デジタルファブリケーション・3Dプリンター

デジタルファブリケーション・3Dプリンター」というタイトルで、総務省が発行する情報通信白書に記事が掲載されている。
「2025年には、最大60兆円と試算。(引用;総務省のHP;http://www.soumu.go.jp)とあって、規模が大きくなるとされる。
これまで主導してきた3Dプリンターメーカーは、3Dシステムズやストララタシスで、両社ともに、1000億円規模の売り上げを上げている。しかし、2強時代は終わろうとしているのか? 
HPや、キヤノン、リコーなどが、続々参入してきている状況があり、今後の進展が興味深い。
本ブログでは、この新たな動きなどを情報収集し、ブログとして掲載していこうかと思っています。

(さらに…)

続きを読む

3Dプリンタでの量産技術って、今後どうなるの?!

3Dプリンタをテーマに、これから市場動向、技術動向を情報分析してみようと思います。
フォーカスするのは、民生品の量産に使う技術にしようと思います。
というのは、「ソニー、民生品を3Dプリンターで量産へ、高い生産能力を持つ装置を開発」(引用;2016/01/07 日経テクノジーonline)という記事をみたからです。
ソニーだけではなく、GE であるとか、多くの企業がそのような発表をしているからです。
とはいえ、プリンタの技術なのか、プリンタを活用した製造技術なのか、それ以外んいもあるのか、
そこを探ってみようかと思います宇。
by アナリス

(さらに…)

続きを読む
メニューを閉じる