「渋滞や工事情報も組み込んだ自動運転向け「ダイナミックマップ」–KDDIら3社が実証実験 CNET Japan」など、2017年12月26日     ニュース

ニュース
渋滞や工事情報も組み込んだ自動運転向け「ダイナミックマップ」–KDDIら3社が実証実験

KDDI、ゼンリン、富士通は12月26日、完全自動運転時代の「ダイナミックマップ」生成に必須技術となる大容量データの情報収集と、自動運転車へのマップ配信技術の実証実験を、2018年1月に開始すると発表した。 ダイナミックマップは、自動運転や運転支援システムに必要となる高精度の3次元情報を持つデジタル地図 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
バイドゥ、自動運転技術を盗んだと元幹部を提訴

しかし、自動運転車をどこよりも先に路上で走行させようという競争は熾烈で、中国だけを見ても、バイドゥは滴滴出行(ディディチューシン)などのライバル企業と競争を繰り広げている。(Uberを中国から締め出したことで知られる)ディディチューシンは、「AIに基づくセキュリティとインテリジェントな運転技術」を開発するための研究 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
三菱電機の考える自動運転 準天頂衛星によるセンチメートル級の自位置測定が可能に

三菱電機の予防安全(自動運転)コンセプトは「大切にしたいのは、どんな時でも人を想うこと」。自動運転の機能を実現するだけでなく、クルマとドライバーとの関係性を大事にしたいという思いが見える。これを支える技術コンセプトとして「ドライバーと常に寄り添う」「乗る人すべてに心地よく」「宇宙(そら)からクルマを見守る」の3 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アップルが自動運転技術の「チラ見せ」に追い込まれた理由

アップルの研究者が自動運転自動車用に開発中の機械学習テクノロジーの内容を珍しく少しだけ明らかにした。 12月第2 … 講演内容はアップルが11月にオンラインで公開した論文に関するもので、3次元座標における点群(ポイント・クラウド)情報から歩行者や車両を認識するためにシステムを訓練するというものだ。 ほかに …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマでIntelやQualcommには負けない、ルネサスCEO

まず、我々が車載半導体事業でターゲットにしているのは、メインストリームの量産数が大きいクルマ(以下、量産)ということだ。量産がレベル4とかレベル5と言われている完全自動運転車になるのはかなり先のことで、2030年でもそうはなっていないだろう。1000万円、2000万円もする高級に向けて、自動運転の機能を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転技術搭載!日産エクストレイルが当たる「ザテレビジョン」のお年玉企画

また、日産を象徴する「Vモーション」を拡大採用。ヘッドライトまわり … 装備面では、リアバンパー下に足先を入れて引くだけでバックドアを自動開閉できる、欧州などでも人気の装備「ハンズフリー機能付きリモコンオートバックドア」を採用。 … 先進技術を搭載したエクストレイルをゲットして、2018年を革新的な1年にしよう!
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
燃料電池、2030年には市場が170倍に拡大

ホンダ社長の八郷隆弘氏は「2030年をメドに、車両の販売台数の2/3をHEVやプラグインハイブリッド(PHEV)、電気自動車(EV)、FCVといった電動に置き換えていく」と語っている。その基となるのが、クラリティフューエルセルのPFだ。共通のPFを活用することで、電動の低コスト化や車種展開の加速を狙う(関連記事: …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
大型貨物船の自動運航開発プロジェクト

自動運転技術開発が進んでいるが、実は船でも自動運航を目指す動きが出ている。将来、大型の貨物船を自動で運航させるため、新しい技術を開発するプロジェクトの様子が公開された。 26日に公開されたのは、日本郵船が船舶用の機器メーカーなどと共同で進めている研究プロジェクトで、船の運航の自動化を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アルプス電気「CES 2018」にて自動運転向け入力技術等を紹介

① 車載用静電入力デバイス 未来の自動運転車に向けてアルプス電気が提案するのは、静電方式による入力デバイス。 ジェスチャー/タッチによる運転席周辺の入力操作が可能です。高感度の静電センサと独自アルゴリズム・ASIC設計により、メニュー選択などをタッチパネルに直接触れずに、かつ精度良く入力できるため、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
軽二輪中古販売、2.4%減の1万0254台で3か月ぶりのマイナス 11月

全国軽自動車協会連合会は12月25日、11月の軽二輪車(126~250cc)中古販売台数を発表。前年同月比2.4%減の1万0254台で3か月ぶりの … 減の1825台、スズキは同7.5%減の1595台。輸入などその他は同10.1%減の411台だった。 …. 自動運転実現の一端を担うデンソーテンとは!? センシング技術や情報分析 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動車・輸送機 ニュース

日本電産は2020年までに同社初となる自動車テストコースを国内に新設し、車載部品の開発を加速する。車載事業は20年度に売上高1 … (2017/12/26 05:00). ヴァイナス(大阪市北区、藤川泰彦社長、06・6440・8111)は、人工知能(AI)を活用して車や航空機などに使う流体解析シミュレーションの時間を半減以下にする.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
人工知能の今後の重要キーワードは「相互作用」「理解」「交感」…韓国マーケティング企業が報告

韓国・ヒュンダイ自動車系列のマーケティング企業「INNOCEAN Worldwide(以下、INNOCEAN)」が、「人工知能から感性知能に」というレポートを発表した。分析を担当したのはINNOCEANのビッグデータ分析担当組織「デジタルコマンドセンター」。分析対象は、韓国内のポータルサイト、ブログ、カフェ、SNSコミュニティ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【2017年 産業界10大ニュース】変化の速い「時代」、順応する力重要に

日刊工業新聞社は2017年の10大ニュースを選定した。株価がバブル崩壊後最高値になるなど景気回復基調が鮮明になったことが1位となった。それ以外では人工知能(AI)の普及、電気自動車(EV)へのシフト、働き方改革など社会変革を表すニュースが多かった。一方、素材産業でのデータ改ざんや自動車業界での無資格 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「2018年の日経平均は2万7000円に達する可能性も」大和証券 野間口毅氏

11月上旬から12月下旬の日経平均は2万2000円〜2万3000円のレンジでもみ合う展開が続いた。その直接的な要因は海外投資家の動きが鈍ったことだ。東京証券取引所及び大阪取引所が発表する投資部門別株式売買動向(週間ベース)によると、海外投資家は現物と先物の合計で9月第2週から11月第1週まで日本株を8 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
バイドゥ、自動運転技術を盗んだと元幹部を提訴

バイドゥは、Microsoftをはじめとする50社以上の企業と提携して、2020年までに自動運転車を路上で走行させることを目的とした「Apollo」というプロジェクトに取り組んでいる。同社の最高経営責任者(CEO)を務めるRobin Li氏は、北京の路上で自動運転車を試験したことで罰せられたことを人工知能(AI)に関する自社の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「世界のトヨタが「下請け企業」に?『自動車会社が消える日』【書評】 ZUU online」など、2017年12月24日     ニュース

ニュース
世界のトヨタが「下請け企業」に?『自動車会社が消える日』【書評】

自動運転の分野において、日本では「人間が主、機械が従」という固定概念が根強い。 自動運転技術の到達水準によってレベル分けがされているが、日本では「加減速やハンドル・ブレーキ操作を自動化」するレベル2までが、自動運転の限界とされてきた。 なぜなら、レベル3は「一定の条件下であればクルマが自動に運転 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
スキャンダルから技術革新まで。2017年ハイテク業界の10のびっくりニュース

スキャンダルから技術革新まで。2017年ハイテク業界の10のびっくりニュース. はてなブックマーク. 12月24日( … 自動運転車が現実に登場した年だった。2017年以前にもさまざまな関連技術が公開されてきたが、今年はアメリカの主要都市を無人の自動車が本当に走った年だった。むろん脚光を浴びたのはテスラだったが、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
技術は進化し人間は退化する・・・そして未来は?

先端技術の進歩は私たちの生活を便利にした。勝手に掃除機が部屋を掃除し、ついには自動洗濯物畳み機なるものまで出現した。近い将来には完全な自動運転車も登場しそうな勢いだ。人類はあらゆるものを自動化させ、何でもボタン1つでできるような世界を作ったが、人間自体のスキルは上がっているのかというとそうでは …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
世界のトヨタが「下請け企業」に?『自動車会社が消える日』【書評】

クルマに搭載された人工知能に、運転を任せる。そんな自動運転で、事故が起きたらどうする?一般的な日本人だったら、誰もが当たり前のように考える。 しかし、海外の技術者たちは違う。むしろ、人間の方がミスをする可能性が高いのだから、レベル2の方が危険でレベル3はおろか完全自動運転となるレベル4まで一気に技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「現代自、対話型音声認識 米社と開発 19年新車にAIスピーカー 日本経済新聞」など、2017年12月22日     ニュース

ニュース
現代自、対話型音声認識 米社と開発 19年新車にAIスピーカー

【ソウル=山田健一】韓国・現代自動車は21日、人工知能(AI)を使った対話型の音声認識機能を2019年から新車に搭載すると発表した。三菱自動車もクルマのエアコンなどを操作する技術を18年から導入する。トヨタ自動車を含む自動車各社はネットに常時接続する「つながるクルマ(コネクテッドカー)」の商用化を急いで …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ウェイモ、自動運転車に保険を適用 来年にはサービス開始へ

自動運転技術の商業化を目指すウェイモにとって、今回のTrovとの提携は最新のニュースだ。11月には、米国最大の自動車ディーラー「AutoNation」と車両の保守サービスで提携し、レンタカー大手の「エイビス(Avis)」とも、フェニックス地域における車両の保守・管理でパートナーシップを締結した。また、複数の団体と共同で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
パナソニック、創業100年で“脱家電” 自動車関連に社運 トヨタ、テスラと提携強化

来年3月に創業100周年を迎えるパナソニックは「脱家電」にかじを切り、市場拡大が見込まれる電気自動車(EV)向けなどの車載用電池や自動運転といった自動車関連事業に社運をかけている。2021年度までに関連売上高を現在の約2倍の2兆5000億円に引き上げる方針。中でも世界シェア首位の車載用電池でさらなる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ウェイモ、自動運転車に保険を適用 来年にはサービス開始へ

ウェイモは、グーグルが長年に渡って研究開発を進めてきた自動運転技術を商業化する目的で2016年に設立された。同社は、フェニックスでクライスラーのミニバン「パシフィカ」にセンサーやソフトを搭載して実験を繰り返してきたが、商用の配車サービスを開始することを11月に発表していた。配備される車両の台数や対象と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転の「目」を作るエンジニア社長

今日、ベロダインは高度なライダー機器のトップサプライヤーだ。同社のセンサーは自動運転車の製造や試験を行うほとんどすべての自動車メーカーとIT企業に販売されている。大口の顧客にはGM、フォード、ウーバー、中国の百度(バイドゥ)などが名を連ねる。キャタピラーも巨大な無人の鉱山用トラックにベロダインの技術を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
フィンランドの研究車両「Martti」が雪道での完全自動運転に成功!

フィンランド技術研究センター(VTT)は、雪道で完全自動運転を走らせることに成功した。 最高速度は時速40キロ。 … 運転技術の向上の一環。VTTは今後、レーダーの解像度を高めたりセンサー能力をモニターするソフトウェアの高度化を図ったりしながら、さまざまな環境下で自動運転走行する技術の確立を目指すという。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
オン・セミコンダクター、完全自動運転とコネクトカー向け新技術をCES 2018で公開予定…

これは、の正面、周囲、背面の画像、ドライバー監視など、さまざまな先進運転支援システム (ADAS)アプリケーションに必要な最新のイメージセンサー。同社のイメージセンサーは、解像度、明瞭度、低照度や照度が混在した状態、レベル3以上の自動運転に必要な堅牢性に関して、現在や将来の性能要件を満たしている …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
埼工大が深谷市の公道で自動運転実証実験を開始!私大では唯一のSIP参加

埼工大では、チームを発足し自動運転研究をはじめて3年目になる。まさに「自動運転自動車」は最先端の技術であり、今もっとも注目されている研究の一つ。AIをはじめ、幅広い分野でプロジェクトに関わることができるため興味のある学生も多い。現状では情報処理系の4年生が7人、3年生が5人、博士課程が1人 博士研究員( …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転バスが都心部を初走行

同バスは定員15人で、ハンドル、運転席はなく、あらかじめ設定されたルートを自律走行する。GPS(全地球測位システム)での地図上の位置を、レーザースキャナーで周囲の障害物などを検知する。今回は、高層ビルに囲まれた場所のため、GPSは使用していない。ソフトバンクは、自動運転技術の事業化に向け、様々な …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ダイハツ「DNGAの開発で先進技術の導入加速」東京モーターショー2017

冒頭、奥平総一郎社長は「創業以来、小さなクルマづくりにこだわってきた。今後も軽自動車を核としたダイハツならではのクルマづくりをDNGAで実現していきたい。DNGAの開発にはEVや自動運転などの先進技術も含まれる。例えばダイハツが軽自動やで初めて実現した衝突回避システムであるスマートアシストのように、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
新型「リーフ」はEVではない!?

リーフ」は、自動運転レベル2にあたる高速道路場での同一車線自動運転技術「プロパイロット」に加え、ボタンを押すだけで、ハンドルやシフト操作をすることなく駐車できる「プロパイロット … 「EVは手の届かない未来のクルマではなくて、もう、現実として、みなさんの手の届くクルマなんだということを、表現したんですね。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
パイオニア、世界最大のコンシューマー・エレクトロニクス見本市「CES 2018」に出展

室空間における『総合インフォテインメント』のリーディングカンパニーを目指すPioneer Electronics (USA) Inc.のブースでは、自動運転社会に向けて開発を進めているさまざまな先進技術や、クルマのコネクテッド化を実現する最新のカーエレクトロニクス製品が展示される予定。 【主な出展内容】 1) コンセプト・コックピット( …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ロボットが荷物を配達、実用化向け実証実験

日本郵便は21日、ロボットで荷物を配達する実証実験を福島県南相馬市原町区桜井町の市スポーツセンターで行った。 配送ロボットは、自動運転技術を研究する「ZMP」(東京都文京区)が開発。荷物を入れる箱が両側に計6か所あり、最大で重さ100キロまで運ぶことができる。障害物を感知するレーザーセンサーやカメラ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「「レベル8」の自動運転車はトランスフォーム…2060年のモビリティ レスポンス」など、2017年12月19日     ニュース

ニュース
「レベル8」の自動運転車はトランスフォーム…2060年のモビリティ

コンペの参加者は、2060年のロサンゼルス市がレベル5以上の完全自動運転車を導入したと想定し、車両やインフラストラクチャーが、どのように変化すべきかを提案する。 2017デザイン&デベロッパー … 現在、米国のSAE(自動車技術者協会)が定めている自動運転のレベルは、0~5まで。最高のレベル5が完全自動運転車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「ホンダの自動運転はパーソナルカー」安井裕司氏…GTC 2017

半導体メーカーのNVIDIAが12月12~13日に開催した技術イベント「GTC Japan 2017」において、ホンダの自動運転AI開発をリードする本田技術研究所 四 … 走行する公共交通としての自動運転車と、パーソナルカーとして、オーナーが行きたいところに、高精度地図データがない場所であっても移動するために使う自動運転車
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
韓国政府「2020年までに自動運転車の高速道路運行を可能に」規制見直す

政府はまた、2020年まで高速道路で自動運転車が運行できるよう関連規制を改正すると共に、自動運転車に搭載される9大主要部品と技術の開発に向けて、2021年まで1445億ウォン(約145億円)を投資する。2022年まで電気自動車を35万台に増やす計画も立てた。 産業部は政策推進の背景と関連し、「産業競争力が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転開発で重要なのはチップスペックではない」NVIDIAグプタ氏…GTC 2017

半導体メーカーのNVIDIAが12月12~13日に開催した技術イベント「GTC Japan 2017」において、NVIDIA Global Head – Solutions Architecture & Engineering, … 自動運転車は産業グレードのディープラーニングの活用例となる。それを … 自動運転車にディープラーニングを利用する際に考慮すべき点は、第一に安全性。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AI半導体「エヌビディア」は何がスゴいのか

エヌビディアのAIコンピューターを搭載した、自動運転車のプロトタイプ。 … 12月中旬、4000人を超える技術者たちが東京・お台場のホテルに詰めかけた。 … トヨタ以外にも、エヌビディアは米EVメーカーのテスラ、独高級大手のアウディとも次々に協業を進め、ハンドルがいらない「レベル5」の完全自動運転に対応するAI搭載 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
素材大手、次世代に投資

素材大手が次世代自動車向け材料の増産に乗り出す。つながる「コネクテッドカー」に不可欠なガラス材料について、積水化学工業は200億円を投じオランダ工場に生産ラインを増設し、クラレも韓国で18年から増産する。日本の素材大手は「CASE」と呼ばれる次世代カーの先端分野に積極投資し、基幹技術を握るとともに …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産 エクストレイル、プロパイロット標準装備の特別仕様を発売

特別仕様は上級グレード「20X」および「20Xハイブリッド」(ともに2列シート)をベースに、自動運転技術「プロパイロット」や、「インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)」、「RCTA(後退時車両検知警報)」、「ハイビームアシスト」、「インテリジェント アラウンドビューモニター」、「インテリジェント ルームミラー」などの運転 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
BMW、GMなどスタートアップや技術者採用・投資に熱心な5社の「AutoTech投資戦略」

自動運転技術」や「先進運転支援システム(ADAS)」に代表されるAutoTechとは、自動車運転の安全性や走行性の向上を目指す先端技術を指す。 …. メーカーとは対照的に、BMWは組織内にAV部門を開設し、インテル(Intel)やモービルアイ(Mobileye)といった大手テクノロジー企業と提携関係を結び、完全自動運転車の共同 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【絶賛発売中!】2018年版『間違いだらけのクルマ選び』

新型リーフ、テスラ・モデル3、VW e-ゴルフなどEVが続々登場、欧州ではエンジン規制まで話が進み、国産メーカーは遅れが指摘されるが……、それは本当なのか? 一方で、長足の進歩を遂げた自動運転技術を搭載の、レクサスLSやそのライバルが一斉登場。EVも自動運転も未来の話ではなく、いよいよ私たちの今日の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
モバイル技術を活用し、IoT時代を牽引 – クアルコムのIoT事業戦略

このような状況を背景に、12月15日に行われたクアルコムのIoT事業戦略会において、同社のシニアバイスプレジデントであるRaji Talluri(ラジ・タルーリ)氏は、「モバイル分野で培った技術が活きている」と同社製品の優位性を語った。 「例えば、自動運転の分野において、が得た情報を瞬時に処理し、ドライバーを適切に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
HV王者のトヨタがEVにアクセル踏み込む理由

トヨタ自動車が2017年の東京モーターショーに出品した「コンセプトアイ」の2車種。人工知能(AI)を搭載した電気自動車(EV)だ。今後はEVを含む電動車の … HV(ハイブリッド車)で圧倒的な世界シェアを誇るトヨタ自動車も、急速に進むEV(電気自動車)シフトには焦りと危機感を隠せなかった。 トヨタは12月18日、2025年頃 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日本最大のAI・人工知能の専門展!4月、ビッグサイトにて開催

リード エグジビション ジャパン(株)は、2018年4月4日(水)~6日(金)までの3日間、東京ビッグサイトにて「第2回 AI・人工知能EXPO」を開催する。 … 製造、IT、自動車・運輸、教育、メディア、広告など来場者の業種は幅広く、また会場で熱心に商談をする様子から「AI」は各業界が注目し、導入を進めていることがはっきりした。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
AI半導体「エヌビディア」は何がスゴいのか

たとえばトヨタは、自動運転車の頭脳にエヌビディアのスーパーコンピュータ「ドライブPX」を採用。実際にどの車種にいつ頃搭載されるのかは明らかでないが、自動運転に欠かせないといわれるAIの部分で、共同開発を進めている。 トヨタ以外にも、エヌビディアは米EVメーカーのテスラ、独高級大手のアウディとも次々に協業を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
BMW、GMなどスタートアップや技術者採用・投資に熱心な5社の「AutoTech投資戦略」

自動運転技術」や「先進運転支援システム(ADAS)」に代表されるAutoTechとは、自動車運転の安全性や走行性の向上を目指す先端技術を指す。 …. メーカーとは対照的に、BMWは組織内にAV部門を開設し、インテル(Intel)やモービルアイ(Mobileye)といった大手テクノロジー企業と提携関係を結び、完全自動運転車の共同 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「なぜアップルは秘密裏に開発していた「自動運転技術」を公開し始めたのか? WIRED.jp」など、2017年12月13日     ニュース

ニュース
なぜアップルは秘密裏に開発していた「自動運転技術」を公開し始めたのか?

サラクディノフの話からは、アップルが自動運転技術の開発に密かに注力している様子が垣間見えた。実際にアップルは、カリフォルニア州車両管理局(DMV)から今年4月、自律走行の試験を行う許可を得ており、CEOのティム・クックは6月に同社がこの技術に興味をもっていることを明らかにしていた。 アップルの自動車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【池原照雄の単眼複眼】トヨタ、2018年初めから第2世代安全技術展開…出遅れた車線維持アシストも

こうした予防安全技術の充実とともに、自動運転の要素技術である走行車線を維持するための自動操舵技術「レーントレーシングアシスト(LTA)」も新世代版の目玉となる。前方車両を追従するクルーズコントロール使用時に作動するもので、国内業界ではSUBARU(スバル)の「アイサイト」が先陣を切って14年に実用化、その後 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
LAオートショー2017リポート アメリカ

キャデラックがかねてより宣言していた自動運転技術のスーパークルーズが展示されていた。世界初の量産型ハンズフリー自動運転車で2018年に市販されるCT6に搭載される予定だ。自動運転モードが実行できるのはフリーウェイのみだが、各国がしのぎを削る自動運転技術でGMがその存在感をアピールした格好だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車分野の究極目的「完全自律走行」の実現に必要な技術とは?

ADASから高度ADAS、そして完全自動運転車までの道程には、インテリジェントで安全かつ堅牢なシリコン・ソリューションが必要なことは明らかです。 世界は多くの分野で間違いなく変化を続けており、そのほとんどが技術進歩によるものです。ほとんどすべての議論が完全自動車両や無人車両に関するものに集中している …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車はソフトウェアが定義する」NVIDIA ファンCEO…GTCジャパン基調講演

半導体メーカーのNVIDIAは、12月12~13日の2日間、技術イベント「GTC Japan 2017」を開催した。これに合わせて、同社CEOのジェンスン・ファン氏が来日し、13日に基調講演を行った。ファン氏はまず冒頭のあいさつで、会場の笑いを誘った。「日本に来るのが大好きだ。グレイトな人々、食事、文化…そしてラーメン(笑)。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
国内初、一般公道で「無人自動走行」実証評価 国交省らが実施 石川県で

経済産業省と国土交通省は12月13日、石川県輪島市の一般公道で国内初の車両内無人による自動走行の実証評価を18日に開始すると発表した。実証に用いる車両は、産業総合研究所に委託して開発した自動運転レベル4相当の技術を搭載した車両。遠隔にいる運転者の監視・操作の下で実施する。 国土交通省北陸信越 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
“半導体”最新技術の展示会、都内で始まる

人々の生活がより豊かになるような世界に半導体の用途がどんどん広がっていく」(東京エレクトロン コーポレート技術マーケティング部 山口忠之 部長). ドローン技術のほか、自動運転などさまざまな分野で半導体の需要は高まっていて、市場規模は昨年より36%も増加しています。この展示会は今月15日まで開かれます …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
カーシェア参入 新技術体感、顧客開拓狙う

来年1月15日から東京、神奈川、静岡、大阪、兵庫、滋賀、京都、和歌山、奈良の9都府県の日産販売店や日産レンタカー店舗などに約30カ所の拠点を構え、新型電気自動車「リーフ」か小型車「ノートe-POWER」を配備する。会員登録したメンバーの間で1台のを共有し、利用する。ショートタイム(15分200円)のほか、6 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アズジェント、自動車用認証ソリューション「SafeCAN」提供開始

現在、自動車メーカーをはじめとする多くの企業が自動運転車の開発に取り組んでいます。 … 自動車メーカーは、物理ハッキングだけでなく、クラウド-車両間のセキュアな通信を利用するためのOTA技術が使われることをセキュリティ上懸念していますが、彼らのセキュリティ対策はクラウド-ゲートウェイ間で終わってしまってい …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
走行位置のポジショニングも可能。研究中のレベル2自動運転を披露したZFジャパン

clicccar.com(クリッカー)
11月初旬に開催されたZFの新技術発表イベント「Vision Zero Days Japan」では、現在開発途中となるレベル2自動運転のデモンストレーションも行われました。 … デモではパソコンを操作して、車線内のどの位置に自をポジショニングするかのコントロールも可能となっていて、パソコンを操作することで自位置が右に左に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
九州最大「福岡モーターショー」15日に開幕 AI搭載試作車など200台集結

九州最大の自動車展示会「福岡モーターショー2017」が15日、福岡市で開幕する。トヨタ自動車など国内自動車メーカーが、燃料電池自動車人工知能(AI)といった最新技術を搭載した試作車を展示。新型車やバイクも含めた200台以上が集まり、新たなファンの獲得や取引拡大を目指す。 ホンダはAIなどの技術を活用して …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
あと3年で、日本の自動車メーカー等の「品質」は世界で通用しなくなるかもしれない

今年の「『現代用語の基礎知識』選 2017ユーキャン新語・流行語大賞」の候補には入らなかったが、「IoT」(Internet of Things:モノのインターネット)は間違いなく、今年流行ったビジネス用語だ。ビッグデータ、AI(Artificial Intelligence:人工知能)の2語とワンセットで「第4次産業革命」などと称されるが、その歴史をさかのぼると …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
コマツ AIで建機を自動制御へ 米ITメーカーと連携

建設業界で熟練労働者の不足が深刻化する中、建設機械大手の「コマツ」は、アメリカの大手ITメーカーと連携し、大型の建機を自動で制御するなど、AI=人工知能 … がエヌビディアのGPUをこぞって採用したほか、トヨタ自動車もことし5月、自動運転車の開発を加速させるためエヌビディアと提携したことを明らかにしています。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「テスラ、自動運転用に独自のAIチップを開発へ イーロン・マスクが語った構想の思惑 WIRED.jp」など、2017年12月12日     ニュース

ニュース
テスラ、自動運転用に独自のAIチップを開発へ イーロン・マスクが語った構想の思惑

テスラが自動運転技術を進化させるために人工知能(AI)のチップを独自開発していることを、イーロン・マスクが明らかにした。新チップによってクルマ自動運転 … 野心的なプロジェクトを加えた。テスラのクルマは将来、自社設計のチップを用いて自動運転の人工知能(AI)ソフトウェアを動かすことになるだろう、というのだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマの「完全自動運転」でなくなる職業・モノ全リスト

日産とホンダが開発するのは6段階中の「レベル4」で、運転はすべて自動。ハンドルやブレーキはついているが、ほとんど「飾り」に近い。 自動運転車が公道を走る日は、もっと早く訪れるかもしれない。日本政府は、「東京五輪」をメドに技術開発を急いでいて、五輪の来場者を乗せるバスやタクシーを「ドライバーレス」にすると宣言 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
インテルが買収した自動運転技術イスラエル企業「Mobileye」…シャシュア CEOとは何者か

1999年にイスラエルで設立されたモービルアイは、自動走行の中心的な技術となる「先端運転支援システム」(ADAS)を世界に先駆けて開発した企業だ。 ADASは、車線を離脱したり、歩行者や前方車両との追突の危険性があった際に警告してくれる「インテリジェント安全装置」である。モービルアイのADASは、前方車両と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
OKI、アヴネットとAI搭載の高度自動運転技術開発向け新型プラットフォームを共同開発

新型プラットフォームは、『AD(自動運転)はADAS(先進運転支援システム)の単純延長ではない』、かつ「コンパクト設計」の実現というコンセプトのもと開発されました。車載電子システムの機能安全要求レベルASIL-C(注7)に対応したMPSoCを2個搭載し、1つ目で多数のセンサー情報を処理して人物、車両、障害物の検出を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車、統合機運 国有大手3社が戦略提携 EV開発強化、外資に対抗

戦略提携で「国家チーム」を組むことによって、EV、人工知能(AI)、自動運転といった最先端分野の研究・開発力を高めると同時に、海外展開を加速し「中国ブランド」の国際化を … 国内メーカーにEVなど次世代技術の開発を奨励し、世界市場で主導権を握ることを目指す。3社の合併構想はそのための一手との見方が強い。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「カーシェアリング」参入 会員募集

交通エコロジー・モビリティ財団によると、国内の個人向けカーシェアリングの車両は、2010年の1265台から、15年は1万6418台と13倍に増加。日産は「シェアリングは今後確実に広まる。新車販売に与える影響もゼロではない」として、に対する需要が「保有」から「利用」へと変化する中、これまで中心だった新車販売以外 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
中国のAIは”大したことはやってない”のか

ディープラーニングを行っているわけではないため、正確にはAIとは言えないのだが、レーザーを照射して周辺の対象物を検出・測距するという、自動運転でも使われる技術を用いている。 この自動運転車を走らせているのは、大手ECコマース会社・京東。日本でいうAmazonのような企業で、注文された商品を無人で届けよう …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ボルボが目指す死傷者ゼロ、可能性が大きくなる1台…西村直人【カーオブザイヤー2017-18】

2020年までに新しいボルボでの交通事故による死亡者や重傷者の数をゼロにする」これはボルボが掲げている安全思想「Vision2020」の大きな目標です … 2017年、一気に注目度が高まった自律自動運転技術に関してもボルボは積極的ですが、XC60では全モデルを通して要素技術である「パイロットアシスト/運転の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【特集】「人工知能」関連に物色人気再燃の兆し、政府がAI用新型半導体支援<注目テーマ>

自動運転車、ロボット、バイオ創薬、ドローン、フィンテックなど市場の有力テーマである技術系分野において、AIはそれらに横ぐしを通すように密接に絡み、 … 打ち出しているが、直近、読売新聞などを通じて、自動運転車やロボットに搭載するAI向け新型半導体の開発支援に乗り出すことが伝わり、関連株を強く刺激している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
Tesla、独自のAIチップを開発中。イーロン・マスクが語る

ますます進化を続けるTesla(テスラ)の電気自動車ですが、CEOとして会社を率いるイーロン・マスク氏によれば、なんとTeslaは独自のAI(人工知能)チップを開発中だというのです。 マシンラーニング関連のカンファレンス、Neural Information Processing Systems(NIPS)に登壇したマスク氏は、「Teslaはソフトウェアやハード …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
統合機運 国有大手3社が戦略提携

3社はそれぞれ日系メーカーと合弁会社を設立するなど中国自動車産業の中核を担ってきた。しかし、売り上げの大半を合弁相手のブランド車に依存しており、独自ブランドの販売では精彩を欠いているのが実情だ。戦略提携で「国家チーム」を組むことによって、EV、人工知能(AI)、自動運転といった最先端分野の研究・開発力 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【GTC Japan 2017】トヨタやホンダも参加するNVIDIAの技術カンファレンスが開幕

GTC Japan 2017は、GPUテクノロジーに関わる人に向けて研究開発やビジネスに関連したセッションやトレーニングが用意されるイベント。カンファレンスセッションとしては、ディープラーニング、AI(人工知能)、GPU、HPCなどさまざまなテーマがあるが、自動車関連も充実したものとなっている。 同社のGPUはAIエンジンとして …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【電子版】17年の半導体製造装置市場、過去最高の559億ドルに SEMIが見通し

米SEMI(カリフォルニア州)は12日、2017年の半導体製造装置の世界販売額が前年比36.5%増の559億ドルとなり、過去最高を更新する見通しだと発表した。ITバブルだった00年に記録した477億ドルを初めて超える。世界の半導体市場が自動車やIoT(モノのインターネット)、AI(人工知能)、医療などで拡大し、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
フォードとアリババが戦略提携 スマート自動車開発でも協力

フォードとアリババは、多様な分野で戦略的に提携することで合意した。共同でスマート自動車の開発にも取り組み、人工知能、スマート移動サービス、デジタルマーケティングなどでも協力する。12月8日、中国… ご覧頂いている記事は、有料購読記事となります。 日本未公開の業界別情報を中心に、以下コンセプト沿った記事を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
統合機運 国有大手3社が戦略提携

3社はそれぞれ日系メーカーと合弁会社を設立するなど中国自動車産業の中核を担ってきた。しかし、売り上げの大半を合弁相手のブランドに依存しており、独自ブランドの販売では精彩を欠いているのが実情だ。戦略提携で「国家チーム」を組むことによって、EV、人工知能(AI)、自動運転といった最先端分野の研究・開発力 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「自動運転車では「タイヤ」も進化!路面状況に合わせて「トレッド」が変化 clicccar.com(クリッカー)」など、2017年12月9日     ニュース

ニュース
自動運転車では「タイヤ」も進化!路面状況に合わせて「トレッド」が変化

clicccar.com(クリッカー)
例えばタイヤのゴムが路面上の水を感知すると軟らかい材料に変化、タイヤが路面の凹凸に密着することで、人が運転しない自動運転車などでも安全に走れるようになると … このように自動運転技術の開発が加速するなか、唯一路面と接触している重要部品「タイヤ」についても、着々と進化に向けた準備が進んでいるようです。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
未来の、最新技術一堂に 大阪モーターショー開幕

国内外のメーカーが最新技術を駆使した未来のエコカーや新型のスポーツカー、バイクを出展。32のブランドから約350台が会場に勢ぞろいし、11日まで開かれる。 国内からはトヨタ自動車やホンダなどが参加し、人工知能(AI)を搭載した自動運転車や電気自動車(EV)の試作を公開した。 トヨタはAIが運転手と対話したり、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「ハンドルもペダルもない」完全自動運転EV、来春実証へ

ハンドルやアクセルペダルなどのない完全自動運転車の開発は国内初とみられる。 … と資本提携するヤマハ発動機の電動ゴルフカートをベースにし、車体には3次元(3D)プリンターを使った受託製造サービスのカブク(東京都新宿区)の技術を活用した。 … 完全自動運転車を巡っては市販を改造したの公道実験が進む。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産がカーシェアサービスに本格進出 「リーフ」など電動でファン獲得

若者のクルマ離れが指摘される中、電動の走りや先端技術を知ってもらい、ファン拡大につなげる。 サービスは日産系の販売店やレンタカーを扱う店舗などに設けるステーションで提供。当面は1カ所当たり1台、最上位グレードを用意する。リーフを置く拠点には充電器を設置し、自動運転技術などをアピール。対象車種は順次 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【イベント プレビュー&レビュー】「第1回 自動運転EXPO」

見どころには、レベル4の自動運転システムなどが挙げられる。 会期中は最新の業界動向が学べるセミナーも併催する。業界の第一線で活躍する講師の講演が予定されている。 このほかに「第10回[国際]カーエレクトロニクス技術展~カーエレJAPAN~」「第8回 クルマの軽量化 技術展」など5つの構成展を連動させ、来場者 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
テスラ、自動運転向け半導体を自前でも開発

自動運転の試作向けでは圧倒的シェアを誇る米画像処理半導体(GPU)大手エヌビディアへの依存を軽減する狙いがあるとみられる。 … テスラは米アップルや米半導体大手アドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)で実績を上げた著名技術者のジム・ケラー氏を引き抜き、AMDから人材を集めていた。 極端に短い納期とコスト …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ホンダが年明けのCESでコンセプトロボット

このほか、シリコンバレーを中心にスタートアップ企業と取り組むオープンイノベーションの技術なども紹介する。 具体的には、ドライバーの精神状態を把握し、自動運転時のドライビングスタイルを最適化する技術や、自動運転車に、高精細マップとリアルタイムの高精度位置情報を提供する技術、コネクテッドカー向けの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ソニーが実証実験を進める「SC-1」とは、どんな「クルマ」なのか?

運転者にトラブルがあった場合なども、車外から安全に操作することが可能なのだ。さらに自動運転に対応させるため、2次元のLiDARや超音波センサーも搭載し、映像認識技術やクラウドとの連携によって、完全自動運転のノウハウを蓄積することが期待されている。 2代目車両に導入されたもう一つの機能は、AIを利用した …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「2017年超モノづくり大賞」の贈賞式、記念シンポなど開催ーモノづくり日本会議

2008―13年に、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)のプロジェクトで「大型トラックの自動運転・隊列走行」を実施した。このプロジェクトは学術研究の意味合いが強かったこともあり、技術的には成功したが、実用化には至らなかった。実用化段階になると、プラットフォームや車両を誰がつくるのかといったことや、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
未来の車、最新技術一堂に 大阪モーターショー開幕

国内からはトヨタ自動車やホンダなどが参加し、人工知能(AI)を搭載した自動運転車や電気自動車(EV)の試作車を公開した。 トヨタはAIが運転手と対話したり、感情を読み取ったりする試作車「Concept 愛i(コンセプト・アイ)」を出展。中でも高齢者や車いすの利用者を想定したモデルは、目的地や途中経路の施設のバリア …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
「ハンドルもペダルもない」完全自動運転EV、来春実証へ

名古屋大学発ベンチャーのティアフォー(名古屋市中村区、武田一哉社長)は、米半導体大手のエヌビディアと業務提携し、完全自動運転の小型電気自動車(EV)を開発した。ハンドルやアクセルペダルなどのない完全自動運転車の開発は国内初とみられる。市街地や中山間地域での近距離移動を目的とする。実用化を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「AI搭載自動運転車、EV、SUV…未来の車、最新技術一堂に-大阪モーターショー開幕 産経ニュース」など、2017年12月8日     ニュース

ニュース
AI搭載自動運転車、EV、SUV…未来の、最新技術一堂に-大阪モーターショー開幕

西日本最大級の自動車展示会「大阪モーターショー」が8日、大阪市住之江区のインテックス大阪で開幕した。国内外のメーカーが最新技術を駆使した未来のエコカーや新型のスポーツカー、バイクを出展。約30のブランドから300台以上が会場に勢ぞろいし、11日まで開かれる。 国内からはトヨタ自動車やホンダなどが参加 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日立グループの自動運転技術、コスト抑えてレベル3を実現へ

センサーコストの上昇を抑えながら2020年以降に、SAE(米自動車技術会)が定める「レベル3」の自動運転の実現を目指す──。日立オートモティブシステムズが十勝 … 同社が技術試乗会で公開した実験は、日産自動車「フーガ」のハイブリッド(HEV)をベースに開発したものである。センサーの構成を見ると、フロント …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
CMOS技術で小さく低コストに、長距離から短距離まで検知

CMOS技術を適用したチップの登場によって、自動運転などで使う77GHz帯ミリ波レーダーの小型化、低コスト化が進む。長距離検知だけでなく、車両周辺の短距離検知にも適用できる。米Texas Instruments(TI)社が、同レーダーの最新動向や今後の進化の方向性などを解説する。 (本誌). 先行追従(ACC)などの快適な …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転にらみタイヤも進化 水を感知して性能変化 住友ゴム新技術

住友ゴム工業は7日、路面上の水や温度を自ら感知して性能を切り替えられる自動車用タイヤを2023年を目標に開発すると発表した。将来的に自動運転車の普及などが進むと、タイヤのメンテナンスや性能に気を配る運転手が減る可能性を踏まえ、路面の状態を気にせず走行できるようにする。競合タイヤメーカーも自動運転 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産、自動運転の公道実験、高精度地図使うも低速域に課題

日産自動車が2020年の実用化を目指す自動運転実験の公道試験を都内で始めた(図1)。「Infiniti Q50(日本名:スカイライン)」をベースとした車両で、自動運転技術「プロパイロット」の新世代版を搭載する。カー・ナビゲーション・システムを設定すると目的地まで、一般道と高速道路を含むルートを自動運転で走行する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自律走行、ついに悪天候の街へ 実用化に向け、Waymoが厳しい条件下のテストを加速

自律走行が悪天候に非常に苦労する理由を理解するため、まずはセンサーについて見てみよう。現在、自動運転技術をテストしている会社のほとんどが、レーダーとLiDAR(ライダー=光検出と測距の頭文字)と呼ばれるレーザースキャナー、それとカメラを組み合わせて使っている。レーダーは悪天候でもよく機能する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転、冬道で実証実験…10日から大樹

過疎化や高齢化が進む中山間地域で交通手段を確保するため、人が運転しない自動運転車で住民や商品を運ぶ実証実験が10日、大樹町で始まる。 … 道産業振興課は「自動運転技術開発を支援し、国や企業の実証事業を集積することで、道内経済の活性化や道が抱える高齢化社会への対応につなげたい」としている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転、電気自動車 大阪モーターショー

世界中の自動車メーカーが最新技術を披露する第10回大阪モーターショーが8日、開幕した。今回の目玉は、「電気自動車」への転換。自動運転などの新しい技術に注目が集まる一方、次世代エコカーの本命として、開発競争が過熱しているのが電気自動車だ。背景には、世界各国で進む環境規制の強化がある。フランスや …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米EV業界で注目される「中韓」部品供給企業の存在感

ガソリンで圧倒的な加速力を誇る英マクラーレンを凌駕(りょうが)している。1回の充電で1000キロ弱の走行が可能だ。トラックはスタイリッシュで近未来的なデザインが目を引く。貨物を運搬するのに十分なトルク(タイヤを回す力)があり、上位クラスは1回の充電で500マイル(約800キロ)走行する。 米グーグルの自動運転 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
近未来の自動車、国内外から大阪に集結

Lmaga.jp(京阪神エルマガジン社)
BMW、マセラティ、ジープといった輸入やハーレーダビッドソンなど二輪車も終結。来場者は、「かっこいいなあ」「すごいな」と思い思いに座席に座ったりパネルを操作し、会場は熱気にあふれた。 各社のグッズがもらえるゲームや自衛隊の高機動試乗と合わせた迷彩服試着をはじめ、9日にはレーシングドライバー・佐藤琢磨 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
タチエス、人工知能型ビジネスアプリケーション「HUE®」へバージョンアップ~業務効率化により年間 …

タチエスは、多くの自動車メーカーへシートを供給している自動車シート製造企業です。30年前から海外に進出し、現在では海外売上比率は約6割を占めます。国内外合わせて67拠点に展開しており、海外市場を中心に開拓・販路拡大に積極的に挑戦しています。こうした中で、タチエスは事業成長を支えるグローバル一体となっ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アリババとフォードが提携–自動車業界で新たな機会を探る

両社は、モビリティサービス、人工知能(AI)、デジタルマーケティングなど、さまざまな重点分野で協業する。 手始めに、先行販売や試乗、ローンのオプションなど、自動車所有のサイクル全体を通じて新たな小売りの機会を評価する試験的調査を実施する。流通戦略やクラウドの接続性、オンライン小売マーケティングのほか、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
近未来の自動車、国内外から大阪に集結

Lmaga.jp(京阪神エルマガジン社)
開会式で堀内俊樹実行委員長は、「各メーカーから自動運転車、AI技術搭載車、EVなどの近未来車が出展。合わせて、イベントも多数用意しています」と挨拶。国産車のなかでもトヨタ、ホンダ、日産などは、人工知能(AI)を搭載した自動運転車や電気自動車(EV)に力を入れており、見どころのひとつだ。 BMWのハイブリッド・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AI搭載自動運転車、EV、SUV…未来の車、最新技術一堂に-大阪モーターショー開幕

国内からはトヨタ自動車やホンダなどが参加し、人工知能(AI)を搭載した自動運転車や電気自動車(EV)の試作車を公開。米EVメーカー、テスラのスポーツタイプ多目的車(SUV)をはじめ、東京モーターショーには出展されなかった輸入ブランドの最新モデルも見られる。 10回目の開催を記念し、親子で楽しめるミニ四駆レース …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
大阪モーターショー開催 車と対話など時代先取りする試作車が一堂に会す

大阪市で8日開幕した西日本最大級の自動車展示会「大阪モーターショー」には、人工知能(AI)がバリアフリー情報を提供する自動運転車など、国内外から最新技術を積んだ車が一堂に会した。新型の電気自動車(EV)やスポーツカーのほか、時代を先取りするアイデアを結集させた試作車が並び、高齢者にも優しい未来の車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ホンダ、香港企業とAI共同研究開発

… の本田技術研究所(埼玉県和光市)が、香港のセンスタイム・グループ(商湯集団)と、人工知能(AI)技術に関する共同研究開発の契約を締結したと発表した。期間は5年間。交通事故ゼロ社会の実現に向けた自動運転技術の確立を目指す取り組みの一環… 関連国・地域: 香港/日本. 関連業種: 自動車・二輪車/IT・通信.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
アクセルがストップ高気配、協業先が完全自動運転車開発で思惑

名古屋大学発のベンチャー企業、ティアフォーが米半導体大手のエヌビディアと業務提携し、完全自動運転の小型電気自動車を開発したと一部で伝えられたことが買い人気化のきっかけとなった。 当社は今年5月にティアフォーと自動運転に最適な専用システムに関する研究開発を共同で推進していくことで合意しており、今回 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
フォード、EV生産地をメキシコへ 米では自動運転車のライン増

フォードは米ライドシェア大手リフトと自動運転車の配車で、米ドミノ・ピザとは自動運転による配達で提携している。自動運転の需要が想定より大きいとみてラインを増やす。 フォードの生産計画は政治や経営陣交代に翻弄され、昨年末から二転三転している。米トランプ政権からの圧力で18年から小型車を生産するはずの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
香港AI企業と提携 自動運転で共同研究

香港AI企業と提携 自動運転で共同研究. 毎日新聞 2017年12 … ホンダは7日、香港の人工知能(AI)ベンチャー「センスタイム」と自動運転技術の共同研究開発契約を結んだと発表した。期間は5年間。人やの動きを認識・予測して次の行動を決めるのに必要なAI技術を共同開発、より高度な自動運転技術の実用化を急ぐ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【市況】10時35分時点の日経平均は206円高、完全自動運転車の開発報道受けアクセルなどに物色

名古屋大学発ベンチャーのティアフォーが、米半導体大手のエヌビディアと業務提携し、完全自動運転の小型電気自動車を開発したと報じられている。これを受け同社と自動運転に最適な専用システムLSIに関する研究開発で協業を行っているアクセル<6730>や、新興市場では同社に出資しているアイサンテクノ<4667>などに …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
STキネ、自律走行の試験で米社と提携

試験の内容は、ブレーキの制動距離や障害物の回避、さまざまな道路・天候の条件下での走行性能など、機能面、安全面の双方を網羅する予定。 まずは陸上交通庁(LTA)が導入を計画する自動運転バスや、観光地セントーサ島内のオンデマンドシャトルの試験に用いる方針。さらに自律走行可能なフォークリフトやロボット …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
<動意株・8日>(前引け)=理研グリーン、アクセル、DDS

きょう付の日刊工業新聞で「名古屋大学発ベンチャーのティアフォー(名古屋市中村区)は、米半導体大手のエヌビディアと業務提携し、完全自動運転の小型電気 … 記事によると、開発したEVは、ハンドルやアクセルペダルなどのない完全自動運転車で、同タイプの開発は国内初とみられるという。18年春以降に愛知県内で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米EV業界で注目される「中韓」部品供給企業の存在感

ガソリンで圧倒的な加速力を誇る英マクラーレンを凌駕(りょうが)している。1回の充電で1000キロ弱の走行が可能だ。トラックはスタイリッシュで近未来的なデザインが目を引く。貨物を運搬するのに十分なトルク(タイヤを回す力)があり、上位クラスは1回の充電で500マイル(約800キロ)走行する。 米グーグルの自動運転 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【材料】アクセル—急伸し一時上昇率トップ、ティアフォー関連銘柄として物色

アクセル<6730>は急伸し一時上昇率トップ。名古屋大学発ベンチャーのティアフォーが、米半導体大手のエヌビディアと業務提携し、完全自動運転の小型電気自動車を開発したと報じられている。ハンドルやアクセルペダルなどのない完全自動運転車の開発は国内初とみられている。同社はティアフォーと自動運転に最適な …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【材料】注目銘柄ダイジェスト(前場):アクセル、ミクシィ、インフォテリアなど

名古屋大学発ベンチャーのティアフォーが、米半導体大手のエヌビディアと業務提携し、完全自動運転の小型電気自動車を開発したと報じられている。ハンドルやアクセルペダルなどのない完全自動運転車の開発は国内初とみられている。同社はティアフォーと自動運転に最適な専用システムLSIに関する研究開発で協業して …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「日産とDeNA、一般參加できる自動運転タクシー実験を2018年3月に実施。事前登録受付中 Engadget 日本版」など、2017年12月6日     ニュース

ニュース
日産とDeNA、一般參加できる自動運転タクシー実験を2018年3月に実施。事前登録受付中

日産自動車とDeNAが、自動運転車両を利用した配車サービスの実証試験を、2018年3月5~18日の期間限定で実施すると発表しました。試験を実施する区域は横浜市みなとみらい … 自動運転技術を使うこの実証試験にわれわれ一般人が参加するには、まず事前登録が必要です。受付はすでに始まっており、2018年1月15 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
運転手いない遠隔型自動運転、14日初の公道実験

愛知県は、運転席にドライバーが乗らない自動運転の実証実験を14日に同県幸田町で行う方針を決めた。警察庁によると、公道で遠隔制御の自動運転車を走らせるのは全国初という。県は、自動運転技術の実用化に向けた一歩とする考えだ。 実験は、3次元地図の作製に強いアイサンテクノロジー(名古屋市)、名古屋大学発 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
“地域限定”群馬大で研究進む 路線バスや駐車場、生活圏内のニーズに対応 /群馬

今月2日、前橋市荒牧町の群馬大で開かれた、自動運転技術に関するシンポジウム。群馬大の … 自動運転の研究は、大学や自動車メーカー、IT企業などが取り組んでいる。小木津氏によると、自動車メーカーが進めているのは主に、前橋や東京、北海道など全国のどこでも機能する自動運転技術の研究。しかし、地域 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【インタビュー】“空気を読む”AIを目指す…ホンダ AI研究開発グループ 安井裕司氏

自動運転の実現に向けたAI技術を読み解くため、業界のキーパーソンに各社の取り組みについて話を聞いた。第1回目となる今回は、本田技術研究所 四輪R&Dセンター 統合制御開発室 ADブロック 自動運転用AI研究開発グループ グループリーダの安井裕司氏。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米・GMが小型EVによる「完全自動運転」タクシーサービスをニューヨーク市内で実証へ

clicccar.com(クリッカー)
米GMが2019年をめどに、米国の複数の都市で同社製の無人自動運転車を使ったタクシーサービスを開始するそうです。 … 一方、米アリゾナ州フェニックスではGoogle系の「ウェイモ(Waymo)」が同様のサービスを既にスタートさせていますが、GMとしては技術的難易度や需要度がより高い大都市でのサービスを目指してい …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「匠の技」頼みの日本自動車メーカーの危機—— VRでの新車開発でドイツに完敗

シーン」とは映画の場面と同じ意味で、開発段階でクルマのソフトウエアにあらゆるシーンを覚え込ませて、判断できるようにするのだ。 これが完全自動運転のレベルになると、億単位のシーンを想定しなければならなくなる。とても実車を使った開発は到底無理だ。もし、VRを使わなければ技術完成までに100万年かかるといった …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
オン・セミコンダクター、車両の電動化などに向けた事業戦略記者説明会

オン・セミコンダクターは12月5日、自動車向けソリューションを中心とした同社の事業戦略についての説明会を開催した。 同社は半導体技術を使いながら、自動車の電装化や自動運転、ロボット化する産業機器、IoTを牽引する通信などの分野に注力してビジネスを展開している企業。 説明会にはオン・セミコンダクター …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【高論卓説】欧米で過熱化する「自動車2.0」 (1/2ページ)

11月末の米サンフランシスコには、ゼネラル・モーターズ(GM)の「インベスターズ・ディ」に世界の投資家が集結した。同社の成長戦略の要である自動運転技術のお披露目やビジネスモデルの発表に加え、買収した自動運転のソフトウエア開発会社クルーズ・オートメーションが手掛けるレベル4(高度自動運転)の自動運転車の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アウディ、AI導入のカメラ開発—レベル3自動運転でも人工知能は必須

アウディが今回発表した単眼カメラは、車両の周囲の状況を正確に把握することを可能にする技術。このカメラは、車両前方約120度の範囲を対象に、解像度1.3メガピクセルの画像を1秒間に15枚撮影する。この画像 … 新型アウディ『A8』が搭載するレベル3の自動運転でも、人工知能が必須のテクノロジーになる、としている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
フォード、中国で50車種投入 25年までに

電気自動車(EV)かハイブリッド(HV)で15車種以上、多目的スポーツ(SUV)で8車種を発売する。19年末までに中国で販売する全ての新車に通信機能を … 中国ネット大手、百度とは自動運転技術を開発しているほか、中国の中堅自動車メーカー、衆泰汽車(浙江省)とはEV合弁を設立し、新工場を建設する計画もある。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
アウディ、AI導入のカメラ開発—レベル3自動運転でも人工知能は必須

アウディ、AI導入のカメラ開発—レベル3自動運転でも人工知能は必須 … アウディは12月4日、米国カリフォルニア州で開幕したNIPS(神経情報処理システム)カンファレンスにおいて、人工知能(AI)を用いて極めて精密な3D環境モデルを構築 … アウディは前回の2016年、自動車メーカーとして初めて、NIPSに参加している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
GM、電子商取引に参入 車載画面で注文、予約

車でのECを巡っては米IT大手アマゾン・コムが来年から米欧で、ドイツ自動車大手BMWに音声を使った人工知能サービスを提供する予定で、自動車メーカーとIT企業が連携したサービスが広がりそうだ。 ロイター通信によると、EC開発に当たり米IT大手IBMと協力。利用者に手数料や通信費はかからず、ECに参加する業者 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【トップ近況】日本損害保険協会・原典之会長、自動車保険に大きな変化予想「環境整備を一層加速していく」

日本損害保険協会の原典之会長(62)は「今まで以上にフォワードルッキング(先読み)な視点で環境変化に対応することが必要だ」と語る。協会創立100周年を迎え、さらなる業界の発展を目指す。 人工知能(AI)やビッグデータ、自動運転車といった技術の進歩で主力の自動車保険などに大きな変化が予想される。各社が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「ZMPが初めて無人の自動運転車で公道実験へ、遠隔システム検証 ロイター」など、2017年12月5日     ニュース

ニュース
ZMPが初めて無人の自動運転車で公道実験へ、遠隔システム検証

同社はタクシー大手の日の丸交通(同)と協業し、東京五輪・パラリンピックの開かれる2020年に一部地域で無人の自動運転タクシーのサービス実現を目指している。今回の実験を通じて、遠隔操作による自動運転システムを検証し、自動運転技術とサービスのさらなる開発と安全性向上を図る。 遠隔型自動運転システムを用 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ヤマハ発がカート型自動運転車出展、リゾート地で活用

ヤマハ発製のカートを使った自動運転車両が続々と登場している。2017年6月には産業技術総合研究所が旗振り役となって、ヤマハ発製のゴルフ用カートを基に「スマートEカート」を開発した。同車両自動運転の基本的なシステムは、すでに遊園地向けなどで販売している電磁誘導型である。地中の深さ3cmから5cmの位置 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産とDeNA、一般参加可の自動運転車実験へ

DeNAが開発した専用アプリでを指定した場所に呼び出した後、目的地まで移動するサービスの実験を行う。原則として自動運転で走行するが、必要に応じて同乗するドライバーが運転する。 自動運転技術の開発に取り組む日産は、20年代の早期に、無人運転のを使った配車サービスの実用化を目指している。 2017年12 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ鯉淵常務理事「すべての人が自由に移動できる社会を」—自動運転開発の取り組み

自動車業界の機能安全活動の裾野の拡大、および自動運転技術開発の促進を図ることを目的とするもので、テーマは昨年に続き「自動運転に向けた機能安全・ … 講演テーマは、「トヨタの先進安全・自動運転開発技術への取組み」。 … 周りののウインカーの点滅や、道路上の子供の様子を検知して動きを予測するもの。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転バス、地域が期待 安全走行へ課題も、滋賀

運転技術に不安を覚え、免許返納について時折考えるという高木清治さん(75)=同町=は「実現すれば自家用がなくても安心」と期待する。 高齢化や過疎化が進む奥永源寺地域のような中山間地域では住民の移動や物流の手段をどう確保するかが課題。国交省はその一助として、ドライバーが不要な自動運転車の実用化 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノー、EUの自動運転&コネクトカープロジェクトに参画…1000台のメガーヌ納入へ

専用仕様のメガーヌには、自動運転&コネクテッドカー技術が搭載されており、速度、ハンドル角、タイヤのグリップ、フロントガラスのワイパー操作、エアバッグの展開などの車両データを収集して分析する … ルノーによると、SCOOPプロジェクト参画の目標は、道路上でより安全なを顧客に提供し、交通の流れを改善すること。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ジェイテクト 自動運転関連技術の本格開発 リチウムイオン・キャパシター、パワースーツなど新規分野も拡大

ジェイテクトは、今後の自動運転に対応したステアリングシステムの開発にも着手している。レベル3の自動運転で求められる、ドライバーが自らの意志でステアリングを操作しているかを判定する技術として、自動運転から手動運転へのシームレスな移行、そして路面の変化やクルマの姿勢の変化があっても正確に応答する高 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ヤマハ、AI搭載で自立走行する「MOTOROiD」、自律ライディングロボット「MOTOBOT Ver.2」など「CES …

… 発表された「06GEN」は運転席が用意されていたが、名称にAutomatedという言葉が追加されたこちらは、路面画像認識で自位置を認識する低コストな自動運転車となっており、クラウド技術を使った高スケーラビリティな管制サーバを一体化してシステムを構成。また、自動運転サービサーがWeb-APIを使う独自のMobility …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
車検時にスキャンツールで電動パワートレインや予防安全技術を点検するのが義務化される日は近い …

同省自動車局整備課の平井隆志課長は検討会冒頭の挨拶で、「近年ハイブリッドカー、FCV、EVなど電子装置を活用したクルマ自動運転技術が急速に普及している。政府としても事故減少のため、2020年までに新車搭載率を9割以上とすべく取り組んでいる。これらは電子制御装置によって制御されており、故障した場合は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
《経済》 アスモ、デンソーと合併

自動車用小型モーター製造のアスモ(湖西市)は二〇一八年四月、親会社の自動車部品大手デンソー(愛知県刈谷市)に吸収合併される形で両社のモーター事業を統合する。の電動化や自動運転技術の開発競争が激化する中、いずれの技術でも鍵を握るモーター事業をデンソーに集約して製品開発を強化する。四日、両社 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
日本電産、仏車大手と合弁電気自動車向けモーター

日本電産は4日、フランスの自動車大手グループPSA(旧プジョー・シトロエン・グループ)と電気自動車(EV)向け駆動用モーターを生産する合弁会社を同国に設立すると発表した。PSAが持つノウハウや生産設備を生かしてEVの主要部品となるモーターの競争力を高め、需要拡大に対応したい考えだ。 合弁会社は2億2千万 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アメリカ国防副長官、人工知能分野の競争の敗北を懸念

この報告は、ロシアのプーチン大統領が最近、ロシアが将来世界を運営し、最もよい人工知能を保有すると語った後に出されました。 ロシアのメディアも、ロシア軍は自動車やロボット、新型巡航ミサイルなどを開発する中で決定的な力を持っているとしています。 中国も人工知能産業の向上のために数十億ドルを費やしており、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
日産とDeNA 自動運転車の配車サービス実験へ

日産自動車と大手IT企業のディー・エヌ・エーは、完全自動運転を使った配車サービスの実現に向けて、来年3月に、横浜市で一般のモニターが参加する実証実験を行うと発表しました。 続きを読む … 自動運転車を使ったサービスの開発は自動車メーカーやIT企業などが提携し、業界の垣根を越えた競争が加速しています。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ZMPが初めて無人の自動運転車で公道実験へ、遠隔システム検証

ZMPとの提携を1月に解消したIT企業のディー・エヌ・エー(DeNA)(2432.T)と日産自動車(7201.T)も同日、一般のモニターが参加する、開発中の自動運転車による移動サービス「Easy Ride(イージーライド)」の実証実験を来春実施すると発表した。 実験では万が一に備えてドライバーが同乗するが、両社も20年代早期に、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「自動ブレーキも項目に 国交省、自動運転技術対応で車検制度の省令改正へ 産経ニュース」など、2017年12月4日     ニュース

ニュース
自動ブレーキも項目に 国交省、自動運転技術対応で車検制度の省令改正へ

自動ブレーキなど自動運転技術の普及拡大を受け、国土交通省は3日、自動運転車の機能維持に対応する車検制度の検討に入った。従来のブレーキやハンドルなどの検査に加え、電子制御装置の機能確認などを車検の必要項目に盛り込む。既に自動ブレーキなどの新車搭載は進んでおり、現状に即した制度導入が必要と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動で路肩のを回避、車線変更も 沖縄本島中部でバス公道実験 新衛星で位置計測

今回の自動運転では、日本版の衛星利用測位システム(GPS)の構築のため打ち上げられた準天頂衛星「みちびき」からの信号を受信し、数センチの誤差で走行位置を計測する。衛星情報に高精度の地図情報などを組み合わせることで、路肩に駐車する車両をスムーズにかわして走行するほか、一部区間では車線変更の実証 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日本版GPS活用、バス自動運転 沖縄で安定走行検証

内閣府が沖縄本島内で「沖縄におけるバス自動運転実証実験」を実施している。同様な実験は県内で3度目。今回は初めて日本版GPSと呼ばれる準天頂衛星「みちびき」と高精度3次元地図を活用。人工知能(AI)技術なども使い、車両の正確な位置情報や線上の障害物を把握などして、都市部の比較的交通量の多い幹線 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アップデートされた日産リーフは、新しいデザインによって「普遍的な価値」を手に入れた

つまり、ガソリンの本格的な代替になり得るようになった。 さらに、高速道路同一車線自動運転技術の「プロパイロット」に加えて、自動駐車機能も備えている。未来を見据えた“空気”を身にまとい、自動運転技術も備えた新型「日産リーフ」。そのアップデートに相応しいデザインとは何か──。日産のデザインチームは大いに悩ん …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動で路肩のを回避、車線変更も 本島中部で /沖縄

公共交通の活性化によって沖縄の慢性的な渋滞の緩和につなげることを目標に、県内のバス事業者や警察関係者らにも試乗してもらいながら、最新の自動運転技術の安定・信頼性を検証する。実証実験のため、一般客は乗車できない。 今回の自動運転では、日本版の衛星利用測位システム(GPS)の構築のため打ち上げ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転で観光ルート走行 徳島の山間部で実証実験

自動運転で観光ルート走行 徳島の山間部で実証実験. 2017.12.4 17:21 … 事前に作成したルートの3次元の地図を基に、レーダーで周囲の地形や物体を検知して現在位置を確認する技術を活用した。自動運転を … 山間部の狭い道の運転に慣れていない観光客が、自動運転で観光地を巡れたら便利だ」と期待を寄せた。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
完全自動運転の実証試験が次のステージへ!?

そうした道の駅を、完全自動運転の拠点として捉えて実証試験を行うのである。 完全自動運転とは、米自動車技術会(SAE)が規定する自動運転レベルの4または5を指す。このレベルでは、自動機能がない普通の運転をレベル0として考え、自動ブレーキなど高度な運転支援システムを搭載する場合はレベル1、さらに日産の『 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
デンソー、アスモを吸収合併 2018年4月に

小型モーターが得意なアスモの事業を取り込むことで、電気自動車(EV)などの電動化や自動運転システムの開発に弾みを付ける。 デンソーは北米の完全子会社分も含めて … 電動化や自動運転技術の開発に向け、両社の技術を持ち寄ることで開発スピードを加速する。 アスモの2017年3月期の単独決算は、売上高2406 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
国交省、車検に車載式故障診断機の活用を検討へ

国土交通省は、使用過程の電子制御装置の機能を確認する手法として、自動車検査に車載式故障診断装置(OBD)の活用を検討する。 自動 … 自動運転技術は、高度・複雑なセンシング装置と電子制御装置で構成しているが、これらの装置が故障した場合、期待された機能が発揮されず、誤作動につながるおそれもある。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタにとってテスラは敵ではない?シェアリングや自動運転が大問題か

ハイブリッドやPHVに使われている高度な基幹技術、たとえばパワフルな交流モーター、バッテリーの直流電流を交流電流に変換するインバータ、減速したときに電気を … その外側にクルマメーカーにとってはより大きな脅威であるシェアリングや自動運転といった大問題が待ち構えていることを理解しておくべきだろう。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「「自動運転レベル」の果たす役割とその弊害 (1/2) ITmedia」など、2017年12月1日     ニュース

ニュース
自動運転レベル」の果たす役割とその弊害 (1/2)

6段階の自動運転レベルは、世界中の企業や行政機関が議論を進める上で一貫した指針を提供したが、実際に自動運転車を開発している自動車メーカーには異論もあるようだ。 例えばトヨタは、自社の自動運転技術に関する取り組みをまとめた「自動運転白書 トヨタにおける自動運転への取り組み―ビジョン、戦略、開発」の中 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
GM、19年にも無人タクシー 米の複数都市で

【ロサンゼルス=兼松雄一郎】米ゼネラル・モーターズ(GM)は2019年にも米国の複数の都市で自動運転車を使った無人タクシーサービスを始めると公表した。米グーグル系ウェイモが米アリゾナ州で同様のサービスを区域を限って始めている。GMはこれに対抗し、技術的な難易度は高いがより需要が大きい大都市などで …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
《経済》 自動運転へ新機能提案

人の代わりにAI(人工知能)システムがを制御して、目的地まで運んでくれる自動運転。この技術の普及や高度化を目指し、自動車メーカーや米グーグルなどのIT大手が開発競争を繰り広げる中、静岡県内の部品各社も新たな製品の先行開発に乗り出している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
国有大手3社が包括戦略提携、合併に前進、一汽、東風、長安

ほかの経営幹部の交流も進めるほか、17年2月には第一汽車と東風汽車が自動運転など先進技術分野で提携していた。 今回の3社の … 自動車業界に詳しいアナリストは「外資規制が緩和される方向の中で、中国政府は強力な国有の中国ブランドメーカーを作り上げたい考えで、3社がその中心となるだろう」と分析する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
保険、自動運転時代に先手 不正アクセス救済特約など

自動車保険のコネクテッドカー(つながる)対応が本格化してきた。2017年の東京海上日動火災保険に続き、三井住友海上火災保険、損保ジャパン日本興亜、あいおいニッセイ同和損害保険は18年1月の自動車保険改定で対応、サービスを開始する。テレマティクス技術を使った安全運転へのアドバイス… (残り:679 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルネサスとインド電気自動車メーカーが技術提携 (1/2)

ルネサス エレクトロニクスとインドの電気自動車メーカーMahindra & Mahindraが、戦略的提携を発表した。ルネサスは、Mahindra & MahindraのフォーミュラEのレーシングチームの公式スポンサーとなり、自動運転車など向けのプラットフォーム「Renesas autonomy」をベースに、レーシングカーや量産 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車内でVR/ARエンタメ インテルがワーナーと提携

インテルは、ロサンゼルスで開催中の自動車業界イベントAuto Showにてワーナー・ブラザーズとの提携を発表しました。自動運転が「ゲームチェンジャー」になると明言し、車内における没入型のVR/ARエンターテインメントの実現を目指すとしています。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【 脱ガソリン・ミドルサイズSUV対決】CX-5(ディーゼル) vs エクストレイルハイブリッド どっちが「買い」!?

この両の比較では安全&運転支援機能も見逃せない。同クラス&同ジャンルをリードする充実した機能はともにセールスポイントのひとつ。全車速型ACCも半自動操舵型LKAも採用されている。ACCと操舵支援型LKAを組み合わせてニッサンでは同一車線自動運転技術と呼んでいるが、作動条件や手放し運転禁止など機能や …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ボーズが開発したサスペンションの技術をクリアモーション社が買収

クリアモーション社とこのテクノロジー企業に1億3,000万ドル(約145億円)を投資したベンチャー投資企業らは、その”デジタル・シャシー”が現代のクルマに求められる技術と考えているだけでなく、自動運転車が現実になれば乗員に最高のリラックス体験を提供できるとしている。プロジェクト・サウンドの技術と特許だけでなく、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【買い】3901:マークラインズ

… 本格的モデルチェンジが進むと見られる世界的な自動車のEV化、中期的に進化が加速していくと見られる自動運転技術、燃費効率改善のための車両軽量化や環境技術など、自動車産業では複数の大テーマに動きが強まることが予想される。 自動車産業の動力源多様化など技術変革期にある状況からも、完成メーカー、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
山形県自動車販売店リサイクルセンター(山形市)

自動車リサイクル法施行から12年がたち、現状を知ろうと訪ねた山形県自動車販売店リサイクルセンター。従来の部品回収や解体処理などで75%以上のリサイクル率 … 現代は、電気自動車をはじめAI(人工知能)を積んだ車など、車そのものが急速に変化しています。その新たな方向に沿ったリサイクル社会を構築、持続して …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産、取引先が一斉に反旗…子会社切り捨てで「儲ける」日産

日産はカルソニックの売却で得た資金を三菱自動車の買収に充当するとともに、電気自動車(EV)や人工知能(AI)、自動運転の研究や新たな提携に回す。 カルソニックは独立系の自動車部品メーカーとして、従来の枠を超えた独自の販路開拓が求められる。日産の連結子会社当時、1兆円を超えていた売上高は、21年に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
VWとグーグル、量子コンピューターで提携

自動車大手のフォルクスワーゲン(VW)と米グーグルは7日、ポルトガルのリスボンで開催された技術会議「ウェブサミット2017」(11月6~9日)で、従来のコンピューターを遙かに上回る … グーグルの量子コンピューターを使い、交通の最適化や、素材の分析、新しい機械学習の手法を用いた人工知能(AI)の研究などを行う。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
中国国有自動車3社が戦略提携に合意 統合に前進

【北京=多部田俊輔】中国第一汽車集団、東風汽車集団、重慶長安汽車の中国国有大手3社は1日、包括的な戦略提携で合意した。電気自動車(EV)や自動運転などの新技術開発、自動車の製造や部品調達、海外進出、シェアリングエコノミー時代の新しい販売手法の4分野を対象とする。3社は経営トップが互いに入れ替わっ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルネサスとインド電気自動車メーカーが技術提携 (1/2)

ルネサス エレクトロニクスとインドの電気自動車メーカーMahindra & Mahindraが、戦略的提携を発表した。ルネサスは、Mahindra & MahindraのフォーミュラEのレーシングチームの公式スポンサーとなり、自動運転車など向けのプラットフォーム「Renesas autonomy」をベースに、レーシングカーや量産 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米GM、自動運転車をライドシェアサービスに投入-2019年に

米ゼネラル・モーターズ( GM)は2年以内にライドシェアサービス向けに自社の自動運転車の準備を整える計画だ。同社は従来の … GMは11月30日、2019年に自動運転をライドシェアサービスに投入する見込みだと 発表。同社はここ1年余り … GMが自社で同サービスを運営するか、あるいは提携先を探すこともあり得る。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「高速道路ではレベル4が走り、駐車場は不要になる――2020年の自動運転と都市のモビリティー TechCrunch Japan」など、2017年11月29日     ニュース

ニュース
高速道路ではレベル4が走り、駐車場は不要になる――2020年の自動運転と都市のモビリティー

iNEXTの自動運転技術は運転手との協調性に重点を置いているようで、当日流されたコンセプトムービーでは、普段は人間が運転しながらも、テレビ電話中は自動車が代わりに運転したり、運転手を目的地まで届けた後はクルマが自分で帰っていく様子も映されていた。さながらSF映画の世界のようだが、それが実現する日は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車技術のWaymo、一般道路走行距離400万マイル(644万キロ)に到達

Pocket. waymo. Google親会社Alphabetの傘下にある自動運転車開発企業Waymoは、一般道路でのテスト走行距離400万マイル(644万キロ)を達成しました。 … Waymoの自動運転車技術は、一般道路でのテストと、予測できない実際環境のシナリオを想定した私道での実験の組み合わせにより開発が行なわれています。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
動画わかる最新自動運転! 日産が公道テストで魅せた巧みすぎる「高速道路合流」

日産自動車は、2020年以降の実用化を目指した最新の自動運転実験車両での公道テストを開始し、その体験走行会をメディア関係者向けに実施した。実験車両はインフィニティQ50(日本名:スカイライン)をベースとし、そこに新世代のProPILOT技術を搭載。目的地をナビゲーションで設定するだけで、一般道と高速道を含む …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
デジタル地図HERE、独企業を買収…コネクトカーや自動運転車のソフト更新のセキュリティ向上へ

今回の買収は、コネクトカーや自動運転車の無線によるソフト更新を、安全に行うのが狙い。ATSはデータ、ソフトウェア、ファームウェアを安全でコスト効果の高い方法で多くの車両に配信するためのオープンソースおよびオープンスタンダードのOTA(オーバー・ジ・エア)技術に特化した企業。自動車メーカーなどに、その技術を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ホンダとソフトバンク提携 何がスゴイのか「つながる

いまいちピンとこない―――ソフトバンクと、ホンダの子会社の本田技術研究所は今月16日、をインターネットに常時接続する「コネクテッドカー(つながる)」の共同研究で合意したと発表した。ホンダがこの … 確かに、自動運転が実現すれば、つながるが渋滞情報、目的地検索などが情報を収集し、運転してくれます。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
デンソー・NEC、共同出資で車載器開発

デンソーとNECは2016年4月に車載ソフトのシステム基盤開発で共同出資会社を設立し、同12月には自動運転など次世代自動車の開発で提携していた。デンソーは自社で車載通信機器やメーターなどの企画や初期設計をし、NECプラットフォームズに詳細設計や性能評価などを委託していた。企画段階から両社の技術者が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、役員人事を前倒し 副社長にデンソーの小林氏

高級ブランド「レクサス」部門の加古慈(ちか)チーフエンジニア(50)を生え抜きの女性社員として初めて常務役員に起用する。アフリカに … 自動運転技術の開発や世界的な電気自動車(EV)シフトに備える。従来は4月 … 友山氏も豊田社長に近く、に通信機器を搭載して幅広いサービスを行う事業などを担当。吉田氏は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
シャーシの挙動をラボで再現、計測できるシステム…東陽テクニカが開発

DMTSは、東陽テクニカの「輸入商社からソリューションプロバイダーへ」という成長戦略に基づき、2017年1月に設立された同社の技術研究所の成果物としてリリースされるもので、 … 自動運転車両が、障害物を検知したときに、どのように減速し、どのようにハンドルを切るか、ラボで評価したいというニーズを強く感じている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車両、山あい走行=富山県南砺市〔地域〕

富山県南砺市の山あいの公道で26日、国土交通省の自動運転車両の実証実験が始まった。全国13カ所で9月から始まっ … 自動運転技術の普及は、人口減少時代の到来を見据えて同省が推進。南砺市では、レーダーと事前測量のデータを基に自動走行する4人乗りの車両を使って実験している。公道での無人車両走行は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
インフィニティ QX50 新型発表…プロパイロット搭載【ロサンゼルスモーターショー2017】

日産自動車の海外向け高級ブランド、インフィニティは11月28日、米国で開催したロサンゼルスモーターショー2017のプレビューイベントにおいて、新型『QX50』を初公開した。 … 新型QX50には、高速道路の単一車線において、アクセル、ブレーキ、ステアリング操作を自動で制御する自動運転技術「プロパイロット」を搭載。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
トヨタがさらなる体制変更、「生きるか死ぬか」という瀬戸際の戦いに臨む

小木曽氏は、商用車を担当するCVカンパニーのプレジデントをチーフエンジニア兼務で務めることになる。なお、アドヴィックスの社長には、小木曽氏に代わって、トヨタ自動車で専務役員 経理本部本部長を務めた大竹哲也氏が就任する。 また、米国シリコンバレーを拠点にAI(人工知能)など先進技術の開発を進めているToyota …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ車に搭載 LINE開発AIアシスタント「Clova」、その実力とは?

現在、さまざまなジャンルで導入が進む人工知能自動車業界においても、音声を認識し、要求された検索などのタスクを実行する「AIアシスタント」が注目を集めている。2018年からは、「LINE」が開発したAIアシスタント「Clova(クローバ)」とトヨタ自動車による連携もスタート。これにより、一体どんなことが可能になるのだろうか …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
オートモビリティーLAの新興企業トップ10コンペでスイスのWayRayにグランプリ

今年のトップ10新興企業には、自動運転車のソフトウエア・管理ソリューション、人工知能のデベロッパー、自動車相乗りのソフトウエアプロバイダー、電気自動車充電ツールなどを代表する幅広いファイナリストが含まれていた。今年の入賞者には、各社の開発推進を支援する貴重なビジネスツールなど総額20万ドル相当の賞品 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【電子版】ウェイモ、自動運転公道テスト 走行距離640万キロ超

… 【ロサンゼルス時事】米IT大手グーグルの自動運転部門が分社したウェイモのクラフチック最高経営責任者(CEO)は28日、自動運転車による公道試験の走行距離が累計400万マイル(約640万キロ)を超えたと明らかにした。平均的な米国人が約300年かけて到達する走行距離という。12月1日に一般公開するロサンゼルス …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ホンダとソフトバンク提携 何がスゴイのか「つながる車」

ソフトバンクとホンダは、人工知能(AI)技術を自動車で活用するための共同研究を既に進めている。 両社は2018年度から共同研究を本格的に始める。北海道鷹栖町にある同研究所 … つながる車をめぐっては、トヨタ自動車がNTT、LINEと提携。海外では独フォルクスワーゲン(VW)が韓国のLG電子と提携するなど、国境を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ホンダとソフトバンク提携 何がスゴイのか「つながる

確かに、自動運転が実現すれば、つながるが渋滞情報、目的地検索などが情報を収集し、運転してくれます。大変便利ですが、ただ、自動運転はまだまだ先の話。それにがネットにつながっていなくても、スマホを車内に持ち込めば、ネットの操作はできます。利用者が、“普通”ののネットをわざわざ使うか、疑問です」
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
デンソー・NEC、共同出資で車載器開発

NECの持つ無線通信やソフト、人工知能(AI)、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」のノウハウを生かし、コネクテッドカーのような次世代を見据えた車載機器の研究 … デンソーとNECは2016年4月に車載ソフトのシステム基盤開発で共同出資会社を設立し、同12月には自動運転など次世代自動車の開発で提携していた。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「つながるクルマと自動運転が社会イノベーションをもたらす――モータージャーナリスト 清水和夫氏 WirelessWire News」など、2017年11月28日     ニュース

ニュース
つながるクルマ自動運転が社会イノベーションをもたらす――モータージャーナリスト 清水和夫氏

自動運転の時代、そしてクルマやインフラがつながる「コネクテッド」の時代の、セキュリティとはどのようなものか。 … 米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)が米国に拠点を置く自動車技術者協議会(SAE)のレベル分けによれば、自動運転の「レベル2」は人間が責任を完全に持つもの、「レベル4」はシステムが責任をもつもの、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Waymoが路上での自動運転実績400万マイル(約644万キロ)を達成

Waymoは実走行距離という意味でのリードを保ち続けている。それは成功した自動運動技術を開発する際に最も重要な指標だ。10年ほど前にGoogleの自動運転車プロジェクトとして始まった、Alphabet傘下のWaymoは、今や路上での自動運転の実績が400万マイル(約644万キロ)に達した。 その400万マイルは、初期の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ副社長にデンソー小林氏 自動運転見据え連携強化

トヨタ副社長にデンソー小林氏 自動運転見据え連携強化 … 来年一月一日付。自動運転など革新技術の商品化に向け、グループ内の連携を強化する狙いがあるとみられる。今月二十八日に発表 … させる狙いがある。友山氏は、とインターネットを結び付けて新サービスを生み出す分野を担当しており、取り組みを加速させる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
人気のガソリンかEVか、LA自動車ショー控え売り込みに苦悩

各メーカーは、消費者に依然人気のあるガソリンを売り込みつつ、規制当局や投資家の要求にも応じて、クリーンエネルギー自動運転技術をアピールしなければならないという難題を強いられそうだ。 消費者はまだ自動運転車を受け入れる準備ができておらず、カリフォルニア州が普及を求める電気自動車(EV)の実際の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
VRを用いて自律走行に「なりきってみる」という奇妙な研究に、ダイムラーが真剣に取り組むワケ

わたしたちは、自律走行そのものになることを体験してみたかったのです。もし座っていたら、クルマを運転しているのとほとんど変わりませんから」と、設計者のひとりであるジョーイ・リーは語る。「この姿勢だと、無防備感が尋常ではありません」. 自動運転技術が徐々に実世界に入ってくるようになると、ハンドルを握る人間は、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ステルス暗号化や高精度位置制御でコネクテッドカーに安心安全を提供 テリロジー

例えば、米国のFreeWaveの技術とSwift Navigationの技術とを組み合わせれば、自動運転車の高精度位置制御を実現できる。FreeWaveのFreeWave Radiosは、自動運転向けのRTK-GPS(リアルタイムキネマティックGPS)として、既知点からの補正観測情報を携帯電話や無線を利用して移動局に送信し、移動局の位置を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
回して楽しいディーゼル BMW「X3 xDrive 20d」に試乗

BMWが初代「X3」を発売したのは2004年。3シリーズのプラットフォームを使い、4輪駆動技術もセダンのために開発したものを共用。本格的 … ガソリンの導入は2018年になるとのことで、今回試乗できたのはディーゼルの「X3 xDrive 20d」。 … これをBMWでは“将来完成する自動運転技術を部分的に実現”したものとする。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
公道試験に同乗し衝撃の連続、そしてシビれた! 右折もクリアするニッポン「自動運転」の実力

… てくるまでの間、飯島さんが操作したのはこの1回だけ。晴れた日の平日昼間とはいえ、東京の公道でこんなことができちゃうとは! ☆『週刊プレイボーイ』50号(11月27日発売)「ニッポン自動運転の大逆襲が始まった!」では、日産の自動運転技術の責任者である飯島氏に最新型の自動運転試作について詳しく聞いた!
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ジェイテクト、高耐熱リチウムイオンキャパシタ開発

燃費規制の拡大、高度運転支援・自動運転の普及・拡大を受け、省エネ・自動運転化に大きく貢献する電動パワーステアリングの適用範囲の拡大が求められているが、大型車両 … この条件に対し、ジェイテクト製のリチウムイオンキャパシタは独自技術により、-40℃から85℃まで使用可能となり、室内での使用要求に適合。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【岩瀬大輔】「インシュアテック」で保険はどう変わる?

かような“未来の自動車”に関連して、米国の友人のでちょっとした自動運転を体験した。縦列駐車である。ボタン一つでスムーズに斜め後ろにバックし、その成功率は100%。自動ブレーキなどの技術と相まって、自動車事故は間違いなく減る。そして自動車保険のあり方も確実に変わる。米テスラは所有者向けに安価な自動車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
トヨタ副社長にデンソー小林氏 自動運転見据え連携強化

小林氏は一九七二年にトヨタ自動車工業(現トヨタ自動車)に入社し人事、経理、国内営業に携わった。二〇〇三年にデンソーへ移り、一五年から現職。東京五輪・パラリンピック組織委員会理事、名古屋商工会議所副会頭を務め、豊田章男社長(61)の信頼が厚い。近年は中央の政界や官界とのパイプ役になっていた。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
三菱自動車、「雲海出現NAVI」に三国峠など10ヶ所の雲海スポットを追加

雲海出現NAVI」は、全国の代表的な雲海観測スポットの3D地形データに対して、天候状態、気温、気圧、風向、風力、湿度の予測データをインプットし、雲の専門家による知見と人工知能を用いて雲のでき方や形状をシミュレーションすることで、雲海の出現確率を予測するシステム。 「雲海出現MAP」から雲海観測スポットを指定 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
Lyft、カリフォルニア州で自動運転車の試験許可を取得

Lyftがカリフォルニア州公道での自動運転車試験に向けて、大きく一歩前進した。 … Lyftが自動運転業界で発表済みの提携は数件だが、その規模は大きい。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転時代の OSを制するのは誰だ!?

クルマ社会における最大の関心は、自動運転のシステムの主導権をどこが握るかだ。 … また中国ではBMWと百度が提携し、中国全土で実験を重ねている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「Uber、レベル5自動運転車で起きやすい乗り物酔いを防ぐ技術–公開特許に CNET Japan」など、2017年11月27日     ニュース

ニュース
Uber、レベル5自動運転車で起きやすい乗り物酔いを防ぐ技術–公開特許に

一口に自動運転といっても、自動化の度合いはさまざまだ。もっとも高度なSAE Level 5の完全な自動運転になると、走行時に人間の介在は不要だ。周囲の状況 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
エヌビディア、3Dモデリングを活用した自動運転技術を開発

エヌビディア、3Dモデリングを活用した自動運転技術を開発 … VayaVision社のシステムは、自動運転車が急激な道路環境の変化に直面した際でも、車両が状況 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
欧州の高級SUVに乗って気づいた、右ハンドルの困難

そして、運転支援技術の熟成も共通した特徴だ。いずれも前方の追尾や歩行者検知、車線維持などの先進機能を詰め込み、完全自動運転の実現に向けて …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「EVの民主化」は日産リーフから始まる それはいかに革新的な「アップデート」を遂げたのか

磯部の言うニッサン インテリジェント モビリティとは、自動運転技術、EVならではの走り、そしてクルマと社会との連携の強化を意味する。この3つの文脈において、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米フォードが始める「自動運転でピザ宅配」は小さくて大きなチャレンジ

そのため、自動運転技術を装備したフォーカスの運転席にドライバーが乗車した状態で宅配サービス … 連絡を受けたユーザーは配送までピザを受け取りにいく。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
コンセプトカーにはシルバーやグレーが多い? 4台のショーモデルのボディカラーの秘密を探る

さまざまな出展車両が注目を集めるなか、もっともスポットを浴びたのは、各 … コンセプトカラーとは別色ではあるが、市販にもこの塗装技術は使用されており、 … またレベル4の自動運転技術を搭載した生産型電気自動車の先駆けとなるモデルだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
KTが自動運転車試験インフラ、京畿道に

韓国通信大手のKTと京畿都市公社は26日、城南市板橋に自動運転車のテストに向けた都市基盤のインフラ構築工事に着手した。最先端の情報通信技術(ICT) …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
が自動で目的地へ 自動運転実験南砺で始動

が自動で目的地へ 自動運転実験南砺で始動 … 山間部に住むお年寄りたちの救世主となりえるのか・・・最新技術に期待が高まっています。 ※データ放送の方 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
最小回転半径3.3m未満、超小回りEVコンセプトカーに試乗【Vision Zero Days Japan】

ゼロエミッション、交通事故ゼロの2つを意味するキャッチフレーズだが、実際にはプラグインハイブリッドから完全電動、また簡易な運転支援システムから自動 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
三菱自動車「週末探検家」プロジェクトの雲海出現予測サイト「雲海出現NAVI」に蔵王山(宮城県)や野迫川 …

… 予測データをインプットし、雲の専門家による知見と人工知能を用いて雲のでき方や形状をシミュレーションすることで、雲海の出現確率を予測するシステムです。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
米フォードが始める「自動運転でピザ宅配」は小さくて大きなチャレンジ

両社は自動運転によるピザ宅配で提携し、フォード本社がある米ミシガン州 … このサービスを利用すると、スマホアプリを使って宅配サービス車両が“いまどこに …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「アップル、自動運転技術に関する論文を公開–極秘プロジェクトの一端か CNET Japan」など、 2017年11月24日     ニュース

 

ニュース
アップル、自動運転技術に関する論文を公開–極秘プロジェクトの一端か

Appleの自動運転車プログラムについては以前より報じられているが、その研究はこれまでいくぶん謎に包まれたままだった。 Appleのコンピュータサイエンス研究者らが、3Dの物体検出に関する論文を発表したと、Reutersが報じた。オンライン誌「arXiv」に寄稿されており、自動運転車の開発に関してAppleが公開した初の論文 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
杉並で自動運転の公道実験 来年1月、未来の作りへデータ収集

JR中央線の荻窪駅南側の住宅街で実施し、“未来の”作りに必要なデータを集める。杉並区も自動運転のシステム対応に欠かせない高精度の3次元地図や車両整備スペースを提供して支援する。 実験は自動運転技術を開発しているアイサンテクノロジー(名古屋市中区)と東京大学、区内に本社を置く測量会社の第一航業が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマが変われば、都市も変わる 東京モーターショーでイノヴェイターと考えた「モビリティの未来」

第45回となった2017年の会場で目を引いたのは、自動運転や人工知能(AI)といった「次世代のクルマ」に関する展示の数々だった。広大な会場には世界中の自動車メーカーが、自動運転やAIなどに関する最先端のコンセプトカーを展示し、その技術力を競い合った。 そんな新しい時代のクルマのあり方について考えるトーク …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【電子版】米アップル、自動運転で周囲の物体の検知性能向上 「ライダー」補完技術を開発

自動運転車に搭載された3次元(3D)ライダー(LiDAR、レーザーレーダー)が捉えた点群データをもとに、周囲に存在するや自転車、歩行者などを効率的に検出する技術を米アップルの人工知能(AI)研究者らが開発した。機械学習を応用したもので、最先端のライダーを使った場合の検出精度を上回ったという。成果は米 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【木下隆之のクルマ三昧】自動車事故はゼロにならない!? 運転支援技術の“落とし穴” (1/3ページ)

自動運転の過渡期のいま、運転支援技術も進んでいる。アウディはA8に、条件付きながらレベル3の機能を搭載した。メルセデスSクラスも驚くほど高い技術を搭載している。日本の最高級モデルであるレクサスLS500にも、現在ではもっとも進んだ技術を投入してみせた。「ぶつからないクルマ」の時代へと、目も眩むような速さ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
名古屋モーターショーが開幕 各社が試作披露

トヨタ自動車は、ドライバーの感情を理解するAIを搭載した試作「コンセプト愛」を展示し、ステージ前はカメラを構えた人でにぎわった。日産自動車の自動運転技術を搭載したEV試作「IMx」をはじめ、ホンダやスズキもEVを出展。スバルはスポーツセダンの試作「ヴィジヴ パフォーマンス コンセプト」を披露し、来場者は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車商用化へ、政府が特別組織発足

韓国の国土交通省は22日、自動運転車の早期商用化に向けた特別組織を発足したと発表した。 自動車や道路、空間情報、交通など自動運転車関連の政策機能と人材を一つに集めて自動車管理官室・先端自動車技術課の中に… 関連国・地域: 韓国. 関連業種: 自動車・二輪車/IT・通信/政治. この記事は該当の有料 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ロボットライダー、ペットのようなバイク…ヤマハ発動機が描く未来の二輪車像

人との対戦を通じ、ロボット自らハンドルやアクセルを操り、自律走行する技術の進化を狙うほか、ペットのように動くバイクの開発にも力を入れる。ヤマハはどうしてロボットにこだわるのか。 … 車両自動運転車に改造する四輪とは異なり、バイクには手を加えていない。 モトボットには6つのアクチュエーター(駆動装置)が搭載 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
GAC MotorがGM8 MPVを発表し、中国・高所得者市場のMPVの状況を再定義

ハイエンド市場を対象とするGM8は世界トップのリソースと最先端技術を統合したGAC MotorのレベルCプラットフォームをベースに製造されている。この新MPVの高貴さは目 … GAC Motorの第2世代自動運転車両のWitStarIIが2017 Guangzhou International Automobile Exhibitionで披露された。同社初の電動車両GE3が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動操舵の国際基準、国内採用 国交省が「レベル2」普及後押し

このほか、自動駐車機能では、原則10キロメートル以下で作動し、運転者が動作をいつでも終了可能にすることなどを規定。リモコン駐車による基本的な機能も示した。 国交省は各機能の基準導入について「すでに一部の車両で装備されており、技術が成熟してきた。基準導入により、車両の安全に寄与する」と安全車両の普及 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
世界を代表する日本の自動車企業には「ジェダイの武士」がいる=中国メディア

記事は「トヨタは既に純粋な家族企業ではないが、現在の社長である豊田章男氏は創業者・豊田喜一郎氏の孫であり、責任を担うとともに一族の誇りを抱いている」としたうえで、先月の東京モーターショーにおいて豊田社長が「自動車業界の急速な変化は人びとの予想を遥かに超えている。もし現状に満足してしまえば、トヨタの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「アップルの研究者、自動運転の新しい物体検知技術をネットで公開 ロイター」など、2017年11月22日     ニュース

ニュース
アップルの研究者、自動運転の新しい物体検知技術をネットで公開

自動運転車は周囲を認識する際、通常の二次元カメラと、光により奥行きを検知するセンサー技術「LiDAR(ライダー)」(光による検知と測距、Light Detection and Rangingの略)とを組み合わせて利用していることが多い。これらの機能が奥行きに関する情報を供給する際、解像度が低いと、リアルタイムでつながっている通常 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
誰も「自動運転」を正確に定義できない 自動運転機能の多様化が生む混乱

独立系シンクタンクEno Center for Transportationの政策アナリストであるグレッグ・ロジャースは、「日常的には『自動化されたクルマ』『自動運転車』『自律走行』 …. ライマーは「運転の自動化には、技術が人間をサポートできるようにどうやってそれを開発していくかという、エンジニアリングというよりはむしろ行動学的な側面が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
12月に都内初、公道で自動運転車実証実験 公共交通充実の杉並区なぜ協力?

昨今、自動車産業に新たな技術革新の波が押し寄せています。特に、高齢化・人口減少時代を迎えて注目されているのが自動運転技術です。 高齢者になると、どうしても判断能力や反射神経が衰えてしまうため、不慮の交通事故を起こしやすくなります。そのため、免許を自主返納する高齢者もいます。そうした動きが広まる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Volvo、Uberに自動運転用のベース車両を数万台規模で供給

Uber社は供給されたベース車両に独自の自動運転システムを組み込む。ベース車両は、この自動運転システムを追加するために必要なコア技術と、安全性や冗長性を備えている。 Volvo社は、Uber社の自動運転車とは別に、同じベース車両を用いて独自の自動運転システムの開発を進めている。この自動運転車は、2021年 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日中経済協会 中国政府幹部と次世代自動車めぐり意見交換

中国を訪れている日本の経済界の訪問団は22日、中国政府の幹部と会談し、世界の自動車メーカーが次世代のとして開発を進めている自動運転車技術 … この中では、自動ブレーキなど交通事故の防止も期待される自動運転技術や、インターネットと接続するコネクテッドカーなど、次世代の自動車をめぐって意見が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
積雪時の自動運転は電磁誘導線や磁石を読み取れるか—実証実験へ

国土交通省は、道の駅「かみこあに」(秋田県北秋田郡上小阿仁村)で、路面積雪時の電磁誘導線や磁石の読み取り性能を検証する自動運転サービスの実証実験を12月3日から開始すると発表した … 今回の実験では、路面積雪時の走行における埋設された電磁誘導線や磁石の読み取り性能など、路連携技術を検証する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
パナソニックが自動運転車両走行の実証実験を開始

パナソニックは、これまで社内の車両試験場(神奈川県横浜市)や京阪奈地区構内(京都府相楽郡精華町)、門真地区構内(大阪府門真市)で検証を重ねてきた自動運転技術を用いて、今回初めて公道に準じる環境で自動運転走行システムの検証と、自動運転EVコミューターの実用化に向けた有効活用の検証も行う。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
高機能除雪開発へ 国交省 作業員の高齢化で省力化図る

位置情報の精度などの課題を検証し、数年内の実用化を目指す。将来的には自動ブレーキなどの自動運転技術を搭載することを検討している。 除雪の操作には、積雪で見えにくい障害物の回避など熟練した技術が必要となる。しかし除雪の作業員のうち、61歳以上の人の割合が1998年の3%から、2015年には19%まで …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
12月3日から自動運転実験 徳島・三好、モニター募集 2017/11/22 09:54

12月3日から自動運転実験 徳島・三好、モニター募集 国土交通省四国地方整備局は21日、三好市西祖谷山村で計画している自動運転実証実験を12月3~9日に行うと発表した。乗車を希望するモニター100人を募る。 実験に用いるのは、自動運転技術開発を手掛けるアイサンテクノロジー(名古屋市)がトヨタの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「完全自動駐車」技術、日立3社が開発 実用化は20年代前半

日立製作所は専用駐車場で完全自動走行し駐車する「自動バレーパーキングシステム」の基本技術を開発した。管制センターとが遠隔から無線で必要な情報をやりとりし、安全な自動駐車を実現する。日立が得意とする情報通信技術や鉄道向け運行制御技術を応用した。2020年代前半の実用化を目指す。運転手の操作が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
百度の李彦宏会長兼CEO、自動運転バスが計画前倒しで2018年には量産に

検索エンジン百度の李彦宏会長兼CEOは16日、「バイドゥ・ワールド・コングレス2017」で人工知能(AI)分野の最新動向について、「百度自動運転車の量産化計画 … そして、この歴史的任務を担うことになるのが、来年7月末に百度とバス車両メーカーの金龍客車が提携して生産する自動運転小型バス「阿波龍(アポロ)」だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「合流地点でも”かなり運転の上手なドライバー”、日産の自動運転を体感 日経テクノロジーオンライン」など、2017年11月20日     ニュース

ニュース
合流地点でも”かなり運転の上手なドライバー”、日産の自動運転を体感

日産自動車が2020年以降の実用化を目指す自動運転実験の公道試験を開始した。「Infiniti Q50(日本名:スカイライン)」をベースとした実験で、自動運転技術「ProPILOT(プロパイロット)」の新世代版を搭載する。カー・ナビゲーション・システムを設定すると目的地まで、一般道と高速道路を含むルートを自動運転で走行 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
VWグループ、電動車両自動運転に大型投資…340億ユーロ以上

フォルクスワーゲングループは11月17日、2018~2022年末までに、電動車両自動運転、新しいモビリティサービス、デジタル化に340億ユーロ(約4兆5000億円)以上を … フォルクスワーゲングループのマティアス・ミュラーCEOは、「既存の技術車両プロジェクトを進めながら、デジタル化、自動運転、電動モビリティ、新しい …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転「AIの街」育ち アセントロボ、実車不要に

アセントロボティクス(東京・渋谷)は「レベル4」の完全自動運転車を実現するAI開発を手掛ける。実際の道路で起きうる状況をAIが3次元 … 創業者で技術責任者のチーフアーキテクトを務めるフレッド・アルメイダ氏(46)は、開発したソフトウエア「ATLAS(アトラス)」についてこう説明する。アトラスは自動運転車用のデータ生成 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
英予算案、自動運転車や電気自動車の開発促進へ

ロンドン 19日 ロイター] – ハモンド英財務相が22日発表する予算案には、自動運転車、電気自動車、人工知能(AI)、通信網の開発促進策が盛り込まれる。 英財務省が19日、明らか … 万ポンドを投じる。 コンピューターサイエンスの教員8000人の増員に1億ポンド、デジタル技術・建設技術の改善に7600万ポンドを投資する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
富士通テンからデンソーテンへ…自動運転実現の一端を担うデンソーテンのポテンシャルとは?!

また、前方のクルマに一定の距離でついていく車間自動制御システムや、衝突を予測して警報やブレーキを自動でコントロールする衝突時被害低減システムに応用されるミリ波レーダー、さらには、車両の全周囲を様々な視点から“立体的”な俯瞰映像で確認できるマルチアングルビジョン TM等のセンシング技術も開発してきた。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ボルボ、自動運転による輸送ソリューションの研究成果を発表…鉱山や港湾で試験走行

すでに鉱山や採石場のような場所において、自動運転車が試験走行し、業務をこなすことに成功。次の段階として、港湾や高速 … ボルボグループのマルティン・ルンドステット社長兼CEOは、「この技術は、間違いなく将来の製品に影響を与え、未来のスマートな社会を発展させる可能性を秘めている。安全性は最大の関心事で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
バイドゥ、自動運転ミニバスの生産と試験運用を2018年に開始へ

NetEaseの報道によると、中国検索大手の百度(バイドゥ)は自動運転ミニバスの小規模生産と試験運用を2018年7月に開始する予定だという。 … 小規模生産と試験運用を行った後、バイドゥは2019年に中国の自動車ブランドであるJAC Motors、BAIC Motorと、2020年にはChery Automobileと協力して自動運転車をローンチ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Element AI が、SKテレコム、現代自動車、ハンファと4500万米ドルのAIファンドを設立

今回の新しい共同投資パートナーシップを通じて、Hanwha Asset Managementの投資ノウハウが、戦略的パートナーである現代自動車とSKテレコム、ならびにElement AIのAI分野における技術やノウハウと組み合わさります。今回のパートナーシップを通じて、既存産業でのイノベーションを推進するAI、自動運転、フィン …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
シミュレータの活用でAIの教育を50倍以上効率化する「ATLAS(アトラス)」、β版をローンチ——2020年 …

… 4 自動運転の実現を目指す。DeepMind、Waymo、Uber らが主戦場とする欧米と比べ、日本やアジアでは道路環境が大きく異なることから、Ascent Robotics では、特に道幅が狭く人通りが多い日本の道路環境に対応可能なレベル 4 完全自動運転車を早期に作ることで、世界的にもこの分野で先んじることを期待している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
~中古買取×インターネット・ライブオークションのカープライス~ 「東京モーターショー2017」潜入レポート!

最先端のIT技術を活用した日本初のインターネット・中古ライブオークション事業を展開するカープライス株式会社(本社:東京都杉並区、代表取締役:梅下直也・林耕平、以下「当社」)は本日、「第45回東京モーター … 話題のキーワード「AI」「電気自動車」「自動運転」などが存分に盛り込まれており、見応えは十分でした!
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
英予算案、自動運転車や電気自動車の開発促進へ

ロンドン 19日 ロイター] – ハモンド英財務相が22日発表する予算案には、自動運転車、電気自動車人工知能(AI)、通信網の開発促進策が盛り込まれる。 英財務省が19日、明らかにした。 同相は、予算案を通じて政権の支持率を高めたい意向だが、欧州連合(EU)離脱決定が経済の重しとなっており、選択肢は限られて …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Element AI が、SKテレコム、現代自動車、ハンファと4500万米ドルのAIファンドを設立

Element AIは、画期的な人工知能ソリューションをエンタープライズ企業に提供し、AIにおける最良のノウハウと企業家を組み合わせることにより、あらゆる組織において最先端の次世代AIを実現しています。Element AIは、カナダのケベック州モントリオールに本社を置き、BDC Capital、Data Collective、Fidelity Investments …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「内閣府、自動運転技術の最新情報を共有する「SIP-adus Workshop 2017」レポート Car Watch」など、2017年11月15日     ニュース

ニュース
内閣府、自動運転技術の最新情報を共有する「SIP-adus Workshop 2017」レポート

SIP-adusに参画している研究施設、企業らによる産学官連携をつうじて、自動運転車の実現に向けた「技術開発の活性化、要素技術の立証」を目指すとともに、「 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
西村直人の日産自律自動運転実験「2017年プロトタイプ」体験レポート

この実験車両は、カーナビゲーションで目的地を設定すると一般道と高速道路の両方で自律自動運転を行なう。日産では将来の自律自動運転につながる技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
サムスンとソフトバンク、自動運転向けレーダー技術開発のイスラエルInnoviz Technologiesに出資 …

自動運転車用ソリッドステート型 LiDAR(Light Detection and Ranging)技術を開発する Innoviz Technologies が、これまでに発表されていたシリーズ B …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
高度な自動運転実現へ3次元地図など開発

このシンポジウムは、高度な自動運転に必要な基盤技術の開発を進める内閣府が開いたものです。 … した仮想空間をコンピューター上に作り出し、実際の都市を走るの位置情報と組み合わせて、都市全体で自動運転を実現しようというものです。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
高度運転支援(ADAS)・自動運転に欠かせない位置情報技術で3グループが相次いで連携

clicccar.com(クリッカー)
ADAS(高度運転支援)・自動運転には、自の位置を正確に認識する位置情報技術が欠かせません。この位置情報技術について、最近相次いで3つのグループ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車がハッキングされ暴走? 起こり得る最悪のシナリオと対策 - TechTargetジャパン データ分析

メーカーに命を預けられるか自動運転車がハッキングされ暴走? … のような技術を搭載した電気自動車が登場し、自動車業界の次の大きな変革が自動運転車に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車産業は「ハード」から「サービス」へ ーー配車サービス「Lyft」の魅力は自動運転プラットフォーム

しかし、かつてAlphabet傘下の自動運転車開発企業「 Waymo 」に所属していたUberの自動運転技術担当者が、転職前に自動運転技術ドキュメントをコピーし …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車は“共有”されなければ無意味だ (1/2)

自動運転車の開発が加速する一方の今、「自動運転車が、なぜ必要なのか」 … フランスの新興企業AutoKabは、走行距離ベースの自動運転サービスを、公共交通 … 技術業界は、さらなる大規模化と高速化、スマート化を実現可能な技術を推進して …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
三菱自動車の「不幸な従業員」をつくらないモノづくり

そして、16年4月、軽自動車の燃費データ改ざん問題が明らかになり、日産の … カギとなるのは、AI(人工知能)やIoTなど最新のテクノロジーを導入し、「不幸な …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
レベル4以上の完全自動運転は本当に可能か? ZFグループ戦略的提携・買収を指揮するツークンフト …

clicccar.com(クリッカー)
東京モーターショーでは電動化や自動運転に関する車両やソリューションが数多く出展されています。将来のモビリティについて、ZFはどのように考えていますか?
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
サムスンとソフトバンク、自動運転向けレーダー技術開発のイスラエルInnoviz Technologiesに出資 …

自動運転車用ソリッドステート型 LiDAR(Light Detection and Ranging)技術を開発する … LiDAR は自動運転車が周辺環境を検知する上で極めて重要な技術で … 協会)とも提携、同協会の一般会員向けに2018年3月15日まで5,000円引の料金で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「独VWのEV自動運転車、25年にゴルフ並み価格で 日本経済新聞」など、2017年11月13日     ニュース

ニュース
独VWのEV自動運転車、25年にゴルフ並み価格で

独フォルクスワーゲン(VW)は2025年に完全自動運転の電気自動車(EV)を発売する。ドライバーが運転に関与しない「レベル4」の自動運転技術を搭載し、価格 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
完全自動運転車で農業、コンチネンタルが2025年の導入めざす

コンチネンタルは11月10日、農業用の自動運転車の開発を強化し、2025年から最新 … コンチネンタルは自動車エンジニアが持つ自動運転技術に関する専門知識を応用。そのノウハウを、農業用の完全自動運転車の開発に反映させていく方針。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
パナソニック、廃線跡を整備した「永平寺参(まい)ろーど」で自動運転EVコミューターの実証実験

パナソニックは、社内の車両試験場(神奈川県横浜市)や京阪奈地区構内(京都 … 10月3日~11月17日に予定している実証実験では、自動運転技術の検証を目的に、自動運転EVコミューターを永平寺参ろーどの一部で走行させて技術課題を確認。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
パナソニック、自動運転 20年めど実用化へ 福井で実証実験

公開したのは小型端末でEV車両を呼び出せる運行管理システム。自動運転技術の実証用に開発した「自動運転EVコミュータ」と呼ぶ2人乗りの小型車両を使い、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【ITS世界会議2017】デンソー、サイバーセキュリティやAIによる本線合流を紹介

多層防御システムによるサイバーセキュリティ技術や、自動運転に向けたAIによる走行 … その4つの層とは、外部接続の認証機能、攻撃をクルマの中と分離する …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転向けミリ波レーダーの開発、シミュレータの革新で新たな段階へ

これらの技術を向上することが、自動運転車の実用化に大きく貢献するのは間違いない。 幾つかあるセンシング技術の中で、ドイツなど欧州を中心に20年ほど前 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【高知新聞 コラム】自動運転 どこまで機械を信用し命を預けてよいものか

乗った人は向かい合って会話や食事を楽しみながら、それでもはきちんと走行している。自動運転技術が進化すれば、そうしたも夢ではなくなるらしい。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
全国初の実証実験を実現した愛知製鋼の「超高感度磁気センサー」を使った自動運転システムとは?

clicccar.com(クリッカー)
敷設した磁気マーカーの微弱な磁力から、自位置を高精度に計測する自動運転 … 現状のGPSや画像処理技術を使った自位置推定技術では、悪天候時や …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
取材ときどきタカハシ ジュリアだ、メガーヌだ、ZFだぁ〜とテストドライブのはしご

詳しくはこれから執筆しますけど、自動運転のレベル2技術も気になります。 … こちらのクルマはEVシステムを後輪左右(インホイールではありません)に搭載し、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
独VWのEV自動運転車、25年にゴルフ並み価格で

VWは子会社の独アウディを自動運転技術の先陣と位置づけ、緊急時を除いてに運転を … EV開発では資本提携したマツダやデンソーなどと新会社を設立。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「高速道路に「自動運転専用レーン」をつくるときが、もうすぐやってくる WIRED.jp」など、2017年11月9日     ニュース

ニュース
高速道路に「自動運転専用レーン」をつくるときが、もうすぐやってくる

高速道路に「自動運転専用レーン」をつくるときが、もうすぐやってくる …. この調子で自動運転技術が広まり、道路が自律走行に明け渡される日を、アルバーグら …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転バスがトラックと衝突 米ラスベガスでサービス開始の初日

同社はロンドンでも同様の技術を試験している。 … 自動運転車が関わる事故はこれが初めてではないが、分かっているほぼすべての事例で人間のミスが事故 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【岩貞るみこの人道医】完全自動運転を“コンコルド”にしないために何が必要か

自動運転技術を開発していくにあたり、どこを走らせるかは大きな問題である。高速道路のような自動車専用道なら歩行者や自転車、交差点で車両同士が交差 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転、五輪で主役デビュー 競技場まで選手送迎も

IT(情報技術)業界も巻き込みながら、実用化に向け開発競争が加速する自動運転車。東京五輪・パラリンピックでは競技場への選手の送迎や大会関係者を首都 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノーの自動運転、プロのテストドライバーにインスピレーション…害物回避機能

ルノーグループは11月7日、非常に高度な障害物回避が可能な自動運転技術を開発した、と … ルノーは小型EV、『ゾエ』をベースにしたプロトタイプ車両を開発。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
3Mの技術展示施設、「消えない白線」など自動運転を視野

スリーエム ジャパン(本社東京)は2017年11月7日、同社の顧客向け技術展示施設「カスタマーテクニカルセンター」(相模原市)の機能を拡充し、自動運転の支援 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
機械学習の限界を超える、「予測能力」を持つ自動運転技術

MITのスピンオフ会社、アイシー(iSee)は、人間の予測能力を備えた自動運転技術を開発中だ。突発的な出来事にも対処できる、安全な自動運転車自動車を実現 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ウーバーが「空飛ぶタクシー」実験、管制でNASAと提携

将来的には無人運転にする方針。空の自動運転は地上に比べ障害物が少なく、空間に余裕があるため、技術的には自動運転車よりも早く実現できるといわれて …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマへの憧れは戻るのか〜ひっそりと閉幕した東京モーターショー

クルマへの憧れは戻るのか〜ひっそりと閉幕した東京モーターショー … のテーマである自動運転、とりわけ、人工知能(AI)をさらに駆使した最先端の自動運転技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

 

「自動運転車、住民参加で実験開始 神戸の高齢化地区 朝日新聞」など、2017年11月8日     ニュース

ニュース
自動運転車、住民参加で実験開始 神戸の高齢化地区

自動運転車、住民参加で実験開始 神戸の高齢化地区 … 人工知能(AI)の技術などはNTTドコモが提供した。4人乗車可能で、運転席には緊急時に備えて運転手 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノー、プロ並みの危険回避力をもつ自動運転車「CALLIE」を開発。実際にプロドライバーの技術を参考

フランスの自動車会社ルノーが、自動運転車のプロトタイプ「CALLIE(キャリー)」を開発しました。その特徴は、”プロドライバーから開発のインスピレーションを得 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【公道で自動運転 試乗】高速道路で巧みに合流、驚いた! 日産プロパイロット

日産の自動運転開発ではすっかりお馴染みとなっている方だ。 … これまで速度差を合わせてクルマが自動で合流するのは技術的にもかなり難しいとされてきた …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転技術はいつ普及する?東京モーターショー2017で見えた現在地

三菱電機は、カメラ、ミリ波レーダー、準天頂衛星対応高精度ロケータなどを搭載した自動運転技術車を紹介。こちらはすでに2016年5月から高速道路で実証実験 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
解像度4倍の新型ライダー開発、完全自動運転向け…米ベロダイン

米国カリフォルニア州シリコンバレーに本拠を置き、車両の周囲の物体を検知するセンサー、「LiDAR」 … 自動運転車の中核となるセンサー技術を開発している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
テンセントが独自の自動運転システム開発 テスラ第4位株主、協力は不明

自動運転車市場に進出する中国企業としては、これまでで最大となる。 関係者によると、 … 馬化騰会長は3月、自動運転車向けのAI技術の開発に意欲を示した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
OKI、の高速逆走を検知、本庄工場に試験コース

センサーや画像処理技術を使って、高齢者らが運転する自動車の逆走を検知する技術自動運転向け技術について研究開発を進める。あらゆるモノがネットに …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
HEREが富士通と協業、強みを持ち寄り位置情報サービスを開発

富士通が持つ位置情報サービスやデータ分析技術と、HEREの自動運転向け高 … 日本政府が公表する自動運転車の事業化のロードマップも踏まえ、具体的な …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
モーターショー展示の未来の 人の感情を理解する技術

世界10か国から150社・団体が出展するなか、その多くがEV(電気自動車)やAI(人工知能)・自動運転など「自動車」の枠組みを越えた未来の技術を披露した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
焦点:トヨタ連合がEVで反撃、基盤技術を標準化 未来の勢力図見えず

11月8日、電気自動車(EV)で出遅れるトヨタ自動車を中心とした企業連合が、ようやく「反撃」の動きに出始めた。EV基盤技術の標準化だ。写真は人工知能技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマに乗り込むスマホアプリ、トヨタとLINEが共同開発

トヨタ自動車は、LINEの人工知能(AI)アシスタント「Clova」を車載機器と連携させるデモを「第45回 東京モーターショー2017」(東京ビッグサイト、一般公開:10 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
独ダイムラー、自動会話サービス「アスクメルセデス」を発表

写真・図版 11月7日、ドイツ自動車大手ダイムラーは、学習型AI(人工知能)機能を持つチャットボット(自動会話プログラム)型の顧客支援サービス、「アスク …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
<経済編>環境にやさしい未来の車集まる

東京・江東(こうとう)区の会場では、電気でモーターを動かして走る電気自動車(EV)や、コンピューターの人工知能(じんこうちのう)(AI)が人の代わりに運転を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
モーターショー展示の未来の車 人の感情を理解する技術も

世界10か国から150社・団体が出展するなか、その多くがEV(電気自動車)やAI(人工知能)・自動運転など「自動車」の枠組みを越えた未来の技術を披露した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
中国NEV法公布で、日系の自動車業界どうなる?

簡単に説明すると、一定量以上のEV(電気自動車)、PHV(プラグイン … トヨタ社内で「愛Car」と呼ばれている、人工知能搭載の次世代ビークルが、初の量産EVに …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、イスラエルで投資拡大-ロボットや自動運転分野

【テルアビブ=ロイターES・時事】トヨタ自動車はイスラエルのロボットや自動車技術への投資を拡大する方針だ。人工知能(AI)やロボット技術に投資するトヨタの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
HEREが富士通と協業、強みを持ち寄り位置情報サービスを開発

富士通とHEREは2017年11月7日、先進モビリティサービスの開発に向けた提携に … 富士通が持つ位置情報サービスやデータ分析技術と、HEREの自動運転向け高 … 日本政府が公表する自動運転車の事業化のロードマップも踏まえ、具体的な …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルネサスが車載半導体シェア30%を狙う「何が何でも成功したい」 (1/2)

半導体大手、ルネサス エレクトロニクスが「自動運転」という世界的な潮流を … Foundation(AGL)、長城汽車らとの提携を発表し、トヨタ「カムリ」や日産「リーフ」など … されたのが、トヨタが2020年に実用化を目指す自動運転車への製品採用である。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「自動運転技術に群がる新興企業、成功への「狭き道」 ダイヤモンド・オンライン」など、2017年11月1日     ニュース

ニュース

自動運転技術に群がる新興企業、成功への「狭き道」

10月27日、シリコンバレーで最も注目されている企業の1つである米電気自動車大手テスラに勤めていたLei Xu氏とJustin Song氏は、自動運転車への関心や …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

グーグル、育てAI運転手 「謎の城」で特別訓練

米グーグルは30日、自動運転車の試験場として作った「架空の町」を初めて公開 … カリフォルニア州の米軍基地の跡地にある91エーカー(0.36平方キロメートル)もの広大な敷地を使い、グーグル系のウェイモが自動運転技術の開発を進めている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

百度・李CEO「完全自動運転車が来年から走る」

百度は自動運転技術を提供し、北京汽車は設備機器の生産を請け負う。2019年には自動運転技術「レベル3」の自動運転自動車の量産を、2021年には「 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

難しい右折可能に 自動運転の新技術

日産自動車自動運転開発部の飯島徹也部長は、「この場所からスタートして、この場所に戻ってくる。基本的に一切、「手」操作はしない。全部自動でやる」と話した …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

KPMG、自動車・運輸産業に向けたホワイトペーパーを刊行

人工知能(AI)の1つの形態であるディープラーニングの進化が、自動運転技術を劇的に進化させるとともに、自動車業界のみならず運輸産業をも変えつつあります …