TRI(トヨタの自動運転研究所)

□企業

会社名は、Toyota Research Institute(TRI)。トヨタ自動車が米国に拠点をおく自動運転技術の研究所。

その子会社として、 トヨタ自動車、デンソー、アイシン精機の3社が2018年3月に共同で設立した「トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント株式会社(TRI-AD)」がある。

□技術

  • TRIの強みは、人工知能(AI)を使った技術開発。数百万ドルを投資し、MIT、スタンフォード、ミシガン大学、などの 研究機関、大学、および企業 と 共同研究を進める。
  • 運転支援システムの技術は、「Guardian」と「Chauffeur」 の2つに分けていて開発している。
  • 地図の生成技術は、車の走行に伴いLiDARセンサなどの情報から予め用意された地図を更新するものである。ただし、実用化が簡単ではない。精度の課題、誤認識の課題、など、技術課題は多くある。その技術開発をTRIは進めているという。

・ 「Guardian」と「Chauffeur」の2つの運転支援システムがある。

「Guardian」と「Chauffeur」
  • GUARDIANが、運転者支援の自動運転車。
  • CHAUFFEURが、完全自律走行車。

・「自動地図生成プラットフォーム(AMP)」を開発している

「Toyota Research Institute Advanced Development(TRI-AD)は、自動運転車向け高精度地図の普及を促進するため、「自動地図生成プラットフォーム(AMP)」を開発する。」(出展;MONOist


□ 特許

68件の 米国特許出願が 調査日時点(2019.05月)で 公開されている。


2017年から出願が始まった。

2017年から出願が始まり、米国以外に日本、中国、ドイツに出願がされている。 2016年に会社が設立後に特許出願である。

運転支援システムの技術に関わる出願の主な技術分類は、LiDARセンサ技術(G01S17/88)、センサを使って行うシーン認識技術(G06K9)、衝突防止技術(G08G1)、クルマの姿勢制御・位置の制御技術(G05D1/0088)がある。

  • 例えば、US10095228(リンク先は、GooglePatentsの公報)は、 運転席で見る画像に、 AR技術(拡張現実)を使って、人や他のクルマをレンダリングして表示する機能のものがある。将来のクルマには、肉眼で見える以外のものがみえる時代になるのかもしれない。
  • 例えば、US2019/0094040 (リンク先は、GooglePatentsの公報) は、 運転席で見る画像に、 LiDARなどのセンサで検知した物体を表示する機能のものがある。車の陰で見えない人などをセンサが検知し、それを運転者に表示で知らせてくれる機能である。これも、肉眼で見える以外のセンサで検知した物体を 運転手に見せようとする機能で、 将来のクルマには、肉眼で見える以外のものがみえる時代になるのかもしれない。

一方、地図生成の技術の特許出願は、やはり、LiDARセンサ技術(G01S17/88)、センサを使って行うシーン認識技術(G06K9)、 それに、地図データの構造(G01C21/32)などがある。

例えば、 US10203210 (リンク先は、GooglePatentsの公報)
は、 地図更新システム。技術は、車両が センサからの情報で、車両が他の車両、障害物、歩行者、などの周囲情報を使用して、環境内に車両を位置特定することができるSLAM(Simultaneous Localization and Mapping)  と呼ばれ技術を使い、マップを生成・更新するもの。この技術は、位置の誤差の課題を解決する課題を捉え解決しようとする技術である。

「信号がいらなくなる未来 – 自動運転車と「サイバー信号機」 マイナビニュース」など、2018年3月16日     ニュース

ニュース
信号がいらなくなる未来 – 自動運転車と「サイバー信号機」

アメリカ・ドイツをはじめとして、自動運転車の開発を推し進める各国政府は、一貫して “Safety is the number one priority” (安全が1番優先すべきこと) を方針として掲げています。特にアメリカ運輸省 (US Department of Transportation) は、2016年に「30年後に交通事故死ゼロを実現する」という声明を出し、自動運転技術へ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
群大、道路標識メーカー共同研究へ 自動運転車との「路車間通信」開発

自動運転技術を研究している群馬大は14日、道路標識メーカー大手の「アークノハラ」(東京都新宿区)と共同研究の契約を結んだ。交通標識など道路側の設備から交通情報を発信して、自動運転車に伝達する「路車間通信」の開発が目的で、完全自動運転車の実用化に向けた道路インフラの調査研究に取り組む。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「世界最高のレベル5システム」へ–Lyft、自動車部品大手Magnaと自動運転で提携

Lyftは自社の自動運転技術を全力で推し進めている。 Lyftは米国時間3月14日、北米最大の自動車部品サプライヤーMagnaと提携したことを発表した。この提携の下、両社は自動運転車システムに共同で投資し、開発と製造を進める。両社の目標は、あらゆる自動車メーカーが利用できる自動運転技術を作り出すことだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米トヨタ、新型開発にロボットカー導入…荒れた路面での耐久テストに

北米トヨタは3月14日、新型の開発における耐久テスト車両自動運転技術を導入した、と発表した。 今回の発表は、耐久テストの安全性と効率を向上させるのが目的。テストコースに設けられている荒れた路面での耐久テストを行う車両に、自動運転技術を採用している。 2019年モデルとして米国で発売予定の新型『 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
群馬大、自動運転でアークノハラと共同研究

地域や路線を限定せずに自動運転可能なを開発するのは、技術的なハードルが高いとみているためだ。 道路標識の開発・製造を手がけるアークノハラと組んで、自動運転に必要な道路と車両間の通信(路車間通信)技術の開発を目指す。 具体的には(1)通信方式の開発や通信内容(2)通信内容をどのように車両の制御に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
GM、2019年から自動運転車を生産へ…米国の2工場に投資

GMは3月15日、米国ミシガン州の2工場に総額1億ドル(約106億円)を投資し、2019年から自動運転車の生産を開始すると発表した。 … この自動運転の実用化に一丸となって取り組むには、システムの安全性に関して、シリコンバレーが培ってきたソフトウェアの知識や技術と、世界中に広がるGMチームやデトロイトが誇る …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
マグナとLYFT、自動運転システムの量産開発と生産で複数年間の協業を発表

このようなパートナーシップは業界初となり、マグナとLyftによる自動運転システムの量産開発・生産を可能にする。また、この協業により開発・生産された自動運転車が今後Lyftのライドシェアネットワークに採用されるようになるだけでなく、さらに、その幅広い使用事例を基に、マグナが同自動運転技術をグローバル・モビリティ・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
東京でつかむ、自動運転の世界切符

現在開発中の多くのモビリティー技術により、東京オリンピック・パラリンピック(以下、東京五輪)の成功に貢献していきたい」――。トヨタ自動車社長の豊田章男氏は2020年 … 五輪が開催される2020年の東京は、主要各社にとっても開発中の自動運転車の実力を試す絶好の機会となる。東京は、自動運転車にとって解決しがい …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ST、自動運転に対応する世界初のマルチバンドGNSS測位用ICを発表

STマイクロエレクトロニクスは、自動運転に要求される測位精度と機能安全に対応した世界初のマルチバンドGNSS測位用IC「Teseo APP(Automotive Precise … コントロール(ACC)、自動駐車、自動操縦といった自動化システムの普及や、将来の完全自動運転車の実現に向けて、高精度な測位技術が求められている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
無ハンドル量産に100億円 米GM、2工場に投資へ

量産するのは小型電気自動車「シボレー・ボルトEV」をベースにした「クルーズAV」。特定の場所を走るといった一定の条件下で、全ての操作をシステムが担う「レベル4」に分類される自動運転技術を搭載する、世界初の量産になる可能性がある。 GMは17年1月にミシガン州の工場で走行試験に使う車両の生産を始め、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ウェブ
自動運転車の事故を記録、サイプレスがメモリーICの新製品

会見に登壇したSam Geha氏(Corporate Exective VP, Memory Product Division)によれば、これから自動運転車が普及してくると、今回の新製品の活躍の場が一気に広がるという。「例えば、初期の自動運転車ではドライバーが運転することも、運転をクルマに任せることもある。また、技術が進めば、完全自動運転車同士の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
車のAI化が生む非対称

米国防総省の研究機関出身で、トヨタ自動車人工知能(AI)開発の責任者をするギル・プラット・トヨタ・リサーチ・インスティテュート最高経営責任者(CEO)は、お気に入りが「パーソン・オブ・インタレスト」という米テレビドラマだそうだ。 AIによる犯罪予知を描いたシリーズもので、人間的なAIと冷めた性格のAIが複雑に絡み合っ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
次世代自動車で日本企業が大暴れ、センサー・半導体・電池で世界制覇

今やクルマの世界は未来形として人工知能を積み込み、いつでもどこでも誰とでもつながるコネクテッドカーが嘱望されている。そしてその流れは、人類の夢であった完全自動走行運転にもつながるのだ。またEVや燃料電池に代表されるようなエコカーが主役になってくるのは間違いのないところだ。 こうした状況下で世界制覇を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ドイツ自動車業界、実世界のブロックチェーン利用を促進

私たちは設立者と協力して、ブロックチェーン、人工知能、モノのインターネット、サイバーセキュリティ、モビリティの分野で新しいソリューションを開発したいと考えている。もちろんこの研究所にいる専門家も一緒に」。 ブロックチェーン自動車分野にすでに関わっていた企業もまた、これら大手企業の参入がエコシステムの成長に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
<政協>無人自動車デビューは3~5年後=李彦宏委員

李社長はまた、「4、5年も経てば、一般道でも無人運転自動車が走れるようになるだろう」としたうえで、「人工知能がもたらした革命は産業革命に匹敵するもので、多くの分野でこれまでにない体験をもたらしてくれる」と述べ、この先20年から50年の間、人工知能が中国の経済成長推進の重要なエンジンになるとの考えを示し …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
「世界最高のレベル5システム」へ–Lyft、自動車部品大手Magnaと自動運転提携

Lyftは自社の自動運転技術を全力で推し進めている。 Lyftは米国時間3月14日、北米最大の自動車部品サプライヤーMagnaと提携したことを発表した。この提携の下、両社は自動運転車システムに共同で投資し、開発と製造を進める。両社の目標は、あらゆる自動車メーカーが利用できる自動運転技術を作り出すことだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
とネット、分業模索

自動運転の開発競争で異業種の合従連衡が進んでいる。米グーグル系のウェイモや米ウーバーテクノロジーズなどのネット系企業は自動運転システムの開発に特化し、自動車メーカーが担う車体や駆動部分の開発、整備との「分業」を模索している。自動運転車とシステムを一体で開発しない流れが加速する可能性もある。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転スタートアップ、韓国はなぜ少ないのか(1)

カリフォルニアでは約50社が自動運転車運行許可を受けてテスト中だ。日本や中国を含めると世界ではすでに1000台以上の自動運転車が道路を走っている。このように世界で自動運転車開発競争が激しくなり、関連スタートアップも次々と登場している。こうしたスタートアップとグローバル自動車企業間の投資や買収・提携も …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転スタートアップ、韓国はなぜ少ないのか(2)

部品会社も同じだ。自動車業界の関心と投資が不足している。また、グーグル・Uber・バイドゥ・滴滴出行のように自動運転車技術に関心を向けて熱心に投資するIT大企業が多くない。ネイバー、カカオモビリティなどが本格的に投資を始める段階だ。現代は今年1月、米国自動運転スタートアップのAuroraとの提携を発表した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「Lyft、米最大規模の自動運転車テスト施設GoMentum Stationと提携 CNET Japan」など、2018年3月9日     ニュース

ニュース
Lyft、米最大規模の自動運転車テスト施設GoMentum Stationと提携

GoMentum Stationは米国で最大規模の安全な自動運転車テスト施設である。Lyftによると、この提携により、Lyftの自動運転車を一般の人々に提供するまでの時間を短縮できるという。 Lyftのエンジニアリング担当バイスプレジデントであるLuc Vincent氏は次のように述べた。「Lyftでは、自動運転車があらゆる人々にとって交通 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ポルシェがブロックチェーンスタートアップ企業「XAIN(ゼイン)」と提携することを発表

ドイツに本社を置く自動車メーカーポルシェが2018年2月、ブロックチェーンとAI開発をするベルリンのスタートアップ企業XAIN(ゼイン)と提携し、自動車分野への … ブロックチェーン技術導入は、ポルシェだけではなく各自動車メーカーも自動運転車の開発に向け、積極的に取り入れようとする動きが見受けられるので、本格的に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Didi Chuxing(滴滴出行)、自動車取引ビジネスの拡大に向け「Renrenche(人人)」と提携

同じイニシアチブのもと Didi は、自動車シェアのプラットフォームを作るために自動車メーカーとも提携する予定で、また電気自動車の充電ビジネス、ガス事業にも手を広げてきた。広報担当者によればガス事業は現在利益があるという。同社が検討している他のセクターとしては、自動運転、自転車レンタル、自動車金融がある。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタも注目のブロックチェーン3.0が自動車業界を変える!?

ネット接続機能を前提とした技術を用いて、自動運転車に新たな価値や利便性をもたらすための開発を行っている。 … また、上記のTRIはマサチューセッツ工科大学(MIT)とも提携して、MITデジタル通貨イニシアティブの責任者は「ブロックチェーン・テクノロジーを用いて、ユーザーが自らの運転データを確実にコントロール出来る …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【ドイツ・中国―その他】ダイムラー、北京汽車のEV子会社に3.9%出資

ダイムラーは昨年6月に北京汽車と交わした枠組み合意書で、BJEVに戦略的投資を行い、新エネルギー(NEV)分野での提携を強化する方針を表明していた。 ダイムラーのフベルトゥス・ … になったと発表している。吉利集団は、EVや自動運転車(自動走行)などの分野でダイムラーの協力を求めたい考えとみられる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
アウディ、イタルデザイン、エアバスが、ジュネーブモーターショーで、自動運転車両とパッセンジャー …

アウディ、イタルデザイン、エアバスの3社は、3月8日~18日に開催のジュネーブモーターショーで、道路および空中を移動する完全な自動運転の電気自動車コンセプトモデル “Pop.Up Next” を展示している。遠い将来この “クルマ” は、人々を乗せて都市の道路と空中をすばやく便利に移動し、様々な交通問題を解決する可能性 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
グーグル系のウェイモ、自動運転トラックの実用試験

には専用の自動運転システムを積むものの、まずは経験豊富な運転手が同乗して問題があれば人による運転に切り替える。 ウェイモは乗用車ですでに延べ500万 … 同社は同日の声明で「10年近い乗用車での走行経験がトラックへの自動運転技術の応用を可能にした」とコメントした。 自動運転トラックの開発に取り組むの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【材料】個人投資家わらしべ:アクセルが自動運転ベンチャーのティアフォーに出資【FISCOソーシャル …

現在、自動運転技術を支えるシステムLSIは、コンピュータグラフィックス処理に最適化された画像処理用半導体(GPU)が最適解として利用されていますが、今後自動運転車を幅広く普及させていくためには、より自動運転に最適化された専用デバイスが必要になると考えられており、今回両社はその研究開発で協力していくこと …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ブロードコム買収検討か インテル、米紙報道

ただ、ブロードコムの時価総額は1040億ドル(約11兆円)と大きいことなどから、買収計画が実行される保証はないとも伝えている。 インテルは、ロイター通信の取材に対し「合併や買収に関連するうわさや臆測にはコメントしない」と答えた。昨年買収した自動運転車技術開発を手掛けるイスラエルのモービルアイなどとの統合 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
三菱ふそう、電動ごみ収集の実験へ 川崎市と協定

三菱ふそうトラック・バスは9日、川崎市と環境配慮型社会の構築などで包括協定を締結したと発表した。電動のごみ収集を使い、二酸化炭素(CO2)や騒音を出さないごみ収集の実証試験を実施する。将来的には部分的な自動運転の導入も検討し、先進技術を検証する拠点とする。 ご… [有料会員限定] この記事は会員 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「「世界最高」性能の自動運転車向けライダーを実現、測定距離が2倍に @IT MONOist」など、2018年3月6日     ニュース

ニュース
「世界最高」性能の自動運転車向けライダーを実現、測定距離が2倍に

東芝は2018年3月5日、自動運転システムのセンサーなどに用いられるライダー(LiDAR:Light Detection and Ranging)向けの計測回路技術を開発したと発表した。従来の車載用ライダーと比較して測定可能距離が2倍となる200mを実現しており、その性能は「世界最高」(同社)だという※)。今後は、さらなる測定距離の延伸 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日本郵便、公道で自動運転実験 都心で2キロメートル

日本郵便の担当者は「労働力の減少に新技術で対処したい」と話す。 実験には自動運転技術を手掛けるアイサンテクノロジーとティアフォー(名古屋市)が開発した車両を使用する。車両が自らの位置を特定できるようにするため、実験前に道路周辺の3次元データを取得する。運転時はカメラとセンサーで信号や障害物を認識し …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米・フォードが自動運転車によるピザ宅配に挑戦! 今後は無人タクシーも登場?

clicccar.com(クリッカー)
米・フォードがフロリダ州マイアミで、自動運転車を使ったピザの宅配実験をスタートさせました。 … このように、米国では自動運転技術普及の先に商品の無人デリバリーや、自動運転タクシーサービスなどが待ち受けているとみられ、日本でも早々に自動車会社が率先して新たなビジネスモデルの構築を模索する時代が訪れそう …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「ロボネコヤマト」の実証実験から、自動運転時代の「新しい宅配」のかたちが見えた

一連のサーヴィスを支えるのが、人工知能を利用した車両運行システム。宅配ドライヴァーのノウハウを取り入れながらDeNAが開発したもので、道路の混雑状況や受け取りの需要予測などを考慮しながら配送ルートなどの計画を立てる。「ドライヴァーは計画に沿って運転すればいいだけなので、高齢者や女性の雇用にも …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ベントレーはあえて「自動運転レヴェル」を上げない ライヴァルのアウディ「A8」に先を譲る理由とは

このことを考えると、この新モデルが自動運転技術のレヴェル2を超えられないのは驚きだ。レヴェル2では、車両のステアリングと速度は「1つまたは複数のドライヴァー支援システム」によって制御されるが、そのほかの運転要素は人が制御する。 ベンテイガのアクティヴレーンアシスト機能(ALA)が、人間に代わってステアリング …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
KDDIが自動運転ベンチャー「ティアフォー」に出資する理由

KDDIは3月5日、自動運転ベンチャーのティアフォー(名古屋市)と資本・業務提携を結んだと発表した。出資金額は非公開。ティアフォーは、周辺環境の認識や経路判断を担う自動運転車用のOS「Autoware」を開発したほか、無人運転の実証実験に成功している。KDDIはティアフォーの技術力を生かし、第5世代移動通信 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転支える無償ソフト OS公開、国内外で開発に活用 (1/2ページ)

運転席に人のいないのハンドルが動き、ひとりでに走った。昨年12月、愛知県幸田町で実施された全国初の公道実験。緊急時にブレーキなどを遠隔操作する以外は人が運転に関わらない「完全自動運転」で、政府が定めた自動運転のレベル区分のうち、2番目に高度な「レベル4」に相当した。技術面で中心的な役割を担った …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
コンチネンタル NVIDIA社と提携 自動運転向けAIの世界生産を目指す

また、高精細地図を取り入れ車両が地図上で自位置を特定できるようなれば、地図の更新機能も搭載する計画だ。 コンチネンタルが持つ先進運転支援システムに関する専門知識により、多機能カメラ、魚眼カメラでのサラウンドビュー、短距離、長距離のレーダーセンサー、高解像度3D LiDAR技術の他に運転支援・自動運転 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「本気モード」の自動運転、日産・DeNAとANA・SBドライブがレベル4相当を実証

自動運転技術を搭載した実験車両に一般公募した参加者を乗せ、横浜市の日産グローバル本社から周辺の商業施設を3月18日まで周回する。参加者はスマートフォン(スマホ)アプリを使って乗車する時間と場所を指定できる。検証する自動運転技術はレベル4相当。実験の運転席には担当者が座るものの、原則として …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
中国企業の自動運転車を体験した外国人記者、「不思議なことに私はまだ生きている」―中国メディア

1日、環球網は、中国の通信機器大手、華為技術自動運転車を体験した外国人記者から「不思議なことに私はまだ生きている」との言葉が寄せられたことを伝えた。 … 外国人記者のコメントはこの体験を受けたもので、同氏は「ファーウェイの自動運転分野参入を示すものではなく、同社のCPU『Kirin970』の人工知能(AI)性能 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ダイソンが開発中の「既存車と根本で異なるEV」とは

グーグルやパナソニックも自動運転実験用に電気自動車を作っている。 異業種参入の中でもインパクトが大きそうなのがアップル。正式発表ではないが、電気自動車開発プロジェクト「Project Titan」が14年に始まったことは公然の秘密だ。日本勢では、ソニーが17年10月に独自開発したAI(人工知能)対応の電気自動車の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ボルボがヴェンチャーキャピタルを設立、スタートアップ獲得競争での勝算は?

例えば、自社の製造プロセスを改善するソフトウェアやハードウェア、自動車の購入や維持に役立つイノヴェイション、人工知能、機械学習、データサイエンスの分野、またカーシェアリングの仕組みをシンプルにする可能性をもつ「マイクロトランザクション」といった分野である。 つまるところ、クルマの設計や組み立て、販売、使 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタデンソーアイシンが都内で自動運転開発を加速「従来と異なる発想で」

TRI-ADの出資金額は5000万円で、出資比率はトヨタ自動車が90%、デンソーとアイシンが5%ずつ。代表取締役CEOには、AI(人工知能)などの研究開発を行うトヨタ自動車の米国子会社Toyota Research Institute(TRI)のCTOを務めるジェームス・カフナー(James Kuffner)氏が就任する。カフナー氏は、グーグル(Google) …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
存在感を増すCVC(コーポレート・ベンチャー・キャピタル)。どんな企業がやっているのか

GVは、2009年にGoogle VenturesとしてスタートしたAlphabet、Inc.のベンチャーキャピタル部門である。ライフサイエンス、ヘルスケア、人工知能、ロボット工学、運輸、サイバーセキュリティ、農業の分野において、300社以上に投資している。(参照:Portfolio). Uber(自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリ)も投資先のひとつ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
コンチネンタル NVIDIA社と提携 自動運転向けAIの世界生産を目指す

この提携で、AI 自動運転車を開発から大量生産へと移行させるうえで、鍵となるすべての要素の準備が整いました。当社の最新の DRIVE Xavier プロセッサー、幅広い NVIDIA DRIVE ソフトウェア、そして、テスト、検証、機能上の安全性における「Cloud-to-Car」アプローチと、コンチネンタル の専門知識やグローバルな事業 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
KDDI、5G活用で共同実証実験 自動運転車OS企業と提携

KDDIは5日、センサーなどから集めた情報をもとに自動運転車を制御する基本ソフト(OS)開発のティアフォー(名古屋市)に出資し、資本業務提携したと発表した。出資額は非公表。今後、第5世代(5G)移動通信方式を活用した自動運転の実証実験などを共同で行う方針だ。 両社は昨年12月、愛知県内でティアフォーのOS「 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ホンダ、急変する自動車市場に長期戦略で挑む

独自の高効率なプラグインハイブリッドを開発の中心として取り組み、燃料電池、電気自動車の開発へつなげる。 4.先進安全技術導入への取り組み 事故ゼロ社会の実現に向けて安全運転支援システムの標準装備を順次各地域へ拡大し、自動運転技術の研究開発は外部との提携を活用したオープンイノベーションにより …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「自動運転開発に3000億円投資…トヨタ新会社 読売新聞」など、2018年3月4日     ニュース

ニュース
自動運転開発に3000億円投資…トヨタ新会社

従業員は、当面は3社から出向する300人で始め、今後新規採用を含め1000人体制とする予定。 新会社は、トヨタが米シリコンバレーに設立したAIの研究開発子会社「トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)」と、実際にを作るトヨタとの間をつなぐ存在となる。TRIとの連携や、海外から人材を集めることなどを狙い、公用語を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタはIT企業の下請けになるのか 運転免許も信号機も不要になる日

東京都内で自家用の稼働率は約10%といわれています。クルマを使う時間帯は土日、あるいは平日の仕事を終えた夕方から翌日の朝までというイメージです。それ以外は使われていないわけですが、その時間帯にを使いたい人もいるわけで、自動運転クルマが常時インターネットとつながるようなコネクテッド技術が実用 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
積雪時も軽快走行 永平寺で自動走行実験

永平寺町の遊歩道「参(まい)ろーど」を活用し、電磁誘導線方式自動走行の実証実験を行っている「永平寺参ろーど自動走行推進協議会」は二十八日、積雪時の自動走行実験を公開した。電動自動走行「 … 協議会は、町と県、産業技術総合研究所(産総研、茨城県つくば市)など産学官が連携して組織。旧京福電鉄 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転社会考える 山梨大大学院准教授(総合研究部)・伊藤安海さん /山梨

一つは人体の構造の研究です。人が床で転んだ時、どこを骨折するかなどについて調べています。もう一つは高齢ドライバーの運転能力の評価やリハビリ技術の開発です。テレビゲームのような装置で高齢者に運転してもらい、脳や体の働きを調査しています。医学と工学は別々の研究分野ですが、複合的に研究するため、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
空港での自動運転バス導入へ ANA・ソフトバンク羽田空港で実験開始

車両走行制御技術や遠隔運行管理システムの検証などを行った。「Dispatcher」は複数台の車両ごとの運行管理や内外の映像モニタリングなどの機能を持つ。 2月21日から28日には、羽田空港整備場地区の公道、約2.3kmにおいてレベル3および4相当の自動運転の実験を実施した。レベル3は運転責任をシステムが負い …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【マネジメント新時代】100年時代、逆に定年50歳に早めては 「人生二毛作」の生き方

自動運転技術の試験を見守る三菱電機の技術者ら。技術の進歩に合わせ人事制度の見直しが必要になるかもしれない=2016年4月、兵庫県赤穂市(ブルームバーグ)【拡大】. □日本電動化研究所代表取締役・和田憲一郎. 「人間五十年、下天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり 一度生を享け、滅せぬもののあるべきか」.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
魔法の絨毯のような乗り心地!? 日産「セレナ」e-POWER搭載を発売

ミニバンクラスではNo.1の広々空間を持ち、高速道路 同一車線自動運転技術「プロパイロット」を搭載した現行モデルに、さらなる進化を遂げたNewモデルが仲間入りを果たした。 … 同車両に搭載されるパワートレインは、「ノート」と同じ1.2リッターのガソリンエンジン(HR12DE)を搭載し、モーターは「リーフ」と同じものを採用。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ケーヒン、パワートレインの電子制御領域強化にむけた台場R&Dオフィスの開設

ケーヒンは、こうした背景をうけ、エンジンの提案型・上流化開発や次世代電動の制御技術の構築など電子制御領域の開発を強化していく。さらに、自動運転やコネクテッドカーなど新たな領域に関するリサーチおよび技術イノベーションを強化する。その環境づくりのため、現在、本社(東京都・新宿)でエンジンのソフトウェア …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

 

「群馬大と三井住友銀行が自動運転車の地域活用で連携 次世代モビリティサービスを開発 ITmedia」など、2018年2月19日     ニュース

ニュース
群馬大と三井住友銀行が自動運転車の地域活用で連携 次世代モビリティサービスを開発

これまで群馬大学では、2016年10月から群馬県桐生市内で自動運転車の公道実証実験を開始したことをきっかけに、同年12月に「次世代モビリティ社会実装研究センター」を設置し、限定地域での完全自動運転商用化を目指すなど、関連分野の企業や自治体などと連携しながら、次世代モビリティシステムの社会実装に向け …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Safety 最新技術から業界を取り巻く状況まで 安全装備、まるごと。

自動運転技術の発展が安全性を高めることに繋がるこれは、トヨタの子会社で人工知能などの研究開発を行う「TRI」が2018年1月に発表した自動運転実験。外周360度の認識が可能で、これまで検知が難しかった暗い色にも対応している。このような自動運転技術の進化がクルマの安全性を高め、ドライバーがより少ない …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【テーマ投資】目前に迫る自動運転社会、自動運転関連銘柄で注目企業はどれか

また、すでにレベル1と言われる運転支援システム搭載が登場している中、今後レベル1の車種の急速な普及に加え、レベル2(部分的自動運転)の普及、レベル3(条件付き自動運転)の登場と普及、そして2030年までにはレベル4(完全自動運転)の登場も予測されています。 自動運転には自動車本体の技術は言うに及ば …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NTT、自動車内の音声操作やコミュニケーションを快適にする集音技術を開発

NTTでは、様々なパートナーとのコラボレーションを通じ、コネクテッドカーや自動運転車など未来の自動車がより豊かな体験を提供できるような技術開発に取り組んでまいります。 なお、本技術について、2018年2月22日〜23日開催の「NTT R&D フォーラム 2018」にて展示いたします。 ※1 EUでは緊急通報システム「eCall」 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
実験が始まった「あらゆる情報とつながるクルマ」の正体

2020年代を視野に入れた重点研究開発テーマは自動運転、電動化、コネクティビティだといわれている。コネクティビティとは、いわゆる“つながるクルマ”だ。外部と高速データ通信できる機能を備え、必要な情報にアクセスしてクルマ単独ではできないことを実現させるという意味である。この分野の技術革新は目覚ましく、欧米 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
フォルクスワーゲン、電気自動車はAppleのデザイン哲学を参考に?

現在、電化の時代へ向けてフォルクスワーゲンの価値を再定義しているところだ」と同社のブランドデザインを統括するクラウス・ビショフ氏はインタビューでコメントしています。 電気自動車では遅れをとっているフォルクスワーゲンですが、2022年までに電気自動車事業、自動運転車技術、デジタルモビリティ事業にグループ全体 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
センシング技術の先端 – 日立オートモティブシステムズ 工藤真氏[インタビュー]

自動運転の本格普及が始まろうとしているいま、長く日本のADAS(運転支援機能)の進化を支えてきた日立オートモティブシステムズ。 … 工藤:両目ですと三角法で距離が簡単に出ますけれども、例えば片目ですと、のサイズがあらかじめ分かっていれば大きさを把握して距離を理解することができますが、のサイズが想定 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AIセミナーの応募倍率は7倍、デンソーがシリコンバレー対抗

自動運転技術開発プロジェクトに必要なAI人材は、常に足りていないのが現状だ」。こう話すのはデンソーの川原伸章先端技術研究所長だ。 自動車メーカーで人工知能(AI)に強い技術者の獲得に乗り出しているのは、トヨタ自動車のような完成メーカーだけではない。同社も「AI人材」の争奪戦に名乗りを上げた1社である。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
統合センサーの開発が続々、多種使い分けは少数寡占へ

自動運転向けに車両の周囲を認識するセンサーの開発が、新たな局面を迎えている。カメラ(CMOSイメージセンサー)、LiDAR(Light Detection and Ranging)、ミリ波レーダー…。多様なセンサーを組み合わせる現行手法に対して、次世代を見据えた技術が、この1年ほどの間に相次いで登場した。主には米国やイスラエルの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
AIセミナーの応募倍率は7倍、デンソーがシリコンバレー対抗

自動運転の技術開発プロジェクトに必要なAI人材は、常に足りていないのが現状だ」。こう話すのはデンソーの川原伸章先端技術研究所長だ。 自動車メーカーで人工知能(AI)に強い技術者の獲得に乗り出しているのは、トヨタ自動車のような完成車メーカーだけではない。同社も「AI人材」の争奪戦に名乗りを上げた1社である。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
【テーマ投資】目前に迫る自動運転社会、自動運転関連銘柄で注目企業はどれか

また、すでにレベル1と言われる運転支援システム搭載が登場している中、今後レベル1の車種の急速な普及に加え、レベル2(部分的自動運転)の普及、レベル3(条件付き自動運転)の登場と普及、そして2030年までには … 同社子会社と、未上場ながら世界的な注目を浴びる自動運転システム開発会社のZMPが提携
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「自動運転の基幹技術、AIが読む「ダイナミックマップ」とは? (1/3) ITmedia」など、2018年2月9日     ニュース

ニュース
自動運転の基幹技術、AIが読む「ダイナミックマップ」とは? (1/3)

人はクルマを運転する際、地図やナビの情報だけではなく、常に自分の目や耳で周囲の状況を把握する。例えば信号の色や工事中の看板、歩行者や他のクルマの動きなど、刻々と変化する情報に対応している。こうした情報が重要なのは自動運転車も同じ。ダイナミックマップは、高精度な3次元地図データに交通規制や道路 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転中の事故、責任の所在は? 運転者の過失は生じるのか 損保会社に聞く

ひとえに「自動運転」といっても、レベル1からレベル5まで5段階があり、現在、日本で市販されているクルマに搭載されているのは、レベル2までの技術です。レベル1は、自動ブレーキやACC(アブダクティブ・クルーズ・コントロール。車間距離を一定に保ちながらクルマが定速で自動走行する)などのいわゆる「運転支援」技術、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車ITセキュリティ研究の第一人者、フィッシュマイスター准教授「ソフトウエア技術を制すものが自動

同准教授は自動車ITセキュリティ研究の第一人者で、コネクテッドカーや自動運転車の安全とセキュリティを確実にするためのデータ主導型、エビデンス・ベースの … フィッシュマイスター准教授によると、その大きなカギとなるのはソフトウエア技術で、ソフトウエア技術を制するものが自動運転を制すると言っても過言ではない …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、自動運転の研究開発を促進…米非営利団体への支援継続

トヨタ自動車の米国の人工知能技術の研究・開発部門、トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)は、ロボティクスや自動運転の研究を行う米国の非営利団体「 … OSRFは、「ROS2」と呼ばれる第2世代のROS(ロボット・オペレーティング・システム)が、自動運転車のソフトウェアや支援システムの開発に広く使用されることを期待 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自律走行の開発レースの勝敗を決める「LiDAR」技術 その古くて新しい歴史と課題

だからこそ、自律走行の開発レースでプレイヤーたちは、運転手のいない完全なロボットカーをつくるのに、このレーザーセンサーを必要不可欠だと考えている(例外として有名なのは、イーロン・マスクだ。彼はカメラで十分だと判断しているらしい)。 同じ理由から、アルファベットの自動運転部門であるウェイモ(Waymo)とライド …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
元Google及川卓也氏、デンソーの技術顧問に 自動運転など推進

デンソーは2月9日、エンジニアの及川卓也氏と技術顧問契約と締結したと発表した。Google日本法人などで活躍した及川氏のスキルと経験を生かして情報通信分野を強化し、電動化・自動運転・コネクテッドカー(つながる)などの事業を推進する狙い。 photo デンソーの公式Webサイト. 及川氏は、OS「Windows」やWeb …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転は史上最大の産業になる」エヌビディアCEOが語る理由

自動運転の対象はのみならず耕運機、ブルドーザー、掘削機などあらゆる動く機械に及びます。実現のためには非常に高速なセンサーとその信号を分析するコンピューターが必要で、完成形はまだ存在しません。だがわれわれのAIやコンピューティングの技術を低消費電力と低コストで達成する能力で、そんなコンピューターを …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
[韓国毎日経済新聞]SKと韓国交通公団、5Gで車間通信

韓国通信大手のSKテレコムと韓国交通安全公団は5日、ソウル郊外・京畿道の試験エリアで、最新の自動運転技術を公開した。道路を走っていた自動運転対応2台がスクールゾーンに進入。2台はこれを認識して自然に速度を落とした。 1人の子供が信号を無視して道路に飛び出す。すぐさま街灯に設置された監視カメラが5 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
歩行者と光のアニメーションでコミュニケーションするクルマ…三菱電機が開発

三菱電機は2月8日、周囲の歩行者や車両に対して光での動きを伝える技術「安心・安全ライティング」の進化について発表した。ドア開けや後退のタイミングに、車外センサーと連動して光で歩行者 … もっと分かりやすく伝えるコミュニケーション技術が求められている。この問題は、自動運転車両においても同じだと考えている」
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルネサス社長「全分野で追い風」17年12月期 純利益42%増

自信の背景には主力の車載半導体の分野で、自動運転技術や高度運転支援システム(ADAS)の普及によって需要の伸びが期待できるためだ。 1月上旬に米ネバダ州ラスベガスで開かれたコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)。完全自動運転車のデモを披露したルネサスブースを世界の自動車大手幹部が次々と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
トヨタ、自動運転の研究開発を促進…米非営利団体への支援継続

トヨタ自動車の米国の人工知能技術の研究・開発部門、トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)は、ロボティクスや自動運転の研究を行う米国の非営利団体「 … トヨタの狙いは、既存の自動車産業の枠を超え、より広範なモビリティ企業へと発展するために、TRIのロボティクスや自動運転の研究をいっそう強化することにある。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタが日本交通子会社に75億円出資、タクシー向け新サービスを共同開発

都内の500台のタクシーに装着した通信型ドライブレコーダー「TransLog(トランスログ)」から走行中の画像や車両データを収集、地図上に反映させて人工知能(AI)で解析した結果をナビゲーションアプリに車線単位での混雑状況として配信する。 トヨタ自動車のモビリティサービスプラットフォームは、DCM(車載通信機)から …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
住友電工とNECがモビリティ事業で協業を開始 – AI・IoT技術を活用

住友電気工業(住友電工)とNECは2月9日、自動車部品の企画・開発をはじめとしたモビリティ事業において2017年12月より協業を開始したと発表した。 今回の協業は、第1弾として自動車をネットワークでつなぐコネクテッド領域から開始し、両社が有するAI(人工知能)・IoT(Internet of Things)技術を活用して車両や車外 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ボルボやロータスを傘下に収める中国浙江吉利控股集団が、ダイムラーの筆頭株主になることを計画中!

スウェーデンの自動車メーカー、ボルボを傘下に持つ中国浙江吉利控股集団(ジーリー・ホールディング・グループ)は、ダイムラーに入り込むことを真剣に検討中だ。ドイツの『Bild am Sonntag』紙は、ジーリーの李書福会長に関する特集記事の中で、中国の自動車大手である同社がクウェート投資庁の保有する6.8%を上回る株 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「Uber、自動運転車に NVIDIA の技術を採用 PR TIMES」など、2018年1月10日     ニュース

ニュース
Uber、自動運転車に NVIDIA の技術を採用

CES 2018 の開幕前に開催されたプレス カンファレンスにおいて、NVIDIA の創業者兼 CEO、ジェンスン・フアン (Jensen Huang) は、このコラボレーションでは Uber Advanced Technologies Group の自動運転車両自動運転トラックで NVIDIA の技術を利用し、AI アルゴリズムの実行によって、複雑な環境においても各 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
エヌビディアCEO、2時間に及ぶ「自動運転強化宣言」の中身

プレゼンの中で、フアンはVWとウーバーとの提携以外にも、自動運転技術を手掛けるスタートアップ「オーロラ(Aurora)」とのパートナーシップや、中国におけるバイドゥと部品大手のZFとの提携拡大、BlackBerry QNXとの協業、自動車向けAI機能の強化、新たなARテクノロジーの開発、自動運転車向けスーパーコンピュータの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転EV 配送・相乗りも 米家電見本市

【ラスベガス清水憲司、釣田祐喜】トヨタ自動車は8日、米ネット通販大手アマゾン・コムや米ライドシェア大手ウーバー・テクノロジーズなどと連合を組み、バス型の自動運転電気自動車(EV)の開発を進めると表明した。自動運転やライドシェアなど新たな技術・サービスが次々と登場する中、を使う側の視点を重視しないと …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米フォード、自動運転車での食品・買い物の配達実験へ

米 フォード・モーターは、買い物・宅配代行の新興企業ポストメイツと提携し、自動運転による宅配実験を ピザ以外にも拡大、最終的に運転者なしでネット注文の … フォードは年内に、消費者とドライバーを結び付けて食料品や出前、他の買い物などを宅配するポストメイツと手を組み、自動運転技術によって宅配がどのように …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、次世代移動サービスに照準=自動運転車で宅配や相乗り

トヨタ自動車が自動運転機能を搭載した商用電気自動車(EV)の試作を公表し、無人運転による宅配など多様なサービスに活用していく方針を明らかにした。背景にあるのは、ライドシェア(相乗り)の … 自動車業界では、異業種企業の参入により、自動運転などの技術競争が加速。海外では同時に、自動車を所有せずに …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車用ソフトウェアを開発するAImotive、シリーズCラウンドで3800万米ドルを調達

ハンガリー・ブタペストを拠点とする AImotive は、自動運転車のカメラやセンサーからデータを収集し、人工知能の運転システムが歩行者や障害物を回避できるようそれらを認識するソフトウェアを … 調達資金は、世界でのスケールに向けた動きやシミュレーション技術を駆使した自律走行ソフトウェア制作の加速に活用される。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
技術力の結集。ミニマムなセンサー類を装備したトヨタの自動運転車「Platform 3.0」

現在開催中のCES 2018にて、トヨタの子会社で人工知能等の研究開発を行なうToyota Research Institute, Inc.(TRI)が開発した自動運転実験「Platform 3.0」が展示されます。 これは車外の状況を検知するセンサーやレーザー類の機能を大幅に強化しているだけでなく、Lexus LS600hLのボディーに馴染むデザインとなっ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
電機大手、車載技術競う AI使い道案内、自動運転サポート… CESでパナやソニー

三菱電機は展示を車載関連に絞り、運転支援機能を備えた試作を公開。声で個人を認証し、登録しておいた行き先を画面に表示するシステムや、ドローンを活用して道路状況を把握する技術を提案する。 ソニーは自動運転に活用する車載カメラ向けの画像センサーを紹介。暗所や逆光でもの周囲360度の状況を正確に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
TOYOTAのさようなら自動車、こんにちはモビリティサービス宣言 CES2018

世界最大の家電見本市「CES」が9日、米ラスベガスで開幕するのに先駆けて発表した。披露したのは全長4.8メートルの電気自動車(EV)「e―Palette(イー・パレット)コンセプト」。エリア限定で完全自動運転ができる. 「レベル4」の技術を載せて、まず20年の東京五輪で、大会関係者の移動で実験する。 提携する米ウーバー …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
サムスン、自動運転向けプラットフォームをCES 2018で発表…レベル3-5に対応

サムスン、自動運転向けプラットフォームをCES 2018で発表…レベル3-5に対応 … 韓国のサムスン電子は1月9日、米国ラスベガスで開幕したCES2018において、自動運転向けの新開発プラットフォーム、『DRVLINE』を発表した。 … 自動車メーカーが自動運転技術車両に組み込む際のソリューションになることを目指す。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
【CES 2018】ルノー、日産、三菱自動車、ベンチャーキャピタル「アライアンス・ベンチャーズ」設立。5年間で …

Ionic Materialsはマサチューセッツ州を拠点に自動車および多様な用途に使われる高密度エネルギーバッテリーの性能およびコスト競争力向上を可能とする固体高分子電解質を開発している。 このほか、Alliance Venturesは初年度、クルマの電動化、自動運転システム、コネクティビティ、人工知能などの新たなモビリティに …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
技術リーダーに必須の「4種の神器」とは?

既に当時と同様に、大きな変化の兆候が表れています。 例えば、自動車業界では電気自動車へのシフトが一気に進み、各国で電気自動車に対する法律やインフラ整備が進んでいます。それだけではなく、自動運転に対する法整備も現実のものとなろうとしています。 金融業界では、2017年にデータの分析や予測に人工知能が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ZF:人工知能(AI)による自動運転がまもなく現実に

特に環境データの検出と処理のために搭載された「ZF ProAI」はテスト車両で中央制御ユニットとして機能し、モジュラー・アプローチで自動運転機能の開発を可能にする。ZFのアプローチは、車の用途やハードウェアの構成、自動運転のレベルなど自動車メーカーのニーズに応じて対応可能で、あらゆるクルマに適用できる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
LG、新AIプラットフォームをCES 2018で発表…ドライバーの眠気を認識

韓国のLGエレクロニクスは1月9日、米国ラスベガスで開幕したCES2018において、新開発のAI(人工知能)プラットフォーム、『ThinQ』を発表した。 ThinQは、AIの研究を加速するために、韓国のLG人工知能研究所が中心になって開発。 … 自動車の室内を監視するモニターとして活用できる。ドライバーの表情や動作を検知し、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
エヌビディアCEO、2時間に及ぶ「自動運転強化宣言」の中身

プレゼンの中で、フアンはVWとウーバーとの提携以外にも、自動運転技術を手掛けるスタートアップ「オーロラ(Aurora)」とのパートナーシップや、中国におけるバイドゥと部品大手のZFとの提携拡大、BlackBerry QNXとの協業、自動車向けAI機能の強化、新たなARテクノロジーの開発、自動運転車向けスーパーコンピュータの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転EV 配送・相乗りも 米家電見本市

自動運転やライドシェアなど新たな技術・サービスが次々と登場する中、を使う側の視点を重視しないと生き残れないと判断。他業種との … 減少を抑えるには、ユーザー側の企業と提携し、の使われ方にも目配りする必要がある。 … 運転手なしで動くライドシェアや配送、移動販売、宿泊施設などとしての使用を想定する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米フォード、自動運転車での食品・買い物の配達実験へ

米 フォード・モーターは、買い物・宅配代行の新興企業ポストメイツと提携し、自動運転による宅配実験を ピザ以外にも拡大、最終的に運転者なしでネット注文の配達ができるようにするに … 当面は運転者が乗り込んで進める実験を通じて、フォードは自動配達システムがどのように機能するかを十分見極めることにしている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転EV、ユーザーの視点重視 配送・相乗りも 米家電見本市

【ラスベガス清水憲司、釣田祐喜】トヨタ自動車は8日、米ネット通販大手アマゾン・コムや米ライドシェア大手ウーバー・テクノロジーズなどと連合を組み、バス型の自動運転電気自動車(EV)の開発を進めると表明した。自動運転やライドシェアなど新たな技術・サービスが次々と登場する中、を使う側の視点を重視しないと …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
CES2018:FordとQualcommがの広範な接続性実現のために提携

携帯電話の接続性は、自動運転車ならびにモビリティサービスなどに向けて、フォードが展開しようとしている、充電ステーションネットワークやパートナープラットフォームなどの重要な要素となっている。Fordはまた本日(1月9日)、クラウドベースのコネクテッドスマートシティプラットフォームも発表した。この上に、都市や、運送 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
元グーグルの自動運転開発責任者、新会社立ち上げ再起動

【ラスベガス=中西豊紀】米グーグルで自動運転車の開発プロジェクトを率いてきたクリス・アームソン氏は業界では知る人ぞ知るスターエンジニアだ。2016年夏の突然の辞任後は沈黙を守っていたが、このほど新たなベンチャーを立ち上げ自動運転の世界に戻ってきた。すでに独フォルクスワーゲン(VW)とも提携。「(機械の) …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
TOYOTAのさようなら自動車、こんにちはモビリティサービス宣言 CES2018

世界最大の家電見本市「CES」が9日、米ラスベガスで開幕するのに先駆けて発表した。披露したのは全長4.8メートルの電気自動車(EV)「e―Palette(イー・パレット)コンセプト」。エリア限定で完全自動運転ができる. 「レベル4」の技術を載せて、まず20年の東京五輪で、大会関係者の移動で実験する。 提携する米ウーバー …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AI進化、最新技術が競演 家電見本市、米で開幕

日産自動車はカルロス・ゴーン会長が記者会見し、提携先の三菱自動車、フランス自動車大手ルノーと共同で新興企業を支援するファンドを設け、今後5年間で最大10億ドル(約1130億円)を投資すると発表した。先進的な技術を取り込み、電気自動車(EV)や自動運転車の競争力を高める。ホンダはAI搭載のロボットを中心に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【コラム】新年(2018年)に予測する中国自動車業界、次の一手

2018年は日本の自動車メーカーは当然、ドイツメーカーも新エネルギーの発売を予定している。全国乗用車市場信息聯席会の秘書長(事務局長)は、2017年の電気自動車などの新エネルギー販売台数は、50万台を突破今年は、100万台の大台を達成できるかがポイントと発言している。だけに限るわけではないが、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「VWとウーバー、自動運転向けにエヌビディアの技術採用 ブルームバーグ」など、2018年1月8日     ニュース

ニュース
VWとウーバー、自動運転向けにエヌビディアの技術採用

グラフィック半導体の米 エヌビディアは、同社の人工知能(AI)に関する専門知識・技術を ウーバー・テクノロジーズとフォルクスワーゲン(VW)が自動運転車の実用化のために採用すると発表した。 エヌビディアの … VWはインテリジェント・コパイロット・システムの開発にエヌビディアの技術を取り入れる。両社が発表した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米ラスベガスで開幕へ 次世代技術競う

日産は、運転手の脳波を測定することで、実際にハンドルやアクセルを操作する前にシステムが作動してイメージ通りの運転を可能にしたり、自動運転時の安全性を高めたりする技術を発表する。トヨタのAI開発子会社は車外の状況を把握するセンサー類を高度化した新しい自動運転実験を公開。自動運転技術やAIの開発を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米家電見本市が9日開幕、つながるやAIに注目

人工知能(AI)を搭載した機器の展示が増えるほか、自動運転やコネクテッドカー(つながる)など自動車関連の技術も多く紹介される。家電業界と他の業界との垣根がなくなり、最新の技術を紹介する展示会としての様相が色濃くなっている。 「1年前は200だった自動運転の協業先が、300以上に増えた」。開幕に先立つ7日、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
現代自、米オーロラと自動運転車を共同開発

現代自、米オーロラと自動運転車を共同開発. 韓国・現代自動車グループは4日、米オーロラと組み、自動運転車を開発すると発表した。2021年までにドライバーが運転に関与しないレベル4(米国基準)技術の実用化を目指す。自動運転技術の実証実験に適した「スマートシティー」を選定して、テスト走行を実施する。 まずは、燃 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタの自動運転テクノロジーは人間を超えた!? 全周囲200mをセンシングする「Platform 3.0」

clicccar.com(クリッカー)
ガーディアン(高度安全運転支援)とショーファー(全自動運転)という2つの方向で自動運転テクノロジーを開発しているトヨタ。北米の子会社で人工知能等の研究開発を担うToyota Research Institute, Inc.(TRI)の開発した次世代の自動運転実験「Platform 3.0」を発表しました。 旧型のレクサスLSをベースとした実験 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ドライバーの脳波を「先読み」してを制御、日産が開発

つまり、自律自動車が路上を走るようになるまで、実際にその技術にお目にかかることはなさそうだ(「完全自律型自動車 2021年に販売開始」を参照)。 それなのに、なぜ関心を集めているのか。自動運転の時代が来ても多くの人々は運転を楽しみたいはずだ。そのとき、より安全な運転のためにこの技術は役立つと日産は主張 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノー・日産・三菱自、新興企業に年230億円投資

仏ルノー・日産自動車・三菱自動車の連合は自動運転などの分野で優れた技術を持つ新興企業を対象とする投資ファンドを設立する。2018年から毎年2億ドル(約230億円)規模を投資する方針だ。同企業連合は2022年までに人が運転に関与しない完全自動運転車を実用化する計画を示しており、投資先の技術を活用して …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NVIDIA、自動車向けARプラットフォーム「Drive AR」発表

こうしたARとしての機能は自動運転技術が進歩することで、カメラによる周辺環境のマッピングや認識が進むため可能になります。 NVIDIAのCEOジェンスン・フアン氏は、「をさらに未来に向けて次のレベルに押し上げることができる」として、この「Drive AR」を紹介しました。具体的に採用される車種などは不明ですが、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
今年のCESの主人公は“スマートシティ”

革新技術展示会」と呼ばれるに相応しい。 今年CESが投げかける話題は「スマートシティ」だ。かつて個人用スマート機器で革新を繰り返し、昨年はスマートホーム、今年はスマートシティにまで拡張された。人工知能(AI)とモノのインターネット(IoT)、5世代(G)通信、自動運転車、ロボットなど、先端技術を組み合わせた結果だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転に光、照明メーカーが次世代ランプ開発に拍車

自動運転の本格化に向け、自動車用照明メーカーが次世代ランプの開発に取り組んでいる。小糸製作所は光線の反射で全周囲の歩行者や車両を検知するランプや、走行状況を光で伝える照明の開発に着手。同様の照明は市光工業も手がけ始めた。スタンレー電気や三菱電機はの動線を路上に照射する技術を開発.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
今年のCESの主人公は“スマートシティ”

かつてテレビ、オーディオなどが主役だったとすれば、自動車、ドローンはもちろん、人工知能(AI)のような先端技術が席巻している。「革新技術展示会」と呼ばれるに相応しい。 今年CESが投げかける話題は「スマートシティ」だ。かつて個人用スマート機器で革新を繰り返し、昨年はスマートホーム、今年はスマートシティにまで …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米ラスベガスで開幕へ 次世代技術競う

開幕に先駆け、中国のEVベンチャー、フューチャー・モビリティーは7日、「バイトン」ブランドで、次世代高速通信や顔認証による解錠、米アマゾン・コムの音声AI「アレクサ」といった最新技術に対応し、音声や手ぶりでカーナビなどを操作できるコンセプト車を公開した。自動運転機能も搭載する。「自動車とIT両業界にまたがった …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車・輸送機 ニュース

自動運転の本格化に向け、自動車用照明メーカーが次世代ランプの開発に取り組んでいる。小糸製作所は光線の反射で全周囲の歩行者や車両を検知するランプや、走行状況を光で伝える照明の開発に着手。同様の照明は市光工業も手がけ始めた。スタンレー電気や三菱電機は車の動線を路上に照射する技術を開発.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
LG電子、ADAS開発で世界大手と提携

韓国のLG電子は、自動運転車に用いる先進運転支援システム(ADAS)に関する次世代技術開発でオランダの半導体大手NXPセミコンダクターズと、ドイツの自動車部品メーカー・ヘラと提携した。 LG電子の「次世代ADASカメラおよび映像認識・制御アルゴリズム」と、NX… 関連国・地域: 韓国/欧州. 関連業種: 自動車・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「現代自・VW、グーグル出身VBと提携 自動運転車を共同開発 日本経済新聞」など、2018年1月6日     ニュース

ニュース
現代自・VW、グーグル出身VBと提携 自動運転車を共同開発

【ソウル=山田健一、フランクフルト=深尾幸生】韓国・現代自動車は4日、米グーグル出身の技術者が設立したIT(情報技術)ベンチャー企業の米オーロラ社と組み、自動運転車を開発すると発表した。自動運転に適した先進的なITインフラを備えた「スマートシティー」を世界から選び、両社が共同で実証実験する。ドライバーが …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Toyota Research InstituteがCESで次世代の自動運転実験「Platform 3.0」を公開

トヨタ自動車(以下、トヨタ)の子会社で、米国で人工知能等の研究開発を行うToyota ResearchInstitute, Inc.(以下、TRI)は、次世代の自動運転実験「Platform 3.0」を、ネバダ州ラスベガスで開催されるCES に出展すると発表した。Lexus LS600hL をベースとするこのクルマは、より高度な技術と、ベース車両であるLexus LS …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転、提案型で攻勢

自動運転はさらに高い精度や安全性が求められる時代に入る。今はレーダーやセンサーを使って周辺の状況を把握しているが、コーナーをきちんと曲がる、衝突しない、といった精度の高い自動運転には新たな技術が必要になる。が家とつながるなど、あらゆるモノがネットにつながるIoTとの連携も進む。 三菱電機は人工衛星 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
“諸刃の剣”カーシェア事業の強化で“痛し痒し”の自動車メーカー (1/2ページ)

大手自動車メーカーが同じ車両を複数の利用者が使う仕組み「カーシェアリング」事業を強化している。トヨタ自動車は4月に新サービスの提供を視野に会社を設立。日産自動車は今月、主に電気自動車(EV)を使ったカーシェアを始める。海外ではカーシェアのための機能を備えた新型も登場しており、将来は自動運転技術と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノー・日産連合、自動運転タクシーで協業へ 複数社と参入準備 (1/2ページ)

三菱自を含む3社は、既に自動運転車の実験を進めている米グーグルやウーバー・テクノロジーズのようなテクノロジー企業との協業を望んでいると同氏は語った。 … だろう」と述べた上で、テクノロジー企業にとって自動化技術はあくまで自社の主力事業を強化するものであり、その意味で「提携は可能と考えている」と語った。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
CES 2018開催間近! ホンダ、デンソーなど、最先端テクノロジーの競演

例えば、Hondaの今回のメイン展示はやバイクではなく、コミュニケーションロボットだ。コンセプトモデル「3E-A18」や、アタッチメントを変えること … 同じ自動車分野では、デンソーがコネクティッド技術自動運転技術を中心にシミュレーターやデモ機を使って展示を行う。世界的にも関心が高まっているコネクティッドカーの実現 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
現代自・VW、グーグル出身VBと提携 自動運転車を共同開発

また独フォルクスワーゲン(VW)も同日、オーロラ社との提携を発表した。VWは2017年に完全自動運転車「セドリック」のコンセプトを発表。21年までに公道走行試験をする方針で、開発を加速する。 16年末設立のオーロラ社は、グーグルで長く自動運転車開発を率いてきたクリス・アームソン氏が最高経営責任者(CEO)を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノー・日産連合、自動運転タクシーで協業へ 複数社と参入準備 (1/2ページ)

三菱自を含む3社は、既に自動運転車の実験を進めている米グーグルやウーバー・テクノロジーズのようなテクノロジー企業との協業を望んでいると同氏は語った。 … だろう」と述べた上で、テクノロジー企業にとって自動化技術はあくまで自社の主力事業を強化するものであり、その意味で「提携は可能と考えている」と語った。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「AI(人工知能)で実現! 【エレクトロニクス・自動車・工場を進化させるAI技術が出展】 PR TIMES」など、2018年1月5日     ニュース

ニュース
AI(人工知能)で実現! 【エレクトロニクス・自動車・工場を進化させるAI技術が出展】

加えて、工場で生産の異常を検知するAIや、AIを駆使して実現できる自動運転などエレクトロニクス・自動車業界にもAIの進化が見られます。 … 人工知能検査システム AIハヤブサ (株) ミラック光学AI(人工知能)+ 機械学習による検査従来の画像処理ソフトのようにパターンマッチング主体の処理では判断が難しかった検査を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「CES 2018」で、トヨタの人工知能研究開発会社が次世代自動運転実験車「Platform 3.0」を展示

トヨタ自動車の子会社で、人工知能などの研究開発を行なうToyota Research Institute(以下、TRI)は、1月9日に米国ネバダ州ラスベガスで開幕する「CES 2018」において、次世代自動運転実験車「Platform 3.0」を展示すると発表した。 このPlatform 3.0の開発にあたり、TRIは以下の3つの主要なテーマを設定した。 1.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車・輸送機 ニュース

トヨタ自動車人工知能(AI)開発子会社である米トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)は4日、米ラスベガスで9日開幕する「CES 2018」に自動運転の新型研究車両「プラットフォーム3.0」を … 各国の規制を背景に国内外の完成車メーカー各社が電気自動車(EV)をはじめとする電動車の開発を本格化しており、基幹部品の.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AI、自動運転、信頼回復…… 企業トップの言葉から読み解く2018年

技術革新による変化をポイントとして掲げる経営者も多い。三菱商事の垣内威彦社長は18年の経済状況が好調に推移すると考える根拠として、「(米Apple、Googleなどの)巨大ITプラットフォーマーの存在」、電気自動車(EV)や自動運転の開発が進む「自動車業界」、そして「人工知能(AI)」を挙げた。「人類が火や電気を初めて …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車メーカートップが語る2018年の展望と課題とは…天気予報に見立てて

そこで語られた自動車メーカートップの2018年の展望と課題とは。 まずは新春お決まりの2018年を天気予報に見立てるという質問に、トヨタ自動車の豊田章男社長からは「会社からは曇りに晴れを付けておけといわれている。晴れでも良いじゃないの … ただ西川社長は「人工知能がいろんな仕事を速くしている。これは開発にも …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
機械 ニュース

【5軸化など加速/DMG森精機・森雅彦社長】 電気自動車(EV)、人工知能(AI)、高齢社会などの社会変化の中、5軸化、複合化、自動化をさらに進める。周辺機器… 続きを読む · 新菱冷熱、タイのコージェネプラント完成−商業運転を開始. (2018/1/5 05:00). 新菱冷熱工業(東京都新宿区、加賀美猛社長、03・3357・2151) …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
2018TOP年頭語録/DMG森精機・森雅彦社長ほか

(2018/1/5 05:00). 【5軸化など加速/DMG森精機・森雅彦社長】. 電気自動車(EV)、人工知能(AI)、高齢社会などの社会変化の中、5軸化、複合化、自動化をさらに進める。周辺機器… (残り:1,833文字/本文:1,913文字). (2018/1/5 05:00). ※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動運転の主役はやはり自動車メーカー

東京モーターショーの技術展示では、電動化や自動運転が脚光を浴びるだけでなく、クルマの基本性能を高める軽量化技術を提案した足回り関連のサプライヤーにも注目が集まった。 今回の東京モーターショーではトヨタ、日産、メルセデス・ベンツ、アウディ、VWといったメーカーがEVで自動運転のコンセプトカーを出展していた …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、周り360度200mまで認識 自動運転車を開発

トヨタ自動車は5日、外部認識能力を高めた次世代の自動運転実験を開発したと発表した。センサー技術を向上させて車両全周を200メートルの範囲で認識できるようにした。の周囲の物体を正確に検知できるようになり、より安全性の高い自動運転が可能になる。 次世代実験は「プラットフォーム 3.0」という名称。米国に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転元年だ!ラスベガスで「自動運転タクシー」が走る理由[CES 2018]

自動運転車技術を保有するAptivによれば、タクシー配車サービスを提供するLyftとパートナーシップを締結し、CES 2018において「自動運転タクシー」の試験運行を実施する。自動運転タクシーは、CES 2018のメイン会場の1つであるラスベガス・コンベンション・センター(LVCC)のゴールドロットと呼ばれるエリアから出発し、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノー・日産連合、自動運転タクシーでテクノロジー企業との連携模索

日産自は ディー・エヌ・エーと自動運転車両を用いたタクシーの試験走行を横浜で 来年実施し、ルノーは自動運転車両の開発で仏交通サービスのトランスデブと組んでいる。日仏連合は昨年、自動運転車両に最適なバックエンドのクラウド技術の開発に共同投資する 契約を米マイクロソフトと結んだ。 レジック氏は「自動運転車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
360度の障害物を認識 トヨタ、自動運転車「Platform 3.0」を開発

… は、自動運転車のプロトタイプ「Platform 3.0」を、家電見本市「CES 2018」(1月9~12日、米ラスベガス)に出展する。周囲200メートルの環境を立体的に捉えるLIDAR(LIght Detection And Ranging)システムを備え、全方位を認識できる。外観はスマートに仕上げ、自動運転技術の装備もコンパクトにまとめ、複数の実験 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AI(人工知能)で実現! 【エレクトロニクス・自動車・工場を進化させるAI技術が出展】

加えて、工場で生産の異常を検知するAIや、AIを駆使して実現できる自動運転などエレクトロニクス・自動車業界にもAIの進化が見られます。 … の検出速度と精度・悪天候でも、遮蔽物があっても安定検出できるのが特徴で、カメラ画像から、歩行者,各種自動車,2輪,白線,標識等自動運転技術に必須となる物体検出をします。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
VWと現代自、自動運転技術の米新興企業に未来託す

自動運転車の開発競争が繰り広げられる中、ドイツの フォルクスワーゲン (VW)と韓国の現代自動車がシリコンバレーで1年前に創業したばかりの新興企業オーロラ・イノベーションに未来を賭ける。オーロラの創業者には、米グーグルや テスラ で自動運転車の研究を率いた人物が名を連ねている。 オーロラは4日、VWおよび …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産、ドライバーの脳波測定「運転支援」技術開発 自動運転社会に向けて

日産自動車は1月3日、ドライバーの脳波を測定して運転を支援する技術(Brain-to-Vehicle、B2V)を開発したと発表した。同技術は、 … 将来の自動運転社会では、人間はクルマをコントロールしないと考える人が多いかもしれません。しかし、この技術はその反対です」――日産自動車のダニエレ・スキラッチ副社長は述べる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ソフトバンクが目指す自動運転バスのある未来とは、試乗会でみえたもの

試乗会は、三菱地所が丸の内エリアで進める「オープンイノベーションフィールド」の一環で、先進技術やテクノロジーを用いた実証実験を支援する取り組みによるもの … ロボットがこのルートをトレースし、車両に取り付けられた走行用の各種センサーの情報からAIが歩行者や障害物を検知し自動運転を制御するという仕組みだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自律走行のために街を「再発明」すれば、道路は人に優しくなる 米国で動き始めた「新しい都市設計」

どの都市も、自律走行を前提とした将来の街づくりについて、そろそろ考え始める必要がある。そうした目標に向けて、米都市交通担当官協議会(NACTO)は2017年10月末、独自の「約束の地」のヴィジョンを公開した。NACTOは、こうした問題に真剣に取り組む全米60都市の交通計画担当官と技術者からなる組織だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
[FT]独VW、米ベンチャーと探る自動運転の未来

独フォルクスワーゲン(VW)がシリコンバレーの新興企業オーロラと自動運転車の研究開発で提携した。オーロラは米グーグルで自動運転開発の責任者だったクリス・アームソン氏が代表を務める。数々の老舗自動車メーカーが、自動運転の未来に適応しようとテクノロジー産業に期待を寄せているが、今回の動きもその一例だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノー・日産連合、自動運転タクシーでテクノロジー企業との連携模索

三菱自を含む3社は、既に自動運転車の実験を進めている米 グーグルや ウーバー・テクノロジーズのようなテクノロジー企業との協業を望んでいると同氏は語った。 … だろう」と述べた上で、テクノロジー企業にとって自動化技術はあくまで自社の主力事業を強化するものであり、その意味で「提携は可能と考えている」と語った。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ウェブ
ボタンひとつでが迎えに来る? VWが米新興企業と戦略的提携

フォルクスワーゲングループは1月4日、CES 2018の開幕を控えて、オーロラ社との間で自動運転分野における戦略的提携を締結した、と発表した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「現金重視の人が知らないフィンテックの世界 東洋経済オンライン」など、2017年11月3日     ニュース

ニュース
現金重視の人が知らないフィンテックの世界

電気自動車(EV)への転換、人工知能(AI)やロボット技術の進展などなど、いまや世界はかつて経験したことのない「技術革新」の時代を迎えている。こうした動き …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AI時代の自動車を支えるのは超複雑なメカ! NSKのメカメカしい展示に未来が見えた

つまり人工知能による自動運転へ向けてバイワイヤー化が進む現在、非常に重要なコア技術であり、ここには高度なベアリング技術と高精度な加工技術が必要と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
地味だが大事な“サイドミラー”はどうなる?東京モーターショーはEV、AI、自動運転などの“最新技術”多数

今年の第45回東京モーターショー(東京ビッグサイト、11月5日(日)まで)を見て回ると、自動車の未来はEV(電気自動車)、AI(人工知能)、コネクティッド(様々な …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
FPTソフトウェア 自動運転技術の開発を強化

FPTグローバルオートモーティブ事業本部・オートモーティブエンジニアの開発による特別な車両が、FPTソフトウェア ホーチミンキャンパスを時速25キロメートルで …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産の新しいコンセプトカーは、「歌う」ことで街の景色を変える

東京モーターショーで、日産自動車は自動運転技術を搭載した新しい電気 … 甲高くて控えめなモーターの音は、ガソリンのようにうるさく鳴り響かない。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタのAI研、カリフォルニアの自動運転試験場と契約

トヨタのAI研、カリフォルニアの自動運転試験場と契約 … TRIはAI技術を使った自動運転の研究を進めており、自動運転システム「Platform 2.1」を開発した。 … 一般が入らない試験場であるため、例えば「先行車両から落ちた荷物を避ける」など …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AIの進化がもたらす未来のクルマとは?

このには高速道路同一車線自動運転技術「プロパイロット」や、駐車操作のすべて(アクセル、ブレーキ、ハンドル、シフト、さらにはパーキングブレーキまで)を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AI時代の自動車を支えるのは超複雑なメカ! NSKのメカメカしい展示に未来が見えた

つまり人工知能による自動運転へ向けてバイワイヤー化が進む現在、非常に重要なコア技術であり、ここには高度なベアリング技術と高精度な加工技術が必要と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
東京モーターショーでスバルとマツダがにぎわう理由

どちらも、EVや自動運転など特定技術ありきではクルマ作りを考えておらず、それぞれの目標・目的のために必要または使える手段としてそれらの技術がある …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「ルネサス、トヨタの自動運転車に半導体供給へ 日本経済新聞」など、2017年10月31日     ニュース

ニュース
ルネサス、トヨタの自動運転車に半導体供給へ

トヨタが2020年の実用化を目指す自動運転車に採用されたという。高速道路で自動走行できる「レベル3」の自動運転技術を支える。トヨタが自動運転の初期 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転レベル3のアウディ「A8」、日本発売は2018年

Audi ElaineやA8は、レベル3以上の自動運転機能に対応した「Audi AI」を搭載し、 … AI(人工知能)技術に関してアウディでは「自動運転車は高度なセンサーや …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
バブルが弾けた?自動運転ブーム 平坦ではない完全自動運転への道のり

テレビCMなども増え、年々注目度が高まる「自動運転技術。レベル1と呼ばれる技術は一般に普及し、レベル2の技術を搭載した自動車が商品化され、市場 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米トヨタ、自動運転車専用テストコースと契約…危険な状況を想定したテストも

TRIのRyan Eustice副社長は、「ゴーメンタム・ステーションにおいて、自動運転車のテスト走行を行うことで、技術をさらに発展させることができる」と語っている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NASAが開発支援の人型ロボット、4千キロの「自律歩行」目指す

自動運転車の実用化が間近に迫る中、カリフォルニア工科大学は既に次世代の自動運転技術の開発に取り組んでいる。同校が検討中の新技術の中には、数千 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
未来のを支えるテクノロジー(中)電機メーカー台頭−自動運転の“陣地取り”合戦

部門を統括するロルフ・ブーランダー取締役は「自動運転には従来にない新技術が必要になり、系列企業との取引だけでは対応できなくなってきている」と、日系 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
フォード傘下のArgo AI、LiDARセンサを手がけるスタートアップを買収

自動運転車に可能な限り最高のセンサを搭載するため、Fordが投資する「Argo AI」が新たな企業買収を実施し、LiDAR技術への取り組みを強化した。 Argo AI …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
三菱ふそう、EVトラックで市場奪取の本気度

乗用車に加え、商用でもEVシフトが鮮明だ(撮影:尾形文繁) … 国内外の自動車メーカーがEVや自動運転車など次世代の乗用車を数多く出展している。 … ないが、実はトラックなど商用の分野でも最先端の技術を投入したEVが出品されている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマのスマホ化」を進める世界最大の自動車部品メーカーの戦略

これからの自動車産業では、「自動運転」、「コネクティッドカー(外部の … 米ボーイングの最新鋭機「787」が約800万行なので、クルマがいかに電子技術の塊に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
欧州自動車メーカーが「EVシフト」をことさら大合唱する理由

今年は各自動車メーカーがこぞってガソリンからEV(電気自動車)へのシフトを睨んだコンセプトカーの展示や、運転操作の要らない自動運転技術の最新デモ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
日立、熟練の技をAIで再現 車用鋼板で仕上げ自動化

日立製作所は製鉄所で働く熟練技術者の技をAI(人工知能)で再現する技術を開発した。自動車用の鋼板を薄く延ばす工程を自動化する。熟練工の技能伝承に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「まるで天国!」東京モーターショーに感動冷めやらぬ中国人の見学レポート=中国報道

28日から一般公開が始まった東京モーターショー。今年は電気自動車(EV)や人工知能(AI)を活用する試作車が目立っているようだ。中国メディアの捜狐は28 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
マツダ、ホンダから軽まで…海外メディアを魅了した美しい日本車たち 東京モーターショー (1/3ページ)

各社のブースには電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)がずらりと並び、世界的な環境規制強化を背景とした電動化シフトが鮮明となった。人工知能(AI)や …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
産業春秋/モノづくり、最後の砦

開催中の東京モーターショーには、次世代の電気自動車(EV)や、人工知能(AI)による自動運転を目指した車が多数展示されている。今後のクルマの方向性を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
欧州自動車メーカーが「EVシフト」をことさら大合唱する理由

欧州自動車メーカーが「EVシフト」をことさら大合唱する理由 … 今年は各自動車メーカーがこぞってガソリン車からEV(電気自動車)へのシフトを睨ん …. 自動運転と密接に関わるのはクルマとビッグデータの接続を行うコネクティビティや人工知能(AI)。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「赤信号で停止、障害物を回避–パナソニックが「自動運転EVコミューター」を公開 CNET Japan」など、2017年10月12日     ニュース

ニュース

赤信号で停止、障害物を回避–パナソニックが「自動運転EVコミューター」を公開

あわせて、車両試験場を設置し、取り組んでいるという自動運転技術についてデモを … オートモーティブ開発本部では5年先の技術を見据え、パナソニック全社 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

スバル、自動運転見据えたスポーツセダン 試作出品へ

スバルは、27日に始まる東京モーターショーに、スポーツセダンの試作を出品する。詳細は明らかにされていないが、高度な運転支援技術を備えながらも積極的 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

自動運転本格化で高まる存在感、ジェイテクトはステアリングシステムで未来を示す (1/2)

具体的には、人とクルマの意思が調和する自動運転対応技術の開発を推進する。例えば、HMI(ヒューマンマシンインタフェース)側では、運転者の操作意思を確認 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

GM社がStrobe社を買収、LiDAR技術で無人自動運転を進化

光を使うLiDARは高解像度の画像を得られ、カメラやレーダーを単体で使うより正確に車両周囲が見える。無人の自動運転技術を進化させるためにはLiDARの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

自動運転、相次ぎ公道実験 石狩市・札幌市・上士幌町… 高齢化対応急ぐ

北海道内の自治体が自動運転車の公道実験を相次ぎ始めている。 … の増加に直面するなか、市民の足を確保する自動運転技術への道内自治体の関心は高い。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

パナの自動運転システム、画像処理技術で360度認識 22年めど実用化

パナソニックは10日、開発中の自動運転システムを搭載した試作を報道陣に公開した。テレビやデジタルカメラで培った画像処理技術を生かし、歩行者が多い …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

札幌中心部を走る自動運転車がお目見え!

札幌中心部を走る自動運転車がお目見え! … 自動運転やシェアリングエコノミーなど、気になる実証実験の模様も現地からお届けします。 … 林業ハッカソンサミット」は林業×ITの最新技術を取り込みと、日本ならではの背景が語られました。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

NVIDIA、レベル5の自動運転を見据えた「DRIVE PX Pegasus」を発表

NVIDIAは、自動運転技術の導入を後押しする強力なプラットフォーム「Drive PX 2」を2016年に発表 … レベル5のは、周囲の環境を常に監視する必要がある。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

トヨタの自動運転開発を担う「TRI」に米ベンチャー「LUMINAR」社が貢献

clicccar.com(クリッカー)
トヨタの自動運転開発を担う「TRI」に米ベンチャー「LUMINAR」社が貢献 … これにより、ビルの谷間でもNAVIで正確に自の位置が判るようになり、測位誤差が1m … Research Institute)が先頃、自動運転技術等の開発進捗状況を公表しました。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース

「MATLAB」でディープラーニング、自動運転向けにMathWorks社が提供

MATLABユーザーの多い自動車業界で人工知能(AI)を使った自動運転技術の開発などに利用してもらうことを想定する。 強化したディープラーニング機能は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

パナ、一般道での自動運転技術を34年にも実用化 自動停止機能のほか縦列駐車技術も

… 機器で培った画像処理や検知技術を応用した人工知能(AI)の開発を進める。 … な状況を想定した技術を、納入先の自動車メーカーと確立していく必要がある。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

大野ゴム工業、足回り部品を中心に充実した品揃えが強み

自動車のハイブリッド化(HV化)、電気自動車化(EV化)の影響については、「自動車がAI(人工知能)制御に変われば、センサーやカメラ、運転者に情報・状況を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

車を回避、人形の手前で停止… 自動運転試験場を公開

… 走行してコース上の自動車を回避したり、飛び出してきた人形の手前で停止したりした。 同社は、ウイルスがハンドルやアクセルなどの制御機器を乗っ取る懸念に対応し、新型ウイルスを人工知能(AI)が分析して対策を講じる新システムも発表した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
BMW/インテル/モービルアイ連合にマグナが参画…自動運転技術を共同開発

2016年7月、BMWグループ、インテル、モービルアイの3社は、自動運転車の開発における提携を発表。2021年までに、完全自動運転車を量産することを目指し …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「トヨタ、20年代前半に一般道で自動運転 実用化時期を発表 日本経済新聞」など、2017年9月28日     ニュース

ニュース
フォードとLyftが提携–自動運転車と配車サービス展開で

都市に良い影響を及ぼす形で自動運転技術を導入していくために、業界の枠を超えて、トップを走る企業が互いに協調していくべきであると、われわれは固く信じ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタの自動運転車が採用したLuminar製の新型LiDARとは?

各社が鎬を削る自動運転技術開発。必要なセンサーも高精度なGPS、レーザー、カメラなどさまざまなデバイスが必要となる。そのなかでも、注目度が増している …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米上院、自動運転車の普及促進法案で超党派合意

スーン、ピーターズ両議員は共同声明で「自動運転技術の採用により、命が救われるほか、障害者の移動性が改善し、新規雇用が創出されると見込んでいる」と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米リフトがフォードと提携-自動運転車の開発・配車サービス導入で

両社はブログへの 投稿で、手頃な値段の自動運転車を設計し、そうした車をいずれリフトのネットワークに導入するために必要なシステムと技術の開発に向け …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Daimler社、米国の公道でトラックの隊列走行を試験

今回の試験では、Freightlinerブランドの新型「Cascadia」同士を、通信機能と自動運転技術を組み合わせてデジタル接続する。Wi-Fiベースの車車間通信(V2V) …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
テスラの新型EVはトラック市場をどう変えるのか

テスラはトラック市場でも、自動運転技術や低水準の営業費といった自社の中核的な強みを生かすことができるだろう。だが、充電インフラの不備やバッテリー …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
棚卸し自動化、タグ1円以下で一気に普及か

ZMPの自動運転制御開発車両プラットフォーム(基盤)技術を応用した。小型のロボットカーやロボット台車にタグの読み取り装置を載せて施設内で稼働する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
清水和夫の自動運転ソシオロジー

自動運転について、やや静観の構えを見せていた国産勢(日産自動車を除く)だが、 … すでに実用化済みの技術を合わせると多岐に渡るが、実際にさまざまな …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

トヨタ、コネクテッド・自動運転技術の試験場を建設する米「ACM」に計500万ドルを拠出 Car Watch

トヨタ、コネクテッド・自動運転技術の試験場を建設する米「ACM」に計500万ドルを拠出

また、TRIのギル・プラットCEOは「安全な自動運転技術を開発するには、シミュレーションや公道試験だけでなく、システムを極めて厳しい条件下に置くための …