技術解析

LiDAR、CC、自動ブレーキなど、
特定の機能・技術を保有する企業をまとめ、比較
同じ技術のように見えて異なる技術を特許情報を使い解説します。

クルーズ・コンテロール
クルーズ・コントロール(CC(Cruise Control)は、 クルマが定速走行する機能。その発展形が、アダプティブ・クルーズ・コントロール( ACC( Adaptive Cruise Control )。定速だけでなく、適応的に走行する機能。
車線逸脱防止支援
自動車が走行中に車線を逸脱することを防ぐ機能で、運転者の操作を支援する技術のことを示す。レーンアシストと呼んだり、レーンキープアシストと呼ぶなど、各社で呼び方が異なる技術。
衝突被害軽減ブレーキ
自動車が衝突しそうな時に、車を停止させようとする機能のことです。技術的には、衝突する対象物をセンサーで検知し、速度や距離を考慮して、衝突の恐れがあると判断した際に、自動的にブレーキが作動させる。
自動バレーパーキング
「 Valet Parking 」は、 ホテルやレストランの駐車サービスで行われているサービスで、係りの人に 車のカギを預け代わりに車の駐車をしてくれるサービスのこと。自動バレーパーキング は、係の人がいない、自動で行う駐車システムのことである。
ダイナミックマップ
「高精度3次元地図」 と呼ばれるダイナミックマップは、(株)産業改革機構が中心となって設立した「ダイナミックマップ基盤株式会社」が 推進している技術である。国プロをベースとするこの日本企業の集まりで、日本の自動運転地図のルール作りをしようとするように思われる。
自動運転GPU
GPU(グラフィックス・プロセッシング・ユニット)は、デスクトップパソコンやノートパソコンの画像処理を高速に行うIC処理を組み込んだコンピューターICチップ。米国の半導体メーカーNVIDIA Corporation(エヌビディアコーポレーション)が自動運転車向けに技術開発を進めている。
空飛ぶ自動運転車
地上を走行できるクルマが、空も飛ぶことができる技術にフォーカスする。
なお、UBERやボーイングが取り組む空飛ぶタクシーは、タクシーが飛行機を使うもので、話題担っていて誤解されやすいのが、ここでは対象外。
Waymo社・PBT技術
機械学習の強化学習の訓練手法に、Population-Based Training(PBT )技術というものがある。自動運転技術を開発するWaymoが、協業したDeepMind社の技術がPBT。自動運転のAI技術の開発を加速させようとしている。
Waymoが獲得したLatent Logicの学習技術
Latent Logic社はイギリスのOxfordに拠点を置くスタートアップ企業。「imitation learning 」(模倣学習)を使った自動運転技術を2017年から開発している。
ナビゲート オン オートパイロット、テスラ社の技術開発の動き
ナビゲート オン オートパイロット機能を搭載したクルマをすでに開発済みである。
この機能は、車線変更を提案しステアリング操作を行う機能。商用化済なのは、テスラ以外に日産自動車くらいではないかと思われ、テスラ社が先行して開発した機能といえる。
エンハンスト サモン機能、テスラ社の技術開発の動き
エンハンスト サモン機能を搭載したクルマをすでに開発済みである。
スマートフォンのアプリ経由で無人状態のクルマを自分の所まで呼べる機能。無人走行になり、かつ、駐車スペースから自律走行させて、自分のところまで走行させる完全自動運転になる技術で、テスラ社が先行して開発した機能といえる。