業界情報

CASEの概観とは!?

CASEが変える、未来とは
CASEに取り組む企業等が発信する情報を調べた上で、得られた情報をベースに私たちの未来の暮らしにもたらすものがどのようなものかを推測
そもそも、なぜCASEなのか
CASEの4つに向かう前に、今何が課題なのか? 原点回帰して、自動車業界が抱える現在の課題についてのリサーチ結果を解説
自動運転車の業界が興っていること
自動運転車の業界は、技術開発の競争が激しく、トヨタをはじめ自動車メーカー各社は、他社とアライアンスを複数している。 オープンイノベーションが興ていると言える。
Autonomousが生み出す商品・サービス像
Autonomous Car(自動運転車)の開発やサービスに取り組もうとする企業などがどのような商品・サービスが産みだされるかを推測
Connectedが生みだす商品・サービス像
Connected(コネクテッド)カーの開発やサービスに取り組もうとする企業等が発信する情報を調べた上で、調査結果をベースにどのような 商品・サービスが産みだされるかを推測しましたので説明します。
自動運転参入のリスク・チャンス、PEST分析4視点で測る
政治(P)、経済(E)、社会(S)・技術(T)が本業界に与える影響と、逆に、本業界が与えるPESTに与える影響の両方について、分析したので、その結果を説明する。
MaaSの最近の動き
MaaSとは、 Mobility as a Service( モビリティ・アズ・ア・サービス)の略で、 「自動運転のみならず自動車や鉄道や飛行機などの様々なモビリティ手段の在り方及びこれらを最適に統合するサービス(MaaS)のこと。
トヨタ モビリティサービス パートナー
“e-Palette Concept”は、トヨタ自動車が 2018年6月にプレスリリース したもの。
翌年の2018 International CESで出展している。複数のサービス事業者による1台の車両の相互利用や、複数のサイズバリエーションをもつ車両による効率的かつ一貫した輸送システムといったサービスの最適化を目指しています。
ZMPのADAS連合
ZMPの自動運転プラットフォームの技術は、GPU,センサ、カメラ、音響、など、様々な優れた技術を集めてできている。エコシステムである。
3D 地図の提携動向
欧州の地図制作会社HEREが中心となって、仲間を呼び掛けて取り組んでいる。
HEREは、2015年にAudi、BMW、Daimlerの自動車メーカーによる企業連合に買収されたオランダのアムステルダムに拠点を置くベンチャー企業。
VEDECOM、フランスの政府と自動車メーカーとの連携を推進する
VEDECOMはフランス政府が設立した市民団体であり、企業HPによればルノー、プジョー・シトロエン・OPEL、などからなるPSAグループ、ヴァレオ、コンチネンタル、等が参加し、商用車の完全自動運転車(レベル5)を目指しています。