車線逸脱防止支援

□Technology

自動車が走行中に車線を逸脱することを防ぐ機能で、運転者の操作を支援する技術のことを示す。レーンアシストと呼んだり、レーンキープアシストと呼ぶなど、各社で呼び方が異なる技術。

トヨタ、日産、マツダ、volkswagen、などの自動車メーカーの多くが商品化済みである。

機能は、基本、逸脱時に、警告音が鳴ったり、ハンドルがぷるぷる震えたり、ハンドルを自動制御、自動操舵したりする機能。

●トヨタ、センシング・制御・操舵の3機能

  • 車線はみ出しアラート(レーンディパーチャーアラート)、白線(黄線)を踏み越えそうな場合、ブザーとディスプレイでお知らせる技術。
  • 追従ドライブ支援機能(レーダークルーズコントロール)、車間距離を一定に保って、ついていく技術
  • ハンドル操作サポート(レーントレーシングアシスト)、車線の中央を走るようにハンドル操作をサポートする技術。

●パテントマップ;トヨタの逸脱防止技術(日本特許)

コメント;2015年から開発強化されている

●最新の特許サンプル

●日産、LDP(車線逸脱防止支援システム)

走行車線の右側もしくは、左側に引かれた線をレーンマーカーとして検出し逸脱防止を制御する技術です。

●パテントマップ;日産の逸脱防止技術(日本特許)

コメント;この機能に関する開発強化傾向は見られない

●最新の特許サンプル

□マツダLAS(レーンキープアシストシステム)

●マツダ、LAS(レーンキープアシストシステム)

●パテントマップ;マツダの逸脱防止技術(日本特許)

コメント;2015年から開発強化されている

●最新の特許サンプル

□volkswagen lane assist


車線逸脱防止支援

□Technology

自動車が走行中に車線を逸脱することを防ぐ機能で、運転者の操作を支援する技術のことを示す。

アクティビティは、2015年からの開発強化の傾向がある一方、トヨタ、日産、マツダ それぞれがフォーカスする技術開発(特許出願)内容が異なっていることが分かる。

□トヨタ*センシング・制御・操舵の3機能

  • 車線はみ出しアラート(レーンディパーチャーアラート)、白線(黄線)を踏み越えそうな場合、ブザーとディスプレイでお知らせる技術。
  • 追従ドライブ支援機能(レーダークルーズコントロール)、車間距離を一定に保って、ついていく技術
  • ハンドル操作サポート(レーントレーシングアシスト)、車線の中央を走るようにハンドル操作をサポートする技術。

●パテントマップ;トヨタの逸脱防止技術(日本特許)

コメント;2015年から開発強化されている

●最新の特許サンプル

□日産*LDP(車線逸脱防止支援システム)

走行車線の右側もしくは、左側に引かれた線をレーンマーカーとして検出し逸脱防止を制御する技術です。

●パテントマップ;日産の逸脱防止技術(日本特許)

コメント;この機能に関する開発強化傾向は見られない

最新の特許サンプル

□マツダ*LAS(レーンキープアシストシステム)

●パテントマップ;マツダの逸脱防止技術(日本特許)

コメント;2015年から開発強化されている

●最新の特許サンプル


「「レベル8」の自動運転車はトランスフォーム…2060年のモビリティ レスポンス」など、2017年12月19日     ニュース

ニュース
「レベル8」の自動運転車はトランスフォーム…2060年のモビリティ

コンペの参加者は、2060年のロサンゼルス市がレベル5以上の完全自動運転車を導入したと想定し、車両やインフラストラクチャーが、どのように変化すべきかを提案する。 2017デザイン&デベロッパー … 現在、米国のSAE(自動車技術者協会)が定めている自動運転のレベルは、0~5まで。最高のレベル5が完全自動運転車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「ホンダの自動運転はパーソナルカー」安井裕司氏…GTC 2017

半導体メーカーのNVIDIAが12月12~13日に開催した技術イベント「GTC Japan 2017」において、ホンダの自動運転AI開発をリードする本田技術研究所 四 … 走行する公共交通としての自動運転車と、パーソナルカーとして、オーナーが行きたいところに、高精度地図データがない場所であっても移動するために使う自動運転車
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
韓国政府「2020年までに自動運転車の高速道路運行を可能に」規制見直す

政府はまた、2020年まで高速道路で自動運転車が運行できるよう関連規制を改正すると共に、自動運転車に搭載される9大主要部品と技術の開発に向けて、2021年まで1445億ウォン(約145億円)を投資する。2022年まで電気自動車を35万台に増やす計画も立てた。 産業部は政策推進の背景と関連し、「産業競争力が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転開発で重要なのはチップスペックではない」NVIDIAグプタ氏…GTC 2017

半導体メーカーのNVIDIAが12月12~13日に開催した技術イベント「GTC Japan 2017」において、NVIDIA Global Head – Solutions Architecture & Engineering, … 自動運転車は産業グレードのディープラーニングの活用例となる。それを … 自動運転車にディープラーニングを利用する際に考慮すべき点は、第一に安全性。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AI半導体「エヌビディア」は何がスゴいのか

エヌビディアのAIコンピューターを搭載した、自動運転車のプロトタイプ。 … 12月中旬、4000人を超える技術者たちが東京・お台場のホテルに詰めかけた。 … トヨタ以外にも、エヌビディアは米EVメーカーのテスラ、独高級大手のアウディとも次々に協業を進め、ハンドルがいらない「レベル5」の完全自動運転に対応するAI搭載 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
素材大手、次世代に投資

素材大手が次世代自動車向け材料の増産に乗り出す。つながる「コネクテッドカー」に不可欠なガラス材料について、積水化学工業は200億円を投じオランダ工場に生産ラインを増設し、クラレも韓国で18年から増産する。日本の素材大手は「CASE」と呼ばれる次世代カーの先端分野に積極投資し、基幹技術を握るとともに …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産 エクストレイル、プロパイロット標準装備の特別仕様を発売

特別仕様は上級グレード「20X」および「20Xハイブリッド」(ともに2列シート)をベースに、自動運転技術「プロパイロット」や、「インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)」、「RCTA(後退時車両検知警報)」、「ハイビームアシスト」、「インテリジェント アラウンドビューモニター」、「インテリジェント ルームミラー」などの運転 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
BMW、GMなどスタートアップや技術者採用・投資に熱心な5社の「AutoTech投資戦略」

自動運転技術」や「先進運転支援システム(ADAS)」に代表されるAutoTechとは、自動車運転の安全性や走行性の向上を目指す先端技術を指す。 …. メーカーとは対照的に、BMWは組織内にAV部門を開設し、インテル(Intel)やモービルアイ(Mobileye)といった大手テクノロジー企業と提携関係を結び、完全自動運転車の共同 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【絶賛発売中!】2018年版『間違いだらけのクルマ選び』

新型リーフ、テスラ・モデル3、VW e-ゴルフなどEVが続々登場、欧州ではエンジン規制まで話が進み、国産メーカーは遅れが指摘されるが……、それは本当なのか? 一方で、長足の進歩を遂げた自動運転技術を搭載の、レクサスLSやそのライバルが一斉登場。EVも自動運転も未来の話ではなく、いよいよ私たちの今日の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
モバイル技術を活用し、IoT時代を牽引 – クアルコムのIoT事業戦略

このような状況を背景に、12月15日に行われたクアルコムのIoT事業戦略会において、同社のシニアバイスプレジデントであるRaji Talluri(ラジ・タルーリ)氏は、「モバイル分野で培った技術が活きている」と同社製品の優位性を語った。 「例えば、自動運転の分野において、が得た情報を瞬時に処理し、ドライバーを適切に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
HV王者のトヨタがEVにアクセル踏み込む理由

トヨタ自動車が2017年の東京モーターショーに出品した「コンセプトアイ」の2車種。人工知能(AI)を搭載した電気自動車(EV)だ。今後はEVを含む電動車の … HV(ハイブリッド車)で圧倒的な世界シェアを誇るトヨタ自動車も、急速に進むEV(電気自動車)シフトには焦りと危機感を隠せなかった。 トヨタは12月18日、2025年頃 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日本最大のAI・人工知能の専門展!4月、ビッグサイトにて開催

リード エグジビション ジャパン(株)は、2018年4月4日(水)~6日(金)までの3日間、東京ビッグサイトにて「第2回 AI・人工知能EXPO」を開催する。 … 製造、IT、自動車・運輸、教育、メディア、広告など来場者の業種は幅広く、また会場で熱心に商談をする様子から「AI」は各業界が注目し、導入を進めていることがはっきりした。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
AI半導体「エヌビディア」は何がスゴいのか

たとえばトヨタは、自動運転車の頭脳にエヌビディアのスーパーコンピュータ「ドライブPX」を採用。実際にどの車種にいつ頃搭載されるのかは明らかでないが、自動運転に欠かせないといわれるAIの部分で、共同開発を進めている。 トヨタ以外にも、エヌビディアは米EVメーカーのテスラ、独高級大手のアウディとも次々に協業を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
BMW、GMなどスタートアップや技術者採用・投資に熱心な5社の「AutoTech投資戦略」

自動運転技術」や「先進運転支援システム(ADAS)」に代表されるAutoTechとは、自動車運転の安全性や走行性の向上を目指す先端技術を指す。 …. メーカーとは対照的に、BMWは組織内にAV部門を開設し、インテル(Intel)やモービルアイ(Mobileye)といった大手テクノロジー企業と提携関係を結び、完全自動運転車の共同 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告