「トヨタ「モビリティ戦略」の次の狙い 日経ビジネスオンライン」など、2018年3月9日     ニュース

ニュース
トヨタ「モビリティ戦略」の次の狙い

だが簡単には実現しないとなるや、自社の開発車両の使用を見切り、クライスラーのミニバンにWaymoの自動運転システムを搭載し、一般向けの配車サービスを始めてしまうという。購入台数は数千台規模を計画しているようだ。 延べ650万キロに及ぶ公道実験、豊富な資金力と人材をバックとした技術的優位に加えて、規制を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転カーを「信号機」として利用するサイバー信号機が開発される

自動運転技術を研究するカーネギーメロン大学の青木俊介さんは、無線通信を使って一時的に目に見えない信号機(サイバー信号機)を作り出すことで、複数の自動運転カー … サイバー信号機が機能すると、無線信号を受け取った緑色の自動運転カーはその場で一時停止して、後続車両も停車せざるを得ない状況を作ります。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
一般社団法人日本自動車工業会との「AI時代のソフト品質保証の考え方」に関する連携について

本連携では、自動運転車のようなAI技術を用いたソフトウェア(またはシステム)に対する品質保証のフレームワークについて、JAXAが保持しているコンピュータと人の調和に着目した安全評価解析技術を活かして協力します。また、装置の安全な動作を保証する点においても、JAXAのIV&Vで構築した立証方法が利用できると …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタも注目のブロックチェーン3.0が自動車業界を変える!?

ブロックチェーン技術を開発するKaula(カウラ)と自動車関連スタートアップベンチャーのAZAPA(アザパ)が、から得られるデータを、ブロックチェーン技術を使う管理システムを共同開発すると発表。 … ネット接続機能を前提とした技術を用いて、自動運転車に新たな価値や利便性をもたらすための開発を行っている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ポルシェがブロックチェーンスタートアップ企業「XAIN(ゼイン)」と提携することを発表

コンテストを開催した関係者からは「ポルシェとお客様のデジタル機器にサポートされた未来を実現するため、独自の技術革新の可能性に頼るだけではなく、新しい … ブロックチェーン技術導入は、ポルシェだけではなく各自動車メーカーも自動運転車の開発に向け、積極的に取り入れようとする動きが見受けられるので、本格的に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ系サプライヤー、来年度「技術者」採用増やします!

アイシン精機や豊田自動織機などトヨタ自動車グループの主要メーカーが発表した2018年度の採用計画は、多くの企業が技術系や現場で働く技能職の採用増を見込む。の電動化や自動運転に対応し、ソフトウエア開発者などを増やす。各社が主要拠点を置く愛知県は労働市場の需給逼迫(ひっぱく)が続いている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
デンソー、ルネサスに5%出資 革新機構から取得

デンソーは9日、半導体大手のルネサスエレクトロニクス株の保有比率を0.5%から5%に引き上げると発表した。筆頭株主の産業革新機構から約850億円で取得する。自動運転などに使う車両制御システムの開発で、半導体の先端技術を持つルネサスとの連携を深めるのが狙いだ。 デンソーは自動運転技術の実現に向け、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
次世代は動く光の絵で安全性向上、三菱電が新提案、標識も高速認識

三菱電機は2018年2月、自動車関連の最新技術を発表した。 クルマの動きに対応した光のイラストを、車両周辺の路面に投射する技術の進化版を公開した。クルマの動きを周囲の歩行者や車両に事前に伝えやすくなり、安全に貢献する。 電動車両自動運転での採用を期待する。例えば、電動車両ではモーターだけで走行 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
レベル2は満足も昼夜や白線で差

日産自動車は新型「リーフ」に自動運転技術を多く盛り込んだ。代表的なのが、自動車専用道路の単一車線における車線中央維持機能「プロパイロット」である。加えて、指1本で駐車操作を完了する「プロパイロットパーキング」は日産で初めての採用となった。実車試験で実力を確認し、分解で機能を支える部品の特徴を分析 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
香港で開催されるグレートフェスティバ オブイノベーションに出席する日本のイノベーションリーダーたち

吉澤 隆氏(日産自動車株式会社全自動運転R&D担当VP) 自動運転技術分野の先駆者である日本の自動車メーカー、日産自動車は、2022年までに完全自動運転車を市場に投入すると発表しました。同社は自動運転車のオンロードでのテスト走行を2017年にロンドンで初めて実施し、日本でのローンチ成功を経て、今年、高速 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
一般社団法人日本自動車工業会との「AI時代のソフト品質保証の考え方」に関する連携について

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(以下、JAXA)は、この度、一般社団法人日本自動車工業会(以下、JAMA)と「AI時代のソフト品質保証の考え方」 … 自動運転車にAI(人工知能)を搭載して完全自動化を行う場合、AI自らが様々な環境下で判断を行うため動作予測が難しく、安全のためのソフトウェア品質保証が課題 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ自動車ら、AI活用の「タクシー配車」支援システムを都内で試験導入

トヨタ自動車とJapanTaxiは3月9日、KDDI、アクセンチュアと共同で、人工知能(AI)を活用した「タクシー配車支援システム」を開発し、東京都内で試験導入したと … 運行実績や人口動態予測だけでなく、タクシー需要への影響が大きい気象、公共交通機関の運行状況、大規模施設でのイベントなど、トヨタ、JapanTaxi、KDDIが …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
配車支援システム 人工知能でタクシー需要予測

トヨタ自動車などは9日、人工知能(AI)でタクシー需要を予測し、配車を支援するシステムを開発したと発表した。KDDIやアクセンチュア、タクシー大手日本交通グループのIT関連会社「ジャパンタクシー」(東京)と共同で手掛けた。既に東京都内で試験導入しており、18年度の実用化を目指す。 携帯電話利用者の位置情報や …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「自動運転開発に3000億円投資…トヨタ新会社 読売新聞」など、2018年3月4日     ニュース

ニュース
自動運転開発に3000億円投資…トヨタ新会社

従業員は、当面は3社から出向する300人で始め、今後新規採用を含め1000人体制とする予定。 新会社は、トヨタが米シリコンバレーに設立したAIの研究開発子会社「トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)」と、実際にを作るトヨタとの間をつなぐ存在となる。TRIとの連携や、海外から人材を集めることなどを狙い、公用語を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタはIT企業の下請けになるのか 運転免許も信号機も不要になる日

東京都内で自家用の稼働率は約10%といわれています。クルマを使う時間帯は土日、あるいは平日の仕事を終えた夕方から翌日の朝までというイメージです。それ以外は使われていないわけですが、その時間帯にを使いたい人もいるわけで、自動運転クルマが常時インターネットとつながるようなコネクテッド技術が実用 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
積雪時も軽快走行 永平寺で自動走行実験

永平寺町の遊歩道「参(まい)ろーど」を活用し、電磁誘導線方式自動走行の実証実験を行っている「永平寺参ろーど自動走行推進協議会」は二十八日、積雪時の自動走行実験を公開した。電動自動走行「 … 協議会は、町と県、産業技術総合研究所(産総研、茨城県つくば市)など産学官が連携して組織。旧京福電鉄 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転社会考える 山梨大大学院准教授(総合研究部)・伊藤安海さん /山梨

一つは人体の構造の研究です。人が床で転んだ時、どこを骨折するかなどについて調べています。もう一つは高齢ドライバーの運転能力の評価やリハビリ技術の開発です。テレビゲームのような装置で高齢者に運転してもらい、脳や体の働きを調査しています。医学と工学は別々の研究分野ですが、複合的に研究するため、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
空港での自動運転バス導入へ ANA・ソフトバンク羽田空港で実験開始

車両走行制御技術や遠隔運行管理システムの検証などを行った。「Dispatcher」は複数台の車両ごとの運行管理や内外の映像モニタリングなどの機能を持つ。 2月21日から28日には、羽田空港整備場地区の公道、約2.3kmにおいてレベル3および4相当の自動運転の実験を実施した。レベル3は運転責任をシステムが負い …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【マネジメント新時代】100年時代、逆に定年50歳に早めては 「人生二毛作」の生き方

自動運転技術の試験を見守る三菱電機の技術者ら。技術の進歩に合わせ人事制度の見直しが必要になるかもしれない=2016年4月、兵庫県赤穂市(ブルームバーグ)【拡大】. □日本電動化研究所代表取締役・和田憲一郎. 「人間五十年、下天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり 一度生を享け、滅せぬもののあるべきか」.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
魔法の絨毯のような乗り心地!? 日産「セレナ」e-POWER搭載を発売

ミニバンクラスではNo.1の広々空間を持ち、高速道路 同一車線自動運転技術「プロパイロット」を搭載した現行モデルに、さらなる進化を遂げたNewモデルが仲間入りを果たした。 … 同車両に搭載されるパワートレインは、「ノート」と同じ1.2リッターのガソリンエンジン(HR12DE)を搭載し、モーターは「リーフ」と同じものを採用。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ケーヒン、パワートレインの電子制御領域強化にむけた台場R&Dオフィスの開設

ケーヒンは、こうした背景をうけ、エンジンの提案型・上流化開発や次世代電動の制御技術の構築など電子制御領域の開発を強化していく。さらに、自動運転やコネクテッドカーなど新たな領域に関するリサーチおよび技術イノベーションを強化する。その環境づくりのため、現在、本社(東京都・新宿)でエンジンのソフトウェア …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

 

「スマートモビリティで何が起きる? 自動運転車やカーシェアが都市を変えるプロセスとは ビジネス+IT」など、2018年2月21日     ニュース

ニュース
スマートモビリティで何が起きる? 自動運転車やカーシェアが都市を変えるプロセスとは

19世紀末に登場したガソリンエンジンを備えた自動車は、20世紀初頭に大衆化し、人々の暮らしを劇的に変化させた。いま、自動車産業は大きな転換期を迎えている。電気自動車が普及の兆しを見せ、人工知能(AI)を搭載した自動車が登場し、自動運転技術競争も激化している。さらに、自動運転技術はカーシェアリングと …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
2020年の未来予測は本当に実現可能?

特に目につくのは交通システムに関する予測だ。交通技術は今、飛行機の発明以来の大転換を遂げようとしている。 自動運転車関連の技術は202年をめどに、どっと実用化されそうだ。ホンダは20年には高速道路での自動運転走行を実現すると発表。ルノー日産も、20年までに10車種以上の自動運転車を発売する計画だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
フォルクスワーゲンの電気自動車コンセプト「ID」ファミリー4番目の車種は、完全自動運転の高級セダン!

これまで公開されたI.D.ファミリーのクルマ振り返ってみると、その多くが何らかのレベルの自動運転技術を搭載しており、ステアリング・ホイールがダッシュボードに格納可能であることに気づく。つまり従来のI.D.モデルにはステアリング自体はあったわけだが、今回のI.D. VIZZIONにはそもそもステアリングがない。完全自動運転 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ジェイテクト、高耐熱リチウムイオンキャパシタなどを展示予定…国際二次電池展に初出展

この条件に対し、ジェイテクト製リチウムイオンキャパシタは独自の特許技術により室内での使用要求に適合するほか、動作時の上限電圧を制限することで105度の … 燃費規制の拡大や高度運転支援・自動運転の普及・拡大を受けて、省エネ・自動運転化に貢献するEPSの適用範囲の拡大が求められているが、大型車両へ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車分野へのブロックチェーン技術適応サービス構築をめざすカウラ株式会社とAZAPA株式会社が業務 …

ブロックチェーン・プラットフォーマーをめざすカウラ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役&CEO:岡本克司、以下「KAULA」)と、自動車分野の先進企業であるAZAPA 株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役&CEO社長:近藤康弘、以下「AZAPA」)は業務提携しました。ブロックチェーン技術適応により自動車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
スマートモビリティで何が起きる? 自動運転車やカーシェアが都市を変えるプロセスとは

19世紀末に登場したガソリンエンジンを備えた自動車は、20世紀初頭に大衆化し、人々の暮らしを劇的に変化させた。いま、自動車産業は大きな転換期を迎えている。電気自動車が普及の兆しを見せ、人工知能(AI)を搭載した自動車が登場し、自動運転の技術競争も激化している。さらに、自動運転技術はカーシェアリングと …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
三菱電機 「売上高5兆円」へバトン 杉山次期社長発表

これまでは工場のシステムのほか自動車や鉄道、発電所の部品などで、企業向けに「見えない所」で手堅く稼いできた同社。しかしあらゆるモノがネットにつながるIoTや自動運転、AI(人工知能)といった新時代の成長分野では、FA機器、自動車部品、人工衛星など同社の得意分野が生きていく。追い風が吹くなか、産業界の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車分野へのブロックチェーン技術適応サービス構築をめざすカウラ株式会社とAZAPA株式会社が業務 …

ブロックチェーン・プラットフォーマーをめざすカウラ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役&CEO:岡本克司、以下「KAULA」)と、自動車分野の先進企業であるAZAPA 株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表 … モデルベース、計測技術、新制御理論、エネルギー、IoT、人工知能(AI)、感性技術・URL:リンク
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「公道での自動運転実験が多彩に、歩行者の反応も調査 日本経済新聞」など、2018年2月16日     ニュース

ニュース
公道での自動運転実験が多彩に、歩行者の反応も調査

自動運転技術開発に欠かせないものに公道を用いた実走実験がある。現在、人工知能(AI)を用いた自動運転ソフトの開発では、仮想的な街をクラウドの中に構築し、その仮想空間の中を自動運転車が走り回ることで自動運転技術を高める手法が一般的となっており、その仮想空間をつくるための基礎データは実際の公道を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転技術はダントツ、ウェイモの開発力を数字で読み解く

カリフォルニア州の交通当局は同州の公道で自動運転車をテストする企業に、その年のテスト実績を報告するよう義務づけている。各社が2018年1月に提出したレポートを読み解いたところ、興味深い事実が判明した。 公道でのテスト走行距離を見ると、やはりウェイモが最も多くのテストを実施していることが分かった(表1)。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
早期運用に期待 自動運転車の実証実験終了

実験車両をはじめシステムを開発する先進モビリティ(東京)の現場責任者江尻賢治さん(32)は、自動運転による「ドア・ツー・ドア」の戸別輸送につながる技術結果も得られたと述べ、さらに「氷点下の日が続いたが機器に問題はなく、寒冷地走行にも耐えられることが分かった。急勾配の停止動作もできた」と長谷での成果を語る …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
の未来は「コモディティ」と「趣味」の両極に-トヨタ常務理事

トヨタは年明け早々に米国で開かれた国際家電見本市で、自動運転や電動化技術を用いて小売りや外食、配送などさまざまな事業者が活用できる移動車両サービスに取り組むと発表。一方、その数日後にはレースの経験を生かしたスポーツカーのコンセプトを明らかにし、友山茂樹副社長は両極にある、次世代のほろ馬車と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
悪天候下での自動運転の安全性を高める技術、三菱電機が開発

三菱電機は2018年2月14日、研究開発成果披露会を開催し、自動車分野向けでは自動運転関連の技術や電動車両向けのモーターシステム関連の技術などを披露した。 その一つが、悪天候における自動運転の安全性を高める技術である。2017年10月に4基目が打ち上げられた準天頂衛星を利用した技術で、雪や大雨、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自律走行の「膨大な消費電力」は、どこまで削減できるか 激化する「省エネチップ」の開発競争

実用化の初期段階では大きな問題にはなりません」と、グーグルの自動運転部門の元責任者で、現在は自動運転技術の開発を手がけるスタートアップAurora InnovationのCEOを務めるクリス・アームソンは言う。Auroraはフォルクスワーゲンやヒュンダイ、中国のEVブランド「BYTON(バイトン)」との提携を発表している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
新たな勝ちパターン作れるか ゴーン氏、ルノーCEOに再任

ただ、カーシェアリングの普及や自動運転技術の進化などに伴い、自動車業界の競争軸はものづくりから顧客基盤の利活用へと移りつつある。 米ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)は35年には自動車業界のプロフィットプール(市場全体の営業利益の総和)の4割は自動運転車やカーシェアリングなどの新たな製品・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
次世代携帯通信 料金抑制と危機管理が重要だ

ハッカーの攻撃による自動運転車の誤作動や、通信時の患者情報のデータ流出といった危険性を指摘する声は少なくない。 暮らしの利便性を高め、安心をもたらすための新技術が脅威と化しては本末転倒である。 新たな通信規格作りや、端末・通信設備の開発にあたっては、利用者の安全面に十分配慮しながら進めることが …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
住友電工とNEC、モビリティ事業で協業–自動車でのAI/IoT活用を加速

住友電気工業とNECは2月9日、人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)を活用したモビリティ事業で協業したと発表した。2017年12月から両社で取り組みを開始している … 住友電工は自動車内で利用される車載部品や、交通インフラを支える交通管制システムなど、モビリティ分野に関するさまざまな製品・技術を保有する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
~ “人工知能”をビジネスに活かしたいと考えている方、必見 ~ AI 搭載製品・サービス が集結!

2000年代から第三次AIブームと呼ばれ、世界中で最も注目を集めているAI(人工知能)。2017年は自動運転やロボット系以外にも、スマートフォン、AIスピーカーなど、AIを搭載した製品・サービスが次々と発表されました。AI技術の向上と急速な進展により、AI導入の大本命といわれている自動車や製造業界はもちろん、私たち …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
無人タクシーに挑む、日の丸交通の危機感

ドライバーが不要な自動運転車が普及したとき、タクシーはどうなるのか。業界の存続をかけて動いているのが、都内タクシー大手、日の丸交通の富田和孝社長だ。自動運転ベンチャーのZMP(東京・文京)と提携自動運転タクシーの実証実験を計画するなど積極的に動く富田社長に話を聞いた。(聞き手は庄司 容子) …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
新たな勝ちパターン作れるか ゴーン氏、ルノーCEOに再任

1999年に資本提携したルノーと日産は2014年に「研究・開発」「生産技術・物流」「購買」「人事」の4部門の機能を統合するなど、あたかも1つの会社であるかのような状態 … 米ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)は35年には自動車業界のプロフィットプール(市場全体の営業利益の総和)の4割は自動運転車やカーシ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「自動運転の基幹技術、AIが読む「ダイナミックマップ」とは? (1/3) ITmedia」など、2018年2月9日     ニュース

ニュース
自動運転の基幹技術、AIが読む「ダイナミックマップ」とは? (1/3)

人はクルマを運転する際、地図やナビの情報だけではなく、常に自分の目や耳で周囲の状況を把握する。例えば信号の色や工事中の看板、歩行者や他のクルマの動きなど、刻々と変化する情報に対応している。こうした情報が重要なのは自動運転車も同じ。ダイナミックマップは、高精度な3次元地図データに交通規制や道路 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転中の事故、責任の所在は? 運転者の過失は生じるのか 損保会社に聞く

ひとえに「自動運転」といっても、レベル1からレベル5まで5段階があり、現在、日本で市販されているクルマに搭載されているのは、レベル2までの技術です。レベル1は、自動ブレーキやACC(アブダクティブ・クルーズ・コントロール。車間距離を一定に保ちながらクルマが定速で自動走行する)などのいわゆる「運転支援」技術、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車ITセキュリティ研究の第一人者、フィッシュマイスター准教授「ソフトウエア技術を制すものが自動

同准教授は自動車ITセキュリティ研究の第一人者で、コネクテッドカーや自動運転車の安全とセキュリティを確実にするためのデータ主導型、エビデンス・ベースの … フィッシュマイスター准教授によると、その大きなカギとなるのはソフトウエア技術で、ソフトウエア技術を制するものが自動運転を制すると言っても過言ではない …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、自動運転の研究開発を促進…米非営利団体への支援継続

トヨタ自動車の米国の人工知能技術の研究・開発部門、トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)は、ロボティクスや自動運転の研究を行う米国の非営利団体「 … OSRFは、「ROS2」と呼ばれる第2世代のROS(ロボット・オペレーティング・システム)が、自動運転車のソフトウェアや支援システムの開発に広く使用されることを期待 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自律走行の開発レースの勝敗を決める「LiDAR」技術 その古くて新しい歴史と課題

だからこそ、自律走行の開発レースでプレイヤーたちは、運転手のいない完全なロボットカーをつくるのに、このレーザーセンサーを必要不可欠だと考えている(例外として有名なのは、イーロン・マスクだ。彼はカメラで十分だと判断しているらしい)。 同じ理由から、アルファベットの自動運転部門であるウェイモ(Waymo)とライド …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
元Google及川卓也氏、デンソーの技術顧問に 自動運転など推進

デンソーは2月9日、エンジニアの及川卓也氏と技術顧問契約と締結したと発表した。Google日本法人などで活躍した及川氏のスキルと経験を生かして情報通信分野を強化し、電動化・自動運転・コネクテッドカー(つながる)などの事業を推進する狙い。 photo デンソーの公式Webサイト. 及川氏は、OS「Windows」やWeb …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転は史上最大の産業になる」エヌビディアCEOが語る理由

自動運転の対象はのみならず耕運機、ブルドーザー、掘削機などあらゆる動く機械に及びます。実現のためには非常に高速なセンサーとその信号を分析するコンピューターが必要で、完成形はまだ存在しません。だがわれわれのAIやコンピューティングの技術を低消費電力と低コストで達成する能力で、そんなコンピューターを …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
[韓国毎日経済新聞]SKと韓国交通公団、5Gで車間通信

韓国通信大手のSKテレコムと韓国交通安全公団は5日、ソウル郊外・京畿道の試験エリアで、最新の自動運転技術を公開した。道路を走っていた自動運転対応2台がスクールゾーンに進入。2台はこれを認識して自然に速度を落とした。 1人の子供が信号を無視して道路に飛び出す。すぐさま街灯に設置された監視カメラが5 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
歩行者と光のアニメーションでコミュニケーションするクルマ…三菱電機が開発

三菱電機は2月8日、周囲の歩行者や車両に対して光での動きを伝える技術「安心・安全ライティング」の進化について発表した。ドア開けや後退のタイミングに、車外センサーと連動して光で歩行者 … もっと分かりやすく伝えるコミュニケーション技術が求められている。この問題は、自動運転車両においても同じだと考えている」
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルネサス社長「全分野で追い風」17年12月期 純利益42%増

自信の背景には主力の車載半導体の分野で、自動運転技術や高度運転支援システム(ADAS)の普及によって需要の伸びが期待できるためだ。 1月上旬に米ネバダ州ラスベガスで開かれたコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)。完全自動運転車のデモを披露したルネサスブースを世界の自動車大手幹部が次々と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
トヨタ、自動運転の研究開発を促進…米非営利団体への支援継続

トヨタ自動車の米国の人工知能技術の研究・開発部門、トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)は、ロボティクスや自動運転の研究を行う米国の非営利団体「 … トヨタの狙いは、既存の自動車産業の枠を超え、より広範なモビリティ企業へと発展するために、TRIのロボティクスや自動運転の研究をいっそう強化することにある。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタが日本交通子会社に75億円出資、タクシー向け新サービスを共同開発

都内の500台のタクシーに装着した通信型ドライブレコーダー「TransLog(トランスログ)」から走行中の画像や車両データを収集、地図上に反映させて人工知能(AI)で解析した結果をナビゲーションアプリに車線単位での混雑状況として配信する。 トヨタ自動車のモビリティサービスプラットフォームは、DCM(車載通信機)から …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
住友電工とNECがモビリティ事業で協業を開始 – AI・IoT技術を活用

住友電気工業(住友電工)とNECは2月9日、自動車部品の企画・開発をはじめとしたモビリティ事業において2017年12月より協業を開始したと発表した。 今回の協業は、第1弾として自動車をネットワークでつなぐコネクテッド領域から開始し、両社が有するAI(人工知能)・IoT(Internet of Things)技術を活用して車両や車外 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ボルボやロータスを傘下に収める中国浙江吉利控股集団が、ダイムラーの筆頭株主になることを計画中!

スウェーデンの自動車メーカー、ボルボを傘下に持つ中国浙江吉利控股集団(ジーリー・ホールディング・グループ)は、ダイムラーに入り込むことを真剣に検討中だ。ドイツの『Bild am Sonntag』紙は、ジーリーの李書福会長に関する特集記事の中で、中国の自動車大手である同社がクウェート投資庁の保有する6.8%を上回る株 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「市場を結ぶ自動運転 日本経済新聞」など、2018年2月8日     ニュース

ニュース
市場を結ぶ自動運転

仮想空間にあらゆる想定条件を与えることで、自動運転車がどのような挙動をとるか、実車を走らせることなく検証することができる。つまりこれを繰り返すことで、自動運転に必要なソフトウエアの完成度を上げていくのである。 一見、地味に見えるこのシミュレーターはグラフィックス、科学技術計算、そしてエッジコンピューテ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
準天頂衛星「みちびき」使い雪道を自動走行

三菱電機は7日、準天頂衛星「みちびき」からの信号を利用し、雪道の高速道路で自動走行する技術を初めて実証した。雪の影響で車載カメラが道路の白線を認識できなくても、衛星が側に送る高精度な測位情報と3次元(3D)地図の情報で自動走行できることを確認した。悪天候下で安全な自動走行を実現する技術として …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【岩貞るみこの人道医】スマホ時代に取り残された「運転席」、歩み寄りはスマホ側から

で、話をもどすと、要は、首都高が出したツイッターの情報を、運転中にスマホで見ることがここでいうセカンダリアクティビティに当たるわけだが、現在の道交法では、この行為は禁止されている。でも、自動運転技術車両に装備することによって、スマホを見ても安全が担保できるようにすれば、せっかくの首都高提供ツイッター …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
あの「BlackBerry」はいま? 来るコネクテッドカーの時代に向けセキュリティーソフト企業へ変身していた …

巷は自動運転車やコネクテッドカーの話題で持ちきり。一方でインターネットにつながっているがゆえセキュリティーリスクが懸念されています。仮に自動車がハッキングされて暴走すれば命に関わる惨事となりかねません。自動車メーカーは自動運転車やコネクテッドカーがハッキングされることを防止するためのセキュリティー …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
学生が考えた「ピックアップトラック」のデザインは、都市とフォードの未来を変えるか

自動運転技術を含む自動車の進化に合わせて、フォードが「未来のピックアップトラック」のあり方を模索している。 … 未来都市では大型が歓迎されない状況を想定したもので、小型で伸張式のロボットアームを搭載している。 … 自動運転技術により、人々はクルマをもたず、必要なときだけ呼び出すようになるかもしれない。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
手作業で工場カイゼン トヨタ副社長「競争力の源泉」

トヨタ自動車が手作業による技能の育成に力を入れている。電動化や自動運転、IT(情報技術)によって業界は100年に一度の変化を迎えた。投資が膨らむなか、品質とコスト低減の両立が競争力のカギを握る。50年以上、生産現場にかかわる河合満副社長は「品質や安全、ロボットの技能の源泉は人の手作業や感性に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
エヌビディア、データセンター部門の伸びに注目 【米決算プレビュー】

ゲーム向けのグラフィック処理などに使ってきたGPUはAIの技術を取り込みやすい特長があり、ディープラーニングに適しているとみたトヨタやテスラなどが相次ぎ採用。エヌビディアのGPUは世界の自動車・部品大手に自動運転車の研究で使われており、レベル5と呼ばれる完全自動運転技術開発に弾みがつく可能性がある …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
産業春秋/変革期迎える自動車産業

ある自動車部品メーカーの社長に、真剣な表情で問われた。「我々のように、これだけの危機感を持っている企業をほかにご存じですか」―。迫り来る構造変化の大きさをあらためて感じた。 自動車産業は今、変革期を迎えている。異業種を巻き込んで電気自動車や自動運転技術の開発競争が激化。一方でシェアリングなど、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノー日産連合、自動運転EVタクシー事業を中国配車大手と計画。将来的には業務提携も

ルノー日産連合は、2022年までにEV12車種にくわえて40車種の自動運転車を用意し、配車サービスへの参画を中長期計画に盛り込んでおり、今回の発表はその一環 … 一方、ライドシェア事業は自動運転との相性が良さそうで、Google(Alphabet)の自動運転技術企業Waymoは2018年より自動運転化したフォードPacifica …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
コンチネンタルとNVIDIA、AI開発を介した自動運転システムで提携

一方、NVIDIAの創業者兼CEOであるジェンスン・フアン(Jensen Huang)氏は、「これで、AI自動運転車を開発から大量生産へと移行させるうえで鍵となるすべての … ちなみにコンチネンタルは、人々と商品の持続可能かつコネクテッドなモビリティーの実現を目指し、先駆的な技術とサービスの開発を手掛けるテクノロジ企業。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動車事故損害 AIで判定、三井住友海上

三井住友海上火災保険は東大発ベンチャーのアリスマー(東京・江東)と提携し、自動車事故の損害を人工知能(AI)で瞬時に判定するシステムを開発した。2018年夏ごろに実用化し、事故車両の修理見積もりに活用する。業務の効率化を進め、保険金支払いを早める。 AIが事前に学習した約50万件の自動車の事故画像をもと …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノー・日産・三菱自動車、中国の配車アプリ大手「滴滴出行」とEVカーシェアリングで協業

… ルノー・日産自動車・三菱自動車のような業界リーダーと戦略的な提携を行ない、滴滴出行の強みやリソースを共有することによって、私たちはモビリティに対する多様なニーズに応え、シェアリングに基づくオープンな交通のエコシステムを形成することができるようになります。滴滴出行は今後もライドシェア、人工知能(AI)、新 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
エヌビディア、データセンター部門の伸びに注目 【米決算プレビュー】

製品用途は、PCの画像処理から、ゲーム機、専門可視化装置、データセンター、AI(人工知能)、仮想通貨のデータ処理、自動車等へと拡大。任天堂の家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」のメーンプロセッサーにエヌビディア製のモバイルプロセッサ「Tegra」が採用されている。 ゲーム向けのグラフィック処理などに使ってき …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ルノー日産連合、自動運転EVタクシー事業を中国配車大手と計画。将来的には業務提携

ルノー・日産・三菱連合(以下ルノー日産連合)が、中国のライドシェア・配車大手、滴滴出行(ディディチューシン)と将来的な自動運転ライドシェア事業を計画中だと発表しました。ルノー日産連合は、2022年までにEV12車種にくわえて40車種の自動運転車を用意し、配車サービスへの参画を中長期計画に盛り込んでおり、今回 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
市場を結ぶ自動運転

斬新な展示やデモで毎年注目を集める我々のブースだが、今年最も注目を頂いたのが自動運転車の開発に向けたソフトウエア・シミュレーター(AutoSIM)である。 弊社スーパーコンピューター(DGX)の膨大な計算能力で、様々な路面状況や気象状況を含めた道路環境を仮想化する。そのDGXで生成された仮想空間の中に、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
コンチネンタルとNVIDIA、AI開発を介した自動運転システムで提携

この提携では、レベル 2 の自動機能から車両にハンドルやペダルが搭載されていないレベル 5 の完全自動運転機能まで、幅広いAIコンピューターシステムの開発と生産を実現していく。 具体的には双方のエンジニアリングチームが共同で、NVIDIA DRIVEプラットフォームをベースとする自動運転ソリューションの開発を進める。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタがマツダの「燃料喰い」ロータリーエンジンを採用する理由

トヨタ自動車<7203>が次世代ハイブリッド(HV)に、資本提携したマツダ<7261>のロータリーエンジン(以下、ロータリー)を採用することが明らかになった。2018年1月に米ラスベガスで開かれた「CES(国際家電ショー)2018」にトヨタが出展した自動運転車「eパレット コンセプト」の実用で、レンジエクステンダー(発電用 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「NVIDIA、ソニー、クアルコム……「自動運転銘柄」を宣言する技術企業たち:CES2018 BUSINESS INSIDER JAPAN」など、2018年1月17日     ニュース

ニュース
NVIDIA、ソニー、クアルコム……「自動運転銘柄」を宣言する技術企業たち:CES2018

テクノロジーショーであるCES 2018の会場では、社会のアメリカということもあり、昨今の自動運転技術の進展を反映して自動車メーカー展示は多い。そんな中でIT企業として …. CESの会場では、自動運転企業のAptivがライドシェアサービスの米Lyftと協業し、会場周辺で試乗できる自動運転車を用意した。Lyftはライバルで …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
独部品のZF、中国・奇瑞と自動運転で提携

【デトロイト=湯沢維久】独部品大手のZFは16日、中国の奇瑞汽車(安徽省)と自動運転技術で提携すると発表した。ZFは既に自動運転ではGPU(画像処理半導体)大手の米エヌビディアや中国インターネット検索最大手の百度(バイドゥ)と提携しており、奇瑞汽車も含めた連携で中国での自動運転車への部品供給を目指す。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ハンドルもペダルもない完全な自動運転車「Cruise AV」–GMが2019年に発売

General Motors(GM)は、ハンドルもペダルも搭載しない自動運転車「Cruise AV」を2019年に市販する計画を発表した。 … このCruise AVは、GMとして第4世代の自動運転車で、量産が可能な初めてのモデルという。 … このCruise AVは、GMが2016年に買収したCruise Automationの技術をベースに開発したという。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
22歳が仕掛ける「アンバンドル」 自動運転、転換迫る

世界2位の自動車市場である米国。1908年発売の「T型フォード」で量産技術を生み出した自動車大国は今、自動運転や環境といった次世代の分野で、フロントランナーの地位を固めようとしている。今月開催の米家電見本市「CES」と北米国際自動車ショーはこうした技術の祭典となり、自動車産業にもたらす構造変化の大き …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマの全てを変える自動運転時代のイメージセンサー。王者ソニーの苦闘と挑戦

それらと車載用はどう違っていたのだろうか? 今回、ソニーで車載向けセンサー事業を統括する、ソニーセミコンダクタソリューションズ・車載事業部統括部長の北山尚一氏に、ロングインタビューする機会を得た。彼らの4年間の苦闘と、ソニーのセンサーを使った自動運転車の未来が、彼の言葉から具体性をもって見えてきた。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AIで100メートル後方の車両も検出、三菱電機が電子ミラーの新技術

一連の処理を軽量にする工夫により、車載用マイコン上で毎秒30回実行できるようになった。 将来、自動運転車が車線変更できるかを判断するために「必須の技術になる」(三嶋部長)と見込む。三菱電機は今後、ミリ波レーダーなどの他のセンサーとの組み合わせにより、悪天候などで見通しが悪い状況でも高精度に検出できる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
長谷の自動運転車実験 走路に磁気マーカー

国土交通省が伊那市長谷の道の駅「南アルプスむら長谷」を拠点に行う自動運転車の実証実験の準備が始まり16日、磁気センサー搭載の実験車両を定められ … この区間は道幅が4・3~4・5メートルと狭いうえに、今までの実験であまり例のない直角カーブが連続する「クランク」があり、高度な制御技術が要求されるという。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
高級ブランド「キャデラック」に先行導入 GM、EVモデルや自動運転車

米ゼネラル・モーターズ(GM)は15日、高級ブランド「キャデラック」に電気自動車(EV)モデルや自動運転といった先端技術を先行導入することを明らかにした。ハイテク製品ラインとしての歴史的役割を再び担うことで、ブランドイメージの向上につなげるとともに、販売増加を目指す。 GMは中国での急成長を踏まえ、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
レクサスの次世代SUV「LF-1 Limitless」、縦横は「LX」並みで高さは「NX」以下

レクサスブランドの次世代デザインの可能性を示し、自動運転技術を搭載するコンセプトカー」(トヨタ自動車)である。 またレクサスブランドは、2025年頃までに、グローバルに展開する全てのモデルを電動専用、電動グレード設定とする計画である。このため、LF-1 Limitlessも、従来のガソリンエンジンやハイブリッドに加え …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
モーリーが期待する〈新EV時代〉の到来〜新型「日産リーフ」特別対談〜

そして、第2世代となる今回の新型日産リーフには、事故を防ぐこととゼロ・エミッションのための技術を詰め込みました。とはいえ、モーリーさんがおっしゃるように、の楽しさ、移動することで生まれる喜びや感動をお客様、特に若者へアピールしていくことも確かに大切。たとえば、自動運転機能を使うことによって、の中で楽しく …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
トヨタ車にアマゾンAI

【デトロイト=兼松雄一郎】トヨタ自動車が15日、北米国際自動車ショーで米アマゾン・ドット・コムの人工知能(AI)「アレクサ」を搭載した新型車を発表した。車の中から音声で家のエアコンを操作できるほか、ネットでの買い物も可能になる。アマゾンはAIスピーカーで高まるシェアを武器に、自動車も含めた経済圏の拡大をはかって …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
独部品のZF、中国・奇瑞と自動運転提携

【デトロイト=湯沢維久】独部品大手のZFは16日、中国の奇瑞汽車(安徽省)と自動運転技術で提携すると発表した。ZFは既に自動運転ではGPU(画像処理半導体)大手の米エヌビディアや中国インターネット検索最大手の百度(バイドゥ)と提携しており、奇瑞汽車も含めた連携で中国での自動運転車への部品供給を目指す。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転に乗り遅れるな 米整備業界、メーカーに布石

米最大の自動車ディーラー、オートネーションのマイク・ジャクソン最高経営責任者(CEO)は16日、自動運転車の整備・管理事業を拡大する方針を明らかにした。米グーグル系ウェイモと自動運転車の整備で提携したのに続き他社との交渉も始めたという。シェアサービスが普及すれば、自動車販売は苦戦を強いられる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車に乗ってわかった運転がうまい、下手な

… 企業から、新型の自動運転車や近日実施する試験運転の計画、それに新しい提携についての多くの発表があった。ラスベガスのコンベンション・センターの向かいにある駐車場では、いくつかの企業がこうしたに乗れるようにしていた。アプリを使ってリフト(Lyft=サンフランシスコに拠点を置く配車サービス会社)の自動運転車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NVIDIA、ソニー、クアルコム……「自動運転銘柄」を宣言する技術企業たち:CES2018

テクノロジーショーであるCES 2018の会場では、社会のアメリカということもあり、昨今の自動運転技術の進展を反映して自動車メーカー展示は多い。そんな中でIT企業として … DRIVE Pegasusに関しては自動運転のスタートアップ企業のAurora、自動車メーカーではフォルクスワーゲン、ヒュンダイと提携。さらにライドシェア …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマの全てを変える自動運転時代のイメージセンサー。王者ソニーの苦闘と挑戦

彼らの4年間の苦闘と、ソニーのセンサーを使った自動運転車の未来が、彼の言葉から具体性をもって見えてきた。 …. 今回の提携先で言えば、ボッシュやデンソーがこれにあたる)と話す中で色々情報交換をし、「なるほど、そういうニーズならば我々のイメージセンサーのこういう部分を伸ばせば、もっともっと安全性に寄与 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
<JQ>アズジェントが反発 出資企業が自動運転保護で提携

(11時25分、4288)5営業日ぶりに反発している。一時、前日比119円(4.4%)高の2844円まで上昇した。16日の取引終了後、出資するイスラエル企業が、ハッカーからコネクテッドカー(つながる)を保護するための戦略を開発するために、アルパイン(東証1部… [有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「ラスベガスを走る「自動運転タクシー」の正体 東洋経済オンライン」など、2018年1月14日     ニュース

ニュース
ラスベガスを走る「自動運転タクシー」の正体

の開発を手掛けたのは、自動車部品メーカーの英アプティブ(旧・米デルファイ)とタクシー配車サービス会社の米リフト。リフトはあのウーバー・テクノロジーズと双璧をなす米国で人気のサービスだ。 アプティブは、2017年10月に自動運転技術のソフトフェアを開発するベンチャー、nuTonomy(ニュートノミー)社を4億5000万 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「大型の祭典」にも自動運転の波 北米自動車ショー

… 【デトロイト=兼松雄一郎】14日(日本時間15日)に本格的な開幕を控える北米国際自動車ショー(通称デトロイトショー)でプレス発表会が米ゼネラル・モーターズ(GM)を先陣に始まった。自動車メーカーは通常、年初の世界最大の家電見本市CESで自動運転などの近未来技術、長期のサービス戦略を発表し、その翌週の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転に光を照らせ!次世代ランプ、開発最前線

自動運転の本格化に向け、自動車用照明メーカーが次世代ランプの開発に取り組んでいる。小糸製作所は光線の反射で全周囲の歩行者や車両を検知するランプや、走行状況を光で伝える照明の開発に着手。同様の照明は市光工業も手がけ始めた。スタンレー電気や三菱電機はの動線を路上に照射する技術を開発。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
GM ハンドルない、19年実用化 無人タクシーとして使用

米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は12日、ハンドルやアクセルペダル、ブレーキペダルのない量産可能な自動運転車を2019年に実用化すると発表した。共同電によると、特定の場所を走るといった一定の条件下で、全ての操作をシステムが担う「レベル4」に分類される自動運転技術を搭載する世界初の量産に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
GM:ハンドルもペダルもないクルマの登場

自動運転レベルにおいては「4」の相当だ。しかしハンドルもペダルもないとなると、公道を走るためには当然ながら法規対応の変更が必要になる。GMはNHTSA(米国運輸省道路交通安全局)へこれらの車両に対する請願書を提出、従来車両と同等の安全性能を有することが証明できれば、現在の法規制では一社あたり …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタの株価が「2年ぶりの高値」を付けた理由 生き残りをかけた戦いは始まったばかり?

トヨタも例外ではなく、自動運転技術を活用したモビリティーサービス専用のEV(電気自動車)を発表した。 … 向けて、米アマゾンやピザハット、中国ライドシェア大手の滴滴出行などと提携し、2020年代前半のサービス実証を目指すとともに、東京五輪・パラリンピックにもこうした技術を搭載した車両を投入する意向も示している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
日本電産・永守会長が語る、自動車サプライチェーン大変革

今後、制御系や人工知能(AI)はとても大事。キャパシティー拡大のため、独ECU設計会社も買った。だが完成車は作らない。電池など、止まっているものにも興味はない。ロボットも完成品に近い部分までしか手がけない。顧客と競合するものは絶対しないのが、創業以来のポリシーだ」 ―現況と、100年後の未来像をどう見 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「CESで自動運転車を初体験 —— とても退屈で、素晴らしい体験だった BUSINESS INSIDER JAPAN」など、2018年1月11日     ニュース

ニュース
CESで自動運転車を初体験 —— とても退屈で、素晴らしい体験だった

1月10日(現地時間)、同僚と私は自動運転タクシーに乗るために、CESの会場であるラスベガス・コンベンション・センター(LVCC)近くの駐車場に向かった。今回の取り組みでは、Aptivが車両自動運転技術を提供、Lyftが実際の運行を担当している。 我々はラスベガスのドライブを楽しんだ。だが今のところ、CESで体験した中 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Uberが自動運転にNVIDIAの技術を採用、開発ペースを加速…CES 2018で発表

Uberは、ボルボ『XC90』SUVの最初のテスト車両で、NVIDIA GPUコンピューティングテクノロジの使用を開始。現在では高性能のNVIDIAプロセッサーを使用して、自動運転/配車車両自動運転の貨物トラックの両方でディープニューラルネットワークを稼働させている。以来、Uber車両の開発ペースは急激に加速しており、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
インテル傘下のMobileye、今後の自動運転プロジェクトの詳細など明らかに

Mobileyeの最高経営責任者(CEO)で最高技術責任者(CTO)のAmnon Shashua氏は、自動運転車の開発における重要分野に関して、センシング、REM(Road Experience Management)、運転ポリシーなどを挙げている。 この方針に従い、Mobileyeの2018年の「マスタープラン」には、レベル4(L4、高度に自律的な運転が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転向け技術をCESで披露、存在感を強調するNXP

NXPは、LG Electronicsおよび、アルゴリズム関連の専門技術を提供するドイツHELLA Aglaiaと、先進運転支援システム(ADAS)や自動運転車向けの技術開発で協業するという。これが、CESにおけるNXPの発表の目玉の1つだ。この協業により、NXPが「S32V」プロセッサをベースとして開発した、ADASおよび自動運転車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転の実験、杉並で開始 住宅街の公道は都内初

住宅街の公道を利用した東京都内初の自動運転車の実証実験が11日、杉並区内で始まった。自動運転技術開発を手がけるアイサンテクノロジーのほか東京大学、測量会社の第一航業(東京・杉並)が杉並区の支援を受けて実施した。区立の井草森公園の周囲の都道・区道約1キロを、ミニバンをベースにした自動運転車が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米運輸当局、トラックや列車の自動運転で新たな政策指針策定へ

道路交通安全局(NHTSA)は自動運転車に対する「不必要な規制の障壁」や安全性の検証と認証の方法に関して意見を求めている。連邦公共交通局や連邦高速道路局も意見を公募している。これらの意見は同省の連邦自動運転車政策の第3版の作成に利用される。チャオ長官によると第3版は今夏に公表される見通し。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車技術のためのディストリビューションAutomotive Grade LinuxをToyotaとAmazonがサポート

AGLはそれに対してさらにセキュリティを厚くし、自動運転車をハッカーにやられないようにしたい。遠隔通信や地図関連の技術も重要だ。とくに地図データは、各社ばらばらでなく、全メーカーが共有できる形式であることがきわめて重要だ。地図の共通化は、AGLがメインの課題として追究している安全性の面でも欠かせない。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転 通行量の多い市街地で実証実験 東京 杉並区

自動運転の実用化に向けて東京 杉並区で、人やの通行量が比較的多い市街地を自動で走行させる実証実験が行われました。 続きを読む. この実証実験は、杉並区や自動運転技術開発に取り組む民間企業、それに東京大学などが共同で行ったものです。 の上部には特殊なセンサーがあって人や障害物を検知できる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アウディが2018年に自動運転「レベル3」のA8を発売予定。日本での発売は?

clicccar.com(クリッカー)
2018年、本国ではいよいよ世界初の自動運転レベル3の製品としてA8がデビューの予定です。すでにドイツでは法整備が整い、あとは国際的な技術基準が整えられ、その技術認証がクリアとなればレベル3自動運転車としてデビューとなるそうです。デビュー時には時速60km以下の自動車専用道路に限って使用できるものとなり …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
OKIグループとアヴネット、自動運転向けのAIボードを開発

OKIグループの設計受託企業であるOKIアイディエスは、技術商社大手のアヴネットと共同でレベル4~5の自動運転車に向けた人工知能(AI)コンピューターボードを開発した(リリース)。2018年2月からアヴネットが国内で販売する。将来的にはアジアにも販路を広げる。ボードは開発・評価用であり、実際のシステム開発をOKI …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ルノー・日産・三菱がベンチャー・キャピタルを設立 バッテリーや自動運転など新たなモビリティに5年間で …

ルノー・日産・三菱の約10億ドルという出資額は、CVCを持つ自動車メーカーとしては最大となる。 BMW iVenturesもGM Venturesも、ベンチャー・キャピタル運営の経歴が長いが、ファンド規模は彼らより小さい(BMWは、iVenturesの次の10年での投資総額を5億ドル以上に増やしている)。トヨタもロボティクスや人工知能の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
CESで自動運転車を初体験 —— とても退屈で、素晴らしい体験だった

1月10日(現地時間)、同僚と私は自動運転タクシーに乗るために、CESの会場であるラスベガス・コンベンション・センター(LVCC)近くの駐車場に向かった。今回の取り組みでは、Aptivが車両自動運転技術を提供、Lyftが実際の運行を担当している。 我々はラスベガスのドライブを楽しんだ。だが今のところ、CESで体験した中 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転向け技術をCESで披露、存在感を強調するNXP

同プラットフォームはBaiduが開発したもので、“ロボットカー向けAndroid”としても知られている。この提携により、NXPの半導体チップがApollo Open Autonomous Driving Platformをサポートできるようになるとしている。 こうしたさまざまな発表内容から、NXPが、「ADASや自動運転車向けオープンプラットフォームの強力な …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、何でも出来る・使えるクルマ「e-Palette Concept」を「CES」に出展

提携する米ウーバーテクノロジーズ、マツダに加え、新たにアマゾン、ピザハット、滴滴を含めた計5社を第1弾パートナーとして、多機能車両を開発する。 また、トヨタが培ってきた安全性の高い車両制御技術を用いて開発した車両制御インターフェースを自動運転キット開発会社に開示する予定だ。自動運転キット開発会社は、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「VWとウーバー、自動運転向けにエヌビディアの技術採用 ブルームバーグ」など、2018年1月8日     ニュース

ニュース
VWとウーバー、自動運転向けにエヌビディアの技術採用

グラフィック半導体の米 エヌビディアは、同社の人工知能(AI)に関する専門知識・技術を ウーバー・テクノロジーズとフォルクスワーゲン(VW)が自動運転車の実用化のために採用すると発表した。 エヌビディアの … VWはインテリジェント・コパイロット・システムの開発にエヌビディアの技術を取り入れる。両社が発表した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米ラスベガスで開幕へ 次世代技術競う

日産は、運転手の脳波を測定することで、実際にハンドルやアクセルを操作する前にシステムが作動してイメージ通りの運転を可能にしたり、自動運転時の安全性を高めたりする技術を発表する。トヨタのAI開発子会社は車外の状況を把握するセンサー類を高度化した新しい自動運転実験を公開。自動運転技術やAIの開発を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米家電見本市が9日開幕、つながるやAIに注目

人工知能(AI)を搭載した機器の展示が増えるほか、自動運転やコネクテッドカー(つながる)など自動車関連の技術も多く紹介される。家電業界と他の業界との垣根がなくなり、最新の技術を紹介する展示会としての様相が色濃くなっている。 「1年前は200だった自動運転の協業先が、300以上に増えた」。開幕に先立つ7日、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
現代自、米オーロラと自動運転車を共同開発

現代自、米オーロラと自動運転車を共同開発. 韓国・現代自動車グループは4日、米オーロラと組み、自動運転車を開発すると発表した。2021年までにドライバーが運転に関与しないレベル4(米国基準)技術の実用化を目指す。自動運転技術の実証実験に適した「スマートシティー」を選定して、テスト走行を実施する。 まずは、燃 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタの自動運転テクノロジーは人間を超えた!? 全周囲200mをセンシングする「Platform 3.0」

clicccar.com(クリッカー)
ガーディアン(高度安全運転支援)とショーファー(全自動運転)という2つの方向で自動運転テクノロジーを開発しているトヨタ。北米の子会社で人工知能等の研究開発を担うToyota Research Institute, Inc.(TRI)の開発した次世代の自動運転実験「Platform 3.0」を発表しました。 旧型のレクサスLSをベースとした実験 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ドライバーの脳波を「先読み」してを制御、日産が開発

つまり、自律自動車が路上を走るようになるまで、実際にその技術にお目にかかることはなさそうだ(「完全自律型自動車 2021年に販売開始」を参照)。 それなのに、なぜ関心を集めているのか。自動運転の時代が来ても多くの人々は運転を楽しみたいはずだ。そのとき、より安全な運転のためにこの技術は役立つと日産は主張 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノー・日産・三菱自、新興企業に年230億円投資

仏ルノー・日産自動車・三菱自動車の連合は自動運転などの分野で優れた技術を持つ新興企業を対象とする投資ファンドを設立する。2018年から毎年2億ドル(約230億円)規模を投資する方針だ。同企業連合は2022年までに人が運転に関与しない完全自動運転車を実用化する計画を示しており、投資先の技術を活用して …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NVIDIA、自動車向けARプラットフォーム「Drive AR」発表

こうしたARとしての機能は自動運転技術が進歩することで、カメラによる周辺環境のマッピングや認識が進むため可能になります。 NVIDIAのCEOジェンスン・フアン氏は、「をさらに未来に向けて次のレベルに押し上げることができる」として、この「Drive AR」を紹介しました。具体的に採用される車種などは不明ですが、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
今年のCESの主人公は“スマートシティ”

革新技術展示会」と呼ばれるに相応しい。 今年CESが投げかける話題は「スマートシティ」だ。かつて個人用スマート機器で革新を繰り返し、昨年はスマートホーム、今年はスマートシティにまで拡張された。人工知能(AI)とモノのインターネット(IoT)、5世代(G)通信、自動運転車、ロボットなど、先端技術を組み合わせた結果だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転に光、照明メーカーが次世代ランプ開発に拍車

自動運転の本格化に向け、自動車用照明メーカーが次世代ランプの開発に取り組んでいる。小糸製作所は光線の反射で全周囲の歩行者や車両を検知するランプや、走行状況を光で伝える照明の開発に着手。同様の照明は市光工業も手がけ始めた。スタンレー電気や三菱電機はの動線を路上に照射する技術を開発.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
今年のCESの主人公は“スマートシティ”

かつてテレビ、オーディオなどが主役だったとすれば、自動車、ドローンはもちろん、人工知能(AI)のような先端技術が席巻している。「革新技術展示会」と呼ばれるに相応しい。 今年CESが投げかける話題は「スマートシティ」だ。かつて個人用スマート機器で革新を繰り返し、昨年はスマートホーム、今年はスマートシティにまで …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米ラスベガスで開幕へ 次世代技術競う

開幕に先駆け、中国のEVベンチャー、フューチャー・モビリティーは7日、「バイトン」ブランドで、次世代高速通信や顔認証による解錠、米アマゾン・コムの音声AI「アレクサ」といった最新技術に対応し、音声や手ぶりでカーナビなどを操作できるコンセプト車を公開した。自動運転機能も搭載する。「自動車とIT両業界にまたがった …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車・輸送機 ニュース

自動運転の本格化に向け、自動車用照明メーカーが次世代ランプの開発に取り組んでいる。小糸製作所は光線の反射で全周囲の歩行者や車両を検知するランプや、走行状況を光で伝える照明の開発に着手。同様の照明は市光工業も手がけ始めた。スタンレー電気や三菱電機は車の動線を路上に照射する技術を開発.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
LG電子、ADAS開発で世界大手と提携

韓国のLG電子は、自動運転車に用いる先進運転支援システム(ADAS)に関する次世代技術開発でオランダの半導体大手NXPセミコンダクターズと、ドイツの自動車部品メーカー・ヘラと提携した。 LG電子の「次世代ADASカメラおよび映像認識・制御アルゴリズム」と、NX… 関連国・地域: 韓国/欧州. 関連業種: 自動車・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「【市場をにぎわす5大テーマ】(4)次世代自動車~ニッポン基幹産業でもゲームチェンジ? まぐまぐニュース!」など、2017年12月31日     ニュース

ニュース
【市場をにぎわす5大テーマ】(4)次世代自動車~ニッポン基幹産業でもゲームチェンジ?

それこそ人の操作が不要な「自動」になっている可能性は高いと見られている。もちろん、 … これにともないエンジンがなくなり、電気自動車(EV)が中心の世の中になるのではないかと見られ、株式市場でもEV関連の銘柄が買われた。 … 自動運転にも必要な技術で、道路や歩行者の情報を外から得て事故を防ぐ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
免許証はいらない?自動車業界の重鎮が2050年に消えるものを予言

ドイツのダイムラーが使い始めたと言われており、Connected(つながるクルマ)、Autonomous(自動運転車)、Shared(配車サービスなど)、Eelectric(電気 … そのためには従来のハードを中心としたメカニカル・エンジニアリングに加え、AI・ビッグデータなどのソフトウエア技術、さらにはロボティクスなどの新しい技術で、人に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
三菱電機、「CES2018」に出展

次世代の運転支援技術を搭載したコンセプトカー「EMIRAI4」を紹介・最新のHMI(ヒューマンマシンインターフェース)技術を搭載し、安心・安全・快適なコックピットを実現。 ・広角カメラ型ドライバー … 北米で実証実験中の自動運転技術搭載「xAUTO-US(エックスオートユーエス)」を紹介。 ・自律型走行技術とインフラ型走行 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
免許証はいらない?自動車業界の重鎮が2050年に消えるものを予言

ホンダは2017年1月、米ラスベガスで毎年、開催されている世界最大の家電見本市で、提携先のソフトバンクの人工知能「感情エンジン」を搭載した世界初のコンセプトカーであるEVコミューター「ホンダNeuv(ニューヴィー)」を公開したが、そのコンセプトが端的に次世代のクルマ社会を物語っている。クルマが、所有者や家族と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「渋滞や工事情報も組み込んだ自動運転向け「ダイナミックマップ」–KDDIら3社が実証実験 CNET Japan」など、2017年12月26日     ニュース

ニュース
渋滞や工事情報も組み込んだ自動運転向け「ダイナミックマップ」–KDDIら3社が実証実験

KDDI、ゼンリン、富士通は12月26日、完全自動運転時代の「ダイナミックマップ」生成に必須技術となる大容量データの情報収集と、自動運転車へのマップ配信技術の実証実験を、2018年1月に開始すると発表した。 ダイナミックマップは、自動運転や運転支援システムに必要となる高精度の3次元情報を持つデジタル地図 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
バイドゥ、自動運転技術を盗んだと元幹部を提訴

しかし、自動運転車をどこよりも先に路上で走行させようという競争は熾烈で、中国だけを見ても、バイドゥは滴滴出行(ディディチューシン)などのライバル企業と競争を繰り広げている。(Uberを中国から締め出したことで知られる)ディディチューシンは、「AIに基づくセキュリティとインテリジェントな運転技術」を開発するための研究 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
三菱電機の考える自動運転 準天頂衛星によるセンチメートル級の自位置測定が可能に

三菱電機の予防安全(自動運転)コンセプトは「大切にしたいのは、どんな時でも人を想うこと」。自動運転の機能を実現するだけでなく、クルマとドライバーとの関係性を大事にしたいという思いが見える。これを支える技術コンセプトとして「ドライバーと常に寄り添う」「乗る人すべてに心地よく」「宇宙(そら)からクルマを見守る」の3 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アップルが自動運転技術の「チラ見せ」に追い込まれた理由

アップルの研究者が自動運転自動車用に開発中の機械学習テクノロジーの内容を珍しく少しだけ明らかにした。 12月第2 … 講演内容はアップルが11月にオンラインで公開した論文に関するもので、3次元座標における点群(ポイント・クラウド)情報から歩行者や車両を認識するためにシステムを訓練するというものだ。 ほかに …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマでIntelやQualcommには負けない、ルネサスCEO

まず、我々が車載半導体事業でターゲットにしているのは、メインストリームの量産数が大きいクルマ(以下、量産)ということだ。量産がレベル4とかレベル5と言われている完全自動運転車になるのはかなり先のことで、2030年でもそうはなっていないだろう。1000万円、2000万円もする高級に向けて、自動運転の機能を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転技術搭載!日産エクストレイルが当たる「ザテレビジョン」のお年玉企画

また、日産を象徴する「Vモーション」を拡大採用。ヘッドライトまわり … 装備面では、リアバンパー下に足先を入れて引くだけでバックドアを自動開閉できる、欧州などでも人気の装備「ハンズフリー機能付きリモコンオートバックドア」を採用。 … 先進技術を搭載したエクストレイルをゲットして、2018年を革新的な1年にしよう!
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
燃料電池、2030年には市場が170倍に拡大

ホンダ社長の八郷隆弘氏は「2030年をメドに、車両の販売台数の2/3をHEVやプラグインハイブリッド(PHEV)、電気自動車(EV)、FCVといった電動に置き換えていく」と語っている。その基となるのが、クラリティフューエルセルのPFだ。共通のPFを活用することで、電動の低コスト化や車種展開の加速を狙う(関連記事: …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
大型貨物船の自動運航開発プロジェクト

自動運転技術開発が進んでいるが、実は船でも自動運航を目指す動きが出ている。将来、大型の貨物船を自動で運航させるため、新しい技術を開発するプロジェクトの様子が公開された。 26日に公開されたのは、日本郵船が船舶用の機器メーカーなどと共同で進めている研究プロジェクトで、船の運航の自動化を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アルプス電気「CES 2018」にて自動運転向け入力技術等を紹介

① 車載用静電入力デバイス 未来の自動運転車に向けてアルプス電気が提案するのは、静電方式による入力デバイス。 ジェスチャー/タッチによる運転席周辺の入力操作が可能です。高感度の静電センサと独自アルゴリズム・ASIC設計により、メニュー選択などをタッチパネルに直接触れずに、かつ精度良く入力できるため、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
軽二輪中古販売、2.4%減の1万0254台で3か月ぶりのマイナス 11月

全国軽自動車協会連合会は12月25日、11月の軽二輪車(126~250cc)中古販売台数を発表。前年同月比2.4%減の1万0254台で3か月ぶりの … 減の1825台、スズキは同7.5%減の1595台。輸入などその他は同10.1%減の411台だった。 …. 自動運転実現の一端を担うデンソーテンとは!? センシング技術や情報分析 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動車・輸送機 ニュース

日本電産は2020年までに同社初となる自動車テストコースを国内に新設し、車載部品の開発を加速する。車載事業は20年度に売上高1 … (2017/12/26 05:00). ヴァイナス(大阪市北区、藤川泰彦社長、06・6440・8111)は、人工知能(AI)を活用して車や航空機などに使う流体解析シミュレーションの時間を半減以下にする.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
人工知能の今後の重要キーワードは「相互作用」「理解」「交感」…韓国マーケティング企業が報告

韓国・ヒュンダイ自動車系列のマーケティング企業「INNOCEAN Worldwide(以下、INNOCEAN)」が、「人工知能から感性知能に」というレポートを発表した。分析を担当したのはINNOCEANのビッグデータ分析担当組織「デジタルコマンドセンター」。分析対象は、韓国内のポータルサイト、ブログ、カフェ、SNSコミュニティ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【2017年 産業界10大ニュース】変化の速い「時代」、順応する力重要に

日刊工業新聞社は2017年の10大ニュースを選定した。株価がバブル崩壊後最高値になるなど景気回復基調が鮮明になったことが1位となった。それ以外では人工知能(AI)の普及、電気自動車(EV)へのシフト、働き方改革など社会変革を表すニュースが多かった。一方、素材産業でのデータ改ざんや自動車業界での無資格 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「2018年の日経平均は2万7000円に達する可能性も」大和証券 野間口毅氏

11月上旬から12月下旬の日経平均は2万2000円〜2万3000円のレンジでもみ合う展開が続いた。その直接的な要因は海外投資家の動きが鈍ったことだ。東京証券取引所及び大阪取引所が発表する投資部門別株式売買動向(週間ベース)によると、海外投資家は現物と先物の合計で9月第2週から11月第1週まで日本株を8 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
バイドゥ、自動運転技術を盗んだと元幹部を提訴

バイドゥは、Microsoftをはじめとする50社以上の企業と提携して、2020年までに自動運転車を路上で走行させることを目的とした「Apollo」というプロジェクトに取り組んでいる。同社の最高経営責任者(CEO)を務めるRobin Li氏は、北京の路上で自動運転車を試験したことで罰せられたことを人工知能(AI)に関する自社の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「自動車部品メーカーが見据える2020年以降 日経テクノロジーオンライン」など、2017年11月14日     ニュース

ニュース
自動車部品メーカーが見据える2020年以降

ディーゼル不正問題は自動車業界に衝撃を与え、欧州に限らず各国の自動車人工知能については未解決の問題が山積しており、ステップ・バイ・ステップで …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車産業は「ハード」から「サービス」へ ーー配車サービス「Lyft」の魅力は自動運転プラットフォーム

Drive AI : 2015年にスタンフォード大学の人工知能ラボにいた研究員によって創設された企業。ディープラーニングを基とした自動運転ソフトウェアを自家用車から …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
三菱電機とHERE、「自動運転時代の中核サービス」で提携

三菱電機とHERE、「自動運転時代の中核サービス」で提携 … 交通渋滞や事故の情報などをや歩行者などにリアルタイムに提供するサービスの開発を進める。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車産業は「ハード」から「サービス」へ ーー配車サービス「Lyft」の魅力は自動運転プラットフォーム

Lyftのサービスプラットフォームでは約10がDrive AIのシステムを使った自動運転・配車仕様となっている。アジア地域ではUberの競合「 Grab 」と提携をして …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
高度運転支援(ADAS)・自動運転に欠かせない位置情報技術で3グループが相次いで連携

clicccar.com(クリッカー)
ADAS(高度運転支援)・自動運転には、自の位置を正確に認識する位置情報技術が … 今回、明らかになった3グループの提携で目立つのが、位置情報技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「自動運転、五輪で主役デビュー 競技場まで選手送迎も 日本経済新聞」など、2017年11月10日     ニュース

ニュース
自動運転、五輪で主役デビュー 競技場まで選手送迎も

このため、長い年月をかけて運転手のデータが蓄積され、「単なるクルマに … などとも提携するなど、これまでの「自前主義」にこだわらない開発体制も敷き、自動運転 … 高速道路入り口を通過すると自動運転モードに切り替わり、前方車両の追い越し …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ウーバーが「空飛ぶタクシー」実験、管制でNASAと提携

将来的には無人運転にする方針。空の自動運転は地上に比べ障害物が少なく、空間に余裕があるため、技術的には自動運転車よりも早く実現できるといわれて …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
人工知能社会へ、また一歩 完全自動運転で先行、米で配車試験へ

将来、自動車産業を大きく変える可能性を秘めることから、日本勢を含む自動車大手や米アップル、米配車サービスのウーバー・テクノロジーズなどが相次いで …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタに強気評価、国内有力証券は目標株価引き上げ

同証券では18年3月期の連結営業利益を会社計画の2兆円から2兆500億円(前期3%増)への再増額修正を予想。また、電気自動車(EV)やAI(人工知能) …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
BMWコネクテッド、Googleアシスタントと連携へ

Googleアシスタントは、グーグル(Google)が開発したAI(人工知能)アシスタント。「Ok Google」と話しかける、またはホームボタンを長押しするだけで会話を始め …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【横浜ゴム】タイヤ設計と材料開発にAI活用

横浜ゴムは10月23日、タイヤのゴム材料と形状設計にAI(人工知能)を活用したタイヤ設計技術を開発したと発表した。高性能タイヤの開発精度や開発スピードを …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
東京モーターショーを一般公開 「未来の車」へ信頼確保も

… ショーの一般公開が28日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で始まった。国内外の約150社が参加し、自動運転や電気自動車(EV)、人工知能(AI)などの先端.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
三菱電機、準天頂衛星「みちびき」を利用する自動運転も発表した「アドバンストソリューション2017」

このクルマで実際に道路を走行することで、建物、白線、標識などの道路周辺情報を3次元レーザー点群とカメラ画像で取得し、AI技術も用いて自動運転用の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車大国日本が誇る「つながるクルマ」は何が間違っているのか (1/3)

… システムとセキュリティ」「自動運転時代のコネクティビティとデータ活用」(以上、初日)、「次世代コネクティッド・自動運転技術」「スマートモビリティと次世代の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
《日経Robo》社外取締役は久多良木氏、恵比寿にある謎のAIベンチャー

米国、カナダ、中国、インド、ドイツなど世界10カ国以上から集まったエンジニア約20人がディープラーニング技術や強化学習をロボットや自動運転車に生かすべく …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【藤井真治のフォーカス・オン】コネクティッドカーは儲かるのか?“クルマ屋”の限界と可能性

EVの商品化で先行している日産は新型『リーフ』とその延長上にある自動運転車を … 日産は東館の大きな展示コーナーと同じく、ここでも新型リーフとその技術が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ソニーのはゲームコントローラーで運転!? – ドコモ「5Gが創る未来のライフスタイル」から

次世代通信技術「5G」は、私たちの生活にどのような変化をもたらすのでしょうか? … ところで、未来のクルマとなると自動運転にも注目が集まっています。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
かえひろみが未来のEVや自動運転技術に触れる! 東京モーターショー2017!【日産・三菱・マツダ編】

2017年10月27日(金)~11月5日(日)の期間で行われた「第45回 東京モーターショー2017」。FM NACK 5「Nutty Radio Show THE魂」やラジオ日本「Hello!
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ホンダ・スポーツEVコンセプトは発売される? デザイン統括担当者に直撃インタビュー

アーバン/スポーツEVコンセプトは、これから自動運転や電動化など、自動車技術がどんどん変わっていくなかで、クルマがどうなっていくのかということを考え …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
市場縮小が止まらないバイク市場、メーカーが見据える未来とは

これは若者のクルマ離れでも言われることですが、近年はスマートフォンの普及などによる … そして自動運転バイク「モトロイド」は「人とマシンが共響(きょうめい)する … 私たちヤマハもLMWテクノロジーや自動運転技術などを磨いて、消費者に新しい …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「便利さ」の支払う代償

の記事の中で、ここ数年でAIを活用した技術がどんどん進んできていて、今年の東京モーターショーでそれが … 自動運転の実用化はもはや時間の問題です。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「自動運転車、住民参加で実験開始 神戸の高齢化地区 朝日新聞」など、2017年11月8日     ニュース

ニュース
自動運転車、住民参加で実験開始 神戸の高齢化地区

自動運転車、住民参加で実験開始 神戸の高齢化地区 … 人工知能(AI)の技術などはNTTドコモが提供した。4人乗車可能で、運転席には緊急時に備えて運転手 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノー、プロ並みの危険回避力をもつ自動運転車「CALLIE」を開発。実際にプロドライバーの技術を参考

フランスの自動車会社ルノーが、自動運転車のプロトタイプ「CALLIE(キャリー)」を開発しました。その特徴は、”プロドライバーから開発のインスピレーションを得 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【公道で自動運転 試乗】高速道路で巧みに合流、驚いた! 日産プロパイロット

日産の自動運転開発ではすっかりお馴染みとなっている方だ。 … これまで速度差を合わせてクルマが自動で合流するのは技術的にもかなり難しいとされてきた …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転技術はいつ普及する?東京モーターショー2017で見えた現在地

三菱電機は、カメラ、ミリ波レーダー、準天頂衛星対応高精度ロケータなどを搭載した自動運転技術車を紹介。こちらはすでに2016年5月から高速道路で実証実験 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
解像度4倍の新型ライダー開発、完全自動運転向け…米ベロダイン

米国カリフォルニア州シリコンバレーに本拠を置き、車両の周囲の物体を検知するセンサー、「LiDAR」 … 自動運転車の中核となるセンサー技術を開発している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
テンセントが独自の自動運転システム開発 テスラ第4位株主、協力は不明

自動運転車市場に進出する中国企業としては、これまでで最大となる。 関係者によると、 … 馬化騰会長は3月、自動運転車向けのAI技術の開発に意欲を示した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
OKI、の高速逆走を検知、本庄工場に試験コース

センサーや画像処理技術を使って、高齢者らが運転する自動車の逆走を検知する技術自動運転向け技術について研究開発を進める。あらゆるモノがネットに …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
HEREが富士通と協業、強みを持ち寄り位置情報サービスを開発

富士通が持つ位置情報サービスやデータ分析技術と、HEREの自動運転向け高 … 日本政府が公表する自動運転車の事業化のロードマップも踏まえ、具体的な …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
モーターショー展示の未来の 人の感情を理解する技術

世界10か国から150社・団体が出展するなか、その多くがEV(電気自動車)やAI(人工知能)・自動運転など「自動車」の枠組みを越えた未来の技術を披露した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
焦点:トヨタ連合がEVで反撃、基盤技術を標準化 未来の勢力図見えず

11月8日、電気自動車(EV)で出遅れるトヨタ自動車を中心とした企業連合が、ようやく「反撃」の動きに出始めた。EV基盤技術の標準化だ。写真は人工知能技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマに乗り込むスマホアプリ、トヨタとLINEが共同開発

トヨタ自動車は、LINEの人工知能(AI)アシスタント「Clova」を車載機器と連携させるデモを「第45回 東京モーターショー2017」(東京ビッグサイト、一般公開:10 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
独ダイムラー、自動会話サービス「アスクメルセデス」を発表

写真・図版 11月7日、ドイツ自動車大手ダイムラーは、学習型AI(人工知能)機能を持つチャットボット(自動会話プログラム)型の顧客支援サービス、「アスク …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
<経済編>環境にやさしい未来の車集まる

東京・江東(こうとう)区の会場では、電気でモーターを動かして走る電気自動車(EV)や、コンピューターの人工知能(じんこうちのう)(AI)が人の代わりに運転を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
モーターショー展示の未来の車 人の感情を理解する技術も

世界10か国から150社・団体が出展するなか、その多くがEV(電気自動車)やAI(人工知能)・自動運転など「自動車」の枠組みを越えた未来の技術を披露した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
中国NEV法公布で、日系の自動車業界どうなる?

簡単に説明すると、一定量以上のEV(電気自動車)、PHV(プラグイン … トヨタ社内で「愛Car」と呼ばれている、人工知能搭載の次世代ビークルが、初の量産EVに …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、イスラエルで投資拡大-ロボットや自動運転分野

【テルアビブ=ロイターES・時事】トヨタ自動車はイスラエルのロボットや自動車技術への投資を拡大する方針だ。人工知能(AI)やロボット技術に投資するトヨタの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
HEREが富士通と協業、強みを持ち寄り位置情報サービスを開発

富士通とHEREは2017年11月7日、先進モビリティサービスの開発に向けた提携に … 富士通が持つ位置情報サービスやデータ分析技術と、HEREの自動運転向け高 … 日本政府が公表する自動運転車の事業化のロードマップも踏まえ、具体的な …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルネサスが車載半導体シェア30%を狙う「何が何でも成功したい」 (1/2)

半導体大手、ルネサス エレクトロニクスが「自動運転」という世界的な潮流を … Foundation(AGL)、長城汽車らとの提携を発表し、トヨタ「カムリ」や日産「リーフ」など … されたのが、トヨタが2020年に実用化を目指す自動運転車への製品採用である。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「日立、クルマの自動運転技術なども紹介された「Hitachi Social Innovation Forum 2017 TOKYO」 Car Watch」など、2017年11月7日     ニュース

ニュース
日立、クルマ自動運転技術なども紹介された「Hitachi Social Innovation Forum 2017 TOKYO」

日立製作所は11月1日~2日、東京・有楽町の東京国際フォーラムにおいて、「Hitachi Social Innovation Forum 2017 TOKYO」を開催した。日立グループ世界 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転ウェイモ、米大手ディーラーと提携 保守業務を委託

ウェイモをはじめ、自動運転技術を推進する企業は、自動運転車が2020年頃から、主にローコストなオンデマンド配車サービスで普及すると考えている。もしそう …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
視界の悪い環境でも自動運転、カギは「測位技術」と「地図」

三菱電機は、高精度な衛星測位技術とセンシング技術を組み合わせた自動運転の実証実験「xAUTO(エックスオート)」を、「第45回 東京モーターショー2017」( …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ副社長、原価低減「自動運転など先端技術の原資稼ぐ」

トヨタ副社長、原価低減「自動運転など先端技術の原資稼ぐ」 … について「中長期ではこれから自動運転、燃料電池、EV(電気自動車)、コネクテッド(つながる) …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
除雪自動運転、東日本高速が北海道で試行

東日本高速道路(NEXCO東日本)は除雪自動運転を目指して日本独自の … ICT(情報通信技術)の活用によって経験の浅いオペレーターでも的確に操作 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルネサス トヨタが目指す自動運転機能用の半導体がルネサス製品に決定

ルネサス トヨタが目指す自動運転機能用の半導体がルネサス製品に決定 … デンソーが自動運転用ECUの開発を担当するが、車両周囲のセンサー情報をもとに自 … になることが見込まれ、中国の自動車メーカーも一斉に電動化技術の導入を開始し …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
テスラ株主の中国テンセント、独自の自動運転技術を計画-関係者

中国のテンセント・ホールディングス( 騰訊)は独自の自動運転システムを開発している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。米アルファベット傘下ウェイモ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転テーマに群大でシンポ 来月2日

群馬大が研究に取り組んでいる自動運転をテーマにした社会情報学 … 自動運転技術をどのように活用すれば、地域社会に貢献できるのかなども考える …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
東京モーターショー閉幕、日系も電気化・スマート化―中国メディア

また、100%自動運転を達成し、将来は持ち主を空港や駅まで送っていき、だけ帰るというのが現実になる可能性がある。 … 益子CEOは、「電気化、スマート化、ネットワーク化といった新技術が自動車分野で急速に発展し、中国市場でより急速に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
1個の光源で2通りの車内照明に、Schott社が開発

分岐数やチューブの長さは車両の特性に合わせて変更可能。1個のRGBのLED … さらに吉武氏は「マルチライトは自動運転技術との相性が良い」と強調する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
コンセプトカーはハリボテか、コミットメントか

1つはトヨタ自動車の「TOYOTA CONCEPT-愛i」。搭載された人工知能システム「Yui(ユイ)」は、ドライバーの嗜好や感情を分析し、ドライブコースの提案などをし …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
三菱自動車工業の17年4~9月期、最終損益483億円の黒字

企業がネット上に開示した決算発表資料から業績データやポイントを人工知能(AI)技術を使って自動で文章を作成しました。詳しくはこちらをご覧ください.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
東京モーターショー閉幕、日系車も電気化・スマート化―中国メディア

今年のテーマは「ビヨンド・ザ・モーター」(エンジンを超えて)で、三菱自動車、 … この車は三菱自動車の電気自動車技術、四輪駆動技術、新しい車載型人工知能(AI)技術を … 新時代に入り、電気化とスマート化が従来の自動車メーカーに新たな課題を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【「01」発想講座】2018年主流は「電気自動車」 鍵握るAI、業界再編の動き加速

鍵を握るのはバッテリーやモーターではなく、電子システムを制御管理するエレクトロニクスであり人工知能(AI)だ。 … 気になるのは、電気自動車の乗り心地だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動運転ウェイモ、米大手ディーラーと提携 保守業務を委託

グーグル系の自動運転車開発企業「ウェイモ(Waymo)」が、全米最大手の自動車ディーラー「AutoNation」と提携したことが明らかになった。自動運転車業界に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「自動運転技術に群がる新興企業、成功への「狭き道」 ダイヤモンド・オンライン」など、2017年11月1日     ニュース

ニュース

自動運転技術に群がる新興企業、成功への「狭き道」

10月27日、シリコンバレーで最も注目されている企業の1つである米電気自動車大手テスラに勤めていたLei Xu氏とJustin Song氏は、自動運転車への関心や …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

グーグル、育てAI運転手 「謎の城」で特別訓練

米グーグルは30日、自動運転車の試験場として作った「架空の町」を初めて公開 … カリフォルニア州の米軍基地の跡地にある91エーカー(0.36平方キロメートル)もの広大な敷地を使い、グーグル系のウェイモが自動運転技術の開発を進めている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

百度・李CEO「完全自動運転車が来年から走る」

百度は自動運転技術を提供し、北京汽車は設備機器の生産を請け負う。2019年には自動運転技術「レベル3」の自動運転自動車の量産を、2021年には「 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

難しい右折可能に 自動運転の新技術

日産自動車自動運転開発部の飯島徹也部長は、「この場所からスタートして、この場所に戻ってくる。基本的に一切、「手」操作はしない。全部自動でやる」と話した …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

KPMG、自動車・運輸産業に向けたホワイトペーパーを刊行

人工知能(AI)の1つの形態であるディープラーニングの進化が、自動運転技術を劇的に進化させるとともに、自動車業界のみならず運輸産業をも変えつつあります …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

未来を感じる東京モーターショーに登場の次世代コンセプトカーを一気にチェック

2年に1度のクルマの祭典「東京モーターショー」が11月5まで開催中です。第45回となる今回のショーテーマは「BEYOND THE MOTOR」。自動運転やAI技術、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

今マツダに何が起きているのか? スカイアクティブX誕生の背景とは?

そのために、マツダのコーポ―レートビジョンには、クルマを通じて人生を豊か … さらに、自動運転技術の標準化は2025年を目指す「コ・パイロットコンセプト」と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

倒れないバイクが世界初公開! ホンダとヤマハの違いは?

また、自動運転技術は搭載されていない。 … ヤマハがワールドプレミアした自立バイク「MOTOROiD」は、検証実験車両となるため、そもそもが発売を想定した …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

自動車を含む様々な分野に役立つ最先端のテクノロジーが集結!【CEATEC JAPAN 2017】

電子情報技術産業協会(JEITA)、情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)、 … 自動運転を見据えた技術としては他に、4代目卓球ロボット「フォルフェウス」で話題を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ルネサス、トヨタの自動運転車に半導体供給へ

トヨタは20年発売予定の高級モデルで自動運転技術を初めて搭載する方針だ。ルネサスの競合の米エヌビディアも5月にトヨタと自動運転車の開発で提携 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、自動運転試験で米のGoMentum Stationと提携

提携を通じ、トヨタ自動車は今後GoMentum Stationの比較的安全な環境下で研究を行う … 「TRIの自動運転車の試験場所にGoMentum Stationが加わったこと …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
グーグル、育てAI運転手 「謎の城」で特別訓練

米グーグルは30日、自動運転車の試験場として作った「架空の町」を初めて公開 … オートモービルズ(FCA)などグーグルとの提携を決めるメーカーも出てきた。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NASAが開発支援の人型ロボット、4千キロの「自律歩行」目指す

自動運転車の実用化が間近に迫る中、カリフォルニア工科大学は既に次世代の自動運転技術の開発に取り組んでいる。 … 同校は10月24日、これらの構想を実現するために、NASAのジェット推進研究所(Jet Propulsion Laboratory、JPL)と提携し …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
未来のを支えるテクノロジー(中)電機メーカー台頭−自動運転の“陣地取り”合戦

部門を統括するロルフ・ブーランダー取締役は「自動運転には従来にない新 … になりそうで、技術補完や強みを伸ばすための戦略的提携も増えていきそうだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
EVに参入 「21世紀の家電」と位置づけ

ヤマダを先駆けに小売事業者も加われば、これまでのクルマの概念を超えた新たな競争が加速しそうだ。 … パナソニックは、テスラとEV用電池で提携し、自動運転やインターネット経由でさまざまなサービスを受けられる「コネクテッド化」など車載技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
三菱電機とHERE、高精度位置情報サービスの利用拡大に向けた提携に合意

この提携に至った背景は、予防安全(ADAS)の高度化や自動運転の実現に向けて、高精度地図データと高精度な自位置把握情報の重要性が増していることに …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「EV、戦国時代の兆し 開発強化、他業種も参入 グーグル、アップル、ダイソン-- 毎日新聞」など、2017年10月30日     ニュース

ニュース
EV、戦国時代の兆し 開発強化、他業種も参入 グーグル、アップル、ダイソン--

世界の自動車メーカー各社が、従来のガソリン車から、電気自動車(EV)へのシフト … 今回のショーでは、トヨタが人工知能(AI)を搭載した試作EVを公開したのを …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
人工知能「Watson」の無期限試用が可能に、日本IBMがビジネス利用の拡大を強化 (1/2)

日本IBMは2017年10月27日、都内で同社のAI(人工知能)「IBM Watson( … カーシェアリングや自動車シェアリングなどの他、Uberなどの自動車配車サービス …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動運転の普及はバラ色か? 若者たちが語り合う催し

27日、開幕した東京モーターショーで、メーカー各社がアピールに力を入れているのは、自動運転技術だ。近い将来、自動運転車などの普及で道路や街の姿は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
三菱電機は最新のHMIコンセプト「EMIRAI4」(イーミライフォー)や自動運転実証実験「xAUTO …

自動運転技術搭載「xAUTO」は、前方および後側方監視ミリ波レーダ、前方監視カメラなどによる「自律型走行技術」に加え、準天頂衛星システムからのセンチ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
レクサス、東京モーターショーで自動運転技術搭載「LS+Concept」世界初公開

LEXUSは、10月28日から一般公開された東京ビッグサイトで開催される「第45回東京モーターショー2017」で、実用化を見据えた自動運転技術を提案する …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマ産業襲う電動化・自動化・共有化 乗り遅れた日本

電気自動車(EV)や、人工知能(AI)を生かした自動運転が11月5日まで … だが先端技術が、長い「クルマの世紀」を大きく変え、新時代をつくりつつある。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転にらみ育成加速 米の整備士学校と提携 仙台・花壇自動車大学校

運転手が操作に全く関与しない完全自動運転が近い将来に実現すると予想される中、高度化する整備技術に適応する人材育成も大きな課題だ。花壇自動車大学 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
運転する愉しさと自動運転の両方を実現 -東京モーターショー2017レポート②

運転する愉しさと自動運転の両方を実現 -東京モーターショー2017レポート② … に搭載している自動運転技術「プロパイロット」をさらに進化させ、ドライバーが運転に一切 … 完全自動運転が実現した未来でも、クルマを意のまま乗りこなす楽しさを残し、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
このまま自動車が進化しすぎたら、人間はどうなっちゃうの?

今注目されているのが自動車の技術です。がセンサーで危険を察知して、自動でブレーキをかけてくれるらしいですね。それどころかが完全に自動運転になる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
開幕(2)二輪車 部品メーカーの展示が面白い

ヤマハ発動機のブースには、四輪「MWC-4」「クロスハブコンセプト」が展示 … また、EVや自動運転技術の採用により、部品メーカーの商機は大幅に拡大し …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
東京モーターショー ベンチャーも存在感 衝突回避の車いすやEV出展

人工知能(AI)やIoT(モノのインターネット)を駆使した自動運転技術に関心が集まる中、ベンチャー企業も参加し、「近未来のクルマ社会」を来場者に印象づけて …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
東京モーターショーは未来のクルマではなく、未来の暮らし方のショーケースだ

もちろん、それは正しいのですが、その自動運転車を実現するためには、数多くの技術 … そして、もうひとつ重要なのが、東京モーターショーでは、これらの技術や …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動運転にらみ育成加速 米の整備士学校と提携 仙台・花壇自動車大学校

少子化などで整備士を目指す若者が減少する一方、自動運転など高度な機能を持つ自動車整備への対応力が求められており、提携で人材育成を図る狙いだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
三菱電機とHEREが業務提携自動運転向け高精度位置情報システムを相互活用

三菱電機は、オランダの地図会社HEREテクノロジーズと高精度位置情報サービスのグローバルでの利用拡大に向けて両社が持つ高精度位置情報ソリューション …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「Peter Thielは投資対象としての自動運転技術に半信半疑、「自動車など要らない世界が良い」説 TechCrunch Japan」など、2017年10月28日     ニュース

ニュース
Peter Thielは投資対象としての自動運転技術に半信半疑、「自動車など要らない世界が良い」説

そこで当然ながらThielは、自動運転技術に対しても同じことを感じている。彼のベンチャー企業Founders Fundが投資しているライドシェア企業Lyftは、その未来 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車を5割減らす”無人タクシー”の価値

世界中で「自動運転車」が公道を走り始めている。技術が進めば、格安の「無人タクシー」が街中を走り回るようになる。そのとき「46%の自動車が不要になる」 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
完全自動運転車に43.9%が「No」…市販されても購入の意志なし

… 東京大学先端科学技術研究センターの西成活裕教授と共同で実施した「自動運転」 … 自動運転への関心については、「強い関心を持っている」が14.0%、「少し関心を持っ … レベル5の完全自動運転車が日本で市販されるのは何年後かという質問 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
深谷の公道で県内初の自動運転実験 埼玉工大が12月から

深谷の公道で県内初の自動運転実験 埼玉工大が12月から … 公道を利用した自動運転実証実験は県内で初めて。 … 車両はトヨタプリウスの改造。3Dレーザーセンサーとカメラを搭載し、自動運転を実現 … 自動運転技術の研究もその一つという。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
《経済》 EV化 部品各社も知恵

… では、自動車各社が競うように電気自動車(EV)や自動運転に関する技術を披露 … 車両床下に置く電池パックのそばに備え付ける箱型の装置で、ハイブリッド …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
三菱電機、オランダ企業と業務提携 自動運転支援サービスを展開

三菱電機は27日、3次元のデジタル地図を手掛けるオランダ大手のヒア・テクノロジーズと業務提携すると発表した。強みを持つ測位技術と組み合わせ、自動 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
最新技術見ようと大勢の来場者…モーターショー

電気自動車(EV)や自動運転など最新技術を見ようと、家族連れら大勢の来場者が詰めかけた。11月5日 … さいたま市から来た会社員の男性(61)は、「次世代エンジンを積んだ試作を見に来た。自動運転やEVも体験してみたい」と声を弾ませた。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
モーターショー 信頼回復への一歩に

このため多くのEV試作は、人工知能(AI)を搭載し、自動運転や情報通信などの最新技術と連動させている。AIが運転者の感情を読み取り、疲れていると判断 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
東京モーターショーに見る部品メーカー競争

2年に一度のクルマの祭典、東京モーターショーが28日から一般公開されます。完成メーカーは、EV(電気自動車)や自動運転などの分野で先端技術を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
豊田通商、車載ソフト4社と資本業務提携発表

自動車の電動化に加え、自動運転やコネクテッドカー(つながる車)など次世代技術への … 人工知能(AI)や自動車のモデルベース開発などの技術に強みを持つ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
東京モーターショーを一般公開 「未来の車」へ信頼確保も

国内外の約150社が参加し、自動運転や電気自動車(EV)、人工知能(AI)などの先端技術を披露。 自動車業界では、日産自動車やSUBARU(スバル)による …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
三菱電機、オランダ企業と業務提携 自動運転支援サービスを展開

三菱電機は27日、3次元のデジタル地図を手掛けるオランダ大手のヒア・テクノロジーズと業務提携すると発表した。強みを持つ測位技術と組み合わせ、自動 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車によって変貌する都市 無秩序に郊外に拡大 BCG調査

自動運転車によって変貌する都市 無秩序に郊外に拡大 BCG調査 … ような経路を通行したかを研究するため、配車サービスを提供するリフト社(Lyft)と提携した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
豊田通商、車載ソフト4社と資本業務提携発表

豊田通商、車載ソフト4社と資本業務提携発表 … 自動車の電動化に加え、自動運転やコネクテッドカー(つながる)など次世代技術への対応を進めるのが狙い …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
東京モーターショーに見る部品メーカー競争

完成メーカーは、EV(電気自動車)や自動運転などの分野で先端技術を … 主要なマッププロバイダーと提携し、自動運転用の高精度マップを開発しています。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
三菱電機、車載市場へ猛攻 提携とプラットフォームが功を成すか

最後に、CLASを用いた運転支援である。自動運転技術を搭載した実証実験「xAUTO」を用いた実証実験の結果を東京モーターショーで発表する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「自動運転へ新技術競う 東京ショーで部品各社 運転席を取り払った試作車も 産経ニュース」など、2017年10月27日     ニュース

ニュース
自動運転へ新技術競う 東京ショーで部品各社 運転席を取り払った試作

自動車の部品メーカー各社は26日、東京モーターショーの報道陣向け先行公開で、自動運転に向けた新技術を披露した。車内での自由な過ごし方を提案した …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
第209回 NVIDIAが目指す完全自動運転の世界

メーカーはどこの国でも、のオーナーでもある運転者にを売れる。 … 自動運転」は、技術革新であると同時に、自動車市場そのものを大きく変える可能性が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
グーグル自動運転車、デトロイト3お膝元でも公道実験

グーグル自動運転車、デトロイト3お膝元でも公道実験 … 地で雪道の試験を始めているが、デトロイトなど都会もあるミシガン州での運転はより高度な技術がいる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「地図力」で日欧連合 三菱電やゼンリン、自動運転見据え

27日、記者会見した三菱電の井口功専務執行役は「自動運転は自位置を正確に把握するだけでは成り立たない … 将来的には自動運転技術に生かす考えだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマ主体の本当の自動運転を実現する各社のコンセプトモデルが集結 -東京モーターショー2017レポート①

第45回東京モーターショー2017」では、完全に自動運転を実現できるレベル5の自動運転技術の搭載を見据えたコンセプトモデルが、さまざまな会社から発表され …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ボッシュとインクリメントP自動運転用高精度マップについての協業に合意

自動運転を実現するためには、車両は自の正確な位置情報を常に把握している必要が … 自動運転車両は、車載センサー経由で入手した物体に関する情報と … レーダーを用いた自位置推定技術、Radar Road Signatureの場合、数cm単位の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【東京モーターショー2017】eAxelなど自動運転時代に対応するアイシングループ

ここ数年、ゼロエミッションや自動運転技術の進化、コネクティッドカーやカーシェアリングの普及など、クルマが所有するものから利用するものへ変わるといった …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【東京モーターショー2017】路面状況に合わせて変形するタイヤ、自動運転タクシー、EVソリューションなど …

【東京モーターショー2017】路面状況に合わせて変形するタイヤ、自動運転 … 安全・自動運転技術の普及をパートナー企業とともに加速させていく方針を鮮明にした。 … コンチネンタルの主力製品の1つであるタイヤについても、「クルマのなかで唯一 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
EV競演の東京モーターショー、トヨタは全方位でFCVも展示

10月27日、28日から一般公開される東京モーターショーで、メーカー各社はAI(人工知能)や自動運転などの新技術を搭載した電動を中心に「未来の」を披露 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
東京モーターショーで開会式 EV、自動運転が主役に

電気自動車(EV)や自動運転が主役となり、各社が先端技術を競う。ただ、日産 … 東京ショーは、EVの試作や日本で初公開となる市販を紹介。会場近く …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動車の未来

さて、メディアのヘッドラインに並ぶのは電気自動車のEVと人工知能のAI。そして自動車の雄、トヨタは2040年代までにガソリンないしディーゼルのみで走る車の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
東京モーターショーで開会式

トヨタは、人工知能(AI)を搭載した未来型電気自動車(EV)「コンセプト―愛i」を公開。ドライバーの表情や声の調子からストレス状況や感情を判断し、運転を支援 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ボッシュとインクリメントP、自動運転用高精度マップについての協業に合意

自動運転を実現するためには、車両は自の正確な位置情報を常に把握している … 自動運転車両は、車載センサー経由で入手した物体に関する情報と … と提携し、Bosch Road Signatureを使用した自動運転用の高精度マップを開発しています。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
“100年に1度の変革”に挑む–DeNAオートモーティブが見据える未来

自動運転時代の新たなモビリティー・サービスへの挑戦」と題したセッションでは、ディー・ … と業務提携を結び、また次世代物流サービスの開発ではヤマト運輸と共同で自動運転 … 都市人口の増加によって、都市空間をが占拠する時代が懸念される.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
欧州企業「TomTom」と提携

ゼンリンはトムトムのノウハウを使ってカーナビの利便性向上につなげる。将来的には自動運転への活用も目指す。 の速度や混雑具合を分析することで、従来 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「フォックスコンとIDG、自動車技術ファンドで約1700億円調達目指す ブルームバーグ」など、2017年10月19日     ニュース

ニュース
フォックスコンとIDG、自動車技術ファンドで約1700億円調達目指す

台湾の フォックスコン・テクノロジー・グループと中国のベンチャーキャピタル IDGキャピタルは、自動運転に使う人工知能(AI)やバッテリー開発などを手掛ける …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AIが運転手を把握 トヨタ試作車、疲れたら自動運転も

トヨタ自動車は、人工知能(AI)でドライバーの感情や好みを把握して運転などに生かす試作車を、今月下旬に始まる東京モーターショーに出品する。マイカー用 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
三菱自動車 益子CEO、新中期経営計画「DRIVE FOR GROWTH」発表会で“2020年以降にEVを …

三菱自動車 益子CEO、新中期経営計画「DRIVE FOR GROWTH」発表会 … これからもSUVや電動化技術にさらに磨きをかけ、AI(人工知能)技術やコネク …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車販売店向け】LINEで効率的な接客ができる『AI Chat Supporter for Car dealer』をリリース

(株)サイシードは自動車販売店向けに、丁寧な接客を少ない工数で実現し、購入率やリピート率向上を目的とした『AI Chat Supporter for Car dealer』をリリース …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車・輸送機 ニュース

ブルームバーグ)台湾のフォックスコン・テクノロジー・グループと中国のベンチャーキャピタルIDGキャピタルは、自動運転に使う人工知能(AI)やバッテリー開発 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ZMP、自動運転車で送迎走行試験…お台場~日本科学未来[動画]

実験走行には、自動運転車開発プラットフォーム「RoboCar MiniVan」、および技術開発ソフトウェア「IZAC」を使用。グランドニッコー東京台場から日本科学未来 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
三菱電機が自動運転実証の試乗会/将来性感じる機能を体感

三菱電機は17日、自動運転技術を搭載した実証実験「xAUTO(エックスオート)」の報道機関向け試乗会を同社赤穂テストコース(兵庫県赤穂市)で開催した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米GM、ニューヨーク市で自動運転車の実験 来年初めにも

GMの自動運転車部門のクルーズオートメーションが明らかにした。 … 生まれていないが、多くの自動車メーカーや科学技術関連企業は、2020年ごろとみている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【岩貞るみこの人道医】自動運転時の責任は…“take over”と“hand over”の違い、ご存知ですか?

中を見ると、ほとんどが「レベル3」以上になっていて、もはや「レベル2」は、技術的にも制度的にも議論は一段落したように感じる。改めて自動運転のレベル分け …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ダイムラー、メルセデスの自動運転除雪の実証実験…最大14台を制御可能

メルセデスの最新「リモート・トラック・インターフェース」技術が搭載されており、無人状態の4台の除雪が隊列を組んで、車間を維持しながら、自動運転での除雪 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
BMW、部分自動運転を可能とした「ドライビング・アシスト・プラス」を搭載する新型「X3」

渋滞時は先行追従走行をサポートして走行時の安定性と利便性を向上するなど、将来完成する自動運転技術を部分的に実現したとしている。 そのほかにも、4 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産プロパイロット、米国で初設定…ローグ の2018年型に

日産自動車の米国法人、北米日産は10月17日、『ローグ』(『エクストレイル』の米国仕様)の2018年モデルを発表した。同時に米国で初めて、同に部分自動 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタがそれでも業界盟主に君臨する理由

電気自動車(EV)や自動運転車の開発にIT企業が相次いで参入するなど、自動車業界は大競争時代に突入した … 現在の豊田自動織機から分離独立しスタートした。 …. 自動運転車についても、AI(人工知能)技術の研究開発を進めるトヨタ・リサーチ・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
東京モーターショー エコ・自動運転競演

東京モーターショー エコ・自動運転競演 … 自動車各社が10月27日開幕の東京モーターショーで電動対応車両を前面に打ち出す … 世界的に環境規制が強まる中、次世代エコカーで技術力を発信するほか、人工知能(AI)を組み合わせる動きも目立つ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アップルの自動運転ユニットは一体型?LiDAR含め単一ケースにすべて収まる「ポン付け」タイプと専門家

自動運転技術を開発する企業Voyageの共同創設者MacCallister Higgins氏が、アップルの自動運転ユニットの写真をTwitterに投稿しました。その写真から推測 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
北京汽車と百度聯網 自動運転車とIoVで提携

双方が明らかにしたところによると、自動運転の分野では百度のApolloオープンプラットフォームと北京汽車の車両プラットフォームを基礎に、百度がもつ人工 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「自動運転支援に準天頂衛星活用 三菱電機、試作車公開 ITmedia エグゼクティブ」など、2017年10月18日     ニュース

ニュース
GM、NY州で2018年に自動運転車のテスト走行を開始

GMがニューヨーク州で自動運転車の試験を行えるようになったのは、試験プログラムによる自動運転技術のテストを許可する方針が示されたためだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマの頭脳でエヌビディアに逆襲

自動運転向け半導体の“旗手”、エヌビディアと火花を散らすモービルアイの … 日産自動車の自動運転技術「プロパイロット」でカメラ画像を解析する黒子の役割を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
東京モーターショー、EVや自動運転が充実 27日開幕

東京モーターショー、EVや自動運転が充実 27日開幕 … は、開発競争にしのぎを削る電気自動車(EV)や自動運転などの分野で先端技術を … 三菱自動車が出展するスポーツ用多目的(SUV)のEVの試作は、AIでドライバーの運転の「腕」を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
完全自動運転で自動車市場は指数関数的な成長へ

自己意識」を持つロボットなどの研究で知られ、完全自動運転車技術と未来を描いた書籍『ドライバーレス革命』の著者でもある米Columbia University, …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AIが運転手を把握 トヨタ試作、疲れたら自動運転

AIが運転手を把握 トヨタ試作、疲れたら自動運転も … 1月に米ラスベガスであった家電・技術見本市「CES」に4人乗りを出していたが、今回、2人乗りと1人乗り …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クアルコム、NXP買収で自動運転車市場に攻勢=CEO

この買収により、クアルコムは自動運転車技術の開発競争で存在感を高めるとみられる。 クアルコムのスティーブ・モレンコフ最高経営責任者(CEO)は、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
超高齢化に成長の種 移動手段・介護現場に技術革新

政府のIT総合戦略本部は完全自動運転の実現時期を「2025年」と見込む。稗方氏は「高速道路を自動走行だけが走るならそれほど難しくないが、急な車線 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
東京モーターショー、次世代エコカー前面に AIとの融合も広がる

東京モーターショーでも国内メーカーはエコカーで技術力を発信するほか、自動運転の普及を見据え、AI搭載やコネクテッドカー(つながる)にも注力する姿勢 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ドライブレコーダー売り上げ急増 交通トラブル対策

今後、この新しい技術を自動車メーカーに提供していきたいとしています。 … 自動運転時代に向けてとドライバーがコミュニケーションがとれる技術の提供 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「自動運転技術の新たな競争を仕掛けたNVIDIA (1/2) EE Times Japan」など、2017年10月17日     ニュース

ニュース
自動運転技術の新たな競争を仕掛けたNVIDIA (1/2)

NVIDIAが、自動運転車向けの最新SoC「DRIVE PX Pegasus」を発表した。1秒当たり320兆回の演算をこなす同チップの登場で、自動運転向けの演算性能を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
水しぶきで急ブレーキも…自動運転車に残る課題

金沢大学は、交通が不便な地域の足として自動運転車に着目し、2015年2月から … 公道で自動運転車を走らせ、課題の洗い出しや技術的な改良を重ねてきた。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自律走行には、もっと「超能力」のようなスキルが必要だ

自律走行のメリットは、なんといっても人の命を救えることだ。 … が少なくとも部分的に自動運転化されたを使うようになると自動車メーカーも確信している。 … 先にいる歩行者を検知できる「熱感知式赤外線カメラ」という新しい技術を提案している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
来春めど、愛知で自動運転実証−名大発VBなど、車内サービスで収益化へ

実証では、自動運転車が時速40キロメートル以下の中低速で走行。 … 者で現在は最高技術責任者(CTO)を務める加藤真平東京大学准教授は「自動運転技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、AI搭載公開へ 高度に運転支援、20年に公道実験

トヨタ自動車は16日、人工知能(AI)や自動運転技術を搭載して運転を高度に支援する未来のの試作を、27日に始まる東京モーターショーで公開すると発表 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
機械学習やIoTへの取り組みを紹介する技術セミナー…デンソーが開催

モデレーターは、デンソー 先端技術研究所所長の川原伸章氏。 … 「End to End深層学習に寄る自動運転は、周囲と協調できる自動運転車を目指し、ステアリング …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
人工知能+自動運転 運転手の状態把握、活用

トヨタ自動車は16日、人工知能(AI)と自動運転技術を搭載した試作「Concept-愛i(コンセプト・アイ)」シリーズを、10月下旬に開幕する東京モーターショーで …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ダイムラー、乗用車部門とトラック・バス部門を分社

分社化で意思決定を早め、電動化や自動運転などの技術革新に対応する狙いだ。 … 乗用車が主体のメルセデス・ベンツ・カー&バン部門と商用のダイムラー・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
BMW コネクテッドライド 発表—バイクとの事故を防ぐ次世代安全技術

BMW コネクテッドライド 発表—バイクとの事故を防ぐ次世代安全技術 … 同は、BMWモトラッドの主力二輪車のひとつ、「R1200RS」をベースに、最新の二輪向け安全技術を搭載したコンセプトモデル …. 自動運転を取り巻く環境は刻一刻と加速。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
人工知能+自動運転 運転手の状態把握、活用

トヨタ自動車は16日、人工知能(AI)と自動運転技術を搭載した試作車「Concept-愛i(コンセプト・アイ)」シリーズを、10月下旬に開幕する東京モーターショーで …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタの「未来の愛車」がシリーズ化、違うモビリティに乗り換えてもAIが寄り添う

トヨタ、AIで感情や好みを理解 次世代コンセプト車

トヨタ自動車は16日、人工知能(AI)を使い乗員を支援する自動車の未来を表現したコンセプト車「トヨタ コンセプト愛i」を27日に開幕する東京モーターショーで公開 …
Google Plus Facebook