企業

スウェーデンのLiDAR製品の開発・生産・販売を行っている。

自動車用安全部品メーカー大手Autolivの傘下にある企業。

Autoliv(オートリブ)は、世界最大手の自動車安全システムサプライヤー。世界27カ国に拠点を有し、従業員数約66,000人を擁するグローバルカンパニーです。エアバッグ・シートベルト・ステアリングホイールなどの開発・生産・販売を行っている。

また、ADASや自律走行システムなど自動車安全システムの世界的リーダーである。

2018年に、エレクトロニクス事業の別会社を新しく創立したのが、「Veoneer」。

提携

ホンダ

株式会社日立製作所,本田技研工業株式会社,日立オートモティブシステムズ株式会社,株式会社ケーヒン,株式会社ショーワ,日信工業株式会社が共同で発表した「日立オートモティブシステムズ株式会社、株式会社ケーヒン、株式会社ショーワ及び日信工業株式会社の経営統合に関するお知らせ 」によれば、現在、株式買い付けなどで調整途中ではあるが、最終的には、以下の状態になる見込みで、調整されていく。

  • ケーヒン、ショーワ及び日信工業は、日立オートモティブシステムズに吸収合併される。
  • 日立オートモティブシステムズは、親会社が変わり、株式会社日立製作所ではなくなり、本田技研工業(ホンダ)になる。
  • 結果、本田技研工業(ホンダ)は、 ケーヒン、ショーワ及び日信工業を吸収合併する日立オートモティブシステムズの親会社になる。

この調整が終わった最終状態は、Veoneer の日本の子会社VNBS( ヴィオニア日信ブレーキシステムジャパン )が、日立オートモティブシステムズとの合弁会社となり、本田技研工業(ホンダ)の子会社になる。 

よって、 Veoneer は、ホンダ系列になるといえる。

Velodyne

Lidarと提携、自動車生産で契約されている。
LiDAR製品のトップ企業である

□技術

LIDARセンサー開発をする。

競争が激しく、競争相手の メーカーリストは以下など多くある。

□ 特許情報でみる技術開発の動き

多数の出願があり、2013年から開始され、2016年から活発になり、現在も増加傾向にある。出願内容の技術には、LiDAR、車両の運転を支援する運転支援装置、など、自動運転車に関わる技術がほとんど。

詳細は、以下リンク先で詳しく説明する。

Veoneerの特許情報でみる技術開発の動きとは

2020年1月13日更新 アナリスト 松井

関連するレポート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です