「Elapheのインホイールモータ技術を駆使した自動運転コンセプトカー “Icona Nucleus”、ジュネーブモーター … MotorFan[モーターファン]」2018年3月12日     ニュース

ニュース
Elapheのインホイールモータ技術を駆使した自動運転コンセプトカー “Icona Nucleus”、ジュネーブモーター …

… 完全自動運転)を目指しており、現在のレベル3(条件付自動運転)から一気に躍進することになる。運転者がいらないというのはただ単にダッシュボードやハンドルの場所が空くだけでなく、完全にくつろげる空間としての車内の再デザインが求められることになる。焦点はもう道路ではなく、旅の経験そのものになっている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「EV向けバッテリー世界首位」パナソニックの不安は

自動運転EVコミュータ」は、部品などを開発するための実験であり、電気自動車を開発する計画はないとのこと。 パナソニックが電気自動車関連で一番力を入れて … ただし、ウェイモ幹部によれば新会社の中心は自動運転技術の開発であり、自動車の製造ではないという。その方針に沿ってか、ウェイモは17年6月、自社 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AdaSkyとST、自動車向けに高分解能の視認能力の提供で協力

STの協力により、当社は初の自動運転車向け高分解能サーマル・カメラを、最小サイズ、最軽量、最低消費電力で、かつ可動部品を用いることなく製造することができました。超低消費電力設計や車載アプリケーションに最適なIP、そして28nm FD-SOI技術など、STならではの専門知識や技術があってこそ、センサの性能に課 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Waymo(元Google)が自動運転トラックの公道テストを開始、物流の自動化競争に参戦

Googleからスピンアウトした自動運転カー開発のWaymoが、自動運転トラックの公道テストを行うことを発表しました。 … 自動運手カー技術でリードするWaymoですが、トレーラーは車両自体が大きく、旋回や制動での挙動の違いや一般より死角が多いなどの特性があるため、自動運転カー技術をそのまま応用できるわけ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自工会、次期会長に豊田トヨタ社長…初の再任に

また、20年の東京オリンピック・パラリンピックに向けた燃料電池(FCV)普及や自動運転技術の導入に関わる環境整備も重要となる。豊田氏は前回の任期中には、若年層のクルマ離れなどへの対策として、隔年開催の東京モーターショーがない年には東京臨海副都心でクルマやバイクへの関心を高めてもらうイベントを開催 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
未来の交通手段の実証実験が始まった! 日産とDeNAが協業する「イージーライド」って何だ?

イージーライドは、日産が開発中の完全自動運転技術を、DeNAが開発するモビリティーサービス事業と連動させるものだ。 ここでいうモビリティーサービス … 第1段階の実証試験では、3月に横浜・みなとみらい地区の約4.5kmのルートで先代「日産リーフ」をベースとした完全自動運転車を運行させる。 では、イージーライドとは …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産リーフは、この技術が凄い! 開発担当者が、4つの開発秘話&うんちくを大公開!! 【NISSAN LEAF …

自動運転技術」「シャシー制御」「パワートレイン」「空力/燃費性能」という4つのテーマに“技術うんちく”というエッセンスを加えた、熱のこもった、とてもユニークな内容だっ … 実際に新型リーフのステアリングを握ると、エンジンやハイブリッドカーでは味わうことができない、静かで快適な乗り味に魅了される。e-Pedalと呼ばれる「 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「一国多制度」検討の時 技術革新と多様化に対応

一国多制度」検討の時 技術革新と多様化に対応 柳川範之 … 第4次産業革命といった言葉を持ち出すまでもなく、現代社会が大きな技術革新の波にさらされていることは疑いの余地がないだろう。人工知能(AI)の発達や自動運転車の急速な普及、仮想通貨やブロックチェーン技術など、多くの新技術に関する話題が飛び交う。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アウディ Pop.Up Next は室内に49インチスクリーン装備のドローンEV…ジュネーブモーターショー2018

Up Nextがジュネーブモーターショー2018でワールドプレミアされている。 Pop.Up NextはPop.Upに対して、大幅に軽量化され、インテリアのデザインも変更。超軽量の2名乗りキャビンは、車両モジュールと飛行モジュールのどちらにも取り付け可能。アウディは、バッテリーと自動運転技術のノウハウで、このプロジェクトを支援し …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
もはや付いてるのが当たり前!? 『衝突被害軽減ブレーキ搭載』を総額2ケタ万円で手に入れる

【ボルボ S60(2代目)/ボルボ V60(初代)】クーペ風セダンのS60と、ステーションワゴンのV60がデビューしたのは2011年。35km/h以下で歩行者や前方歩行車両との衝突を回避する「ヒューマン・セーフティ」と、低速走行時の衝突を防止する「シティ・セーフティ」を標準装備した。その後のマイナーチェンジなどで先進安全技術を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「「世界最高」性能の自動運転車向けライダーを実現、測定距離が2倍に @IT MONOist」など、2018年3月6日     ニュース

ニュース
「世界最高」性能の自動運転車向けライダーを実現、測定距離が2倍に

東芝は2018年3月5日、自動運転システムのセンサーなどに用いられるライダー(LiDAR:Light Detection and Ranging)向けの計測回路技術を開発したと発表した。従来の車載用ライダーと比較して測定可能距離が2倍となる200mを実現しており、その性能は「世界最高」(同社)だという※)。今後は、さらなる測定距離の延伸 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日本郵便、公道で自動運転実験 都心で2キロメートル

日本郵便の担当者は「労働力の減少に新技術で対処したい」と話す。 実験には自動運転技術を手掛けるアイサンテクノロジーとティアフォー(名古屋市)が開発した車両を使用する。車両が自らの位置を特定できるようにするため、実験前に道路周辺の3次元データを取得する。運転時はカメラとセンサーで信号や障害物を認識し …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米・フォードが自動運転車によるピザ宅配に挑戦! 今後は無人タクシーも登場?

clicccar.com(クリッカー)
米・フォードがフロリダ州マイアミで、自動運転車を使ったピザの宅配実験をスタートさせました。 … このように、米国では自動運転技術普及の先に商品の無人デリバリーや、自動運転タクシーサービスなどが待ち受けているとみられ、日本でも早々に自動車会社が率先して新たなビジネスモデルの構築を模索する時代が訪れそう …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「ロボネコヤマト」の実証実験から、自動運転時代の「新しい宅配」のかたちが見えた

一連のサーヴィスを支えるのが、人工知能を利用した車両運行システム。宅配ドライヴァーのノウハウを取り入れながらDeNAが開発したもので、道路の混雑状況や受け取りの需要予測などを考慮しながら配送ルートなどの計画を立てる。「ドライヴァーは計画に沿って運転すればいいだけなので、高齢者や女性の雇用にも …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ベントレーはあえて「自動運転レヴェル」を上げない ライヴァルのアウディ「A8」に先を譲る理由とは

このことを考えると、この新モデルが自動運転技術のレヴェル2を超えられないのは驚きだ。レヴェル2では、車両のステアリングと速度は「1つまたは複数のドライヴァー支援システム」によって制御されるが、そのほかの運転要素は人が制御する。 ベンテイガのアクティヴレーンアシスト機能(ALA)が、人間に代わってステアリング …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
KDDIが自動運転ベンチャー「ティアフォー」に出資する理由

KDDIは3月5日、自動運転ベンチャーのティアフォー(名古屋市)と資本・業務提携を結んだと発表した。出資金額は非公開。ティアフォーは、周辺環境の認識や経路判断を担う自動運転車用のOS「Autoware」を開発したほか、無人運転の実証実験に成功している。KDDIはティアフォーの技術力を生かし、第5世代移動通信 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転支える無償ソフト OS公開、国内外で開発に活用 (1/2ページ)

運転席に人のいないのハンドルが動き、ひとりでに走った。昨年12月、愛知県幸田町で実施された全国初の公道実験。緊急時にブレーキなどを遠隔操作する以外は人が運転に関わらない「完全自動運転」で、政府が定めた自動運転のレベル区分のうち、2番目に高度な「レベル4」に相当した。技術面で中心的な役割を担った …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
コンチネンタル NVIDIA社と提携 自動運転向けAIの世界生産を目指す

また、高精細地図を取り入れ車両が地図上で自位置を特定できるようなれば、地図の更新機能も搭載する計画だ。 コンチネンタルが持つ先進運転支援システムに関する専門知識により、多機能カメラ、魚眼カメラでのサラウンドビュー、短距離、長距離のレーダーセンサー、高解像度3D LiDAR技術の他に運転支援・自動運転 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「本気モード」の自動運転、日産・DeNAとANA・SBドライブがレベル4相当を実証

自動運転技術を搭載した実験車両に一般公募した参加者を乗せ、横浜市の日産グローバル本社から周辺の商業施設を3月18日まで周回する。参加者はスマートフォン(スマホ)アプリを使って乗車する時間と場所を指定できる。検証する自動運転技術はレベル4相当。実験の運転席には担当者が座るものの、原則として …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
中国企業の自動運転車を体験した外国人記者、「不思議なことに私はまだ生きている」―中国メディア

1日、環球網は、中国の通信機器大手、華為技術自動運転車を体験した外国人記者から「不思議なことに私はまだ生きている」との言葉が寄せられたことを伝えた。 … 外国人記者のコメントはこの体験を受けたもので、同氏は「ファーウェイの自動運転分野参入を示すものではなく、同社のCPU『Kirin970』の人工知能(AI)性能 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ダイソンが開発中の「既存車と根本で異なるEV」とは

グーグルやパナソニックも自動運転実験用に電気自動車を作っている。 異業種参入の中でもインパクトが大きそうなのがアップル。正式発表ではないが、電気自動車開発プロジェクト「Project Titan」が14年に始まったことは公然の秘密だ。日本勢では、ソニーが17年10月に独自開発したAI(人工知能)対応の電気自動車の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ボルボがヴェンチャーキャピタルを設立、スタートアップ獲得競争での勝算は?

例えば、自社の製造プロセスを改善するソフトウェアやハードウェア、自動車の購入や維持に役立つイノヴェイション、人工知能、機械学習、データサイエンスの分野、またカーシェアリングの仕組みをシンプルにする可能性をもつ「マイクロトランザクション」といった分野である。 つまるところ、クルマの設計や組み立て、販売、使 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタデンソーアイシンが都内で自動運転開発を加速「従来と異なる発想で」

TRI-ADの出資金額は5000万円で、出資比率はトヨタ自動車が90%、デンソーとアイシンが5%ずつ。代表取締役CEOには、AI(人工知能)などの研究開発を行うトヨタ自動車の米国子会社Toyota Research Institute(TRI)のCTOを務めるジェームス・カフナー(James Kuffner)氏が就任する。カフナー氏は、グーグル(Google) …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
存在感を増すCVC(コーポレート・ベンチャー・キャピタル)。どんな企業がやっているのか

GVは、2009年にGoogle VenturesとしてスタートしたAlphabet、Inc.のベンチャーキャピタル部門である。ライフサイエンス、ヘルスケア、人工知能、ロボット工学、運輸、サイバーセキュリティ、農業の分野において、300社以上に投資している。(参照:Portfolio). Uber(自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリ)も投資先のひとつ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
コンチネンタル NVIDIA社と提携 自動運転向けAIの世界生産を目指す

この提携で、AI 自動運転車を開発から大量生産へと移行させるうえで、鍵となるすべての要素の準備が整いました。当社の最新の DRIVE Xavier プロセッサー、幅広い NVIDIA DRIVE ソフトウェア、そして、テスト、検証、機能上の安全性における「Cloud-to-Car」アプローチと、コンチネンタル の専門知識やグローバルな事業 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
KDDI、5G活用で共同実証実験 自動運転車OS企業と提携

KDDIは5日、センサーなどから集めた情報をもとに自動運転車を制御する基本ソフト(OS)開発のティアフォー(名古屋市)に出資し、資本業務提携したと発表した。出資額は非公表。今後、第5世代(5G)移動通信方式を活用した自動運転の実証実験などを共同で行う方針だ。 両社は昨年12月、愛知県内でティアフォーのOS「 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ホンダ、急変する自動車市場に長期戦略で挑む

独自の高効率なプラグインハイブリッドを開発の中心として取り組み、燃料電池、電気自動車の開発へつなげる。 4.先進安全技術導入への取り組み 事故ゼロ社会の実現に向けて安全運転支援システムの標準装備を順次各地域へ拡大し、自動運転技術の研究開発は外部との提携を活用したオープンイノベーションにより …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「トヨタ、自動運転AIで新会社 都内に1000人規模 日本経済新聞」など、2018年3月3日 ニュース

ニュース 
トヨタ、自動運転AIで新会社 都内に1000人規模

トヨタ自動車は2日、デンソー、アイシン精機と共同で人工知能(AI)など自動運転技術を開発する新会社を設立すると発表した。技術者を中心に1000人規模で今後数年で3000億円以上を投資する。トヨタは2020年から自動運転車の本格投入を始める計画。国内外の技術者を大量採用してAIの応用技術やソフトウエアなどの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
福山市と群馬大研究センターが公道で実験 市長試乗、住宅街1キロを走行 県内で初、実用化に期待 /広島

福山市の日吉台学区で1日、公道を使った自動運転車の実証実験が始まった。高齢者の移動手段の確保などを目指し、路線バスなど走行ルートを限定した自動運転技術開発に取り組む群馬大次世代モビリティ社会実装研究センター(群馬県桐生市)に福山市が委託した。実証実験は国内各地で進んでおり、県内では初めて。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
「風景把握」に力 群大研究「地域限定、商用化」目指し 桐生で毎日新聞記者が試乗 /群馬

… 激化している自動運転技術。群馬大は2016年に桐生市内で自動運転自動車の公道実証実験を開始し、「次世代モビリティ社会実装研究センター」を拠点に、路線バスや機械式駐車場の駐車での導入などに取り組む。目指すのは、地域限定の完全自動運転商用化。研究はどこまで進んでいるのか。2月16日、自動運転車に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
日産とDeNAの「イージーライド」に試乗、クルマ×ITは次世代へ

2013年に日産は、2020年までに革新的な自動運転技術を複数車種に搭載する予定と発表。日本の自動車メーカーとしては、いち早く自動運転の実現に言及した。筆者は同時期に米国のテストコースで実験に同乗。ステアリングに触れずにコーナーを曲がり、歩行者を模したボードが飛び出すとペダルを操作しなくても急停止 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
自動運転技術、日本と欧米の違い

平昌冬季五輪を無事に終え、新たなマスコットキャラクターが決まるなど、東京五輪に向けた準備が始まった。世界中からメディアや観光客が集まるオリンピック・パラリンピックは日本の技術力を国内外に示す格好の場でもある。その一つが五輪会場周辺などを走る自動運転車だ。 □海外でもあまり例のない規模の実験.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
ADASおよび自動運転技術の開発、スムーズかつ高速に!

より進化したADASは、運転に不慣れだったり、瞬時の判断操作能力が衰えてしまったりしたドライバーを支援し、周囲の人たちをも事故から守る。これらの取り組みにはより実践的なテスト走行と検証が必須であり、当サイトでもお馴染みのZMP社は、市販をベースにした自動運転技術開発用プラットフォーム「RoboCar® …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
トヨタがアマゾン他と提携。自動運転車の宅配・宿泊サービスを本格始動!

ネット通販の商品配送やファストフードの宅配など、提携先の用途に応じた設備を各車両に搭載し、走行データなどをひとつのプラットフォームに集めてサービス改善に役立てる。また、マツダ・Uber・滴滴出行が技術パートナーとして車両設計に加わるほか、Uberや他社が開発した自動運転システムも搭載して、技術・サービス面 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
ルノー日産三菱が機能統合を加速「一体運用での成長を証明する」

プラットフォームやパワートレインだけでなく、新技術とモビリティサービスの機能統合も進める。ルノー日産三菱では、2022年までに12車種のゼロエミッションの新型を発売する計画だが、複数の車両セグメントで電気自動車の新規プラットフォームと構成部品を共用することになる。自動運転技術についても、さまざまなレベル …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
日経企業イメージ調査 関連、技術で評価高く

日本経済新聞社と日経広告研究所は「第30回日経企業イメージ調査」をまとめた。ビジネスパーソンが抱く企業イメージの総合ランキング(調査21項目の平均得点=総合得点)はトヨタ自動車が17年連続で1位となった。 自動運転など新技術の開発が急ピッチで進む自動車関連が順位を上げた。車載電池に強みを持つ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
日産のミニバン「セレナ」に、エンジンで発電して電気で走る「e-POWER」搭載! 発表会場からリポート

日産自動車株式会社 専務執行役員 星野朝子氏は発表会の冒頭に「セレナは”BIG”、”EASY”、”FUN”、これがを作る時のコンセプトでございます。このコンセプトの元、日本の自動車メーカー初の自動運転技術“プロパイロット”を搭載して、一昨年の2016年秋に発売いたしました。そして今回、新たに『e-POWER』を搭載いたし …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 

 

ニュース
トヨタ、自動運転AIで新会社 都内に1000人規模

トヨタ自動車は2日、人工知能(AI)など自動運転技術を開発する新会社を東京都内に設立すると発表した。当初は300人体制とし、国内外の技術者を獲得して1000人規模に拡大する。ソフトウエアなどの技術者が不足する中、トヨタが大量採用に乗り出すことで人材獲得競争が一段と激しくなる可能性もある。 トヨタ自動車の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
北京汽車・董事長「パナソニックと提携拡大交渉」

【北京=多部田俊輔】中国国有自動車大手、北京汽車集団の徐和誼董事長は3日、パナソニックと提携拡大の交渉をしていると明らかにした。両社は電気自動車(EV)分野で提携しており、自動運転をにらんだスマートカー領域に広げる方向で話し合いを進めているという。先端技術を獲得したい北京汽車と、世界最大の中国市場 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタはIT企業の下請けになるのか 運転免許も信号機も不要になる日

それ以外は使われていないわけですが、その時間帯にを使いたい人もいるわけで、自動運転クルマが常時インターネットとつながるようなコネクテッド技術が実用化すれば、 … そのクルマはソフトバンクグループと提携してロボット技術「感情エンジン」を搭載、所有者の健康状態、趣味嗜好などを読み取ることもできます。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「運転免許証、問われる必要性…自動運転が進展する未来 Business Journal」など、2018年2月28日 ニュース

2018年2月28日
ニュース
運転免許証、問われる必要性…自動運転が進展する未来

Business Journal

世界的にガソリンへの規制が強まることで、次世代の主流はEV(電気自動車)であるとみられています。また、他方で5G通信網実用化の流れにより、自動車市場にも大きな変化が表れ始めました。その兆候の一つは、最近よくCMで紹介されている自動運転車です。自動運転技術が高度化してくると、やがて無人運転の …

関係のないコンテンツを報告
BMWグループ、レベル5の完全自動運転車のプロトタイプを公開…MWC 2018

レスポンス

… レベル5の完全自動運転車のプロトタイプを初公開した。 現在、米国のSAE(自動車技術者協会)が定めている自動運転のレベルは、0~5まで。 … BMWグループがMWC 2018で初公開したのが、BMW『i3』をベースに開発されたレベル5の完全自動運転車のプロトタイプ。MWC 2018では、このi3を使って、近い将来の実現を …

関係のないコンテンツを報告
今どき自動車安全装備徹底ガイド 自動運転の時代ははいつやって来る!?

Goo-net(グーネット)

そこに自動運転車で連れて行ってもらおう」という広告連動でレストランに連れてゆくという新サービスができるかもしれない。完璧な自動運転技術が完成すれば、クルマは所有するものではなく、必要なときに呼んで使うサービスに変化する可能性もある。そんな具合に、クルマの自動化は、未来を切り開くカギとなる。そのため、 …

関係のないコンテンツを報告
自動運転のシステムと課題–ANA×ソフトバンク、羽田空港で自動運転バスの実証実験

CNET Japan

ANAは、技術革新によってより少ない労力と人数で働きやすい環境を整えたい考えで、自動運転バスの導入を通じて、空港の決められたルートを走行する定型業務の省力・省人化の実現を目指す。 … 日野ポンチョ型を使用した自動運転システム検証車両 … 電気自動車よりもディーゼルのほうが自動運転化は難しい。

関係のないコンテンツを報告
トヨタ系部品、ベンチャー出資相次ぐ 次世代技術を開発加速

日本経済新聞

トヨタ自動車系の部品メーカーが相次いでベンチャー企業に出資する。愛知製鋼は27日、自動運転技術の開発を手掛ける先進モビリティ(東京・目黒)など日中2社に出資すると発表した。アイシン精機も初めてベンチャーと資本提携する。自動運転や電動など次世代にかかわる先進分野を強化する。 愛知製鋼は28日付で …

ベンチャー出資 自動運転へAI開発強化 – 毎日新聞

アイシンとIdein、人工知能(AI)分野で資本・業務提携 – MotorFan[モーターファン] (プレスリリース)

すべての記事

関係のないコンテンツを報告
日産とDeNAの無人運転車とは

BLOGOS

23日、日産自動車とディー・エヌ・エー(DeNA)は、無人運転を活用した新しい交通サービス「Easy Ride(イージーライド)」の実証実験を開始すると発表しました。 … 具体的には、日産が開発した自動運転技術搭載のEV(電気自動車)「リーフ」2台が、横浜の日産グローバル本社と商業施設「ワールドポーターズ」の間の約4.5 …

無人運転車両、サービス実証始まる! – Business & Public Affairs (プレスリリース) (ブログ)

すべての記事

関係のないコンテンツを報告
トヨタAIベンチャーズ、自動運転分野向け投資を拡大

Newsweekjapan

トヨタAIベンチャーズはこれまで、初期段階のスタートアップ7社に対する投資を公表。これらに共通する要素は、自動運転車やオンデマンド型ライドシェアのカギとなる人工知能(AI)、ロボット工学、ビッグデータなどの先端技術だ。 同社のマネジングディレクター、ジム・アドラー氏はインタビューで「技術革新がどこで起きている …

関係のないコンテンツを報告
「運転席のない」自動運転カーの一般道走行が許可される

livedoor

アメリカ・カリフォルニア州の車両管理局(DMV)によると、4月からカリフォルニア州の一般道で「運転席のない」自動運転カーの試験走行を許可すると発表しました。にドライバーを乗車させない … 遠隔操作を取り入れた自動運転技術は、新しいビジネスの創出と雇用の促進にも期待されています。自動運転カーの遠隔サポート …

関係のないコンテンツを報告
辣腕弁護士も死亡事故 高齢ドライバーと自動運転への教訓

ニフティニュース

男性は後期高齢者だが、世間では「矍鑠とした現役バリバリの辣腕弁護士」として通っており、“危うい運転をする高齢者”とは最も縁遠いイメージの持ち主だった。また、運転していたは、事故防止の機能が高いとされる「最先端の安全機能」を搭載していた。 “慎重なベテラン運転手”と“最新の技術”の組み合わせでも重大事故を …

関係のないコンテンツを報告
配車アプリの開発激化 ライドシェアを意識

毎日新聞

日本では道路運送法でライドシェアが原則禁止されているため、タクシーの配車アプリが主流となっている。 アプリ開発には、ウーバーなどIT企業のほか、自動車メーカーも参入。自動車メーカーは、自動運転技術の精度向上に向けアプリを通じて運転技術や道路状況などのデータを収集。日産自動車は今月、ディー・エヌ・エーと …

未来創生ファンド、ジャパンタクシーに対して2度目となる追加投資を実行 – MOTOR CARS

すべての記事

関係のないコンテンツを報告
自動車 and 人工知能

毎日更新 ⋅ 2018年2月28日

ニュース
アイシンとIdein:人工知能分野で資本・業務提携

carview!

アイシン精機とIdeinは、人工知能を組み込んだ製品開発において資本・業務提携契約を締結することに合意した。 … 一方Ideinは、人工知能モデルの設計に強みがあり、量産マイコンへ搭載する技術力を有している。今回の提携を機にIdeinは経営基盤の強化を図ると共に、自動車に関わる領域にも事業を展開していく。

アイシンとIdein、人工知能(AI)分野で資本・業務提携 – MotorFan[モーターファン] (プレスリリース)

すべての記事

関係のないコンテンツを報告
ポルシェが自動車分野へのブロックチェーンの活用に着手

Techable

独シュトゥットガルトに本社を置く自動車メーカーのポルシェ(Porsche A.G.)は、2018年2月、ブロックチェーンと人工知能(AI)に強みを持つ独ベルリンの … さらに、ブロックチェーンを活用して、道路の状態や交通量などのデータをアップロードして配信し、集計や分析をしたり、他の自動車と共有することも検討されている。

関係のないコンテンツを報告
自動運転 and 提携 and 車

毎日更新 ⋅ 2018年2月28日

ニュース
トヨタ系部品、ベンチャー出資相次ぐ 次世代技術を開発加速

日本経済新聞

トヨタ自動車系の部品メーカーが相次いでベンチャー企業に出資する。愛知製鋼は27日、自動運転技術の開発を手掛ける先進モビリティ(東京・目黒)など日中2社に出資すると発表した。アイシン精機も初めてベンチャーと資本提携する。自動運転や電動など次世代にかかわる先進分野を強化する。 愛知製鋼は28日付で …

アイシン、AIベンチャーに出資 – 日本経済新聞

ベンチャー出資 自動運転へAI開発強化 – 毎日新聞

すべての記事

関係のないコンテンツを報告
日産とDeNAの無人運転車とは

BLOGOS

23日、日産自動車とディー・エヌ・エー(DeNA)は、無人運転を活用した新しい交通サービス「Easy Ride(イージーライド)」の実証実験を開始すると発表しました。 ※日産自動車の西川廣人 … 日産とDeNAは、昨年1月に提携して以来、自動運転技術を使った新サービスを共同開発しています。今年3月5日から18日まで、 …

関係のないコンテンツを報告
フォード、無人でピザ宅配実験 マイアミで

ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

米フォード・モーターは27日、同社初の市街地での無人配送の実証実験を行う場所にフロリダ州マイアミデード郡を選定したことを明らかにした。 フォードは自動運転車と人間が運転する車両の2組を使い、ファストフードなどの宅配を実験する。運転手の乗る自動車とトラックは偽のセンサーなどを装備して自動運転車のように …

関係のないコンテンツを報告
ポルシェが自動車分野へのブロックチェーンの活用に着手

Techable

これらの地域データは、自動運転車の機能改善にも大いに役立つそうだ。 ・ポルシェのユーザーに役立つブロックチェーンの活用を模索. ポルシェは、引き続き、「XAIN」との提携のもと、ユーザーに直接的なメリットを提供できるよう、ブロックチェーンを積極的に活用していきたい方針だ。(文 松岡由希子) The Porsche Newsroom.

関係のないコンテンツを報告

 

「自動運転車でみなとみらい巡り、配車サービスは「地域との協力が不可欠」 @IT MONOist」など、2018年2月27日 ニュース

2018年2月27日
ニュース
自動運転車でみなとみらい巡り、配車サービスは「地域との協力が不可欠」

@IT MONOist

日産自動車とディー・エヌ・エー(DeNA)は2018年2月23日、横浜市内で会見を開き、自動運転車による配車サービス「Easy Ride(イージーライド)」の実証実験の … サービスが本格稼働する時には、乗降地点や充電スポットを提携店舗に提供してもらったり、運賃の一部を負担していただいて提携店舗に乗客を誘導したり …

自動運転車がみなとみらいを走る – 日産とDeNA、実証実験を開始 – マイナビニュース

すべての記事

関係のないコンテンツを報告
日産 グプタ専務「中期目標達成を確信」…2022年度に商用事業を4割増の120万台に

レスポンス

グプタ専務はこれらの実現に向け、新モデル投入など商品力の強化を図るほか、電動化や自動運転技術といった先進技術、さらに仏ルノーおよび三菱自動車工業との提携効果を「われわれの強み」として積極活用する方針を示した。新モデルについては今春に、中期計画での第1弾モデルとして走破性の高いフレームSUVの …

関係のないコンテンツを報告
アルグス・サイバー・セキュリティーがエリクソンと

SankeiBiz

提携では140年以上にわたって築かれ、接続インフラで数十億人をつないだエリクソンの通信に関する専門知識と、サイバー・セキュリティーと自動車におけるアルグスの数十年の経験や、取得済みならびに申請中の革新的特許39件を活用します。アルグスはすでに、世界のコネクテッドおよび自動運転車両の主要自動車 …

関係のないコンテンツを報告
配車アプリの開発激化 ライドシェアを意識

毎日新聞

世界的に拡大する「ライドシェア(自家用の相乗り)」を意識し、人工知能(AI)を使い効率的な配車と利用者の利便性向上を目指す方針だ。【井出晋平】 … 日本交通グループも今月8日、トヨタと資本提携すると発表。 … 日産自動車は今月、ディー・エヌ・エーと共同で配車アプリを使った自動運転タクシーの実証実験を始めた。

関係のないコンテンツを報告
1個のGPUで30兆、NVIDIAが放つ自動運転時代のAI戦略

BIGLOBEニュース

一方、フォルクスワーゲンの視点から見れば、圧倒的な数の提携先を持つNVIDIAに、自動運転を始めとするノウハウが集まるのは間違いない。さらに、うがった … 会場では、実際に公道で8マイルの距離を自動運転車で走行した動画を披露したが、交差点23個、右左折8回、停止信号2回を走り抜いていた。たった1個のGPUで …

関係のないコンテンツを報告

「フォードは自動車ではなく「モビリティのOS」をつくろうとしている 相次ぐ買収と部門再編が示唆すること WIRED.jp」など、2018年2月26日     ニュース

ニュース
フォードは自動車ではなく「モビリティのOS」をつくろうとしている 相次ぐ買収と部門再編が示唆すること

フォードは自動車ではなく「モビリティのOS」をつくろうとしている──相次ぐ買収と部門再編が示唆すること … 2017年5月にフォードの新しいCEOとなったジェームズ・ハケットは、「人工知能(AI)のパワーとネットワーク接続型の自律走行車の登場により、われわれは過去1世紀で初めて、古いシステムを段階的に改善する …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
オンキヨーが車載AIスピーカー、音声認識高め19年発売へ

持ち運び可能にすることで、使える場面を広げる。 26日からスペイン・バルセロナで開かれている携帯見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)」に参考出品した。またオンキヨーも加盟し、トヨタ自動車などが推進する車載端末とスマホを連携させる技術「スマートデバイスリンク(SDL)」のコンソーシアムのコーナーにも展示 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車部品和大、今年の連結売上高100億元超へ

自動車部品和大、今年の連結売上高100億元超へ. 自動車部品大手の和大工業(ホタ・インダストリアル)を中核とする和大集団の沈国栄董事長は22日、グループの連結売上高が今年は100億台湾元(約365億2,800万円)の大台を超えるとの見方を示した。人工知能(AI)を搭載したスマート生産ラインの導入が加速し、業績に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
完全自動運転車にかかる「コスト」は誰が払うのか、「法整備」も高いハードルに (1/3)

現在、自動車業界は、自動運転技術、コネクテッドカー、モビリティサービスなどの次世代技術による大きな変革の真っただ中にある。本連載では、これら次世代技術に焦点を当てながら、自動車が未来のモビリティへ移り変わる方向性を提示していく。第2回は、自動運転車にかかる「コスト」と「法整備」の観点から、その未来像を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ポルシェ、車両にブロックチェーン技術を導入へ…将来の自動運転車に活用目指す

ポルシェは、車両にブロックチェーン技術を導入すると発表した。将来の自動 … すでにポルシェは、ドイツ・ベルリンに本拠を置くスタートアップ企業、XAIN社と共同で、車両にブロックチェーンアプリを導入する試験を開始。 … ポルシェは、将来の自動運転車の機能の向上を、ブロックチェーン導入によって目指していく、としている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車でみなとみらい巡り、配車サービスは「地域との協力が不可欠」

日産自動車とディー・エヌ・エー(DeNA)は2018年2月23日、横浜市内で会見を開き、自動運転車による配車サービス「Easy Ride(イージーライド)」(※)の実証実験の方針や実験車両を披露した … イージーライドのためだけの技術にはしない。 … 自動運転車のルート変更の指示なども車両管制センターから行う可能性がある。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車は洗車機が苦手 車体の周囲を検知するセンサーに影響

Avisがどのぐらいの頻度で洗車を行っているかは明かせないとのことでしたが、これは他の自動運転カー技術の開発を行っている企業でも同じことが言える模様。トヨタやAptiv、Drive.AI、Uberなどの企業はCNNに対し、洗車を行う際には車体に傷を付けにくいマイクロファイバー素材の洗車用クロスを使うほか、アルコールや …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【速報】全日空(ANA)とソフトバンク(SBドライブ)が羽田空港エリアの公道で完全自動運転バス(レベル4 …

向かう先にボーイング777の機体が見えてくる。その大きさに子どもの頃のように胸が高鳴る。こんな大きな機体が空を飛ぶのかと改めて感動する。その巨体の手前に小さなバスが止められている。777に比べると本当に小さな、見落としてしまいそうな車体だ。 しかし、この小さな車体が、今の先端技術を詰め込んだ自動運転 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産 グプタ専務「中期目標達成を確信」…2022年度に商用事業を4割増の120万台に

グプタ専務はこれらの実現に向け、新モデル投入など商品力の強化を図るほか、電動化や自動運転技術といった先進技術、さらに仏ルノーおよび三菱自動車工業との提携効果を「われわれの強み」として積極活用する方針を示した。新モデルについては今春に、中期計画での第1弾モデルとして走破性の高いフレームSUVの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産が中国で目指す「EVのNo.1ブランド」の現実味

2月5日、2022年に中国での新車販売台数を17年比109万台増の260万台に引き上げ、そのうち3割を電動車両にするという事業計画を公表した日産自動車。自動運転、コネクテッドと並ぶ自動車業界の技術革新競争の中核である電動化のプランが含まれている上、投資額が日本円で1兆円に達するということもあって、注目を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【トヨタ】ドライバーのステアリングを視点するレーンキーピングアシスト

今回は、車線逸脱防止を目的にドライバーをサポートし、さらにステアリング制御を加え、自動運転の先駆けとなる、トヨタの先進安全技術レーンキーピング … (ミリ波レーダー方式)」と「レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付)」の機能を利用するため、メーカーオプション装着は全てセットで選択することが必要です。 参考:
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【新車購入】 X氏の値引き特報その1

先進の自動運転技術を評価しての選択だったが、思っていたよりも燃費が伸びない。走りも … 交渉では前セレナのときと同様にメーカーオプションは特別色のみ、ディーラーオプションは一切なし(フロアマットも買わない)。 … 下取りのセレナは、買い取り専門店と交渉した結果、251万円(下取り200万円)で売却した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
1個のGPUで30兆、NVIDIAが放つ自動運転時代のAI戦略

CES2018で華やかな記者発表を繰り広げた日本メーカーと比べると、ドイツメーカーの方が落ち着いた印象だ。その背景には、ドイツメーカーにとって、自動運転やコネクテッド・カーがCESで語るべき未来の夢物語ではなく、手の届く未来にまで近づいているという現実がある。実際、現段階でもすでに、メルセデス・ベンツ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ウェブ
ポルシェ、車両にブロックチェーン技術を導入へ…将来の自動運転車に活用目指す

ポルシェは、車両にブロックチェーン技術を導入すると発表した。将来の自動運転車などへの活用を目指す。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「日産とDeNAが自動運転レベル4で実証実験 横浜みなとみらい地区で Newsweekjapan」など、2018年2月25日     ニュース

ニュース
日産とDeNAが自動運転レベル4で実証実験 横浜みなとみらい地区で

場所は横浜市のみなとみらい地区周辺で全長約4.5キロメートルのルートと4つの乗降地に限るが、モニターはアプリでを呼び出し、目的地まで移動するサービスを体験してもらう。 走行中、車内のタッチパネルには目的地周辺のお店で実際に使えるクーポンなども表示される。紹介する提携店舗には「運賃の一部を負担して …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ダイムラーとHEREが提携 将来のメルセデス・ベンツモデルに高画質ライブマップ機能を搭載へ

ダイムラーとHEREテクノロジーが提携し、ダイムラーの自動運転技術の一環としてHERE HDマップの開発を進めることを発表した。近い将来、登場が期待されている自動運転機能付きメルセデス・ベンツへの礎となるとして期待がかかっている。すでに現行のEクラスとSクラスと新型AクラスでHEREの地図を採用している …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【電子版】自動運転車向けデジタル地図、グーグルの独走阻止へ競争激化

これまで3社と提携しているが、他のメーカーはダッシュボードをグーグルに明け渡すことに消極的だ。 グーグルの広報担当者は「世界の包括的マップを製作している。自動車向けにわれわれのマップの有用性拡大に取り組んでいる」と述べたが、今後の計画についてはコメントを控えた。 アルファベット傘下で自動運転車開発を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
日産とDeNAが自動運転車でタッグ 来月に配車サービス「イージーライド」の実証実験

両社が2020年代の早期の実現を目指す本格サービスは、スマートフォンのアプリで乗りたい場所に車両を呼び、降りたい場所で降りられる利便性が特徴だ。 新サービス「イージーライド」の実験は3月5~18日に、横浜市のみなとみらい地区で行う。自動運転技術を拡充した日産の電気自動車「リーフ」2台を使い、配車予約の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米カリフォルニア州で自動運転車の新規制が導入か 承認の見通し

カリフォルニアに現在27の実証試験用のレクサスを保持しているAppleも新規制が承認された場合、恩恵を受けることになりそうですが、同社の自動運転事業に対する姿勢は未だはっきりしていないようです。昨年12月に関係者限定で「VoxelNet」と呼ばれるソフトウェアを用いた周辺環境マッピング技術を披露するなど、自動 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
3月に公道で自動運転タクシー実験

都市部だけでなく、公共交通機関に乏しい過疎地での活用も目指している。実験で適切な料金水準や提供してほしい情報などを聞き取り、サービス向上につなげる。運転の精度を高め、をネットとつなぎさまざまなサービスを提供する「コネクテッド」技術も革新し、車内での体験を充実させることで個性を出したい考えだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
吉利、EV技術協業狙う ダイムラーの筆頭株主に

一方、世界の自動車産業の趨勢は、EVや自動運転など最新技術分野に移っている。欧州や中国はガソリンの販売規制を強化するほか、自動運転分野では米グーグルやウーバーテクノロジーズなど新興勢力の参入も目立つ。10%弱の出資ではダイムラーの経営判断を動かす強制力はないが、出資を皮切りに交渉を進め、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ダイムラーとHEREが提携 将来のメルセデス・ベンツモデルに高画質ライブマップ機能を搭載へ

ダイムラーとHEREテクノロジーが提携し、ダイムラーの自動運転技術の一環としてHERE HDマップの開発を進めることを発表した。近い将来、登場が期待されている自動運転機能付きメルセデス・ベンツへの礎となるとして期待がかかっている。すでに現行のEクラスとSクラスと新型AクラスでHEREの地図を採用している …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
高齢者運転の事故防ごう 医師や企業、対策を提言 /沖縄

… していない場合も多く、運転免許の自主返納には家族らの協力が必要だ。返納後もの鍵の管理を徹底してほしい」と呼び掛けた。 りゅうにちホールディングス取締役の仲井間勝也氏は、自動車やバスの自動運転技術について紹介し、「自動運転技術が実現すれば、高齢社会でも安心安全に移動できる手段となる」と語った。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
走り出した「AIタクシー」…どこにお客さんがいるか近未来を予測

「AIタクシー」と聞くと、人工知能を持った自動運転で人々を運んでくれる、そんなイメージを持つかもしれない。現実にはまだそこまでのサービスは登場していない。いま実際に動き出しているのは、AIを用いて“少し未来の乗車需要”を予測し、効率的な運行を実現する、という方向性のもの。先日も、ソニーがタクシー6社と提携 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AIを”総合的判断”に使うと必ず失敗する

AIの実力を理解してもらうには、現在急ピッチで開発が進む「自動運転技術」を例にとるとわかりやすいだろう。無人でを … 次に、これらの情報を基に、運転動作に関するアルゴリズムが4つ必要になる。1.早く目的地 … 実際に決めた動作をが行うには、ハンドルやアクセルなどの動作をつかさどるアルゴリズムも必要になる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
テスラの「Autopilot」とGM「SuperCruise」のどちらの半自動運転システムが優れているのかを徹底比較

完全な自動運転技術の確立にはまだまだ時間がかかりますが、テスラの「Autopilot」のような「半」自動運転システムは、確実にドライバーの負担を減らす効果が … 他社に先駆けて公道での半自動運転システムをいち早く導入してきたテスラのAutopilotと、巨大な自動車メーカーであるGMが高級キャデラックに満を持して …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
マツダ「伝説の開発者」3名の生トークが聞ける無料イベントは何があっても行きたいレベル!【クルマ塾】

コネクテッド技術やシェアリングエコノミー、自動運転やEV化など自動車業界に幾重にも変革の波が押し寄せてきています。 新しいテクノロジーを知り活かさなければ時代からこぼれ落ちてしまいそうに感じる昨今。ともすれば、これまでのクルマ作りが古い価値観として隅に追いやられてしまうがごとき変化のスピードの速さに、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
日産とDeNAが自動運転レベル4で実証実験 横浜みなとみらい地区で

日産自動車<7201.T>とディー・エヌ・エー(DeNA)<2432.T>が3月にドライバー不要の自動運転車による移動サービス「Easy Ride(イージーライド)」の実証実験を … DeNAの守安功社長は高齢化に伴う移動困難者の増加や運輸業界が抱える人手不足などさまざまな社会課題を「インターネットやAI(人工知能)の力を活用して …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「誰も見たくないグーグル連勝-無人走行車用地図作製の大競争時代 ブルームバーグ」など、2018年2月24日     ニュース

ニュース
誰も見たくないグーグル連勝-無人走行用地図作製の大競争時代

アルファベット傘下で自動運転車開発を進めるウェイモや配車アプリの米 ウーバー・テクノロジーズ、それにゼネラル・モーターズ( GM)や フォード・モーターといった米自動車メーカー大手が無人運転で使える精密なマップ作製に向け取り組んでいるほか、ハードウエアや専門ソフトを手掛ける幾つもの新興企業がこの分野で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産とDeNA、「Easy Ride」テスト開始 自動運転車が横浜走る

日産自動車とディー・エヌ・エー(DeNA)は2月23日、自動運転車にモニターを乗せて一般道を走行する実証実験を横浜市内で行うと発表した。共同開発中の無人運転車両を … ビジネスモデルは、乗客から運賃を得る方法と、提携店舗から費用を得る方法の2パターンを検討している」(広報部)という。 両社は実験終了後、運行 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
日産・DeNA 自動運転の先、サービス磨く実証実験

日産自動車とディー・エヌ・エー(DeNA)が3月5日から約2週間、自動運転車を使った交通サービス「イージーライド」の実証実験を横浜市内で行う。 … 海外では米グーグル系の自動運転技術開発会社ウェイモが欧米フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)から調達した車両を使い、アリゾナ州で無人ライドシェア …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
福山市で自動運転車の公道実験 3月1、2日に広島県自治体で初

福山市は3月1、2日、自動運転技術が普及する社会の到来を見据え、自動走行の実証実験を日吉台公民館(日吉台)周辺など二つのルートで行う。 … 政府は2025年までに人が一切関わらない完全自動運転車の実用化を目指しており、全国では自治体が大学や企業と連携して走行実験を行う動きが広がっている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
テスラの自動運転は本当に“使える”のか?

渋滞の中、オートパイロットで運転中に、ふと、みんな自動運転車ならどうなるんだろう? と考えた。まず、人間の運転の場合、前のブレーキランプの光を見て、こちらも減速しなきゃとブレーキを踏む。ここには当然タイムラグがあり、前が急ブレーキだったり、反応が遅れたりすると車間が詰まったり、最悪追突することになる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
人工の実験都市・深センをひっそり走る「自動運転バス」

派手なプレスリリースで注目される深センの自動運転バス。世界一流の技術が投入されているものの、実用化の具体的な目処が立つような状態ではない。プレスリリース先行のように … むしろ「自動運転クルマが人間の運転するクルマに混じって道路を走るようになるのは、まだまだ先の話だ」と思っていた。 そこで、中国語が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ紡織社長、沼副社長が昇格

トヨタ紡織は現在、自動運転技術やコネクテッドカー(つながる)などの普及を見据え、二〇二〇年度までの新経営計画を策定中。沼氏の起用で生産現場の足元を固めつつ、次世代の内装技術の開発を加速させる。 一五年六月に社長に就任した石井氏は、不振の欧州事業の整理など収益構造の強化を進めてきた。新経営 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車HMIが革新、表示系デバイスへの要求に変化

車載ディスプレーとタッチパネルについて、この1年の技術動向、技術トピックスをご紹介ください。 近未来の自動車は、自動運転の進化によって、より安全・快適な移動を提供できるようになります。車内デザインも変化し、車内の居住空間も大きく広がっていきます。自動車は「第三の生活空間」になります。その結果、自動車に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
一時は消えかけた4WSが今高性能を中心に続々採用されている理由とは

また最終的にステアリングホイールやペダルがなくなった場合には、前輪と後輪は同じような角度にステアすることで、より取り回しが楽になると考えられています。完全自動運転の大きなハードルのひとつは、難度の高い場所への駐車で、それを上手くこなすためにも必要な機能のひとつであると予想されているのです。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
デジタル広告の有望市場は自動車の中にある

自動車を運転するドライバーの運転行動は、ネットでの検索活動よりも金銭的な価値がある」とデータマネジメントについて自動車メーカーと協同するコンサルタントのロジャー・ランクトット氏が話す通り、運転中の自動車の情報をAIが整理して、適切なタイミングで適切な広告を出すことは技術的に可能になりつつあります。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
デンソー、米ベンチャーのデルファーに出資 車載の電子防護技術開発へ

自動車部品大手デンソーは22日、サイバーセキュリティーを手掛ける米国のベンチャー企業「デルファー」に出資したと発表した。自動運転や、通信機能を持ち幅広いサービスを提供する「コネクテッドカー(つながる)」のシステムをサイバー攻撃から守る技術を共同開発する。出資の金額や比率は非公表。 デルファーは2016年 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【ATのエンストを甘く見るな(下)】整備士に分からない故障「制御プログラム」

メーカーは、整備体制をディーラーに任せ、面倒なトラブルを回避したいのはよくわかるが、不良で事故を起こすことを防ぐため、真摯に現実の欠陥対策を行うべきだ。AI自動運転が普及してくる中、現状のディーラーの技術レベルについてもメーカーは責任を負わなければならないだろう。ユーザー側としては大変重大な問題 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
日産 西川社長「より多くの人に新モビリティを」…DeNAと自動運転車の実証実験開始

一方、DeNAの守安功社長は「高齢化に伴う移動困難者の増大や交通に関わる人手不足などさまざまな社会課題をインターネットとAI(人工知能)で解決していきたい。先端技術に取り組んでいる日産自動車との協力でより良いサービスが提供できる。本格サービス時には完全自動運転時代の中核を担えるよう育てていきたい」 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「AI(人工知能)で実現! 【エレクトロニクス・自動車・工場を進化させるAI技術が出展】 PR TIMES」など、2018年1月5日     ニュース

ニュース
AI(人工知能)で実現! 【エレクトロニクス・自動車・工場を進化させるAI技術が出展】

加えて、工場で生産の異常を検知するAIや、AIを駆使して実現できる自動運転などエレクトロニクス・自動車業界にもAIの進化が見られます。 … 人工知能検査システム AIハヤブサ (株) ミラック光学AI(人工知能)+ 機械学習による検査従来の画像処理ソフトのようにパターンマッチング主体の処理では判断が難しかった検査を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「CES 2018」で、トヨタの人工知能研究開発会社が次世代自動運転実験車「Platform 3.0」を展示

トヨタ自動車の子会社で、人工知能などの研究開発を行なうToyota Research Institute(以下、TRI)は、1月9日に米国ネバダ州ラスベガスで開幕する「CES 2018」において、次世代自動運転実験車「Platform 3.0」を展示すると発表した。 このPlatform 3.0の開発にあたり、TRIは以下の3つの主要なテーマを設定した。 1.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車・輸送機 ニュース

トヨタ自動車人工知能(AI)開発子会社である米トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)は4日、米ラスベガスで9日開幕する「CES 2018」に自動運転の新型研究車両「プラットフォーム3.0」を … 各国の規制を背景に国内外の完成車メーカー各社が電気自動車(EV)をはじめとする電動車の開発を本格化しており、基幹部品の.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AI、自動運転、信頼回復…… 企業トップの言葉から読み解く2018年

技術革新による変化をポイントとして掲げる経営者も多い。三菱商事の垣内威彦社長は18年の経済状況が好調に推移すると考える根拠として、「(米Apple、Googleなどの)巨大ITプラットフォーマーの存在」、電気自動車(EV)や自動運転の開発が進む「自動車業界」、そして「人工知能(AI)」を挙げた。「人類が火や電気を初めて …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車メーカートップが語る2018年の展望と課題とは…天気予報に見立てて

そこで語られた自動車メーカートップの2018年の展望と課題とは。 まずは新春お決まりの2018年を天気予報に見立てるという質問に、トヨタ自動車の豊田章男社長からは「会社からは曇りに晴れを付けておけといわれている。晴れでも良いじゃないの … ただ西川社長は「人工知能がいろんな仕事を速くしている。これは開発にも …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
機械 ニュース

【5軸化など加速/DMG森精機・森雅彦社長】 電気自動車(EV)、人工知能(AI)、高齢社会などの社会変化の中、5軸化、複合化、自動化をさらに進める。周辺機器… 続きを読む · 新菱冷熱、タイのコージェネプラント完成−商業運転を開始. (2018/1/5 05:00). 新菱冷熱工業(東京都新宿区、加賀美猛社長、03・3357・2151) …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
2018TOP年頭語録/DMG森精機・森雅彦社長ほか

(2018/1/5 05:00). 【5軸化など加速/DMG森精機・森雅彦社長】. 電気自動車(EV)、人工知能(AI)、高齢社会などの社会変化の中、5軸化、複合化、自動化をさらに進める。周辺機器… (残り:1,833文字/本文:1,913文字). (2018/1/5 05:00). ※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動運転の主役はやはり自動車メーカー

東京モーターショーの技術展示では、電動化や自動運転が脚光を浴びるだけでなく、クルマの基本性能を高める軽量化技術を提案した足回り関連のサプライヤーにも注目が集まった。 今回の東京モーターショーではトヨタ、日産、メルセデス・ベンツ、アウディ、VWといったメーカーがEVで自動運転のコンセプトカーを出展していた …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、周り360度200mまで認識 自動運転車を開発

トヨタ自動車は5日、外部認識能力を高めた次世代の自動運転実験を開発したと発表した。センサー技術を向上させて車両全周を200メートルの範囲で認識できるようにした。の周囲の物体を正確に検知できるようになり、より安全性の高い自動運転が可能になる。 次世代実験は「プラットフォーム 3.0」という名称。米国に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転元年だ!ラスベガスで「自動運転タクシー」が走る理由[CES 2018]

自動運転車技術を保有するAptivによれば、タクシー配車サービスを提供するLyftとパートナーシップを締結し、CES 2018において「自動運転タクシー」の試験運行を実施する。自動運転タクシーは、CES 2018のメイン会場の1つであるラスベガス・コンベンション・センター(LVCC)のゴールドロットと呼ばれるエリアから出発し、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノー・日産連合、自動運転タクシーでテクノロジー企業との連携模索

日産自は ディー・エヌ・エーと自動運転車両を用いたタクシーの試験走行を横浜で 来年実施し、ルノーは自動運転車両の開発で仏交通サービスのトランスデブと組んでいる。日仏連合は昨年、自動運転車両に最適なバックエンドのクラウド技術の開発に共同投資する 契約を米マイクロソフトと結んだ。 レジック氏は「自動運転車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
360度の障害物を認識 トヨタ、自動運転車「Platform 3.0」を開発

… は、自動運転車のプロトタイプ「Platform 3.0」を、家電見本市「CES 2018」(1月9~12日、米ラスベガス)に出展する。周囲200メートルの環境を立体的に捉えるLIDAR(LIght Detection And Ranging)システムを備え、全方位を認識できる。外観はスマートに仕上げ、自動運転技術の装備もコンパクトにまとめ、複数の実験 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AI(人工知能)で実現! 【エレクトロニクス・自動車・工場を進化させるAI技術が出展】

加えて、工場で生産の異常を検知するAIや、AIを駆使して実現できる自動運転などエレクトロニクス・自動車業界にもAIの進化が見られます。 … の検出速度と精度・悪天候でも、遮蔽物があっても安定検出できるのが特徴で、カメラ画像から、歩行者,各種自動車,2輪,白線,標識等自動運転技術に必須となる物体検出をします。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
VWと現代自、自動運転技術の米新興企業に未来託す

自動運転車の開発競争が繰り広げられる中、ドイツの フォルクスワーゲン (VW)と韓国の現代自動車がシリコンバレーで1年前に創業したばかりの新興企業オーロラ・イノベーションに未来を賭ける。オーロラの創業者には、米グーグルや テスラ で自動運転車の研究を率いた人物が名を連ねている。 オーロラは4日、VWおよび …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産、ドライバーの脳波測定「運転支援」技術開発 自動運転社会に向けて

日産自動車は1月3日、ドライバーの脳波を測定して運転を支援する技術(Brain-to-Vehicle、B2V)を開発したと発表した。同技術は、 … 将来の自動運転社会では、人間はクルマをコントロールしないと考える人が多いかもしれません。しかし、この技術はその反対です」――日産自動車のダニエレ・スキラッチ副社長は述べる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ソフトバンクが目指す自動運転バスのある未来とは、試乗会でみえたもの

試乗会は、三菱地所が丸の内エリアで進める「オープンイノベーションフィールド」の一環で、先進技術やテクノロジーを用いた実証実験を支援する取り組みによるもの … ロボットがこのルートをトレースし、車両に取り付けられた走行用の各種センサーの情報からAIが歩行者や障害物を検知し自動運転を制御するという仕組みだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自律走行のために街を「再発明」すれば、道路は人に優しくなる 米国で動き始めた「新しい都市設計」

どの都市も、自律走行を前提とした将来の街づくりについて、そろそろ考え始める必要がある。そうした目標に向けて、米都市交通担当官協議会(NACTO)は2017年10月末、独自の「約束の地」のヴィジョンを公開した。NACTOは、こうした問題に真剣に取り組む全米60都市の交通計画担当官と技術者からなる組織だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
[FT]独VW、米ベンチャーと探る自動運転の未来

独フォルクスワーゲン(VW)がシリコンバレーの新興企業オーロラと自動運転車の研究開発で提携した。オーロラは米グーグルで自動運転開発の責任者だったクリス・アームソン氏が代表を務める。数々の老舗自動車メーカーが、自動運転の未来に適応しようとテクノロジー産業に期待を寄せているが、今回の動きもその一例だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノー・日産連合、自動運転タクシーでテクノロジー企業との連携模索

三菱自を含む3社は、既に自動運転車の実験を進めている米 グーグルや ウーバー・テクノロジーズのようなテクノロジー企業との協業を望んでいると同氏は語った。 … だろう」と述べた上で、テクノロジー企業にとって自動化技術はあくまで自社の主力事業を強化するものであり、その意味で「提携は可能と考えている」と語った。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ウェブ
ボタンひとつでが迎えに来る? VWが米新興企業と戦略的提携

フォルクスワーゲングループは1月4日、CES 2018の開幕を控えて、オーロラ社との間で自動運転分野における戦略的提携を締結した、と発表した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「Apple、自動運転車技術のデモを関係者限定で公開 iPhone Mania」など、2017年12月11日     ニュース

ニュース
Apple、自動運転車技術のデモを関係者限定で公開

Appleが先月の下旬に初公開した自動運転車技術に関する研究論文には、同社が開発中の「VoxelNet」と呼ばれるソフトウェアを用いた周辺環境マッピング技術の実験 … 米カーネギーメロン大学の教授を務め、Appleの自動運転技術の論文の共著者としても名を連ねたサラフトジノフ氏は、2016年にAppleに加わりました。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
名古屋大学発のベンチャー「TierⅣ」が低速型「完全自動運転車」を実用化へ

clicccar.com(クリッカー)
位置把握や走行経路作成、走行中の運転判断など、完全自動運転車に必要な機能を実現しており、今後走行実験を経て、再来年をめどに小型モビリティーを活用した移動サービスの事業化を目指しているそうです。 米国では大手自動車会社のみならず、ベンチャー企業による自動運転技術の開発が活発化しています …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
LG電子、自動運転技術を独自開発

LG電子は10日、第4世代移動通信技術のLTEを応用したV2X(車間通信および路車間通信)技術を韓国で初めて開発したと発表した。 V2Xは同士(車間)やと信号などのインフラ(路車間)とをつなぐ通信システム。高度な安全運転や自動運転を可能にする次世代技術として注目されている。 LG電子が開発した「LTE …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
EVには、モーターならではの「走る楽しさ」がある 新型日産リーフの走りに込められた思い

クルマを走らせる楽しさだけでなく、日産は運転の自動化に向けた取り組みも進めている。新型「日産リーフ」は、高速道路同一車線自動運転技術「プロパイロット」に加えて、日産として初めて自動駐車機能「プロパイロットパーキング」を搭載した。こうした一連の自動化技術は、「運転する楽しさ」に逆行することにはならないか。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ステアリング操作が可能なシャシーダイナモ、テストコースと実験室の間を埋める (1/2)

こうした現状を踏まえて技術術究を開始したのがDMTS(Driving&Motion Test System)だ。自動車は、ハイブリッドシステムや自動運転など、さまざまな部品が関わる複合化したシステムを操る技術が求められている。シミュレーション技術やCAE活用でシステム設計技術は向上したものの、完成のシステムテストは単体 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
台湾初の自動運転車、彰浜工業区で走行実験

自動車技術のテストなどを行う財団法人、車両研究測試験中心(車両中心)は7日、彰化県鹿港鎮の彰浜工業区で自社開発の自動運転車の路上走行実験を行った。前方障害物認知など各種システムに大きな問題がなく走行を終えたことを受けて、2018年から車両中心の敷地内で自動運転車を… 関連国・地域: 台湾.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
交通死亡事故ワースト1の愛知県 運転する人型ロボット開発に向け実証実験

今後も豊田市内で実証実験が続けられ、ロボットが自分でに乗り込み、目的地まで運転できることを目指すとのことです。 にAI(人工知能)が搭載される自動運転技術が進んでいますが、さらにロボットが運転してくれるとなると、人が運転しない時代がすぐそこに来ているのかもしれません。 愛知県はによる交通死亡事故 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
五輪で商業ベースの無人タクシーを…ZMP 谷口恒 代表取締役社長【インタビュー】

でも、過疎地の自動運転って確かに必要なんですけど、商売ではないんです。社会貢献にはなりますけど、そこからはスタートはできない。これには理由が2つあって、1つはまず、需要が非常に少ないこと。もう1つは技術面です。お台場でやると日本中のデータが取れるんです。フェラーリも走っているしトラックも大型コンテナ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
速度10倍、電力100分の1…AI半導体開発

政府は、自動運転車やロボットに搭載する人工知能(AI)向け新型半導体の開発支援に乗り出す。 通常より処理速度が速く、消費電力の少ないタイプで、2018年度中に企業や大学の技術者が利用できる開発拠点を設ける。AIの性能を左右するAI用半導体の開発は米IT企業が先行し、世界的に競争が激化しており、官民で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
DeNAのエンジニアが「ゲーム」から「自動車」事業に異動して活躍できるワケ

例えば、カーシェアが普及すると同時に自動運転技術が発展する未来を、小林さんはイメージする。ユーザーが仕事に行っている間、駐車場に止めたクルマを他のユーザーが借りたいとき、クルマが無人で借りたい人の場所まで出向き、ニーズを満たして戻ってくる――そんなサービスも「現実的にできなくはない」(小林さん)。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動運転の技術を習得する意義とは

本講座で講師を務める二宮芳樹氏(名古屋大学 未来社会創造機構知能化モビリティ研究部門 特任教授)に、自動運転技術を習得する意義や、理解を深める上でのポイントなどについて聞いた。(聞き手は、田中直樹). ――自動運転の技術を習得する意義は。 自動運転は、自動車、ロボット、人工知能、ヒューマンファクタ-、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
名古屋大学発のベンチャー「TierⅣ」が低速型「完全自動運転車」を実用化へ

clicccar.com(クリッカー)
名古屋大学発のベンチャー「TierⅣ(ティアフォー)」が、米国の半導体大手「NVIDIA(エヌビディア)」との業務提携により、自動運転式小型EV「Milee(マイリー)」を開発、市街地や中山間地域での実用化を目指し、来春から愛知県内で実証実験を始めるそうです。 「TierⅣ」は2015年12月に名古屋大学准教授だった現・東京大学 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
高精度地図分野での企業間コラボレーションが進む

自動運転の実用化に欠かせない「高精度地図」を巡る企業間のコラボレーションがあちこちで始まっている。まず自動車サプライヤー大手であるボッシュがパイオニアの子会社であるマッププロバイダー、インクリメントPと提携。数センチ以下の誤差で自位置を把握できるボッシュ・ロード・シグネチャーの実用化を進めるボッシュ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【特集】<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」1位にアクセル

11日の東京株式市場で、アクセルの株価は前週末終値の902円を挟んで小幅な値動きとなっている。8日付の日刊工業新聞で「名古屋大学発ベンチャーのティアフォー(名古屋市中村区)は、米半導体大手のエヌビディアと業務提携し、完全自動運転の小型電気自動車(EV)を開発した」と報じられ、ティアフォーと自動運転に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「ホンダ 自動運転の画像認識 香港のIT企業と共同開発 NHK」など、2017年12月7日     ニュース

ニュース
ホンダ 自動運転の画像認識 香港のIT企業と共同開発

大手自動車メ-カーのホンダは、人やの動きが複雑な市街地での自動運転の実用化に向けて、AI=人工知能の技術に強みを持つ香港のIT企業と共同で画像認識などの … 発表によりますと、ホンダは香港のIT企業、センスタイムと今後5年間、自動運転に欠かせない画像認識などの技術を共同開発することで合意しました。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
BlackBerry、コネクテッド・カーと自動運転車のセキュリティに関する枠組みを発表

サイバーセキュリティ・ソフトウェアを提供するカナダのBlackBerry Limitedは、コネクテッド・カーと自動運転車をサイバー攻撃から保護するために求められる枠組みを発表した。 最新技術とコネクティビティが自動車に実装されることで運転体験が向上する一方、自動車メーカーは解決すべきサイバーセキュリティに関する複雑な …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
《経済》 自動運転の公共交通 実証実験始まる

自動運転技術を活用したサービスを開発するSBドライブ(東京)と浜松市、スズキ、遠州鉄道は、自動で走るが地域の公共交通機関として住民の生活を支える未来を想定し、西区庄内地区で実証実験を始める。路線バスのように決まったルートを走る軽自動車を七日から十九日まで運行し、住民に利用してもらいながら課題を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ヤマハ発、CES初出展 AI搭載2輪など公開

人工知能(AI)搭載2輪や飛行ロボット(ドローン)、近距離移動を想定した自動運転技術を発信。分野の垣根を超えたパートナー探しや、オープンイノベーションによる技術革新と事業創出を目指す。 自動運転サービスの実現を目指す電動4輪モビリティ「06GEN=写真」は、路面画像認識によって自位置を確認。クラウド技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ウーバーの日本市場攻略が行き詰まったワケ

自家用で乗客を運ぶライドシェア(相乗り)の世界最大手、ウーバー・テクノロジーズが日本市場での方向転換を決めた。11月下旬、ウーバーのアジア事業を … その後もセクハラ問題やグーグル傘下で自動運転技術を開発するウェイモとの裁判ざたが続く。6月には責任をとって創業者カラニック氏がCEOを辞任する事態に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産とDeNAの配車サービスが一般向け実証実験、無人運転車投入は次のフェーズで

実証実験には一般のモニターに参加してもらい、2018年3月5~18日の2週間で実施する。車両は電気自動車「リーフ」の先代モデルをベースとした自動運転車で、運転席には人が座る。走行するのは、あらかじめ設定されたルートとなる。モニターは、スマートフォンのアプリを通じて行きたい場所の設定や配車の予約を行う。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
進む世界のEVシフト「トヨタが中国メーカーに追い抜かれる日」

電気自動車(EV)や自動運転の開発競争が世界的に激化し、中国企業は巨大市場を背に急成長中だ。世界を席巻 … 業績が安定しているトヨタグループの株価は、トヨタから1千円引くと豊田自動織機、2千円引くとデンソーといった相場観があった。それが … いずれもトヨタが得意なハイブリッド(HV)の技術から転用できる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【岩貞るみこの人道医】これ以上の「音」は無理なんですけれど? クルマの警告音を考える

すでにおなかいっぱいな状況であるにもかかわらず、自動運転の未来に向けて現在も、さまざまな運転支援技術の開発が続けられている。そして、開発者に話を聞くと、ほぼ全員が口をそろえて「コーション(注意喚起)もアラーム(警告)も、音!」と言っている。ちょっと待った。このまま単に上乗せされても私、もう、無理なんです …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
3D CADによるクルマと飛行機の設計・製作の支援(2)

前回から、乗り物(ヴィークル)を動かす過程ではなく、生み出す過程において情報通信技術が大活躍しているという話を取り上げている。今回は、クルマと飛行機を題材に、CAD/CAMの使われ方、3Dモデリング、自動運転について紹介しよう。執筆にあたっては、3D CADを提供しているダッソー・システムズに協力いただいた。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動走行し、空きスペースに自動駐車

自動運転やカーシェアリングなど、自動車の利用方法が大きく変わろうとしている中、これらの変化に先んじて技術開発を行うため、安心・安全分野の先端技術開発を … 自動バレー駐車とは、大規模駐車場にて車両が自動走行し、空きスペースに自動駐車するしくみであり、同社は上記共同研究と協業を含む活動の一環として、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
日本は潮流を生み出す先駆者だ! 自動車業界の覇権を握りつつある日本=中国

中国メーカーの自動車も近年は質の向上が見られるようになってきているのは事実で、中国で人気となっているSUV市場では販売が好調な中国車も存在する。 … また、人工知能を搭載したトヨタのコンセプトカー「Concept-i」などの存在を挙げたうえで、機能と美しさを兼ね備えた物作りは日本の工業デザインの最大の特徴だ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
車の進化を体感 大阪モーターショー8日開幕

西日本最大級の自動車展示会「第10回大阪モーターショー」(日本自動車販売協会連合会大阪府支部、日本自動車輸入組合、読売新聞大阪本社などの実行委員会主催)が8日、大阪市住之江区のインテックス大阪で開幕する。 国内外の32ブランドが出展する。人工知能(AI)を搭載した自動運転車や電気自動車(EV)の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ダッシュボードで注文・予約 GM、電子商取引スタート

車でのECをめぐっては米IT大手アマゾン・コムが来年から米欧で、ドイツ自動車大手BMWに音声を使った人工知能サービスを提供する予定で、自動車メーカーとIT企業が連携したサービスが広がりそうだ。 ロイター通信によると、EC開発に当たり米IT大手IBMと協力。利用者に手数料や通信費はかからず、ECに参加する業者 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ホンダ、自動運転を共同研究 中国のAIベンチャーと

両社の技術を持ち寄り、道路状況に応じてどんなリスクがあるかなどを予測する。安全な停止や回避といった行動がとれる自動運転車を開発する。将来はロボティクスの分野でも提携を拡大する予定だ。 ホンダは2025年をメドに一般道で自動運転技術の確立を目指している。AIでは人間の感情や運転のクセを分析する技術を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「日産とDeNA、一般參加できる自動運転タクシー実験を2018年3月に実施。事前登録受付中 Engadget 日本版」など、2017年12月6日     ニュース

ニュース
日産とDeNA、一般參加できる自動運転タクシー実験を2018年3月に実施。事前登録受付中

日産自動車とDeNAが、自動運転車両を利用した配車サービスの実証試験を、2018年3月5~18日の期間限定で実施すると発表しました。試験を実施する区域は横浜市みなとみらい … 自動運転技術を使うこの実証試験にわれわれ一般人が参加するには、まず事前登録が必要です。受付はすでに始まっており、2018年1月15 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
運転手いない遠隔型自動運転、14日初の公道実験

愛知県は、運転席にドライバーが乗らない自動運転の実証実験を14日に同県幸田町で行う方針を決めた。警察庁によると、公道で遠隔制御の自動運転車を走らせるのは全国初という。県は、自動運転技術の実用化に向けた一歩とする考えだ。 実験は、3次元地図の作製に強いアイサンテクノロジー(名古屋市)、名古屋大学発 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
“地域限定”群馬大で研究進む 路線バスや駐車場、生活圏内のニーズに対応 /群馬

今月2日、前橋市荒牧町の群馬大で開かれた、自動運転技術に関するシンポジウム。群馬大の … 自動運転の研究は、大学や自動車メーカー、IT企業などが取り組んでいる。小木津氏によると、自動車メーカーが進めているのは主に、前橋や東京、北海道など全国のどこでも機能する自動運転技術の研究。しかし、地域 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【インタビュー】“空気を読む”AIを目指す…ホンダ AI研究開発グループ 安井裕司氏

自動運転の実現に向けたAI技術を読み解くため、業界のキーパーソンに各社の取り組みについて話を聞いた。第1回目となる今回は、本田技術研究所 四輪R&Dセンター 統合制御開発室 ADブロック 自動運転用AI研究開発グループ グループリーダの安井裕司氏。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米・GMが小型EVによる「完全自動運転」タクシーサービスをニューヨーク市内で実証へ

clicccar.com(クリッカー)
米GMが2019年をめどに、米国の複数の都市で同社製の無人自動運転車を使ったタクシーサービスを開始するそうです。 … 一方、米アリゾナ州フェニックスではGoogle系の「ウェイモ(Waymo)」が同様のサービスを既にスタートさせていますが、GMとしては技術的難易度や需要度がより高い大都市でのサービスを目指してい …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「匠の技」頼みの日本自動車メーカーの危機—— VRでの新車開発でドイツに完敗

シーン」とは映画の場面と同じ意味で、開発段階でクルマのソフトウエアにあらゆるシーンを覚え込ませて、判断できるようにするのだ。 これが完全自動運転のレベルになると、億単位のシーンを想定しなければならなくなる。とても実車を使った開発は到底無理だ。もし、VRを使わなければ技術完成までに100万年かかるといった …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
オン・セミコンダクター、車両の電動化などに向けた事業戦略記者説明会

オン・セミコンダクターは12月5日、自動車向けソリューションを中心とした同社の事業戦略についての説明会を開催した。 同社は半導体技術を使いながら、自動車の電装化や自動運転、ロボット化する産業機器、IoTを牽引する通信などの分野に注力してビジネスを展開している企業。 説明会にはオン・セミコンダクター …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【高論卓説】欧米で過熱化する「自動車2.0」 (1/2ページ)

11月末の米サンフランシスコには、ゼネラル・モーターズ(GM)の「インベスターズ・ディ」に世界の投資家が集結した。同社の成長戦略の要である自動運転技術のお披露目やビジネスモデルの発表に加え、買収した自動運転のソフトウエア開発会社クルーズ・オートメーションが手掛けるレベル4(高度自動運転)の自動運転車の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アウディ、AI導入のカメラ開発—レベル3自動運転でも人工知能は必須

アウディが今回発表した単眼カメラは、車両の周囲の状況を正確に把握することを可能にする技術。このカメラは、車両前方約120度の範囲を対象に、解像度1.3メガピクセルの画像を1秒間に15枚撮影する。この画像 … 新型アウディ『A8』が搭載するレベル3の自動運転でも、人工知能が必須のテクノロジーになる、としている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
フォード、中国で50車種投入 25年までに

電気自動車(EV)かハイブリッド(HV)で15車種以上、多目的スポーツ(SUV)で8車種を発売する。19年末までに中国で販売する全ての新車に通信機能を … 中国ネット大手、百度とは自動運転技術を開発しているほか、中国の中堅自動車メーカー、衆泰汽車(浙江省)とはEV合弁を設立し、新工場を建設する計画もある。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
アウディ、AI導入のカメラ開発—レベル3自動運転でも人工知能は必須

アウディ、AI導入のカメラ開発—レベル3自動運転でも人工知能は必須 … アウディは12月4日、米国カリフォルニア州で開幕したNIPS(神経情報処理システム)カンファレンスにおいて、人工知能(AI)を用いて極めて精密な3D環境モデルを構築 … アウディは前回の2016年、自動車メーカーとして初めて、NIPSに参加している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
GM、電子商取引に参入 車載画面で注文、予約

車でのECを巡っては米IT大手アマゾン・コムが来年から米欧で、ドイツ自動車大手BMWに音声を使った人工知能サービスを提供する予定で、自動車メーカーとIT企業が連携したサービスが広がりそうだ。 ロイター通信によると、EC開発に当たり米IT大手IBMと協力。利用者に手数料や通信費はかからず、ECに参加する業者 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【トップ近況】日本損害保険協会・原典之会長、自動車保険に大きな変化予想「環境整備を一層加速していく」

日本損害保険協会の原典之会長(62)は「今まで以上にフォワードルッキング(先読み)な視点で環境変化に対応することが必要だ」と語る。協会創立100周年を迎え、さらなる業界の発展を目指す。 人工知能(AI)やビッグデータ、自動運転車といった技術の進歩で主力の自動車保険などに大きな変化が予想される。各社が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「ZMPが初めて無人の自動運転車で公道実験へ、遠隔システム検証 ロイター」など、2017年12月5日     ニュース

ニュース
ZMPが初めて無人の自動運転車で公道実験へ、遠隔システム検証

同社はタクシー大手の日の丸交通(同)と協業し、東京五輪・パラリンピックの開かれる2020年に一部地域で無人の自動運転タクシーのサービス実現を目指している。今回の実験を通じて、遠隔操作による自動運転システムを検証し、自動運転技術とサービスのさらなる開発と安全性向上を図る。 遠隔型自動運転システムを用 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ヤマハ発がカート型自動運転車出展、リゾート地で活用

ヤマハ発製のカートを使った自動運転車両が続々と登場している。2017年6月には産業技術総合研究所が旗振り役となって、ヤマハ発製のゴルフ用カートを基に「スマートEカート」を開発した。同車両自動運転の基本的なシステムは、すでに遊園地向けなどで販売している電磁誘導型である。地中の深さ3cmから5cmの位置 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産とDeNA、一般参加可の自動運転車実験へ

DeNAが開発した専用アプリでを指定した場所に呼び出した後、目的地まで移動するサービスの実験を行う。原則として自動運転で走行するが、必要に応じて同乗するドライバーが運転する。 自動運転技術の開発に取り組む日産は、20年代の早期に、無人運転のを使った配車サービスの実用化を目指している。 2017年12 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ鯉淵常務理事「すべての人が自由に移動できる社会を」—自動運転開発の取り組み

自動車業界の機能安全活動の裾野の拡大、および自動運転技術開発の促進を図ることを目的とするもので、テーマは昨年に続き「自動運転に向けた機能安全・ … 講演テーマは、「トヨタの先進安全・自動運転開発技術への取組み」。 … 周りののウインカーの点滅や、道路上の子供の様子を検知して動きを予測するもの。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転バス、地域が期待 安全走行へ課題も、滋賀

運転技術に不安を覚え、免許返納について時折考えるという高木清治さん(75)=同町=は「実現すれば自家用がなくても安心」と期待する。 高齢化や過疎化が進む奥永源寺地域のような中山間地域では住民の移動や物流の手段をどう確保するかが課題。国交省はその一助として、ドライバーが不要な自動運転車の実用化 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノー、EUの自動運転&コネクトカープロジェクトに参画…1000台のメガーヌ納入へ

専用仕様のメガーヌには、自動運転&コネクテッドカー技術が搭載されており、速度、ハンドル角、タイヤのグリップ、フロントガラスのワイパー操作、エアバッグの展開などの車両データを収集して分析する … ルノーによると、SCOOPプロジェクト参画の目標は、道路上でより安全なを顧客に提供し、交通の流れを改善すること。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ジェイテクト 自動運転関連技術の本格開発 リチウムイオン・キャパシター、パワースーツなど新規分野も拡大

ジェイテクトは、今後の自動運転に対応したステアリングシステムの開発にも着手している。レベル3の自動運転で求められる、ドライバーが自らの意志でステアリングを操作しているかを判定する技術として、自動運転から手動運転へのシームレスな移行、そして路面の変化やクルマの姿勢の変化があっても正確に応答する高 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ヤマハ、AI搭載で自立走行する「MOTOROiD」、自律ライディングロボット「MOTOBOT Ver.2」など「CES …

… 発表された「06GEN」は運転席が用意されていたが、名称にAutomatedという言葉が追加されたこちらは、路面画像認識で自位置を認識する低コストな自動運転車となっており、クラウド技術を使った高スケーラビリティな管制サーバを一体化してシステムを構成。また、自動運転サービサーがWeb-APIを使う独自のMobility …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
車検時にスキャンツールで電動パワートレインや予防安全技術を点検するのが義務化される日は近い …

同省自動車局整備課の平井隆志課長は検討会冒頭の挨拶で、「近年ハイブリッドカー、FCV、EVなど電子装置を活用したクルマ自動運転技術が急速に普及している。政府としても事故減少のため、2020年までに新車搭載率を9割以上とすべく取り組んでいる。これらは電子制御装置によって制御されており、故障した場合は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
《経済》 アスモ、デンソーと合併

自動車用小型モーター製造のアスモ(湖西市)は二〇一八年四月、親会社の自動車部品大手デンソー(愛知県刈谷市)に吸収合併される形で両社のモーター事業を統合する。の電動化や自動運転技術の開発競争が激化する中、いずれの技術でも鍵を握るモーター事業をデンソーに集約して製品開発を強化する。四日、両社 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
日本電産、仏車大手と合弁電気自動車向けモーター

日本電産は4日、フランスの自動車大手グループPSA(旧プジョー・シトロエン・グループ)と電気自動車(EV)向け駆動用モーターを生産する合弁会社を同国に設立すると発表した。PSAが持つノウハウや生産設備を生かしてEVの主要部品となるモーターの競争力を高め、需要拡大に対応したい考えだ。 合弁会社は2億2千万 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アメリカ国防副長官、人工知能分野の競争の敗北を懸念

この報告は、ロシアのプーチン大統領が最近、ロシアが将来世界を運営し、最もよい人工知能を保有すると語った後に出されました。 ロシアのメディアも、ロシア軍は自動車やロボット、新型巡航ミサイルなどを開発する中で決定的な力を持っているとしています。 中国も人工知能産業の向上のために数十億ドルを費やしており、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
日産とDeNA 自動運転車の配車サービス実験へ

日産自動車と大手IT企業のディー・エヌ・エーは、完全自動運転を使った配車サービスの実現に向けて、来年3月に、横浜市で一般のモニターが参加する実証実験を行うと発表しました。 続きを読む … 自動運転車を使ったサービスの開発は自動車メーカーやIT企業などが提携し、業界の垣根を越えた競争が加速しています。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ZMPが初めて無人の自動運転車で公道実験へ、遠隔システム検証

ZMPとの提携を1月に解消したIT企業のディー・エヌ・エー(DeNA)(2432.T)と日産自動車(7201.T)も同日、一般のモニターが参加する、開発中の自動運転車による移動サービス「Easy Ride(イージーライド)」の実証実験を来春実施すると発表した。 実験では万が一に備えてドライバーが同乗するが、両社も20年代早期に、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

運転は無人時代へ。DeNAが自動車領域にもたらす変革 ITは自動車産業を救う? ドライバー不足を解消 … (JBpress)

運転は無人時代へ。DeNAが自動車領域にもたらす変革 ITは自動車産業を救う? ドライバー不足を解消 …

2017年5月10日(水)に開催された「Japan IT Week 春」の基調講演「完全自動運転 実現のために必要な組込み技術とは?」では、株式会社ディー・エヌ・エー …

運転は無人時代へ。DeNAが自動車領域にもたらす変革 ITは自動車産業を救う? ドライバー不足を解消 … (JBpress)

運転は無人時代へ。DeNAが自動車領域にもたらす変革 ITは自動車産業を救う? ドライバー不足を解消 …

2017年5月10日(水)に開催された「Japan IT Week 春」の基調講演「完全自動運転 実現のために必要な組込み技術とは?」では、株式会社ディー・エヌ・エー …