Waymoが獲得したLatent Logicの学習技術

Latent Logicとは

イギリスのOxfordに拠点を置くスタートアップ企業。

Latent Logicのホームページ;https://www.latentlogic.com/

買収

2019年12月12日に発表した のは、「Latent Logic」のホームページ。

「imitation learning 」(模倣学習)を使った自動運転技術を2017年から開発してきたことが以下のように説明されている。

Latent Logic has been focused on developing scalable and efficient testing of autonomous vehicles using imitation learning to build realistic simulations of human behaviour.(出展; Latent Logicのホームページ

「imitation learning」(模倣学習)

模倣学習とは、人などの動きを真似る学習方法のこと。

それゆえに、カメラ等で観て真似る「learning by watching」、デモンストレーションから真似る「learning from demonstrations」など、類似の用語が存在する。

「模倣学習」と掲載する日本のメディアが多いが、調べた結果、世の中で使われる類義語が様々(技術名、分類名、など)存在することが分かった。

  • learning from demonstrations(LfD)
  • apprenticeship learning
  • learning by watching
  • domain-adaptive meta-learning(DAML)

 

特許で見る「模倣学習」

技術保有企業リサーチ、最近特許出願する企業を調べた

【調査結果】企業名(出願人)は以下。

  • LATENT LOGIC LTD (GB)
  • UNIV OXFORD INNOVATION LTD (GB)
  • HONDA MOTOR CO LTD (JP)
  • TOYOTA MOTOR EUROPE (BE)
  • DENSO CORP (JP)
  • PANASONIC INTELLECTUAL PROPERTY CORP AMERICA (US)
  • SOS LABORATORY CO LTD (KR)
  • TECHNION RESEARCH & DEVELOPMENT FOUNDATION LTD (IL)

調査条件(検索式)

  • 上記の類義語のいずれかを特許公報(全文)のどこかに記載している公報を抽出。
  • 出願日;20100101~ のもの
  • 米国特許+WO
  • カウント方法;ファミリー単位で1カウント

Latent Logic の技術を特許情報で見る

LATENT LOGICの抽出公報;1件が発見された。US,WOに出願済みのファミリー1件。

  • WO2019171060A1の公開日; 2019/09/12、出願日;2019/03/06
  • 発明の名称、CONTROL POLICY DETERMINATION METHOD AND SYSTEM

因みに、本特許出願の模倣学習の記載は、参考までに、引用しお知らせします。

The collected trajectory data and the respective scene context can be processed by “Learning from demonstration” (or“LfD”) techniques to produce control systems capable of imitating and generalising the recorded behaviour in similar conditions.

(引用;WO2019171060A1)

2019年12月25日更新 アナリスト 松井

Waymo社*PBT技術

DeepMind社の協力を得て、Waymoは、自動運転の強化学習を、より効率化する。その技術がPBT技術である。

PBT 技術とは、Population-Based Trainingの略で、機械学習の強化学習の訓練手法。

「 Waymo’s self-driving vehicles employ neural networks to perform many driving tasks, from detecting objects and predicting how others will behave, to planning a car’s next moves. 」(出展; DeepMindのホームページ

Waymo社とDeepMind社は、いずれもgoogleの親会社のAlphabet傘下。

自動運転技術を開発するWaymoと人工知能(AI)を開発するDeepMindが協力し、自動運転のAI技術の開発を加速させようとしている。

PBTによる訓練手法は、複数のニューラルネットワークを競わせ、より効率的に実施するタスクを残していく、自然淘汰させていく手法といえる。

囲碁が強いAlphagGoは、 DeepMind社 が開発したもの

Waymo社 の自動運転ビジネス

Waymoの事業・提携・技術・特許

特許で見る技術保有

PBT技術について特許出願を調査した。(調査日;2019年12月23日)

【結果】

2件の特許出願が発見された。出願(開発)時期は、2018年~2019年で最近である。

    • DeepMind 社  ;特許出願 2件(※1)
    • Waymo社  ;特許出願 0件。

※1の特許出願番号と公開番号等は以下を参照

  1. US16/417522 US2019/0354867 REINFORCEMENT LEARNING USING A…
  2. WO2018EP082162W WO2019101836A POPULATION BASED TRAINING OF N…

 

2019年12月23日更新 アナリスト 松井

自動バレーパーキング

未来の駐車場システムのことである。

自動バレーパーキングは、Automated Valet Parkingの略。 そもそも「 Valet Parking 」とは、 ホテルやレストランの駐車サービスで行われているサービスで、係りの人に 車のカギを預け代わりに車の駐車をしてくれるサービスのこと。自動バレーパーキング は、係の人がいない、自動で行う駐車システムのことである。

システムのことがイメージできない方は、まずは、Mercedes-Benz/Bosch の制作したYouTubeを見てください。

「Automated Valet Parking System」

このように、駐車は、係員(人)ではなくスマホで指示すれば、勝手に自律走行をし駐車してくれるというもの。

業界の動き

政府は、「 官民 ITS 構想・ロードマップ 」を作成し、その中でも 「自動バレーパーキング」 が取り上げられていて、強いニーズがあるとされている。

2019年6月に 自動走行ビジネス検討会が発行した資料を紹介する。

海外の動き

技術開発やテスト運用をし、検討が進められている。

上述したMercedes-Benz/Bosch は、 Automated Valet Parking System として、取り組んでいる。一方、 自動駐車に限定したものではないが、無人運転として、注目される海外の動きには、「Waymo One」「 GM Cruise 」「 Sensible4 」「 Smart Shuttle Project 」がある。

Waymo One
GM Cruise
Sensible4
スイスの街中を走る字無人運転バス

現在の実用化

トヨタの自動駐車機能

実用化されたのは、駐車スペース前でボタン一つで自律走行し駐車する自動駐車機能。

トヨタの アドバンス パーク

この機能は、自動バレーパーキングの一歩手前の技術レベルにあると言える。遠くにある駐車スペースを探すことや、そこまで自律走行する機能までは、まだ実用化されていない。

技術の動き

自動バレーパーキングは、駐車スペース前でボタン一つで自律走行し駐車する自動駐車機能というよりは、遠くにある駐車スペースを探すし、そこまで自律走行するというレベルだとすると、実用化の一歩手前にあると言える。残る技術課題は、コストと安全性。特に、コストを下げ利益を上げられるところまでいけば、ビジネスとして加速すると思われる。 なぜならば、公道での無人走行は、道路交通法などの法的な問題が実用化に向けての大きな課題になるが、駐車場が私有地の場合が多いことから、法の縛りが少ないといえる。そうはいっても、駐車場の経営者の責任となりやすいので、二の足を踏みビジネスとしての加速は、まだまだ。万が一の事故に対する保険や事故を起こさない技術のレベルアップが今後も継続することになる。

Mercedes-Benz の取り組みは、車両側に機能を持たなくても駐車場内のカメラや通信などにより、自動駐車できるシステムを目指している模様。

一方、日本での動きは、 自動走行ビジネス検討会 「自動走行の実現に向けた 取組報告と方針」 Version 3.0 によると、車両と駐車場の両方に機能を持たせることを考えている。また、当面の目標は、自動バレーパーキング専用駐車場で専用の車両が自動駐車できることを目指しているという。街の駐車場にだれもが自由に自動バレーパーキングする時代には、まだまだ先になると予測される。

□ 特許情報でみる技術開発の動き

自動バレーパーキングの技術開発は、2014年~2017年にかけて、活発に行われたことが分かった。特許出願を伴い技術開発を進める主な企業は、 Mercedes-Benzと組んでいる「ROBERT BOSCH」であった。2015年、2016年に技術開発が活発になって特許出願がされていた。他には、「FORD」が 2016年に特許出願をして活発化していた。日本の企業は、まだまだ、活発化している傾向は見えなく、トヨタが、特許出願を 最近になって始めている。

  • 補足1)本グラフの見方;横軸;開発時期、縦軸;技術開発のアクティビティ
  • 補足2)主に、2018年、2019年の出願数は、未公開分の出願が存在するので、より増加する。
  • ※ 条件
  •  1)調査日;2019/09/30
  •  2)対象国;米国特許の出願が対象。
  •  3)開発年=出願年とした。ただし、優先権出願は優先日でカウントした。
  •  4)検索方法;公報全文のキーワード”Valet Parking”を含む公報
  •  5)出願日の限定;2010/01/01~

米国特許ベース

日本国特許ベース

  • ※ 補足・条件
  •  1)調査日;2019/11/3
  •  2)検索方法;公報全文のキーワード”Valet Parking”を含む公報
  •  3)出願日の限定;2010/01/01~
  •  4)グラフ作成 横軸;開発時期、縦軸;技術開発のアクティビティ
  •  5)2018年、2019年の出願数は、未公開分で今後増加する可能性がある。

2020年1月6日更新 アナリスト 松井

「LiDAR」特許出願の動向

「LiDAR」センサーについて米国特許公報を検索(※)し、 パテントマップにしました。

  •  調査日は、2019/09/18
  •  検索式は、「発明の名称」に以下のキーワードを入れて検索したもの。
           キーワード=”LiDAR” or  “light detection and ranging” 

特許出願が多い主な企業名(出願人)リスト

 ※ 対象企業の詳細は、リンク先(当サイト内の投稿頁)をご覧ください。

Waymo

□企業

現在は、Alphabetの子会社。2009年当初は、Googleが自動運転車業界立ち上げを仕掛けた。その後、分社化しWaymoとなりAlphabetの子会社となっている。

□事業

配車サービス「Waymo One」を提供を開始した。UberやLIFTがすでにサービスをしていて、自動運転に特化し、Waymoが参入した形である。

Waymo one

Jaguarと提携し、I-PACEをベースに自動運転車を開発した。

jaguar I-PACE ベースのWaymo

それ以外にも、大手自動車メーカーと提携して、業界を牽引する立場をとっている。

ホンダや日産などとの提携の記事がある。

自動運転車の自律走行技術、ADASの技術を保有。公道でのテスト走行を繰り返す。

LiDARの外販も行なっている。

□配車サービスの競合

Uberを訴える。その後、和解の記事が出ている。

Uber、自動運転技術めぐる訴訟で和解CNET Japan

Waymoは2017年、配車サービス企業UberがWaymoの自動運転車開発に必要な技術に関する企業秘密を盗んだとして、Uberを提訴した。

□技術

テスト走行そのもの技術がある。世界でNo1の走行距離があり、様々なシーンでの自律走行のノウハウがあると思われる。AI技術は、それを学習していて、頭に良いAI君に育っていると思われる。

□特許

Waymo名の米国出願の件数推移は以下。600件を超える特許出願がある。

自動運転車が話題になる前からの出願があることがわかる。

 

協業(俯瞰)

自動運転車の実用化を目指し、自動車メーカーは、提携を行っている。一社だけで開発していて、競争に勝てない業界になっている。

協業先は、カー部品のサプライヤーもあれば、IT企業、Uberなど、様々で、その協業状況を調べたので説明します。詳しくは、メニューで示す企業別に別ページで示す。ここでは、連合体の概況を表にして示す。(以下は未完成の整備中です)

□ライドシェア連合

ライドシェアサービス

パートナー

Lyft連合

フォード、GM、InMotion(Jaguarの子会社)

UBER連合 トヨタ、

ウェイモ(Waymo)連合

フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)
   
   
   

□自律走行連携

車両メーカー パートナー
トヨタ UBER、

日産・ルノー・ 三菱自動車

Waymo、DeNA

フォルクスワーゲン

アップル

AZAPA

三井物産株式会社、カウラ株式会社、パナソニック株式会社

□ZMPのADAS連合

  • インテル株式会社[https://www.intel.co.jp/]
  • エヌビディア合同会社[https://www.nvidia.co.jp/]
  • 株式会社小松製作所[https://www.komatsu.co.jp/]
  • 株式会社JVCケンウッド[http://www.jvckenwood.co.jp/]
  • ソニー株式会社[https://www.sony.co.jp/]
  • Telemotive AG[https://www.telemotive.de/]
  • 株式会社電通国際情報サービス   [https://www.isid.co.jp/]
  • 名古屋大学[http://www.is.nagoya-u.ac.jp/]
  • 日清紡ホールディングス株式会社  [https://www.nisshinbo.co.jp/]
  • 株式会社ハーツユナイテッドグループ[https://www.heartsunitedgroup.co.jp/index.html]
  •  PTCジャパン株式会社[https://www.ptc.com/ja/]
  • 株式会社ライドオン・エクスプレス  [https://www.rideonexpress.co.jp/]
  • 株式会社JVCケンウッド[http://www.jvckenwood.co.jp/]
  • ソニー株式会社[https://www.sony.co.jp/]
  • Telemotive AG[https://www.telemotive.de/]
  • 株式会社電通国際情報サービス   [https://www.isid.co.jp/]
  • 名古屋大学[http://www.is.nagoya-u.ac.jp/]
  • 日清紡ホールディングス株式会社  [https://www.nisshinbo.co.jp/]
  • 株式会社ハーツユナイテッドグループ[https://www.heartsunitedgroup.co.jp/index.html]
  •  PTCジャパン株式会社[https://www.ptc.com/ja/]
  • 株式会社ライドオン・エクスプレス  [https://www.rideonexpress.co.jp/]

□解説

提携は、企業の戦略が現れる。そもそも、なぜ提携するのか?提携する企業にとってのメリットは何か?デメリットにもなることもある提携を行う企業の戦略とは、どのようなものなのか?技術提携であれば、間違いなく将来商品(サービス)のためと言える。

その将来商品(サービス)を推測・予測する。

方法は、特許情報を使う本サイト独自の方法で行う。

  • その提携によって、技術が組み合わされ技術が合体する。
  • 合体した技術が自動運転車の優れた機能になる。
  • 機能が顧客の価値に繋がる。
  • その価値に繋げようとする目論見は提携する企業。
  • 対象企業が行う技術提携の全てを調べ把握する。
  • その提携群によって得たパートナーの技術の合体が対象企業の商品になる。
  • その合体は、実現手段の連結。特許情報を使う。
  • 実現手段の連結は、商品設計になる。それが将来商品(像)となる。
  • そこまで行けば、技術提携の戦略として読み解くことができる。
  • つまり、ここでは、各企業ごとの技術提携を全て調査し、そのパートナー企業の技術を特許情報で把握し、技術の合体を行い、将来商品(像)を推測する。

なお、提携といっても、業務提携を含めないことにする。自動運転車のテスト走行の業務提携などは、含めない。

提携情報の収集は、企業のプレスリリースをベースにする。

戦略のタイプを分けると、次のようになる。

  1. 自動車メーカーは、競争戦略。いち早く市場に出す、機能・性能を上げる、安く造る
  2. 自動車部品のサプラーの顧客(自動車メーカー)への販売そのも
  3. 自動車部品のサプラーの同業との競争戦略
  4. IT企業の自動車業界への参入戦略


ホンダとGMとの協業

ホンダとGMとの協業は、燃料電池電気自動車(FCEV)や2次電池に加え、自動運転にまで拡大強化した。

両社は、Googleから独立したウェイモとの提携をしていて、ウェイモ、ホンダ、GMが連合したと言える。

 

1)Honda Joins with Cruise and General Motors to Build New Autonomous Vehicle

Honda investment of $750 million values Cruise at $14.6 billion

October 3, 2018, U.S.A.

ホンダとGMは協業関係強化で「自動運転」の雄になれるか(ダイヤモンド・オンライン)

ホンダとGMは協業関係強化で「自動運転」の雄になれるか … ホンダは10月、米・GM(ゼネラルモーターズ)と「自動運転技術提携する」と発表した。 … ボルト・ベースの自動運転車開発に切り替え、すでに100台以上のテスト車両を運行させている。

2) 燃料電池電気自動車(FCEV)や2次電池の分野ですでに協業を行っているが、これに自動運転分野が加わった。両社の関係強化が注目されている。

 

「自動車部品マグナが「リフト」に200億円出資 自動運転車の開発強化 Forbes JAPAN」など、2018年3月18日     ニュース

ニュース
自動車部品マグナが「リフト」に200億円出資 自動運転車の開発強化

ライドシェア大手の「リフト(Lyft)」は、カナダに本拠を置く自動車部品大手「マグナ(Magna)」と自動運転車の開発でパートナーシップを締結した。 … によると、同社は自前の自動運転技術を開発しながら、今後もゼネラルモーターズやウェイモ、フォード、AptivやnuTonomy、ジャガーランドローバーなどと自動運転車のパイロット …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
動画:に話しかける人もいた自動運転車の試乗イベント 人はどこまでAIを信じられるか?

Googleから独立して現在も自動運転車の研究開発を続けているWaymoが、一般向けの先行試乗イベントを実施。その模様を公開した。 先行試乗はアリゾナ州フェニックスの公道上で実施されている。体験する人は後部座席に着席しており、緊急時に人間が操作を代わることは想定していない。これは自動運転技術の難易度 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
GM:自動運転量産の生産拠点をミシガンに決定

「UAWは加盟各社とともに次世代モビリティを作り上げる準備を進めている。今回の投資は我々の、自動運転車を作るという意気込みを強調するものだ。伝統的なクルマから最新技術まで、我々のメンバーには素晴らしい製品を届けるポテンシャルを有している」とUAW ゼネラルモーターズ部門・副会長のシンディー・エストラーダ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日野自動車<7205>のフィスコ二期業績予想

トラック・バスなど商用が主力。トヨタの連結子会社。インドネシアやタイなどが稼ぎ頭。自動運転などの技術開発を担う先進技術本部を今年2月新設。トヨタとマツダのEV開発会社にも参画。18.3期3Qは増収増益。 国内は昨年5月の新モデル効果で販売台数増。海外はタイが低調もインドネシアが増勢。米国も伸びる。18.3 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
トヨタ自動車、『スラムダンク』の「桜木花道ロボット」開発 フリースロー100%成功

トヨタ自動車が、バスケットボールのフリースローロボット「Cue」を開発した。(イメージ写真提供:123RF). 台湾メディア・ETtodayは17日、日本のみならず世界を代表する自動車ブランドのトヨタ自動車がこのほど「AI桜木花道」を作ったとする記事を掲載した。 記事は「AI(人工知能)とロボットの結合は、人類により便利な生活を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動車部品マグナが「リフト」に200億円出資 自動運転車の開発強化

リフトは昨年、自動運転システムの開発競争に参入したが、ライバルのウーバーやウェイモらがこの分野では先行している。マグナは企業規模が大きく、世界中に自動車メーカー向けに幅広い部品を提供しているほか、車両開発も行っている。リフトはマグナとの提携で、この分野での遅れを一気に挽回することが期待できる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「信号がいらなくなる未来 – 自動運転車と「サイバー信号機」 マイナビニュース」など、2018年3月16日     ニュース

ニュース
信号がいらなくなる未来 – 自動運転車と「サイバー信号機」

アメリカ・ドイツをはじめとして、自動運転車の開発を推し進める各国政府は、一貫して “Safety is the number one priority” (安全が1番優先すべきこと) を方針として掲げています。特にアメリカ運輸省 (US Department of Transportation) は、2016年に「30年後に交通事故死ゼロを実現する」という声明を出し、自動運転技術へ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
群大、道路標識メーカー共同研究へ 自動運転車との「路車間通信」開発

自動運転技術を研究している群馬大は14日、道路標識メーカー大手の「アークノハラ」(東京都新宿区)と共同研究の契約を結んだ。交通標識など道路側の設備から交通情報を発信して、自動運転車に伝達する「路車間通信」の開発が目的で、完全自動運転車の実用化に向けた道路インフラの調査研究に取り組む。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「世界最高のレベル5システム」へ–Lyft、自動車部品大手Magnaと自動運転で提携

Lyftは自社の自動運転技術を全力で推し進めている。 Lyftは米国時間3月14日、北米最大の自動車部品サプライヤーMagnaと提携したことを発表した。この提携の下、両社は自動運転車システムに共同で投資し、開発と製造を進める。両社の目標は、あらゆる自動車メーカーが利用できる自動運転技術を作り出すことだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米トヨタ、新型開発にロボットカー導入…荒れた路面での耐久テストに

北米トヨタは3月14日、新型の開発における耐久テスト車両自動運転技術を導入した、と発表した。 今回の発表は、耐久テストの安全性と効率を向上させるのが目的。テストコースに設けられている荒れた路面での耐久テストを行う車両に、自動運転技術を採用している。 2019年モデルとして米国で発売予定の新型『 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
群馬大、自動運転でアークノハラと共同研究

地域や路線を限定せずに自動運転可能なを開発するのは、技術的なハードルが高いとみているためだ。 道路標識の開発・製造を手がけるアークノハラと組んで、自動運転に必要な道路と車両間の通信(路車間通信)技術の開発を目指す。 具体的には(1)通信方式の開発や通信内容(2)通信内容をどのように車両の制御に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
GM、2019年から自動運転車を生産へ…米国の2工場に投資

GMは3月15日、米国ミシガン州の2工場に総額1億ドル(約106億円)を投資し、2019年から自動運転車の生産を開始すると発表した。 … この自動運転の実用化に一丸となって取り組むには、システムの安全性に関して、シリコンバレーが培ってきたソフトウェアの知識や技術と、世界中に広がるGMチームやデトロイトが誇る …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
マグナとLYFT、自動運転システムの量産開発と生産で複数年間の協業を発表

このようなパートナーシップは業界初となり、マグナとLyftによる自動運転システムの量産開発・生産を可能にする。また、この協業により開発・生産された自動運転車が今後Lyftのライドシェアネットワークに採用されるようになるだけでなく、さらに、その幅広い使用事例を基に、マグナが同自動運転技術をグローバル・モビリティ・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
東京でつかむ、自動運転の世界切符

現在開発中の多くのモビリティー技術により、東京オリンピック・パラリンピック(以下、東京五輪)の成功に貢献していきたい」――。トヨタ自動車社長の豊田章男氏は2020年 … 五輪が開催される2020年の東京は、主要各社にとっても開発中の自動運転車の実力を試す絶好の機会となる。東京は、自動運転車にとって解決しがい …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ST、自動運転に対応する世界初のマルチバンドGNSS測位用ICを発表

STマイクロエレクトロニクスは、自動運転に要求される測位精度と機能安全に対応した世界初のマルチバンドGNSS測位用IC「Teseo APP(Automotive Precise … コントロール(ACC)、自動駐車、自動操縦といった自動化システムの普及や、将来の完全自動運転車の実現に向けて、高精度な測位技術が求められている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
無ハンドル量産に100億円 米GM、2工場に投資へ

量産するのは小型電気自動車「シボレー・ボルトEV」をベースにした「クルーズAV」。特定の場所を走るといった一定の条件下で、全ての操作をシステムが担う「レベル4」に分類される自動運転技術を搭載する、世界初の量産になる可能性がある。 GMは17年1月にミシガン州の工場で走行試験に使う車両の生産を始め、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ウェブ
自動運転車の事故を記録、サイプレスがメモリーICの新製品

会見に登壇したSam Geha氏(Corporate Exective VP, Memory Product Division)によれば、これから自動運転車が普及してくると、今回の新製品の活躍の場が一気に広がるという。「例えば、初期の自動運転車ではドライバーが運転することも、運転をクルマに任せることもある。また、技術が進めば、完全自動運転車同士の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
車のAI化が生む非対称

米国防総省の研究機関出身で、トヨタ自動車人工知能(AI)開発の責任者をするギル・プラット・トヨタ・リサーチ・インスティテュート最高経営責任者(CEO)は、お気に入りが「パーソン・オブ・インタレスト」という米テレビドラマだそうだ。 AIによる犯罪予知を描いたシリーズもので、人間的なAIと冷めた性格のAIが複雑に絡み合っ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
次世代自動車で日本企業が大暴れ、センサー・半導体・電池で世界制覇

今やクルマの世界は未来形として人工知能を積み込み、いつでもどこでも誰とでもつながるコネクテッドカーが嘱望されている。そしてその流れは、人類の夢であった完全自動走行運転にもつながるのだ。またEVや燃料電池に代表されるようなエコカーが主役になってくるのは間違いのないところだ。 こうした状況下で世界制覇を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ドイツ自動車業界、実世界のブロックチェーン利用を促進

私たちは設立者と協力して、ブロックチェーン、人工知能、モノのインターネット、サイバーセキュリティ、モビリティの分野で新しいソリューションを開発したいと考えている。もちろんこの研究所にいる専門家も一緒に」。 ブロックチェーン自動車分野にすでに関わっていた企業もまた、これら大手企業の参入がエコシステムの成長に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
<政協>無人自動車デビューは3~5年後=李彦宏委員

李社長はまた、「4、5年も経てば、一般道でも無人運転自動車が走れるようになるだろう」としたうえで、「人工知能がもたらした革命は産業革命に匹敵するもので、多くの分野でこれまでにない体験をもたらしてくれる」と述べ、この先20年から50年の間、人工知能が中国の経済成長推進の重要なエンジンになるとの考えを示し …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
「世界最高のレベル5システム」へ–Lyft、自動車部品大手Magnaと自動運転提携

Lyftは自社の自動運転技術を全力で推し進めている。 Lyftは米国時間3月14日、北米最大の自動車部品サプライヤーMagnaと提携したことを発表した。この提携の下、両社は自動運転車システムに共同で投資し、開発と製造を進める。両社の目標は、あらゆる自動車メーカーが利用できる自動運転技術を作り出すことだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
とネット、分業模索

自動運転の開発競争で異業種の合従連衡が進んでいる。米グーグル系のウェイモや米ウーバーテクノロジーズなどのネット系企業は自動運転システムの開発に特化し、自動車メーカーが担う車体や駆動部分の開発、整備との「分業」を模索している。自動運転車とシステムを一体で開発しない流れが加速する可能性もある。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転スタートアップ、韓国はなぜ少ないのか(1)

カリフォルニアでは約50社が自動運転車運行許可を受けてテスト中だ。日本や中国を含めると世界ではすでに1000台以上の自動運転車が道路を走っている。このように世界で自動運転車開発競争が激しくなり、関連スタートアップも次々と登場している。こうしたスタートアップとグローバル自動車企業間の投資や買収・提携も …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転スタートアップ、韓国はなぜ少ないのか(2)

部品会社も同じだ。自動車業界の関心と投資が不足している。また、グーグル・Uber・バイドゥ・滴滴出行のように自動運転車技術に関心を向けて熱心に投資するIT大企業が多くない。ネイバー、カカオモビリティなどが本格的に投資を始める段階だ。現代は今年1月、米国自動運転スタートアップのAuroraとの提携を発表した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「貴陽の無人自動車製造に世界の自動運転エンジニアが結集 SankeiBiz」など、2018年3月14日     ニュース

ニュース
貴陽の無人自動車製造に世界の自動運転エンジニアが結集

「Move it」は、最新自動車技術の開発、製造、振興に専念する自動運転のグローバルな革新的オープンソースコミュニティーである。「Move it Hackathon」はコミュニティー初のオフラインアクティビティーで、自動運転が直面する共通課題に協力して取り組むことを目指している。そのソリューションは無人自動車の革新と適用の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
と連動したVR体験?Uber、自動運転車向けの特許を取得

世界70カ国で配車サービスを展開するUberは、今後もユーザーに新しい乗車体験を提供する技術を追い求めていくことが期待されます。 自動運転車の車内におけるVRの活用については2017年末から大手IT企業でも言及が増えています。Mogura VRでは、各社が取り組むVR/ARとAV(自動運転車)に関する記事を紹介してい …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
貴陽の無人自動車製造に世界の自動運転エンジニアが結集(共同通信PRワイヤー)

この共同キャンプに参加したエンジニアと助言者は全て、一流の自動運転企業と大学からやって来た。アクティビティーはワイヤ制御技術転換、アルゴリズムのデバッグ、自動運転サンプルの製造と試運転、助言の共有などに及んでいる。エンジニアは現地でライン制御車両技術を実践し、ライン制御車両の基本シャシーを …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
脳波やジェスチャー操作も ここまで進化した “未来を感じる”クルマたち (1/2)

脳波やジェスチャーで操作できる――そんなクルマの未来を自動車メーカー各社が描いている。ここ数年で自動運転技術を始め、通信機能を備えるコネクテッドカーとその周辺技術はさらに発展し、未来を感じるクルマたちが数多く登場してきた。 ITmedia NEWSでは、EV(電気自動車)メーカー大手の米Tesla(テスラ)最量販 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
脳波やジェスチャー操作も ここまで進化した “未来を感じる”クルマたち

目的地までの運転操作をクルマ側が担う自動運転技術を採用するのが、トヨタ自動車が「2018年北米国際自動車ショー」(米デトロイト、1月14日~2月28日)で世界初公開したクロス … AIやディープラーニング(深層学習)の技術を取り込み、クルマが運転手の行動を先読みしながら運転をサポートできるようになるとしている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマの先を狙える建設車両自動運転

東日本高速が除雪運転支援に取り組むのは、操作にたけた熟練オペレーターの高齢化や労働者不足を懸念しているからだ。ICT(情報通信技術)を活用して経験の浅いオペレーターでも的確に操作できるようにする。同社は13年度から研究・開発に着手。これまでにGPSを活用して凍結しやすい橋の位置をオペレーターに …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
の情報多すぎて選びにくい=無職・石原信哉・73

高齢運転者による交通事故が報道されることが多くなった。自動車メーカーは自動運転の開発を競って進めているが、これからも技術の支援を受けのある生活を続けたい。 先日、大手3社の新車を見学した。豪華なショールームに、親切で丁寧な販売員。それぞれに好感が持てた。もらったカラフルで分厚いカタログはめくる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自律走行トラックで「空っぽの荷台」を埋めるという、Uberの挑戦が始まった

技術的な障害はまだいくつかある。例えば、一部の州では道路の端に停車している緊急車両を追い越す際、一定の間隔をとるよう義務づけられている。Uberのチームはこの規定に確実に沿うための方法を模索している。 またすべての運転操作を行うドライヴァーと同様、自動運転のトラックに乗車するオペレーターも、周囲の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
東大首席だった山口真由氏、運転免許の試験に落ちていた過去を告白

と告白。東大法学部在学中に司法試験に合格、卒業時には首席だったという華麗な経歴を持つ山口氏の発言に橋下氏らも「落ちる人いるの!?」と驚愕。すると「ペーパーは満点だったんですけど、実技で落とされて…。後ろからも来てたし、いろんなことを言われてパニックになってしまって。生まれて初めて試験に落ちました。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【電子版】米キティホークの空飛ぶ自動運転タクシー、試作機の動画公開 グーグル共同創業者が支援

キティホークのCEOを務めるのはセバスチャン・スラン氏。グーグルの先端技術開発部門であるX(旧グーグルX)を創設し、自動運転車や「グーグルグラス」などの開発プロジェクトを主導した人物として知られる。 空飛ぶ自動運転タクシーを巡っては、参入が相次いでいる。インテルが支援する独ボロコプター(Volocopter)は1月に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「「EV向けバッテリー世界首位」パナソニックの不安は 毎日新聞」など、2018年3月12日     ニュース

ニュース
「EV向けバッテリー世界首位」パナソニックの不安は

電気自動車(EV)をめぐるパナソニックの動きが活発だ。パナソニックは2017年10月、横浜市にある同社の試験場で、自動運転システムを搭載した小型のEVを報道陣に初めて公開した。「自動運転EVコミュータ」と呼ばれる自社開発の実験は、2人乗りで、全長2・5メートル、車両重量は566キロ。 「いよいよパナソニック …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
JAXAと自工会が連携、自動運転車のAIの品質保証に取り組む

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2018年3月9日、自動運転車など人工知能(AI)によって自働化するシステムの品質保証に向け、日本自動車工業会との連携を開始したと発表した。 2019年3月まで1年間、AIのソフトウェア品質の確保に必要な手法や守るべき要件をまとめる活動に協力する。JAXAは安全評価解析技術など …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、つながる1万台供給 米レンタカー大手に

トヨタは車両を管理・監視する機器の開発やデータの分析で強みを発揮しようとしている。自動車のシェア・レンタル企業はこの分野にあまり力を入れていないため商機があるとみている。 エイビスは貸出時の駐車場内でのの場所探し、返却時のガソリン量や走行距離の読み取りなど、時間がかかっている工程をトヨタ自動 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
グーグルのウェイモ、自動運転の大型トラックの実証実験へ

ウェイモは従来、主にFCA USのクライスラーブランドのミニバン、『パシフィカ』をベースにした自動運転プロトタイプで、自動運転の走行テストを実施してきた。今度は大型商用の分野でも、本格的に自動運転技術の開発に取り組む。 ウェイモは、グーグルのデータセンターに荷物を届ける大型トレーラーに自動運転技術を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
EV時代視野、情報収集 岡山の関連団体

岡山県内の自動車関連企業で構成する「岡山県自動車関連企業ネットワーク会議」は12日、岡山市で総会を開き、2018年度の事業計画を決めた。電気自動車(EV)や自動運転といった産業構造変化の中で、経営、人材、生産技術、開発技術の4つの分科会を通じて経営戦略や業務効率化などに関する研究、情報収集を強化 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
壁の向こうの「見えない物」の立体形状を、レーザー光線で“見る”:米大学がシステムを開発

将来、同じことが自律走行でも可能になるかもしれない。少なくとも、このアイデアは自動運転技術への応用を前提に生まれた。レーザーの光子(光の粒子)の軌跡を利用し、隠れた対象物の位置と形状を計測する技術だ。「隠れているもの」がウサギでも、通り過ぎる歩行者でも、変わりはない。 これは、まったく新しいアイデア …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【インタビュー】フォルクスワーゲン乗用車ブランド CEO Dr.ヘルベルト・ディース氏が語る、ディーゼル …

そのジュネーブショーで、完全自動運転のEV(電気自動車)「I.D.VIZZION(アイ.ディ.ビジョン)」を世界初公開したのがフォルクスワーゲンだ。I.D.VIZZIONは、フォルクスワーゲンが発表し続けるEVの新しい形である「I.D.(アイ.ディ.)」シリーズの4番目のモデルとなり、フォルクスワーゲンがEVにかける熱い意気込みを具現化した …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
JAXAと自工会が連携、自動運転車のAIの品質保証に取り組む

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2018年3月9日、自動運転車など人工知能(AI)によって自働化するシステムの品質保証に向け、日本自動車工業会との連携を開始したと発表した。 2019年3月まで1年間、AIのソフトウェア品質の確保に必要な手法や守るべき要件をまとめる活動に協力する。JAXAは安全評価解析技術など …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AIのタクシー需要予測で売り上げ2割増 トヨタなど4社が実証実験

トヨタ自動車など4社は、人工知能(AI)を用いたタクシー需要予測技術を開発、東京都内で試験導入を開始したと9日に発表した。都内を500m四方ごとに区切り、各地域のタクシー乗車数を30分単位で予測するもので、2018年度内の実用化を目指すという。 共同開発したのはトヨタ自動車のほか、日本交通を母体とするIT企業 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「Elapheのインホイールモータ技術を駆使した自動運転コンセプトカー “Icona Nucleus”、ジュネーブモーター … MotorFan[モーターファン]」2018年3月12日     ニュース

ニュース
Elapheのインホイールモータ技術を駆使した自動運転コンセプトカー “Icona Nucleus”、ジュネーブモーター …

… 完全自動運転)を目指しており、現在のレベル3(条件付自動運転)から一気に躍進することになる。運転者がいらないというのはただ単にダッシュボードやハンドルの場所が空くだけでなく、完全にくつろげる空間としての車内の再デザインが求められることになる。焦点はもう道路ではなく、旅の経験そのものになっている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「EV向けバッテリー世界首位」パナソニックの不安は

自動運転EVコミュータ」は、部品などを開発するための実験であり、電気自動車を開発する計画はないとのこと。 パナソニックが電気自動車関連で一番力を入れて … ただし、ウェイモ幹部によれば新会社の中心は自動運転技術の開発であり、自動車の製造ではないという。その方針に沿ってか、ウェイモは17年6月、自社 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AdaSkyとST、自動車向けに高分解能の視認能力の提供で協力

STの協力により、当社は初の自動運転車向け高分解能サーマル・カメラを、最小サイズ、最軽量、最低消費電力で、かつ可動部品を用いることなく製造することができました。超低消費電力設計や車載アプリケーションに最適なIP、そして28nm FD-SOI技術など、STならではの専門知識や技術があってこそ、センサの性能に課 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Waymo(元Google)が自動運転トラックの公道テストを開始、物流の自動化競争に参戦

Googleからスピンアウトした自動運転カー開発のWaymoが、自動運転トラックの公道テストを行うことを発表しました。 … 自動運手カー技術でリードするWaymoですが、トレーラーは車両自体が大きく、旋回や制動での挙動の違いや一般より死角が多いなどの特性があるため、自動運転カー技術をそのまま応用できるわけ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自工会、次期会長に豊田トヨタ社長…初の再任に

また、20年の東京オリンピック・パラリンピックに向けた燃料電池(FCV)普及や自動運転技術の導入に関わる環境整備も重要となる。豊田氏は前回の任期中には、若年層のクルマ離れなどへの対策として、隔年開催の東京モーターショーがない年には東京臨海副都心でクルマやバイクへの関心を高めてもらうイベントを開催 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
未来の交通手段の実証実験が始まった! 日産とDeNAが協業する「イージーライド」って何だ?

イージーライドは、日産が開発中の完全自動運転技術を、DeNAが開発するモビリティーサービス事業と連動させるものだ。 ここでいうモビリティーサービス … 第1段階の実証試験では、3月に横浜・みなとみらい地区の約4.5kmのルートで先代「日産リーフ」をベースとした完全自動運転車を運行させる。 では、イージーライドとは …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産リーフは、この技術が凄い! 開発担当者が、4つの開発秘話&うんちくを大公開!! 【NISSAN LEAF …

自動運転技術」「シャシー制御」「パワートレイン」「空力/燃費性能」という4つのテーマに“技術うんちく”というエッセンスを加えた、熱のこもった、とてもユニークな内容だっ … 実際に新型リーフのステアリングを握ると、エンジンやハイブリッドカーでは味わうことができない、静かで快適な乗り味に魅了される。e-Pedalと呼ばれる「 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「一国多制度」検討の時 技術革新と多様化に対応

一国多制度」検討の時 技術革新と多様化に対応 柳川範之 … 第4次産業革命といった言葉を持ち出すまでもなく、現代社会が大きな技術革新の波にさらされていることは疑いの余地がないだろう。人工知能(AI)の発達や自動運転車の急速な普及、仮想通貨やブロックチェーン技術など、多くの新技術に関する話題が飛び交う。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アウディ Pop.Up Next は室内に49インチスクリーン装備のドローンEV…ジュネーブモーターショー2018

Up Nextがジュネーブモーターショー2018でワールドプレミアされている。 Pop.Up NextはPop.Upに対して、大幅に軽量化され、インテリアのデザインも変更。超軽量の2名乗りキャビンは、車両モジュールと飛行モジュールのどちらにも取り付け可能。アウディは、バッテリーと自動運転技術のノウハウで、このプロジェクトを支援し …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
もはや付いてるのが当たり前!? 『衝突被害軽減ブレーキ搭載』を総額2ケタ万円で手に入れる

【ボルボ S60(2代目)/ボルボ V60(初代)】クーペ風セダンのS60と、ステーションワゴンのV60がデビューしたのは2011年。35km/h以下で歩行者や前方歩行車両との衝突を回避する「ヒューマン・セーフティ」と、低速走行時の衝突を防止する「シティ・セーフティ」を標準装備した。その後のマイナーチェンジなどで先進安全技術を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「Lyft、米最大規模の自動運転車テスト施設GoMentum Stationと提携 CNET Japan」など、2018年3月9日     ニュース

ニュース
Lyft、米最大規模の自動運転車テスト施設GoMentum Stationと提携

GoMentum Stationは米国で最大規模の安全な自動運転車テスト施設である。Lyftによると、この提携により、Lyftの自動運転車を一般の人々に提供するまでの時間を短縮できるという。 Lyftのエンジニアリング担当バイスプレジデントであるLuc Vincent氏は次のように述べた。「Lyftでは、自動運転車があらゆる人々にとって交通 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ポルシェがブロックチェーンスタートアップ企業「XAIN(ゼイン)」と提携することを発表

ドイツに本社を置く自動車メーカーポルシェが2018年2月、ブロックチェーンとAI開発をするベルリンのスタートアップ企業XAIN(ゼイン)と提携し、自動車分野への … ブロックチェーン技術導入は、ポルシェだけではなく各自動車メーカーも自動運転車の開発に向け、積極的に取り入れようとする動きが見受けられるので、本格的に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Didi Chuxing(滴滴出行)、自動車取引ビジネスの拡大に向け「Renrenche(人人)」と提携

同じイニシアチブのもと Didi は、自動車シェアのプラットフォームを作るために自動車メーカーとも提携する予定で、また電気自動車の充電ビジネス、ガス事業にも手を広げてきた。広報担当者によればガス事業は現在利益があるという。同社が検討している他のセクターとしては、自動運転、自転車レンタル、自動車金融がある。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタも注目のブロックチェーン3.0が自動車業界を変える!?

ネット接続機能を前提とした技術を用いて、自動運転車に新たな価値や利便性をもたらすための開発を行っている。 … また、上記のTRIはマサチューセッツ工科大学(MIT)とも提携して、MITデジタル通貨イニシアティブの責任者は「ブロックチェーン・テクノロジーを用いて、ユーザーが自らの運転データを確実にコントロール出来る …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【ドイツ・中国―その他】ダイムラー、北京汽車のEV子会社に3.9%出資

ダイムラーは昨年6月に北京汽車と交わした枠組み合意書で、BJEVに戦略的投資を行い、新エネルギー(NEV)分野での提携を強化する方針を表明していた。 ダイムラーのフベルトゥス・ … になったと発表している。吉利集団は、EVや自動運転車(自動走行)などの分野でダイムラーの協力を求めたい考えとみられる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
アウディ、イタルデザイン、エアバスが、ジュネーブモーターショーで、自動運転車両とパッセンジャー …

アウディ、イタルデザイン、エアバスの3社は、3月8日~18日に開催のジュネーブモーターショーで、道路および空中を移動する完全な自動運転の電気自動車コンセプトモデル “Pop.Up Next” を展示している。遠い将来この “クルマ” は、人々を乗せて都市の道路と空中をすばやく便利に移動し、様々な交通問題を解決する可能性 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
グーグル系のウェイモ、自動運転トラックの実用試験

には専用の自動運転システムを積むものの、まずは経験豊富な運転手が同乗して問題があれば人による運転に切り替える。 ウェイモは乗用車ですでに延べ500万 … 同社は同日の声明で「10年近い乗用車での走行経験がトラックへの自動運転技術の応用を可能にした」とコメントした。 自動運転トラックの開発に取り組むの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【材料】個人投資家わらしべ:アクセルが自動運転ベンチャーのティアフォーに出資【FISCOソーシャル …

現在、自動運転技術を支えるシステムLSIは、コンピュータグラフィックス処理に最適化された画像処理用半導体(GPU)が最適解として利用されていますが、今後自動運転車を幅広く普及させていくためには、より自動運転に最適化された専用デバイスが必要になると考えられており、今回両社はその研究開発で協力していくこと …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ブロードコム買収検討か インテル、米紙報道

ただ、ブロードコムの時価総額は1040億ドル(約11兆円)と大きいことなどから、買収計画が実行される保証はないとも伝えている。 インテルは、ロイター通信の取材に対し「合併や買収に関連するうわさや臆測にはコメントしない」と答えた。昨年買収した自動運転車技術開発を手掛けるイスラエルのモービルアイなどとの統合 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
三菱ふそう、電動ごみ収集の実験へ 川崎市と協定

三菱ふそうトラック・バスは9日、川崎市と環境配慮型社会の構築などで包括協定を締結したと発表した。電動のごみ収集を使い、二酸化炭素(CO2)や騒音を出さないごみ収集の実証試験を実施する。将来的には部分的な自動運転の導入も検討し、先進技術を検証する拠点とする。 ご… [有料会員限定] この記事は会員 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「トヨタ「モビリティ戦略」の次の狙い 日経ビジネスオンライン」など、2018年3月9日     ニュース

ニュース
トヨタ「モビリティ戦略」の次の狙い

だが簡単には実現しないとなるや、自社の開発車両の使用を見切り、クライスラーのミニバンにWaymoの自動運転システムを搭載し、一般向けの配車サービスを始めてしまうという。購入台数は数千台規模を計画しているようだ。 延べ650万キロに及ぶ公道実験、豊富な資金力と人材をバックとした技術的優位に加えて、規制を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転カーを「信号機」として利用するサイバー信号機が開発される

自動運転技術を研究するカーネギーメロン大学の青木俊介さんは、無線通信を使って一時的に目に見えない信号機(サイバー信号機)を作り出すことで、複数の自動運転カー … サイバー信号機が機能すると、無線信号を受け取った緑色の自動運転カーはその場で一時停止して、後続車両も停車せざるを得ない状況を作ります。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
一般社団法人日本自動車工業会との「AI時代のソフト品質保証の考え方」に関する連携について

本連携では、自動運転車のようなAI技術を用いたソフトウェア(またはシステム)に対する品質保証のフレームワークについて、JAXAが保持しているコンピュータと人の調和に着目した安全評価解析技術を活かして協力します。また、装置の安全な動作を保証する点においても、JAXAのIV&Vで構築した立証方法が利用できると …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタも注目のブロックチェーン3.0が自動車業界を変える!?

ブロックチェーン技術を開発するKaula(カウラ)と自動車関連スタートアップベンチャーのAZAPA(アザパ)が、から得られるデータを、ブロックチェーン技術を使う管理システムを共同開発すると発表。 … ネット接続機能を前提とした技術を用いて、自動運転車に新たな価値や利便性をもたらすための開発を行っている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ポルシェがブロックチェーンスタートアップ企業「XAIN(ゼイン)」と提携することを発表

コンテストを開催した関係者からは「ポルシェとお客様のデジタル機器にサポートされた未来を実現するため、独自の技術革新の可能性に頼るだけではなく、新しい … ブロックチェーン技術導入は、ポルシェだけではなく各自動車メーカーも自動運転車の開発に向け、積極的に取り入れようとする動きが見受けられるので、本格的に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ系サプライヤー、来年度「技術者」採用増やします!

アイシン精機や豊田自動織機などトヨタ自動車グループの主要メーカーが発表した2018年度の採用計画は、多くの企業が技術系や現場で働く技能職の採用増を見込む。の電動化や自動運転に対応し、ソフトウエア開発者などを増やす。各社が主要拠点を置く愛知県は労働市場の需給逼迫(ひっぱく)が続いている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
デンソー、ルネサスに5%出資 革新機構から取得

デンソーは9日、半導体大手のルネサスエレクトロニクス株の保有比率を0.5%から5%に引き上げると発表した。筆頭株主の産業革新機構から約850億円で取得する。自動運転などに使う車両制御システムの開発で、半導体の先端技術を持つルネサスとの連携を深めるのが狙いだ。 デンソーは自動運転技術の実現に向け、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
次世代は動く光の絵で安全性向上、三菱電が新提案、標識も高速認識

三菱電機は2018年2月、自動車関連の最新技術を発表した。 クルマの動きに対応した光のイラストを、車両周辺の路面に投射する技術の進化版を公開した。クルマの動きを周囲の歩行者や車両に事前に伝えやすくなり、安全に貢献する。 電動車両自動運転での採用を期待する。例えば、電動車両ではモーターだけで走行 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
レベル2は満足も昼夜や白線で差

日産自動車は新型「リーフ」に自動運転技術を多く盛り込んだ。代表的なのが、自動車専用道路の単一車線における車線中央維持機能「プロパイロット」である。加えて、指1本で駐車操作を完了する「プロパイロットパーキング」は日産で初めての採用となった。実車試験で実力を確認し、分解で機能を支える部品の特徴を分析 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
香港で開催されるグレートフェスティバ オブイノベーションに出席する日本のイノベーションリーダーたち

吉澤 隆氏(日産自動車株式会社全自動運転R&D担当VP) 自動運転技術分野の先駆者である日本の自動車メーカー、日産自動車は、2022年までに完全自動運転車を市場に投入すると発表しました。同社は自動運転車のオンロードでのテスト走行を2017年にロンドンで初めて実施し、日本でのローンチ成功を経て、今年、高速 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
一般社団法人日本自動車工業会との「AI時代のソフト品質保証の考え方」に関する連携について

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(以下、JAXA)は、この度、一般社団法人日本自動車工業会(以下、JAMA)と「AI時代のソフト品質保証の考え方」 … 自動運転車にAI(人工知能)を搭載して完全自動化を行う場合、AI自らが様々な環境下で判断を行うため動作予測が難しく、安全のためのソフトウェア品質保証が課題 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ自動車ら、AI活用の「タクシー配車」支援システムを都内で試験導入

トヨタ自動車とJapanTaxiは3月9日、KDDI、アクセンチュアと共同で、人工知能(AI)を活用した「タクシー配車支援システム」を開発し、東京都内で試験導入したと … 運行実績や人口動態予測だけでなく、タクシー需要への影響が大きい気象、公共交通機関の運行状況、大規模施設でのイベントなど、トヨタ、JapanTaxi、KDDIが …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
配車支援システム 人工知能でタクシー需要予測

トヨタ自動車などは9日、人工知能(AI)でタクシー需要を予測し、配車を支援するシステムを開発したと発表した。KDDIやアクセンチュア、タクシー大手日本交通グループのIT関連会社「ジャパンタクシー」(東京)と共同で手掛けた。既に東京都内で試験導入しており、18年度の実用化を目指す。 携帯電話利用者の位置情報や …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「GMも圧倒する「グーグル」自動運転技術の脅威 東洋経済オンライン」など、2018年3月8日     ニュース

ニュース
GMも圧倒する「グーグル」自動運転技術の脅威

自動車業界は今、「CASE」の頭文字を取って、コネクティビティ=通信との接続、オートノマス=自動運転、シェアリング=共有サービス、エレクトリックモビリティ=電動化 … 自動運転やコネクティッドといった新技術が組み合わされると、ロボットタクシーや無人運転のライドシェア、さらにはeコマースと連動した自動配送の物流 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日本郵便、自動運転20年までに実用化 12日の実験開始前に式典

今回の実験では、運転席と助手席に人が乗り、万一の場合には運転操作を行う。 実験は、自動運転技術を開発している「アイサンテクノロジー」(名古屋市)と「ティアフォー」(同市)両社の技術を導入。一般のミニバンの屋根の上に周辺環境を認識する3次元センサーを設置し、周囲の環境を把握して障害物との距離を計算し …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【岩貞るみこの人道医】一般道での自動運転が実現できない最大の理由

たしかにクルマ同士の事故は、クルマ同士がコネクテッドしてぶつからないようにと技術の開発が進んでいる。でも、こう言ってはなんだが、クルマの中にいる人はエアバッグや衝撃吸収ボディがあるから、速度さえそれなりに落とせばなかなか死ぬような事故にはならない。自動運転なんてなくても、交通事故死者数は削減できる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
京都大学、タダノ/クレーンなど自動運転化へ共同研究着手/包括契約締結 [2018年3月8日1面]

京都大学とタダノがICT(情報通信技術)と人工知能(AI)を活用し、クレーンや高所作業などの自動運転を実現する共同研究に乗りだす。7日に都内で包括連携契約を締結した。タダノのクレーン技術と京大が持つ先端研究の知見を融合し、無人で動く遠隔稼働式クレーンや高所作業を開発。建設業の慢性的な人材不足を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタがAI分野におけるソフトウェア開発体制を強化

自動運転技術は日進月歩である。つまり、ハードウェアである車両の性能よりも、そこに組み込まれるソフトウェアとデータの重要度が増していることはいうまでもない。 先週、トヨタはAIのソフトウェア研究開発の新会社を設立したと発表した。トヨタのほか、グループ企業のアイシン精機、デンソーも出資をし、総額3000億円の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
コネクテッドカーが上海の公道走る、テスト区間も近く整備へ

上海の自動運転技術は、閉鎖空間での走行試験から、実地テストの時代に入った。現在の自動運転車はまだ完全な「無人運転」ではない。安全上の理由から、自動運転車の走行試験では、いざという時に手動運転に切り替えられるよう、運転手を配備している。 遠くから見ると、道路を走っている自動運転車と普通の自動車は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アイシングループ、シリコンバレーのVCと55億円のベンチャー投資ファンドを設立

アイシングループがファンドを組成した背景は、電気自動車(EV)や自動運転車、ライドシェアサービスなど、自動車産業での新興技術の勃興がある。アイシンは、シリコンバレーを中心に世界中の技術を発掘しているフェノックスVCと協力することで、世界最先端技術へのアクセススピードの加速、自動車産業の底上げにつながる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
これからの「ラジオ」の生き残り戦略[ITmedia NEWS アンカーデスクマガジン 水曜日版 2018/3/7]

注目点を明確にしてディスカッションが行えるので、技能伝承や技術継承、社員研修、安全教育ツールとして活用できます。 … 体制、3000億円以上投資へ http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1803/02/news094.html トヨタ自動車は3月2日、自動運転に必要なAIソフトの研究開発などを手掛ける新会社「Toyota Research …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
人工知能のカラクリは数学? ―「人工知能の数学」をゼロから学べる参考書

自動車の仕組みに詳しくなくても自動車を運転できるように、数学を使わないで人工知能を扱う方法もたくさんありますが、モデルの精度を上げたり、チューニングしたりするためには、数学の知識が必要になることがしばしばです。 本書は、高校数学のキホンからていねいに学習することで、初めて大学レベルの数学を学ぶ方や、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「2040年、主役は自動運転車 AIで車内と街の見守りも 日本経済新聞」など、2018年3月7日     ニュース

ニュース
2040年、主役は自動運転車 AIで車内と街の見守りも

環境規制の強化による電動化や自動運転技術の進化を核として、2040年に向けてクルマ技術は大きく変わる。一部の国で … 本稿では自動運転技術とその実現を支えるセンサー、人工知能(AI)の将来の姿を探る。 □75%が自動運転車に. 2040年、道路交通の主役は自動運転車になり、運転免許はほぼ不要になる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車で郵便物配送、日本郵便が東京都心で実証実験へ

実証実験期間は3月12日から16日。自動運転車が千代田霞が関郵便局を出発し、西新橋郵便局を経由して銀座郵便局まで、郵便物などを輸送する。実証実験には自動運転技術の開発を手がけるアイサンテクノロジー、ティアフォーのほか、損害保険ジャパン日本興亜、東京都(東京自動走行ワンストップセンター)が協力する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転もっと身近に フォードが宅配実験、ウェイモは疑似体験動画 (1/2ページ)

フォードの自動運転車・電動化担当バイスプレジデントのマラクバイ氏は「フロリダの実験で、ビジネスモデルの検証を行う。顧客の反応を調べ、その結果を2021年に市場投入を計画している専用のデザインに生かす」と説明した。 同社は荷物の配達を自動運転の将来の鍵とみている。ウェイモやゼネラル・モーターズ(GM)は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマは“動く居住空間”へ、VWがコンセプトEVを公開

クロス)」、MPV(多目的)の「I.D. BUZZ(アイ.ディ.バズ)」を発表している。 音声やAR技術を介した操作や完全自動運転、インターネットへの常時接続などの機能によって、乗員を運転から解放し、乗員に新しい自由な時間を提供する。AR技術には、米マイクロソフト(Microsoft)の「HoloLens」を利用する。学習機能を備えた …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「Waymo」が公道を自動運転車で走行する様子を収めた360°動画を公開

Googleの自動運転車開発プロジェクトが独立し、アルファベット(Alphabet)傘下となった「Waymo」。 同社はGoogle時代の2009年に自動運転車の開発をスタートさせ、既に公道での実走行テストを800万km以上に渡って行なうなど、自動運転技術で他社を凌駕しています。 そうしたなか、同社は動画サイトで自動運転車に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
エアバスとアウディがタッグ! 空を飛び、地上も走る自動運転車「Pop.up」が進化

空を飛び、地上も走る自動運転車「Pop.up」が進化. エアバスが、モジュラー式の空飛ぶ自動運転車「Pop.up」の構想を明らかにしたのは昨年3月のこと。それから1年、その進化 … ご存知のとおり、エアバスは空飛ぶタクシーを開発中で、アウディは自動運転やバッテリー分野で技術を積み上げている。また、イタルデザインは …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車の実用化を支援、国家標準拡充へ

自動運転車に関する韓国の国家標準(KS)が、現在の93種から2021年には200種に増える見通しだ。産業通商資源省の国家技術標準院は7日に自動運転車の実用化に向けた標準作りの研究会を開き、業界関係者と共に標準化計画をまとめ、KS適用対象の拡大などを話し合う。 政府は運転… 関連国・地域: 韓国.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
VWのEVセダンは「モデルS」に対抗、自動運転中は「HoloLens」で拡張現実

ステアリングやペダルのない、レベル5の自動運転車となる。バッテリー容量は111kWh、走行距離は最大で665kmだ。 EVのコンセプト「I.D.」シリーズの4車種目となる。車両サイズは全長5163×全幅1947×全高1506mmで、ホイールベースを3100mmとし、プレミアムクラスのセダンと位置付ける。同シリーズでは、これまでに …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日中韓の5G商用化「実はいばらの道」中国メーカー米市場参入に立ちこめる暗雲

韓国メーカーは、5Gを自動運転車の基幹技術の一つと位置づける。2月6日配信の中央日報日本語版によると、業界大手のSKテレコムは19年の自動運転商用化を目標に据える。自動運転車2台による実験では、前方が事故を予測して停車した際、その情報を0.001秒で後続に伝えて停止させることに成功した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NVIDIA、世界トップクラスの AI エキスパートが集結する GPU テクノロジ カンファレンスを開催

本カンファレンスで初めて世に出る技術も多く、AI の進化をけん引し、仮想現実や自動運転車を実現する企業と直接コミュニケーションを図ることのできる、 … ・200超のスタートアップが独自の高い技術力をアピールします。3 月 27 日(火)午後 4:30~5:30 (太平洋標準時間)に行われる NVIDIA Inceptionアワードの最終選考 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
VWのEVセダンは「モデルS」に対抗、自動運転中は「HoloLens」で拡張現実

Volkswagen(VW)は、「ジュネーブモーターショー 2018」(プレスデー:2018年3月6~7日、一般公開日:2018年3月8~18日)において、電気自動車(EV)のコンセプトセダン「I.D. VISION」を世界初公開した。ステアリングや … 乗員の好みや感情を理解する学習機能を備えた人工知能「バーチャルアシスタント」も搭載している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
Uber、自動運転でWaymoとの連携を熱望との噂

常に話題に事欠かないUber(ウーバー)に、こんな噂がでています。自動運転車開発のWaymo(ウェイモ)との提携を視野にいれている、と。Waymoとなにを話しているのか、どういう状態にあるのか、詳しいところはわかりませんが、Uber側が提携を希望しているらしいという噂です。 あれ? UberとWaymoといえば、先月、特許 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日本郵便 自動運転車で配送実証実験へ

日本郵便は、自動運転車による郵便物配送の実証実験を、来週から東京都内で始める。 実験では、東京・千代田区の日本郵便本社内にある郵便局から、銀座郵便局までのおよそ2kmの区間で、自動運転車を使って郵便物を運ぶ。 センサーやカメラなどで信号や障害物を認識しながら自動運転を行い、安全を確保するため …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「「世界最高」性能の自動運転車向けライダーを実現、測定距離が2倍に @IT MONOist」など、2018年3月6日     ニュース

ニュース
「世界最高」性能の自動運転車向けライダーを実現、測定距離が2倍に

東芝は2018年3月5日、自動運転システムのセンサーなどに用いられるライダー(LiDAR:Light Detection and Ranging)向けの計測回路技術を開発したと発表した。従来の車載用ライダーと比較して測定可能距離が2倍となる200mを実現しており、その性能は「世界最高」(同社)だという※)。今後は、さらなる測定距離の延伸 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日本郵便、公道で自動運転実験 都心で2キロメートル

日本郵便の担当者は「労働力の減少に新技術で対処したい」と話す。 実験には自動運転技術を手掛けるアイサンテクノロジーとティアフォー(名古屋市)が開発した車両を使用する。車両が自らの位置を特定できるようにするため、実験前に道路周辺の3次元データを取得する。運転時はカメラとセンサーで信号や障害物を認識し …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米・フォードが自動運転車によるピザ宅配に挑戦! 今後は無人タクシーも登場?

clicccar.com(クリッカー)
米・フォードがフロリダ州マイアミで、自動運転車を使ったピザの宅配実験をスタートさせました。 … このように、米国では自動運転技術普及の先に商品の無人デリバリーや、自動運転タクシーサービスなどが待ち受けているとみられ、日本でも早々に自動車会社が率先して新たなビジネスモデルの構築を模索する時代が訪れそう …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「ロボネコヤマト」の実証実験から、自動運転時代の「新しい宅配」のかたちが見えた

一連のサーヴィスを支えるのが、人工知能を利用した車両運行システム。宅配ドライヴァーのノウハウを取り入れながらDeNAが開発したもので、道路の混雑状況や受け取りの需要予測などを考慮しながら配送ルートなどの計画を立てる。「ドライヴァーは計画に沿って運転すればいいだけなので、高齢者や女性の雇用にも …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ベントレーはあえて「自動運転レヴェル」を上げない ライヴァルのアウディ「A8」に先を譲る理由とは

このことを考えると、この新モデルが自動運転技術のレヴェル2を超えられないのは驚きだ。レヴェル2では、車両のステアリングと速度は「1つまたは複数のドライヴァー支援システム」によって制御されるが、そのほかの運転要素は人が制御する。 ベンテイガのアクティヴレーンアシスト機能(ALA)が、人間に代わってステアリング …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
KDDIが自動運転ベンチャー「ティアフォー」に出資する理由

KDDIは3月5日、自動運転ベンチャーのティアフォー(名古屋市)と資本・業務提携を結んだと発表した。出資金額は非公開。ティアフォーは、周辺環境の認識や経路判断を担う自動運転車用のOS「Autoware」を開発したほか、無人運転の実証実験に成功している。KDDIはティアフォーの技術力を生かし、第5世代移動通信 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転支える無償ソフト OS公開、国内外で開発に活用 (1/2ページ)

運転席に人のいないのハンドルが動き、ひとりでに走った。昨年12月、愛知県幸田町で実施された全国初の公道実験。緊急時にブレーキなどを遠隔操作する以外は人が運転に関わらない「完全自動運転」で、政府が定めた自動運転のレベル区分のうち、2番目に高度な「レベル4」に相当した。技術面で中心的な役割を担った …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
コンチネンタル NVIDIA社と提携 自動運転向けAIの世界生産を目指す

また、高精細地図を取り入れ車両が地図上で自位置を特定できるようなれば、地図の更新機能も搭載する計画だ。 コンチネンタルが持つ先進運転支援システムに関する専門知識により、多機能カメラ、魚眼カメラでのサラウンドビュー、短距離、長距離のレーダーセンサー、高解像度3D LiDAR技術の他に運転支援・自動運転 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「本気モード」の自動運転、日産・DeNAとANA・SBドライブがレベル4相当を実証

自動運転技術を搭載した実験車両に一般公募した参加者を乗せ、横浜市の日産グローバル本社から周辺の商業施設を3月18日まで周回する。参加者はスマートフォン(スマホ)アプリを使って乗車する時間と場所を指定できる。検証する自動運転技術はレベル4相当。実験の運転席には担当者が座るものの、原則として …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
中国企業の自動運転車を体験した外国人記者、「不思議なことに私はまだ生きている」―中国メディア

1日、環球網は、中国の通信機器大手、華為技術自動運転車を体験した外国人記者から「不思議なことに私はまだ生きている」との言葉が寄せられたことを伝えた。 … 外国人記者のコメントはこの体験を受けたもので、同氏は「ファーウェイの自動運転分野参入を示すものではなく、同社のCPU『Kirin970』の人工知能(AI)性能 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ダイソンが開発中の「既存車と根本で異なるEV」とは

グーグルやパナソニックも自動運転実験用に電気自動車を作っている。 異業種参入の中でもインパクトが大きそうなのがアップル。正式発表ではないが、電気自動車開発プロジェクト「Project Titan」が14年に始まったことは公然の秘密だ。日本勢では、ソニーが17年10月に独自開発したAI(人工知能)対応の電気自動車の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ボルボがヴェンチャーキャピタルを設立、スタートアップ獲得競争での勝算は?

例えば、自社の製造プロセスを改善するソフトウェアやハードウェア、自動車の購入や維持に役立つイノヴェイション、人工知能、機械学習、データサイエンスの分野、またカーシェアリングの仕組みをシンプルにする可能性をもつ「マイクロトランザクション」といった分野である。 つまるところ、クルマの設計や組み立て、販売、使 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタデンソーアイシンが都内で自動運転開発を加速「従来と異なる発想で」

TRI-ADの出資金額は5000万円で、出資比率はトヨタ自動車が90%、デンソーとアイシンが5%ずつ。代表取締役CEOには、AI(人工知能)などの研究開発を行うトヨタ自動車の米国子会社Toyota Research Institute(TRI)のCTOを務めるジェームス・カフナー(James Kuffner)氏が就任する。カフナー氏は、グーグル(Google) …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
存在感を増すCVC(コーポレート・ベンチャー・キャピタル)。どんな企業がやっているのか

GVは、2009年にGoogle VenturesとしてスタートしたAlphabet、Inc.のベンチャーキャピタル部門である。ライフサイエンス、ヘルスケア、人工知能、ロボット工学、運輸、サイバーセキュリティ、農業の分野において、300社以上に投資している。(参照:Portfolio). Uber(自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリ)も投資先のひとつ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
コンチネンタル NVIDIA社と提携 自動運転向けAIの世界生産を目指す

この提携で、AI 自動運転車を開発から大量生産へと移行させるうえで、鍵となるすべての要素の準備が整いました。当社の最新の DRIVE Xavier プロセッサー、幅広い NVIDIA DRIVE ソフトウェア、そして、テスト、検証、機能上の安全性における「Cloud-to-Car」アプローチと、コンチネンタル の専門知識やグローバルな事業 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
KDDI、5G活用で共同実証実験 自動運転車OS企業と提携

KDDIは5日、センサーなどから集めた情報をもとに自動運転車を制御する基本ソフト(OS)開発のティアフォー(名古屋市)に出資し、資本業務提携したと発表した。出資額は非公表。今後、第5世代(5G)移動通信方式を活用した自動運転の実証実験などを共同で行う方針だ。 両社は昨年12月、愛知県内でティアフォーのOS「 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ホンダ、急変する自動車市場に長期戦略で挑む

独自の高効率なプラグインハイブリッドを開発の中心として取り組み、燃料電池、電気自動車の開発へつなげる。 4.先進安全技術導入への取り組み 事故ゼロ社会の実現に向けて安全運転支援システムの標準装備を順次各地域へ拡大し、自動運転技術の研究開発は外部との提携を活用したオープンイノベーションにより …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「Waymoの360度ビデオを見ると自動運転車の仕組みがよく分かる、VR体験もあり TechCrunch Japan」など、2018年3月2日     ニュース

ニュース
Waymoの360度ビデオを見ると自動運転車の仕組みがよく分かる、VR体験もあり

360度で撮られているこのビデオは、Waymoのがライダーやレーダー、カメラ、コンピュータービジョンなどを駆使して、自分のまわりの世界を見るだけでなく、近くの物の動きを予測することを見せてくれる。実際に、Waymoの自動運転車に装備された技術は、300ヤード(274メートル)先の物を見分けることができる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
グーグル、自動運転の体験動画 不安心理乗り越える?

【バルセロナ=中西豊紀】米グーグル系の自動運転システム開発会社ウェイモは28日、あたかも自動運転車に乗っているかのような雰囲気を味わえる動画を公表した。自動運転は急速に開発が進む一方、技術の信頼性に不安を抱く人も多いとされる。各社が商用化を競うなか「社会の受け入れ」が自動運転各社の新たな課題に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
幅感覚は正確 群馬大の公道実験に乗ってみた

大学や自動車メーカー、IT企業による研究開発競争が激化している自動運転技術。群馬大は2016年に群馬県桐生市内で自動運転車の公道実証実験を開始し、「次世代モビリティ社会実装研究センター」を拠点に、路線バスや機械式駐車場の駐車での導入などに取り組む。目指すのは、地域限定の完全自動運転商用化。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
幅感覚は正確 群馬大公道実験

大学や自動車メーカー、IT企業による研究開発競争が激化している自動運転技術。群馬大は2016年に桐生市内で自動運転自動車の公道実証実験を開始し、「次世代モビリティ社会実装研究センター」を拠点に、路線バスや機械式駐車場の駐車での導入などに取り組む。目指すのは、地域限定の完全自動運転商用化。研究は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
金沢大とトヨタ紡織が包括連携 の内装、快適性や安全研究

堀副社長は自動運転や電動化など「CASE」といわれる技術革新について言及し、「自動車業界は100年に1度の大変革の時代にさらされている」と強調した。今後上質な移動空間を提供するために金沢大の幅広い知見を活用し、「工学だけでなく心理学的な空間認識も取り入れた研究活動で新製品開発と社内のイノベーション …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ポルシェ、自動車の管理や制御にブロックチェーン技術を活用–実車で試験開始

自動車の管理や制御にブロックチェーン技術を活用(出典:Porsche). 現在の試験では、アプリを使って自動車のドアをロックしたり解錠したりできる。一時的にを他者へ使わせるようなアクセス認証機能も備える。暗号化されたログデータへのアクセス機能を使えば、新たなビジネスモデルも考えられる。さらに、自動運転機能の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転企業に出資

トヨタ自動車グループの愛知製鋼は27日、自動運転技術を手掛けるベンチャー企業の「先進モビリティ」(東京)の第三者割当増資を引き受け、3億円を出資すると発表した。出資比率は非公表だが2割弱とみられる。 両社はこれまで磁気センサーを活用しての走行位置を把握する技術を共同で研究していた。資本提携で関係 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
電気自動車の未来にワクワク感はある? デーブ・スペクターが100%EVの新型「日産リーフ」に出会った

… ガソリンやディーゼルの販売を禁止する国が現れるなど、“クルマ、脱石油”の流れは確実。そこで次世代の主流を担おうとしているのが電気自動車(EV)です。 そして、新たな動力源とともに注目を集める「自動運転技術」も日々進化しています。将来の「完全自動運転」実現に向けた、運転支援技術からも目が離せません。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
コネクテッドカー(乗用車)、2035年に1億台超

富士経済は、自動運転技術との融合が進むコネクテッドカーやサイバーセキュリティに対する取り組み、AI(人工知能)と自動車の関連性、テレマティクスサービスなど、35品目の市場について調査し、将来の市場を予測した。 調査による … 今後はエンベデッド型が大衆クラスにも普及し、市場が急速に拡大するとみられている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
株式投信50日連続の資金流入 株安で、次世代技術にも関心

純流入額は3兆8000億円に達し、11年4~7月の53日間で集めた2兆2300億円を大きく上回った。日経平均株価が1月の高値から一時10%超下げ、その後も戻りが鈍いことから、個人投資家が好機とみて国内株型の投信などを買っているようだ。 人工知能(AI)や自動運転車、ロボットなど次世代技術を手掛ける銘柄に投資 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
トヨタがアマゾン他と提携自動運転車の宅配・宿泊サービスを本格始動!

トヨタ自動車は今年1月、米ラスベガスで開催された国際家電見本市「CES(コンシュマー・エレクトロニクス・ショー)で、移動・物流・物販・宿泊など多目的に使える自動運転の電気自動車(自動運転EV)「イー・パレット・コンセプト」を初公開。ネット通販大手Amazonや、ライドシェア大手のUber(ウーバー)などと提携して、自動 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、自動運転AIで新会社 都内に1000人規模

トヨタ自動車は2日、デンソー、アイシン精機と共同で人工知能(AI)など自動運転技術を開発する新会社を設立すると発表した。技術者を中心に1000人規模で今後数年で3000億円以上を投資する。トヨタは2020年から自動運転車の本格投入を始める計画。国内外の技術者を大量採用してAIの応用技術やソフトウエアなどの …
Google Plus