2019年11月度のランキング

11月度のアクセス数

11月度は、訪問者数、PV数ともに、過去最高だった先月と比べ減少しました。モーターショウがあって記事閲覧数が伸びた10月期でしたので、本サイトへのアクセス数微増傾向に変わりはないと言えます。 今後も閲覧いただけるように、記事投稿の努力をしてまいりますので、期待してください。

11月度の記事の投稿数

新規記事を5 件、投稿しました。 徐々に記事作成数を増やしています。

投稿内容は、主に、業界全体の潮流を分析することにフォーカスしました。政府の動きがこの業界に与える影響などを分析したPEST分析まで行い、皆さんが行う環境分析の素材にしていただけるように、分析をしています。ぜひ、ご覧ください。

記事注目度ランキング

「LiDAR」の記事に注目が集まっていることが分かりました。

続いて、「人工知能」「自動バレーパーキング」「CASE関連」「MaaS」などが注目されていることが分かります。

「人工知能」は、レポート掲載したものはない中で注目度が高く、今後の記事制作を計画しようと思いました。

11月度に新しく掲載した記事は、すでにgoogle検索される程度になってきていて、読まれている記事になっているようです。

表1.ページビュー数ランキング(タイトルの注目度 )

  1. LiDAR
  2. トヨタ
  3. CASEが変える、未来とは
  4. Connectedが産みだす商品・サービス像
  5. Autonomousが産みだす商品・サービス像
  6. Veoneer
  7. 人工知能
  8. 「そもそも、なぜCASEなのか?」
  9. 日産
  10. Waymo
  11. 自動バレーパーキング
  12. MaaS
  13. 自動運転参入のリスク・チャンス、PEST分析
  14. 「Innoviz Technologies」特許出願動向
  15. Innoviz Technologies
  16. level5
  17. デンソー
  18. Luminar
  19. Mobileye(モービルアイ)
  20. コネクテッドカー

表2. 閲覧時間ランキング (記事内容の注目度 )

  1. LiDAR
  2. 日産
  3. 人工知能
  4. 自動バレーパーキング
  5. CASEが変える、未来とは
  6. Autonomousが産みだす商品・サービス像
  7. 「CASE」とは
  8. Connectedが産みだす商品・サービス像
  9. MaaS
  10. 提携
  11. 自動運転参入のリスク・チャンス、PEST分析
  12. 「そもそも、なぜCASEなのか?」
  13. トヨタ
  14. Autoware
  15. 「Innoviz Technologies」特許出願動向
  16. Waymo
  17. Veoneer
  18. ADAS
  19. デンソー
  20. Ibeo

補足)指標の意味

補足1)ページビュー数ランキング、「タイトル」の注目度としてみてください。

なぜならば、ページビュー数とは、サイトにアクセスされた回数をページ単位に示したものなので、当サイトの場合、まだまだ記事数が少ない状態の中で、Google等検索エンジンで表示されて閲覧されたページのランキングに相当すると思います。

補足2)閲覧時間ランキング、記事内容の注目度としてみてください。

なぜならば、閲覧時間とは、サイトのページに滞在(閲覧)時間を測った結果を示すものであるからで、勿論、ページの文字量が左右しますが、興味のないページだと分かると、最後まで読まない読者が多い傾向にあるので、どちらからといえば、記事内容が期待に応えられた度合を閲覧時間で測った指標としてみるようにしています。

InnovizのLiDAR特許出願動向

Innoviz企業情報を把握する場合は、ここをクリックしサイト内別ページをご覧ください。

ここでは、Innoviz Technologiesの米国特許公報を検索(※)した結果のパテントマップと特許サンプルを紹介します。

□パテントマップ

米国特許出願があり、LiDAR技術関連の特許出願がされている。レーザーを複数配置し、同時に複数の箇所を検出する高精度のLiDAR技術の出願にフォーカスし出願している。

※ グラフの条件

  • 調査日は、2019/09/21
  • 2018年,2019年の出願数などは、今後公開される出願で増える可能性がある
  • 検索式は、出願人/権利者にキーワード=”Innoviz Technologies”で検索したもの。
  • カウント方法は、分割出願を代表のみでカウント

□特許サンプル

  • US10353075 では、同時に異なるエリアを検知する技術の出願である。
  • US20180100928A1 も基本構成は同じで、新たな工夫を入れている。

□出願国

WO出願があり、米国以外は、中国、欧州、韓国にファミリー出願がある。

「LiDAR」特許出願の動向

「LiDAR」センサーについて米国特許公報を検索(※)し、 パテントマップにしました。

  •  調査日は、2019/09/18
  •  検索式は、「発明の名称」に以下のキーワードを入れて検索したもの。
           キーワード=”LiDAR” or  “light detection and ranging” 

特許出願が多い主な企業名(出願人)リスト

 ※ 対象企業の詳細は、リンク先(当サイト内の投稿頁)をご覧ください。

LiDAR

□Technology

LiDAR(ライダー)とは、Light Detection and Ranging、Laser Imaging Detection and Ranging、laser radarの略で、可視光などの波長の光を照射し、反射光から対象の距離や方向などを測定するリモートセンシング技術。

車載のLiDARは、照射光をスキャンして、その反射光を使い三次元マッピングを行い反射する物体の形状や距離を検出するものが主流で、検出結果を用いて周囲の自動車や歩行者、障害物などの情報を得て、距離が接近しすぎた時に自動でブレーキをかけて衝突を防ぐ機能などに使われる。

●技術課題

市場の欲求は、コスト、小型化、計測精度、処理速度が不足するとみられる。

車体の前方用、右方向用、左方向用、など7ユニット程度が自動運転に必要で、LiDARユニットあたり4,000ドル(約48万円)以上なので、一車両に300万円を超えるユニットコストになってしまう。実用化に向け、2桁の低価格化を目指した開発を進めている。

□企業

LiDARを開発する企業は、自動車メーカーの社内開発にあったり、部品メーカーもある。

先行しているのが米国のベロダイン(Velodyne)である。

WaymoがLiDARを外販している。

それ以外のメーカーも、続々と増えてきている。

最近の記事では、東芝、イノヴィズ、オムロン、Apple、Oryx Vision、ボッシュ、九州工業大学、パイオニア、ルミナー、ウェイモ、Uber、Otto、マサチューセッツ工科大学(MIT)、アメリカ国防高等研究計画局(DARPA)、パナソニック、オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社、などの企業名が掲載されていた。それにトヨタ、フォード、ボルボ、ゼネラルモーターズ(GM)、など自働車メーカーの名前もある。

様々な開発が取り組まれていて、その各社の状況・特長について整理して説明する。


1.Luminarは、量産体制の準備を開始したことを明らかにした。トヨタが採用。

2. トヨタのLiDARは、スキャニングヘッドを8つ備えてて視野向上をしている。

3.東芝が独自のハイブリッド回路で短距離対象物を時間をかけて高精度に測定し、長距離の対象物を真夏の太陽下で200mを誤差125%の計測可能で、かつ高速に処理する技術を開発している。

4.イスラエルの INNOVIZ TECH(イノヴィズ)は、自動車部品メーカーであるデルファイとマグナの2社が出資し、自動運転自動車向けの低コストのLiDARセンサーの製造を開始する。ベロダインよりも小型で価格が安く、イメージ認識能力に優れたセンサーだ。200ドルで販売を開始し、「将来的には100ドルまで低価格化する」とイノヴィズCEOのOmer Keilafは述べている。

5.マサチューセッツ工科大学(MIT)とアメリカ国防高等研究計画局(DARPA)は、LIDARのシステムを1個の極小チップ上に搭載することに成功したとされ、最終的には1個あたり1000円程度のコストでLIDARを自動運転カーに搭載することも可能と見込んでいます

6.トポゼンス(TOPOSENS GMBH)

LiDARの「L]はlight を使わず、その代わりに超音波を使い、 5メートル以内の短距離センサーとして、3Dモデルセンサーを開発した。

6.それ以外にも、パナソニック株式会社 オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社による、垂直60度、水平270度の広角スキャンを実現する独自構造のレーザスキャンで、高精度測距を目指す開発、オムロンの3D Lidar、 Appleの機械学習によるLiDARの能力限界を補う方法の開発、Oryx Visionの画期的な技術、ボッシュのLiDAR量産、九州工業大学リアルタイム周辺環境、パイオニアのMEMS ミラーを用いた独自の車載用 3D-LiDAR 開発、Waymo がUberが買収したOtto(OttoMotto・Otto Tracking)を訴える。

LiDARの代替技術

LiDARの安価な代替技術ドイツのスタートアップ企業Toposensの超音波を利用した3Dセンシング技術LiDARを置き換える?コウモリからインスピレ―ション得た超音波式3D検知システム出典;Engadget 

□Patent

「LiDAR」の 米国特許出願の推移は、増加傾向にある。

特許出願が多い主な企業名(出願人)リスト

 ※ 企業の詳細情報が把握したければ、リンク先へ

tuSimple

トラックの自動運転技術を保有し、アメリカの貨物運送会社大手のUPSの出資金を受け、技術開発をより加速させ、ドライバーレス トラック (Driverless trucks) の実用化を目指している企業。

□企業

San Diegoを拠点におく、スタートアップ企業。

ドライバーレスのトラック(Driverless trucks)の自動運転技術を保有する。

□協業

アメリカ合衆国の貨物運送会社のUPS(ユナイテッド・パーセル・サービス United Parcel Service, Inc)が出資金を出して、技術開発をより加速させる。 (引用;Forbs)

□技術

ドライバーレスのトラック(Driverless trucks)の自動運転技術を保有する。

1,000メートル先の障害物を検知する技術がある。

1000m Perception

クルマが最も安全で効率的な運転の決定を行えるようにする技術として、 1000メートル先の物体を検知し、すぐに反応できる技術がある。

高速道路のオンとオフの複雑なシナリオに対応

当社独自のAIは、長距離の高速道路走行と複雑な路上走行を可能にします。つまり、ある拠点から別の拠点への完全に自律的な配送を可能にします。

安全で自動運転-雨または輝き

私たちの知覚システムは、悪天候でもオブジェクトや障害物を識別するように設計されています。



LIDAR技術についてや動向

LiDAR技術についてや動向はこちらへ

LIDARセンサー開発

障害物検知センサ(主にLIDAR) メーカーリスト



□特許

特許出願を行う企業である。

米国や中国に対し、特許出願されていることが分かった。

例えば、US9953236では、画像認識にセマンティック分類処理を加えた技術についての特許がある。

Luminar

□企業

2012年設立した ライダー(Lidar)などの自動車センサーを開発する スタートアップ企業。 カリフォルニア州パロアルトに本社、フロリダ州オーランドに開発拠点を置く。

□提携

次の自動車メーカーとの共同開発を進めている。

  • ボルボ
  • トヨタ
  • AID(Autonomous Intelligent Driving)、 VWグループのアウディの子会社

□技術

LiDAR の 認知技術は、性能が高い。1550ナノメートルの波長を採用し、反射率が5%もの低い「暗い」物体を含め、250メートルまでの物体の検出と分類の両方を可能にします。

1550ナノメートルの 波長 のレーザーは、目に優しい。 業界標準の レーザー は、905nmで照射するもの。レーザーが目に照射された際の不具合を起こさないために、出力を弱めている。しかし、 1550nmのレーザーは、目への負担が少なく、出力を高められる。その結果、黒い物体でも検出ができる。

LiDAR技術についてや動向

LiDAR技術についてや動向はこちらへ

LIDARセンサー開発

障害物検知センサ(主にLIDAR) メーカーリスト

□特許

出願人「 Luminar Technologies , Inc 」でLiDAR SYSTEMに関する特許出願を2017年あたりから多く出願をしている。

そこには、レーザーの波長が1550nm近辺であることが記載されていた。

特許サンプル

  • US9905992B1 (a self-Raman laserSelf-Raman laser for lidar system)

詳細は、別途、まとめて掲載予定。

Ibeo,ZF,AMS連合のLiDARセンサー

□企業

正式名称は、 Ibeo Automotive Systems GmbH 。 ドイツのハンブルグとオランダのアイントホーフェンで合計350人以上の従業員を擁し、 ドイツに拠点を置く、 LiDARセンサー メーカー。

ドイツのZF Friedrichshafenの完全子会社であるZukunft Ventures GmbHは、Ibeo Automotive Systems GmbHの株式を保有しています。

ibeoのLiDARセンサーは、価格1000万円以上するとされるLiDARセンサーを300万円ほどの価格で販売する技術力がある模様。

□提携(共 同開発 )

2021年までに実用化を目指し、amsのVCSEL(面発光型半導体レーザー)アレイなどを活用したソリッドステートLiDAR技術の3社で共同開発を進め、2021年までの実用化を目指すという。

面発光型半導体レーザーは、エッジエミッターやLEDといった光源よりも優れた信頼性と安定性を実現するという。

実用化を目指す技術は、光ビームの方向を切り替える際に機械部品を必要とせず、信頼性を改善しつつ複雑性、寸法、重量、コストを削減できるソリッドステートLiDARです。

 



□技術

LIDAR技術についてや動向

LiDAR技術についてや動向はこちらへ

LIDARセンサー開発

障害物検知センサ(主にLIDAR) メーカーリスト



□特許

ibeoは、特許出願をしている。詳細は、別途、分析をしてお知らせする予定。

Blickfeld(ドイツ)

□企業

Blickfeldは、 ドイツのミュンヘンに拠点がある ベンチャー企業。

自動運転向け車載センサーを開発している

小糸製作所は、Blickfeld 社とヘッドランプ搭載 LiDAR の共同検討を開始

□技術

車載センサー は、独自のシリコンMEMSミラーによる MEMSビーム偏向ユニット のLiDARセンサー。

耐久性を備え、 大量生産に重点を置いて設計されている。

独自のLiDAR(Light Detection and Ranging)技術は、光学的・電子的な工夫によって、すでに150mまで遠方の距離画像を高精度に得られるようにしている。



LIDAR技術についてや動向

LiDAR技術についてや動向はこちらへ

LIDARセンサー開発

障害物検知センサ(主にLIDAR) メーカーリスト



□特許

特許出願のマップからみれば、技術開発は、 2016年あたりから 進められたと推定される。

※ 対象国は全世界でカウント

特許サンプルを紹介する。

MEMSミラー技術に関する出願がこれ。

https://patents.google.com/patent/EP3345017B1/de?assignee=Blickfeld

Wayve(英)

□企業

英国のケンブリッジに本拠地を置くAI企業で自動運転車スタートアップ企業。

自律走行車への新しいアプローチとして、 強化学習を使った技術で取り組んでいる。

□技術

「Our team is passionate about robotics and machine learning technology. 」
出展 WayveのHP(https://wayve.ai/ )とあり、 ロボット工学と機械学習の技術がある。

「自動運転に「LiDARは不要」宣言で注目、英スタートアップWayve」出展 Forbes
とあるように、LiDARメーカーではなく、 カメラ画像を使って学習し障害物などを検出する技術がある模様。

LIDAR技術についてや動向

LiDAR技術についてや動向はこちらへ

障害物検知センサ(主にLIDAR) メーカーリスト

□特許

調べてみた結果、現時点ないように思われた。
英国企業 の「Wayve LTD」が米国特許出願2件を出していたが、どうも違う会社のように思われた。出願が公開されていないだけかもしれない。

Veoneer

企業

スウェーデンのLiDAR製品の開発・生産・販売を行っている。

自動車用安全部品メーカー大手Autolivの傘下にある企業。

Autoliv(オートリブ)は、世界最大手の自動車安全システムサプライヤー。世界27カ国に拠点を有し、従業員数約66,000人を擁するグローバルカンパニーです。エアバッグ・シートベルト・ステアリングホイールなどの開発・生産・販売を行っている。

また、ADASや自律走行システムなど自動車安全システムの世界的リーダーである。

2018年に、エレクトロニクス事業の別会社を新しく創立したのが、「Veoneer」。

ホンダ系列になる Veoneerとは

株式会社日立製作所,本田技研工業株式会社,日立オートモティブシステムズ株式会社,株式会社ケーヒン,株式会社ショーワ,日信工業株式会社が共同で発表した「日立オートモティブシステムズ株式会社、株式会社ケーヒン、株式会社ショーワ及び日信工業株式会社の経営統合に関するお知らせ 」によれば、現在、株式買い付けなどで調整途中ではあるが、最終的には、以下の状態になる見込みで、調整されていく。

  • ケーヒン、ショーワ及び日信工業は、日立オートモティブシステムズに吸収合併される。
  • 日立オートモティブシステムズは、親会社が変わり、株式会社日立製作所ではなくなり、本田技研工業(ホンダ)になる。
  • 結果、本田技研工業(ホンダ)は、 ケーヒン、ショーワ及び日信工業を吸収合併する日立オートモティブシステムズの親会社になる。

この調整が終わった最終状態は、Veoneer の日本の子会社VNBS( ヴィオニア日信ブレーキシステムジャパン )が、日立オートモティブシステムズとの合弁会社となり、本田技研工業(ホンダ)の子会社になる。 

よって、 Veoneer は、ホンダ系列になるといえる。

□製品

セーフティエレクトロニクス・アクティブセーフティ・ADAS・自律走行のためのセンサーやソフトウェア・高度なブレーキ制御ソリューションがある。

□提携

LiDAR製品のトップ企業であるVelodyne Lidarと提携、自動車生産で契約されている。

□技術

LIDAR技術についてや動向

LiDAR技術についてや動向はこちらへ

LIDARセンサー開発

障害物検知センサ(主にLIDAR) メーカーリスト

□ 特許情報でみる技術開発の動き

多数の出願があり、2013年から開始され、2016年から活発になり、現在も増加傾向にある。

  • 補足1)本グラフの見方;横軸;開発時期、縦軸;技術開発アクティビティ(出願数)
  • 補足2)2018年の出願数のグレー色の部分は、推定値。未公開分の出願を推定。
  •  
  • ※ 条件
  •  1)調査日;2019/10/11
  •  2)対象国;米国特許の出願が対象。
  •  3)開発年=出願年とした。ただし、優先権出願は優先日でカウントした。
  •  4)検索方法;出願人・権利者が”Veoneer”の公報
  •  5)出願日の限定;特になし

出願内容の技術には、LiDAR、車両の運転を支援する運転支援装置、など、自動運転車に関わる技術がほとんど。

2020年1月13日更新 アナリスト 松井

Waymo

□企業

現在は、Alphabetの子会社。2009年当初は、Googleが自動運転車業界立ち上げを仕掛けた。その後、分社化しWaymoとなりAlphabetの子会社となっている。

□事業

配車サービス「Waymo One」を提供を開始した。UberやLIFTがすでにサービスをしていて、自動運転に特化し、Waymoが参入した形である。

Waymo one

Jaguarと提携し、I-PACEをベースに自動運転車を開発した。

jaguar I-PACE ベースのWaymo

それ以外にも、大手自動車メーカーと提携して、業界を牽引する立場をとっている。

ホンダや日産などとの提携の記事がある。

自動運転車の自律走行技術、ADASの技術を保有。公道でのテスト走行を繰り返す。

LiDARの外販も行なっている。

□配車サービスの競合

Uberを訴える。その後、和解の記事が出ている。

Uber、自動運転技術めぐる訴訟で和解CNET Japan

Waymoは2017年、配車サービス企業UberがWaymoの自動運転車開発に必要な技術に関する企業秘密を盗んだとして、Uberを提訴した。

□技術

テスト走行そのもの技術がある。世界でNo1の走行距離があり、様々なシーンでの自律走行のノウハウがあると思われる。AI技術は、それを学習していて、頭に良いAI君に育っていると思われる。

□特許

Waymo名の米国出願の件数推移は以下。600件を超える特許出願がある。

自動運転車が話題になる前からの出願があることがわかる。

 

LIVOX TECH

□企業

ブラジルを拠点とするLiDARセンサーメーカー。

3Dセンシングテクノロジーがある。

https://www.livoxtech.com/jp

製品ラインナップ

□技術

LiDARセンサーの精度、範囲、価格、サイズにおいてクラス最高の高性能にすることができる。

□特許

特許・出願は、調査では発見されなかった。

Innoviz Technologies

□企業

イスラエルのLiDARメーカー。

自動運転車用ソリッドステート型 LiDAR(Light Detection and Ranging)技術を開発する Innoviz Technologies が、これまでに発表されていたシリーズ B …

□技術

LIDAR技術についてや動向

LIDARセンサー開発

障害物検知センサ(主にLIDAR) メーカーリスト

□Patent

米国特許出願があり、LiDAR技術関連が多い。

 

  • 調査日は、2019/09/21
  • 検索式は、出願人/権利者に以下のキーワードを入れて検索したもの。
           キーワード=”Innoviz Technologies”
  • カウント方法は、分割出願を代表のみでカウント

US10353075 では、レーザーを複数配置し、同時に複数の箇所を検出する高精度のLiDAR技術を出願している。

US20180100928A1 も基本構成は同じで、新たな工夫を入れている。

開発時期は、2016年くらいからであると、特許の出願日から推測される。

TOPOSENS

□Company

HPへ;トポゼンス(TOPOSENS GMBH)

ドイツ ミュンヘンにある企業で、超音波を使った3Dセンシング技術がある。

LiDARの安価な代替技術ドイツのスタートアップ企業Toposensの超音波を利用した3Dセンシング技術LiDARを置き換える?コウモリからインスピレ―ション得た超音波式3D検知システム(出典;Engadget )

□技術

超音波を使った3Dセンシング技術の内容は、まず超音波なので、周囲の照明による影響がないセンシング技術といえる。カメラによるセンサが雨に弱いことや、暗闇に弱いことと比べると、優れた点がある。

LIDAR技術についてや動向

LiDAR技術についてや動向はこちらへ

障害物検知センサ(主にLIDAR) メーカーリスト

□Patent

保有技術を特許出願ベースで分析すると、

送信機1つに4つの(3つ以上)の受信機で3次元での位置を特定できる技術で、アルゴリズムに特徴がある技術を保有。

送信機と受信機の配置を工夫し、受信機は異なる定められた位置に配置し、各受信機に到達する送信機の信号から、対象物の3D位置決定する計算方法。

送信機の信号は、LiDARが光であるが、トポゼンス(TOPOSENS)の技術では、電波、電磁波、光、などのいずれでもよく、送信方法を限定した技術ではない。

特許サンプル

  • PCT/EP2016/051905、WIPO 出願日: 2016/01/29
  • US201615558931、出願日: 2016/01/29
  • 他。計7カ国に出願がある。

独VW、フォード支援のアルゴに出資も-電気・自動運転で提携協議(ブルームバーグ)

自動運転技術で話題の「argo.ai 」について調べた。

www.argo.ai

 

アメリカの企業で、フォードと提携している。

 

独VW(フォルクスワーゲン)と提携する話もある。

独VW、フォード支援のアルゴに出資も-電気・自動運転提携協議

独VW、フォード支援のアルゴに出資も-電気・自動運転提携協議. Christoph … ン(VW)と米フォード・モーターは近く、電気・自動運転車を巡る提携の枠組みで合意する。 … VWはまた、自社の電気自動車技術をフォードと共有する構えだという。

 

「argo.ai 」は、買収をして、規模を拡大していることが分かった。

FordのArgo AIがLiDARメーカーPrinceton Lightwaveを買収

October, 30, 2017, Pittsburgh–Argoは、LiDARセンサの開発と商用化で広範な経験を持つ企業、Princeton Lightwaveを買収した。

Princeton Lightwaveの技術は、範囲と分解能を拡張するLiDARセンサがある。

 

Argoの技術を補完し拡張する。

 

LiDAR(ライダー)技術動向レポート

最新情報( 2019年の更新版)があります、以下アイコンをクリックしてご覧ください。

以下は、2018年の記事です。

LiDAR(ライダー)とは、Light Detection and Ranging、Laser Imaging Detection and Ranging、laser radarの略で、可視光などの波長の光を照射し、反射光から対象の距離や方向などを測定するリモートセンシング技術。

車載のLiDARは、照射光をスキャンして、三次元マッピングを行い反射する物体の形状や距離を検出するものが主流で、検出結果を用いて周囲の自動車や歩行者、障害物などの情報を得て、距離が接近しすぎた時に自動でブレーキをかけて衝突を防ぐ機能などに使われる。


LiDerのメーカーは、自動車メーカーの社内開発もあれば、部品メーカー各社が開発するユニットもあり、先行しているのが米国のベロダイン(Velodyne)である。それ以外にのメーカーも、続々と開発する記事が増えてきている。

最近の記事では、東芝、イノヴィズ、オムロン、Apple、Oryx Vision、ボッシュ、九州工業大学、パイオニア、ルミナー、ウェイモ、Uber、Otto、マサチューセッツ工科大学(MIT)、アメリカ国防高等研究計画局(DARPA)、パナソニック、オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社、などの企業名が掲載されていた。それにトヨタ、フォード、ボルボ、ゼネラルモーターズ(GM)、など自働車メーカーの名前もある。

市場のウォンツ(欲求)は、現在の試験走行車のものでは、コスト、小型化、計測精度、処理速度が不足する。

車体の前方、右方向、左方向用、など7ユニット程度が必要で、LiDARユニットあたり4,000ドル(約48万円)以上なので、一車両に300万円を超えるユニットコストになってしまう。実用化に向け、2桁の低価格化を目指した開発を進めている。

様々な開発が取り組まれていて、その各社の状況・特長について整理して説明する。


1.Luminarは、量産体制の準備を開始したことを明らかにした。トヨタが採用。


2.東芝が独自のハイブリッド回路で短距離対象物を時間をかけて高精度に測定し、長距離の対象物を真夏の太陽下で200mを誤差125%の計測可能で、かつ高速に処理する技術を開発している。

3.イスラエルのLiDARメーカー「イノヴィズ」 は、自動車部品メーカーであるデルファイとマグナの2社が出資し、自動運転自動車向けの低コストのLiDARセンサーの製造を開始する。ベロダインよりも小型で価格が安く、イメージ認識能力に優れたセンサーだ。200ドルで販売を開始し、「将来的には100ドルまで低価格化する」とイノヴィズCEOのOmer Keilafは述べている。

4.マサチューセッツ工科大学(MIT)とアメリカ国防高等研究計画局(DARPA)は、LIDARのシステムを1個の極小チップ上に搭載することに成功したとされ、最終的には1個あたり1000円程度のコストでLIDARを自動運転カーに搭載することも可能と見込んでいます

5.それ以外にも、パナソニック株式会社 オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社による、垂直60度、水平270度の広角スキャンを実現する独自構造のレーザスキャンで、高精度測距を目指す開発、オムロンの3D Lidar、 Appleの機械学習によるLiDARの能力限界を補う方法の開発、Oryx Visionの画期的な技術、ボッシュのLiDAR量産、九州工業大学リアルタイム周辺環境、パイオニアのMEMS ミラーを用いた独自の車載用 3D-LiDAR 開発、Waymo がUberが買収したOtto(OttoMotto・Otto Tracking)を訴える。

次に、特許情報に公開されている技術開発動向を見てみた。

まず、そもそも、特許出願をするような新しい技術なのか? ですが、上述したように、自律走行するために必要な様々な課題があり、特許出願はありました。

調査は、断片的ではありますが、少なくとも、Velodyne,Luminar,Waymoの米国特許があり、自動運転に活用される特許をいくつか確認しました。

例えば、LiDARユニット内の技術としては、Velodyneの2000年代に出願した権利が基本性が高く、活用される技術だと思いました。

さらに、Waymoの特許には、自働車に複数の解像度の異なるLiDARユニットを構成する技術の特許があり、これも、自律運転に活用される権利だと思いました。

一方、Luminarの特許出願は、LiDARユニットで先行するVelodyneよりも多くの米国特許があり、技術の幅も広く、トヨタが採用した良さがそこにあるのではないかと思いました。

まだまだ、調査は断片的なレベルですので、今後の調査でLiDARユニット内の技術と活用それをした自動車としての技術の両面で、各社の技術開発の動向を探っていこうと思います。

「「世界最高」性能の自動運転車向けライダーを実現、測定距離が2倍に @IT MONOist」など、2018年3月6日     ニュース

ニュース
「世界最高」性能の自動運転車向けライダーを実現、測定距離が2倍に

東芝は2018年3月5日、自動運転システムのセンサーなどに用いられるライダー(LiDAR:Light Detection and Ranging)向けの計測回路技術を開発したと発表した。従来の車載用ライダーと比較して測定可能距離が2倍となる200mを実現しており、その性能は「世界最高」(同社)だという※)。今後は、さらなる測定距離の延伸 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日本郵便、公道で自動運転実験 都心で2キロメートル

日本郵便の担当者は「労働力の減少に新技術で対処したい」と話す。 実験には自動運転技術を手掛けるアイサンテクノロジーとティアフォー(名古屋市)が開発した車両を使用する。車両が自らの位置を特定できるようにするため、実験前に道路周辺の3次元データを取得する。運転時はカメラとセンサーで信号や障害物を認識し …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米・フォードが自動運転車によるピザ宅配に挑戦! 今後は無人タクシーも登場?

clicccar.com(クリッカー)
米・フォードがフロリダ州マイアミで、自動運転車を使ったピザの宅配実験をスタートさせました。 … このように、米国では自動運転技術普及の先に商品の無人デリバリーや、自動運転タクシーサービスなどが待ち受けているとみられ、日本でも早々に自動車会社が率先して新たなビジネスモデルの構築を模索する時代が訪れそう …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「ロボネコヤマト」の実証実験から、自動運転時代の「新しい宅配」のかたちが見えた

一連のサーヴィスを支えるのが、人工知能を利用した車両運行システム。宅配ドライヴァーのノウハウを取り入れながらDeNAが開発したもので、道路の混雑状況や受け取りの需要予測などを考慮しながら配送ルートなどの計画を立てる。「ドライヴァーは計画に沿って運転すればいいだけなので、高齢者や女性の雇用にも …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ベントレーはあえて「自動運転レヴェル」を上げない ライヴァルのアウディ「A8」に先を譲る理由とは

このことを考えると、この新モデルが自動運転技術のレヴェル2を超えられないのは驚きだ。レヴェル2では、車両のステアリングと速度は「1つまたは複数のドライヴァー支援システム」によって制御されるが、そのほかの運転要素は人が制御する。 ベンテイガのアクティヴレーンアシスト機能(ALA)が、人間に代わってステアリング …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
KDDIが自動運転ベンチャー「ティアフォー」に出資する理由

KDDIは3月5日、自動運転ベンチャーのティアフォー(名古屋市)と資本・業務提携を結んだと発表した。出資金額は非公開。ティアフォーは、周辺環境の認識や経路判断を担う自動運転車用のOS「Autoware」を開発したほか、無人運転の実証実験に成功している。KDDIはティアフォーの技術力を生かし、第5世代移動通信 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転支える無償ソフト OS公開、国内外で開発に活用 (1/2ページ)

運転席に人のいないのハンドルが動き、ひとりでに走った。昨年12月、愛知県幸田町で実施された全国初の公道実験。緊急時にブレーキなどを遠隔操作する以外は人が運転に関わらない「完全自動運転」で、政府が定めた自動運転のレベル区分のうち、2番目に高度な「レベル4」に相当した。技術面で中心的な役割を担った …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
コンチネンタル NVIDIA社と提携 自動運転向けAIの世界生産を目指す

また、高精細地図を取り入れ車両が地図上で自位置を特定できるようなれば、地図の更新機能も搭載する計画だ。 コンチネンタルが持つ先進運転支援システムに関する専門知識により、多機能カメラ、魚眼カメラでのサラウンドビュー、短距離、長距離のレーダーセンサー、高解像度3D LiDAR技術の他に運転支援・自動運転 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「本気モード」の自動運転、日産・DeNAとANA・SBドライブがレベル4相当を実証

自動運転技術を搭載した実験車両に一般公募した参加者を乗せ、横浜市の日産グローバル本社から周辺の商業施設を3月18日まで周回する。参加者はスマートフォン(スマホ)アプリを使って乗車する時間と場所を指定できる。検証する自動運転技術はレベル4相当。実験の運転席には担当者が座るものの、原則として …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
中国企業の自動運転車を体験した外国人記者、「不思議なことに私はまだ生きている」―中国メディア

1日、環球網は、中国の通信機器大手、華為技術自動運転車を体験した外国人記者から「不思議なことに私はまだ生きている」との言葉が寄せられたことを伝えた。 … 外国人記者のコメントはこの体験を受けたもので、同氏は「ファーウェイの自動運転分野参入を示すものではなく、同社のCPU『Kirin970』の人工知能(AI)性能 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ダイソンが開発中の「既存車と根本で異なるEV」とは

グーグルやパナソニックも自動運転実験用に電気自動車を作っている。 異業種参入の中でもインパクトが大きそうなのがアップル。正式発表ではないが、電気自動車開発プロジェクト「Project Titan」が14年に始まったことは公然の秘密だ。日本勢では、ソニーが17年10月に独自開発したAI(人工知能)対応の電気自動車の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ボルボがヴェンチャーキャピタルを設立、スタートアップ獲得競争での勝算は?

例えば、自社の製造プロセスを改善するソフトウェアやハードウェア、自動車の購入や維持に役立つイノヴェイション、人工知能、機械学習、データサイエンスの分野、またカーシェアリングの仕組みをシンプルにする可能性をもつ「マイクロトランザクション」といった分野である。 つまるところ、クルマの設計や組み立て、販売、使 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタデンソーアイシンが都内で自動運転開発を加速「従来と異なる発想で」

TRI-ADの出資金額は5000万円で、出資比率はトヨタ自動車が90%、デンソーとアイシンが5%ずつ。代表取締役CEOには、AI(人工知能)などの研究開発を行うトヨタ自動車の米国子会社Toyota Research Institute(TRI)のCTOを務めるジェームス・カフナー(James Kuffner)氏が就任する。カフナー氏は、グーグル(Google) …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
存在感を増すCVC(コーポレート・ベンチャー・キャピタル)。どんな企業がやっているのか

GVは、2009年にGoogle VenturesとしてスタートしたAlphabet、Inc.のベンチャーキャピタル部門である。ライフサイエンス、ヘルスケア、人工知能、ロボット工学、運輸、サイバーセキュリティ、農業の分野において、300社以上に投資している。(参照:Portfolio). Uber(自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリ)も投資先のひとつ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
コンチネンタル NVIDIA社と提携 自動運転向けAIの世界生産を目指す

この提携で、AI 自動運転車を開発から大量生産へと移行させるうえで、鍵となるすべての要素の準備が整いました。当社の最新の DRIVE Xavier プロセッサー、幅広い NVIDIA DRIVE ソフトウェア、そして、テスト、検証、機能上の安全性における「Cloud-to-Car」アプローチと、コンチネンタル の専門知識やグローバルな事業 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
KDDI、5G活用で共同実証実験 自動運転車OS企業と提携

KDDIは5日、センサーなどから集めた情報をもとに自動運転車を制御する基本ソフト(OS)開発のティアフォー(名古屋市)に出資し、資本業務提携したと発表した。出資額は非公表。今後、第5世代(5G)移動通信方式を活用した自動運転の実証実験などを共同で行う方針だ。 両社は昨年12月、愛知県内でティアフォーのOS「 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ホンダ、急変する自動車市場に長期戦略で挑む

独自の高効率なプラグインハイブリッドを開発の中心として取り組み、燃料電池、電気自動車の開発へつなげる。 4.先進安全技術導入への取り組み 事故ゼロ社会の実現に向けて安全運転支援システムの標準装備を順次各地域へ拡大し、自動運転技術の研究開発は外部との提携を活用したオープンイノベーションにより …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「自動運転車 公道で実験…淡路 読売新聞」など、2018年3月5日     ニュース

ニュース
自動運転車 公道で実験…淡路

公道での実証実験は全国各地で行われ、県内では神戸市に次ぐ。今回は市や県、夢舞台に誘致した企業などでつくる委員会が、技術開発を手がける企業や大阪大と連携して実施した。 収集データと、乗車した市民へのアンケート結果を分析し、自動運転車の普及をにらんだまちづくりに反映させる。人口減少や高齢化が進み、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
モータージャーナリストが「CES2018」をレポート!クルマの未来を切り拓く4つのキーワードとは?

世界最大級のコンシュマー・エレクトロニクス・ショー(=CES)の主役はもちろん家電なのだが、ここ数年は、自動運転車やコネクテッド・カーが跋扈し、モーターショーと見 … 自動運転車を制御するソフトを開示して、開発環境を提供するアポロ計画の最新版「2.0」を発表。 … AIと脱着可能なバッテリパックの搭載が注目の技術だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
東芝 200メートル先を検知 自動運転用半導体開発

東芝は自動運転車に搭載する次世代センサー「LiDAR(ライダー)」向けに、200メートル先を正確に検知できる技術を開発した。センサーに組み込む半導体を開発し、従来は100メートルだった検知可能距離を2倍にしたという。開発した回路は低コスト生産ができ、普及が見込まれるライダーでの採用拡大をめざす。 ライダーは …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産「セレナ e-POWER」が背負った重大使命

星野専務が見せた自信の背景には、セレナとe-POWERの確固たる実績がある。セレナは2016年8月に自動運転技術「プロパイロット」を引っ提げて刷新して以降、販売は好調に推移する。今年1月の国内登録販売台数では4位。ミニバン部門ではトヨタ自動車の「ヴォクシー」を抑えてトップにランクインし、日産の看板車種だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
持続可能な社会には何が必要ですか

だからこそ、自動車産業に携わる私たちは「人と技術と未来」について、いつも真剣に向き合っていなければなりません。 … 幸いにも、内燃機関のような過酷な状況でも耐えられるセラミックの技術があります。エンジンの燃焼 … だがそれは今、夢ではなくなりつつあり、自動運転車のように夢の先へ進んでいるものもあります。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
2035年のコネクテッドカー、台数1億1010万台を予測

電気自動車(EV)/プラグインハイブリッド(PHV)型を除く通信モジュールを標準搭載した「エンベデッド型」とミラーリンク対応DAを除くモバイル端末の通信機能を … 今後は、死角解消の役割だけでなく、自動運転関連技術として周囲の状況把握を詳細に行うなどの役割が期待されており、2035年には425億円を予測する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自家用の未来は?一覧へ

自家用によって得られる利便性と事故のリスク。簡単に免許を返納してはどうですかとは言えません。運転者のアシスト機能や自動運転技術が進めば、交通事故そのものがさらに減るばかりでなく、公共交通機関のない地域での移動手段として期待できると思います。そんな夢のような時代はもうすぐそこまで来ている気が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米ウォルマート ブロックチェーン使った物流システムの特許出願

ウォルマートが出願した特許「スマートパッケージ」はブロックチェーン技術を利用し、荷物の中身、環境条件、場所などの詳細情報を追跡するシステムだ。出願書類に記載されている機器は、自動運転車やドローンなどの新技術で用いられることが想定されている。 出願書類によると、ブロックチェーンには「販売者の秘密鍵 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

 

「Waymoの360度ビデオを見ると自動運転車の仕組みがよく分かる、VR体験もあり TechCrunch Japan」など、2018年3月2日     ニュース

ニュース
Waymoの360度ビデオを見ると自動運転車の仕組みがよく分かる、VR体験もあり

360度で撮られているこのビデオは、Waymoのがライダーやレーダー、カメラ、コンピュータービジョンなどを駆使して、自分のまわりの世界を見るだけでなく、近くの物の動きを予測することを見せてくれる。実際に、Waymoの自動運転車に装備された技術は、300ヤード(274メートル)先の物を見分けることができる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
グーグル、自動運転の体験動画 不安心理乗り越える?

【バルセロナ=中西豊紀】米グーグル系の自動運転システム開発会社ウェイモは28日、あたかも自動運転車に乗っているかのような雰囲気を味わえる動画を公表した。自動運転は急速に開発が進む一方、技術の信頼性に不安を抱く人も多いとされる。各社が商用化を競うなか「社会の受け入れ」が自動運転各社の新たな課題に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
幅感覚は正確 群馬大の公道実験に乗ってみた

大学や自動車メーカー、IT企業による研究開発競争が激化している自動運転技術。群馬大は2016年に群馬県桐生市内で自動運転車の公道実証実験を開始し、「次世代モビリティ社会実装研究センター」を拠点に、路線バスや機械式駐車場の駐車での導入などに取り組む。目指すのは、地域限定の完全自動運転商用化。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
幅感覚は正確 群馬大公道実験

大学や自動車メーカー、IT企業による研究開発競争が激化している自動運転技術。群馬大は2016年に桐生市内で自動運転自動車の公道実証実験を開始し、「次世代モビリティ社会実装研究センター」を拠点に、路線バスや機械式駐車場の駐車での導入などに取り組む。目指すのは、地域限定の完全自動運転商用化。研究は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
金沢大とトヨタ紡織が包括連携 の内装、快適性や安全研究

堀副社長は自動運転や電動化など「CASE」といわれる技術革新について言及し、「自動車業界は100年に1度の大変革の時代にさらされている」と強調した。今後上質な移動空間を提供するために金沢大の幅広い知見を活用し、「工学だけでなく心理学的な空間認識も取り入れた研究活動で新製品開発と社内のイノベーション …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ポルシェ、自動車の管理や制御にブロックチェーン技術を活用–実車で試験開始

自動車の管理や制御にブロックチェーン技術を活用(出典:Porsche). 現在の試験では、アプリを使って自動車のドアをロックしたり解錠したりできる。一時的にを他者へ使わせるようなアクセス認証機能も備える。暗号化されたログデータへのアクセス機能を使えば、新たなビジネスモデルも考えられる。さらに、自動運転機能の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転企業に出資

トヨタ自動車グループの愛知製鋼は27日、自動運転技術を手掛けるベンチャー企業の「先進モビリティ」(東京)の第三者割当増資を引き受け、3億円を出資すると発表した。出資比率は非公表だが2割弱とみられる。 両社はこれまで磁気センサーを活用しての走行位置を把握する技術を共同で研究していた。資本提携で関係 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
電気自動車の未来にワクワク感はある? デーブ・スペクターが100%EVの新型「日産リーフ」に出会った

… ガソリンやディーゼルの販売を禁止する国が現れるなど、“クルマ、脱石油”の流れは確実。そこで次世代の主流を担おうとしているのが電気自動車(EV)です。 そして、新たな動力源とともに注目を集める「自動運転技術」も日々進化しています。将来の「完全自動運転」実現に向けた、運転支援技術からも目が離せません。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
コネクテッドカー(乗用車)、2035年に1億台超

富士経済は、自動運転技術との融合が進むコネクテッドカーやサイバーセキュリティに対する取り組み、AI(人工知能)と自動車の関連性、テレマティクスサービスなど、35品目の市場について調査し、将来の市場を予測した。 調査による … 今後はエンベデッド型が大衆クラスにも普及し、市場が急速に拡大するとみられている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
株式投信50日連続の資金流入 株安で、次世代技術にも関心

純流入額は3兆8000億円に達し、11年4~7月の53日間で集めた2兆2300億円を大きく上回った。日経平均株価が1月の高値から一時10%超下げ、その後も戻りが鈍いことから、個人投資家が好機とみて国内株型の投信などを買っているようだ。 人工知能(AI)や自動運転車、ロボットなど次世代技術を手掛ける銘柄に投資 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
トヨタがアマゾン他と提携自動運転車の宅配・宿泊サービスを本格始動!

トヨタ自動車は今年1月、米ラスベガスで開催された国際家電見本市「CES(コンシュマー・エレクトロニクス・ショー)で、移動・物流・物販・宿泊など多目的に使える自動運転の電気自動車(自動運転EV)「イー・パレット・コンセプト」を初公開。ネット通販大手Amazonや、ライドシェア大手のUber(ウーバー)などと提携して、自動 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、自動運転AIで新会社 都内に1000人規模

トヨタ自動車は2日、デンソー、アイシン精機と共同で人工知能(AI)など自動運転技術を開発する新会社を設立すると発表した。技術者を中心に1000人規模で今後数年で3000億円以上を投資する。トヨタは2020年から自動運転車の本格投入を始める計画。国内外の技術者を大量採用してAIの応用技術やソフトウエアなどの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産とDeNAの「イージーライド」に試乗、クルマ×ITは次世代へ

翌年にはフランスのITベンチャー「イージーマイル」(Easymile)と提携し、同社の無人運転小型バス「EZ10」に「ロボットシャトル」という名を与え、国内各地で実証実験を始める。続いて物流大手のヤマト運輸とも手を結び、「ロボネコヤマト」というネーミングで、自動運転社会を見据えた次世代物流サービスの実現を目指すと発表 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「群馬大と三井住友銀行が自動運転車の地域活用で連携 次世代モビリティサービスを開発 ITmedia」など、2018年2月19日     ニュース

ニュース
群馬大と三井住友銀行が自動運転車の地域活用で連携 次世代モビリティサービスを開発

これまで群馬大学では、2016年10月から群馬県桐生市内で自動運転車の公道実証実験を開始したことをきっかけに、同年12月に「次世代モビリティ社会実装研究センター」を設置し、限定地域での完全自動運転商用化を目指すなど、関連分野の企業や自治体などと連携しながら、次世代モビリティシステムの社会実装に向け …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Safety 最新技術から業界を取り巻く状況まで 安全装備、まるごと。

自動運転技術の発展が安全性を高めることに繋がるこれは、トヨタの子会社で人工知能などの研究開発を行う「TRI」が2018年1月に発表した自動運転実験。外周360度の認識が可能で、これまで検知が難しかった暗い色にも対応している。このような自動運転技術の進化がクルマの安全性を高め、ドライバーがより少ない …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【テーマ投資】目前に迫る自動運転社会、自動運転関連銘柄で注目企業はどれか

また、すでにレベル1と言われる運転支援システム搭載が登場している中、今後レベル1の車種の急速な普及に加え、レベル2(部分的自動運転)の普及、レベル3(条件付き自動運転)の登場と普及、そして2030年までにはレベル4(完全自動運転)の登場も予測されています。 自動運転には自動車本体の技術は言うに及ば …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NTT、自動車内の音声操作やコミュニケーションを快適にする集音技術を開発

NTTでは、様々なパートナーとのコラボレーションを通じ、コネクテッドカーや自動運転車など未来の自動車がより豊かな体験を提供できるような技術開発に取り組んでまいります。 なお、本技術について、2018年2月22日〜23日開催の「NTT R&D フォーラム 2018」にて展示いたします。 ※1 EUでは緊急通報システム「eCall」 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
実験が始まった「あらゆる情報とつながるクルマ」の正体

2020年代を視野に入れた重点研究開発テーマは自動運転、電動化、コネクティビティだといわれている。コネクティビティとは、いわゆる“つながるクルマ”だ。外部と高速データ通信できる機能を備え、必要な情報にアクセスしてクルマ単独ではできないことを実現させるという意味である。この分野の技術革新は目覚ましく、欧米 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
フォルクスワーゲン、電気自動車はAppleのデザイン哲学を参考に?

現在、電化の時代へ向けてフォルクスワーゲンの価値を再定義しているところだ」と同社のブランドデザインを統括するクラウス・ビショフ氏はインタビューでコメントしています。 電気自動車では遅れをとっているフォルクスワーゲンですが、2022年までに電気自動車事業、自動運転車技術、デジタルモビリティ事業にグループ全体 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
センシング技術の先端 – 日立オートモティブシステムズ 工藤真氏[インタビュー]

自動運転の本格普及が始まろうとしているいま、長く日本のADAS(運転支援機能)の進化を支えてきた日立オートモティブシステムズ。 … 工藤:両目ですと三角法で距離が簡単に出ますけれども、例えば片目ですと、のサイズがあらかじめ分かっていれば大きさを把握して距離を理解することができますが、のサイズが想定 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AIセミナーの応募倍率は7倍、デンソーがシリコンバレー対抗

自動運転技術開発プロジェクトに必要なAI人材は、常に足りていないのが現状だ」。こう話すのはデンソーの川原伸章先端技術研究所長だ。 自動車メーカーで人工知能(AI)に強い技術者の獲得に乗り出しているのは、トヨタ自動車のような完成メーカーだけではない。同社も「AI人材」の争奪戦に名乗りを上げた1社である。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
統合センサーの開発が続々、多種使い分けは少数寡占へ

自動運転向けに車両の周囲を認識するセンサーの開発が、新たな局面を迎えている。カメラ(CMOSイメージセンサー)、LiDAR(Light Detection and Ranging)、ミリ波レーダー…。多様なセンサーを組み合わせる現行手法に対して、次世代を見据えた技術が、この1年ほどの間に相次いで登場した。主には米国やイスラエルの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
AIセミナーの応募倍率は7倍、デンソーがシリコンバレー対抗

自動運転の技術開発プロジェクトに必要なAI人材は、常に足りていないのが現状だ」。こう話すのはデンソーの川原伸章先端技術研究所長だ。 自動車メーカーで人工知能(AI)に強い技術者の獲得に乗り出しているのは、トヨタ自動車のような完成車メーカーだけではない。同社も「AI人材」の争奪戦に名乗りを上げた1社である。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
【テーマ投資】目前に迫る自動運転社会、自動運転関連銘柄で注目企業はどれか

また、すでにレベル1と言われる運転支援システム搭載が登場している中、今後レベル1の車種の急速な普及に加え、レベル2(部分的自動運転)の普及、レベル3(条件付き自動運転)の登場と普及、そして2030年までには … 同社子会社と、未上場ながら世界的な注目を浴びる自動運転システム開発会社のZMPが提携
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「自動運転の基幹技術、AIが読む「ダイナミックマップ」とは? (1/3) ITmedia」など、2018年2月9日     ニュース

ニュース
自動運転の基幹技術、AIが読む「ダイナミックマップ」とは? (1/3)

人はクルマを運転する際、地図やナビの情報だけではなく、常に自分の目や耳で周囲の状況を把握する。例えば信号の色や工事中の看板、歩行者や他のクルマの動きなど、刻々と変化する情報に対応している。こうした情報が重要なのは自動運転車も同じ。ダイナミックマップは、高精度な3次元地図データに交通規制や道路 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転中の事故、責任の所在は? 運転者の過失は生じるのか 損保会社に聞く

ひとえに「自動運転」といっても、レベル1からレベル5まで5段階があり、現在、日本で市販されているクルマに搭載されているのは、レベル2までの技術です。レベル1は、自動ブレーキやACC(アブダクティブ・クルーズ・コントロール。車間距離を一定に保ちながらクルマが定速で自動走行する)などのいわゆる「運転支援」技術、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車ITセキュリティ研究の第一人者、フィッシュマイスター准教授「ソフトウエア技術を制すものが自動

同准教授は自動車ITセキュリティ研究の第一人者で、コネクテッドカーや自動運転車の安全とセキュリティを確実にするためのデータ主導型、エビデンス・ベースの … フィッシュマイスター准教授によると、その大きなカギとなるのはソフトウエア技術で、ソフトウエア技術を制するものが自動運転を制すると言っても過言ではない …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、自動運転の研究開発を促進…米非営利団体への支援継続

トヨタ自動車の米国の人工知能技術の研究・開発部門、トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)は、ロボティクスや自動運転の研究を行う米国の非営利団体「 … OSRFは、「ROS2」と呼ばれる第2世代のROS(ロボット・オペレーティング・システム)が、自動運転車のソフトウェアや支援システムの開発に広く使用されることを期待 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自律走行の開発レースの勝敗を決める「LiDAR」技術 その古くて新しい歴史と課題

だからこそ、自律走行の開発レースでプレイヤーたちは、運転手のいない完全なロボットカーをつくるのに、このレーザーセンサーを必要不可欠だと考えている(例外として有名なのは、イーロン・マスクだ。彼はカメラで十分だと判断しているらしい)。 同じ理由から、アルファベットの自動運転部門であるウェイモ(Waymo)とライド …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
元Google及川卓也氏、デンソーの技術顧問に 自動運転など推進

デンソーは2月9日、エンジニアの及川卓也氏と技術顧問契約と締結したと発表した。Google日本法人などで活躍した及川氏のスキルと経験を生かして情報通信分野を強化し、電動化・自動運転・コネクテッドカー(つながる)などの事業を推進する狙い。 photo デンソーの公式Webサイト. 及川氏は、OS「Windows」やWeb …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転は史上最大の産業になる」エヌビディアCEOが語る理由

自動運転の対象はのみならず耕運機、ブルドーザー、掘削機などあらゆる動く機械に及びます。実現のためには非常に高速なセンサーとその信号を分析するコンピューターが必要で、完成形はまだ存在しません。だがわれわれのAIやコンピューティングの技術を低消費電力と低コストで達成する能力で、そんなコンピューターを …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
[韓国毎日経済新聞]SKと韓国交通公団、5Gで車間通信

韓国通信大手のSKテレコムと韓国交通安全公団は5日、ソウル郊外・京畿道の試験エリアで、最新の自動運転技術を公開した。道路を走っていた自動運転対応2台がスクールゾーンに進入。2台はこれを認識して自然に速度を落とした。 1人の子供が信号を無視して道路に飛び出す。すぐさま街灯に設置された監視カメラが5 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
歩行者と光のアニメーションでコミュニケーションするクルマ…三菱電機が開発

三菱電機は2月8日、周囲の歩行者や車両に対して光での動きを伝える技術「安心・安全ライティング」の進化について発表した。ドア開けや後退のタイミングに、車外センサーと連動して光で歩行者 … もっと分かりやすく伝えるコミュニケーション技術が求められている。この問題は、自動運転車両においても同じだと考えている」
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルネサス社長「全分野で追い風」17年12月期 純利益42%増

自信の背景には主力の車載半導体の分野で、自動運転技術や高度運転支援システム(ADAS)の普及によって需要の伸びが期待できるためだ。 1月上旬に米ネバダ州ラスベガスで開かれたコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)。完全自動運転車のデモを披露したルネサスブースを世界の自動車大手幹部が次々と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
トヨタ、自動運転の研究開発を促進…米非営利団体への支援継続

トヨタ自動車の米国の人工知能技術の研究・開発部門、トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)は、ロボティクスや自動運転の研究を行う米国の非営利団体「 … トヨタの狙いは、既存の自動車産業の枠を超え、より広範なモビリティ企業へと発展するために、TRIのロボティクスや自動運転の研究をいっそう強化することにある。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタが日本交通子会社に75億円出資、タクシー向け新サービスを共同開発

都内の500台のタクシーに装着した通信型ドライブレコーダー「TransLog(トランスログ)」から走行中の画像や車両データを収集、地図上に反映させて人工知能(AI)で解析した結果をナビゲーションアプリに車線単位での混雑状況として配信する。 トヨタ自動車のモビリティサービスプラットフォームは、DCM(車載通信機)から …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
住友電工とNECがモビリティ事業で協業を開始 – AI・IoT技術を活用

住友電気工業(住友電工)とNECは2月9日、自動車部品の企画・開発をはじめとしたモビリティ事業において2017年12月より協業を開始したと発表した。 今回の協業は、第1弾として自動車をネットワークでつなぐコネクテッド領域から開始し、両社が有するAI(人工知能)・IoT(Internet of Things)技術を活用して車両や車外 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ボルボやロータスを傘下に収める中国浙江吉利控股集団が、ダイムラーの筆頭株主になることを計画中!

スウェーデンの自動車メーカー、ボルボを傘下に持つ中国浙江吉利控股集団(ジーリー・ホールディング・グループ)は、ダイムラーに入り込むことを真剣に検討中だ。ドイツの『Bild am Sonntag』紙は、ジーリーの李書福会長に関する特集記事の中で、中国の自動車大手である同社がクウェート投資庁の保有する6.8%を上回る株 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「100台の自動運転車が接続しても、ネットワークの通信遅延を100m秒以下に――NECが自動運転向け … @IT」など、2018年2月6日     ニュース

ニュース
100台の自動運転車が接続しても、ネットワークの通信遅延を100m秒以下に――NECが自動運転向け …

NECは2018年2月5日、自動運転車向けに、「複数の無線通信端末の間で、帯域や通信時間などの無線リソースを無線基地局から端末の緊急度に応じて調整する」適応ネットワーク制御技術を発表した。多数の無線通信端末が存在する不安定な通信環境でも、自動車にリアルタイムな周辺情報の共有を可能にする。 同技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Continental と NVIDIA、世界規模での AI 自動運転車の生産実現に向け協業

高度運転支援システムにおける Continental の専門知識によって、多機能カメラ、サラウンド ビュー付き魚眼カメラ、短距離および長距離レーダー センサー、高解像度 3D Lidar技術に加え、支援運転・自動運転向け中央制御装置が統合されます。Continental の高度運転支援システムの売上は 2016 年に 12 億ユーロを突破 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ソウルから平昌まで190kmを自動運転、ヒュンダイの次世代燃料電池が成功

このデモンストレーションに使用された自動運転車には、さまざまなカメラとLIDARを搭載。また、自動運転車は大量のデータを処理するため、多くの電力が必要。燃料電池は、燃料電池スタック内の水素と酸素との反応によって電気を生成することができる。ヒュンダイは、自動運転の試験に最適なモデルになる、としている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
はシェア時代へ 自動運転とコネクテッドが後押し

自動運転技術の開発競争は、コネクテッドカー開発とオンデマンド配車ビジネスを巻き込んで、新しいモビリティービジネスの構築を目指すステージに進みつつある。日経BPクリーンテック研究所では、自動運転・コネクテッドカー開発に取り組む世界のイノベーティブな先端企業55社に着目し、その技術開発の動機付けとなる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NEC、周辺情報をリアルタイムに共有できる適応ネットワーク制御技術を開発…自動運転実現に貢献

NECは2月5日、自動運転においてリアルタイムに周辺情報を共有可能とする適応ネットワーク制御技術を開発したと発表した。 昨今、自動車の自動運転に加え、工場・倉庫の搬送や検査・宅配のためのドローンを対象とした自動運行の開発が加速。モバイルネットワークを活用して位置情報やカメラ画像などの周辺情報を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
公道で右折、信号停車 春日井で無人運転実験

県は五日、運転席にドライバーが座らず、人工知能(AI)が走行を制御する自動運転車の実証実験を、春日井市で実施した。県は昨年十二 … 運転席に人が座らず、AIに操作を任せる走行は「レベル4」と呼ばれる最高の自動運転技術。県は二〇一八年度、複数台の自動運転車を公道で同時に走行させる実証実験に乗り出す。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米ウーバー、自動運転技術盗用を否定 グーグル系ウェイモと初公判

O>傘下グーグル系のウェイモが自動運転技術の盗用で米配車大手ウーバー・テクノロジーズ[UBER.UL]を提訴した裁判の審理が5日、始まった。ウーバー側は盗用はなかったと主張した。 自動運転開発会社のウェイモは、同社の元エンジニア、アンソニー・レバンドウスキ氏がウーバーに移る前の2015年12月に、自動運転車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転時代の近未来、移動シーンはどう変わるか…MaaS 市民参加ディスカッション

東京都内の東京大学生産技術研究所で2月5日、「未来社会とMaaS ~これからの移動を実現するサービス~」と題したディスカッションが行われ、SIPメンバーや … さらに、クルマ自動運転も、ただA地点からB地点へ最短距離で行くだけでなく、道路の混雑状況や飛び出しリスク、料金といった条件に最適なルートを選定し、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産、中国全ブランドにプロパイロット…2019年から自動運転レベル2導入へ

プロパイロットは、高速道路の同一車線で使える自動運転技術。まずは2016年8月、日本国内向けの新型『セレナ』に採用された。プロパイロットは、高速道路の単一車線での自動運転技術で、渋滞走行と長時間の巡航走行の2つのシーンで、アクセル、ブレーキ、ステアリングのすべてを自動的に制御し、ドライバーの負担を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NEC、産総研、理研がAI研究で連携、基盤技術開発から実用化までを一貫で加速

また、個別システムのスマート化の進展により求められる「自律型AI間の協調」については、自律制御システム間で、譲る、分担する、融通するといった、AI同士が自律的に協調を行う技術を研究する。この技術により、自動運転車など自律型の機器が出現し、社会システムにこれらが組み込まれる際に、人間が制御するよりもより …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
素材各社・クルマ攻略(上)「餅は餅屋」に 材料売りからの“脱却”へ

素材業界が、自動車分野を中心にバリューチェーンの上流を目指している。三井化学が1月に試作や金型製造など開発支援のアークを買収するなど、各社は材料売りからの脱却をもくろむ。コスト面で優位な中国や中東、米国と同じ土俵で戦っても勝ち目はない。一方、自動車業界も100年に1度の変革期を迎え、産業構造の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
コンチネンタルとNVIDIA、自動運転システムの開発で提携

ContinentalとNVIDIAは米国時間2月5日、自動運転車開発に関する戦略的提携を締結したと発表した。「NVIDIA DRIVE」プラットフォームをベースとした自動運転システムを開発し、2021年に市場投入を目指す。目標は、購入者のニーズに応じてSAEのレベル2〜レベル5に対応し、自律性という面でスケーラブルなコンピュータ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
はシェア時代へ 自動運転とコネクテッドが後押し

自動運転技術の開発競争は、コネクテッドカー開発とオンデマンド配車ビジネスを巻き込んで、新しいモビリティービジネスの構築を目指すステージに進みつつある。 … 社に着目し、その技術開発の動機付けとなるビジョン、製品開発や実証テストなどの活動実績、そして買収や出資、業務提携などの協業関係を調査してまと…
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ウェブ
コンチネンタルとエヌビディアが提携…完全自動運転システムを2021年導入へ

今回の提携により、レベル2の部分的な自動運転から、ステアリングホイールやペダルがないレベル5の完全自動運転まで、AIコンピュータシステムの生産が可能になるという。 コンチネンタルとエヌビディアは、高速道路での車両周辺360度の認識、自動での車線変更や合流など、高度に自動化された運転機能を共同開発して …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「自動運転車も使うLiDARセンサー技術でマヤの巨大都市を発見。グアテマラの森林に6万もの構造物 Engadget 日本版」など、2018年2月5日     ニュース

ニュース
自動運転車も使うLiDARセンサー技術でマヤの巨大都市を発見。グアテマラの森林に6万もの構造物

文化遺産保護のための科学的調査を行うPACUNUM財団はLiDAR技術を利用した調査によって、中米グアテマラの森林地帯に6万ものこれまでに知られていない構造物を発見しました。これはこの地に栄えた古代マヤ文明の都市がわれわれの認識よりかなり大規模で、マヤの人口も従来は500万人ほどとされていた …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
人間と機械の“意思疎通”が不十分な自動運転技術 (1/2)

今後、ロボットカーにもさまざまなセンサー技術を適用することで、透視能力のような機能を搭載できるのではないだろうか。しかし今のところ、人間のドライバーの心まで読み取れるような透視機能はまだ存在しない。 このような、自動運転車の実現に向けたビジョンが不十分であるという現状に対し、恐れることなく立ち向かって …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車の公道実証プロジェクトと事業化–国内外で進む

… Chuxing、Pizza Hut、Mazda、Uber、技術パートナーとしてDidi Chuxing、マツダ、Uber Technologiesと提携し、実験車両による実証事業を進める。 MSPFでは、車両制御インターフェースを開示、他社開発の自動運転制御キットが搭載可能で、モビリティサービスプラットフォーム上でサービス事業者が必要とするAPIを公開 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日立オートモティブシステムズ、一般道にて自動運転の走行実証試験を実施!対向や歩行者の検知 …

… ステアリングのすべてを自動的に制御し、ドライバーをサポートする高速道路同一車線自動運転技術「プロパイロット」が装備されている。また、アクセル、ブレーキ、ハンドル、シフト、パーキングブレーキまで、駐車操作のすべてを自動制御する国産初の本格的自動駐車システム「プロパイロット パーキング」も採用されている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
新型FCVで平昌まで自動運転

【ソウル=鈴木壮太郎】韓国の現代自動車は5日、新型燃料電池(FCV)「NEXO」(ネクソ)を3月、韓国で発売すると発表した。同日はネクソに自動運転技術を搭載した試作でソウル近郊から五輪開催地の平昌まで走行するデモンストレーションを公開。次世代の開発で先行するトヨタ自動車など世界大手に対抗する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
現代自動車、ソウル~平昌間190キロメートル高速道路で自動運転に成功

現代自動車が平昌(ピョンチャン)冬季五輪を控えてソウル~平昌間の高速道路約190キロメートル区間で自動運転に成功した。数百キロメートルの長距離コースで、区間別法規が許容する最高速度(時速100~110キロメートル)を実現し、自動運転技術を披露したのは韓国ではこれが初めてだ。 現代自動車は2日、米国自動車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
無人の自動運転車が公道を走る、ボッシュが走行テスト開始へ 2018年内

このプロジェクトは、どのようなが都市部での完全自動運転を実現できるかという考察を元に、自動運転を可能とするシステムの量産化を整えるのが狙い。背景には、ドライバーがのもとへ行くのではなく、がドライバーのもとへ来る、という考えがあるという。市街地のあらかじめ決められた範囲内では、スマートフォンを使っ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
元グーグル技術者が自動運転ロボットカー『Nuro』を発表…スタートアップ

元グーグル技術者が自動運転ロボットカー『Nuro』を発表… … 米国に本拠を置くスタートアップ企業、Nuroは、無人で自動運転を行うロボットカー、『Nuro』を発表した。 Nuroは、 … Nuroの完全自動運転車は、商品輸送のコスト構造を変え、さまざまな日用品やサービスのための強力なプラットフォームを作り出す、としている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日立オートモティブ、デリーモーターショー2018で電動化や自動運転など紹介予定

くわえて、インドでは電動化車両自動運転車両の普及に向けた動きも活発化。2030年までに内燃機関搭載の国内販売を禁じ、電気自動車のみに制限するとの方針を政府が明らかにしている。また、交通事故での死亡者数が世界最多となるインドでは、安全運転支援をはじめとする技術へのニーズが高まっている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
デンソー社長「変なEVを乱立させたくない」

単独でを造れるほどの広範な技術を有するが、走行性能からサービス競争に移る次世代カーでは、これまでの積み上げがリセットされた非連続な世界での戦いに … これまでは完成メーカーとすり合わせをして作り込むことで成長してきた歴史がある。 … 電動化や自動運転の時代は全体をどう電子制御するかが重要だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
デンソー社長「変なEVを乱立させたくない」

デンソーは自動車部品メーカー国内首位、世界でもトップ3に入る。単独で車を造れるほどの広範な技術を有するが、走行性能からサービス競争に移る … 一方、最近はソフトウエア系が注目され、人工知能や自動運転などでほかに強いプレーヤーが出ている。ソフトでできないものがあれば、自前だけでなく外の力も借りていく。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
三菱自動車工業の17年4~12月期、最終損益700億円の黒字

三菱自動車工業が5日に発表した2017年4~12月期の連結決算は、最終損益が700億円の黒字(前年同期は2133億円の赤字)に転換した。売上高は前年同期比13.1%増 … 企業がネット上に開示した決算発表資料から業績データやポイントを人工知能(AI)技術を使って自動で文章を作成しました。詳しくはこちらをご覧ください.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動運転車の公道実証プロジェクトと事業化–国内外で進む

… Technologiesと提携し、実験車両による実証事業を進める。 MSPFでは、車両制御インターフェースを開示、他社開発の自動運転制御キットが搭載可能で、モビリティサービスプラットフォーム上でサービス事業者が必要とするAPIを公開する。サービス事業者や開発会社とオープンに提携することで、新たなモビリティサービス …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
無人の自動運転車が公道を走る、ボッシュが走行テスト開始へ 2018年内

このプロジェクトは、どのようなが都市部での完全自動運転を実現できるかという考察を元に、自動運転を可能とするシステムの量産化を整えるのが狙い。背景には、ドライバーがのもとへ行くのではなく、がドライバーのもとへ来る、という考えがあるという。市街地のあらかじめ決められた範囲内では、スマートフォンを使っ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
広汽集団、自動運転車研究企業と提携

中国自動車大手の広州汽車集団(広汽集団)は2日、自動運転車の研究を進める広州小馬智行科技(小馬智行)と戦略提携枠組み協定を交わしたと発表した。 小馬智行はロボットやドローン(小型無人機)の技術開発を手掛けているほか、レベル4(高度自動運転)、レベル5(完全自動… 関連国・地域: 中国-広東. 関連業種: …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「テスラの「半自動運転」は、なぜ消防車への追突事故を起こしたのか 見えてきた自動運転技術の課題と … WIRED.jp」など、2018年1月26日     ニュース

ニュース
テスラの「半自動運転」は、なぜ消防への追突事故を起こしたのか 見えてきた自動運転技術の課題と …

ドライヴァーは当時、クルマが「オートパイロット」モードになっていたと消防隊に伝えたという。限られた状況下で自動運転を可能にする半自動運転のシステムは一般的なものになりつつあるが、この事故はそうしたシステムの弱点を浮き彫りにした。 驚くべきことに死傷者がいなかったこの事故からは、技術的な疑問も浮かび …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日本自動車研究所、自動運転車の公道での実証実験前に安全性を確認する「事前テストサービス」説明会

説明会の冒頭、挨拶を行なった日本自動車研究所 研究所長の永井正夫氏は、「私どもJARIは自動運転車の開発が急速に進むなかで、公道の実証実験の安全確保を非常に重視しています。そこで自動運転車の公道実験に向けた事前テストサービスを2月より開始することと致しました。JARIは自動車技術に関する中立公正な …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米アップル、加州で自動運転試験車両を27台に増強-ライバルを追撃へ

クック最高経営責任者(CEO)は昨年6月、自動運転技術を開発するチームの存在を初めて認めた。「プロジェクト・タイタン」と称するこの取り組みは、自前で車両全体を製造する野心的な計画だったが、人員やコストの増大で2016年に規模が縮小された。アップルはDMVへの最新の登録についてコメントを控えた。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ダイナミックマップ向けのデータ収集と配信を実験、富士通とKDDI、ゼンリン

KDDI、ゼンリンおよび富士通の3社は、完全自動運転時代の「ダイナミックマップ」生成に必須技術となる大容量データの情報収集と、自動運転車へのマップ配信技術の実証実験を2018年1月から開始すると発表した。 今回の実証実験で、KDDIは一定間隔で生成される車載カメラやセンサーのデータを確実で効率的に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「MaaS」のサービスに深入りしないパナソニック、コックピットをそろえて対応

レベル3の自動運転車向けのコックピット(左)。カメラやセンサーを活用したドライバーモニタリングシステムが追加される(右)(クリックして拡大). こうしたコックピットシステムを実際の車両に展開するための技術もそろえる。車載情報機器のOSとしてAndroidや車載Linuxである「Automotive Grade Linux(AGL)」の対応を進め …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
富山で次世代・ロボフォーラム 企業の技術開発促す

基調講演では本田技術研究所の松本宜之社長が技術革新の重要さを訴え、外部企業との連携を進める姿勢を示した。同氏は「技術を持つ富山県の企業の協力を得られれば」と参加理由を語る。講演では同社の手掛ける自動運転車や感情を表現するロボットも紹介した。 開会に先立ち、石井隆一知事は「富山県は世界的に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ミライの街を支えるのは自動運転バス? 国交省に聞く「自動運転への期待」

日本政府は自家用、物流サービス、移動サービスそれぞれについて2025年までのシナリオを策定し、2020年までに高速道路での自動運転および限定地域での無人自動運転移動サービスの … しかし将来のコンパクト+ネットワークな街作りに向け、中村室長は「自動運転技術が役に立つ可能性があります」と期待している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
偶然の力で新事業に挑むパイオニア

一般に販売することを目指す自動運転車に搭載するには小型化とコスト削減が必要だった。 そんなLIDARを小型化して量産するために必要な技術が、偶然にもパイオニアの社内にあった。 基本となるレーザーの技術は、CDやDVDといった光ディスクを扱う上で欠かせない。LIDARを小型化する機構は、家電の開発で培った …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AutotalksとST、世界初のマス・マーケット向け第2世代V2XソリューションをCES 2018で展示

Autotalksが2019年までに普及を予定している先進的な技術は、特に、悪天候、不十分な照明などの見通しの悪い状況において、他のセンサからの情報を補完することができます。この技術は、自動車、自動運転車、自転車、そして歩行者を効率的に連携させることで、あらゆる道路の安全性を大きく向上させます。このチップ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車連合がベンチャーキャピタルファンド設立、5年間で最大10億ドル投資

同ファンドは初年度、の電動化、自動運転システム、コネクティビティ、人工知能などの新たなモビリティに焦点を当てている新興企業や、技術起業家が参加するオープンイノベーションのパートナーシップに向け、最大2億ドル(約221億円)を投資する予定だ。その後も毎年投資を行い、3社アライアンスが2017年9月に発表した …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動車連合がベンチャーキャピタルファンド設立、5年間で最大10億ドル投資

ルノー、日産自動車、三菱自動車自動車アライアンスは2018年1月9日、オープンイノベーションを支援する企業ベンチャーキャピタルファンド「Alliance Ventures」を設立し、今後5年間で最大10億ドル(約1100億円)を投資すると発表した。 同ファンドは初年度、車の電動化、自動運転システム、コネクティビティ、人工知能など …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「Waymo、アトランタでも自動運転車のテスト走行を開始へ CNET Japan」など、2018年1月23日     ニュース

ニュース
Waymo、アトランタでも自動運転車のテスト走行を開始へ

また、最近になってミシガン州で冬季のテストを開始したほか、サンフランシスコでもテストを再開している。 「世界で初めて完全自動運転車両を公道で走行させた当社は、その技術をさまざまな都市や環境に展開することに注力している。アトランタ都市圏で当社のテストを実施し、この人命を救う技術を、さらに多くの場所で多く …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
VWとヒュンダイが、創業1年の自動運転スタートアップと組んだ理由 狙いは幹部3人の「輝かしい実績」

ドリュー・バグネルは、Uberで自動運転技術開発チームを率いてきた(バグネルとアームソンは「DARPAグランド・チャレンジ」で、同じカーネギーメロン大学チームのメンバーだった)。 Auroraの若さは、この経営幹部3人の実力によって補われているようである。自律走行がいよいよ実現に近づいたいま、業界はさまざまな問題 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転隊列トラックの実証実験 静岡・新東名高速で

日野自動車などトラックメーカー4社と豊田通商は23日、自動運転技術を活用し、トラック3台が隊列走行する実証実験を静岡県内の新東名高速道路で始めた。運転手が乗るトラックに続いて無人運転が走る技術の確立を目指す。物流業界の人手不足の解消や労働時間の短縮につなげる。 浜松サービスエリア―遠州森町 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車向けの4次元レーダーシステム、マグナが発表…デトロイトモーターショー2018

マグナインターナショナル(以下、マグナ)は、米国で開催中のデトロイトモーターショー2018において、自動運転車向けの4次元レーダーシステムを発表した。 マグナは、カナダに本拠を置く大手自動車部品メーカー。29か国 … が、自動運転車向けの4次元レーダーシステム「ICON RADAR」。これは、米軍の技術を導入したもの。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
パイオニア 路線バスの自動運転技術開発に向け実証実験を開始

複数のバス会社を保有し路線バスの運行ノウハウを持つ、みちのりグループとカーナビゲーションで培った自位置推定技術や、自動運転に必要とされる走行空間センサー「3D-LiDAR」、自動運転用地図などの開発を進めるパイオニアは、それぞれの知見を持ち寄り、将来の自動運転社会の実現に向けて研究・開発を進めて …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NSW、自動運転・ADAS開発向けスターターキットを提供開始

また、このスターターキットの提供にあたり、NVIDIA製品の販売代理店であるマクニカ、「VEK-AI 2」の製造元であるエンルートラボとの協業により、自動運転車・コネクティッド・カーの普及を目指す顧客のプロジェクトサイクルをサポートする。 なお、NSWでは、本スターターキットを自動車メーカーや自動車部品サプライヤー、建 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
燃料電池の自動運転車向け、GMがプラットフォームを公開…デトロイトモーターショー2018

GMは、米国で開催中のデトロイトモーターショー2018において、水素燃料電池技術による自動運転車両向けプラットフォームを展示した。2017年10月の合衆国陸軍協会ミーティングで初公開されている。 この新開発プラットフォームは、「SURUS」(サイレント・ユーティリティ・ローバー・ユニバーサル・スーパーストラクチャー)と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
無人コンビニ、米シアトルに開店

アマゾンは「画像認識やセンサー、AIの技術自動運転車に使われているのと同じ」と技術力の高さをアピールする。当初は昨年初めにもオープンする予定だったが、正確性を高めるのに時間を要した模様だ。こうした技術が普及すれば、小売店の形態や雇用情勢まで変化させる可能性もあるが、米メディアによると、アマゾンは …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
レクサスの次世代SUV、自動運転「ショーファーモード」搭載…デトロイトモーターショー2018

レクサスは、米国で開催中のデトロイトモーターショー2018において、最上級クロスオーバーのコンセプトカー、『LF-1リミットレス』に自動運転技術を搭載すると発表した。 LF-1リミットレスは、レクサスが次世代のクロスオーバーを提案したコンセプト