トヨタ モビリティサービス パートナー

□ e-Palette Concept

“e-Palette Concept”は、トヨタ自動車が 2018年6月にプレスリリース したもの。

翌年の2018 International CESで出展している。

複数のサービス事業者による1台の車両の相互利用や、複数のサイズバリエーションをもつ車両による効率的かつ一貫した輸送システムといったサービスの最適化を目指しています。(出展;トヨタ自動車のHP

動画で見るとこんな感じです。

コンセプトは、ライドシェアや宅配などの未来型のサービスのもの。


トヨタ自動車 が用意する自動車は、大型バス並みのサイズの自動運転車と、中型車両、それに小回りの利くバイク並みの小型車の3車両。これにより、大型車で遠距離輸送を担い、中型車が引き継ぎ、最後は小型車に引き継ぎ、街中や住宅地の狭い道を輸送する。つまり、 トヨタは、3つの異なるサイズの自動運転車を開発する模様。

宅配業者やタクシー、などを手掛けるサービス事業者は、この車両を活用し、荷物を家に届けるサービスをする。

トヨタ自動車は、モビリティサービス(MaaS)専用次世代電気自動車(EV)のコンセプトで、パートナーを集めて、サービスの企画段階から実験車両による実証事業をともに進めていく。

□トヨタが自社開発する技術

  • 車両制御インターフェース
  • DCM(データコミュニケーションモジュール)
  • TBDC(TOYOTA Big Data Center)
  • OTA(Over The Air)無線通信を経由して、ソフトウェアの更新を行うこと
  • モビリティサービスプラットフォーム(MSPF)

□モビリティサービス のパートナー

  • Didi Chuxing(ビジネスパートナー&技術パートナー)
  • マツダ株式会社 (ビジネスパートナー&技術パートナー)
  • Uber Technologies, Inc. (ビジネスパートナー&技術パートナー)
  • Amazon.com, Inc.(ビジネスパートナー)
  • Pizza Hut   (ビジネスパートナー)

「自動運転時代への近道は–CES 2018の車両技術を振り返る CNET Japan」など、2018年1月18日     ニュース

ニュース
自動運転時代への近道は–CES 2018の車両技術を振り返る

Uberと言えば、そのカーシェアリングサービスが、トヨタ自動車の発表で大々的に扱われた。トヨタは「e-Palette Concept」という新しい自動運転車両のコンセプトを打ち出し、e-PaletteについてはAmazon、Uber、Pizza Hut、Didi、マツダとパートナーシップを組んで自動運転技術を共有し、未来のスマートシティを探究していくと …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「ラストワンマイル」を自動運転で 人手補うクルマたち (1/2)

自動運転クルマで快適に移動する、という生活が実現するのはまだ先になりそうだが、その技術を活用できる分野は乗用車だけではない。1月17日に東京ビッグサイトで開幕した「第1回自動運転EXPO」では、短い距離を低速で自動走行する車両が提案されていた。物流などの分野で、店舗から個人宅までの「ラスト …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転時代、経営もNext模索 GMやフォード

例えば同社の自動運転車の土台になっている技術は、16年に約10億ドル(約1110億円)で買収したサンフランシスコが拠点の自動運転技術開発ベンチャー、米クルーズのものだ。GMの調達担当、マーサス・ジョシュア上級ディレクターは「自動運転車開発にはベンチャーの力が必要だ。だが調達はGMが一手にになう。両方の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車をお披露目

次世代の自動車技術を集めた展示会「オートモーティブワールド2018」が東京都江東区で17日から始まり、中部企業が自動運転技術などを出展した。技術開発支援のAZAPA(アザパ、名古屋市)はリコーと実証実験している自動運転車=写真=を展示した。 アザパはリコーと秋田県仙北市で昨秋から自動運転の実証実験を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタが考える自動運転開発のアプローチとは…オートモーティブワールド2018

トヨタ自動車先進技術開発カンパニーの松尾芳明主査は1月17日に開幕したオートモーティブワールド2018での自動運転に関するセミナーに登壇し、段階的に自動化 … まず人とクルマの融合を進めるアプローチでは「段階的に自動化のレベルを上げていくことができることで、それぞれの段階において技術をより速く実用化して …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転の実験支援サービス相次ぐ 立案から公道走行まで

最低限の人間の関与で走る自動運転車の導入や開発を検討する自治体や企業向けに、実際に公道を走らせる試験の実施を支援するサービスが相次いで登場している。自治体などには人口減少などの影響で赤字が続く地方路線バスやタクシーを自動運転技術でよみがえらせることなどへの期待があり、試験需要の拡大に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
マツダ、トヨタと共同開発の自動運転車でロータリーエンジン復活へ

マツダはほぼ半世紀かけて完成させたロータリーエンジンの生産を2012年に停止した。そして今、マツダはこの伝統技術を思いも寄らないような場所で復活させようとしている。それはトヨタ自動車と共同で開発を進める、ピザから人まであらゆるものを運ぶバッテリー駆動の 自動運転車だ。 マツダモーターオブアメリカの毛籠勝弘 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
今日からでも始められる量産での自動運転 – Xilinx

同社のブースのテーマは「FPGAで開発したプラットフォームをベースに、量産を前提としたソリューションを提供する」というもので、量産での自動運転を実現する … した画像をリアルタイムでダイレクトに3Dマッピングする技術を、中国DeePhi Techが12chのイメージセンサからの画像を元に、ディープラーニングの推論で状況を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
GMがハンドルやペダルのない自動運転量産『クルーズAV』を2019年に実用化

さらに、GMの自動運転車は、年齢、身体的な障害、あるいはその他の事情で現在運転することができない人々にとって利用しやすいモビリティを実現します。 この自動運転の実用化に一丸となって取り組むには、システムの安全性に関してシリコンバレーが培ってきたソフトウェアの知識や技術と、世界中に広がるGMチームや …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
パイオニアとみちのりホールディングス、茨城交通の3社路線バスの自動運転化の技術開発に向けた実証 …

複数のバス会社を保有し、路線バスの運行ノウハウを持つみちのりグループと、カーナビゲーションで培った高い自位置推定技術や、自動運転に必要とされる走行空間センサー「3D-LiDAR」、自動運転用地図などの開発を進めるパイオニアは、それぞれの強みと知見を持ち寄り、将来の自動運転社会の実現に向けて研究・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動車分野における新技術開発のプラットフォーム構築について

住友商事とAZAPAは、自動車向け人工知能搭載ECUの共同開発を目指します。ECUは、エンジンやモーター、カーナビやカーエアコンといったあらゆるシステムを統合制御させる装置です。昨今、走行の省エネルギー化や高齢者の運転支援といった観点から制御の高度化が求められており、1台あたりのECU搭載数や能力値 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
なぜトヨタは全車種の”電動化”を焦るのか

トヨタ自動車は12月18日、電動化戦略の説明会を開き、2025年頃までにエンジン車のみの車種をゼロにすることや、2030年までに電気自動車(EV)などに使う車載電池の開発・生産に約1兆5000億円を投資することを … また、クルマと人工知能(AI)の融合により、無人で完全自動運転のできるクルマが登場する日も近い。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
IT革新と 「メーカー」の先へ

運転席が見当たらない自動運転で箱形の車両が動くさまは、アニメで見た近未来のよう。相乗り、宅配、小売りなど多目的の利用を想定し、米中の相乗り大手や米ネット通販大手のアマゾン・コムなどと提携した。 の相乗りと、を貸し借りするシェアリング(共有)は、インターネットを介した利用が欧米や中国で先行してきた。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ソフトバンクが自動運転バスの試乗会を開催!丸の内仲通りでGPS情報を使わずに運転手のいない「自動 …

現在日本ではこの自動運転レベル4で公道を走ることが認められておらず、今回の試乗会は実証実験を兼ねたものとなりました。 … 車両の位置や周辺の障害物などを把握するのには、GPS情報の他に車両前方に取り付けられたLiDER(レイダー)によるレーザースキャン方式を用いており、GPS情報を得られないビルの谷間や …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「テスラ、自動運転用に独自のAIチップを開発へ イーロン・マスクが語った構想の思惑 WIRED.jp」など、2017年12月12日     ニュース

ニュース
テスラ、自動運転用に独自のAIチップを開発へ イーロン・マスクが語った構想の思惑

テスラが自動運転技術を進化させるために人工知能(AI)のチップを独自開発していることを、イーロン・マスクが明らかにした。新チップによってクルマ自動運転 … 野心的なプロジェクトを加えた。テスラのクルマは将来、自社設計のチップを用いて自動運転の人工知能(AI)ソフトウェアを動かすことになるだろう、というのだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマの「完全自動運転」でなくなる職業・モノ全リスト

日産とホンダが開発するのは6段階中の「レベル4」で、運転はすべて自動。ハンドルやブレーキはついているが、ほとんど「飾り」に近い。 自動運転車が公道を走る日は、もっと早く訪れるかもしれない。日本政府は、「東京五輪」をメドに技術開発を急いでいて、五輪の来場者を乗せるバスやタクシーを「ドライバーレス」にすると宣言 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
インテルが買収した自動運転技術イスラエル企業「Mobileye」…シャシュア CEOとは何者か

1999年にイスラエルで設立されたモービルアイは、自動走行の中心的な技術となる「先端運転支援システム」(ADAS)を世界に先駆けて開発した企業だ。 ADASは、車線を離脱したり、歩行者や前方車両との追突の危険性があった際に警告してくれる「インテリジェント安全装置」である。モービルアイのADASは、前方車両と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
OKI、アヴネットとAI搭載の高度自動運転技術開発向け新型プラットフォームを共同開発

新型プラットフォームは、『AD(自動運転)はADAS(先進運転支援システム)の単純延長ではない』、かつ「コンパクト設計」の実現というコンセプトのもと開発されました。車載電子システムの機能安全要求レベルASIL-C(注7)に対応したMPSoCを2個搭載し、1つ目で多数のセンサー情報を処理して人物、車両、障害物の検出を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車、統合機運 国有大手3社が戦略提携 EV開発強化、外資に対抗

戦略提携で「国家チーム」を組むことによって、EV、人工知能(AI)、自動運転といった最先端分野の研究・開発力を高めると同時に、海外展開を加速し「中国ブランド」の国際化を … 国内メーカーにEVなど次世代技術の開発を奨励し、世界市場で主導権を握ることを目指す。3社の合併構想はそのための一手との見方が強い。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「カーシェアリング」参入 会員募集

交通エコロジー・モビリティ財団によると、国内の個人向けカーシェアリングの車両は、2010年の1265台から、15年は1万6418台と13倍に増加。日産は「シェアリングは今後確実に広まる。新車販売に与える影響もゼロではない」として、に対する需要が「保有」から「利用」へと変化する中、これまで中心だった新車販売以外 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
中国のAIは”大したことはやってない”のか

ディープラーニングを行っているわけではないため、正確にはAIとは言えないのだが、レーザーを照射して周辺の対象物を検出・測距するという、自動運転でも使われる技術を用いている。 この自動運転車を走らせているのは、大手ECコマース会社・京東。日本でいうAmazonのような企業で、注文された商品を無人で届けよう …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ボルボが目指す死傷者ゼロ、可能性が大きくなる1台…西村直人【カーオブザイヤー2017-18】

2020年までに新しいボルボでの交通事故による死亡者や重傷者の数をゼロにする」これはボルボが掲げている安全思想「Vision2020」の大きな目標です … 2017年、一気に注目度が高まった自律自動運転技術に関してもボルボは積極的ですが、XC60では全モデルを通して要素技術である「パイロットアシスト/運転の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【特集】「人工知能」関連に物色人気再燃の兆し、政府がAI用新型半導体支援<注目テーマ>

自動運転車、ロボット、バイオ創薬、ドローン、フィンテックなど市場の有力テーマである技術系分野において、AIはそれらに横ぐしを通すように密接に絡み、 … 打ち出しているが、直近、読売新聞などを通じて、自動運転車やロボットに搭載するAI向け新型半導体の開発支援に乗り出すことが伝わり、関連株を強く刺激している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
Tesla、独自のAIチップを開発中。イーロン・マスクが語る

ますます進化を続けるTesla(テスラ)の電気自動車ですが、CEOとして会社を率いるイーロン・マスク氏によれば、なんとTeslaは独自のAI(人工知能)チップを開発中だというのです。 マシンラーニング関連のカンファレンス、Neural Information Processing Systems(NIPS)に登壇したマスク氏は、「Teslaはソフトウェアやハード …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
統合機運 国有大手3社が戦略提携

3社はそれぞれ日系メーカーと合弁会社を設立するなど中国自動車産業の中核を担ってきた。しかし、売り上げの大半を合弁相手のブランド車に依存しており、独自ブランドの販売では精彩を欠いているのが実情だ。戦略提携で「国家チーム」を組むことによって、EV、人工知能(AI)、自動運転といった最先端分野の研究・開発力 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【GTC Japan 2017】トヨタやホンダも参加するNVIDIAの技術カンファレンスが開幕

GTC Japan 2017は、GPUテクノロジーに関わる人に向けて研究開発やビジネスに関連したセッションやトレーニングが用意されるイベント。カンファレンスセッションとしては、ディープラーニング、AI(人工知能)、GPU、HPCなどさまざまなテーマがあるが、自動車関連も充実したものとなっている。 同社のGPUはAIエンジンとして …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【電子版】17年の半導体製造装置市場、過去最高の559億ドルに SEMIが見通し

米SEMI(カリフォルニア州)は12日、2017年の半導体製造装置の世界販売額が前年比36.5%増の559億ドルとなり、過去最高を更新する見通しだと発表した。ITバブルだった00年に記録した477億ドルを初めて超える。世界の半導体市場が自動車やIoT(モノのインターネット)、AI(人工知能)、医療などで拡大し、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
フォードとアリババが戦略提携 スマート自動車開発でも協力

フォードとアリババは、多様な分野で戦略的に提携することで合意した。共同でスマート自動車の開発にも取り組み、人工知能、スマート移動サービス、デジタルマーケティングなどでも協力する。12月8日、中国… ご覧頂いている記事は、有料購読記事となります。 日本未公開の業界別情報を中心に、以下コンセプト沿った記事を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
統合機運 国有大手3社が戦略提携

3社はそれぞれ日系メーカーと合弁会社を設立するなど中国自動車産業の中核を担ってきた。しかし、売り上げの大半を合弁相手のブランドに依存しており、独自ブランドの販売では精彩を欠いているのが実情だ。戦略提携で「国家チーム」を組むことによって、EV、人工知能(AI)、自動運転といった最先端分野の研究・開発力 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「三菱自動車、AI搭載コンセプトカー「e-EVOLUTION CONCEPT」を世界初披露 ITmedia」など、2017年10月25日     ニュース

ニュース
三菱自動車、AI搭載コンセプトカー「e-EVOLUTION CONCEPT」を世界初披露

三菱自動車がAI(人工知能)搭載したSUVタイプのEVコンセプトカー「e-EVOLUTION CONCEPT」を披露。完全自動運転のように「クルマに任せる」のではなく、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「AI自動車はパートナーだ」 トヨタが語るモビリティの未来 (1/2)

自動車のディディエ・ルロワ副社長は10月25日、「東京モーターショー2017」(一般公開日10月27日~11月5日、東京ビッグサイト)でこう語り、人工知能(AI) …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
メーカーへの信頼揺らぐ中 東京モーターショーの内容は

ことしは走行中に排ガスを出さない電気自動車に注目が集まる一方、日産自動車や神戸製鋼所の相次ぐ不正 … この車は、人工知能がドライバーの表情や声の変化を読み取り、疲れていると認識すると自動運転に切り替える機能も搭載されています。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アップルの「Siri」は、なぜアマゾンやGoogleの人工知能に後れをとってしまったのか

アマゾンによれば、AlexaのAIプラットフォームに外部機能を付加する「スキル」の数は2万5,000件を超え、自動車やテレビなどの家電へのAlexaの組み込みが …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
[ニュース]EV競演、AIで車が進化=東京モーターショー報道公開

各メーカーは、環境規制の強化で世界的に普及が見込まれる電気自動車(EV)、人工知能(AI)技術を活用して安全運転を支援する試作車を相次いで公開。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
東京モーターショー、逆風での開催 参加減少・日産問題

電気自動車(EV)や人工知能(AI)を活用する試作車が並ぶ。トヨタや三菱自動車はAIが運転をサポートするEVを披露している。トヨタのディディエ・ルロワ副社長 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AI搭載の次世代EVが続々、東京モーターショー2017

自動車メーカーが出展に力を入れるのは、人工知能(AI)を搭載した“次世代”の電気自動車(EV)である。 「(次世代の車両開発では)AIとコネクテッド技術が“鍵” …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「コモディティー化しない」、車の未来を討議

メーカーやIT企業などが自動車産業や車の未来像について討議するイベント「 … 完成車メーカー役員からは、「自動車はすぐにはコモディティー化しない」とのコメント … のマーティン・シーアハウス・ディレクターは、人工知能(AI)は万能ではないと指摘。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【ABIリサーチ調査報告】産業分析:技術採用と態度の変化 - 人工知能(AI)と機械学習(マシンラーニング)

【ABIリサーチ調査報告】産業分析:技術採用と態度の変化 - 人工知能(AI)と機械 … 通信、移動体・無線、IoTとM2M、位置情報、自動車技術、セキュリティ等 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動運転技術クルマだけでなく、物流やドローンに活用するロボットベンチャーZMP

二足歩行ロボットからスタートしたロボットベンチャーのZMPは、これらの技術を自社で開発し、東京のお台場など様々な場所で自動運転車の実証実験を行って …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産、完全自動運転EVを公開=試作、東京モーターショーで

日産自動車は25日、完全自動運転技術を搭載した電気自動車(EV)の試作「ニッサンIMx」を27日開幕の東京モーターショーに出展すると発表した。日産が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AI/音声認識やARで変わるクルマとエンタメ。自動運転を見据えた東京モーターショー

自動運転の実現を見据えたAIや音声認識などの技術を活用した展示や、VR/ARを活用して紹介するブースが多いのも特徴。「TOKYO CONNECTED LAB …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
デルファイ:自動運転のニュートノミー買収で合意-4億5000万ドル

自動車部品メーカーのデルファイ・オートモーティブは、自動運転技術を手掛ける新興 … 自動運転システムを自動車メーカーに供給する計画を加速させる。 … 同社広報担当者によると、今年末までに3大陸で60台の自動走行が走り、18年末までに …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
対話型AI、にも 東京モーターショー

東京モーターショーではトヨタ自動車やホンダが人工知能(AI)で運転手の感情を読み解き、運転支援につなげるコンセプトをそろえた。自動運転技術の普及が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
次世代EVアピール 27日開幕

トヨタ自動車は、AIと自動運転技術を搭載した試作EV「Concept-愛i(コンセプト・アイ)」を … スズキは、2人乗り四輪駆動EVの試作「e-サバイバー」を出展。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車、「関心ない」が51.5% 運転頻度が高い人ほど強い関心

自動運転に「関心がない」人は51.5%で、関心がある人を上回ったことが、三井ダイレクト損害保険が東京大学の西成活裕教授(先端科学技術研究センター) …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
の概念変わる 専門家に聞く未来像

自動運転や電動化それ自体よりも、そうした技術が生活や社会をどう変えるのかを発信する。従来のクルマファンに加え、20~30代で先進技術に関心も高い層に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
米デルファイ、自動運転ベンチャーを買収 510億円

ヌートノミーは自動運転の実証実験で仏グループPSAのほか、ライドシェアの米大手リフト、シンガポールのグラブとも提携している。部品大手の自動運転技術 … 同社は年末までに世界で60台の実験を運行する体制を整える。PSAやリフトとの提携 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「アマゾン、配送途中のドローンを自動運転車で充電する技術–特許を取得 CNET Japan」など、2017年10月15日     ニュース

ニュース
アマゾン、配送途中のドローンを自動運転車で充電する技術–特許を取得

さらにAmazon Technologiesは、自動運転車からドローンに充電する技術を考案。この技術を米国特許商標庁(USPTO)へ出願したところ、米国時間10月3日 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
百度が北汽グループと組んで、2021年までに完全自動運転車を量産する予定

百度は、サイバーセキュリティ、画像認識、そして自動運転技術だけでなく、仮想アシスタント機能を提供するDuerOSも供給する。そして北汽はそれらの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車、初の安全基準 19年新型から

国土交通省は自動運転車に関する初の安全基準を導入した。 … 四月、現在実用化されている自動走行機能はドライバーの操作を手助けする技術水準で、運転中 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
電動パワーステアリング世界市場、25年には8410万台に 中国を中心に拡大

パワーステアリングとは、車両のハンドル操作に必要な力を軽減する装置。 … 自動運転技術競争はアクセルやハンドル、ブレーキといった複数の機能をが …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
佐藤琢磨「自動運転や電気自動車の恩恵を受けたい」F1とインディと技術の進歩を語る。未来のクルマ

ここ10年のようにハイブリッドのクルマがこれだけ普及しているとは思いませんでした。 ここから先の未来には自動運転の普及やインフラが整えば充電の必要ない …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
超音波技術の洗浄機、受注伸長 静岡のメーカー

洗浄機メーカーのUSメック(静岡市駿河区、漆畑宏次社長)は、超音波技術を用いた洗浄機の受注を伸ばしている。の安全運転や自動運転を支援する装置の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動車は、賢くなればなるほど騒々しくなる

最近、コンピュータ関連の展示会に足を運ぶと、IoT(モノのインターネット)とAI(人工知能)が大流行していることがわかります。IT・電機メーカー各社は、こぞって …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
百度が北汽グループと組んで、2021年までに完全自動運転車を量産する予定

製造を担う中国の自動車メーカーである北汽(BAIC)グループとの提携によって実現を目指す。北汽グループは、百度が進めるApollo自動運転プログラムの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
グーグルは自律走行の開発に、なぜインテルの力を借りることにしたのか

完全な自律走行が可能なの開発レースで先頭に立つ者がいるとすれば、それはWaymoだ。 … だが、利益の出る本格的な自動運転サーヴィス事業の実現には、それだけでは足りない。業界他社と … そして今回、Waymoとの提携が明らかになった。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告