「自動車部品マグナが「リフト」に200億円出資 自動運転車の開発強化 Forbes JAPAN」など、2018年3月18日     ニュース

ニュース
自動車部品マグナが「リフト」に200億円出資 自動運転車の開発強化

ライドシェア大手の「リフト(Lyft)」は、カナダに本拠を置く自動車部品大手「マグナ(Magna)」と自動運転車の開発でパートナーシップを締結した。 … によると、同社は自前の自動運転技術を開発しながら、今後もゼネラルモーターズやウェイモ、フォード、AptivやnuTonomy、ジャガーランドローバーなどと自動運転車のパイロット …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
動画:に話しかける人もいた自動運転車の試乗イベント 人はどこまでAIを信じられるか?

Googleから独立して現在も自動運転車の研究開発を続けているWaymoが、一般向けの先行試乗イベントを実施。その模様を公開した。 先行試乗はアリゾナ州フェニックスの公道上で実施されている。体験する人は後部座席に着席しており、緊急時に人間が操作を代わることは想定していない。これは自動運転技術の難易度 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
GM:自動運転量産の生産拠点をミシガンに決定

「UAWは加盟各社とともに次世代モビリティを作り上げる準備を進めている。今回の投資は我々の、自動運転車を作るという意気込みを強調するものだ。伝統的なクルマから最新技術まで、我々のメンバーには素晴らしい製品を届けるポテンシャルを有している」とUAW ゼネラルモーターズ部門・副会長のシンディー・エストラーダ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日野自動車<7205>のフィスコ二期業績予想

トラック・バスなど商用が主力。トヨタの連結子会社。インドネシアやタイなどが稼ぎ頭。自動運転などの技術開発を担う先進技術本部を今年2月新設。トヨタとマツダのEV開発会社にも参画。18.3期3Qは増収増益。 国内は昨年5月の新モデル効果で販売台数増。海外はタイが低調もインドネシアが増勢。米国も伸びる。18.3 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
トヨタ自動車、『スラムダンク』の「桜木花道ロボット」開発 フリースロー100%成功

トヨタ自動車が、バスケットボールのフリースローロボット「Cue」を開発した。(イメージ写真提供:123RF). 台湾メディア・ETtodayは17日、日本のみならず世界を代表する自動車ブランドのトヨタ自動車がこのほど「AI桜木花道」を作ったとする記事を掲載した。 記事は「AI(人工知能)とロボットの結合は、人類により便利な生活を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動車部品マグナが「リフト」に200億円出資 自動運転車の開発強化

リフトは昨年、自動運転システムの開発競争に参入したが、ライバルのウーバーやウェイモらがこの分野では先行している。マグナは企業規模が大きく、世界中に自動車メーカー向けに幅広い部品を提供しているほか、車両開発も行っている。リフトはマグナとの提携で、この分野での遅れを一気に挽回することが期待できる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「トヨタ、自動運転AIで新会社 都内に1000人規模 日本経済新聞」など、2018年3月3日 ニュース

ニュース 
トヨタ、自動運転AIで新会社 都内に1000人規模

トヨタ自動車は2日、デンソー、アイシン精機と共同で人工知能(AI)など自動運転技術を開発する新会社を設立すると発表した。技術者を中心に1000人規模で今後数年で3000億円以上を投資する。トヨタは2020年から自動運転車の本格投入を始める計画。国内外の技術者を大量採用してAIの応用技術やソフトウエアなどの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
福山市と群馬大研究センターが公道で実験 市長試乗、住宅街1キロを走行 県内で初、実用化に期待 /広島

福山市の日吉台学区で1日、公道を使った自動運転車の実証実験が始まった。高齢者の移動手段の確保などを目指し、路線バスなど走行ルートを限定した自動運転技術開発に取り組む群馬大次世代モビリティ社会実装研究センター(群馬県桐生市)に福山市が委託した。実証実験は国内各地で進んでおり、県内では初めて。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
「風景把握」に力 群大研究「地域限定、商用化」目指し 桐生で毎日新聞記者が試乗 /群馬

… 激化している自動運転技術。群馬大は2016年に桐生市内で自動運転自動車の公道実証実験を開始し、「次世代モビリティ社会実装研究センター」を拠点に、路線バスや機械式駐車場の駐車での導入などに取り組む。目指すのは、地域限定の完全自動運転商用化。研究はどこまで進んでいるのか。2月16日、自動運転車に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
日産とDeNAの「イージーライド」に試乗、クルマ×ITは次世代へ

2013年に日産は、2020年までに革新的な自動運転技術を複数車種に搭載する予定と発表。日本の自動車メーカーとしては、いち早く自動運転の実現に言及した。筆者は同時期に米国のテストコースで実験に同乗。ステアリングに触れずにコーナーを曲がり、歩行者を模したボードが飛び出すとペダルを操作しなくても急停止 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
自動運転技術、日本と欧米の違い

平昌冬季五輪を無事に終え、新たなマスコットキャラクターが決まるなど、東京五輪に向けた準備が始まった。世界中からメディアや観光客が集まるオリンピック・パラリンピックは日本の技術力を国内外に示す格好の場でもある。その一つが五輪会場周辺などを走る自動運転車だ。 □海外でもあまり例のない規模の実験.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
ADASおよび自動運転技術の開発、スムーズかつ高速に!

より進化したADASは、運転に不慣れだったり、瞬時の判断操作能力が衰えてしまったりしたドライバーを支援し、周囲の人たちをも事故から守る。これらの取り組みにはより実践的なテスト走行と検証が必須であり、当サイトでもお馴染みのZMP社は、市販をベースにした自動運転技術開発用プラットフォーム「RoboCar® …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
トヨタがアマゾン他と提携。自動運転車の宅配・宿泊サービスを本格始動!

ネット通販の商品配送やファストフードの宅配など、提携先の用途に応じた設備を各車両に搭載し、走行データなどをひとつのプラットフォームに集めてサービス改善に役立てる。また、マツダ・Uber・滴滴出行が技術パートナーとして車両設計に加わるほか、Uberや他社が開発した自動運転システムも搭載して、技術・サービス面 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
ルノー日産三菱が機能統合を加速「一体運用での成長を証明する」

プラットフォームやパワートレインだけでなく、新技術とモビリティサービスの機能統合も進める。ルノー日産三菱では、2022年までに12車種のゼロエミッションの新型を発売する計画だが、複数の車両セグメントで電気自動車の新規プラットフォームと構成部品を共用することになる。自動運転技術についても、さまざまなレベル …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
日経企業イメージ調査 関連、技術で評価高く

日本経済新聞社と日経広告研究所は「第30回日経企業イメージ調査」をまとめた。ビジネスパーソンが抱く企業イメージの総合ランキング(調査21項目の平均得点=総合得点)はトヨタ自動車が17年連続で1位となった。 自動運転など新技術の開発が急ピッチで進む自動車関連が順位を上げた。車載電池に強みを持つ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
日産のミニバン「セレナ」に、エンジンで発電して電気で走る「e-POWER」搭載! 発表会場からリポート

日産自動車株式会社 専務執行役員 星野朝子氏は発表会の冒頭に「セレナは”BIG”、”EASY”、”FUN”、これがを作る時のコンセプトでございます。このコンセプトの元、日本の自動車メーカー初の自動運転技術“プロパイロット”を搭載して、一昨年の2016年秋に発売いたしました。そして今回、新たに『e-POWER』を搭載いたし …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 

 

ニュース
トヨタ、自動運転AIで新会社 都内に1000人規模

トヨタ自動車は2日、人工知能(AI)など自動運転技術を開発する新会社を東京都内に設立すると発表した。当初は300人体制とし、国内外の技術者を獲得して1000人規模に拡大する。ソフトウエアなどの技術者が不足する中、トヨタが大量採用に乗り出すことで人材獲得競争が一段と激しくなる可能性もある。 トヨタ自動車の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
北京汽車・董事長「パナソニックと提携拡大交渉」

【北京=多部田俊輔】中国国有自動車大手、北京汽車集団の徐和誼董事長は3日、パナソニックと提携拡大の交渉をしていると明らかにした。両社は電気自動車(EV)分野で提携しており、自動運転をにらんだスマートカー領域に広げる方向で話し合いを進めているという。先端技術を獲得したい北京汽車と、世界最大の中国市場 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタはIT企業の下請けになるのか 運転免許も信号機も不要になる日

それ以外は使われていないわけですが、その時間帯にを使いたい人もいるわけで、自動運転クルマが常時インターネットとつながるようなコネクテッド技術が実用化すれば、 … そのクルマはソフトバンクグループと提携してロボット技術「感情エンジン」を搭載、所有者の健康状態、趣味嗜好などを読み取ることもできます。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「自動運転車も使うLiDARセンサー技術でマヤの巨大都市を発見。グアテマラの森林に6万もの構造物 Engadget 日本版」など、2018年2月5日     ニュース

ニュース
自動運転車も使うLiDARセンサー技術でマヤの巨大都市を発見。グアテマラの森林に6万もの構造物

文化遺産保護のための科学的調査を行うPACUNUM財団はLiDAR技術を利用した調査によって、中米グアテマラの森林地帯に6万ものこれまでに知られていない構造物を発見しました。これはこの地に栄えた古代マヤ文明の都市がわれわれの認識よりかなり大規模で、マヤの人口も従来は500万人ほどとされていた …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
人間と機械の“意思疎通”が不十分な自動運転技術 (1/2)

今後、ロボットカーにもさまざまなセンサー技術を適用することで、透視能力のような機能を搭載できるのではないだろうか。しかし今のところ、人間のドライバーの心まで読み取れるような透視機能はまだ存在しない。 このような、自動運転車の実現に向けたビジョンが不十分であるという現状に対し、恐れることなく立ち向かって …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車の公道実証プロジェクトと事業化–国内外で進む

… Chuxing、Pizza Hut、Mazda、Uber、技術パートナーとしてDidi Chuxing、マツダ、Uber Technologiesと提携し、実験車両による実証事業を進める。 MSPFでは、車両制御インターフェースを開示、他社開発の自動運転制御キットが搭載可能で、モビリティサービスプラットフォーム上でサービス事業者が必要とするAPIを公開 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日立オートモティブシステムズ、一般道にて自動運転の走行実証試験を実施!対向や歩行者の検知 …

… ステアリングのすべてを自動的に制御し、ドライバーをサポートする高速道路同一車線自動運転技術「プロパイロット」が装備されている。また、アクセル、ブレーキ、ハンドル、シフト、パーキングブレーキまで、駐車操作のすべてを自動制御する国産初の本格的自動駐車システム「プロパイロット パーキング」も採用されている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
新型FCVで平昌まで自動運転

【ソウル=鈴木壮太郎】韓国の現代自動車は5日、新型燃料電池(FCV)「NEXO」(ネクソ)を3月、韓国で発売すると発表した。同日はネクソに自動運転技術を搭載した試作でソウル近郊から五輪開催地の平昌まで走行するデモンストレーションを公開。次世代の開発で先行するトヨタ自動車など世界大手に対抗する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
現代自動車、ソウル~平昌間190キロメートル高速道路で自動運転に成功

現代自動車が平昌(ピョンチャン)冬季五輪を控えてソウル~平昌間の高速道路約190キロメートル区間で自動運転に成功した。数百キロメートルの長距離コースで、区間別法規が許容する最高速度(時速100~110キロメートル)を実現し、自動運転技術を披露したのは韓国ではこれが初めてだ。 現代自動車は2日、米国自動車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
無人の自動運転車が公道を走る、ボッシュが走行テスト開始へ 2018年内

このプロジェクトは、どのようなが都市部での完全自動運転を実現できるかという考察を元に、自動運転を可能とするシステムの量産化を整えるのが狙い。背景には、ドライバーがのもとへ行くのではなく、がドライバーのもとへ来る、という考えがあるという。市街地のあらかじめ決められた範囲内では、スマートフォンを使っ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
元グーグル技術者が自動運転ロボットカー『Nuro』を発表…スタートアップ

元グーグル技術者が自動運転ロボットカー『Nuro』を発表… … 米国に本拠を置くスタートアップ企業、Nuroは、無人で自動運転を行うロボットカー、『Nuro』を発表した。 Nuroは、 … Nuroの完全自動運転車は、商品輸送のコスト構造を変え、さまざまな日用品やサービスのための強力なプラットフォームを作り出す、としている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日立オートモティブ、デリーモーターショー2018で電動化や自動運転など紹介予定

くわえて、インドでは電動化車両自動運転車両の普及に向けた動きも活発化。2030年までに内燃機関搭載の国内販売を禁じ、電気自動車のみに制限するとの方針を政府が明らかにしている。また、交通事故での死亡者数が世界最多となるインドでは、安全運転支援をはじめとする技術へのニーズが高まっている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
デンソー社長「変なEVを乱立させたくない」

単独でを造れるほどの広範な技術を有するが、走行性能からサービス競争に移る次世代カーでは、これまでの積み上げがリセットされた非連続な世界での戦いに … これまでは完成メーカーとすり合わせをして作り込むことで成長してきた歴史がある。 … 電動化や自動運転の時代は全体をどう電子制御するかが重要だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
デンソー社長「変なEVを乱立させたくない」

デンソーは自動車部品メーカー国内首位、世界でもトップ3に入る。単独で車を造れるほどの広範な技術を有するが、走行性能からサービス競争に移る … 一方、最近はソフトウエア系が注目され、人工知能や自動運転などでほかに強いプレーヤーが出ている。ソフトでできないものがあれば、自前だけでなく外の力も借りていく。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
三菱自動車工業の17年4~12月期、最終損益700億円の黒字

三菱自動車工業が5日に発表した2017年4~12月期の連結決算は、最終損益が700億円の黒字(前年同期は2133億円の赤字)に転換した。売上高は前年同期比13.1%増 … 企業がネット上に開示した決算発表資料から業績データやポイントを人工知能(AI)技術を使って自動で文章を作成しました。詳しくはこちらをご覧ください.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動運転車の公道実証プロジェクトと事業化–国内外で進む

… Technologiesと提携し、実験車両による実証事業を進める。 MSPFでは、車両制御インターフェースを開示、他社開発の自動運転制御キットが搭載可能で、モビリティサービスプラットフォーム上でサービス事業者が必要とするAPIを公開する。サービス事業者や開発会社とオープンに提携することで、新たなモビリティサービス …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
無人の自動運転車が公道を走る、ボッシュが走行テスト開始へ 2018年内

このプロジェクトは、どのようなが都市部での完全自動運転を実現できるかという考察を元に、自動運転を可能とするシステムの量産化を整えるのが狙い。背景には、ドライバーがのもとへ行くのではなく、がドライバーのもとへ来る、という考えがあるという。市街地のあらかじめ決められた範囲内では、スマートフォンを使っ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
広汽集団、自動運転車研究企業と提携

中国自動車大手の広州汽車集団(広汽集団)は2日、自動運転車の研究を進める広州小馬智行科技(小馬智行)と戦略提携枠組み協定を交わしたと発表した。 小馬智行はロボットやドローン(小型無人機)の技術開発を手掛けているほか、レベル4(高度自動運転)、レベル5(完全自動… 関連国・地域: 中国-広東. 関連業種: …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「トラック3台、1人で隊列に 技術活用、4社など実証実験 毎日新聞」など、2018年1月24日     ニュース

ニュース
トラック3台、1人で隊列に 技術活用、4社など実証実験

通信機能を使って先頭運転操作を2、3台目にも伝える仕組み。今回はアクセルとブレーキを自動制御し、ハンドルは人が操作。30日~2月1日にも茨城、栃木両県の北関東自動車道で実験する。 トラック4社はいすゞ自動車、日野自動車、三菱ふそうトラック・バス、UDトラックス。実験は経済産業省などが進める研究の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ZMPの自動運転用コンピュータ、オープンソースのソフトウェアライブラリに対応

ZMPは1月23日、自社開発の自動運転用コンピュータIZAC(アイザック)について、汎用開発ツールであるOpenCV「ポイントクラウドライブラリ(PCL)」への対応を開始した … 同社開発の自動運転車「ロボカー ミニバン」に搭載し、自動運転技術開発プラットフォームとして販売するとともに、公道での各種実証実験に使用している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
VWとヒュンダイが、創業1年の自動運転スタートアップと組んだ理由 狙いは幹部3人の「輝かしい実績」

自動運転技術の開発を行っているスタートアップのAurora Innovationが、フォルクスワーゲンとヒュンダイとの契約締結を発表した。創業から1年足らずの … 自律走行を走らせるために必要な、「製造」「ソフトウェア開発」「顧客対応」の専門知識を特定のコンビネーションですべて備えている企業はないからだ。 このためか、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
マツダのロータリー・エンジンが、トヨタの自動運転EV「e-パレット」のレンジエクステンダーとして復活

間もなく復活するトヨタ「スープラ」に続き、後継の登場が期待されているハードコアな日本製スポーツカーといえばマツダ「RX-7」だろう。マツダはRX-7後継モデルについて謎めいた発言を続けているが、その”心臓”を復活させることについては正式に認めた。同社は、トヨタの自動運転技術を用いた電気自動車(EV)にレンジ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ドローン活用で獣害阻止 伊那市長が方針

小型無人機「ドローン」や自動運転車など新産業技術の活用を探っている伊那市の白鳥孝市長は二十三日、ドローンを使った有害なニホンジカ探索と、その捕獲を連動させた事業に、二〇一八年度から … 同市は昨年十月、ドローンの活用を幅広く考える「ドローンフェス」を開き、その中で鹿を探索する技術を競うコンペを催した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
レクサスの新型旗艦「LS500h」試乗

トヨタ自動車は昨年10月、11年ぶりに全面改良した高級ブランド「レクサス」の旗艦セダン「LS」の販売を開始した。威厳のあるフロントマスクとクーペのような流麗なフォルムが際立ち、豪華な内装の車内はゆとりの空間が広がる。日本らしい心遣いの装備や自動運転につながる各種先進技術を導入し、快適性に加え、安全性 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
レクサス「LS500h」(車両型式:DAA-GVF50-AEVQH/公道試乗)

先進安全技術や高度運転支援技術については、過去に詳細なレポートがあるのでそちらで確認いただくとして、今回は公道における走行性能について報告したい。 LSのパワートレーンは … 自速度60km/hからの自動ブレーキ制御とともに、自動ステアリングによって障害物を回避するのを体感できた。車線をはみ出さない、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クアルコム ニチコンと連携しワイヤレス充電システムの市販化を計画

この契約によりクアルコムは技術特許やノウハウを提供し、ニチコンが量産製品を製造・販売するという連携が実現している。 クアルコム … しかしクルマと住宅の間で電力をやりとりするビークルtoホーム(V2H)としたり、自動運転とワイヤレス充電システムの親和性は高く、ワイヤレス充電は長期的な視点で考える必要がある。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
【高論卓説】自動車ビジネス、今年も激変 CESで主役、進化を目の当たり (1/3ページ)

自動車ビジネスを大きく変える技術革新は早まっており、今年も激変の年となりそうだ。年初に米ラスベガスで開催された世界最大の家電見本市「CES」は自動車が今年も主役の座にいた。 CESでは、クルマが人工知能(AI)を持ち、インターネットにつながったロボティクスに進化している。 Cの「つながる化」、Aの「自動運転」、S …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「自動運転時代への近道は–CES 2018の車両技術を振り返る CNET Japan」など、2018年1月18日     ニュース

ニュース
自動運転時代への近道は–CES 2018の車両技術を振り返る

Uberと言えば、そのカーシェアリングサービスが、トヨタ自動車の発表で大々的に扱われた。トヨタは「e-Palette Concept」という新しい自動運転車両のコンセプトを打ち出し、e-PaletteについてはAmazon、Uber、Pizza Hut、Didi、マツダとパートナーシップを組んで自動運転技術を共有し、未来のスマートシティを探究していくと …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「ラストワンマイル」を自動運転で 人手補うクルマたち (1/2)

自動運転クルマで快適に移動する、という生活が実現するのはまだ先になりそうだが、その技術を活用できる分野は乗用車だけではない。1月17日に東京ビッグサイトで開幕した「第1回自動運転EXPO」では、短い距離を低速で自動走行する車両が提案されていた。物流などの分野で、店舗から個人宅までの「ラスト …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転時代、経営もNext模索 GMやフォード

例えば同社の自動運転車の土台になっている技術は、16年に約10億ドル(約1110億円)で買収したサンフランシスコが拠点の自動運転技術開発ベンチャー、米クルーズのものだ。GMの調達担当、マーサス・ジョシュア上級ディレクターは「自動運転車開発にはベンチャーの力が必要だ。だが調達はGMが一手にになう。両方の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車をお披露目

次世代の自動車技術を集めた展示会「オートモーティブワールド2018」が東京都江東区で17日から始まり、中部企業が自動運転技術などを出展した。技術開発支援のAZAPA(アザパ、名古屋市)はリコーと実証実験している自動運転車=写真=を展示した。 アザパはリコーと秋田県仙北市で昨秋から自動運転の実証実験を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタが考える自動運転開発のアプローチとは…オートモーティブワールド2018

トヨタ自動車先進技術開発カンパニーの松尾芳明主査は1月17日に開幕したオートモーティブワールド2018での自動運転に関するセミナーに登壇し、段階的に自動化 … まず人とクルマの融合を進めるアプローチでは「段階的に自動化のレベルを上げていくことができることで、それぞれの段階において技術をより速く実用化して …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転の実験支援サービス相次ぐ 立案から公道走行まで

最低限の人間の関与で走る自動運転車の導入や開発を検討する自治体や企業向けに、実際に公道を走らせる試験の実施を支援するサービスが相次いで登場している。自治体などには人口減少などの影響で赤字が続く地方路線バスやタクシーを自動運転技術でよみがえらせることなどへの期待があり、試験需要の拡大に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
マツダ、トヨタと共同開発の自動運転車でロータリーエンジン復活へ

マツダはほぼ半世紀かけて完成させたロータリーエンジンの生産を2012年に停止した。そして今、マツダはこの伝統技術を思いも寄らないような場所で復活させようとしている。それはトヨタ自動車と共同で開発を進める、ピザから人まであらゆるものを運ぶバッテリー駆動の 自動運転車だ。 マツダモーターオブアメリカの毛籠勝弘 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
今日からでも始められる量産での自動運転 – Xilinx

同社のブースのテーマは「FPGAで開発したプラットフォームをベースに、量産を前提としたソリューションを提供する」というもので、量産での自動運転を実現する … した画像をリアルタイムでダイレクトに3Dマッピングする技術を、中国DeePhi Techが12chのイメージセンサからの画像を元に、ディープラーニングの推論で状況を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
GMがハンドルやペダルのない自動運転量産『クルーズAV』を2019年に実用化

さらに、GMの自動運転車は、年齢、身体的な障害、あるいはその他の事情で現在運転することができない人々にとって利用しやすいモビリティを実現します。 この自動運転の実用化に一丸となって取り組むには、システムの安全性に関してシリコンバレーが培ってきたソフトウェアの知識や技術と、世界中に広がるGMチームや …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
パイオニアとみちのりホールディングス、茨城交通の3社路線バスの自動運転化の技術開発に向けた実証 …

複数のバス会社を保有し、路線バスの運行ノウハウを持つみちのりグループと、カーナビゲーションで培った高い自位置推定技術や、自動運転に必要とされる走行空間センサー「3D-LiDAR」、自動運転用地図などの開発を進めるパイオニアは、それぞれの強みと知見を持ち寄り、将来の自動運転社会の実現に向けて研究・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動車分野における新技術開発のプラットフォーム構築について

住友商事とAZAPAは、自動車向け人工知能搭載ECUの共同開発を目指します。ECUは、エンジンやモーター、カーナビやカーエアコンといったあらゆるシステムを統合制御させる装置です。昨今、走行の省エネルギー化や高齢者の運転支援といった観点から制御の高度化が求められており、1台あたりのECU搭載数や能力値 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
なぜトヨタは全車種の”電動化”を焦るのか

トヨタ自動車は12月18日、電動化戦略の説明会を開き、2025年頃までにエンジン車のみの車種をゼロにすることや、2030年までに電気自動車(EV)などに使う車載電池の開発・生産に約1兆5000億円を投資することを … また、クルマと人工知能(AI)の融合により、無人で完全自動運転のできるクルマが登場する日も近い。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
IT革新と 「メーカー」の先へ

運転席が見当たらない自動運転で箱形の車両が動くさまは、アニメで見た近未来のよう。相乗り、宅配、小売りなど多目的の利用を想定し、米中の相乗り大手や米ネット通販大手のアマゾン・コムなどと提携した。 の相乗りと、を貸し借りするシェアリング(共有)は、インターネットを介した利用が欧米や中国で先行してきた。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ソフトバンクが自動運転バスの試乗会を開催!丸の内仲通りでGPS情報を使わずに運転手のいない「自動 …

現在日本ではこの自動運転レベル4で公道を走ることが認められておらず、今回の試乗会は実証実験を兼ねたものとなりました。 … 車両の位置や周辺の障害物などを把握するのには、GPS情報の他に車両前方に取り付けられたLiDER(レイダー)によるレーザースキャン方式を用いており、GPS情報を得られないビルの谷間や …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「【新聞ウォッチ】米家電見本市「CES 2018」開幕、次世代技術の競演で際立つ自動車各社 レスポンス」など、2018年1月9日     ニュース

ニュース
【新聞ウォッチ】米家電見本市「CES 2018」開幕、次世代技術の競演で際立つ自動車各社

【新聞ウォッチ】米家電見本市「CES 2018」開幕、次世代技術の競演で際立つ自動車各社 … で火花」というタイトルで、「もともとはテレビなど家電製品が主役だったが、自動運転車や人工知能(AI)の開発競争が加速する中、自動車やIT、半導体業界、ベンチャー企業も入り乱れて次世代技術を競い合う場になりそうだ」と紹介。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米 家電ショーを前に AI搭載家電や自動運転車披露

アメリカのラスベガスで世界最大規模の家電ショーが始まるのを前に、主要メーカーは、AI=人工知能が搭載された家電製品や、自動運転の電気自動車など最 … メーカーの存在感が年々高まり、トヨタ自動車の豊田章男社長は「これが将来の移動手段だ」と述べて、自動運転の電気自動車のコンセプトカーを披露しました。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「2018年の自動車業界は“晴れ”基調」、自工会会長の西川氏

… に大台となる500万台に乗った。 2018年のさらなる市場拡大を目指して、西川氏は「技術革新と事業革新が成長のためのキーワードだ」との考えを述べた。技術革新では、日産をはじめ自動車メーカー各社が取り組む電動化の加速はもちろん、人工知能(AI)の活用によって企画や技術開発のスピードが上がるとの見通しだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NVIDIA、「Xavier」を活用した次世代の自動運転プラットフォームを提供へ

グラフィックスチップ大手のNVIDIAは米国時間1月7日、同社の「Xavier」を利用した次世代の自動運転プラットフォームを発表した。Xavierは、自動車向けの人工知能(AI)に賭ける同社が研究開発に20億ドル(約230億円)を費やしたSoC(System on a Chip)だ。 NVIDIAが「世界で最もパワフルなSoC」と呼ぶXavierは、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NVIDIAが「GTC Japan 2017」で人工知能時代の到来をアピール

NVIDIAでは,このほかにヘルスケアもAIの技術が役立つ分野と位置づけている。フアンCEOは,基調講演の中で日本におけるAI活用の重要な分野として自動車,産業ロボット,建設に加えてヘルスケアを挙げ,その市場規模が700億ドルに上るとした。基調講演の最後に,フアンCEOは,これらの技術によるAI革命が始まったと …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車・輸送機 ニュース

ブルームバーグ)トヨタ自動車はインターネット通販最大手の米アマゾン・ドット・コムやライドシェア大手のウーバー・テクノロジーズなどと提携し、自動運転や … 【米ラスベガス=杉本要】米エヌビディアは7日(日本時間8日)、自動運転向けの人工知能(AI)技術で独フォルクスワーゲン(VW)や米ウーバー・テクノロジーズなどと.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ZF:AIコントロールボックスが百度の自動駐車システムに採用

ZFフリードリヒスハーフェン社(以下ZF)と中国の百度社(バイドゥ:Baidu、以下、百度)は、アメリカで開催される「コンシューマーエレクトリックショー(CES) 2018」に先立ち、無人で自動駐車を可能にする新しいシステムを発表する。両社の戦略的提携による最初の成果であるこのシステムは、ZFがアメリカの半導体 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
主戦場は音声対応=「つながる家電」日韓競う-米見本市

… 【ラスベガス時事】世界最大級の家電・IT見本市「CES」の開幕を前にした8日の記者会見で、日韓の電機メーカーはあらゆる機器がつながるIoT(モノのインターネット)への対応を競った。CESの主戦場は数年前まで薄型テレビだったが、音声対話型人工知能(AI)を住宅・家電や自動車といかに連携させるかに移った。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
トヨタ:自動運転EVで宅配や移動ホテル-アマゾンなどと提携

トヨタはこのサービスの展開にあたり、車両制御のインターフェース(規格)を外部に開示。これによりさまざまな企業が開発した自動運転システムの搭載が可能になるとしている。豊田章男社長は「eパレット」のコンセプトは、これまでのの概念を超えて消費者にサービスを含めた「新たな価値が提供できる未来のモビリティ社会 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
運転手なしでピザ宅配? トヨタがアマゾンなどと提携

これよりも小さめのと大きめのも追加してつくる。 アマゾンやピザハットのほかに、中国でライドシェアを手がける配車大手、滴滴出行(ディディチューシン)や、ほかの分野で提携済みの米配車大手ウーバー・テクノロジーズ、マツダとも協力する。 トヨタ以外の企業が開発した自動運転システムも載せられるようにし、提携の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
元グーグル社員らが創業の自動運転企業Aurora、現代やVWと提携

シリコンバレーで自動運転車の開発を手掛けるスタートアップ「Aurora」がフォルクスワーゲン(VW)と現代自動車と提携する。約1年前の創業 … Auroraを創業したのは、グーグルの自動運転プロジェクトの元責任者であるクリス・アームソン(Chris Urmson)と、テスラのオートパイロット技術の元開発責任者であるスターリング・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
CES 2018:アマゾンやUberと組んだトヨタは、新しい自律走行で「モビリティ企業」に転身できるか

トヨタは今回、UberやUberの中国におけるライヴァルである滴滴出行(ディディチューシン)、マツダ、ピザハット、そしてアマゾンと提携した。Uberと滴滴出行、マツダは技術パートナーである。車両の設計に加わるだけでなく、必要に応じて独自の自動運転プログラムを搭載できる。ピザハットとアマゾンは、顧客からの注文が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ 電気自動車のコンセプトカー発表 米IT企業と連携も

… のを前に、現地で自動運転で走行する電気自動車のコンセプトカーを発表し、商品の配送などのサービスに使うためにアメリカのIT企業などと提携しての開発を進めることを … 技術は急速に進展しており、競争の火ぶたは切られた」と述べて、トヨタとしてこれまでのの概念を超えた取り組みを進める意気込みを示しました。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタが自動運転商用=対話型AIにも関心-米家電見本市

… 【ラスベガス時事】米ネバダ州ラスベガスで9日開幕する世界最大級の家電・IT見本市「CES」を前に、日本の電機・自動車大手が8日、記者会見を開いた。トヨタ自動車は完全な自動運転機能を備えた商用のコンセプトを初公開。話し掛けるだけでさまざまな情報が得られる音声対話型AI(人工知能)を備えた機器も相次いで …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アルガス・サイバー・セキュリティーがコネクテッド/自律走行をサイバー攻撃から守るためルネサスと提携

コネクテッドと自動運転車両を推進する上での重要な要素となり、走行中の全車両をサイバー攻撃から守るという我が社の使命における新たな節目と言えます。コネクテッド車両が増え、自律走行の時代が急速に近づく中、自動車サプライチェーンに属するすべての企業サイバーセキュリティーを最優先事項とし、どのような …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車・輸送機 ニュース

… シェア大手のウーバー・テクノロジーズなどと提携し、自動運転や電動化技術を用いて小売りや外食、配送などさまざまな事業者が活用できる移動車両サービスに取り組むと発表した。 … 【米ラスベガス=杉本要】中国・南京に本拠を構える電気自動車(EV)ブランドの「バイトン」は7日(日本時間8日)、初の試作を発表した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AirbiquityとArityがエッジ分析機能のOTAソフトウエアとデータ管理をコネクテッドカー業界に提供

Arityとの提携は、AirbiquityのOTAmaticによるアップグレード可能なエッジ分析がこの市場機会をいかにスマートに取り込んでいるかを実証している」と述べた。 Arityのゲーリー・ハルグレン社長は「最新航空機は1回の飛行で0.5テラバイトのデータを生成する。コネクテッドな自動運転車も同じで、車両ごともしくは車両間で大量 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタが次世代「電気自動車」 移動型店舗にも活用

トヨタが発表したeパレットは自動運転の技術を活用して人の移動や物流、移動型の店舗など、幅広く利用できる次世代の電気自動車です。インターネット通販のアマゾンなど5社と提携し、を売るだけでなく、安全性や決済などのサービス面での収益の拡大を図ります。2020年の東京オリンピックで実験を行い、2020年代前半 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
NVIDIAのAI技術、Uberが自動運転車に採用へ (1/2)

NVIDIAは「CES 2018」のプレスカンファレンスで、Uber Technologiesの自動運転車に同社のAI(人工知能)技術が採用されると発表した。 … NVIDIAのCEO(最高経営責任者)であるJensen Huang氏は、NVIDIAは、「蓄積してきたGPU技術を基に、急速に成長する市場、例えばゲーム(1000億米ドル)、人工知能(3兆 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、サービス業向け自動走行EV 5社と実証実験

EVのほか、中距離向けにはマツダの技術を生かし「レンジエクステンダー」と呼ばれる発電専用エンジンを積んだプラグインハイブリッド(PHV)の供給も検討する。ウーバーや滴滴はそれぞれ自動運転技術を開発しているが、トヨタはイー・パレットの車両制御のインターフェースを開示し、協業企業がそれぞれの自動運転技術を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米 家電ショーを前に AI搭載家電や自動運転車披露

アメリカのラスベガスで世界最大規模の家電ショーが始まるのを前に、主要メーカーは、AI=人工知能が搭載された家電製品や、自動運転の電気自動車など最先端の技術を取り入れた製品を披露しました。 続きを読む. アメリカのラスベガスでは、国内外のおよそ4000社が出展する世界最大規模の家電ショー「CES」が9日 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
元グーグル社員らが創業の自動運転企業Aurora、現代やVWと提携

シリコンバレーで自動運転車の開発を手掛けるスタートアップ「Aurora」がフォルクスワーゲン(VW)と現代自動車と提携する。約1年前の創業 … Auroraを創業したのは、グーグルの自動運転プロジェクトの元責任者であるクリス・アームソン(Chris Urmson)と、テスラのオートパイロット技術の元開発責任者であるスターリング・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタが自動運転商用=対話型AIにも関心-米家電見本市

… 【ラスベガス時事】米ネバダ州ラスベガスで9日開幕する世界最大級の家電・IT見本市「CES」を前に、日本の電機・自動車大手が8日、記者会見を開いた。トヨタ自動車は完全な自動運転機能を備えた商用のコンセプトを初公開。話し掛けるだけでさまざまな情報が得られる音声対話型AI(人工知能)を備えた機器も相次いで …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
35%が完全自動運転車※1を利用したい完全自動運転車でやってみたいことトップは「睡眠」

完全自動運転車の実用化には、現時点では法律や技術面での多くの課題があります。しかし、実用化によって、交通事故や渋滞といった社会問題の解決に効果が見込まれることから、将来は一般的な移動手段となることが予想されます。誰もが安心して利用できるような法整備や技術向上が進むことを期待したいと思います。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタがサービス向け自動運転EV、Amazonを仲間に

限られた範囲で完全自動運転を実現できる「レベル4」の技術を搭載するという。エレクトロニクス関連の大型展示会「CES 2018」(米国ラスベガス、2018年1月9日~1月12日)の開幕に先立って開いた記者発表会で披露した。 発表会にはトヨタ社長の豊田章男氏が登壇し、e-Palette Conceptの発表を「これまでのクルマの概念 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産がデモ、脳波を使って“思い通りの運転”を支援する技術

自動運転車への適用を想定した技術だが、クルマを人間のコントロール外に置くのではなく、ドライバーが行う次の運転操作を支援することで”思い通りの運転”をサポートすることを目指す。日産自動車によると、完全自動運転車であっても運転の責任はドライバーが負うことを前提にし、運転支援システムに人の脳を融合する技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ソニー、自動車の危険回避を支援する「セーフティコクーン」。イメージセンサー活用

今回のCES 2018では、今後高度な自動運転の実現に向け、ソニーが提案する、イメージセンサー技術による「の眼」の進化を紹介。暗所、逆光などの運転環境下において自動車の周囲360度の状況を検知し、早期からの危険回避行動を支援する技術を疑似体験できるようにする。 さらに、望遠や広角、高速、感度などが求め …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車、次の課題は商用化 CES開幕へ

【ラスベガス】米アプティブのグレン・デボス最高経営責任者(CEO)は1年前、自社で開発したSUV(スポーツタイプ多目的)型の自動運転車に見込み客を乗せ、世界最大の家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」の会場内を行き来していた。複雑な環境でも自動運転を可能にする自社技術の進展を見て …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「自動運転はどこまで進んだのか? Yahoo!ニュース 個人」など、2018年1月3日     ニュース

ニュース
自動運転はどこまで進んだのか?

テレビでも1昨年までは自動ブレーキだったのが、ニッサンの最新のリーフのように、公道での自動運転の能力をアピールするが2017年は増えてきたように思う。 …. しかし、間違いなく交通システムを変え、運転手という雇用形態を消滅させる技術だとすると、公共機関や大学でももっと研究が進み、それに基づく準備が必要に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
来週のCES期間中に完全自動運転タクシー、好みの地点までラスベガスの公道走行

自動運転技術を開発する英アプティブ(旧デルファイ・オートモーティブ)と配車サービス大手の米リフトは2日、両社が協力して、アプリで乗車予約を受け付ける自動運転タクシーの試験サービスを9-12 … CESでは多くの企業が自動運転車のデモ走行を実施しているが、駐車場など閉鎖された区域で実施されるものがほとんど。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
どれだけ便利になるのか 人やモノの移動も様変わり

運転席はなく、向かい合ったシートに乗り込んで談笑していれば、目的地まで連れて行ってくれる。すでに傘下の独アウディが高速道路での低速走行など一定の条件付きで、走行中にハンドルやアクセルから手足を離すことができる自動運転車を欧州で発売している。自動運転技術を巡っては、米グーグルなどIT企業も交えた …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
マツダの魂動デザイン 無駄をそぎ落とす「引き算」で進化

電動化、コネクティビティ、自動運転など、さまざまな技術革新の荒波にもまれる自動車業界。カーシェアの台頭などでクルマのコモディティ化が一層進むのではないかという観測も出ている。 自動車メーカーがその変化に対応しながら自分のアイデンティティをどう保つのか四苦八苦するなか、そのトレンドに乗らず今日の基準で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
変化する人との関係~福岡モーターショー2017

多くの観客は国産メーカーによる「未来のクルマ」の展示を楽しみに来場しているのではなかろうか。少なくとも筆者はそのクチである。入口をくぐるとレクサスのLS、LCが出迎える。中に進むと日産、ホンダ、トヨタ、マツダなど、国内メーカーのコンセプトカーがずらりと並んでいた。総じていえるのは、やはり自動運転技術と電気 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
見えぬ影響、課題 自動運転「とっさの判断」可能か

AIによる自動運転技術の拡大が期待される交通分野。しかし事故・違反の際はだれが責任をとるのかといった法律の整備が課題だ。原因がソフトの誤作動だった場合、現在の保険制度では対応できない可能性がある。 AIは、未経験のアクシデントに遭遇した場合、人間のような「とっさの判断」ができない可能性が指摘される。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
KDDI・ゼンリン・富士通、自動運転向けダイナミックマップの実証実験を開始

実験の目的は「ダイナミックマップ」生成のために必須技術となる走行時の大容量データを収集していくこと。そして自動運転車へのマップ配信技術の実地検証にある。 完全自動運転にあたっては、自動運転車が自らの位置情報を把握するため、道路や付帯構造物などの正確な情報把握が欠かせない。またこれに気象情報や …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
来週のCES期間中に完全自動運転タクシー、好みの地点までラスベガスの公道走行

ニュートノミーは16年に、シンガポールで世界初の自動運転タクシー実証試験を行い、注目されたスタートアップ。買収に先立つ17年初めには、ニュートノミーとリフトの提携が発表され、ニュートノミーの本社があるボストンの一部地区で、リフトの配車サービス網やアプリを使いニュートノミーの自動運転車を走らせる試験 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「自動運転 海外では「レベル3」実用化へ NHK」など、2018年1月2日     ニュース

ニュース
自動運転 海外では「レベル3」実用化へ

世界の自動車メーカーが次世代の技術として自動運転の開発を急いでいますが、ことしはドライバーがハンドルから手を離した状態でも走行が可能な「レベル3」と呼ばれる … 自動運転技術は5つの段階に分類され、このうち実用化されているのは衝突を回避する自動ブレーキや渋滞時に前のに自動で追従する機能など、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ自動車がEV開発で「仲間作り」を本格化、7社共同で車種拡大を目指す!

clicccar.com(クリッカー)
そうしたなか、日経新聞によるとトヨタは提携関係にあるマツダ、スズキ、スバル、ダイハツ、日野、デンソーのノウハウを持ち寄り、7社共同で電動の開発を加速させるそうです。 おりしも自動車各社では「電動化」に加え、「自動運転」や「コネクテッドカー」(繋がる)など、次世代技術関連の開発費が増大しており、基盤となる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
どこの国のどんなプロフェッショナルがロボットに職を奪われるのか?

科学の進歩は職業ドライバーの職をも奪う。研究者らの予測では、近い将来、タクシーのサービスは自動運転車が提供することになり、人間の代わりに目的地まで商品を自力で配達する自動車が使われるため、長距離トラック運転手という職業も消滅する。 自動運転技術は飛躍的な発展を遂げている。現在、BMW、 Daimler、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
フルモデルチェンジが多い?2018年の自動車業界を大予測

2018年も東京オートサロンで幕を開ける日本のクルマ業界。SUBARUの「完成検査不備問題」が「燃費不正問題」にまで拡大 … GPSの誤差が数cm程度になると言われていて、将来の自動運転技術に貢献するほか、対応したカーナビの自位置精度が高まるはず。 2017年から続く話題では、ドライブレコーダーの普及がさらに …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「ウーバー、ボルボ車2万4000台購入で合意-自動運転技術を搭載へ ブルームバーグ」など、2017年11月21日     ニュース

ニュース
ウーバー、ボルボ2万4000台購入で合意-自動運転技術を搭載へ

米配車サービスの ウーバー・テクノロジーズは、スウェーデンの自動車メーカー、ボルボ・カーズのスポーツタイプ多目的(SUV)2万4000台を購入し、自動運転車とすることで同社と合意した。 ボルボは20日、SUV「XC90」が2019-21年の間にウーバーに出荷されると文書で発表。ウーバーとしては初の商用購入となる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車の機械式駐車場設備 初の産学共同研究

自動運転車の実用化に向け、群馬大と輸送機器メーカー「新明和工業」(本社・兵庫県宝塚市)は二十日、自動運転車で安全に利用できる機械式駐車場設備の共同研究をスタートすると発表した。完全自動運転車が社会に普及するには、関連のインフラ整備が不可欠として、自動で入出庫するための技術開発などに取り組む。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Uber、自動運転車開発に向けボルボ2万4000台を購入へ

20日に発表された契約に基づき、Volvoは、同社が社内開発したモジュール式の「Scalable Product Architecture(SPA)」を採用して特別に開発したプレミアムSUV「XC90」をUberに供給する予定だ。「ベース車両には、Uberが独自の自動運転技術を追加するために必要となる、すべての安全性、冗長性、自動運転の中核技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「AndroidおよびLinuxは脆弱なOS」 – 自動運転車市場での存在感を示すBlackBerry

自動運転技術の進化に伴い、ECUの主役化が進むと、複数のECUを単一のドメインコントローラーに統合するドメインコントロールが重要となり、ECUには、「安全性」と「リアルタイム性」が求められるようになる。さらに、単一のドメインコントローラーに隣接する異なる機能およびOSが統合される場合、選別・分離・フルセキュリティ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車7社の研究開発費、今期は全社が前期超え EVや自動運転を加速

自動車大手7社が研究開発費を積み増している。平成30年3月期の通期計画では全社が前期実績を上回り、三菱自動車の20%増をはじめ、スズキとSUBARU(スバル)、マツダの3社も2桁増を見込む。環境規制を視野に入れた電気自動車(EV)などの次世代や、自動運転につながる先進安全技術の研究開発を加速する …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
中山間地域の自動運転実験—積雪の秋田・小阿仁村と観光地の徳島・三好市で

地中に電磁誘導線と磁石を埋設し、積雪時には誘導線に従って走行する「路連携技術」をテーマとする実験。埋設された磁石の配置パターンで、停止や加減速を行う。残りの区間は運転手は監視するだけで、約2.8kmのうち200mについては、運転手不在で自動走行して、運転手は助手席に乗車する。自動運転平均 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
中国・百度の自動運転バス、来年に大量生産の見込み―中国メディア

百度会長の李彦宏氏は大会で、現在、自動運転技術はすでに成熟し、来年7月に百度と金龍客車の協力の下で生産された自動運転小型バスの大量生産を実現する見込みであると指摘した。その他にも、百度は江淮汽車、北京汽車などのパートナーと連携しさらなる多くの自動運転車を開発しようとしている。新華社が16日付で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
秋田で積雪時の自動運転実証、貨客混載で農産物配送

ヤマハ製の7人乗り自動運転車両を用い、あらかじめ路面に敷設された電磁誘導線に沿って実験車両を誘導。 … 積雪時の電磁誘導線や磁石読み取り性能の検証、電磁誘導線の整備、維持管理コスト車両の維持管理コスト、自動運転技術への信頼性、乗り心地運転手不在に対する心理的影響――などについても確かめる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産「セレナ NISMO」(車両形式:DAA-GFC27/クローズド試乗)

11月21日に発売された「セレナ NISMO」は2WD(FF)の「ハイウェイスター」をベースとし、高速道路における単一車線での使用を前提とした自動運転技術「ProPILOT(プロパイロット)」、LEDヘッドライト、ハンズフリーオートスライドドア(両側)などを標準装備。ボディサイズは4805×1740×1850mm(全長×全幅×全高)、ホイール …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【新車】980万円~1680万円の高級でも激売れ!? レクサスLSが発売1カ月で約9500台の受注を獲得

【新車】980万円~1680万円の高級でも激売れ!? レクサスLSが発売1カ月で約9,500台の受注を獲得(http://clicccar.com/2017/11/21/533717/). 【関連記事】【LAオートショー2017】レクサスRXに3列シート仕様のロングバージョンを追加【東京モーターショー2017】トヨタ自動車が本格自動運転搭載のレクサス「LS+」を公開!
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
起亜自動車、学習するAIチャットボット「Kian」を発表

また、起亜製の自動車を他社の競合車種と比較するほか、最寄りのディーラーを見つける手伝いもしてくれる。 せっかくの人工知能(AI)や自然言語処理を、起亜はもう少し有意義なことに使えないものかと思うかもしれない。しかし、Kianは今のままでもそれなりに意味がある。誰にでもディーラーへ足を運ぶ暇があるとは限ら …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタが米工場にコスト削減要請-日本製カムリ販売の方が利益出る

トヨタ自動車は人気セダン「カムリ」を生産する米ケンタッキー州ジョージタウン工場(TMMK)の従業員に、不吉な警告を発した。今すぐコストを削減しなければ、不確かな未来が待っている-。 ブルームバーグ・ニュースが入手した2分半の従業員向けビデオメッセージによると、TMMKを7年余り統括してきたウィル・ジェームス …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【ニュース解説】《アクセル踏むEV》開発競争加速、再編の呼び水に 各国も後押し (1/5ページ)

電気自動車(EV)市場が「加速」している。先般開催された東京モーターショーでも、メーカーが最先端の技術をつぎ込んだ試作車を相次ぎ出展。世界的な環境規制の広がりが各社を追い立てるなか、開発競争が激しくなる一方で、業界大再編の導火線となる可能性もある。 ホンダは新たに開発したEV専用の車台を使った試作 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ボルボ、自動運転車をウーバーに納入へ 2万4千台前後

両社は16年に自動運転車の共同開発で提携。ボルボのスポーツ用多目的(SUV)「XC90」をベースにした自動運転車に、ウーバーが開発したソフトウェアなどを使って走行試験などを進めてきた。今回ウーバーが購入を決めた車両はサービスに使うもので、提携関係を開発から実用化に進める。運転をに完全に任せられる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Uber、自動運転車開発に向けボルボ2万4000台を購入へ

金銭的条件は公表されていないが、2万4000台の車両に対して10億ドル以上が支払われると報じられている。この大規模契約により、Uberは、自動運転車を消費者に提供するための過密競争の中で、水準を維持することができるだろう。 VolvoとUberが最初に提携したのは2016年8月のことだ。近年、新しい自動運転車市場 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「米国立の自動運転向け新テスト施設 車部品大手が出資 日本経済新聞」など、2017年11月16日     ニュース

ニュース
米国立の自動運転向け新テスト施設 部品大手が出資

Visteonは、2018年に開催される米家電見本市「CES」で発表予定の人工知能(AI)ベースの自動運転プラットフォーム「DriveCore」に関する技術試験と検証を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転やコネクトをドライバーがどう使うか、どう感じるか…米トヨタが研究へ

この研究プロジェクトは、自動運転や運転支援などの先進的な車両技術を、ドライバーがどのように使い、感じるかに関する理解を深めるために行うもの。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車王国・中部 一丸で挑む

人工知能(AI)を使って乗員の眠気や心理状態などを推定し、自動運転技術と … 自動運転時代を見据えてオールジャパンで高速道路の高精度地図を整備する …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
福井県・永平寺町・パナソニック,廃線跡を活用した自動運転車両走行の実証実験を実施

福井県と永平寺町はパナソニックと共同で,永平寺町にある遊歩道「永平寺参ろーど」を活用した自動運転車両走行の実証実験を2019年3月末日まで実施すると …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転へ高まる期待 東近江で実証実験

交通網が縮小する過疎地の交通手段として注目される自動運転車の実証実験が、 … 例えば、前方に停車中のを認識したとき、対向を確認した上で、車線を … 車両を開発した東京大発のベンチャー企業「先進モビリティ」の現場技術責任者、江尻 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
メルセデス・ベンツ「S 560 4MATIC ロング」(車両形式:DBA-222186)/「S 400」(車両形式:DBA-222066)

新型Sクラスでは先進運転支援システムで備える「アクティブディスタンス …. その理由として、近い将来に訪れる自律自動運転技術の市販化が挙げられる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
メルセデス・ベンツ Sクラス 試乗レポート

ラグジュアリーセダンの王道として支持されているSクラスがマイナーチェンジ。進化のポイントは、運転支援技術の向上、そしてテレマティクス機能が新たに搭載 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
目指すは欧州トップブランド!“ミスターGT-R”が手掛ける台湾SUVに試乗

そしてこれらは来るべき自動運転社会にとっても欠かすことのできないもの。自動運転には多くのセンシング技術や使われますが、それらが協調してクルマを正しく …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ドライバーの「暑い」「寒い」を見分け車内環境を変化、居眠り防止へ

パナソニックは自動車の運転手が感じる「暑い」「寒い」という感覚を見分ける … の安全機能を強化するメーカーなどと仕様のすり合わせを始めており、2018年度 … 今後、自動運転技術が普及すれば運転手の緊張感が緩み、眠気を感じる機会が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動車王国・中部 一丸で挑む

人工知能(AI)を使って乗員の眠気や心理状態などを推定し、自動運転技術と … 自動車が電動化する大きな流れは止められないが、全ての車がEVになるには …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ホンダ、ソフトバンクと「つながる車」を共同研究

自動車の次世代化が進む中で業種を超えた企業間の提携が活発になっている。ホンダはソフトバンクとは人工知能(AI)の分野で協力している。トヨタ自動車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
組込み総合技術展、自動車向けOS新製品やAI実装型エッジコンピューティングの発表相次ぐ

組込み総合技術展、自動車向けOS新製品やAI実装型エッジコンピューティングの発表相次ぐ … エッジにプログラム可能な演算チップの「FPGA」を採用し、クラウド側で学習したAI(人工知能)ロジックをFPGAチップに反映できる仕組みにしたことだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
現代自動車、米シリコンバレーに革新拠点を設置

現代自動車グループは15日、米シリコンバレーに人工知能(AI)、自動走行、ロボットなどの未来技術の研究開発を行う革新拠点「現代クラドル」を設けたと発表 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ホンダとソフトバンク 「コネクテッドカー」開発で提携

世界の自動車メーカーがをインターネットにつなげる次世代の「コネクテッドカー」の開発を加速させる中、ホンダはこの分野で通信大手のソフトバンクと提携 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車王国・中部 一丸で挑む

トヨタとマツダは8月に資本業務提携を発表。米国で新工場を共同で …. この周辺の公道でリコーとともに自動運転車を走らせているのがAZAPA(名古屋市)だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「自動運転技術に群がる新興企業、成功への「狭き道」 ダイヤモンド・オンライン」など、2017年11月1日     ニュース

ニュース

自動運転技術に群がる新興企業、成功への「狭き道」

10月27日、シリコンバレーで最も注目されている企業の1つである米電気自動車大手テスラに勤めていたLei Xu氏とJustin Song氏は、自動運転車への関心や …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

グーグル、育てAI運転手 「謎の城」で特別訓練

米グーグルは30日、自動運転車の試験場として作った「架空の町」を初めて公開 … カリフォルニア州の米軍基地の跡地にある91エーカー(0.36平方キロメートル)もの広大な敷地を使い、グーグル系のウェイモが自動運転技術の開発を進めている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

百度・李CEO「完全自動運転車が来年から走る」

百度は自動運転技術を提供し、北京汽車は設備機器の生産を請け負う。2019年には自動運転技術「レベル3」の自動運転自動車の量産を、2021年には「 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

難しい右折可能に 自動運転の新技術

日産自動車自動運転開発部の飯島徹也部長は、「この場所からスタートして、この場所に戻ってくる。基本的に一切、「手」操作はしない。全部自動でやる」と話した …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

KPMG、自動車・運輸産業に向けたホワイトペーパーを刊行

人工知能(AI)の1つの形態であるディープラーニングの進化が、自動運転技術を劇的に進化させるとともに、自動車業界のみならず運輸産業をも変えつつあります …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

未来を感じる東京モーターショーに登場の次世代コンセプトカーを一気にチェック

2年に1度のクルマの祭典「東京モーターショー」が11月5まで開催中です。第45回となる今回のショーテーマは「BEYOND THE MOTOR」。自動運転やAI技術、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

今マツダに何が起きているのか? スカイアクティブX誕生の背景とは?

そのために、マツダのコーポ―レートビジョンには、クルマを通じて人生を豊か … さらに、自動運転技術の標準化は2025年を目指す「コ・パイロットコンセプト」と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

倒れないバイクが世界初公開! ホンダとヤマハの違いは?

また、自動運転技術は搭載されていない。 … ヤマハがワールドプレミアした自立バイク「MOTOROiD」は、検証実験車両となるため、そもそもが発売を想定した …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

自動車を含む様々な分野に役立つ最先端のテクノロジーが集結!【CEATEC JAPAN 2017】

電子情報技術産業協会(JEITA)、情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)、 … 自動運転を見据えた技術としては他に、4代目卓球ロボット「フォルフェウス」で話題を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ルネサス、トヨタの自動運転車に半導体供給へ

トヨタは20年発売予定の高級モデルで自動運転技術を初めて搭載する方針だ。ルネサスの競合の米エヌビディアも5月にトヨタと自動運転車の開発で提携 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、自動運転試験で米のGoMentum Stationと提携

提携を通じ、トヨタ自動車は今後GoMentum Stationの比較的安全な環境下で研究を行う … 「TRIの自動運転車の試験場所にGoMentum Stationが加わったこと …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
グーグル、育てAI運転手 「謎の城」で特別訓練

米グーグルは30日、自動運転車の試験場として作った「架空の町」を初めて公開 … オートモービルズ(FCA)などグーグルとの提携を決めるメーカーも出てきた。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NASAが開発支援の人型ロボット、4千キロの「自律歩行」目指す

自動運転車の実用化が間近に迫る中、カリフォルニア工科大学は既に次世代の自動運転技術の開発に取り組んでいる。 … 同校は10月24日、これらの構想を実現するために、NASAのジェット推進研究所(Jet Propulsion Laboratory、JPL)と提携し …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
未来のを支えるテクノロジー(中)電機メーカー台頭−自動運転の“陣地取り”合戦

部門を統括するロルフ・ブーランダー取締役は「自動運転には従来にない新 … になりそうで、技術補完や強みを伸ばすための戦略的提携も増えていきそうだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
EVに参入 「21世紀の家電」と位置づけ

ヤマダを先駆けに小売事業者も加われば、これまでのクルマの概念を超えた新たな競争が加速しそうだ。 … パナソニックは、テスラとEV用電池で提携し、自動運転やインターネット経由でさまざまなサービスを受けられる「コネクテッド化」など車載技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
三菱電機とHERE、高精度位置情報サービスの利用拡大に向けた提携に合意

この提携に至った背景は、予防安全(ADAS)の高度化や自動運転の実現に向けて、高精度地図データと高精度な自位置把握情報の重要性が増していることに …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「自動運転バス 運行開始 ドイツで初めて NHK」など、2017年10月26日     ニュース

ニュース
自動運転バス 運行開始 ドイツで初めて

ただ実用化に向けては技術の確立だけでなく、自動運転に対応した道路インフラの整備や事故が起きた際に、だれが責任をとるかなど解決すべき課題が多く …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
マツダ、モーターショーも「エンジン」で異彩

結局、マツダブースではロータリーを載せた車両が登場することはなかった。代わりに世界で初めてお目見えしたのが、次世代のデザインや技術を盛り込んだ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「人間は退屈な作業から解放される」 アウディが量産初の自動運転レベル3(東京モーターショー2017)

なぜなら、アウディはこうした自動運転技術が事故を減らしての安全性を高めることはもちろん、人間を単調で生産性の低い作業から解放し、より自由な時間を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
仙台の産官学、住宅地で自動運転の実証実験

東北大学や東北経済連合会、仙台市などで構成する「東北次世代移動体システム技術実証コンソーシアム」は25日、仙台市内の住宅展示場で自動運転車などの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【東京モーターショー2017】日産、完全自動運転技術&航続距離600km以上のEVコンセプト「ニッサン IMx …

また、ニッサン IMxはリーフに搭載される「プロパイロット」を進化させ、ドライバーが運転に一切介在しない完全自動運転を実現。クルマに任せてドライブができる「 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
どんな困難にも挑むことをトヨタが宣言、全ての人に移動の自由を提供するために

また、電気自動車(EV)と燃料電池(FCV)の両軸で電動化を進めていく方針を示した。さらに、 … レクサスブランドでも、フラグシップセダン「LS」の将来像となる自動運転技術を搭載したコンセプトモデル「LS+ Concept」を披露した。実用化目標は、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
シート形状、自由自在 自動運転に対応

ジェイテクトはハンドル格納機能を備えた試作を展示した。 デンソーは仮想現実(VR)技術を使い、自動運転の認識技術などをゲーム感覚で紹介している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
バックミラーも速度計も液晶に JDI、次世代に商機

の運転支援技術の普及とともに、バックミラーや速度計、エアコンのボタンなども液晶画面に置き換わると予測。自動運転車の普及が始まる20年ごろのの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
EVとシェアリングで自動車業界は今後どうなる? 失われる事業、伸びる事業

いま日本の自動車産業にEV(電気自動車)の波が押し寄せている。 … さらにIoTや人工知能(AI)などのテクノロジーも台頭し、MaaS(Mobility as a Service) …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
東京モーターショー、電気自動車とAIが席巻する未来を予告

人工知能(AI)搭載のコンセプト・バイク。「オーナーの存在を認識するなどまるで生き物のようなインタラクション(相互作用)機能」を持つという。自動的にバランスを …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転バス 運行開始 ドイツで初めて

自動運転は、電気自動車と並んで自動車メーカー各社が激しい開発競争を … 情報を処理するAI=人工知能が不可欠で、自動車メーカー各社がIT企業との協力を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
次世代EVアピール 27日開幕

第45回東京モーターショー(日本自動車工業会主催)が25日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で報道陣に先行公開され、各社は人工知能(AI)や自動運転機能 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
EVショック度、依然「大」 自動車部品、静岡県影響は全国2位

国内外の完成車メーカーには、EVを将来の主力と位置付けて開発を速める動きもある。25日開幕した東京モーターショーでは、自動車各社が人工知能(AI)など …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ホンダEV発売へ 電機業界からも出展続々

自動車各社が人工知能(AI)や自動運転を駆使した近未来の車を披露したほか、ホンダの八郷隆弘社長は同日、平成32年に日本で電気自動車(EV)を発売する …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
東京モーターショー開幕、クルマ×ITが続々

第45回東京モーターショーが2017年10月27日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開幕する。音声対話できる人工知能(AI)や自動運転など、自動車産業とITの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
東京モーターショー開幕へ 問い直される開催の意義

東京モーターショーの報道向け内覧会が25日、東京ビッグサイト(東京)で開かれた。電気自動車(EV)や人工知能(AI)を活用した車の開発競争が激しさを増し、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
どんな困難にも挑むことをトヨタが宣言、全ての人に移動の自由を提供するために

トヨタ自動車 副社長のDidier Leroy氏が、「第45回東京モーターショー 2017」 … て、人工知能(AI)とコネクテッドカー、自動運転がカギを握る領域になるという。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
デルファイ、自動運転の新興企業買収 ニュートノミーと4.5億ドルで合意

米自動車部品大手デルファイ・オートモーティブは24日、自動運転技術を … ニュートノミーは、シンガポール政府とマサチューセッツ工科大学の研究・技術提携から … 同社によると、年内に3大陸で60台の自動走行が走り、18年末までには150台に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「オートリブ、新興企業の主要部門を買収…自動運転技術の開発強化 レスポンス」など、2017年9月29日     ニュース

ニュース
オートリブ、新興企業の主要部門を買収…自動運転技術の開発強化

Fotonic i Norden社は、同じくスウェーデンに本拠を置き、高度な自動運転に欠かせないLiDAR(ライダー)とToF(タイム・オブ・フライト)カメラの設計、開発、製造 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転技術を支えるAIスタートアップ 3選

AIの進化にともなって、自動運転技術の開発は急速に進んでいる。自動運転技術の開発には車本体のハードの部分と、AIで操作するためのソフトの部分が必要で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転量産化に向けて戦国時代へ突入

これと同時期に、シリコンバレーのメディアが、新型アウディA8の自動運転向けの技術に、Intelのプログラマブル・ソル―ションズ事業本部(PSG)とIntelの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アジア版ウーバーが自動運転に大型出資、シンガポールで導入へ

Drive.aiという名が示す通り、ディープラーニング等の人工知能(AI)技術自動運転分野に投入し、企業や政府、ライドシェア車両での実用化を目指している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
まず自動運転トラック参入 ウェイモCEO、相乗りより先の可能性

フォードモーターやゼネラル・モーターズ(GM)といった米自動車大手は独自の自動運転技術、プログラムに数百万ドルを投じており、これまでウェイモとの提携に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
北海道初、市街地での自動運転バスの実証実験を実施

JIC実行委員会は、ロボット関連技術の開発・革新により日本が抱える「災害」「 … 今回の実証実験は、自動運転バスを市街地で運行するものとしては北海道で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタとマツダ、デンソーがEV開発の新会社を設立へ!その狙いとは

しかし、両社の提携は、EVはもちろん、自動運転技術などこれから求められる … トヨタとマツダ、デンソーが共同技術開発へそんな中、9月29日、トヨタとマツダ、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AI、IoTをテーマに10周年記念シンポ—モノづくり日本会議

自動運転というのは技術開発としては、確かに面白い。しかし、本当はそうではない。自動運転そのものはイノベーションではない。自動運転を開発している研究者 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
東京モーターショー2017 – ホンダ、スポーツ&アーバンEVコンセプトカー出展

ウェブ
自動運転技術を支えるAIスタートアップ 3選

AIの進化にともなって、自動運転技術の開発は急速に進んでいる。自動運転技術の開発には車本体のハードの部分と、AIで操作するためのソフトの部分が必要で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「ZFと中国百度、自動運転技術の共同開発で提携 レスポンス」など、2017年9月14日     ニュース

ニュース
ZFと中国百度、自動運転技術の共同開発で提携

独ZF社は9月13日、中国のインターネット検索最大手の百度(Baidu=バイドゥ)と、自動運転に関する広範囲な技術ソリューションの中国における開発で提携 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【フランクフルトモーターショー2017】ボッシュの自動運転技術、売上高20億ユーロ目指す…2019年

ボッシュは9月12日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー2017において、2019年に自動運転技術で20億ユーロ(約265億円)の売上高を目指す計画を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転ガイドライン改訂版、トランプ政権でより緩く

当局への報告義務が緩和されるなど企業側の要望に沿った内容で、自動運転技術を後押しするトランプ政権の姿勢を明確にした形だ。今後の法整備にも影響を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転で覇権目指すグーグル、鍵はデトロイト

クラフチック氏はウェイモが開発する自動運転技術が配車サービスや運送業、そして公共交通網などで利用され、最終的には自動車メーカーとライセンス契約を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
オートリブとアディエント、将来の自動運転車のシート開発で提携

スウェーデンに本拠を置き、自動運転技術などを手がけるオートリブと米国の自動車シート大手、アディエントは9月12日、将来の自動運転車のシート開発 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転4兆円市場に狙い 独自動車ショー、部品大手走る

自動運転4兆円市場に狙い 独自動車ショー、部品大手走る … 将来は4兆円規模にもなる自動運転の世界で覇権を握ろうと、技術、サービスの基盤を一括提供 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【経済】攻勢を強めるインテル-自動運転車は大手半導体を中心とする対抗軸に~eワラントジャーナル …

自動運転車というとドライバー無しで動く自動車をイメージすることが多いですが、同コラムでは『車間距離を監視して衝突を回避する運転支援技術も広義の自動 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタとマツダなぜ協力 車にAI、グーグルも強敵

イチ子 両社はこれから人工知能(AI)や高度な視覚センサーで人の運転技術を補助したり、人の代わりに運転したりする自動運転技術でも協力するの。車本体を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
HEREの位置情報技術、Audi A8の革新的なガイダンスシステムの中核で機能

また、「HD-ready」で、高精度の地図データを利用することが可能であり、HEREの極めて高度な自動運転車向けクラウドサービスHERE HD Live Mapにも対応。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「国交通、自動運転時代の自動車整備・検査体制を整備 レスポンス」など、2017年9月11日     ニュース

ニュース

国交通、自動運転時代の自動車整備・検査体制を整備

国土交通省は、自動運転技術の普及を見据えて自動車整備・検査を高度化する。 《iidID 会員向けコンテンツ》 ただ今メンテナンス中です。しばらくたってから …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

【フランクフルトモーターショー2017】VWが展示予定の ID CROZZ、格納式LiDAR見えた…自動運転EV

LiDARは、車両周囲の物体との距離や位置関係を測定するレーザー光線によるリモートセンシング技術で、高度な自動運転に欠かせないテクノロジーとされる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

【フランクフルトモーターショー2017】フォーレシア、自動運転モードで形状変えるインパネ発表予定

自動車用シート、内装システム、外装、排出制御技術などを手がけている。 … 表面が、自動運転に最適な位置と形状にスムーズに適応する技術を発表する予定。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

金出武雄ら登壇。「新しいモビリティ社会」と機械学習とIoTの最前線を語るイヴェント、10/14開催

そんな最先端技術のいまを同分野の研究者とデンソーの技術者が紐解く … 昨年には、デンソーと自動運転関連の画像認識や機械学習分野の技術開発の加速を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

特別リポート:ホンダが失った「暴走力」、改革DNAの復活あるか

ロイターでは日本や中国、米国のホンダの現役および元幹部や技術者ら20人 … しかし、車の電動化、自動運転、コンピューター化など自動車市場がかつてない …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

マツダの新ズームズーム宣言、創業100周年に向けたチャレンジとは?

マツダは8月上旬、2030年までの長期的な技術ビジョン、サステイナブル・ズームズーム宣言2030を発表した。 … 自動運転コンセプト、マツダ・コ・パイロット・コンセプトを標準装備化し、すでに装備導入を開始した日本市場だけでなく、18年以降は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

鉄道の振動対策に新手法 車両の制振技術を制御開発用ツールで可視化

鉄道の振動対策に新手法 車両の制振技術を制御開発用ツールで可視化 … 最近では、自動車の自動運転アルゴリズムを検証するためのシミュレーションツール …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

自前主義ホンダの孤立鮮明、競争力に影響も-トヨタ・マツダ資本提携 ブルームバーグ

自前主義ホンダの孤立鮮明、競争力に影響も-トヨタ・マツダ資本提携

トヨタとマツダが資本提携 電気自動車を共同開発へ NHK

トヨタとマツダが資本提携 電気自動車を共同開発へ

トヨタは電気自動車以外にも水素を燃料とする燃料電池車や自動運転技術など多くの最先端技術の開発を進め、ばく大な研究開発費を投じる必要があります。