技術

3つの技術、動画の中に潜む

ソニーの制作した2つの「VISION-S」の動画を見てみた。3つの技術を意識して探してみると、ちょっとちょっと、動画の中に潜んでいる技術が見えてくる。ご覧ください。

2.「Safety Cocoon」と名付けた安全性能のビジョンを打ち出している。

「Safty Cocoon」は、超高速イメージセンサー。オートモティブに適用する技術だとする。

「Safty Cocoon」 ホームページはこちら。
https://www.sony-semicon.co.jp/products/IS/automotive/

Safty Cocoon を紹介する動画

Safty Cocoon

周囲360度を検知、早期に危険回避の準備を可能にすることで車の安全性を確保する

3.タクシー会社設立

「みんなのタクシー株式会社」を設立した。→HPへ

S.RIDE(エスライド)

S.RIDE 、 ワンアクションですぐ呼べるタクシーアプリ で、1番近くの車両をすぐ配車するサービスが東京で始まっているようである。

4. 「ソニーは、EV車を 自社開発できる?」 ”pat見”た 。

”pat見”の結果、「ソニーは、 自社開発で EV車を 今すぐ開発できる状態にない」という結論に達した。自動車メーカーのM&A、など、巨額投資をすれば、その後にあり得るが、そうでもなければ、自力での開発は難しいと言える。

理由は、オートモーティブ向けのソニーの技術力が不足するから。モーター、バッテリー、車体ボディ、トランスミッション、など EV車を開発する技術者がいない。 クルマの開発ができない訳ではなく、売れる車を自社開発することは、かなり難しい。

「VISION-S」の電気自動車のプロトタイプは、Botch、Connected、ZF、などの協業があったからできたもの。ソニーの狙いは、 「Safety Cocoon」のイメージャー技術をアピールする狙いがあった。それに、クルマの中 で、音楽や映像、ゲームなどのエンターテイメントのある快適な空間にする今後の取り組みをアピールする狙いがあったのではないかと思う。

2020年2月9日更新 アナリスト 松井

急激に強化する技術開発、テスラ社が目指すものとは

テスラ社の技術開発 のアクティビティ (予測)をしてみたら、年40%増で強化されていることが分かった。

年40%超で活発化する TESLA社の技術開発

グラフの注釈

  • 本グラフの見方;横軸;開発時期、縦軸;技術開発アクティビティ(出願数)
  • 2018年の出願数のグレー色の部分は、推定値。未公開分の出願を推定。

母集団=出願人・権利者=”Tesra”で検索した。

  •  1)調査日;2020/1/6
  •  2)対象国;米国特許の出願が対象。(US+WO)
  •  3)カウント方法;ファミリー数。代表特許の出願日(優先日)でグラフ化。
  •  4)出願日;20100101~
  •  5)出願人;”Tesra”社内人材による自社開発ベース。M&A先、協業分を含めていない。

自社開発の主な技術領域、 電気自動車(EV) やソーラーパネルといった既存商品にフォーカス

特許出願の主な技術領域は、既存商品向けにウエイトが高いといえる、例えば、電気自動車(EV) とソーラーパネルのものが多く、自動運転などの技術開発をウエイトを高めている傾向は、この調査時点では発見できなかった。

というよりは、M&Aを2019年に複数回行っていて、他社技術の獲得と人材獲得をしていることが明らかである。このレポートは、準備中。

また、社内人材による自動運転技術の開発についてのレポートは、準備中。

準備中のレポートについては、しばらくお待ちください。

2020年1月12日更新 アナリスト 松井

CASEが変える、未来とは

ここでは、CASEに取り組む企業等が発信する情報を調べた上で、得られた情報をベースに私たちの未来の暮らしにもたらすものがどのようなものかを推測しました。

推測された未来

クルマが変わり、運転が変わり、人の移動が分かり、宅配や物流など、運送ビジネスが変わるというのが調査で分かりました。このように変わった先には、快適で、安全で、安心して暮らせるようになるというもので、2050年頃をゴールに、段階的にそこに向かうと、日本国政府を始め自動車メーカーなどのCASEを主導する企業等が進めていることが分かりました。

【参考にした資料】

Connected(コネクテッド)の実現でくる未来像

クルマがネットワークにつながれば、例えば、

  • 渋滞レスカーナビ
  • 盗難車の自動追跡サービス
  • 保険料を実際の走行距離情報で決める自動車保険
  • 自動で救助がくる交通事故対応サービス
  • 前走車の急ブレーキに確実に対応できる追従走行(ACC)
  • スマホで呼ぶと来るクルマ(駐車場で、自宅に送迎、など)
  • など

Autonomous(自動運転) の実現でくる 未来像

クルマが自動運転に変われば、例えば、

  • 運転に不安な年寄りの事故が減る
  • マイカー購入相当の料金で送迎サービスが利用できる。
  • 移動中の運転疲労がなくなり、色々と楽しむことができる。
  • 駐車場で勝手に自動駐車
  • レンタカーの返却は、無人で。
  • など

Shared&Services(シェアリング) の実現でくる 未来像

  • マイカーが不要に。
  • スマートフォーンで呼べば来るタクシー。
  • 相乗りタクシーで安価に。

Electric(電動化) の実現でくる 未来像

  • 環境汚染の地球的課題の解決につながる。温暖化などで台風発生被害などが減る。
  • 空気がきれいな都会生活ができるようになる。
  • ガソリン代などの運送コストが減り、タクシーなどの送迎サービスのコストが下がる

トヨタがイメージする未来、「Woven City」

ECOを強く意識し、木々による緑が多い街づくり。店らしい店がなく、道路も少ない。クルマが欲しいものを持ってきてくれる街。こんな街をイメージしているのかと思うような動画でした。

分析者が感じたことは、この動画がトヨタが目指すモビリティーというか、街づくりと思った時に、コンビニエンスストアの店舗の在り方や宅急便の在り方なども、様々な事業者に影響することだといえる。東富士の街づくりは1つの実験に過ぎないが、この実験の先に完成する街は、住み良い理想の街が完成すると、各所各所の街づくりは、 それを真似て、 トヨタが考えた様々な技術・機能が広がることになる。そこまでいくと、トヨタが世の中を変えることになるのだと思う。

これがCASEの未来を現在創造する一番の近道だと思うと、多くの企業がこの街づくりの行方にウォッチングし続けることが必要ではないかと思った。

更新日;2020/1/12

「CASE」とは

「CASE」は、「Connected(コネクテッド)」「Autonomous(自動運転)」「Shared & Services(シェアリング)」「Electric(電動化)」のこと。

参考

メルセデス・ベンツの 中長期戦略のネーミングとして、 「CASE」が使われた。

トヨタは、「CASE」という新しい領域で技術革新が進むことを示し、自らがクルマの概念が大きく変え、「未来のモビリティ社会」の実現に取り組むとしている。(出展;トヨタ自動車ホームページ

Lightyear

□企業

オランダに拠点をおくスタートアップの電気自動車のメーカー。

Lightyear Oneという自動車製品を2020年から €149,990  で販売する。2000万円を切った価格で販売される。

□技術

ソーラーパネルで太陽光で発電した電気を元に走る車をで、究極の低消費電力の自動車の技術開発ができる。

Lightyear One は、1時間に12キロの充電ができ、フル充電すれば720キロ走行が可能という。 空気抵抗を小さくしたデザインや車体の軽量化、 ソーラーパネル を車体に取り付ける工夫など電気自動車を開発する技術がある。

自動運転の技術があるわけではない。

□特許

公開された特許出願を調べたが、発見されなかった。

テスラ

企業

Tesla, Inc.は 2003年 設立、2017年にTesla Motors inc.から名称変更した電気自動車メーカー。米国に拠点を置く、ソーラーパネルなどの開発・製造・販売している。

2018年通期売上が2兆円を超す大企業になっている。最終損益は赤字であるが、前年比で大幅に縮小していて、今後の黒字化も視野に入る。電気自動車の販売が好調で、今後も大きく成長することが予測される。

提携・M&A

バッテリー技術とAI技術を買収で取得した。

技術 

電気自動車、ソーラーパネルの商品があり、バッテリーや自動運転制御技術、などの技術を保有。

自動運転技術にフォーカスすると、オートパイロット運転支援システム と完全自動運転の両方の技術があり、機種「MODEL S」には完全自動運転対応のハードウェアを搭載していると企業HPにはある

オートパイロットや完全自動運転(自律走行)の技術がある。

オートパイロット

https://www.tesla.com/jp/autopilot によれば、

カメラを8台搭載し、360度を見ていて、最長250mまで先を視認できる。

フォワード フェーシング レーダーは 最先端のプロセッシング技術が採用し、豪雨、霧、塵や前方を走るクルマを認識することを可能にしている。

前方のカメラ は、ナロー/ミドル/ワイドの3台で、最長視認距離 250mの ナロー レンズ 、 150mの ミドル レンズ 、60m ワイド レンズによる3台のカメラを搭載。これは信号機や、割り込み車両、そして近距離にある物体を捉えるためのものである。併設補完されるレーダーは、最長視認距離160mの機能を持つ。

超音波センサーは12個搭載し、8m先の物体を高い精度で検知する技術がある。

カメラの視界を 超音波センサー が補完。近距離は隙間なく検知するようにしている。

自律走行運転

◆ ナビゲート オン オートパイロット

車線変更を提案しステアリング操作を行う機能のようです。速度の遅い車やトラックの後ろにとどまらないよう調整することで目的地までのルートを最適化する機能で、設定した目的地に応じて高速道路のインターチェンジの通過や乗り降りなどのステアリング操作を行うと、HPには記載されています。

◆エンハンスト サモン機能

まず、「サモン」機能が以前あり、それは、スマートフォンのアプリ経由で車を無人状態で前進、後退させる機能です。 狭い車庫の出し入れなどに便利な機能がありました。

一方、「エンハンストサモン」機能は、一部ユーザーのみ公開されている機能のようであるが、車を自分の所まで呼べる機能です。公道で使うことは認められていないようで、少なくとも、自宅などで自己責任で使う分には、優れた機能なのかもしれません。

これは、購入者の自己責任ではあるものの、無人自律走行車の販売が開始されたともいえる状況である。

◆ ワイヤレスによるソフトウェアアップデート

技術は、日々進化していくので、過去に買ったクルマの機能が古くなるにが通常でした。しかし、テスラ社の機能には、ワイヤレスでの通信機能が備えられていて、ソフトウエアを更新可能にしている。最新の機能で車に乗れるようんいなっている。

特許で見る保有技術

バッテリーなどの電気自動車関連の特許が多くある。

この後、自動運転に関する技術について、調査を行って、掲載予定。

「ナビゲート オン オートパイロット」や「エンハンスト サモン機能」についての特許出願があるのか、確認してみようと思います。 しばらく、お待ちください。

2020年1月6日更新 アナリスト 松井

「自動車部品マグナが「リフト」に200億円出資 自動運転車の開発強化 Forbes JAPAN」など、2018年3月18日     ニュース

ニュース
自動車部品マグナが「リフト」に200億円出資 自動運転車の開発強化

ライドシェア大手の「リフト(Lyft)」は、カナダに本拠を置く自動車部品大手「マグナ(Magna)」と自動運転車の開発でパートナーシップを締結した。 … によると、同社は自前の自動運転技術を開発しながら、今後もゼネラルモーターズやウェイモ、フォード、AptivやnuTonomy、ジャガーランドローバーなどと自動運転車のパイロット …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
動画:に話しかける人もいた自動運転車の試乗イベント 人はどこまでAIを信じられるか?

Googleから独立して現在も自動運転車の研究開発を続けているWaymoが、一般向けの先行試乗イベントを実施。その模様を公開した。 先行試乗はアリゾナ州フェニックスの公道上で実施されている。体験する人は後部座席に着席しており、緊急時に人間が操作を代わることは想定していない。これは自動運転技術の難易度 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
GM:自動運転量産の生産拠点をミシガンに決定

「UAWは加盟各社とともに次世代モビリティを作り上げる準備を進めている。今回の投資は我々の、自動運転車を作るという意気込みを強調するものだ。伝統的なクルマから最新技術まで、我々のメンバーには素晴らしい製品を届けるポテンシャルを有している」とUAW ゼネラルモーターズ部門・副会長のシンディー・エストラーダ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日野自動車<7205>のフィスコ二期業績予想

トラック・バスなど商用が主力。トヨタの連結子会社。インドネシアやタイなどが稼ぎ頭。自動運転などの技術開発を担う先進技術本部を今年2月新設。トヨタとマツダのEV開発会社にも参画。18.3期3Qは増収増益。 国内は昨年5月の新モデル効果で販売台数増。海外はタイが低調もインドネシアが増勢。米国も伸びる。18.3 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
トヨタ自動車、『スラムダンク』の「桜木花道ロボット」開発 フリースロー100%成功

トヨタ自動車が、バスケットボールのフリースローロボット「Cue」を開発した。(イメージ写真提供:123RF). 台湾メディア・ETtodayは17日、日本のみならず世界を代表する自動車ブランドのトヨタ自動車がこのほど「AI桜木花道」を作ったとする記事を掲載した。 記事は「AI(人工知能)とロボットの結合は、人類により便利な生活を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動車部品マグナが「リフト」に200億円出資 自動運転車の開発強化

リフトは昨年、自動運転システムの開発競争に参入したが、ライバルのウーバーやウェイモらがこの分野では先行している。マグナは企業規模が大きく、世界中に自動車メーカー向けに幅広い部品を提供しているほか、車両開発も行っている。リフトはマグナとの提携で、この分野での遅れを一気に挽回することが期待できる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「貴陽の無人自動車製造に世界の自動運転エンジニアが結集 SankeiBiz」など、2018年3月14日     ニュース

ニュース
貴陽の無人自動車製造に世界の自動運転エンジニアが結集

「Move it」は、最新自動車技術の開発、製造、振興に専念する自動運転のグローバルな革新的オープンソースコミュニティーである。「Move it Hackathon」はコミュニティー初のオフラインアクティビティーで、自動運転が直面する共通課題に協力して取り組むことを目指している。そのソリューションは無人自動車の革新と適用の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
と連動したVR体験?Uber、自動運転車向けの特許を取得

世界70カ国で配車サービスを展開するUberは、今後もユーザーに新しい乗車体験を提供する技術を追い求めていくことが期待されます。 自動運転車の車内におけるVRの活用については2017年末から大手IT企業でも言及が増えています。Mogura VRでは、各社が取り組むVR/ARとAV(自動運転車)に関する記事を紹介してい …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
貴陽の無人自動車製造に世界の自動運転エンジニアが結集(共同通信PRワイヤー)

この共同キャンプに参加したエンジニアと助言者は全て、一流の自動運転企業と大学からやって来た。アクティビティーはワイヤ制御技術転換、アルゴリズムのデバッグ、自動運転サンプルの製造と試運転、助言の共有などに及んでいる。エンジニアは現地でライン制御車両技術を実践し、ライン制御車両の基本シャシーを …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
脳波やジェスチャー操作も ここまで進化した “未来を感じる”クルマたち (1/2)

脳波やジェスチャーで操作できる――そんなクルマの未来を自動車メーカー各社が描いている。ここ数年で自動運転技術を始め、通信機能を備えるコネクテッドカーとその周辺技術はさらに発展し、未来を感じるクルマたちが数多く登場してきた。 ITmedia NEWSでは、EV(電気自動車)メーカー大手の米Tesla(テスラ)最量販 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
脳波やジェスチャー操作も ここまで進化した “未来を感じる”クルマたち

目的地までの運転操作をクルマ側が担う自動運転技術を採用するのが、トヨタ自動車が「2018年北米国際自動車ショー」(米デトロイト、1月14日~2月28日)で世界初公開したクロス … AIやディープラーニング(深層学習)の技術を取り込み、クルマが運転手の行動を先読みしながら運転をサポートできるようになるとしている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマの先を狙える建設車両自動運転

東日本高速が除雪運転支援に取り組むのは、操作にたけた熟練オペレーターの高齢化や労働者不足を懸念しているからだ。ICT(情報通信技術)を活用して経験の浅いオペレーターでも的確に操作できるようにする。同社は13年度から研究・開発に着手。これまでにGPSを活用して凍結しやすい橋の位置をオペレーターに …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
の情報多すぎて選びにくい=無職・石原信哉・73

高齢運転者による交通事故が報道されることが多くなった。自動車メーカーは自動運転の開発を競って進めているが、これからも技術の支援を受けのある生活を続けたい。 先日、大手3社の新車を見学した。豪華なショールームに、親切で丁寧な販売員。それぞれに好感が持てた。もらったカラフルで分厚いカタログはめくる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自律走行トラックで「空っぽの荷台」を埋めるという、Uberの挑戦が始まった

技術的な障害はまだいくつかある。例えば、一部の州では道路の端に停車している緊急車両を追い越す際、一定の間隔をとるよう義務づけられている。Uberのチームはこの規定に確実に沿うための方法を模索している。 またすべての運転操作を行うドライヴァーと同様、自動運転のトラックに乗車するオペレーターも、周囲の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
東大首席だった山口真由氏、運転免許の試験に落ちていた過去を告白

と告白。東大法学部在学中に司法試験に合格、卒業時には首席だったという華麗な経歴を持つ山口氏の発言に橋下氏らも「落ちる人いるの!?」と驚愕。すると「ペーパーは満点だったんですけど、実技で落とされて…。後ろからも来てたし、いろんなことを言われてパニックになってしまって。生まれて初めて試験に落ちました。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【電子版】米キティホークの空飛ぶ自動運転タクシー、試作機の動画公開 グーグル共同創業者が支援

キティホークのCEOを務めるのはセバスチャン・スラン氏。グーグルの先端技術開発部門であるX(旧グーグルX)を創設し、自動運転車や「グーグルグラス」などの開発プロジェクトを主導した人物として知られる。 空飛ぶ自動運転タクシーを巡っては、参入が相次いでいる。インテルが支援する独ボロコプター(Volocopter)は1月に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「「EV向けバッテリー世界首位」パナソニックの不安は 毎日新聞」など、2018年3月12日     ニュース

ニュース
「EV向けバッテリー世界首位」パナソニックの不安は

電気自動車(EV)をめぐるパナソニックの動きが活発だ。パナソニックは2017年10月、横浜市にある同社の試験場で、自動運転システムを搭載した小型のEVを報道陣に初めて公開した。「自動運転EVコミュータ」と呼ばれる自社開発の実験は、2人乗りで、全長2・5メートル、車両重量は566キロ。 「いよいよパナソニック …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
JAXAと自工会が連携、自動運転車のAIの品質保証に取り組む

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2018年3月9日、自動運転車など人工知能(AI)によって自働化するシステムの品質保証に向け、日本自動車工業会との連携を開始したと発表した。 2019年3月まで1年間、AIのソフトウェア品質の確保に必要な手法や守るべき要件をまとめる活動に協力する。JAXAは安全評価解析技術など …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、つながる1万台供給 米レンタカー大手に

トヨタは車両を管理・監視する機器の開発やデータの分析で強みを発揮しようとしている。自動車のシェア・レンタル企業はこの分野にあまり力を入れていないため商機があるとみている。 エイビスは貸出時の駐車場内でのの場所探し、返却時のガソリン量や走行距離の読み取りなど、時間がかかっている工程をトヨタ自動 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
グーグルのウェイモ、自動運転の大型トラックの実証実験へ

ウェイモは従来、主にFCA USのクライスラーブランドのミニバン、『パシフィカ』をベースにした自動運転プロトタイプで、自動運転の走行テストを実施してきた。今度は大型商用の分野でも、本格的に自動運転技術の開発に取り組む。 ウェイモは、グーグルのデータセンターに荷物を届ける大型トレーラーに自動運転技術を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
EV時代視野、情報収集 岡山の関連団体

岡山県内の自動車関連企業で構成する「岡山県自動車関連企業ネットワーク会議」は12日、岡山市で総会を開き、2018年度の事業計画を決めた。電気自動車(EV)や自動運転といった産業構造変化の中で、経営、人材、生産技術、開発技術の4つの分科会を通じて経営戦略や業務効率化などに関する研究、情報収集を強化 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
壁の向こうの「見えない物」の立体形状を、レーザー光線で“見る”:米大学がシステムを開発

将来、同じことが自律走行でも可能になるかもしれない。少なくとも、このアイデアは自動運転技術への応用を前提に生まれた。レーザーの光子(光の粒子)の軌跡を利用し、隠れた対象物の位置と形状を計測する技術だ。「隠れているもの」がウサギでも、通り過ぎる歩行者でも、変わりはない。 これは、まったく新しいアイデア …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【インタビュー】フォルクスワーゲン乗用車ブランド CEO Dr.ヘルベルト・ディース氏が語る、ディーゼル …

そのジュネーブショーで、完全自動運転のEV(電気自動車)「I.D.VIZZION(アイ.ディ.ビジョン)」を世界初公開したのがフォルクスワーゲンだ。I.D.VIZZIONは、フォルクスワーゲンが発表し続けるEVの新しい形である「I.D.(アイ.ディ.)」シリーズの4番目のモデルとなり、フォルクスワーゲンがEVにかける熱い意気込みを具現化した …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
JAXAと自工会が連携、自動運転車のAIの品質保証に取り組む

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2018年3月9日、自動運転車など人工知能(AI)によって自働化するシステムの品質保証に向け、日本自動車工業会との連携を開始したと発表した。 2019年3月まで1年間、AIのソフトウェア品質の確保に必要な手法や守るべき要件をまとめる活動に協力する。JAXAは安全評価解析技術など …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AIのタクシー需要予測で売り上げ2割増 トヨタなど4社が実証実験

トヨタ自動車など4社は、人工知能(AI)を用いたタクシー需要予測技術を開発、東京都内で試験導入を開始したと9日に発表した。都内を500m四方ごとに区切り、各地域のタクシー乗車数を30分単位で予測するもので、2018年度内の実用化を目指すという。 共同開発したのはトヨタ自動車のほか、日本交通を母体とするIT企業 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「Elapheのインホイールモータ技術を駆使した自動運転コンセプトカー “Icona Nucleus”、ジュネーブモーター … MotorFan[モーターファン]」2018年3月12日     ニュース

ニュース
Elapheのインホイールモータ技術を駆使した自動運転コンセプトカー “Icona Nucleus”、ジュネーブモーター …

… 完全自動運転)を目指しており、現在のレベル3(条件付自動運転)から一気に躍進することになる。運転者がいらないというのはただ単にダッシュボードやハンドルの場所が空くだけでなく、完全にくつろげる空間としての車内の再デザインが求められることになる。焦点はもう道路ではなく、旅の経験そのものになっている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「EV向けバッテリー世界首位」パナソニックの不安は

自動運転EVコミュータ」は、部品などを開発するための実験であり、電気自動車を開発する計画はないとのこと。 パナソニックが電気自動車関連で一番力を入れて … ただし、ウェイモ幹部によれば新会社の中心は自動運転技術の開発であり、自動車の製造ではないという。その方針に沿ってか、ウェイモは17年6月、自社 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AdaSkyとST、自動車向けに高分解能の視認能力の提供で協力

STの協力により、当社は初の自動運転車向け高分解能サーマル・カメラを、最小サイズ、最軽量、最低消費電力で、かつ可動部品を用いることなく製造することができました。超低消費電力設計や車載アプリケーションに最適なIP、そして28nm FD-SOI技術など、STならではの専門知識や技術があってこそ、センサの性能に課 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Waymo(元Google)が自動運転トラックの公道テストを開始、物流の自動化競争に参戦

Googleからスピンアウトした自動運転カー開発のWaymoが、自動運転トラックの公道テストを行うことを発表しました。 … 自動運手カー技術でリードするWaymoですが、トレーラーは車両自体が大きく、旋回や制動での挙動の違いや一般より死角が多いなどの特性があるため、自動運転カー技術をそのまま応用できるわけ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自工会、次期会長に豊田トヨタ社長…初の再任に

また、20年の東京オリンピック・パラリンピックに向けた燃料電池(FCV)普及や自動運転技術の導入に関わる環境整備も重要となる。豊田氏は前回の任期中には、若年層のクルマ離れなどへの対策として、隔年開催の東京モーターショーがない年には東京臨海副都心でクルマやバイクへの関心を高めてもらうイベントを開催 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
未来の交通手段の実証実験が始まった! 日産とDeNAが協業する「イージーライド」って何だ?

イージーライドは、日産が開発中の完全自動運転技術を、DeNAが開発するモビリティーサービス事業と連動させるものだ。 ここでいうモビリティーサービス … 第1段階の実証試験では、3月に横浜・みなとみらい地区の約4.5kmのルートで先代「日産リーフ」をベースとした完全自動運転車を運行させる。 では、イージーライドとは …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産リーフは、この技術が凄い! 開発担当者が、4つの開発秘話&うんちくを大公開!! 【NISSAN LEAF …

自動運転技術」「シャシー制御」「パワートレイン」「空力/燃費性能」という4つのテーマに“技術うんちく”というエッセンスを加えた、熱のこもった、とてもユニークな内容だっ … 実際に新型リーフのステアリングを握ると、エンジンやハイブリッドカーでは味わうことができない、静かで快適な乗り味に魅了される。e-Pedalと呼ばれる「 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「一国多制度」検討の時 技術革新と多様化に対応

一国多制度」検討の時 技術革新と多様化に対応 柳川範之 … 第4次産業革命といった言葉を持ち出すまでもなく、現代社会が大きな技術革新の波にさらされていることは疑いの余地がないだろう。人工知能(AI)の発達や自動運転車の急速な普及、仮想通貨やブロックチェーン技術など、多くの新技術に関する話題が飛び交う。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アウディ Pop.Up Next は室内に49インチスクリーン装備のドローンEV…ジュネーブモーターショー2018

Up Nextがジュネーブモーターショー2018でワールドプレミアされている。 Pop.Up NextはPop.Upに対して、大幅に軽量化され、インテリアのデザインも変更。超軽量の2名乗りキャビンは、車両モジュールと飛行モジュールのどちらにも取り付け可能。アウディは、バッテリーと自動運転技術のノウハウで、このプロジェクトを支援し …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
もはや付いてるのが当たり前!? 『衝突被害軽減ブレーキ搭載』を総額2ケタ万円で手に入れる

【ボルボ S60(2代目)/ボルボ V60(初代)】クーペ風セダンのS60と、ステーションワゴンのV60がデビューしたのは2011年。35km/h以下で歩行者や前方歩行車両との衝突を回避する「ヒューマン・セーフティ」と、低速走行時の衝突を防止する「シティ・セーフティ」を標準装備した。その後のマイナーチェンジなどで先進安全技術を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「 【材料】個人投資家わらしべ:アクセルが自動運転ベンチャーのティアフォーに出資【FISCOソーシャル … 株探ニュース」など、2018年3月10日     ニュース

ニュース
【材料】個人投資家わらしべ:アクセルが自動運転ベンチャーのティアフォーに出資【FISCOソーシャル …

2017年12月8日付の日刊工業新聞は「完全自動運転EV、ティアフォーがエヌビディアと連携開発」という見出しで、『【名古屋】名古屋大学発ベンチャーのティアフォーは、米半導体大手のエヌビディアと業務提携し、完全自動運転の小型電気自動車(EV)を開発した。ハンドルやアクセルペダルなどのない完全自動運転車の開発 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
スバル社長交代 あの「SUBARU」に何が起こっているのか

現社長の吉永泰之氏は、2011年6月の就任以来、2012年には2月に軽自動車の生産を終了したか思えば、翌3月にはトヨタ自動車 <7203> との共同開発を商品化、翌年3月にはSUBARU初の … いずれにせよ、これからの自動車業界には電気自動車の台頭や自動運転技術の向上など、大きな変革が待ち受けている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「Lyft、米最大規模の自動運転車テスト施設GoMentum Stationと提携 CNET Japan」など、2018年3月9日     ニュース

ニュース
Lyft、米最大規模の自動運転車テスト施設GoMentum Stationと提携

GoMentum Stationは米国で最大規模の安全な自動運転車テスト施設である。Lyftによると、この提携により、Lyftの自動運転車を一般の人々に提供するまでの時間を短縮できるという。 Lyftのエンジニアリング担当バイスプレジデントであるLuc Vincent氏は次のように述べた。「Lyftでは、自動運転車があらゆる人々にとって交通 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ポルシェがブロックチェーンスタートアップ企業「XAIN(ゼイン)」と提携することを発表

ドイツに本社を置く自動車メーカーポルシェが2018年2月、ブロックチェーンとAI開発をするベルリンのスタートアップ企業XAIN(ゼイン)と提携し、自動車分野への … ブロックチェーン技術導入は、ポルシェだけではなく各自動車メーカーも自動運転車の開発に向け、積極的に取り入れようとする動きが見受けられるので、本格的に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Didi Chuxing(滴滴出行)、自動車取引ビジネスの拡大に向け「Renrenche(人人)」と提携

同じイニシアチブのもと Didi は、自動車シェアのプラットフォームを作るために自動車メーカーとも提携する予定で、また電気自動車の充電ビジネス、ガス事業にも手を広げてきた。広報担当者によればガス事業は現在利益があるという。同社が検討している他のセクターとしては、自動運転、自転車レンタル、自動車金融がある。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタも注目のブロックチェーン3.0が自動車業界を変える!?

ネット接続機能を前提とした技術を用いて、自動運転車に新たな価値や利便性をもたらすための開発を行っている。 … また、上記のTRIはマサチューセッツ工科大学(MIT)とも提携して、MITデジタル通貨イニシアティブの責任者は「ブロックチェーン・テクノロジーを用いて、ユーザーが自らの運転データを確実にコントロール出来る …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【ドイツ・中国―その他】ダイムラー、北京汽車のEV子会社に3.9%出資

ダイムラーは昨年6月に北京汽車と交わした枠組み合意書で、BJEVに戦略的投資を行い、新エネルギー(NEV)分野での提携を強化する方針を表明していた。 ダイムラーのフベルトゥス・ … になったと発表している。吉利集団は、EVや自動運転車(自動走行)などの分野でダイムラーの協力を求めたい考えとみられる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
アウディ、イタルデザイン、エアバスが、ジュネーブモーターショーで、自動運転車両とパッセンジャー …

アウディ、イタルデザイン、エアバスの3社は、3月8日~18日に開催のジュネーブモーターショーで、道路および空中を移動する完全な自動運転の電気自動車コンセプトモデル “Pop.Up Next” を展示している。遠い将来この “クルマ” は、人々を乗せて都市の道路と空中をすばやく便利に移動し、様々な交通問題を解決する可能性 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
グーグル系のウェイモ、自動運転トラックの実用試験

には専用の自動運転システムを積むものの、まずは経験豊富な運転手が同乗して問題があれば人による運転に切り替える。 ウェイモは乗用車ですでに延べ500万 … 同社は同日の声明で「10年近い乗用車での走行経験がトラックへの自動運転技術の応用を可能にした」とコメントした。 自動運転トラックの開発に取り組むの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【材料】個人投資家わらしべ:アクセルが自動運転ベンチャーのティアフォーに出資【FISCOソーシャル …

現在、自動運転技術を支えるシステムLSIは、コンピュータグラフィックス処理に最適化された画像処理用半導体(GPU)が最適解として利用されていますが、今後自動運転車を幅広く普及させていくためには、より自動運転に最適化された専用デバイスが必要になると考えられており、今回両社はその研究開発で協力していくこと …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ブロードコム買収検討か インテル、米紙報道

ただ、ブロードコムの時価総額は1040億ドル(約11兆円)と大きいことなどから、買収計画が実行される保証はないとも伝えている。 インテルは、ロイター通信の取材に対し「合併や買収に関連するうわさや臆測にはコメントしない」と答えた。昨年買収した自動運転車技術開発を手掛けるイスラエルのモービルアイなどとの統合 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
三菱ふそう、電動ごみ収集の実験へ 川崎市と協定

三菱ふそうトラック・バスは9日、川崎市と環境配慮型社会の構築などで包括協定を締結したと発表した。電動のごみ収集を使い、二酸化炭素(CO2)や騒音を出さないごみ収集の実証試験を実施する。将来的には部分的な自動運転の導入も検討し、先進技術を検証する拠点とする。 ご… [有料会員限定] この記事は会員 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「2040年、主役は自動運転車 AIで車内と街の見守りも 日本経済新聞」など、2018年3月7日     ニュース

ニュース
2040年、主役は自動運転車 AIで車内と街の見守りも

環境規制の強化による電動化や自動運転技術の進化を核として、2040年に向けてクルマ技術は大きく変わる。一部の国で … 本稿では自動運転技術とその実現を支えるセンサー、人工知能(AI)の将来の姿を探る。 □75%が自動運転車に. 2040年、道路交通の主役は自動運転車になり、運転免許はほぼ不要になる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車で郵便物配送、日本郵便が東京都心で実証実験へ

実証実験期間は3月12日から16日。自動運転車が千代田霞が関郵便局を出発し、西新橋郵便局を経由して銀座郵便局まで、郵便物などを輸送する。実証実験には自動運転技術の開発を手がけるアイサンテクノロジー、ティアフォーのほか、損害保険ジャパン日本興亜、東京都(東京自動走行ワンストップセンター)が協力する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転もっと身近に フォードが宅配実験、ウェイモは疑似体験動画 (1/2ページ)

フォードの自動運転車・電動化担当バイスプレジデントのマラクバイ氏は「フロリダの実験で、ビジネスモデルの検証を行う。顧客の反応を調べ、その結果を2021年に市場投入を計画している専用のデザインに生かす」と説明した。 同社は荷物の配達を自動運転の将来の鍵とみている。ウェイモやゼネラル・モーターズ(GM)は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマは“動く居住空間”へ、VWがコンセプトEVを公開

クロス)」、MPV(多目的)の「I.D. BUZZ(アイ.ディ.バズ)」を発表している。 音声やAR技術を介した操作や完全自動運転、インターネットへの常時接続などの機能によって、乗員を運転から解放し、乗員に新しい自由な時間を提供する。AR技術には、米マイクロソフト(Microsoft)の「HoloLens」を利用する。学習機能を備えた …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「Waymo」が公道を自動運転車で走行する様子を収めた360°動画を公開

Googleの自動運転車開発プロジェクトが独立し、アルファベット(Alphabet)傘下となった「Waymo」。 同社はGoogle時代の2009年に自動運転車の開発をスタートさせ、既に公道での実走行テストを800万km以上に渡って行なうなど、自動運転技術で他社を凌駕しています。 そうしたなか、同社は動画サイトで自動運転車に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
エアバスとアウディがタッグ! 空を飛び、地上も走る自動運転車「Pop.up」が進化

空を飛び、地上も走る自動運転車「Pop.up」が進化. エアバスが、モジュラー式の空飛ぶ自動運転車「Pop.up」の構想を明らかにしたのは昨年3月のこと。それから1年、その進化 … ご存知のとおり、エアバスは空飛ぶタクシーを開発中で、アウディは自動運転やバッテリー分野で技術を積み上げている。また、イタルデザインは …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車の実用化を支援、国家標準拡充へ

自動運転車に関する韓国の国家標準(KS)が、現在の93種から2021年には200種に増える見通しだ。産業通商資源省の国家技術標準院は7日に自動運転車の実用化に向けた標準作りの研究会を開き、業界関係者と共に標準化計画をまとめ、KS適用対象の拡大などを話し合う。 政府は運転… 関連国・地域: 韓国.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
VWのEVセダンは「モデルS」に対抗、自動運転中は「HoloLens」で拡張現実

ステアリングやペダルのない、レベル5の自動運転車となる。バッテリー容量は111kWh、走行距離は最大で665kmだ。 EVのコンセプト「I.D.」シリーズの4車種目となる。車両サイズは全長5163×全幅1947×全高1506mmで、ホイールベースを3100mmとし、プレミアムクラスのセダンと位置付ける。同シリーズでは、これまでに …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日中韓の5G商用化「実はいばらの道」中国メーカー米市場参入に立ちこめる暗雲

韓国メーカーは、5Gを自動運転車の基幹技術の一つと位置づける。2月6日配信の中央日報日本語版によると、業界大手のSKテレコムは19年の自動運転商用化を目標に据える。自動運転車2台による実験では、前方が事故を予測して停車した際、その情報を0.001秒で後続に伝えて停止させることに成功した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NVIDIA、世界トップクラスの AI エキスパートが集結する GPU テクノロジ カンファレンスを開催

本カンファレンスで初めて世に出る技術も多く、AI の進化をけん引し、仮想現実や自動運転車を実現する企業と直接コミュニケーションを図ることのできる、 … ・200超のスタートアップが独自の高い技術力をアピールします。3 月 27 日(火)午後 4:30~5:30 (太平洋標準時間)に行われる NVIDIA Inceptionアワードの最終選考 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
VWのEVセダンは「モデルS」に対抗、自動運転中は「HoloLens」で拡張現実

Volkswagen(VW)は、「ジュネーブモーターショー 2018」(プレスデー:2018年3月6~7日、一般公開日:2018年3月8~18日)において、電気自動車(EV)のコンセプトセダン「I.D. VISION」を世界初公開した。ステアリングや … 乗員の好みや感情を理解する学習機能を備えた人工知能「バーチャルアシスタント」も搭載している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
Uber、自動運転でWaymoとの連携を熱望との噂

常に話題に事欠かないUber(ウーバー)に、こんな噂がでています。自動運転車開発のWaymo(ウェイモ)との提携を視野にいれている、と。Waymoとなにを話しているのか、どういう状態にあるのか、詳しいところはわかりませんが、Uber側が提携を希望しているらしいという噂です。 あれ? UberとWaymoといえば、先月、特許 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日本郵便 自動運転車で配送実証実験へ

日本郵便は、自動運転車による郵便物配送の実証実験を、来週から東京都内で始める。 実験では、東京・千代田区の日本郵便本社内にある郵便局から、銀座郵便局までのおよそ2kmの区間で、自動運転車を使って郵便物を運ぶ。 センサーやカメラなどで信号や障害物を認識しながら自動運転を行い、安全を確保するため …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「自動運転車 公道で実験…淡路 読売新聞」など、2018年3月5日     ニュース

ニュース
自動運転車 公道で実験…淡路

公道での実証実験は全国各地で行われ、県内では神戸市に次ぐ。今回は市や県、夢舞台に誘致した企業などでつくる委員会が、技術開発を手がける企業や大阪大と連携して実施した。 収集データと、乗車した市民へのアンケート結果を分析し、自動運転車の普及をにらんだまちづくりに反映させる。人口減少や高齢化が進み、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
モータージャーナリストが「CES2018」をレポート!クルマの未来を切り拓く4つのキーワードとは?

世界最大級のコンシュマー・エレクトロニクス・ショー(=CES)の主役はもちろん家電なのだが、ここ数年は、自動運転車やコネクテッド・カーが跋扈し、モーターショーと見 … 自動運転車を制御するソフトを開示して、開発環境を提供するアポロ計画の最新版「2.0」を発表。 … AIと脱着可能なバッテリパックの搭載が注目の技術だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
東芝 200メートル先を検知 自動運転用半導体開発

東芝は自動運転車に搭載する次世代センサー「LiDAR(ライダー)」向けに、200メートル先を正確に検知できる技術を開発した。センサーに組み込む半導体を開発し、従来は100メートルだった検知可能距離を2倍にしたという。開発した回路は低コスト生産ができ、普及が見込まれるライダーでの採用拡大をめざす。 ライダーは …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産「セレナ e-POWER」が背負った重大使命

星野専務が見せた自信の背景には、セレナとe-POWERの確固たる実績がある。セレナは2016年8月に自動運転技術「プロパイロット」を引っ提げて刷新して以降、販売は好調に推移する。今年1月の国内登録販売台数では4位。ミニバン部門ではトヨタ自動車の「ヴォクシー」を抑えてトップにランクインし、日産の看板車種だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
持続可能な社会には何が必要ですか

だからこそ、自動車産業に携わる私たちは「人と技術と未来」について、いつも真剣に向き合っていなければなりません。 … 幸いにも、内燃機関のような過酷な状況でも耐えられるセラミックの技術があります。エンジンの燃焼 … だがそれは今、夢ではなくなりつつあり、自動運転車のように夢の先へ進んでいるものもあります。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
2035年のコネクテッドカー、台数1億1010万台を予測

電気自動車(EV)/プラグインハイブリッド(PHV)型を除く通信モジュールを標準搭載した「エンベデッド型」とミラーリンク対応DAを除くモバイル端末の通信機能を … 今後は、死角解消の役割だけでなく、自動運転関連技術として周囲の状況把握を詳細に行うなどの役割が期待されており、2035年には425億円を予測する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自家用の未来は?一覧へ

自家用によって得られる利便性と事故のリスク。簡単に免許を返納してはどうですかとは言えません。運転者のアシスト機能や自動運転技術が進めば、交通事故そのものがさらに減るばかりでなく、公共交通機関のない地域での移動手段として期待できると思います。そんな夢のような時代はもうすぐそこまで来ている気が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米ウォルマート ブロックチェーン使った物流システムの特許出願

ウォルマートが出願した特許「スマートパッケージ」はブロックチェーン技術を利用し、荷物の中身、環境条件、場所などの詳細情報を追跡するシステムだ。出願書類に記載されている機器は、自動運転車やドローンなどの新技術で用いられることが想定されている。 出願書類によると、ブロックチェーンには「販売者の秘密鍵 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

 

「トヨタ、自動運転AIで新会社 都内に1000人規模 日本経済新聞」など、2018年3月3日 ニュース

ニュース 
トヨタ、自動運転AIで新会社 都内に1000人規模

トヨタ自動車は2日、デンソー、アイシン精機と共同で人工知能(AI)など自動運転技術を開発する新会社を設立すると発表した。技術者を中心に1000人規模で今後数年で3000億円以上を投資する。トヨタは2020年から自動運転車の本格投入を始める計画。国内外の技術者を大量採用してAIの応用技術やソフトウエアなどの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
福山市と群馬大研究センターが公道で実験 市長試乗、住宅街1キロを走行 県内で初、実用化に期待 /広島

福山市の日吉台学区で1日、公道を使った自動運転車の実証実験が始まった。高齢者の移動手段の確保などを目指し、路線バスなど走行ルートを限定した自動運転技術開発に取り組む群馬大次世代モビリティ社会実装研究センター(群馬県桐生市)に福山市が委託した。実証実験は国内各地で進んでおり、県内では初めて。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
「風景把握」に力 群大研究「地域限定、商用化」目指し 桐生で毎日新聞記者が試乗 /群馬

… 激化している自動運転技術。群馬大は2016年に桐生市内で自動運転自動車の公道実証実験を開始し、「次世代モビリティ社会実装研究センター」を拠点に、路線バスや機械式駐車場の駐車での導入などに取り組む。目指すのは、地域限定の完全自動運転商用化。研究はどこまで進んでいるのか。2月16日、自動運転車に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
日産とDeNAの「イージーライド」に試乗、クルマ×ITは次世代へ

2013年に日産は、2020年までに革新的な自動運転技術を複数車種に搭載する予定と発表。日本の自動車メーカーとしては、いち早く自動運転の実現に言及した。筆者は同時期に米国のテストコースで実験に同乗。ステアリングに触れずにコーナーを曲がり、歩行者を模したボードが飛び出すとペダルを操作しなくても急停止 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
自動運転技術、日本と欧米の違い

平昌冬季五輪を無事に終え、新たなマスコットキャラクターが決まるなど、東京五輪に向けた準備が始まった。世界中からメディアや観光客が集まるオリンピック・パラリンピックは日本の技術力を国内外に示す格好の場でもある。その一つが五輪会場周辺などを走る自動運転車だ。 □海外でもあまり例のない規模の実験.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
ADASおよび自動運転技術の開発、スムーズかつ高速に!

より進化したADASは、運転に不慣れだったり、瞬時の判断操作能力が衰えてしまったりしたドライバーを支援し、周囲の人たちをも事故から守る。これらの取り組みにはより実践的なテスト走行と検証が必須であり、当サイトでもお馴染みのZMP社は、市販をベースにした自動運転技術開発用プラットフォーム「RoboCar® …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
トヨタがアマゾン他と提携。自動運転車の宅配・宿泊サービスを本格始動!

ネット通販の商品配送やファストフードの宅配など、提携先の用途に応じた設備を各車両に搭載し、走行データなどをひとつのプラットフォームに集めてサービス改善に役立てる。また、マツダ・Uber・滴滴出行が技術パートナーとして車両設計に加わるほか、Uberや他社が開発した自動運転システムも搭載して、技術・サービス面 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
ルノー日産三菱が機能統合を加速「一体運用での成長を証明する」

プラットフォームやパワートレインだけでなく、新技術とモビリティサービスの機能統合も進める。ルノー日産三菱では、2022年までに12車種のゼロエミッションの新型を発売する計画だが、複数の車両セグメントで電気自動車の新規プラットフォームと構成部品を共用することになる。自動運転技術についても、さまざまなレベル …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
日経企業イメージ調査 関連、技術で評価高く

日本経済新聞社と日経広告研究所は「第30回日経企業イメージ調査」をまとめた。ビジネスパーソンが抱く企業イメージの総合ランキング(調査21項目の平均得点=総合得点)はトヨタ自動車が17年連続で1位となった。 自動運転など新技術の開発が急ピッチで進む自動車関連が順位を上げた。車載電池に強みを持つ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
日産のミニバン「セレナ」に、エンジンで発電して電気で走る「e-POWER」搭載! 発表会場からリポート

日産自動車株式会社 専務執行役員 星野朝子氏は発表会の冒頭に「セレナは”BIG”、”EASY”、”FUN”、これがを作る時のコンセプトでございます。このコンセプトの元、日本の自動車メーカー初の自動運転技術“プロパイロット”を搭載して、一昨年の2016年秋に発売いたしました。そして今回、新たに『e-POWER』を搭載いたし …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 

 

ニュース
トヨタ、自動運転AIで新会社 都内に1000人規模

トヨタ自動車は2日、人工知能(AI)など自動運転技術を開発する新会社を東京都内に設立すると発表した。当初は300人体制とし、国内外の技術者を獲得して1000人規模に拡大する。ソフトウエアなどの技術者が不足する中、トヨタが大量採用に乗り出すことで人材獲得競争が一段と激しくなる可能性もある。 トヨタ自動車の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
北京汽車・董事長「パナソニックと提携拡大交渉」

【北京=多部田俊輔】中国国有自動車大手、北京汽車集団の徐和誼董事長は3日、パナソニックと提携拡大の交渉をしていると明らかにした。両社は電気自動車(EV)分野で提携しており、自動運転をにらんだスマートカー領域に広げる方向で話し合いを進めているという。先端技術を獲得したい北京汽車と、世界最大の中国市場 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタはIT企業の下請けになるのか 運転免許も信号機も不要になる日

それ以外は使われていないわけですが、その時間帯にを使いたい人もいるわけで、自動運転クルマが常時インターネットとつながるようなコネクテッド技術が実用化すれば、 … そのクルマはソフトバンクグループと提携してロボット技術「感情エンジン」を搭載、所有者の健康状態、趣味嗜好などを読み取ることもできます。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「Waymoの360度ビデオを見ると自動運転車の仕組みがよく分かる、VR体験もあり TechCrunch Japan」など、2018年3月2日     ニュース

ニュース
Waymoの360度ビデオを見ると自動運転車の仕組みがよく分かる、VR体験もあり

360度で撮られているこのビデオは、Waymoのがライダーやレーダー、カメラ、コンピュータービジョンなどを駆使して、自分のまわりの世界を見るだけでなく、近くの物の動きを予測することを見せてくれる。実際に、Waymoの自動運転車に装備された技術は、300ヤード(274メートル)先の物を見分けることができる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
グーグル、自動運転の体験動画 不安心理乗り越える?

【バルセロナ=中西豊紀】米グーグル系の自動運転システム開発会社ウェイモは28日、あたかも自動運転車に乗っているかのような雰囲気を味わえる動画を公表した。自動運転は急速に開発が進む一方、技術の信頼性に不安を抱く人も多いとされる。各社が商用化を競うなか「社会の受け入れ」が自動運転各社の新たな課題に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
幅感覚は正確 群馬大の公道実験に乗ってみた

大学や自動車メーカー、IT企業による研究開発競争が激化している自動運転技術。群馬大は2016年に群馬県桐生市内で自動運転車の公道実証実験を開始し、「次世代モビリティ社会実装研究センター」を拠点に、路線バスや機械式駐車場の駐車での導入などに取り組む。目指すのは、地域限定の完全自動運転商用化。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
幅感覚は正確 群馬大公道実験

大学や自動車メーカー、IT企業による研究開発競争が激化している自動運転技術。群馬大は2016年に桐生市内で自動運転自動車の公道実証実験を開始し、「次世代モビリティ社会実装研究センター」を拠点に、路線バスや機械式駐車場の駐車での導入などに取り組む。目指すのは、地域限定の完全自動運転商用化。研究は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
金沢大とトヨタ紡織が包括連携 の内装、快適性や安全研究

堀副社長は自動運転や電動化など「CASE」といわれる技術革新について言及し、「自動車業界は100年に1度の大変革の時代にさらされている」と強調した。今後上質な移動空間を提供するために金沢大の幅広い知見を活用し、「工学だけでなく心理学的な空間認識も取り入れた研究活動で新製品開発と社内のイノベーション …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ポルシェ、自動車の管理や制御にブロックチェーン技術を活用–実車で試験開始

自動車の管理や制御にブロックチェーン技術を活用(出典:Porsche). 現在の試験では、アプリを使って自動車のドアをロックしたり解錠したりできる。一時的にを他者へ使わせるようなアクセス認証機能も備える。暗号化されたログデータへのアクセス機能を使えば、新たなビジネスモデルも考えられる。さらに、自動運転機能の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転企業に出資

トヨタ自動車グループの愛知製鋼は27日、自動運転技術を手掛けるベンチャー企業の「先進モビリティ」(東京)の第三者割当増資を引き受け、3億円を出資すると発表した。出資比率は非公表だが2割弱とみられる。 両社はこれまで磁気センサーを活用しての走行位置を把握する技術を共同で研究していた。資本提携で関係 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
電気自動車の未来にワクワク感はある? デーブ・スペクターが100%EVの新型「日産リーフ」に出会った

… ガソリンやディーゼルの販売を禁止する国が現れるなど、“クルマ、脱石油”の流れは確実。そこで次世代の主流を担おうとしているのが電気自動車(EV)です。 そして、新たな動力源とともに注目を集める「自動運転技術」も日々進化しています。将来の「完全自動運転」実現に向けた、運転支援技術からも目が離せません。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
コネクテッドカー(乗用車)、2035年に1億台超

富士経済は、自動運転技術との融合が進むコネクテッドカーやサイバーセキュリティに対する取り組み、AI(人工知能)と自動車の関連性、テレマティクスサービスなど、35品目の市場について調査し、将来の市場を予測した。 調査による … 今後はエンベデッド型が大衆クラスにも普及し、市場が急速に拡大するとみられている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
株式投信50日連続の資金流入 株安で、次世代技術にも関心

純流入額は3兆8000億円に達し、11年4~7月の53日間で集めた2兆2300億円を大きく上回った。日経平均株価が1月の高値から一時10%超下げ、その後も戻りが鈍いことから、個人投資家が好機とみて国内株型の投信などを買っているようだ。 人工知能(AI)や自動運転車、ロボットなど次世代技術を手掛ける銘柄に投資 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
トヨタがアマゾン他と提携自動運転車の宅配・宿泊サービスを本格始動!

トヨタ自動車は今年1月、米ラスベガスで開催された国際家電見本市「CES(コンシュマー・エレクトロニクス・ショー)で、移動・物流・物販・宿泊など多目的に使える自動運転の電気自動車(自動運転EV)「イー・パレット・コンセプト」を初公開。ネット通販大手Amazonや、ライドシェア大手のUber(ウーバー)などと提携して、自動 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、自動運転AIで新会社 都内に1000人規模

トヨタ自動車は2日、デンソー、アイシン精機と共同で人工知能(AI)など自動運転技術を開発する新会社を設立すると発表した。技術者を中心に1000人規模で今後数年で3000億円以上を投資する。トヨタは2020年から自動運転車の本格投入を始める計画。国内外の技術者を大量採用してAIの応用技術やソフトウエアなどの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産とDeNAの「イージーライド」に試乗、クルマ×ITは次世代へ

翌年にはフランスのITベンチャー「イージーマイル」(Easymile)と提携し、同社の無人運転小型バス「EZ10」に「ロボットシャトル」という名を与え、国内各地で実証実験を始める。続いて物流大手のヤマト運輸とも手を結び、「ロボネコヤマト」というネーミングで、自動運転社会を見据えた次世代物流サービスの実現を目指すと発表 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「[FT]米カリフォルニア州、完全自動運転車の走行解禁へ 日本経済新聞」など、2018年3月1日     ニュース

ニュース
[FT]米カリフォルニア州、完全自動運転車の走行解禁へ

米カリフォルニア州は、運転席に人が座らない完全自動運転車の走行を解禁する新たな規則を承認した。シリコンバレーのロビイストにとって念願の勝利だ。 同州の車両管理局(DMV)が自動車メーカーとIT(情報技術)企業に対し、「自然人」が乗らない自動運転の走行試験に青信号を出した。 これまでは緊急事態に備え、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
無給油1000km走行し、今できる自動運転まで全部入ったセレナe-Powerの衝撃

そのノートの大躍進を実現したのが「e-Power」というパワートレインです。 この「e-Power」は、電気自動車リーフで培ってきた電気自動車の技術に電気をガソリン発電供給するという、いわばいいとこどりの現状の電気自動車の最適解です。つまり、ガソリンは使いますが、を動かしている駆動はモーターそのものなので、制御も …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転技術ってどこまで来ている? AIの「認識」「判断」能力向上がカギ

自動運転の実現に向けては、パソコンの頭脳であるCPUを開発する米インテル社と日産自動車が提携したり、米グーグル系の自動運転開発会社ウェイモが、 … 本欄では、今後の自動運転に関するニュースを楽しみに見るためにも、その技術がどこまできているのか、何が課題なのかについて、ざっくり解説したいと思います。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
購入前に押さえておきたい豆知識 SUV選びチェックするべき4つのポイント

装着の有無に加えて実走行での使い勝手も比較したい もはや必須装備となった安全&運転支援装備。その中核となる衝突回避システムのチェックポイントは、回避対象に歩行者や自転車を含むか。都市部の走行が多いユーザーにとって特に重要だ。予防安全機能は自動運転技術を応用した運転支援と車両周辺状況の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車が電車になる日

年が明けて間もなく、ラスベガスで世界最大級の最新技術の見本市CESが開催された。過去10年間CESの主役であった … これまで「トヨタのに乗る」と考えられていた。今後、ライドシェア、自動運転などが進み、「e―Palette」のような世界観が広がっていくことで、電車と同じように「(自動車サービス)に乗る」となるはずだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ベンチャー出資 自動運転開発強化

… 割当増資を引き受け、資本提携すると発表した。自動運転技術の開発を強化する。出資比率は5%で金額は非公表。アイシンがベンチャー企業に出資するのは初めてという。 イデインは2015年4月設立で、AIを使った画像認識技術に強みを持つ。の周りの障害物を検知し自動走行で駐車するシステムへの活用を目指す。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルネサス、レベル3、4の自動運転システムの実用化に向けスマートカメラ用SoC「R-Car V3H」を発表

例えば、自動運転を実現するには3次元の空間の中において自と不特定多数の障害物の位置関係を把握しつつ、さらに障害物が何であるかを認識しなければなりません。この実現には、AIを取り入れたコンピュータビジョン処理が期待されており、今回のR-Car V3Hは業界最高レベルの低消費電力技術により、わずか0.3W( …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動車が電車になる日

モーターショーのように自動車の最新モデルが展示されているのではなく、インターネットにつながった「コネクテッドカー」、人工知能(AI)により実現しつつある自動運転車など、世界中の自動車メーカーがそれぞれの「未来のクルマ」像を提示している。 今年、ひときわ面白い発表をしたのが日本メーカーの雄、トヨタ自動車だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
誰もがCMを制作できる自動車販売サイト

Campaignの視点: 制作されたCMは単に「かろうじて鑑賞に堪える」といったレベルでなく、見ていて楽しい作品に仕上がっており、感銘を受けた。クリエイティブ領域で人工知能の技術をどのように活用できるかを、証明した取り組みといえるだろう。 (文:マシュー・ミラー 翻訳・編集:田崎亮子). 提供: Campaign Asia-Pacific.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
コネクテッドカー(乗用車)、2035年に1億台超

予測によると2035年には、世界で販売される新車のうち、96.3%がコネクテッドカーになる見通しだ. 富士経済は、自動運転技術との融合が進むコネクテッドカーやサイバーセキュリティに対する取り組み、AI(人工知能)と自動車の関連性、テレマティクスサービスなど、35品目の市場について調査し、将来の市場を予測した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
フォード、自動運転車によるピザ宅配実験–マイアミで

Fordは、宅配に関する新たな提携の下、フロリダ州マイアミの路上での自動運転車の実験をまもなく開始する。 Reutersが報じているように、Fordは、GoogleからスピンアウトしたWaymoやGeneral Motorsといった競合企業のように独自の自動運転車を開発するのではなく、提携を推進することによってこの新しい分野に参入 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「日産とDeNAが自動運転レベル4で実証実験 横浜みなとみらい地区で Newsweekjapan」など、2018年2月25日     ニュース

ニュース
日産とDeNAが自動運転レベル4で実証実験 横浜みなとみらい地区で

場所は横浜市のみなとみらい地区周辺で全長約4.5キロメートルのルートと4つの乗降地に限るが、モニターはアプリでを呼び出し、目的地まで移動するサービスを体験してもらう。 走行中、車内のタッチパネルには目的地周辺のお店で実際に使えるクーポンなども表示される。紹介する提携店舗には「運賃の一部を負担して …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ダイムラーとHEREが提携 将来のメルセデス・ベンツモデルに高画質ライブマップ機能を搭載へ

ダイムラーとHEREテクノロジーが提携し、ダイムラーの自動運転技術の一環としてHERE HDマップの開発を進めることを発表した。近い将来、登場が期待されている自動運転機能付きメルセデス・ベンツへの礎となるとして期待がかかっている。すでに現行のEクラスとSクラスと新型AクラスでHEREの地図を採用している …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【電子版】自動運転車向けデジタル地図、グーグルの独走阻止へ競争激化

これまで3社と提携しているが、他のメーカーはダッシュボードをグーグルに明け渡すことに消極的だ。 グーグルの広報担当者は「世界の包括的マップを製作している。自動車向けにわれわれのマップの有用性拡大に取り組んでいる」と述べたが、今後の計画についてはコメントを控えた。 アルファベット傘下で自動運転車開発を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
日産とDeNAが自動運転車でタッグ 来月に配車サービス「イージーライド」の実証実験

両社が2020年代の早期の実現を目指す本格サービスは、スマートフォンのアプリで乗りたい場所に車両を呼び、降りたい場所で降りられる利便性が特徴だ。 新サービス「イージーライド」の実験は3月5~18日に、横浜市のみなとみらい地区で行う。自動運転技術を拡充した日産の電気自動車「リーフ」2台を使い、配車予約の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米カリフォルニア州で自動運転車の新規制が導入か 承認の見通し

カリフォルニアに現在27の実証試験用のレクサスを保持しているAppleも新規制が承認された場合、恩恵を受けることになりそうですが、同社の自動運転事業に対する姿勢は未だはっきりしていないようです。昨年12月に関係者限定で「VoxelNet」と呼ばれるソフトウェアを用いた周辺環境マッピング技術を披露するなど、自動 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
3月に公道で自動運転タクシー実験

都市部だけでなく、公共交通機関に乏しい過疎地での活用も目指している。実験で適切な料金水準や提供してほしい情報などを聞き取り、サービス向上につなげる。運転の精度を高め、をネットとつなぎさまざまなサービスを提供する「コネクテッド」技術も革新し、車内での体験を充実させることで個性を出したい考えだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
吉利、EV技術協業狙う ダイムラーの筆頭株主に

一方、世界の自動車産業の趨勢は、EVや自動運転など最新技術分野に移っている。欧州や中国はガソリンの販売規制を強化するほか、自動運転分野では米グーグルやウーバーテクノロジーズなど新興勢力の参入も目立つ。10%弱の出資ではダイムラーの経営判断を動かす強制力はないが、出資を皮切りに交渉を進め、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ダイムラーとHEREが提携 将来のメルセデス・ベンツモデルに高画質ライブマップ機能を搭載へ

ダイムラーとHEREテクノロジーが提携し、ダイムラーの自動運転技術の一環としてHERE HDマップの開発を進めることを発表した。近い将来、登場が期待されている自動運転機能付きメルセデス・ベンツへの礎となるとして期待がかかっている。すでに現行のEクラスとSクラスと新型AクラスでHEREの地図を採用している …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
高齢者運転の事故防ごう 医師や企業、対策を提言 /沖縄

… していない場合も多く、運転免許の自主返納には家族らの協力が必要だ。返納後もの鍵の管理を徹底してほしい」と呼び掛けた。 りゅうにちホールディングス取締役の仲井間勝也氏は、自動車やバスの自動運転技術について紹介し、「自動運転技術が実現すれば、高齢社会でも安心安全に移動できる手段となる」と語った。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
走り出した「AIタクシー」…どこにお客さんがいるか近未来を予測

「AIタクシー」と聞くと、人工知能を持った自動運転で人々を運んでくれる、そんなイメージを持つかもしれない。現実にはまだそこまでのサービスは登場していない。いま実際に動き出しているのは、AIを用いて“少し未来の乗車需要”を予測し、効率的な運行を実現する、という方向性のもの。先日も、ソニーがタクシー6社と提携 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AIを”総合的判断”に使うと必ず失敗する

AIの実力を理解してもらうには、現在急ピッチで開発が進む「自動運転技術」を例にとるとわかりやすいだろう。無人でを … 次に、これらの情報を基に、運転動作に関するアルゴリズムが4つ必要になる。1.早く目的地 … 実際に決めた動作をが行うには、ハンドルやアクセルなどの動作をつかさどるアルゴリズムも必要になる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
テスラの「Autopilot」とGM「SuperCruise」のどちらの半自動運転システムが優れているのかを徹底比較

完全な自動運転技術の確立にはまだまだ時間がかかりますが、テスラの「Autopilot」のような「半」自動運転システムは、確実にドライバーの負担を減らす効果が … 他社に先駆けて公道での半自動運転システムをいち早く導入してきたテスラのAutopilotと、巨大な自動車メーカーであるGMが高級キャデラックに満を持して …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
マツダ「伝説の開発者」3名の生トークが聞ける無料イベントは何があっても行きたいレベル!【クルマ塾】

コネクテッド技術やシェアリングエコノミー、自動運転やEV化など自動車業界に幾重にも変革の波が押し寄せてきています。 新しいテクノロジーを知り活かさなければ時代からこぼれ落ちてしまいそうに感じる昨今。ともすれば、これまでのクルマ作りが古い価値観として隅に追いやられてしまうがごとき変化のスピードの速さに、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
日産とDeNAが自動運転レベル4で実証実験 横浜みなとみらい地区で

日産自動車<7201.T>とディー・エヌ・エー(DeNA)<2432.T>が3月にドライバー不要の自動運転車による移動サービス「Easy Ride(イージーライド)」の実証実験を … DeNAの守安功社長は高齢化に伴う移動困難者の増加や運輸業界が抱える人手不足などさまざまな社会課題を「インターネットやAI(人工知能)の力を活用して …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「スマートモビリティで何が起きる? 自動運転車やカーシェアが都市を変えるプロセスとは ビジネス+IT」など、2018年2月22日     ニュース

ニュース

自動運転車が走り出し、MaaSが浸透すると世界は変わる

運転しなくても自動的に走る自動運転車に関するニュースを目にする機会が本当に増えました。「とはいっ …. 自動運転車体)はタクシーやライドシェアサービスのみならず、小売店や宿泊・飲食施設、物流向け等様々なサービスに用いられることを想定されており、数多くの異業種パートナーとの提携も併せて発表されました。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
ニュース

自動運転車が走り出し、MaaSが浸透すると世界は変わる

でもご紹介しましたが、加速する自動運転技術開発とMaaS(Mobility-as-a-Service)という革新的なコンセプトの登場により自動車業界には地殻変動ともいうべき変化が起きています。また、今年1月に米ラスベガスで開催された世界最大級の家電見本市「CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)2018」でも、大きな …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「冗長性」と「見えない領域」、GM無人運転の中核技術

クルーズAVの自動運転システムには、三つの基本機能がある。「認識(Perception)」と「走行計画(Planning)」、「車両制御(Control)」だ。全ての基本機能で、冗長性に配慮した設計にした。 「認識」機能は、車両周囲の物体の位置や速度、方向、種類を計算する。中核が、車両周囲の360度を認識するセンサー群である。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「次世代自動運転・コネクテッドカー・カンファレンス 2018」でトヨタの鯉渕部長が講演

講演では、トヨタの高度運転支援システムや自動運転に対する考え方や、それを支える技術のほか、自動運転技術の実用化に向けた社会コンセンサスや … 無人回送による利便性向上、自動運転車から集まる情報を用いた新サービスの創出といった「新規ビジネス」という4つの観点に触れ、「自動運転技術は、モビリティを大きく …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

北米フォード社長が「不適切な行動」で突然の退任。CTOなど歴任し自動運転やスマホ連携システムに精通

ラジ・ナイール氏は2017年6月までフォードCTOの職を務めていたこともあり、特に技術面での舵取りに重要な貢献をしてきた人物。製品開発責任者として世界で販売されるフォードを知り尽くし、自動運転車やスマートフォンに連携するインフォテインメント、モビリティサービスに重きをおいたブランド戦略を主導してきたことを …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

政令指定都市で初、名古屋市で自動運転実験(愛知県)

運転席が無人のを公道で走らせる政令指定都市初の自動運転実験が22日、名古屋市中区で行われた。遠隔型の自動運転システムを搭載したが中区の官庁街を1.2キロ走行し、愛知県の大村秀章知事と名古屋市の河村たかし市長が試乗した。世界的な開発競争が起きている自動運転技術で、愛知県などは来年度、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

トヨタブランド初の車線維持支援機能レーントレーシングアシスト(LTA)を体験

ただし、これは、自動運転技術におけるレベル2に該当する装置であり、運転者がハンドル操作をすることが前提で、それを補助する機能である。 … 今回、マイナーチェンジをした上級ミニバンのアルファード/ヴェルファイアにトヨタブランドとして初めてLTAを採用するにあたり、開発を担当したトヨタ自動車第1先進安全開発部 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

鈴木、EV電池部品に参入 新株予約権で14億円調達

EVの普及を予想して3年前から電池用部品の開発をしていたが、このたび量産のめどがついたという。部品をつくるための加工機械や洗浄設備などを導入、21年3月に全ての設備を入れて生産体制を整える。 自動運転などの技術革新が進んでいることからに搭載される電子部品の数が増えるとみて、ほかの自動車部品にも …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

人気自動車ジャーナリスト(と編集スタッフ)が真剣チェック!気になる中古試乗判定 アウディ A4 アバント

トラフィックジャムアシスト」は0kmから65km走行時に、車線や周囲の建物、車両を感知してステアリング操作を含め車両を導く。また、オプション … それから、自動運転技術を活用した「トラフィックジャムアシスト」も追加されまして、これは渋滞時にペダルに加えてステアリングまで操作し運転をサポートします。また、メーターが …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

英国ウィリアム王子がアストンマーチンDB11でホリバMIRAのテストコースを激走

ウィリアム王子はホリバMIRA社が提供する自動車の研究開発用の設備を訪問したほか、ホリバMIRA社のテストコースで自動運転車のシミュレーションを体験した。 … 最後に、ウィリアム王子は、MIRAアカデミー(2013年より若手の技術者へ教育支援を行う施設として開講)のレセプションに出席し、博士課程の学生たちの話を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

PSAグループとクアルコム、セルラーV2Xの実証実験へ

PSAグループは2月21日、クアルコムと共同で、「セルラーV2X」(Vehicle to Everything:車間通信・路車間通信)の実証実験を行うと発表した。 セルラーV2Xは、車両とあらゆるものをつなぐ高信頼・低遅延の通信技術。セルラーV2Xは、有力な無線通信技術のひとつで、自動運転やインテリジェントモビリティにおける利用が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「スマートモビリティで何が起きる? 自動運転車やカーシェアが都市を変えるプロセスとは ビジネス+IT」など、2018年2月21日     ニュース

ニュース
スマートモビリティで何が起きる? 自動運転車やカーシェアが都市を変えるプロセスとは

19世紀末に登場したガソリンエンジンを備えた自動車は、20世紀初頭に大衆化し、人々の暮らしを劇的に変化させた。いま、自動車産業は大きな転換期を迎えている。電気自動車が普及の兆しを見せ、人工知能(AI)を搭載した自動車が登場し、自動運転技術競争も激化している。さらに、自動運転技術はカーシェアリングと …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
2020年の未来予測は本当に実現可能?

特に目につくのは交通システムに関する予測だ。交通技術は今、飛行機の発明以来の大転換を遂げようとしている。 自動運転車関連の技術は202年をめどに、どっと実用化されそうだ。ホンダは20年には高速道路での自動運転走行を実現すると発表。ルノー日産も、20年までに10車種以上の自動運転車を発売する計画だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
フォルクスワーゲンの電気自動車コンセプト「ID」ファミリー4番目の車種は、完全自動運転の高級セダン!

これまで公開されたI.D.ファミリーのクルマ振り返ってみると、その多くが何らかのレベルの自動運転技術を搭載しており、ステアリング・ホイールがダッシュボードに格納可能であることに気づく。つまり従来のI.D.モデルにはステアリング自体はあったわけだが、今回のI.D. VIZZIONにはそもそもステアリングがない。完全自動運転 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ジェイテクト、高耐熱リチウムイオンキャパシタなどを展示予定…国際二次電池展に初出展

この条件に対し、ジェイテクト製リチウムイオンキャパシタは独自の特許技術により室内での使用要求に適合するほか、動作時の上限電圧を制限することで105度の … 燃費規制の拡大や高度運転支援・自動運転の普及・拡大を受けて、省エネ・自動運転化に貢献するEPSの適用範囲の拡大が求められているが、大型車両へ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車分野へのブロックチェーン技術適応サービス構築をめざすカウラ株式会社とAZAPA株式会社が業務 …

ブロックチェーン・プラットフォーマーをめざすカウラ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役&CEO:岡本克司、以下「KAULA」)と、自動車分野の先進企業であるAZAPA 株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役&CEO社長:近藤康弘、以下「AZAPA」)は業務提携しました。ブロックチェーン技術適応により自動車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
スマートモビリティで何が起きる? 自動運転車やカーシェアが都市を変えるプロセスとは

19世紀末に登場したガソリンエンジンを備えた自動車は、20世紀初頭に大衆化し、人々の暮らしを劇的に変化させた。いま、自動車産業は大きな転換期を迎えている。電気自動車が普及の兆しを見せ、人工知能(AI)を搭載した自動車が登場し、自動運転の技術競争も激化している。さらに、自動運転技術はカーシェアリングと …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
三菱電機 「売上高5兆円」へバトン 杉山次期社長発表

これまでは工場のシステムのほか自動車や鉄道、発電所の部品などで、企業向けに「見えない所」で手堅く稼いできた同社。しかしあらゆるモノがネットにつながるIoTや自動運転、AI(人工知能)といった新時代の成長分野では、FA機器、自動車部品、人工衛星など同社の得意分野が生きていく。追い風が吹くなか、産業界の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車分野へのブロックチェーン技術適応サービス構築をめざすカウラ株式会社とAZAPA株式会社が業務 …

ブロックチェーン・プラットフォーマーをめざすカウラ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役&CEO:岡本克司、以下「KAULA」)と、自動車分野の先進企業であるAZAPA 株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表 … モデルベース、計測技術、新制御理論、エネルギー、IoT、人工知能(AI)、感性技術・URL:リンク
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「【岩貞るみこの人道車医】自動運転は「医者」を動かすか「患者」を動かすか レスポンス」など、2018年2月15日     ニュース

ニュース

【岩貞るみこの人道医】自動運転は「医者」を動かすか「患者」を動かすか

効果の期待できないサービスに対して、日本を代表するような技術者が時間を無駄に費やそうとしていたのかと思うと、彼らの雇用主はなにやってんだと、まさにハリセンでひっぱたきたい思いだ。もっとちゃんと市場ニーズを分析してサービスを提案できるプロといっしょに仕事させて実力を発揮させてあげようよと心の底から思った …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

グーグルとウーバーの和解が成立、自動運転技術の盗用問題

グーグル(Google)の自動運転車開発部門、「ウェイモ」が、ウーバーとその子会社を、「自動運転技術の盗用があった」と訴えている問題。この問題に関して、和解 … ウェイモは「ウーバーは、アンソニー・レバンドウスキー氏が持ち出した技術を導入して、自動運転の開発を進めている」と、ウーバーを提訴。一方のウーバーは、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

自動運転車に交通情報

政府は2018年度から自動運転車向けに交通情報を提供する。信号機に取り付けた通信機や交通管制センターから、に信号の色や色が変わるタイミングを伝える。現行の自動運転技術はカメラなどで信号の色を識別しているが、逆光時などに正確に検知できないといった課題があった。民間への情報提供を進め、自動運転の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

自動運転バス 過疎地の足に育てたい

国交省は東京五輪・パラリンピックが開催される2020年までに初歩的な自動運転技術を確立することを目指している。具体的には、(1)過疎地など限定された場所での無人自動走行(2)高速道路で有人の先頭に無人のが追随する自動走行―が目標だ。 業界は開発にしのぎを削っている。日米欧などの自動車メーカー …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

深層断面/自動運転、悪天候にどこまで耐えうるか 雪道実証進む

自動運転技術の研究が進んでいる。大手自動車メーカーなどが巨額の費用を投じて研究開発しており、人による運転が不要な完全自動走行が2020年代にも登場する見通しだ。自動運転を実現するには、悪天候でも正しく道路状況や歩行者などを認知、判断し、的確な操作が求められる。折しも国内では北陸、北日本を中心 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

ホンダ、次世代技術開発でVB協業加速 運転者向けアプリ、新興国で採用検討(動画あり)

スマホを介してさまざまな機能をに付与できるアプリとして、新興国向け車両への採用を検討する。 自動運転やシェアリングなどの次世代技術の開発を巡り、自動車メーカーとベンチャー企業が連携する動きが世界的に広がっている。人々のに対するニーズもさらに変化することが予想される。 杉本CEOは「我々が協業 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

ロモの新しい折り畳みカメラは、「正方形写真」の新たな境地を開いた:『WIRED』US版レヴュー

クルマ自動運転ソフトウェアに関していえば、バイトンは正しい動きをとっている。自動運転技術を手がけるスタートアップのAurora Innovation(オーロラ・イノヴェイション)と提携を結んだのだ。 オーロラは、グーグルがつくり上げてほぼ10年が経とうとしているこの分野へ、新たに参入した自動運転技術のスタートアップだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

ケーヒン、台場R&Dオフィス開設へ パワートレイン電子制御領域の開発強化

ケーヒンは、こうした背景を受け、エンジンの提案型・上流化開発や次世代電動の制御技術の構築など、電子制御領域の開発を強化。さらに、自動運転やコネクテッドカーなど新たな領域に関するリサーチおよび技術イノベーションを強化していく。その環境づくりのため、現在、本社(東京都・新宿)でエンジンのソフトウェア開発 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

平昌五輪の裏で起きている「通信競争」

韓国は、今回のオリンピックのテーマとしてドローンでの警備や、AI搭載の各国語通訳ロボットガイドを投入するなど、高度な情報通信技術を駆使した「ICT … 携帯電話をはじめ、ロボットや自動運転車、医療機器、多数のセンサーなど、あらゆるものがインターネットにつながり、人を介さずデータをやりとりできるようになるが、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

車載セキュリティを2020年以降に製品化、パナソニックとトレンドマイクロ

パナソニックとトレンドマイクロは2018年2月14日、自動運転車やコネクテッドカー向けのサイバーセキュリティソリューションを共同開発すると発表した。 … また、車載LAN規格として広く利用されているCANへの侵入を検知、防御するパナソニックの技術を監視用ECUに実装し、車両制御に関するECUへの不正コマンドを検知 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ウェブ

【岩貞るみこの人道医】自動運転は「医者」を動かすか「患者」

【医】技術が先か、サービスプランが先か 2018年2月5日。今年度第2回、内閣府SIP自動走行システム主催の市民ダイアログが開催された。今回のテーマは「未来社会とMaaS(Mobility as a Service)」である。いくら技術が進歩して完全自動運転の未来になっても、それを使ったサービスが展開されなければなんの意味もない。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース

自動車車両の損害額確定にAIを活用、三井住友海上火災保険

三井住友海上火災保険は、東京大学発のベンチャー企業であるArithmerと人工知能(AI)に関するアドバイザリー契約を締結した。両社は今後、共同でAI開発に … 両社の共同取り組みの第一弾として、自動車の事故画像を読み込み、損傷部位や損傷程度を瞬時に判定するAIシステムを開発した。三井住友海上火災保険は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース

「本当のスマートカー」をつくるという、中国EVブランドの挑戦 米企業との提携でテスラを超えられるか

中国の自動車ブランド「BYTON(バイトン)」が、自動運転システムを開発する米スタートアップのオーロラとの提携を発表した。 自律走行の世界への参入は遅いように見えるが、実は先行するテスラのような競合との戦いに有利に働く可能性もある。先端的な自動運転技術を搭載した電気自動車(EV)を展開しようとする、両者 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

ウェイモとUberの電撃的な和解が意味するもの 自動運転の世界に訪れた「新たな時代」の幕開け

2月9日の朝、昇ったばかりの太陽を尻目に、黎明期の自動運転業界は新しい時代に突入しようとしていた。サンフランシスコの連邦地方裁判所判事ウィリアム・アルサップは、法壇から「この訴訟はすでに過去の歴史となりつつあります」と語りかけた。 自律走行を巡る初の大型裁判として注目されたウェイモ(Waymo)とUber …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

ロモの新しい折り畳みカメラは、「正方形写真」の新たな境地を開いた:『WIRED』US版レヴュー

クルマ自動運転ソフトウェアに関していえば、バイトンは正しい動きをとっている。自動運転技術を手がけるスタートアップのAurora Innovation(オーロラ・イノヴェイション)と提携を結んだのだ。 オーロラは、グーグルがつくり上げてほぼ10年が経とうとしているこの分野へ、新たに参入した自動運転技術のスタートアップだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「WaymoとUber、自動運転技術めぐる訴訟で和解 CNET Japan」など、2018年2月13日     ニュース

ニュース

WaymoとUber、自動運転技術めぐる訴訟で和解

Waymoは2017年、配車サービス企業UberがWaymoの自動運転車開発に必要な技術に関する企業秘密を盗んだとして、Uberを提訴した。 和解の一環として、WaymoはUber株式の0.34%を取得する。この交渉に詳しい情報筋らによると、Uberの現在の時価総額である720億ドル(約7兆8300億円)から換算して、約2億4500 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

AIベンチャーが狙うクルマの「頭脳」

香港のAIベンチャーであるセンスタイムは2017年12月、ホンダと自動運転用のAIを共同開発すると発表した。武器とするのは画像認識技術。中国の公安当局が複数の都市で運用する、監視システムで使われているものだ。 中国では大都市の主要な交差点にカメラを設置して、クルマや人間の動きを記録している。センスタイム …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

鉄道の廃線跡地を自動運転サービスに活用、実証実験へ

国土交通省は、中山間地域における道の駅を拠点とした自動運転サービスとして、鉄道廃線跡地を活用して地域内の生活の足を確保する実証実験を実施すると発表した。 国土交通省では、高齢化が進行する … 車両はアイサンテクノロジーが開発した車両自律型技術を搭載した自動運転車を使う。事前に作製した高精度3次元 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

日産の新型「リーフ」を解剖する!

電動化や自動運転化――。自動車業界に変革の波が押し寄せてきている。これまで培ってきた自動車技術の本流が入れ変わり、新たな技術が勃興する。こうした時代に備えて最新の電気自動車(EV)の実力を確かめたい。ターゲットに選んだのは、日産自動車の新型「リーフ」だ。2017年10月に初の全面改良を実施した同 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

カーエレクトロニクスとともに発展を遂げてきた日本の自動車産業電動化・自動化に向けた将来像を探る

とはいえ、私がデンソーで開発部門長や専務を2010 年まで務めてきた中で、エンジンも、ブレーキも、ボディ系も一通りやり終えたこともあって、クルマ技術競争はもうほぼ終わりかなと思ってたんですよ。ところがこの数年で自動運転が見えてきて、EVへのシフトもものすごい勢いで始まっていますし、技術の進化はすごいなと …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

ウェブセミナー 日産×Amanek – 進化する移動とユーザー体験を議論

ウェブセミナーは、日産自動⾞でコネクテッドカーとモビリティサービスの可能性に挑む三浦修一郎氏と、ホンダで日本のテレマティクスをリードし、現在は … ライドシェア、カーシェアリングなど移動のさまざまな形が世界的に広がりをみせ、自動運転技術の進化と相まって、クルマは従来とは異なる移動ツールへと変化しようとして …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

SUVに自動運転、大トルク化競う

各社が出展したSUVのコンセプトや新型から見えた開発方針は、「運転を簡単に、楽しくすること」である。トルクを大きくして走る楽しさを追求し、自動運転技術の導入で運転者の負荷を抑える。 パワートレーンにダウンサイジングターボエンジンは使うものの、電動化は遅れている。各社は環境負荷を抑えることの優先順位を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

クルマがスマホ化する時代 ポルシェ ジャパン社長に聞く

自動車業界は、EV(電気自動車)と自動運転という2つのイノベーションによる変化を迎えている。時代の変化と無縁な企業はなく、ポルシェもまた例外ではない。ポルシェといえば自動車好きのためのであり、EVや自動運転の波は一般より緩やかであるようにも思えるが、七五三木社長の危機感は決して小さなものではない …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

MEB対応で電池を床下全面に配置

… 台数をグループで300万台とする目標は、自動車業界に大きなインパクトを与えた。急速に電動化を進める中で、VWグループの高級ブランドAudi社は将来の自動運転技術の採用を見据えて、注目すべき電動コンセプトカーを相次いで公開している。今回は、Audi社の電動コンセプトカーや環境対応技術プラットフォームを …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

米グーグル、IoT事業責任者にサムスン電子元幹部を起用

… 傘下のグーグルは今月、あらゆるものがインターネットにつながるIoT(インターネット・オブ・シングス)事業の責任者として、12月に韓国サムスン電子の最高技術責任者(CTO)を辞任したインジョン・リー氏を起用した。リー氏が … 新たに浮上している技術分野には、自動運転車や仮想アシスタント付き家電などが含まれる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース

AIベンチャーが狙うクルマの「頭脳」

ハンドルを握る人間の運転手は不要となり、判断能力を備えたAI(人工知能)と半導体がクルマを操る時代がやってくる。 自動車産業の収益構造も大きく変わる。産業全体の利益が2015年の4000億ドル(約44兆円)から2030年の6000億ドル(約66兆円)へと拡大する一方で、ハードウエアを製造する完成車メーカーや自動車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

素材メーカー「クルマ攻略」の攻め筋、勝ち筋

自動車メーカーは人工知能(AI)や電動化など多方面の技術課題を抱える。一方、足元ではエンジン車がまだまだ事業の中心だ。「何でもかんでもやらないといけない時代になって材料のことまで考える余力が少なくなる」化学大手幹部は顧客の台所事情を推察する。その上で『餅は餅屋』とばかりに、軽量化ならアルミニウム …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「期待膨らむ自動運転車 市民がモニター乗車 長野日報」など、2018年2月12日     ニュース

ニュース
期待膨らむ自動運転車 市民がモニター乗車

自動運転車で将来、仕事とかに行ければいい」と楽しみにしていた。 同市東春近の会社員伊藤清朗さん(51)は「発進、加速がもう少しスムーズになればという思いはあるが、自分の住んでいる地域で行われる最新技術の実験。どう展開していくか興味深い」と話した。 市民モニターは1月末から公募し、締め切りまでの4日間で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
東京から始まるモビリティー革命、世界を先導する

激安電気自動車(EV)」「自動運転サービス」「乗り捨て自転車」「すぐ乗れるタクシー」「環境世界一の燃料電池(FCV)」「誰でもモビリティー」――。世界有数の大都市である東京都。2020年にこの地は世界に向けた先端技術の“ショーケース”となる(図1)。東京都が抱える人口の増加や一極集中、環境対応自動運転への …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
4000億円規模の研究開発投資、デンソーが「歯を食いしばってやる」宣言

自動車部品メーカーが、国内外で開発部門の強化に動いている。電気自動車(EV)や自動運転車などの次世代は、バッテリーや自動走行システムの開発に膨大な費用が必要になる。次世代でもガソリンから引き続き使用される既存部品は、完成メーカーから現状以上の原価低減の要請が強まるとみられる。各社は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車・輸送機 ニュース

「2017年までに開発に着手した新技術・新製品をもっと形につなげるべく、現場の従業員にもアイデア出しを奨励しつつ、他の企業や研… 続きを読む … 自動車産業で自動運転. … 住友電気工業はNECと協業し、コネクテッドカー(つながる)時代を見据えた自動車の車内と車外をつなぐ次世代部品開発に着手した。両社が持つ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動車・輸送機 ニュース

… 及川卓也氏(写真)と技術顧問契約を結んだ。自動車産業で自動運転… 続きを読む · 住友電工、NECと協業 次世代部品開発に着手. (2018/2/12 05:00). 住友電気工業はNECと協業し、コネクテッドカー(つながる車)時代を見据えた自動車の車内と車外をつなぐ次世代部品開発に着手した。両社が持つ人工知能(AI)や、Io.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
住友電工、NECと協業 次世代部品開発に着手

住友電気工業はNECと協業し、コネクテッドカー(つながる車)時代を見据えた自動車の車内と車外をつなぐ次世代部品開発に着手した。両社が持つ人工知能(AI)や、Io… (残り:225文字/本文:305文字). (2018/2/12 05:00). ※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけます。 会員登録する …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「自動運転の技術盗用訴訟で和解 米ウーバー、グーグル系に265億円相当支払い 産経ニュース」など、2018年2月10日     ニュース

ニュース
自動運転技術盗用訴訟で和解 米ウーバー、グーグル系に265億円相当支払い

米配車大手ウーバー・テクノロジーズは9日、自動運転技術の盗用を巡って米グーグル系のウェイモが起こした訴訟で、和解が成立したと発表した。ウェイモはグーグルの自動運転車開発部門が独立した会社。 米メディアによると、ウーバーがウェイモに対し約2億4500万ドル(約265億円)相当の自社株を支払うことや、ウェイモ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
愛知製鋼社長「素材だけでは立ちゆかず」次世代車技術に新組織

トヨタ自動車グループの愛知製鋼の藤岡高広社長は自動運転など次世代車技術の開発を加速する方針を明らかにした。2020年度までの中期経営計画では自動運転技術や電動用部品の開発などスマート分野に布石を打つことを柱に掲げ、設備投資も積み増す。日本経済新聞に対し「単なる素材や部品のメーカーでは立ち …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
スズキと連携し中小EV対応支援 浜松で新組織

スズキの常勤監査役で2004年に発売した世界戦略「スイフト」のチーフエンジニアなどを務めた望月英二氏がセンター長に就任し、静岡大学の荒木信幸名誉教授が顧問になる。技術コーディネーターを含めて10人ほどの体制を作り、EVのほかコネクテッドカー(つながる)や自動運転に関する技術情報を中小企業に提供 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転で磁気システム実用化へ 愛知製鋼(愛知県)

トンネルなどGPSが届かない場所や雪が積もった道でも安定的にの位置を特定できるのが強みで、の電動化、自動運転技術が進む中、新たな収益の柱に育てる考え。浅野弘明副社長は「エンジン部品の素材は、残念ながらあまり大きな成長は期待できない」「新しい事業を開拓していかないといけない」と話す。愛知製鋼 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
興味深いテクノロジー11選 奇抜なものから現実味を帯びているものなど

そして、ライバル社を出し抜いていち早く先端技術を手にするため、テクノロジー企業と取引を交わす場にもなっている。 今年のCESでは、多くの自動車メーカーが自動運転用のソフトウェアとハードウェアを展示し、さらには自動運転車両の将来的な使われ方に関するコンセプトを打ち出していた。 奇抜なものや非常に現実味を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トップにスズキ・望月氏 浜松「次世代自動車センター」

スタッフはセンター長や顧問をはじめ、事務局職員、技術コーディネーターなど計約10人の予定。センター長には、スズキの望月英二常勤監査役、顧問には静岡大の荒木信幸名誉教授が就く。事務所は浜松商工会議所の同機構内に置き、県と浜松市の負担金で運営する。「CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
家電から自動車まで「最先端商品」がマジ凄!

手のひらサイズの小さな端末で、電話はおろか商品の購入やゲーム、写真撮影など、なんでもできる――以前は考えられなかった技術革新が、今の時代では当たり前のものとなっている。同じように“まさか、 … また、アメリカでは18年から自動運転車『Waymo』のタクシーが利用開始される見込みだというのだ。無人の自動車に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
興味深いテクノロジー11選 奇抜なものから現実味を帯びているものなど

今年のCESでは、多くの自動車メーカーが自動運転用のソフトウェアとハードウェアを展示し、さらには自動運転車両の将来的な使われ方に関するコンセプトを … この中国企業は、Nvidiaとピータービルトと提携してレベル4の自動運転専用トラックを3台設計開発し、アリゾナ州の道路で16,000km以上のテスト走行を完了して …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「市場を結ぶ自動運転 日本経済新聞」など、2018年2月8日     ニュース

ニュース
市場を結ぶ自動運転

仮想空間にあらゆる想定条件を与えることで、自動運転車がどのような挙動をとるか、実車を走らせることなく検証することができる。つまりこれを繰り返すことで、自動運転に必要なソフトウエアの完成度を上げていくのである。 一見、地味に見えるこのシミュレーターはグラフィックス、科学技術計算、そしてエッジコンピューテ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
準天頂衛星「みちびき」使い雪道を自動走行

三菱電機は7日、準天頂衛星「みちびき」からの信号を利用し、雪道の高速道路で自動走行する技術を初めて実証した。雪の影響で車載カメラが道路の白線を認識できなくても、衛星が側に送る高精度な測位情報と3次元(3D)地図の情報で自動走行できることを確認した。悪天候下で安全な自動走行を実現する技術として …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【岩貞るみこの人道医】スマホ時代に取り残された「運転席」、歩み寄りはスマホ側から

で、話をもどすと、要は、首都高が出したツイッターの情報を、運転中にスマホで見ることがここでいうセカンダリアクティビティに当たるわけだが、現在の道交法では、この行為は禁止されている。でも、自動運転技術車両に装備することによって、スマホを見ても安全が担保できるようにすれば、せっかくの首都高提供ツイッター …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
あの「BlackBerry」はいま? 来るコネクテッドカーの時代に向けセキュリティーソフト企業へ変身していた …

巷は自動運転車やコネクテッドカーの話題で持ちきり。一方でインターネットにつながっているがゆえセキュリティーリスクが懸念されています。仮に自動車がハッキングされて暴走すれば命に関わる惨事となりかねません。自動車メーカーは自動運転車やコネクテッドカーがハッキングされることを防止するためのセキュリティー …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
学生が考えた「ピックアップトラック」のデザインは、都市とフォードの未来を変えるか

自動運転技術を含む自動車の進化に合わせて、フォードが「未来のピックアップトラック」のあり方を模索している。 … 未来都市では大型が歓迎されない状況を想定したもので、小型で伸張式のロボットアームを搭載している。 … 自動運転技術により、人々はクルマをもたず、必要なときだけ呼び出すようになるかもしれない。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
手作業で工場カイゼン トヨタ副社長「競争力の源泉」

トヨタ自動車が手作業による技能の育成に力を入れている。電動化や自動運転、IT(情報技術)によって業界は100年に一度の変化を迎えた。投資が膨らむなか、品質とコスト低減の両立が競争力のカギを握る。50年以上、生産現場にかかわる河合満副社長は「品質や安全、ロボットの技能の源泉は人の手作業や感性に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
エヌビディア、データセンター部門の伸びに注目 【米決算プレビュー】

ゲーム向けのグラフィック処理などに使ってきたGPUはAIの技術を取り込みやすい特長があり、ディープラーニングに適しているとみたトヨタやテスラなどが相次ぎ採用。エヌビディアのGPUは世界の自動車・部品大手に自動運転車の研究で使われており、レベル5と呼ばれる完全自動運転技術開発に弾みがつく可能性がある …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
産業春秋/変革期迎える自動車産業

ある自動車部品メーカーの社長に、真剣な表情で問われた。「我々のように、これだけの危機感を持っている企業をほかにご存じですか」―。迫り来る構造変化の大きさをあらためて感じた。 自動車産業は今、変革期を迎えている。異業種を巻き込んで電気自動車や自動運転技術の開発競争が激化。一方でシェアリングなど、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノー日産連合、自動運転EVタクシー事業を中国配車大手と計画。将来的には業務提携も

ルノー日産連合は、2022年までにEV12車種にくわえて40車種の自動運転車を用意し、配車サービスへの参画を中長期計画に盛り込んでおり、今回の発表はその一環 … 一方、ライドシェア事業は自動運転との相性が良さそうで、Google(Alphabet)の自動運転技術企業Waymoは2018年より自動運転化したフォードPacifica …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
コンチネンタルとNVIDIA、AI開発を介した自動運転システムで提携

一方、NVIDIAの創業者兼CEOであるジェンスン・フアン(Jensen Huang)氏は、「これで、AI自動運転車を開発から大量生産へと移行させるうえで鍵となるすべての … ちなみにコンチネンタルは、人々と商品の持続可能かつコネクテッドなモビリティーの実現を目指し、先駆的な技術とサービスの開発を手掛けるテクノロジ企業。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動車事故損害 AIで判定、三井住友海上

三井住友海上火災保険は東大発ベンチャーのアリスマー(東京・江東)と提携し、自動車事故の損害を人工知能(AI)で瞬時に判定するシステムを開発した。2018年夏ごろに実用化し、事故車両の修理見積もりに活用する。業務の効率化を進め、保険金支払いを早める。 AIが事前に学習した約50万件の自動車の事故画像をもと …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノー・日産・三菱自動車、中国の配車アプリ大手「滴滴出行」とEVカーシェアリングで協業

… ルノー・日産自動車・三菱自動車のような業界リーダーと戦略的な提携を行ない、滴滴出行の強みやリソースを共有することによって、私たちはモビリティに対する多様なニーズに応え、シェアリングに基づくオープンな交通のエコシステムを形成することができるようになります。滴滴出行は今後もライドシェア、人工知能(AI)、新 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
エヌビディア、データセンター部門の伸びに注目 【米決算プレビュー】

製品用途は、PCの画像処理から、ゲーム機、専門可視化装置、データセンター、AI(人工知能)、仮想通貨のデータ処理、自動車等へと拡大。任天堂の家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」のメーンプロセッサーにエヌビディア製のモバイルプロセッサ「Tegra」が採用されている。 ゲーム向けのグラフィック処理などに使ってき …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ルノー日産連合、自動運転EVタクシー事業を中国配車大手と計画。将来的には業務提携

ルノー・日産・三菱連合(以下ルノー日産連合)が、中国のライドシェア・配車大手、滴滴出行(ディディチューシン)と将来的な自動運転ライドシェア事業を計画中だと発表しました。ルノー日産連合は、2022年までにEV12車種にくわえて40車種の自動運転車を用意し、配車サービスへの参画を中長期計画に盛り込んでおり、今回 …
Google Plus