「自動車部品マグナが「リフト」に200億円出資 自動運転車の開発強化 Forbes JAPAN」など、2018年3月18日     ニュース

ニュース
自動車部品マグナが「リフト」に200億円出資 自動運転車の開発強化

ライドシェア大手の「リフト(Lyft)」は、カナダに本拠を置く自動車部品大手「マグナ(Magna)」と自動運転車の開発でパートナーシップを締結した。 … によると、同社は自前の自動運転技術を開発しながら、今後もゼネラルモーターズやウェイモ、フォード、AptivやnuTonomy、ジャガーランドローバーなどと自動運転車のパイロット …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
動画:に話しかける人もいた自動運転車の試乗イベント 人はどこまでAIを信じられるか?

Googleから独立して現在も自動運転車の研究開発を続けているWaymoが、一般向けの先行試乗イベントを実施。その模様を公開した。 先行試乗はアリゾナ州フェニックスの公道上で実施されている。体験する人は後部座席に着席しており、緊急時に人間が操作を代わることは想定していない。これは自動運転技術の難易度 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
GM:自動運転量産の生産拠点をミシガンに決定

「UAWは加盟各社とともに次世代モビリティを作り上げる準備を進めている。今回の投資は我々の、自動運転車を作るという意気込みを強調するものだ。伝統的なクルマから最新技術まで、我々のメンバーには素晴らしい製品を届けるポテンシャルを有している」とUAW ゼネラルモーターズ部門・副会長のシンディー・エストラーダ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日野自動車<7205>のフィスコ二期業績予想

トラック・バスなど商用が主力。トヨタの連結子会社。インドネシアやタイなどが稼ぎ頭。自動運転などの技術開発を担う先進技術本部を今年2月新設。トヨタとマツダのEV開発会社にも参画。18.3期3Qは増収増益。 国内は昨年5月の新モデル効果で販売台数増。海外はタイが低調もインドネシアが増勢。米国も伸びる。18.3 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
トヨタ自動車、『スラムダンク』の「桜木花道ロボット」開発 フリースロー100%成功

トヨタ自動車が、バスケットボールのフリースローロボット「Cue」を開発した。(イメージ写真提供:123RF). 台湾メディア・ETtodayは17日、日本のみならず世界を代表する自動車ブランドのトヨタ自動車がこのほど「AI桜木花道」を作ったとする記事を掲載した。 記事は「AI(人工知能)とロボットの結合は、人類により便利な生活を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動車部品マグナが「リフト」に200億円出資 自動運転車の開発強化

リフトは昨年、自動運転システムの開発競争に参入したが、ライバルのウーバーやウェイモらがこの分野では先行している。マグナは企業規模が大きく、世界中に自動車メーカー向けに幅広い部品を提供しているほか、車両開発も行っている。リフトはマグナとの提携で、この分野での遅れを一気に挽回することが期待できる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「信号がいらなくなる未来 – 自動運転車と「サイバー信号機」 マイナビニュース」など、2018年3月16日     ニュース

ニュース
信号がいらなくなる未来 – 自動運転車と「サイバー信号機」

アメリカ・ドイツをはじめとして、自動運転車の開発を推し進める各国政府は、一貫して “Safety is the number one priority” (安全が1番優先すべきこと) を方針として掲げています。特にアメリカ運輸省 (US Department of Transportation) は、2016年に「30年後に交通事故死ゼロを実現する」という声明を出し、自動運転技術へ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
群大、道路標識メーカー共同研究へ 自動運転車との「路車間通信」開発

自動運転技術を研究している群馬大は14日、道路標識メーカー大手の「アークノハラ」(東京都新宿区)と共同研究の契約を結んだ。交通標識など道路側の設備から交通情報を発信して、自動運転車に伝達する「路車間通信」の開発が目的で、完全自動運転車の実用化に向けた道路インフラの調査研究に取り組む。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「世界最高のレベル5システム」へ–Lyft、自動車部品大手Magnaと自動運転で提携

Lyftは自社の自動運転技術を全力で推し進めている。 Lyftは米国時間3月14日、北米最大の自動車部品サプライヤーMagnaと提携したことを発表した。この提携の下、両社は自動運転車システムに共同で投資し、開発と製造を進める。両社の目標は、あらゆる自動車メーカーが利用できる自動運転技術を作り出すことだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米トヨタ、新型開発にロボットカー導入…荒れた路面での耐久テストに

北米トヨタは3月14日、新型の開発における耐久テスト車両自動運転技術を導入した、と発表した。 今回の発表は、耐久テストの安全性と効率を向上させるのが目的。テストコースに設けられている荒れた路面での耐久テストを行う車両に、自動運転技術を採用している。 2019年モデルとして米国で発売予定の新型『 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
群馬大、自動運転でアークノハラと共同研究

地域や路線を限定せずに自動運転可能なを開発するのは、技術的なハードルが高いとみているためだ。 道路標識の開発・製造を手がけるアークノハラと組んで、自動運転に必要な道路と車両間の通信(路車間通信)技術の開発を目指す。 具体的には(1)通信方式の開発や通信内容(2)通信内容をどのように車両の制御に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
GM、2019年から自動運転車を生産へ…米国の2工場に投資

GMは3月15日、米国ミシガン州の2工場に総額1億ドル(約106億円)を投資し、2019年から自動運転車の生産を開始すると発表した。 … この自動運転の実用化に一丸となって取り組むには、システムの安全性に関して、シリコンバレーが培ってきたソフトウェアの知識や技術と、世界中に広がるGMチームやデトロイトが誇る …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
マグナとLYFT、自動運転システムの量産開発と生産で複数年間の協業を発表

このようなパートナーシップは業界初となり、マグナとLyftによる自動運転システムの量産開発・生産を可能にする。また、この協業により開発・生産された自動運転車が今後Lyftのライドシェアネットワークに採用されるようになるだけでなく、さらに、その幅広い使用事例を基に、マグナが同自動運転技術をグローバル・モビリティ・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
東京でつかむ、自動運転の世界切符

現在開発中の多くのモビリティー技術により、東京オリンピック・パラリンピック(以下、東京五輪)の成功に貢献していきたい」――。トヨタ自動車社長の豊田章男氏は2020年 … 五輪が開催される2020年の東京は、主要各社にとっても開発中の自動運転車の実力を試す絶好の機会となる。東京は、自動運転車にとって解決しがい …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ST、自動運転に対応する世界初のマルチバンドGNSS測位用ICを発表

STマイクロエレクトロニクスは、自動運転に要求される測位精度と機能安全に対応した世界初のマルチバンドGNSS測位用IC「Teseo APP(Automotive Precise … コントロール(ACC)、自動駐車、自動操縦といった自動化システムの普及や、将来の完全自動運転車の実現に向けて、高精度な測位技術が求められている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
無ハンドル量産に100億円 米GM、2工場に投資へ

量産するのは小型電気自動車「シボレー・ボルトEV」をベースにした「クルーズAV」。特定の場所を走るといった一定の条件下で、全ての操作をシステムが担う「レベル4」に分類される自動運転技術を搭載する、世界初の量産になる可能性がある。 GMは17年1月にミシガン州の工場で走行試験に使う車両の生産を始め、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ウェブ
自動運転車の事故を記録、サイプレスがメモリーICの新製品

会見に登壇したSam Geha氏(Corporate Exective VP, Memory Product Division)によれば、これから自動運転車が普及してくると、今回の新製品の活躍の場が一気に広がるという。「例えば、初期の自動運転車ではドライバーが運転することも、運転をクルマに任せることもある。また、技術が進めば、完全自動運転車同士の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
車のAI化が生む非対称

米国防総省の研究機関出身で、トヨタ自動車人工知能(AI)開発の責任者をするギル・プラット・トヨタ・リサーチ・インスティテュート最高経営責任者(CEO)は、お気に入りが「パーソン・オブ・インタレスト」という米テレビドラマだそうだ。 AIによる犯罪予知を描いたシリーズもので、人間的なAIと冷めた性格のAIが複雑に絡み合っ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
次世代自動車で日本企業が大暴れ、センサー・半導体・電池で世界制覇

今やクルマの世界は未来形として人工知能を積み込み、いつでもどこでも誰とでもつながるコネクテッドカーが嘱望されている。そしてその流れは、人類の夢であった完全自動走行運転にもつながるのだ。またEVや燃料電池に代表されるようなエコカーが主役になってくるのは間違いのないところだ。 こうした状況下で世界制覇を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ドイツ自動車業界、実世界のブロックチェーン利用を促進

私たちは設立者と協力して、ブロックチェーン、人工知能、モノのインターネット、サイバーセキュリティ、モビリティの分野で新しいソリューションを開発したいと考えている。もちろんこの研究所にいる専門家も一緒に」。 ブロックチェーン自動車分野にすでに関わっていた企業もまた、これら大手企業の参入がエコシステムの成長に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
<政協>無人自動車デビューは3~5年後=李彦宏委員

李社長はまた、「4、5年も経てば、一般道でも無人運転自動車が走れるようになるだろう」としたうえで、「人工知能がもたらした革命は産業革命に匹敵するもので、多くの分野でこれまでにない体験をもたらしてくれる」と述べ、この先20年から50年の間、人工知能が中国の経済成長推進の重要なエンジンになるとの考えを示し …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
「世界最高のレベル5システム」へ–Lyft、自動車部品大手Magnaと自動運転提携

Lyftは自社の自動運転技術を全力で推し進めている。 Lyftは米国時間3月14日、北米最大の自動車部品サプライヤーMagnaと提携したことを発表した。この提携の下、両社は自動運転車システムに共同で投資し、開発と製造を進める。両社の目標は、あらゆる自動車メーカーが利用できる自動運転技術を作り出すことだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
とネット、分業模索

自動運転の開発競争で異業種の合従連衡が進んでいる。米グーグル系のウェイモや米ウーバーテクノロジーズなどのネット系企業は自動運転システムの開発に特化し、自動車メーカーが担う車体や駆動部分の開発、整備との「分業」を模索している。自動運転車とシステムを一体で開発しない流れが加速する可能性もある。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転スタートアップ、韓国はなぜ少ないのか(1)

カリフォルニアでは約50社が自動運転車運行許可を受けてテスト中だ。日本や中国を含めると世界ではすでに1000台以上の自動運転車が道路を走っている。このように世界で自動運転車開発競争が激しくなり、関連スタートアップも次々と登場している。こうしたスタートアップとグローバル自動車企業間の投資や買収・提携も …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転スタートアップ、韓国はなぜ少ないのか(2)

部品会社も同じだ。自動車業界の関心と投資が不足している。また、グーグル・Uber・バイドゥ・滴滴出行のように自動運転車技術に関心を向けて熱心に投資するIT大企業が多くない。ネイバー、カカオモビリティなどが本格的に投資を始める段階だ。現代は今年1月、米国自動運転スタートアップのAuroraとの提携を発表した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「GMも圧倒する「グーグル」自動運転技術の脅威 東洋経済オンライン」など、2018年3月8日     ニュース

ニュース
GMも圧倒する「グーグル」自動運転技術の脅威

自動車業界は今、「CASE」の頭文字を取って、コネクティビティ=通信との接続、オートノマス=自動運転、シェアリング=共有サービス、エレクトリックモビリティ=電動化 … 自動運転やコネクティッドといった新技術が組み合わされると、ロボットタクシーや無人運転のライドシェア、さらにはeコマースと連動した自動配送の物流 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日本郵便、自動運転20年までに実用化 12日の実験開始前に式典

今回の実験では、運転席と助手席に人が乗り、万一の場合には運転操作を行う。 実験は、自動運転技術を開発している「アイサンテクノロジー」(名古屋市)と「ティアフォー」(同市)両社の技術を導入。一般のミニバンの屋根の上に周辺環境を認識する3次元センサーを設置し、周囲の環境を把握して障害物との距離を計算し …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【岩貞るみこの人道医】一般道での自動運転が実現できない最大の理由

たしかにクルマ同士の事故は、クルマ同士がコネクテッドしてぶつからないようにと技術の開発が進んでいる。でも、こう言ってはなんだが、クルマの中にいる人はエアバッグや衝撃吸収ボディがあるから、速度さえそれなりに落とせばなかなか死ぬような事故にはならない。自動運転なんてなくても、交通事故死者数は削減できる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
京都大学、タダノ/クレーンなど自動運転化へ共同研究着手/包括契約締結 [2018年3月8日1面]

京都大学とタダノがICT(情報通信技術)と人工知能(AI)を活用し、クレーンや高所作業などの自動運転を実現する共同研究に乗りだす。7日に都内で包括連携契約を締結した。タダノのクレーン技術と京大が持つ先端研究の知見を融合し、無人で動く遠隔稼働式クレーンや高所作業を開発。建設業の慢性的な人材不足を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタがAI分野におけるソフトウェア開発体制を強化

自動運転技術は日進月歩である。つまり、ハードウェアである車両の性能よりも、そこに組み込まれるソフトウェアとデータの重要度が増していることはいうまでもない。 先週、トヨタはAIのソフトウェア研究開発の新会社を設立したと発表した。トヨタのほか、グループ企業のアイシン精機、デンソーも出資をし、総額3000億円の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
コネクテッドカーが上海の公道走る、テスト区間も近く整備へ

上海の自動運転技術は、閉鎖空間での走行試験から、実地テストの時代に入った。現在の自動運転車はまだ完全な「無人運転」ではない。安全上の理由から、自動運転車の走行試験では、いざという時に手動運転に切り替えられるよう、運転手を配備している。 遠くから見ると、道路を走っている自動運転車と普通の自動車は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アイシングループ、シリコンバレーのVCと55億円のベンチャー投資ファンドを設立

アイシングループがファンドを組成した背景は、電気自動車(EV)や自動運転車、ライドシェアサービスなど、自動車産業での新興技術の勃興がある。アイシンは、シリコンバレーを中心に世界中の技術を発掘しているフェノックスVCと協力することで、世界最先端技術へのアクセススピードの加速、自動車産業の底上げにつながる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
これからの「ラジオ」の生き残り戦略[ITmedia NEWS アンカーデスクマガジン 水曜日版 2018/3/7]

注目点を明確にしてディスカッションが行えるので、技能伝承や技術継承、社員研修、安全教育ツールとして活用できます。 … 体制、3000億円以上投資へ http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1803/02/news094.html トヨタ自動車は3月2日、自動運転に必要なAIソフトの研究開発などを手掛ける新会社「Toyota Research …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
人工知能のカラクリは数学? ―「人工知能の数学」をゼロから学べる参考書

自動車の仕組みに詳しくなくても自動車を運転できるように、数学を使わないで人工知能を扱う方法もたくさんありますが、モデルの精度を上げたり、チューニングしたりするためには、数学の知識が必要になることがしばしばです。 本書は、高校数学のキホンからていねいに学習することで、初めて大学レベルの数学を学ぶ方や、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「2040年、主役は自動運転車 AIで車内と街の見守りも 日本経済新聞」など、2018年3月7日     ニュース

ニュース
2040年、主役は自動運転車 AIで車内と街の見守りも

環境規制の強化による電動化や自動運転技術の進化を核として、2040年に向けてクルマ技術は大きく変わる。一部の国で … 本稿では自動運転技術とその実現を支えるセンサー、人工知能(AI)の将来の姿を探る。 □75%が自動運転車に. 2040年、道路交通の主役は自動運転車になり、運転免許はほぼ不要になる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車で郵便物配送、日本郵便が東京都心で実証実験へ

実証実験期間は3月12日から16日。自動運転車が千代田霞が関郵便局を出発し、西新橋郵便局を経由して銀座郵便局まで、郵便物などを輸送する。実証実験には自動運転技術の開発を手がけるアイサンテクノロジー、ティアフォーのほか、損害保険ジャパン日本興亜、東京都(東京自動走行ワンストップセンター)が協力する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転もっと身近に フォードが宅配実験、ウェイモは疑似体験動画 (1/2ページ)

フォードの自動運転車・電動化担当バイスプレジデントのマラクバイ氏は「フロリダの実験で、ビジネスモデルの検証を行う。顧客の反応を調べ、その結果を2021年に市場投入を計画している専用のデザインに生かす」と説明した。 同社は荷物の配達を自動運転の将来の鍵とみている。ウェイモやゼネラル・モーターズ(GM)は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマは“動く居住空間”へ、VWがコンセプトEVを公開

クロス)」、MPV(多目的)の「I.D. BUZZ(アイ.ディ.バズ)」を発表している。 音声やAR技術を介した操作や完全自動運転、インターネットへの常時接続などの機能によって、乗員を運転から解放し、乗員に新しい自由な時間を提供する。AR技術には、米マイクロソフト(Microsoft)の「HoloLens」を利用する。学習機能を備えた …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「Waymo」が公道を自動運転車で走行する様子を収めた360°動画を公開

Googleの自動運転車開発プロジェクトが独立し、アルファベット(Alphabet)傘下となった「Waymo」。 同社はGoogle時代の2009年に自動運転車の開発をスタートさせ、既に公道での実走行テストを800万km以上に渡って行なうなど、自動運転技術で他社を凌駕しています。 そうしたなか、同社は動画サイトで自動運転車に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
エアバスとアウディがタッグ! 空を飛び、地上も走る自動運転車「Pop.up」が進化

空を飛び、地上も走る自動運転車「Pop.up」が進化. エアバスが、モジュラー式の空飛ぶ自動運転車「Pop.up」の構想を明らかにしたのは昨年3月のこと。それから1年、その進化 … ご存知のとおり、エアバスは空飛ぶタクシーを開発中で、アウディは自動運転やバッテリー分野で技術を積み上げている。また、イタルデザインは …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車の実用化を支援、国家標準拡充へ

自動運転車に関する韓国の国家標準(KS)が、現在の93種から2021年には200種に増える見通しだ。産業通商資源省の国家技術標準院は7日に自動運転車の実用化に向けた標準作りの研究会を開き、業界関係者と共に標準化計画をまとめ、KS適用対象の拡大などを話し合う。 政府は運転… 関連国・地域: 韓国.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
VWのEVセダンは「モデルS」に対抗、自動運転中は「HoloLens」で拡張現実

ステアリングやペダルのない、レベル5の自動運転車となる。バッテリー容量は111kWh、走行距離は最大で665kmだ。 EVのコンセプト「I.D.」シリーズの4車種目となる。車両サイズは全長5163×全幅1947×全高1506mmで、ホイールベースを3100mmとし、プレミアムクラスのセダンと位置付ける。同シリーズでは、これまでに …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日中韓の5G商用化「実はいばらの道」中国メーカー米市場参入に立ちこめる暗雲

韓国メーカーは、5Gを自動運転車の基幹技術の一つと位置づける。2月6日配信の中央日報日本語版によると、業界大手のSKテレコムは19年の自動運転商用化を目標に据える。自動運転車2台による実験では、前方が事故を予測して停車した際、その情報を0.001秒で後続に伝えて停止させることに成功した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NVIDIA、世界トップクラスの AI エキスパートが集結する GPU テクノロジ カンファレンスを開催

本カンファレンスで初めて世に出る技術も多く、AI の進化をけん引し、仮想現実や自動運転車を実現する企業と直接コミュニケーションを図ることのできる、 … ・200超のスタートアップが独自の高い技術力をアピールします。3 月 27 日(火)午後 4:30~5:30 (太平洋標準時間)に行われる NVIDIA Inceptionアワードの最終選考 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
VWのEVセダンは「モデルS」に対抗、自動運転中は「HoloLens」で拡張現実

Volkswagen(VW)は、「ジュネーブモーターショー 2018」(プレスデー:2018年3月6~7日、一般公開日:2018年3月8~18日)において、電気自動車(EV)のコンセプトセダン「I.D. VISION」を世界初公開した。ステアリングや … 乗員の好みや感情を理解する学習機能を備えた人工知能「バーチャルアシスタント」も搭載している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
Uber、自動運転でWaymoとの連携を熱望との噂

常に話題に事欠かないUber(ウーバー)に、こんな噂がでています。自動運転車開発のWaymo(ウェイモ)との提携を視野にいれている、と。Waymoとなにを話しているのか、どういう状態にあるのか、詳しいところはわかりませんが、Uber側が提携を希望しているらしいという噂です。 あれ? UberとWaymoといえば、先月、特許 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日本郵便 自動運転車で配送実証実験へ

日本郵便は、自動運転車による郵便物配送の実証実験を、来週から東京都内で始める。 実験では、東京・千代田区の日本郵便本社内にある郵便局から、銀座郵便局までのおよそ2kmの区間で、自動運転車を使って郵便物を運ぶ。 センサーやカメラなどで信号や障害物を認識しながら自動運転を行い、安全を確保するため …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「[FT]米カリフォルニア州、完全自動運転車の走行解禁へ 日本経済新聞」など、2018年3月1日     ニュース

ニュース
[FT]米カリフォルニア州、完全自動運転車の走行解禁へ

米カリフォルニア州は、運転席に人が座らない完全自動運転車の走行を解禁する新たな規則を承認した。シリコンバレーのロビイストにとって念願の勝利だ。 同州の車両管理局(DMV)が自動車メーカーとIT(情報技術)企業に対し、「自然人」が乗らない自動運転の走行試験に青信号を出した。 これまでは緊急事態に備え、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
無給油1000km走行し、今できる自動運転まで全部入ったセレナe-Powerの衝撃

そのノートの大躍進を実現したのが「e-Power」というパワートレインです。 この「e-Power」は、電気自動車リーフで培ってきた電気自動車の技術に電気をガソリン発電供給するという、いわばいいとこどりの現状の電気自動車の最適解です。つまり、ガソリンは使いますが、を動かしている駆動はモーターそのものなので、制御も …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転技術ってどこまで来ている? AIの「認識」「判断」能力向上がカギ

自動運転の実現に向けては、パソコンの頭脳であるCPUを開発する米インテル社と日産自動車が提携したり、米グーグル系の自動運転開発会社ウェイモが、 … 本欄では、今後の自動運転に関するニュースを楽しみに見るためにも、その技術がどこまできているのか、何が課題なのかについて、ざっくり解説したいと思います。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
購入前に押さえておきたい豆知識 SUV選びチェックするべき4つのポイント

装着の有無に加えて実走行での使い勝手も比較したい もはや必須装備となった安全&運転支援装備。その中核となる衝突回避システムのチェックポイントは、回避対象に歩行者や自転車を含むか。都市部の走行が多いユーザーにとって特に重要だ。予防安全機能は自動運転技術を応用した運転支援と車両周辺状況の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車が電車になる日

年が明けて間もなく、ラスベガスで世界最大級の最新技術の見本市CESが開催された。過去10年間CESの主役であった … これまで「トヨタのに乗る」と考えられていた。今後、ライドシェア、自動運転などが進み、「e―Palette」のような世界観が広がっていくことで、電車と同じように「(自動車サービス)に乗る」となるはずだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ベンチャー出資 自動運転開発強化

… 割当増資を引き受け、資本提携すると発表した。自動運転技術の開発を強化する。出資比率は5%で金額は非公表。アイシンがベンチャー企業に出資するのは初めてという。 イデインは2015年4月設立で、AIを使った画像認識技術に強みを持つ。の周りの障害物を検知し自動走行で駐車するシステムへの活用を目指す。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルネサス、レベル3、4の自動運転システムの実用化に向けスマートカメラ用SoC「R-Car V3H」を発表

例えば、自動運転を実現するには3次元の空間の中において自と不特定多数の障害物の位置関係を把握しつつ、さらに障害物が何であるかを認識しなければなりません。この実現には、AIを取り入れたコンピュータビジョン処理が期待されており、今回のR-Car V3Hは業界最高レベルの低消費電力技術により、わずか0.3W( …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動車が電車になる日

モーターショーのように自動車の最新モデルが展示されているのではなく、インターネットにつながった「コネクテッドカー」、人工知能(AI)により実現しつつある自動運転車など、世界中の自動車メーカーがそれぞれの「未来のクルマ」像を提示している。 今年、ひときわ面白い発表をしたのが日本メーカーの雄、トヨタ自動車だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
誰もがCMを制作できる自動車販売サイト

Campaignの視点: 制作されたCMは単に「かろうじて鑑賞に堪える」といったレベルでなく、見ていて楽しい作品に仕上がっており、感銘を受けた。クリエイティブ領域で人工知能の技術をどのように活用できるかを、証明した取り組みといえるだろう。 (文:マシュー・ミラー 翻訳・編集:田崎亮子). 提供: Campaign Asia-Pacific.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
コネクテッドカー(乗用車)、2035年に1億台超

予測によると2035年には、世界で販売される新車のうち、96.3%がコネクテッドカーになる見通しだ. 富士経済は、自動運転技術との融合が進むコネクテッドカーやサイバーセキュリティに対する取り組み、AI(人工知能)と自動車の関連性、テレマティクスサービスなど、35品目の市場について調査し、将来の市場を予測した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
フォード、自動運転車によるピザ宅配実験–マイアミで

Fordは、宅配に関する新たな提携の下、フロリダ州マイアミの路上での自動運転車の実験をまもなく開始する。 Reutersが報じているように、Fordは、GoogleからスピンアウトしたWaymoやGeneral Motorsといった競合企業のように独自の自動運転車を開発するのではなく、提携を推進することによってこの新しい分野に参入 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「現代自、燃料電池車でソウルから平昌まで自動運転 日本経済新聞」など、2018年2月7日     ニュース

ニュース
現代自、燃料電池でソウルから平昌まで自動運転

現代グループは、21年までにスマートシティーでレベル4の自動運転システムを実用化し、30年までには無人自動運転技術の商業化を計画している。また、自動運転車の実用化に向けてV2X技術の研究やインフラ構築も行っており、17年10月には米国のモビリティー研究機関のACM(American Center for Mobility)の最先端 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
GM、自動運転に年1千億円を投資

【ニューオーリンズ=兼松雄一郎】米ゼネラル・モーターズ(GM)は6日、2018年中に自動運転技術の開発に10億ドル(約1090億円)を投じると公表した。従来は年6億ドル程度の投資だったが、今年はペースを上げる。 GMはハンドルもペダルもない量産型の自動運転車を米国で19年に実用化する計画だ。実験中のGMの自動 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
2021年に完全自動運転システムの市場投入へ!NVIDIAとコンチネンタルが自動運転車向けAI車載 …

同提携は、レベル2(部分自動運転)から、車両にハンドルやペダルが搭載されていないレベル5(完全自動運転)機能までの、幅広いAIコンピュータ・システムの … 多機能カメラ、サラウンド・ビュー付き魚眼カメラ、短距離および長距離レーダー・センサー、高解像度3D Lidar技術に加え、支援運転・自動運転向け中央制御装置が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
国土交通省:福岡県みやま市において、自動運転サービスの実証実験を2月17日から開始

国土交通省では、高齢化が進行する中山間地域における人流・物流の確保のため、「道の駅」等を拠点とした自動運転サービスの2020年までの社会実装を目指し、全国13箇所 … みやま市役所山川支所」自動運転実証実験における主な検証項目は、以下のとおり。 … 自動運転としてのシステムは、路連携型技術を用いる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
2台で5G送受信、SKTが自動運転試験

2台で5G送受信、SKTが自動運転試験. 韓国通信大手のSKテレコム(SKT)は5日、韓国国土交通省傘下の韓国交通安全公団と共同で、2台の自動運転車が第5世代(5G)移動通信技術でデータを送受信しながら走るテスト走行に成功したと発表した。 テスト走行は、自動運転車の試験のために京畿道華城市に造成され…
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
と自転車、歩行者の共存を

ですから、例えば主な施策の中には「交通不便地域における新たな生活交通確保」というものがあるので、中心市街地では難しくとも、施策としてそうした地域での実験などはできるのではないかなぁ、と。自動運転自動車の存在は、自転車とどう共存できるのか。自動運転技術レベルや、導入の度合いによっては、専用レーンを …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アウディ、自動運転可能なセダンを4月発売

アウディ、自動運転可能なセダンを4月発売. 中国第一汽車集団(一汽集団)とドイツのフォルクスワーゲン(VW)による合弁、一汽大衆汽車(吉林省長春市)は、アウディブランドから「レベル3(条件付き自動運転)」の自動運転技術を搭載したセダン「A8L」の新型を発売する。計画では4月に販売を開始する予定。6日付…
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ヤフー、顧客企業とビッグデータを活用する新規事業を創出…日産自動車などと実証実験

ヤフーは、顧客企業の持つデータとヤフーのビッグデータ・人工知能(AI)技術を融合して顧客企業の活動を支援する新規事業創出に向けた実証実験を、本格的に … 実証実験に先行して日産自動車、江崎グリコ、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)、神戸市、福岡市といった企業・自治体などそれぞれと実証実験を進めている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
2021年に完全自動運転システムの市場投入へ!NVIDIAとコンチネンタルが自動運転車向けAI車載 …

提携は、レベル2(部分自動運転)から、車両にハンドルやペダルが搭載されていないレベル5(完全自動運転)機能までの、幅広いAIコンピュータ・システムの … NVIDIAは今回の提携とは別に、トヨタ、日産、アウディ、メルセデス、テスラ、バイドゥなどと自動運転向けAIコンピューティング・エコシステムでの連携を発表している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「完全自動運転車の公道走行、GMが2019年までに実現へ clicccar.com」など、2018年1月28日     ニュース

ニュース

完全自動運転車の公道走行、GMが2019年までに実現へ

clicccar.com(クリッカー)
2019年までに「自動運転車」による公道走行実現を目指すゼネラルモーターズ(GM)が1月12日、米運輸省に「クルーズAV」(自動運転車)の公道走行許可を申請 … その実現に向け、シリコンバレーが培ってきたソフトウェアの知識や技術と、世界中に広がるGMチームやデトロイトの製造技術を融合、「安全性」を中心に据え、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

トヨタは自動車業界「100年に1度の破壊と創造」を生き残れるか

なかでも米シリコンバレーに拠点を置く「ユダシティー」という企業の動向が興味深い。グーグルで自動運転を担当していた元役員が設立した会社で、オンラインを通じて人工知能(AI)やセンサーなどの最新技術を習得できるサービスを提供している。世界で約400万人の技術者が登録しており、学び直しに活用しているそうだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

のサイドドア開閉を自動化、でも歩行者が接近した時は開きません

三井金属アクト(横浜市西区、真鍋貴志社長)は、自動車のサイドドアを自動で開閉するための電動ユニットの開発を本格化する。自動運転機能を使った無人の送迎車両への搭載を想定。画像認識技術を活用し、歩行者やバイクなどの接近時にドアを開けないようにするなど安全に配慮する。2020年の開発完了を目指す。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

血糖値を診るコンタクト・盗られたNEMを追う日本人技術者・フライングカー開発ネット講座 #egjp 週末版106

講師はGoogleで自動運転車プログラムのリーダーだったSebastian Thrun(スクールの創設者)や、MIT教授で2017年にはオーストラリアでブリトーのドローン配送プロジェクトを率いていたNicholas Roy、トロント大学航空宇宙工学教授Angela Schoellig、Amazon Roboticsの前身企業を創設したRaffaello D’Andreaといった …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース

トヨタは自動車業界「100年に1度の破壊と創造」を生き残れるか

グーグルで自動運転を担当していた元役員が設立した会社で、オンラインを通じて人工知能(AI)やセンサーなどの最新技術を習得できるサービスを提供している。世界で約400万人の技術者が登録しており、学び直しに活用しているそうだ。技術革新が速く、知識が陳腐化していく時代に求められるサービスと言えるだろう。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「自動運転の安全性 公道試験前に評価 自動車研が新サービス 日本経済新聞」など、2018年1月25日     ニュース

ニュース
自動運転の安全性 公道試験前に評価 自動車研が新サービス

日本自動車研究所 25日、自動運転車の安全性を公道での実証実験に備えて事前評価するサービスを2月に始めると発表した。車両に載せたシステムが走行時に正確に動くかを調べるほか、テストドライバーが緊急時に対処できるかなどを試験する。評価結果を公道実験開始までの技術改良などに生かしてもらう。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ボッシュ、ボーダフォン、ファーウェイ、運転支援システムなどの車両情報を5G通信するC-V2X技術を開発

3社が開発を進めるC-V2X技術では、運転支援システム等の情報を車両間で通信することで、運転支援システムを搭載する車両はその情報をもとにこれまでよりも早いタイミングで自動的に車速を調整するため、割り込み車両にもスムーズに対処しやすくなるという。 また、C-V2X技術のネットワークに接続した車両は、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
徐々に進むEV化 でもその前に

そのためには自動運転も欠かせない技術という位置づけになるだろう。自動運転に関しては、パーソナルな車両にも搭載されるが、ドイツではリージョナルに使われる公共の乗り物から始まりそうだ。それはリージョナルなロジスティックス、カーシェアリングなどだ。北米では2018年の今年からフリーウエイでのCar to Car通信 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
GM、フォード、テスラが「自動運転機能」活用で新事業への進出を計画か?

clicccar.com(クリッカー)
日経新聞によると、GMは2016年に買収したベンチャー「クルーズ」社の技術をベースに、「セルフドライビング タクシー」サービスを自ら手掛けるそうで、高利益率事業の実現を目指す模様。またフォードも自動運転車を活用したサービス展開計画をデトロイトショー2018で発表。2016年に買収した「チャリオット」社と共同でライド …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AIは間違っても責任を取らない、ここに新ビジネスの種が

では、自動運転車で事故が起きた時には、だれがその責任を負うことになるのか。AIに刑事罰を課すことはできない。すべての責任をメーカーに課していたら、ビジネスは成立しないことだろう。自動運転は、自律走行の性能だけではなく、そろそろこの辺りをケアした技術開発や制度設計が必要になってきている。これは、自動 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
科学技術と市場の未来 そして投資家の責任(大機小機)

例えば自動運転車は万が一の時、歩行者と運転者のどちらを最優先で守るべきなのか。デザイナー・ベビーと遺伝子治療の境界線はどこか――技術の使い道や倫理の議論を後回しに、きらびやかな新技術だけ追いかけるのは危うい。 それは科学技術に資金をつける投資家の宿題でもある。新技術への投資でたとえ収益を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「アキュラウォッチ」搭載、アキュラ RDX 新型の先進運転支援…デトロイトモーターショー2018

ホンダの海外向け高級ブランド、アキュラは米国で開催中のデトロイトモーターショー2018において、新型アキュラ『RDX』のプロトタイプに、最新の「アキュラウォッチ」を搭載すると発表した。 アキュラウォッチは、アキュラの先進運転支援システム(ADAS)の総称。 … 将来の自動運転技術につながる先進安全技術を導入する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【電子版】論説室から/進むの電動化、サプライヤーは将来見据えた事業展開を

自動車サプライヤーの動向に詳しい立命館大学の佐伯靖雄准教授は「近年、電動部品の分野ではボッシュやコンチネンタルといったドイツ系部品メーカーの参入が増えている。自動運転の要素技術でも両社が上位に食い込んでおり、日本でもドイツ系メガサプライヤーの台頭が著しい」という。 自動車産業は完成メーカーを …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ホ?ッシュ/ホ?ータ?フォン/ファーウェイ: コネクテット?カーの相互通信を実現

C-V2X技術はこれまで、高速道路上での車線変更時や前走が突然ブレーキをかけた際のリアルタイム警告システムとして用いられてきた。しかし、直接的な情報交換が可能になれば、ACCはドライバーに警告するだけでなく、自動的に加速したり、ブレーキをかけたりすることができるようになる。この新しい移動体通信技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ロボット・自動運転車の頭脳、オープンソースで開発へ

今日この頃、これらの技術はめざましい進歩を遂げ、完全自動運転の時代まであと一歩―― … それについて、すでに自動運転車「RoboCar®」や宅配ロボット「CarriRo®」の実証実験を公道などで行っているZMPはきょう、自社開発の自動運転用コンピュータIZAC(アイザック)において、汎用開発ツールである画像認識機能 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
DHLグローバル・トレード・バロメーター/自動車産業による日本の短期経済成長の牽引を予測

世界初となるこのグローバル・トレード・バロメーター(人工知能、ビッグデータ、予測分析を駆使することにより算定される国際貿易成長に対する早期指標)では、世界的な自動車需要の鈍化により最新の数値が直近数ヵ月の数値を下回ったものの、日本の短期貿易成長はプラスを維持すると予測しています¹。また、陸上車&部品 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「Waymo、アトランタでも自動運転車のテスト走行を開始へ CNET Japan」など、2018年1月23日     ニュース

ニュース
Waymo、アトランタでも自動運転車のテスト走行を開始へ

また、最近になってミシガン州で冬季のテストを開始したほか、サンフランシスコでもテストを再開している。 「世界で初めて完全自動運転車両を公道で走行させた当社は、その技術をさまざまな都市や環境に展開することに注力している。アトランタ都市圏で当社のテストを実施し、この人命を救う技術を、さらに多くの場所で多く …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
VWとヒュンダイが、創業1年の自動運転スタートアップと組んだ理由 狙いは幹部3人の「輝かしい実績」

ドリュー・バグネルは、Uberで自動運転技術開発チームを率いてきた(バグネルとアームソンは「DARPAグランド・チャレンジ」で、同じカーネギーメロン大学チームのメンバーだった)。 Auroraの若さは、この経営幹部3人の実力によって補われているようである。自律走行がいよいよ実現に近づいたいま、業界はさまざまな問題 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転隊列トラックの実証実験 静岡・新東名高速で

日野自動車などトラックメーカー4社と豊田通商は23日、自動運転技術を活用し、トラック3台が隊列走行する実証実験を静岡県内の新東名高速道路で始めた。運転手が乗るトラックに続いて無人運転が走る技術の確立を目指す。物流業界の人手不足の解消や労働時間の短縮につなげる。 浜松サービスエリア―遠州森町 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車向けの4次元レーダーシステム、マグナが発表…デトロイトモーターショー2018

マグナインターナショナル(以下、マグナ)は、米国で開催中のデトロイトモーターショー2018において、自動運転車向けの4次元レーダーシステムを発表した。 マグナは、カナダに本拠を置く大手自動車部品メーカー。29か国 … が、自動運転車向けの4次元レーダーシステム「ICON RADAR」。これは、米軍の技術を導入したもの。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
パイオニア 路線バスの自動運転技術開発に向け実証実験を開始

複数のバス会社を保有し路線バスの運行ノウハウを持つ、みちのりグループとカーナビゲーションで培った自位置推定技術や、自動運転に必要とされる走行空間センサー「3D-LiDAR」、自動運転用地図などの開発を進めるパイオニアは、それぞれの知見を持ち寄り、将来の自動運転社会の実現に向けて研究・開発を進めて …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NSW、自動運転・ADAS開発向けスターターキットを提供開始

また、このスターターキットの提供にあたり、NVIDIA製品の販売代理店であるマクニカ、「VEK-AI 2」の製造元であるエンルートラボとの協業により、自動運転車・コネクティッド・カーの普及を目指す顧客のプロジェクトサイクルをサポートする。 なお、NSWでは、本スターターキットを自動車メーカーや自動車部品サプライヤー、建 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
燃料電池の自動運転車向け、GMがプラットフォームを公開…デトロイトモーターショー2018

GMは、米国で開催中のデトロイトモーターショー2018において、水素燃料電池技術による自動運転車両向けプラットフォームを展示した。2017年10月の合衆国陸軍協会ミーティングで初公開されている。 この新開発プラットフォームは、「SURUS」(サイレント・ユーティリティ・ローバー・ユニバーサル・スーパーストラクチャー)と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
無人コンビニ、米シアトルに開店

アマゾンは「画像認識やセンサー、AIの技術自動運転車に使われているのと同じ」と技術力の高さをアピールする。当初は昨年初めにもオープンする予定だったが、正確性を高めるのに時間を要した模様だ。こうした技術が普及すれば、小売店の形態や雇用情勢まで変化させる可能性もあるが、米メディアによると、アマゾンは …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
レクサスの次世代SUV、自動運転「ショーファーモード」搭載…デトロイトモーターショー2018

レクサスは、米国で開催中のデトロイトモーターショー2018において、最上級クロスオーバーのコンセプトカー、『LF-1リミットレス』に自動運転技術を搭載すると発表した。 LF-1リミットレスは、レクサスが次世代のクロスオーバーを提案したコンセプトカー。ボディサイズは、全長5014mm、全幅1986mm、全高1605mm、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュアンス・コミュニケーションズ 視線検出を統合し対話型AIを搭載した「ドラゴン・ドライブ」が登場

ニュアンスのAI搭載式ドラゴン・ドライブの革新的な新機能は自動車のインテリジェンス&自動運転技術部門でCES 2018 イノベーション・アワードを受賞した。 … ニュアンスのオートモーティブ事業担当シニア・バイスプレジデントであるアーンド・ヴァイルは、「コネクテッドカーや自動運転車の実現が近付くにつれ、クルマは急速に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
「未来の自動車づくり」を牽引 AZAPAが起こすイノベーション

AZAPAは自動車に欠かせない「エンジン制御(ECU、電子制御ユニット)」に関する独自のコア技術をベースに、未来の自動車づくりにおける、さまざまな課題を解決する … AI(人工知能)による自動運転、コネクテッドカーなど自動車のあり方が大きく変わっていく中、同社は自動車メーカーと第1次サプラヤー(Tier1)との間に入り、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
次の成長をもたらす「カイゼン2.0」に必要なものとは?

これからの改善にはIoT(Internet of Things)や人工知能(AI)、ロボット、ブロックチェーンの新技術の導入が必須。 … 例えば自動車1つとっても、電気自動車の無線による給電、自動運転の公道実験の実現、人工知能(AI)搭載自動車の発売、3Dプリンターによるボディー製造など、これらは全て2017年の1年間で起こったこと …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AIで流体解析シミュレーションの時間はどこまで短縮できる?

ヴァイナス(大阪市北区、藤川泰彦社長)は、人工知能(AI)を使って自動車や航空機の流体解析シミュレーション時間を短縮する技術開発を進めている。シミュレーション … 例えば自動車では、車体に近い部分は空気や液体の流れなど「現象の変化」を大きく受けるので、メッシュを高密度に配置することが必要だ。しかし経験の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュアンス・コミュニケーションズ 視線検出を統合し対話型AIを搭載した「ドラゴン・ドライブ」が登場

ドラゴン・ドライブは、トヨタ、アウディ、BMW、ダイムラー、フィアット、フォード、GM、ヒュンダイ、上海汽車など2億台以上の自動車に搭載され、40以上の言語で対話型サービスを提供しているが、今回の新機能追加で一段と進化を遂げている。 ドラゴン・ドライブの新機能は、対話型人工知能と視線検出などの非言語モダリティ( …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
VWとヒュンダイが、創業1年の自動運転スタートアップと組んだ理由 狙いは幹部3人の「輝かしい実績」

ピッツバーグを拠点とするAurora Innovationは18年1月4日、自社の自動運転ソフトウェアを商業化するために、フォルクスワーゲンとヒュンダイ(現代自動車)の両社と契約を締結したと … またヒュンダイとの提携によって、Auroraのソフトウェアは同社の自律走行をはじめとするヒュンダイ製のクルマに搭載されることになる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「AIチップを巡って、半導体技術と業界構造が大転換の予感 日経テクノロジーオンライン」など、2018年1月22日     ニュース

ニュース
AIチップを巡って、半導体技術と業界構造が大転換の予感

クラウドサービスのベンダーも、スマートフォンをはじめとする電子機器のメーカーも、そして自動車メーカーまでも、人工知能(AI)関連処理を専門に実行するAIチップの開発に乗り出すようになった。AIの活用によるビジネスイノベーションの創出や仕事の高効率化のアイデアは、既に星の数ほど多く出てきている。ただし、実際に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産が自動車の未来技術を育てる! 5年で最大10億ドルを投資するVCを設立[CES2018]

このファンドは自動車の電動化、自動運転システム、コネクティビィティ、人工知能など、新たなモビリティに焦点を当てている新興企業や、技術起業家が参加するオープンイノベーションのパートナーシップを対象に、初年度は最大2億ドルを投資するというもの。既存の研究・先行開発チームと協力しながら投資を行う分野や市場 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
豪新車販売を拡大、IDOM 3年内に最大手目指す=羽鳥社長

羽鳥社長はまた、自動車業界には、T型フォードの大量生産が始まって以来の大変革が約100年ぶりに起きようとしていると説明。さまざまな企業が自動運転車や電気自動車(EV)、自動車関連の人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)、ライドシェアリングなどに参入する中、羽鳥社長は「車産業はネットだけでは完結しない …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
NVIDIA オートモーティブ事業担当副社長 ロブ・チョンガー氏のオートモーティブワールド招待講演レポート

中国のBaiduとドイツのティア1部品メーカーZFとの提携により、Baiduが中国で展開を予定している自動運転のプラットフォーム“Apollo”にNVIDIAのXavierが採用される予定であること、ドイツの自動車メーカーであるフォルクスワーゲンが、NVIDIAのAIやDRIVE IXを同社の車両に採用する予定であること、また、メルセデス・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車産業、世界中がEVシフト― 主戦場は中国市場、民族系とドイツ企業の動き活発/梅上零史

Kigyoka.com ベンチャー企業のためのメディア
中国第一汽車集団(吉林省長春市)、東風汽車集団(湖北省武漢市)、重慶長安汽車(重慶市)の中国国有大手3社は17年12月、包括的な戦略提携をすると発表した。EVや自動運転などの新技術開発、自動車の製造や部品調達、海外進出などを共同で進める。3社のトップが相互に入れ替わるなど統合に向けて動き出して …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
光で乗り物酔いを防ぐ、米大学が発明。自動運転の移動時間を有効活用

将来の自動運転車の普及に向けて、車内で読書やPC作業をして感じる不快感や酔いを防ぎ、これから増えるであろう(自動運転)車内移動時間の有効活用に … 大学自身が発信するニュースの見出しにもあるように、自動運転の時代に向けた技術ではありますが、特に自動運転車にかぎらず、これまで普通のクルマに同乗した …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
燃料電池の自動運転車向け、GMがプラットフォームを公開…デトロイトモーターショー2018

GMは、米国で開催中のデトロイトモーターショー2018において、水素燃料電池技術による自動運転車両向けプラットフォームを展示した。2017年10月の合衆国陸軍協会ミーティングで初公開されている。 … 自動運転技術を組み込んだ水素燃料電池プラットフォームで、GMは商業用途のほか、軍事利用での活用も見込む。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
レクサスの次世代SUV、自動運転「ショーファーモード」搭載…デトロイトモーターショー2018

さらに、LF-1リミットレスには、最新の自動運転技術を導入。ドライバーが、目的地までの運転操作を車両に任せる「ショーファーモード」を搭載。また、4Dナビゲーションシステムを装備。これは、ナビゲーションに時間の概念を取り入れ、車両や渋滞状況などを考慮し、休憩やレストランの提案、ホテルの予約など行うもの。情報は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産が自動車の未来技術を育てる! 5年で最大10億ドルを投資するVCを設立[CES2018]

このファンドは自動車の電動化、自動運転システム、コネクティビィティ、人工知能など、新たなモビリティに焦点を当てている新興企業や、技術起業家が参加するオープンイノベーションのパートナーシップを対象に、初年度は最大2億ドルを投資するというもの。既存の研究・先行開発チームと協力しながら投資を行う分野や市場 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
の進化9万6000人実感 札幌モーターショー閉幕

4回目の今回は、国内外27社38ブランドの四輪や二輪車など189台を展示。21日は3日間で最多の約4万1千人が来場した。 日産自動車の「リーフ」、ホンダの「アーバンEVコンセプト」などの電気自動車(EV)やスバルの「ヴィジヴ パフォーマンス コンセプト」など自動運転技術の搭載が特に注目を集めた。帯広市の会社 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタのこのクルマがもしわが国に入ってきたら、われわれの生活にどんな変化をもたらすだろうか=中国 …

記事は、今月9−12日に米ラスベガスで行われた世界規模の家電見本市・CESにトヨタが参加し、豊田章男社長自らが「eーパレット」という名前の新しい全自動運転電気自動車を紹介したと伝えた。そして、「eーパレット」には全自動運転車、電動自動車であることに加えて、最新のインターネット設備と技術を搭載しているという …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車産業、世界中がEVシフト― 主戦場は中国市場、民族系とドイツ企業の動き活発/梅上零史

Kigyoka.com ベンチャー企業のためのメディア
世界各国でガソリン廃止が政策として打ち出され、次世代自動車の本命は電気自動車(EV) という流れが出来つつある。 …. EVや自動運転などの新技術開発、自動車の製造や部品調達、海外進出などを共同で進める。3社のトップが相互に入れ替わるなど統合に向けて動き出しており、年間1千万台の生産規模を持つ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アドバネクス Research Memo(5):EVシフトによる事業機会の拡大

金属加工総合メーカーへの挑戦」を掲げ加工技術を積み上げてきたアドバネクス<5998>は、2015年3月にプラスチック事業を行うグループ会社を手放したが、金属プレスと樹脂射出成形を組み合わせて製造するインサートモールドは残した。一方、船橋電子を買収して製造技術を獲得した細物深絞り加工製品は、欧州での需要 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
CANかイーサネットか? 車載ネットワークの最新動向…オートモーティブワールド2018 専門セッション

CASE(Conected・Autonomous・Sheared・Electric)車両は、ネットワーク技術なしには語れない。ここでいう … CANは前述したようにクルマの中に構成された独自の制御ネットワーク。クラウド接続 … このゲートウェイがしっかりできていれば、CAN側はとくに変更や改良を加えずコネクテッドカーや自動運転は実現できそうだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
三ツ星ベルト、真の競争力つけ強い企業体に

EVやPHVの拡大や、自動運転などの技術革新が進み、我々部品業界にとってもターニングポイントにあると言える。EV化、PHV化が進むと、我々の主力製品であるベルトが使われないが少しずつ増えてくる。そのために、当社では電動パーキングブレーキシステム、電動パワーステアリングシステム、スライドドアに使用 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「General Motorsが計画 完全な自動運転車を2019年までに量産で製造 livedoor」など、2018年1月20日     ニュース

ニュース
General Motorsが計画 完全な自動運転車を2019年までに量産で製造

ハンドルもペダルもない完全自動運転車」の量産計画が発表される … 自動運転技術の開発は、いまもっとも自動車業界でホットな話題でしょう。 … ところが、このほど米国では、デトロイトで開催されたモーターショーの「Detroit Auto Show」にあわせて、General Motors(GM)が、なんと完全自動運転仕様の電気自動車と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
「第2のテスラ」狙う中国EVベンチャーの実力

さらに健康状態の測定までできる。車内機器は、アマゾンのAI(人工知能)アシスタント「アレクサ」やジェスチャーで自由自在に操作できる――。 最新テクノロジーを”全部乗せ”したといっても過言ではないEV(電気自動車)のコンセプトカーが、1月9日から米ラスベガスで開かれた見本市「CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動運転車にドローン、量子コンピュータチップ…… – Intelの最新情報が詰め込まれた基調講演

例えば、人々は1日あたり1.5TBのデータを消費し、自動運転車は1日あたり4TB、ロボット制御には工場全体で1PBのデータを要すると説明。 … 集団)との提携を果たし、すでに提携を果たしているフォルクスワーゲン、BMW、日産、NAVINFOとともに、各国の道路交通法に準拠した自動運転車両の開発を加速させていく考えだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「自動運転時代への近道は–CES 2018の車両技術を振り返る CNET Japan」など、2018年1月18日     ニュース

ニュース
自動運転時代への近道は–CES 2018の車両技術を振り返る

Uberと言えば、そのカーシェアリングサービスが、トヨタ自動車の発表で大々的に扱われた。トヨタは「e-Palette Concept」という新しい自動運転車両のコンセプトを打ち出し、e-PaletteについてはAmazon、Uber、Pizza Hut、Didi、マツダとパートナーシップを組んで自動運転技術を共有し、未来のスマートシティを探究していくと …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「ラストワンマイル」を自動運転で 人手補うクルマたち (1/2)

自動運転クルマで快適に移動する、という生活が実現するのはまだ先になりそうだが、その技術を活用できる分野は乗用車だけではない。1月17日に東京ビッグサイトで開幕した「第1回自動運転EXPO」では、短い距離を低速で自動走行する車両が提案されていた。物流などの分野で、店舗から個人宅までの「ラスト …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転時代、経営もNext模索 GMやフォード

例えば同社の自動運転車の土台になっている技術は、16年に約10億ドル(約1110億円)で買収したサンフランシスコが拠点の自動運転技術開発ベンチャー、米クルーズのものだ。GMの調達担当、マーサス・ジョシュア上級ディレクターは「自動運転車開発にはベンチャーの力が必要だ。だが調達はGMが一手にになう。両方の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車をお披露目

次世代の自動車技術を集めた展示会「オートモーティブワールド2018」が東京都江東区で17日から始まり、中部企業が自動運転技術などを出展した。技術開発支援のAZAPA(アザパ、名古屋市)はリコーと実証実験している自動運転車=写真=を展示した。 アザパはリコーと秋田県仙北市で昨秋から自動運転の実証実験を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタが考える自動運転開発のアプローチとは…オートモーティブワールド2018

トヨタ自動車先進技術開発カンパニーの松尾芳明主査は1月17日に開幕したオートモーティブワールド2018での自動運転に関するセミナーに登壇し、段階的に自動化 … まず人とクルマの融合を進めるアプローチでは「段階的に自動化のレベルを上げていくことができることで、それぞれの段階において技術をより速く実用化して …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転の実験支援サービス相次ぐ 立案から公道走行まで

最低限の人間の関与で走る自動運転車の導入や開発を検討する自治体や企業向けに、実際に公道を走らせる試験の実施を支援するサービスが相次いで登場している。自治体などには人口減少などの影響で赤字が続く地方路線バスやタクシーを自動運転技術でよみがえらせることなどへの期待があり、試験需要の拡大に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
マツダ、トヨタと共同開発の自動運転車でロータリーエンジン復活へ

マツダはほぼ半世紀かけて完成させたロータリーエンジンの生産を2012年に停止した。そして今、マツダはこの伝統技術を思いも寄らないような場所で復活させようとしている。それはトヨタ自動車と共同で開発を進める、ピザから人まであらゆるものを運ぶバッテリー駆動の 自動運転車だ。 マツダモーターオブアメリカの毛籠勝弘 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
今日からでも始められる量産での自動運転 – Xilinx

同社のブースのテーマは「FPGAで開発したプラットフォームをベースに、量産を前提としたソリューションを提供する」というもので、量産での自動運転を実現する … した画像をリアルタイムでダイレクトに3Dマッピングする技術を、中国DeePhi Techが12chのイメージセンサからの画像を元に、ディープラーニングの推論で状況を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
GMがハンドルやペダルのない自動運転量産『クルーズAV』を2019年に実用化

さらに、GMの自動運転車は、年齢、身体的な障害、あるいはその他の事情で現在運転することができない人々にとって利用しやすいモビリティを実現します。 この自動運転の実用化に一丸となって取り組むには、システムの安全性に関してシリコンバレーが培ってきたソフトウェアの知識や技術と、世界中に広がるGMチームや …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
パイオニアとみちのりホールディングス、茨城交通の3社路線バスの自動運転化の技術開発に向けた実証 …

複数のバス会社を保有し、路線バスの運行ノウハウを持つみちのりグループと、カーナビゲーションで培った高い自位置推定技術や、自動運転に必要とされる走行空間センサー「3D-LiDAR」、自動運転用地図などの開発を進めるパイオニアは、それぞれの強みと知見を持ち寄り、将来の自動運転社会の実現に向けて研究・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動車分野における新技術開発のプラットフォーム構築について

住友商事とAZAPAは、自動車向け人工知能搭載ECUの共同開発を目指します。ECUは、エンジンやモーター、カーナビやカーエアコンといったあらゆるシステムを統合制御させる装置です。昨今、走行の省エネルギー化や高齢者の運転支援といった観点から制御の高度化が求められており、1台あたりのECU搭載数や能力値 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
なぜトヨタは全車種の”電動化”を焦るのか

トヨタ自動車は12月18日、電動化戦略の説明会を開き、2025年頃までにエンジン車のみの車種をゼロにすることや、2030年までに電気自動車(EV)などに使う車載電池の開発・生産に約1兆5000億円を投資することを … また、クルマと人工知能(AI)の融合により、無人で完全自動運転のできるクルマが登場する日も近い。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
IT革新と 「メーカー」の先へ

運転席が見当たらない自動運転で箱形の車両が動くさまは、アニメで見た近未来のよう。相乗り、宅配、小売りなど多目的の利用を想定し、米中の相乗り大手や米ネット通販大手のアマゾン・コムなどと提携した。 の相乗りと、を貸し借りするシェアリング(共有)は、インターネットを介した利用が欧米や中国で先行してきた。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ソフトバンクが自動運転バスの試乗会を開催!丸の内仲通りでGPS情報を使わずに運転手のいない「自動 …

現在日本ではこの自動運転レベル4で公道を走ることが認められておらず、今回の試乗会は実証実験を兼ねたものとなりました。 … 車両の位置や周辺の障害物などを把握するのには、GPS情報の他に車両前方に取り付けられたLiDER(レイダー)によるレーザースキャン方式を用いており、GPS情報を得られないビルの谷間や …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「NVIDIA、ソニー、クアルコム……「自動運転銘柄」を宣言する技術企業たち:CES2018 BUSINESS INSIDER JAPAN」など、2018年1月17日     ニュース

ニュース
NVIDIA、ソニー、クアルコム……「自動運転銘柄」を宣言する技術企業たち:CES2018

テクノロジーショーであるCES 2018の会場では、社会のアメリカということもあり、昨今の自動運転技術の進展を反映して自動車メーカー展示は多い。そんな中でIT企業として …. CESの会場では、自動運転企業のAptivがライドシェアサービスの米Lyftと協業し、会場周辺で試乗できる自動運転車を用意した。Lyftはライバルで …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
独部品のZF、中国・奇瑞と自動運転で提携

【デトロイト=湯沢維久】独部品大手のZFは16日、中国の奇瑞汽車(安徽省)と自動運転技術で提携すると発表した。ZFは既に自動運転ではGPU(画像処理半導体)大手の米エヌビディアや中国インターネット検索最大手の百度(バイドゥ)と提携しており、奇瑞汽車も含めた連携で中国での自動運転車への部品供給を目指す。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ハンドルもペダルもない完全な自動運転車「Cruise AV」–GMが2019年に発売

General Motors(GM)は、ハンドルもペダルも搭載しない自動運転車「Cruise AV」を2019年に市販する計画を発表した。 … このCruise AVは、GMとして第4世代の自動運転車で、量産が可能な初めてのモデルという。 … このCruise AVは、GMが2016年に買収したCruise Automationの技術をベースに開発したという。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
22歳が仕掛ける「アンバンドル」 自動運転、転換迫る

世界2位の自動車市場である米国。1908年発売の「T型フォード」で量産技術を生み出した自動車大国は今、自動運転や環境といった次世代の分野で、フロントランナーの地位を固めようとしている。今月開催の米家電見本市「CES」と北米国際自動車ショーはこうした技術の祭典となり、自動車産業にもたらす構造変化の大き …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマの全てを変える自動運転時代のイメージセンサー。王者ソニーの苦闘と挑戦

それらと車載用はどう違っていたのだろうか? 今回、ソニーで車載向けセンサー事業を統括する、ソニーセミコンダクタソリューションズ・車載事業部統括部長の北山尚一氏に、ロングインタビューする機会を得た。彼らの4年間の苦闘と、ソニーのセンサーを使った自動運転車の未来が、彼の言葉から具体性をもって見えてきた。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AIで100メートル後方の車両も検出、三菱電機が電子ミラーの新技術

一連の処理を軽量にする工夫により、車載用マイコン上で毎秒30回実行できるようになった。 将来、自動運転車が車線変更できるかを判断するために「必須の技術になる」(三嶋部長)と見込む。三菱電機は今後、ミリ波レーダーなどの他のセンサーとの組み合わせにより、悪天候などで見通しが悪い状況でも高精度に検出できる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
長谷の自動運転車実験 走路に磁気マーカー

国土交通省が伊那市長谷の道の駅「南アルプスむら長谷」を拠点に行う自動運転車の実証実験の準備が始まり16日、磁気センサー搭載の実験車両を定められ … この区間は道幅が4・3~4・5メートルと狭いうえに、今までの実験であまり例のない直角カーブが連続する「クランク」があり、高度な制御技術が要求されるという。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
高級ブランド「キャデラック」に先行導入 GM、EVモデルや自動運転車

米ゼネラル・モーターズ(GM)は15日、高級ブランド「キャデラック」に電気自動車(EV)モデルや自動運転といった先端技術を先行導入することを明らかにした。ハイテク製品ラインとしての歴史的役割を再び担うことで、ブランドイメージの向上につなげるとともに、販売増加を目指す。 GMは中国での急成長を踏まえ、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
レクサスの次世代SUV「LF-1 Limitless」、縦横は「LX」並みで高さは「NX」以下

レクサスブランドの次世代デザインの可能性を示し、自動運転技術を搭載するコンセプトカー」(トヨタ自動車)である。 またレクサスブランドは、2025年頃までに、グローバルに展開する全てのモデルを電動専用、電動グレード設定とする計画である。このため、LF-1 Limitlessも、従来のガソリンエンジンやハイブリッドに加え …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
モーリーが期待する〈新EV時代〉の到来〜新型「日産リーフ」特別対談〜

そして、第2世代となる今回の新型日産リーフには、事故を防ぐこととゼロ・エミッションのための技術を詰め込みました。とはいえ、モーリーさんがおっしゃるように、の楽しさ、移動することで生まれる喜びや感動をお客様、特に若者へアピールしていくことも確かに大切。たとえば、自動運転機能を使うことによって、の中で楽しく …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
トヨタ車にアマゾンAI

【デトロイト=兼松雄一郎】トヨタ自動車が15日、北米国際自動車ショーで米アマゾン・ドット・コムの人工知能(AI)「アレクサ」を搭載した新型車を発表した。車の中から音声で家のエアコンを操作できるほか、ネットでの買い物も可能になる。アマゾンはAIスピーカーで高まるシェアを武器に、自動車も含めた経済圏の拡大をはかって …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
独部品のZF、中国・奇瑞と自動運転提携

【デトロイト=湯沢維久】独部品大手のZFは16日、中国の奇瑞汽車(安徽省)と自動運転技術で提携すると発表した。ZFは既に自動運転ではGPU(画像処理半導体)大手の米エヌビディアや中国インターネット検索最大手の百度(バイドゥ)と提携しており、奇瑞汽車も含めた連携で中国での自動運転車への部品供給を目指す。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転に乗り遅れるな 米整備業界、メーカーに布石

米最大の自動車ディーラー、オートネーションのマイク・ジャクソン最高経営責任者(CEO)は16日、自動運転車の整備・管理事業を拡大する方針を明らかにした。米グーグル系ウェイモと自動運転車の整備で提携したのに続き他社との交渉も始めたという。シェアサービスが普及すれば、自動車販売は苦戦を強いられる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車に乗ってわかった運転がうまい、下手な

… 企業から、新型の自動運転車や近日実施する試験運転の計画、それに新しい提携についての多くの発表があった。ラスベガスのコンベンション・センターの向かいにある駐車場では、いくつかの企業がこうしたに乗れるようにしていた。アプリを使ってリフト(Lyft=サンフランシスコに拠点を置く配車サービス会社)の自動運転車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NVIDIA、ソニー、クアルコム……「自動運転銘柄」を宣言する技術企業たち:CES2018

テクノロジーショーであるCES 2018の会場では、社会のアメリカということもあり、昨今の自動運転技術の進展を反映して自動車メーカー展示は多い。そんな中でIT企業として … DRIVE Pegasusに関しては自動運転のスタートアップ企業のAurora、自動車メーカーではフォルクスワーゲン、ヒュンダイと提携。さらにライドシェア …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマの全てを変える自動運転時代のイメージセンサー。王者ソニーの苦闘と挑戦

彼らの4年間の苦闘と、ソニーのセンサーを使った自動運転車の未来が、彼の言葉から具体性をもって見えてきた。 …. 今回の提携先で言えば、ボッシュやデンソーがこれにあたる)と話す中で色々情報交換をし、「なるほど、そういうニーズならば我々のイメージセンサーのこういう部分を伸ばせば、もっともっと安全性に寄与 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
<JQ>アズジェントが反発 出資企業が自動運転保護で提携

(11時25分、4288)5営業日ぶりに反発している。一時、前日比119円(4.4%)高の2844円まで上昇した。16日の取引終了後、出資するイスラエル企業が、ハッカーからコネクテッドカー(つながる)を保護するための戦略を開発するために、アルパイン(東証1部… [有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「米GM、キャデラックで先行導入へ-EVや自動運転など先端技術 ブルームバーグ」など、2018年1月16日     ニュース

ニュース
米GM、キャデラックで先行導入へ-EVや自動運転など先端技術

米GM、キャデラックで先行導入へ-EVや自動運転など先端技術. Craig Trudell、David Westin. 2018年1月16日 9:46 … GMは中国での急成長を踏まえ、キャデラックが向こう10年で新しい電気自動車(EV)や自動運転車を投入していくのに適したブランドだと考えている。キャデラックのヨハン・ダ・ネイシン社長がデトロイトで …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【特集】「自動運転車」に熱視線再び、北米自動車ショー開幕で新ステージへ<注目テーマ>

現地時間14日、米ミシガン州デトロイト市で世界の耳目を集める北米国際自動車ショーが開幕した。各メーカーにとって戦略車種の発表はもちろんのこと、自動運転技術のお披露目の場ともなる。ここでは自動運転やコネクテッドカー(つながる)向けの次世代技術を展示、米フォードや独フォルクスワーゲンのほか、米半導体 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
独コンチネンタル「会社分割を検討」 自動運転を分離か

自動運転・電動化の部門と既存事業を切り離す可能性が高い。自動車部品 … デルファイは、2017年末にガソリン、ディーゼルのエンジン向けのシステムなど自動車の動力関連部門を上場企業として分離独立させた。本体は自動車向けの通信、車載情報システムなど自動運転との関連性が高い技術開発に集中している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
激化する自動運転技術の開発競争、そして実現は目の前に

まず、特徴的な話題は自動運転に関する話題である。CESといえば、かつてはテレビ、ビデオ、オーディオなどの“黒モノ家電”、昨今では携帯電話を始めとするスマートデバイスなどが、その時々の最新技術を実装した主役として扱われていたが、2018年はがその主役に躍り出た。こうした傾向は昨年あたりから誰しもが感じる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
GMが「ハンドルのないクルマ」を2019年に投入へ ついに「本物」の自律走行がやってくる

ウェイモやUberなどの競合が自動運転技術の開発で他社との提携を選択したのに対し、GMは垂直統合を進めている。16年にはサンフランシスコのスタートアップ企業Cruise Automationを6億ドル(約663億円)で買収し、完全自律走行の開発を任せたと報じられた。 GMはLiDARセンサーも自前で調達する方針で、昨年10 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「ハンドルが無いクルマ」がついに実現!? GMが無人走行可能なクルマを販売するため、アメリカ運輸省と …

自動車業界における最新トレンドのひとつであり技術革新が進んでいる自動運転について、業界の巨人といえるゼネラルモーターズが金字塔を打ち立てることになりそうです。 同社が発表したニューモデル「クルーズAV」のインテリア画像には、ステアリング・ホイールもペダルも見当たりません。ついにドライバーがいなくても走る …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産がデザインコンセプト 日本建築などからヒント

トヨタ自動車の高級ブランド「レクサス」が販売するクーペ「LC」ではデザインの一部に伝統的な日本刀をイメージしたデザインを持たせた。マツダは「日本の美意識」をテーマにシンプルさを追究したコンセプトを発表している。 自動運転技術やシェアリングの広がりで、は所有から使用に使い方が変わりつつある。「ただ、は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
レクサスSUV、最上級コンセプト公開 北米ショー

【デトロイト=工藤正晃】トヨタ自動車は15日、高級「レクサス」ブランドで、都市向けの多目的スポーツ(SUV)の最上級コンセプトを発表した。2025年までに世界で展開するレクサスの全車種に電気自動車(EV)や燃料電池自動車(FCV)、ハイブリッド(HV)などの電動を設ける計画で、コンセプトの自動運転技術や …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃 第144回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(84)自動運転

自動運転の「レベル」 今、自動運転はどこまで行っているのだろうか。自動運転技術は大まかにわけて「レベル5」まであるという。 まず「レベル0」はドライバーがすべての操作を行うだ。おそらく私のメーカー最安値軽自動車は「レベル0」である。レベルの高いではないとは思っていたが0とは驚きだ。ドラクエのレベルで …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ボトルネック見極めに必要 米運輸長官、自動運転さらに意見公募

チャオ長官は「政府には極めて多くの障壁がある。それは官僚主義だ。われわれは重複しているものや、技術革新の進展を妨げているボトルネックを見極めている」と指摘した。 NHTSAは自動運転車に対する「不必要な規制の障壁」や安全性の検証と認証の方法に関して意見を求めている。FTAやFHAも意見を公募している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
トヨタ、新型アバロン公開=対話型AIを初搭載-北米自動車ショー

… 【デトロイト時事】トヨタ自動車は15日、米デトロイトで開催中の北米国際自動車ショーで、大型セダン「アバロン」の新型モデルを公開した。同社の乗用車として初めて音声対話型の人工知能(AI)によるアシスタント機能を搭載。先端技術を活用した新たな価値をアピールし、苦戦が続くセダン市場のてこ入れを図る。 今春米国で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
北米自動車ショー、主役は大型車

もう一つは、AI=人工知能や電気自動車といった最近のトレンドとは異なる、車本来の「走る楽しさ」を求める動きです。近年、アメリカではAIを使った自動運転技術への関心が急速に高まっていて、先週、ラスベガスでは各社こぞって自動運転を使ったコンセプトカーなどを披露しました。今回、発表されたトラックは最新技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アマゾンのAI、トヨタ車に 今春にも上級セダン

【デトロイト=工藤正晃、湯沢維久】大手自動車メーカー各社が「つながる車」や電動化対応の新型車を米国市場に相次ぎ投入する。トヨタ自動車は上級セダンに米アマゾン・ドット・コムの人工知能(AI)を初めて搭載する。中国・欧州勢は2019年から電気自動車(EV)を発売する。減速傾向が続く市場と環境規制への両にらみの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
GMが「ハンドルのないクルマ」を2019年に投入へ ついに「本物」の自律走行車がやってくる

しかし今回の動きは、自動車産業が個人によるクルマの所有や人間のドライヴァーといったものから離れつつあるなかで、GMが現在の地位を保つために進める積極的 … GMで自動運転関連の法務などを担当するポール・ヘンマースバウは現行の法規について、「非論理的に近いか、もしくは人工知能がドライヴァーとなる時代に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
車での音声操作にもアマゾン、経済圏拡大はかる

トヨタ自動車が15日、北米国際自動車ショーで米アマゾン・ドット・コムの人工知能(AI)「アレクサ」を搭載した車種を発表した。車の中から家のエアコンを操作できるほか、ネットでの買い物も可能になる。アマゾンはスピーカー端末で高まるシェアを武器に、家庭だけでなく、自動車も含めた自社経済圏の拡大をはかっている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
身近に起こっている自動化のトレンド(後)

電気自動車になると電装品は8割か9割になるという。とくに、自動運転車の場合には人工知能が一番大切な技術になる。先ほどのGoogleは人工知能を武器にして自動車産業に参入しようとしている。このように、自動運転車の時代は今までの自動車産業とは求められる技術が全然違うことが明らかだ。もちろん自動車の足回り …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「自動運転車」に熱視線再び、北米自動車ショー開幕で新ステージへ<注目テーマ>

欧米や中国などで国策として推進される電気自動車(EV)シフトの動きだが、一方で「自動化」への流れも顕著となっている。自動運転技術を巡る世界の開発競争は一段と先鋭化している。既に高速道路の単一車線での自動操縦などは実用化されているが、最終的には人工知能(AI)を活用してドライバーの操作を全く必要と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【オートモーティブワールド2018】自動車技術展、世界最大規模の1100社出展 1月17日から

世界最大規模の先端自動車技術展「第10回オートモーティブワールド」が明日17日から19日まで、東京臨海都心の東京ビサッグサイトで開催される。主催はリードエグジビションジャパン。第10回と … 主催者によると今回は、AI(人工知能)関連の展示・セミナーも見どころだという。 オートモーティブワールド2018は、「第10回 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【2018 希望への展望】住友商事社長・中村邦晴さん(67)

既に自動車やIoT(モノのインターネット)&AI(人工知能)、エネルギー周辺などのワーキンググループがあるが、もう少し柔軟に対応できる組織も検討している。例えばコネクテッドカー(つながる車)は自動車と通信技術が融合する分野で、自動車の部品産業も自動車部門からと素材の部門からの2つのアプローチがある。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
デンソー、東芝情報システムなどと 車載製品向け組込ソフトウェア開発強化に向けて資本提携

デンソーと東芝グループは、2017年4月にIoTを活用したモノづくり、高度運転支援・自動運転などの分野での協業強化を開始しており、画像認識システム向けの人工知能技術や自動車用リチウムイオン電池パックなどを共同で開発している。今後も3社は、戦略パートナーとして組込ソフトウェア事業、IoTを活用したモノづくりなど …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
GMが「ハンドルのないクルマ」を2019年に投入へ ついに「本物」の自律走行がやってくる

ウェイモやUberなどの競合が自動運転技術の開発で他社との提携を選択したのに対し、GMは垂直統合を進めている。16年にはサンフランシスコのスタートアップ企業Cruise Automationを6億ドル(約663億円)で買収し、完全自律走行の開発を任せたと報じられた。 GMはLiDARセンサーも自前で調達する方針で、昨年10 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
激化する自動運転技術の開発競争、そして実現は目の前に

に関しては、CASE(C:Connected<つながる>、A:Autonomous<自動運転>、S:Sharing<共有>、E:Electricity<電動化>)という4つの分野が注目されて … そして、そのために世界各国の有力企業同士(特に、自動車メーカー(関連企業)と“ITジャイアント”)、先端的技術を持つベンチャー企業らが相互に提携を進め …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「視界360度・脳波測定・自走二輪 車の自動運転が進化 朝日新聞」など、2018年1月15日     ニュース

ニュース
視界360度・脳波測定・自走二輪 自動運転が進化

クルマ自動運転技術が進化している。トヨタ自動車は「視野」を360度に拡大し、日産自動車は乗る人の脳波をとらえて運転に反映させる。ヤマハ発動機は自ら立って走れるオートバイをつくった。 各社は米ラスベガスで12日(日本時間13日)まで開かれた家電・技術見本市「CES」で新技術を披露。 トヨタが公開した自動運転 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車のある未来】GMがハンドルのない自動運転車を2019年実用化へ!NVIDIAとサーファー憧れ …

自動運転車の開発競争が熾烈なことは既にご存じの通りだが、必ずしも自動車メーカーが主導であるとは限らないのが面白い点だ。ハンドルやブレーキペダルが自動運転車の開発や実験は、米Google(アルファベット)のウェイモが先行した。そしてこの数年は、ディープラーニング技術で脚光を浴びている「NVIDIA」も台頭して …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AIと自動運転車が街を見守る

2040年、道路交通の主役は自動運転車になり、運転免許はほぼ不要になる。自動運転は交通事故を減らすだけでなく、センサーを駆使して街を24時間見守り、犯罪を未然に防ぐ。は移動手段から、社会の安全を支える … レベル4の完全自動運転技術は2020年の実用化を目指している。 注)レベル3と言っても、渋滞中の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
フォード、駐車場などインフラと連動する自動運転車

ハケットCEOは「まずは自動運転を使った移動・輸送受託のビジネスモデルを広げることに注力する」とし、中小企業なども対象の顧客とすることを示唆した。 フォードは2021年に自動運転車の導入を計画している。米ゼネラル・モーターズ(GM)から2年遅れとなることについてケン・ワシントンCTO(最高技術責任者)は「都市 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
打倒テスラ宣言の高級自動運転EV「フィスカー」創業者の野望

創業者のヘンリック・フィスカー(Henrik Fisker)は「バッテリー技術の新時代」の幕開けだという。 … CESに向けて意気込むフィスカーに、EV業界の今後と、現行の自動運転車に足りないものについて聞いてみた。 … また、当社が発表するソリッドステートのバッテリーは自動運転車だけでなく家電の未来をも変えるものだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ヤマハの低速自動運転車の”現実味”—CES 2018で提案

CES 2018で、関係者の間で話題になっていたのが、”ワンマイルモビリティを再定義する”というコンセプトのヤマハの低速自動運転車だ。 … 今後については、商品としての信頼性を高めたうえで、「ゆくゆくは、現行の誘導線を利用した自動走行の置き換えも考えていきたい」と、同社モビリティ技術本部の吉田睦グループ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
デンソー子会社が次世代AUTOSAR対応OSを開発、自動運転車のECUに適用へ

自動運転車やコネクテッドカー、ADAS(先進運転者支援システム)など、高度な車載システムに採用される高性能なインテリジェントECUがターゲットで、ヘテロジニアスな … AUBIST OS POSIX版は、そういった処理に対応可能なマルチコア/メニーコア技術を活用した高性能なプロセッサを搭載するインテリジェントECUに最適 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
北米国際自動車ショー開幕、各社が自動運転技術などアピール フォードがEV投資倍増を表明

各社は売れ筋のピックアップトラックやスポーツ用多目的(SUV)を展示の中心に据える一方、電気自動車(EV)や自動運転など先端技術の開発もアピールしている。 米自動車大手フォード・モーター幹部は14日、会場内で記者団に対し、EVやハイブリッド(HV)の開発費を従来計画の2倍超に当たる110億ドル(約1 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
大型ブームの先へ

… 【デトロイト=兼松雄一郎、工藤正晃】北米国際自動車ショーが14日(日本時間15日)開幕する。販売が好調な大型を中心に各社が戦略車種を相次ぎ発表する見通し。ただ、大型の需要は原油価格の動向次第で変調を来しかねない。「大型ブーム」の先をにらみ、欧米やアジアの自動車大手が電動化や自動運転技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマ技術 激戦インドでは欧米・現地企業の動きに要注意

これらの地域における自動車技術の特許等の動向について調査を行ったところ、日本の完成メーカーは、ASEAN各国の市場で力強さを発揮し、特許出願件数 … 調査では、図1に示す点線内の技術(注:自動二輪車・三輪車に関する特許出願に関しては原則調査対象外としたが、車種が特定されていない出願や、自動車等に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
燃料電池車「MIRAI」に未来はこないのか!?

トヨタ自動車が、電気自動車への本格参入を明確にした。17年10月に開幕した「東京モーターショー2017」でAI(人工知能)を搭載した電気自動車の「トヨタコンセプト愛i」を発表。20年代前半には、航続距離が大幅に伸びる「全固体電池」の実用化方針を打ち出した。電気自動車時代でも世界のトップメーカーであり続ける意欲 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
新刊/中村吉明著『AIが変えるクルマの未来 自動車産業への警鐘と期待』

人工知能(AI)関連本と思って読み進めると違った。変革期にある自動車産業の現在位置を解説した一冊だ。カーシェアリング、電動化、自動運転といった革新の波が、組み立… (残り:173文字/本文:253文字). (2018/1/15 05:00). ※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけます。 会員登録 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
CES閉幕 AI進化で新たな競争加速 電機とクルマの境界消え、合従連衡へ号砲 (1/2ページ)

先陣を切ったのはトヨタ自動車だった。開幕に先立つ8日、未来の商用をイメージした電気自動車(EV)の試作を発表。独特の箱形のデザインで移動型の店舗になったり、移動ホテルになったりする。多彩な用途を実現するため米ネット通販大手アマゾン・コムや米配車大手ウーバー・テクノロジーズ、ピザハットと提携したこと …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【CES 2018】Intelの自動運転向けソリューションを統括するキャシー・ウインター氏に聞く

ウインター氏:5Gに関して自動運転は非常にいいユースケースになると考えている。現在の自動車は常時接続にはなっていないが、すでに自動運転車の開発フェーズでは高速な携帯電話回線が必要になり、5Gはそのよいアプリケーションになる。高精度マップの構築にも5Gは必要になるだろう。また、自動運転が普及した後は、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「ラスベガスを走る「自動運転タクシー」の正体 東洋経済オンライン」など、2018年1月14日     ニュース

ニュース
ラスベガスを走る「自動運転タクシー」の正体

の開発を手掛けたのは、自動車部品メーカーの英アプティブ(旧・米デルファイ)とタクシー配車サービス会社の米リフト。リフトはあのウーバー・テクノロジーズと双璧をなす米国で人気のサービスだ。 アプティブは、2017年10月に自動運転技術のソフトフェアを開発するベンチャー、nuTonomy(ニュートノミー)社を4億5000万 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「大型の祭典」にも自動運転の波 北米自動車ショー

… 【デトロイト=兼松雄一郎】14日(日本時間15日)に本格的な開幕を控える北米国際自動車ショー(通称デトロイトショー)でプレス発表会が米ゼネラル・モーターズ(GM)を先陣に始まった。自動車メーカーは通常、年初の世界最大の家電見本市CESで自動運転などの近未来技術、長期のサービス戦略を発表し、その翌週の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転に光を照らせ!次世代ランプ、開発最前線

自動運転の本格化に向け、自動車用照明メーカーが次世代ランプの開発に取り組んでいる。小糸製作所は光線の反射で全周囲の歩行者や車両を検知するランプや、走行状況を光で伝える照明の開発に着手。同様の照明は市光工業も手がけ始めた。スタンレー電気や三菱電機はの動線を路上に照射する技術を開発。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
GM ハンドルない、19年実用化 無人タクシーとして使用

米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は12日、ハンドルやアクセルペダル、ブレーキペダルのない量産可能な自動運転車を2019年に実用化すると発表した。共同電によると、特定の場所を走るといった一定の条件下で、全ての操作をシステムが担う「レベル4」に分類される自動運転技術を搭載する世界初の量産に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
GM:ハンドルもペダルもないクルマの登場

自動運転レベルにおいては「4」の相当だ。しかしハンドルもペダルもないとなると、公道を走るためには当然ながら法規対応の変更が必要になる。GMはNHTSA(米国運輸省道路交通安全局)へこれらの車両に対する請願書を提出、従来車両と同等の安全性能を有することが証明できれば、現在の法規制では一社あたり …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタの株価が「2年ぶりの高値」を付けた理由 生き残りをかけた戦いは始まったばかり?

トヨタも例外ではなく、自動運転技術を活用したモビリティーサービス専用のEV(電気自動車)を発表した。 … 向けて、米アマゾンやピザハット、中国ライドシェア大手の滴滴出行などと提携し、2020年代前半のサービス実証を目指すとともに、東京五輪・パラリンピックにもこうした技術を搭載した車両を投入する意向も示している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
日本電産・永守会長が語る、自動車サプライチェーン大変革

今後、制御系や人工知能(AI)はとても大事。キャパシティー拡大のため、独ECU設計会社も買った。だが完成車は作らない。電池など、止まっているものにも興味はない。ロボットも完成品に近い部分までしか手がけない。顧客と競合するものは絶対しないのが、創業以来のポリシーだ」 ―現況と、100年後の未来像をどう見 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「GM、来年に無ハンドル車 自動運転、量産先陣も 東京新聞」など、2018年1月13日     ニュース

ニュース
GM、来年に無ハンドル車 自動運転、量産先陣も

【ニューヨーク=共同】米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は十二日、ハンドルやアクセルペダル、ブレーキペダルのない量産可能な自動運転車を二〇一九年に実用化すると発表した。特定の場所を走るといった一定の条件下で、全ての操作をシステムが担う「レベル4」に分類される自動運転技術を搭載する世界初の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
無人運転車が生む「第4の画面」 TVやスマホに続く

クルマは私たちの日常生活や娯楽、仕事の場所や方法を一変させた。 自動車業界のたゆまぬ技術革新により、現代のクルマはより速く、高燃費で、安全性が増している。だが、渋滞や事故、長時間運転に伴うストレスなどの問題はまだ解消されていない。このため、クルマの導入並みのインパクトを持つ「完全自動運転車」革命 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【春闘】全トヨタ労連、ベア3千円以上要求発表 大変革期で「厳しい交渉に」 自動運転・EV…が収益圧迫

ただ、電気自動車(EV)や自動運転といった次世代技術への対応が迫られるなど経営の先行きは不透明で、決着は予断を許さない。 ベア要求は5 … ただ、自動車業界は「100年に1度」といわれる大変革期に直面しており、トヨタも昨年12月、2025年に全車種にEVなどの電動モデルを設定する方針を表明。新技術の開発 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【CES 2018】ソフトウェアでレーダーなどの分解能を格段に向上。デンソーが展示した“魔法”みたいな「CS …

現在この技術は研究中で、デンソーとしては「まず知ってもらうことが大事」(北山氏)とのこと。CESで展示することで知ってもらい、要件に合わせての開発などへつながることを視野に入れている。 安全なクルマ自動運転車を作る上で、目の役割にあたるレーザーやライダーの分解能は高ければ高い方がよいだろう。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米GM、2019年に自動運転レベル4をクリアする量産準備を発表へ

… の小型電気乗用車「シボレー・ボルトEV」をベースに、自動運転技術のレベル4をクリアする量産準備「クルーズAV」を来る2019年に実用化すると発表した。 … これは文字通りの完全な自動運転車のリリースを目指すもので、GMでは、車両事故の94%を占める人間によるドライバのエラー完全に排除することを目指すとして …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルーズコントロールの車間設定は開きすぎ? 安全な車間距離にイラつく日本の現状

たしかに技術が進んで車々間通信を行う隊列走行といった自動運転技術であれば、車間がほとんどない状態であっても事故は起きにくいかもしれない。しかし、個々のクルマの制動性能も異なれば、ドライバーの反射神経やテクニックもさまざまな状況において、車間距離を詰めるというのはリスキーな行為だ。もしACCのついた …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【交通死者減少】ゼロ目指し知恵絞ろう(1月13日)

昨年、県内で発生した交通事故の死者数は68人で、64年ぶりに70人を下回った。全国でも3694人と統計史上最少だった。一方、年明けから県内外で高齢ドライバーの逆走や、逆走に伴う重大事故が発生した。死亡事故の減少は適切な対策を重ねれば、犠牲者は減らせることを示している。車両や交通環境の安全技術の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
技術はどこまで進んでいるのか?

日経BP社編集による『日経テクノロジー展望2018 世界を動かす100の技術』(日経BP社 )では未来の技術がどこまで実用化段階にあるのかがさまざまな観点から紹介されています。例えばぶつからない自動運転ですね、それがどこまで実現できているのか。あるいは仮想通貨はどこまで実現しているのか。はたまた、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
米GM 19年に自動運転実用化へ

【ニューヨーク時事】米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は12日、ハンドルやペダルのない自動運転車の走行許可を米運輸省に申請したと発表した。既に2019年に … GMは、一定の条件下で人の運転操作が不要な「レベル4」の自動運転車を… … GM、いすゞ自動車と再び資本提携か 細井社長、「ビッグ3」を手玉に取る?
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「まずは全固体電池 ルノー・日産・三菱自が投資計画 日本経済新聞」など、2018年1月12日     ニュース

ニュース
まずは全固体電池 ルノー・日産・三菱自が投資計画

フランスRenault(ルノー)や日産自動車、三菱自動車などで構成するRenault・日産・三菱自連合は2018年1月9日、オープンイノベーションを支援する企業ベンチャーキャピタルファンドを設立すると発表した。名称は「Alliance Ventures(アライアンス・ベンチャーズ)」。電動化や自動運転、人工知能(AI)などの成長分野に対し …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ自動車が車載Linux「AGL」を車載情報機器に全面採用、「他社も続く」

… 中の各種自動車モデルに素早く展開できた」と述べている。 消費者向けエレクトロニクス展示会「CES 2018」(2018年1月9~12日、米国ネバダ州ラスベガス)に出展しているAGLは、車載Linuxの車載情報機器向けディストリビューションの最新版となる「AGL UCB 5.0」を公開。併せて、アマゾン(Amazon)のAI(人工知能) …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
<札幌モーターショー特集>国内外27社 200台出展

国内外の最先端の自動車を展示する「札幌モーターショー2018」(道、道経連、北海道新聞社などでつくる実行委主催)が19~21日、札幌市豊平区の札幌ドームで開かれる。4回目となる今回は、27社38ブランドの四輪車と二輪車など約200台が出展される。各社が開発競争にしのぎを削る電気自動車(EV)や人工知能(AI) …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AI使った家電やロボット…米見本市が開幕

【ラスベガス(米ネバダ州)=松本裕平】世界最大級の家電・情報技術(IT)の見本市「CES」が9日、米ラスベガスで開幕した。 電機、自動車、IT企業など3900社以上が出展し、人工知能(AI)を使った自動運転システムや家電、ロボットなど最先端の技術を披露している。 トヨタ自動車は配車サービスなどに使える自動運転の試作 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
NVIDIA、AI自動運転プラットフォーム「NVIDIA DRIVE」の機能安全技術の詳細を発表

NVIDIAは2018年1月10日(米国時間)、同社のAI自動運転車プラットフォーム「NVIDIA DRIVE」の機能安全アーキテクチャの詳細を発表した。このプラットフォームは、オペレーター、環境、システムに関連する問題が発生した場合も含めて、冗長化と多様化を通じて車両の安全稼働を実現する。 自動車メーカーはNVIDIA …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「レベル3」自動運転開発を支援――NXP、自動運転車アプリケーション向け開発/テストプラットフォーム …

オランダのNXP Semiconductorsは2018年1月11日、自動車の自動運転アプリケーションの開発とテストに向けたソフトウェアプラットフォーム「NXP Automated Drive Kit」を発表した。同プラットフォームでは、自動車技術者協議会(SAE International)の定める「レベル3」の自動運転車を開発できる。 レベル3の自動運転は、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
無人運転を19年に実用化へ

【ラスベガス=兼松雄一郎】米ゼネラル・モーターズ(GM)は11日、無人運転の量産を2019年にも実用化する方針を公表した。基本的に人が運転に関与しない高度な自動運転車で、全米での普及に向け米当局に申請した。の次世代技術の焦点である自動運転は独フォルクスワーゲン(VW)やトヨタ自動車も開発を急ぐ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「もうチキンバスケットとは言わせない」

クルマの天井でくるくる回り、周囲の状況を把握する。自動運転の実験車両がほぼ標準的に採用しているLIDAR(レーザーレーダー)を供給するのが米Velodyne LiDAR社だ(図1)。優れた認識精度が高く評価されている一方で、「量産には使えない」(ある自動車メーカーの自動運転技術者)との声も少なくない。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタの自動運転コンセプト、関係者の度肝を抜く!

ラスベガスで行われている『CES』(最新技術の見本市)に於いてトヨタは『eパレットコンセプト』というのを発表した。簡単に言えば、工場などで使われている無人運搬を一般道で運用しようというもの。下手な文章でクドクド説明するより、下の動画を見て頂きたい。物流を電気で走る自動運転車に置き換えていくという …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産、ドコモなど6社 「つながる」の実証実験

日産自動車やNTTドコモなど6社は12日、コネクテッドカー(つながる)の実証実験を2018年中に日本で始めると発表した。周囲の車両や道路インフラ、歩行者が持つ機器と直接通信できる「セルラーV2X」と呼ぶ新たな技術規格の信頼性などを評価し、より安全な自動運転技術の実現などに役立てる。 セルラーV2Xは携帯 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産など、自動運転車の開発加速に向けたVCファンドを設立

初年度には、クルマの電動化、自動運転システム、コネクティビティ、人工知能などの新たなモビリティに焦点を当てている新興企業や、技術起業家が参加するオープンイノベーションのパートナーシップを対象に最大2億ドルを投資する予定で、こうした取り組みを毎年継続していくことで、財務リターンを確保しながら、新技術や新 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
<札幌モーターショー特集>夢の時代接近 自動運転、欠かせぬAI

次世代自動車の主役に躍り出た電気自動車(EV)と共に注目される技術が「自動運転」と、その実現に欠かせない「人工知能(AI)」だ。に乗り、行き先を告げるだけで目的地に連れて行ってくれる―。そんな夢のような時代に近づく技術を採用したコンセプトカーが札幌モーターショーにも登場する。 自動運転などの国家戦略「 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産とNASA、自動運転モビリティの共同研究を拡大

NASAの技術をベースに日産が開発した「SAM」(シームレス・オートノマス・モビリティ) 全 1 枚 拡大写真 日産自動車の米国法人の北米日産とNASA(アメリカ航空宇宙局)は1月11日、自動運転モビリティ … 日産とNASAはこの5年間、研究開発パートナーシップの下、自動運転車両システムの研究開発で協力してきた。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
注目ベンチャー5社「快眠」スリープテックや「妊活センサー」、「眼鏡型360度カメラ」が面白い:CES2018

アメリカ・ラスベガスで開催されている世界最大規模のテクノロジーショー「CES 2018」。デジタル業界の新年はCESと共に明けるといわれるほどだが、2018年はいつにも増してスタートアップの出展が注目度を高めている。スタートアップが集まるエリア「Eureka Park」は、巨大なサンズコンベンションセンターの1階を全て埋め …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
GM、19年にもハンドルなし「無人運転」の量産

の次世代技術の焦点である自動運転は独フォルクスワーゲン(VW)やトヨタ自動車も開発を急ぐ。GMが早期に … GMが実用化するのは、「レベル4」と呼ばれる自動運転車。特定の場所や … トヨタは20年代前半に実用化する方針を打ち出し、日産自動車は提携する仏ルノー、三菱自動車との連合で22年をメドに開発する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
南洋大とボルボ、自動運転電気バスを開発へ

自動運転電気バスはまず、NTUのキャンパス近くにある自律走行用のテストコースで実証実験を実施。その後、公道試験に進む予定だ。 NTUは2016年10月に陸上交通庁(LTA)と自動運転バスの技術開発で提携を結んでいる。同大キャンパスと西部ジュロンの環境配慮型工業団地クリーンテック・パークを結ぶ1.5 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「CESで自動運転車を初体験 —— とても退屈で、素晴らしい体験だった BUSINESS INSIDER JAPAN」など、2018年1月11日     ニュース

ニュース
CESで自動運転車を初体験 —— とても退屈で、素晴らしい体験だった

1月10日(現地時間)、同僚と私は自動運転タクシーに乗るために、CESの会場であるラスベガス・コンベンション・センター(LVCC)近くの駐車場に向かった。今回の取り組みでは、Aptivが車両自動運転技術を提供、Lyftが実際の運行を担当している。 我々はラスベガスのドライブを楽しんだ。だが今のところ、CESで体験した中 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Uberが自動運転にNVIDIAの技術を採用、開発ペースを加速…CES 2018で発表

Uberは、ボルボ『XC90』SUVの最初のテスト車両で、NVIDIA GPUコンピューティングテクノロジの使用を開始。現在では高性能のNVIDIAプロセッサーを使用して、自動運転/配車車両自動運転の貨物トラックの両方でディープニューラルネットワークを稼働させている。以来、Uber車両の開発ペースは急激に加速しており、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
インテル傘下のMobileye、今後の自動運転プロジェクトの詳細など明らかに

Mobileyeの最高経営責任者(CEO)で最高技術責任者(CTO)のAmnon Shashua氏は、自動運転車の開発における重要分野に関して、センシング、REM(Road Experience Management)、運転ポリシーなどを挙げている。 この方針に従い、Mobileyeの2018年の「マスタープラン」には、レベル4(L4、高度に自律的な運転が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転向け技術をCESで披露、存在感を強調するNXP

NXPは、LG Electronicsおよび、アルゴリズム関連の専門技術を提供するドイツHELLA Aglaiaと、先進運転支援システム(ADAS)や自動運転車向けの技術開発で協業するという。これが、CESにおけるNXPの発表の目玉の1つだ。この協業により、NXPが「S32V」プロセッサをベースとして開発した、ADASおよび自動運転車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転の実験、杉並で開始 住宅街の公道は都内初

住宅街の公道を利用した東京都内初の自動運転車の実証実験が11日、杉並区内で始まった。自動運転技術開発を手がけるアイサンテクノロジーのほか東京大学、測量会社の第一航業(東京・杉並)が杉並区の支援を受けて実施した。区立の井草森公園の周囲の都道・区道約1キロを、ミニバンをベースにした自動運転車が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米運輸当局、トラックや列車の自動運転で新たな政策指針策定へ

道路交通安全局(NHTSA)は自動運転車に対する「不必要な規制の障壁」や安全性の検証と認証の方法に関して意見を求めている。連邦公共交通局や連邦高速道路局も意見を公募している。これらの意見は同省の連邦自動運転車政策の第3版の作成に利用される。チャオ長官によると第3版は今夏に公表される見通し。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車技術のためのディストリビューションAutomotive Grade LinuxをToyotaとAmazonがサポート

AGLはそれに対してさらにセキュリティを厚くし、自動運転車をハッカーにやられないようにしたい。遠隔通信や地図関連の技術も重要だ。とくに地図データは、各社ばらばらでなく、全メーカーが共有できる形式であることがきわめて重要だ。地図の共通化は、AGLがメインの課題として追究している安全性の面でも欠かせない。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転 通行量の多い市街地で実証実験 東京 杉並区

自動運転の実用化に向けて東京 杉並区で、人やの通行量が比較的多い市街地を自動で走行させる実証実験が行われました。 続きを読む. この実証実験は、杉並区や自動運転技術開発に取り組む民間企業、それに東京大学などが共同で行ったものです。 の上部には特殊なセンサーがあって人や障害物を検知できる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アウディが2018年に自動運転「レベル3」のA8を発売予定。日本での発売は?

clicccar.com(クリッカー)
2018年、本国ではいよいよ世界初の自動運転レベル3の製品としてA8がデビューの予定です。すでにドイツでは法整備が整い、あとは国際的な技術基準が整えられ、その技術認証がクリアとなればレベル3自動運転車としてデビューとなるそうです。デビュー時には時速60km以下の自動車専用道路に限って使用できるものとなり …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
OKIグループとアヴネット、自動運転向けのAIボードを開発

OKIグループの設計受託企業であるOKIアイディエスは、技術商社大手のアヴネットと共同でレベル4~5の自動運転車に向けた人工知能(AI)コンピューターボードを開発した(リリース)。2018年2月からアヴネットが国内で販売する。将来的にはアジアにも販路を広げる。ボードは開発・評価用であり、実際のシステム開発をOKI …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ルノー・日産・三菱がベンチャー・キャピタルを設立 バッテリーや自動運転など新たなモビリティに5年間で …

ルノー・日産・三菱の約10億ドルという出資額は、CVCを持つ自動車メーカーとしては最大となる。 BMW iVenturesもGM Venturesも、ベンチャー・キャピタル運営の経歴が長いが、ファンド規模は彼らより小さい(BMWは、iVenturesの次の10年での投資総額を5億ドル以上に増やしている)。トヨタもロボティクスや人工知能の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
CESで自動運転車を初体験 —— とても退屈で、素晴らしい体験だった

1月10日(現地時間)、同僚と私は自動運転タクシーに乗るために、CESの会場であるラスベガス・コンベンション・センター(LVCC)近くの駐車場に向かった。今回の取り組みでは、Aptivが車両自動運転技術を提供、Lyftが実際の運行を担当している。 我々はラスベガスのドライブを楽しんだ。だが今のところ、CESで体験した中 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転向け技術をCESで披露、存在感を強調するNXP

同プラットフォームはBaiduが開発したもので、“ロボットカー向けAndroid”としても知られている。この提携により、NXPの半導体チップがApollo Open Autonomous Driving Platformをサポートできるようになるとしている。 こうしたさまざまな発表内容から、NXPが、「ADASや自動運転車向けオープンプラットフォームの強力な …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、何でも出来る・使えるクルマ「e-Palette Concept」を「CES」に出展

提携する米ウーバーテクノロジーズ、マツダに加え、新たにアマゾン、ピザハット、滴滴を含めた計5社を第1弾パートナーとして、多機能車両を開発する。 また、トヨタが培ってきた安全性の高い車両制御技術を用いて開発した車両制御インターフェースを自動運転キット開発会社に開示する予定だ。自動運転キット開発会社は、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「現代自、対話型音声認識 米社と開発 19年新車にAIスピーカー 日本経済新聞」など、2017年12月22日     ニュース

ニュース
現代自、対話型音声認識 米社と開発 19年新車にAIスピーカー

【ソウル=山田健一】韓国・現代自動車は21日、人工知能(AI)を使った対話型の音声認識機能を2019年から新車に搭載すると発表した。三菱自動車もクルマのエアコンなどを操作する技術を18年から導入する。トヨタ自動車を含む自動車各社はネットに常時接続する「つながるクルマ(コネクテッドカー)」の商用化を急いで …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ウェイモ、自動運転車に保険を適用 来年にはサービス開始へ

自動運転技術の商業化を目指すウェイモにとって、今回のTrovとの提携は最新のニュースだ。11月には、米国最大の自動車ディーラー「AutoNation」と車両の保守サービスで提携し、レンタカー大手の「エイビス(Avis)」とも、フェニックス地域における車両の保守・管理でパートナーシップを締結した。また、複数の団体と共同で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
パナソニック、創業100年で“脱家電” 自動車関連に社運 トヨタ、テスラと提携強化

来年3月に創業100周年を迎えるパナソニックは「脱家電」にかじを切り、市場拡大が見込まれる電気自動車(EV)向けなどの車載用電池や自動運転といった自動車関連事業に社運をかけている。2021年度までに関連売上高を現在の約2倍の2兆5000億円に引き上げる方針。中でも世界シェア首位の車載用電池でさらなる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ウェイモ、自動運転車に保険を適用 来年にはサービス開始へ

ウェイモは、グーグルが長年に渡って研究開発を進めてきた自動運転技術を商業化する目的で2016年に設立された。同社は、フェニックスでクライスラーのミニバン「パシフィカ」にセンサーやソフトを搭載して実験を繰り返してきたが、商用の配車サービスを開始することを11月に発表していた。配備される車両の台数や対象と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転の「目」を作るエンジニア社長

今日、ベロダインは高度なライダー機器のトップサプライヤーだ。同社のセンサーは自動運転車の製造や試験を行うほとんどすべての自動車メーカーとIT企業に販売されている。大口の顧客にはGM、フォード、ウーバー、中国の百度(バイドゥ)などが名を連ねる。キャタピラーも巨大な無人の鉱山用トラックにベロダインの技術を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
フィンランドの研究車両「Martti」が雪道での完全自動運転に成功!

フィンランド技術研究センター(VTT)は、雪道で完全自動運転を走らせることに成功した。 最高速度は時速40キロ。 … 運転技術の向上の一環。VTTは今後、レーダーの解像度を高めたりセンサー能力をモニターするソフトウェアの高度化を図ったりしながら、さまざまな環境下で自動運転走行する技術の確立を目指すという。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
オン・セミコンダクター、完全自動運転とコネクトカー向け新技術をCES 2018で公開予定…

これは、の正面、周囲、背面の画像、ドライバー監視など、さまざまな先進運転支援システム (ADAS)アプリケーションに必要な最新のイメージセンサー。同社のイメージセンサーは、解像度、明瞭度、低照度や照度が混在した状態、レベル3以上の自動運転に必要な堅牢性に関して、現在や将来の性能要件を満たしている …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
埼工大が深谷市の公道で自動運転実証実験を開始!私大では唯一のSIP参加

埼工大では、チームを発足し自動運転研究をはじめて3年目になる。まさに「自動運転自動車」は最先端の技術であり、今もっとも注目されている研究の一つ。AIをはじめ、幅広い分野でプロジェクトに関わることができるため興味のある学生も多い。現状では情報処理系の4年生が7人、3年生が5人、博士課程が1人 博士研究員( …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転バスが都心部を初走行

同バスは定員15人で、ハンドル、運転席はなく、あらかじめ設定されたルートを自律走行する。GPS(全地球測位システム)での地図上の位置を、レーザースキャナーで周囲の障害物などを検知する。今回は、高層ビルに囲まれた場所のため、GPSは使用していない。ソフトバンクは、自動運転技術の事業化に向け、様々な …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ダイハツ「DNGAの開発で先進技術の導入加速」東京モーターショー2017

冒頭、奥平総一郎社長は「創業以来、小さなクルマづくりにこだわってきた。今後も軽自動車を核としたダイハツならではのクルマづくりをDNGAで実現していきたい。DNGAの開発にはEVや自動運転などの先進技術も含まれる。例えばダイハツが軽自動やで初めて実現した衝突回避システムであるスマートアシストのように、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
新型「リーフ」はEVではない!?

リーフ」は、自動運転レベル2にあたる高速道路場での同一車線自動運転技術「プロパイロット」に加え、ボタンを押すだけで、ハンドルやシフト操作をすることなく駐車できる「プロパイロット … 「EVは手の届かない未来のクルマではなくて、もう、現実として、みなさんの手の届くクルマなんだということを、表現したんですね。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
パイオニア、世界最大のコンシューマー・エレクトロニクス見本市「CES 2018」に出展

室空間における『総合インフォテインメント』のリーディングカンパニーを目指すPioneer Electronics (USA) Inc.のブースでは、自動運転社会に向けて開発を進めているさまざまな先進技術や、クルマのコネクテッド化を実現する最新のカーエレクトロニクス製品が展示される予定。 【主な出展内容】 1) コンセプト・コックピット( …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ロボットが荷物を配達、実用化向け実証実験

日本郵便は21日、ロボットで荷物を配達する実証実験を福島県南相馬市原町区桜井町の市スポーツセンターで行った。 配送ロボットは、自動運転技術を研究する「ZMP」(東京都文京区)が開発。荷物を入れる箱が両側に計6か所あり、最大で重さ100キロまで運ぶことができる。障害物を感知するレーザーセンサーやカメラ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「「レベル8」の自動運転車はトランスフォーム…2060年のモビリティ レスポンス」など、2017年12月19日     ニュース

ニュース
「レベル8」の自動運転車はトランスフォーム…2060年のモビリティ

コンペの参加者は、2060年のロサンゼルス市がレベル5以上の完全自動運転車を導入したと想定し、車両やインフラストラクチャーが、どのように変化すべきかを提案する。 2017デザイン&デベロッパー … 現在、米国のSAE(自動車技術者協会)が定めている自動運転のレベルは、0~5まで。最高のレベル5が完全自動運転車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「ホンダの自動運転はパーソナルカー」安井裕司氏…GTC 2017

半導体メーカーのNVIDIAが12月12~13日に開催した技術イベント「GTC Japan 2017」において、ホンダの自動運転AI開発をリードする本田技術研究所 四 … 走行する公共交通としての自動運転車と、パーソナルカーとして、オーナーが行きたいところに、高精度地図データがない場所であっても移動するために使う自動運転車
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
韓国政府「2020年までに自動運転車の高速道路運行を可能に」規制見直す

政府はまた、2020年まで高速道路で自動運転車が運行できるよう関連規制を改正すると共に、自動運転車に搭載される9大主要部品と技術の開発に向けて、2021年まで1445億ウォン(約145億円)を投資する。2022年まで電気自動車を35万台に増やす計画も立てた。 産業部は政策推進の背景と関連し、「産業競争力が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転開発で重要なのはチップスペックではない」NVIDIAグプタ氏…GTC 2017

半導体メーカーのNVIDIAが12月12~13日に開催した技術イベント「GTC Japan 2017」において、NVIDIA Global Head – Solutions Architecture & Engineering, … 自動運転車は産業グレードのディープラーニングの活用例となる。それを … 自動運転車にディープラーニングを利用する際に考慮すべき点は、第一に安全性。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AI半導体「エヌビディア」は何がスゴいのか

エヌビディアのAIコンピューターを搭載した、自動運転車のプロトタイプ。 … 12月中旬、4000人を超える技術者たちが東京・お台場のホテルに詰めかけた。 … トヨタ以外にも、エヌビディアは米EVメーカーのテスラ、独高級大手のアウディとも次々に協業を進め、ハンドルがいらない「レベル5」の完全自動運転に対応するAI搭載 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
素材大手、次世代に投資

素材大手が次世代自動車向け材料の増産に乗り出す。つながる「コネクテッドカー」に不可欠なガラス材料について、積水化学工業は200億円を投じオランダ工場に生産ラインを増設し、クラレも韓国で18年から増産する。日本の素材大手は「CASE」と呼ばれる次世代カーの先端分野に積極投資し、基幹技術を握るとともに …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産 エクストレイル、プロパイロット標準装備の特別仕様を発売

特別仕様は上級グレード「20X」および「20Xハイブリッド」(ともに2列シート)をベースに、自動運転技術「プロパイロット」や、「インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)」、「RCTA(後退時車両検知警報)」、「ハイビームアシスト」、「インテリジェント アラウンドビューモニター」、「インテリジェント ルームミラー」などの運転 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
BMW、GMなどスタートアップや技術者採用・投資に熱心な5社の「AutoTech投資戦略」

自動運転技術」や「先進運転支援システム(ADAS)」に代表されるAutoTechとは、自動車運転の安全性や走行性の向上を目指す先端技術を指す。 …. メーカーとは対照的に、BMWは組織内にAV部門を開設し、インテル(Intel)やモービルアイ(Mobileye)といった大手テクノロジー企業と提携関係を結び、完全自動運転車の共同 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【絶賛発売中!】2018年版『間違いだらけのクルマ選び』

新型リーフ、テスラ・モデル3、VW e-ゴルフなどEVが続々登場、欧州ではエンジン規制まで話が進み、国産メーカーは遅れが指摘されるが……、それは本当なのか? 一方で、長足の進歩を遂げた自動運転技術を搭載の、レクサスLSやそのライバルが一斉登場。EVも自動運転も未来の話ではなく、いよいよ私たちの今日の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
モバイル技術を活用し、IoT時代を牽引 – クアルコムのIoT事業戦略

このような状況を背景に、12月15日に行われたクアルコムのIoT事業戦略会において、同社のシニアバイスプレジデントであるRaji Talluri(ラジ・タルーリ)氏は、「モバイル分野で培った技術が活きている」と同社製品の優位性を語った。 「例えば、自動運転の分野において、が得た情報を瞬時に処理し、ドライバーを適切に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
HV王者のトヨタがEVにアクセル踏み込む理由

トヨタ自動車が2017年の東京モーターショーに出品した「コンセプトアイ」の2車種。人工知能(AI)を搭載した電気自動車(EV)だ。今後はEVを含む電動車の … HV(ハイブリッド車)で圧倒的な世界シェアを誇るトヨタ自動車も、急速に進むEV(電気自動車)シフトには焦りと危機感を隠せなかった。 トヨタは12月18日、2025年頃 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日本最大のAI・人工知能の専門展!4月、ビッグサイトにて開催

リード エグジビション ジャパン(株)は、2018年4月4日(水)~6日(金)までの3日間、東京ビッグサイトにて「第2回 AI・人工知能EXPO」を開催する。 … 製造、IT、自動車・運輸、教育、メディア、広告など来場者の業種は幅広く、また会場で熱心に商談をする様子から「AI」は各業界が注目し、導入を進めていることがはっきりした。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
AI半導体「エヌビディア」は何がスゴいのか

たとえばトヨタは、自動運転車の頭脳にエヌビディアのスーパーコンピュータ「ドライブPX」を採用。実際にどの車種にいつ頃搭載されるのかは明らかでないが、自動運転に欠かせないといわれるAIの部分で、共同開発を進めている。 トヨタ以外にも、エヌビディアは米EVメーカーのテスラ、独高級大手のアウディとも次々に協業を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
BMW、GMなどスタートアップや技術者採用・投資に熱心な5社の「AutoTech投資戦略」

自動運転技術」や「先進運転支援システム(ADAS)」に代表されるAutoTechとは、自動車運転の安全性や走行性の向上を目指す先端技術を指す。 …. メーカーとは対照的に、BMWは組織内にAV部門を開設し、インテル(Intel)やモービルアイ(Mobileye)といった大手テクノロジー企業と提携関係を結び、完全自動運転車の共同 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「なぜアップルは秘密裏に開発していた「自動運転技術」を公開し始めたのか? WIRED.jp」など、2017年12月13日     ニュース

ニュース
なぜアップルは秘密裏に開発していた「自動運転技術」を公開し始めたのか?

サラクディノフの話からは、アップルが自動運転技術の開発に密かに注力している様子が垣間見えた。実際にアップルは、カリフォルニア州車両管理局(DMV)から今年4月、自律走行の試験を行う許可を得ており、CEOのティム・クックは6月に同社がこの技術に興味をもっていることを明らかにしていた。 アップルの自動車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【池原照雄の単眼複眼】トヨタ、2018年初めから第2世代安全技術展開…出遅れた車線維持アシストも

こうした予防安全技術の充実とともに、自動運転の要素技術である走行車線を維持するための自動操舵技術「レーントレーシングアシスト(LTA)」も新世代版の目玉となる。前方車両を追従するクルーズコントロール使用時に作動するもので、国内業界ではSUBARU(スバル)の「アイサイト」が先陣を切って14年に実用化、その後 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
LAオートショー2017リポート アメリカ

キャデラックがかねてより宣言していた自動運転技術のスーパークルーズが展示されていた。世界初の量産型ハンズフリー自動運転車で2018年に市販されるCT6に搭載される予定だ。自動運転モードが実行できるのはフリーウェイのみだが、各国がしのぎを削る自動運転技術でGMがその存在感をアピールした格好だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車分野の究極目的「完全自律走行」の実現に必要な技術とは?

ADASから高度ADAS、そして完全自動運転車までの道程には、インテリジェントで安全かつ堅牢なシリコン・ソリューションが必要なことは明らかです。 世界は多くの分野で間違いなく変化を続けており、そのほとんどが技術進歩によるものです。ほとんどすべての議論が完全自動車両や無人車両に関するものに集中している …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車はソフトウェアが定義する」NVIDIA ファンCEO…GTCジャパン基調講演

半導体メーカーのNVIDIAは、12月12~13日の2日間、技術イベント「GTC Japan 2017」を開催した。これに合わせて、同社CEOのジェンスン・ファン氏が来日し、13日に基調講演を行った。ファン氏はまず冒頭のあいさつで、会場の笑いを誘った。「日本に来るのが大好きだ。グレイトな人々、食事、文化…そしてラーメン(笑)。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
国内初、一般公道で「無人自動走行」実証評価 国交省らが実施 石川県で

経済産業省と国土交通省は12月13日、石川県輪島市の一般公道で国内初の車両内無人による自動走行の実証評価を18日に開始すると発表した。実証に用いる車両は、産業総合研究所に委託して開発した自動運転レベル4相当の技術を搭載した車両。遠隔にいる運転者の監視・操作の下で実施する。 国土交通省北陸信越 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
“半導体”最新技術の展示会、都内で始まる

人々の生活がより豊かになるような世界に半導体の用途がどんどん広がっていく」(東京エレクトロン コーポレート技術マーケティング部 山口忠之 部長). ドローン技術のほか、自動運転などさまざまな分野で半導体の需要は高まっていて、市場規模は昨年より36%も増加しています。この展示会は今月15日まで開かれます …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
カーシェア参入 新技術体感、顧客開拓狙う

来年1月15日から東京、神奈川、静岡、大阪、兵庫、滋賀、京都、和歌山、奈良の9都府県の日産販売店や日産レンタカー店舗などに約30カ所の拠点を構え、新型電気自動車「リーフ」か小型車「ノートe-POWER」を配備する。会員登録したメンバーの間で1台のを共有し、利用する。ショートタイム(15分200円)のほか、6 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アズジェント、自動車用認証ソリューション「SafeCAN」提供開始

現在、自動車メーカーをはじめとする多くの企業が自動運転車の開発に取り組んでいます。 … 自動車メーカーは、物理ハッキングだけでなく、クラウド-車両間のセキュアな通信を利用するためのOTA技術が使われることをセキュリティ上懸念していますが、彼らのセキュリティ対策はクラウド-ゲートウェイ間で終わってしまってい …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
走行位置のポジショニングも可能。研究中のレベル2自動運転を披露したZFジャパン

clicccar.com(クリッカー)
11月初旬に開催されたZFの新技術発表イベント「Vision Zero Days Japan」では、現在開発途中となるレベル2自動運転のデモンストレーションも行われました。 … デモではパソコンを操作して、車線内のどの位置に自をポジショニングするかのコントロールも可能となっていて、パソコンを操作することで自位置が右に左に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
九州最大「福岡モーターショー」15日に開幕 AI搭載試作車など200台集結

九州最大の自動車展示会「福岡モーターショー2017」が15日、福岡市で開幕する。トヨタ自動車など国内自動車メーカーが、燃料電池自動車人工知能(AI)といった最新技術を搭載した試作車を展示。新型車やバイクも含めた200台以上が集まり、新たなファンの獲得や取引拡大を目指す。 ホンダはAIなどの技術を活用して …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
あと3年で、日本の自動車メーカー等の「品質」は世界で通用しなくなるかもしれない

今年の「『現代用語の基礎知識』選 2017ユーキャン新語・流行語大賞」の候補には入らなかったが、「IoT」(Internet of Things:モノのインターネット)は間違いなく、今年流行ったビジネス用語だ。ビッグデータ、AI(Artificial Intelligence:人工知能)の2語とワンセットで「第4次産業革命」などと称されるが、その歴史をさかのぼると …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
コマツ AIで建機を自動制御へ 米ITメーカーと連携

建設業界で熟練労働者の不足が深刻化する中、建設機械大手の「コマツ」は、アメリカの大手ITメーカーと連携し、大型の建機を自動で制御するなど、AI=人工知能 … がエヌビディアのGPUをこぞって採用したほか、トヨタ自動車もことし5月、自動運転車の開発を加速させるためエヌビディアと提携したことを明らかにしています。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「ホンダ 自動運転の画像認識 香港のIT企業と共同開発 NHK」など、2017年12月7日     ニュース

ニュース
ホンダ 自動運転の画像認識 香港のIT企業と共同開発

大手自動車メ-カーのホンダは、人やの動きが複雑な市街地での自動運転の実用化に向けて、AI=人工知能の技術に強みを持つ香港のIT企業と共同で画像認識などの … 発表によりますと、ホンダは香港のIT企業、センスタイムと今後5年間、自動運転に欠かせない画像認識などの技術を共同開発することで合意しました。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
BlackBerry、コネクテッド・カーと自動運転車のセキュリティに関する枠組みを発表

サイバーセキュリティ・ソフトウェアを提供するカナダのBlackBerry Limitedは、コネクテッド・カーと自動運転車をサイバー攻撃から保護するために求められる枠組みを発表した。 最新技術とコネクティビティが自動車に実装されることで運転体験が向上する一方、自動車メーカーは解決すべきサイバーセキュリティに関する複雑な …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
《経済》 自動運転の公共交通 実証実験始まる

自動運転技術を活用したサービスを開発するSBドライブ(東京)と浜松市、スズキ、遠州鉄道は、自動で走るが地域の公共交通機関として住民の生活を支える未来を想定し、西区庄内地区で実証実験を始める。路線バスのように決まったルートを走る軽自動車を七日から十九日まで運行し、住民に利用してもらいながら課題を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ヤマハ発、CES初出展 AI搭載2輪など公開

人工知能(AI)搭載2輪や飛行ロボット(ドローン)、近距離移動を想定した自動運転技術を発信。分野の垣根を超えたパートナー探しや、オープンイノベーションによる技術革新と事業創出を目指す。 自動運転サービスの実現を目指す電動4輪モビリティ「06GEN=写真」は、路面画像認識によって自位置を確認。クラウド技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ウーバーの日本市場攻略が行き詰まったワケ

自家用で乗客を運ぶライドシェア(相乗り)の世界最大手、ウーバー・テクノロジーズが日本市場での方向転換を決めた。11月下旬、ウーバーのアジア事業を … その後もセクハラ問題やグーグル傘下で自動運転技術を開発するウェイモとの裁判ざたが続く。6月には責任をとって創業者カラニック氏がCEOを辞任する事態に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産とDeNAの配車サービスが一般向け実証実験、無人運転車投入は次のフェーズで

実証実験には一般のモニターに参加してもらい、2018年3月5~18日の2週間で実施する。車両は電気自動車「リーフ」の先代モデルをベースとした自動運転車で、運転席には人が座る。走行するのは、あらかじめ設定されたルートとなる。モニターは、スマートフォンのアプリを通じて行きたい場所の設定や配車の予約を行う。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
進む世界のEVシフト「トヨタが中国メーカーに追い抜かれる日」

電気自動車(EV)や自動運転の開発競争が世界的に激化し、中国企業は巨大市場を背に急成長中だ。世界を席巻 … 業績が安定しているトヨタグループの株価は、トヨタから1千円引くと豊田自動織機、2千円引くとデンソーといった相場観があった。それが … いずれもトヨタが得意なハイブリッド(HV)の技術から転用できる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【岩貞るみこの人道医】これ以上の「音」は無理なんですけれど? クルマの警告音を考える

すでにおなかいっぱいな状況であるにもかかわらず、自動運転の未来に向けて現在も、さまざまな運転支援技術の開発が続けられている。そして、開発者に話を聞くと、ほぼ全員が口をそろえて「コーション(注意喚起)もアラーム(警告)も、音!」と言っている。ちょっと待った。このまま単に上乗せされても私、もう、無理なんです …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
3D CADによるクルマと飛行機の設計・製作の支援(2)

前回から、乗り物(ヴィークル)を動かす過程ではなく、生み出す過程において情報通信技術が大活躍しているという話を取り上げている。今回は、クルマと飛行機を題材に、CAD/CAMの使われ方、3Dモデリング、自動運転について紹介しよう。執筆にあたっては、3D CADを提供しているダッソー・システムズに協力いただいた。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動走行し、空きスペースに自動駐車

自動運転やカーシェアリングなど、自動車の利用方法が大きく変わろうとしている中、これらの変化に先んじて技術開発を行うため、安心・安全分野の先端技術開発を … 自動バレー駐車とは、大規模駐車場にて車両が自動走行し、空きスペースに自動駐車するしくみであり、同社は上記共同研究と協業を含む活動の一環として、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
日本は潮流を生み出す先駆者だ! 自動車業界の覇権を握りつつある日本=中国

中国メーカーの自動車も近年は質の向上が見られるようになってきているのは事実で、中国で人気となっているSUV市場では販売が好調な中国車も存在する。 … また、人工知能を搭載したトヨタのコンセプトカー「Concept-i」などの存在を挙げたうえで、機能と美しさを兼ね備えた物作りは日本の工業デザインの最大の特徴だ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
車の進化を体感 大阪モーターショー8日開幕

西日本最大級の自動車展示会「第10回大阪モーターショー」(日本自動車販売協会連合会大阪府支部、日本自動車輸入組合、読売新聞大阪本社などの実行委員会主催)が8日、大阪市住之江区のインテックス大阪で開幕する。 国内外の32ブランドが出展する。人工知能(AI)を搭載した自動運転車や電気自動車(EV)の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ダッシュボードで注文・予約 GM、電子商取引スタート

車でのECをめぐっては米IT大手アマゾン・コムが来年から米欧で、ドイツ自動車大手BMWに音声を使った人工知能サービスを提供する予定で、自動車メーカーとIT企業が連携したサービスが広がりそうだ。 ロイター通信によると、EC開発に当たり米IT大手IBMと協力。利用者に手数料や通信費はかからず、ECに参加する業者 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ホンダ、自動運転を共同研究 中国のAIベンチャーと

両社の技術を持ち寄り、道路状況に応じてどんなリスクがあるかなどを予測する。安全な停止や回避といった行動がとれる自動運転車を開発する。将来はロボティクスの分野でも提携を拡大する予定だ。 ホンダは2025年をメドに一般道で自動運転技術の確立を目指している。AIでは人間の感情や運転のクセを分析する技術を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「日産とDeNA、一般參加できる自動運転タクシー実験を2018年3月に実施。事前登録受付中 Engadget 日本版」など、2017年12月6日     ニュース

ニュース
日産とDeNA、一般參加できる自動運転タクシー実験を2018年3月に実施。事前登録受付中

日産自動車とDeNAが、自動運転車両を利用した配車サービスの実証試験を、2018年3月5~18日の期間限定で実施すると発表しました。試験を実施する区域は横浜市みなとみらい … 自動運転技術を使うこの実証試験にわれわれ一般人が参加するには、まず事前登録が必要です。受付はすでに始まっており、2018年1月15 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
運転手いない遠隔型自動運転、14日初の公道実験

愛知県は、運転席にドライバーが乗らない自動運転の実証実験を14日に同県幸田町で行う方針を決めた。警察庁によると、公道で遠隔制御の自動運転車を走らせるのは全国初という。県は、自動運転技術の実用化に向けた一歩とする考えだ。 実験は、3次元地図の作製に強いアイサンテクノロジー(名古屋市)、名古屋大学発 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
“地域限定”群馬大で研究進む 路線バスや駐車場、生活圏内のニーズに対応 /群馬

今月2日、前橋市荒牧町の群馬大で開かれた、自動運転技術に関するシンポジウム。群馬大の … 自動運転の研究は、大学や自動車メーカー、IT企業などが取り組んでいる。小木津氏によると、自動車メーカーが進めているのは主に、前橋や東京、北海道など全国のどこでも機能する自動運転技術の研究。しかし、地域 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【インタビュー】“空気を読む”AIを目指す…ホンダ AI研究開発グループ 安井裕司氏

自動運転の実現に向けたAI技術を読み解くため、業界のキーパーソンに各社の取り組みについて話を聞いた。第1回目となる今回は、本田技術研究所 四輪R&Dセンター 統合制御開発室 ADブロック 自動運転用AI研究開発グループ グループリーダの安井裕司氏。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米・GMが小型EVによる「完全自動運転」タクシーサービスをニューヨーク市内で実証へ

clicccar.com(クリッカー)
米GMが2019年をめどに、米国の複数の都市で同社製の無人自動運転車を使ったタクシーサービスを開始するそうです。 … 一方、米アリゾナ州フェニックスではGoogle系の「ウェイモ(Waymo)」が同様のサービスを既にスタートさせていますが、GMとしては技術的難易度や需要度がより高い大都市でのサービスを目指してい …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「匠の技」頼みの日本自動車メーカーの危機—— VRでの新車開発でドイツに完敗

シーン」とは映画の場面と同じ意味で、開発段階でクルマのソフトウエアにあらゆるシーンを覚え込ませて、判断できるようにするのだ。 これが完全自動運転のレベルになると、億単位のシーンを想定しなければならなくなる。とても実車を使った開発は到底無理だ。もし、VRを使わなければ技術完成までに100万年かかるといった …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
オン・セミコンダクター、車両の電動化などに向けた事業戦略記者説明会

オン・セミコンダクターは12月5日、自動車向けソリューションを中心とした同社の事業戦略についての説明会を開催した。 同社は半導体技術を使いながら、自動車の電装化や自動運転、ロボット化する産業機器、IoTを牽引する通信などの分野に注力してビジネスを展開している企業。 説明会にはオン・セミコンダクター …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【高論卓説】欧米で過熱化する「自動車2.0」 (1/2ページ)

11月末の米サンフランシスコには、ゼネラル・モーターズ(GM)の「インベスターズ・ディ」に世界の投資家が集結した。同社の成長戦略の要である自動運転技術のお披露目やビジネスモデルの発表に加え、買収した自動運転のソフトウエア開発会社クルーズ・オートメーションが手掛けるレベル4(高度自動運転)の自動運転車の …
Google Plus Facebook Twitter