「トヨタ、自動運転AIで新会社 都内に1000人規模 日本経済新聞」など、2018年3月3日 ニュース

ニュース 
トヨタ、自動運転AIで新会社 都内に1000人規模

トヨタ自動車は2日、デンソー、アイシン精機と共同で人工知能(AI)など自動運転技術を開発する新会社を設立すると発表した。技術者を中心に1000人規模で今後数年で3000億円以上を投資する。トヨタは2020年から自動運転車の本格投入を始める計画。国内外の技術者を大量採用してAIの応用技術やソフトウエアなどの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
福山市と群馬大研究センターが公道で実験 市長試乗、住宅街1キロを走行 県内で初、実用化に期待 /広島

福山市の日吉台学区で1日、公道を使った自動運転車の実証実験が始まった。高齢者の移動手段の確保などを目指し、路線バスなど走行ルートを限定した自動運転技術開発に取り組む群馬大次世代モビリティ社会実装研究センター(群馬県桐生市)に福山市が委託した。実証実験は国内各地で進んでおり、県内では初めて。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
「風景把握」に力 群大研究「地域限定、商用化」目指し 桐生で毎日新聞記者が試乗 /群馬

… 激化している自動運転技術。群馬大は2016年に桐生市内で自動運転自動車の公道実証実験を開始し、「次世代モビリティ社会実装研究センター」を拠点に、路線バスや機械式駐車場の駐車での導入などに取り組む。目指すのは、地域限定の完全自動運転商用化。研究はどこまで進んでいるのか。2月16日、自動運転車に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
日産とDeNAの「イージーライド」に試乗、クルマ×ITは次世代へ

2013年に日産は、2020年までに革新的な自動運転技術を複数車種に搭載する予定と発表。日本の自動車メーカーとしては、いち早く自動運転の実現に言及した。筆者は同時期に米国のテストコースで実験に同乗。ステアリングに触れずにコーナーを曲がり、歩行者を模したボードが飛び出すとペダルを操作しなくても急停止 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
自動運転技術、日本と欧米の違い

平昌冬季五輪を無事に終え、新たなマスコットキャラクターが決まるなど、東京五輪に向けた準備が始まった。世界中からメディアや観光客が集まるオリンピック・パラリンピックは日本の技術力を国内外に示す格好の場でもある。その一つが五輪会場周辺などを走る自動運転車だ。 □海外でもあまり例のない規模の実験.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
ADASおよび自動運転技術の開発、スムーズかつ高速に!

より進化したADASは、運転に不慣れだったり、瞬時の判断操作能力が衰えてしまったりしたドライバーを支援し、周囲の人たちをも事故から守る。これらの取り組みにはより実践的なテスト走行と検証が必須であり、当サイトでもお馴染みのZMP社は、市販をベースにした自動運転技術開発用プラットフォーム「RoboCar® …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
トヨタがアマゾン他と提携。自動運転車の宅配・宿泊サービスを本格始動!

ネット通販の商品配送やファストフードの宅配など、提携先の用途に応じた設備を各車両に搭載し、走行データなどをひとつのプラットフォームに集めてサービス改善に役立てる。また、マツダ・Uber・滴滴出行が技術パートナーとして車両設計に加わるほか、Uberや他社が開発した自動運転システムも搭載して、技術・サービス面 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
ルノー日産三菱が機能統合を加速「一体運用での成長を証明する」

プラットフォームやパワートレインだけでなく、新技術とモビリティサービスの機能統合も進める。ルノー日産三菱では、2022年までに12車種のゼロエミッションの新型を発売する計画だが、複数の車両セグメントで電気自動車の新規プラットフォームと構成部品を共用することになる。自動運転技術についても、さまざまなレベル …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
日経企業イメージ調査 関連、技術で評価高く

日本経済新聞社と日経広告研究所は「第30回日経企業イメージ調査」をまとめた。ビジネスパーソンが抱く企業イメージの総合ランキング(調査21項目の平均得点=総合得点)はトヨタ自動車が17年連続で1位となった。 自動運転など新技術の開発が急ピッチで進む自動車関連が順位を上げた。車載電池に強みを持つ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
日産のミニバン「セレナ」に、エンジンで発電して電気で走る「e-POWER」搭載! 発表会場からリポート

日産自動車株式会社 専務執行役員 星野朝子氏は発表会の冒頭に「セレナは”BIG”、”EASY”、”FUN”、これがを作る時のコンセプトでございます。このコンセプトの元、日本の自動車メーカー初の自動運転技術“プロパイロット”を搭載して、一昨年の2016年秋に発売いたしました。そして今回、新たに『e-POWER』を搭載いたし …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 

 

ニュース
トヨタ、自動運転AIで新会社 都内に1000人規模

トヨタ自動車は2日、人工知能(AI)など自動運転技術を開発する新会社を東京都内に設立すると発表した。当初は300人体制とし、国内外の技術者を獲得して1000人規模に拡大する。ソフトウエアなどの技術者が不足する中、トヨタが大量採用に乗り出すことで人材獲得競争が一段と激しくなる可能性もある。 トヨタ自動車の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
北京汽車・董事長「パナソニックと提携拡大交渉」

【北京=多部田俊輔】中国国有自動車大手、北京汽車集団の徐和誼董事長は3日、パナソニックと提携拡大の交渉をしていると明らかにした。両社は電気自動車(EV)分野で提携しており、自動運転をにらんだスマートカー領域に広げる方向で話し合いを進めているという。先端技術を獲得したい北京汽車と、世界最大の中国市場 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタはIT企業の下請けになるのか 運転免許も信号機も不要になる日

それ以外は使われていないわけですが、その時間帯にを使いたい人もいるわけで、自動運転クルマが常時インターネットとつながるようなコネクテッド技術が実用化すれば、 … そのクルマはソフトバンクグループと提携してロボット技術「感情エンジン」を搭載、所有者の健康状態、趣味嗜好などを読み取ることもできます。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「フォードは自動車ではなく「モビリティのOS」をつくろうとしている 相次ぐ買収と部門再編が示唆すること WIRED.jp」など、2018年2月26日     ニュース

ニュース
フォードは自動車ではなく「モビリティのOS」をつくろうとしている 相次ぐ買収と部門再編が示唆すること

フォードは自動車ではなく「モビリティのOS」をつくろうとしている──相次ぐ買収と部門再編が示唆すること … 2017年5月にフォードの新しいCEOとなったジェームズ・ハケットは、「人工知能(AI)のパワーとネットワーク接続型の自律走行車の登場により、われわれは過去1世紀で初めて、古いシステムを段階的に改善する …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
オンキヨーが車載AIスピーカー、音声認識高め19年発売へ

持ち運び可能にすることで、使える場面を広げる。 26日からスペイン・バルセロナで開かれている携帯見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)」に参考出品した。またオンキヨーも加盟し、トヨタ自動車などが推進する車載端末とスマホを連携させる技術「スマートデバイスリンク(SDL)」のコンソーシアムのコーナーにも展示 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車部品和大、今年の連結売上高100億元超へ

自動車部品和大、今年の連結売上高100億元超へ. 自動車部品大手の和大工業(ホタ・インダストリアル)を中核とする和大集団の沈国栄董事長は22日、グループの連結売上高が今年は100億台湾元(約365億2,800万円)の大台を超えるとの見方を示した。人工知能(AI)を搭載したスマート生産ラインの導入が加速し、業績に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
完全自動運転車にかかる「コスト」は誰が払うのか、「法整備」も高いハードルに (1/3)

現在、自動車業界は、自動運転技術、コネクテッドカー、モビリティサービスなどの次世代技術による大きな変革の真っただ中にある。本連載では、これら次世代技術に焦点を当てながら、自動車が未来のモビリティへ移り変わる方向性を提示していく。第2回は、自動運転車にかかる「コスト」と「法整備」の観点から、その未来像を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ポルシェ、車両にブロックチェーン技術を導入へ…将来の自動運転車に活用目指す

ポルシェは、車両にブロックチェーン技術を導入すると発表した。将来の自動 … すでにポルシェは、ドイツ・ベルリンに本拠を置くスタートアップ企業、XAIN社と共同で、車両にブロックチェーンアプリを導入する試験を開始。 … ポルシェは、将来の自動運転車の機能の向上を、ブロックチェーン導入によって目指していく、としている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車でみなとみらい巡り、配車サービスは「地域との協力が不可欠」

日産自動車とディー・エヌ・エー(DeNA)は2018年2月23日、横浜市内で会見を開き、自動運転車による配車サービス「Easy Ride(イージーライド)」(※)の実証実験の方針や実験車両を披露した … イージーライドのためだけの技術にはしない。 … 自動運転車のルート変更の指示なども車両管制センターから行う可能性がある。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車は洗車機が苦手 車体の周囲を検知するセンサーに影響

Avisがどのぐらいの頻度で洗車を行っているかは明かせないとのことでしたが、これは他の自動運転カー技術の開発を行っている企業でも同じことが言える模様。トヨタやAptiv、Drive.AI、Uberなどの企業はCNNに対し、洗車を行う際には車体に傷を付けにくいマイクロファイバー素材の洗車用クロスを使うほか、アルコールや …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【速報】全日空(ANA)とソフトバンク(SBドライブ)が羽田空港エリアの公道で完全自動運転バス(レベル4 …

向かう先にボーイング777の機体が見えてくる。その大きさに子どもの頃のように胸が高鳴る。こんな大きな機体が空を飛ぶのかと改めて感動する。その巨体の手前に小さなバスが止められている。777に比べると本当に小さな、見落としてしまいそうな車体だ。 しかし、この小さな車体が、今の先端技術を詰め込んだ自動運転 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産 グプタ専務「中期目標達成を確信」…2022年度に商用事業を4割増の120万台に

グプタ専務はこれらの実現に向け、新モデル投入など商品力の強化を図るほか、電動化や自動運転技術といった先進技術、さらに仏ルノーおよび三菱自動車工業との提携効果を「われわれの強み」として積極活用する方針を示した。新モデルについては今春に、中期計画での第1弾モデルとして走破性の高いフレームSUVの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産が中国で目指す「EVのNo.1ブランド」の現実味

2月5日、2022年に中国での新車販売台数を17年比109万台増の260万台に引き上げ、そのうち3割を電動車両にするという事業計画を公表した日産自動車。自動運転、コネクテッドと並ぶ自動車業界の技術革新競争の中核である電動化のプランが含まれている上、投資額が日本円で1兆円に達するということもあって、注目を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【トヨタ】ドライバーのステアリングを視点するレーンキーピングアシスト

今回は、車線逸脱防止を目的にドライバーをサポートし、さらにステアリング制御を加え、自動運転の先駆けとなる、トヨタの先進安全技術レーンキーピング … (ミリ波レーダー方式)」と「レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付)」の機能を利用するため、メーカーオプション装着は全てセットで選択することが必要です。 参考:
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【新車購入】 X氏の値引き特報その1

先進の自動運転技術を評価しての選択だったが、思っていたよりも燃費が伸びない。走りも … 交渉では前セレナのときと同様にメーカーオプションは特別色のみ、ディーラーオプションは一切なし(フロアマットも買わない)。 … 下取りのセレナは、買い取り専門店と交渉した結果、251万円(下取り200万円)で売却した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
1個のGPUで30兆、NVIDIAが放つ自動運転時代のAI戦略

CES2018で華やかな記者発表を繰り広げた日本メーカーと比べると、ドイツメーカーの方が落ち着いた印象だ。その背景には、ドイツメーカーにとって、自動運転やコネクテッド・カーがCESで語るべき未来の夢物語ではなく、手の届く未来にまで近づいているという現実がある。実際、現段階でもすでに、メルセデス・ベンツ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ウェブ
ポルシェ、車両にブロックチェーン技術を導入へ…将来の自動運転車に活用目指す

ポルシェは、車両にブロックチェーン技術を導入すると発表した。将来の自動運転車などへの活用を目指す。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「スマートモビリティで何が起きる? 自動運転車やカーシェアが都市を変えるプロセスとは ビジネス+IT」など、2018年2月21日     ニュース

ニュース
スマートモビリティで何が起きる? 自動運転車やカーシェアが都市を変えるプロセスとは

19世紀末に登場したガソリンエンジンを備えた自動車は、20世紀初頭に大衆化し、人々の暮らしを劇的に変化させた。いま、自動車産業は大きな転換期を迎えている。電気自動車が普及の兆しを見せ、人工知能(AI)を搭載した自動車が登場し、自動運転技術競争も激化している。さらに、自動運転技術はカーシェアリングと …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
2020年の未来予測は本当に実現可能?

特に目につくのは交通システムに関する予測だ。交通技術は今、飛行機の発明以来の大転換を遂げようとしている。 自動運転車関連の技術は202年をめどに、どっと実用化されそうだ。ホンダは20年には高速道路での自動運転走行を実現すると発表。ルノー日産も、20年までに10車種以上の自動運転車を発売する計画だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
フォルクスワーゲンの電気自動車コンセプト「ID」ファミリー4番目の車種は、完全自動運転の高級セダン!

これまで公開されたI.D.ファミリーのクルマ振り返ってみると、その多くが何らかのレベルの自動運転技術を搭載しており、ステアリング・ホイールがダッシュボードに格納可能であることに気づく。つまり従来のI.D.モデルにはステアリング自体はあったわけだが、今回のI.D. VIZZIONにはそもそもステアリングがない。完全自動運転 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ジェイテクト、高耐熱リチウムイオンキャパシタなどを展示予定…国際二次電池展に初出展

この条件に対し、ジェイテクト製リチウムイオンキャパシタは独自の特許技術により室内での使用要求に適合するほか、動作時の上限電圧を制限することで105度の … 燃費規制の拡大や高度運転支援・自動運転の普及・拡大を受けて、省エネ・自動運転化に貢献するEPSの適用範囲の拡大が求められているが、大型車両へ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車分野へのブロックチェーン技術適応サービス構築をめざすカウラ株式会社とAZAPA株式会社が業務 …

ブロックチェーン・プラットフォーマーをめざすカウラ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役&CEO:岡本克司、以下「KAULA」)と、自動車分野の先進企業であるAZAPA 株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役&CEO社長:近藤康弘、以下「AZAPA」)は業務提携しました。ブロックチェーン技術適応により自動車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
スマートモビリティで何が起きる? 自動運転車やカーシェアが都市を変えるプロセスとは

19世紀末に登場したガソリンエンジンを備えた自動車は、20世紀初頭に大衆化し、人々の暮らしを劇的に変化させた。いま、自動車産業は大きな転換期を迎えている。電気自動車が普及の兆しを見せ、人工知能(AI)を搭載した自動車が登場し、自動運転の技術競争も激化している。さらに、自動運転技術はカーシェアリングと …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
三菱電機 「売上高5兆円」へバトン 杉山次期社長発表

これまでは工場のシステムのほか自動車や鉄道、発電所の部品などで、企業向けに「見えない所」で手堅く稼いできた同社。しかしあらゆるモノがネットにつながるIoTや自動運転、AI(人工知能)といった新時代の成長分野では、FA機器、自動車部品、人工衛星など同社の得意分野が生きていく。追い風が吹くなか、産業界の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車分野へのブロックチェーン技術適応サービス構築をめざすカウラ株式会社とAZAPA株式会社が業務 …

ブロックチェーン・プラットフォーマーをめざすカウラ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役&CEO:岡本克司、以下「KAULA」)と、自動車分野の先進企業であるAZAPA 株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表 … モデルベース、計測技術、新制御理論、エネルギー、IoT、人工知能(AI)、感性技術・URL:リンク
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「公道での自動運転実験が多彩に、歩行者の反応も調査 日本経済新聞」など、2018年2月16日     ニュース

ニュース
公道での自動運転実験が多彩に、歩行者の反応も調査

自動運転技術開発に欠かせないものに公道を用いた実走実験がある。現在、人工知能(AI)を用いた自動運転ソフトの開発では、仮想的な街をクラウドの中に構築し、その仮想空間の中を自動運転車が走り回ることで自動運転技術を高める手法が一般的となっており、その仮想空間をつくるための基礎データは実際の公道を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転技術はダントツ、ウェイモの開発力を数字で読み解く

カリフォルニア州の交通当局は同州の公道で自動運転車をテストする企業に、その年のテスト実績を報告するよう義務づけている。各社が2018年1月に提出したレポートを読み解いたところ、興味深い事実が判明した。 公道でのテスト走行距離を見ると、やはりウェイモが最も多くのテストを実施していることが分かった(表1)。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
早期運用に期待 自動運転車の実証実験終了

実験車両をはじめシステムを開発する先進モビリティ(東京)の現場責任者江尻賢治さん(32)は、自動運転による「ドア・ツー・ドア」の戸別輸送につながる技術結果も得られたと述べ、さらに「氷点下の日が続いたが機器に問題はなく、寒冷地走行にも耐えられることが分かった。急勾配の停止動作もできた」と長谷での成果を語る …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
の未来は「コモディティ」と「趣味」の両極に-トヨタ常務理事

トヨタは年明け早々に米国で開かれた国際家電見本市で、自動運転や電動化技術を用いて小売りや外食、配送などさまざまな事業者が活用できる移動車両サービスに取り組むと発表。一方、その数日後にはレースの経験を生かしたスポーツカーのコンセプトを明らかにし、友山茂樹副社長は両極にある、次世代のほろ馬車と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
悪天候下での自動運転の安全性を高める技術、三菱電機が開発

三菱電機は2018年2月14日、研究開発成果披露会を開催し、自動車分野向けでは自動運転関連の技術や電動車両向けのモーターシステム関連の技術などを披露した。 その一つが、悪天候における自動運転の安全性を高める技術である。2017年10月に4基目が打ち上げられた準天頂衛星を利用した技術で、雪や大雨、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自律走行の「膨大な消費電力」は、どこまで削減できるか 激化する「省エネチップ」の開発競争

実用化の初期段階では大きな問題にはなりません」と、グーグルの自動運転部門の元責任者で、現在は自動運転技術の開発を手がけるスタートアップAurora InnovationのCEOを務めるクリス・アームソンは言う。Auroraはフォルクスワーゲンやヒュンダイ、中国のEVブランド「BYTON(バイトン)」との提携を発表している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
新たな勝ちパターン作れるか ゴーン氏、ルノーCEOに再任

ただ、カーシェアリングの普及や自動運転技術の進化などに伴い、自動車業界の競争軸はものづくりから顧客基盤の利活用へと移りつつある。 米ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)は35年には自動車業界のプロフィットプール(市場全体の営業利益の総和)の4割は自動運転車やカーシェアリングなどの新たな製品・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
次世代携帯通信 料金抑制と危機管理が重要だ

ハッカーの攻撃による自動運転車の誤作動や、通信時の患者情報のデータ流出といった危険性を指摘する声は少なくない。 暮らしの利便性を高め、安心をもたらすための新技術が脅威と化しては本末転倒である。 新たな通信規格作りや、端末・通信設備の開発にあたっては、利用者の安全面に十分配慮しながら進めることが …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
住友電工とNEC、モビリティ事業で協業–自動車でのAI/IoT活用を加速

住友電気工業とNECは2月9日、人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)を活用したモビリティ事業で協業したと発表した。2017年12月から両社で取り組みを開始している … 住友電工は自動車内で利用される車載部品や、交通インフラを支える交通管制システムなど、モビリティ分野に関するさまざまな製品・技術を保有する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
~ “人工知能”をビジネスに活かしたいと考えている方、必見 ~ AI 搭載製品・サービス が集結!

2000年代から第三次AIブームと呼ばれ、世界中で最も注目を集めているAI(人工知能)。2017年は自動運転やロボット系以外にも、スマートフォン、AIスピーカーなど、AIを搭載した製品・サービスが次々と発表されました。AI技術の向上と急速な進展により、AI導入の大本命といわれている自動車や製造業界はもちろん、私たち …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
無人タクシーに挑む、日の丸交通の危機感

ドライバーが不要な自動運転車が普及したとき、タクシーはどうなるのか。業界の存続をかけて動いているのが、都内タクシー大手、日の丸交通の富田和孝社長だ。自動運転ベンチャーのZMP(東京・文京)と提携自動運転タクシーの実証実験を計画するなど積極的に動く富田社長に話を聞いた。(聞き手は庄司 容子) …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
新たな勝ちパターン作れるか ゴーン氏、ルノーCEOに再任

1999年に資本提携したルノーと日産は2014年に「研究・開発」「生産技術・物流」「購買」「人事」の4部門の機能を統合するなど、あたかも1つの会社であるかのような状態 … 米ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)は35年には自動車業界のプロフィットプール(市場全体の営業利益の総和)の4割は自動運転車やカーシ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「市場を結ぶ自動運転 日本経済新聞」など、2018年2月8日     ニュース

ニュース
市場を結ぶ自動運転

仮想空間にあらゆる想定条件を与えることで、自動運転車がどのような挙動をとるか、実車を走らせることなく検証することができる。つまりこれを繰り返すことで、自動運転に必要なソフトウエアの完成度を上げていくのである。 一見、地味に見えるこのシミュレーターはグラフィックス、科学技術計算、そしてエッジコンピューテ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
準天頂衛星「みちびき」使い雪道を自動走行

三菱電機は7日、準天頂衛星「みちびき」からの信号を利用し、雪道の高速道路で自動走行する技術を初めて実証した。雪の影響で車載カメラが道路の白線を認識できなくても、衛星が側に送る高精度な測位情報と3次元(3D)地図の情報で自動走行できることを確認した。悪天候下で安全な自動走行を実現する技術として …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【岩貞るみこの人道医】スマホ時代に取り残された「運転席」、歩み寄りはスマホ側から

で、話をもどすと、要は、首都高が出したツイッターの情報を、運転中にスマホで見ることがここでいうセカンダリアクティビティに当たるわけだが、現在の道交法では、この行為は禁止されている。でも、自動運転技術車両に装備することによって、スマホを見ても安全が担保できるようにすれば、せっかくの首都高提供ツイッター …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
あの「BlackBerry」はいま? 来るコネクテッドカーの時代に向けセキュリティーソフト企業へ変身していた …

巷は自動運転車やコネクテッドカーの話題で持ちきり。一方でインターネットにつながっているがゆえセキュリティーリスクが懸念されています。仮に自動車がハッキングされて暴走すれば命に関わる惨事となりかねません。自動車メーカーは自動運転車やコネクテッドカーがハッキングされることを防止するためのセキュリティー …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
学生が考えた「ピックアップトラック」のデザインは、都市とフォードの未来を変えるか

自動運転技術を含む自動車の進化に合わせて、フォードが「未来のピックアップトラック」のあり方を模索している。 … 未来都市では大型が歓迎されない状況を想定したもので、小型で伸張式のロボットアームを搭載している。 … 自動運転技術により、人々はクルマをもたず、必要なときだけ呼び出すようになるかもしれない。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
手作業で工場カイゼン トヨタ副社長「競争力の源泉」

トヨタ自動車が手作業による技能の育成に力を入れている。電動化や自動運転、IT(情報技術)によって業界は100年に一度の変化を迎えた。投資が膨らむなか、品質とコスト低減の両立が競争力のカギを握る。50年以上、生産現場にかかわる河合満副社長は「品質や安全、ロボットの技能の源泉は人の手作業や感性に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
エヌビディア、データセンター部門の伸びに注目 【米決算プレビュー】

ゲーム向けのグラフィック処理などに使ってきたGPUはAIの技術を取り込みやすい特長があり、ディープラーニングに適しているとみたトヨタやテスラなどが相次ぎ採用。エヌビディアのGPUは世界の自動車・部品大手に自動運転車の研究で使われており、レベル5と呼ばれる完全自動運転技術開発に弾みがつく可能性がある …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
産業春秋/変革期迎える自動車産業

ある自動車部品メーカーの社長に、真剣な表情で問われた。「我々のように、これだけの危機感を持っている企業をほかにご存じですか」―。迫り来る構造変化の大きさをあらためて感じた。 自動車産業は今、変革期を迎えている。異業種を巻き込んで電気自動車や自動運転技術の開発競争が激化。一方でシェアリングなど、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノー日産連合、自動運転EVタクシー事業を中国配車大手と計画。将来的には業務提携も

ルノー日産連合は、2022年までにEV12車種にくわえて40車種の自動運転車を用意し、配車サービスへの参画を中長期計画に盛り込んでおり、今回の発表はその一環 … 一方、ライドシェア事業は自動運転との相性が良さそうで、Google(Alphabet)の自動運転技術企業Waymoは2018年より自動運転化したフォードPacifica …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
コンチネンタルとNVIDIA、AI開発を介した自動運転システムで提携

一方、NVIDIAの創業者兼CEOであるジェンスン・フアン(Jensen Huang)氏は、「これで、AI自動運転車を開発から大量生産へと移行させるうえで鍵となるすべての … ちなみにコンチネンタルは、人々と商品の持続可能かつコネクテッドなモビリティーの実現を目指し、先駆的な技術とサービスの開発を手掛けるテクノロジ企業。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動車事故損害 AIで判定、三井住友海上

三井住友海上火災保険は東大発ベンチャーのアリスマー(東京・江東)と提携し、自動車事故の損害を人工知能(AI)で瞬時に判定するシステムを開発した。2018年夏ごろに実用化し、事故車両の修理見積もりに活用する。業務の効率化を進め、保険金支払いを早める。 AIが事前に学習した約50万件の自動車の事故画像をもと …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノー・日産・三菱自動車、中国の配車アプリ大手「滴滴出行」とEVカーシェアリングで協業

… ルノー・日産自動車・三菱自動車のような業界リーダーと戦略的な提携を行ない、滴滴出行の強みやリソースを共有することによって、私たちはモビリティに対する多様なニーズに応え、シェアリングに基づくオープンな交通のエコシステムを形成することができるようになります。滴滴出行は今後もライドシェア、人工知能(AI)、新 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
エヌビディア、データセンター部門の伸びに注目 【米決算プレビュー】

製品用途は、PCの画像処理から、ゲーム機、専門可視化装置、データセンター、AI(人工知能)、仮想通貨のデータ処理、自動車等へと拡大。任天堂の家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」のメーンプロセッサーにエヌビディア製のモバイルプロセッサ「Tegra」が採用されている。 ゲーム向けのグラフィック処理などに使ってき …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ルノー日産連合、自動運転EVタクシー事業を中国配車大手と計画。将来的には業務提携

ルノー・日産・三菱連合(以下ルノー日産連合)が、中国のライドシェア・配車大手、滴滴出行(ディディチューシン)と将来的な自動運転ライドシェア事業を計画中だと発表しました。ルノー日産連合は、2022年までにEV12車種にくわえて40車種の自動運転車を用意し、配車サービスへの参画を中長期計画に盛り込んでおり、今回 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
市場を結ぶ自動運転

斬新な展示やデモで毎年注目を集める我々のブースだが、今年最も注目を頂いたのが自動運転車の開発に向けたソフトウエア・シミュレーター(AutoSIM)である。 弊社スーパーコンピューター(DGX)の膨大な計算能力で、様々な路面状況や気象状況を含めた道路環境を仮想化する。そのDGXで生成された仮想空間の中に、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
コンチネンタルとNVIDIA、AI開発を介した自動運転システムで提携

この提携では、レベル 2 の自動機能から車両にハンドルやペダルが搭載されていないレベル 5 の完全自動運転機能まで、幅広いAIコンピューターシステムの開発と生産を実現していく。 具体的には双方のエンジニアリングチームが共同で、NVIDIA DRIVEプラットフォームをベースとする自動運転ソリューションの開発を進める。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタがマツダの「燃料喰い」ロータリーエンジンを採用する理由

トヨタ自動車<7203>が次世代ハイブリッド(HV)に、資本提携したマツダ<7261>のロータリーエンジン(以下、ロータリー)を採用することが明らかになった。2018年1月に米ラスベガスで開かれた「CES(国際家電ショー)2018」にトヨタが出展した自動運転車「eパレット コンセプト」の実用で、レンジエクステンダー(発電用 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「まずは全固体電池 ルノー・日産・三菱自が投資計画 日本経済新聞」など、2018年1月12日     ニュース

ニュース
まずは全固体電池 ルノー・日産・三菱自が投資計画

フランスRenault(ルノー)や日産自動車、三菱自動車などで構成するRenault・日産・三菱自連合は2018年1月9日、オープンイノベーションを支援する企業ベンチャーキャピタルファンドを設立すると発表した。名称は「Alliance Ventures(アライアンス・ベンチャーズ)」。電動化や自動運転、人工知能(AI)などの成長分野に対し …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ自動車が車載Linux「AGL」を車載情報機器に全面採用、「他社も続く」

… 中の各種自動車モデルに素早く展開できた」と述べている。 消費者向けエレクトロニクス展示会「CES 2018」(2018年1月9~12日、米国ネバダ州ラスベガス)に出展しているAGLは、車載Linuxの車載情報機器向けディストリビューションの最新版となる「AGL UCB 5.0」を公開。併せて、アマゾン(Amazon)のAI(人工知能) …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
<札幌モーターショー特集>国内外27社 200台出展

国内外の最先端の自動車を展示する「札幌モーターショー2018」(道、道経連、北海道新聞社などでつくる実行委主催)が19~21日、札幌市豊平区の札幌ドームで開かれる。4回目となる今回は、27社38ブランドの四輪車と二輪車など約200台が出展される。各社が開発競争にしのぎを削る電気自動車(EV)や人工知能(AI) …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AI使った家電やロボット…米見本市が開幕

【ラスベガス(米ネバダ州)=松本裕平】世界最大級の家電・情報技術(IT)の見本市「CES」が9日、米ラスベガスで開幕した。 電機、自動車、IT企業など3900社以上が出展し、人工知能(AI)を使った自動運転システムや家電、ロボットなど最先端の技術を披露している。 トヨタ自動車は配車サービスなどに使える自動運転の試作 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
NVIDIA、AI自動運転プラットフォーム「NVIDIA DRIVE」の機能安全技術の詳細を発表

NVIDIAは2018年1月10日(米国時間)、同社のAI自動運転車プラットフォーム「NVIDIA DRIVE」の機能安全アーキテクチャの詳細を発表した。このプラットフォームは、オペレーター、環境、システムに関連する問題が発生した場合も含めて、冗長化と多様化を通じて車両の安全稼働を実現する。 自動車メーカーはNVIDIA …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「レベル3」自動運転開発を支援――NXP、自動運転車アプリケーション向け開発/テストプラットフォーム …

オランダのNXP Semiconductorsは2018年1月11日、自動車の自動運転アプリケーションの開発とテストに向けたソフトウェアプラットフォーム「NXP Automated Drive Kit」を発表した。同プラットフォームでは、自動車技術者協議会(SAE International)の定める「レベル3」の自動運転車を開発できる。 レベル3の自動運転は、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
無人運転を19年に実用化へ

【ラスベガス=兼松雄一郎】米ゼネラル・モーターズ(GM)は11日、無人運転の量産を2019年にも実用化する方針を公表した。基本的に人が運転に関与しない高度な自動運転車で、全米での普及に向け米当局に申請した。の次世代技術の焦点である自動運転は独フォルクスワーゲン(VW)やトヨタ自動車も開発を急ぐ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「もうチキンバスケットとは言わせない」

クルマの天井でくるくる回り、周囲の状況を把握する。自動運転の実験車両がほぼ標準的に採用しているLIDAR(レーザーレーダー)を供給するのが米Velodyne LiDAR社だ(図1)。優れた認識精度が高く評価されている一方で、「量産には使えない」(ある自動車メーカーの自動運転技術者)との声も少なくない。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタの自動運転コンセプト、関係者の度肝を抜く!

ラスベガスで行われている『CES』(最新技術の見本市)に於いてトヨタは『eパレットコンセプト』というのを発表した。簡単に言えば、工場などで使われている無人運搬を一般道で運用しようというもの。下手な文章でクドクド説明するより、下の動画を見て頂きたい。物流を電気で走る自動運転車に置き換えていくという …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産、ドコモなど6社 「つながる」の実証実験

日産自動車やNTTドコモなど6社は12日、コネクテッドカー(つながる)の実証実験を2018年中に日本で始めると発表した。周囲の車両や道路インフラ、歩行者が持つ機器と直接通信できる「セルラーV2X」と呼ぶ新たな技術規格の信頼性などを評価し、より安全な自動運転技術の実現などに役立てる。 セルラーV2Xは携帯 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産など、自動運転車の開発加速に向けたVCファンドを設立

初年度には、クルマの電動化、自動運転システム、コネクティビティ、人工知能などの新たなモビリティに焦点を当てている新興企業や、技術起業家が参加するオープンイノベーションのパートナーシップを対象に最大2億ドルを投資する予定で、こうした取り組みを毎年継続していくことで、財務リターンを確保しながら、新技術や新 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
<札幌モーターショー特集>夢の時代接近 自動運転、欠かせぬAI

次世代自動車の主役に躍り出た電気自動車(EV)と共に注目される技術が「自動運転」と、その実現に欠かせない「人工知能(AI)」だ。に乗り、行き先を告げるだけで目的地に連れて行ってくれる―。そんな夢のような時代に近づく技術を採用したコンセプトカーが札幌モーターショーにも登場する。 自動運転などの国家戦略「 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産とNASA、自動運転モビリティの共同研究を拡大

NASAの技術をベースに日産が開発した「SAM」(シームレス・オートノマス・モビリティ) 全 1 枚 拡大写真 日産自動車の米国法人の北米日産とNASA(アメリカ航空宇宙局)は1月11日、自動運転モビリティ … 日産とNASAはこの5年間、研究開発パートナーシップの下、自動運転車両システムの研究開発で協力してきた。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
注目ベンチャー5社「快眠」スリープテックや「妊活センサー」、「眼鏡型360度カメラ」が面白い:CES2018

アメリカ・ラスベガスで開催されている世界最大規模のテクノロジーショー「CES 2018」。デジタル業界の新年はCESと共に明けるといわれるほどだが、2018年はいつにも増してスタートアップの出展が注目度を高めている。スタートアップが集まるエリア「Eureka Park」は、巨大なサンズコンベンションセンターの1階を全て埋め …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
GM、19年にもハンドルなし「無人運転」の量産

の次世代技術の焦点である自動運転は独フォルクスワーゲン(VW)やトヨタ自動車も開発を急ぐ。GMが早期に … GMが実用化するのは、「レベル4」と呼ばれる自動運転車。特定の場所や … トヨタは20年代前半に実用化する方針を打ち出し、日産自動車は提携する仏ルノー、三菱自動車との連合で22年をメドに開発する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
南洋大とボルボ、自動運転電気バスを開発へ

自動運転電気バスはまず、NTUのキャンパス近くにある自律走行用のテストコースで実証実験を実施。その後、公道試験に進む予定だ。 NTUは2016年10月に陸上交通庁(LTA)と自動運転バスの技術開発で提携を結んでいる。同大キャンパスと西部ジュロンの環境配慮型工業団地クリーンテック・パークを結ぶ1.5 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「CESで自動運転車を初体験 —— とても退屈で、素晴らしい体験だった BUSINESS INSIDER JAPAN」など、2018年1月11日     ニュース

ニュース
CESで自動運転車を初体験 —— とても退屈で、素晴らしい体験だった

1月10日(現地時間)、同僚と私は自動運転タクシーに乗るために、CESの会場であるラスベガス・コンベンション・センター(LVCC)近くの駐車場に向かった。今回の取り組みでは、Aptivが車両自動運転技術を提供、Lyftが実際の運行を担当している。 我々はラスベガスのドライブを楽しんだ。だが今のところ、CESで体験した中 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Uberが自動運転にNVIDIAの技術を採用、開発ペースを加速…CES 2018で発表

Uberは、ボルボ『XC90』SUVの最初のテスト車両で、NVIDIA GPUコンピューティングテクノロジの使用を開始。現在では高性能のNVIDIAプロセッサーを使用して、自動運転/配車車両自動運転の貨物トラックの両方でディープニューラルネットワークを稼働させている。以来、Uber車両の開発ペースは急激に加速しており、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
インテル傘下のMobileye、今後の自動運転プロジェクトの詳細など明らかに

Mobileyeの最高経営責任者(CEO)で最高技術責任者(CTO)のAmnon Shashua氏は、自動運転車の開発における重要分野に関して、センシング、REM(Road Experience Management)、運転ポリシーなどを挙げている。 この方針に従い、Mobileyeの2018年の「マスタープラン」には、レベル4(L4、高度に自律的な運転が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転向け技術をCESで披露、存在感を強調するNXP

NXPは、LG Electronicsおよび、アルゴリズム関連の専門技術を提供するドイツHELLA Aglaiaと、先進運転支援システム(ADAS)や自動運転車向けの技術開発で協業するという。これが、CESにおけるNXPの発表の目玉の1つだ。この協業により、NXPが「S32V」プロセッサをベースとして開発した、ADASおよび自動運転車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転の実験、杉並で開始 住宅街の公道は都内初

住宅街の公道を利用した東京都内初の自動運転車の実証実験が11日、杉並区内で始まった。自動運転技術開発を手がけるアイサンテクノロジーのほか東京大学、測量会社の第一航業(東京・杉並)が杉並区の支援を受けて実施した。区立の井草森公園の周囲の都道・区道約1キロを、ミニバンをベースにした自動運転車が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米運輸当局、トラックや列車の自動運転で新たな政策指針策定へ

道路交通安全局(NHTSA)は自動運転車に対する「不必要な規制の障壁」や安全性の検証と認証の方法に関して意見を求めている。連邦公共交通局や連邦高速道路局も意見を公募している。これらの意見は同省の連邦自動運転車政策の第3版の作成に利用される。チャオ長官によると第3版は今夏に公表される見通し。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車技術のためのディストリビューションAutomotive Grade LinuxをToyotaとAmazonがサポート

AGLはそれに対してさらにセキュリティを厚くし、自動運転車をハッカーにやられないようにしたい。遠隔通信や地図関連の技術も重要だ。とくに地図データは、各社ばらばらでなく、全メーカーが共有できる形式であることがきわめて重要だ。地図の共通化は、AGLがメインの課題として追究している安全性の面でも欠かせない。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転 通行量の多い市街地で実証実験 東京 杉並区

自動運転の実用化に向けて東京 杉並区で、人やの通行量が比較的多い市街地を自動で走行させる実証実験が行われました。 続きを読む. この実証実験は、杉並区や自動運転技術開発に取り組む民間企業、それに東京大学などが共同で行ったものです。 の上部には特殊なセンサーがあって人や障害物を検知できる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アウディが2018年に自動運転「レベル3」のA8を発売予定。日本での発売は?

clicccar.com(クリッカー)
2018年、本国ではいよいよ世界初の自動運転レベル3の製品としてA8がデビューの予定です。すでにドイツでは法整備が整い、あとは国際的な技術基準が整えられ、その技術認証がクリアとなればレベル3自動運転車としてデビューとなるそうです。デビュー時には時速60km以下の自動車専用道路に限って使用できるものとなり …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
OKIグループとアヴネット、自動運転向けのAIボードを開発

OKIグループの設計受託企業であるOKIアイディエスは、技術商社大手のアヴネットと共同でレベル4~5の自動運転車に向けた人工知能(AI)コンピューターボードを開発した(リリース)。2018年2月からアヴネットが国内で販売する。将来的にはアジアにも販路を広げる。ボードは開発・評価用であり、実際のシステム開発をOKI …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ルノー・日産・三菱がベンチャー・キャピタルを設立 バッテリーや自動運転など新たなモビリティに5年間で …

ルノー・日産・三菱の約10億ドルという出資額は、CVCを持つ自動車メーカーとしては最大となる。 BMW iVenturesもGM Venturesも、ベンチャー・キャピタル運営の経歴が長いが、ファンド規模は彼らより小さい(BMWは、iVenturesの次の10年での投資総額を5億ドル以上に増やしている)。トヨタもロボティクスや人工知能の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
CESで自動運転車を初体験 —— とても退屈で、素晴らしい体験だった

1月10日(現地時間)、同僚と私は自動運転タクシーに乗るために、CESの会場であるラスベガス・コンベンション・センター(LVCC)近くの駐車場に向かった。今回の取り組みでは、Aptivが車両自動運転技術を提供、Lyftが実際の運行を担当している。 我々はラスベガスのドライブを楽しんだ。だが今のところ、CESで体験した中 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転向け技術をCESで披露、存在感を強調するNXP

同プラットフォームはBaiduが開発したもので、“ロボットカー向けAndroid”としても知られている。この提携により、NXPの半導体チップがApollo Open Autonomous Driving Platformをサポートできるようになるとしている。 こうしたさまざまな発表内容から、NXPが、「ADASや自動運転車向けオープンプラットフォームの強力な …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、何でも出来る・使えるクルマ「e-Palette Concept」を「CES」に出展

提携する米ウーバーテクノロジーズ、マツダに加え、新たにアマゾン、ピザハット、滴滴を含めた計5社を第1弾パートナーとして、多機能車両を開発する。 また、トヨタが培ってきた安全性の高い車両制御技術を用いて開発した車両制御インターフェースを自動運転キット開発会社に開示する予定だ。自動運転キット開発会社は、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「Uber、自動運転車に NVIDIA の技術を採用 PR TIMES」など、2018年1月10日     ニュース

ニュース
Uber、自動運転車に NVIDIA の技術を採用

CES 2018 の開幕前に開催されたプレス カンファレンスにおいて、NVIDIA の創業者兼 CEO、ジェンスン・フアン (Jensen Huang) は、このコラボレーションでは Uber Advanced Technologies Group の自動運転車両自動運転トラックで NVIDIA の技術を利用し、AI アルゴリズムの実行によって、複雑な環境においても各 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
エヌビディアCEO、2時間に及ぶ「自動運転強化宣言」の中身

プレゼンの中で、フアンはVWとウーバーとの提携以外にも、自動運転技術を手掛けるスタートアップ「オーロラ(Aurora)」とのパートナーシップや、中国におけるバイドゥと部品大手のZFとの提携拡大、BlackBerry QNXとの協業、自動車向けAI機能の強化、新たなARテクノロジーの開発、自動運転車向けスーパーコンピュータの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転EV 配送・相乗りも 米家電見本市

【ラスベガス清水憲司、釣田祐喜】トヨタ自動車は8日、米ネット通販大手アマゾン・コムや米ライドシェア大手ウーバー・テクノロジーズなどと連合を組み、バス型の自動運転電気自動車(EV)の開発を進めると表明した。自動運転やライドシェアなど新たな技術・サービスが次々と登場する中、を使う側の視点を重視しないと …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米フォード、自動運転車での食品・買い物の配達実験へ

米 フォード・モーターは、買い物・宅配代行の新興企業ポストメイツと提携し、自動運転による宅配実験を ピザ以外にも拡大、最終的に運転者なしでネット注文の … フォードは年内に、消費者とドライバーを結び付けて食料品や出前、他の買い物などを宅配するポストメイツと手を組み、自動運転技術によって宅配がどのように …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、次世代移動サービスに照準=自動運転車で宅配や相乗り

トヨタ自動車が自動運転機能を搭載した商用電気自動車(EV)の試作を公表し、無人運転による宅配など多様なサービスに活用していく方針を明らかにした。背景にあるのは、ライドシェア(相乗り)の … 自動車業界では、異業種企業の参入により、自動運転などの技術競争が加速。海外では同時に、自動車を所有せずに …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車用ソフトウェアを開発するAImotive、シリーズCラウンドで3800万米ドルを調達

ハンガリー・ブタペストを拠点とする AImotive は、自動運転車のカメラやセンサーからデータを収集し、人工知能の運転システムが歩行者や障害物を回避できるようそれらを認識するソフトウェアを … 調達資金は、世界でのスケールに向けた動きやシミュレーション技術を駆使した自律走行ソフトウェア制作の加速に活用される。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
技術力の結集。ミニマムなセンサー類を装備したトヨタの自動運転車「Platform 3.0」

現在開催中のCES 2018にて、トヨタの子会社で人工知能等の研究開発を行なうToyota Research Institute, Inc.(TRI)が開発した自動運転実験「Platform 3.0」が展示されます。 これは車外の状況を検知するセンサーやレーザー類の機能を大幅に強化しているだけでなく、Lexus LS600hLのボディーに馴染むデザインとなっ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
電機大手、車載技術競う AI使い道案内、自動運転サポート… CESでパナやソニー

三菱電機は展示を車載関連に絞り、運転支援機能を備えた試作を公開。声で個人を認証し、登録しておいた行き先を画面に表示するシステムや、ドローンを活用して道路状況を把握する技術を提案する。 ソニーは自動運転に活用する車載カメラ向けの画像センサーを紹介。暗所や逆光でもの周囲360度の状況を正確に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
TOYOTAのさようなら自動車、こんにちはモビリティサービス宣言 CES2018

世界最大の家電見本市「CES」が9日、米ラスベガスで開幕するのに先駆けて発表した。披露したのは全長4.8メートルの電気自動車(EV)「e―Palette(イー・パレット)コンセプト」。エリア限定で完全自動運転ができる. 「レベル4」の技術を載せて、まず20年の東京五輪で、大会関係者の移動で実験する。 提携する米ウーバー …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
サムスン、自動運転向けプラットフォームをCES 2018で発表…レベル3-5に対応

サムスン、自動運転向けプラットフォームをCES 2018で発表…レベル3-5に対応 … 韓国のサムスン電子は1月9日、米国ラスベガスで開幕したCES2018において、自動運転向けの新開発プラットフォーム、『DRVLINE』を発表した。 … 自動車メーカーが自動運転技術車両に組み込む際のソリューションになることを目指す。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
【CES 2018】ルノー、日産、三菱自動車、ベンチャーキャピタル「アライアンス・ベンチャーズ」設立。5年間で …

Ionic Materialsはマサチューセッツ州を拠点に自動車および多様な用途に使われる高密度エネルギーバッテリーの性能およびコスト競争力向上を可能とする固体高分子電解質を開発している。 このほか、Alliance Venturesは初年度、クルマの電動化、自動運転システム、コネクティビティ、人工知能などの新たなモビリティに …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
技術リーダーに必須の「4種の神器」とは?

既に当時と同様に、大きな変化の兆候が表れています。 例えば、自動車業界では電気自動車へのシフトが一気に進み、各国で電気自動車に対する法律やインフラ整備が進んでいます。それだけではなく、自動運転に対する法整備も現実のものとなろうとしています。 金融業界では、2017年にデータの分析や予測に人工知能が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ZF:人工知能(AI)による自動運転がまもなく現実に

特に環境データの検出と処理のために搭載された「ZF ProAI」はテスト車両で中央制御ユニットとして機能し、モジュラー・アプローチで自動運転機能の開発を可能にする。ZFのアプローチは、車の用途やハードウェアの構成、自動運転のレベルなど自動車メーカーのニーズに応じて対応可能で、あらゆるクルマに適用できる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
LG、新AIプラットフォームをCES 2018で発表…ドライバーの眠気を認識

韓国のLGエレクロニクスは1月9日、米国ラスベガスで開幕したCES2018において、新開発のAI(人工知能)プラットフォーム、『ThinQ』を発表した。 ThinQは、AIの研究を加速するために、韓国のLG人工知能研究所が中心になって開発。 … 自動車の室内を監視するモニターとして活用できる。ドライバーの表情や動作を検知し、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
エヌビディアCEO、2時間に及ぶ「自動運転強化宣言」の中身

プレゼンの中で、フアンはVWとウーバーとの提携以外にも、自動運転技術を手掛けるスタートアップ「オーロラ(Aurora)」とのパートナーシップや、中国におけるバイドゥと部品大手のZFとの提携拡大、BlackBerry QNXとの協業、自動車向けAI機能の強化、新たなARテクノロジーの開発、自動運転車向けスーパーコンピュータの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転EV 配送・相乗りも 米家電見本市

自動運転やライドシェアなど新たな技術・サービスが次々と登場する中、を使う側の視点を重視しないと生き残れないと判断。他業種との … 減少を抑えるには、ユーザー側の企業と提携し、の使われ方にも目配りする必要がある。 … 運転手なしで動くライドシェアや配送、移動販売、宿泊施設などとしての使用を想定する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米フォード、自動運転車での食品・買い物の配達実験へ

米 フォード・モーターは、買い物・宅配代行の新興企業ポストメイツと提携し、自動運転による宅配実験を ピザ以外にも拡大、最終的に運転者なしでネット注文の配達ができるようにするに … 当面は運転者が乗り込んで進める実験を通じて、フォードは自動配達システムがどのように機能するかを十分見極めることにしている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転EV、ユーザーの視点重視 配送・相乗りも 米家電見本市

【ラスベガス清水憲司、釣田祐喜】トヨタ自動車は8日、米ネット通販大手アマゾン・コムや米ライドシェア大手ウーバー・テクノロジーズなどと連合を組み、バス型の自動運転電気自動車(EV)の開発を進めると表明した。自動運転やライドシェアなど新たな技術・サービスが次々と登場する中、を使う側の視点を重視しないと …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
CES2018:FordとQualcommがの広範な接続性実現のために提携

携帯電話の接続性は、自動運転車ならびにモビリティサービスなどに向けて、フォードが展開しようとしている、充電ステーションネットワークやパートナープラットフォームなどの重要な要素となっている。Fordはまた本日(1月9日)、クラウドベースのコネクテッドスマートシティプラットフォームも発表した。この上に、都市や、運送 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
元グーグルの自動運転開発責任者、新会社立ち上げ再起動

【ラスベガス=中西豊紀】米グーグルで自動運転車の開発プロジェクトを率いてきたクリス・アームソン氏は業界では知る人ぞ知るスターエンジニアだ。2016年夏の突然の辞任後は沈黙を守っていたが、このほど新たなベンチャーを立ち上げ自動運転の世界に戻ってきた。すでに独フォルクスワーゲン(VW)とも提携。「(機械の) …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
TOYOTAのさようなら自動車、こんにちはモビリティサービス宣言 CES2018

世界最大の家電見本市「CES」が9日、米ラスベガスで開幕するのに先駆けて発表した。披露したのは全長4.8メートルの電気自動車(EV)「e―Palette(イー・パレット)コンセプト」。エリア限定で完全自動運転ができる. 「レベル4」の技術を載せて、まず20年の東京五輪で、大会関係者の移動で実験する。 提携する米ウーバー …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AI進化、最新技術が競演 家電見本市、米で開幕

日産自動車はカルロス・ゴーン会長が記者会見し、提携先の三菱自動車、フランス自動車大手ルノーと共同で新興企業を支援するファンドを設け、今後5年間で最大10億ドル(約1130億円)を投資すると発表した。先進的な技術を取り込み、電気自動車(EV)や自動運転車の競争力を高める。ホンダはAI搭載のロボットを中心に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【コラム】新年(2018年)に予測する中国自動車業界、次の一手

2018年は日本の自動車メーカーは当然、ドイツメーカーも新エネルギーの発売を予定している。全国乗用車市場信息聯席会の秘書長(事務局長)は、2017年の電気自動車などの新エネルギー販売台数は、50万台を突破今年は、100万台の大台を達成できるかがポイントと発言している。だけに限るわけではないが、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「VWとウーバー、自動運転向けにエヌビディアの技術採用 ブルームバーグ」など、2018年1月8日     ニュース

ニュース
VWとウーバー、自動運転向けにエヌビディアの技術採用

グラフィック半導体の米 エヌビディアは、同社の人工知能(AI)に関する専門知識・技術を ウーバー・テクノロジーズとフォルクスワーゲン(VW)が自動運転車の実用化のために採用すると発表した。 エヌビディアの … VWはインテリジェント・コパイロット・システムの開発にエヌビディアの技術を取り入れる。両社が発表した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米ラスベガスで開幕へ 次世代技術競う

日産は、運転手の脳波を測定することで、実際にハンドルやアクセルを操作する前にシステムが作動してイメージ通りの運転を可能にしたり、自動運転時の安全性を高めたりする技術を発表する。トヨタのAI開発子会社は車外の状況を把握するセンサー類を高度化した新しい自動運転実験を公開。自動運転技術やAIの開発を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米家電見本市が9日開幕、つながるやAIに注目

人工知能(AI)を搭載した機器の展示が増えるほか、自動運転やコネクテッドカー(つながる)など自動車関連の技術も多く紹介される。家電業界と他の業界との垣根がなくなり、最新の技術を紹介する展示会としての様相が色濃くなっている。 「1年前は200だった自動運転の協業先が、300以上に増えた」。開幕に先立つ7日、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
現代自、米オーロラと自動運転車を共同開発

現代自、米オーロラと自動運転車を共同開発. 韓国・現代自動車グループは4日、米オーロラと組み、自動運転車を開発すると発表した。2021年までにドライバーが運転に関与しないレベル4(米国基準)技術の実用化を目指す。自動運転技術の実証実験に適した「スマートシティー」を選定して、テスト走行を実施する。 まずは、燃 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタの自動運転テクノロジーは人間を超えた!? 全周囲200mをセンシングする「Platform 3.0」

clicccar.com(クリッカー)
ガーディアン(高度安全運転支援)とショーファー(全自動運転)という2つの方向で自動運転テクノロジーを開発しているトヨタ。北米の子会社で人工知能等の研究開発を担うToyota Research Institute, Inc.(TRI)の開発した次世代の自動運転実験「Platform 3.0」を発表しました。 旧型のレクサスLSをベースとした実験 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ドライバーの脳波を「先読み」してを制御、日産が開発

つまり、自律自動車が路上を走るようになるまで、実際にその技術にお目にかかることはなさそうだ(「完全自律型自動車 2021年に販売開始」を参照)。 それなのに、なぜ関心を集めているのか。自動運転の時代が来ても多くの人々は運転を楽しみたいはずだ。そのとき、より安全な運転のためにこの技術は役立つと日産は主張 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノー・日産・三菱自、新興企業に年230億円投資

仏ルノー・日産自動車・三菱自動車の連合は自動運転などの分野で優れた技術を持つ新興企業を対象とする投資ファンドを設立する。2018年から毎年2億ドル(約230億円)規模を投資する方針だ。同企業連合は2022年までに人が運転に関与しない完全自動運転車を実用化する計画を示しており、投資先の技術を活用して …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NVIDIA、自動車向けARプラットフォーム「Drive AR」発表

こうしたARとしての機能は自動運転技術が進歩することで、カメラによる周辺環境のマッピングや認識が進むため可能になります。 NVIDIAのCEOジェンスン・フアン氏は、「をさらに未来に向けて次のレベルに押し上げることができる」として、この「Drive AR」を紹介しました。具体的に採用される車種などは不明ですが、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
今年のCESの主人公は“スマートシティ”

革新技術展示会」と呼ばれるに相応しい。 今年CESが投げかける話題は「スマートシティ」だ。かつて個人用スマート機器で革新を繰り返し、昨年はスマートホーム、今年はスマートシティにまで拡張された。人工知能(AI)とモノのインターネット(IoT)、5世代(G)通信、自動運転車、ロボットなど、先端技術を組み合わせた結果だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転に光、照明メーカーが次世代ランプ開発に拍車

自動運転の本格化に向け、自動車用照明メーカーが次世代ランプの開発に取り組んでいる。小糸製作所は光線の反射で全周囲の歩行者や車両を検知するランプや、走行状況を光で伝える照明の開発に着手。同様の照明は市光工業も手がけ始めた。スタンレー電気や三菱電機はの動線を路上に照射する技術を開発.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
今年のCESの主人公は“スマートシティ”

かつてテレビ、オーディオなどが主役だったとすれば、自動車、ドローンはもちろん、人工知能(AI)のような先端技術が席巻している。「革新技術展示会」と呼ばれるに相応しい。 今年CESが投げかける話題は「スマートシティ」だ。かつて個人用スマート機器で革新を繰り返し、昨年はスマートホーム、今年はスマートシティにまで …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米ラスベガスで開幕へ 次世代技術競う

開幕に先駆け、中国のEVベンチャー、フューチャー・モビリティーは7日、「バイトン」ブランドで、次世代高速通信や顔認証による解錠、米アマゾン・コムの音声AI「アレクサ」といった最新技術に対応し、音声や手ぶりでカーナビなどを操作できるコンセプト車を公開した。自動運転機能も搭載する。「自動車とIT両業界にまたがった …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車・輸送機 ニュース

自動運転の本格化に向け、自動車用照明メーカーが次世代ランプの開発に取り組んでいる。小糸製作所は光線の反射で全周囲の歩行者や車両を検知するランプや、走行状況を光で伝える照明の開発に着手。同様の照明は市光工業も手がけ始めた。スタンレー電気や三菱電機は車の動線を路上に照射する技術を開発.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
LG電子、ADAS開発で世界大手と提携

韓国のLG電子は、自動運転車に用いる先進運転支援システム(ADAS)に関する次世代技術開発でオランダの半導体大手NXPセミコンダクターズと、ドイツの自動車部品メーカー・ヘラと提携した。 LG電子の「次世代ADASカメラおよび映像認識・制御アルゴリズム」と、NX… 関連国・地域: 韓国/欧州. 関連業種: 自動車・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「現代自・VW、グーグル出身VBと提携 自動運転車を共同開発 日本経済新聞」など、2018年1月6日     ニュース

ニュース
現代自・VW、グーグル出身VBと提携 自動運転車を共同開発

【ソウル=山田健一、フランクフルト=深尾幸生】韓国・現代自動車は4日、米グーグル出身の技術者が設立したIT(情報技術)ベンチャー企業の米オーロラ社と組み、自動運転車を開発すると発表した。自動運転に適した先進的なITインフラを備えた「スマートシティー」を世界から選び、両社が共同で実証実験する。ドライバーが …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Toyota Research InstituteがCESで次世代の自動運転実験「Platform 3.0」を公開

トヨタ自動車(以下、トヨタ)の子会社で、米国で人工知能等の研究開発を行うToyota ResearchInstitute, Inc.(以下、TRI)は、次世代の自動運転実験「Platform 3.0」を、ネバダ州ラスベガスで開催されるCES に出展すると発表した。Lexus LS600hL をベースとするこのクルマは、より高度な技術と、ベース車両であるLexus LS …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転、提案型で攻勢

自動運転はさらに高い精度や安全性が求められる時代に入る。今はレーダーやセンサーを使って周辺の状況を把握しているが、コーナーをきちんと曲がる、衝突しない、といった精度の高い自動運転には新たな技術が必要になる。が家とつながるなど、あらゆるモノがネットにつながるIoTとの連携も進む。 三菱電機は人工衛星 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
“諸刃の剣”カーシェア事業の強化で“痛し痒し”の自動車メーカー (1/2ページ)

大手自動車メーカーが同じ車両を複数の利用者が使う仕組み「カーシェアリング」事業を強化している。トヨタ自動車は4月に新サービスの提供を視野に会社を設立。日産自動車は今月、主に電気自動車(EV)を使ったカーシェアを始める。海外ではカーシェアのための機能を備えた新型も登場しており、将来は自動運転技術と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノー・日産連合、自動運転タクシーで協業へ 複数社と参入準備 (1/2ページ)

三菱自を含む3社は、既に自動運転車の実験を進めている米グーグルやウーバー・テクノロジーズのようなテクノロジー企業との協業を望んでいると同氏は語った。 … だろう」と述べた上で、テクノロジー企業にとって自動化技術はあくまで自社の主力事業を強化するものであり、その意味で「提携は可能と考えている」と語った。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
CES 2018開催間近! ホンダ、デンソーなど、最先端テクノロジーの競演

例えば、Hondaの今回のメイン展示はやバイクではなく、コミュニケーションロボットだ。コンセプトモデル「3E-A18」や、アタッチメントを変えること … 同じ自動車分野では、デンソーがコネクティッド技術自動運転技術を中心にシミュレーターやデモ機を使って展示を行う。世界的にも関心が高まっているコネクティッドカーの実現 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
現代自・VW、グーグル出身VBと提携 自動運転車を共同開発

また独フォルクスワーゲン(VW)も同日、オーロラ社との提携を発表した。VWは2017年に完全自動運転車「セドリック」のコンセプトを発表。21年までに公道走行試験をする方針で、開発を加速する。 16年末設立のオーロラ社は、グーグルで長く自動運転車開発を率いてきたクリス・アームソン氏が最高経営責任者(CEO)を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノー・日産連合、自動運転タクシーで協業へ 複数社と参入準備 (1/2ページ)

三菱自を含む3社は、既に自動運転車の実験を進めている米グーグルやウーバー・テクノロジーズのようなテクノロジー企業との協業を望んでいると同氏は語った。 … だろう」と述べた上で、テクノロジー企業にとって自動化技術はあくまで自社の主力事業を強化するものであり、その意味で「提携は可能と考えている」と語った。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「AI(人工知能)で実現! 【エレクトロニクス・自動車・工場を進化させるAI技術が出展】 PR TIMES」など、2018年1月5日     ニュース

ニュース
AI(人工知能)で実現! 【エレクトロニクス・自動車・工場を進化させるAI技術が出展】

加えて、工場で生産の異常を検知するAIや、AIを駆使して実現できる自動運転などエレクトロニクス・自動車業界にもAIの進化が見られます。 … 人工知能検査システム AIハヤブサ (株) ミラック光学AI(人工知能)+ 機械学習による検査従来の画像処理ソフトのようにパターンマッチング主体の処理では判断が難しかった検査を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「CES 2018」で、トヨタの人工知能研究開発会社が次世代自動運転実験車「Platform 3.0」を展示

トヨタ自動車の子会社で、人工知能などの研究開発を行なうToyota Research Institute(以下、TRI)は、1月9日に米国ネバダ州ラスベガスで開幕する「CES 2018」において、次世代自動運転実験車「Platform 3.0」を展示すると発表した。 このPlatform 3.0の開発にあたり、TRIは以下の3つの主要なテーマを設定した。 1.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車・輸送機 ニュース

トヨタ自動車人工知能(AI)開発子会社である米トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)は4日、米ラスベガスで9日開幕する「CES 2018」に自動運転の新型研究車両「プラットフォーム3.0」を … 各国の規制を背景に国内外の完成車メーカー各社が電気自動車(EV)をはじめとする電動車の開発を本格化しており、基幹部品の.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AI、自動運転、信頼回復…… 企業トップの言葉から読み解く2018年

技術革新による変化をポイントとして掲げる経営者も多い。三菱商事の垣内威彦社長は18年の経済状況が好調に推移すると考える根拠として、「(米Apple、Googleなどの)巨大ITプラットフォーマーの存在」、電気自動車(EV)や自動運転の開発が進む「自動車業界」、そして「人工知能(AI)」を挙げた。「人類が火や電気を初めて …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車メーカートップが語る2018年の展望と課題とは…天気予報に見立てて

そこで語られた自動車メーカートップの2018年の展望と課題とは。 まずは新春お決まりの2018年を天気予報に見立てるという質問に、トヨタ自動車の豊田章男社長からは「会社からは曇りに晴れを付けておけといわれている。晴れでも良いじゃないの … ただ西川社長は「人工知能がいろんな仕事を速くしている。これは開発にも …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
機械 ニュース

【5軸化など加速/DMG森精機・森雅彦社長】 電気自動車(EV)、人工知能(AI)、高齢社会などの社会変化の中、5軸化、複合化、自動化をさらに進める。周辺機器… 続きを読む · 新菱冷熱、タイのコージェネプラント完成−商業運転を開始. (2018/1/5 05:00). 新菱冷熱工業(東京都新宿区、加賀美猛社長、03・3357・2151) …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
2018TOP年頭語録/DMG森精機・森雅彦社長ほか

(2018/1/5 05:00). 【5軸化など加速/DMG森精機・森雅彦社長】. 電気自動車(EV)、人工知能(AI)、高齢社会などの社会変化の中、5軸化、複合化、自動化をさらに進める。周辺機器… (残り:1,833文字/本文:1,913文字). (2018/1/5 05:00). ※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動運転の主役はやはり自動車メーカー

東京モーターショーの技術展示では、電動化や自動運転が脚光を浴びるだけでなく、クルマの基本性能を高める軽量化技術を提案した足回り関連のサプライヤーにも注目が集まった。 今回の東京モーターショーではトヨタ、日産、メルセデス・ベンツ、アウディ、VWといったメーカーがEVで自動運転のコンセプトカーを出展していた …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、周り360度200mまで認識 自動運転車を開発

トヨタ自動車は5日、外部認識能力を高めた次世代の自動運転実験を開発したと発表した。センサー技術を向上させて車両全周を200メートルの範囲で認識できるようにした。の周囲の物体を正確に検知できるようになり、より安全性の高い自動運転が可能になる。 次世代実験は「プラットフォーム 3.0」という名称。米国に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転元年だ!ラスベガスで「自動運転タクシー」が走る理由[CES 2018]

自動運転車技術を保有するAptivによれば、タクシー配車サービスを提供するLyftとパートナーシップを締結し、CES 2018において「自動運転タクシー」の試験運行を実施する。自動運転タクシーは、CES 2018のメイン会場の1つであるラスベガス・コンベンション・センター(LVCC)のゴールドロットと呼ばれるエリアから出発し、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノー・日産連合、自動運転タクシーでテクノロジー企業との連携模索

日産自は ディー・エヌ・エーと自動運転車両を用いたタクシーの試験走行を横浜で 来年実施し、ルノーは自動運転車両の開発で仏交通サービスのトランスデブと組んでいる。日仏連合は昨年、自動運転車両に最適なバックエンドのクラウド技術の開発に共同投資する 契約を米マイクロソフトと結んだ。 レジック氏は「自動運転車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
360度の障害物を認識 トヨタ、自動運転車「Platform 3.0」を開発

… は、自動運転車のプロトタイプ「Platform 3.0」を、家電見本市「CES 2018」(1月9~12日、米ラスベガス)に出展する。周囲200メートルの環境を立体的に捉えるLIDAR(LIght Detection And Ranging)システムを備え、全方位を認識できる。外観はスマートに仕上げ、自動運転技術の装備もコンパクトにまとめ、複数の実験 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AI(人工知能)で実現! 【エレクトロニクス・自動車・工場を進化させるAI技術が出展】

加えて、工場で生産の異常を検知するAIや、AIを駆使して実現できる自動運転などエレクトロニクス・自動車業界にもAIの進化が見られます。 … の検出速度と精度・悪天候でも、遮蔽物があっても安定検出できるのが特徴で、カメラ画像から、歩行者,各種自動車,2輪,白線,標識等自動運転技術に必須となる物体検出をします。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
VWと現代自、自動運転技術の米新興企業に未来託す

自動運転車の開発競争が繰り広げられる中、ドイツの フォルクスワーゲン (VW)と韓国の現代自動車がシリコンバレーで1年前に創業したばかりの新興企業オーロラ・イノベーションに未来を賭ける。オーロラの創業者には、米グーグルや テスラ で自動運転車の研究を率いた人物が名を連ねている。 オーロラは4日、VWおよび …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産、ドライバーの脳波測定「運転支援」技術開発 自動運転社会に向けて

日産自動車は1月3日、ドライバーの脳波を測定して運転を支援する技術(Brain-to-Vehicle、B2V)を開発したと発表した。同技術は、 … 将来の自動運転社会では、人間はクルマをコントロールしないと考える人が多いかもしれません。しかし、この技術はその反対です」――日産自動車のダニエレ・スキラッチ副社長は述べる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ソフトバンクが目指す自動運転バスのある未来とは、試乗会でみえたもの

試乗会は、三菱地所が丸の内エリアで進める「オープンイノベーションフィールド」の一環で、先進技術やテクノロジーを用いた実証実験を支援する取り組みによるもの … ロボットがこのルートをトレースし、車両に取り付けられた走行用の各種センサーの情報からAIが歩行者や障害物を検知し自動運転を制御するという仕組みだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自律走行のために街を「再発明」すれば、道路は人に優しくなる 米国で動き始めた「新しい都市設計」

どの都市も、自律走行を前提とした将来の街づくりについて、そろそろ考え始める必要がある。そうした目標に向けて、米都市交通担当官協議会(NACTO)は2017年10月末、独自の「約束の地」のヴィジョンを公開した。NACTOは、こうした問題に真剣に取り組む全米60都市の交通計画担当官と技術者からなる組織だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
[FT]独VW、米ベンチャーと探る自動運転の未来

独フォルクスワーゲン(VW)がシリコンバレーの新興企業オーロラと自動運転車の研究開発で提携した。オーロラは米グーグルで自動運転開発の責任者だったクリス・アームソン氏が代表を務める。数々の老舗自動車メーカーが、自動運転の未来に適応しようとテクノロジー産業に期待を寄せているが、今回の動きもその一例だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノー・日産連合、自動運転タクシーでテクノロジー企業との連携模索

三菱自を含む3社は、既に自動運転車の実験を進めている米 グーグルや ウーバー・テクノロジーズのようなテクノロジー企業との協業を望んでいると同氏は語った。 … だろう」と述べた上で、テクノロジー企業にとって自動化技術はあくまで自社の主力事業を強化するものであり、その意味で「提携は可能と考えている」と語った。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ウェブ
ボタンひとつでが迎えに来る? VWが米新興企業と戦略的提携

フォルクスワーゲングループは1月4日、CES 2018の開幕を控えて、オーロラ社との間で自動運転分野における戦略的提携を締結した、と発表した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「AIと生きる/2 自動運転始まる村の「足」 ぬくもりは負けない 毎日新聞」など、2018年1月1日     ニュース

ニュース
AIと生きる/2 自動運転始まる村の「足」 ぬくもりは負けない

玄関から手押しを持ってきて、足の不自由な高齢の乗客に手渡す。「いってらっしゃい」と声をかけ、運転席に戻ると次の停車場所に向かった。 バスやタクシーの運転手は人工知能(AI)やロボットで代替できる可能性が高いといわれる。技術が進歩すれば、都市部でも大勢の人が職を失うかもしれない。ただ、村で自動運転の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
2018急上昇ワード:「無人化ビジネス」仕事奪うパンドラの箱か? 人手不足の救世主か?

自動運転技術ベンチャー「ZMP」は、2020年の「無人タクシー」の実現に向け、2018年は「無人運転の開発を加速させる年」(ZMP担当者)。2017年12月には運転席 … フォー」も米半導体大手のNVIDIA(エヌビディア)と業務提携し、ハンドル、アクセル、ペダルのない完全自動運転車を開発、2018年春に実証実験をするという。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
完全自動運転時代の必須技術!「ダイナミックマップ」の実証実験を開始へ

KDDI株式会社、株式会社ゼンリン、富士通株式会社は26日、完全自動運転車の安全な走行を実現するための必須技術とされる「ダイナミックマップ」について、その … 実証実験においては、KDDIが自動運転車に搭載されたカメラやセンサーによって生成されるデータを確実かつ効率的にアップロードし、専用ネットワークに送信 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
なぜ、EVに本気になったのか? トヨタの答え

2030年に電動を世界で550万台以上販売し、そのうち電気自動車(EV)と燃料電池(FCV)を100万台以上とする。そして、2025年頃までにはエンジン専用をゼロにする──。トヨタ自動車が車両の電動化を加速すると宣言した。エンジンとハイブリッド(HEV)にほぼ絞り込んできたこれまでの戦略を改め、2020年以降 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノーSYMBIOZコンセプトカーに込められたIAVのノウハウ

自動運転車の開発において、IAVはルノーにとってなくてはならない存在だ。ルノーのSYMBIOZ(シンビオズ)コンセプトカーはベルリンを本拠地とするIAVと技術パートナーとして新たな技術のポテンシャルを引き出そうとしている。張り巡らされたセンサー類やインテリジェントなアルゴリズムがSAE レベル4自動運転段階を可能に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【初めてのマイカー】女の5年ローンでポルシェ 928 S4…岩貞るみこ

でも、当時29歳のかけだしジャーナリストゆえ、運転の技術も人格も信用されていない時代に左ハンドルの大きな輸入の広報車両をお借りするにあたり「928に乗って … いや、本当にいけすかない自然人(法律用語で人間のことをこう呼ぶのだと、自動運転システムを語る弁護士先生に教えていただきました)だったと思います。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【平成30年 年頭所感】ベイオーク 代表取締役社長 塩原 淳平

次世代燃料についても、ハイブリッドカー(HV)・電気自動車(EV)・燃料電池(FCV)などが定着し、エンジンのみの車種の販売の終了に向かいつつあります。自動運転技術については、米国で2018年に本格的なサービスが開始される模様の中、法改正など日本での実用化は先の長い話・・・とは言っていられない状況です。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【平成30年 年頭所感】日本中古自動車販売協会連合会・日本中古自動車販売商工組合連合会 会長 …

自動運転や電気自動車など技術革新により、あつかうクルマそのものが常に進化し変化を続けている今、環境に合わせて我々も変わっていかなくてはなりません。そのためには、青年部などの若い方の柔軟な発想が必ず必要になります。若い方が参加し活躍できる組織を目指し、かつあらゆる情報が組織全体に行き渡るよう …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
【2018年展望】EVで未曾有の日本6社連合へ…CACE+A がもたらす自動車産業の激流

こうした4要素に連動するかたちでAI(人工知能)も欠かせない技術要素として脚光を浴び、「CACE+A」という様相となってきた。AIをめぐっては、自動車業界が外部の企業や研究機関との連携で凌ぎを削る展開となっている。「オープンノベーション」を合言葉に、業界は国内外の多くのスタートアップ企業を含め、協業や出資を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
2018急上昇ワード:「無人化ビジネス」仕事奪うパンドラの箱か? 人手不足の救世主か?

ソフトバンクグループの「SBドライブ」も2017年12月に、運転席のない自動運転シャトルバスの試乗会を開いた。東京23区の公道では初めてだった。報道によると、名古屋大学発のベンチャー「ティアフォー」も米半導体大手のNVIDIA(エヌビディア)と業務提携し、ハンドル、アクセル、ペダルのない完全自動運転車を開発、2018 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「自動運転中にVR体験 ルノーが新型EVで導入 ニコニコニュース」など、2017年12月29日     ニュース

ニュース
自動運転中にVR体験 ルノーが新型EVで導入

シンビオズは「レベル3」の自動運転を実現していますが、未だ「レベル5」の完全自動運転ではないので、教習と同じように緊急時にの対応ができる人物が … ルノー・日産アライアンスの「 コネクテッドカー」技術開発担当シニア・バイス・プレジデントであるOgi Redzic氏は「自動運転技術はすぐにでも市場に参入することに …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタが描くコネクティッドカー戦略 – クラウドの活用を推進

また、自動運転では『クルマ』の自律化により、モニタリングが必要なためコネクティッドの技術が活用されている。さらに、重要なのはクルマがクラウドとともに進化し、車内連携から社会システムと連携し『いいクルマ』の定義が多様化していく。つまり、単独のクルマから、つながるクルマを経て社会の一員になると考えている」との …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
赤ちゃんみたいにゼロから学習できるAIロボット、誕生

今あちこちで自動運転車が開発されていますが、現実の道路で起こりうること全部を予見してプログラムに入れ込んでおくのは無理なので、Vestriのような技術が役に立つというわけです。 Vestriが白紙の状態からどうやって世界の動き方を学ぶかというと、キモはカメラで捉える映像の分析にあります。Vestriは物を動かしながら …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ソフトバンク、イスラエルのテクノロジー企業「Vayyar」とIoTでの協業を開始

Vayyarは、電波を用いた3Dイメージングセンサー製品の設計・開発で、世界トップクラスの実績と技術ノウハウを有する企業。2011年設立のベンチャーだが、超 … 今年7月には自動車および自動運転市場に同技術を投入すると発表し、自動運転車内外におけるリアルタイムモニタリングや、車両生産ラインでの安全性・効率 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
「スターウォーズ」と「スターデザイナー」|LOS ANGELES AUTO SHOW 2017

ロサンゼルス・オートショーが2017年12月1日から10日まで一般公開された。 LAショーの始まりは1907年に遡る。1929年には場内の電気系統から火災が発生。幸い犠牲者はなかったが、展示車両の大半が消失するという事故があった。しかし第二次大戦後は全米最大の自動車市場であるカリフォルニアのショーとして、独自 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「LG、自動運転車のテレマティクスでHereと提携 CNET Japan」など、2017年12月28日     ニュース

ニュース
LG、自動運転車のテレマティクスでHereと提携

LG Electronicsと、「Here Maps」を提供するHereが提携した。LGのテレマティクス技術とHereのロケーションサービスを統合して、完全自動運転車用のデータ通信ハブを構築するという。 両社は双方の技術を統合して、自動運転車に搭載されたカメラ、レーダー、LiDARなどのセンサからのデータを、Hereの「HD Live Map」 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ドライバーの意図はくめない? 自動運転の課題 (1/4)

技術顧問サービスを手掛けるVision Systems Intelligence(VSI Labs)の創業者であり、主席アドバイザーを務めるPhil Magney氏は、EE Timesの取材に応じ、「2017年は、レベル2(部分的な自動運転)の自動運転車向けに、ADAS(先進運転支援システム)や、さまざまなセンサー技術が段階的な発展を遂げた年だった。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
国産の品質が悪化? 日本の自動車業界に何が起こっているのか

Bluetoothやカーナビといった、基礎的な先進装備が評価を下げる要因になるケースがあるとすると、気になるのは“本当のハイテク技術”である「自動運転車」時代の乗車体験の変化だ。 J.D. Powerでは、自動運転車時代には、これまで重視された品質に加えて、「トラスト(信頼)」が消費者の新たな基準として重要になると見て …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
吉利、商用ボルボの筆頭株主に 4000億円超出資か

商用のボルボの筆頭株主になることで手薄だった商用分野にも力を入れる。 ABボルボは「ボルボ」や「ルノー」のブランドの商用を手掛けている。商用のボルボは電気自動車(EV)や先進運転支援システムなどの技術を持つことから、今回の出資を契機に吉利やボルボ・カーとEVや自動運転技術の共同開発も進める …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ すべての人へモビリティを、移動の自由を 「Concept‐愛i」「Concept‐愛i RIDE」 東京モーターショー …

岡部氏 このクルマはAIの技術を使った新しい時代の愛車を提案するというコンセプトで造っています。このクルマの特徴は人を理解するという点で、二つのAI技術を使っています。一つは … 実際に、このクルマは2020年に公道での実証実験を予定しており、その際には自動運転の機能も含めてデモすることを想定しています。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
最先端のスマスピに、昭和生まれ疑惑[ITmedia NEWS アンカーデスクマガジン 水曜日版 2017/12/27]

電気自動車に自動走行、コネクテッドカー……。 ミライに向けて走り出したさまざまなクルマ技術を、 ITmedia NEWS編集部が総力を挙げて大特集! 業界の最新動向から取材して分かったコネクテッドカーの「今」まで、週1で記事を更新予定です。 最新記事は、 「舞台はPC・スマホからクルマへ 「自動運転」で半導体 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
トヨタ系、自動運転の人材獲得注力

トヨタ系、自動運転の人材獲得注力. 【共同】トヨタ自動車のグループ企業が、自動運転や電気自動車(EV)開発の要となる人工知能(AI)、IT分野の人材獲得に力を入れている。グループ企業の多くが本社を置く愛知県周辺では十分採用できず、東京に拠点を設ける動きも出ている。 自動車部品最大手のデンソー(愛… 関連国・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
LG、自動運転車のテレマティクスでHereと提携

LG Electronicsと、「Here Maps」を提供するHereが提携した。LGのテレマティクス技術とHereのロケーションサービスを統合して、完全自動運転車用のデータ通信ハブを構築するという。 両社は双方の技術を統合して、自動運転車に搭載されたカメラ、レーダー、LiDARなどのセンサからのデータを、Hereの「HD Live Map」 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「[FT]中国、スパイ活動警戒で外国製自動運転車を規制へ 日本経済新聞」など、2017年12月15日     ニュース

ニュース
[FT]中国、スパイ活動警戒で外国製自動運転車を規制へ

外国製の自動運転車はスパイ活動に利用される恐れがあるとの懸念から、世界最大の自動車市場である中国の規制当局が純国産技術を優先する可能性が浮上している。 外国の自動車メーカーは、中国での自動運転技術の推進に制限を受けているという。中国政府は国家安全保障上の問題を理由に、高解像度カメラや全 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転の歴史は、砂漠でのレースから始まった 国防総省のチャレンジから興った新産業の舞台裏

彼らは2007年11月3日、ロサンゼルス郊外の閉鎖された空軍基地で、動き回るロボットたちをじっと見ていた。ロボットは交差点を行き交い、の走る間に入り込み、駐車スペースを見つけたりしていた。これらのロボットたちは、米国防総省傘下の国防高等研究計画局(DARPA)の主催する自律走行レース「アーバンチャレンジ」 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
国交省と経産省が“国内初”、車両内無人で公道を自動走行

開発車両は、自動運転レベル4相当の機能を持つ。今回の走行試験では運転者が遠隔で車両を監視して、危険と判断した場合には車両を止める。車両運転に係る義務は遠隔操作者にあるため、自動運転レベル2に該当する。国土交通省自動車局技術政策課の担当者によれば「保安要員が電動自転車などで車両を追いかけて …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
次世代ずらり、未来変える? 福岡モーターショー開幕

今回のテーマは「クルマと変えよう暮らしの未来」で、電気自動車(EV)や水素で走る燃料電池(FCV)、人工知能(AI)を活用した自動運転の試作が並んだ。 福岡市博多区の自動車整備士の津曲(つまがり)龍さん(36)は息子の将英君(5)と初めて訪れた。「EVや自動運転など最新の技術をみたいと思ってきました」。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルネサス 自動運転のセンサー、仏社と開発へ

ライダーはレーザー光を用いての周辺を広範囲にセンシングする技術。目に見えないレーザー光を放射状に発光させて反射光などを測定し、遠距離にある障害物までの距離を測定する。や歩行者のほか、障害物の性質も把握できる。 ルネサスは「R―Car(アールカー)」ブランドで周辺認知から判断、駆動という自動運転に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【可愛い】ハンドルもアクセルもない自動運転AIモビリティ「Milee(マイリー)」の展示を見に行ってきた

会場にはNVIDIAが開発中の自動運転車「BB8」も展示。迫力満点。しかし、写真のように人気は可愛い「Milee」に集中していた. 可愛い外観は、株式会社カブクとの連携で実現した。カブクは全世界に300以上構築している工場ネットワークを活用し、産業用3Dプリントや切削、射出成形など多種多様な工法や素材を組み合わせ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
オムロン子会社、顔認識技術運転者の状態を監視

危険な運転が検出されると、センターから事業者の管理者向けに自動的にメールで通知する機能も備える。また、事業者はセンターに集めたデータを分析して、危険な運転が多い従業員に対して安全運転の指導ができる。車両には内外を撮影するドライブレコーダーも設置してあるため、必要に応じて危険運転時の映像を確認 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマが売れない時代のビジネス基盤 トヨタのコネクテッドカー戦略

一方、外の世界とつながるコネクテッドカーは、継続的なサービスや周辺事業の可能性を広げ、将来の自動運転技術などのベースにもなる。山本氏は、「パワートレインはEV(Electric Vehicle)やFCV(Fuel Cell Vehicle)に変わり、自動運転も導入されるが、基盤になるのはコネクテッド技術自動運転クルマが自律化しても …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【材料】パイオニアは3日ぶり反発、米エヌビディアと自動運転車開発プラットフォームへの対応で協業へ

【材料】パイオニアは3日ぶり反発、米エヌビディアと自動運転車開発プラットフォームへの対応で協業へ … 改めて自動運転関連として関心が高まっているようだ。 … 軽量・低コストな3D-LiDARの開発を進めており、今年9月から国内外の自動車メーカーやICT(情報通信技術)関連企業などにサンプル供給を開始している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
検索の百度、自動運転技術の開発にアクセル

インターネット検索中国最大手の百度(バイドゥ)が自動運転技術の開発を加速する。国家プロジェクトの認定をこのほど取得し、提携する国内自動車大手と組んで2018年に商用で実証試験し、19年からは乗用車にも広げる。ネット銀行、人工知能(AI)スピーカーにも参入するなど多角化を進めて検索依存から脱却し、騰訊 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
福岡でモーターショー開幕 2年ぶり、AI搭載EV試作車など新技術展示 ルノー、ボルボも

九州最大の自動車展示会「福岡モーターショー2017」が15日、2年ぶりに福岡市で開幕した。18日まで。トヨタ自動車をはじめとした国内外のメーカーが参加し、人工知能(AI)といった最新技術を搭載した試作車のほか、新型車やバイクを含めて計200台以上を出展。試作車の一部は実際に乗り込むことができるなど、来場者 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
サムスン電子、米向けOS開発社と提携

サムスン電子は、米国の向けOS(基本ソフト)開発会社のレノボ(Renovo、中国のIT業者レノボとは別会社)と提携し、自動運転車の開発を加速させる。 米シリコンバレーに本拠を置くサムスン電子戦略革新センター(SSIC)が、レノボが開発したOS「AWare」を… 関連国・地域: 韓国/米国. 関連業種: 自動車・二輪車/IT・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【報ステ】『AIの目』…自動運転のカギ握る半導体

東京都内で14日、自動運転の実証実験が行われた。公道を無人の … 自動運転のカギを握るのは、大量の画像データを高速で処理できる半導体で、『AIの目』とも言われている。AIがや … トヨタやアウディなど自動車メーカーが相次いでエヌビディアとの提携に踏み切り、その時価総額は12兆円を超えている。ジェンスン・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
検索の百度、自動運転技術の開発にアクセル

インターネット検索中国最大手の百度(バイドゥ)が自動運転技術の開発を加速する。国家プロジェクトの認定をこのほど取得し、提携する国内自動車大手と組んで2018年に商用で実証試験し、19年からは乗用車にも広げる。ネット銀行、人工知能(AI)スピーカーにも参入するなど多角化を進めて検索依存から脱却し、騰訊 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「ZMPが初めて無人の自動運転車で公道実験へ、遠隔システム検証 ロイター」など、2017年12月5日     ニュース

ニュース
ZMPが初めて無人の自動運転車で公道実験へ、遠隔システム検証

同社はタクシー大手の日の丸交通(同)と協業し、東京五輪・パラリンピックの開かれる2020年に一部地域で無人の自動運転タクシーのサービス実現を目指している。今回の実験を通じて、遠隔操作による自動運転システムを検証し、自動運転技術とサービスのさらなる開発と安全性向上を図る。 遠隔型自動運転システムを用 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ヤマハ発がカート型自動運転車出展、リゾート地で活用

ヤマハ発製のカートを使った自動運転車両が続々と登場している。2017年6月には産業技術総合研究所が旗振り役となって、ヤマハ発製のゴルフ用カートを基に「スマートEカート」を開発した。同車両自動運転の基本的なシステムは、すでに遊園地向けなどで販売している電磁誘導型である。地中の深さ3cmから5cmの位置 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産とDeNA、一般参加可の自動運転車実験へ

DeNAが開発した専用アプリでを指定した場所に呼び出した後、目的地まで移動するサービスの実験を行う。原則として自動運転で走行するが、必要に応じて同乗するドライバーが運転する。 自動運転技術の開発に取り組む日産は、20年代の早期に、無人運転のを使った配車サービスの実用化を目指している。 2017年12 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ鯉淵常務理事「すべての人が自由に移動できる社会を」—自動運転開発の取り組み

自動車業界の機能安全活動の裾野の拡大、および自動運転技術開発の促進を図ることを目的とするもので、テーマは昨年に続き「自動運転に向けた機能安全・ … 講演テーマは、「トヨタの先進安全・自動運転開発技術への取組み」。 … 周りののウインカーの点滅や、道路上の子供の様子を検知して動きを予測するもの。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転バス、地域が期待 安全走行へ課題も、滋賀

運転技術に不安を覚え、免許返納について時折考えるという高木清治さん(75)=同町=は「実現すれば自家用がなくても安心」と期待する。 高齢化や過疎化が進む奥永源寺地域のような中山間地域では住民の移動や物流の手段をどう確保するかが課題。国交省はその一助として、ドライバーが不要な自動運転車の実用化 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノー、EUの自動運転&コネクトカープロジェクトに参画…1000台のメガーヌ納入へ

専用仕様のメガーヌには、自動運転&コネクテッドカー技術が搭載されており、速度、ハンドル角、タイヤのグリップ、フロントガラスのワイパー操作、エアバッグの展開などの車両データを収集して分析する … ルノーによると、SCOOPプロジェクト参画の目標は、道路上でより安全なを顧客に提供し、交通の流れを改善すること。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ジェイテクト 自動運転関連技術の本格開発 リチウムイオン・キャパシター、パワースーツなど新規分野も拡大

ジェイテクトは、今後の自動運転に対応したステアリングシステムの開発にも着手している。レベル3の自動運転で求められる、ドライバーが自らの意志でステアリングを操作しているかを判定する技術として、自動運転から手動運転へのシームレスな移行、そして路面の変化やクルマの姿勢の変化があっても正確に応答する高 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ヤマハ、AI搭載で自立走行する「MOTOROiD」、自律ライディングロボット「MOTOBOT Ver.2」など「CES …

… 発表された「06GEN」は運転席が用意されていたが、名称にAutomatedという言葉が追加されたこちらは、路面画像認識で自位置を認識する低コストな自動運転車となっており、クラウド技術を使った高スケーラビリティな管制サーバを一体化してシステムを構成。また、自動運転サービサーがWeb-APIを使う独自のMobility …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
車検時にスキャンツールで電動パワートレインや予防安全技術を点検するのが義務化される日は近い …

同省自動車局整備課の平井隆志課長は検討会冒頭の挨拶で、「近年ハイブリッドカー、FCV、EVなど電子装置を活用したクルマ自動運転技術が急速に普及している。政府としても事故減少のため、2020年までに新車搭載率を9割以上とすべく取り組んでいる。これらは電子制御装置によって制御されており、故障した場合は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
《経済》 アスモ、デンソーと合併

自動車用小型モーター製造のアスモ(湖西市)は二〇一八年四月、親会社の自動車部品大手デンソー(愛知県刈谷市)に吸収合併される形で両社のモーター事業を統合する。の電動化や自動運転技術の開発競争が激化する中、いずれの技術でも鍵を握るモーター事業をデンソーに集約して製品開発を強化する。四日、両社 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
日本電産、仏車大手と合弁電気自動車向けモーター

日本電産は4日、フランスの自動車大手グループPSA(旧プジョー・シトロエン・グループ)と電気自動車(EV)向け駆動用モーターを生産する合弁会社を同国に設立すると発表した。PSAが持つノウハウや生産設備を生かしてEVの主要部品となるモーターの競争力を高め、需要拡大に対応したい考えだ。 合弁会社は2億2千万 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アメリカ国防副長官、人工知能分野の競争の敗北を懸念

この報告は、ロシアのプーチン大統領が最近、ロシアが将来世界を運営し、最もよい人工知能を保有すると語った後に出されました。 ロシアのメディアも、ロシア軍は自動車やロボット、新型巡航ミサイルなどを開発する中で決定的な力を持っているとしています。 中国も人工知能産業の向上のために数十億ドルを費やしており、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
日産とDeNA 自動運転車の配車サービス実験へ

日産自動車と大手IT企業のディー・エヌ・エーは、完全自動運転を使った配車サービスの実現に向けて、来年3月に、横浜市で一般のモニターが参加する実証実験を行うと発表しました。 続きを読む … 自動運転車を使ったサービスの開発は自動車メーカーやIT企業などが提携し、業界の垣根を越えた競争が加速しています。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ZMPが初めて無人の自動運転車で公道実験へ、遠隔システム検証

ZMPとの提携を1月に解消したIT企業のディー・エヌ・エー(DeNA)(2432.T)と日産自動車(7201.T)も同日、一般のモニターが参加する、開発中の自動運転車による移動サービス「Easy Ride(イージーライド)」の実証実験を来春実施すると発表した。 実験では万が一に備えてドライバーが同乗するが、両社も20年代早期に、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「高速道路に「自動運転専用レーン」をつくるときが、もうすぐやってくる WIRED.jp」など、2017年11月9日     ニュース

ニュース
高速道路に「自動運転専用レーン」をつくるときが、もうすぐやってくる

高速道路に「自動運転専用レーン」をつくるときが、もうすぐやってくる …. この調子で自動運転技術が広まり、道路が自律走行に明け渡される日を、アルバーグら …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転バスがトラックと衝突 米ラスベガスでサービス開始の初日

同社はロンドンでも同様の技術を試験している。 … 自動運転車が関わる事故はこれが初めてではないが、分かっているほぼすべての事例で人間のミスが事故 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【岩貞るみこの人道医】完全自動運転を“コンコルド”にしないために何が必要か

自動運転技術を開発していくにあたり、どこを走らせるかは大きな問題である。高速道路のような自動車専用道なら歩行者や自転車、交差点で車両同士が交差 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転、五輪で主役デビュー 競技場まで選手送迎も

IT(情報技術)業界も巻き込みながら、実用化に向け開発競争が加速する自動運転車。東京五輪・パラリンピックでは競技場への選手の送迎や大会関係者を首都 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノーの自動運転、プロのテストドライバーにインスピレーション…害物回避機能

ルノーグループは11月7日、非常に高度な障害物回避が可能な自動運転技術を開発した、と … ルノーは小型EV、『ゾエ』をベースにしたプロトタイプ車両を開発。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
3Mの技術展示施設、「消えない白線」など自動運転を視野

スリーエム ジャパン(本社東京)は2017年11月7日、同社の顧客向け技術展示施設「カスタマーテクニカルセンター」(相模原市)の機能を拡充し、自動運転の支援 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
機械学習の限界を超える、「予測能力」を持つ自動運転技術

MITのスピンオフ会社、アイシー(iSee)は、人間の予測能力を備えた自動運転技術を開発中だ。突発的な出来事にも対処できる、安全な自動運転車自動車を実現 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ウーバーが「空飛ぶタクシー」実験、管制でNASAと提携

将来的には無人運転にする方針。空の自動運転は地上に比べ障害物が少なく、空間に余裕があるため、技術的には自動運転車よりも早く実現できるといわれて …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマへの憧れは戻るのか〜ひっそりと閉幕した東京モーターショー

クルマへの憧れは戻るのか〜ひっそりと閉幕した東京モーターショー … のテーマである自動運転、とりわけ、人工知能(AI)をさらに駆使した最先端の自動運転技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

 

「自動運転車、住民参加で実験開始 神戸の高齢化地区 朝日新聞」など、2017年11月8日     ニュース

ニュース
自動運転車、住民参加で実験開始 神戸の高齢化地区

自動運転車、住民参加で実験開始 神戸の高齢化地区 … 人工知能(AI)の技術などはNTTドコモが提供した。4人乗車可能で、運転席には緊急時に備えて運転手 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノー、プロ並みの危険回避力をもつ自動運転車「CALLIE」を開発。実際にプロドライバーの技術を参考

フランスの自動車会社ルノーが、自動運転車のプロトタイプ「CALLIE(キャリー)」を開発しました。その特徴は、”プロドライバーから開発のインスピレーションを得 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【公道で自動運転 試乗】高速道路で巧みに合流、驚いた! 日産プロパイロット

日産の自動運転開発ではすっかりお馴染みとなっている方だ。 … これまで速度差を合わせてクルマが自動で合流するのは技術的にもかなり難しいとされてきた …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転技術はいつ普及する?東京モーターショー2017で見えた現在地

三菱電機は、カメラ、ミリ波レーダー、準天頂衛星対応高精度ロケータなどを搭載した自動運転技術車を紹介。こちらはすでに2016年5月から高速道路で実証実験 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
解像度4倍の新型ライダー開発、完全自動運転向け…米ベロダイン

米国カリフォルニア州シリコンバレーに本拠を置き、車両の周囲の物体を検知するセンサー、「LiDAR」 … 自動運転車の中核となるセンサー技術を開発している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
テンセントが独自の自動運転システム開発 テスラ第4位株主、協力は不明

自動運転車市場に進出する中国企業としては、これまでで最大となる。 関係者によると、 … 馬化騰会長は3月、自動運転車向けのAI技術の開発に意欲を示した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
OKI、の高速逆走を検知、本庄工場に試験コース

センサーや画像処理技術を使って、高齢者らが運転する自動車の逆走を検知する技術自動運転向け技術について研究開発を進める。あらゆるモノがネットに …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
HEREが富士通と協業、強みを持ち寄り位置情報サービスを開発

富士通が持つ位置情報サービスやデータ分析技術と、HEREの自動運転向け高 … 日本政府が公表する自動運転車の事業化のロードマップも踏まえ、具体的な …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
モーターショー展示の未来の 人の感情を理解する技術

世界10か国から150社・団体が出展するなか、その多くがEV(電気自動車)やAI(人工知能)・自動運転など「自動車」の枠組みを越えた未来の技術を披露した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
焦点:トヨタ連合がEVで反撃、基盤技術を標準化 未来の勢力図見えず

11月8日、電気自動車(EV)で出遅れるトヨタ自動車を中心とした企業連合が、ようやく「反撃」の動きに出始めた。EV基盤技術の標準化だ。写真は人工知能技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマに乗り込むスマホアプリ、トヨタとLINEが共同開発

トヨタ自動車は、LINEの人工知能(AI)アシスタント「Clova」を車載機器と連携させるデモを「第45回 東京モーターショー2017」(東京ビッグサイト、一般公開:10 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
独ダイムラー、自動会話サービス「アスクメルセデス」を発表

写真・図版 11月7日、ドイツ自動車大手ダイムラーは、学習型AI(人工知能)機能を持つチャットボット(自動会話プログラム)型の顧客支援サービス、「アスク …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
<経済編>環境にやさしい未来の車集まる

東京・江東(こうとう)区の会場では、電気でモーターを動かして走る電気自動車(EV)や、コンピューターの人工知能(じんこうちのう)(AI)が人の代わりに運転を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
モーターショー展示の未来の車 人の感情を理解する技術も

世界10か国から150社・団体が出展するなか、その多くがEV(電気自動車)やAI(人工知能)・自動運転など「自動車」の枠組みを越えた未来の技術を披露した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
中国NEV法公布で、日系の自動車業界どうなる?

簡単に説明すると、一定量以上のEV(電気自動車)、PHV(プラグイン … トヨタ社内で「愛Car」と呼ばれている、人工知能搭載の次世代ビークルが、初の量産EVに …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、イスラエルで投資拡大-ロボットや自動運転分野

【テルアビブ=ロイターES・時事】トヨタ自動車はイスラエルのロボットや自動車技術への投資を拡大する方針だ。人工知能(AI)やロボット技術に投資するトヨタの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
HEREが富士通と協業、強みを持ち寄り位置情報サービスを開発

富士通とHEREは2017年11月7日、先進モビリティサービスの開発に向けた提携に … 富士通が持つ位置情報サービスやデータ分析技術と、HEREの自動運転向け高 … 日本政府が公表する自動運転車の事業化のロードマップも踏まえ、具体的な …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルネサスが車載半導体シェア30%を狙う「何が何でも成功したい」 (1/2)

半導体大手、ルネサス エレクトロニクスが「自動運転」という世界的な潮流を … Foundation(AGL)、長城汽車らとの提携を発表し、トヨタ「カムリ」や日産「リーフ」など … されたのが、トヨタが2020年に実用化を目指す自動運転車への製品採用である。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「オムロン、自動運転AIの開発加速 25年度に売上高200億円 日本経済新聞」など、2017年9月27日     ニュース

ニュース
デンソー、IoTや自動運転をテーマとした技術セミナー開催 10月14日

デンソーは、技術セミナー「DENSO A.I. TECH SEMINAR 2017 ‐ 機械学習の最前線 IoTと自動運転が、新しいモビリティ社会を切り拓く ‐」を10月14日、三井 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
エンジニアが自動運転技術に関わるべきではない理由(1)

自動運転技術」は市場を最も賑わせているキーワードの一つだ。多くの技術者が自動運転車という分野に貢献したい、あるいは最先端の技術職に身を置くことで …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ダイソン、電気自動車を開発中。独自技術結集の「他とは根本的に違うEV」を2020年までに発売

IT分野から自動運転EVの開発に挑んだアップルやGoogleは、すでに車体開発を諦め、既存メーカーの自動車に搭載する自動運転AIに開発範囲を絞り込んでい …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
EVは第2のアイフォーン 自動運転・シェアリングで「社会変革」 (1/3ページ)

米アップルが携帯電話業界を根底から覆す技術革新をスタートさせてから10年後の今、電気自動車(EV)が自動走行とカーシェアとの連携で、同じような転換を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転だけじゃない、自律移動ロボットの可能性を示したパナソニックの3D LiDARとは

自動運転車向けのデバイスとして注目されているが、パナソニックが開発したのは自律移動 … 3D LiDARを搭載した自動配送ロボットのデモ。 … 感情・体調センシングでは、カメラとサーモカメラを使い、人の感情、体調を推定する技術を披露した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
棚卸し自動化へ-自律走行ロボ・通信で技術磨く

凸版印刷とZMP(東京都文京区)は自動運転技術を応用し、自律走行ロボットがRFIDを自動で読み取ってリアルタイムに管理するシステムを開発した。ZMPの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノー・日産のつながるクルマ、2018年から刷新

自動運転技術を取り入れた配車サービスなどへも蓄積した技術を生かして進出する。無人運転車両や物流車両などに、同様のシステムを提供することも検討して …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「Googleとは違う」地図情報のトップ企業が新プラットフォームを語る

2015年9月から自動運転で利用可能な技術に関する協議を開始。2016年5月には、自動運転向け地図情報の効率的な更新、運用を可能にする「データエコ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
準天頂衛星システムの測位信号で自動運転−三菱電機、世界初実証

三菱電機は26日、準天頂衛星システムの測位信号を使った自動運転の実証実験 … と呼ぶ高精度な測位信号を利用し山陽自動車道で自動運転の実験を始めた。 … が数センチメートル誤差で済むため自動運転の高度化に欠かせない技術として注目 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「【フランクフルトモーターショー2017】アウディ3車種、エヌビディアの自動運転技術を搭載 レスポンス」など、2017年9月21日     ニュース

ニュース
【フランクフルトモーターショー2017】アウディ3車種、エヌビディアの自動運転技術を搭載

この他、コンセプトカーの『エレーヌ』と『アイコン』にも、エヌビディアの自動運転技術を採用。エヌビディアのzFASシステムを搭載し、レベル4~5の完全自動運転を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転技術で遅れた日本…欧米の“カモ”にされる?

ドイツのアウディは17年7月、自動運転車「A8」を今秋に発売すると発表した。人ではなくクルマ主導で動くレベル3の自動運転車として世界初。日本勢では、先頭を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
2022年までに40車種へ拡大、ルノー・日産連合の自動運転

2022年までに異なる水準の自動運転技術を40車種に搭載し、一部車両では運転者が関与不要な“完全自動運転”を実現する——(図1)。フランスRenault社と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
グーグルは「1200億円以上」を自動運転に投資 裁判資料で判明

アルファベット傘下の「ウェイモ(Waymo)」が自動運転技術の盗用でウーバーを … それによると、グーグルは過去6年間に自動運転車開発プロジェクト「Project …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
メルセデス・ベンツ、世界5大陸で自動運転車のテスト走行–「CASE」戦略の一環

Daimler傘下のMercedes-Benzは、世界5大陸で自動運転車をテスト走行させる取り組み「Intelligent World … なお、Daimlerグループは次世代の自動車を実現させるにあたって4つの戦略的分野「CASE」を挙げ、自動運転技術の開発はその一環。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
5G、AI、自動運転、高度医療で求められる高速化とノイズ対策

5Gの開発、AIの進化、自動運転の開発、医療の高度化のために、伝送システムの … このような技術を下支えするのが、高速インターフェース設計を行うため …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米テスラ車の自動運転事故で報告書。コスト引き上げの懸念も

メーカーに自動運転機能の利用条件をドライバーに守らせる安全対策を求めた。今後、自動運転機能を搭載する車は注意や啓発だけではなく、技術的な利用制限 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ライドシェア大手のLyft、「自律走行車の配車サーヴィス」をテスト運用へ

創業2年の自動運転スタートアップであるDrive.aiにとって、このサーヴィスは自社の技術を試すと同時に、乗客の反応を確かめる機会となるだろう。Drive.aiの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
テスラ社の自動運転事故で、責任追求にエネルギーと時間を使わない米国

バブル真っ只中の80年代、世界中が日本経済の成長や日本の技術に注目していました。それから30年以上がたち、いま日本経済は低迷からなかなか抜け出せ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「インテル、ウェイモとの提携を発表…完全自動運転の技術開発へ レスポンス」など、2017年9月19日     ニュース

ニュース
インテル、ウェイモとの提携を発表…完全自動運転技術開発へ

FCAのエンジニアとグーグルのエンジニアが協力し、最新の自動運転技術の自動車への搭載について、協業を進めてきた。またFCAはウェイモに対して、自動 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
インテルとWaymo、完全自動運転の実現を目指して協力

Intelは米国時間9月18日、Alphabet傘下で自動運転技術を手がけるWaymoに協力し、レベル4およびレベル5の自動運転実現に向けて支援すると発表した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
VWグループ主導の自動運転研究プロジェクトが始動

今回のプロジェクトには、駐車や追い越し、複雑な都市部の運転など、幅広い技術テストが含まれる。技術面での試験の他、「ユーザーが自動運転をどのように …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノー日産三菱が2022年に1400万台の販売目指す、600km走るEVや完全自動運転車も

プラットフォームとパワートレインの共有や、電動化・自動運転などの技術の共有によるシナジー創出に取り組み、2022年に年間販売台数は1400万台以上、売上 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
世界初の自動運転向けリアルタイム・ミリ波レーダ・シミュレータ を提供開始

自動運転の需要が拡大する中、ミリ波レーダをはじめ、カメラ、赤外線、超音波などのセンシング技術の向上が、高いレベルの自動運転を実現する重要な鍵となり …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
車の自動運転 法から考える

人工知能(AI)による自動運転技術が普及した際に起こりうる社会問題を考えるシンポジウムが18日、新潟市中央区の朱鷺メッセで開かれた=写真=。AIの研究 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
パイオニアとHEREが提携–グーグルとは異なる戦略で自動運転に挑む

パイオニアとHEREは、2015年9月以降、自動運転で利用可能な技術に関して協議を開始。2016年5月には、自動運転向け地図データの効率的な更新、運用を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
レノボとイスラエル企業が提携…自動運転車のセキュリティ向上へ

レノボとアルガス・サイバー・セキュリティ(以下、アルガス)社は9月15日、アルガスが特許を持つ侵入検知・防止システム技術を、レノボの自動運転車向け …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
変形する車? 特許出願に見る自動車の未来

自動運転技術やライドシェアに取り組むシリコンバレー企業に遅れてはならないとばかりに、自動車メーカーはこの5年で米国での特許出願を大幅に強化した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
独アウディが「レベル3」市販化で先行、他社は及び腰

アウディがフランクフルト国際自動車ショーで誇示したのは、レベル3の技術を搭載した新型「A8」。車線変更を支援し、運転手は … N)は、まだ運転手の監視が常に必要な「レベル2」の自動運転車の導入にとどまっている。テスラは昨年、自動運転機能 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「高精度な自動運転技術を搭載か!? アストンマーティン ヴァンテージ次期型、ディテール見えた clicccar.com」など、2017年9月18日     ニュース

ニュース

高精度な自動運転技術を搭載か!? アストンマーティン ヴァンテージ次期型、ディテール見えた

clicccar.com(クリッカー)
これまでのミュールボディから一転、「DB11」譲りの大型クラムシェルフード、ワイドなエアインテーク、薄型ヘッドライト&テールライト、「ヴァンキッシュS」を彷彿 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

関西経済同友会 イスラエル企業視察

… の育成を強化しようと世界的なベンチャー企業を数多く輩出している中東のイスラエルを訪れ、自動運転の関連技術で注目されている企業などを視察しました。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

ルノー・日産アライアンスが新6か年計画「アライアンス2022」を発表。2020年に初の完全自動運転を目指す

clicccar.com(クリッカー)
また、2020年までに段階を踏んで、完全自動運転を含めた異なるレベルの自動運転技術を40車種に搭載するそうです。その中には、無人運転車両による配車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

自動ブレーキに点検基準 搭載車拡大受け、国交省来年度から

自動運転技術が急速に進化する中、高齢者ドライバーの事故防止などにつなげる狙いがある。 国交省は2018年度の概算要求で調査費用として5千万円を計上。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

アイサンテクノロジー<4667>のフィスコ二期業績予想

自動車の自動運転技術の確立に必要とされる高精度三次元システムによる計測・高精度三次元地図データベース等にも展開。18.3期1Q業績は堅調。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

GSMA、EUの協調型高度道路交通システムの開発で技術中立的なアプローチを採用するよう欧州員会に …

ECはC-V2X技術を規制する代わりに、市場を開放したままにしておく必要が … さらにC-V2X技術は自動車分野で、自動運転を含む接続技術の現在と今後の用途 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

AI、クローン研究…倫理なき中国ハイテク技術の暴走――中国だけが悪いわけではない!?

倫理なき中国ハイテク技術の暴走――中国だけが悪いわけではない!? … 自動運転の公道実験の例もしかり、倫理や安全に口やかましくない中国は“世界の実験 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

【テスラ死亡事故】37分走行中わずか25秒しかハンドル握らず 自動運転への過信

事故の発生場所は交差点であり、条件が複雑であるのと、レーダーやカメラなどの先進技術が未熟であるため、自動運転車においてはまだまだ未完成の領域で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

次世代ヘッドライト「DIGITAL LIGHT」搭載!? メルセデス・ベンツ CLS次期型の鮮明なスパイショット

【関連記事】高精度な自動運転技術を搭載か!? アストンマーティン ヴァンテージ次期型、ディテール見えたプジョーの新型最小クロスオーバーSUV「1008」開発車両 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「サムスン、自動運転技術への投資を加速–3億ドルのファンドを設立 CNET Japan」など、2017年9月15日     ニュース

ニュース
【フランクフルトモーターショー2017】ネクステア、新ステアリング技術発表…レベル2~5の自動運転に対応

米国に本拠を置くネクステアオートモーティブは9月13日、ドイツで開催中のフランクフルトモーターショー2017において、レベル2~5の自動運転に対応する新開発 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転ゴルフカーがベース、ヤマハ発動機が自動運転車を提供

ヤマハ発動機は、9月30日から熊本県芦北町で実施する「中山間地における道の駅等を拠点とした自動運転サービス」の実証実験に、ゴルフカーをベースにした …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【フランクフルトモーターショー2017】ルノーが自動運転EVの シンビオズ を発表…車と住宅を統合

パワートレインはEV。リアアクスルに2個のモーターを置き、後輪を駆動する。自動運転機能に関しては、完全自動運転技術を搭載。ダッシュボードは自動運転時、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Nexteerはレベル2-5の自動運転で安全性を先導

Nexteerはレベル2-5の自動運転で安全性を先導 … は、レベル2-5の自動運転に先進的な安全・機能を可能にする2つのステアリング技術を導入し、自動運転 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ZFなど3社、自動運転車向け電子決済プラットフォーム開発へ

ZFは、ブロックチェーン技術を活用した自動車用電子決済プラットフォーム「Car eWallet」を、UBSおよびIBMと共同で提供する計画であることを発表した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
メルセデス、米ベロダインのセンサーを採用…完全自動運転車開発へ

米国に本拠を置くベロダインLiDAR社は9月12日、メルセデスベンツから完全自動運転車の開発のため … 自動運転車の中核となるセンサー技術を開発している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Nexteerはレベル2-5の自動運転で安全性を先導(共同通信PRワイヤー)

Nexteerはレベル2-5の自動運転で安全性を先導(共同通信PRワイヤー) … の自動運転に先進的な安全・機能を可能にする2つのステアリング技術を導入し、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ZF、中国のインターネットグループ百度と戦略的提携に合意

ZFが、中国のインターネット企業百度(バイドゥ、Baidu)との提携を発表した。自動運転およびテレマティクスの分野で協力し、自動運転に向けた広範囲な技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NXPと独ソフト企業、自動運転向け新プラットフォーム発表…AI活用

今回の発表は、自動運転の全レベルにおいて、高度なセンサーとソフトウェア技術の組み合わせを可能にするためのもの。NXPセミコンダクターズとHELLA …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

日産連合、EV12種投入 22年までに世界計1400万台へ 東京新聞