「Elapheのインホイールモータ技術を駆使した自動運転コンセプトカー “Icona Nucleus”、ジュネーブモーター … MotorFan[モーターファン]」2018年3月12日     ニュース

ニュース
Elapheのインホイールモータ技術を駆使した自動運転コンセプトカー “Icona Nucleus”、ジュネーブモーター …

… 完全自動運転)を目指しており、現在のレベル3(条件付自動運転)から一気に躍進することになる。運転者がいらないというのはただ単にダッシュボードやハンドルの場所が空くだけでなく、完全にくつろげる空間としての車内の再デザインが求められることになる。焦点はもう道路ではなく、旅の経験そのものになっている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「EV向けバッテリー世界首位」パナソニックの不安は

自動運転EVコミュータ」は、部品などを開発するための実験であり、電気自動車を開発する計画はないとのこと。 パナソニックが電気自動車関連で一番力を入れて … ただし、ウェイモ幹部によれば新会社の中心は自動運転技術の開発であり、自動車の製造ではないという。その方針に沿ってか、ウェイモは17年6月、自社 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AdaSkyとST、自動車向けに高分解能の視認能力の提供で協力

STの協力により、当社は初の自動運転車向け高分解能サーマル・カメラを、最小サイズ、最軽量、最低消費電力で、かつ可動部品を用いることなく製造することができました。超低消費電力設計や車載アプリケーションに最適なIP、そして28nm FD-SOI技術など、STならではの専門知識や技術があってこそ、センサの性能に課 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Waymo(元Google)が自動運転トラックの公道テストを開始、物流の自動化競争に参戦

Googleからスピンアウトした自動運転カー開発のWaymoが、自動運転トラックの公道テストを行うことを発表しました。 … 自動運手カー技術でリードするWaymoですが、トレーラーは車両自体が大きく、旋回や制動での挙動の違いや一般より死角が多いなどの特性があるため、自動運転カー技術をそのまま応用できるわけ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自工会、次期会長に豊田トヨタ社長…初の再任に

また、20年の東京オリンピック・パラリンピックに向けた燃料電池(FCV)普及や自動運転技術の導入に関わる環境整備も重要となる。豊田氏は前回の任期中には、若年層のクルマ離れなどへの対策として、隔年開催の東京モーターショーがない年には東京臨海副都心でクルマやバイクへの関心を高めてもらうイベントを開催 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
未来の交通手段の実証実験が始まった! 日産とDeNAが協業する「イージーライド」って何だ?

イージーライドは、日産が開発中の完全自動運転技術を、DeNAが開発するモビリティーサービス事業と連動させるものだ。 ここでいうモビリティーサービス … 第1段階の実証試験では、3月に横浜・みなとみらい地区の約4.5kmのルートで先代「日産リーフ」をベースとした完全自動運転車を運行させる。 では、イージーライドとは …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産リーフは、この技術が凄い! 開発担当者が、4つの開発秘話&うんちくを大公開!! 【NISSAN LEAF …

自動運転技術」「シャシー制御」「パワートレイン」「空力/燃費性能」という4つのテーマに“技術うんちく”というエッセンスを加えた、熱のこもった、とてもユニークな内容だっ … 実際に新型リーフのステアリングを握ると、エンジンやハイブリッドカーでは味わうことができない、静かで快適な乗り味に魅了される。e-Pedalと呼ばれる「 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「一国多制度」検討の時 技術革新と多様化に対応

一国多制度」検討の時 技術革新と多様化に対応 柳川範之 … 第4次産業革命といった言葉を持ち出すまでもなく、現代社会が大きな技術革新の波にさらされていることは疑いの余地がないだろう。人工知能(AI)の発達や自動運転車の急速な普及、仮想通貨やブロックチェーン技術など、多くの新技術に関する話題が飛び交う。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アウディ Pop.Up Next は室内に49インチスクリーン装備のドローンEV…ジュネーブモーターショー2018

Up Nextがジュネーブモーターショー2018でワールドプレミアされている。 Pop.Up NextはPop.Upに対して、大幅に軽量化され、インテリアのデザインも変更。超軽量の2名乗りキャビンは、車両モジュールと飛行モジュールのどちらにも取り付け可能。アウディは、バッテリーと自動運転技術のノウハウで、このプロジェクトを支援し …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
もはや付いてるのが当たり前!? 『衝突被害軽減ブレーキ搭載』を総額2ケタ万円で手に入れる

【ボルボ S60(2代目)/ボルボ V60(初代)】クーペ風セダンのS60と、ステーションワゴンのV60がデビューしたのは2011年。35km/h以下で歩行者や前方歩行車両との衝突を回避する「ヒューマン・セーフティ」と、低速走行時の衝突を防止する「シティ・セーフティ」を標準装備した。その後のマイナーチェンジなどで先進安全技術を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「「世界最高」性能の自動運転車向けライダーを実現、測定距離が2倍に @IT MONOist」など、2018年3月6日     ニュース

ニュース
「世界最高」性能の自動運転車向けライダーを実現、測定距離が2倍に

東芝は2018年3月5日、自動運転システムのセンサーなどに用いられるライダー(LiDAR:Light Detection and Ranging)向けの計測回路技術を開発したと発表した。従来の車載用ライダーと比較して測定可能距離が2倍となる200mを実現しており、その性能は「世界最高」(同社)だという※)。今後は、さらなる測定距離の延伸 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日本郵便、公道で自動運転実験 都心で2キロメートル

日本郵便の担当者は「労働力の減少に新技術で対処したい」と話す。 実験には自動運転技術を手掛けるアイサンテクノロジーとティアフォー(名古屋市)が開発した車両を使用する。車両が自らの位置を特定できるようにするため、実験前に道路周辺の3次元データを取得する。運転時はカメラとセンサーで信号や障害物を認識し …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米・フォードが自動運転車によるピザ宅配に挑戦! 今後は無人タクシーも登場?

clicccar.com(クリッカー)
米・フォードがフロリダ州マイアミで、自動運転車を使ったピザの宅配実験をスタートさせました。 … このように、米国では自動運転技術普及の先に商品の無人デリバリーや、自動運転タクシーサービスなどが待ち受けているとみられ、日本でも早々に自動車会社が率先して新たなビジネスモデルの構築を模索する時代が訪れそう …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「ロボネコヤマト」の実証実験から、自動運転時代の「新しい宅配」のかたちが見えた

一連のサーヴィスを支えるのが、人工知能を利用した車両運行システム。宅配ドライヴァーのノウハウを取り入れながらDeNAが開発したもので、道路の混雑状況や受け取りの需要予測などを考慮しながら配送ルートなどの計画を立てる。「ドライヴァーは計画に沿って運転すればいいだけなので、高齢者や女性の雇用にも …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ベントレーはあえて「自動運転レヴェル」を上げない ライヴァルのアウディ「A8」に先を譲る理由とは

このことを考えると、この新モデルが自動運転技術のレヴェル2を超えられないのは驚きだ。レヴェル2では、車両のステアリングと速度は「1つまたは複数のドライヴァー支援システム」によって制御されるが、そのほかの運転要素は人が制御する。 ベンテイガのアクティヴレーンアシスト機能(ALA)が、人間に代わってステアリング …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
KDDIが自動運転ベンチャー「ティアフォー」に出資する理由

KDDIは3月5日、自動運転ベンチャーのティアフォー(名古屋市)と資本・業務提携を結んだと発表した。出資金額は非公開。ティアフォーは、周辺環境の認識や経路判断を担う自動運転車用のOS「Autoware」を開発したほか、無人運転の実証実験に成功している。KDDIはティアフォーの技術力を生かし、第5世代移動通信 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転支える無償ソフト OS公開、国内外で開発に活用 (1/2ページ)

運転席に人のいないのハンドルが動き、ひとりでに走った。昨年12月、愛知県幸田町で実施された全国初の公道実験。緊急時にブレーキなどを遠隔操作する以外は人が運転に関わらない「完全自動運転」で、政府が定めた自動運転のレベル区分のうち、2番目に高度な「レベル4」に相当した。技術面で中心的な役割を担った …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
コンチネンタル NVIDIA社と提携 自動運転向けAIの世界生産を目指す

また、高精細地図を取り入れ車両が地図上で自位置を特定できるようなれば、地図の更新機能も搭載する計画だ。 コンチネンタルが持つ先進運転支援システムに関する専門知識により、多機能カメラ、魚眼カメラでのサラウンドビュー、短距離、長距離のレーダーセンサー、高解像度3D LiDAR技術の他に運転支援・自動運転 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「本気モード」の自動運転、日産・DeNAとANA・SBドライブがレベル4相当を実証

自動運転技術を搭載した実験車両に一般公募した参加者を乗せ、横浜市の日産グローバル本社から周辺の商業施設を3月18日まで周回する。参加者はスマートフォン(スマホ)アプリを使って乗車する時間と場所を指定できる。検証する自動運転技術はレベル4相当。実験の運転席には担当者が座るものの、原則として …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
中国企業の自動運転車を体験した外国人記者、「不思議なことに私はまだ生きている」―中国メディア

1日、環球網は、中国の通信機器大手、華為技術自動運転車を体験した外国人記者から「不思議なことに私はまだ生きている」との言葉が寄せられたことを伝えた。 … 外国人記者のコメントはこの体験を受けたもので、同氏は「ファーウェイの自動運転分野参入を示すものではなく、同社のCPU『Kirin970』の人工知能(AI)性能 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ダイソンが開発中の「既存車と根本で異なるEV」とは

グーグルやパナソニックも自動運転実験用に電気自動車を作っている。 異業種参入の中でもインパクトが大きそうなのがアップル。正式発表ではないが、電気自動車開発プロジェクト「Project Titan」が14年に始まったことは公然の秘密だ。日本勢では、ソニーが17年10月に独自開発したAI(人工知能)対応の電気自動車の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ボルボがヴェンチャーキャピタルを設立、スタートアップ獲得競争での勝算は?

例えば、自社の製造プロセスを改善するソフトウェアやハードウェア、自動車の購入や維持に役立つイノヴェイション、人工知能、機械学習、データサイエンスの分野、またカーシェアリングの仕組みをシンプルにする可能性をもつ「マイクロトランザクション」といった分野である。 つまるところ、クルマの設計や組み立て、販売、使 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタデンソーアイシンが都内で自動運転開発を加速「従来と異なる発想で」

TRI-ADの出資金額は5000万円で、出資比率はトヨタ自動車が90%、デンソーとアイシンが5%ずつ。代表取締役CEOには、AI(人工知能)などの研究開発を行うトヨタ自動車の米国子会社Toyota Research Institute(TRI)のCTOを務めるジェームス・カフナー(James Kuffner)氏が就任する。カフナー氏は、グーグル(Google) …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
存在感を増すCVC(コーポレート・ベンチャー・キャピタル)。どんな企業がやっているのか

GVは、2009年にGoogle VenturesとしてスタートしたAlphabet、Inc.のベンチャーキャピタル部門である。ライフサイエンス、ヘルスケア、人工知能、ロボット工学、運輸、サイバーセキュリティ、農業の分野において、300社以上に投資している。(参照:Portfolio). Uber(自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリ)も投資先のひとつ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
コンチネンタル NVIDIA社と提携 自動運転向けAIの世界生産を目指す

この提携で、AI 自動運転車を開発から大量生産へと移行させるうえで、鍵となるすべての要素の準備が整いました。当社の最新の DRIVE Xavier プロセッサー、幅広い NVIDIA DRIVE ソフトウェア、そして、テスト、検証、機能上の安全性における「Cloud-to-Car」アプローチと、コンチネンタル の専門知識やグローバルな事業 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
KDDI、5G活用で共同実証実験 自動運転車OS企業と提携

KDDIは5日、センサーなどから集めた情報をもとに自動運転車を制御する基本ソフト(OS)開発のティアフォー(名古屋市)に出資し、資本業務提携したと発表した。出資額は非公表。今後、第5世代(5G)移動通信方式を活用した自動運転の実証実験などを共同で行う方針だ。 両社は昨年12月、愛知県内でティアフォーのOS「 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ホンダ、急変する自動車市場に長期戦略で挑む

独自の高効率なプラグインハイブリッドを開発の中心として取り組み、燃料電池、電気自動車の開発へつなげる。 4.先進安全技術導入への取り組み 事故ゼロ社会の実現に向けて安全運転支援システムの標準装備を順次各地域へ拡大し、自動運転技術の研究開発は外部との提携を活用したオープンイノベーションにより …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「高速道路であおられる、自動運転の落とし穴 日経ビジネスオンライン」など、2018年2月14日     ニュース

ニュース
高速道路であおられる、自動運転の落とし穴

自動車メーカーに加えて、グーグルなどのIT(情報技術)大手、ウーバーなどのライドシェア(相乗り)大手まで、様々な業種の企業が開発を加速させる自動運転車。異種格闘技戦ともいえる競争が激化する中で、ホンダはどのような自動運転車を実現しようとしているのか。自動運転車が普及するとどのような変化が起きるのか。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車に信号情報 政府、18年度から公開へ

政府は2018年度から自動運転車向けに信号情報を提供する。信号機に取り付けた通信機や交通管制センターから、に信号の色や色が変わるタイミングを伝える。現行の自動運転技術はカメラなどで信号の色を識別しているが、逆光時などに正確に検知できないといった課題があった。民間への情報提供を進め、自動運転の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車実証実験 運転席不在で走行

運転席が無人の実験車両は時速10キロ前後で走行し、クランクではさらに減速しながら見事な“ハンドルさばき”で難所を通過した。 国交省飯田国道事務所の岡本由仁計画課長(31)は「思っていた以上に順調。さらに技術が高まっていけば、運転席にドライバーがいない違和感も解消され、社会に浸透していくと思う。今後細か …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ボッシュ、ZFに続きコンチネンタルもNVIDIAと、自動運転システムを共同開発

今回の提携の発表により、コンチネンタルやRobert Bosch(ボッシュ)、ZFといった大手サプライヤーが自動運転コンピュータにNVIDIAの技術を採用することになる。 コンチネンタルとNVIDIAは、幹線道路での全周囲の状況把握や自動車線変更、合流といった高度な自動運転機能から開発に着手する。自位置特定のための高 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
パナソニック、つながる向けサイバー防衛システム

パナソニックは14日、トレンドマイクロとつながる(コネクテッドカー)向けのサイバー防衛システムを共同開発することで合意したと発表した。外部のサイバー攻撃からカーナビなどの通信機器を守るシステムの開発などで連携する。早ければ2020年の実用化を目指す。自動運転など新技術の開発が進むなか、ハッキングなど …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ボルボ 過去最高の業績 前年比27.7%増の営業利益を計上

… の協力関係を強化し、技術開発においてスケールメリットが得られる技術系合弁会社を設立。また、コンパクト・モジュラー・アーキテクチャー(CMA)を共有するジーリー社の新ブランドであるリンクス社の株式を30%取得している。 さらに2017年、ボルボ・カーズは2019年から2021年までに数万台の自動運転対応のベース車両 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車サイバーセキュリティについての4つの重要な質問と回答

自動車業界はiPhone時代のようなものであり、新しいネットワーク接続機能と自動運転技術が次々と生まれることで、イノベーションの爆発が促進され、たくさんの新規プレーヤーがマーケットに参入しています。このような状況は消費者や大企業から見れば好ましいことなのですが、それらの新機能を支えるソフトウェアの欠陥に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ウェブ
自動運転車関連技術開発推進プロジェクト】自動運転車関連技術参入促進セミナー

本県では、運転支援システムにおいて業界をリードする(株)SUBARUと連携し、自動運転車関連技術の開発を推進するとともに、県内中小企業の参入を支援する「自動運転関連技術開発推進プロジェクト」を実施しています。 この度、同プロジェクトの一環として、県内企業の皆様に自動運転に関する知識を深め、関連技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
脱・自動車メーカーを図るホンダが目指す「協調と共感」

ホンダは人と協調する人工知能技術をCI(Cooperative Intelligence)と呼んでいるが、「3E-A18」は10歳の子供ほどの大きさで、人の表情を認識するCIを搭載し、音や表情でコミュニケーションを交わす。同社のアシモのように二足歩行などの複雑な技術は持たないが、丸っこいスタイルや柔らかな外装で、より親しみやすく、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
今の自動車製造工場がすごい! VWの動画で知る最新のクルマづくり

今の自動車製造工場がすごい! VWの動画で知る最新のクルマづくり … AI(人工知能)が優秀になってきたとはいえ、まだまだ人間が手間をかける部分です。 出典:Volkswagen Group(YouTube). 原寸大のクレイモデルをつくります。少し前まではこれも手作業でしたが、いまはロボットでおおよその形を削り出すことができる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ボッシュ、ZFに続きコンチネンタルもNVIDIAと、自動運転システムを共同開発

今回の提携の発表により、コンチネンタルやRobert Bosch(ボッシュ)、ZFといった大手サプライヤーが自動運転コンピュータにNVIDIAの技術を採用することになる。 コンチネンタルとNVIDIAは、幹線道路での全周囲の状況把握や自動車線変更、合流といった高度な自動運転機能から開発に着手する。自位置特定のための高 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「自動運転の基幹技術、AIが読む「ダイナミックマップ」とは? (1/3) ITmedia」など、2018年2月9日     ニュース

ニュース
自動運転の基幹技術、AIが読む「ダイナミックマップ」とは? (1/3)

人はクルマを運転する際、地図やナビの情報だけではなく、常に自分の目や耳で周囲の状況を把握する。例えば信号の色や工事中の看板、歩行者や他のクルマの動きなど、刻々と変化する情報に対応している。こうした情報が重要なのは自動運転車も同じ。ダイナミックマップは、高精度な3次元地図データに交通規制や道路 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転中の事故、責任の所在は? 運転者の過失は生じるのか 損保会社に聞く

ひとえに「自動運転」といっても、レベル1からレベル5まで5段階があり、現在、日本で市販されているクルマに搭載されているのは、レベル2までの技術です。レベル1は、自動ブレーキやACC(アブダクティブ・クルーズ・コントロール。車間距離を一定に保ちながらクルマが定速で自動走行する)などのいわゆる「運転支援」技術、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車ITセキュリティ研究の第一人者、フィッシュマイスター准教授「ソフトウエア技術を制すものが自動

同准教授は自動車ITセキュリティ研究の第一人者で、コネクテッドカーや自動運転車の安全とセキュリティを確実にするためのデータ主導型、エビデンス・ベースの … フィッシュマイスター准教授によると、その大きなカギとなるのはソフトウエア技術で、ソフトウエア技術を制するものが自動運転を制すると言っても過言ではない …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、自動運転の研究開発を促進…米非営利団体への支援継続

トヨタ自動車の米国の人工知能技術の研究・開発部門、トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)は、ロボティクスや自動運転の研究を行う米国の非営利団体「 … OSRFは、「ROS2」と呼ばれる第2世代のROS(ロボット・オペレーティング・システム)が、自動運転車のソフトウェアや支援システムの開発に広く使用されることを期待 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自律走行の開発レースの勝敗を決める「LiDAR」技術 その古くて新しい歴史と課題

だからこそ、自律走行の開発レースでプレイヤーたちは、運転手のいない完全なロボットカーをつくるのに、このレーザーセンサーを必要不可欠だと考えている(例外として有名なのは、イーロン・マスクだ。彼はカメラで十分だと判断しているらしい)。 同じ理由から、アルファベットの自動運転部門であるウェイモ(Waymo)とライド …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
元Google及川卓也氏、デンソーの技術顧問に 自動運転など推進

デンソーは2月9日、エンジニアの及川卓也氏と技術顧問契約と締結したと発表した。Google日本法人などで活躍した及川氏のスキルと経験を生かして情報通信分野を強化し、電動化・自動運転・コネクテッドカー(つながる)などの事業を推進する狙い。 photo デンソーの公式Webサイト. 及川氏は、OS「Windows」やWeb …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転は史上最大の産業になる」エヌビディアCEOが語る理由

自動運転の対象はのみならず耕運機、ブルドーザー、掘削機などあらゆる動く機械に及びます。実現のためには非常に高速なセンサーとその信号を分析するコンピューターが必要で、完成形はまだ存在しません。だがわれわれのAIやコンピューティングの技術を低消費電力と低コストで達成する能力で、そんなコンピューターを …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
[韓国毎日経済新聞]SKと韓国交通公団、5Gで車間通信

韓国通信大手のSKテレコムと韓国交通安全公団は5日、ソウル郊外・京畿道の試験エリアで、最新の自動運転技術を公開した。道路を走っていた自動運転対応2台がスクールゾーンに進入。2台はこれを認識して自然に速度を落とした。 1人の子供が信号を無視して道路に飛び出す。すぐさま街灯に設置された監視カメラが5 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
歩行者と光のアニメーションでコミュニケーションするクルマ…三菱電機が開発

三菱電機は2月8日、周囲の歩行者や車両に対して光での動きを伝える技術「安心・安全ライティング」の進化について発表した。ドア開けや後退のタイミングに、車外センサーと連動して光で歩行者 … もっと分かりやすく伝えるコミュニケーション技術が求められている。この問題は、自動運転車両においても同じだと考えている」
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルネサス社長「全分野で追い風」17年12月期 純利益42%増

自信の背景には主力の車載半導体の分野で、自動運転技術や高度運転支援システム(ADAS)の普及によって需要の伸びが期待できるためだ。 1月上旬に米ネバダ州ラスベガスで開かれたコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)。完全自動運転車のデモを披露したルネサスブースを世界の自動車大手幹部が次々と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
トヨタ、自動運転の研究開発を促進…米非営利団体への支援継続

トヨタ自動車の米国の人工知能技術の研究・開発部門、トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)は、ロボティクスや自動運転の研究を行う米国の非営利団体「 … トヨタの狙いは、既存の自動車産業の枠を超え、より広範なモビリティ企業へと発展するために、TRIのロボティクスや自動運転の研究をいっそう強化することにある。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタが日本交通子会社に75億円出資、タクシー向け新サービスを共同開発

都内の500台のタクシーに装着した通信型ドライブレコーダー「TransLog(トランスログ)」から走行中の画像や車両データを収集、地図上に反映させて人工知能(AI)で解析した結果をナビゲーションアプリに車線単位での混雑状況として配信する。 トヨタ自動車のモビリティサービスプラットフォームは、DCM(車載通信機)から …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
住友電工とNECがモビリティ事業で協業を開始 – AI・IoT技術を活用

住友電気工業(住友電工)とNECは2月9日、自動車部品の企画・開発をはじめとしたモビリティ事業において2017年12月より協業を開始したと発表した。 今回の協業は、第1弾として自動車をネットワークでつなぐコネクテッド領域から開始し、両社が有するAI(人工知能)・IoT(Internet of Things)技術を活用して車両や車外 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ボルボやロータスを傘下に収める中国浙江吉利控股集団が、ダイムラーの筆頭株主になることを計画中!

スウェーデンの自動車メーカー、ボルボを傘下に持つ中国浙江吉利控股集団(ジーリー・ホールディング・グループ)は、ダイムラーに入り込むことを真剣に検討中だ。ドイツの『Bild am Sonntag』紙は、ジーリーの李書福会長に関する特集記事の中で、中国の自動車大手である同社がクウェート投資庁の保有する6.8%を上回る株 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「CESで自動運転車を初体験 —— とても退屈で、素晴らしい体験だった BUSINESS INSIDER JAPAN」など、2018年1月11日     ニュース

ニュース
CESで自動運転車を初体験 —— とても退屈で、素晴らしい体験だった

1月10日(現地時間)、同僚と私は自動運転タクシーに乗るために、CESの会場であるラスベガス・コンベンション・センター(LVCC)近くの駐車場に向かった。今回の取り組みでは、Aptivが車両自動運転技術を提供、Lyftが実際の運行を担当している。 我々はラスベガスのドライブを楽しんだ。だが今のところ、CESで体験した中 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Uberが自動運転にNVIDIAの技術を採用、開発ペースを加速…CES 2018で発表

Uberは、ボルボ『XC90』SUVの最初のテスト車両で、NVIDIA GPUコンピューティングテクノロジの使用を開始。現在では高性能のNVIDIAプロセッサーを使用して、自動運転/配車車両自動運転の貨物トラックの両方でディープニューラルネットワークを稼働させている。以来、Uber車両の開発ペースは急激に加速しており、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
インテル傘下のMobileye、今後の自動運転プロジェクトの詳細など明らかに

Mobileyeの最高経営責任者(CEO)で最高技術責任者(CTO)のAmnon Shashua氏は、自動運転車の開発における重要分野に関して、センシング、REM(Road Experience Management)、運転ポリシーなどを挙げている。 この方針に従い、Mobileyeの2018年の「マスタープラン」には、レベル4(L4、高度に自律的な運転が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転向け技術をCESで披露、存在感を強調するNXP

NXPは、LG Electronicsおよび、アルゴリズム関連の専門技術を提供するドイツHELLA Aglaiaと、先進運転支援システム(ADAS)や自動運転車向けの技術開発で協業するという。これが、CESにおけるNXPの発表の目玉の1つだ。この協業により、NXPが「S32V」プロセッサをベースとして開発した、ADASおよび自動運転車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転の実験、杉並で開始 住宅街の公道は都内初

住宅街の公道を利用した東京都内初の自動運転車の実証実験が11日、杉並区内で始まった。自動運転技術開発を手がけるアイサンテクノロジーのほか東京大学、測量会社の第一航業(東京・杉並)が杉並区の支援を受けて実施した。区立の井草森公園の周囲の都道・区道約1キロを、ミニバンをベースにした自動運転車が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米運輸当局、トラックや列車の自動運転で新たな政策指針策定へ

道路交通安全局(NHTSA)は自動運転車に対する「不必要な規制の障壁」や安全性の検証と認証の方法に関して意見を求めている。連邦公共交通局や連邦高速道路局も意見を公募している。これらの意見は同省の連邦自動運転車政策の第3版の作成に利用される。チャオ長官によると第3版は今夏に公表される見通し。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車技術のためのディストリビューションAutomotive Grade LinuxをToyotaとAmazonがサポート

AGLはそれに対してさらにセキュリティを厚くし、自動運転車をハッカーにやられないようにしたい。遠隔通信や地図関連の技術も重要だ。とくに地図データは、各社ばらばらでなく、全メーカーが共有できる形式であることがきわめて重要だ。地図の共通化は、AGLがメインの課題として追究している安全性の面でも欠かせない。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転 通行量の多い市街地で実証実験 東京 杉並区

自動運転の実用化に向けて東京 杉並区で、人やの通行量が比較的多い市街地を自動で走行させる実証実験が行われました。 続きを読む. この実証実験は、杉並区や自動運転技術開発に取り組む民間企業、それに東京大学などが共同で行ったものです。 の上部には特殊なセンサーがあって人や障害物を検知できる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アウディが2018年に自動運転「レベル3」のA8を発売予定。日本での発売は?

clicccar.com(クリッカー)
2018年、本国ではいよいよ世界初の自動運転レベル3の製品としてA8がデビューの予定です。すでにドイツでは法整備が整い、あとは国際的な技術基準が整えられ、その技術認証がクリアとなればレベル3自動運転車としてデビューとなるそうです。デビュー時には時速60km以下の自動車専用道路に限って使用できるものとなり …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
OKIグループとアヴネット、自動運転向けのAIボードを開発

OKIグループの設計受託企業であるOKIアイディエスは、技術商社大手のアヴネットと共同でレベル4~5の自動運転車に向けた人工知能(AI)コンピューターボードを開発した(リリース)。2018年2月からアヴネットが国内で販売する。将来的にはアジアにも販路を広げる。ボードは開発・評価用であり、実際のシステム開発をOKI …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ルノー・日産・三菱がベンチャー・キャピタルを設立 バッテリーや自動運転など新たなモビリティに5年間で …

ルノー・日産・三菱の約10億ドルという出資額は、CVCを持つ自動車メーカーとしては最大となる。 BMW iVenturesもGM Venturesも、ベンチャー・キャピタル運営の経歴が長いが、ファンド規模は彼らより小さい(BMWは、iVenturesの次の10年での投資総額を5億ドル以上に増やしている)。トヨタもロボティクスや人工知能の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
CESで自動運転車を初体験 —— とても退屈で、素晴らしい体験だった

1月10日(現地時間)、同僚と私は自動運転タクシーに乗るために、CESの会場であるラスベガス・コンベンション・センター(LVCC)近くの駐車場に向かった。今回の取り組みでは、Aptivが車両自動運転技術を提供、Lyftが実際の運行を担当している。 我々はラスベガスのドライブを楽しんだ。だが今のところ、CESで体験した中 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転向け技術をCESで披露、存在感を強調するNXP

同プラットフォームはBaiduが開発したもので、“ロボットカー向けAndroid”としても知られている。この提携により、NXPの半導体チップがApollo Open Autonomous Driving Platformをサポートできるようになるとしている。 こうしたさまざまな発表内容から、NXPが、「ADASや自動運転車向けオープンプラットフォームの強力な …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、何でも出来る・使えるクルマ「e-Palette Concept」を「CES」に出展

提携する米ウーバーテクノロジーズ、マツダに加え、新たにアマゾン、ピザハット、滴滴を含めた計5社を第1弾パートナーとして、多機能車両を開発する。 また、トヨタが培ってきた安全性の高い車両制御技術を用いて開発した車両制御インターフェースを自動運転キット開発会社に開示する予定だ。自動運転キット開発会社は、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「LG、自動運転車のテレマティクスでHereと提携 CNET Japan」など、2017年12月28日     ニュース

ニュース
LG、自動運転車のテレマティクスでHereと提携

LG Electronicsと、「Here Maps」を提供するHereが提携した。LGのテレマティクス技術とHereのロケーションサービスを統合して、完全自動運転車用のデータ通信ハブを構築するという。 両社は双方の技術を統合して、自動運転車に搭載されたカメラ、レーダー、LiDARなどのセンサからのデータを、Hereの「HD Live Map」 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ドライバーの意図はくめない? 自動運転の課題 (1/4)

技術顧問サービスを手掛けるVision Systems Intelligence(VSI Labs)の創業者であり、主席アドバイザーを務めるPhil Magney氏は、EE Timesの取材に応じ、「2017年は、レベル2(部分的な自動運転)の自動運転車向けに、ADAS(先進運転支援システム)や、さまざまなセンサー技術が段階的な発展を遂げた年だった。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
国産の品質が悪化? 日本の自動車業界に何が起こっているのか

Bluetoothやカーナビといった、基礎的な先進装備が評価を下げる要因になるケースがあるとすると、気になるのは“本当のハイテク技術”である「自動運転車」時代の乗車体験の変化だ。 J.D. Powerでは、自動運転車時代には、これまで重視された品質に加えて、「トラスト(信頼)」が消費者の新たな基準として重要になると見て …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
吉利、商用ボルボの筆頭株主に 4000億円超出資か

商用のボルボの筆頭株主になることで手薄だった商用分野にも力を入れる。 ABボルボは「ボルボ」や「ルノー」のブランドの商用を手掛けている。商用のボルボは電気自動車(EV)や先進運転支援システムなどの技術を持つことから、今回の出資を契機に吉利やボルボ・カーとEVや自動運転技術の共同開発も進める …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ すべての人へモビリティを、移動の自由を 「Concept‐愛i」「Concept‐愛i RIDE」 東京モーターショー …

岡部氏 このクルマはAIの技術を使った新しい時代の愛車を提案するというコンセプトで造っています。このクルマの特徴は人を理解するという点で、二つのAI技術を使っています。一つは … 実際に、このクルマは2020年に公道での実証実験を予定しており、その際には自動運転の機能も含めてデモすることを想定しています。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
最先端のスマスピに、昭和生まれ疑惑[ITmedia NEWS アンカーデスクマガジン 水曜日版 2017/12/27]

電気自動車に自動走行、コネクテッドカー……。 ミライに向けて走り出したさまざまなクルマ技術を、 ITmedia NEWS編集部が総力を挙げて大特集! 業界の最新動向から取材して分かったコネクテッドカーの「今」まで、週1で記事を更新予定です。 最新記事は、 「舞台はPC・スマホからクルマへ 「自動運転」で半導体 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
トヨタ系、自動運転の人材獲得注力

トヨタ系、自動運転の人材獲得注力. 【共同】トヨタ自動車のグループ企業が、自動運転や電気自動車(EV)開発の要となる人工知能(AI)、IT分野の人材獲得に力を入れている。グループ企業の多くが本社を置く愛知県周辺では十分採用できず、東京に拠点を設ける動きも出ている。 自動車部品最大手のデンソー(愛… 関連国・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
LG、自動運転車のテレマティクスでHereと提携

LG Electronicsと、「Here Maps」を提供するHereが提携した。LGのテレマティクス技術とHereのロケーションサービスを統合して、完全自動運転車用のデータ通信ハブを構築するという。 両社は双方の技術を統合して、自動運転車に搭載されたカメラ、レーダー、LiDARなどのセンサからのデータを、Hereの「HD Live Map」 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「アウディが先陣、自動運転車が「レベル3」になると何ができる? 投信1」など、2017年12月20日     ニュース

ニュース
アウディが先陣、自動運転車が「レベル3」になると何ができる?

また、の長距離運転には“疲れ”がつきものです。また、運転者は運転に集中しなくてはならず、スマホなどを見ることはできません。このことが自動車で移動することの大きなハードルとなっているのではないでしょうか。 そこで期待されるのが、今、話題となっている「自動運転技術」です。ただし、スマホを見ながら移動するため …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
平昌五輪に合わせ自動運転のFCV披露 高速道路走行=現代自

これらのは、米自動車技術者協会(SAE)が定める自動運転技術区分で最上位のレベル5に次ぐレベル4を満たしている。レベル4は限定条件の下でドライバーが運転に関与せず、システムがの速度と方向をコントロールする段階で、ドライバーが必要ない無人自動車を意味するレベル5とともに完全自動運転に分類され …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
オートリブの最新自動運転車、ディープラーニングで乗員を理解…CES 2018で公開予定

スウェーデンに本拠を置き、自動運転技術などを手がけるオートリブ社は12月19日、米国ラスベガスで2018年1月に開催されるCES 2018において、最新の自動運転車の研究開発車両「LIV 2.0」を初 … 具体的には、車両の頭脳が、ドライバーや乗員の声や手の動きを追跡することにより、ドライバーや乗員の気持ちを理解。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
無人の電動カートがお迎え…公道で自動走行実験

国立研究開発法人「産業技術総合研究所(産総研)」(東京都)が手掛ける実験で、県内外で実験を重ね、2020年の実用化を目指す。愛知県や東京都では14日、公道での自動運転システムの実証実験が行われたが、人が全く乗っていないが公道を通って利用者を迎えに行くのは、輪島での実験が国内初めてという。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
『ニッサン・エクストレイル』特別仕様運転支援システムを標準化。価格は280万円から

エクストレイル』は、発売以来、高い走行性能を兼ね備えた本格SUVとして、お客さまから好評を得ています。また、本年搭載した、高速道路同一車線自動運転技術の“プロパイロット”は、幅広いお客さまにご愛用いただいています。 今回発売する特別仕様“20Xi”、“20Xi HYBRID”は、ガソリンの“20X”、およびハイブリッド …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NVIDIAがAIで目指す未来の姿 – GTC Japan 2017基調講演レポート

12月12日と13日の2日間にわたって、NVIDIAが技術者向けイベント「GTC Japan 2017」を開催した。 … AIは、自動運転車や産業・福祉ロボットのような未来を実現する技術だ。AIが活用される … 自動運転車はソフトウェアによって定義され、NVIDIAでは「NVIDIA DRIVE」と呼ばれる自動運転アーキテクチャを開発している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ボルボの自動運転実証実験「Drive Meプロジェクト」、予想以上に問題解決に時間が掛かっているため4年 …

ボルボの自動運転車の実証実験計画「Drive Meプロジェクト」が足踏み状態となっている。同社は、100台の自動運転車をスウェーデンで展開するというこの計画を4年先送りするとし、技術がまだ万全でないことを認めた。ボルボによれば今後4年間で、ドライバーのいないクルマに搭載された自動運転テクノロジーと人々がどう …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
韓国、すぐ金になる技術ばかり好む…長期投資に出なければ

自動運転車のカメラとレーダー、ライダセンサーは運転者の知覚能力に代わる核心部品だ。それだけ重要だが韓国の技術が最も遅れている分野だ。人の目のように周辺環境を把握する前後方カメラセンサーはイスラエルのモービルアイの製品を装着した。ゼロシャトルの4つの角に取り付けられた触覚形の装置には光で距離を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
未来を先取り!? 夢のコンセプトカーが集結!

会場には、近未来を予見するかのようなコンセプトカーが続々登場。トヨタからは“未来の愛車”を目指し提案する「TOYOTA Concept-愛i(コンセプト・アイ)」シリーズの最新モデルが登場。ドライバーの感情認識や嗜好推定を行う技術自動運転技術を組み合わせ、ユーザーの安心・安全と気持ちを先回りした提案が行えるように。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米運送大手UPS、Tesla発表の電動トラック125台を予約

トラックはTeslaの発表していた「Tesla Semi」で、完全な電気自動車ゆえの機能性や同社の得意とする自動運転技術などが費用とCO2排出量の削減につながることが期待される。 Teslaによれば、カーゴなしのSemiは停止状態からわずか5秒で約100km/hに到達するほどのトルクをもち、通常のディーゼルエンジンの15秒 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ウェブ
伊マニエッティ、将来の自動運転向け技術をCES 2018で初公開予定

イタリアの自動車部品大手、マニエッティマレリは12月19日、米国ラスベガスで2018年1月に開催されるCES 2018において、将来の自動運転向け技術を初公開すると発表した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
Waymo、自動運転車の乗客に保険を適用へ–オンデマンド保険のTrovと提携

Waymoは米国時間12月19日、同社が開発している自動運転のミニバン「Chrysler Pacifica Hybrid」の乗客に保険をかけるため、オンデマンド保険の新興企業であるTrovと提携すると発表した。Trovは設立からわずか5年ほどだが、今後は同社がWaymoの自動運転車の乗客に保険を提供する。保険の対象としては遺失物や、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「[FT]中国、スパイ活動警戒で外国製自動運転車を規制へ 日本経済新聞」など、2017年12月15日     ニュース

ニュース
[FT]中国、スパイ活動警戒で外国製自動運転車を規制へ

外国製の自動運転車はスパイ活動に利用される恐れがあるとの懸念から、世界最大の自動車市場である中国の規制当局が純国産技術を優先する可能性が浮上している。 外国の自動車メーカーは、中国での自動運転技術の推進に制限を受けているという。中国政府は国家安全保障上の問題を理由に、高解像度カメラや全 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転の歴史は、砂漠でのレースから始まった 国防総省のチャレンジから興った新産業の舞台裏

彼らは2007年11月3日、ロサンゼルス郊外の閉鎖された空軍基地で、動き回るロボットたちをじっと見ていた。ロボットは交差点を行き交い、の走る間に入り込み、駐車スペースを見つけたりしていた。これらのロボットたちは、米国防総省傘下の国防高等研究計画局(DARPA)の主催する自律走行レース「アーバンチャレンジ」 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
国交省と経産省が“国内初”、車両内無人で公道を自動走行

開発車両は、自動運転レベル4相当の機能を持つ。今回の走行試験では運転者が遠隔で車両を監視して、危険と判断した場合には車両を止める。車両運転に係る義務は遠隔操作者にあるため、自動運転レベル2に該当する。国土交通省自動車局技術政策課の担当者によれば「保安要員が電動自転車などで車両を追いかけて …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
次世代ずらり、未来変える? 福岡モーターショー開幕

今回のテーマは「クルマと変えよう暮らしの未来」で、電気自動車(EV)や水素で走る燃料電池(FCV)、人工知能(AI)を活用した自動運転の試作が並んだ。 福岡市博多区の自動車整備士の津曲(つまがり)龍さん(36)は息子の将英君(5)と初めて訪れた。「EVや自動運転など最新の技術をみたいと思ってきました」。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルネサス 自動運転のセンサー、仏社と開発へ

ライダーはレーザー光を用いての周辺を広範囲にセンシングする技術。目に見えないレーザー光を放射状に発光させて反射光などを測定し、遠距離にある障害物までの距離を測定する。や歩行者のほか、障害物の性質も把握できる。 ルネサスは「R―Car(アールカー)」ブランドで周辺認知から判断、駆動という自動運転に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【可愛い】ハンドルもアクセルもない自動運転AIモビリティ「Milee(マイリー)」の展示を見に行ってきた

会場にはNVIDIAが開発中の自動運転車「BB8」も展示。迫力満点。しかし、写真のように人気は可愛い「Milee」に集中していた. 可愛い外観は、株式会社カブクとの連携で実現した。カブクは全世界に300以上構築している工場ネットワークを活用し、産業用3Dプリントや切削、射出成形など多種多様な工法や素材を組み合わせ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
オムロン子会社、顔認識技術運転者の状態を監視

危険な運転が検出されると、センターから事業者の管理者向けに自動的にメールで通知する機能も備える。また、事業者はセンターに集めたデータを分析して、危険な運転が多い従業員に対して安全運転の指導ができる。車両には内外を撮影するドライブレコーダーも設置してあるため、必要に応じて危険運転時の映像を確認 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマが売れない時代のビジネス基盤 トヨタのコネクテッドカー戦略

一方、外の世界とつながるコネクテッドカーは、継続的なサービスや周辺事業の可能性を広げ、将来の自動運転技術などのベースにもなる。山本氏は、「パワートレインはEV(Electric Vehicle)やFCV(Fuel Cell Vehicle)に変わり、自動運転も導入されるが、基盤になるのはコネクテッド技術自動運転クルマが自律化しても …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【材料】パイオニアは3日ぶり反発、米エヌビディアと自動運転車開発プラットフォームへの対応で協業へ

【材料】パイオニアは3日ぶり反発、米エヌビディアと自動運転車開発プラットフォームへの対応で協業へ … 改めて自動運転関連として関心が高まっているようだ。 … 軽量・低コストな3D-LiDARの開発を進めており、今年9月から国内外の自動車メーカーやICT(情報通信技術)関連企業などにサンプル供給を開始している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
検索の百度、自動運転技術の開発にアクセル

インターネット検索中国最大手の百度(バイドゥ)が自動運転技術の開発を加速する。国家プロジェクトの認定をこのほど取得し、提携する国内自動車大手と組んで2018年に商用で実証試験し、19年からは乗用車にも広げる。ネット銀行、人工知能(AI)スピーカーにも参入するなど多角化を進めて検索依存から脱却し、騰訊 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
福岡でモーターショー開幕 2年ぶり、AI搭載EV試作車など新技術展示 ルノー、ボルボも

九州最大の自動車展示会「福岡モーターショー2017」が15日、2年ぶりに福岡市で開幕した。18日まで。トヨタ自動車をはじめとした国内外のメーカーが参加し、人工知能(AI)といった最新技術を搭載した試作車のほか、新型車やバイクを含めて計200台以上を出展。試作車の一部は実際に乗り込むことができるなど、来場者 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
サムスン電子、米向けOS開発社と提携

サムスン電子は、米国の向けOS(基本ソフト)開発会社のレノボ(Renovo、中国のIT業者レノボとは別会社)と提携し、自動運転車の開発を加速させる。 米シリコンバレーに本拠を置くサムスン電子戦略革新センター(SSIC)が、レノボが開発したOS「AWare」を… 関連国・地域: 韓国/米国. 関連業種: 自動車・二輪車/IT・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【報ステ】『AIの目』…自動運転のカギ握る半導体

東京都内で14日、自動運転の実証実験が行われた。公道を無人の … 自動運転のカギを握るのは、大量の画像データを高速で処理できる半導体で、『AIの目』とも言われている。AIがや … トヨタやアウディなど自動車メーカーが相次いでエヌビディアとの提携に踏み切り、その時価総額は12兆円を超えている。ジェンスン・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
検索の百度、自動運転技術の開発にアクセル

インターネット検索中国最大手の百度(バイドゥ)が自動運転技術の開発を加速する。国家プロジェクトの認定をこのほど取得し、提携する国内自動車大手と組んで2018年に商用で実証試験し、19年からは乗用車にも広げる。ネット銀行、人工知能(AI)スピーカーにも参入するなど多角化を進めて検索依存から脱却し、騰訊 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「テスラ、自動運転用に独自のAIチップを開発へ イーロン・マスクが語った構想の思惑 WIRED.jp」など、2017年12月12日     ニュース

ニュース
テスラ、自動運転用に独自のAIチップを開発へ イーロン・マスクが語った構想の思惑

テスラが自動運転技術を進化させるために人工知能(AI)のチップを独自開発していることを、イーロン・マスクが明らかにした。新チップによってクルマ自動運転 … 野心的なプロジェクトを加えた。テスラのクルマは将来、自社設計のチップを用いて自動運転の人工知能(AI)ソフトウェアを動かすことになるだろう、というのだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマの「完全自動運転」でなくなる職業・モノ全リスト

日産とホンダが開発するのは6段階中の「レベル4」で、運転はすべて自動。ハンドルやブレーキはついているが、ほとんど「飾り」に近い。 自動運転車が公道を走る日は、もっと早く訪れるかもしれない。日本政府は、「東京五輪」をメドに技術開発を急いでいて、五輪の来場者を乗せるバスやタクシーを「ドライバーレス」にすると宣言 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
インテルが買収した自動運転技術イスラエル企業「Mobileye」…シャシュア CEOとは何者か

1999年にイスラエルで設立されたモービルアイは、自動走行の中心的な技術となる「先端運転支援システム」(ADAS)を世界に先駆けて開発した企業だ。 ADASは、車線を離脱したり、歩行者や前方車両との追突の危険性があった際に警告してくれる「インテリジェント安全装置」である。モービルアイのADASは、前方車両と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
OKI、アヴネットとAI搭載の高度自動運転技術開発向け新型プラットフォームを共同開発

新型プラットフォームは、『AD(自動運転)はADAS(先進運転支援システム)の単純延長ではない』、かつ「コンパクト設計」の実現というコンセプトのもと開発されました。車載電子システムの機能安全要求レベルASIL-C(注7)に対応したMPSoCを2個搭載し、1つ目で多数のセンサー情報を処理して人物、車両、障害物の検出を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車、統合機運 国有大手3社が戦略提携 EV開発強化、外資に対抗

戦略提携で「国家チーム」を組むことによって、EV、人工知能(AI)、自動運転といった最先端分野の研究・開発力を高めると同時に、海外展開を加速し「中国ブランド」の国際化を … 国内メーカーにEVなど次世代技術の開発を奨励し、世界市場で主導権を握ることを目指す。3社の合併構想はそのための一手との見方が強い。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「カーシェアリング」参入 会員募集

交通エコロジー・モビリティ財団によると、国内の個人向けカーシェアリングの車両は、2010年の1265台から、15年は1万6418台と13倍に増加。日産は「シェアリングは今後確実に広まる。新車販売に与える影響もゼロではない」として、に対する需要が「保有」から「利用」へと変化する中、これまで中心だった新車販売以外 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
中国のAIは”大したことはやってない”のか

ディープラーニングを行っているわけではないため、正確にはAIとは言えないのだが、レーザーを照射して周辺の対象物を検出・測距するという、自動運転でも使われる技術を用いている。 この自動運転車を走らせているのは、大手ECコマース会社・京東。日本でいうAmazonのような企業で、注文された商品を無人で届けよう …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ボルボが目指す死傷者ゼロ、可能性が大きくなる1台…西村直人【カーオブザイヤー2017-18】

2020年までに新しいボルボでの交通事故による死亡者や重傷者の数をゼロにする」これはボルボが掲げている安全思想「Vision2020」の大きな目標です … 2017年、一気に注目度が高まった自律自動運転技術に関してもボルボは積極的ですが、XC60では全モデルを通して要素技術である「パイロットアシスト/運転の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【特集】「人工知能」関連に物色人気再燃の兆し、政府がAI用新型半導体支援<注目テーマ>

自動運転車、ロボット、バイオ創薬、ドローン、フィンテックなど市場の有力テーマである技術系分野において、AIはそれらに横ぐしを通すように密接に絡み、 … 打ち出しているが、直近、読売新聞などを通じて、自動運転車やロボットに搭載するAI向け新型半導体の開発支援に乗り出すことが伝わり、関連株を強く刺激している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
Tesla、独自のAIチップを開発中。イーロン・マスクが語る

ますます進化を続けるTesla(テスラ)の電気自動車ですが、CEOとして会社を率いるイーロン・マスク氏によれば、なんとTeslaは独自のAI(人工知能)チップを開発中だというのです。 マシンラーニング関連のカンファレンス、Neural Information Processing Systems(NIPS)に登壇したマスク氏は、「Teslaはソフトウェアやハード …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
統合機運 国有大手3社が戦略提携

3社はそれぞれ日系メーカーと合弁会社を設立するなど中国自動車産業の中核を担ってきた。しかし、売り上げの大半を合弁相手のブランド車に依存しており、独自ブランドの販売では精彩を欠いているのが実情だ。戦略提携で「国家チーム」を組むことによって、EV、人工知能(AI)、自動運転といった最先端分野の研究・開発力 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【GTC Japan 2017】トヨタやホンダも参加するNVIDIAの技術カンファレンスが開幕

GTC Japan 2017は、GPUテクノロジーに関わる人に向けて研究開発やビジネスに関連したセッションやトレーニングが用意されるイベント。カンファレンスセッションとしては、ディープラーニング、AI(人工知能)、GPU、HPCなどさまざまなテーマがあるが、自動車関連も充実したものとなっている。 同社のGPUはAIエンジンとして …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【電子版】17年の半導体製造装置市場、過去最高の559億ドルに SEMIが見通し

米SEMI(カリフォルニア州)は12日、2017年の半導体製造装置の世界販売額が前年比36.5%増の559億ドルとなり、過去最高を更新する見通しだと発表した。ITバブルだった00年に記録した477億ドルを初めて超える。世界の半導体市場が自動車やIoT(モノのインターネット)、AI(人工知能)、医療などで拡大し、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
フォードとアリババが戦略提携 スマート自動車開発でも協力

フォードとアリババは、多様な分野で戦略的に提携することで合意した。共同でスマート自動車の開発にも取り組み、人工知能、スマート移動サービス、デジタルマーケティングなどでも協力する。12月8日、中国… ご覧頂いている記事は、有料購読記事となります。 日本未公開の業界別情報を中心に、以下コンセプト沿った記事を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
統合機運 国有大手3社が戦略提携

3社はそれぞれ日系メーカーと合弁会社を設立するなど中国自動車産業の中核を担ってきた。しかし、売り上げの大半を合弁相手のブランドに依存しており、独自ブランドの販売では精彩を欠いているのが実情だ。戦略提携で「国家チーム」を組むことによって、EV、人工知能(AI)、自動運転といった最先端分野の研究・開発力 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「ボルボ 数万台規模の自動運転対応車をウーバーに販売することに合意 ニコニコニュース」など、2017年11月26日     ニュース

ニュース
ボルボ 数万台規模の自動運転対応をウーバーに販売することに合意

このベース車両には、ウーバーが独自の自動運転テクノロジーを追加する際に必要なさまざまな安全技術、システムの多重化技術、および中核技術が組み込まれている。 「ボルボとのパートナーシップの拡大に対して非常に興奮しています。今回の新たな合意は、自動運転車両の大量生産への道を開くことになります」と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
官民一体で「自動運転」開発の中国がグーグルを超える日

しかし、様々な問題があるにせよ、自動運転分野での中国の成長は確実だというのがアナリストらの見方だ。「中国政府は他の国に比べ、強力な意思決定力と実行力がある」と上海交通大学のYang Ming教授は述べる。「国内で築き上げたテクノロジーと政府の支援により、中国の自動運転の実用化が進むことは確実だ」とMing …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ボルボ 数万台規模の自動運転対応をウーバーに販売することに合意

2017年11月21日、ボルボ・カーズは、アメリカのライドシェアサービス企業のウーバー(Uber)テクノロジーズへ、2019年から2021年までに数万台の自動運転対応のベース車両を … 今回の新たな合意は、自動運転車両の大量生産への道を開くことになります」とウーバー自動車提携部門トップのジェフ・ミラー氏は語っている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
官民一体で「自動運転」開発の中国がグーグルを超える日

ここから予測できるのは、中国では2025年までに自動運転機能を持つ車両や関連サービスの市場が1140億ドル(約13兆円)規模に成長することだ。調査企業86 Researchはバイドゥが、自動運転関連 … 提携パートナーにはダイムラーやエヌビディアらも含まれている。バイドゥは自社の技術を提供する見返りに、企業から走行 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「アップルの研究者、自動運転の新しい物体検知技術をネットで公開 ロイター」など、2017年11月22日     ニュース

ニュース
アップルの研究者、自動運転の新しい物体検知技術をネットで公開

自動運転車は周囲を認識する際、通常の二次元カメラと、光により奥行きを検知するセンサー技術「LiDAR(ライダー)」(光による検知と測距、Light Detection and Rangingの略)とを組み合わせて利用していることが多い。これらの機能が奥行きに関する情報を供給する際、解像度が低いと、リアルタイムでつながっている通常 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
誰も「自動運転」を正確に定義できない 自動運転機能の多様化が生む混乱

独立系シンクタンクEno Center for Transportationの政策アナリストであるグレッグ・ロジャースは、「日常的には『自動化されたクルマ』『自動運転車』『自律走行』 …. ライマーは「運転の自動化には、技術が人間をサポートできるようにどうやってそれを開発していくかという、エンジニアリングというよりはむしろ行動学的な側面が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
12月に都内初、公道で自動運転車実証実験 公共交通充実の杉並区なぜ協力?

昨今、自動車産業に新たな技術革新の波が押し寄せています。特に、高齢化・人口減少時代を迎えて注目されているのが自動運転技術です。 高齢者になると、どうしても判断能力や反射神経が衰えてしまうため、不慮の交通事故を起こしやすくなります。そのため、免許を自主返納する高齢者もいます。そうした動きが広まる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Volvo、Uberに自動運転用のベース車両を数万台規模で供給

Uber社は供給されたベース車両に独自の自動運転システムを組み込む。ベース車両は、この自動運転システムを追加するために必要なコア技術と、安全性や冗長性を備えている。 Volvo社は、Uber社の自動運転車とは別に、同じベース車両を用いて独自の自動運転システムの開発を進めている。この自動運転車は、2021年 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日中経済協会 中国政府幹部と次世代自動車めぐり意見交換

中国を訪れている日本の経済界の訪問団は22日、中国政府の幹部と会談し、世界の自動車メーカーが次世代のとして開発を進めている自動運転車技術 … この中では、自動ブレーキなど交通事故の防止も期待される自動運転技術や、インターネットと接続するコネクテッドカーなど、次世代の自動車をめぐって意見が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
積雪時の自動運転は電磁誘導線や磁石を読み取れるか—実証実験へ

国土交通省は、道の駅「かみこあに」(秋田県北秋田郡上小阿仁村)で、路面積雪時の電磁誘導線や磁石の読み取り性能を検証する自動運転サービスの実証実験を12月3日から開始すると発表した … 今回の実験では、路面積雪時の走行における埋設された電磁誘導線や磁石の読み取り性能など、路連携技術を検証する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
パナソニックが自動運転車両走行の実証実験を開始

パナソニックは、これまで社内の車両試験場(神奈川県横浜市)や京阪奈地区構内(京都府相楽郡精華町)、門真地区構内(大阪府門真市)で検証を重ねてきた自動運転技術を用いて、今回初めて公道に準じる環境で自動運転走行システムの検証と、自動運転EVコミューターの実用化に向けた有効活用の検証も行う。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
高機能除雪開発へ 国交省 作業員の高齢化で省力化図る

位置情報の精度などの課題を検証し、数年内の実用化を目指す。将来的には自動ブレーキなどの自動運転技術を搭載することを検討している。 除雪の操作には、積雪で見えにくい障害物の回避など熟練した技術が必要となる。しかし除雪の作業員のうち、61歳以上の人の割合が1998年の3%から、2015年には19%まで …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
12月3日から自動運転実験 徳島・三好、モニター募集 2017/11/22 09:54

12月3日から自動運転実験 徳島・三好、モニター募集 国土交通省四国地方整備局は21日、三好市西祖谷山村で計画している自動運転実証実験を12月3~9日に行うと発表した。乗車を希望するモニター100人を募る。 実験に用いるのは、自動運転技術開発を手掛けるアイサンテクノロジー(名古屋市)がトヨタの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「完全自動駐車」技術、日立3社が開発 実用化は20年代前半

日立製作所は専用駐車場で完全自動走行し駐車する「自動バレーパーキングシステム」の基本技術を開発した。管制センターとが遠隔から無線で必要な情報をやりとりし、安全な自動駐車を実現する。日立が得意とする情報通信技術や鉄道向け運行制御技術を応用した。2020年代前半の実用化を目指す。運転手の操作が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
百度の李彦宏会長兼CEO、自動運転バスが計画前倒しで2018年には量産に

検索エンジン百度の李彦宏会長兼CEOは16日、「バイドゥ・ワールド・コングレス2017」で人工知能(AI)分野の最新動向について、「百度自動運転車の量産化計画 … そして、この歴史的任務を担うことになるのが、来年7月末に百度とバス車両メーカーの金龍客車が提携して生産する自動運転小型バス「阿波龍(アポロ)」だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「ウーバー、ボルボ車2万4000台購入で合意-自動運転技術を搭載へ ブルームバーグ」など、2017年11月21日     ニュース

ニュース
ウーバー、ボルボ2万4000台購入で合意-自動運転技術を搭載へ

米配車サービスの ウーバー・テクノロジーズは、スウェーデンの自動車メーカー、ボルボ・カーズのスポーツタイプ多目的(SUV)2万4000台を購入し、自動運転車とすることで同社と合意した。 ボルボは20日、SUV「XC90」が2019-21年の間にウーバーに出荷されると文書で発表。ウーバーとしては初の商用購入となる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車の機械式駐車場設備 初の産学共同研究

自動運転車の実用化に向け、群馬大と輸送機器メーカー「新明和工業」(本社・兵庫県宝塚市)は二十日、自動運転車で安全に利用できる機械式駐車場設備の共同研究をスタートすると発表した。完全自動運転車が社会に普及するには、関連のインフラ整備が不可欠として、自動で入出庫するための技術開発などに取り組む。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Uber、自動運転車開発に向けボルボ2万4000台を購入へ

20日に発表された契約に基づき、Volvoは、同社が社内開発したモジュール式の「Scalable Product Architecture(SPA)」を採用して特別に開発したプレミアムSUV「XC90」をUberに供給する予定だ。「ベース車両には、Uberが独自の自動運転技術を追加するために必要となる、すべての安全性、冗長性、自動運転の中核技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「AndroidおよびLinuxは脆弱なOS」 – 自動運転車市場での存在感を示すBlackBerry

自動運転技術の進化に伴い、ECUの主役化が進むと、複数のECUを単一のドメインコントローラーに統合するドメインコントロールが重要となり、ECUには、「安全性」と「リアルタイム性」が求められるようになる。さらに、単一のドメインコントローラーに隣接する異なる機能およびOSが統合される場合、選別・分離・フルセキュリティ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車7社の研究開発費、今期は全社が前期超え EVや自動運転を加速

自動車大手7社が研究開発費を積み増している。平成30年3月期の通期計画では全社が前期実績を上回り、三菱自動車の20%増をはじめ、スズキとSUBARU(スバル)、マツダの3社も2桁増を見込む。環境規制を視野に入れた電気自動車(EV)などの次世代や、自動運転につながる先進安全技術の研究開発を加速する …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
中山間地域の自動運転実験—積雪の秋田・小阿仁村と観光地の徳島・三好市で

地中に電磁誘導線と磁石を埋設し、積雪時には誘導線に従って走行する「路連携技術」をテーマとする実験。埋設された磁石の配置パターンで、停止や加減速を行う。残りの区間は運転手は監視するだけで、約2.8kmのうち200mについては、運転手不在で自動走行して、運転手は助手席に乗車する。自動運転平均 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
中国・百度の自動運転バス、来年に大量生産の見込み―中国メディア

百度会長の李彦宏氏は大会で、現在、自動運転技術はすでに成熟し、来年7月に百度と金龍客車の協力の下で生産された自動運転小型バスの大量生産を実現する見込みであると指摘した。その他にも、百度は江淮汽車、北京汽車などのパートナーと連携しさらなる多くの自動運転車を開発しようとしている。新華社が16日付で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
秋田で積雪時の自動運転実証、貨客混載で農産物配送

ヤマハ製の7人乗り自動運転車両を用い、あらかじめ路面に敷設された電磁誘導線に沿って実験車両を誘導。 … 積雪時の電磁誘導線や磁石読み取り性能の検証、電磁誘導線の整備、維持管理コスト車両の維持管理コスト、自動運転技術への信頼性、乗り心地運転手不在に対する心理的影響――などについても確かめる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産「セレナ NISMO」(車両形式:DAA-GFC27/クローズド試乗)

11月21日に発売された「セレナ NISMO」は2WD(FF)の「ハイウェイスター」をベースとし、高速道路における単一車線での使用を前提とした自動運転技術「ProPILOT(プロパイロット)」、LEDヘッドライト、ハンズフリーオートスライドドア(両側)などを標準装備。ボディサイズは4805×1740×1850mm(全長×全幅×全高)、ホイール …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【新車】980万円~1680万円の高級でも激売れ!? レクサスLSが発売1カ月で約9500台の受注を獲得

【新車】980万円~1680万円の高級でも激売れ!? レクサスLSが発売1カ月で約9,500台の受注を獲得(http://clicccar.com/2017/11/21/533717/). 【関連記事】【LAオートショー2017】レクサスRXに3列シート仕様のロングバージョンを追加【東京モーターショー2017】トヨタ自動車が本格自動運転搭載のレクサス「LS+」を公開!
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
起亜自動車、学習するAIチャットボット「Kian」を発表

また、起亜製の自動車を他社の競合車種と比較するほか、最寄りのディーラーを見つける手伝いもしてくれる。 せっかくの人工知能(AI)や自然言語処理を、起亜はもう少し有意義なことに使えないものかと思うかもしれない。しかし、Kianは今のままでもそれなりに意味がある。誰にでもディーラーへ足を運ぶ暇があるとは限ら …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタが米工場にコスト削減要請-日本製カムリ販売の方が利益出る

トヨタ自動車は人気セダン「カムリ」を生産する米ケンタッキー州ジョージタウン工場(TMMK)の従業員に、不吉な警告を発した。今すぐコストを削減しなければ、不確かな未来が待っている-。 ブルームバーグ・ニュースが入手した2分半の従業員向けビデオメッセージによると、TMMKを7年余り統括してきたウィル・ジェームス …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【ニュース解説】《アクセル踏むEV》開発競争加速、再編の呼び水に 各国も後押し (1/5ページ)

電気自動車(EV)市場が「加速」している。先般開催された東京モーターショーでも、メーカーが最先端の技術をつぎ込んだ試作車を相次ぎ出展。世界的な環境規制の広がりが各社を追い立てるなか、開発競争が激しくなる一方で、業界大再編の導火線となる可能性もある。 ホンダは新たに開発したEV専用の車台を使った試作 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ボルボ、自動運転車をウーバーに納入へ 2万4千台前後

両社は16年に自動運転車の共同開発で提携。ボルボのスポーツ用多目的(SUV)「XC90」をベースにした自動運転車に、ウーバーが開発したソフトウェアなどを使って走行試験などを進めてきた。今回ウーバーが購入を決めた車両はサービスに使うもので、提携関係を開発から実用化に進める。運転をに完全に任せられる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Uber、自動運転車開発に向けボルボ2万4000台を購入へ

金銭的条件は公表されていないが、2万4000台の車両に対して10億ドル以上が支払われると報じられている。この大規模契約により、Uberは、自動運転車を消費者に提供するための過密競争の中で、水準を維持することができるだろう。 VolvoとUberが最初に提携したのは2016年8月のことだ。近年、新しい自動運転車市場 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「合流地点でも”かなり運転の上手なドライバー”、日産の自動運転を体感 日経テクノロジーオンライン」など、2017年11月20日     ニュース

ニュース
合流地点でも”かなり運転の上手なドライバー”、日産の自動運転を体感

日産自動車が2020年以降の実用化を目指す自動運転実験の公道試験を開始した。「Infiniti Q50(日本名:スカイライン)」をベースとした実験で、自動運転技術「ProPILOT(プロパイロット)」の新世代版を搭載する。カー・ナビゲーション・システムを設定すると目的地まで、一般道と高速道路を含むルートを自動運転で走行 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
VWグループ、電動車両自動運転に大型投資…340億ユーロ以上

フォルクスワーゲングループは11月17日、2018~2022年末までに、電動車両自動運転、新しいモビリティサービス、デジタル化に340億ユーロ(約4兆5000億円)以上を … フォルクスワーゲングループのマティアス・ミュラーCEOは、「既存の技術車両プロジェクトを進めながら、デジタル化、自動運転、電動モビリティ、新しい …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転「AIの街」育ち アセントロボ、実車不要に

アセントロボティクス(東京・渋谷)は「レベル4」の完全自動運転車を実現するAI開発を手掛ける。実際の道路で起きうる状況をAIが3次元 … 創業者で技術責任者のチーフアーキテクトを務めるフレッド・アルメイダ氏(46)は、開発したソフトウエア「ATLAS(アトラス)」についてこう説明する。アトラスは自動運転車用のデータ生成 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
英予算案、自動運転車や電気自動車の開発促進へ

ロンドン 19日 ロイター] – ハモンド英財務相が22日発表する予算案には、自動運転車、電気自動車、人工知能(AI)、通信網の開発促進策が盛り込まれる。 英財務省が19日、明らか … 万ポンドを投じる。 コンピューターサイエンスの教員8000人の増員に1億ポンド、デジタル技術・建設技術の改善に7600万ポンドを投資する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
富士通テンからデンソーテンへ…自動運転実現の一端を担うデンソーテンのポテンシャルとは?!

また、前方のクルマに一定の距離でついていく車間自動制御システムや、衝突を予測して警報やブレーキを自動でコントロールする衝突時被害低減システムに応用されるミリ波レーダー、さらには、車両の全周囲を様々な視点から“立体的”な俯瞰映像で確認できるマルチアングルビジョン TM等のセンシング技術も開発してきた。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ボルボ、自動運転による輸送ソリューションの研究成果を発表…鉱山や港湾で試験走行

すでに鉱山や採石場のような場所において、自動運転車が試験走行し、業務をこなすことに成功。次の段階として、港湾や高速 … ボルボグループのマルティン・ルンドステット社長兼CEOは、「この技術は、間違いなく将来の製品に影響を与え、未来のスマートな社会を発展させる可能性を秘めている。安全性は最大の関心事で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
バイドゥ、自動運転ミニバスの生産と試験運用を2018年に開始へ

NetEaseの報道によると、中国検索大手の百度(バイドゥ)は自動運転ミニバスの小規模生産と試験運用を2018年7月に開始する予定だという。 … 小規模生産と試験運用を行った後、バイドゥは2019年に中国の自動車ブランドであるJAC Motors、BAIC Motorと、2020年にはChery Automobileと協力して自動運転車をローンチ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Element AI が、SKテレコム、現代自動車、ハンファと4500万米ドルのAIファンドを設立

今回の新しい共同投資パートナーシップを通じて、Hanwha Asset Managementの投資ノウハウが、戦略的パートナーである現代自動車とSKテレコム、ならびにElement AIのAI分野における技術やノウハウと組み合わさります。今回のパートナーシップを通じて、既存産業でのイノベーションを推進するAI、自動運転、フィン …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
シミュレータの活用でAIの教育を50倍以上効率化する「ATLAS(アトラス)」、β版をローンチ——2020年 …

… 4 自動運転の実現を目指す。DeepMind、Waymo、Uber らが主戦場とする欧米と比べ、日本やアジアでは道路環境が大きく異なることから、Ascent Robotics では、特に道幅が狭く人通りが多い日本の道路環境に対応可能なレベル 4 完全自動運転車を早期に作ることで、世界的にもこの分野で先んじることを期待している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
~中古買取×インターネット・ライブオークションのカープライス~ 「東京モーターショー2017」潜入レポート!

最先端のIT技術を活用した日本初のインターネット・中古ライブオークション事業を展開するカープライス株式会社(本社:東京都杉並区、代表取締役:梅下直也・林耕平、以下「当社」)は本日、「第45回東京モーター … 話題のキーワード「AI」「電気自動車」「自動運転」などが存分に盛り込まれており、見応えは十分でした!
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
英予算案、自動運転車や電気自動車の開発促進へ

ロンドン 19日 ロイター] – ハモンド英財務相が22日発表する予算案には、自動運転車、電気自動車人工知能(AI)、通信網の開発促進策が盛り込まれる。 英財務省が19日、明らかにした。 同相は、予算案を通じて政権の支持率を高めたい意向だが、欧州連合(EU)離脱決定が経済の重しとなっており、選択肢は限られて …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Element AI が、SKテレコム、現代自動車、ハンファと4500万米ドルのAIファンドを設立

Element AIは、画期的な人工知能ソリューションをエンタープライズ企業に提供し、AIにおける最良のノウハウと企業家を組み合わせることにより、あらゆる組織において最先端の次世代AIを実現しています。Element AIは、カナダのケベック州モントリオールに本社を置き、BDC Capital、Data Collective、Fidelity Investments …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「自動運転の実現の鍵を握るのは実はメガサプライヤーだ! コンチネンタルの描く自動運転の一里塚 MotorFan[モーターファン] 」など、2017年11月18日     ニュース

ニュース
自動運転の実現の鍵を握るのは実はメガサプライヤーだ! コンチネンタルの描く自動運転の一里塚

電動化技術と並んで加熱する自動運転技術の開発競争にあって、ひときわ輝きを放っているのがメガサプライヤーたるコンチネンタルである。ESC(エレクトロニック・スタビリティ・コントロール)が単なる車両安定制御という一義的なものから、車両統合制御に進化を遂げていく過程で、開発の主導権がOEM先である自動車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
EVや自動運転に4.5兆円=独VWが投資計画

【フランクフルト時事】ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は17日、電気自動車(EV)や自動運転といった新技術分野への投資計画を発表した。2018年から22 … ガソリンから環境に優しいへの転換を目指す中国などの動きを踏まえ、EVや家庭でも充電可能なプラグインハイブリッド(PHV)の開発に多くの資金を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
最新技術が満載! ハイテクSUV10選

緊急時に自動的にブレーキを作動させる機能をはじめ、歩行者やサイクリストを検知する機能、右折時に対向を検知する機能などボルボ自慢のさまざまな安全 … 走行レーンを維持するアクティブレーンアシスト、高速道路での渋滞時に加減速、ハンドル操作をアシストするトラフィックジャムアシストなど、数々の運転支援機能を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
インドNo.1スズキ、トヨタEV投入へ 2020年めどで合意 成長市場に盤石のシェア強化

… しました。両社は今年2月6日に、次世代エコカーや自動運転技術といった幅広い分野において業務提携することで合意し、具体的な協業の内容について検討を進めていました。 … 具体的には、スズキがインド市場向けに生産するEVに対し、トヨタが技術的支援を行ったうえで、車両の供給を受けるとのことです。これに加え、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
諏訪東京理科大、来春の公立化決定 24日に設立認可

機械電気工学科は新たに「先進自動車」を掲げ、次世代の衝突防止技術や電気自動車(EV)用リチウムイオン電池の研究を手掛ける。情報応用工学科ではAIとネット社会を実現するIoTが主な新規テーマ。「機械学習」と呼ぶAIの手法で受注予測システム、脳の神経回路の仕組みをまねたネットセキュリティー技術自動運転 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
VW、新技術に4兆円投資 18~22年、EVや自動運転

【ボン共同】ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は17日、電気自動車(EV)や自動運転車の開発に2018~22年に340億ユーロ(約4兆5千億円)を超える投資を行う計画を発表 … 15年に発覚した排ガス規制逃れ問題でディーゼルエンジンの将来性が疑問視される中、VWは巨額投資で新技術に軸足を移す方針だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
各社、EV投入前倒し 中国、19年に新環境規制

モーターショーでも、中国自動車大手、北汽集団が人工知能(AI)を組み込んだEV「LITE」を出展するなど地場メーカーの攻勢が目立った。騰訊(テンセント)や百度(バイドゥ)などビッグデータ、AIなど最先端技術の研究で世界水準にある中国ネット大手と共同開発するケースも多く、官民一体となり外資に対抗する戦略が鮮明に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「GMは「低コストなLiDAR」のスタートアップを買収し、自動運転の「重要なピース」を手に入れた WIRED.jp」など、2017年11月17日     ニュース

ニュース
GMは「低コストなLiDAR」のスタートアップを買収し、自動運転の「重要なピース」を手に入れた

自動運転の鍵となる技術をもつスタートアップ、Strobeを買収したのだ。 これにより、GMが2016年3月に買収した自律走行のスタートアップCruise Automation …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
広州モーターショー、主役は新エネ 日本勢も積極姿勢

同時に自動車の制御技術の進歩も著しい。自動運転技術を手がけるネット検索大手の百度の李彦宏会長は16日の自社イベントで、国内メーカーと協力して18 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ホンダ、突破口は社外から ソフトバンクと「つながるクルマ

ホンダ、突破口は社外から ソフトバンクと「つながるクルマ」 … ホンダは16日、第5世代「5G」と呼ぶ次世代の高速通信技術を使うコネクテッドカー(つながる) … 外部依存を強めるのは自動運転、電動化といったを取り巻く環境変化に単独で対応し …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
時代遅れの規制で電気自動車が行き詰まる

米ペンシルベニア州ピッツバーグで公道走行実験に臨むウーバーの自動運転車。 … ICタグの技術は新しいものではない。20年ぐらい前にも「ユビキタス」などと …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「空飛ぶ自動車」の開発企業Terrafugia、ボルボ親会社の中国企業Geelyが買収

すでにGeelyの支援を受け、技術者チームの規模を3倍に拡大させている。 … なお、空飛ぶ自動運転車はTerrafugia以外に、AirbusやAeroMobilも実現を目指し …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【日本自動車殿堂】2017-18イヤーカーはホンダ N-BOX に決定

より洗練された孤高の北欧調スタイリング、15 種類以上の運転支援技術を標準装備し、EV 自動運転を見据えた新世代プラットフォームの数々の優れた特徴が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
効率倍増、放射線にも強い、NECが独自FPGA事業化

自動運転車、パーソナルモビリティー、超小型EV、自動搬送(AGV)、ドローン…。これらのモビリティー機器を形作る各種の要素技術の最新動向を、日経 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
コンチネンタル、最新のHUD(ヘッドアップディスプレー)をリンカーンに供給開始

コンチネンタルは、デジタルマイクロミラーデバイス(DMD)技術を搭載したヘッドアップディスプレー(HUD)の生産を開始 … このようなドライバーと車両の直感的な相互作用は、自動運転実現に向けた重要なステップだ、とコンチネンタルは考えている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【見解】EVシフト、世界の潮流に 経済部・具志堅聡

自動車メーカーのトップらが経営戦略や未来の作りについて語る場でもある。 … 先行する日産自動車は完全自動運転を実現するEVなどを披露。 … また、自動車メーカーをトップとする産業構造は、高品質な技術やコスト削減を実現する源泉となっ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
テスラ、電動セミトラックを発表 スポーツカーの新モデルも

… な貨物輸送を提供するというマスク氏の構想の一環。同氏は、このトラックの定価を示さず、維持費はディーゼルより安くなるほか、自動運転技術を利用する …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
主役はEV 中国新規制で計画前倒し

中国政府は自動車各社に一定割合で新エネ車の生産を義務付ける新規制 … モーターショーでも、中国自動車大手、北汽集団が人工知能(AI)を組み込ん …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ホンダ・ソフトバンク

ホンダとソフトバンクは自動車用の人工知能(AI)技術でも共同研究を進める。自動車自体がAIによる「感情」を持ち、運転手の気持ちを推し量るなど高度な …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【CES 2018】トヨタ、プレスカンファレンスを予定…日本の自動車メーカーで唯一

人工知能(AI)が可能にした「人と会話できる車」を提案していた。 … からの予定。日本の自動車メーカーでプレスカンファレンスを行うのは、トヨタが唯一となる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ホンダ、突破口は社外から ソフトバンクと「つながるクルマ

八郷社長はグラブとの提携について「所有を前提としない新しい売り方を学ぶため」と話す。外部依存を強めるのは自動運転、電動化といったを取り巻く環境変化 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
中国 広州モーターショー開幕 EVモデル競う

このうち地元、広東省の「広汽自動車」はIT企業と提携して、の中のパネルでメッセージをやり取りしたり、自動運転の間に映画を見たりできる電気自動車の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

自動運転で浮上する「人間の責任」という難題 ボルボの新モデルで改めて浮き彫りに WIRED.jp

自動運転で浮上する「人間の責任」という難題 ボルボの新モデルで改めて浮き彫りに

レヴェル2でどの程度の自動運転を実現してから、人間の介入が不要なレヴェル4に移行する計画なのか、ボルボの技術者たちは明言しなかった。しかし、XC60の …

ボルボの快進撃つづく……!新型トラックは高度運転アシストが標準装備になると発表 ギズモード・ジャパン

ボルボの快進撃つづく……!新型トラックは高度運転アシストが標準装備になると発表

ボルボは去年、自動運転トラックの試験運転ビデオも発表しています。自動運転技術は少しずつ積み上がっているようですが、トラック・ドライバーたちからすると …

ボルボがエヌビディアと提携し自動運転車を2021年に発売する方針と発表 エコノミックニュース

ボルボがエヌビディアと提携し自動運転車を2021年に発売する方針と発表

既に自動運転技術は徐々に各車に搭載が開始されている。ただし完全自動運転可能なレベル4段階の実用化には至っておらず、各社が開発に鎬を削っている。

完全無人運転を要望するフォード、グーグル、ウーバー、リフト、ボルボ

政府に対し「完全無人運転」の実現を妨げないよう要望書を改めて提出したという2016/11/23の日経の記事をみつけた。
フォードやグーグル、完全無人運転実現へ規制緩和要請 

フォード、グーグル、ウーバー、リフト、ボルボ

この5社は、無人運転車の開発に自信があるのだと思う。

そして、企業成長に向け無人運転車がカギを握るのだと思う。