「「世界最高」性能の自動運転車向けライダーを実現、測定距離が2倍に @IT MONOist」など、2018年3月6日     ニュース

ニュース
「世界最高」性能の自動運転車向けライダーを実現、測定距離が2倍に

東芝は2018年3月5日、自動運転システムのセンサーなどに用いられるライダー(LiDAR:Light Detection and Ranging)向けの計測回路技術を開発したと発表した。従来の車載用ライダーと比較して測定可能距離が2倍となる200mを実現しており、その性能は「世界最高」(同社)だという※)。今後は、さらなる測定距離の延伸 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日本郵便、公道で自動運転実験 都心で2キロメートル

日本郵便の担当者は「労働力の減少に新技術で対処したい」と話す。 実験には自動運転技術を手掛けるアイサンテクノロジーとティアフォー(名古屋市)が開発した車両を使用する。車両が自らの位置を特定できるようにするため、実験前に道路周辺の3次元データを取得する。運転時はカメラとセンサーで信号や障害物を認識し …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米・フォードが自動運転車によるピザ宅配に挑戦! 今後は無人タクシーも登場?

clicccar.com(クリッカー)
米・フォードがフロリダ州マイアミで、自動運転車を使ったピザの宅配実験をスタートさせました。 … このように、米国では自動運転技術普及の先に商品の無人デリバリーや、自動運転タクシーサービスなどが待ち受けているとみられ、日本でも早々に自動車会社が率先して新たなビジネスモデルの構築を模索する時代が訪れそう …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「ロボネコヤマト」の実証実験から、自動運転時代の「新しい宅配」のかたちが見えた

一連のサーヴィスを支えるのが、人工知能を利用した車両運行システム。宅配ドライヴァーのノウハウを取り入れながらDeNAが開発したもので、道路の混雑状況や受け取りの需要予測などを考慮しながら配送ルートなどの計画を立てる。「ドライヴァーは計画に沿って運転すればいいだけなので、高齢者や女性の雇用にも …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ベントレーはあえて「自動運転レヴェル」を上げない ライヴァルのアウディ「A8」に先を譲る理由とは

このことを考えると、この新モデルが自動運転技術のレヴェル2を超えられないのは驚きだ。レヴェル2では、車両のステアリングと速度は「1つまたは複数のドライヴァー支援システム」によって制御されるが、そのほかの運転要素は人が制御する。 ベンテイガのアクティヴレーンアシスト機能(ALA)が、人間に代わってステアリング …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
KDDIが自動運転ベンチャー「ティアフォー」に出資する理由

KDDIは3月5日、自動運転ベンチャーのティアフォー(名古屋市)と資本・業務提携を結んだと発表した。出資金額は非公開。ティアフォーは、周辺環境の認識や経路判断を担う自動運転車用のOS「Autoware」を開発したほか、無人運転の実証実験に成功している。KDDIはティアフォーの技術力を生かし、第5世代移動通信 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転支える無償ソフト OS公開、国内外で開発に活用 (1/2ページ)

運転席に人のいないのハンドルが動き、ひとりでに走った。昨年12月、愛知県幸田町で実施された全国初の公道実験。緊急時にブレーキなどを遠隔操作する以外は人が運転に関わらない「完全自動運転」で、政府が定めた自動運転のレベル区分のうち、2番目に高度な「レベル4」に相当した。技術面で中心的な役割を担った …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
コンチネンタル NVIDIA社と提携 自動運転向けAIの世界生産を目指す

また、高精細地図を取り入れ車両が地図上で自位置を特定できるようなれば、地図の更新機能も搭載する計画だ。 コンチネンタルが持つ先進運転支援システムに関する専門知識により、多機能カメラ、魚眼カメラでのサラウンドビュー、短距離、長距離のレーダーセンサー、高解像度3D LiDAR技術の他に運転支援・自動運転 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「本気モード」の自動運転、日産・DeNAとANA・SBドライブがレベル4相当を実証

自動運転技術を搭載した実験車両に一般公募した参加者を乗せ、横浜市の日産グローバル本社から周辺の商業施設を3月18日まで周回する。参加者はスマートフォン(スマホ)アプリを使って乗車する時間と場所を指定できる。検証する自動運転技術はレベル4相当。実験の運転席には担当者が座るものの、原則として …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
中国企業の自動運転車を体験した外国人記者、「不思議なことに私はまだ生きている」―中国メディア

1日、環球網は、中国の通信機器大手、華為技術自動運転車を体験した外国人記者から「不思議なことに私はまだ生きている」との言葉が寄せられたことを伝えた。 … 外国人記者のコメントはこの体験を受けたもので、同氏は「ファーウェイの自動運転分野参入を示すものではなく、同社のCPU『Kirin970』の人工知能(AI)性能 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ダイソンが開発中の「既存車と根本で異なるEV」とは

グーグルやパナソニックも自動運転実験用に電気自動車を作っている。 異業種参入の中でもインパクトが大きそうなのがアップル。正式発表ではないが、電気自動車開発プロジェクト「Project Titan」が14年に始まったことは公然の秘密だ。日本勢では、ソニーが17年10月に独自開発したAI(人工知能)対応の電気自動車の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ボルボがヴェンチャーキャピタルを設立、スタートアップ獲得競争での勝算は?

例えば、自社の製造プロセスを改善するソフトウェアやハードウェア、自動車の購入や維持に役立つイノヴェイション、人工知能、機械学習、データサイエンスの分野、またカーシェアリングの仕組みをシンプルにする可能性をもつ「マイクロトランザクション」といった分野である。 つまるところ、クルマの設計や組み立て、販売、使 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタデンソーアイシンが都内で自動運転開発を加速「従来と異なる発想で」

TRI-ADの出資金額は5000万円で、出資比率はトヨタ自動車が90%、デンソーとアイシンが5%ずつ。代表取締役CEOには、AI(人工知能)などの研究開発を行うトヨタ自動車の米国子会社Toyota Research Institute(TRI)のCTOを務めるジェームス・カフナー(James Kuffner)氏が就任する。カフナー氏は、グーグル(Google) …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
存在感を増すCVC(コーポレート・ベンチャー・キャピタル)。どんな企業がやっているのか

GVは、2009年にGoogle VenturesとしてスタートしたAlphabet、Inc.のベンチャーキャピタル部門である。ライフサイエンス、ヘルスケア、人工知能、ロボット工学、運輸、サイバーセキュリティ、農業の分野において、300社以上に投資している。(参照:Portfolio). Uber(自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリ)も投資先のひとつ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
コンチネンタル NVIDIA社と提携 自動運転向けAIの世界生産を目指す

この提携で、AI 自動運転車を開発から大量生産へと移行させるうえで、鍵となるすべての要素の準備が整いました。当社の最新の DRIVE Xavier プロセッサー、幅広い NVIDIA DRIVE ソフトウェア、そして、テスト、検証、機能上の安全性における「Cloud-to-Car」アプローチと、コンチネンタル の専門知識やグローバルな事業 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
KDDI、5G活用で共同実証実験 自動運転車OS企業と提携

KDDIは5日、センサーなどから集めた情報をもとに自動運転車を制御する基本ソフト(OS)開発のティアフォー(名古屋市)に出資し、資本業務提携したと発表した。出資額は非公表。今後、第5世代(5G)移動通信方式を活用した自動運転の実証実験などを共同で行う方針だ。 両社は昨年12月、愛知県内でティアフォーのOS「 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ホンダ、急変する自動車市場に長期戦略で挑む

独自の高効率なプラグインハイブリッドを開発の中心として取り組み、燃料電池、電気自動車の開発へつなげる。 4.先進安全技術導入への取り組み 事故ゼロ社会の実現に向けて安全運転支援システムの標準装備を順次各地域へ拡大し、自動運転技術の研究開発は外部との提携を活用したオープンイノベーションにより …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「スマートモビリティで何が起きる? 自動運転車やカーシェアが都市を変えるプロセスとは ビジネス+IT」など、2018年2月21日     ニュース

ニュース
スマートモビリティで何が起きる? 自動運転車やカーシェアが都市を変えるプロセスとは

19世紀末に登場したガソリンエンジンを備えた自動車は、20世紀初頭に大衆化し、人々の暮らしを劇的に変化させた。いま、自動車産業は大きな転換期を迎えている。電気自動車が普及の兆しを見せ、人工知能(AI)を搭載した自動車が登場し、自動運転技術競争も激化している。さらに、自動運転技術はカーシェアリングと …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
2020年の未来予測は本当に実現可能?

特に目につくのは交通システムに関する予測だ。交通技術は今、飛行機の発明以来の大転換を遂げようとしている。 自動運転車関連の技術は202年をめどに、どっと実用化されそうだ。ホンダは20年には高速道路での自動運転走行を実現すると発表。ルノー日産も、20年までに10車種以上の自動運転車を発売する計画だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
フォルクスワーゲンの電気自動車コンセプト「ID」ファミリー4番目の車種は、完全自動運転の高級セダン!

これまで公開されたI.D.ファミリーのクルマ振り返ってみると、その多くが何らかのレベルの自動運転技術を搭載しており、ステアリング・ホイールがダッシュボードに格納可能であることに気づく。つまり従来のI.D.モデルにはステアリング自体はあったわけだが、今回のI.D. VIZZIONにはそもそもステアリングがない。完全自動運転 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ジェイテクト、高耐熱リチウムイオンキャパシタなどを展示予定…国際二次電池展に初出展

この条件に対し、ジェイテクト製リチウムイオンキャパシタは独自の特許技術により室内での使用要求に適合するほか、動作時の上限電圧を制限することで105度の … 燃費規制の拡大や高度運転支援・自動運転の普及・拡大を受けて、省エネ・自動運転化に貢献するEPSの適用範囲の拡大が求められているが、大型車両へ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車分野へのブロックチェーン技術適応サービス構築をめざすカウラ株式会社とAZAPA株式会社が業務 …

ブロックチェーン・プラットフォーマーをめざすカウラ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役&CEO:岡本克司、以下「KAULA」)と、自動車分野の先進企業であるAZAPA 株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役&CEO社長:近藤康弘、以下「AZAPA」)は業務提携しました。ブロックチェーン技術適応により自動車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
スマートモビリティで何が起きる? 自動運転車やカーシェアが都市を変えるプロセスとは

19世紀末に登場したガソリンエンジンを備えた自動車は、20世紀初頭に大衆化し、人々の暮らしを劇的に変化させた。いま、自動車産業は大きな転換期を迎えている。電気自動車が普及の兆しを見せ、人工知能(AI)を搭載した自動車が登場し、自動運転の技術競争も激化している。さらに、自動運転技術はカーシェアリングと …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
三菱電機 「売上高5兆円」へバトン 杉山次期社長発表

これまでは工場のシステムのほか自動車や鉄道、発電所の部品などで、企業向けに「見えない所」で手堅く稼いできた同社。しかしあらゆるモノがネットにつながるIoTや自動運転、AI(人工知能)といった新時代の成長分野では、FA機器、自動車部品、人工衛星など同社の得意分野が生きていく。追い風が吹くなか、産業界の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車分野へのブロックチェーン技術適応サービス構築をめざすカウラ株式会社とAZAPA株式会社が業務 …

ブロックチェーン・プラットフォーマーをめざすカウラ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役&CEO:岡本克司、以下「KAULA」)と、自動車分野の先進企業であるAZAPA 株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表 … モデルベース、計測技術、新制御理論、エネルギー、IoT、人工知能(AI)、感性技術・URL:リンク
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「【岩貞るみこの人道車医】自動運転は「医者」を動かすか「患者」を動かすか レスポンス」など、2018年2月15日     ニュース

ニュース

【岩貞るみこの人道医】自動運転は「医者」を動かすか「患者」を動かすか

効果の期待できないサービスに対して、日本を代表するような技術者が時間を無駄に費やそうとしていたのかと思うと、彼らの雇用主はなにやってんだと、まさにハリセンでひっぱたきたい思いだ。もっとちゃんと市場ニーズを分析してサービスを提案できるプロといっしょに仕事させて実力を発揮させてあげようよと心の底から思った …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

グーグルとウーバーの和解が成立、自動運転技術の盗用問題

グーグル(Google)の自動運転車開発部門、「ウェイモ」が、ウーバーとその子会社を、「自動運転技術の盗用があった」と訴えている問題。この問題に関して、和解 … ウェイモは「ウーバーは、アンソニー・レバンドウスキー氏が持ち出した技術を導入して、自動運転の開発を進めている」と、ウーバーを提訴。一方のウーバーは、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

自動運転車に交通情報

政府は2018年度から自動運転車向けに交通情報を提供する。信号機に取り付けた通信機や交通管制センターから、に信号の色や色が変わるタイミングを伝える。現行の自動運転技術はカメラなどで信号の色を識別しているが、逆光時などに正確に検知できないといった課題があった。民間への情報提供を進め、自動運転の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

自動運転バス 過疎地の足に育てたい

国交省は東京五輪・パラリンピックが開催される2020年までに初歩的な自動運転技術を確立することを目指している。具体的には、(1)過疎地など限定された場所での無人自動走行(2)高速道路で有人の先頭に無人のが追随する自動走行―が目標だ。 業界は開発にしのぎを削っている。日米欧などの自動車メーカー …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

深層断面/自動運転、悪天候にどこまで耐えうるか 雪道実証進む

自動運転技術の研究が進んでいる。大手自動車メーカーなどが巨額の費用を投じて研究開発しており、人による運転が不要な完全自動走行が2020年代にも登場する見通しだ。自動運転を実現するには、悪天候でも正しく道路状況や歩行者などを認知、判断し、的確な操作が求められる。折しも国内では北陸、北日本を中心 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

ホンダ、次世代技術開発でVB協業加速 運転者向けアプリ、新興国で採用検討(動画あり)

スマホを介してさまざまな機能をに付与できるアプリとして、新興国向け車両への採用を検討する。 自動運転やシェアリングなどの次世代技術の開発を巡り、自動車メーカーとベンチャー企業が連携する動きが世界的に広がっている。人々のに対するニーズもさらに変化することが予想される。 杉本CEOは「我々が協業 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

ロモの新しい折り畳みカメラは、「正方形写真」の新たな境地を開いた:『WIRED』US版レヴュー

クルマ自動運転ソフトウェアに関していえば、バイトンは正しい動きをとっている。自動運転技術を手がけるスタートアップのAurora Innovation(オーロラ・イノヴェイション)と提携を結んだのだ。 オーロラは、グーグルがつくり上げてほぼ10年が経とうとしているこの分野へ、新たに参入した自動運転技術のスタートアップだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

ケーヒン、台場R&Dオフィス開設へ パワートレイン電子制御領域の開発強化

ケーヒンは、こうした背景を受け、エンジンの提案型・上流化開発や次世代電動の制御技術の構築など、電子制御領域の開発を強化。さらに、自動運転やコネクテッドカーなど新たな領域に関するリサーチおよび技術イノベーションを強化していく。その環境づくりのため、現在、本社(東京都・新宿)でエンジンのソフトウェア開発 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

平昌五輪の裏で起きている「通信競争」

韓国は、今回のオリンピックのテーマとしてドローンでの警備や、AI搭載の各国語通訳ロボットガイドを投入するなど、高度な情報通信技術を駆使した「ICT … 携帯電話をはじめ、ロボットや自動運転車、医療機器、多数のセンサーなど、あらゆるものがインターネットにつながり、人を介さずデータをやりとりできるようになるが、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

車載セキュリティを2020年以降に製品化、パナソニックとトレンドマイクロ

パナソニックとトレンドマイクロは2018年2月14日、自動運転車やコネクテッドカー向けのサイバーセキュリティソリューションを共同開発すると発表した。 … また、車載LAN規格として広く利用されているCANへの侵入を検知、防御するパナソニックの技術を監視用ECUに実装し、車両制御に関するECUへの不正コマンドを検知 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ウェブ

【岩貞るみこの人道医】自動運転は「医者」を動かすか「患者」

【医】技術が先か、サービスプランが先か 2018年2月5日。今年度第2回、内閣府SIP自動走行システム主催の市民ダイアログが開催された。今回のテーマは「未来社会とMaaS(Mobility as a Service)」である。いくら技術が進歩して完全自動運転の未来になっても、それを使ったサービスが展開されなければなんの意味もない。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース

自動車車両の損害額確定にAIを活用、三井住友海上火災保険

三井住友海上火災保険は、東京大学発のベンチャー企業であるArithmerと人工知能(AI)に関するアドバイザリー契約を締結した。両社は今後、共同でAI開発に … 両社の共同取り組みの第一弾として、自動車の事故画像を読み込み、損傷部位や損傷程度を瞬時に判定するAIシステムを開発した。三井住友海上火災保険は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース

「本当のスマートカー」をつくるという、中国EVブランドの挑戦 米企業との提携でテスラを超えられるか

中国の自動車ブランド「BYTON(バイトン)」が、自動運転システムを開発する米スタートアップのオーロラとの提携を発表した。 自律走行の世界への参入は遅いように見えるが、実は先行するテスラのような競合との戦いに有利に働く可能性もある。先端的な自動運転技術を搭載した電気自動車(EV)を展開しようとする、両者 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

ウェイモとUberの電撃的な和解が意味するもの 自動運転の世界に訪れた「新たな時代」の幕開け

2月9日の朝、昇ったばかりの太陽を尻目に、黎明期の自動運転業界は新しい時代に突入しようとしていた。サンフランシスコの連邦地方裁判所判事ウィリアム・アルサップは、法壇から「この訴訟はすでに過去の歴史となりつつあります」と語りかけた。 自律走行を巡る初の大型裁判として注目されたウェイモ(Waymo)とUber …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

ロモの新しい折り畳みカメラは、「正方形写真」の新たな境地を開いた:『WIRED』US版レヴュー

クルマ自動運転ソフトウェアに関していえば、バイトンは正しい動きをとっている。自動運転技術を手がけるスタートアップのAurora Innovation(オーロラ・イノヴェイション)と提携を結んだのだ。 オーロラは、グーグルがつくり上げてほぼ10年が経とうとしているこの分野へ、新たに参入した自動運転技術のスタートアップだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「WaymoとUber、自動運転技術めぐる訴訟で和解 CNET Japan」など、2018年2月13日     ニュース

ニュース

WaymoとUber、自動運転技術めぐる訴訟で和解

Waymoは2017年、配車サービス企業UberがWaymoの自動運転車開発に必要な技術に関する企業秘密を盗んだとして、Uberを提訴した。 和解の一環として、WaymoはUber株式の0.34%を取得する。この交渉に詳しい情報筋らによると、Uberの現在の時価総額である720億ドル(約7兆8300億円)から換算して、約2億4500 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

AIベンチャーが狙うクルマの「頭脳」

香港のAIベンチャーであるセンスタイムは2017年12月、ホンダと自動運転用のAIを共同開発すると発表した。武器とするのは画像認識技術。中国の公安当局が複数の都市で運用する、監視システムで使われているものだ。 中国では大都市の主要な交差点にカメラを設置して、クルマや人間の動きを記録している。センスタイム …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

鉄道の廃線跡地を自動運転サービスに活用、実証実験へ

国土交通省は、中山間地域における道の駅を拠点とした自動運転サービスとして、鉄道廃線跡地を活用して地域内の生活の足を確保する実証実験を実施すると発表した。 国土交通省では、高齢化が進行する … 車両はアイサンテクノロジーが開発した車両自律型技術を搭載した自動運転車を使う。事前に作製した高精度3次元 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

日産の新型「リーフ」を解剖する!

電動化や自動運転化――。自動車業界に変革の波が押し寄せてきている。これまで培ってきた自動車技術の本流が入れ変わり、新たな技術が勃興する。こうした時代に備えて最新の電気自動車(EV)の実力を確かめたい。ターゲットに選んだのは、日産自動車の新型「リーフ」だ。2017年10月に初の全面改良を実施した同 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

カーエレクトロニクスとともに発展を遂げてきた日本の自動車産業電動化・自動化に向けた将来像を探る

とはいえ、私がデンソーで開発部門長や専務を2010 年まで務めてきた中で、エンジンも、ブレーキも、ボディ系も一通りやり終えたこともあって、クルマ技術競争はもうほぼ終わりかなと思ってたんですよ。ところがこの数年で自動運転が見えてきて、EVへのシフトもものすごい勢いで始まっていますし、技術の進化はすごいなと …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

ウェブセミナー 日産×Amanek – 進化する移動とユーザー体験を議論

ウェブセミナーは、日産自動⾞でコネクテッドカーとモビリティサービスの可能性に挑む三浦修一郎氏と、ホンダで日本のテレマティクスをリードし、現在は … ライドシェア、カーシェアリングなど移動のさまざまな形が世界的に広がりをみせ、自動運転技術の進化と相まって、クルマは従来とは異なる移動ツールへと変化しようとして …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

SUVに自動運転、大トルク化競う

各社が出展したSUVのコンセプトや新型から見えた開発方針は、「運転を簡単に、楽しくすること」である。トルクを大きくして走る楽しさを追求し、自動運転技術の導入で運転者の負荷を抑える。 パワートレーンにダウンサイジングターボエンジンは使うものの、電動化は遅れている。各社は環境負荷を抑えることの優先順位を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

クルマがスマホ化する時代 ポルシェ ジャパン社長に聞く

自動車業界は、EV(電気自動車)と自動運転という2つのイノベーションによる変化を迎えている。時代の変化と無縁な企業はなく、ポルシェもまた例外ではない。ポルシェといえば自動車好きのためのであり、EVや自動運転の波は一般より緩やかであるようにも思えるが、七五三木社長の危機感は決して小さなものではない …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

MEB対応で電池を床下全面に配置

… 台数をグループで300万台とする目標は、自動車業界に大きなインパクトを与えた。急速に電動化を進める中で、VWグループの高級ブランドAudi社は将来の自動運転技術の採用を見据えて、注目すべき電動コンセプトカーを相次いで公開している。今回は、Audi社の電動コンセプトカーや環境対応技術プラットフォームを …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

米グーグル、IoT事業責任者にサムスン電子元幹部を起用

… 傘下のグーグルは今月、あらゆるものがインターネットにつながるIoT(インターネット・オブ・シングス)事業の責任者として、12月に韓国サムスン電子の最高技術責任者(CTO)を辞任したインジョン・リー氏を起用した。リー氏が … 新たに浮上している技術分野には、自動運転車や仮想アシスタント付き家電などが含まれる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース

AIベンチャーが狙うクルマの「頭脳」

ハンドルを握る人間の運転手は不要となり、判断能力を備えたAI(人工知能)と半導体がクルマを操る時代がやってくる。 自動車産業の収益構造も大きく変わる。産業全体の利益が2015年の4000億ドル(約44兆円)から2030年の6000億ドル(約66兆円)へと拡大する一方で、ハードウエアを製造する完成車メーカーや自動車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

素材メーカー「クルマ攻略」の攻め筋、勝ち筋

自動車メーカーは人工知能(AI)や電動化など多方面の技術課題を抱える。一方、足元ではエンジン車がまだまだ事業の中心だ。「何でもかんでもやらないといけない時代になって材料のことまで考える余力が少なくなる」化学大手幹部は顧客の台所事情を推察する。その上で『餅は餅屋』とばかりに、軽量化ならアルミニウム …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「車同士が即座に位置確認 NEC、自動運転後押し 日本経済新聞」など、2018年2月3日     ニュース

ニュース
同士が即座に位置確認 NEC、自動運転後押し

NECは走行中の自動車が互いの位置を即座に確認できる技術を開発した。携帯電話の通信網を使って100台のデータを効率よく振り分ける方法を考案。0.1秒以内に各が共有できる情報が従来の5倍以上に増え、実用水準を満たした。通信会社に技術提供し、自動運転車の普及が期待される2020年代前半にも交通インフラ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
韓国の次世代車技術 「競争力は十分」=文大統領

その上で、「現在、電気自動車(EV)も2万5000台が普及し、今年から普及を早め、2022年に35万台、30年には300万台時代を向かえ、FCVも早く普及すると思う」と表明。「22年までに高速道路やスマートシティでの完全自動運転車両が商用化されるよう目標を立て、30年にはすべての地域の自宅から路地、一般道路、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車とマシーンラーニングを組み合わせた、最強の追跡能力を持つパトカーの中身とは

米国特許商標庁が先日、自動車メーカーのフォードに対して与えた特許は、自動運転車とマシーンラーニングといった最新のテクノロジーを組み合わせた最強の追跡能力を持つ … もしもフォードによるロボットカー技術が実現すれば、こういった「違反の可能性が高い地域」に偏って監視が行なわれても不思議ではありません。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ホンダ、進む中国傾斜 今期3度目の業績上振れ

ホンダが中国への傾斜を強めている。2日には2018年3月期の業績予想について3度目の上方修正を実施。伸びが目立つのは中国だ。17年には生産台数で初めて米国を抜き、販売も18万台差に近づいた。量を追うだけでなく、自動運転など次世代技術開発でも現地企業と相次ぎ提携。若さと勢いのある市場を成長 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「一回の充電でソウルから釜山まで」…電気自動車時代が開かれる

自動運転の基礎資料となる精密道路地図(現在約1350キロメートル区間製作)は、全国の高速道路と主要都心など5500キロメートル区間について2020年までに … 自動車の生産経験がない情報技術(IT)企業も、未来事業に進出できるよう、生産を代行する「自動車製作サービス専門企業」を育成し、開放型電気・自動運転の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ながらスマホ運転撲滅なるか?フォードが「自動運転パトカー」の特許を取得

Appleも取り組んでいる自動運転車計画、目的地を指定すればドライバーが運転する事なく移動できるとの事で、多くの企業が開発と試走を繰り返していますね。 これらの技術は基本的に一般乗用車やバスなどの「人を運ぶ事」を目的としているのですが、フォード・モーターは「交通違反を取り締まる自動運転車」を開発している …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【マネジメント新時代】“時代の要請”、「MaaS」が新しい都市計画の起爆剤に (1/3ページ)

背景には最近の新技術、コネクティッドカー、自動運転技術、電動化などの進展により、モビリティーを所有するのではなく、サービスとして考えることが望ましいのでは … ものでも、2010年代の電気自動車(EV)ブーム、その後はスマートシティ、米ウーバー・テクノロジーズなどのライドシェアリング、そして直近は自動運転車など …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日立オートモティブシステムズ、茨城県内の一般道で自動運転走行の実証試験を実施

またひたちなか市にある自動車安全運転センター 安全運転中央研修所の模擬市街路で、一般道での自動運転を想定した走行実証試験(2016年12月~2017年3 … 検証を重ねると共に、高度な自動運転を実現する各種センサー技術の開発を加速し、自動車メーカーによる自動運転車両の早期実現に貢献します」と語っている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動車・輸送機 ニュース

ヘイ、メルセデス」。ドイツのメルセデス・ベンツは2日、こうした呼びかけで起動する音声アシスタントや機械学習による人工知能(AI)を備えた新型コンパクトカー「A… 続きを読む … 【名古屋】トヨタ自動車グループ8社が2日発表した2017年4-12月期連結決算は全社が増収、6社が増益だった。国内や中国、アジアでの販売が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
グッドイヤー カーシェア向けのタイヤ整備プログラム公開

米グッドイヤーは1月18日、カーシェアリングサービス向けのフリートサービスビジネスモデルを導入したと発表した。米STRATIM社と共同で、タイヤメンテナンスプログラムを提供する。 このプログラムは、同社独自の人工知能技術に基づき、タイヤメンテナンスの分析を行う。これにより、シェアモビリティ事業者がタイヤの交換 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ホンダ、進む中国傾斜 今期3度目の業績上振れ

ホンダが中国への傾斜を強めている。2日には2018年3月期の業績予想について3度目の上方修正を実施。伸びが目立つのは中国だ。17年には生産台数で初めて米国を抜き、販売も18万台差に近づいた。量を追うだけでなく、自動運転など次世代の技術開発でも現地企業と相次ぎ提携。若さと勢いのある市場を成長 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「茨城県内の一般道において自動運転の実現に向けた走行実証試験を実施 PR TIMES 」など、2018年2月2日     ニュース

 

ニュース
茨城県内の一般道において自動運転の実現に向けた走行実証試験を実施

模擬市街路における走行実証試験では、複数のセンサーを統合し自動走行に必要となる高度な認識性能を実現するセンサーフュージョン機能について、一般道 … などによる評価検証を重ねるとともに、高度な自動運転を実現する各種センサー技術の開発を加速し、自動車メーカーによる自動運転車両の早期実現に貢献します。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
一般人はいつ自動運転車に乗れるのか? この道20年の研究者に聞く

特に、ドライバーレスで動くバスのような交通機関や、自動運転車のシェアリングサービスなどに対しては、まったく新しい乗り物という見方をしたほうが社会的に受け入れやすいと思います。 ――そうした心理的なことに加え、技術的に足りない部分はあるのでしょうか。 大きな課題の1つは、周囲の状況を確認するセンサーの能力 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
スリッパがスイッチひとつでウィ〜ンと自動整列! 自動運転技術を応用したスリッパが、日産本社ギャラリー …

日産自動車が、先進の自動運転技術で“おもてなし”を進化させた「自動で整列するスリッパ」を発表!? というちょっとユニークなニュースを耳 … 部屋の前で無造作に脱ぎ散らかったスリッパが、パネルのスイッチをポチっと押すだけで「ウィ〜ン」と動き出し、の車庫入れのように自動整列。クルっと方向転換し、迷うこともなく、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
EVの普及と自動運転の実現は、電力と運輸のネットワークを融合する!

2017年の東京モーターショーでは、日独の自動車メーカーや部品メーカーが電動化と自動運転技術を競っていた。 … は所有する時代からシェアする時代に移行し、スマートフォンのアプリで呼べば自動運転のEVが充放電ステーションから家まで迎えに来て、最適経路選択のアルゴリズムによりスムーズに目的地までヒトや …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
オンセミがアウディと戦略的提携、最新技術をいち早く車載用に

オン・セミコンダクターは2018年1月29日(現地時間)、Audi(アウディ)の半導体技術活用プログラム「Progressive SemiConductor Program」のパートナーに選定されたと発表した。自動運転車や電気自動車での採用を前提に、両社が直接関わりながら最新の半導体技術を自動車に適用させていく共同開発を行う。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ついに米国で「自律走行タクシー軍団」が走り出す ウェイモが「数千台」のミニヴァン導入を決定

競合に先駆けたスタートダッシュと計650万kmの公道テストによって、ウェイモはドライヴァーレス技術の開発レースに勝利したようだ。このロボットを使ってどう金を生むのか、そのビジネスモデル(ソフトウェアをクルマメーカーに売るのか? それとも自律走行タクシー軍団を米国中に走らせて金を稼ぐのか?)はまだ不透明なよう …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ホンダ倉石副社長「中国のスピードに遅れないよう、中国企業と提携を進めている」

ホンダの倉石誠司副社長は2月2日に都内で開いた決算説明会で、自動運転技術やカーシェアリングで中国企業と相次ぎ提携したことについて「中国は非常にスピードが … 車両の)電動化については中国がこれからリードしていくだろうし、シェアサービスについてもものすごく今伸びている」とした上で、「やはり我々としても中国 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
カナダ・オンタリオ州、次世代ネットワーク計画に55.7億円を投資 デジタル・インフラの建設で新技術・製品 …

このプログラムはオンタリオ・センター・フォー・エクサレンス(OCE)が運営・管理します。 ・この次世代ネットワークへの投資は、人工知能(AI)や5G無線技術、コネクテッドカーおよび自動運転車、ビッグデータ・アナリティクス(分析)、先進的製造業、サイバーセキュリティなど、変革技術の開発と採用を加速化するためのものです。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
製造業者とベンチャー企業の「マッチング」の成果は? 愛知・豊田市で発表会

愛知県豊田市の製造業者とベンチャー企業の「マッチング」の成果は? 豊田市は製造業者から課題を聞き取り、全国のベンチャー企業と引き合わせて共同開発を支援する取り組みを行っています。2日は発表会が開かれました。自動車ボディのメーカーと、人工知能技術を扱う企業が開発した機械は、自動車部品の表面に凹凸 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
オンセミがアウディと戦略的提携、最新技術をいち早く車載用に

自動運転車や電気自動車での採用を前提に、両社が直接関わりながら最新の半導体技術を自動車に適用させていく共同開発を行う。 オン・セミコンダクターは、イメージセンサー、パワーマネジメント、自動運転システムのコネクティビティ、パワー半導体などの製品ポートフォリオを持つ。アウディは半導体メーカーと直接協業する …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ホンダ倉石副社長「中国のスピードに遅れないよう、中国企業と提携を進めている」

ホンダの倉石誠司副社長は2月2日に都内で開いた決算説明会で、自動運転技術やカーシェアリングで中国企業と相次ぎ提携したことについて「中国は非常にスピードが … 車両の)電動化については中国がこれからリードしていくだろうし、シェアサービスについてもものすごく今伸びている」とした上で、「やはり我々としても中国 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「テスラの「半自動運転」は、なぜ消防車への追突事故を起こしたのか 見えてきた自動運転技術の課題と … WIRED.jp」など、2018年1月26日     ニュース

ニュース
テスラの「半自動運転」は、なぜ消防への追突事故を起こしたのか 見えてきた自動運転技術の課題と …

ドライヴァーは当時、クルマが「オートパイロット」モードになっていたと消防隊に伝えたという。限られた状況下で自動運転を可能にする半自動運転のシステムは一般的なものになりつつあるが、この事故はそうしたシステムの弱点を浮き彫りにした。 驚くべきことに死傷者がいなかったこの事故からは、技術的な疑問も浮かび …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日本自動車研究所、自動運転車の公道での実証実験前に安全性を確認する「事前テストサービス」説明会

説明会の冒頭、挨拶を行なった日本自動車研究所 研究所長の永井正夫氏は、「私どもJARIは自動運転車の開発が急速に進むなかで、公道の実証実験の安全確保を非常に重視しています。そこで自動運転車の公道実験に向けた事前テストサービスを2月より開始することと致しました。JARIは自動車技術に関する中立公正な …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米アップル、加州で自動運転試験車両を27台に増強-ライバルを追撃へ

クック最高経営責任者(CEO)は昨年6月、自動運転技術を開発するチームの存在を初めて認めた。「プロジェクト・タイタン」と称するこの取り組みは、自前で車両全体を製造する野心的な計画だったが、人員やコストの増大で2016年に規模が縮小された。アップルはDMVへの最新の登録についてコメントを控えた。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ダイナミックマップ向けのデータ収集と配信を実験、富士通とKDDI、ゼンリン

KDDI、ゼンリンおよび富士通の3社は、完全自動運転時代の「ダイナミックマップ」生成に必須技術となる大容量データの情報収集と、自動運転車へのマップ配信技術の実証実験を2018年1月から開始すると発表した。 今回の実証実験で、KDDIは一定間隔で生成される車載カメラやセンサーのデータを確実で効率的に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「MaaS」のサービスに深入りしないパナソニック、コックピットをそろえて対応

レベル3の自動運転車向けのコックピット(左)。カメラやセンサーを活用したドライバーモニタリングシステムが追加される(右)(クリックして拡大). こうしたコックピットシステムを実際の車両に展開するための技術もそろえる。車載情報機器のOSとしてAndroidや車載Linuxである「Automotive Grade Linux(AGL)」の対応を進め …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
富山で次世代・ロボフォーラム 企業の技術開発促す

基調講演では本田技術研究所の松本宜之社長が技術革新の重要さを訴え、外部企業との連携を進める姿勢を示した。同氏は「技術を持つ富山県の企業の協力を得られれば」と参加理由を語る。講演では同社の手掛ける自動運転車や感情を表現するロボットも紹介した。 開会に先立ち、石井隆一知事は「富山県は世界的に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ミライの街を支えるのは自動運転バス? 国交省に聞く「自動運転への期待」

日本政府は自家用、物流サービス、移動サービスそれぞれについて2025年までのシナリオを策定し、2020年までに高速道路での自動運転および限定地域での無人自動運転移動サービスの … しかし将来のコンパクト+ネットワークな街作りに向け、中村室長は「自動運転技術が役に立つ可能性があります」と期待している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
偶然の力で新事業に挑むパイオニア

一般に販売することを目指す自動運転車に搭載するには小型化とコスト削減が必要だった。 そんなLIDARを小型化して量産するために必要な技術が、偶然にもパイオニアの社内にあった。 基本となるレーザーの技術は、CDやDVDといった光ディスクを扱う上で欠かせない。LIDARを小型化する機構は、家電の開発で培った …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AutotalksとST、世界初のマス・マーケット向け第2世代V2XソリューションをCES 2018で展示

Autotalksが2019年までに普及を予定している先進的な技術は、特に、悪天候、不十分な照明などの見通しの悪い状況において、他のセンサからの情報を補完することができます。この技術は、自動車、自動運転車、自転車、そして歩行者を効率的に連携させることで、あらゆる道路の安全性を大きく向上させます。このチップ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車連合がベンチャーキャピタルファンド設立、5年間で最大10億ドル投資

同ファンドは初年度、の電動化、自動運転システム、コネクティビティ、人工知能などの新たなモビリティに焦点を当てている新興企業や、技術起業家が参加するオープンイノベーションのパートナーシップに向け、最大2億ドル(約221億円)を投資する予定だ。その後も毎年投資を行い、3社アライアンスが2017年9月に発表した …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動車連合がベンチャーキャピタルファンド設立、5年間で最大10億ドル投資

ルノー、日産自動車、三菱自動車自動車アライアンスは2018年1月9日、オープンイノベーションを支援する企業ベンチャーキャピタルファンド「Alliance Ventures」を設立し、今後5年間で最大10億ドル(約1100億円)を投資すると発表した。 同ファンドは初年度、車の電動化、自動運転システム、コネクティビティ、人工知能など …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「AIチップを巡って、半導体技術と業界構造が大転換の予感 日経テクノロジーオンライン」など、2018年1月22日     ニュース

ニュース
AIチップを巡って、半導体技術と業界構造が大転換の予感

クラウドサービスのベンダーも、スマートフォンをはじめとする電子機器のメーカーも、そして自動車メーカーまでも、人工知能(AI)関連処理を専門に実行するAIチップの開発に乗り出すようになった。AIの活用によるビジネスイノベーションの創出や仕事の高効率化のアイデアは、既に星の数ほど多く出てきている。ただし、実際に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産が自動車の未来技術を育てる! 5年で最大10億ドルを投資するVCを設立[CES2018]

このファンドは自動車の電動化、自動運転システム、コネクティビィティ、人工知能など、新たなモビリティに焦点を当てている新興企業や、技術起業家が参加するオープンイノベーションのパートナーシップを対象に、初年度は最大2億ドルを投資するというもの。既存の研究・先行開発チームと協力しながら投資を行う分野や市場 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
豪新車販売を拡大、IDOM 3年内に最大手目指す=羽鳥社長

羽鳥社長はまた、自動車業界には、T型フォードの大量生産が始まって以来の大変革が約100年ぶりに起きようとしていると説明。さまざまな企業が自動運転車や電気自動車(EV)、自動車関連の人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)、ライドシェアリングなどに参入する中、羽鳥社長は「車産業はネットだけでは完結しない …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
NVIDIA オートモーティブ事業担当副社長 ロブ・チョンガー氏のオートモーティブワールド招待講演レポート

中国のBaiduとドイツのティア1部品メーカーZFとの提携により、Baiduが中国で展開を予定している自動運転のプラットフォーム“Apollo”にNVIDIAのXavierが採用される予定であること、ドイツの自動車メーカーであるフォルクスワーゲンが、NVIDIAのAIやDRIVE IXを同社の車両に採用する予定であること、また、メルセデス・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車産業、世界中がEVシフト― 主戦場は中国市場、民族系とドイツ企業の動き活発/梅上零史

Kigyoka.com ベンチャー企業のためのメディア
中国第一汽車集団(吉林省長春市)、東風汽車集団(湖北省武漢市)、重慶長安汽車(重慶市)の中国国有大手3社は17年12月、包括的な戦略提携をすると発表した。EVや自動運転などの新技術開発、自動車の製造や部品調達、海外進出などを共同で進める。3社のトップが相互に入れ替わるなど統合に向けて動き出して …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
光で乗り物酔いを防ぐ、米大学が発明。自動運転の移動時間を有効活用

将来の自動運転車の普及に向けて、車内で読書やPC作業をして感じる不快感や酔いを防ぎ、これから増えるであろう(自動運転)車内移動時間の有効活用に … 大学自身が発信するニュースの見出しにもあるように、自動運転の時代に向けた技術ではありますが、特に自動運転車にかぎらず、これまで普通のクルマに同乗した …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
燃料電池の自動運転車向け、GMがプラットフォームを公開…デトロイトモーターショー2018

GMは、米国で開催中のデトロイトモーターショー2018において、水素燃料電池技術による自動運転車両向けプラットフォームを展示した。2017年10月の合衆国陸軍協会ミーティングで初公開されている。 … 自動運転技術を組み込んだ水素燃料電池プラットフォームで、GMは商業用途のほか、軍事利用での活用も見込む。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
レクサスの次世代SUV、自動運転「ショーファーモード」搭載…デトロイトモーターショー2018

さらに、LF-1リミットレスには、最新の自動運転技術を導入。ドライバーが、目的地までの運転操作を車両に任せる「ショーファーモード」を搭載。また、4Dナビゲーションシステムを装備。これは、ナビゲーションに時間の概念を取り入れ、車両や渋滞状況などを考慮し、休憩やレストランの提案、ホテルの予約など行うもの。情報は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産が自動車の未来技術を育てる! 5年で最大10億ドルを投資するVCを設立[CES2018]

このファンドは自動車の電動化、自動運転システム、コネクティビィティ、人工知能など、新たなモビリティに焦点を当てている新興企業や、技術起業家が参加するオープンイノベーションのパートナーシップを対象に、初年度は最大2億ドルを投資するというもの。既存の研究・先行開発チームと協力しながら投資を行う分野や市場 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
の進化9万6000人実感 札幌モーターショー閉幕

4回目の今回は、国内外27社38ブランドの四輪や二輪車など189台を展示。21日は3日間で最多の約4万1千人が来場した。 日産自動車の「リーフ」、ホンダの「アーバンEVコンセプト」などの電気自動車(EV)やスバルの「ヴィジヴ パフォーマンス コンセプト」など自動運転技術の搭載が特に注目を集めた。帯広市の会社 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタのこのクルマがもしわが国に入ってきたら、われわれの生活にどんな変化をもたらすだろうか=中国 …

記事は、今月9−12日に米ラスベガスで行われた世界規模の家電見本市・CESにトヨタが参加し、豊田章男社長自らが「eーパレット」という名前の新しい全自動運転電気自動車を紹介したと伝えた。そして、「eーパレット」には全自動運転車、電動自動車であることに加えて、最新のインターネット設備と技術を搭載しているという …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車産業、世界中がEVシフト― 主戦場は中国市場、民族系とドイツ企業の動き活発/梅上零史

Kigyoka.com ベンチャー企業のためのメディア
世界各国でガソリン廃止が政策として打ち出され、次世代自動車の本命は電気自動車(EV) という流れが出来つつある。 …. EVや自動運転などの新技術開発、自動車の製造や部品調達、海外進出などを共同で進める。3社のトップが相互に入れ替わるなど統合に向けて動き出しており、年間1千万台の生産規模を持つ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アドバネクス Research Memo(5):EVシフトによる事業機会の拡大

金属加工総合メーカーへの挑戦」を掲げ加工技術を積み上げてきたアドバネクス<5998>は、2015年3月にプラスチック事業を行うグループ会社を手放したが、金属プレスと樹脂射出成形を組み合わせて製造するインサートモールドは残した。一方、船橋電子を買収して製造技術を獲得した細物深絞り加工製品は、欧州での需要 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
CANかイーサネットか? 車載ネットワークの最新動向…オートモーティブワールド2018 専門セッション

CASE(Conected・Autonomous・Sheared・Electric)車両は、ネットワーク技術なしには語れない。ここでいう … CANは前述したようにクルマの中に構成された独自の制御ネットワーク。クラウド接続 … このゲートウェイがしっかりできていれば、CAN側はとくに変更や改良を加えずコネクテッドカーや自動運転は実現できそうだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
三ツ星ベルト、真の競争力つけ強い企業体に

EVやPHVの拡大や、自動運転などの技術革新が進み、我々部品業界にとってもターニングポイントにあると言える。EV化、PHV化が進むと、我々の主力製品であるベルトが使われないが少しずつ増えてくる。そのために、当社では電動パーキングブレーキシステム、電動パワーステアリングシステム、スライドドアに使用 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「【CES 2018】AIや自動運転の先端技術が多数登場。トヨタ、日産、ホンダが揃って出展する「CES 2018 … Car Watch」など、2018年1月7日     ニュース

ニュース
【CES 2018】AIや自動運転の先端技術が多数登場。トヨタ、日産、ホンダが揃って出展する「CES 2018 …

当時はIVI(In-Vehicle Infotainmen)に着目していたが、テスラモーターズの先進的なEV(電気自動車)や、アウディの自動運転実験などが展示されるようになり、CESの風景も様変わり。かつては、車載用の大型スピーカーやカーオーディオが展示され、ズンドコ低音が鳴り響いていたノースホールに多くの自動車メーカーや …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
北京市郊外に、公道で初の自動運転ゾーンが開設へ

交通委員会の職員によれば、北京市は自動車と道路が対話できるよう、信号設備や交通標識などの道路設備を更新することで、自動運転技術の発展を振興しようとしている。 北京は2017年12月、中国で自動車メーカーが公道で自動運転車をテストできる規制をパスした最初の都市となった。法規に則り、自動運転車は一定 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
マニエッティ・マレリ:CES2018にて最先端の技術の発表予定

CES2018にてマニエッティ・マレリは何を発表・展示するのだろうか。1月9-12日の間、ラスベガスのウィンホテル内の約6000平方フィート(557.4平米)のスペースにおいて同社は電装や車両用灯具、代替パワートレインなどの展示をする予定。なかでも自動運転やコネクティビティ、ハイブリッド/電気モビリティなどに注目した …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ社長と安倍官邸の攻防 「3%賃上げ」は実現するか

そこで安倍首相は2月の訪米前に豊田社長と会談して意見を聞き、トランプ氏に日本叩きをやめるように働きかけた。そうした働きに配慮し … 豊田社長は「自動車業界は100年に一度の大変革の時代に入った」と電気自動車や自動運転など次世代技術に大規模な投資を行なうことを発表し、今月、大幅な組織改革を行なう。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ホンダ、CES2018で「未来のロボティクス社会」を提案

さらに、米国カリフォルニア州シリコンバレーを中心に、グローバルで優れた技術の発掘を行い、イノベータ―との協業を促進する「Honda Xcelerator(ホンダ・エクセラレーター)」をスタートアップ企業と取り組んでいるオープン … DeepMap:自動運転車に対し、高精細マップとリアルタイムの高精度位置情報を提供する技術
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
今年の日本はこんなに変わる!政治・経済・トレンド・ヒット商品を大予測

豊洲市場移転も五輪準備も停滞し、五輪では京都や大阪のクレーンを全部東京に持ってこないと工事が間に合わないと言われているほど。前途多難 … さて、自動運転技術(レベル0〜最高5まで)はどこまで実用化が進むか。 … 国内では、遠隔自動運転の実験も行われているが、手塚治虫の世界はまだ遠いかも。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
北京市郊外に、公道で初の自動運転ゾーンが開設へ

北京は2017年12月、中国で自動車メーカーが公道で自動運転車をテストできる規制をパスした最初の都市となった。法規に則り、自動 … INSIDE は The News Lens との提携により台湾地域外への展開を開始し、台湾のスタートアップビジネスや革新的な製品・サービスを世界中の人々へ紹介する計画だ。 The News Lens の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「現代自・VW、グーグル出身VBと提携 自動運転車を共同開発 日本経済新聞」など、2018年1月6日     ニュース

ニュース
現代自・VW、グーグル出身VBと提携 自動運転車を共同開発

【ソウル=山田健一、フランクフルト=深尾幸生】韓国・現代自動車は4日、米グーグル出身の技術者が設立したIT(情報技術)ベンチャー企業の米オーロラ社と組み、自動運転車を開発すると発表した。自動運転に適した先進的なITインフラを備えた「スマートシティー」を世界から選び、両社が共同で実証実験する。ドライバーが …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Toyota Research InstituteがCESで次世代の自動運転実験「Platform 3.0」を公開

トヨタ自動車(以下、トヨタ)の子会社で、米国で人工知能等の研究開発を行うToyota ResearchInstitute, Inc.(以下、TRI)は、次世代の自動運転実験「Platform 3.0」を、ネバダ州ラスベガスで開催されるCES に出展すると発表した。Lexus LS600hL をベースとするこのクルマは、より高度な技術と、ベース車両であるLexus LS …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転、提案型で攻勢

自動運転はさらに高い精度や安全性が求められる時代に入る。今はレーダーやセンサーを使って周辺の状況を把握しているが、コーナーをきちんと曲がる、衝突しない、といった精度の高い自動運転には新たな技術が必要になる。が家とつながるなど、あらゆるモノがネットにつながるIoTとの連携も進む。 三菱電機は人工衛星 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
“諸刃の剣”カーシェア事業の強化で“痛し痒し”の自動車メーカー (1/2ページ)

大手自動車メーカーが同じ車両を複数の利用者が使う仕組み「カーシェアリング」事業を強化している。トヨタ自動車は4月に新サービスの提供を視野に会社を設立。日産自動車は今月、主に電気自動車(EV)を使ったカーシェアを始める。海外ではカーシェアのための機能を備えた新型も登場しており、将来は自動運転技術と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノー・日産連合、自動運転タクシーで協業へ 複数社と参入準備 (1/2ページ)

三菱自を含む3社は、既に自動運転車の実験を進めている米グーグルやウーバー・テクノロジーズのようなテクノロジー企業との協業を望んでいると同氏は語った。 … だろう」と述べた上で、テクノロジー企業にとって自動化技術はあくまで自社の主力事業を強化するものであり、その意味で「提携は可能と考えている」と語った。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
CES 2018開催間近! ホンダ、デンソーなど、最先端テクノロジーの競演

例えば、Hondaの今回のメイン展示はやバイクではなく、コミュニケーションロボットだ。コンセプトモデル「3E-A18」や、アタッチメントを変えること … 同じ自動車分野では、デンソーがコネクティッド技術自動運転技術を中心にシミュレーターやデモ機を使って展示を行う。世界的にも関心が高まっているコネクティッドカーの実現 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
現代自・VW、グーグル出身VBと提携 自動運転車を共同開発

また独フォルクスワーゲン(VW)も同日、オーロラ社との提携を発表した。VWは2017年に完全自動運転車「セドリック」のコンセプトを発表。21年までに公道走行試験をする方針で、開発を加速する。 16年末設立のオーロラ社は、グーグルで長く自動運転車開発を率いてきたクリス・アームソン氏が最高経営責任者(CEO)を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノー・日産連合、自動運転タクシーで協業へ 複数社と参入準備 (1/2ページ)

三菱自を含む3社は、既に自動運転車の実験を進めている米グーグルやウーバー・テクノロジーズのようなテクノロジー企業との協業を望んでいると同氏は語った。 … だろう」と述べた上で、テクノロジー企業にとって自動化技術はあくまで自社の主力事業を強化するものであり、その意味で「提携は可能と考えている」と語った。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「夢のクルマ、実現間近 IT企業交え開発競う 完全自動運転、今年前半試行も 毎日新聞」など、2018年1月4日     ニュース

ニュース
夢のクルマ、実現間近 IT企業交え開発競う 完全自動運転、今年前半試行も

自動運転を目指す企業にはIT企業が目立つ。名古屋大の野辺継男(のべつぐお)客員准教授は「自動運転はソフトウエアの開発そのもの。IT企業の得意分野だ」と指摘する。米半導体大手、エヌビディアが自動運転向けの人工知能(AI)を開発するなど技術は格段に進歩しており「完全自動運転は意外と早く実現するかもしれ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ラスベガスで完全自動運転タクシーに乗れる!AptivとLyftがCES 2018に合わせ運行

自動運転技術を開発するAptivと配車サービスを手がけるLyftは、米国ネバダ州ラスベガスで開催される家電見本市Consumer Electronics Show(CES)2018の期間中、ラスベガス … 使用する自動車は自動運転に必要な各種センサを車体に一体化させており、一般的な自動運転車と違って目障りな装置が飛び出していない。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【電子版】ドライバーの脳波で走行 日産が運転支援技術を開発

高い安全性や移動手段としてのの新しい可能性を追求するため、世界各メーカーは自動運転技術の確立を急いでいる。日産自では2016年に、高速道路の同一車線で車間距離を把握して停車や前進を促す自動運転を実現。20年までには一般道での自動運転技術を投入する予定。一方、 トヨタ自動車も20年の高速道路向け …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
伊那市長谷で1~3月 自動運転車実証実験へ

… で自位置を特定し、既定のルートを走行する20人乗りのバス車両を使用する。磁気センサーはレベル4の実験区間の一部150メートルに埋設する。 モニターや近隣住民にアンケートを実施して、自動運転の社会受容性を検証。小型無人機ドローンなど新産業技術を連携させる伊那市の物流の仕組み作りを踏まえ、人と荷物 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産、ドライバーの心を読んで反応時間を短縮する技術を開発

Nissanの最新研究プロジェクト’brain-to-vehicle’(B2V)は、ドライバーがハンドルをまわそうと思ったり、ブレーキを踏もうと思っただけで行動を予測する技術を開発し … SFシリーズの「ブラックミラー」の世界を彷彿させるが、この技術から得られるデータを利用して、ADASが改善され、もっと賢く能力の高い自動運転車への道が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Local MotorsがOlli顧客のために10億ドル超の資金調達

▽Xcelerateについて当社の使命は未来-Xcelerateはテキサス州フリスコに本社を置く持続可能な輸送リース会社で、米国中の最も進歩的な組織の一部に資金援助を提供している。モビリティーの将来と自動運転によるフリート技術に重点を置き、Xcelerateは、フリートを電動パワートレイン車両に移行させつつある公的および …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
交通事故死者、17年は過去最少の3694人 68年ぶり更新

政府は20年までに年間死者数2500人以下を目標に掲げている。ただ、17年版の警察白書は従来の対策では「達成は困難」と指摘した。警察庁は17年6月、遠隔システムの制御により、無人の自動運転車の公道実験を初めて認める許可基準を公表。将来的な事故防止に向けて先端技術の開発を支援する。事故原因などを …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
幅広い分野手がける KYB の“モノづくり”とは…クルマ、バイクから航空・鉄道、建設機械関連まで

被災をきっかけに資郎は一時的に海軍の技術者となる。 … その後は、建設機械、産業機械用のギヤポンプやギヤモーター、パワーステアリング、コンクリートミキサなどの特殊車両、航空機部品などさまざまな分野へ進出 … やがて訪れる自動車の電動化、自動運転化の世界でもその技術力は余すことなく活かされることだろう。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車の試乗体験コース、順義区に開設

北京市順義区政府は12月29日、同市で初となる自動運転車の試乗体験ができるテストコースをオリンピック水上公園に整備したと明らかにした。新華社電などが伝えた。 テストコースは全長7キロメートル。北京汽車集団(北汽集団)傘下の新技術研究部門が技術支援を行い、系列の北京… 関連国・地域: 中国-北京.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
“現役最強のホンダ”を徹底解剖! もはや「国民」の新型N-BOX進化の裏側

の新技術と「マジで軽かよ?」とビックリする … と、今どきの思いつくクルマの装備や技術のほぼすべてが新型N-BOXで手に入る。そして、それら … 発売中の増刊『クルマプレイボーイ』では、2018年のイチ推しカー、コンパクトSUV最強の10台、ニッポン自動運転の実力、各メーカートップ独占インタビューetc…専門誌が書け …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
夢のクルマ、実現間近 IT企業交え開発競う 完全自動運転、今年前半試行も

IT企業と自動車メーカーが入り乱れて開発競争は過熱している。独フォルクスワーゲン(VW)はエヌビディアと提携。独BMWは米半導体大手インテルなどと組み、インテルはウェイモとの協業を発表した。そのウェイモはホンダとも共同研究を検討している。自動運転車をいち早く実現できる相手はどこか。既存メーカーの模索は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Local MotorsがOlli顧客のために10億ドル超の資金調達

… 共同通信JBN】Local Motors(https://localmotors.com )は、Elite Parking Services子会社のフロリダ州に本拠を置くElite Transportation Services(ETS)とテキサス州のXcelerateのいずれも業界をリードする専門家らと提携して、Local Motorsの自動運転シャトルバス「Olli」のためのサードパーティーによる運営支援と車両 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
車載SWでイスラエル社と提携、LG電子

車載SWでイスラエル社と提携、LG電子. LG電子は、自動運転車向けソフトウエア事業を強化するため、ジェスチャー・顔認識技術を手掛けるイスラエルのアイサイト・テクノロジーズと手を組んだ。 アイサイトのジェスチャー・顔認識技術を採用した車載インフォテインメントシステムを1月9日に米ラスベガスで開幕する家…
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「自動運転はどこまで進んだのか? Yahoo!ニュース 個人」など、2018年1月3日     ニュース

ニュース
自動運転はどこまで進んだのか?

テレビでも1昨年までは自動ブレーキだったのが、ニッサンの最新のリーフのように、公道での自動運転の能力をアピールするが2017年は増えてきたように思う。 …. しかし、間違いなく交通システムを変え、運転手という雇用形態を消滅させる技術だとすると、公共機関や大学でももっと研究が進み、それに基づく準備が必要に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
来週のCES期間中に完全自動運転タクシー、好みの地点までラスベガスの公道走行

自動運転技術を開発する英アプティブ(旧デルファイ・オートモーティブ)と配車サービス大手の米リフトは2日、両社が協力して、アプリで乗車予約を受け付ける自動運転タクシーの試験サービスを9-12 … CESでは多くの企業が自動運転車のデモ走行を実施しているが、駐車場など閉鎖された区域で実施されるものがほとんど。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
どれだけ便利になるのか 人やモノの移動も様変わり

運転席はなく、向かい合ったシートに乗り込んで談笑していれば、目的地まで連れて行ってくれる。すでに傘下の独アウディが高速道路での低速走行など一定の条件付きで、走行中にハンドルやアクセルから手足を離すことができる自動運転車を欧州で発売している。自動運転技術を巡っては、米グーグルなどIT企業も交えた …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
マツダの魂動デザイン 無駄をそぎ落とす「引き算」で進化

電動化、コネクティビティ、自動運転など、さまざまな技術革新の荒波にもまれる自動車業界。カーシェアの台頭などでクルマのコモディティ化が一層進むのではないかという観測も出ている。 自動車メーカーがその変化に対応しながら自分のアイデンティティをどう保つのか四苦八苦するなか、そのトレンドに乗らず今日の基準で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
変化する人との関係~福岡モーターショー2017

多くの観客は国産メーカーによる「未来のクルマ」の展示を楽しみに来場しているのではなかろうか。少なくとも筆者はそのクチである。入口をくぐるとレクサスのLS、LCが出迎える。中に進むと日産、ホンダ、トヨタ、マツダなど、国内メーカーのコンセプトカーがずらりと並んでいた。総じていえるのは、やはり自動運転技術と電気 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
見えぬ影響、課題 自動運転「とっさの判断」可能か

AIによる自動運転技術の拡大が期待される交通分野。しかし事故・違反の際はだれが責任をとるのかといった法律の整備が課題だ。原因がソフトの誤作動だった場合、現在の保険制度では対応できない可能性がある。 AIは、未経験のアクシデントに遭遇した場合、人間のような「とっさの判断」ができない可能性が指摘される。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
KDDI・ゼンリン・富士通、自動運転向けダイナミックマップの実証実験を開始

実験の目的は「ダイナミックマップ」生成のために必須技術となる走行時の大容量データを収集していくこと。そして自動運転車へのマップ配信技術の実地検証にある。 完全自動運転にあたっては、自動運転車が自らの位置情報を把握するため、道路や付帯構造物などの正確な情報把握が欠かせない。またこれに気象情報や …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
来週のCES期間中に完全自動運転タクシー、好みの地点までラスベガスの公道走行

ニュートノミーは16年に、シンガポールで世界初の自動運転タクシー実証試験を行い、注目されたスタートアップ。買収に先立つ17年初めには、ニュートノミーとリフトの提携が発表され、ニュートノミーの本社があるボストンの一部地区で、リフトの配車サービス網やアプリを使いニュートノミーの自動運転車を走らせる試験 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「【市場をにぎわす5大テーマ】(4)次世代自動車~ニッポン基幹産業でもゲームチェンジ? まぐまぐニュース!」など、2017年12月31日     ニュース

ニュース
【市場をにぎわす5大テーマ】(4)次世代自動車~ニッポン基幹産業でもゲームチェンジ?

それこそ人の操作が不要な「自動」になっている可能性は高いと見られている。もちろん、 … これにともないエンジンがなくなり、電気自動車(EV)が中心の世の中になるのではないかと見られ、株式市場でもEV関連の銘柄が買われた。 … 自動運転にも必要な技術で、道路や歩行者の情報を外から得て事故を防ぐ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
免許証はいらない?自動車業界の重鎮が2050年に消えるものを予言

ドイツのダイムラーが使い始めたと言われており、Connected(つながるクルマ)、Autonomous(自動運転車)、Shared(配車サービスなど)、Eelectric(電気 … そのためには従来のハードを中心としたメカニカル・エンジニアリングに加え、AI・ビッグデータなどのソフトウエア技術、さらにはロボティクスなどの新しい技術で、人に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
三菱電機、「CES2018」に出展

次世代の運転支援技術を搭載したコンセプトカー「EMIRAI4」を紹介・最新のHMI(ヒューマンマシンインターフェース)技術を搭載し、安心・安全・快適なコックピットを実現。 ・広角カメラ型ドライバー … 北米で実証実験中の自動運転技術搭載「xAUTO-US(エックスオートユーエス)」を紹介。 ・自律型走行技術とインフラ型走行 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
免許証はいらない?自動車業界の重鎮が2050年に消えるものを予言

ホンダは2017年1月、米ラスベガスで毎年、開催されている世界最大の家電見本市で、提携先のソフトバンクの人工知能「感情エンジン」を搭載した世界初のコンセプトカーであるEVコミューター「ホンダNeuv(ニューヴィー)」を公開したが、そのコンセプトが端的に次世代のクルマ社会を物語っている。クルマが、所有者や家族と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「渋滞や工事情報も組み込んだ自動運転向け「ダイナミックマップ」–KDDIら3社が実証実験 CNET Japan」など、2017年12月26日     ニュース

ニュース
渋滞や工事情報も組み込んだ自動運転向け「ダイナミックマップ」–KDDIら3社が実証実験

KDDI、ゼンリン、富士通は12月26日、完全自動運転時代の「ダイナミックマップ」生成に必須技術となる大容量データの情報収集と、自動運転車へのマップ配信技術の実証実験を、2018年1月に開始すると発表した。 ダイナミックマップは、自動運転や運転支援システムに必要となる高精度の3次元情報を持つデジタル地図 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
バイドゥ、自動運転技術を盗んだと元幹部を提訴

しかし、自動運転車をどこよりも先に路上で走行させようという競争は熾烈で、中国だけを見ても、バイドゥは滴滴出行(ディディチューシン)などのライバル企業と競争を繰り広げている。(Uberを中国から締め出したことで知られる)ディディチューシンは、「AIに基づくセキュリティとインテリジェントな運転技術」を開発するための研究 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
三菱電機の考える自動運転 準天頂衛星によるセンチメートル級の自位置測定が可能に

三菱電機の予防安全(自動運転)コンセプトは「大切にしたいのは、どんな時でも人を想うこと」。自動運転の機能を実現するだけでなく、クルマとドライバーとの関係性を大事にしたいという思いが見える。これを支える技術コンセプトとして「ドライバーと常に寄り添う」「乗る人すべてに心地よく」「宇宙(そら)からクルマを見守る」の3 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アップルが自動運転技術の「チラ見せ」に追い込まれた理由

アップルの研究者が自動運転自動車用に開発中の機械学習テクノロジーの内容を珍しく少しだけ明らかにした。 12月第2 … 講演内容はアップルが11月にオンラインで公開した論文に関するもので、3次元座標における点群(ポイント・クラウド)情報から歩行者や車両を認識するためにシステムを訓練するというものだ。 ほかに …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマでIntelやQualcommには負けない、ルネサスCEO

まず、我々が車載半導体事業でターゲットにしているのは、メインストリームの量産数が大きいクルマ(以下、量産)ということだ。量産がレベル4とかレベル5と言われている完全自動運転車になるのはかなり先のことで、2030年でもそうはなっていないだろう。1000万円、2000万円もする高級に向けて、自動運転の機能を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転技術搭載!日産エクストレイルが当たる「ザテレビジョン」のお年玉企画

また、日産を象徴する「Vモーション」を拡大採用。ヘッドライトまわり … 装備面では、リアバンパー下に足先を入れて引くだけでバックドアを自動開閉できる、欧州などでも人気の装備「ハンズフリー機能付きリモコンオートバックドア」を採用。 … 先進技術を搭載したエクストレイルをゲットして、2018年を革新的な1年にしよう!
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
燃料電池、2030年には市場が170倍に拡大

ホンダ社長の八郷隆弘氏は「2030年をメドに、車両の販売台数の2/3をHEVやプラグインハイブリッド(PHEV)、電気自動車(EV)、FCVといった電動に置き換えていく」と語っている。その基となるのが、クラリティフューエルセルのPFだ。共通のPFを活用することで、電動の低コスト化や車種展開の加速を狙う(関連記事: …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
大型貨物船の自動運航開発プロジェクト

自動運転技術開発が進んでいるが、実は船でも自動運航を目指す動きが出ている。将来、大型の貨物船を自動で運航させるため、新しい技術を開発するプロジェクトの様子が公開された。 26日に公開されたのは、日本郵船が船舶用の機器メーカーなどと共同で進めている研究プロジェクトで、船の運航の自動化を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アルプス電気「CES 2018」にて自動運転向け入力技術等を紹介

① 車載用静電入力デバイス 未来の自動運転車に向けてアルプス電気が提案するのは、静電方式による入力デバイス。 ジェスチャー/タッチによる運転席周辺の入力操作が可能です。高感度の静電センサと独自アルゴリズム・ASIC設計により、メニュー選択などをタッチパネルに直接触れずに、かつ精度良く入力できるため、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
軽二輪中古販売、2.4%減の1万0254台で3か月ぶりのマイナス 11月

全国軽自動車協会連合会は12月25日、11月の軽二輪車(126~250cc)中古販売台数を発表。前年同月比2.4%減の1万0254台で3か月ぶりの … 減の1825台、スズキは同7.5%減の1595台。輸入などその他は同10.1%減の411台だった。 …. 自動運転実現の一端を担うデンソーテンとは!? センシング技術や情報分析 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動車・輸送機 ニュース

日本電産は2020年までに同社初となる自動車テストコースを国内に新設し、車載部品の開発を加速する。車載事業は20年度に売上高1 … (2017/12/26 05:00). ヴァイナス(大阪市北区、藤川泰彦社長、06・6440・8111)は、人工知能(AI)を活用して車や航空機などに使う流体解析シミュレーションの時間を半減以下にする.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
人工知能の今後の重要キーワードは「相互作用」「理解」「交感」…韓国マーケティング企業が報告

韓国・ヒュンダイ自動車系列のマーケティング企業「INNOCEAN Worldwide(以下、INNOCEAN)」が、「人工知能から感性知能に」というレポートを発表した。分析を担当したのはINNOCEANのビッグデータ分析担当組織「デジタルコマンドセンター」。分析対象は、韓国内のポータルサイト、ブログ、カフェ、SNSコミュニティ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【2017年 産業界10大ニュース】変化の速い「時代」、順応する力重要に

日刊工業新聞社は2017年の10大ニュースを選定した。株価がバブル崩壊後最高値になるなど景気回復基調が鮮明になったことが1位となった。それ以外では人工知能(AI)の普及、電気自動車(EV)へのシフト、働き方改革など社会変革を表すニュースが多かった。一方、素材産業でのデータ改ざんや自動車業界での無資格 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「2018年の日経平均は2万7000円に達する可能性も」大和証券 野間口毅氏

11月上旬から12月下旬の日経平均は2万2000円〜2万3000円のレンジでもみ合う展開が続いた。その直接的な要因は海外投資家の動きが鈍ったことだ。東京証券取引所及び大阪取引所が発表する投資部門別株式売買動向(週間ベース)によると、海外投資家は現物と先物の合計で9月第2週から11月第1週まで日本株を8 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
バイドゥ、自動運転技術を盗んだと元幹部を提訴

バイドゥは、Microsoftをはじめとする50社以上の企業と提携して、2020年までに自動運転車を路上で走行させることを目的とした「Apollo」というプロジェクトに取り組んでいる。同社の最高経営責任者(CEO)を務めるRobin Li氏は、北京の路上で自動運転車を試験したことで罰せられたことを人工知能(AI)に関する自社の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「「レベル8」の自動運転車はトランスフォーム…2060年のモビリティ レスポンス」など、2017年12月19日     ニュース

ニュース
「レベル8」の自動運転車はトランスフォーム…2060年のモビリティ

コンペの参加者は、2060年のロサンゼルス市がレベル5以上の完全自動運転車を導入したと想定し、車両やインフラストラクチャーが、どのように変化すべきかを提案する。 2017デザイン&デベロッパー … 現在、米国のSAE(自動車技術者協会)が定めている自動運転のレベルは、0~5まで。最高のレベル5が完全自動運転車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「ホンダの自動運転はパーソナルカー」安井裕司氏…GTC 2017

半導体メーカーのNVIDIAが12月12~13日に開催した技術イベント「GTC Japan 2017」において、ホンダの自動運転AI開発をリードする本田技術研究所 四 … 走行する公共交通としての自動運転車と、パーソナルカーとして、オーナーが行きたいところに、高精度地図データがない場所であっても移動するために使う自動運転車
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
韓国政府「2020年までに自動運転車の高速道路運行を可能に」規制見直す

政府はまた、2020年まで高速道路で自動運転車が運行できるよう関連規制を改正すると共に、自動運転車に搭載される9大主要部品と技術の開発に向けて、2021年まで1445億ウォン(約145億円)を投資する。2022年まで電気自動車を35万台に増やす計画も立てた。 産業部は政策推進の背景と関連し、「産業競争力が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転開発で重要なのはチップスペックではない」NVIDIAグプタ氏…GTC 2017

半導体メーカーのNVIDIAが12月12~13日に開催した技術イベント「GTC Japan 2017」において、NVIDIA Global Head – Solutions Architecture & Engineering, … 自動運転車は産業グレードのディープラーニングの活用例となる。それを … 自動運転車にディープラーニングを利用する際に考慮すべき点は、第一に安全性。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AI半導体「エヌビディア」は何がスゴいのか

エヌビディアのAIコンピューターを搭載した、自動運転車のプロトタイプ。 … 12月中旬、4000人を超える技術者たちが東京・お台場のホテルに詰めかけた。 … トヨタ以外にも、エヌビディアは米EVメーカーのテスラ、独高級大手のアウディとも次々に協業を進め、ハンドルがいらない「レベル5」の完全自動運転に対応するAI搭載 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
素材大手、次世代に投資

素材大手が次世代自動車向け材料の増産に乗り出す。つながる「コネクテッドカー」に不可欠なガラス材料について、積水化学工業は200億円を投じオランダ工場に生産ラインを増設し、クラレも韓国で18年から増産する。日本の素材大手は「CASE」と呼ばれる次世代カーの先端分野に積極投資し、基幹技術を握るとともに …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産 エクストレイル、プロパイロット標準装備の特別仕様を発売

特別仕様は上級グレード「20X」および「20Xハイブリッド」(ともに2列シート)をベースに、自動運転技術「プロパイロット」や、「インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)」、「RCTA(後退時車両検知警報)」、「ハイビームアシスト」、「インテリジェント アラウンドビューモニター」、「インテリジェント ルームミラー」などの運転 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
BMW、GMなどスタートアップや技術者採用・投資に熱心な5社の「AutoTech投資戦略」

自動運転技術」や「先進運転支援システム(ADAS)」に代表されるAutoTechとは、自動車運転の安全性や走行性の向上を目指す先端技術を指す。 …. メーカーとは対照的に、BMWは組織内にAV部門を開設し、インテル(Intel)やモービルアイ(Mobileye)といった大手テクノロジー企業と提携関係を結び、完全自動運転車の共同 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【絶賛発売中!】2018年版『間違いだらけのクルマ選び』

新型リーフ、テスラ・モデル3、VW e-ゴルフなどEVが続々登場、欧州ではエンジン規制まで話が進み、国産メーカーは遅れが指摘されるが……、それは本当なのか? 一方で、長足の進歩を遂げた自動運転技術を搭載の、レクサスLSやそのライバルが一斉登場。EVも自動運転も未来の話ではなく、いよいよ私たちの今日の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
モバイル技術を活用し、IoT時代を牽引 – クアルコムのIoT事業戦略

このような状況を背景に、12月15日に行われたクアルコムのIoT事業戦略会において、同社のシニアバイスプレジデントであるRaji Talluri(ラジ・タルーリ)氏は、「モバイル分野で培った技術が活きている」と同社製品の優位性を語った。 「例えば、自動運転の分野において、が得た情報を瞬時に処理し、ドライバーを適切に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
HV王者のトヨタがEVにアクセル踏み込む理由

トヨタ自動車が2017年の東京モーターショーに出品した「コンセプトアイ」の2車種。人工知能(AI)を搭載した電気自動車(EV)だ。今後はEVを含む電動車の … HV(ハイブリッド車)で圧倒的な世界シェアを誇るトヨタ自動車も、急速に進むEV(電気自動車)シフトには焦りと危機感を隠せなかった。 トヨタは12月18日、2025年頃 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日本最大のAI・人工知能の専門展!4月、ビッグサイトにて開催

リード エグジビション ジャパン(株)は、2018年4月4日(水)~6日(金)までの3日間、東京ビッグサイトにて「第2回 AI・人工知能EXPO」を開催する。 … 製造、IT、自動車・運輸、教育、メディア、広告など来場者の業種は幅広く、また会場で熱心に商談をする様子から「AI」は各業界が注目し、導入を進めていることがはっきりした。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
AI半導体「エヌビディア」は何がスゴいのか

たとえばトヨタは、自動運転車の頭脳にエヌビディアのスーパーコンピュータ「ドライブPX」を採用。実際にどの車種にいつ頃搭載されるのかは明らかでないが、自動運転に欠かせないといわれるAIの部分で、共同開発を進めている。 トヨタ以外にも、エヌビディアは米EVメーカーのテスラ、独高級大手のアウディとも次々に協業を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
BMW、GMなどスタートアップや技術者採用・投資に熱心な5社の「AutoTech投資戦略」

自動運転技術」や「先進運転支援システム(ADAS)」に代表されるAutoTechとは、自動車運転の安全性や走行性の向上を目指す先端技術を指す。 …. メーカーとは対照的に、BMWは組織内にAV部門を開設し、インテル(Intel)やモービルアイ(Mobileye)といった大手テクノロジー企業と提携関係を結び、完全自動運転車の共同 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「なぜアップルは秘密裏に開発していた「自動運転技術」を公開し始めたのか? WIRED.jp」など、2017年12月13日     ニュース

ニュース
なぜアップルは秘密裏に開発していた「自動運転技術」を公開し始めたのか?

サラクディノフの話からは、アップルが自動運転技術の開発に密かに注力している様子が垣間見えた。実際にアップルは、カリフォルニア州車両管理局(DMV)から今年4月、自律走行の試験を行う許可を得ており、CEOのティム・クックは6月に同社がこの技術に興味をもっていることを明らかにしていた。 アップルの自動車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【池原照雄の単眼複眼】トヨタ、2018年初めから第2世代安全技術展開…出遅れた車線維持アシストも

こうした予防安全技術の充実とともに、自動運転の要素技術である走行車線を維持するための自動操舵技術「レーントレーシングアシスト(LTA)」も新世代版の目玉となる。前方車両を追従するクルーズコントロール使用時に作動するもので、国内業界ではSUBARU(スバル)の「アイサイト」が先陣を切って14年に実用化、その後 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
LAオートショー2017リポート アメリカ

キャデラックがかねてより宣言していた自動運転技術のスーパークルーズが展示されていた。世界初の量産型ハンズフリー自動運転車で2018年に市販されるCT6に搭載される予定だ。自動運転モードが実行できるのはフリーウェイのみだが、各国がしのぎを削る自動運転技術でGMがその存在感をアピールした格好だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車分野の究極目的「完全自律走行」の実現に必要な技術とは?

ADASから高度ADAS、そして完全自動運転車までの道程には、インテリジェントで安全かつ堅牢なシリコン・ソリューションが必要なことは明らかです。 世界は多くの分野で間違いなく変化を続けており、そのほとんどが技術進歩によるものです。ほとんどすべての議論が完全自動車両や無人車両に関するものに集中している …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車はソフトウェアが定義する」NVIDIA ファンCEO…GTCジャパン基調講演

半導体メーカーのNVIDIAは、12月12~13日の2日間、技術イベント「GTC Japan 2017」を開催した。これに合わせて、同社CEOのジェンスン・ファン氏が来日し、13日に基調講演を行った。ファン氏はまず冒頭のあいさつで、会場の笑いを誘った。「日本に来るのが大好きだ。グレイトな人々、食事、文化…そしてラーメン(笑)。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
国内初、一般公道で「無人自動走行」実証評価 国交省らが実施 石川県で

経済産業省と国土交通省は12月13日、石川県輪島市の一般公道で国内初の車両内無人による自動走行の実証評価を18日に開始すると発表した。実証に用いる車両は、産業総合研究所に委託して開発した自動運転レベル4相当の技術を搭載した車両。遠隔にいる運転者の監視・操作の下で実施する。 国土交通省北陸信越 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
“半導体”最新技術の展示会、都内で始まる

人々の生活がより豊かになるような世界に半導体の用途がどんどん広がっていく」(東京エレクトロン コーポレート技術マーケティング部 山口忠之 部長). ドローン技術のほか、自動運転などさまざまな分野で半導体の需要は高まっていて、市場規模は昨年より36%も増加しています。この展示会は今月15日まで開かれます …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
カーシェア参入 新技術体感、顧客開拓狙う

来年1月15日から東京、神奈川、静岡、大阪、兵庫、滋賀、京都、和歌山、奈良の9都府県の日産販売店や日産レンタカー店舗などに約30カ所の拠点を構え、新型電気自動車「リーフ」か小型車「ノートe-POWER」を配備する。会員登録したメンバーの間で1台のを共有し、利用する。ショートタイム(15分200円)のほか、6 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アズジェント、自動車用認証ソリューション「SafeCAN」提供開始

現在、自動車メーカーをはじめとする多くの企業が自動運転車の開発に取り組んでいます。 … 自動車メーカーは、物理ハッキングだけでなく、クラウド-車両間のセキュアな通信を利用するためのOTA技術が使われることをセキュリティ上懸念していますが、彼らのセキュリティ対策はクラウド-ゲートウェイ間で終わってしまってい …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
走行位置のポジショニングも可能。研究中のレベル2自動運転を披露したZFジャパン

clicccar.com(クリッカー)
11月初旬に開催されたZFの新技術発表イベント「Vision Zero Days Japan」では、現在開発途中となるレベル2自動運転のデモンストレーションも行われました。 … デモではパソコンを操作して、車線内のどの位置に自をポジショニングするかのコントロールも可能となっていて、パソコンを操作することで自位置が右に左に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
九州最大「福岡モーターショー」15日に開幕 AI搭載試作車など200台集結

九州最大の自動車展示会「福岡モーターショー2017」が15日、福岡市で開幕する。トヨタ自動車など国内自動車メーカーが、燃料電池自動車人工知能(AI)といった最新技術を搭載した試作車を展示。新型車やバイクも含めた200台以上が集まり、新たなファンの獲得や取引拡大を目指す。 ホンダはAIなどの技術を活用して …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
あと3年で、日本の自動車メーカー等の「品質」は世界で通用しなくなるかもしれない

今年の「『現代用語の基礎知識』選 2017ユーキャン新語・流行語大賞」の候補には入らなかったが、「IoT」(Internet of Things:モノのインターネット)は間違いなく、今年流行ったビジネス用語だ。ビッグデータ、AI(Artificial Intelligence:人工知能)の2語とワンセットで「第4次産業革命」などと称されるが、その歴史をさかのぼると …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
コマツ AIで建機を自動制御へ 米ITメーカーと連携

建設業界で熟練労働者の不足が深刻化する中、建設機械大手の「コマツ」は、アメリカの大手ITメーカーと連携し、大型の建機を自動で制御するなど、AI=人工知能 … がエヌビディアのGPUをこぞって採用したほか、トヨタ自動車もことし5月、自動運転車の開発を加速させるためエヌビディアと提携したことを明らかにしています。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「テスラ、自動運転用に独自のAIチップを開発へ イーロン・マスクが語った構想の思惑 WIRED.jp」など、2017年12月12日     ニュース

ニュース
テスラ、自動運転用に独自のAIチップを開発へ イーロン・マスクが語った構想の思惑

テスラが自動運転技術を進化させるために人工知能(AI)のチップを独自開発していることを、イーロン・マスクが明らかにした。新チップによってクルマ自動運転 … 野心的なプロジェクトを加えた。テスラのクルマは将来、自社設計のチップを用いて自動運転の人工知能(AI)ソフトウェアを動かすことになるだろう、というのだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマの「完全自動運転」でなくなる職業・モノ全リスト

日産とホンダが開発するのは6段階中の「レベル4」で、運転はすべて自動。ハンドルやブレーキはついているが、ほとんど「飾り」に近い。 自動運転車が公道を走る日は、もっと早く訪れるかもしれない。日本政府は、「東京五輪」をメドに技術開発を急いでいて、五輪の来場者を乗せるバスやタクシーを「ドライバーレス」にすると宣言 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
インテルが買収した自動運転技術イスラエル企業「Mobileye」…シャシュア CEOとは何者か

1999年にイスラエルで設立されたモービルアイは、自動走行の中心的な技術となる「先端運転支援システム」(ADAS)を世界に先駆けて開発した企業だ。 ADASは、車線を離脱したり、歩行者や前方車両との追突の危険性があった際に警告してくれる「インテリジェント安全装置」である。モービルアイのADASは、前方車両と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
OKI、アヴネットとAI搭載の高度自動運転技術開発向け新型プラットフォームを共同開発

新型プラットフォームは、『AD(自動運転)はADAS(先進運転支援システム)の単純延長ではない』、かつ「コンパクト設計」の実現というコンセプトのもと開発されました。車載電子システムの機能安全要求レベルASIL-C(注7)に対応したMPSoCを2個搭載し、1つ目で多数のセンサー情報を処理して人物、車両、障害物の検出を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車、統合機運 国有大手3社が戦略提携 EV開発強化、外資に対抗

戦略提携で「国家チーム」を組むことによって、EV、人工知能(AI)、自動運転といった最先端分野の研究・開発力を高めると同時に、海外展開を加速し「中国ブランド」の国際化を … 国内メーカーにEVなど次世代技術の開発を奨励し、世界市場で主導権を握ることを目指す。3社の合併構想はそのための一手との見方が強い。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「カーシェアリング」参入 会員募集

交通エコロジー・モビリティ財団によると、国内の個人向けカーシェアリングの車両は、2010年の1265台から、15年は1万6418台と13倍に増加。日産は「シェアリングは今後確実に広まる。新車販売に与える影響もゼロではない」として、に対する需要が「保有」から「利用」へと変化する中、これまで中心だった新車販売以外 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
中国のAIは”大したことはやってない”のか

ディープラーニングを行っているわけではないため、正確にはAIとは言えないのだが、レーザーを照射して周辺の対象物を検出・測距するという、自動運転でも使われる技術を用いている。 この自動運転車を走らせているのは、大手ECコマース会社・京東。日本でいうAmazonのような企業で、注文された商品を無人で届けよう …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ボルボが目指す死傷者ゼロ、可能性が大きくなる1台…西村直人【カーオブザイヤー2017-18】

2020年までに新しいボルボでの交通事故による死亡者や重傷者の数をゼロにする」これはボルボが掲げている安全思想「Vision2020」の大きな目標です … 2017年、一気に注目度が高まった自律自動運転技術に関してもボルボは積極的ですが、XC60では全モデルを通して要素技術である「パイロットアシスト/運転の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【特集】「人工知能」関連に物色人気再燃の兆し、政府がAI用新型半導体支援<注目テーマ>

自動運転車、ロボット、バイオ創薬、ドローン、フィンテックなど市場の有力テーマである技術系分野において、AIはそれらに横ぐしを通すように密接に絡み、 … 打ち出しているが、直近、読売新聞などを通じて、自動運転車やロボットに搭載するAI向け新型半導体の開発支援に乗り出すことが伝わり、関連株を強く刺激している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
Tesla、独自のAIチップを開発中。イーロン・マスクが語る

ますます進化を続けるTesla(テスラ)の電気自動車ですが、CEOとして会社を率いるイーロン・マスク氏によれば、なんとTeslaは独自のAI(人工知能)チップを開発中だというのです。 マシンラーニング関連のカンファレンス、Neural Information Processing Systems(NIPS)に登壇したマスク氏は、「Teslaはソフトウェアやハード …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
統合機運 国有大手3社が戦略提携

3社はそれぞれ日系メーカーと合弁会社を設立するなど中国自動車産業の中核を担ってきた。しかし、売り上げの大半を合弁相手のブランド車に依存しており、独自ブランドの販売では精彩を欠いているのが実情だ。戦略提携で「国家チーム」を組むことによって、EV、人工知能(AI)、自動運転といった最先端分野の研究・開発力 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【GTC Japan 2017】トヨタやホンダも参加するNVIDIAの技術カンファレンスが開幕

GTC Japan 2017は、GPUテクノロジーに関わる人に向けて研究開発やビジネスに関連したセッションやトレーニングが用意されるイベント。カンファレンスセッションとしては、ディープラーニング、AI(人工知能)、GPU、HPCなどさまざまなテーマがあるが、自動車関連も充実したものとなっている。 同社のGPUはAIエンジンとして …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【電子版】17年の半導体製造装置市場、過去最高の559億ドルに SEMIが見通し

米SEMI(カリフォルニア州)は12日、2017年の半導体製造装置の世界販売額が前年比36.5%増の559億ドルとなり、過去最高を更新する見通しだと発表した。ITバブルだった00年に記録した477億ドルを初めて超える。世界の半導体市場が自動車やIoT(モノのインターネット)、AI(人工知能)、医療などで拡大し、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
フォードとアリババが戦略提携 スマート自動車開発でも協力

フォードとアリババは、多様な分野で戦略的に提携することで合意した。共同でスマート自動車の開発にも取り組み、人工知能、スマート移動サービス、デジタルマーケティングなどでも協力する。12月8日、中国… ご覧頂いている記事は、有料購読記事となります。 日本未公開の業界別情報を中心に、以下コンセプト沿った記事を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
統合機運 国有大手3社が戦略提携

3社はそれぞれ日系メーカーと合弁会社を設立するなど中国自動車産業の中核を担ってきた。しかし、売り上げの大半を合弁相手のブランドに依存しており、独自ブランドの販売では精彩を欠いているのが実情だ。戦略提携で「国家チーム」を組むことによって、EV、人工知能(AI)、自動運転といった最先端分野の研究・開発力 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「自動運転車では「タイヤ」も進化!路面状況に合わせて「トレッド」が変化 clicccar.com(クリッカー)」など、2017年12月9日     ニュース

ニュース
自動運転車では「タイヤ」も進化!路面状況に合わせて「トレッド」が変化

clicccar.com(クリッカー)
例えばタイヤのゴムが路面上の水を感知すると軟らかい材料に変化、タイヤが路面の凹凸に密着することで、人が運転しない自動運転車などでも安全に走れるようになると … このように自動運転技術の開発が加速するなか、唯一路面と接触している重要部品「タイヤ」についても、着々と進化に向けた準備が進んでいるようです。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
未来の、最新技術一堂に 大阪モーターショー開幕

国内外のメーカーが最新技術を駆使した未来のエコカーや新型のスポーツカー、バイクを出展。32のブランドから約350台が会場に勢ぞろいし、11日まで開かれる。 国内からはトヨタ自動車やホンダなどが参加し、人工知能(AI)を搭載した自動運転車や電気自動車(EV)の試作を公開した。 トヨタはAIが運転手と対話したり、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「ハンドルもペダルもない」完全自動運転EV、来春実証へ

ハンドルやアクセルペダルなどのない完全自動運転車の開発は国内初とみられる。 … と資本提携するヤマハ発動機の電動ゴルフカートをベースにし、車体には3次元(3D)プリンターを使った受託製造サービスのカブク(東京都新宿区)の技術を活用した。 … 完全自動運転車を巡っては市販を改造したの公道実験が進む。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産がカーシェアサービスに本格進出 「リーフ」など電動でファン獲得

若者のクルマ離れが指摘される中、電動の走りや先端技術を知ってもらい、ファン拡大につなげる。 サービスは日産系の販売店やレンタカーを扱う店舗などに設けるステーションで提供。当面は1カ所当たり1台、最上位グレードを用意する。リーフを置く拠点には充電器を設置し、自動運転技術などをアピール。対象車種は順次 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【イベント プレビュー&レビュー】「第1回 自動運転EXPO」

見どころには、レベル4の自動運転システムなどが挙げられる。 会期中は最新の業界動向が学べるセミナーも併催する。業界の第一線で活躍する講師の講演が予定されている。 このほかに「第10回[国際]カーエレクトロニクス技術展~カーエレJAPAN~」「第8回 クルマの軽量化 技術展」など5つの構成展を連動させ、来場者 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
テスラ、自動運転向け半導体を自前でも開発

自動運転の試作向けでは圧倒的シェアを誇る米画像処理半導体(GPU)大手エヌビディアへの依存を軽減する狙いがあるとみられる。 … テスラは米アップルや米半導体大手アドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)で実績を上げた著名技術者のジム・ケラー氏を引き抜き、AMDから人材を集めていた。 極端に短い納期とコスト …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ホンダが年明けのCESでコンセプトロボット

このほか、シリコンバレーを中心にスタートアップ企業と取り組むオープンイノベーションの技術なども紹介する。 具体的には、ドライバーの精神状態を把握し、自動運転時のドライビングスタイルを最適化する技術や、自動運転車に、高精細マップとリアルタイムの高精度位置情報を提供する技術、コネクテッドカー向けの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ソニーが実証実験を進める「SC-1」とは、どんな「クルマ」なのか?

運転者にトラブルがあった場合なども、車外から安全に操作することが可能なのだ。さらに自動運転に対応させるため、2次元のLiDARや超音波センサーも搭載し、映像認識技術やクラウドとの連携によって、完全自動運転のノウハウを蓄積することが期待されている。 2代目車両に導入されたもう一つの機能は、AIを利用した …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「2017年超モノづくり大賞」の贈賞式、記念シンポなど開催ーモノづくり日本会議

2008―13年に、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)のプロジェクトで「大型トラックの自動運転・隊列走行」を実施した。このプロジェクトは学術研究の意味合いが強かったこともあり、技術的には成功したが、実用化には至らなかった。実用化段階になると、プラットフォームや車両を誰がつくるのかといったことや、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
未来の車、最新技術一堂に 大阪モーターショー開幕

国内からはトヨタ自動車やホンダなどが参加し、人工知能(AI)を搭載した自動運転車や電気自動車(EV)の試作車を公開した。 トヨタはAIが運転手と対話したり、感情を読み取ったりする試作車「Concept 愛i(コンセプト・アイ)」を出展。中でも高齢者や車いすの利用者を想定したモデルは、目的地や途中経路の施設のバリア …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
「ハンドルもペダルもない」完全自動運転EV、来春実証へ

名古屋大学発ベンチャーのティアフォー(名古屋市中村区、武田一哉社長)は、米半導体大手のエヌビディアと業務提携し、完全自動運転の小型電気自動車(EV)を開発した。ハンドルやアクセルペダルなどのない完全自動運転車の開発は国内初とみられる。市街地や中山間地域での近距離移動を目的とする。実用化を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「ホンダ 自動運転の画像認識 香港のIT企業と共同開発 NHK」など、2017年12月7日     ニュース

ニュース
ホンダ 自動運転の画像認識 香港のIT企業と共同開発

大手自動車メ-カーのホンダは、人やの動きが複雑な市街地での自動運転の実用化に向けて、AI=人工知能の技術に強みを持つ香港のIT企業と共同で画像認識などの … 発表によりますと、ホンダは香港のIT企業、センスタイムと今後5年間、自動運転に欠かせない画像認識などの技術を共同開発することで合意しました。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
BlackBerry、コネクテッド・カーと自動運転車のセキュリティに関する枠組みを発表

サイバーセキュリティ・ソフトウェアを提供するカナダのBlackBerry Limitedは、コネクテッド・カーと自動運転車をサイバー攻撃から保護するために求められる枠組みを発表した。 最新技術とコネクティビティが自動車に実装されることで運転体験が向上する一方、自動車メーカーは解決すべきサイバーセキュリティに関する複雑な …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
《経済》 自動運転の公共交通 実証実験始まる

自動運転技術を活用したサービスを開発するSBドライブ(東京)と浜松市、スズキ、遠州鉄道は、自動で走るが地域の公共交通機関として住民の生活を支える未来を想定し、西区庄内地区で実証実験を始める。路線バスのように決まったルートを走る軽自動車を七日から十九日まで運行し、住民に利用してもらいながら課題を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ヤマハ発、CES初出展 AI搭載2輪など公開

人工知能(AI)搭載2輪や飛行ロボット(ドローン)、近距離移動を想定した自動運転技術を発信。分野の垣根を超えたパートナー探しや、オープンイノベーションによる技術革新と事業創出を目指す。 自動運転サービスの実現を目指す電動4輪モビリティ「06GEN=写真」は、路面画像認識によって自位置を確認。クラウド技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ウーバーの日本市場攻略が行き詰まったワケ

自家用で乗客を運ぶライドシェア(相乗り)の世界最大手、ウーバー・テクノロジーズが日本市場での方向転換を決めた。11月下旬、ウーバーのアジア事業を … その後もセクハラ問題やグーグル傘下で自動運転技術を開発するウェイモとの裁判ざたが続く。6月には責任をとって創業者カラニック氏がCEOを辞任する事態に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産とDeNAの配車サービスが一般向け実証実験、無人運転車投入は次のフェーズで

実証実験には一般のモニターに参加してもらい、2018年3月5~18日の2週間で実施する。車両は電気自動車「リーフ」の先代モデルをベースとした自動運転車で、運転席には人が座る。走行するのは、あらかじめ設定されたルートとなる。モニターは、スマートフォンのアプリを通じて行きたい場所の設定や配車の予約を行う。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
進む世界のEVシフト「トヨタが中国メーカーに追い抜かれる日」

電気自動車(EV)や自動運転の開発競争が世界的に激化し、中国企業は巨大市場を背に急成長中だ。世界を席巻 … 業績が安定しているトヨタグループの株価は、トヨタから1千円引くと豊田自動織機、2千円引くとデンソーといった相場観があった。それが … いずれもトヨタが得意なハイブリッド(HV)の技術から転用できる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【岩貞るみこの人道医】これ以上の「音」は無理なんですけれど? クルマの警告音を考える

すでにおなかいっぱいな状況であるにもかかわらず、自動運転の未来に向けて現在も、さまざまな運転支援技術の開発が続けられている。そして、開発者に話を聞くと、ほぼ全員が口をそろえて「コーション(注意喚起)もアラーム(警告)も、音!」と言っている。ちょっと待った。このまま単に上乗せされても私、もう、無理なんです …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
3D CADによるクルマと飛行機の設計・製作の支援(2)

前回から、乗り物(ヴィークル)を動かす過程ではなく、生み出す過程において情報通信技術が大活躍しているという話を取り上げている。今回は、クルマと飛行機を題材に、CAD/CAMの使われ方、3Dモデリング、自動運転について紹介しよう。執筆にあたっては、3D CADを提供しているダッソー・システムズに協力いただいた。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動走行し、空きスペースに自動駐車

自動運転やカーシェアリングなど、自動車の利用方法が大きく変わろうとしている中、これらの変化に先んじて技術開発を行うため、安心・安全分野の先端技術開発を … 自動バレー駐車とは、大規模駐車場にて車両が自動走行し、空きスペースに自動駐車するしくみであり、同社は上記共同研究と協業を含む活動の一環として、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
日本は潮流を生み出す先駆者だ! 自動車業界の覇権を握りつつある日本=中国

中国メーカーの自動車も近年は質の向上が見られるようになってきているのは事実で、中国で人気となっているSUV市場では販売が好調な中国車も存在する。 … また、人工知能を搭載したトヨタのコンセプトカー「Concept-i」などの存在を挙げたうえで、機能と美しさを兼ね備えた物作りは日本の工業デザインの最大の特徴だ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
車の進化を体感 大阪モーターショー8日開幕

西日本最大級の自動車展示会「第10回大阪モーターショー」(日本自動車販売協会連合会大阪府支部、日本自動車輸入組合、読売新聞大阪本社などの実行委員会主催)が8日、大阪市住之江区のインテックス大阪で開幕する。 国内外の32ブランドが出展する。人工知能(AI)を搭載した自動運転車や電気自動車(EV)の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ダッシュボードで注文・予約 GM、電子商取引スタート

車でのECをめぐっては米IT大手アマゾン・コムが来年から米欧で、ドイツ自動車大手BMWに音声を使った人工知能サービスを提供する予定で、自動車メーカーとIT企業が連携したサービスが広がりそうだ。 ロイター通信によると、EC開発に当たり米IT大手IBMと協力。利用者に手数料や通信費はかからず、ECに参加する業者 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ホンダ、自動運転を共同研究 中国のAIベンチャーと

両社の技術を持ち寄り、道路状況に応じてどんなリスクがあるかなどを予測する。安全な停止や回避といった行動がとれる自動運転車を開発する。将来はロボティクスの分野でも提携を拡大する予定だ。 ホンダは2025年をメドに一般道で自動運転技術の確立を目指している。AIでは人間の感情や運転のクセを分析する技術を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「日産とDeNA、一般參加できる自動運転タクシー実験を2018年3月に実施。事前登録受付中 Engadget 日本版」など、2017年12月6日     ニュース

ニュース
日産とDeNA、一般參加できる自動運転タクシー実験を2018年3月に実施。事前登録受付中

日産自動車とDeNAが、自動運転車両を利用した配車サービスの実証試験を、2018年3月5~18日の期間限定で実施すると発表しました。試験を実施する区域は横浜市みなとみらい … 自動運転技術を使うこの実証試験にわれわれ一般人が参加するには、まず事前登録が必要です。受付はすでに始まっており、2018年1月15 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
運転手いない遠隔型自動運転、14日初の公道実験

愛知県は、運転席にドライバーが乗らない自動運転の実証実験を14日に同県幸田町で行う方針を決めた。警察庁によると、公道で遠隔制御の自動運転車を走らせるのは全国初という。県は、自動運転技術の実用化に向けた一歩とする考えだ。 実験は、3次元地図の作製に強いアイサンテクノロジー(名古屋市)、名古屋大学発 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
“地域限定”群馬大で研究進む 路線バスや駐車場、生活圏内のニーズに対応 /群馬

今月2日、前橋市荒牧町の群馬大で開かれた、自動運転技術に関するシンポジウム。群馬大の … 自動運転の研究は、大学や自動車メーカー、IT企業などが取り組んでいる。小木津氏によると、自動車メーカーが進めているのは主に、前橋や東京、北海道など全国のどこでも機能する自動運転技術の研究。しかし、地域 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【インタビュー】“空気を読む”AIを目指す…ホンダ AI研究開発グループ 安井裕司氏

自動運転の実現に向けたAI技術を読み解くため、業界のキーパーソンに各社の取り組みについて話を聞いた。第1回目となる今回は、本田技術研究所 四輪R&Dセンター 統合制御開発室 ADブロック 自動運転用AI研究開発グループ グループリーダの安井裕司氏。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米・GMが小型EVによる「完全自動運転」タクシーサービスをニューヨーク市内で実証へ

clicccar.com(クリッカー)
米GMが2019年をめどに、米国の複数の都市で同社製の無人自動運転車を使ったタクシーサービスを開始するそうです。 … 一方、米アリゾナ州フェニックスではGoogle系の「ウェイモ(Waymo)」が同様のサービスを既にスタートさせていますが、GMとしては技術的難易度や需要度がより高い大都市でのサービスを目指してい …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「匠の技」頼みの日本自動車メーカーの危機—— VRでの新車開発でドイツに完敗

シーン」とは映画の場面と同じ意味で、開発段階でクルマのソフトウエアにあらゆるシーンを覚え込ませて、判断できるようにするのだ。 これが完全自動運転のレベルになると、億単位のシーンを想定しなければならなくなる。とても実車を使った開発は到底無理だ。もし、VRを使わなければ技術完成までに100万年かかるといった …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
オン・セミコンダクター、車両の電動化などに向けた事業戦略記者説明会

オン・セミコンダクターは12月5日、自動車向けソリューションを中心とした同社の事業戦略についての説明会を開催した。 同社は半導体技術を使いながら、自動車の電装化や自動運転、ロボット化する産業機器、IoTを牽引する通信などの分野に注力してビジネスを展開している企業。 説明会にはオン・セミコンダクター …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【高論卓説】欧米で過熱化する「自動車2.0」 (1/2ページ)

11月末の米サンフランシスコには、ゼネラル・モーターズ(GM)の「インベスターズ・ディ」に世界の投資家が集結した。同社の成長戦略の要である自動運転技術のお披露目やビジネスモデルの発表に加え、買収した自動運転のソフトウエア開発会社クルーズ・オートメーションが手掛けるレベル4(高度自動運転)の自動運転車の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アウディ、AI導入のカメラ開発—レベル3自動運転でも人工知能は必須

アウディが今回発表した単眼カメラは、車両の周囲の状況を正確に把握することを可能にする技術。このカメラは、車両前方約120度の範囲を対象に、解像度1.3メガピクセルの画像を1秒間に15枚撮影する。この画像 … 新型アウディ『A8』が搭載するレベル3の自動運転でも、人工知能が必須のテクノロジーになる、としている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
フォード、中国で50車種投入 25年までに

電気自動車(EV)かハイブリッド(HV)で15車種以上、多目的スポーツ(SUV)で8車種を発売する。19年末までに中国で販売する全ての新車に通信機能を … 中国ネット大手、百度とは自動運転技術を開発しているほか、中国の中堅自動車メーカー、衆泰汽車(浙江省)とはEV合弁を設立し、新工場を建設する計画もある。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
アウディ、AI導入のカメラ開発—レベル3自動運転でも人工知能は必須

アウディ、AI導入のカメラ開発—レベル3自動運転でも人工知能は必須 … アウディは12月4日、米国カリフォルニア州で開幕したNIPS(神経情報処理システム)カンファレンスにおいて、人工知能(AI)を用いて極めて精密な3D環境モデルを構築 … アウディは前回の2016年、自動車メーカーとして初めて、NIPSに参加している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
GM、電子商取引に参入 車載画面で注文、予約

車でのECを巡っては米IT大手アマゾン・コムが来年から米欧で、ドイツ自動車大手BMWに音声を使った人工知能サービスを提供する予定で、自動車メーカーとIT企業が連携したサービスが広がりそうだ。 ロイター通信によると、EC開発に当たり米IT大手IBMと協力。利用者に手数料や通信費はかからず、ECに参加する業者 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【トップ近況】日本損害保険協会・原典之会長、自動車保険に大きな変化予想「環境整備を一層加速していく」

日本損害保険協会の原典之会長(62)は「今まで以上にフォワードルッキング(先読み)な視点で環境変化に対応することが必要だ」と語る。協会創立100周年を迎え、さらなる業界の発展を目指す。 人工知能(AI)やビッグデータ、自動運転車といった技術の進歩で主力の自動車保険などに大きな変化が予想される。各社が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「高速道路ではレベル4が走り、駐車場は不要になる――2020年の自動運転と都市のモビリティー TechCrunch Japan」など、2017年11月29日     ニュース

ニュース
高速道路ではレベル4が走り、駐車場は不要になる――2020年の自動運転と都市のモビリティー

iNEXTの自動運転技術は運転手との協調性に重点を置いているようで、当日流されたコンセプトムービーでは、普段は人間が運転しながらも、テレビ電話中は自動車が代わりに運転したり、運転手を目的地まで届けた後はクルマが自分で帰っていく様子も映されていた。さながらSF映画の世界のようだが、それが実現する日は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車技術のWaymo、一般道路走行距離400万マイル(644万キロ)に到達

Pocket. waymo. Google親会社Alphabetの傘下にある自動運転車開発企業Waymoは、一般道路でのテスト走行距離400万マイル(644万キロ)を達成しました。 … Waymoの自動運転車技術は、一般道路でのテストと、予測できない実際環境のシナリオを想定した私道での実験の組み合わせにより開発が行なわれています。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
動画わかる最新自動運転! 日産が公道テストで魅せた巧みすぎる「高速道路合流」

日産自動車は、2020年以降の実用化を目指した最新の自動運転実験車両での公道テストを開始し、その体験走行会をメディア関係者向けに実施した。実験車両はインフィニティQ50(日本名:スカイライン)をベースとし、そこに新世代のProPILOT技術を搭載。目的地をナビゲーションで設定するだけで、一般道と高速道を含む …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
デジタル地図HERE、独企業を買収…コネクトカーや自動運転車のソフト更新のセキュリティ向上へ

今回の買収は、コネクトカーや自動運転車の無線によるソフト更新を、安全に行うのが狙い。ATSはデータ、ソフトウェア、ファームウェアを安全でコスト効果の高い方法で多くの車両に配信するためのオープンソースおよびオープンスタンダードのOTA(オーバー・ジ・エア)技術に特化した企業。自動車メーカーなどに、その技術を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ホンダとソフトバンク提携 何がスゴイのか「つながる

いまいちピンとこない―――ソフトバンクと、ホンダの子会社の本田技術研究所は今月16日、をインターネットに常時接続する「コネクテッドカー(つながる)」の共同研究で合意したと発表した。ホンダがこの … 確かに、自動運転が実現すれば、つながるが渋滞情報、目的地検索などが情報を収集し、運転してくれます。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
デンソー・NEC、共同出資で車載器開発

デンソーとNECは2016年4月に車載ソフトのシステム基盤開発で共同出資会社を設立し、同12月には自動運転など次世代自動車の開発で提携していた。デンソーは自社で車載通信機器やメーターなどの企画や初期設計をし、NECプラットフォームズに詳細設計や性能評価などを委託していた。企画段階から両社の技術者が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、役員人事を前倒し 副社長にデンソーの小林氏

高級ブランド「レクサス」部門の加古慈(ちか)チーフエンジニア(50)を生え抜きの女性社員として初めて常務役員に起用する。アフリカに … 自動運転技術の開発や世界的な電気自動車(EV)シフトに備える。従来は4月 … 友山氏も豊田社長に近く、に通信機器を搭載して幅広いサービスを行う事業などを担当。吉田氏は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
シャーシの挙動をラボで再現、計測できるシステム…東陽テクニカが開発

DMTSは、東陽テクニカの「輸入商社からソリューションプロバイダーへ」という成長戦略に基づき、2017年1月に設立された同社の技術研究所の成果物としてリリースされるもので、 … 自動運転車両が、障害物を検知したときに、どのように減速し、どのようにハンドルを切るか、ラボで評価したいというニーズを強く感じている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車両、山あい走行=富山県南砺市〔地域〕

富山県南砺市の山あいの公道で26日、国土交通省の自動運転車両の実証実験が始まった。全国13カ所で9月から始まっ … 自動運転技術の普及は、人口減少時代の到来を見据えて同省が推進。南砺市では、レーダーと事前測量のデータを基に自動走行する4人乗りの車両を使って実験している。公道での無人車両走行は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
インフィニティ QX50 新型発表…プロパイロット搭載【ロサンゼルスモーターショー2017】

日産自動車の海外向け高級ブランド、インフィニティは11月28日、米国で開催したロサンゼルスモーターショー2017のプレビューイベントにおいて、新型『QX50』を初公開した。 … 新型QX50には、高速道路の単一車線において、アクセル、ブレーキ、ステアリング操作を自動で制御する自動運転技術「プロパイロット」を搭載。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
トヨタがさらなる体制変更、「生きるか死ぬか」という瀬戸際の戦いに臨む

小木曽氏は、商用車を担当するCVカンパニーのプレジデントをチーフエンジニア兼務で務めることになる。なお、アドヴィックスの社長には、小木曽氏に代わって、トヨタ自動車で専務役員 経理本部本部長を務めた大竹哲也氏が就任する。 また、米国シリコンバレーを拠点にAI(人工知能)など先進技術の開発を進めているToyota …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ車に搭載 LINE開発AIアシスタント「Clova」、その実力とは?

現在、さまざまなジャンルで導入が進む人工知能自動車業界においても、音声を認識し、要求された検索などのタスクを実行する「AIアシスタント」が注目を集めている。2018年からは、「LINE」が開発したAIアシスタント「Clova(クローバ)」とトヨタ自動車による連携もスタート。これにより、一体どんなことが可能になるのだろうか …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
オートモビリティーLAの新興企業トップ10コンペでスイスのWayRayにグランプリ

今年のトップ10新興企業には、自動運転車のソフトウエア・管理ソリューション、人工知能のデベロッパー、自動車相乗りのソフトウエアプロバイダー、電気自動車充電ツールなどを代表する幅広いファイナリストが含まれていた。今年の入賞者には、各社の開発推進を支援する貴重なビジネスツールなど総額20万ドル相当の賞品 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【電子版】ウェイモ、自動運転公道テスト 走行距離640万キロ超

… 【ロサンゼルス時事】米IT大手グーグルの自動運転部門が分社したウェイモのクラフチック最高経営責任者(CEO)は28日、自動運転車による公道試験の走行距離が累計400万マイル(約640万キロ)を超えたと明らかにした。平均的な米国人が約300年かけて到達する走行距離という。12月1日に一般公開するロサンゼルス …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ホンダとソフトバンク提携 何がスゴイのか「つながる車」

ソフトバンクとホンダは、人工知能(AI)技術を自動車で活用するための共同研究を既に進めている。 両社は2018年度から共同研究を本格的に始める。北海道鷹栖町にある同研究所 … つながる車をめぐっては、トヨタ自動車がNTT、LINEと提携。海外では独フォルクスワーゲン(VW)が韓国のLG電子と提携するなど、国境を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ホンダとソフトバンク提携 何がスゴイのか「つながる

確かに、自動運転が実現すれば、つながるが渋滞情報、目的地検索などが情報を収集し、運転してくれます。大変便利ですが、ただ、自動運転はまだまだ先の話。それにがネットにつながっていなくても、スマホを車内に持ち込めば、ネットの操作はできます。利用者が、“普通”ののネットをわざわざ使うか、疑問です」
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
デンソー・NEC、共同出資で車載器開発

NECの持つ無線通信やソフト、人工知能(AI)、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」のノウハウを生かし、コネクテッドカーのような次世代を見据えた車載機器の研究 … デンソーとNECは2016年4月に車載ソフトのシステム基盤開発で共同出資会社を設立し、同12月には自動運転など次世代自動車の開発で提携していた。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「GMは「低コストなLiDAR」のスタートアップを買収し、自動運転の「重要なピース」を手に入れた WIRED.jp」など、2017年11月17日     ニュース

ニュース
GMは「低コストなLiDAR」のスタートアップを買収し、自動運転の「重要なピース」を手に入れた

自動運転の鍵となる技術をもつスタートアップ、Strobeを買収したのだ。 これにより、GMが2016年3月に買収した自律走行のスタートアップCruise Automation …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
広州モーターショー、主役は新エネ 日本勢も積極姿勢

同時に自動車の制御技術の進歩も著しい。自動運転技術を手がけるネット検索大手の百度の李彦宏会長は16日の自社イベントで、国内メーカーと協力して18 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ホンダ、突破口は社外から ソフトバンクと「つながるクルマ

ホンダ、突破口は社外から ソフトバンクと「つながるクルマ」 … ホンダは16日、第5世代「5G」と呼ぶ次世代の高速通信技術を使うコネクテッドカー(つながる) … 外部依存を強めるのは自動運転、電動化といったを取り巻く環境変化に単独で対応し …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
時代遅れの規制で電気自動車が行き詰まる

米ペンシルベニア州ピッツバーグで公道走行実験に臨むウーバーの自動運転車。 … ICタグの技術は新しいものではない。20年ぐらい前にも「ユビキタス」などと …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「空飛ぶ自動車」の開発企業Terrafugia、ボルボ親会社の中国企業Geelyが買収

すでにGeelyの支援を受け、技術者チームの規模を3倍に拡大させている。 … なお、空飛ぶ自動運転車はTerrafugia以外に、AirbusやAeroMobilも実現を目指し …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【日本自動車殿堂】2017-18イヤーカーはホンダ N-BOX に決定

より洗練された孤高の北欧調スタイリング、15 種類以上の運転支援技術を標準装備し、EV 自動運転を見据えた新世代プラットフォームの数々の優れた特徴が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
効率倍増、放射線にも強い、NECが独自FPGA事業化

自動運転車、パーソナルモビリティー、超小型EV、自動搬送(AGV)、ドローン…。これらのモビリティー機器を形作る各種の要素技術の最新動向を、日経 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
コンチネンタル、最新のHUD(ヘッドアップディスプレー)をリンカーンに供給開始

コンチネンタルは、デジタルマイクロミラーデバイス(DMD)技術を搭載したヘッドアップディスプレー(HUD)の生産を開始 … このようなドライバーと車両の直感的な相互作用は、自動運転実現に向けた重要なステップだ、とコンチネンタルは考えている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【見解】EVシフト、世界の潮流に 経済部・具志堅聡

自動車メーカーのトップらが経営戦略や未来の作りについて語る場でもある。 … 先行する日産自動車は完全自動運転を実現するEVなどを披露。 … また、自動車メーカーをトップとする産業構造は、高品質な技術やコスト削減を実現する源泉となっ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
テスラ、電動セミトラックを発表 スポーツカーの新モデルも

… な貨物輸送を提供するというマスク氏の構想の一環。同氏は、このトラックの定価を示さず、維持費はディーゼルより安くなるほか、自動運転技術を利用する …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
主役はEV 中国新規制で計画前倒し

中国政府は自動車各社に一定割合で新エネ車の生産を義務付ける新規制 … モーターショーでも、中国自動車大手、北汽集団が人工知能(AI)を組み込ん …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ホンダ・ソフトバンク

ホンダとソフトバンクは自動車用の人工知能(AI)技術でも共同研究を進める。自動車自体がAIによる「感情」を持ち、運転手の気持ちを推し量るなど高度な …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【CES 2018】トヨタ、プレスカンファレンスを予定…日本の自動車メーカーで唯一

人工知能(AI)が可能にした「人と会話できる車」を提案していた。 … からの予定。日本の自動車メーカーでプレスカンファレンスを行うのは、トヨタが唯一となる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ホンダ、突破口は社外から ソフトバンクと「つながるクルマ

八郷社長はグラブとの提携について「所有を前提としない新しい売り方を学ぶため」と話す。外部依存を強めるのは自動運転、電動化といったを取り巻く環境変化 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
中国 広州モーターショー開幕 EVモデル競う

このうち地元、広東省の「広汽自動車」はIT企業と提携して、の中のパネルでメッセージをやり取りしたり、自動運転の間に映画を見たりできる電気自動車の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「米国立の自動運転向け新テスト施設 車部品大手が出資 日本経済新聞」など、2017年11月16日     ニュース

ニュース
米国立の自動運転向け新テスト施設 部品大手が出資

Visteonは、2018年に開催される米家電見本市「CES」で発表予定の人工知能(AI)ベースの自動運転プラットフォーム「DriveCore」に関する技術試験と検証を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転やコネクトをドライバーがどう使うか、どう感じるか…米トヨタが研究へ

この研究プロジェクトは、自動運転や運転支援などの先進的な車両技術を、ドライバーがどのように使い、感じるかに関する理解を深めるために行うもの。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車王国・中部 一丸で挑む

人工知能(AI)を使って乗員の眠気や心理状態などを推定し、自動運転技術と … 自動運転時代を見据えてオールジャパンで高速道路の高精度地図を整備する …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
福井県・永平寺町・パナソニック,廃線跡を活用した自動運転車両走行の実証実験を実施

福井県と永平寺町はパナソニックと共同で,永平寺町にある遊歩道「永平寺参ろーど」を活用した自動運転車両走行の実証実験を2019年3月末日まで実施すると …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転へ高まる期待 東近江で実証実験

交通網が縮小する過疎地の交通手段として注目される自動運転車の実証実験が、 … 例えば、前方に停車中のを認識したとき、対向を確認した上で、車線を … 車両を開発した東京大発のベンチャー企業「先進モビリティ」の現場技術責任者、江尻 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
メルセデス・ベンツ「S 560 4MATIC ロング」(車両形式:DBA-222186)/「S 400」(車両形式:DBA-222066)

新型Sクラスでは先進運転支援システムで備える「アクティブディスタンス …. その理由として、近い将来に訪れる自律自動運転技術の市販化が挙げられる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
メルセデス・ベンツ Sクラス 試乗レポート

ラグジュアリーセダンの王道として支持されているSクラスがマイナーチェンジ。進化のポイントは、運転支援技術の向上、そしてテレマティクス機能が新たに搭載 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
目指すは欧州トップブランド!“ミスターGT-R”が手掛ける台湾SUVに試乗

そしてこれらは来るべき自動運転社会にとっても欠かすことのできないもの。自動運転には多くのセンシング技術や使われますが、それらが協調してクルマを正しく …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ドライバーの「暑い」「寒い」を見分け車内環境を変化、居眠り防止へ

パナソニックは自動車の運転手が感じる「暑い」「寒い」という感覚を見分ける … の安全機能を強化するメーカーなどと仕様のすり合わせを始めており、2018年度 … 今後、自動運転技術が普及すれば運転手の緊張感が緩み、眠気を感じる機会が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動車王国・中部 一丸で挑む

人工知能(AI)を使って乗員の眠気や心理状態などを推定し、自動運転技術と … 自動車が電動化する大きな流れは止められないが、全ての車がEVになるには …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ホンダ、ソフトバンクと「つながる車」を共同研究

自動車の次世代化が進む中で業種を超えた企業間の提携が活発になっている。ホンダはソフトバンクとは人工知能(AI)の分野で協力している。トヨタ自動車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
組込み総合技術展、自動車向けOS新製品やAI実装型エッジコンピューティングの発表相次ぐ

組込み総合技術展、自動車向けOS新製品やAI実装型エッジコンピューティングの発表相次ぐ … エッジにプログラム可能な演算チップの「FPGA」を採用し、クラウド側で学習したAI(人工知能)ロジックをFPGAチップに反映できる仕組みにしたことだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
現代自動車、米シリコンバレーに革新拠点を設置

現代自動車グループは15日、米シリコンバレーに人工知能(AI)、自動走行、ロボットなどの未来技術の研究開発を行う革新拠点「現代クラドル」を設けたと発表 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ホンダとソフトバンク 「コネクテッドカー」開発で提携

世界の自動車メーカーがをインターネットにつなげる次世代の「コネクテッドカー」の開発を加速させる中、ホンダはこの分野で通信大手のソフトバンクと提携 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車王国・中部 一丸で挑む

トヨタとマツダは8月に資本業務提携を発表。米国で新工場を共同で …. この周辺の公道でリコーとともに自動運転車を走らせているのがAZAPA(名古屋市)だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「自動運転、五輪で主役デビュー 競技場まで選手送迎も 日本経済新聞」など、2017年11月10日     ニュース

ニュース
自動運転、五輪で主役デビュー 競技場まで選手送迎も

このため、長い年月をかけて運転手のデータが蓄積され、「単なるクルマに … などとも提携するなど、これまでの「自前主義」にこだわらない開発体制も敷き、自動運転 … 高速道路入り口を通過すると自動運転モードに切り替わり、前方車両の追い越し …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ウーバーが「空飛ぶタクシー」実験、管制でNASAと提携

将来的には無人運転にする方針。空の自動運転は地上に比べ障害物が少なく、空間に余裕があるため、技術的には自動運転車よりも早く実現できるといわれて …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
人工知能社会へ、また一歩 完全自動運転で先行、米で配車試験へ

将来、自動車産業を大きく変える可能性を秘めることから、日本勢を含む自動車大手や米アップル、米配車サービスのウーバー・テクノロジーズなどが相次いで …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタに強気評価、国内有力証券は目標株価引き上げ

同証券では18年3月期の連結営業利益を会社計画の2兆円から2兆500億円(前期3%増)への再増額修正を予想。また、電気自動車(EV)やAI(人工知能) …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
BMWコネクテッド、Googleアシスタントと連携へ

Googleアシスタントは、グーグル(Google)が開発したAI(人工知能)アシスタント。「Ok Google」と話しかける、またはホームボタンを長押しするだけで会話を始め …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【横浜ゴム】タイヤ設計と材料開発にAI活用

横浜ゴムは10月23日、タイヤのゴム材料と形状設計にAI(人工知能)を活用したタイヤ設計技術を開発したと発表した。高性能タイヤの開発精度や開発スピードを …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
東京モーターショーを一般公開 「未来の車」へ信頼確保も

… ショーの一般公開が28日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で始まった。国内外の約150社が参加し、自動運転や電気自動車(EV)、人工知能(AI)などの先端.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
三菱電機、準天頂衛星「みちびき」を利用する自動運転も発表した「アドバンストソリューション2017」

このクルマで実際に道路を走行することで、建物、白線、標識などの道路周辺情報を3次元レーザー点群とカメラ画像で取得し、AI技術も用いて自動運転用の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車大国日本が誇る「つながるクルマ」は何が間違っているのか (1/3)

… システムとセキュリティ」「自動運転時代のコネクティビティとデータ活用」(以上、初日)、「次世代コネクティッド・自動運転技術」「スマートモビリティと次世代の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
《日経Robo》社外取締役は久多良木氏、恵比寿にある謎のAIベンチャー

米国、カナダ、中国、インド、ドイツなど世界10カ国以上から集まったエンジニア約20人がディープラーニング技術や強化学習をロボットや自動運転車に生かすべく …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【藤井真治のフォーカス・オン】コネクティッドカーは儲かるのか?“クルマ屋”の限界と可能性

EVの商品化で先行している日産は新型『リーフ』とその延長上にある自動運転車を … 日産は東館の大きな展示コーナーと同じく、ここでも新型リーフとその技術が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ソニーのはゲームコントローラーで運転!? – ドコモ「5Gが創る未来のライフスタイル」から

次世代通信技術「5G」は、私たちの生活にどのような変化をもたらすのでしょうか? … ところで、未来のクルマとなると自動運転にも注目が集まっています。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
かえひろみが未来のEVや自動運転技術に触れる! 東京モーターショー2017!【日産・三菱・マツダ編】

2017年10月27日(金)~11月5日(日)の期間で行われた「第45回 東京モーターショー2017」。FM NACK 5「Nutty Radio Show THE魂」やラジオ日本「Hello!
Google Plus Facebook