自動ブレーキ

□技術

自動車が衝突しそうな時に、車を停止させようとする機能のことです。

欧州での呼称は、Autonomous Emergency Brakingで「自動緊急ブレーキ」です。

衝突する対象物をセンサーが検知し、速度や距離を考慮して、衝突の恐れがあると判断した際に、自動的にブレーキが作動させるものです。

そのセンサーには、「赤外線レーザー」、「単眼カメラ」、「ステレオカメラ」、「ミリ波レーダー」などの複数の種類があって、1種類だけのものもあれば、複数を併用しているものもあります。

□企業

自動車メーカーのほとんどが「自動ブレーキ」の機能を商用化しています。

普通自動車で商用化したスバルのアイサイトは、CMなどもしていて知られています。

トヨタは、

https://toyota.jp/safety/scene/scenes/?padid=ag461_safety_about_tss_link01

によれば、 「自動(被害軽減)ブレーキ」 を呼称 とし、

センサに「単眼カメラ」+「ミリ波センサー」 を併用しています。

広い視野で人や走行車両をカメラで認識し、一方、カメラが苦手な雨や霧、夜間をカバーすべく、ミリ波レーダーで認識しています。

日産は、

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/dayz/performance_safety/nim.html

によれば、「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」を呼称 とし、

前方のクルマや人を検知して、ぶつかる可能性が高まると表示とブザーでドライバーに回避操作をメーター内の警告表示とブザーでドライバーの回避操作を促し、 万一、安全に減速できなかった場合には、ブレーキが作動するとあります。

ホンダは、

https://www.honda.co.jp/safety/technology/active/cmbs2/

によれば、「 衝突軽減ブレーキ〈CMBS〉(レーダータイプ) 」を呼称 とし、
 ※ CMBS=Collision Mitigation Brake System

センサに「ミリ波レーダー」を使っています。

衝突の危険が高まると音や表示、軽い自動ブレーキで注意を促します。

衝突対象が対向車の場合には、ステアリング振動によっても警告する機能もあります。 

スバルは、

https://www.subaru.jp/levorg/levorg/safety/eyesight.html

によれば、「 アイサイト(ver.3) 」を呼称 とし、

センサに「ステレオカメラ 」 を使っているようです。

ステレオカメラは、視野角と視認距離を拡大して認識性能を向上させているようで、さらに、カラー画像化をしています。それにより、ブレーキランプの赤く光る点灯を認識できるようにし、従来より性能を高めている。カメラの不得意な逆光にも対応する改善がなされ、安定性を高めています。

他のマツダ、アウディ、など、ほとんどの自動車メーカーが自動ブレーキの機能を商用化しています。

ただし、ここまで紹介したように、トヨタ、日産、ホンダ、スバルの4社を比較してもわかるように、センサが各社異なります。また、日々進化をさせているようです。各社の性能はマチマチといえますし、日々性能が変化していっている状況が分かりました。

□特許

では、各社の特許出願の状況を見てみましょう。

特許出願数を出願年で時系列にしたパテントマップを示しました。

最近の特許出願のボリュームは、トヨタが各社の倍くらいあることが分かりました。

スバルは、200 8年に 初代のEyeSightを出して、その前の開発時期に特許出願を多く出願しました。

その近辺は、日産自動車の特許出願も比較して多くありました。

しかし、最近、トヨタの特許出願が特に多くなっていて、日産自動車の出願が自動ブレーキに関し、減らしてきていることが分かります。ホンダは、2014年に増やしてきていて、その後も継続をしていますが、トヨタに追い付いていない状況です。

商用化した機能のセンサは、各社で異なるようなので、技術開発の違いが出ている可能性があり、特許出願の状況も違うように推測しました。(現時点では未確認です)

【予告】

後日、本投稿をアップデートする予定です。

各社の特許出願の内容を分析し、最近の技術開発がどこまで進展しているか、性能を高めるとか、別な機能にシフトしているとか、など、各社がどこに向かって技術開発を進めているのか、将来の機能を予測できるように、各社の特許出願を把握してみようと思っています。

お楽しみに。

Waymo

□企業

現在は、Alphabetの子会社。2009年当初は、Googleが自動運転車業界立ち上げを仕掛けた。その後、分社化しWaymoとなりAlphabetの子会社となっている。

□事業

配車サービス「Waymo One」を提供を開始した。UberやLIFTがすでにサービスをしていて、自動運転に特化し、Waymoが参入した形である。

Waymo one

Jaguarと提携し、I-PACEをベースに自動運転車を開発した。

jaguar I-PACE ベースのWaymo

それ以外にも、大手自動車メーカーと提携して、業界を牽引する立場をとっている。

ホンダや日産などとの提携の記事がある。

自動運転車の自律走行技術、ADASの技術を保有。公道でのテスト走行を繰り返す。

LiDARの外販も行なっている。

□配車サービスの競合

Uberを訴える。その後、和解の記事が出ている。

Uber、自動運転技術めぐる訴訟で和解CNET Japan

Waymoは2017年、配車サービス企業UberがWaymoの自動運転車開発に必要な技術に関する企業秘密を盗んだとして、Uberを提訴した。

□技術

テスト走行そのもの技術がある。世界でNo1の走行距離があり、様々なシーンでの自律走行のノウハウがあると思われる。AI技術は、それを学習していて、頭に良いAI君に育っていると思われる。

□特許

Waymo名の米国出願の件数推移は以下。600件を超える特許出願がある。

自動運転車が話題になる前からの出願があることがわかる。

 

協業(俯瞰)

自動運転車の実用化を目指し、自動車メーカーは、提携を行っている。一社だけで開発していて、競争に勝てない業界になっている。

協業先は、カー部品のサプライヤーもあれば、IT企業、Uberなど、様々で、その協業状況を調べたので説明します。詳しくは、メニューで示す企業別に別ページで示す。ここでは、連合体の概況を表にして示す。(以下は未完成の整備中です)

□ライドシェア連合

ライドシェアサービス

パートナー

Lyft連合

フォード、GM、InMotion(Jaguarの子会社)

UBER連合 トヨタ、

ウェイモ(Waymo)連合

フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)
   
   
   

□自律走行連携

車両メーカー パートナー
トヨタ UBER、

日産・ルノー・ 三菱自動車

Waymo、DeNA

フォルクスワーゲン

アップル

AZAPA

三井物産株式会社、カウラ株式会社、パナソニック株式会社

□ZMPのADAS連合

  • インテル株式会社[https://www.intel.co.jp/]
  • エヌビディア合同会社[https://www.nvidia.co.jp/]
  • 株式会社小松製作所[https://www.komatsu.co.jp/]
  • 株式会社JVCケンウッド[http://www.jvckenwood.co.jp/]
  • ソニー株式会社[https://www.sony.co.jp/]
  • Telemotive AG[https://www.telemotive.de/]
  • 株式会社電通国際情報サービス   [https://www.isid.co.jp/]
  • 名古屋大学[http://www.is.nagoya-u.ac.jp/]
  • 日清紡ホールディングス株式会社  [https://www.nisshinbo.co.jp/]
  • 株式会社ハーツユナイテッドグループ[https://www.heartsunitedgroup.co.jp/index.html]
  •  PTCジャパン株式会社[https://www.ptc.com/ja/]
  • 株式会社ライドオン・エクスプレス  [https://www.rideonexpress.co.jp/]
  • 株式会社JVCケンウッド[http://www.jvckenwood.co.jp/]
  • ソニー株式会社[https://www.sony.co.jp/]
  • Telemotive AG[https://www.telemotive.de/]
  • 株式会社電通国際情報サービス   [https://www.isid.co.jp/]
  • 名古屋大学[http://www.is.nagoya-u.ac.jp/]
  • 日清紡ホールディングス株式会社  [https://www.nisshinbo.co.jp/]
  • 株式会社ハーツユナイテッドグループ[https://www.heartsunitedgroup.co.jp/index.html]
  •  PTCジャパン株式会社[https://www.ptc.com/ja/]
  • 株式会社ライドオン・エクスプレス  [https://www.rideonexpress.co.jp/]

□解説

提携は、企業の戦略が現れる。そもそも、なぜ提携するのか?提携する企業にとってのメリットは何か?デメリットにもなることもある提携を行う企業の戦略とは、どのようなものなのか?技術提携であれば、間違いなく将来商品(サービス)のためと言える。

その将来商品(サービス)を推測・予測する。

方法は、特許情報を使う本サイト独自の方法で行う。

  • その提携によって、技術が組み合わされ技術が合体する。
  • 合体した技術が自動運転車の優れた機能になる。
  • 機能が顧客の価値に繋がる。
  • その価値に繋げようとする目論見は提携する企業。
  • 対象企業が行う技術提携の全てを調べ把握する。
  • その提携群によって得たパートナーの技術の合体が対象企業の商品になる。
  • その合体は、実現手段の連結。特許情報を使う。
  • 実現手段の連結は、商品設計になる。それが将来商品(像)となる。
  • そこまで行けば、技術提携の戦略として読み解くことができる。
  • つまり、ここでは、各企業ごとの技術提携を全て調査し、そのパートナー企業の技術を特許情報で把握し、技術の合体を行い、将来商品(像)を推測する。

なお、提携といっても、業務提携を含めないことにする。自動運転車のテスト走行の業務提携などは、含めない。

提携情報の収集は、企業のプレスリリースをベースにする。

戦略のタイプを分けると、次のようになる。

  1. 自動車メーカーは、競争戦略。いち早く市場に出す、機能・性能を上げる、安く造る
  2. 自動車部品のサプラーの顧客(自動車メーカー)への販売そのも
  3. 自動車部品のサプラーの同業との競争戦略
  4. IT企業の自動車業界への参入戦略


AZAPA(株)

□企業

AZAPA

2008年に説立。名古屋に本社をおく。

元トヨタ自動車の技術者をメンバーに含み、エンジンの燃焼メカニズムについて新たな制御理論を構築する技術について、自動車メーカー並み、あるいは、それ以上の技術を有し、自動運転に必要なシミュレーション技術や計測技術で自動車開発できる企業。

走る(インホイールモータ)・曲がる(ステアリング)・ 止まる(ブレーキ)のアクチュエータ制御システムも、MBD及びRCP手法を用いて、AZAPAが独自開発をしています。

独自で開発した小型電気自動車の技術がある(出典;AZAPA)

□提携

  • 2017年;三井物産株式会社
  • 2018年;カウラ株式会社
  • 2018年;パナソニック株式会社

パナソニックとAZAPAが車載事業の開発強化に向けて資本業務提携 ~モデルベース開発の協業を強化し、車載システムの新たな価値創出の実現を目指す~
(出典;パナソニック)

□Patent

特許出願があり、トヨタとの共同出願もある。

「浪江の公道で「自動運転」実証実験 会津ラボと福島トヨペット 福島民友」など、2018年3月17日     ニュース

ニュース
浪江の公道で「自動運転」実証実験 会津ラボと福島トヨペット

技術開発を目指す企業を支援する県の地域復興実用化開発等促進事業の採択を受け、会津ラボが実証実験を行い、福島トヨペットが自動運転車両の点検などを担当する。 会津ラボによると、自動運転には、が走行する道路の幅などの詳細なデータの収集とともに、正確な情報を常に受け取れる技術が欠かせないという。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転、国際ルールづくり難航 新産業に冷水

自動運転を巡る国際的なルールづくりが難航している。道路交通に関するジュネーブ条約は運転者の関与を前提とし、批准国の法律では任せの運転が認められない。自動運転車両の安全基準も整っていない。レーダーや半導体、人工知能(AI)など技術は進むのに法制度だけが置き去りになっている。各国が協調しなけれ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
スイスの自動車メーカーが手がけた未来のクルマ

別のホールでは、新型モデルに搭載される様々な部品の見本市も開かれている。駐車時に便利なフロントガラス用のバックモニター、LEDライト、自動運転機能などの製品が並ぶ。新しい技術を搭載したが出れば、それをメンテナンスする国内の整備工場も最新の設備にアップデートしなければならない。このため会場では多く …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
車載電装システムの世界市場、ADAS・自動運転システムが拡大へ

自動運転システムはセンシングデバイスを用いて周辺環境の検知・認識を行い、自動制御を可能とする技術で、ADASの延長線上に位置するとしている。 ADASは17年より部分的な自動化を可能とするシステムを搭載する車両が続々と登場しており、オプションによる採用ながら拡大傾向にあるという。 自動運転システムは17年 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「トヨタ、自動運転AIで新会社 都内に1000人規模 日本経済新聞」など、2018年3月3日 ニュース

ニュース 
トヨタ、自動運転AIで新会社 都内に1000人規模

トヨタ自動車は2日、デンソー、アイシン精機と共同で人工知能(AI)など自動運転技術を開発する新会社を設立すると発表した。技術者を中心に1000人規模で今後数年で3000億円以上を投資する。トヨタは2020年から自動運転車の本格投入を始める計画。国内外の技術者を大量採用してAIの応用技術やソフトウエアなどの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
福山市と群馬大研究センターが公道で実験 市長試乗、住宅街1キロを走行 県内で初、実用化に期待 /広島

福山市の日吉台学区で1日、公道を使った自動運転車の実証実験が始まった。高齢者の移動手段の確保などを目指し、路線バスなど走行ルートを限定した自動運転技術開発に取り組む群馬大次世代モビリティ社会実装研究センター(群馬県桐生市)に福山市が委託した。実証実験は国内各地で進んでおり、県内では初めて。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
「風景把握」に力 群大研究「地域限定、商用化」目指し 桐生で毎日新聞記者が試乗 /群馬

… 激化している自動運転技術。群馬大は2016年に桐生市内で自動運転自動車の公道実証実験を開始し、「次世代モビリティ社会実装研究センター」を拠点に、路線バスや機械式駐車場の駐車での導入などに取り組む。目指すのは、地域限定の完全自動運転商用化。研究はどこまで進んでいるのか。2月16日、自動運転車に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
日産とDeNAの「イージーライド」に試乗、クルマ×ITは次世代へ

2013年に日産は、2020年までに革新的な自動運転技術を複数車種に搭載する予定と発表。日本の自動車メーカーとしては、いち早く自動運転の実現に言及した。筆者は同時期に米国のテストコースで実験に同乗。ステアリングに触れずにコーナーを曲がり、歩行者を模したボードが飛び出すとペダルを操作しなくても急停止 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
自動運転技術、日本と欧米の違い

平昌冬季五輪を無事に終え、新たなマスコットキャラクターが決まるなど、東京五輪に向けた準備が始まった。世界中からメディアや観光客が集まるオリンピック・パラリンピックは日本の技術力を国内外に示す格好の場でもある。その一つが五輪会場周辺などを走る自動運転車だ。 □海外でもあまり例のない規模の実験.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
ADASおよび自動運転技術の開発、スムーズかつ高速に!

より進化したADASは、運転に不慣れだったり、瞬時の判断操作能力が衰えてしまったりしたドライバーを支援し、周囲の人たちをも事故から守る。これらの取り組みにはより実践的なテスト走行と検証が必須であり、当サイトでもお馴染みのZMP社は、市販をベースにした自動運転技術開発用プラットフォーム「RoboCar® …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
トヨタがアマゾン他と提携。自動運転車の宅配・宿泊サービスを本格始動!

ネット通販の商品配送やファストフードの宅配など、提携先の用途に応じた設備を各車両に搭載し、走行データなどをひとつのプラットフォームに集めてサービス改善に役立てる。また、マツダ・Uber・滴滴出行が技術パートナーとして車両設計に加わるほか、Uberや他社が開発した自動運転システムも搭載して、技術・サービス面 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
ルノー日産三菱が機能統合を加速「一体運用での成長を証明する」

プラットフォームやパワートレインだけでなく、新技術とモビリティサービスの機能統合も進める。ルノー日産三菱では、2022年までに12車種のゼロエミッションの新型を発売する計画だが、複数の車両セグメントで電気自動車の新規プラットフォームと構成部品を共用することになる。自動運転技術についても、さまざまなレベル …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
日経企業イメージ調査 関連、技術で評価高く

日本経済新聞社と日経広告研究所は「第30回日経企業イメージ調査」をまとめた。ビジネスパーソンが抱く企業イメージの総合ランキング(調査21項目の平均得点=総合得点)はトヨタ自動車が17年連続で1位となった。 自動運転など新技術の開発が急ピッチで進む自動車関連が順位を上げた。車載電池に強みを持つ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
日産のミニバン「セレナ」に、エンジンで発電して電気で走る「e-POWER」搭載! 発表会場からリポート

日産自動車株式会社 専務執行役員 星野朝子氏は発表会の冒頭に「セレナは”BIG”、”EASY”、”FUN”、これがを作る時のコンセプトでございます。このコンセプトの元、日本の自動車メーカー初の自動運転技術“プロパイロット”を搭載して、一昨年の2016年秋に発売いたしました。そして今回、新たに『e-POWER』を搭載いたし …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 

 

ニュース
トヨタ、自動運転AIで新会社 都内に1000人規模

トヨタ自動車は2日、人工知能(AI)など自動運転技術を開発する新会社を東京都内に設立すると発表した。当初は300人体制とし、国内外の技術者を獲得して1000人規模に拡大する。ソフトウエアなどの技術者が不足する中、トヨタが大量採用に乗り出すことで人材獲得競争が一段と激しくなる可能性もある。 トヨタ自動車の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
北京汽車・董事長「パナソニックと提携拡大交渉」

【北京=多部田俊輔】中国国有自動車大手、北京汽車集団の徐和誼董事長は3日、パナソニックと提携拡大の交渉をしていると明らかにした。両社は電気自動車(EV)分野で提携しており、自動運転をにらんだスマートカー領域に広げる方向で話し合いを進めているという。先端技術を獲得したい北京汽車と、世界最大の中国市場 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタはIT企業の下請けになるのか 運転免許も信号機も不要になる日

それ以外は使われていないわけですが、その時間帯にを使いたい人もいるわけで、自動運転クルマが常時インターネットとつながるようなコネクテッド技術が実用化すれば、 … そのクルマはソフトバンクグループと提携してロボット技術「感情エンジン」を搭載、所有者の健康状態、趣味嗜好などを読み取ることもできます。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「群馬大と三井住友銀行が自動運転車の地域活用で連携 次世代モビリティサービスを開発 ITmedia」など、2018年2月19日     ニュース

ニュース
群馬大と三井住友銀行が自動運転車の地域活用で連携 次世代モビリティサービスを開発

これまで群馬大学では、2016年10月から群馬県桐生市内で自動運転車の公道実証実験を開始したことをきっかけに、同年12月に「次世代モビリティ社会実装研究センター」を設置し、限定地域での完全自動運転商用化を目指すなど、関連分野の企業や自治体などと連携しながら、次世代モビリティシステムの社会実装に向け …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Safety 最新技術から業界を取り巻く状況まで 安全装備、まるごと。

自動運転技術の発展が安全性を高めることに繋がるこれは、トヨタの子会社で人工知能などの研究開発を行う「TRI」が2018年1月に発表した自動運転実験。外周360度の認識が可能で、これまで検知が難しかった暗い色にも対応している。このような自動運転技術の進化がクルマの安全性を高め、ドライバーがより少ない …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【テーマ投資】目前に迫る自動運転社会、自動運転関連銘柄で注目企業はどれか

また、すでにレベル1と言われる運転支援システム搭載が登場している中、今後レベル1の車種の急速な普及に加え、レベル2(部分的自動運転)の普及、レベル3(条件付き自動運転)の登場と普及、そして2030年までにはレベル4(完全自動運転)の登場も予測されています。 自動運転には自動車本体の技術は言うに及ば …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NTT、自動車内の音声操作やコミュニケーションを快適にする集音技術を開発

NTTでは、様々なパートナーとのコラボレーションを通じ、コネクテッドカーや自動運転車など未来の自動車がより豊かな体験を提供できるような技術開発に取り組んでまいります。 なお、本技術について、2018年2月22日〜23日開催の「NTT R&D フォーラム 2018」にて展示いたします。 ※1 EUでは緊急通報システム「eCall」 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
実験が始まった「あらゆる情報とつながるクルマ」の正体

2020年代を視野に入れた重点研究開発テーマは自動運転、電動化、コネクティビティだといわれている。コネクティビティとは、いわゆる“つながるクルマ”だ。外部と高速データ通信できる機能を備え、必要な情報にアクセスしてクルマ単独ではできないことを実現させるという意味である。この分野の技術革新は目覚ましく、欧米 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
フォルクスワーゲン、電気自動車はAppleのデザイン哲学を参考に?

現在、電化の時代へ向けてフォルクスワーゲンの価値を再定義しているところだ」と同社のブランドデザインを統括するクラウス・ビショフ氏はインタビューでコメントしています。 電気自動車では遅れをとっているフォルクスワーゲンですが、2022年までに電気自動車事業、自動運転車技術、デジタルモビリティ事業にグループ全体 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
センシング技術の先端 – 日立オートモティブシステムズ 工藤真氏[インタビュー]

自動運転の本格普及が始まろうとしているいま、長く日本のADAS(運転支援機能)の進化を支えてきた日立オートモティブシステムズ。 … 工藤:両目ですと三角法で距離が簡単に出ますけれども、例えば片目ですと、のサイズがあらかじめ分かっていれば大きさを把握して距離を理解することができますが、のサイズが想定 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AIセミナーの応募倍率は7倍、デンソーがシリコンバレー対抗

自動運転技術開発プロジェクトに必要なAI人材は、常に足りていないのが現状だ」。こう話すのはデンソーの川原伸章先端技術研究所長だ。 自動車メーカーで人工知能(AI)に強い技術者の獲得に乗り出しているのは、トヨタ自動車のような完成メーカーだけではない。同社も「AI人材」の争奪戦に名乗りを上げた1社である。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
統合センサーの開発が続々、多種使い分けは少数寡占へ

自動運転向けに車両の周囲を認識するセンサーの開発が、新たな局面を迎えている。カメラ(CMOSイメージセンサー)、LiDAR(Light Detection and Ranging)、ミリ波レーダー…。多様なセンサーを組み合わせる現行手法に対して、次世代を見据えた技術が、この1年ほどの間に相次いで登場した。主には米国やイスラエルの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
AIセミナーの応募倍率は7倍、デンソーがシリコンバレー対抗

自動運転の技術開発プロジェクトに必要なAI人材は、常に足りていないのが現状だ」。こう話すのはデンソーの川原伸章先端技術研究所長だ。 自動車メーカーで人工知能(AI)に強い技術者の獲得に乗り出しているのは、トヨタ自動車のような完成車メーカーだけではない。同社も「AI人材」の争奪戦に名乗りを上げた1社である。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
【テーマ投資】目前に迫る自動運転社会、自動運転関連銘柄で注目企業はどれか

また、すでにレベル1と言われる運転支援システム搭載が登場している中、今後レベル1の車種の急速な普及に加え、レベル2(部分的自動運転)の普及、レベル3(条件付き自動運転)の登場と普及、そして2030年までには … 同社子会社と、未上場ながら世界的な注目を浴びる自動運転システム開発会社のZMPが提携
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「自動運転の基幹技術、AIが読む「ダイナミックマップ」とは? (1/3) ITmedia」など、2018年2月9日     ニュース

ニュース
自動運転の基幹技術、AIが読む「ダイナミックマップ」とは? (1/3)

人はクルマを運転する際、地図やナビの情報だけではなく、常に自分の目や耳で周囲の状況を把握する。例えば信号の色や工事中の看板、歩行者や他のクルマの動きなど、刻々と変化する情報に対応している。こうした情報が重要なのは自動運転車も同じ。ダイナミックマップは、高精度な3次元地図データに交通規制や道路 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転中の事故、責任の所在は? 運転者の過失は生じるのか 損保会社に聞く

ひとえに「自動運転」といっても、レベル1からレベル5まで5段階があり、現在、日本で市販されているクルマに搭載されているのは、レベル2までの技術です。レベル1は、自動ブレーキやACC(アブダクティブ・クルーズ・コントロール。車間距離を一定に保ちながらクルマが定速で自動走行する)などのいわゆる「運転支援」技術、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車ITセキュリティ研究の第一人者、フィッシュマイスター准教授「ソフトウエア技術を制すものが自動

同准教授は自動車ITセキュリティ研究の第一人者で、コネクテッドカーや自動運転車の安全とセキュリティを確実にするためのデータ主導型、エビデンス・ベースの … フィッシュマイスター准教授によると、その大きなカギとなるのはソフトウエア技術で、ソフトウエア技術を制するものが自動運転を制すると言っても過言ではない …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、自動運転の研究開発を促進…米非営利団体への支援継続

トヨタ自動車の米国の人工知能技術の研究・開発部門、トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)は、ロボティクスや自動運転の研究を行う米国の非営利団体「 … OSRFは、「ROS2」と呼ばれる第2世代のROS(ロボット・オペレーティング・システム)が、自動運転車のソフトウェアや支援システムの開発に広く使用されることを期待 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自律走行の開発レースの勝敗を決める「LiDAR」技術 その古くて新しい歴史と課題

だからこそ、自律走行の開発レースでプレイヤーたちは、運転手のいない完全なロボットカーをつくるのに、このレーザーセンサーを必要不可欠だと考えている(例外として有名なのは、イーロン・マスクだ。彼はカメラで十分だと判断しているらしい)。 同じ理由から、アルファベットの自動運転部門であるウェイモ(Waymo)とライド …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
元Google及川卓也氏、デンソーの技術顧問に 自動運転など推進

デンソーは2月9日、エンジニアの及川卓也氏と技術顧問契約と締結したと発表した。Google日本法人などで活躍した及川氏のスキルと経験を生かして情報通信分野を強化し、電動化・自動運転・コネクテッドカー(つながる)などの事業を推進する狙い。 photo デンソーの公式Webサイト. 及川氏は、OS「Windows」やWeb …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転は史上最大の産業になる」エヌビディアCEOが語る理由

自動運転の対象はのみならず耕運機、ブルドーザー、掘削機などあらゆる動く機械に及びます。実現のためには非常に高速なセンサーとその信号を分析するコンピューターが必要で、完成形はまだ存在しません。だがわれわれのAIやコンピューティングの技術を低消費電力と低コストで達成する能力で、そんなコンピューターを …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
[韓国毎日経済新聞]SKと韓国交通公団、5Gで車間通信

韓国通信大手のSKテレコムと韓国交通安全公団は5日、ソウル郊外・京畿道の試験エリアで、最新の自動運転技術を公開した。道路を走っていた自動運転対応2台がスクールゾーンに進入。2台はこれを認識して自然に速度を落とした。 1人の子供が信号を無視して道路に飛び出す。すぐさま街灯に設置された監視カメラが5 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
歩行者と光のアニメーションでコミュニケーションするクルマ…三菱電機が開発

三菱電機は2月8日、周囲の歩行者や車両に対して光での動きを伝える技術「安心・安全ライティング」の進化について発表した。ドア開けや後退のタイミングに、車外センサーと連動して光で歩行者 … もっと分かりやすく伝えるコミュニケーション技術が求められている。この問題は、自動運転車両においても同じだと考えている」
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルネサス社長「全分野で追い風」17年12月期 純利益42%増

自信の背景には主力の車載半導体の分野で、自動運転技術や高度運転支援システム(ADAS)の普及によって需要の伸びが期待できるためだ。 1月上旬に米ネバダ州ラスベガスで開かれたコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)。完全自動運転車のデモを披露したルネサスブースを世界の自動車大手幹部が次々と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
トヨタ、自動運転の研究開発を促進…米非営利団体への支援継続

トヨタ自動車の米国の人工知能技術の研究・開発部門、トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)は、ロボティクスや自動運転の研究を行う米国の非営利団体「 … トヨタの狙いは、既存の自動車産業の枠を超え、より広範なモビリティ企業へと発展するために、TRIのロボティクスや自動運転の研究をいっそう強化することにある。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタが日本交通子会社に75億円出資、タクシー向け新サービスを共同開発

都内の500台のタクシーに装着した通信型ドライブレコーダー「TransLog(トランスログ)」から走行中の画像や車両データを収集、地図上に反映させて人工知能(AI)で解析した結果をナビゲーションアプリに車線単位での混雑状況として配信する。 トヨタ自動車のモビリティサービスプラットフォームは、DCM(車載通信機)から …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
住友電工とNECがモビリティ事業で協業を開始 – AI・IoT技術を活用

住友電気工業(住友電工)とNECは2月9日、自動車部品の企画・開発をはじめとしたモビリティ事業において2017年12月より協業を開始したと発表した。 今回の協業は、第1弾として自動車をネットワークでつなぐコネクテッド領域から開始し、両社が有するAI(人工知能)・IoT(Internet of Things)技術を活用して車両や車外 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ボルボやロータスを傘下に収める中国浙江吉利控股集団が、ダイムラーの筆頭株主になることを計画中!

スウェーデンの自動車メーカー、ボルボを傘下に持つ中国浙江吉利控股集団(ジーリー・ホールディング・グループ)は、ダイムラーに入り込むことを真剣に検討中だ。ドイツの『Bild am Sonntag』紙は、ジーリーの李書福会長に関する特集記事の中で、中国の自動車大手である同社がクウェート投資庁の保有する6.8%を上回る株 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「自動運転や電化の進む中で「技術以外」をどう磨くか (1/2) TechFactory」など、2018年1月29日     ニュース

ニュース
自動運転や電化の進む中で「技術以外」をどう磨くか (1/2)

環境対策や搭乗者保護、クルマのサービス化などこれらの普及を後押しする要素も多く、ADASを内包する自動運転と電化はいずれにしても、何らかのカタチで市販に盛り込まれていくだろう。 しかし、技術的に可能であることと、市販に搭載することでは大きく意味が異なる。市場性はもちろんのこと、人命に関わる製品で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車、米世論調査で「安心して乗れる」はわずか27%

一方、コロラド州在住のソーニャ・コイさんは、自動運転車について「多くの潜在力を秘めた、素晴らしい技術であり革新だ」と前向きな意見を述べつつ「通常のでも同じことだが、事故の際の法的責任がどうなるかについては懸念している」と話した。 自動車やハイテク業界は、自動運転車の公道での走行実験に対する規制緩和 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車へのサイバー攻撃を検知–富士通研が新技術

富士通は、車載ネットワーク(CAN)に対するサイバー攻撃を検知する技術を2018年度に実用化する計画であると明らかにした。 … 富士通では、人工知能(AI)やデータ分析などの機能を使って自動運転車を実現するIoT(モノのインターネット)基盤「Mobility IoT Platform」を提供しており、新技術もセキュリティ機能に組み込ま …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
CES 2018の注目テーマは「スマートホーム」「自動運転」「5G」! 最新トレンドをレポート

1月9日から米ラスベガスで開催された「CES 2018(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)」。CESは世界最大規模の家電見本市で、昨年の出展企業は4,000社以上、来場者数は約17万人を超えました。近年のトレンドとしては「IoT製品」等が多く出展され、デジタルマーケターも目が離せないイベントとなっています。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタが“会社”ではなくなる日

つまり、“会社”から“モビリティ・カンパニー”への転換ですね。 その象徴といえるのが、モビリティサービス専用EV「イー・パレット・コンセプト」です。 「イー・パレット・コンセプト」は、4~7メートル前後の全長を想定した、低床・箱型、バリアフリーの空間を持つEVです。 電動化、コネクテッド、自動運転技術が搭載されています。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
大手労組の要求案固まる 日産は一時金抑えめ

自動車大手の労働組合は29日までに2018年の春季労使交渉を巡る要求案を固めた。日産自動車などは一時金で抑えめの要求になった。原材料価格の上昇などから業績の動向を慎重にみる傾向が強い。経営側は電動化や自動運転など次世代技術の研究開発に資金を厚く投じる必要があるとみている。 日産自動車労働 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
『所有』から『リース』へ。ボルボが提案する“あえて買わない選択”

このキャンペーンで紹介されているXC40は、ボルボが新たに導入したリースプログラム『Care by Volvo』の対象を買うのではなくリースすることで、保険やメンテナンスなどにかかる時間と労力を省けるのが大きなメリットです。 ボルボによると、自動運転技術が自動車業界に革新をもたらしたように、のリースシステムこそ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ネクスティア・オートモーティブ、自動・混合モード運転に向けた操舵技術を発表

この技術は、車両技術の半・完全自動化が進む自動車業界で、ネクスティア・オートモーティブの技術が今後推進させていく独自のステアリング関連技術を支える技術基盤になると云う。 同技術について同社研究開発担当の執行役員、ジェフ・ズラスキ氏は「これら業界をリードする革新はそれぞれの実績に基づいているが、実際 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
EVの登場で “ユーザーエクスペリエンスの革命”が起きている―夏野剛氏インタビュー

夏野剛氏(以下、夏野):EVはこれまでのガソリンはもちろんハイブリッドともまったく違う乗り物になっているといえるでしょう。 … ボタン一つで駐車が可能な自動駐車機能がありますし、高速道路では、アクセル、ブレーキ、ステアリングを自動で制御してくれる自動運転技術「プロパイロット」もあるので、ストレスが大幅に軽減 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
間近に迫る自動車革命 自動走行から空飛ぶ無人タクシーまで

要は、航空機の製造で培った技術力を武器に新たなビジネスに参入する機会を虎視眈々と狙っているわけだ。 このところ、利用者の増えているウーバーと同じように、「ゆくゆくは携帯電話で空飛ぶ自動タクシーを呼べるようにする」と鼻息が荒い。実はウーバーでは2016年から始めた無人走行の実地試験のデータを集積して …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動車へのサイバー攻撃を検知–富士通研が新技術

従来の技術では、周期的に伝達される車載ネットワークへのメッセージ間隔が許容範囲を外れるかどうかで攻撃を検知していた。しかし、実際のメッセージも受信タイミングが揺らぐことがあるため、この方法では正常なやり取りを攻撃と誤って検知することがあった。 富士通では、人工知能(AI)やデータ分析などの機能を使って …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
スマホのアプリで自動車ローン申請、PSAグループが中国初のサービス

スマホのアプリで自動車ローン申請、PSAグループが中国初のサービス. 自動車 … PSAグループは、スマートフォンのアプリで自動車ローンの申し込みができるサービスを、中国に進出している自動車メーカーで初めて開始した、と発表した。 このアプリは、 … その中には、人工知能(AI)を必要とするものもある。なお、このアプリ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
間近に迫る自動車革命 自動走行から空飛ぶ無人タクシーまで

無人運転の自動車から空飛ぶまで、自動車の歴史は大きく変わりつつある。Googleの創業者ラリー・ページ氏は空飛ぶ自動車の開発に情熱と資金を投入しており、同氏が支援するベンチャー企業キティホークは商業化を目指し、試作機の改良に邁進している。ページ氏曰く「自宅の裏庭に留めた空飛ぶ自動車に乗って好きな …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「自動運転の安全性 公道試験前に評価 自動車研が新サービス 日本経済新聞」など、2018年1月25日     ニュース

ニュース
自動運転の安全性 公道試験前に評価 自動車研が新サービス

日本自動車研究所 25日、自動運転車の安全性を公道での実証実験に備えて事前評価するサービスを2月に始めると発表した。車両に載せたシステムが走行時に正確に動くかを調べるほか、テストドライバーが緊急時に対処できるかなどを試験する。評価結果を公道実験開始までの技術改良などに生かしてもらう。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ボッシュ、ボーダフォン、ファーウェイ、運転支援システムなどの車両情報を5G通信するC-V2X技術を開発

3社が開発を進めるC-V2X技術では、運転支援システム等の情報を車両間で通信することで、運転支援システムを搭載する車両はその情報をもとにこれまでよりも早いタイミングで自動的に車速を調整するため、割り込み車両にもスムーズに対処しやすくなるという。 また、C-V2X技術のネットワークに接続した車両は、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
徐々に進むEV化 でもその前に

そのためには自動運転も欠かせない技術という位置づけになるだろう。自動運転に関しては、パーソナルな車両にも搭載されるが、ドイツではリージョナルに使われる公共の乗り物から始まりそうだ。それはリージョナルなロジスティックス、カーシェアリングなどだ。北米では2018年の今年からフリーウエイでのCar to Car通信 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
GM、フォード、テスラが「自動運転機能」活用で新事業への進出を計画か?

clicccar.com(クリッカー)
日経新聞によると、GMは2016年に買収したベンチャー「クルーズ」社の技術をベースに、「セルフドライビング タクシー」サービスを自ら手掛けるそうで、高利益率事業の実現を目指す模様。またフォードも自動運転車を活用したサービス展開計画をデトロイトショー2018で発表。2016年に買収した「チャリオット」社と共同でライド …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AIは間違っても責任を取らない、ここに新ビジネスの種が

では、自動運転車で事故が起きた時には、だれがその責任を負うことになるのか。AIに刑事罰を課すことはできない。すべての責任をメーカーに課していたら、ビジネスは成立しないことだろう。自動運転は、自律走行の性能だけではなく、そろそろこの辺りをケアした技術開発や制度設計が必要になってきている。これは、自動 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
科学技術と市場の未来 そして投資家の責任(大機小機)

例えば自動運転車は万が一の時、歩行者と運転者のどちらを最優先で守るべきなのか。デザイナー・ベビーと遺伝子治療の境界線はどこか――技術の使い道や倫理の議論を後回しに、きらびやかな新技術だけ追いかけるのは危うい。 それは科学技術に資金をつける投資家の宿題でもある。新技術への投資でたとえ収益を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「アキュラウォッチ」搭載、アキュラ RDX 新型の先進運転支援…デトロイトモーターショー2018

ホンダの海外向け高級ブランド、アキュラは米国で開催中のデトロイトモーターショー2018において、新型アキュラ『RDX』のプロトタイプに、最新の「アキュラウォッチ」を搭載すると発表した。 アキュラウォッチは、アキュラの先進運転支援システム(ADAS)の総称。 … 将来の自動運転技術につながる先進安全技術を導入する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【電子版】論説室から/進むの電動化、サプライヤーは将来見据えた事業展開を

自動車サプライヤーの動向に詳しい立命館大学の佐伯靖雄准教授は「近年、電動部品の分野ではボッシュやコンチネンタルといったドイツ系部品メーカーの参入が増えている。自動運転の要素技術でも両社が上位に食い込んでおり、日本でもドイツ系メガサプライヤーの台頭が著しい」という。 自動車産業は完成メーカーを …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ホ?ッシュ/ホ?ータ?フォン/ファーウェイ: コネクテット?カーの相互通信を実現

C-V2X技術はこれまで、高速道路上での車線変更時や前走が突然ブレーキをかけた際のリアルタイム警告システムとして用いられてきた。しかし、直接的な情報交換が可能になれば、ACCはドライバーに警告するだけでなく、自動的に加速したり、ブレーキをかけたりすることができるようになる。この新しい移動体通信技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ロボット・自動運転車の頭脳、オープンソースで開発へ

今日この頃、これらの技術はめざましい進歩を遂げ、完全自動運転の時代まであと一歩―― … それについて、すでに自動運転車「RoboCar®」や宅配ロボット「CarriRo®」の実証実験を公道などで行っているZMPはきょう、自社開発の自動運転用コンピュータIZAC(アイザック)において、汎用開発ツールである画像認識機能 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
DHLグローバル・トレード・バロメーター/自動車産業による日本の短期経済成長の牽引を予測

世界初となるこのグローバル・トレード・バロメーター(人工知能、ビッグデータ、予測分析を駆使することにより算定される国際貿易成長に対する早期指標)では、世界的な自動車需要の鈍化により最新の数値が直近数ヵ月の数値を下回ったものの、日本の短期貿易成長はプラスを維持すると予測しています¹。また、陸上車&部品 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「Waymo、アトランタでも自動運転車のテスト走行を開始へ CNET Japan」など、2018年1月23日     ニュース

ニュース
Waymo、アトランタでも自動運転車のテスト走行を開始へ

また、最近になってミシガン州で冬季のテストを開始したほか、サンフランシスコでもテストを再開している。 「世界で初めて完全自動運転車両を公道で走行させた当社は、その技術をさまざまな都市や環境に展開することに注力している。アトランタ都市圏で当社のテストを実施し、この人命を救う技術を、さらに多くの場所で多く …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
VWとヒュンダイが、創業1年の自動運転スタートアップと組んだ理由 狙いは幹部3人の「輝かしい実績」

ドリュー・バグネルは、Uberで自動運転技術開発チームを率いてきた(バグネルとアームソンは「DARPAグランド・チャレンジ」で、同じカーネギーメロン大学チームのメンバーだった)。 Auroraの若さは、この経営幹部3人の実力によって補われているようである。自律走行がいよいよ実現に近づいたいま、業界はさまざまな問題 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転隊列トラックの実証実験 静岡・新東名高速で

日野自動車などトラックメーカー4社と豊田通商は23日、自動運転技術を活用し、トラック3台が隊列走行する実証実験を静岡県内の新東名高速道路で始めた。運転手が乗るトラックに続いて無人運転が走る技術の確立を目指す。物流業界の人手不足の解消や労働時間の短縮につなげる。 浜松サービスエリア―遠州森町 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車向けの4次元レーダーシステム、マグナが発表…デトロイトモーターショー2018

マグナインターナショナル(以下、マグナ)は、米国で開催中のデトロイトモーターショー2018において、自動運転車向けの4次元レーダーシステムを発表した。 マグナは、カナダに本拠を置く大手自動車部品メーカー。29か国 … が、自動運転車向けの4次元レーダーシステム「ICON RADAR」。これは、米軍の技術を導入したもの。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
パイオニア 路線バスの自動運転技術開発に向け実証実験を開始

複数のバス会社を保有し路線バスの運行ノウハウを持つ、みちのりグループとカーナビゲーションで培った自位置推定技術や、自動運転に必要とされる走行空間センサー「3D-LiDAR」、自動運転用地図などの開発を進めるパイオニアは、それぞれの知見を持ち寄り、将来の自動運転社会の実現に向けて研究・開発を進めて …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NSW、自動運転・ADAS開発向けスターターキットを提供開始

また、このスターターキットの提供にあたり、NVIDIA製品の販売代理店であるマクニカ、「VEK-AI 2」の製造元であるエンルートラボとの協業により、自動運転車・コネクティッド・カーの普及を目指す顧客のプロジェクトサイクルをサポートする。 なお、NSWでは、本スターターキットを自動車メーカーや自動車部品サプライヤー、建 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
燃料電池の自動運転車向け、GMがプラットフォームを公開…デトロイトモーターショー2018

GMは、米国で開催中のデトロイトモーターショー2018において、水素燃料電池技術による自動運転車両向けプラットフォームを展示した。2017年10月の合衆国陸軍協会ミーティングで初公開されている。 この新開発プラットフォームは、「SURUS」(サイレント・ユーティリティ・ローバー・ユニバーサル・スーパーストラクチャー)と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
無人コンビニ、米シアトルに開店

アマゾンは「画像認識やセンサー、AIの技術自動運転車に使われているのと同じ」と技術力の高さをアピールする。当初は昨年初めにもオープンする予定だったが、正確性を高めるのに時間を要した模様だ。こうした技術が普及すれば、小売店の形態や雇用情勢まで変化させる可能性もあるが、米メディアによると、アマゾンは …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
レクサスの次世代SUV、自動運転「ショーファーモード」搭載…デトロイトモーターショー2018

レクサスは、米国で開催中のデトロイトモーターショー2018において、最上級クロスオーバーのコンセプトカー、『LF-1リミットレス』に自動運転技術を搭載すると発表した。 LF-1リミットレスは、レクサスが次世代のクロスオーバーを提案したコンセプトカー。ボディサイズは、全長5014mm、全幅1986mm、全高1605mm、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュアンス・コミュニケーションズ 視線検出を統合し対話型AIを搭載した「ドラゴン・ドライブ」が登場

ニュアンスのAI搭載式ドラゴン・ドライブの革新的な新機能は自動車のインテリジェンス&自動運転技術部門でCES 2018 イノベーション・アワードを受賞した。 … ニュアンスのオートモーティブ事業担当シニア・バイスプレジデントであるアーンド・ヴァイルは、「コネクテッドカーや自動運転車の実現が近付くにつれ、クルマは急速に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
「未来の自動車づくり」を牽引 AZAPAが起こすイノベーション

AZAPAは自動車に欠かせない「エンジン制御(ECU、電子制御ユニット)」に関する独自のコア技術をベースに、未来の自動車づくりにおける、さまざまな課題を解決する … AI(人工知能)による自動運転、コネクテッドカーなど自動車のあり方が大きく変わっていく中、同社は自動車メーカーと第1次サプラヤー(Tier1)との間に入り、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
次の成長をもたらす「カイゼン2.0」に必要なものとは?

これからの改善にはIoT(Internet of Things)や人工知能(AI)、ロボット、ブロックチェーンの新技術の導入が必須。 … 例えば自動車1つとっても、電気自動車の無線による給電、自動運転の公道実験の実現、人工知能(AI)搭載自動車の発売、3Dプリンターによるボディー製造など、これらは全て2017年の1年間で起こったこと …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AIで流体解析シミュレーションの時間はどこまで短縮できる?

ヴァイナス(大阪市北区、藤川泰彦社長)は、人工知能(AI)を使って自動車や航空機の流体解析シミュレーション時間を短縮する技術開発を進めている。シミュレーション … 例えば自動車では、車体に近い部分は空気や液体の流れなど「現象の変化」を大きく受けるので、メッシュを高密度に配置することが必要だ。しかし経験の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュアンス・コミュニケーションズ 視線検出を統合し対話型AIを搭載した「ドラゴン・ドライブ」が登場

ドラゴン・ドライブは、トヨタ、アウディ、BMW、ダイムラー、フィアット、フォード、GM、ヒュンダイ、上海汽車など2億台以上の自動車に搭載され、40以上の言語で対話型サービスを提供しているが、今回の新機能追加で一段と進化を遂げている。 ドラゴン・ドライブの新機能は、対話型人工知能と視線検出などの非言語モダリティ( …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
VWとヒュンダイが、創業1年の自動運転スタートアップと組んだ理由 狙いは幹部3人の「輝かしい実績」

ピッツバーグを拠点とするAurora Innovationは18年1月4日、自社の自動運転ソフトウェアを商業化するために、フォルクスワーゲンとヒュンダイ(現代自動車)の両社と契約を締結したと … またヒュンダイとの提携によって、Auroraのソフトウェアは同社の自律走行をはじめとするヒュンダイ製のクルマに搭載されることになる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「視界360度・脳波測定・自走二輪 車の自動運転が進化 朝日新聞」など、2018年1月15日     ニュース

ニュース
視界360度・脳波測定・自走二輪 自動運転が進化

クルマ自動運転技術が進化している。トヨタ自動車は「視野」を360度に拡大し、日産自動車は乗る人の脳波をとらえて運転に反映させる。ヤマハ発動機は自ら立って走れるオートバイをつくった。 各社は米ラスベガスで12日(日本時間13日)まで開かれた家電・技術見本市「CES」で新技術を披露。 トヨタが公開した自動運転 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車のある未来】GMがハンドルのない自動運転車を2019年実用化へ!NVIDIAとサーファー憧れ …

自動運転車の開発競争が熾烈なことは既にご存じの通りだが、必ずしも自動車メーカーが主導であるとは限らないのが面白い点だ。ハンドルやブレーキペダルが自動運転車の開発や実験は、米Google(アルファベット)のウェイモが先行した。そしてこの数年は、ディープラーニング技術で脚光を浴びている「NVIDIA」も台頭して …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AIと自動運転車が街を見守る

2040年、道路交通の主役は自動運転車になり、運転免許はほぼ不要になる。自動運転は交通事故を減らすだけでなく、センサーを駆使して街を24時間見守り、犯罪を未然に防ぐ。は移動手段から、社会の安全を支える … レベル4の完全自動運転技術は2020年の実用化を目指している。 注)レベル3と言っても、渋滞中の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
フォード、駐車場などインフラと連動する自動運転車

ハケットCEOは「まずは自動運転を使った移動・輸送受託のビジネスモデルを広げることに注力する」とし、中小企業なども対象の顧客とすることを示唆した。 フォードは2021年に自動運転車の導入を計画している。米ゼネラル・モーターズ(GM)から2年遅れとなることについてケン・ワシントンCTO(最高技術責任者)は「都市 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
打倒テスラ宣言の高級自動運転EV「フィスカー」創業者の野望

創業者のヘンリック・フィスカー(Henrik Fisker)は「バッテリー技術の新時代」の幕開けだという。 … CESに向けて意気込むフィスカーに、EV業界の今後と、現行の自動運転車に足りないものについて聞いてみた。 … また、当社が発表するソリッドステートのバッテリーは自動運転車だけでなく家電の未来をも変えるものだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ヤマハの低速自動運転車の”現実味”—CES 2018で提案

CES 2018で、関係者の間で話題になっていたのが、”ワンマイルモビリティを再定義する”というコンセプトのヤマハの低速自動運転車だ。 … 今後については、商品としての信頼性を高めたうえで、「ゆくゆくは、現行の誘導線を利用した自動走行の置き換えも考えていきたい」と、同社モビリティ技術本部の吉田睦グループ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
デンソー子会社が次世代AUTOSAR対応OSを開発、自動運転車のECUに適用へ

自動運転車やコネクテッドカー、ADAS(先進運転者支援システム)など、高度な車載システムに採用される高性能なインテリジェントECUがターゲットで、ヘテロジニアスな … AUBIST OS POSIX版は、そういった処理に対応可能なマルチコア/メニーコア技術を活用した高性能なプロセッサを搭載するインテリジェントECUに最適 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
北米国際自動車ショー開幕、各社が自動運転技術などアピール フォードがEV投資倍増を表明

各社は売れ筋のピックアップトラックやスポーツ用多目的(SUV)を展示の中心に据える一方、電気自動車(EV)や自動運転など先端技術の開発もアピールしている。 米自動車大手フォード・モーター幹部は14日、会場内で記者団に対し、EVやハイブリッド(HV)の開発費を従来計画の2倍超に当たる110億ドル(約1 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
大型ブームの先へ

… 【デトロイト=兼松雄一郎、工藤正晃】北米国際自動車ショーが14日(日本時間15日)開幕する。販売が好調な大型を中心に各社が戦略車種を相次ぎ発表する見通し。ただ、大型の需要は原油価格の動向次第で変調を来しかねない。「大型ブーム」の先をにらみ、欧米やアジアの自動車大手が電動化や自動運転技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマ技術 激戦インドでは欧米・現地企業の動きに要注意

これらの地域における自動車技術の特許等の動向について調査を行ったところ、日本の完成メーカーは、ASEAN各国の市場で力強さを発揮し、特許出願件数 … 調査では、図1に示す点線内の技術(注:自動二輪車・三輪車に関する特許出願に関しては原則調査対象外としたが、車種が特定されていない出願や、自動車等に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
燃料電池車「MIRAI」に未来はこないのか!?

トヨタ自動車が、電気自動車への本格参入を明確にした。17年10月に開幕した「東京モーターショー2017」でAI(人工知能)を搭載した電気自動車の「トヨタコンセプト愛i」を発表。20年代前半には、航続距離が大幅に伸びる「全固体電池」の実用化方針を打ち出した。電気自動車時代でも世界のトップメーカーであり続ける意欲 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
新刊/中村吉明著『AIが変えるクルマの未来 自動車産業への警鐘と期待』

人工知能(AI)関連本と思って読み進めると違った。変革期にある自動車産業の現在位置を解説した一冊だ。カーシェアリング、電動化、自動運転といった革新の波が、組み立… (残り:173文字/本文:253文字). (2018/1/15 05:00). ※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけます。 会員登録 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
CES閉幕 AI進化で新たな競争加速 電機とクルマの境界消え、合従連衡へ号砲 (1/2ページ)

先陣を切ったのはトヨタ自動車だった。開幕に先立つ8日、未来の商用をイメージした電気自動車(EV)の試作を発表。独特の箱形のデザインで移動型の店舗になったり、移動ホテルになったりする。多彩な用途を実現するため米ネット通販大手アマゾン・コムや米配車大手ウーバー・テクノロジーズ、ピザハットと提携したこと …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【CES 2018】Intelの自動運転向けソリューションを統括するキャシー・ウインター氏に聞く

ウインター氏:5Gに関して自動運転は非常にいいユースケースになると考えている。現在の自動車は常時接続にはなっていないが、すでに自動運転車の開発フェーズでは高速な携帯電話回線が必要になり、5Gはそのよいアプリケーションになる。高精度マップの構築にも5Gは必要になるだろう。また、自動運転が普及した後は、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「まずは全固体電池 ルノー・日産・三菱自が投資計画 日本経済新聞」など、2018年1月12日     ニュース

ニュース
まずは全固体電池 ルノー・日産・三菱自が投資計画

フランスRenault(ルノー)や日産自動車、三菱自動車などで構成するRenault・日産・三菱自連合は2018年1月9日、オープンイノベーションを支援する企業ベンチャーキャピタルファンドを設立すると発表した。名称は「Alliance Ventures(アライアンス・ベンチャーズ)」。電動化や自動運転、人工知能(AI)などの成長分野に対し …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ自動車が車載Linux「AGL」を車載情報機器に全面採用、「他社も続く」

… 中の各種自動車モデルに素早く展開できた」と述べている。 消費者向けエレクトロニクス展示会「CES 2018」(2018年1月9~12日、米国ネバダ州ラスベガス)に出展しているAGLは、車載Linuxの車載情報機器向けディストリビューションの最新版となる「AGL UCB 5.0」を公開。併せて、アマゾン(Amazon)のAI(人工知能) …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
<札幌モーターショー特集>国内外27社 200台出展

国内外の最先端の自動車を展示する「札幌モーターショー2018」(道、道経連、北海道新聞社などでつくる実行委主催)が19~21日、札幌市豊平区の札幌ドームで開かれる。4回目となる今回は、27社38ブランドの四輪車と二輪車など約200台が出展される。各社が開発競争にしのぎを削る電気自動車(EV)や人工知能(AI) …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AI使った家電やロボット…米見本市が開幕

【ラスベガス(米ネバダ州)=松本裕平】世界最大級の家電・情報技術(IT)の見本市「CES」が9日、米ラスベガスで開幕した。 電機、自動車、IT企業など3900社以上が出展し、人工知能(AI)を使った自動運転システムや家電、ロボットなど最先端の技術を披露している。 トヨタ自動車は配車サービスなどに使える自動運転の試作 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
NVIDIA、AI自動運転プラットフォーム「NVIDIA DRIVE」の機能安全技術の詳細を発表

NVIDIAは2018年1月10日(米国時間)、同社のAI自動運転車プラットフォーム「NVIDIA DRIVE」の機能安全アーキテクチャの詳細を発表した。このプラットフォームは、オペレーター、環境、システムに関連する問題が発生した場合も含めて、冗長化と多様化を通じて車両の安全稼働を実現する。 自動車メーカーはNVIDIA …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「レベル3」自動運転開発を支援――NXP、自動運転車アプリケーション向け開発/テストプラットフォーム …

オランダのNXP Semiconductorsは2018年1月11日、自動車の自動運転アプリケーションの開発とテストに向けたソフトウェアプラットフォーム「NXP Automated Drive Kit」を発表した。同プラットフォームでは、自動車技術者協議会(SAE International)の定める「レベル3」の自動運転車を開発できる。 レベル3の自動運転は、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
無人運転を19年に実用化へ

【ラスベガス=兼松雄一郎】米ゼネラル・モーターズ(GM)は11日、無人運転の量産を2019年にも実用化する方針を公表した。基本的に人が運転に関与しない高度な自動運転車で、全米での普及に向け米当局に申請した。の次世代技術の焦点である自動運転は独フォルクスワーゲン(VW)やトヨタ自動車も開発を急ぐ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「もうチキンバスケットとは言わせない」

クルマの天井でくるくる回り、周囲の状況を把握する。自動運転の実験車両がほぼ標準的に採用しているLIDAR(レーザーレーダー)を供給するのが米Velodyne LiDAR社だ(図1)。優れた認識精度が高く評価されている一方で、「量産には使えない」(ある自動車メーカーの自動運転技術者)との声も少なくない。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタの自動運転コンセプト、関係者の度肝を抜く!

ラスベガスで行われている『CES』(最新技術の見本市)に於いてトヨタは『eパレットコンセプト』というのを発表した。簡単に言えば、工場などで使われている無人運搬を一般道で運用しようというもの。下手な文章でクドクド説明するより、下の動画を見て頂きたい。物流を電気で走る自動運転車に置き換えていくという …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産、ドコモなど6社 「つながる」の実証実験

日産自動車やNTTドコモなど6社は12日、コネクテッドカー(つながる)の実証実験を2018年中に日本で始めると発表した。周囲の車両や道路インフラ、歩行者が持つ機器と直接通信できる「セルラーV2X」と呼ぶ新たな技術規格の信頼性などを評価し、より安全な自動運転技術の実現などに役立てる。 セルラーV2Xは携帯 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産など、自動運転車の開発加速に向けたVCファンドを設立

初年度には、クルマの電動化、自動運転システム、コネクティビティ、人工知能などの新たなモビリティに焦点を当てている新興企業や、技術起業家が参加するオープンイノベーションのパートナーシップを対象に最大2億ドルを投資する予定で、こうした取り組みを毎年継続していくことで、財務リターンを確保しながら、新技術や新 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
<札幌モーターショー特集>夢の時代接近 自動運転、欠かせぬAI

次世代自動車の主役に躍り出た電気自動車(EV)と共に注目される技術が「自動運転」と、その実現に欠かせない「人工知能(AI)」だ。に乗り、行き先を告げるだけで目的地に連れて行ってくれる―。そんな夢のような時代に近づく技術を採用したコンセプトカーが札幌モーターショーにも登場する。 自動運転などの国家戦略「 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産とNASA、自動運転モビリティの共同研究を拡大

NASAの技術をベースに日産が開発した「SAM」(シームレス・オートノマス・モビリティ) 全 1 枚 拡大写真 日産自動車の米国法人の北米日産とNASA(アメリカ航空宇宙局)は1月11日、自動運転モビリティ … 日産とNASAはこの5年間、研究開発パートナーシップの下、自動運転車両システムの研究開発で協力してきた。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
注目ベンチャー5社「快眠」スリープテックや「妊活センサー」、「眼鏡型360度カメラ」が面白い:CES2018

アメリカ・ラスベガスで開催されている世界最大規模のテクノロジーショー「CES 2018」。デジタル業界の新年はCESと共に明けるといわれるほどだが、2018年はいつにも増してスタートアップの出展が注目度を高めている。スタートアップが集まるエリア「Eureka Park」は、巨大なサンズコンベンションセンターの1階を全て埋め …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
GM、19年にもハンドルなし「無人運転」の量産

の次世代技術の焦点である自動運転は独フォルクスワーゲン(VW)やトヨタ自動車も開発を急ぐ。GMが早期に … GMが実用化するのは、「レベル4」と呼ばれる自動運転車。特定の場所や … トヨタは20年代前半に実用化する方針を打ち出し、日産自動車は提携する仏ルノー、三菱自動車との連合で22年をメドに開発する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
南洋大とボルボ、自動運転電気バスを開発へ

自動運転電気バスはまず、NTUのキャンパス近くにある自律走行用のテストコースで実証実験を実施。その後、公道試験に進む予定だ。 NTUは2016年10月に陸上交通庁(LTA)と自動運転バスの技術開発で提携を結んでいる。同大キャンパスと西部ジュロンの環境配慮型工業団地クリーンテック・パークを結ぶ1.5 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「CESで自動運転車を初体験 —— とても退屈で、素晴らしい体験だった BUSINESS INSIDER JAPAN」など、2018年1月11日     ニュース

ニュース
CESで自動運転車を初体験 —— とても退屈で、素晴らしい体験だった

1月10日(現地時間)、同僚と私は自動運転タクシーに乗るために、CESの会場であるラスベガス・コンベンション・センター(LVCC)近くの駐車場に向かった。今回の取り組みでは、Aptivが車両自動運転技術を提供、Lyftが実際の運行を担当している。 我々はラスベガスのドライブを楽しんだ。だが今のところ、CESで体験した中 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Uberが自動運転にNVIDIAの技術を採用、開発ペースを加速…CES 2018で発表

Uberは、ボルボ『XC90』SUVの最初のテスト車両で、NVIDIA GPUコンピューティングテクノロジの使用を開始。現在では高性能のNVIDIAプロセッサーを使用して、自動運転/配車車両自動運転の貨物トラックの両方でディープニューラルネットワークを稼働させている。以来、Uber車両の開発ペースは急激に加速しており、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
インテル傘下のMobileye、今後の自動運転プロジェクトの詳細など明らかに

Mobileyeの最高経営責任者(CEO)で最高技術責任者(CTO)のAmnon Shashua氏は、自動運転車の開発における重要分野に関して、センシング、REM(Road Experience Management)、運転ポリシーなどを挙げている。 この方針に従い、Mobileyeの2018年の「マスタープラン」には、レベル4(L4、高度に自律的な運転が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転向け技術をCESで披露、存在感を強調するNXP

NXPは、LG Electronicsおよび、アルゴリズム関連の専門技術を提供するドイツHELLA Aglaiaと、先進運転支援システム(ADAS)や自動運転車向けの技術開発で協業するという。これが、CESにおけるNXPの発表の目玉の1つだ。この協業により、NXPが「S32V」プロセッサをベースとして開発した、ADASおよび自動運転車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転の実験、杉並で開始 住宅街の公道は都内初

住宅街の公道を利用した東京都内初の自動運転車の実証実験が11日、杉並区内で始まった。自動運転技術開発を手がけるアイサンテクノロジーのほか東京大学、測量会社の第一航業(東京・杉並)が杉並区の支援を受けて実施した。区立の井草森公園の周囲の都道・区道約1キロを、ミニバンをベースにした自動運転車が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米運輸当局、トラックや列車の自動運転で新たな政策指針策定へ

道路交通安全局(NHTSA)は自動運転車に対する「不必要な規制の障壁」や安全性の検証と認証の方法に関して意見を求めている。連邦公共交通局や連邦高速道路局も意見を公募している。これらの意見は同省の連邦自動運転車政策の第3版の作成に利用される。チャオ長官によると第3版は今夏に公表される見通し。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車技術のためのディストリビューションAutomotive Grade LinuxをToyotaとAmazonがサポート

AGLはそれに対してさらにセキュリティを厚くし、自動運転車をハッカーにやられないようにしたい。遠隔通信や地図関連の技術も重要だ。とくに地図データは、各社ばらばらでなく、全メーカーが共有できる形式であることがきわめて重要だ。地図の共通化は、AGLがメインの課題として追究している安全性の面でも欠かせない。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転 通行量の多い市街地で実証実験 東京 杉並区

自動運転の実用化に向けて東京 杉並区で、人やの通行量が比較的多い市街地を自動で走行させる実証実験が行われました。 続きを読む. この実証実験は、杉並区や自動運転技術開発に取り組む民間企業、それに東京大学などが共同で行ったものです。 の上部には特殊なセンサーがあって人や障害物を検知できる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アウディが2018年に自動運転「レベル3」のA8を発売予定。日本での発売は?

clicccar.com(クリッカー)
2018年、本国ではいよいよ世界初の自動運転レベル3の製品としてA8がデビューの予定です。すでにドイツでは法整備が整い、あとは国際的な技術基準が整えられ、その技術認証がクリアとなればレベル3自動運転車としてデビューとなるそうです。デビュー時には時速60km以下の自動車専用道路に限って使用できるものとなり …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
OKIグループとアヴネット、自動運転向けのAIボードを開発

OKIグループの設計受託企業であるOKIアイディエスは、技術商社大手のアヴネットと共同でレベル4~5の自動運転車に向けた人工知能(AI)コンピューターボードを開発した(リリース)。2018年2月からアヴネットが国内で販売する。将来的にはアジアにも販路を広げる。ボードは開発・評価用であり、実際のシステム開発をOKI …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ルノー・日産・三菱がベンチャー・キャピタルを設立 バッテリーや自動運転など新たなモビリティに5年間で …

ルノー・日産・三菱の約10億ドルという出資額は、CVCを持つ自動車メーカーとしては最大となる。 BMW iVenturesもGM Venturesも、ベンチャー・キャピタル運営の経歴が長いが、ファンド規模は彼らより小さい(BMWは、iVenturesの次の10年での投資総額を5億ドル以上に増やしている)。トヨタもロボティクスや人工知能の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
CESで自動運転車を初体験 —— とても退屈で、素晴らしい体験だった

1月10日(現地時間)、同僚と私は自動運転タクシーに乗るために、CESの会場であるラスベガス・コンベンション・センター(LVCC)近くの駐車場に向かった。今回の取り組みでは、Aptivが車両自動運転技術を提供、Lyftが実際の運行を担当している。 我々はラスベガスのドライブを楽しんだ。だが今のところ、CESで体験した中 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転向け技術をCESで披露、存在感を強調するNXP

同プラットフォームはBaiduが開発したもので、“ロボットカー向けAndroid”としても知られている。この提携により、NXPの半導体チップがApollo Open Autonomous Driving Platformをサポートできるようになるとしている。 こうしたさまざまな発表内容から、NXPが、「ADASや自動運転車向けオープンプラットフォームの強力な …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、何でも出来る・使えるクルマ「e-Palette Concept」を「CES」に出展

提携する米ウーバーテクノロジーズ、マツダに加え、新たにアマゾン、ピザハット、滴滴を含めた計5社を第1弾パートナーとして、多機能車両を開発する。 また、トヨタが培ってきた安全性の高い車両制御技術を用いて開発した車両制御インターフェースを自動運転キット開発会社に開示する予定だ。自動運転キット開発会社は、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「VWとウーバー、自動運転向けにエヌビディアの技術採用 ブルームバーグ」など、2018年1月8日     ニュース

ニュース
VWとウーバー、自動運転向けにエヌビディアの技術採用

グラフィック半導体の米 エヌビディアは、同社の人工知能(AI)に関する専門知識・技術を ウーバー・テクノロジーズとフォルクスワーゲン(VW)が自動運転車の実用化のために採用すると発表した。 エヌビディアの … VWはインテリジェント・コパイロット・システムの開発にエヌビディアの技術を取り入れる。両社が発表した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米ラスベガスで開幕へ 次世代技術競う

日産は、運転手の脳波を測定することで、実際にハンドルやアクセルを操作する前にシステムが作動してイメージ通りの運転を可能にしたり、自動運転時の安全性を高めたりする技術を発表する。トヨタのAI開発子会社は車外の状況を把握するセンサー類を高度化した新しい自動運転実験を公開。自動運転技術やAIの開発を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米家電見本市が9日開幕、つながるやAIに注目

人工知能(AI)を搭載した機器の展示が増えるほか、自動運転やコネクテッドカー(つながる)など自動車関連の技術も多く紹介される。家電業界と他の業界との垣根がなくなり、最新の技術を紹介する展示会としての様相が色濃くなっている。 「1年前は200だった自動運転の協業先が、300以上に増えた」。開幕に先立つ7日、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
現代自、米オーロラと自動運転車を共同開発

現代自、米オーロラと自動運転車を共同開発. 韓国・現代自動車グループは4日、米オーロラと組み、自動運転車を開発すると発表した。2021年までにドライバーが運転に関与しないレベル4(米国基準)技術の実用化を目指す。自動運転技術の実証実験に適した「スマートシティー」を選定して、テスト走行を実施する。 まずは、燃 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタの自動運転テクノロジーは人間を超えた!? 全周囲200mをセンシングする「Platform 3.0」

clicccar.com(クリッカー)
ガーディアン(高度安全運転支援)とショーファー(全自動運転)という2つの方向で自動運転テクノロジーを開発しているトヨタ。北米の子会社で人工知能等の研究開発を担うToyota Research Institute, Inc.(TRI)の開発した次世代の自動運転実験「Platform 3.0」を発表しました。 旧型のレクサスLSをベースとした実験 …
Google Plus Facebook