Googleの特許を日本と米国での出願を比較した。
日本は、グーグル名義、米国は、Waymo名義。

2012年から急増し100件を超え、今後も増える見込み。(2014年の出願数は、特許公開が今後増えると予測される)

スクリーンショット 2017-07-09 20.25.35.png
——————————————————————————————
seesaa_profile_iconクリックすると、
「自動運転」動向調査専門サイトへ



研究開発(R&D)の戦略立案にお役立てください。

 

——————————————————————————————

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です