「スマートモビリティで何が起きる? 自動運転車やカーシェアが都市を変えるプロセスとは ビジネス+IT」など、2018年2月22日     ニュース

ニュース

自動運転車が走り出し、MaaSが浸透すると世界は変わる

運転しなくても自動的に走る自動運転車に関するニュースを目にする機会が本当に増えました。「とはいっ …. 自動運転車体)はタクシーやライドシェアサービスのみならず、小売店や宿泊・飲食施設、物流向け等様々なサービスに用いられることを想定されており、数多くの異業種パートナーとの提携も併せて発表されました。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
ニュース

自動運転車が走り出し、MaaSが浸透すると世界は変わる

でもご紹介しましたが、加速する自動運転技術開発とMaaS(Mobility-as-a-Service)という革新的なコンセプトの登場により自動車業界には地殻変動ともいうべき変化が起きています。また、今年1月に米ラスベガスで開催された世界最大級の家電見本市「CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)2018」でも、大きな …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「冗長性」と「見えない領域」、GM無人運転の中核技術

クルーズAVの自動運転システムには、三つの基本機能がある。「認識(Perception)」と「走行計画(Planning)」、「車両制御(Control)」だ。全ての基本機能で、冗長性に配慮した設計にした。 「認識」機能は、車両周囲の物体の位置や速度、方向、種類を計算する。中核が、車両周囲の360度を認識するセンサー群である。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「次世代自動運転・コネクテッドカー・カンファレンス 2018」でトヨタの鯉渕部長が講演

講演では、トヨタの高度運転支援システムや自動運転に対する考え方や、それを支える技術のほか、自動運転技術の実用化に向けた社会コンセンサスや … 無人回送による利便性向上、自動運転車から集まる情報を用いた新サービスの創出といった「新規ビジネス」という4つの観点に触れ、「自動運転技術は、モビリティを大きく …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

北米フォード社長が「不適切な行動」で突然の退任。CTOなど歴任し自動運転やスマホ連携システムに精通

ラジ・ナイール氏は2017年6月までフォードCTOの職を務めていたこともあり、特に技術面での舵取りに重要な貢献をしてきた人物。製品開発責任者として世界で販売されるフォードを知り尽くし、自動運転車やスマートフォンに連携するインフォテインメント、モビリティサービスに重きをおいたブランド戦略を主導してきたことを …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

政令指定都市で初、名古屋市で自動運転実験(愛知県)

運転席が無人のを公道で走らせる政令指定都市初の自動運転実験が22日、名古屋市中区で行われた。遠隔型の自動運転システムを搭載したが中区の官庁街を1.2キロ走行し、愛知県の大村秀章知事と名古屋市の河村たかし市長が試乗した。世界的な開発競争が起きている自動運転技術で、愛知県などは来年度、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

トヨタブランド初の車線維持支援機能レーントレーシングアシスト(LTA)を体験

ただし、これは、自動運転技術におけるレベル2に該当する装置であり、運転者がハンドル操作をすることが前提で、それを補助する機能である。 … 今回、マイナーチェンジをした上級ミニバンのアルファード/ヴェルファイアにトヨタブランドとして初めてLTAを採用するにあたり、開発を担当したトヨタ自動車第1先進安全開発部 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

鈴木、EV電池部品に参入 新株予約権で14億円調達

EVの普及を予想して3年前から電池用部品の開発をしていたが、このたび量産のめどがついたという。部品をつくるための加工機械や洗浄設備などを導入、21年3月に全ての設備を入れて生産体制を整える。 自動運転などの技術革新が進んでいることからに搭載される電子部品の数が増えるとみて、ほかの自動車部品にも …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

人気自動車ジャーナリスト(と編集スタッフ)が真剣チェック!気になる中古試乗判定 アウディ A4 アバント

トラフィックジャムアシスト」は0kmから65km走行時に、車線や周囲の建物、車両を感知してステアリング操作を含め車両を導く。また、オプション … それから、自動運転技術を活用した「トラフィックジャムアシスト」も追加されまして、これは渋滞時にペダルに加えてステアリングまで操作し運転をサポートします。また、メーターが …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

英国ウィリアム王子がアストンマーチンDB11でホリバMIRAのテストコースを激走

ウィリアム王子はホリバMIRA社が提供する自動車の研究開発用の設備を訪問したほか、ホリバMIRA社のテストコースで自動運転車のシミュレーションを体験した。 … 最後に、ウィリアム王子は、MIRAアカデミー(2013年より若手の技術者へ教育支援を行う施設として開講)のレセプションに出席し、博士課程の学生たちの話を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

PSAグループとクアルコム、セルラーV2Xの実証実験へ

PSAグループは2月21日、クアルコムと共同で、「セルラーV2X」(Vehicle to Everything:車間通信・路車間通信)の実証実験を行うと発表した。 セルラーV2Xは、車両とあらゆるものをつなぐ高信頼・低遅延の通信技術。セルラーV2Xは、有力な無線通信技術のひとつで、自動運転やインテリジェントモビリティにおける利用が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「群馬大と三井住友銀行が自動運転車の地域活用で連携 次世代モビリティサービスを開発 ITmedia」など、2018年2月19日     ニュース

ニュース
群馬大と三井住友銀行が自動運転車の地域活用で連携 次世代モビリティサービスを開発

これまで群馬大学では、2016年10月から群馬県桐生市内で自動運転車の公道実証実験を開始したことをきっかけに、同年12月に「次世代モビリティ社会実装研究センター」を設置し、限定地域での完全自動運転商用化を目指すなど、関連分野の企業や自治体などと連携しながら、次世代モビリティシステムの社会実装に向け …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Safety 最新技術から業界を取り巻く状況まで 安全装備、まるごと。

自動運転技術の発展が安全性を高めることに繋がるこれは、トヨタの子会社で人工知能などの研究開発を行う「TRI」が2018年1月に発表した自動運転実験。外周360度の認識が可能で、これまで検知が難しかった暗い色にも対応している。このような自動運転技術の進化がクルマの安全性を高め、ドライバーがより少ない …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【テーマ投資】目前に迫る自動運転社会、自動運転関連銘柄で注目企業はどれか

また、すでにレベル1と言われる運転支援システム搭載が登場している中、今後レベル1の車種の急速な普及に加え、レベル2(部分的自動運転)の普及、レベル3(条件付き自動運転)の登場と普及、そして2030年までにはレベル4(完全自動運転)の登場も予測されています。 自動運転には自動車本体の技術は言うに及ば …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NTT、自動車内の音声操作やコミュニケーションを快適にする集音技術を開発

NTTでは、様々なパートナーとのコラボレーションを通じ、コネクテッドカーや自動運転車など未来の自動車がより豊かな体験を提供できるような技術開発に取り組んでまいります。 なお、本技術について、2018年2月22日〜23日開催の「NTT R&D フォーラム 2018」にて展示いたします。 ※1 EUでは緊急通報システム「eCall」 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
実験が始まった「あらゆる情報とつながるクルマ」の正体

2020年代を視野に入れた重点研究開発テーマは自動運転、電動化、コネクティビティだといわれている。コネクティビティとは、いわゆる“つながるクルマ”だ。外部と高速データ通信できる機能を備え、必要な情報にアクセスしてクルマ単独ではできないことを実現させるという意味である。この分野の技術革新は目覚ましく、欧米 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
フォルクスワーゲン、電気自動車はAppleのデザイン哲学を参考に?

現在、電化の時代へ向けてフォルクスワーゲンの価値を再定義しているところだ」と同社のブランドデザインを統括するクラウス・ビショフ氏はインタビューでコメントしています。 電気自動車では遅れをとっているフォルクスワーゲンですが、2022年までに電気自動車事業、自動運転車技術、デジタルモビリティ事業にグループ全体 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
センシング技術の先端 – 日立オートモティブシステムズ 工藤真氏[インタビュー]

自動運転の本格普及が始まろうとしているいま、長く日本のADAS(運転支援機能)の進化を支えてきた日立オートモティブシステムズ。 … 工藤:両目ですと三角法で距離が簡単に出ますけれども、例えば片目ですと、のサイズがあらかじめ分かっていれば大きさを把握して距離を理解することができますが、のサイズが想定 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AIセミナーの応募倍率は7倍、デンソーがシリコンバレー対抗

自動運転技術開発プロジェクトに必要なAI人材は、常に足りていないのが現状だ」。こう話すのはデンソーの川原伸章先端技術研究所長だ。 自動車メーカーで人工知能(AI)に強い技術者の獲得に乗り出しているのは、トヨタ自動車のような完成メーカーだけではない。同社も「AI人材」の争奪戦に名乗りを上げた1社である。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
統合センサーの開発が続々、多種使い分けは少数寡占へ

自動運転向けに車両の周囲を認識するセンサーの開発が、新たな局面を迎えている。カメラ(CMOSイメージセンサー)、LiDAR(Light Detection and Ranging)、ミリ波レーダー…。多様なセンサーを組み合わせる現行手法に対して、次世代を見据えた技術が、この1年ほどの間に相次いで登場した。主には米国やイスラエルの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
AIセミナーの応募倍率は7倍、デンソーがシリコンバレー対抗

自動運転の技術開発プロジェクトに必要なAI人材は、常に足りていないのが現状だ」。こう話すのはデンソーの川原伸章先端技術研究所長だ。 自動車メーカーで人工知能(AI)に強い技術者の獲得に乗り出しているのは、トヨタ自動車のような完成車メーカーだけではない。同社も「AI人材」の争奪戦に名乗りを上げた1社である。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
【テーマ投資】目前に迫る自動運転社会、自動運転関連銘柄で注目企業はどれか

また、すでにレベル1と言われる運転支援システム搭載が登場している中、今後レベル1の車種の急速な普及に加え、レベル2(部分的自動運転)の普及、レベル3(条件付き自動運転)の登場と普及、そして2030年までには … 同社子会社と、未上場ながら世界的な注目を浴びる自動運転システム開発会社のZMPが提携
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「テスラの「半自動運転」は、なぜ消防車への追突事故を起こしたのか 見えてきた自動運転技術の課題と … WIRED.jp」など、2018年1月26日     ニュース

ニュース
テスラの「半自動運転」は、なぜ消防への追突事故を起こしたのか 見えてきた自動運転技術の課題と …

ドライヴァーは当時、クルマが「オートパイロット」モードになっていたと消防隊に伝えたという。限られた状況下で自動運転を可能にする半自動運転のシステムは一般的なものになりつつあるが、この事故はそうしたシステムの弱点を浮き彫りにした。 驚くべきことに死傷者がいなかったこの事故からは、技術的な疑問も浮かび …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日本自動車研究所、自動運転車の公道での実証実験前に安全性を確認する「事前テストサービス」説明会

説明会の冒頭、挨拶を行なった日本自動車研究所 研究所長の永井正夫氏は、「私どもJARIは自動運転車の開発が急速に進むなかで、公道の実証実験の安全確保を非常に重視しています。そこで自動運転車の公道実験に向けた事前テストサービスを2月より開始することと致しました。JARIは自動車技術に関する中立公正な …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米アップル、加州で自動運転試験車両を27台に増強-ライバルを追撃へ

クック最高経営責任者(CEO)は昨年6月、自動運転技術を開発するチームの存在を初めて認めた。「プロジェクト・タイタン」と称するこの取り組みは、自前で車両全体を製造する野心的な計画だったが、人員やコストの増大で2016年に規模が縮小された。アップルはDMVへの最新の登録についてコメントを控えた。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ダイナミックマップ向けのデータ収集と配信を実験、富士通とKDDI、ゼンリン

KDDI、ゼンリンおよび富士通の3社は、完全自動運転時代の「ダイナミックマップ」生成に必須技術となる大容量データの情報収集と、自動運転車へのマップ配信技術の実証実験を2018年1月から開始すると発表した。 今回の実証実験で、KDDIは一定間隔で生成される車載カメラやセンサーのデータを確実で効率的に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「MaaS」のサービスに深入りしないパナソニック、コックピットをそろえて対応

レベル3の自動運転車向けのコックピット(左)。カメラやセンサーを活用したドライバーモニタリングシステムが追加される(右)(クリックして拡大). こうしたコックピットシステムを実際の車両に展開するための技術もそろえる。車載情報機器のOSとしてAndroidや車載Linuxである「Automotive Grade Linux(AGL)」の対応を進め …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
富山で次世代・ロボフォーラム 企業の技術開発促す

基調講演では本田技術研究所の松本宜之社長が技術革新の重要さを訴え、外部企業との連携を進める姿勢を示した。同氏は「技術を持つ富山県の企業の協力を得られれば」と参加理由を語る。講演では同社の手掛ける自動運転車や感情を表現するロボットも紹介した。 開会に先立ち、石井隆一知事は「富山県は世界的に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ミライの街を支えるのは自動運転バス? 国交省に聞く「自動運転への期待」

日本政府は自家用、物流サービス、移動サービスそれぞれについて2025年までのシナリオを策定し、2020年までに高速道路での自動運転および限定地域での無人自動運転移動サービスの … しかし将来のコンパクト+ネットワークな街作りに向け、中村室長は「自動運転技術が役に立つ可能性があります」と期待している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
偶然の力で新事業に挑むパイオニア

一般に販売することを目指す自動運転車に搭載するには小型化とコスト削減が必要だった。 そんなLIDARを小型化して量産するために必要な技術が、偶然にもパイオニアの社内にあった。 基本となるレーザーの技術は、CDやDVDといった光ディスクを扱う上で欠かせない。LIDARを小型化する機構は、家電の開発で培った …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AutotalksとST、世界初のマス・マーケット向け第2世代V2XソリューションをCES 2018で展示

Autotalksが2019年までに普及を予定している先進的な技術は、特に、悪天候、不十分な照明などの見通しの悪い状況において、他のセンサからの情報を補完することができます。この技術は、自動車、自動運転車、自転車、そして歩行者を効率的に連携させることで、あらゆる道路の安全性を大きく向上させます。このチップ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車連合がベンチャーキャピタルファンド設立、5年間で最大10億ドル投資

同ファンドは初年度、の電動化、自動運転システム、コネクティビティ、人工知能などの新たなモビリティに焦点を当てている新興企業や、技術起業家が参加するオープンイノベーションのパートナーシップに向け、最大2億ドル(約221億円)を投資する予定だ。その後も毎年投資を行い、3社アライアンスが2017年9月に発表した …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動車連合がベンチャーキャピタルファンド設立、5年間で最大10億ドル投資

ルノー、日産自動車、三菱自動車自動車アライアンスは2018年1月9日、オープンイノベーションを支援する企業ベンチャーキャピタルファンド「Alliance Ventures」を設立し、今後5年間で最大10億ドル(約1100億円)を投資すると発表した。 同ファンドは初年度、車の電動化、自動運転システム、コネクティビティ、人工知能など …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「大雨の中でも、駐車場でも……いま自動運転の最新動向はここまで来た:CES2018 BUSINESS INSIDER JAPAN」など、2018年1月19日     ニュース

ニュース
大雨の中でも、駐車場でも……いま自動運転の最新動向はここまで来た:CES2018

そんな嫌味が旧知のアメリカ人ジャーナリストの口から飛び出すほど、CES 2018はクルマ技術展示であふれていた。なんといっても、ここネバダ州では自動運転車が公道を走ることが許されている。それゆえ、自動運転のデモ走行を体験できるのも、CESの醍醐味だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
積雪地に特化した自動運転車、北大など開発へ

北海道大学やソフトウエア開発のヴィッツ(名古屋市)など産学7者でつくるプロジェクトチームは18日、積雪寒冷地に特化した自動運転技術を開発すると発表した。降雪により標識や道路境界線などが覆われた状態でも自動走行を可能とするシステムを開発する。2020年度までに連続走行距離で30キロメートル以上の達成を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ネクステア、自動運転向け新ステアリング技術を発表…デトロイトモーターショー2018

ネクステアオートモーティブがデトロイトモーターショー2018で発表したのが、新開発の自動運転向けステアリング技術。「ステアリング・オン・デマンド・システム」は、ボタンを押すか、ステアリングホイールをつかむだけで、SAE(全米自動車技術協会)の「レベル3」の自動運転に対応する。また、マニュアル運転と自動運転の両方 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ副社長:欧州に新拠点、「つながる」で攻勢-日米に次ぎ

のIT化が進むなか、米グーグルなども車載情報機器や自動運転車の開発を進め、既存の自動車メーカーと競合する構図となっていた。豊田章男社長は今月の米国際家電見本市(CES)で「グーグルやアップル、あるいはフェイスブックのような会社もライバルになってくる」と話していた。 トヨタでコネクティッド技術を含むIT関連 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
特別仕様まで造るトヨタディーラーの凄み

自動車業界は電動化や自動運転など100年に1度の変革期にあります。ディーラーも変革期にありますか。 今の変革は技術領域が中心で、ディーラーの業界構造が大きく転換することは当面考えられない。理由は4つある。 1つ目は自動車メーカーが専売制を採り、メーカーごとに流通網があることだ。多くの流通網がある家電 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
路線バス自動運転化に向け実証実験へ、パイオニアとみちのりHDなど

パイオニアとみちのりホールディングス、茨城交通の3社は、路線バス自動運転化の技術開発に向けた実証実験を、1月より茨城県常陸太田市内で実施すると発表 … 路線バスの運行ノウハウを持つ同グループと、高い自位置推定技術や走行空間センサー「3D-LiDAR」、自動運転用地図などの開発を進めるパイオニアは、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AI搭載のECUが自動運転の“エッジインテリジェンス”を加速させる!

住友商事は18日、AZAPA(名古屋市中区)と人工知能(AI)アルゴリズムを搭載した自動車制御コンピューターの共同開発に着手すると発表した。自動車における制御コンピューター(ECU)は、エンジンやモーター、カーナビなどのシステムを統合制御する装置。住友商事とAZAPAは、走行時の外部環境や自動車の性能を学習 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ベンツが新型オープンカー 全車に自動運転技術

メルセデス・ベンツ日本(東京)は19日、主力「Eクラス」のオープンカー「Eクラス カブリオレ」の新モデルを発売した。新型は5代目で、全面改良は約8年ぶり。全車に自動運転技術を搭載し、安全運転を支援する機能を充実させた。 高速道路での渋滞時に前のとの距離を調節しながら自動で追従走行するシステムや、方向 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
サービスとしてのモビリティ=MaaS(マース)って何?

前述のARK社の調査によれば、自動運転状況のモニタリングや非常時の対応を常時要求されることから、先進的な自動運転技術を保有する企業であることが必須条件とされています。また、MaaSビジネスをいち早くスタートすることにより、提供企業は所有する自動運転車両を用いて、自動運転地図の作成や自動運転技術の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「大型志向」と「エコ」が共存 北米自動車ショー 次世代投資も相次ぐ

… ピックアップトラックが占めたが、エコカーをはじめとする次世代市場への投資も目立った。フォード・モーターがEVやハイブリッド(HV)の開発費を110億ドル(約1兆2千億円)に倍増させるほか、独フォルクスワーゲン(VW)も投資拡大を表明。22年までにEVや自動運転技術などに340億ユーロ(約4兆6千億円)を投じる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
AI搭載のECUが自動運転の“エッジインテリジェンス”を加速させる!

住友商事は18日、AZAPA(名古屋市中区)と人工知能(AI)アルゴリズムを搭載した自動車制御コンピューターの共同開発に着手すると発表した。自動車における制御コンピューター(ECU)は、エンジンやモーター、カーナビなどのシステムを統合制御する装置。住友商事とAZAPAは、走行時の外部環境や自動車の性能を学習 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アイシン精機:子会社等の異動(設立)のお知らせ

グループとして、 将来の競争力確保のため「電動化」「人工知能」「情報通信」などの技術領域において、これらの優れた技術を有するスタートアップ企業を探索・発掘し、その最先端技術を活用する必要があると考え、その先進地区であるアメリカシリコンバレーに、当社の子会社であるアイシン・エィ・ダブリュ株式会社と共同で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
トヨタ副社長:欧州に新拠点、「つながる」で攻勢-日米に次ぎ

のIT化が進むなか、米グーグルなども車載情報機器や自動運転車の開発を進め、既存の自動車メーカーと競合する構図となっていた。 … トヨタ広報担当のジョー・ジャンイヴ氏はカープレイの導入について、トヨタのデータ保護の姿勢に変わりはなく、「今回の提携で、アップルは車両データにはアクセスしない」と電子メールで …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
サービスとしてのモビリティ=MaaS(マース)って何?

国内でも8月にトヨタ自動車とマツダが資本業務提携を発表し、EVの共同開発をめざすとしています。9月にはダイソンが2020年までに電気自動車市場に参入すると表明しました。 … そして、この変化を加速させるのが「自動運転車」――その名の通り、行き先を指定すれば人が運転しなくても走行するだというわけです。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【オートモーティブワールド2018】ラストワンマイル問題の解消なるか? レベル4の完全自動運転EV「Milee」

プロトタイプ初号機のマイリーは、アイサンテクノロジー、ティアフォー、岡谷鋼機の3社が業務提携し共同で進めているワンマイルモビリティ事業のプロジェクトで開発 … レベル4 (無人運転) 自動運転に成功し、自動運転の社会受容性実証実験をしています(ここで使用しているのはトヨタ・エスティマをベースとした自動運転車)。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「AI(人工知能)で実現! 【エレクトロニクス・自動車・工場を進化させるAI技術が出展】 PR TIMES」など、2018年1月5日     ニュース

ニュース
AI(人工知能)で実現! 【エレクトロニクス・自動車・工場を進化させるAI技術が出展】

加えて、工場で生産の異常を検知するAIや、AIを駆使して実現できる自動運転などエレクトロニクス・自動車業界にもAIの進化が見られます。 … 人工知能検査システム AIハヤブサ (株) ミラック光学AI(人工知能)+ 機械学習による検査従来の画像処理ソフトのようにパターンマッチング主体の処理では判断が難しかった検査を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「CES 2018」で、トヨタの人工知能研究開発会社が次世代自動運転実験車「Platform 3.0」を展示

トヨタ自動車の子会社で、人工知能などの研究開発を行なうToyota Research Institute(以下、TRI)は、1月9日に米国ネバダ州ラスベガスで開幕する「CES 2018」において、次世代自動運転実験車「Platform 3.0」を展示すると発表した。 このPlatform 3.0の開発にあたり、TRIは以下の3つの主要なテーマを設定した。 1.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車・輸送機 ニュース

トヨタ自動車人工知能(AI)開発子会社である米トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)は4日、米ラスベガスで9日開幕する「CES 2018」に自動運転の新型研究車両「プラットフォーム3.0」を … 各国の規制を背景に国内外の完成車メーカー各社が電気自動車(EV)をはじめとする電動車の開発を本格化しており、基幹部品の.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AI、自動運転、信頼回復…… 企業トップの言葉から読み解く2018年

技術革新による変化をポイントとして掲げる経営者も多い。三菱商事の垣内威彦社長は18年の経済状況が好調に推移すると考える根拠として、「(米Apple、Googleなどの)巨大ITプラットフォーマーの存在」、電気自動車(EV)や自動運転の開発が進む「自動車業界」、そして「人工知能(AI)」を挙げた。「人類が火や電気を初めて …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車メーカートップが語る2018年の展望と課題とは…天気予報に見立てて

そこで語られた自動車メーカートップの2018年の展望と課題とは。 まずは新春お決まりの2018年を天気予報に見立てるという質問に、トヨタ自動車の豊田章男社長からは「会社からは曇りに晴れを付けておけといわれている。晴れでも良いじゃないの … ただ西川社長は「人工知能がいろんな仕事を速くしている。これは開発にも …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
機械 ニュース

【5軸化など加速/DMG森精機・森雅彦社長】 電気自動車(EV)、人工知能(AI)、高齢社会などの社会変化の中、5軸化、複合化、自動化をさらに進める。周辺機器… 続きを読む · 新菱冷熱、タイのコージェネプラント完成−商業運転を開始. (2018/1/5 05:00). 新菱冷熱工業(東京都新宿区、加賀美猛社長、03・3357・2151) …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
2018TOP年頭語録/DMG森精機・森雅彦社長ほか

(2018/1/5 05:00). 【5軸化など加速/DMG森精機・森雅彦社長】. 電気自動車(EV)、人工知能(AI)、高齢社会などの社会変化の中、5軸化、複合化、自動化をさらに進める。周辺機器… (残り:1,833文字/本文:1,913文字). (2018/1/5 05:00). ※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動運転の主役はやはり自動車メーカー

東京モーターショーの技術展示では、電動化や自動運転が脚光を浴びるだけでなく、クルマの基本性能を高める軽量化技術を提案した足回り関連のサプライヤーにも注目が集まった。 今回の東京モーターショーではトヨタ、日産、メルセデス・ベンツ、アウディ、VWといったメーカーがEVで自動運転のコンセプトカーを出展していた …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、周り360度200mまで認識 自動運転車を開発

トヨタ自動車は5日、外部認識能力を高めた次世代の自動運転実験を開発したと発表した。センサー技術を向上させて車両全周を200メートルの範囲で認識できるようにした。の周囲の物体を正確に検知できるようになり、より安全性の高い自動運転が可能になる。 次世代実験は「プラットフォーム 3.0」という名称。米国に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転元年だ!ラスベガスで「自動運転タクシー」が走る理由[CES 2018]

自動運転車技術を保有するAptivによれば、タクシー配車サービスを提供するLyftとパートナーシップを締結し、CES 2018において「自動運転タクシー」の試験運行を実施する。自動運転タクシーは、CES 2018のメイン会場の1つであるラスベガス・コンベンション・センター(LVCC)のゴールドロットと呼ばれるエリアから出発し、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノー・日産連合、自動運転タクシーでテクノロジー企業との連携模索

日産自は ディー・エヌ・エーと自動運転車両を用いたタクシーの試験走行を横浜で 来年実施し、ルノーは自動運転車両の開発で仏交通サービスのトランスデブと組んでいる。日仏連合は昨年、自動運転車両に最適なバックエンドのクラウド技術の開発に共同投資する 契約を米マイクロソフトと結んだ。 レジック氏は「自動運転車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
360度の障害物を認識 トヨタ、自動運転車「Platform 3.0」を開発

… は、自動運転車のプロトタイプ「Platform 3.0」を、家電見本市「CES 2018」(1月9~12日、米ラスベガス)に出展する。周囲200メートルの環境を立体的に捉えるLIDAR(LIght Detection And Ranging)システムを備え、全方位を認識できる。外観はスマートに仕上げ、自動運転技術の装備もコンパクトにまとめ、複数の実験 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AI(人工知能)で実現! 【エレクトロニクス・自動車・工場を進化させるAI技術が出展】

加えて、工場で生産の異常を検知するAIや、AIを駆使して実現できる自動運転などエレクトロニクス・自動車業界にもAIの進化が見られます。 … の検出速度と精度・悪天候でも、遮蔽物があっても安定検出できるのが特徴で、カメラ画像から、歩行者,各種自動車,2輪,白線,標識等自動運転技術に必須となる物体検出をします。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
VWと現代自、自動運転技術の米新興企業に未来託す

自動運転車の開発競争が繰り広げられる中、ドイツの フォルクスワーゲン (VW)と韓国の現代自動車がシリコンバレーで1年前に創業したばかりの新興企業オーロラ・イノベーションに未来を賭ける。オーロラの創業者には、米グーグルや テスラ で自動運転車の研究を率いた人物が名を連ねている。 オーロラは4日、VWおよび …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産、ドライバーの脳波測定「運転支援」技術開発 自動運転社会に向けて

日産自動車は1月3日、ドライバーの脳波を測定して運転を支援する技術(Brain-to-Vehicle、B2V)を開発したと発表した。同技術は、 … 将来の自動運転社会では、人間はクルマをコントロールしないと考える人が多いかもしれません。しかし、この技術はその反対です」――日産自動車のダニエレ・スキラッチ副社長は述べる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ソフトバンクが目指す自動運転バスのある未来とは、試乗会でみえたもの

試乗会は、三菱地所が丸の内エリアで進める「オープンイノベーションフィールド」の一環で、先進技術やテクノロジーを用いた実証実験を支援する取り組みによるもの … ロボットがこのルートをトレースし、車両に取り付けられた走行用の各種センサーの情報からAIが歩行者や障害物を検知し自動運転を制御するという仕組みだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自律走行のために街を「再発明」すれば、道路は人に優しくなる 米国で動き始めた「新しい都市設計」

どの都市も、自律走行を前提とした将来の街づくりについて、そろそろ考え始める必要がある。そうした目標に向けて、米都市交通担当官協議会(NACTO)は2017年10月末、独自の「約束の地」のヴィジョンを公開した。NACTOは、こうした問題に真剣に取り組む全米60都市の交通計画担当官と技術者からなる組織だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
[FT]独VW、米ベンチャーと探る自動運転の未来

独フォルクスワーゲン(VW)がシリコンバレーの新興企業オーロラと自動運転車の研究開発で提携した。オーロラは米グーグルで自動運転開発の責任者だったクリス・アームソン氏が代表を務める。数々の老舗自動車メーカーが、自動運転の未来に適応しようとテクノロジー産業に期待を寄せているが、今回の動きもその一例だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノー・日産連合、自動運転タクシーでテクノロジー企業との連携模索

三菱自を含む3社は、既に自動運転車の実験を進めている米 グーグルや ウーバー・テクノロジーズのようなテクノロジー企業との協業を望んでいると同氏は語った。 … だろう」と述べた上で、テクノロジー企業にとって自動化技術はあくまで自社の主力事業を強化するものであり、その意味で「提携は可能と考えている」と語った。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ウェブ
ボタンひとつでが迎えに来る? VWが米新興企業と戦略的提携

フォルクスワーゲングループは1月4日、CES 2018の開幕を控えて、オーロラ社との間で自動運転分野における戦略的提携を締結した、と発表した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「渋滞や工事情報も組み込んだ自動運転向け「ダイナミックマップ」–KDDIら3社が実証実験 CNET Japan」など、2017年12月26日     ニュース

ニュース
渋滞や工事情報も組み込んだ自動運転向け「ダイナミックマップ」–KDDIら3社が実証実験

KDDI、ゼンリン、富士通は12月26日、完全自動運転時代の「ダイナミックマップ」生成に必須技術となる大容量データの情報収集と、自動運転車へのマップ配信技術の実証実験を、2018年1月に開始すると発表した。 ダイナミックマップは、自動運転や運転支援システムに必要となる高精度の3次元情報を持つデジタル地図 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
バイドゥ、自動運転技術を盗んだと元幹部を提訴

しかし、自動運転車をどこよりも先に路上で走行させようという競争は熾烈で、中国だけを見ても、バイドゥは滴滴出行(ディディチューシン)などのライバル企業と競争を繰り広げている。(Uberを中国から締め出したことで知られる)ディディチューシンは、「AIに基づくセキュリティとインテリジェントな運転技術」を開発するための研究 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
三菱電機の考える自動運転 準天頂衛星によるセンチメートル級の自位置測定が可能に

三菱電機の予防安全(自動運転)コンセプトは「大切にしたいのは、どんな時でも人を想うこと」。自動運転の機能を実現するだけでなく、クルマとドライバーとの関係性を大事にしたいという思いが見える。これを支える技術コンセプトとして「ドライバーと常に寄り添う」「乗る人すべてに心地よく」「宇宙(そら)からクルマを見守る」の3 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アップルが自動運転技術の「チラ見せ」に追い込まれた理由

アップルの研究者が自動運転自動車用に開発中の機械学習テクノロジーの内容を珍しく少しだけ明らかにした。 12月第2 … 講演内容はアップルが11月にオンラインで公開した論文に関するもので、3次元座標における点群(ポイント・クラウド)情報から歩行者や車両を認識するためにシステムを訓練するというものだ。 ほかに …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマでIntelやQualcommには負けない、ルネサスCEO

まず、我々が車載半導体事業でターゲットにしているのは、メインストリームの量産数が大きいクルマ(以下、量産)ということだ。量産がレベル4とかレベル5と言われている完全自動運転車になるのはかなり先のことで、2030年でもそうはなっていないだろう。1000万円、2000万円もする高級に向けて、自動運転の機能を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転技術搭載!日産エクストレイルが当たる「ザテレビジョン」のお年玉企画

また、日産を象徴する「Vモーション」を拡大採用。ヘッドライトまわり … 装備面では、リアバンパー下に足先を入れて引くだけでバックドアを自動開閉できる、欧州などでも人気の装備「ハンズフリー機能付きリモコンオートバックドア」を採用。 … 先進技術を搭載したエクストレイルをゲットして、2018年を革新的な1年にしよう!
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
燃料電池、2030年には市場が170倍に拡大

ホンダ社長の八郷隆弘氏は「2030年をメドに、車両の販売台数の2/3をHEVやプラグインハイブリッド(PHEV)、電気自動車(EV)、FCVといった電動に置き換えていく」と語っている。その基となるのが、クラリティフューエルセルのPFだ。共通のPFを活用することで、電動の低コスト化や車種展開の加速を狙う(関連記事: …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
大型貨物船の自動運航開発プロジェクト

自動運転技術開発が進んでいるが、実は船でも自動運航を目指す動きが出ている。将来、大型の貨物船を自動で運航させるため、新しい技術を開発するプロジェクトの様子が公開された。 26日に公開されたのは、日本郵船が船舶用の機器メーカーなどと共同で進めている研究プロジェクトで、船の運航の自動化を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アルプス電気「CES 2018」にて自動運転向け入力技術等を紹介

① 車載用静電入力デバイス 未来の自動運転車に向けてアルプス電気が提案するのは、静電方式による入力デバイス。 ジェスチャー/タッチによる運転席周辺の入力操作が可能です。高感度の静電センサと独自アルゴリズム・ASIC設計により、メニュー選択などをタッチパネルに直接触れずに、かつ精度良く入力できるため、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
軽二輪中古販売、2.4%減の1万0254台で3か月ぶりのマイナス 11月

全国軽自動車協会連合会は12月25日、11月の軽二輪車(126~250cc)中古販売台数を発表。前年同月比2.4%減の1万0254台で3か月ぶりの … 減の1825台、スズキは同7.5%減の1595台。輸入などその他は同10.1%減の411台だった。 …. 自動運転実現の一端を担うデンソーテンとは!? センシング技術や情報分析 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動車・輸送機 ニュース

日本電産は2020年までに同社初となる自動車テストコースを国内に新設し、車載部品の開発を加速する。車載事業は20年度に売上高1 … (2017/12/26 05:00). ヴァイナス(大阪市北区、藤川泰彦社長、06・6440・8111)は、人工知能(AI)を活用して車や航空機などに使う流体解析シミュレーションの時間を半減以下にする.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
人工知能の今後の重要キーワードは「相互作用」「理解」「交感」…韓国マーケティング企業が報告

韓国・ヒュンダイ自動車系列のマーケティング企業「INNOCEAN Worldwide(以下、INNOCEAN)」が、「人工知能から感性知能に」というレポートを発表した。分析を担当したのはINNOCEANのビッグデータ分析担当組織「デジタルコマンドセンター」。分析対象は、韓国内のポータルサイト、ブログ、カフェ、SNSコミュニティ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【2017年 産業界10大ニュース】変化の速い「時代」、順応する力重要に

日刊工業新聞社は2017年の10大ニュースを選定した。株価がバブル崩壊後最高値になるなど景気回復基調が鮮明になったことが1位となった。それ以外では人工知能(AI)の普及、電気自動車(EV)へのシフト、働き方改革など社会変革を表すニュースが多かった。一方、素材産業でのデータ改ざんや自動車業界での無資格 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「2018年の日経平均は2万7000円に達する可能性も」大和証券 野間口毅氏

11月上旬から12月下旬の日経平均は2万2000円〜2万3000円のレンジでもみ合う展開が続いた。その直接的な要因は海外投資家の動きが鈍ったことだ。東京証券取引所及び大阪取引所が発表する投資部門別株式売買動向(週間ベース)によると、海外投資家は現物と先物の合計で9月第2週から11月第1週まで日本株を8 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
バイドゥ、自動運転技術を盗んだと元幹部を提訴

バイドゥは、Microsoftをはじめとする50社以上の企業と提携して、2020年までに自動運転車を路上で走行させることを目的とした「Apollo」というプロジェクトに取り組んでいる。同社の最高経営責任者(CEO)を務めるRobin Li氏は、北京の路上で自動運転車を試験したことで罰せられたことを人工知能(AI)に関する自社の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「なぜアップルは秘密裏に開発していた「自動運転技術」を公開し始めたのか? WIRED.jp」など、2017年12月13日     ニュース

ニュース
なぜアップルは秘密裏に開発していた「自動運転技術」を公開し始めたのか?

サラクディノフの話からは、アップルが自動運転技術の開発に密かに注力している様子が垣間見えた。実際にアップルは、カリフォルニア州車両管理局(DMV)から今年4月、自律走行の試験を行う許可を得ており、CEOのティム・クックは6月に同社がこの技術に興味をもっていることを明らかにしていた。 アップルの自動車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【池原照雄の単眼複眼】トヨタ、2018年初めから第2世代安全技術展開…出遅れた車線維持アシストも

こうした予防安全技術の充実とともに、自動運転の要素技術である走行車線を維持するための自動操舵技術「レーントレーシングアシスト(LTA)」も新世代版の目玉となる。前方車両を追従するクルーズコントロール使用時に作動するもので、国内業界ではSUBARU(スバル)の「アイサイト」が先陣を切って14年に実用化、その後 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
LAオートショー2017リポート アメリカ

キャデラックがかねてより宣言していた自動運転技術のスーパークルーズが展示されていた。世界初の量産型ハンズフリー自動運転車で2018年に市販されるCT6に搭載される予定だ。自動運転モードが実行できるのはフリーウェイのみだが、各国がしのぎを削る自動運転技術でGMがその存在感をアピールした格好だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車分野の究極目的「完全自律走行」の実現に必要な技術とは?

ADASから高度ADAS、そして完全自動運転車までの道程には、インテリジェントで安全かつ堅牢なシリコン・ソリューションが必要なことは明らかです。 世界は多くの分野で間違いなく変化を続けており、そのほとんどが技術進歩によるものです。ほとんどすべての議論が完全自動車両や無人車両に関するものに集中している …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車はソフトウェアが定義する」NVIDIA ファンCEO…GTCジャパン基調講演

半導体メーカーのNVIDIAは、12月12~13日の2日間、技術イベント「GTC Japan 2017」を開催した。これに合わせて、同社CEOのジェンスン・ファン氏が来日し、13日に基調講演を行った。ファン氏はまず冒頭のあいさつで、会場の笑いを誘った。「日本に来るのが大好きだ。グレイトな人々、食事、文化…そしてラーメン(笑)。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
国内初、一般公道で「無人自動走行」実証評価 国交省らが実施 石川県で

経済産業省と国土交通省は12月13日、石川県輪島市の一般公道で国内初の車両内無人による自動走行の実証評価を18日に開始すると発表した。実証に用いる車両は、産業総合研究所に委託して開発した自動運転レベル4相当の技術を搭載した車両。遠隔にいる運転者の監視・操作の下で実施する。 国土交通省北陸信越 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
“半導体”最新技術の展示会、都内で始まる

人々の生活がより豊かになるような世界に半導体の用途がどんどん広がっていく」(東京エレクトロン コーポレート技術マーケティング部 山口忠之 部長). ドローン技術のほか、自動運転などさまざまな分野で半導体の需要は高まっていて、市場規模は昨年より36%も増加しています。この展示会は今月15日まで開かれます …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
カーシェア参入 新技術体感、顧客開拓狙う

来年1月15日から東京、神奈川、静岡、大阪、兵庫、滋賀、京都、和歌山、奈良の9都府県の日産販売店や日産レンタカー店舗などに約30カ所の拠点を構え、新型電気自動車「リーフ」か小型車「ノートe-POWER」を配備する。会員登録したメンバーの間で1台のを共有し、利用する。ショートタイム(15分200円)のほか、6 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アズジェント、自動車用認証ソリューション「SafeCAN」提供開始

現在、自動車メーカーをはじめとする多くの企業が自動運転車の開発に取り組んでいます。 … 自動車メーカーは、物理ハッキングだけでなく、クラウド-車両間のセキュアな通信を利用するためのOTA技術が使われることをセキュリティ上懸念していますが、彼らのセキュリティ対策はクラウド-ゲートウェイ間で終わってしまってい …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
走行位置のポジショニングも可能。研究中のレベル2自動運転を披露したZFジャパン

clicccar.com(クリッカー)
11月初旬に開催されたZFの新技術発表イベント「Vision Zero Days Japan」では、現在開発途中となるレベル2自動運転のデモンストレーションも行われました。 … デモではパソコンを操作して、車線内のどの位置に自をポジショニングするかのコントロールも可能となっていて、パソコンを操作することで自位置が右に左に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
九州最大「福岡モーターショー」15日に開幕 AI搭載試作車など200台集結

九州最大の自動車展示会「福岡モーターショー2017」が15日、福岡市で開幕する。トヨタ自動車など国内自動車メーカーが、燃料電池自動車人工知能(AI)といった最新技術を搭載した試作車を展示。新型車やバイクも含めた200台以上が集まり、新たなファンの獲得や取引拡大を目指す。 ホンダはAIなどの技術を活用して …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
あと3年で、日本の自動車メーカー等の「品質」は世界で通用しなくなるかもしれない

今年の「『現代用語の基礎知識』選 2017ユーキャン新語・流行語大賞」の候補には入らなかったが、「IoT」(Internet of Things:モノのインターネット)は間違いなく、今年流行ったビジネス用語だ。ビッグデータ、AI(Artificial Intelligence:人工知能)の2語とワンセットで「第4次産業革命」などと称されるが、その歴史をさかのぼると …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
コマツ AIで建機を自動制御へ 米ITメーカーと連携

建設業界で熟練労働者の不足が深刻化する中、建設機械大手の「コマツ」は、アメリカの大手ITメーカーと連携し、大型の建機を自動で制御するなど、AI=人工知能 … がエヌビディアのGPUをこぞって採用したほか、トヨタ自動車もことし5月、自動運転車の開発を加速させるためエヌビディアと提携したことを明らかにしています。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「Apple、自動運転車技術のデモを関係者限定で公開 iPhone Mania」など、2017年12月11日     ニュース

ニュース
Apple、自動運転車技術のデモを関係者限定で公開

Appleが先月の下旬に初公開した自動運転車技術に関する研究論文には、同社が開発中の「VoxelNet」と呼ばれるソフトウェアを用いた周辺環境マッピング技術の実験 … 米カーネギーメロン大学の教授を務め、Appleの自動運転技術の論文の共著者としても名を連ねたサラフトジノフ氏は、2016年にAppleに加わりました。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
名古屋大学発のベンチャー「TierⅣ」が低速型「完全自動運転車」を実用化へ

clicccar.com(クリッカー)
位置把握や走行経路作成、走行中の運転判断など、完全自動運転車に必要な機能を実現しており、今後走行実験を経て、再来年をめどに小型モビリティーを活用した移動サービスの事業化を目指しているそうです。 米国では大手自動車会社のみならず、ベンチャー企業による自動運転技術の開発が活発化しています …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
LG電子、自動運転技術を独自開発

LG電子は10日、第4世代移動通信技術のLTEを応用したV2X(車間通信および路車間通信)技術を韓国で初めて開発したと発表した。 V2Xは同士(車間)やと信号などのインフラ(路車間)とをつなぐ通信システム。高度な安全運転や自動運転を可能にする次世代技術として注目されている。 LG電子が開発した「LTE …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
EVには、モーターならではの「走る楽しさ」がある 新型日産リーフの走りに込められた思い

クルマを走らせる楽しさだけでなく、日産は運転の自動化に向けた取り組みも進めている。新型「日産リーフ」は、高速道路同一車線自動運転技術「プロパイロット」に加えて、日産として初めて自動駐車機能「プロパイロットパーキング」を搭載した。こうした一連の自動化技術は、「運転する楽しさ」に逆行することにはならないか。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ステアリング操作が可能なシャシーダイナモ、テストコースと実験室の間を埋める (1/2)

こうした現状を踏まえて技術術究を開始したのがDMTS(Driving&Motion Test System)だ。自動車は、ハイブリッドシステムや自動運転など、さまざまな部品が関わる複合化したシステムを操る技術が求められている。シミュレーション技術やCAE活用でシステム設計技術は向上したものの、完成のシステムテストは単体 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
台湾初の自動運転車、彰浜工業区で走行実験

自動車技術のテストなどを行う財団法人、車両研究測試験中心(車両中心)は7日、彰化県鹿港鎮の彰浜工業区で自社開発の自動運転車の路上走行実験を行った。前方障害物認知など各種システムに大きな問題がなく走行を終えたことを受けて、2018年から車両中心の敷地内で自動運転車を… 関連国・地域: 台湾.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
交通死亡事故ワースト1の愛知県 運転する人型ロボット開発に向け実証実験

今後も豊田市内で実証実験が続けられ、ロボットが自分でに乗り込み、目的地まで運転できることを目指すとのことです。 にAI(人工知能)が搭載される自動運転技術が進んでいますが、さらにロボットが運転してくれるとなると、人が運転しない時代がすぐそこに来ているのかもしれません。 愛知県はによる交通死亡事故 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
五輪で商業ベースの無人タクシーを…ZMP 谷口恒 代表取締役社長【インタビュー】

でも、過疎地の自動運転って確かに必要なんですけど、商売ではないんです。社会貢献にはなりますけど、そこからはスタートはできない。これには理由が2つあって、1つはまず、需要が非常に少ないこと。もう1つは技術面です。お台場でやると日本中のデータが取れるんです。フェラーリも走っているしトラックも大型コンテナ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
速度10倍、電力100分の1…AI半導体開発

政府は、自動運転車やロボットに搭載する人工知能(AI)向け新型半導体の開発支援に乗り出す。 通常より処理速度が速く、消費電力の少ないタイプで、2018年度中に企業や大学の技術者が利用できる開発拠点を設ける。AIの性能を左右するAI用半導体の開発は米IT企業が先行し、世界的に競争が激化しており、官民で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
DeNAのエンジニアが「ゲーム」から「自動車」事業に異動して活躍できるワケ

例えば、カーシェアが普及すると同時に自動運転技術が発展する未来を、小林さんはイメージする。ユーザーが仕事に行っている間、駐車場に止めたクルマを他のユーザーが借りたいとき、クルマが無人で借りたい人の場所まで出向き、ニーズを満たして戻ってくる――そんなサービスも「現実的にできなくはない」(小林さん)。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動運転の技術を習得する意義とは

本講座で講師を務める二宮芳樹氏(名古屋大学 未来社会創造機構知能化モビリティ研究部門 特任教授)に、自動運転技術を習得する意義や、理解を深める上でのポイントなどについて聞いた。(聞き手は、田中直樹). ――自動運転の技術を習得する意義は。 自動運転は、自動車、ロボット、人工知能、ヒューマンファクタ-、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
名古屋大学発のベンチャー「TierⅣ」が低速型「完全自動運転車」を実用化へ

clicccar.com(クリッカー)
名古屋大学発のベンチャー「TierⅣ(ティアフォー)」が、米国の半導体大手「NVIDIA(エヌビディア)」との業務提携により、自動運転式小型EV「Milee(マイリー)」を開発、市街地や中山間地域での実用化を目指し、来春から愛知県内で実証実験を始めるそうです。 「TierⅣ」は2015年12月に名古屋大学准教授だった現・東京大学 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
高精度地図分野での企業間コラボレーションが進む

自動運転の実用化に欠かせない「高精度地図」を巡る企業間のコラボレーションがあちこちで始まっている。まず自動車サプライヤー大手であるボッシュがパイオニアの子会社であるマッププロバイダー、インクリメントPと提携。数センチ以下の誤差で自位置を把握できるボッシュ・ロード・シグネチャーの実用化を進めるボッシュ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【特集】<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」1位にアクセル

11日の東京株式市場で、アクセルの株価は前週末終値の902円を挟んで小幅な値動きとなっている。8日付の日刊工業新聞で「名古屋大学発ベンチャーのティアフォー(名古屋市中村区)は、米半導体大手のエヌビディアと業務提携し、完全自動運転の小型電気自動車(EV)を開発した」と報じられ、ティアフォーと自動運転に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「アップル、自動運転技術に関する論文を公開–極秘プロジェクトの一端か CNET Japan」など、 2017年11月24日     ニュース

 

ニュース
アップル、自動運転技術に関する論文を公開–極秘プロジェクトの一端か

Appleの自動運転車プログラムについては以前より報じられているが、その研究はこれまでいくぶん謎に包まれたままだった。 Appleのコンピュータサイエンス研究者らが、3Dの物体検出に関する論文を発表したと、Reutersが報じた。オンライン誌「arXiv」に寄稿されており、自動運転車の開発に関してAppleが公開した初の論文 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
杉並で自動運転の公道実験 来年1月、未来の作りへデータ収集

JR中央線の荻窪駅南側の住宅街で実施し、“未来の”作りに必要なデータを集める。杉並区も自動運転のシステム対応に欠かせない高精度の3次元地図や車両整備スペースを提供して支援する。 実験は自動運転技術を開発しているアイサンテクノロジー(名古屋市中区)と東京大学、区内に本社を置く測量会社の第一航業が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマが変われば、都市も変わる 東京モーターショーでイノヴェイターと考えた「モビリティの未来」

第45回となった2017年の会場で目を引いたのは、自動運転や人工知能(AI)といった「次世代のクルマ」に関する展示の数々だった。広大な会場には世界中の自動車メーカーが、自動運転やAIなどに関する最先端のコンセプトカーを展示し、その技術力を競い合った。 そんな新しい時代のクルマのあり方について考えるトーク …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【電子版】米アップル、自動運転で周囲の物体の検知性能向上 「ライダー」補完技術を開発

自動運転車に搭載された3次元(3D)ライダー(LiDAR、レーザーレーダー)が捉えた点群データをもとに、周囲に存在するや自転車、歩行者などを効率的に検出する技術を米アップルの人工知能(AI)研究者らが開発した。機械学習を応用したもので、最先端のライダーを使った場合の検出精度を上回ったという。成果は米 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【木下隆之のクルマ三昧】自動車事故はゼロにならない!? 運転支援技術の“落とし穴” (1/3ページ)

自動運転の過渡期のいま、運転支援技術も進んでいる。アウディはA8に、条件付きながらレベル3の機能を搭載した。メルセデスSクラスも驚くほど高い技術を搭載している。日本の最高級モデルであるレクサスLS500にも、現在ではもっとも進んだ技術を投入してみせた。「ぶつからないクルマ」の時代へと、目も眩むような速さ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
名古屋モーターショーが開幕 各社が試作披露

トヨタ自動車は、ドライバーの感情を理解するAIを搭載した試作「コンセプト愛」を展示し、ステージ前はカメラを構えた人でにぎわった。日産自動車の自動運転技術を搭載したEV試作「IMx」をはじめ、ホンダやスズキもEVを出展。スバルはスポーツセダンの試作「ヴィジヴ パフォーマンス コンセプト」を披露し、来場者は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車商用化へ、政府が特別組織発足

韓国の国土交通省は22日、自動運転車の早期商用化に向けた特別組織を発足したと発表した。 自動車や道路、空間情報、交通など自動運転車関連の政策機能と人材を一つに集めて自動車管理官室・先端自動車技術課の中に… 関連国・地域: 韓国. 関連業種: 自動車・二輪車/IT・通信/政治. この記事は該当の有料 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ロボットライダー、ペットのようなバイク…ヤマハ発動機が描く未来の二輪車像

人との対戦を通じ、ロボット自らハンドルやアクセルを操り、自律走行する技術の進化を狙うほか、ペットのように動くバイクの開発にも力を入れる。ヤマハはどうしてロボットにこだわるのか。 … 車両自動運転車に改造する四輪とは異なり、バイクには手を加えていない。 モトボットには6つのアクチュエーター(駆動装置)が搭載 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
GAC MotorがGM8 MPVを発表し、中国・高所得者市場のMPVの状況を再定義

ハイエンド市場を対象とするGM8は世界トップのリソースと最先端技術を統合したGAC MotorのレベルCプラットフォームをベースに製造されている。この新MPVの高貴さは目 … GAC Motorの第2世代自動運転車両のWitStarIIが2017 Guangzhou International Automobile Exhibitionで披露された。同社初の電動車両GE3が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動操舵の国際基準、国内採用 国交省が「レベル2」普及後押し

このほか、自動駐車機能では、原則10キロメートル以下で作動し、運転者が動作をいつでも終了可能にすることなどを規定。リモコン駐車による基本的な機能も示した。 国交省は各機能の基準導入について「すでに一部の車両で装備されており、技術が成熟してきた。基準導入により、車両の安全に寄与する」と安全車両の普及 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
世界を代表する日本の自動車企業には「ジェダイの武士」がいる=中国メディア

記事は「トヨタは既に純粋な家族企業ではないが、現在の社長である豊田章男氏は創業者・豊田喜一郎氏の孫であり、責任を担うとともに一族の誇りを抱いている」としたうえで、先月の東京モーターショーにおいて豊田社長が「自動車業界の急速な変化は人びとの予想を遥かに超えている。もし現状に満足してしまえば、トヨタの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「自動運転車のLiDARの能力限界を機械学習で補う方法をAppleが開発 TechCrunch Japan」など、2017年11月23日     ニュース

ニュース
自動運転車のLiDARの能力限界を機械学習で補う方法をAppleが開発

コーネル大学の研究文献目録arXivに最近上程されたAppleのペーパーは、LiDARの配列が集めた原始点群データを、機械学習を利用して、そのほかのセンサーデータを必要とせずに自転車や歩行者などの3Dオブジェクトの検出に翻訳する方法を記述している。 Appleの自動運転技術の開発努力に関して、これほど明快な …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車、機械式の駐車場でも対応へ 群馬大が共同研究 部屋からスマホで呼び出しも?

自動運転車が実際に社会に導入されたときを見据え、保険会社や通信会社などとも連携するなど技術開発に力を入れている。 ただ、自動運転車の導入には、そのものの開発などに加え、周辺インフラの整備も欠かせない。輸送機器のほか、機械式駐車場の設備開発で実績がある新明和工業から共同研究の話を持ちかけ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車の試験場開設 シンガポール、東南アで初

シンガポール運輸省などは22日、自動運転車が公道で走行するために必要な技術開発や安全性基準の整備を促すため、同国西部に試験走行場「自動運転車テスト … 同省によると、シンガポールでは少なくとも10の企業や組織が自動運転車技術開発を進めている。22日に行われた開会式で、コー・ブンワン運輸相は「自動 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
雪道での自動運転、どうなる? 国交省、ヤマハのカートで検証実験開始

今回のおもな検証項目には、積雪時の走行における、道路に埋設された電磁誘導線や磁石の読み取り性能といった路連携技術の検証が含まれています。ほか、一般車両などとの相互に円滑な通行のための道路構造要件や、自動運転に必要な道路の管理水準(線形不良や狭小幅員、急勾配など)、電磁誘導線や車両の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Apple、自動運転技術に関する研究論文を初公開

Appleは秘密裏に技術開発を行なうことで知られていますが、先週オンラインジャーナルに投稿された研究論文で同社が開発中の自動運転技術の研究成果を初公開しました。 「VoxelNet」と名付けられ … 自動運転車は、通常のカメラと深度を感知できるLiDARユニットを組み合わせて運行されます。解像度の低さから、LiDAR …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ブラックベリーQNXが自動車向け事業戦略説明会を開催

また自動運転技術やコネクテッド技術が浸透してくると「車両のあらゆる部分がサイバー攻撃の脅威にさらされることになる」とウォール氏。「なかでもコックピットはもっともリスクが高い」とのこと。その理由は車載機器や、それらと連携させたモバイルデバイスなどに使われているオープンソースソフトウェアの脆弱性によるものだ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
VWグループが自動運転の今後を語る

なお、自動運転技術をグループ全体へ展開するにあたり、「当面は従来からの所有型の車両とMaaSの車両とが共存するものの、ブランドの形態とKPI(重要業績評価指標)が変わる。これまでは馬力やトルクなどの性能が非常に大事だったが、自動運転化が進めば快適性やユーザーエクスペリエンスの方が重要視されるように …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
中部エリア最大規模のクルマの祭典「名古屋モーターショー」が開幕

今話題の電気自動車、自動運転技術や人工知能を搭載した“未来のクルマ”、現在販売されている最新のクルマ、あこがれのスーパーカーなどが展示車両として一堂に会する「第20回名古屋モーターショー」は、見どころ満載。なかには、日本初公開となる車両も!屋外では、試乗会などの体験型イベントも企画されているので、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
シリコンバレーで見たAIとIoTビジネスの未来【2】

第1回では、自動運転における画像認識技術や工場で働く自動ピッキングロボットと機械の異常検知、そして線画の着色やアニメキャラクターの生成といったクリエイティブな分野で活躍するAIの事例を紹介した。 深層学習(ディープラーニング)の手法を用いることで、一部の分野ではこれまで人の手で行われてきた作業が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産、自動運転「プロパイロット」搭載のミニバン「セレナNISMO」発売

日産自動車は、10月に開催した東京モーターショー出展概要で予告していたとおり、同社売れ筋の5ナンバーミニバン「セレナ」に、同一車線自動運転技術「プロパイロット」を搭載 … 国内販売するNISMOブランドの市販は、2013年2月に発売した「ジュークNISMO」を皮切りに、「マーチNISMO」、「ノートNISMO」「フェアレディZ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
中部エリア最大規模のクルマの祭典「名古屋モーターショー」が開幕

今話題の電気自動車、自動運転技術や人工知能を搭載した“未来のクルマ”、現在販売されている最新のクルマ、あこがれのスーパーカーなどが展示車両として一堂に会する「第20回名古屋モーターショー」は、見どころ満載。なかには、日本初公開となる車両も!屋外では、試乗会などの体験型イベントも企画されているので、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
EU離脱で4千億円超計上

このコンテンツは2017/11/22 15:23に配信されました2017-11-22 15:23. 【ロンドン共同】英国のハモンド財務相は22日、2019年3月の欧州連合(EU)離脱に備え、今後2年間で30億ポンド(約4400億円)を追加で用意すると表明した。電気自動車(EV)や人工知能(AI)にも資金を重点的に配分。離脱に伴う景気減速からの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
EU離脱で4千億円超計上 英予算案、EVにも投資

… 【ロンドン共同】英国のハモンド財務相は22日、2019年3月の欧州連合(EU)離脱に備え、今後2年間で30億ポンド(約4400億円)を追加で用意すると表明した。電気自動車(EV)や人工知能(AI)にも資金を重点的に配分。離脱に伴う景気減速からの脱却を目指し、最先端産業の育成を急ぐ方針だ。 ハモンド氏はこの日、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
カリフォルニア州、Lyftに公道での自動運転のテスト許可

これは今年に入ってLyftが自動運転テクノロジー開発センターを開設したことを受けた動きだろう。開設時の声明によれば、このセンターは独自の自動運転テクノロジーの開発と同時に自動車メーカーその他のパートナーとの提携も探っていくということだった。 Lyftがカリフォルニア州当局から自動運転車の公道テストの許可を得 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「アップルの研究者、自動運転の新しい物体検知技術をネットで公開 ロイター」など、2017年11月22日     ニュース

ニュース
アップルの研究者、自動運転の新しい物体検知技術をネットで公開

自動運転車は周囲を認識する際、通常の二次元カメラと、光により奥行きを検知するセンサー技術「LiDAR(ライダー)」(光による検知と測距、Light Detection and Rangingの略)とを組み合わせて利用していることが多い。これらの機能が奥行きに関する情報を供給する際、解像度が低いと、リアルタイムでつながっている通常 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
誰も「自動運転」を正確に定義できない 自動運転機能の多様化が生む混乱

独立系シンクタンクEno Center for Transportationの政策アナリストであるグレッグ・ロジャースは、「日常的には『自動化されたクルマ』『自動運転車』『自律走行』 …. ライマーは「運転の自動化には、技術が人間をサポートできるようにどうやってそれを開発していくかという、エンジニアリングというよりはむしろ行動学的な側面が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
12月に都内初、公道で自動運転車実証実験 公共交通充実の杉並区なぜ協力?

昨今、自動車産業に新たな技術革新の波が押し寄せています。特に、高齢化・人口減少時代を迎えて注目されているのが自動運転技術です。 高齢者になると、どうしても判断能力や反射神経が衰えてしまうため、不慮の交通事故を起こしやすくなります。そのため、免許を自主返納する高齢者もいます。そうした動きが広まる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Volvo、Uberに自動運転用のベース車両を数万台規模で供給

Uber社は供給されたベース車両に独自の自動運転システムを組み込む。ベース車両は、この自動運転システムを追加するために必要なコア技術と、安全性や冗長性を備えている。 Volvo社は、Uber社の自動運転車とは別に、同じベース車両を用いて独自の自動運転システムの開発を進めている。この自動運転車は、2021年 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日中経済協会 中国政府幹部と次世代自動車めぐり意見交換

中国を訪れている日本の経済界の訪問団は22日、中国政府の幹部と会談し、世界の自動車メーカーが次世代のとして開発を進めている自動運転車技術 … この中では、自動ブレーキなど交通事故の防止も期待される自動運転技術や、インターネットと接続するコネクテッドカーなど、次世代の自動車をめぐって意見が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
積雪時の自動運転は電磁誘導線や磁石を読み取れるか—実証実験へ

国土交通省は、道の駅「かみこあに」(秋田県北秋田郡上小阿仁村)で、路面積雪時の電磁誘導線や磁石の読み取り性能を検証する自動運転サービスの実証実験を12月3日から開始すると発表した … 今回の実験では、路面積雪時の走行における埋設された電磁誘導線や磁石の読み取り性能など、路連携技術を検証する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
パナソニックが自動運転車両走行の実証実験を開始

パナソニックは、これまで社内の車両試験場(神奈川県横浜市)や京阪奈地区構内(京都府相楽郡精華町)、門真地区構内(大阪府門真市)で検証を重ねてきた自動運転技術を用いて、今回初めて公道に準じる環境で自動運転走行システムの検証と、自動運転EVコミューターの実用化に向けた有効活用の検証も行う。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
高機能除雪開発へ 国交省 作業員の高齢化で省力化図る

位置情報の精度などの課題を検証し、数年内の実用化を目指す。将来的には自動ブレーキなどの自動運転技術を搭載することを検討している。 除雪の操作には、積雪で見えにくい障害物の回避など熟練した技術が必要となる。しかし除雪の作業員のうち、61歳以上の人の割合が1998年の3%から、2015年には19%まで …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
12月3日から自動運転実験 徳島・三好、モニター募集 2017/11/22 09:54

12月3日から自動運転実験 徳島・三好、モニター募集 国土交通省四国地方整備局は21日、三好市西祖谷山村で計画している自動運転実証実験を12月3~9日に行うと発表した。乗車を希望するモニター100人を募る。 実験に用いるのは、自動運転技術開発を手掛けるアイサンテクノロジー(名古屋市)がトヨタの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「完全自動駐車」技術、日立3社が開発 実用化は20年代前半

日立製作所は専用駐車場で完全自動走行し駐車する「自動バレーパーキングシステム」の基本技術を開発した。管制センターとが遠隔から無線で必要な情報をやりとりし、安全な自動駐車を実現する。日立が得意とする情報通信技術や鉄道向け運行制御技術を応用した。2020年代前半の実用化を目指す。運転手の操作が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
百度の李彦宏会長兼CEO、自動運転バスが計画前倒しで2018年には量産に

検索エンジン百度の李彦宏会長兼CEOは16日、「バイドゥ・ワールド・コングレス2017」で人工知能(AI)分野の最新動向について、「百度自動運転車の量産化計画 … そして、この歴史的任務を担うことになるのが、来年7月末に百度とバス車両メーカーの金龍客車が提携して生産する自動運転小型バス「阿波龍(アポロ)」だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「EV、戦国時代の兆し 開発強化、他業種も参入 グーグル、アップル、ダイソン-- 毎日新聞」など、2017年10月30日     ニュース

ニュース
EV、戦国時代の兆し 開発強化、他業種も参入 グーグル、アップル、ダイソン--

世界の自動車メーカー各社が、従来のガソリン車から、電気自動車(EV)へのシフト … 今回のショーでは、トヨタが人工知能(AI)を搭載した試作EVを公開したのを …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
人工知能「Watson」の無期限試用が可能に、日本IBMがビジネス利用の拡大を強化 (1/2)

日本IBMは2017年10月27日、都内で同社のAI(人工知能)「IBM Watson( … カーシェアリングや自動車シェアリングなどの他、Uberなどの自動車配車サービス …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動運転の普及はバラ色か? 若者たちが語り合う催し

27日、開幕した東京モーターショーで、メーカー各社がアピールに力を入れているのは、自動運転技術だ。近い将来、自動運転車などの普及で道路や街の姿は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
三菱電機は最新のHMIコンセプト「EMIRAI4」(イーミライフォー)や自動運転実証実験「xAUTO …

自動運転技術搭載「xAUTO」は、前方および後側方監視ミリ波レーダ、前方監視カメラなどによる「自律型走行技術」に加え、準天頂衛星システムからのセンチ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
レクサス、東京モーターショーで自動運転技術搭載「LS+Concept」世界初公開

LEXUSは、10月28日から一般公開された東京ビッグサイトで開催される「第45回東京モーターショー2017」で、実用化を見据えた自動運転技術を提案する …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマ産業襲う電動化・自動化・共有化 乗り遅れた日本

電気自動車(EV)や、人工知能(AI)を生かした自動運転が11月5日まで … だが先端技術が、長い「クルマの世紀」を大きく変え、新時代をつくりつつある。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転にらみ育成加速 米の整備士学校と提携 仙台・花壇自動車大学校

運転手が操作に全く関与しない完全自動運転が近い将来に実現すると予想される中、高度化する整備技術に適応する人材育成も大きな課題だ。花壇自動車大学 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
運転する愉しさと自動運転の両方を実現 -東京モーターショー2017レポート②

運転する愉しさと自動運転の両方を実現 -東京モーターショー2017レポート② … に搭載している自動運転技術「プロパイロット」をさらに進化させ、ドライバーが運転に一切 … 完全自動運転が実現した未来でも、クルマを意のまま乗りこなす楽しさを残し、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
このまま自動車が進化しすぎたら、人間はどうなっちゃうの?

今注目されているのが自動車の技術です。がセンサーで危険を察知して、自動でブレーキをかけてくれるらしいですね。それどころかが完全に自動運転になる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
開幕(2)二輪車 部品メーカーの展示が面白い

ヤマハ発動機のブースには、四輪「MWC-4」「クロスハブコンセプト」が展示 … また、EVや自動運転技術の採用により、部品メーカーの商機は大幅に拡大し …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
東京モーターショー ベンチャーも存在感 衝突回避の車いすやEV出展

人工知能(AI)やIoT(モノのインターネット)を駆使した自動運転技術に関心が集まる中、ベンチャー企業も参加し、「近未来のクルマ社会」を来場者に印象づけて …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
東京モーターショーは未来のクルマではなく、未来の暮らし方のショーケースだ

もちろん、それは正しいのですが、その自動運転車を実現するためには、数多くの技術 … そして、もうひとつ重要なのが、東京モーターショーでは、これらの技術や …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動運転にらみ育成加速 米の整備士学校と提携 仙台・花壇自動車大学校

少子化などで整備士を目指す若者が減少する一方、自動運転など高度な機能を持つ自動車整備への対応力が求められており、提携で人材育成を図る狙いだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
三菱電機とHEREが業務提携自動運転向け高精度位置情報システムを相互活用

三菱電機は、オランダの地図会社HEREテクノロジーズと高精度位置情報サービスのグローバルでの利用拡大に向けて両社が持つ高精度位置情報ソリューション …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「三菱自動車、AI搭載コンセプトカー「e-EVOLUTION CONCEPT」を世界初披露 ITmedia」など、2017年10月25日     ニュース

ニュース
三菱自動車、AI搭載コンセプトカー「e-EVOLUTION CONCEPT」を世界初披露

三菱自動車がAI(人工知能)搭載したSUVタイプのEVコンセプトカー「e-EVOLUTION CONCEPT」を披露。完全自動運転のように「クルマに任せる」のではなく、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「AI自動車はパートナーだ」 トヨタが語るモビリティの未来 (1/2)

自動車のディディエ・ルロワ副社長は10月25日、「東京モーターショー2017」(一般公開日10月27日~11月5日、東京ビッグサイト)でこう語り、人工知能(AI) …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
メーカーへの信頼揺らぐ中 東京モーターショーの内容は

ことしは走行中に排ガスを出さない電気自動車に注目が集まる一方、日産自動車や神戸製鋼所の相次ぐ不正 … この車は、人工知能がドライバーの表情や声の変化を読み取り、疲れていると認識すると自動運転に切り替える機能も搭載されています。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アップルの「Siri」は、なぜアマゾンやGoogleの人工知能に後れをとってしまったのか

アマゾンによれば、AlexaのAIプラットフォームに外部機能を付加する「スキル」の数は2万5,000件を超え、自動車やテレビなどの家電へのAlexaの組み込みが …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
[ニュース]EV競演、AIで車が進化=東京モーターショー報道公開

各メーカーは、環境規制の強化で世界的に普及が見込まれる電気自動車(EV)、人工知能(AI)技術を活用して安全運転を支援する試作車を相次いで公開。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
東京モーターショー、逆風での開催 参加減少・日産問題

電気自動車(EV)や人工知能(AI)を活用する試作車が並ぶ。トヨタや三菱自動車はAIが運転をサポートするEVを披露している。トヨタのディディエ・ルロワ副社長 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AI搭載の次世代EVが続々、東京モーターショー2017

自動車メーカーが出展に力を入れるのは、人工知能(AI)を搭載した“次世代”の電気自動車(EV)である。 「(次世代の車両開発では)AIとコネクテッド技術が“鍵” …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「コモディティー化しない」、車の未来を討議

メーカーやIT企業などが自動車産業や車の未来像について討議するイベント「 … 完成車メーカー役員からは、「自動車はすぐにはコモディティー化しない」とのコメント … のマーティン・シーアハウス・ディレクターは、人工知能(AI)は万能ではないと指摘。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【ABIリサーチ調査報告】産業分析:技術採用と態度の変化 - 人工知能(AI)と機械学習(マシンラーニング)

【ABIリサーチ調査報告】産業分析:技術採用と態度の変化 - 人工知能(AI)と機械 … 通信、移動体・無線、IoTとM2M、位置情報、自動車技術、セキュリティ等 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動運転技術クルマだけでなく、物流やドローンに活用するロボットベンチャーZMP

二足歩行ロボットからスタートしたロボットベンチャーのZMPは、これらの技術を自社で開発し、東京のお台場など様々な場所で自動運転車の実証実験を行って …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産、完全自動運転EVを公開=試作、東京モーターショーで

日産自動車は25日、完全自動運転技術を搭載した電気自動車(EV)の試作「ニッサンIMx」を27日開幕の東京モーターショーに出展すると発表した。日産が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AI/音声認識やARで変わるクルマとエンタメ。自動運転を見据えた東京モーターショー

自動運転の実現を見据えたAIや音声認識などの技術を活用した展示や、VR/ARを活用して紹介するブースが多いのも特徴。「TOKYO CONNECTED LAB …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
デルファイ:自動運転のニュートノミー買収で合意-4億5000万ドル

自動車部品メーカーのデルファイ・オートモーティブは、自動運転技術を手掛ける新興 … 自動運転システムを自動車メーカーに供給する計画を加速させる。 … 同社広報担当者によると、今年末までに3大陸で60台の自動走行が走り、18年末までに …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
対話型AI、にも 東京モーターショー

東京モーターショーではトヨタ自動車やホンダが人工知能(AI)で運転手の感情を読み解き、運転支援につなげるコンセプトをそろえた。自動運転技術の普及が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
次世代EVアピール 27日開幕

トヨタ自動車は、AIと自動運転技術を搭載した試作EV「Concept-愛i(コンセプト・アイ)」を … スズキは、2人乗り四輪駆動EVの試作「e-サバイバー」を出展。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車、「関心ない」が51.5% 運転頻度が高い人ほど強い関心

自動運転に「関心がない」人は51.5%で、関心がある人を上回ったことが、三井ダイレクト損害保険が東京大学の西成活裕教授(先端科学技術研究センター) …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
の概念変わる 専門家に聞く未来像

自動運転や電動化それ自体よりも、そうした技術が生活や社会をどう変えるのかを発信する。従来のクルマファンに加え、20~30代で先進技術に関心も高い層に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
米デルファイ、自動運転ベンチャーを買収 510億円

ヌートノミーは自動運転の実証実験で仏グループPSAのほか、ライドシェアの米大手リフト、シンガポールのグラブとも提携している。部品大手の自動運転技術 … 同社は年末までに世界で60台の実験を運行する体制を整える。PSAやリフトとの提携 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「  Appleの自動運転プロジェクト「Titan」の車両が、至近距離から目撃される ギズモード・ジャパン」など、2017年10月20日     ニュース

ニュース
Appleの自動運転プロジェクト「Titan」の車両が、至近距離から目撃される

今回の動画をTwitterに投稿したのは、自動運転関連技術を開発しているVoyageの共同創立者のMacCallister Higgins氏。彼は「AppleのTitanについては、140 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ドライヴァーに寄り添う人工知能の姿を、 コンセプトモデル「Audi Elaine」に見た

しかも、それをわずか数年後には量産に搭載しようとしている。 …. AudiはElaineで、自動運転技術がどの程度の進化を遂げると想定しているのか。まず最初 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
近未来の電動披露=東京モーターショー、27日開幕

日本メーカーの多くは、世界的な環境規制の強化で普及の機運が高まる電気自動車(EV)の試作を披露し、自動運転の実用化に向けた最新技術も紹介。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
グーグル、ソフトバンクが「相乗り」争奪

クルマの相乗りを意味する「ライドシェア」を巡り、IT(情報技術)・通信企業、 … だからこそ、自動運転でも3領域それぞれの代表企業がカードを求めて領域外への …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Lyft、10億ドル調達–アルファベット傘下CapitalG主導

また、自動運転車にも取り組んでおり、nuTonomy、Drive.ai、Jaguar Land Rover、General Motors(GM)、Waymo(Alphabet傘下の自動運転技術企業) …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
東京モーターショー2017、“電動化”に製造系エンジニアの注目集まる

その結果は「自動運転」(48.8%)、「燃料電池自動車(FCV)」(31.2%)、「電気 … 回答者の業種別に興味がある技術テーマを集計した結果は次のとおり。 … また「IoT/コネクテッドカー/車車・路・歩車間通信(V2X)」については、「情報通信機器 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマの「ミラーレス」が進んでいくには自動運転技術の進化は必須?

2016年6月に保安基準が改正されたことにより、バックミラー(後写鏡)のかわりにカメラとモニターを用いるCMS(カメラモニタリングシステム)を市販に搭載する …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「ガラス張りのダッシュボード」なら勝てる

自動運転という、自動車メーカーがこぞって開発しているものに対し、「必須じゃない」と言い切れる潔さは実にカッコイイと思います。「高級メーカーだからこそ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
本当に変えるべきは「社内文化」――IDOMの挑戦

中古買い取りビジネスを中心に展開していたガリバーインターナショナル … 自動運転技術やシェアリングエコノミーなど、自動車を取り巻く環境が劇的に変化する …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
BMW、新型「X3」発売 6年半ぶり全面改良、自動運転技術搭載

BMWの日本法人「ビー・エム・ダブリュー」(東京)は19日、約6年半ぶりに全面改良したスポーツタイプ多目的(SUV)「X3(エックス・スリー)」を発売した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ドライヴァーに寄り添う人工知能の姿を、 コンセプトモデル「Audi Elaine」に見た

それは進化した人工知能(AI)によってクルマが「知性」をもち、ドライヴァーに「 … この世界最大級のモーターショーでAudiが世界初公開した電気自動車(EV) …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AIとIoTを活用した新たな自動車アフターマーケットのカタチ…オートバックスセブン

今月初め、米Googleは「Google Home」というスマートスピーカーの販売を日本でも開始した。このスピーカーの特徴は、AI(人工知能)が搭載されていることと、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
Lyft、10億ドル調達–アルファベット傘下CapitalG主導

また、自動運転車にも取り組んでおり、nuTonomy、Drive.ai、Jaguar Land … 傘下の自動運転技術企業)といった自動運転車業界の企業と提携している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「フォックスコンとIDG、自動車技術ファンドで約1700億円調達目指す ブルームバーグ」など、2017年10月19日     ニュース

ニュース
フォックスコンとIDG、自動車技術ファンドで約1700億円調達目指す

台湾の フォックスコン・テクノロジー・グループと中国のベンチャーキャピタル IDGキャピタルは、自動運転に使う人工知能(AI)やバッテリー開発などを手掛ける …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AIが運転手を把握 トヨタ試作車、疲れたら自動運転も

トヨタ自動車は、人工知能(AI)でドライバーの感情や好みを把握して運転などに生かす試作車を、今月下旬に始まる東京モーターショーに出品する。マイカー用 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
三菱自動車 益子CEO、新中期経営計画「DRIVE FOR GROWTH」発表会で“2020年以降にEVを …

三菱自動車 益子CEO、新中期経営計画「DRIVE FOR GROWTH」発表会 … これからもSUVや電動化技術にさらに磨きをかけ、AI(人工知能)技術やコネク …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車販売店向け】LINEで効率的な接客ができる『AI Chat Supporter for Car dealer』をリリース

(株)サイシードは自動車販売店向けに、丁寧な接客を少ない工数で実現し、購入率やリピート率向上を目的とした『AI Chat Supporter for Car dealer』をリリース …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車・輸送機 ニュース

ブルームバーグ)台湾のフォックスコン・テクノロジー・グループと中国のベンチャーキャピタルIDGキャピタルは、自動運転に使う人工知能(AI)やバッテリー開発 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ZMP、自動運転車で送迎走行試験…お台場~日本科学未来[動画]

実験走行には、自動運転車開発プラットフォーム「RoboCar MiniVan」、および技術開発ソフトウェア「IZAC」を使用。グランドニッコー東京台場から日本科学未来 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
三菱電機が自動運転実証の試乗会/将来性感じる機能を体感

三菱電機は17日、自動運転技術を搭載した実証実験「xAUTO(エックスオート)」の報道機関向け試乗会を同社赤穂テストコース(兵庫県赤穂市)で開催した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米GM、ニューヨーク市で自動運転車の実験 来年初めにも

GMの自動運転車部門のクルーズオートメーションが明らかにした。 … 生まれていないが、多くの自動車メーカーや科学技術関連企業は、2020年ごろとみている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【岩貞るみこの人道医】自動運転時の責任は…“take over”と“hand over”の違い、ご存知ですか?

中を見ると、ほとんどが「レベル3」以上になっていて、もはや「レベル2」は、技術的にも制度的にも議論は一段落したように感じる。改めて自動運転のレベル分け …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ダイムラー、メルセデスの自動運転除雪の実証実験…最大14台を制御可能

メルセデスの最新「リモート・トラック・インターフェース」技術が搭載されており、無人状態の4台の除雪が隊列を組んで、車間を維持しながら、自動運転での除雪 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
BMW、部分自動運転を可能とした「ドライビング・アシスト・プラス」を搭載する新型「X3」

渋滞時は先行追従走行をサポートして走行時の安定性と利便性を向上するなど、将来完成する自動運転技術を部分的に実現したとしている。 そのほかにも、4 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産プロパイロット、米国で初設定…ローグ の2018年型に

日産自動車の米国法人、北米日産は10月17日、『ローグ』(『エクストレイル』の米国仕様)の2018年モデルを発表した。同時に米国で初めて、同に部分自動 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタがそれでも業界盟主に君臨する理由

電気自動車(EV)や自動運転車の開発にIT企業が相次いで参入するなど、自動車業界は大競争時代に突入した … 現在の豊田自動織機から分離独立しスタートした。 …. 自動運転車についても、AI(人工知能)技術の研究開発を進めるトヨタ・リサーチ・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
東京モーターショー エコ・自動運転競演

東京モーターショー エコ・自動運転競演 … 自動車各社が10月27日開幕の東京モーターショーで電動対応車両を前面に打ち出す … 世界的に環境規制が強まる中、次世代エコカーで技術力を発信するほか、人工知能(AI)を組み合わせる動きも目立つ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アップルの自動運転ユニットは一体型?LiDAR含め単一ケースにすべて収まる「ポン付け」タイプと専門家

自動運転技術を開発する企業Voyageの共同創設者MacCallister Higgins氏が、アップルの自動運転ユニットの写真をTwitterに投稿しました。その写真から推測 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
北京汽車と百度聯網 自動運転車とIoVで提携

双方が明らかにしたところによると、自動運転の分野では百度のApolloオープンプラットフォームと北京汽車の車両プラットフォームを基礎に、百度がもつ人工 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「オムロン、自動運転AIの開発加速 25年度に売上高200億円 日本経済新聞」など、2017年9月27日     ニュース

ニュース
デンソー、IoTや自動運転をテーマとした技術セミナー開催 10月14日

デンソーは、技術セミナー「DENSO A.I. TECH SEMINAR 2017 ‐ 機械学習の最前線 IoTと自動運転が、新しいモビリティ社会を切り拓く ‐」を10月14日、三井 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
エンジニアが自動運転技術に関わるべきではない理由(1)

自動運転技術」は市場を最も賑わせているキーワードの一つだ。多くの技術者が自動運転車という分野に貢献したい、あるいは最先端の技術職に身を置くことで …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ダイソン、電気自動車を開発中。独自技術結集の「他とは根本的に違うEV」を2020年までに発売

IT分野から自動運転EVの開発に挑んだアップルやGoogleは、すでに車体開発を諦め、既存メーカーの自動車に搭載する自動運転AIに開発範囲を絞り込んでい …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
EVは第2のアイフォーン 自動運転・シェアリングで「社会変革」 (1/3ページ)

米アップルが携帯電話業界を根底から覆す技術革新をスタートさせてから10年後の今、電気自動車(EV)が自動走行とカーシェアとの連携で、同じような転換を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転だけじゃない、自律移動ロボットの可能性を示したパナソニックの3D LiDARとは

自動運転車向けのデバイスとして注目されているが、パナソニックが開発したのは自律移動 … 3D LiDARを搭載した自動配送ロボットのデモ。 … 感情・体調センシングでは、カメラとサーモカメラを使い、人の感情、体調を推定する技術を披露した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
棚卸し自動化へ-自律走行ロボ・通信で技術磨く

凸版印刷とZMP(東京都文京区)は自動運転技術を応用し、自律走行ロボットがRFIDを自動で読み取ってリアルタイムに管理するシステムを開発した。ZMPの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノー・日産のつながるクルマ、2018年から刷新

自動運転技術を取り入れた配車サービスなどへも蓄積した技術を生かして進出する。無人運転車両や物流車両などに、同様のシステムを提供することも検討して …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「Googleとは違う」地図情報のトップ企業が新プラットフォームを語る

2015年9月から自動運転で利用可能な技術に関する協議を開始。2016年5月には、自動運転向け地図情報の効率的な更新、運用を可能にする「データエコ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
準天頂衛星システムの測位信号で自動運転−三菱電機、世界初実証

三菱電機は26日、準天頂衛星システムの測位信号を使った自動運転の実証実験 … と呼ぶ高精度な測位信号を利用し山陽自動車道で自動運転の実験を始めた。 … が数センチメートル誤差で済むため自動運転の高度化に欠かせない技術として注目 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「百度、自動運転オープンプラットフォーム「Apollo1.5」発表 日経テクノロジーオンライン」など、2017年9月22日     ニュース

ニュース
百度、自動運転オープンプラットフォーム「Apollo1.5」発表

中国のIT大手企業「百度」が進めている、自動運転技術のオープンソース化に進展があった。2017年9月20日に中国・北京で百度が「Apollo Meetup/Apollo1.5 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
株価10倍を狙える半導体、電気・電力関連銘柄は? 次世代の生活を向上させるAIやビッグデータ、 自動

それは、AIや自動運転車、ビッグデータ、IoT(モノのインターネット化)などです。ただし、これらの技術は相互に関連している点が特徴的ですね」(みずほ証券投資 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
けいはんな学研都市で自動運転実験…年内にも

京都・大阪・奈良の3府県にまたがる関西文化学術研究都市(けいはんな学研都市)で、年内にも公道での自動運転技術の実証実験が始まる。パナソニックや …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
10年前のアイフォーンに匹敵か-電気自動車登場で社会は大きく変革へ

アップルが携帯電話業界を根底から覆す技術革新をスタートさせてから10年後の今、電気自動車が自動走行とカーシェアとの連携で、同じような転換を石油主体 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車の父、空飛ぶ自動車の時代が来ると主張

Googleの元役員で自動運転車の父とも言われるSebastian Thrun氏が、「空 … とのことで、自動運転車の技術が空飛ぶ自動車にも応用されるとも述べている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
本当にできるの?ウワサ通りのEV&自動運転祭り フランクフルトショー2017

今回は未来のEV&自動運転技術が大集結。今年に入ってフランス、イギリスと立て続けに「2040年までにガソリン車、ディーゼル車の販売を禁止する」と宣言 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【フランクフルトモーターショー2017】「ビジョンゼロ」の実現へと加速するZF

さらにフランクフルトモーターショーにあわせて、中国のITジャイアントである百度(Baidu=バイドゥ)と、自動運転技術に関する提携を発表。同時に、IBM …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
東京モーターショー 電気自動車に注目 来月下旬に開幕

… 中、走行中に排ガスを出さない最新の電気自動車が展示されるほか、「夢の車」として各社が実用化を急ぐ自動運転車の先端技術が紹介される見込みです。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車で誰もがテロリストになりうる時代に

また巡行バスが抱える問題は自動運転車について知る技術系ライターにとっては馴染み深いものだろう。故意のテロ行為だけでなく、体調の悪い乗客が出た時や …

Appleの「プロジェクトTitan」は結局、自動運転シャトルバスに落ちつくかも ギズモード・ジャパン

Appleの「プロジェクトTitan」は結局、自動運転シャトルバスに落ちつくかも

なにやら最近ツチノコのようにその存在が発見された、Apple(アップル)による自動運転技術。その運用は、思わぬ形で始まるのかもしれません。New York …

アップル、自動運転技術をシャトルバス「PAIL」の運行に活用の計画。新旧本社キャンパス間を自動運行 Engadget 日本版

アップル、自動運転技術をシャトルバス「PAIL」の運行に活用の計画。新旧本社キャンパス間を自動運行

2014年に始まったとされるアップルのAI自動運転車開発プロジェクト「Project Titan」は数多くのうわさと漏れ伝わる情報から数百名もの社員が関わってきたことが …

自動運転車の中国進出に壁、デジタル地図規制 ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

自動運転車の中国進出に壁、デジタル地図規制

自動車大手 ゼネラル・モーターズ (GM)や フォード・モーター 、グーグルの親会社アルファベットやアップルは自動運転車やその技術を支えるソフトウエアの開発 …

アップルCEO、自動運転技術開発に注力と表明=通信社 (ロイター)

アップルも自動運転

Appleも開発していたことがわかった。

アップル 自動運転技術の開発 初めて公式に認める NHK NEWS WEB

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161204/k10010795011000.html
アップルは自動車メーカーの技術者を積極的に引き抜いていて、かねてから自動運転の開発をしているという観測が流れていましたが、開発を公式に認めたのは初めてです。
引き抜きまでしているとすると、継続的な開発を目指すつもりなのか?
今後の動向が気になってきた。