「信号がいらなくなる未来 – 自動運転車と「サイバー信号機」 マイナビニュース」など、2018年3月16日     ニュース

ニュース
信号がいらなくなる未来 – 自動運転車と「サイバー信号機」

アメリカ・ドイツをはじめとして、自動運転車の開発を推し進める各国政府は、一貫して “Safety is the number one priority” (安全が1番優先すべきこと) を方針として掲げています。特にアメリカ運輸省 (US Department of Transportation) は、2016年に「30年後に交通事故死ゼロを実現する」という声明を出し、自動運転技術へ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
群大、道路標識メーカー共同研究へ 自動運転車との「路車間通信」開発

自動運転技術を研究している群馬大は14日、道路標識メーカー大手の「アークノハラ」(東京都新宿区)と共同研究の契約を結んだ。交通標識など道路側の設備から交通情報を発信して、自動運転車に伝達する「路車間通信」の開発が目的で、完全自動運転車の実用化に向けた道路インフラの調査研究に取り組む。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「世界最高のレベル5システム」へ–Lyft、自動車部品大手Magnaと自動運転で提携

Lyftは自社の自動運転技術を全力で推し進めている。 Lyftは米国時間3月14日、北米最大の自動車部品サプライヤーMagnaと提携したことを発表した。この提携の下、両社は自動運転車システムに共同で投資し、開発と製造を進める。両社の目標は、あらゆる自動車メーカーが利用できる自動運転技術を作り出すことだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米トヨタ、新型開発にロボットカー導入…荒れた路面での耐久テストに

北米トヨタは3月14日、新型の開発における耐久テスト車両自動運転技術を導入した、と発表した。 今回の発表は、耐久テストの安全性と効率を向上させるのが目的。テストコースに設けられている荒れた路面での耐久テストを行う車両に、自動運転技術を採用している。 2019年モデルとして米国で発売予定の新型『 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
群馬大、自動運転でアークノハラと共同研究

地域や路線を限定せずに自動運転可能なを開発するのは、技術的なハードルが高いとみているためだ。 道路標識の開発・製造を手がけるアークノハラと組んで、自動運転に必要な道路と車両間の通信(路車間通信)技術の開発を目指す。 具体的には(1)通信方式の開発や通信内容(2)通信内容をどのように車両の制御に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
GM、2019年から自動運転車を生産へ…米国の2工場に投資

GMは3月15日、米国ミシガン州の2工場に総額1億ドル(約106億円)を投資し、2019年から自動運転車の生産を開始すると発表した。 … この自動運転の実用化に一丸となって取り組むには、システムの安全性に関して、シリコンバレーが培ってきたソフトウェアの知識や技術と、世界中に広がるGMチームやデトロイトが誇る …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
マグナとLYFT、自動運転システムの量産開発と生産で複数年間の協業を発表

このようなパートナーシップは業界初となり、マグナとLyftによる自動運転システムの量産開発・生産を可能にする。また、この協業により開発・生産された自動運転車が今後Lyftのライドシェアネットワークに採用されるようになるだけでなく、さらに、その幅広い使用事例を基に、マグナが同自動運転技術をグローバル・モビリティ・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
東京でつかむ、自動運転の世界切符

現在開発中の多くのモビリティー技術により、東京オリンピック・パラリンピック(以下、東京五輪)の成功に貢献していきたい」――。トヨタ自動車社長の豊田章男氏は2020年 … 五輪が開催される2020年の東京は、主要各社にとっても開発中の自動運転車の実力を試す絶好の機会となる。東京は、自動運転車にとって解決しがい …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ST、自動運転に対応する世界初のマルチバンドGNSS測位用ICを発表

STマイクロエレクトロニクスは、自動運転に要求される測位精度と機能安全に対応した世界初のマルチバンドGNSS測位用IC「Teseo APP(Automotive Precise … コントロール(ACC)、自動駐車、自動操縦といった自動化システムの普及や、将来の完全自動運転車の実現に向けて、高精度な測位技術が求められている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
無ハンドル量産に100億円 米GM、2工場に投資へ

量産するのは小型電気自動車「シボレー・ボルトEV」をベースにした「クルーズAV」。特定の場所を走るといった一定の条件下で、全ての操作をシステムが担う「レベル4」に分類される自動運転技術を搭載する、世界初の量産になる可能性がある。 GMは17年1月にミシガン州の工場で走行試験に使う車両の生産を始め、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ウェブ
自動運転車の事故を記録、サイプレスがメモリーICの新製品

会見に登壇したSam Geha氏(Corporate Exective VP, Memory Product Division)によれば、これから自動運転車が普及してくると、今回の新製品の活躍の場が一気に広がるという。「例えば、初期の自動運転車ではドライバーが運転することも、運転をクルマに任せることもある。また、技術が進めば、完全自動運転車同士の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
車のAI化が生む非対称

米国防総省の研究機関出身で、トヨタ自動車人工知能(AI)開発の責任者をするギル・プラット・トヨタ・リサーチ・インスティテュート最高経営責任者(CEO)は、お気に入りが「パーソン・オブ・インタレスト」という米テレビドラマだそうだ。 AIによる犯罪予知を描いたシリーズもので、人間的なAIと冷めた性格のAIが複雑に絡み合っ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
次世代自動車で日本企業が大暴れ、センサー・半導体・電池で世界制覇

今やクルマの世界は未来形として人工知能を積み込み、いつでもどこでも誰とでもつながるコネクテッドカーが嘱望されている。そしてその流れは、人類の夢であった完全自動走行運転にもつながるのだ。またEVや燃料電池に代表されるようなエコカーが主役になってくるのは間違いのないところだ。 こうした状況下で世界制覇を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ドイツ自動車業界、実世界のブロックチェーン利用を促進

私たちは設立者と協力して、ブロックチェーン、人工知能、モノのインターネット、サイバーセキュリティ、モビリティの分野で新しいソリューションを開発したいと考えている。もちろんこの研究所にいる専門家も一緒に」。 ブロックチェーン自動車分野にすでに関わっていた企業もまた、これら大手企業の参入がエコシステムの成長に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
<政協>無人自動車デビューは3~5年後=李彦宏委員

李社長はまた、「4、5年も経てば、一般道でも無人運転自動車が走れるようになるだろう」としたうえで、「人工知能がもたらした革命は産業革命に匹敵するもので、多くの分野でこれまでにない体験をもたらしてくれる」と述べ、この先20年から50年の間、人工知能が中国の経済成長推進の重要なエンジンになるとの考えを示し …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
「世界最高のレベル5システム」へ–Lyft、自動車部品大手Magnaと自動運転提携

Lyftは自社の自動運転技術を全力で推し進めている。 Lyftは米国時間3月14日、北米最大の自動車部品サプライヤーMagnaと提携したことを発表した。この提携の下、両社は自動運転車システムに共同で投資し、開発と製造を進める。両社の目標は、あらゆる自動車メーカーが利用できる自動運転技術を作り出すことだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
とネット、分業模索

自動運転の開発競争で異業種の合従連衡が進んでいる。米グーグル系のウェイモや米ウーバーテクノロジーズなどのネット系企業は自動運転システムの開発に特化し、自動車メーカーが担う車体や駆動部分の開発、整備との「分業」を模索している。自動運転車とシステムを一体で開発しない流れが加速する可能性もある。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転スタートアップ、韓国はなぜ少ないのか(1)

カリフォルニアでは約50社が自動運転車運行許可を受けてテスト中だ。日本や中国を含めると世界ではすでに1000台以上の自動運転車が道路を走っている。このように世界で自動運転車開発競争が激しくなり、関連スタートアップも次々と登場している。こうしたスタートアップとグローバル自動車企業間の投資や買収・提携も …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転スタートアップ、韓国はなぜ少ないのか(2)

部品会社も同じだ。自動車業界の関心と投資が不足している。また、グーグル・Uber・バイドゥ・滴滴出行のように自動運転車技術に関心を向けて熱心に投資するIT大企業が多くない。ネイバー、カカオモビリティなどが本格的に投資を始める段階だ。現代は今年1月、米国自動運転スタートアップのAuroraとの提携を発表した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「現代自、燃料電池車でソウルから平昌まで自動運転 日本経済新聞」など、2018年2月7日     ニュース

ニュース
現代自、燃料電池でソウルから平昌まで自動運転

現代グループは、21年までにスマートシティーでレベル4の自動運転システムを実用化し、30年までには無人自動運転技術の商業化を計画している。また、自動運転車の実用化に向けてV2X技術の研究やインフラ構築も行っており、17年10月には米国のモビリティー研究機関のACM(American Center for Mobility)の最先端 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
GM、自動運転に年1千億円を投資

【ニューオーリンズ=兼松雄一郎】米ゼネラル・モーターズ(GM)は6日、2018年中に自動運転技術の開発に10億ドル(約1090億円)を投じると公表した。従来は年6億ドル程度の投資だったが、今年はペースを上げる。 GMはハンドルもペダルもない量産型の自動運転車を米国で19年に実用化する計画だ。実験中のGMの自動 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
2021年に完全自動運転システムの市場投入へ!NVIDIAとコンチネンタルが自動運転車向けAI車載 …

同提携は、レベル2(部分自動運転)から、車両にハンドルやペダルが搭載されていないレベル5(完全自動運転)機能までの、幅広いAIコンピュータ・システムの … 多機能カメラ、サラウンド・ビュー付き魚眼カメラ、短距離および長距離レーダー・センサー、高解像度3D Lidar技術に加え、支援運転・自動運転向け中央制御装置が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
国土交通省:福岡県みやま市において、自動運転サービスの実証実験を2月17日から開始

国土交通省では、高齢化が進行する中山間地域における人流・物流の確保のため、「道の駅」等を拠点とした自動運転サービスの2020年までの社会実装を目指し、全国13箇所 … みやま市役所山川支所」自動運転実証実験における主な検証項目は、以下のとおり。 … 自動運転としてのシステムは、路連携型技術を用いる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
2台で5G送受信、SKTが自動運転試験

2台で5G送受信、SKTが自動運転試験. 韓国通信大手のSKテレコム(SKT)は5日、韓国国土交通省傘下の韓国交通安全公団と共同で、2台の自動運転車が第5世代(5G)移動通信技術でデータを送受信しながら走るテスト走行に成功したと発表した。 テスト走行は、自動運転車の試験のために京畿道華城市に造成され…
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
と自転車、歩行者の共存を

ですから、例えば主な施策の中には「交通不便地域における新たな生活交通確保」というものがあるので、中心市街地では難しくとも、施策としてそうした地域での実験などはできるのではないかなぁ、と。自動運転自動車の存在は、自転車とどう共存できるのか。自動運転技術レベルや、導入の度合いによっては、専用レーンを …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アウディ、自動運転可能なセダンを4月発売

アウディ、自動運転可能なセダンを4月発売. 中国第一汽車集団(一汽集団)とドイツのフォルクスワーゲン(VW)による合弁、一汽大衆汽車(吉林省長春市)は、アウディブランドから「レベル3(条件付き自動運転)」の自動運転技術を搭載したセダン「A8L」の新型を発売する。計画では4月に販売を開始する予定。6日付…
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ヤフー、顧客企業とビッグデータを活用する新規事業を創出…日産自動車などと実証実験

ヤフーは、顧客企業の持つデータとヤフーのビッグデータ・人工知能(AI)技術を融合して顧客企業の活動を支援する新規事業創出に向けた実証実験を、本格的に … 実証実験に先行して日産自動車、江崎グリコ、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)、神戸市、福岡市といった企業・自治体などそれぞれと実証実験を進めている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
2021年に完全自動運転システムの市場投入へ!NVIDIAとコンチネンタルが自動運転車向けAI車載 …

提携は、レベル2(部分自動運転)から、車両にハンドルやペダルが搭載されていないレベル5(完全自動運転)機能までの、幅広いAIコンピュータ・システムの … NVIDIAは今回の提携とは別に、トヨタ、日産、アウディ、メルセデス、テスラ、バイドゥなどと自動運転向けAIコンピューティング・エコシステムでの連携を発表している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「AIチップを巡って、半導体技術と業界構造が大転換の予感 日経テクノロジーオンライン」など、2018年1月22日     ニュース

ニュース
AIチップを巡って、半導体技術と業界構造が大転換の予感

クラウドサービスのベンダーも、スマートフォンをはじめとする電子機器のメーカーも、そして自動車メーカーまでも、人工知能(AI)関連処理を専門に実行するAIチップの開発に乗り出すようになった。AIの活用によるビジネスイノベーションの創出や仕事の高効率化のアイデアは、既に星の数ほど多く出てきている。ただし、実際に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産が自動車の未来技術を育てる! 5年で最大10億ドルを投資するVCを設立[CES2018]

このファンドは自動車の電動化、自動運転システム、コネクティビィティ、人工知能など、新たなモビリティに焦点を当てている新興企業や、技術起業家が参加するオープンイノベーションのパートナーシップを対象に、初年度は最大2億ドルを投資するというもの。既存の研究・先行開発チームと協力しながら投資を行う分野や市場 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
豪新車販売を拡大、IDOM 3年内に最大手目指す=羽鳥社長

羽鳥社長はまた、自動車業界には、T型フォードの大量生産が始まって以来の大変革が約100年ぶりに起きようとしていると説明。さまざまな企業が自動運転車や電気自動車(EV)、自動車関連の人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)、ライドシェアリングなどに参入する中、羽鳥社長は「車産業はネットだけでは完結しない …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
NVIDIA オートモーティブ事業担当副社長 ロブ・チョンガー氏のオートモーティブワールド招待講演レポート

中国のBaiduとドイツのティア1部品メーカーZFとの提携により、Baiduが中国で展開を予定している自動運転のプラットフォーム“Apollo”にNVIDIAのXavierが採用される予定であること、ドイツの自動車メーカーであるフォルクスワーゲンが、NVIDIAのAIやDRIVE IXを同社の車両に採用する予定であること、また、メルセデス・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車産業、世界中がEVシフト― 主戦場は中国市場、民族系とドイツ企業の動き活発/梅上零史

Kigyoka.com ベンチャー企業のためのメディア
中国第一汽車集団(吉林省長春市)、東風汽車集団(湖北省武漢市)、重慶長安汽車(重慶市)の中国国有大手3社は17年12月、包括的な戦略提携をすると発表した。EVや自動運転などの新技術開発、自動車の製造や部品調達、海外進出などを共同で進める。3社のトップが相互に入れ替わるなど統合に向けて動き出して …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
光で乗り物酔いを防ぐ、米大学が発明。自動運転の移動時間を有効活用

将来の自動運転車の普及に向けて、車内で読書やPC作業をして感じる不快感や酔いを防ぎ、これから増えるであろう(自動運転)車内移動時間の有効活用に … 大学自身が発信するニュースの見出しにもあるように、自動運転の時代に向けた技術ではありますが、特に自動運転車にかぎらず、これまで普通のクルマに同乗した …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
燃料電池の自動運転車向け、GMがプラットフォームを公開…デトロイトモーターショー2018

GMは、米国で開催中のデトロイトモーターショー2018において、水素燃料電池技術による自動運転車両向けプラットフォームを展示した。2017年10月の合衆国陸軍協会ミーティングで初公開されている。 … 自動運転技術を組み込んだ水素燃料電池プラットフォームで、GMは商業用途のほか、軍事利用での活用も見込む。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
レクサスの次世代SUV、自動運転「ショーファーモード」搭載…デトロイトモーターショー2018

さらに、LF-1リミットレスには、最新の自動運転技術を導入。ドライバーが、目的地までの運転操作を車両に任せる「ショーファーモード」を搭載。また、4Dナビゲーションシステムを装備。これは、ナビゲーションに時間の概念を取り入れ、車両や渋滞状況などを考慮し、休憩やレストランの提案、ホテルの予約など行うもの。情報は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産が自動車の未来技術を育てる! 5年で最大10億ドルを投資するVCを設立[CES2018]

このファンドは自動車の電動化、自動運転システム、コネクティビィティ、人工知能など、新たなモビリティに焦点を当てている新興企業や、技術起業家が参加するオープンイノベーションのパートナーシップを対象に、初年度は最大2億ドルを投資するというもの。既存の研究・先行開発チームと協力しながら投資を行う分野や市場 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
の進化9万6000人実感 札幌モーターショー閉幕

4回目の今回は、国内外27社38ブランドの四輪や二輪車など189台を展示。21日は3日間で最多の約4万1千人が来場した。 日産自動車の「リーフ」、ホンダの「アーバンEVコンセプト」などの電気自動車(EV)やスバルの「ヴィジヴ パフォーマンス コンセプト」など自動運転技術の搭載が特に注目を集めた。帯広市の会社 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタのこのクルマがもしわが国に入ってきたら、われわれの生活にどんな変化をもたらすだろうか=中国 …

記事は、今月9−12日に米ラスベガスで行われた世界規模の家電見本市・CESにトヨタが参加し、豊田章男社長自らが「eーパレット」という名前の新しい全自動運転電気自動車を紹介したと伝えた。そして、「eーパレット」には全自動運転車、電動自動車であることに加えて、最新のインターネット設備と技術を搭載しているという …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車産業、世界中がEVシフト― 主戦場は中国市場、民族系とドイツ企業の動き活発/梅上零史

Kigyoka.com ベンチャー企業のためのメディア
世界各国でガソリン廃止が政策として打ち出され、次世代自動車の本命は電気自動車(EV) という流れが出来つつある。 …. EVや自動運転などの新技術開発、自動車の製造や部品調達、海外進出などを共同で進める。3社のトップが相互に入れ替わるなど統合に向けて動き出しており、年間1千万台の生産規模を持つ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アドバネクス Research Memo(5):EVシフトによる事業機会の拡大

金属加工総合メーカーへの挑戦」を掲げ加工技術を積み上げてきたアドバネクス<5998>は、2015年3月にプラスチック事業を行うグループ会社を手放したが、金属プレスと樹脂射出成形を組み合わせて製造するインサートモールドは残した。一方、船橋電子を買収して製造技術を獲得した細物深絞り加工製品は、欧州での需要 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
CANかイーサネットか? 車載ネットワークの最新動向…オートモーティブワールド2018 専門セッション

CASE(Conected・Autonomous・Sheared・Electric)車両は、ネットワーク技術なしには語れない。ここでいう … CANは前述したようにクルマの中に構成された独自の制御ネットワーク。クラウド接続 … このゲートウェイがしっかりできていれば、CAN側はとくに変更や改良を加えずコネクテッドカーや自動運転は実現できそうだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
三ツ星ベルト、真の競争力つけ強い企業体に

EVやPHVの拡大や、自動運転などの技術革新が進み、我々部品業界にとってもターニングポイントにあると言える。EV化、PHV化が進むと、我々の主力製品であるベルトが使われないが少しずつ増えてくる。そのために、当社では電動パーキングブレーキシステム、電動パワーステアリングシステム、スライドドアに使用 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「NVIDIA、ソニー、クアルコム……「自動運転銘柄」を宣言する技術企業たち:CES2018 BUSINESS INSIDER JAPAN」など、2018年1月17日     ニュース

ニュース
NVIDIA、ソニー、クアルコム……「自動運転銘柄」を宣言する技術企業たち:CES2018

テクノロジーショーであるCES 2018の会場では、社会のアメリカということもあり、昨今の自動運転技術の進展を反映して自動車メーカー展示は多い。そんな中でIT企業として …. CESの会場では、自動運転企業のAptivがライドシェアサービスの米Lyftと協業し、会場周辺で試乗できる自動運転車を用意した。Lyftはライバルで …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
独部品のZF、中国・奇瑞と自動運転で提携

【デトロイト=湯沢維久】独部品大手のZFは16日、中国の奇瑞汽車(安徽省)と自動運転技術で提携すると発表した。ZFは既に自動運転ではGPU(画像処理半導体)大手の米エヌビディアや中国インターネット検索最大手の百度(バイドゥ)と提携しており、奇瑞汽車も含めた連携で中国での自動運転車への部品供給を目指す。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ハンドルもペダルもない完全な自動運転車「Cruise AV」–GMが2019年に発売

General Motors(GM)は、ハンドルもペダルも搭載しない自動運転車「Cruise AV」を2019年に市販する計画を発表した。 … このCruise AVは、GMとして第4世代の自動運転車で、量産が可能な初めてのモデルという。 … このCruise AVは、GMが2016年に買収したCruise Automationの技術をベースに開発したという。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
22歳が仕掛ける「アンバンドル」 自動運転、転換迫る

世界2位の自動車市場である米国。1908年発売の「T型フォード」で量産技術を生み出した自動車大国は今、自動運転や環境といった次世代の分野で、フロントランナーの地位を固めようとしている。今月開催の米家電見本市「CES」と北米国際自動車ショーはこうした技術の祭典となり、自動車産業にもたらす構造変化の大き …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマの全てを変える自動運転時代のイメージセンサー。王者ソニーの苦闘と挑戦

それらと車載用はどう違っていたのだろうか? 今回、ソニーで車載向けセンサー事業を統括する、ソニーセミコンダクタソリューションズ・車載事業部統括部長の北山尚一氏に、ロングインタビューする機会を得た。彼らの4年間の苦闘と、ソニーのセンサーを使った自動運転車の未来が、彼の言葉から具体性をもって見えてきた。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AIで100メートル後方の車両も検出、三菱電機が電子ミラーの新技術

一連の処理を軽量にする工夫により、車載用マイコン上で毎秒30回実行できるようになった。 将来、自動運転車が車線変更できるかを判断するために「必須の技術になる」(三嶋部長)と見込む。三菱電機は今後、ミリ波レーダーなどの他のセンサーとの組み合わせにより、悪天候などで見通しが悪い状況でも高精度に検出できる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
長谷の自動運転車実験 走路に磁気マーカー

国土交通省が伊那市長谷の道の駅「南アルプスむら長谷」を拠点に行う自動運転車の実証実験の準備が始まり16日、磁気センサー搭載の実験車両を定められ … この区間は道幅が4・3~4・5メートルと狭いうえに、今までの実験であまり例のない直角カーブが連続する「クランク」があり、高度な制御技術が要求されるという。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
高級ブランド「キャデラック」に先行導入 GM、EVモデルや自動運転車

米ゼネラル・モーターズ(GM)は15日、高級ブランド「キャデラック」に電気自動車(EV)モデルや自動運転といった先端技術を先行導入することを明らかにした。ハイテク製品ラインとしての歴史的役割を再び担うことで、ブランドイメージの向上につなげるとともに、販売増加を目指す。 GMは中国での急成長を踏まえ、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
レクサスの次世代SUV「LF-1 Limitless」、縦横は「LX」並みで高さは「NX」以下

レクサスブランドの次世代デザインの可能性を示し、自動運転技術を搭載するコンセプトカー」(トヨタ自動車)である。 またレクサスブランドは、2025年頃までに、グローバルに展開する全てのモデルを電動専用、電動グレード設定とする計画である。このため、LF-1 Limitlessも、従来のガソリンエンジンやハイブリッドに加え …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
モーリーが期待する〈新EV時代〉の到来〜新型「日産リーフ」特別対談〜

そして、第2世代となる今回の新型日産リーフには、事故を防ぐこととゼロ・エミッションのための技術を詰め込みました。とはいえ、モーリーさんがおっしゃるように、の楽しさ、移動することで生まれる喜びや感動をお客様、特に若者へアピールしていくことも確かに大切。たとえば、自動運転機能を使うことによって、の中で楽しく …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
トヨタ車にアマゾンAI

【デトロイト=兼松雄一郎】トヨタ自動車が15日、北米国際自動車ショーで米アマゾン・ドット・コムの人工知能(AI)「アレクサ」を搭載した新型車を発表した。車の中から音声で家のエアコンを操作できるほか、ネットでの買い物も可能になる。アマゾンはAIスピーカーで高まるシェアを武器に、自動車も含めた経済圏の拡大をはかって …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
独部品のZF、中国・奇瑞と自動運転提携

【デトロイト=湯沢維久】独部品大手のZFは16日、中国の奇瑞汽車(安徽省)と自動運転技術で提携すると発表した。ZFは既に自動運転ではGPU(画像処理半導体)大手の米エヌビディアや中国インターネット検索最大手の百度(バイドゥ)と提携しており、奇瑞汽車も含めた連携で中国での自動運転車への部品供給を目指す。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転に乗り遅れるな 米整備業界、メーカーに布石

米最大の自動車ディーラー、オートネーションのマイク・ジャクソン最高経営責任者(CEO)は16日、自動運転車の整備・管理事業を拡大する方針を明らかにした。米グーグル系ウェイモと自動運転車の整備で提携したのに続き他社との交渉も始めたという。シェアサービスが普及すれば、自動車販売は苦戦を強いられる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車に乗ってわかった運転がうまい、下手な

… 企業から、新型の自動運転車や近日実施する試験運転の計画、それに新しい提携についての多くの発表があった。ラスベガスのコンベンション・センターの向かいにある駐車場では、いくつかの企業がこうしたに乗れるようにしていた。アプリを使ってリフト(Lyft=サンフランシスコに拠点を置く配車サービス会社)の自動運転車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NVIDIA、ソニー、クアルコム……「自動運転銘柄」を宣言する技術企業たち:CES2018

テクノロジーショーであるCES 2018の会場では、社会のアメリカということもあり、昨今の自動運転技術の進展を反映して自動車メーカー展示は多い。そんな中でIT企業として … DRIVE Pegasusに関しては自動運転のスタートアップ企業のAurora、自動車メーカーではフォルクスワーゲン、ヒュンダイと提携。さらにライドシェア …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマの全てを変える自動運転時代のイメージセンサー。王者ソニーの苦闘と挑戦

彼らの4年間の苦闘と、ソニーのセンサーを使った自動運転車の未来が、彼の言葉から具体性をもって見えてきた。 …. 今回の提携先で言えば、ボッシュやデンソーがこれにあたる)と話す中で色々情報交換をし、「なるほど、そういうニーズならば我々のイメージセンサーのこういう部分を伸ばせば、もっともっと安全性に寄与 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
<JQ>アズジェントが反発 出資企業が自動運転保護で提携

(11時25分、4288)5営業日ぶりに反発している。一時、前日比119円(4.4%)高の2844円まで上昇した。16日の取引終了後、出資するイスラエル企業が、ハッカーからコネクテッドカー(つながる)を保護するための戦略を開発するために、アルパイン(東証1部… [有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「CESで自動運転車を初体験 —— とても退屈で、素晴らしい体験だった BUSINESS INSIDER JAPAN」など、2018年1月11日     ニュース

ニュース
CESで自動運転車を初体験 —— とても退屈で、素晴らしい体験だった

1月10日(現地時間)、同僚と私は自動運転タクシーに乗るために、CESの会場であるラスベガス・コンベンション・センター(LVCC)近くの駐車場に向かった。今回の取り組みでは、Aptivが車両自動運転技術を提供、Lyftが実際の運行を担当している。 我々はラスベガスのドライブを楽しんだ。だが今のところ、CESで体験した中 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Uberが自動運転にNVIDIAの技術を採用、開発ペースを加速…CES 2018で発表

Uberは、ボルボ『XC90』SUVの最初のテスト車両で、NVIDIA GPUコンピューティングテクノロジの使用を開始。現在では高性能のNVIDIAプロセッサーを使用して、自動運転/配車車両自動運転の貨物トラックの両方でディープニューラルネットワークを稼働させている。以来、Uber車両の開発ペースは急激に加速しており、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
インテル傘下のMobileye、今後の自動運転プロジェクトの詳細など明らかに

Mobileyeの最高経営責任者(CEO)で最高技術責任者(CTO)のAmnon Shashua氏は、自動運転車の開発における重要分野に関して、センシング、REM(Road Experience Management)、運転ポリシーなどを挙げている。 この方針に従い、Mobileyeの2018年の「マスタープラン」には、レベル4(L4、高度に自律的な運転が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転向け技術をCESで披露、存在感を強調するNXP

NXPは、LG Electronicsおよび、アルゴリズム関連の専門技術を提供するドイツHELLA Aglaiaと、先進運転支援システム(ADAS)や自動運転車向けの技術開発で協業するという。これが、CESにおけるNXPの発表の目玉の1つだ。この協業により、NXPが「S32V」プロセッサをベースとして開発した、ADASおよび自動運転車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転の実験、杉並で開始 住宅街の公道は都内初

住宅街の公道を利用した東京都内初の自動運転車の実証実験が11日、杉並区内で始まった。自動運転技術開発を手がけるアイサンテクノロジーのほか東京大学、測量会社の第一航業(東京・杉並)が杉並区の支援を受けて実施した。区立の井草森公園の周囲の都道・区道約1キロを、ミニバンをベースにした自動運転車が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米運輸当局、トラックや列車の自動運転で新たな政策指針策定へ

道路交通安全局(NHTSA)は自動運転車に対する「不必要な規制の障壁」や安全性の検証と認証の方法に関して意見を求めている。連邦公共交通局や連邦高速道路局も意見を公募している。これらの意見は同省の連邦自動運転車政策の第3版の作成に利用される。チャオ長官によると第3版は今夏に公表される見通し。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車技術のためのディストリビューションAutomotive Grade LinuxをToyotaとAmazonがサポート

AGLはそれに対してさらにセキュリティを厚くし、自動運転車をハッカーにやられないようにしたい。遠隔通信や地図関連の技術も重要だ。とくに地図データは、各社ばらばらでなく、全メーカーが共有できる形式であることがきわめて重要だ。地図の共通化は、AGLがメインの課題として追究している安全性の面でも欠かせない。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転 通行量の多い市街地で実証実験 東京 杉並区

自動運転の実用化に向けて東京 杉並区で、人やの通行量が比較的多い市街地を自動で走行させる実証実験が行われました。 続きを読む. この実証実験は、杉並区や自動運転技術開発に取り組む民間企業、それに東京大学などが共同で行ったものです。 の上部には特殊なセンサーがあって人や障害物を検知できる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アウディが2018年に自動運転「レベル3」のA8を発売予定。日本での発売は?

clicccar.com(クリッカー)
2018年、本国ではいよいよ世界初の自動運転レベル3の製品としてA8がデビューの予定です。すでにドイツでは法整備が整い、あとは国際的な技術基準が整えられ、その技術認証がクリアとなればレベル3自動運転車としてデビューとなるそうです。デビュー時には時速60km以下の自動車専用道路に限って使用できるものとなり …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
OKIグループとアヴネット、自動運転向けのAIボードを開発

OKIグループの設計受託企業であるOKIアイディエスは、技術商社大手のアヴネットと共同でレベル4~5の自動運転車に向けた人工知能(AI)コンピューターボードを開発した(リリース)。2018年2月からアヴネットが国内で販売する。将来的にはアジアにも販路を広げる。ボードは開発・評価用であり、実際のシステム開発をOKI …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ルノー・日産・三菱がベンチャー・キャピタルを設立 バッテリーや自動運転など新たなモビリティに5年間で …

ルノー・日産・三菱の約10億ドルという出資額は、CVCを持つ自動車メーカーとしては最大となる。 BMW iVenturesもGM Venturesも、ベンチャー・キャピタル運営の経歴が長いが、ファンド規模は彼らより小さい(BMWは、iVenturesの次の10年での投資総額を5億ドル以上に増やしている)。トヨタもロボティクスや人工知能の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
CESで自動運転車を初体験 —— とても退屈で、素晴らしい体験だった

1月10日(現地時間)、同僚と私は自動運転タクシーに乗るために、CESの会場であるラスベガス・コンベンション・センター(LVCC)近くの駐車場に向かった。今回の取り組みでは、Aptivが車両自動運転技術を提供、Lyftが実際の運行を担当している。 我々はラスベガスのドライブを楽しんだ。だが今のところ、CESで体験した中 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転向け技術をCESで披露、存在感を強調するNXP

同プラットフォームはBaiduが開発したもので、“ロボットカー向けAndroid”としても知られている。この提携により、NXPの半導体チップがApollo Open Autonomous Driving Platformをサポートできるようになるとしている。 こうしたさまざまな発表内容から、NXPが、「ADASや自動運転車向けオープンプラットフォームの強力な …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、何でも出来る・使えるクルマ「e-Palette Concept」を「CES」に出展

提携する米ウーバーテクノロジーズ、マツダに加え、新たにアマゾン、ピザハット、滴滴を含めた計5社を第1弾パートナーとして、多機能車両を開発する。 また、トヨタが培ってきた安全性の高い車両制御技術を用いて開発した車両制御インターフェースを自動運転キット開発会社に開示する予定だ。自動運転キット開発会社は、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「【新聞ウォッチ】米家電見本市「CES 2018」開幕、次世代技術の競演で際立つ自動車各社 レスポンス」など、2018年1月9日     ニュース

ニュース
【新聞ウォッチ】米家電見本市「CES 2018」開幕、次世代技術の競演で際立つ自動車各社

【新聞ウォッチ】米家電見本市「CES 2018」開幕、次世代技術の競演で際立つ自動車各社 … で火花」というタイトルで、「もともとはテレビなど家電製品が主役だったが、自動運転車や人工知能(AI)の開発競争が加速する中、自動車やIT、半導体業界、ベンチャー企業も入り乱れて次世代技術を競い合う場になりそうだ」と紹介。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米 家電ショーを前に AI搭載家電や自動運転車披露

アメリカのラスベガスで世界最大規模の家電ショーが始まるのを前に、主要メーカーは、AI=人工知能が搭載された家電製品や、自動運転の電気自動車など最 … メーカーの存在感が年々高まり、トヨタ自動車の豊田章男社長は「これが将来の移動手段だ」と述べて、自動運転の電気自動車のコンセプトカーを披露しました。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「2018年の自動車業界は“晴れ”基調」、自工会会長の西川氏

… に大台となる500万台に乗った。 2018年のさらなる市場拡大を目指して、西川氏は「技術革新と事業革新が成長のためのキーワードだ」との考えを述べた。技術革新では、日産をはじめ自動車メーカー各社が取り組む電動化の加速はもちろん、人工知能(AI)の活用によって企画や技術開発のスピードが上がるとの見通しだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NVIDIA、「Xavier」を活用した次世代の自動運転プラットフォームを提供へ

グラフィックスチップ大手のNVIDIAは米国時間1月7日、同社の「Xavier」を利用した次世代の自動運転プラットフォームを発表した。Xavierは、自動車向けの人工知能(AI)に賭ける同社が研究開発に20億ドル(約230億円)を費やしたSoC(System on a Chip)だ。 NVIDIAが「世界で最もパワフルなSoC」と呼ぶXavierは、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NVIDIAが「GTC Japan 2017」で人工知能時代の到来をアピール

NVIDIAでは,このほかにヘルスケアもAIの技術が役立つ分野と位置づけている。フアンCEOは,基調講演の中で日本におけるAI活用の重要な分野として自動車,産業ロボット,建設に加えてヘルスケアを挙げ,その市場規模が700億ドルに上るとした。基調講演の最後に,フアンCEOは,これらの技術によるAI革命が始まったと …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車・輸送機 ニュース

ブルームバーグ)トヨタ自動車はインターネット通販最大手の米アマゾン・ドット・コムやライドシェア大手のウーバー・テクノロジーズなどと提携し、自動運転や … 【米ラスベガス=杉本要】米エヌビディアは7日(日本時間8日)、自動運転向けの人工知能(AI)技術で独フォルクスワーゲン(VW)や米ウーバー・テクノロジーズなどと.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ZF:AIコントロールボックスが百度の自動駐車システムに採用

ZFフリードリヒスハーフェン社(以下ZF)と中国の百度社(バイドゥ:Baidu、以下、百度)は、アメリカで開催される「コンシューマーエレクトリックショー(CES) 2018」に先立ち、無人で自動駐車を可能にする新しいシステムを発表する。両社の戦略的提携による最初の成果であるこのシステムは、ZFがアメリカの半導体 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
主戦場は音声対応=「つながる家電」日韓競う-米見本市

… 【ラスベガス時事】世界最大級の家電・IT見本市「CES」の開幕を前にした8日の記者会見で、日韓の電機メーカーはあらゆる機器がつながるIoT(モノのインターネット)への対応を競った。CESの主戦場は数年前まで薄型テレビだったが、音声対話型人工知能(AI)を住宅・家電や自動車といかに連携させるかに移った。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
トヨタ:自動運転EVで宅配や移動ホテル-アマゾンなどと提携

トヨタはこのサービスの展開にあたり、車両制御のインターフェース(規格)を外部に開示。これによりさまざまな企業が開発した自動運転システムの搭載が可能になるとしている。豊田章男社長は「eパレット」のコンセプトは、これまでのの概念を超えて消費者にサービスを含めた「新たな価値が提供できる未来のモビリティ社会 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
運転手なしでピザ宅配? トヨタがアマゾンなどと提携

これよりも小さめのと大きめのも追加してつくる。 アマゾンやピザハットのほかに、中国でライドシェアを手がける配車大手、滴滴出行(ディディチューシン)や、ほかの分野で提携済みの米配車大手ウーバー・テクノロジーズ、マツダとも協力する。 トヨタ以外の企業が開発した自動運転システムも載せられるようにし、提携の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
元グーグル社員らが創業の自動運転企業Aurora、現代やVWと提携

シリコンバレーで自動運転車の開発を手掛けるスタートアップ「Aurora」がフォルクスワーゲン(VW)と現代自動車と提携する。約1年前の創業 … Auroraを創業したのは、グーグルの自動運転プロジェクトの元責任者であるクリス・アームソン(Chris Urmson)と、テスラのオートパイロット技術の元開発責任者であるスターリング・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
CES 2018:アマゾンやUberと組んだトヨタは、新しい自律走行で「モビリティ企業」に転身できるか

トヨタは今回、UberやUberの中国におけるライヴァルである滴滴出行(ディディチューシン)、マツダ、ピザハット、そしてアマゾンと提携した。Uberと滴滴出行、マツダは技術パートナーである。車両の設計に加わるだけでなく、必要に応じて独自の自動運転プログラムを搭載できる。ピザハットとアマゾンは、顧客からの注文が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ 電気自動車のコンセプトカー発表 米IT企業と連携も

… のを前に、現地で自動運転で走行する電気自動車のコンセプトカーを発表し、商品の配送などのサービスに使うためにアメリカのIT企業などと提携しての開発を進めることを … 技術は急速に進展しており、競争の火ぶたは切られた」と述べて、トヨタとしてこれまでのの概念を超えた取り組みを進める意気込みを示しました。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタが自動運転商用=対話型AIにも関心-米家電見本市

… 【ラスベガス時事】米ネバダ州ラスベガスで9日開幕する世界最大級の家電・IT見本市「CES」を前に、日本の電機・自動車大手が8日、記者会見を開いた。トヨタ自動車は完全な自動運転機能を備えた商用のコンセプトを初公開。話し掛けるだけでさまざまな情報が得られる音声対話型AI(人工知能)を備えた機器も相次いで …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アルガス・サイバー・セキュリティーがコネクテッド/自律走行をサイバー攻撃から守るためルネサスと提携

コネクテッドと自動運転車両を推進する上での重要な要素となり、走行中の全車両をサイバー攻撃から守るという我が社の使命における新たな節目と言えます。コネクテッド車両が増え、自律走行の時代が急速に近づく中、自動車サプライチェーンに属するすべての企業サイバーセキュリティーを最優先事項とし、どのような …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車・輸送機 ニュース

… シェア大手のウーバー・テクノロジーズなどと提携し、自動運転や電動化技術を用いて小売りや外食、配送などさまざまな事業者が活用できる移動車両サービスに取り組むと発表した。 … 【米ラスベガス=杉本要】中国・南京に本拠を構える電気自動車(EV)ブランドの「バイトン」は7日(日本時間8日)、初の試作を発表した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AirbiquityとArityがエッジ分析機能のOTAソフトウエアとデータ管理をコネクテッドカー業界に提供

Arityとの提携は、AirbiquityのOTAmaticによるアップグレード可能なエッジ分析がこの市場機会をいかにスマートに取り込んでいるかを実証している」と述べた。 Arityのゲーリー・ハルグレン社長は「最新航空機は1回の飛行で0.5テラバイトのデータを生成する。コネクテッドな自動運転車も同じで、車両ごともしくは車両間で大量 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタが次世代「電気自動車」 移動型店舗にも活用

トヨタが発表したeパレットは自動運転の技術を活用して人の移動や物流、移動型の店舗など、幅広く利用できる次世代の電気自動車です。インターネット通販のアマゾンなど5社と提携し、を売るだけでなく、安全性や決済などのサービス面での収益の拡大を図ります。2020年の東京オリンピックで実験を行い、2020年代前半 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
NVIDIAのAI技術、Uberが自動運転車に採用へ (1/2)

NVIDIAは「CES 2018」のプレスカンファレンスで、Uber Technologiesの自動運転車に同社のAI(人工知能)技術が採用されると発表した。 … NVIDIAのCEO(最高経営責任者)であるJensen Huang氏は、NVIDIAは、「蓄積してきたGPU技術を基に、急速に成長する市場、例えばゲーム(1000億米ドル)、人工知能(3兆 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、サービス業向け自動走行EV 5社と実証実験

EVのほか、中距離向けにはマツダの技術を生かし「レンジエクステンダー」と呼ばれる発電専用エンジンを積んだプラグインハイブリッド(PHV)の供給も検討する。ウーバーや滴滴はそれぞれ自動運転技術を開発しているが、トヨタはイー・パレットの車両制御のインターフェースを開示し、協業企業がそれぞれの自動運転技術を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米 家電ショーを前に AI搭載家電や自動運転車披露

アメリカのラスベガスで世界最大規模の家電ショーが始まるのを前に、主要メーカーは、AI=人工知能が搭載された家電製品や、自動運転の電気自動車など最先端の技術を取り入れた製品を披露しました。 続きを読む. アメリカのラスベガスでは、国内外のおよそ4000社が出展する世界最大規模の家電ショー「CES」が9日 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
元グーグル社員らが創業の自動運転企業Aurora、現代やVWと提携

シリコンバレーで自動運転車の開発を手掛けるスタートアップ「Aurora」がフォルクスワーゲン(VW)と現代自動車と提携する。約1年前の創業 … Auroraを創業したのは、グーグルの自動運転プロジェクトの元責任者であるクリス・アームソン(Chris Urmson)と、テスラのオートパイロット技術の元開発責任者であるスターリング・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタが自動運転商用=対話型AIにも関心-米家電見本市

… 【ラスベガス時事】米ネバダ州ラスベガスで9日開幕する世界最大級の家電・IT見本市「CES」を前に、日本の電機・自動車大手が8日、記者会見を開いた。トヨタ自動車は完全な自動運転機能を備えた商用のコンセプトを初公開。話し掛けるだけでさまざまな情報が得られる音声対話型AI(人工知能)を備えた機器も相次いで …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
35%が完全自動運転車※1を利用したい完全自動運転車でやってみたいことトップは「睡眠」

完全自動運転車の実用化には、現時点では法律や技術面での多くの課題があります。しかし、実用化によって、交通事故や渋滞といった社会問題の解決に効果が見込まれることから、将来は一般的な移動手段となることが予想されます。誰もが安心して利用できるような法整備や技術向上が進むことを期待したいと思います。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタがサービス向け自動運転EV、Amazonを仲間に

限られた範囲で完全自動運転を実現できる「レベル4」の技術を搭載するという。エレクトロニクス関連の大型展示会「CES 2018」(米国ラスベガス、2018年1月9日~1月12日)の開幕に先立って開いた記者発表会で披露した。 発表会にはトヨタ社長の豊田章男氏が登壇し、e-Palette Conceptの発表を「これまでのクルマの概念 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産がデモ、脳波を使って“思い通りの運転”を支援する技術

自動運転車への適用を想定した技術だが、クルマを人間のコントロール外に置くのではなく、ドライバーが行う次の運転操作を支援することで”思い通りの運転”をサポートすることを目指す。日産自動車によると、完全自動運転車であっても運転の責任はドライバーが負うことを前提にし、運転支援システムに人の脳を融合する技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ソニー、自動車の危険回避を支援する「セーフティコクーン」。イメージセンサー活用

今回のCES 2018では、今後高度な自動運転の実現に向け、ソニーが提案する、イメージセンサー技術による「の眼」の進化を紹介。暗所、逆光などの運転環境下において自動車の周囲360度の状況を検知し、早期からの危険回避行動を支援する技術を疑似体験できるようにする。 さらに、望遠や広角、高速、感度などが求め …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車、次の課題は商用化 CES開幕へ

【ラスベガス】米アプティブのグレン・デボス最高経営責任者(CEO)は1年前、自社で開発したSUV(スポーツタイプ多目的)型の自動運転車に見込み客を乗せ、世界最大の家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」の会場内を行き来していた。複雑な環境でも自動運転を可能にする自社技術の進展を見て …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「渋滞や工事情報も組み込んだ自動運転向け「ダイナミックマップ」–KDDIら3社が実証実験 CNET Japan」など、2017年12月26日     ニュース

ニュース
渋滞や工事情報も組み込んだ自動運転向け「ダイナミックマップ」–KDDIら3社が実証実験

KDDI、ゼンリン、富士通は12月26日、完全自動運転時代の「ダイナミックマップ」生成に必須技術となる大容量データの情報収集と、自動運転車へのマップ配信技術の実証実験を、2018年1月に開始すると発表した。 ダイナミックマップは、自動運転や運転支援システムに必要となる高精度の3次元情報を持つデジタル地図 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
バイドゥ、自動運転技術を盗んだと元幹部を提訴

しかし、自動運転車をどこよりも先に路上で走行させようという競争は熾烈で、中国だけを見ても、バイドゥは滴滴出行(ディディチューシン)などのライバル企業と競争を繰り広げている。(Uberを中国から締め出したことで知られる)ディディチューシンは、「AIに基づくセキュリティとインテリジェントな運転技術」を開発するための研究 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
三菱電機の考える自動運転 準天頂衛星によるセンチメートル級の自位置測定が可能に

三菱電機の予防安全(自動運転)コンセプトは「大切にしたいのは、どんな時でも人を想うこと」。自動運転の機能を実現するだけでなく、クルマとドライバーとの関係性を大事にしたいという思いが見える。これを支える技術コンセプトとして「ドライバーと常に寄り添う」「乗る人すべてに心地よく」「宇宙(そら)からクルマを見守る」の3 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アップルが自動運転技術の「チラ見せ」に追い込まれた理由

アップルの研究者が自動運転自動車用に開発中の機械学習テクノロジーの内容を珍しく少しだけ明らかにした。 12月第2 … 講演内容はアップルが11月にオンラインで公開した論文に関するもので、3次元座標における点群(ポイント・クラウド)情報から歩行者や車両を認識するためにシステムを訓練するというものだ。 ほかに …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマでIntelやQualcommには負けない、ルネサスCEO

まず、我々が車載半導体事業でターゲットにしているのは、メインストリームの量産数が大きいクルマ(以下、量産)ということだ。量産がレベル4とかレベル5と言われている完全自動運転車になるのはかなり先のことで、2030年でもそうはなっていないだろう。1000万円、2000万円もする高級に向けて、自動運転の機能を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転技術搭載!日産エクストレイルが当たる「ザテレビジョン」のお年玉企画

また、日産を象徴する「Vモーション」を拡大採用。ヘッドライトまわり … 装備面では、リアバンパー下に足先を入れて引くだけでバックドアを自動開閉できる、欧州などでも人気の装備「ハンズフリー機能付きリモコンオートバックドア」を採用。 … 先進技術を搭載したエクストレイルをゲットして、2018年を革新的な1年にしよう!
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
燃料電池、2030年には市場が170倍に拡大

ホンダ社長の八郷隆弘氏は「2030年をメドに、車両の販売台数の2/3をHEVやプラグインハイブリッド(PHEV)、電気自動車(EV)、FCVといった電動に置き換えていく」と語っている。その基となるのが、クラリティフューエルセルのPFだ。共通のPFを活用することで、電動の低コスト化や車種展開の加速を狙う(関連記事: …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
大型貨物船の自動運航開発プロジェクト

自動運転技術開発が進んでいるが、実は船でも自動運航を目指す動きが出ている。将来、大型の貨物船を自動で運航させるため、新しい技術を開発するプロジェクトの様子が公開された。 26日に公開されたのは、日本郵船が船舶用の機器メーカーなどと共同で進めている研究プロジェクトで、船の運航の自動化を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アルプス電気「CES 2018」にて自動運転向け入力技術等を紹介

① 車載用静電入力デバイス 未来の自動運転車に向けてアルプス電気が提案するのは、静電方式による入力デバイス。 ジェスチャー/タッチによる運転席周辺の入力操作が可能です。高感度の静電センサと独自アルゴリズム・ASIC設計により、メニュー選択などをタッチパネルに直接触れずに、かつ精度良く入力できるため、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
軽二輪中古販売、2.4%減の1万0254台で3か月ぶりのマイナス 11月

全国軽自動車協会連合会は12月25日、11月の軽二輪車(126~250cc)中古販売台数を発表。前年同月比2.4%減の1万0254台で3か月ぶりの … 減の1825台、スズキは同7.5%減の1595台。輸入などその他は同10.1%減の411台だった。 …. 自動運転実現の一端を担うデンソーテンとは!? センシング技術や情報分析 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動車・輸送機 ニュース

日本電産は2020年までに同社初となる自動車テストコースを国内に新設し、車載部品の開発を加速する。車載事業は20年度に売上高1 … (2017/12/26 05:00). ヴァイナス(大阪市北区、藤川泰彦社長、06・6440・8111)は、人工知能(AI)を活用して車や航空機などに使う流体解析シミュレーションの時間を半減以下にする.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
人工知能の今後の重要キーワードは「相互作用」「理解」「交感」…韓国マーケティング企業が報告

韓国・ヒュンダイ自動車系列のマーケティング企業「INNOCEAN Worldwide(以下、INNOCEAN)」が、「人工知能から感性知能に」というレポートを発表した。分析を担当したのはINNOCEANのビッグデータ分析担当組織「デジタルコマンドセンター」。分析対象は、韓国内のポータルサイト、ブログ、カフェ、SNSコミュニティ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【2017年 産業界10大ニュース】変化の速い「時代」、順応する力重要に

日刊工業新聞社は2017年の10大ニュースを選定した。株価がバブル崩壊後最高値になるなど景気回復基調が鮮明になったことが1位となった。それ以外では人工知能(AI)の普及、電気自動車(EV)へのシフト、働き方改革など社会変革を表すニュースが多かった。一方、素材産業でのデータ改ざんや自動車業界での無資格 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「2018年の日経平均は2万7000円に達する可能性も」大和証券 野間口毅氏

11月上旬から12月下旬の日経平均は2万2000円〜2万3000円のレンジでもみ合う展開が続いた。その直接的な要因は海外投資家の動きが鈍ったことだ。東京証券取引所及び大阪取引所が発表する投資部門別株式売買動向(週間ベース)によると、海外投資家は現物と先物の合計で9月第2週から11月第1週まで日本株を8 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
バイドゥ、自動運転技術を盗んだと元幹部を提訴

バイドゥは、Microsoftをはじめとする50社以上の企業と提携して、2020年までに自動運転車を路上で走行させることを目的とした「Apollo」というプロジェクトに取り組んでいる。同社の最高経営責任者(CEO)を務めるRobin Li氏は、北京の路上で自動運転車を試験したことで罰せられたことを人工知能(AI)に関する自社の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「[FT]自動運転車、雪に挑む 日本経済新聞」など、2017年12月25日     ニュース

ニュース
[FT]自動運転車、雪に挑む

雪と氷が道路を覆い始め、サンタクロースのそりがクリスマスで駆け回るなか、新種の乗り物が雪道での運転を身につけようとしている。自動運転車だ。 北半球のあちこちで冬の初雪がかつてない数の自動運転車に降り積もっているが、開発担当者はほとんどの人間にとっても理解しにくい技術自動運転車に習得させようとして …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転技術をめぐってバイドゥが元幹部を提訴

中国の検索エンジン巨大企業バイドゥ(Baidu)が、無人自動運転車技術を盗んだとして、前上席副社長のジン・ワンを訴えている。ワンはバイドゥの自動運転部門を先導していたが、2017年3月に退職し、ジンチィ(Jingchi:景驰)という自身の無人自動運転会社を立ち上げた。 ジンチィは自律走行の公道での最初の試験 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
パナソニック 自動運転技術開発強化 コネクテッドカー向けセキュリティも注力-デジタルAV技術の活用で

今後は顧客に対しての製法技術の提案や、フィードバックを受け技術開発で返していく」と述べ、開発体制の強化として、OEMと共にデジタル家電技術をコアにして非連続な進化を起こしていくことを目標に掲げた。「コネクティッドカー」「ADAS・自動運転」「電動化」と市場が大きく変化していく中で、同社は車載事業の売り上げ目標 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転はまだ”意地悪”?

技術にしても運用にしても、まだまだ問題は山積みだが、それは法律や社会の準備が整うにつれて解消されそうだ。 自動運転についてはいろいろな話がいろいろなところからきこえてくる。高速道路の運転中に、入り口から流入してくるクルマがいれば、普通は内側の車線によけるなり、それができない場合は少しスピードを落とす …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
歩行者や標識、運転影響をAIで解析 AZAPA

自動車の技術開発を支援するAZAPA(アザパ、名古屋市)は、ドライバーが感じる刺激と運転行動の関係性を解析する計測システムを開発した。カメラや車両などから取得した運転時のデータを人工知能(AI)を使って解析、定量化して示す。人の運転行動を予測しやすくなり、高度運転支援システム(ADAS)や自動運転技術の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
未来のクルマが続々登場!まもなく開催のCES 2018をチェック

まもなくラスベガスで開催されるCES 2018(米国時間2018年1月9日~12日)とともに、自動車の未来がやってくる。例年通り、自動車メーカーや機器サプライヤが最新のイノベーションを披露し、その多くはこれから数年間に量産される自動車に搭載される見通しだ。 自動車分野の次なるイノベーションと目されている自動運転車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
コネクテッドカー時代、自動車メーカーはセキュリティツールの準備を – Palo Alto Networks

このような接続により、で利用できるインフォテイメント機能(「Apple CarPlay」「Android Auto」など)も変わりつつあり、自動運転技術の進化に一役かっている。これらの最新技術を支えるひとつの核がクラウドベースの技術になるが、人命にも関わりかねない自動車。悪用されると恐ろしいことになるのは言うまでもない。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
高速道路の安全性・信頼性の向上を図るための基本方針…新東名はトラック隊列走行のため6車線運用

運転支援に資する新技術の早期実用化、路連携による車両の自動制御など自動運転技術の活用を検討する。 歩行者・自転車の進入対策では誤進入者の行動特性を踏まえた対策を実施する。自動運転の実現に向けた取り組みでは、新東名でのトラック隊列走行を可能とする6車線で運用する。交通安全施設の整備では、新 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アリババグループとBMWがIoTで提携 「自動販売機」も投入へ

BMWはAlibaba CloudのIoTビジネスユニットと協力して、同社の車載用インフォテイメントシステムを中国の生活に向けて導入していく。 「BMWグループは、新しい戦略の中心的な柱の1つとして、伝統的な高級自動車メーカー・サービスプロバイダーからテクノロジーカンパニーへのシフトを目指すべく、自動運転、デジタルへ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NXP SemiconductorsとBaiduが自動運転で提携

「Apollo」はBaiduが2017年4月に発表したオープン自動運転プラットフォームで、自動運転車の主要な特長や機能をサポートする包括的かつセキュアなソリューションだ。 Baiduは「Apollo」を自動運転業界のAndroidだとしており、今回の提携に至ったという。「Apollo」には現在、70以上のグローバル・パートナーが参加している …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動車・輸送機 ニュース

アルパインは2018年度内に車載機器生産の検査工程に人工知能(AI)を導入する。米IBMのAI「ワトソン」を活用した検査 … 横浜ゴムが自動車や工業用のホース、シーリング材など主力のタイヤ以外のゴム製品を取り扱う「MB事業」に力を入れている。2020年に16年比78・4%増の売上高20… 続きを読む · 日本ガイシ、米 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車による食品の移動販売に関する取扱いについて通知されました。(2017.11.6)

食とAI製造編~人工知能導入によるフードディフェンスの未来。食品. AIで変わる食ビジネス: 食とAI製造編~人工知能導入によるフードディフェンスの未来。食品の安心・安全をいかに守るか · ロードサイドは郊外の銀座。一見不利な国道沿いの居酒屋で集客する. 経営者インタビュー: ロードサイドは郊外の銀座。一見不利な …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
アリババグループとBMWがIoTで提携自動販売機」も投入へ

BMWはAlibaba CloudのIoTビジネスユニットと協力して、同社の車載用インフォテイメントシステムを中国の生活に向けて導入していく。 「BMWグループは、新しい戦略の中心的な柱の1つとして、伝統的な高級自動車メーカー・サービスプロバイダーからテクノロジーカンパニーへのシフトを目指すべく、自動運転、デジタルへ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NXP SemiconductorsとBaiduが自動運転提携

「Apollo」はBaiduが2017年4月に発表したオープン自動運転プラットフォームで、自動運転車の主要な特長や機能をサポートする包括的かつセキュアなソリューションだ。 Baiduは「Apollo」を自動運転業界のAndroidだとしており、今回の提携に至ったという。「Apollo」には現在、70以上のグローバル・パートナーが参加している …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「現代自、対話型音声認識 米社と開発 19年新車にAIスピーカー 日本経済新聞」など、2017年12月22日     ニュース

ニュース
現代自、対話型音声認識 米社と開発 19年新車にAIスピーカー

【ソウル=山田健一】韓国・現代自動車は21日、人工知能(AI)を使った対話型の音声認識機能を2019年から新車に搭載すると発表した。三菱自動車もクルマのエアコンなどを操作する技術を18年から導入する。トヨタ自動車を含む自動車各社はネットに常時接続する「つながるクルマ(コネクテッドカー)」の商用化を急いで …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ウェイモ、自動運転車に保険を適用 来年にはサービス開始へ

自動運転技術の商業化を目指すウェイモにとって、今回のTrovとの提携は最新のニュースだ。11月には、米国最大の自動車ディーラー「AutoNation」と車両の保守サービスで提携し、レンタカー大手の「エイビス(Avis)」とも、フェニックス地域における車両の保守・管理でパートナーシップを締結した。また、複数の団体と共同で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
パナソニック、創業100年で“脱家電” 自動車関連に社運 トヨタ、テスラと提携強化

来年3月に創業100周年を迎えるパナソニックは「脱家電」にかじを切り、市場拡大が見込まれる電気自動車(EV)向けなどの車載用電池や自動運転といった自動車関連事業に社運をかけている。2021年度までに関連売上高を現在の約2倍の2兆5000億円に引き上げる方針。中でも世界シェア首位の車載用電池でさらなる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ウェイモ、自動運転車に保険を適用 来年にはサービス開始へ

ウェイモは、グーグルが長年に渡って研究開発を進めてきた自動運転技術を商業化する目的で2016年に設立された。同社は、フェニックスでクライスラーのミニバン「パシフィカ」にセンサーやソフトを搭載して実験を繰り返してきたが、商用の配車サービスを開始することを11月に発表していた。配備される車両の台数や対象と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転の「目」を作るエンジニア社長

今日、ベロダインは高度なライダー機器のトップサプライヤーだ。同社のセンサーは自動運転車の製造や試験を行うほとんどすべての自動車メーカーとIT企業に販売されている。大口の顧客にはGM、フォード、ウーバー、中国の百度(バイドゥ)などが名を連ねる。キャタピラーも巨大な無人の鉱山用トラックにベロダインの技術を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
フィンランドの研究車両「Martti」が雪道での完全自動運転に成功!

フィンランド技術研究センター(VTT)は、雪道で完全自動運転を走らせることに成功した。 最高速度は時速40キロ。 … 運転技術の向上の一環。VTTは今後、レーダーの解像度を高めたりセンサー能力をモニターするソフトウェアの高度化を図ったりしながら、さまざまな環境下で自動運転走行する技術の確立を目指すという。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
オン・セミコンダクター、完全自動運転とコネクトカー向け新技術をCES 2018で公開予定…

これは、の正面、周囲、背面の画像、ドライバー監視など、さまざまな先進運転支援システム (ADAS)アプリケーションに必要な最新のイメージセンサー。同社のイメージセンサーは、解像度、明瞭度、低照度や照度が混在した状態、レベル3以上の自動運転に必要な堅牢性に関して、現在や将来の性能要件を満たしている …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
埼工大が深谷市の公道で自動運転実証実験を開始!私大では唯一のSIP参加

埼工大では、チームを発足し自動運転研究をはじめて3年目になる。まさに「自動運転自動車」は最先端の技術であり、今もっとも注目されている研究の一つ。AIをはじめ、幅広い分野でプロジェクトに関わることができるため興味のある学生も多い。現状では情報処理系の4年生が7人、3年生が5人、博士課程が1人 博士研究員( …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転バスが都心部を初走行

同バスは定員15人で、ハンドル、運転席はなく、あらかじめ設定されたルートを自律走行する。GPS(全地球測位システム)での地図上の位置を、レーザースキャナーで周囲の障害物などを検知する。今回は、高層ビルに囲まれた場所のため、GPSは使用していない。ソフトバンクは、自動運転技術の事業化に向け、様々な …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ダイハツ「DNGAの開発で先進技術の導入加速」東京モーターショー2017

冒頭、奥平総一郎社長は「創業以来、小さなクルマづくりにこだわってきた。今後も軽自動車を核としたダイハツならではのクルマづくりをDNGAで実現していきたい。DNGAの開発にはEVや自動運転などの先進技術も含まれる。例えばダイハツが軽自動やで初めて実現した衝突回避システムであるスマートアシストのように、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
新型「リーフ」はEVではない!?

リーフ」は、自動運転レベル2にあたる高速道路場での同一車線自動運転技術「プロパイロット」に加え、ボタンを押すだけで、ハンドルやシフト操作をすることなく駐車できる「プロパイロット … 「EVは手の届かない未来のクルマではなくて、もう、現実として、みなさんの手の届くクルマなんだということを、表現したんですね。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
パイオニア、世界最大のコンシューマー・エレクトロニクス見本市「CES 2018」に出展

室空間における『総合インフォテインメント』のリーディングカンパニーを目指すPioneer Electronics (USA) Inc.のブースでは、自動運転社会に向けて開発を進めているさまざまな先進技術や、クルマのコネクテッド化を実現する最新のカーエレクトロニクス製品が展示される予定。 【主な出展内容】 1) コンセプト・コックピット( …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ロボットが荷物を配達、実用化向け実証実験

日本郵便は21日、ロボットで荷物を配達する実証実験を福島県南相馬市原町区桜井町の市スポーツセンターで行った。 配送ロボットは、自動運転技術を研究する「ZMP」(東京都文京区)が開発。荷物を入れる箱が両側に計6か所あり、最大で重さ100キロまで運ぶことができる。障害物を感知するレーザーセンサーやカメラ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「[FT]中国、スパイ活動警戒で外国製自動運転車を規制へ 日本経済新聞」など、2017年12月15日     ニュース

ニュース
[FT]中国、スパイ活動警戒で外国製自動運転車を規制へ

外国製の自動運転車はスパイ活動に利用される恐れがあるとの懸念から、世界最大の自動車市場である中国の規制当局が純国産技術を優先する可能性が浮上している。 外国の自動車メーカーは、中国での自動運転技術の推進に制限を受けているという。中国政府は国家安全保障上の問題を理由に、高解像度カメラや全 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転の歴史は、砂漠でのレースから始まった 国防総省のチャレンジから興った新産業の舞台裏

彼らは2007年11月3日、ロサンゼルス郊外の閉鎖された空軍基地で、動き回るロボットたちをじっと見ていた。ロボットは交差点を行き交い、の走る間に入り込み、駐車スペースを見つけたりしていた。これらのロボットたちは、米国防総省傘下の国防高等研究計画局(DARPA)の主催する自律走行レース「アーバンチャレンジ」 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
国交省と経産省が“国内初”、車両内無人で公道を自動走行

開発車両は、自動運転レベル4相当の機能を持つ。今回の走行試験では運転者が遠隔で車両を監視して、危険と判断した場合には車両を止める。車両運転に係る義務は遠隔操作者にあるため、自動運転レベル2に該当する。国土交通省自動車局技術政策課の担当者によれば「保安要員が電動自転車などで車両を追いかけて …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
次世代ずらり、未来変える? 福岡モーターショー開幕

今回のテーマは「クルマと変えよう暮らしの未来」で、電気自動車(EV)や水素で走る燃料電池(FCV)、人工知能(AI)を活用した自動運転の試作が並んだ。 福岡市博多区の自動車整備士の津曲(つまがり)龍さん(36)は息子の将英君(5)と初めて訪れた。「EVや自動運転など最新の技術をみたいと思ってきました」。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルネサス 自動運転のセンサー、仏社と開発へ

ライダーはレーザー光を用いての周辺を広範囲にセンシングする技術。目に見えないレーザー光を放射状に発光させて反射光などを測定し、遠距離にある障害物までの距離を測定する。や歩行者のほか、障害物の性質も把握できる。 ルネサスは「R―Car(アールカー)」ブランドで周辺認知から判断、駆動という自動運転に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【可愛い】ハンドルもアクセルもない自動運転AIモビリティ「Milee(マイリー)」の展示を見に行ってきた

会場にはNVIDIAが開発中の自動運転車「BB8」も展示。迫力満点。しかし、写真のように人気は可愛い「Milee」に集中していた. 可愛い外観は、株式会社カブクとの連携で実現した。カブクは全世界に300以上構築している工場ネットワークを活用し、産業用3Dプリントや切削、射出成形など多種多様な工法や素材を組み合わせ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
オムロン子会社、顔認識技術運転者の状態を監視

危険な運転が検出されると、センターから事業者の管理者向けに自動的にメールで通知する機能も備える。また、事業者はセンターに集めたデータを分析して、危険な運転が多い従業員に対して安全運転の指導ができる。車両には内外を撮影するドライブレコーダーも設置してあるため、必要に応じて危険運転時の映像を確認 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマが売れない時代のビジネス基盤 トヨタのコネクテッドカー戦略

一方、外の世界とつながるコネクテッドカーは、継続的なサービスや周辺事業の可能性を広げ、将来の自動運転技術などのベースにもなる。山本氏は、「パワートレインはEV(Electric Vehicle)やFCV(Fuel Cell Vehicle)に変わり、自動運転も導入されるが、基盤になるのはコネクテッド技術自動運転クルマが自律化しても …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【材料】パイオニアは3日ぶり反発、米エヌビディアと自動運転車開発プラットフォームへの対応で協業へ

【材料】パイオニアは3日ぶり反発、米エヌビディアと自動運転車開発プラットフォームへの対応で協業へ … 改めて自動運転関連として関心が高まっているようだ。 … 軽量・低コストな3D-LiDARの開発を進めており、今年9月から国内外の自動車メーカーやICT(情報通信技術)関連企業などにサンプル供給を開始している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
検索の百度、自動運転技術の開発にアクセル

インターネット検索中国最大手の百度(バイドゥ)が自動運転技術の開発を加速する。国家プロジェクトの認定をこのほど取得し、提携する国内自動車大手と組んで2018年に商用で実証試験し、19年からは乗用車にも広げる。ネット銀行、人工知能(AI)スピーカーにも参入するなど多角化を進めて検索依存から脱却し、騰訊 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
福岡でモーターショー開幕 2年ぶり、AI搭載EV試作車など新技術展示 ルノー、ボルボも

九州最大の自動車展示会「福岡モーターショー2017」が15日、2年ぶりに福岡市で開幕した。18日まで。トヨタ自動車をはじめとした国内外のメーカーが参加し、人工知能(AI)といった最新技術を搭載した試作車のほか、新型車やバイクを含めて計200台以上を出展。試作車の一部は実際に乗り込むことができるなど、来場者 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
サムスン電子、米向けOS開発社と提携

サムスン電子は、米国の向けOS(基本ソフト)開発会社のレノボ(Renovo、中国のIT業者レノボとは別会社)と提携し、自動運転車の開発を加速させる。 米シリコンバレーに本拠を置くサムスン電子戦略革新センター(SSIC)が、レノボが開発したOS「AWare」を… 関連国・地域: 韓国/米国. 関連業種: 自動車・二輪車/IT・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【報ステ】『AIの目』…自動運転のカギ握る半導体

東京都内で14日、自動運転の実証実験が行われた。公道を無人の … 自動運転のカギを握るのは、大量の画像データを高速で処理できる半導体で、『AIの目』とも言われている。AIがや … トヨタやアウディなど自動車メーカーが相次いでエヌビディアとの提携に踏み切り、その時価総額は12兆円を超えている。ジェンスン・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
検索の百度、自動運転技術の開発にアクセル

インターネット検索中国最大手の百度(バイドゥ)が自動運転技術の開発を加速する。国家プロジェクトの認定をこのほど取得し、提携する国内自動車大手と組んで2018年に商用で実証試験し、19年からは乗用車にも広げる。ネット銀行、人工知能(AI)スピーカーにも参入するなど多角化を進めて検索依存から脱却し、騰訊 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「日産とDeNA、一般參加できる自動運転タクシー実験を2018年3月に実施。事前登録受付中 Engadget 日本版」など、2017年12月6日     ニュース

ニュース
日産とDeNA、一般參加できる自動運転タクシー実験を2018年3月に実施。事前登録受付中

日産自動車とDeNAが、自動運転車両を利用した配車サービスの実証試験を、2018年3月5~18日の期間限定で実施すると発表しました。試験を実施する区域は横浜市みなとみらい … 自動運転技術を使うこの実証試験にわれわれ一般人が参加するには、まず事前登録が必要です。受付はすでに始まっており、2018年1月15 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
運転手いない遠隔型自動運転、14日初の公道実験

愛知県は、運転席にドライバーが乗らない自動運転の実証実験を14日に同県幸田町で行う方針を決めた。警察庁によると、公道で遠隔制御の自動運転車を走らせるのは全国初という。県は、自動運転技術の実用化に向けた一歩とする考えだ。 実験は、3次元地図の作製に強いアイサンテクノロジー(名古屋市)、名古屋大学発 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
“地域限定”群馬大で研究進む 路線バスや駐車場、生活圏内のニーズに対応 /群馬

今月2日、前橋市荒牧町の群馬大で開かれた、自動運転技術に関するシンポジウム。群馬大の … 自動運転の研究は、大学や自動車メーカー、IT企業などが取り組んでいる。小木津氏によると、自動車メーカーが進めているのは主に、前橋や東京、北海道など全国のどこでも機能する自動運転技術の研究。しかし、地域 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【インタビュー】“空気を読む”AIを目指す…ホンダ AI研究開発グループ 安井裕司氏

自動運転の実現に向けたAI技術を読み解くため、業界のキーパーソンに各社の取り組みについて話を聞いた。第1回目となる今回は、本田技術研究所 四輪R&Dセンター 統合制御開発室 ADブロック 自動運転用AI研究開発グループ グループリーダの安井裕司氏。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米・GMが小型EVによる「完全自動運転」タクシーサービスをニューヨーク市内で実証へ

clicccar.com(クリッカー)
米GMが2019年をめどに、米国の複数の都市で同社製の無人自動運転車を使ったタクシーサービスを開始するそうです。 … 一方、米アリゾナ州フェニックスではGoogle系の「ウェイモ(Waymo)」が同様のサービスを既にスタートさせていますが、GMとしては技術的難易度や需要度がより高い大都市でのサービスを目指してい …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「匠の技」頼みの日本自動車メーカーの危機—— VRでの新車開発でドイツに完敗

シーン」とは映画の場面と同じ意味で、開発段階でクルマのソフトウエアにあらゆるシーンを覚え込ませて、判断できるようにするのだ。 これが完全自動運転のレベルになると、億単位のシーンを想定しなければならなくなる。とても実車を使った開発は到底無理だ。もし、VRを使わなければ技術完成までに100万年かかるといった …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
オン・セミコンダクター、車両の電動化などに向けた事業戦略記者説明会

オン・セミコンダクターは12月5日、自動車向けソリューションを中心とした同社の事業戦略についての説明会を開催した。 同社は半導体技術を使いながら、自動車の電装化や自動運転、ロボット化する産業機器、IoTを牽引する通信などの分野に注力してビジネスを展開している企業。 説明会にはオン・セミコンダクター …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【高論卓説】欧米で過熱化する「自動車2.0」 (1/2ページ)

11月末の米サンフランシスコには、ゼネラル・モーターズ(GM)の「インベスターズ・ディ」に世界の投資家が集結した。同社の成長戦略の要である自動運転技術のお披露目やビジネスモデルの発表に加え、買収した自動運転のソフトウエア開発会社クルーズ・オートメーションが手掛けるレベル4(高度自動運転)の自動運転車の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アウディ、AI導入のカメラ開発—レベル3自動運転でも人工知能は必須

アウディが今回発表した単眼カメラは、車両の周囲の状況を正確に把握することを可能にする技術。このカメラは、車両前方約120度の範囲を対象に、解像度1.3メガピクセルの画像を1秒間に15枚撮影する。この画像 … 新型アウディ『A8』が搭載するレベル3の自動運転でも、人工知能が必須のテクノロジーになる、としている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
フォード、中国で50車種投入 25年までに

電気自動車(EV)かハイブリッド(HV)で15車種以上、多目的スポーツ(SUV)で8車種を発売する。19年末までに中国で販売する全ての新車に通信機能を … 中国ネット大手、百度とは自動運転技術を開発しているほか、中国の中堅自動車メーカー、衆泰汽車(浙江省)とはEV合弁を設立し、新工場を建設する計画もある。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
アウディ、AI導入のカメラ開発—レベル3自動運転でも人工知能は必須

アウディ、AI導入のカメラ開発—レベル3自動運転でも人工知能は必須 … アウディは12月4日、米国カリフォルニア州で開幕したNIPS(神経情報処理システム)カンファレンスにおいて、人工知能(AI)を用いて極めて精密な3D環境モデルを構築 … アウディは前回の2016年、自動車メーカーとして初めて、NIPSに参加している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
GM、電子商取引に参入 車載画面で注文、予約

車でのECを巡っては米IT大手アマゾン・コムが来年から米欧で、ドイツ自動車大手BMWに音声を使った人工知能サービスを提供する予定で、自動車メーカーとIT企業が連携したサービスが広がりそうだ。 ロイター通信によると、EC開発に当たり米IT大手IBMと協力。利用者に手数料や通信費はかからず、ECに参加する業者 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【トップ近況】日本損害保険協会・原典之会長、自動車保険に大きな変化予想「環境整備を一層加速していく」

日本損害保険協会の原典之会長(62)は「今まで以上にフォワードルッキング(先読み)な視点で環境変化に対応することが必要だ」と語る。協会創立100周年を迎え、さらなる業界の発展を目指す。 人工知能(AI)やビッグデータ、自動運転車といった技術の進歩で主力の自動車保険などに大きな変化が予想される。各社が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「インテルとワーナー・ブラザースが提携–自動運転車内でのエンタメ提供に向け CNET Japan」など、2017年11月30日     ニュース

ニュース
インテルとワーナー・ブラザースが提携–自動運転車内でのエンタメ提供に向け

Intelの傾向として、同社は画像認識や運転の判断といった開発に伴う初期問題の枠を超えて、人々が自動運転車をどのように扱うかも見据えている。同社は2017年に入ってフォーカスグループ調査を実施し、一般の人々がロボタクシーへの乗車にどのような反応を示すのかを調べた。 Intelは自社の自動運転車技術の開発 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
林先生が思う“新時代のクルマ”は、「人と人のつながりまで変えてくれる可能性を持っているクルマ

を取り巻く現状と世界の潮流を学んだ上で、3時間目では「自動運転技術」と「電気自動車」の両方の機能を兼ね備えたクルマとして発売されたばかりの新型「日産リーフ」に触れました。藤島さんは、新型「日産リーフ」は航続距離が400kmに伸びたことに加え、自動運転技術などが搭載され、新時代のクルマであると紹介しま …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
2020年までにドライバーは不要になる?日産の最新の自動運転技術は右左折も可能

今後ますます一般的になっていくことが予想されている自動運転技術。人がハンドル … 日産の取り組んでいる自動運転技術「プロパイロット」は、まさにそんな未来に向けて着々と進化を遂げているようだ。 … また、私たちドライバーがどこまで自動運転車を受け入れられるかという心理上の課題もまだあるのではないだろうか。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
豊田通商、東芝と車載ソフト新会社、自動運転など対応

豊田通商は東芝と車載ソフトを開発する新会社を12月に設立する。自動運転をはじめとした次世代技術の開発が加速するなか、の電子制御に使うソフトの需要は伸びている。両社の技術やノウハウを生かし、自動運転車で使う画像を認識するソフトや、電気自動車(EV)で電池の劣化を予測するソフトなどの開発に取り組む。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
パイオニアの自動運転用センサー、名大発ソフトに対応

オートウエアは名古屋大学や産業技術総合研究所などが共同開発したオープンソースのソフト。既存の車両やセンサーなどと組み合わせて自動運転システムを構築できるため、自動車メーカーなど多くの企業や研究機関が利用している。パイオニアは2020年以降にライダーを量産する計画。実験段階から関与して自動運転車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
市街地に繰り出す自動運転車、GMとベンチャーが競争

【サンフランシスコ】自動運転技術を活用した「ロボットタクシー」の商用化を競い、米国の自動車最大手と新興企業が当地の公道に繰り出した。両社は起伏に富むサンフランシスコでの取り組みがグーグルの親会社アルファベットに追いつく上で役立つと考えている。 ゼネラル・モーターズ(GM)は28日、自律走行する「シボレー・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
中国で自動運転車の発展が加速、2018年に量産へ

7月に中国・天津市で開催された「世界智能大会」で展示された百度の自動操縦(2017年7月1日撮影、資料写真)。(c)CNS/李 … 百度の李彦宏(Robin Li)CEOは「我々が7月に無人運転技術プラットフォームのアポロ計画を開設してから現在まで、既に6000人の開発エンジニアが投票して同計画への支持を表明している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
電動化&自動運転に向けたサプライヤーの技術を体感【Vision Zero Days Japan】

また、バイワイヤが失陥したとき、普通のブレーキだと倍力装置が作動せず、目いっぱい踏んでも制動力不足になりますが、このシステムだと普段と同じように利きます。応答性の良さは自動運転にも有用で、システムの判断から実際の作動までのタイムラグはほとんどありません。次世代用のシャシー技術としては、こういう …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
事故も再現、自動運転向けシミューレーターをトヨタらが無償公開

自動運転車は世界中の輸送システムに革命をもたらそうとしている。その誇大広告を信じるのならば、完全な自律型移動手段がもうすぐ一般道を席巻することになるはずだ。 しかし、現実はそれほど単純な話ではない。最新鋭の自動運転技術でも、極端に限定的な環境・気象条件下でしかうまく走れないのだ。そして、今後数 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
2030年、私たちはどのようなクルマに乗っているのか

この「感情エンジン」はソフトバンクグループ傘下のcocoro SBが開発したAI技術ですが、ホンダに限らず、各社ともIT企業や、半導体業界との連携を進めています。 これは見方を変えれば、未来のクルマは、いまの自動車会社だけでは手に負えないほどの機能が求められているということです。人工知能を駆使した自動運転技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
2030年、私たちはどのようなクルマに乗っているのか

いま、自動車産業では100年に一度の大きなパラダイムシフトが進んでいる。 … もうEVであることは当然で、それに人工知能を駆使した自動運転という要素が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
インテルとワーナー・ブラザースが提携自動運転車内でのエンタメ提供に向け

自動運転車に乗る未来の人々は、どんな時間を車内で過ごすのだろうか。映画「ジャスティス・リーグ」を見たりするのだろうか。Intelの最高経営責任者(CEO)のBrian Krzanich氏は米国時間11月29日、「Los Angeles Auto Show」での基調講演で Warner Bros. Entertainmentとの提携を発表し、冒頭の質問を提起した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
広汽集団、デンソーと戦略提携覚書

広州市に拠点を置く自動車大手の広州汽車集団(広汽集団)は29日、デンソー(愛知県刈谷市)と戦略提携覚書を28日に交わしたと発表した。これまで協力関係にあったガソリンの部品に加えて、エコカー部品や自動運転… 関連国・地域: 中国-広東/日本. 関連業種: 自動車・二輪車/IT・通信/製造一般. この記事は該当 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「ボルボ 数万台規模の自動運転対応車をウーバーに販売することに合意 ニコニコニュース」など、2017年11月26日     ニュース

ニュース
ボルボ 数万台規模の自動運転対応をウーバーに販売することに合意

このベース車両には、ウーバーが独自の自動運転テクノロジーを追加する際に必要なさまざまな安全技術、システムの多重化技術、および中核技術が組み込まれている。 「ボルボとのパートナーシップの拡大に対して非常に興奮しています。今回の新たな合意は、自動運転車両の大量生産への道を開くことになります」と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
官民一体で「自動運転」開発の中国がグーグルを超える日

しかし、様々な問題があるにせよ、自動運転分野での中国の成長は確実だというのがアナリストらの見方だ。「中国政府は他の国に比べ、強力な意思決定力と実行力がある」と上海交通大学のYang Ming教授は述べる。「国内で築き上げたテクノロジーと政府の支援により、中国の自動運転の実用化が進むことは確実だ」とMing …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ボルボ 数万台規模の自動運転対応をウーバーに販売することに合意

2017年11月21日、ボルボ・カーズは、アメリカのライドシェアサービス企業のウーバー(Uber)テクノロジーズへ、2019年から2021年までに数万台の自動運転対応のベース車両を … 今回の新たな合意は、自動運転車両の大量生産への道を開くことになります」とウーバー自動車提携部門トップのジェフ・ミラー氏は語っている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
官民一体で「自動運転」開発の中国がグーグルを超える日

ここから予測できるのは、中国では2025年までに自動運転機能を持つ車両や関連サービスの市場が1140億ドル(約13兆円)規模に成長することだ。調査企業86 Researchはバイドゥが、自動運転関連 … 提携パートナーにはダイムラーやエヌビディアらも含まれている。バイドゥは自社の技術を提供する見返りに、企業から走行 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「アップルの研究者、自動運転の新しい物体検知技術をネットで公開 ロイター」など、2017年11月22日     ニュース

ニュース
アップルの研究者、自動運転の新しい物体検知技術をネットで公開

自動運転車は周囲を認識する際、通常の二次元カメラと、光により奥行きを検知するセンサー技術「LiDAR(ライダー)」(光による検知と測距、Light Detection and Rangingの略)とを組み合わせて利用していることが多い。これらの機能が奥行きに関する情報を供給する際、解像度が低いと、リアルタイムでつながっている通常 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
誰も「自動運転」を正確に定義できない 自動運転機能の多様化が生む混乱

独立系シンクタンクEno Center for Transportationの政策アナリストであるグレッグ・ロジャースは、「日常的には『自動化されたクルマ』『自動運転車』『自律走行』 …. ライマーは「運転の自動化には、技術が人間をサポートできるようにどうやってそれを開発していくかという、エンジニアリングというよりはむしろ行動学的な側面が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
12月に都内初、公道で自動運転車実証実験 公共交通充実の杉並区なぜ協力?

昨今、自動車産業に新たな技術革新の波が押し寄せています。特に、高齢化・人口減少時代を迎えて注目されているのが自動運転技術です。 高齢者になると、どうしても判断能力や反射神経が衰えてしまうため、不慮の交通事故を起こしやすくなります。そのため、免許を自主返納する高齢者もいます。そうした動きが広まる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Volvo、Uberに自動運転用のベース車両を数万台規模で供給

Uber社は供給されたベース車両に独自の自動運転システムを組み込む。ベース車両は、この自動運転システムを追加するために必要なコア技術と、安全性や冗長性を備えている。 Volvo社は、Uber社の自動運転車とは別に、同じベース車両を用いて独自の自動運転システムの開発を進めている。この自動運転車は、2021年 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日中経済協会 中国政府幹部と次世代自動車めぐり意見交換

中国を訪れている日本の経済界の訪問団は22日、中国政府の幹部と会談し、世界の自動車メーカーが次世代のとして開発を進めている自動運転車技術 … この中では、自動ブレーキなど交通事故の防止も期待される自動運転技術や、インターネットと接続するコネクテッドカーなど、次世代の自動車をめぐって意見が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
積雪時の自動運転は電磁誘導線や磁石を読み取れるか—実証実験へ

国土交通省は、道の駅「かみこあに」(秋田県北秋田郡上小阿仁村)で、路面積雪時の電磁誘導線や磁石の読み取り性能を検証する自動運転サービスの実証実験を12月3日から開始すると発表した … 今回の実験では、路面積雪時の走行における埋設された電磁誘導線や磁石の読み取り性能など、路連携技術を検証する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
パナソニックが自動運転車両走行の実証実験を開始

パナソニックは、これまで社内の車両試験場(神奈川県横浜市)や京阪奈地区構内(京都府相楽郡精華町)、門真地区構内(大阪府門真市)で検証を重ねてきた自動運転技術を用いて、今回初めて公道に準じる環境で自動運転走行システムの検証と、自動運転EVコミューターの実用化に向けた有効活用の検証も行う。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
高機能除雪開発へ 国交省 作業員の高齢化で省力化図る

位置情報の精度などの課題を検証し、数年内の実用化を目指す。将来的には自動ブレーキなどの自動運転技術を搭載することを検討している。 除雪の操作には、積雪で見えにくい障害物の回避など熟練した技術が必要となる。しかし除雪の作業員のうち、61歳以上の人の割合が1998年の3%から、2015年には19%まで …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
12月3日から自動運転実験 徳島・三好、モニター募集 2017/11/22 09:54

12月3日から自動運転実験 徳島・三好、モニター募集 国土交通省四国地方整備局は21日、三好市西祖谷山村で計画している自動運転実証実験を12月3~9日に行うと発表した。乗車を希望するモニター100人を募る。 実験に用いるのは、自動運転技術開発を手掛けるアイサンテクノロジー(名古屋市)がトヨタの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「完全自動駐車」技術、日立3社が開発 実用化は20年代前半

日立製作所は専用駐車場で完全自動走行し駐車する「自動バレーパーキングシステム」の基本技術を開発した。管制センターとが遠隔から無線で必要な情報をやりとりし、安全な自動駐車を実現する。日立が得意とする情報通信技術や鉄道向け運行制御技術を応用した。2020年代前半の実用化を目指す。運転手の操作が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
百度の李彦宏会長兼CEO、自動運転バスが計画前倒しで2018年には量産に

検索エンジン百度の李彦宏会長兼CEOは16日、「バイドゥ・ワールド・コングレス2017」で人工知能(AI)分野の最新動向について、「百度自動運転車の量産化計画 … そして、この歴史的任務を担うことになるのが、来年7月末に百度とバス車両メーカーの金龍客車が提携して生産する自動運転小型バス「阿波龍(アポロ)」だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「ウーバー、ボルボ車2万4000台購入で合意-自動運転技術を搭載へ ブルームバーグ」など、2017年11月21日     ニュース

ニュース
ウーバー、ボルボ2万4000台購入で合意-自動運転技術を搭載へ

米配車サービスの ウーバー・テクノロジーズは、スウェーデンの自動車メーカー、ボルボ・カーズのスポーツタイプ多目的(SUV)2万4000台を購入し、自動運転車とすることで同社と合意した。 ボルボは20日、SUV「XC90」が2019-21年の間にウーバーに出荷されると文書で発表。ウーバーとしては初の商用購入となる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車の機械式駐車場設備 初の産学共同研究

自動運転車の実用化に向け、群馬大と輸送機器メーカー「新明和工業」(本社・兵庫県宝塚市)は二十日、自動運転車で安全に利用できる機械式駐車場設備の共同研究をスタートすると発表した。完全自動運転車が社会に普及するには、関連のインフラ整備が不可欠として、自動で入出庫するための技術開発などに取り組む。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Uber、自動運転車開発に向けボルボ2万4000台を購入へ

20日に発表された契約に基づき、Volvoは、同社が社内開発したモジュール式の「Scalable Product Architecture(SPA)」を採用して特別に開発したプレミアムSUV「XC90」をUberに供給する予定だ。「ベース車両には、Uberが独自の自動運転技術を追加するために必要となる、すべての安全性、冗長性、自動運転の中核技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「AndroidおよびLinuxは脆弱なOS」 – 自動運転車市場での存在感を示すBlackBerry

自動運転技術の進化に伴い、ECUの主役化が進むと、複数のECUを単一のドメインコントローラーに統合するドメインコントロールが重要となり、ECUには、「安全性」と「リアルタイム性」が求められるようになる。さらに、単一のドメインコントローラーに隣接する異なる機能およびOSが統合される場合、選別・分離・フルセキュリティ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車7社の研究開発費、今期は全社が前期超え EVや自動運転を加速

自動車大手7社が研究開発費を積み増している。平成30年3月期の通期計画では全社が前期実績を上回り、三菱自動車の20%増をはじめ、スズキとSUBARU(スバル)、マツダの3社も2桁増を見込む。環境規制を視野に入れた電気自動車(EV)などの次世代や、自動運転につながる先進安全技術の研究開発を加速する …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
中山間地域の自動運転実験—積雪の秋田・小阿仁村と観光地の徳島・三好市で

地中に電磁誘導線と磁石を埋設し、積雪時には誘導線に従って走行する「路連携技術」をテーマとする実験。埋設された磁石の配置パターンで、停止や加減速を行う。残りの区間は運転手は監視するだけで、約2.8kmのうち200mについては、運転手不在で自動走行して、運転手は助手席に乗車する。自動運転平均 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
中国・百度の自動運転バス、来年に大量生産の見込み―中国メディア

百度会長の李彦宏氏は大会で、現在、自動運転技術はすでに成熟し、来年7月に百度と金龍客車の協力の下で生産された自動運転小型バスの大量生産を実現する見込みであると指摘した。その他にも、百度は江淮汽車、北京汽車などのパートナーと連携しさらなる多くの自動運転車を開発しようとしている。新華社が16日付で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
秋田で積雪時の自動運転実証、貨客混載で農産物配送

ヤマハ製の7人乗り自動運転車両を用い、あらかじめ路面に敷設された電磁誘導線に沿って実験車両を誘導。 … 積雪時の電磁誘導線や磁石読み取り性能の検証、電磁誘導線の整備、維持管理コスト車両の維持管理コスト、自動運転技術への信頼性、乗り心地運転手不在に対する心理的影響――などについても確かめる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産「セレナ NISMO」(車両形式:DAA-GFC27/クローズド試乗)

11月21日に発売された「セレナ NISMO」は2WD(FF)の「ハイウェイスター」をベースとし、高速道路における単一車線での使用を前提とした自動運転技術「ProPILOT(プロパイロット)」、LEDヘッドライト、ハンズフリーオートスライドドア(両側)などを標準装備。ボディサイズは4805×1740×1850mm(全長×全幅×全高)、ホイール …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【新車】980万円~1680万円の高級でも激売れ!? レクサスLSが発売1カ月で約9500台の受注を獲得

【新車】980万円~1680万円の高級でも激売れ!? レクサスLSが発売1カ月で約9,500台の受注を獲得(http://clicccar.com/2017/11/21/533717/). 【関連記事】【LAオートショー2017】レクサスRXに3列シート仕様のロングバージョンを追加【東京モーターショー2017】トヨタ自動車が本格自動運転搭載のレクサス「LS+」を公開!
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
起亜自動車、学習するAIチャットボット「Kian」を発表

また、起亜製の自動車を他社の競合車種と比較するほか、最寄りのディーラーを見つける手伝いもしてくれる。 せっかくの人工知能(AI)や自然言語処理を、起亜はもう少し有意義なことに使えないものかと思うかもしれない。しかし、Kianは今のままでもそれなりに意味がある。誰にでもディーラーへ足を運ぶ暇があるとは限ら …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタが米工場にコスト削減要請-日本製カムリ販売の方が利益出る

トヨタ自動車は人気セダン「カムリ」を生産する米ケンタッキー州ジョージタウン工場(TMMK)の従業員に、不吉な警告を発した。今すぐコストを削減しなければ、不確かな未来が待っている-。 ブルームバーグ・ニュースが入手した2分半の従業員向けビデオメッセージによると、TMMKを7年余り統括してきたウィル・ジェームス …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【ニュース解説】《アクセル踏むEV》開発競争加速、再編の呼び水に 各国も後押し (1/5ページ)

電気自動車(EV)市場が「加速」している。先般開催された東京モーターショーでも、メーカーが最先端の技術をつぎ込んだ試作車を相次ぎ出展。世界的な環境規制の広がりが各社を追い立てるなか、開発競争が激しくなる一方で、業界大再編の導火線となる可能性もある。 ホンダは新たに開発したEV専用の車台を使った試作 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ボルボ、自動運転車をウーバーに納入へ 2万4千台前後

両社は16年に自動運転車の共同開発で提携。ボルボのスポーツ用多目的(SUV)「XC90」をベースにした自動運転車に、ウーバーが開発したソフトウェアなどを使って走行試験などを進めてきた。今回ウーバーが購入を決めた車両はサービスに使うもので、提携関係を開発から実用化に進める。運転をに完全に任せられる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Uber、自動運転車開発に向けボルボ2万4000台を購入へ

金銭的条件は公表されていないが、2万4000台の車両に対して10億ドル以上が支払われると報じられている。この大規模契約により、Uberは、自動運転車を消費者に提供するための過密競争の中で、水準を維持することができるだろう。 VolvoとUberが最初に提携したのは2016年8月のことだ。近年、新しい自動運転車市場 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「合流地点でも”かなり運転の上手なドライバー”、日産の自動運転を体感 日経テクノロジーオンライン」など、2017年11月20日     ニュース

ニュース
合流地点でも”かなり運転の上手なドライバー”、日産の自動運転を体感

日産自動車が2020年以降の実用化を目指す自動運転実験の公道試験を開始した。「Infiniti Q50(日本名:スカイライン)」をベースとした実験で、自動運転技術「ProPILOT(プロパイロット)」の新世代版を搭載する。カー・ナビゲーション・システムを設定すると目的地まで、一般道と高速道路を含むルートを自動運転で走行 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
VWグループ、電動車両自動運転に大型投資…340億ユーロ以上

フォルクスワーゲングループは11月17日、2018~2022年末までに、電動車両自動運転、新しいモビリティサービス、デジタル化に340億ユーロ(約4兆5000億円)以上を … フォルクスワーゲングループのマティアス・ミュラーCEOは、「既存の技術車両プロジェクトを進めながら、デジタル化、自動運転、電動モビリティ、新しい …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転「AIの街」育ち アセントロボ、実車不要に

アセントロボティクス(東京・渋谷)は「レベル4」の完全自動運転車を実現するAI開発を手掛ける。実際の道路で起きうる状況をAIが3次元 … 創業者で技術責任者のチーフアーキテクトを務めるフレッド・アルメイダ氏(46)は、開発したソフトウエア「ATLAS(アトラス)」についてこう説明する。アトラスは自動運転車用のデータ生成 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
英予算案、自動運転車や電気自動車の開発促進へ

ロンドン 19日 ロイター] – ハモンド英財務相が22日発表する予算案には、自動運転車、電気自動車、人工知能(AI)、通信網の開発促進策が盛り込まれる。 英財務省が19日、明らか … 万ポンドを投じる。 コンピューターサイエンスの教員8000人の増員に1億ポンド、デジタル技術・建設技術の改善に7600万ポンドを投資する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
富士通テンからデンソーテンへ…自動運転実現の一端を担うデンソーテンのポテンシャルとは?!

また、前方のクルマに一定の距離でついていく車間自動制御システムや、衝突を予測して警報やブレーキを自動でコントロールする衝突時被害低減システムに応用されるミリ波レーダー、さらには、車両の全周囲を様々な視点から“立体的”な俯瞰映像で確認できるマルチアングルビジョン TM等のセンシング技術も開発してきた。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ボルボ、自動運転による輸送ソリューションの研究成果を発表…鉱山や港湾で試験走行

すでに鉱山や採石場のような場所において、自動運転車が試験走行し、業務をこなすことに成功。次の段階として、港湾や高速 … ボルボグループのマルティン・ルンドステット社長兼CEOは、「この技術は、間違いなく将来の製品に影響を与え、未来のスマートな社会を発展させる可能性を秘めている。安全性は最大の関心事で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
バイドゥ、自動運転ミニバスの生産と試験運用を2018年に開始へ

NetEaseの報道によると、中国検索大手の百度(バイドゥ)は自動運転ミニバスの小規模生産と試験運用を2018年7月に開始する予定だという。 … 小規模生産と試験運用を行った後、バイドゥは2019年に中国の自動車ブランドであるJAC Motors、BAIC Motorと、2020年にはChery Automobileと協力して自動運転車をローンチ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Element AI が、SKテレコム、現代自動車、ハンファと4500万米ドルのAIファンドを設立

今回の新しい共同投資パートナーシップを通じて、Hanwha Asset Managementの投資ノウハウが、戦略的パートナーである現代自動車とSKテレコム、ならびにElement AIのAI分野における技術やノウハウと組み合わさります。今回のパートナーシップを通じて、既存産業でのイノベーションを推進するAI、自動運転、フィン …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
シミュレータの活用でAIの教育を50倍以上効率化する「ATLAS(アトラス)」、β版をローンチ——2020年 …

… 4 自動運転の実現を目指す。DeepMind、Waymo、Uber らが主戦場とする欧米と比べ、日本やアジアでは道路環境が大きく異なることから、Ascent Robotics では、特に道幅が狭く人通りが多い日本の道路環境に対応可能なレベル 4 完全自動運転車を早期に作ることで、世界的にもこの分野で先んじることを期待している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
~中古買取×インターネット・ライブオークションのカープライス~ 「東京モーターショー2017」潜入レポート!

最先端のIT技術を活用した日本初のインターネット・中古ライブオークション事業を展開するカープライス株式会社(本社:東京都杉並区、代表取締役:梅下直也・林耕平、以下「当社」)は本日、「第45回東京モーター … 話題のキーワード「AI」「電気自動車」「自動運転」などが存分に盛り込まれており、見応えは十分でした!
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
英予算案、自動運転車や電気自動車の開発促進へ

ロンドン 19日 ロイター] – ハモンド英財務相が22日発表する予算案には、自動運転車、電気自動車人工知能(AI)、通信網の開発促進策が盛り込まれる。 英財務省が19日、明らかにした。 同相は、予算案を通じて政権の支持率を高めたい意向だが、欧州連合(EU)離脱決定が経済の重しとなっており、選択肢は限られて …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Element AI が、SKテレコム、現代自動車、ハンファと4500万米ドルのAIファンドを設立

Element AIは、画期的な人工知能ソリューションをエンタープライズ企業に提供し、AIにおける最良のノウハウと企業家を組み合わせることにより、あらゆる組織において最先端の次世代AIを実現しています。Element AIは、カナダのケベック州モントリオールに本社を置き、BDC Capital、Data Collective、Fidelity Investments …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「自動運転の実現の鍵を握るのは実はメガサプライヤーだ! コンチネンタルの描く自動運転の一里塚 MotorFan[モーターファン] 」など、2017年11月18日     ニュース

ニュース
自動運転の実現の鍵を握るのは実はメガサプライヤーだ! コンチネンタルの描く自動運転の一里塚

電動化技術と並んで加熱する自動運転技術の開発競争にあって、ひときわ輝きを放っているのがメガサプライヤーたるコンチネンタルである。ESC(エレクトロニック・スタビリティ・コントロール)が単なる車両安定制御という一義的なものから、車両統合制御に進化を遂げていく過程で、開発の主導権がOEM先である自動車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
EVや自動運転に4.5兆円=独VWが投資計画

【フランクフルト時事】ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は17日、電気自動車(EV)や自動運転といった新技術分野への投資計画を発表した。2018年から22 … ガソリンから環境に優しいへの転換を目指す中国などの動きを踏まえ、EVや家庭でも充電可能なプラグインハイブリッド(PHV)の開発に多くの資金を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
最新技術が満載! ハイテクSUV10選

緊急時に自動的にブレーキを作動させる機能をはじめ、歩行者やサイクリストを検知する機能、右折時に対向を検知する機能などボルボ自慢のさまざまな安全 … 走行レーンを維持するアクティブレーンアシスト、高速道路での渋滞時に加減速、ハンドル操作をアシストするトラフィックジャムアシストなど、数々の運転支援機能を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
インドNo.1スズキ、トヨタEV投入へ 2020年めどで合意 成長市場に盤石のシェア強化

… しました。両社は今年2月6日に、次世代エコカーや自動運転技術といった幅広い分野において業務提携することで合意し、具体的な協業の内容について検討を進めていました。 … 具体的には、スズキがインド市場向けに生産するEVに対し、トヨタが技術的支援を行ったうえで、車両の供給を受けるとのことです。これに加え、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
諏訪東京理科大、来春の公立化決定 24日に設立認可

機械電気工学科は新たに「先進自動車」を掲げ、次世代の衝突防止技術や電気自動車(EV)用リチウムイオン電池の研究を手掛ける。情報応用工学科ではAIとネット社会を実現するIoTが主な新規テーマ。「機械学習」と呼ぶAIの手法で受注予測システム、脳の神経回路の仕組みをまねたネットセキュリティー技術自動運転 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
VW、新技術に4兆円投資 18~22年、EVや自動運転

【ボン共同】ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は17日、電気自動車(EV)や自動運転車の開発に2018~22年に340億ユーロ(約4兆5千億円)を超える投資を行う計画を発表 … 15年に発覚した排ガス規制逃れ問題でディーゼルエンジンの将来性が疑問視される中、VWは巨額投資で新技術に軸足を移す方針だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
各社、EV投入前倒し 中国、19年に新環境規制

モーターショーでも、中国自動車大手、北汽集団が人工知能(AI)を組み込んだEV「LITE」を出展するなど地場メーカーの攻勢が目立った。騰訊(テンセント)や百度(バイドゥ)などビッグデータ、AIなど最先端技術の研究で世界水準にある中国ネット大手と共同開発するケースも多く、官民一体となり外資に対抗する戦略が鮮明に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「百度・李CEO「完全自動運転車が来年から走る」 AFPBB News」など、2017年11月2日     ニュース

 

ニュース
百度・李CEO「完全自動運転車が来年から走る」

百度は金龍客車以外にも、中国自動車メーカーの北京汽車(Beijing Automobile Works)と提携している。百度は自動運転技術を提供し、北京汽車は設備機器の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
高精度地図作成に最適なセンサーは「カメラでもライダーでもなくミリ波レーダー」

ボッシュは、「第45回東京モーターショー 2017」のプレスブリーフィングにおいて、自動運転に求められる高精度地図の作成でインクリメントPと提携したと発表した。 … 車載カメラだけよりもデータが軽く、既に多くの量産に搭載されているミリ波レーダー …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
焦点:自動運転技術に群がる新興企業、成功への「狭き道」

O>に勤めていたLei Xu氏とJustin Song氏は、自動運転車への関心や投資の高まりを受けて、「次の大きなもの」を … その大半が、買収や提携によるものだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
KPMG、自動車・運輸産業に向けたホワイトペーパーを刊行

本ホワイトペーパーでは、ディープラーニングが完全自動運転車の実現に欠かすことができないテクノロジーとして捉え、今後 … 既存のビジネスモデルは変化し、自動車メーカーは自社で担うのか、あるいは他社と提携するのか、判断が求められます。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動車販売店向け人工知能を活用した接客ツールを開発 – グーネット自動車流通

人工知能を活用したメッセージの送信、車検や点検の時期を自動でお知らせするなどの機能を月額30万からという低コストで導入することが可能となった。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
EVは期待はずれ。東京モーターショーで中島聡が感じた本音

そして、その人工知能の実態は自動車にではなく、クラウドにあり、ドライバーが別の乗り物に乗ると、ついて来てくれるなど、これまでの自動車メーカーの発想から …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「OK Google、クルマのエンジンをかけて」、三菱自が2018年からスタート

三菱自動車は「第45回東京モーターショー 2017」において、スマートスピーカー … Alexa」ではなく、自社でAI(人工知能)パーソナルアシスタントを開発している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
電気自動車「乗りたい」約7割

多くの乗車経験のない読者からは「将来、自動運転やAI(人工知能)化も含めた『総合安全車』を期待するゆえに、一度乗ってみたい」(68歳、男性)と興味津々な …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車を含む様々な分野に役立つ最先端のテクノロジーが集結!【CEATEC JAPAN 2017】

業界の垣根を超え、政策・産業・技術を連携し、IoT・ロボット・AI(人工知能)を活用した「未来の社会」を共創する展示会として開催され、出展社数667社・団体、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
KPMG、自動車・運輸産業に向けたホワイトペーパーを刊行

人工知能(AI)の1つの形態であるディープラーニングの進化が、自動運転技術を劇的に進化させるとともに、自動車業界のみならず運輸産業をも変えつつあります …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【東京モーターショー2017】動きが面白過ぎるサイバーな物体!NSKのフレックスコーナーモジュール

clicccar.com(クリッカー)
こういった機能、機構にまで訪れる電動化は、単に電気自動車への対応だけではなく、人工知能を利用した自動運転が当たり前となってくることを想定した、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「フォント」認識する「Adobe Capture」アプリがすごい [ITmedia NEWS アンカーデスクマガジン 水曜日版 …

… 三菱自動車がAI(人工知能)搭載したSUVタイプのEVコンセプトカー「e-EVOLUTION CONCEPT」を披露。ドライバーをサポートし「走る楽しみ」を提供するという …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
都市での自動運転活用を議論 国交省が有識者会議の初会合

自動運転技術の普及に向け、国土交通省は2日、自動運転車が街づくりや公共交通などに及ぼす影響について議論する有識者会議の初会合を開いた。今年度内 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
EVシフトで明暗分かれる、自動車部品メーカーの末路

電動化、自動運転、コネクテッド。11月5日まで東京・有明の東京ビッグサイトで開かれている … の100%子会社で、の中身を支えるメカトロニクス技術やソフト制御技術に強みを持つ。 … 自動運転に欠かせない基幹部品の開発にも注力する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ロボットライダーは世界チャンピオンに勝てるのか?

今回のモーターショーで最も注目を集めている技術といえば、やはり自動運転車と電気自動車だろう。IT×クルマの最新技術には、IT専門媒体の編集という仕事の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転カーの世界を引っ張る優秀な頭脳は軒並み「DARPAコンテスト」の卒業生

自律運転車両そのものの構想は決して新しいものではなく、自動車が普及し始めた頃から誰も … ロボット技術の開発もDARPAが力を入れている分野の1つです。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
富士通テン、デンソーグループ入り…新社名は「デンソーテン」

そして今回、デンソー、富士通、トヨタ自動車は2016年9月9日、高度運転支援・自動運転技術と電子基盤技術の開発を強化するため、3社が出資する富士通テン …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタのAI研究所、カリフォルニアの自動運転試験場と契約

トヨタのAI研究所、カリフォルニアの自動運転試験場と契約 … TRIはAI技術を使った自動運転の研究を進めており、自動運転システム「Platform 2.1」を開発した。 … 一般が入らない試験場であるため、例えば「先行車両から落ちた荷物を避ける」など …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
地味だが大事な“サイドミラー”はどうなる?東京モーターショーはEV、AI、自動運転などの“最新技術”多数

東京モーターショーはEV、AI、自動運転などの“最新技術”多数 … フルEVカーを発表したホンダを含む各社のコンセプトカーには「表情」を持つが多い。の前後 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
モーターショーに次期モデル、「いつかはクラウン」のこれからを探る

自動運転や電動化、つながるクルマなど、自動車大転換への先進技術を日本から発信していこうと、AIやIoT、電化を駆使した最新技術のコンセプトが居並び …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【東京モーターショー2017】スマート ビジョンEQフォーツー…将来の都市部カーシェアリングに[詳細画像]

自動運転技術を使い、クルマ自体がユーザーの希望する場所まで迎えに来てくれ、車両が使用されていないときは自動で充電ステーションに移動するなど、将来 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「自動運転技術に群がる新興企業、成功への「狭き道」 ダイヤモンド・オンライン」など、2017年11月1日     ニュース

ニュース

自動運転技術に群がる新興企業、成功への「狭き道」

10月27日、シリコンバレーで最も注目されている企業の1つである米電気自動車大手テスラに勤めていたLei Xu氏とJustin Song氏は、自動運転車への関心や …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

グーグル、育てAI運転手 「謎の城」で特別訓練

米グーグルは30日、自動運転車の試験場として作った「架空の町」を初めて公開 … カリフォルニア州の米軍基地の跡地にある91エーカー(0.36平方キロメートル)もの広大な敷地を使い、グーグル系のウェイモが自動運転技術の開発を進めている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

百度・李CEO「完全自動運転車が来年から走る」

百度は自動運転技術を提供し、北京汽車は設備機器の生産を請け負う。2019年には自動運転技術「レベル3」の自動運転自動車の量産を、2021年には「 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

難しい右折可能に 自動運転の新技術

日産自動車自動運転開発部の飯島徹也部長は、「この場所からスタートして、この場所に戻ってくる。基本的に一切、「手」操作はしない。全部自動でやる」と話した …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

KPMG、自動車・運輸産業に向けたホワイトペーパーを刊行

人工知能(AI)の1つの形態であるディープラーニングの進化が、自動運転技術を劇的に進化させるとともに、自動車業界のみならず運輸産業をも変えつつあります …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

未来を感じる東京モーターショーに登場の次世代コンセプトカーを一気にチェック

2年に1度のクルマの祭典「東京モーターショー」が11月5まで開催中です。第45回となる今回のショーテーマは「BEYOND THE MOTOR」。自動運転やAI技術、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

今マツダに何が起きているのか? スカイアクティブX誕生の背景とは?

そのために、マツダのコーポ―レートビジョンには、クルマを通じて人生を豊か … さらに、自動運転技術の標準化は2025年を目指す「コ・パイロットコンセプト」と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

倒れないバイクが世界初公開! ホンダとヤマハの違いは?

また、自動運転技術は搭載されていない。 … ヤマハがワールドプレミアした自立バイク「MOTOROiD」は、検証実験車両となるため、そもそもが発売を想定した …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

自動車を含む様々な分野に役立つ最先端のテクノロジーが集結!【CEATEC JAPAN 2017】

電子情報技術産業協会(JEITA)、情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)、 … 自動運転を見据えた技術としては他に、4代目卓球ロボット「フォルフェウス」で話題を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ルネサス、トヨタの自動運転車に半導体供給へ

トヨタは20年発売予定の高級モデルで自動運転技術を初めて搭載する方針だ。ルネサスの競合の米エヌビディアも5月にトヨタと自動運転車の開発で提携 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、自動運転試験で米のGoMentum Stationと提携

提携を通じ、トヨタ自動車は今後GoMentum Stationの比較的安全な環境下で研究を行う … 「TRIの自動運転車の試験場所にGoMentum Stationが加わったこと …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
グーグル、育てAI運転手 「謎の城」で特別訓練

米グーグルは30日、自動運転車の試験場として作った「架空の町」を初めて公開 … オートモービルズ(FCA)などグーグルとの提携を決めるメーカーも出てきた。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NASAが開発支援の人型ロボット、4千キロの「自律歩行」目指す

自動運転車の実用化が間近に迫る中、カリフォルニア工科大学は既に次世代の自動運転技術の開発に取り組んでいる。 … 同校は10月24日、これらの構想を実現するために、NASAのジェット推進研究所(Jet Propulsion Laboratory、JPL)と提携し …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
未来のを支えるテクノロジー(中)電機メーカー台頭−自動運転の“陣地取り”合戦

部門を統括するロルフ・ブーランダー取締役は「自動運転には従来にない新 … になりそうで、技術補完や強みを伸ばすための戦略的提携も増えていきそうだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
EVに参入 「21世紀の家電」と位置づけ

ヤマダを先駆けに小売事業者も加われば、これまでのクルマの概念を超えた新たな競争が加速しそうだ。 … パナソニックは、テスラとEV用電池で提携し、自動運転やインターネット経由でさまざまなサービスを受けられる「コネクテッド化」など車載技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
三菱電機とHERE、高精度位置情報サービスの利用拡大に向けた提携に合意

この提携に至った背景は、予防安全(ADAS)の高度化や自動運転の実現に向けて、高精度地図データと高精度な自位置把握情報の重要性が増していることに …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「アマゾン、配送途中のドローンを自動運転車で充電する技術–特許を取得 CNET Japan」など、2017年10月15日     ニュース

ニュース
アマゾン、配送途中のドローンを自動運転車で充電する技術–特許を取得

さらにAmazon Technologiesは、自動運転車からドローンに充電する技術を考案。この技術を米国特許商標庁(USPTO)へ出願したところ、米国時間10月3日 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
百度が北汽グループと組んで、2021年までに完全自動運転車を量産する予定

百度は、サイバーセキュリティ、画像認識、そして自動運転技術だけでなく、仮想アシスタント機能を提供するDuerOSも供給する。そして北汽はそれらの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車、初の安全基準 19年新型から

国土交通省は自動運転車に関する初の安全基準を導入した。 … 四月、現在実用化されている自動走行機能はドライバーの操作を手助けする技術水準で、運転中 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
電動パワーステアリング世界市場、25年には8410万台に 中国を中心に拡大

パワーステアリングとは、車両のハンドル操作に必要な力を軽減する装置。 … 自動運転技術競争はアクセルやハンドル、ブレーキといった複数の機能をが …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
佐藤琢磨「自動運転や電気自動車の恩恵を受けたい」F1とインディと技術の進歩を語る。未来のクルマ

ここ10年のようにハイブリッドのクルマがこれだけ普及しているとは思いませんでした。 ここから先の未来には自動運転の普及やインフラが整えば充電の必要ない …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
超音波技術の洗浄機、受注伸長 静岡のメーカー

洗浄機メーカーのUSメック(静岡市駿河区、漆畑宏次社長)は、超音波技術を用いた洗浄機の受注を伸ばしている。の安全運転や自動運転を支援する装置の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動車は、賢くなればなるほど騒々しくなる

最近、コンピュータ関連の展示会に足を運ぶと、IoT(モノのインターネット)とAI(人工知能)が大流行していることがわかります。IT・電機メーカー各社は、こぞって …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
百度が北汽グループと組んで、2021年までに完全自動運転車を量産する予定

製造を担う中国の自動車メーカーである北汽(BAIC)グループとの提携によって実現を目指す。北汽グループは、百度が進めるApollo自動運転プログラムの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
グーグルは自律走行の開発に、なぜインテルの力を借りることにしたのか

完全な自律走行が可能なの開発レースで先頭に立つ者がいるとすれば、それはWaymoだ。 … だが、利益の出る本格的な自動運転サーヴィス事業の実現には、それだけでは足りない。業界他社と … そして今回、Waymoとの提携が明らかになった。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「Baidu(百度)、自動運転技術向けに100億人民元(約1700億円)のファンド創設を発表——〝自動運転版 … THE BRIDGE,Inc. / 株式会社THE BRIDGE 」など、2017年10月5日     ニュース

ニュース
Baidu(百度)、自動運転技術向けに100億人民元(約1700億円)のファンド創設を発表——〝自動運転版 …

Baidu は、自社だけのものでなくオープンソースのエコシステムを確立することにより、3~5年で中国を自律走行のリーダーにする動きを加速したいと考えている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
コマツ、建機のIT化から見える自動運転の未来

ドライバーの座席がない巨大な無人ダンプトラック、熟練オペレーターでも難しいセンチメートル単位の精度で平らに整地するICT(情報通信技術)ブルドーザー、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アウディ、レベル4自動運転技術搭載のEVコンセプトモデル「Elaine」など東京モーターショー2017で日本 …

2017年フランクフルトモーターショーで発表した、レベル4の自動運転技術を搭載したEV(電気自動車)のコンセプトモデル「Elaine」や、レベル3の自動運転 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【岩貞るみこの人道車医】「スイッチひとつで自動運転」日産よ、“きっちり説明”は嘘だったのか

あくまでも「運転支援技術」。「被害を軽減するだけであって、事故を起こさないよう完璧に止まるわけではない」からだ。どうか、きちんと使ってくれますように。自動 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ZMP、政府のSIP自動走行システムの大規模実証実験に参加

同社は、将来の自動運転タクシーサービスの実現を目指し、自動運転技術の研究開発を進めている。今回の実証実験では、自動運転技術開発プラットフォーム …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Oracle、「自動運転」の自律型データベースを発表

現地時間2017年10月1日の基調講演には、同社の創業者で最高技術責任者(CTO)のLarry Ellison氏が登壇し、この製品を紹介。サイバーセキュリティの脅威を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転 地図で後押し 加藤社長に聞く

自動車メーカーなどに自動運転に使う3次元地図を提供しているが、実際に案件数が増えている。当社が強みとする3次元地図の作製技術を生かし、自動運転 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転、世界の有望企業ランキング 1位はフォード

電気自動車製造では巨大市場を背後に抱える中国企業を中心に新規参入が増えるだろうが、自動運転、無人運転技術も競争力の源泉となるのであれば、資金力 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「【レクサス LS 新型】車線変更に操舵回避も…自動運転に“つながる”先進技術を試した レスポンス」など、2017年9月26日     ニュース

ニュース
【レクサス LS 新型】車線変更に操舵回避も…自動運転に“つながる”先進技術を試した

速度調整からハンドル支援まで積極的に採用され、おそらくN社なら“ぶっちぎった”広告宣伝をするところだろうが、トヨタはあくまでも「自動運転につながる技術」 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ダイムラー、米公道でトラック隊列走行試験…自動運転とコネクト技術導入

最新の自動運転技術とコネクテッド技術を搭載したフレートライナーブランドの大型トレーラー2台を使用する。2018年から運輸業者と共同で行う予定だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告