「現代自、対話型音声認識 米社と開発 19年新車にAIスピーカー 日本経済新聞」など、2017年12月22日     ニュース

ニュース
現代自、対話型音声認識 米社と開発 19年新車にAIスピーカー

【ソウル=山田健一】韓国・現代自動車は21日、人工知能(AI)を使った対話型の音声認識機能を2019年から新車に搭載すると発表した。三菱自動車もクルマのエアコンなどを操作する技術を18年から導入する。トヨタ自動車を含む自動車各社はネットに常時接続する「つながるクルマ(コネクテッドカー)」の商用化を急いで …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ウェイモ、自動運転車に保険を適用 来年にはサービス開始へ

自動運転技術の商業化を目指すウェイモにとって、今回のTrovとの提携は最新のニュースだ。11月には、米国最大の自動車ディーラー「AutoNation」と車両の保守サービスで提携し、レンタカー大手の「エイビス(Avis)」とも、フェニックス地域における車両の保守・管理でパートナーシップを締結した。また、複数の団体と共同で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
パナソニック、創業100年で“脱家電” 自動車関連に社運 トヨタ、テスラと提携強化

来年3月に創業100周年を迎えるパナソニックは「脱家電」にかじを切り、市場拡大が見込まれる電気自動車(EV)向けなどの車載用電池や自動運転といった自動車関連事業に社運をかけている。2021年度までに関連売上高を現在の約2倍の2兆5000億円に引き上げる方針。中でも世界シェア首位の車載用電池でさらなる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ウェイモ、自動運転車に保険を適用 来年にはサービス開始へ

ウェイモは、グーグルが長年に渡って研究開発を進めてきた自動運転技術を商業化する目的で2016年に設立された。同社は、フェニックスでクライスラーのミニバン「パシフィカ」にセンサーやソフトを搭載して実験を繰り返してきたが、商用の配車サービスを開始することを11月に発表していた。配備される車両の台数や対象と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転の「目」を作るエンジニア社長

今日、ベロダインは高度なライダー機器のトップサプライヤーだ。同社のセンサーは自動運転車の製造や試験を行うほとんどすべての自動車メーカーとIT企業に販売されている。大口の顧客にはGM、フォード、ウーバー、中国の百度(バイドゥ)などが名を連ねる。キャタピラーも巨大な無人の鉱山用トラックにベロダインの技術を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
フィンランドの研究車両「Martti」が雪道での完全自動運転に成功!

フィンランド技術研究センター(VTT)は、雪道で完全自動運転を走らせることに成功した。 最高速度は時速40キロ。 … 運転技術の向上の一環。VTTは今後、レーダーの解像度を高めたりセンサー能力をモニターするソフトウェアの高度化を図ったりしながら、さまざまな環境下で自動運転走行する技術の確立を目指すという。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
オン・セミコンダクター、完全自動運転とコネクトカー向け新技術をCES 2018で公開予定…

これは、の正面、周囲、背面の画像、ドライバー監視など、さまざまな先進運転支援システム (ADAS)アプリケーションに必要な最新のイメージセンサー。同社のイメージセンサーは、解像度、明瞭度、低照度や照度が混在した状態、レベル3以上の自動運転に必要な堅牢性に関して、現在や将来の性能要件を満たしている …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
埼工大が深谷市の公道で自動運転実証実験を開始!私大では唯一のSIP参加

埼工大では、チームを発足し自動運転研究をはじめて3年目になる。まさに「自動運転自動車」は最先端の技術であり、今もっとも注目されている研究の一つ。AIをはじめ、幅広い分野でプロジェクトに関わることができるため興味のある学生も多い。現状では情報処理系の4年生が7人、3年生が5人、博士課程が1人 博士研究員( …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転バスが都心部を初走行

同バスは定員15人で、ハンドル、運転席はなく、あらかじめ設定されたルートを自律走行する。GPS(全地球測位システム)での地図上の位置を、レーザースキャナーで周囲の障害物などを検知する。今回は、高層ビルに囲まれた場所のため、GPSは使用していない。ソフトバンクは、自動運転技術の事業化に向け、様々な …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ダイハツ「DNGAの開発で先進技術の導入加速」東京モーターショー2017

冒頭、奥平総一郎社長は「創業以来、小さなクルマづくりにこだわってきた。今後も軽自動車を核としたダイハツならではのクルマづくりをDNGAで実現していきたい。DNGAの開発にはEVや自動運転などの先進技術も含まれる。例えばダイハツが軽自動やで初めて実現した衝突回避システムであるスマートアシストのように、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
新型「リーフ」はEVではない!?

リーフ」は、自動運転レベル2にあたる高速道路場での同一車線自動運転技術「プロパイロット」に加え、ボタンを押すだけで、ハンドルやシフト操作をすることなく駐車できる「プロパイロット … 「EVは手の届かない未来のクルマではなくて、もう、現実として、みなさんの手の届くクルマなんだということを、表現したんですね。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
パイオニア、世界最大のコンシューマー・エレクトロニクス見本市「CES 2018」に出展

室空間における『総合インフォテインメント』のリーディングカンパニーを目指すPioneer Electronics (USA) Inc.のブースでは、自動運転社会に向けて開発を進めているさまざまな先進技術や、クルマのコネクテッド化を実現する最新のカーエレクトロニクス製品が展示される予定。 【主な出展内容】 1) コンセプト・コックピット( …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ロボットが荷物を配達、実用化向け実証実験

日本郵便は21日、ロボットで荷物を配達する実証実験を福島県南相馬市原町区桜井町の市スポーツセンターで行った。 配送ロボットは、自動運転技術を研究する「ZMP」(東京都文京区)が開発。荷物を入れる箱が両側に計6か所あり、最大で重さ100キロまで運ぶことができる。障害物を感知するレーザーセンサーやカメラ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「テスラ、自動運転用に独自のAIチップを開発へ イーロン・マスクが語った構想の思惑 WIRED.jp」など、2017年12月12日     ニュース

ニュース
テスラ、自動運転用に独自のAIチップを開発へ イーロン・マスクが語った構想の思惑

テスラが自動運転技術を進化させるために人工知能(AI)のチップを独自開発していることを、イーロン・マスクが明らかにした。新チップによってクルマ自動運転 … 野心的なプロジェクトを加えた。テスラのクルマは将来、自社設計のチップを用いて自動運転の人工知能(AI)ソフトウェアを動かすことになるだろう、というのだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマの「完全自動運転」でなくなる職業・モノ全リスト

日産とホンダが開発するのは6段階中の「レベル4」で、運転はすべて自動。ハンドルやブレーキはついているが、ほとんど「飾り」に近い。 自動運転車が公道を走る日は、もっと早く訪れるかもしれない。日本政府は、「東京五輪」をメドに技術開発を急いでいて、五輪の来場者を乗せるバスやタクシーを「ドライバーレス」にすると宣言 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
インテルが買収した自動運転技術イスラエル企業「Mobileye」…シャシュア CEOとは何者か

1999年にイスラエルで設立されたモービルアイは、自動走行の中心的な技術となる「先端運転支援システム」(ADAS)を世界に先駆けて開発した企業だ。 ADASは、車線を離脱したり、歩行者や前方車両との追突の危険性があった際に警告してくれる「インテリジェント安全装置」である。モービルアイのADASは、前方車両と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
OKI、アヴネットとAI搭載の高度自動運転技術開発向け新型プラットフォームを共同開発

新型プラットフォームは、『AD(自動運転)はADAS(先進運転支援システム)の単純延長ではない』、かつ「コンパクト設計」の実現というコンセプトのもと開発されました。車載電子システムの機能安全要求レベルASIL-C(注7)に対応したMPSoCを2個搭載し、1つ目で多数のセンサー情報を処理して人物、車両、障害物の検出を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車、統合機運 国有大手3社が戦略提携 EV開発強化、外資に対抗

戦略提携で「国家チーム」を組むことによって、EV、人工知能(AI)、自動運転といった最先端分野の研究・開発力を高めると同時に、海外展開を加速し「中国ブランド」の国際化を … 国内メーカーにEVなど次世代技術の開発を奨励し、世界市場で主導権を握ることを目指す。3社の合併構想はそのための一手との見方が強い。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「カーシェアリング」参入 会員募集

交通エコロジー・モビリティ財団によると、国内の個人向けカーシェアリングの車両は、2010年の1265台から、15年は1万6418台と13倍に増加。日産は「シェアリングは今後確実に広まる。新車販売に与える影響もゼロではない」として、に対する需要が「保有」から「利用」へと変化する中、これまで中心だった新車販売以外 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
中国のAIは”大したことはやってない”のか

ディープラーニングを行っているわけではないため、正確にはAIとは言えないのだが、レーザーを照射して周辺の対象物を検出・測距するという、自動運転でも使われる技術を用いている。 この自動運転車を走らせているのは、大手ECコマース会社・京東。日本でいうAmazonのような企業で、注文された商品を無人で届けよう …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ボルボが目指す死傷者ゼロ、可能性が大きくなる1台…西村直人【カーオブザイヤー2017-18】

2020年までに新しいボルボでの交通事故による死亡者や重傷者の数をゼロにする」これはボルボが掲げている安全思想「Vision2020」の大きな目標です … 2017年、一気に注目度が高まった自律自動運転技術に関してもボルボは積極的ですが、XC60では全モデルを通して要素技術である「パイロットアシスト/運転の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【特集】「人工知能」関連に物色人気再燃の兆し、政府がAI用新型半導体支援<注目テーマ>

自動運転車、ロボット、バイオ創薬、ドローン、フィンテックなど市場の有力テーマである技術系分野において、AIはそれらに横ぐしを通すように密接に絡み、 … 打ち出しているが、直近、読売新聞などを通じて、自動運転車やロボットに搭載するAI向け新型半導体の開発支援に乗り出すことが伝わり、関連株を強く刺激している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
Tesla、独自のAIチップを開発中。イーロン・マスクが語る

ますます進化を続けるTesla(テスラ)の電気自動車ですが、CEOとして会社を率いるイーロン・マスク氏によれば、なんとTeslaは独自のAI(人工知能)チップを開発中だというのです。 マシンラーニング関連のカンファレンス、Neural Information Processing Systems(NIPS)に登壇したマスク氏は、「Teslaはソフトウェアやハード …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
統合機運 国有大手3社が戦略提携

3社はそれぞれ日系メーカーと合弁会社を設立するなど中国自動車産業の中核を担ってきた。しかし、売り上げの大半を合弁相手のブランド車に依存しており、独自ブランドの販売では精彩を欠いているのが実情だ。戦略提携で「国家チーム」を組むことによって、EV、人工知能(AI)、自動運転といった最先端分野の研究・開発力 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【GTC Japan 2017】トヨタやホンダも参加するNVIDIAの技術カンファレンスが開幕

GTC Japan 2017は、GPUテクノロジーに関わる人に向けて研究開発やビジネスに関連したセッションやトレーニングが用意されるイベント。カンファレンスセッションとしては、ディープラーニング、AI(人工知能)、GPU、HPCなどさまざまなテーマがあるが、自動車関連も充実したものとなっている。 同社のGPUはAIエンジンとして …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【電子版】17年の半導体製造装置市場、過去最高の559億ドルに SEMIが見通し

米SEMI(カリフォルニア州)は12日、2017年の半導体製造装置の世界販売額が前年比36.5%増の559億ドルとなり、過去最高を更新する見通しだと発表した。ITバブルだった00年に記録した477億ドルを初めて超える。世界の半導体市場が自動車やIoT(モノのインターネット)、AI(人工知能)、医療などで拡大し、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
フォードとアリババが戦略提携 スマート自動車開発でも協力

フォードとアリババは、多様な分野で戦略的に提携することで合意した。共同でスマート自動車の開発にも取り組み、人工知能、スマート移動サービス、デジタルマーケティングなどでも協力する。12月8日、中国… ご覧頂いている記事は、有料購読記事となります。 日本未公開の業界別情報を中心に、以下コンセプト沿った記事を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
統合機運 国有大手3社が戦略提携

3社はそれぞれ日系メーカーと合弁会社を設立するなど中国自動車産業の中核を担ってきた。しかし、売り上げの大半を合弁相手のブランドに依存しており、独自ブランドの販売では精彩を欠いているのが実情だ。戦略提携で「国家チーム」を組むことによって、EV、人工知能(AI)、自動運転といった最先端分野の研究・開発力 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「AI搭載自動運転車、EV、SUV…未来の車、最新技術一堂に-大阪モーターショー開幕 産経ニュース」など、2017年12月8日     ニュース

ニュース
AI搭載自動運転車、EV、SUV…未来の、最新技術一堂に-大阪モーターショー開幕

西日本最大級の自動車展示会「大阪モーターショー」が8日、大阪市住之江区のインテックス大阪で開幕した。国内外のメーカーが最新技術を駆使した未来のエコカーや新型のスポーツカー、バイクを出展。約30のブランドから300台以上が会場に勢ぞろいし、11日まで開かれる。 国内からはトヨタ自動車やホンダなどが参加 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日立グループの自動運転技術、コスト抑えてレベル3を実現へ

センサーコストの上昇を抑えながら2020年以降に、SAE(米自動車技術会)が定める「レベル3」の自動運転の実現を目指す──。日立オートモティブシステムズが十勝 … 同社が技術試乗会で公開した実験は、日産自動車「フーガ」のハイブリッド(HEV)をベースに開発したものである。センサーの構成を見ると、フロント …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
CMOS技術で小さく低コストに、長距離から短距離まで検知

CMOS技術を適用したチップの登場によって、自動運転などで使う77GHz帯ミリ波レーダーの小型化、低コスト化が進む。長距離検知だけでなく、車両周辺の短距離検知にも適用できる。米Texas Instruments(TI)社が、同レーダーの最新動向や今後の進化の方向性などを解説する。 (本誌). 先行追従(ACC)などの快適な …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転にらみタイヤも進化 水を感知して性能変化 住友ゴム新技術

住友ゴム工業は7日、路面上の水や温度を自ら感知して性能を切り替えられる自動車用タイヤを2023年を目標に開発すると発表した。将来的に自動運転車の普及などが進むと、タイヤのメンテナンスや性能に気を配る運転手が減る可能性を踏まえ、路面の状態を気にせず走行できるようにする。競合タイヤメーカーも自動運転 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産、自動運転の公道実験、高精度地図使うも低速域に課題

日産自動車が2020年の実用化を目指す自動運転実験の公道試験を都内で始めた(図1)。「Infiniti Q50(日本名:スカイライン)」をベースとした車両で、自動運転技術「プロパイロット」の新世代版を搭載する。カー・ナビゲーション・システムを設定すると目的地まで、一般道と高速道路を含むルートを自動運転で走行する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自律走行、ついに悪天候の街へ 実用化に向け、Waymoが厳しい条件下のテストを加速

自律走行が悪天候に非常に苦労する理由を理解するため、まずはセンサーについて見てみよう。現在、自動運転技術をテストしている会社のほとんどが、レーダーとLiDAR(ライダー=光検出と測距の頭文字)と呼ばれるレーザースキャナー、それとカメラを組み合わせて使っている。レーダーは悪天候でもよく機能する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転、冬道で実証実験…10日から大樹

過疎化や高齢化が進む中山間地域で交通手段を確保するため、人が運転しない自動運転車で住民や商品を運ぶ実証実験が10日、大樹町で始まる。 … 道産業振興課は「自動運転技術開発を支援し、国や企業の実証事業を集積することで、道内経済の活性化や道が抱える高齢化社会への対応につなげたい」としている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転、電気自動車 大阪モーターショー

世界中の自動車メーカーが最新技術を披露する第10回大阪モーターショーが8日、開幕した。今回の目玉は、「電気自動車」への転換。自動運転などの新しい技術に注目が集まる一方、次世代エコカーの本命として、開発競争が過熱しているのが電気自動車だ。背景には、世界各国で進む環境規制の強化がある。フランスや …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米EV業界で注目される「中韓」部品供給企業の存在感

ガソリンで圧倒的な加速力を誇る英マクラーレンを凌駕(りょうが)している。1回の充電で1000キロ弱の走行が可能だ。トラックはスタイリッシュで近未来的なデザインが目を引く。貨物を運搬するのに十分なトルク(タイヤを回す力)があり、上位クラスは1回の充電で500マイル(約800キロ)走行する。 米グーグルの自動運転 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
近未来の自動車、国内外から大阪に集結

Lmaga.jp(京阪神エルマガジン社)
BMW、マセラティ、ジープといった輸入やハーレーダビッドソンなど二輪車も終結。来場者は、「かっこいいなあ」「すごいな」と思い思いに座席に座ったりパネルを操作し、会場は熱気にあふれた。 各社のグッズがもらえるゲームや自衛隊の高機動試乗と合わせた迷彩服試着をはじめ、9日にはレーシングドライバー・佐藤琢磨 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
タチエス、人工知能型ビジネスアプリケーション「HUE®」へバージョンアップ~業務効率化により年間 …

タチエスは、多くの自動車メーカーへシートを供給している自動車シート製造企業です。30年前から海外に進出し、現在では海外売上比率は約6割を占めます。国内外合わせて67拠点に展開しており、海外市場を中心に開拓・販路拡大に積極的に挑戦しています。こうした中で、タチエスは事業成長を支えるグローバル一体となっ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アリババとフォードが提携–自動車業界で新たな機会を探る

両社は、モビリティサービス、人工知能(AI)、デジタルマーケティングなど、さまざまな重点分野で協業する。 手始めに、先行販売や試乗、ローンのオプションなど、自動車所有のサイクル全体を通じて新たな小売りの機会を評価する試験的調査を実施する。流通戦略やクラウドの接続性、オンライン小売マーケティングのほか、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
近未来の自動車、国内外から大阪に集結

Lmaga.jp(京阪神エルマガジン社)
開会式で堀内俊樹実行委員長は、「各メーカーから自動運転車、AI技術搭載車、EVなどの近未来車が出展。合わせて、イベントも多数用意しています」と挨拶。国産車のなかでもトヨタ、ホンダ、日産などは、人工知能(AI)を搭載した自動運転車や電気自動車(EV)に力を入れており、見どころのひとつだ。 BMWのハイブリッド・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AI搭載自動運転車、EV、SUV…未来の車、最新技術一堂に-大阪モーターショー開幕

国内からはトヨタ自動車やホンダなどが参加し、人工知能(AI)を搭載した自動運転車や電気自動車(EV)の試作車を公開。米EVメーカー、テスラのスポーツタイプ多目的車(SUV)をはじめ、東京モーターショーには出展されなかった輸入ブランドの最新モデルも見られる。 10回目の開催を記念し、親子で楽しめるミニ四駆レース …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
大阪モーターショー開催 車と対話など時代先取りする試作車が一堂に会す

大阪市で8日開幕した西日本最大級の自動車展示会「大阪モーターショー」には、人工知能(AI)がバリアフリー情報を提供する自動運転車など、国内外から最新技術を積んだ車が一堂に会した。新型の電気自動車(EV)やスポーツカーのほか、時代を先取りするアイデアを結集させた試作車が並び、高齢者にも優しい未来の車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ホンダ、香港企業とAI共同研究開発

… の本田技術研究所(埼玉県和光市)が、香港のセンスタイム・グループ(商湯集団)と、人工知能(AI)技術に関する共同研究開発の契約を締結したと発表した。期間は5年間。交通事故ゼロ社会の実現に向けた自動運転技術の確立を目指す取り組みの一環… 関連国・地域: 香港/日本. 関連業種: 自動車・二輪車/IT・通信.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
アクセルがストップ高気配、協業先が完全自動運転車開発で思惑

名古屋大学発のベンチャー企業、ティアフォーが米半導体大手のエヌビディアと業務提携し、完全自動運転の小型電気自動車を開発したと一部で伝えられたことが買い人気化のきっかけとなった。 当社は今年5月にティアフォーと自動運転に最適な専用システムに関する研究開発を共同で推進していくことで合意しており、今回 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
フォード、EV生産地をメキシコへ 米では自動運転車のライン増

フォードは米ライドシェア大手リフトと自動運転車の配車で、米ドミノ・ピザとは自動運転による配達で提携している。自動運転の需要が想定より大きいとみてラインを増やす。 フォードの生産計画は政治や経営陣交代に翻弄され、昨年末から二転三転している。米トランプ政権からの圧力で18年から小型車を生産するはずの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
香港AI企業と提携 自動運転で共同研究

香港AI企業と提携 自動運転で共同研究. 毎日新聞 2017年12 … ホンダは7日、香港の人工知能(AI)ベンチャー「センスタイム」と自動運転技術の共同研究開発契約を結んだと発表した。期間は5年間。人やの動きを認識・予測して次の行動を決めるのに必要なAI技術を共同開発、より高度な自動運転技術の実用化を急ぐ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【市況】10時35分時点の日経平均は206円高、完全自動運転車の開発報道受けアクセルなどに物色

名古屋大学発ベンチャーのティアフォーが、米半導体大手のエヌビディアと業務提携し、完全自動運転の小型電気自動車を開発したと報じられている。これを受け同社と自動運転に最適な専用システムLSIに関する研究開発で協業を行っているアクセル<6730>や、新興市場では同社に出資しているアイサンテクノ<4667>などに …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
STキネ、自律走行の試験で米社と提携

試験の内容は、ブレーキの制動距離や障害物の回避、さまざまな道路・天候の条件下での走行性能など、機能面、安全面の双方を網羅する予定。 まずは陸上交通庁(LTA)が導入を計画する自動運転バスや、観光地セントーサ島内のオンデマンドシャトルの試験に用いる方針。さらに自律走行可能なフォークリフトやロボット …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
<動意株・8日>(前引け)=理研グリーン、アクセル、DDS

きょう付の日刊工業新聞で「名古屋大学発ベンチャーのティアフォー(名古屋市中村区)は、米半導体大手のエヌビディアと業務提携し、完全自動運転の小型電気 … 記事によると、開発したEVは、ハンドルやアクセルペダルなどのない完全自動運転車で、同タイプの開発は国内初とみられるという。18年春以降に愛知県内で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米EV業界で注目される「中韓」部品供給企業の存在感

ガソリンで圧倒的な加速力を誇る英マクラーレンを凌駕(りょうが)している。1回の充電で1000キロ弱の走行が可能だ。トラックはスタイリッシュで近未来的なデザインが目を引く。貨物を運搬するのに十分なトルク(タイヤを回す力)があり、上位クラスは1回の充電で500マイル(約800キロ)走行する。 米グーグルの自動運転 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【材料】アクセル—急伸し一時上昇率トップ、ティアフォー関連銘柄として物色

アクセル<6730>は急伸し一時上昇率トップ。名古屋大学発ベンチャーのティアフォーが、米半導体大手のエヌビディアと業務提携し、完全自動運転の小型電気自動車を開発したと報じられている。ハンドルやアクセルペダルなどのない完全自動運転車の開発は国内初とみられている。同社はティアフォーと自動運転に最適な …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【材料】注目銘柄ダイジェスト(前場):アクセル、ミクシィ、インフォテリアなど

名古屋大学発ベンチャーのティアフォーが、米半導体大手のエヌビディアと業務提携し、完全自動運転の小型電気自動車を開発したと報じられている。ハンドルやアクセルペダルなどのない完全自動運転車の開発は国内初とみられている。同社はティアフォーと自動運転に最適な専用システムLSIに関する研究開発で協業して …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「日産とDeNA、一般參加できる自動運転タクシー実験を2018年3月に実施。事前登録受付中 Engadget 日本版」など、2017年12月6日     ニュース

ニュース
日産とDeNA、一般參加できる自動運転タクシー実験を2018年3月に実施。事前登録受付中

日産自動車とDeNAが、自動運転車両を利用した配車サービスの実証試験を、2018年3月5~18日の期間限定で実施すると発表しました。試験を実施する区域は横浜市みなとみらい … 自動運転技術を使うこの実証試験にわれわれ一般人が参加するには、まず事前登録が必要です。受付はすでに始まっており、2018年1月15 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
運転手いない遠隔型自動運転、14日初の公道実験

愛知県は、運転席にドライバーが乗らない自動運転の実証実験を14日に同県幸田町で行う方針を決めた。警察庁によると、公道で遠隔制御の自動運転車を走らせるのは全国初という。県は、自動運転技術の実用化に向けた一歩とする考えだ。 実験は、3次元地図の作製に強いアイサンテクノロジー(名古屋市)、名古屋大学発 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
“地域限定”群馬大で研究進む 路線バスや駐車場、生活圏内のニーズに対応 /群馬

今月2日、前橋市荒牧町の群馬大で開かれた、自動運転技術に関するシンポジウム。群馬大の … 自動運転の研究は、大学や自動車メーカー、IT企業などが取り組んでいる。小木津氏によると、自動車メーカーが進めているのは主に、前橋や東京、北海道など全国のどこでも機能する自動運転技術の研究。しかし、地域 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【インタビュー】“空気を読む”AIを目指す…ホンダ AI研究開発グループ 安井裕司氏

自動運転の実現に向けたAI技術を読み解くため、業界のキーパーソンに各社の取り組みについて話を聞いた。第1回目となる今回は、本田技術研究所 四輪R&Dセンター 統合制御開発室 ADブロック 自動運転用AI研究開発グループ グループリーダの安井裕司氏。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米・GMが小型EVによる「完全自動運転」タクシーサービスをニューヨーク市内で実証へ

clicccar.com(クリッカー)
米GMが2019年をめどに、米国の複数の都市で同社製の無人自動運転車を使ったタクシーサービスを開始するそうです。 … 一方、米アリゾナ州フェニックスではGoogle系の「ウェイモ(Waymo)」が同様のサービスを既にスタートさせていますが、GMとしては技術的難易度や需要度がより高い大都市でのサービスを目指してい …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「匠の技」頼みの日本自動車メーカーの危機—— VRでの新車開発でドイツに完敗

シーン」とは映画の場面と同じ意味で、開発段階でクルマのソフトウエアにあらゆるシーンを覚え込ませて、判断できるようにするのだ。 これが完全自動運転のレベルになると、億単位のシーンを想定しなければならなくなる。とても実車を使った開発は到底無理だ。もし、VRを使わなければ技術完成までに100万年かかるといった …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
オン・セミコンダクター、車両の電動化などに向けた事業戦略記者説明会

オン・セミコンダクターは12月5日、自動車向けソリューションを中心とした同社の事業戦略についての説明会を開催した。 同社は半導体技術を使いながら、自動車の電装化や自動運転、ロボット化する産業機器、IoTを牽引する通信などの分野に注力してビジネスを展開している企業。 説明会にはオン・セミコンダクター …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【高論卓説】欧米で過熱化する「自動車2.0」 (1/2ページ)

11月末の米サンフランシスコには、ゼネラル・モーターズ(GM)の「インベスターズ・ディ」に世界の投資家が集結した。同社の成長戦略の要である自動運転技術のお披露目やビジネスモデルの発表に加え、買収した自動運転のソフトウエア開発会社クルーズ・オートメーションが手掛けるレベル4(高度自動運転)の自動運転車の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アウディ、AI導入のカメラ開発—レベル3自動運転でも人工知能は必須

アウディが今回発表した単眼カメラは、車両の周囲の状況を正確に把握することを可能にする技術。このカメラは、車両前方約120度の範囲を対象に、解像度1.3メガピクセルの画像を1秒間に15枚撮影する。この画像 … 新型アウディ『A8』が搭載するレベル3の自動運転でも、人工知能が必須のテクノロジーになる、としている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
フォード、中国で50車種投入 25年までに

電気自動車(EV)かハイブリッド(HV)で15車種以上、多目的スポーツ(SUV)で8車種を発売する。19年末までに中国で販売する全ての新車に通信機能を … 中国ネット大手、百度とは自動運転技術を開発しているほか、中国の中堅自動車メーカー、衆泰汽車(浙江省)とはEV合弁を設立し、新工場を建設する計画もある。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
アウディ、AI導入のカメラ開発—レベル3自動運転でも人工知能は必須

アウディ、AI導入のカメラ開発—レベル3自動運転でも人工知能は必須 … アウディは12月4日、米国カリフォルニア州で開幕したNIPS(神経情報処理システム)カンファレンスにおいて、人工知能(AI)を用いて極めて精密な3D環境モデルを構築 … アウディは前回の2016年、自動車メーカーとして初めて、NIPSに参加している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
GM、電子商取引に参入 車載画面で注文、予約

車でのECを巡っては米IT大手アマゾン・コムが来年から米欧で、ドイツ自動車大手BMWに音声を使った人工知能サービスを提供する予定で、自動車メーカーとIT企業が連携したサービスが広がりそうだ。 ロイター通信によると、EC開発に当たり米IT大手IBMと協力。利用者に手数料や通信費はかからず、ECに参加する業者 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【トップ近況】日本損害保険協会・原典之会長、自動車保険に大きな変化予想「環境整備を一層加速していく」

日本損害保険協会の原典之会長(62)は「今まで以上にフォワードルッキング(先読み)な視点で環境変化に対応することが必要だ」と語る。協会創立100周年を迎え、さらなる業界の発展を目指す。 人工知能(AI)やビッグデータ、自動運転車といった技術の進歩で主力の自動車保険などに大きな変化が予想される。各社が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「Uber、レベル5自動運転車で起きやすい乗り物酔いを防ぐ技術–公開特許に CNET Japan」など、2017年11月27日     ニュース

ニュース
Uber、レベル5自動運転車で起きやすい乗り物酔いを防ぐ技術–公開特許に

一口に自動運転といっても、自動化の度合いはさまざまだ。もっとも高度なSAE Level 5の完全な自動運転になると、走行時に人間の介在は不要だ。周囲の状況 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
エヌビディア、3Dモデリングを活用した自動運転技術を開発

エヌビディア、3Dモデリングを活用した自動運転技術を開発 … VayaVision社のシステムは、自動運転車が急激な道路環境の変化に直面した際でも、車両が状況 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
欧州の高級SUVに乗って気づいた、右ハンドルの困難

そして、運転支援技術の熟成も共通した特徴だ。いずれも前方の追尾や歩行者検知、車線維持などの先進機能を詰め込み、完全自動運転の実現に向けて …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「EVの民主化」は日産リーフから始まる それはいかに革新的な「アップデート」を遂げたのか

磯部の言うニッサン インテリジェント モビリティとは、自動運転技術、EVならではの走り、そしてクルマと社会との連携の強化を意味する。この3つの文脈において、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米フォードが始める「自動運転でピザ宅配」は小さくて大きなチャレンジ

そのため、自動運転技術を装備したフォーカスの運転席にドライバーが乗車した状態で宅配サービス … 連絡を受けたユーザーは配送までピザを受け取りにいく。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
コンセプトカーにはシルバーやグレーが多い? 4台のショーモデルのボディカラーの秘密を探る

さまざまな出展車両が注目を集めるなか、もっともスポットを浴びたのは、各 … コンセプトカラーとは別色ではあるが、市販にもこの塗装技術は使用されており、 … またレベル4の自動運転技術を搭載した生産型電気自動車の先駆けとなるモデルだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
KTが自動運転車試験インフラ、京畿道に

韓国通信大手のKTと京畿都市公社は26日、城南市板橋に自動運転車のテストに向けた都市基盤のインフラ構築工事に着手した。最先端の情報通信技術(ICT) …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
が自動で目的地へ 自動運転実験南砺で始動

が自動で目的地へ 自動運転実験南砺で始動 … 山間部に住むお年寄りたちの救世主となりえるのか・・・最新技術に期待が高まっています。 ※データ放送の方 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
最小回転半径3.3m未満、超小回りEVコンセプトカーに試乗【Vision Zero Days Japan】

ゼロエミッション、交通事故ゼロの2つを意味するキャッチフレーズだが、実際にはプラグインハイブリッドから完全電動、また簡易な運転支援システムから自動 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
三菱自動車「週末探検家」プロジェクトの雲海出現予測サイト「雲海出現NAVI」に蔵王山(宮城県)や野迫川 …

… 予測データをインプットし、雲の専門家による知見と人工知能を用いて雲のでき方や形状をシミュレーションすることで、雲海の出現確率を予測するシステムです。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
米フォードが始める「自動運転でピザ宅配」は小さくて大きなチャレンジ

両社は自動運転によるピザ宅配で提携し、フォード本社がある米ミシガン州 … このサービスを利用すると、スマホアプリを使って宅配サービス車両が“いまどこに …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「ルネサス、トヨタの自動運転車に半導体供給へ 日本経済新聞」など、2017年10月31日     ニュース

ニュース
ルネサス、トヨタの自動運転車に半導体供給へ

トヨタが2020年の実用化を目指す自動運転車に採用されたという。高速道路で自動走行できる「レベル3」の自動運転技術を支える。トヨタが自動運転の初期 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転レベル3のアウディ「A8」、日本発売は2018年

Audi ElaineやA8は、レベル3以上の自動運転機能に対応した「Audi AI」を搭載し、 … AI(人工知能)技術に関してアウディでは「自動運転車は高度なセンサーや …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
バブルが弾けた?自動運転ブーム 平坦ではない完全自動運転への道のり

テレビCMなども増え、年々注目度が高まる「自動運転技術。レベル1と呼ばれる技術は一般に普及し、レベル2の技術を搭載した自動車が商品化され、市場 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米トヨタ、自動運転車専用テストコースと契約…危険な状況を想定したテストも

TRIのRyan Eustice副社長は、「ゴーメンタム・ステーションにおいて、自動運転車のテスト走行を行うことで、技術をさらに発展させることができる」と語っている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NASAが開発支援の人型ロボット、4千キロの「自律歩行」目指す

自動運転車の実用化が間近に迫る中、カリフォルニア工科大学は既に次世代の自動運転技術の開発に取り組んでいる。同校が検討中の新技術の中には、数千 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
未来のを支えるテクノロジー(中)電機メーカー台頭−自動運転の“陣地取り”合戦

部門を統括するロルフ・ブーランダー取締役は「自動運転には従来にない新技術が必要になり、系列企業との取引だけでは対応できなくなってきている」と、日系 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
フォード傘下のArgo AI、LiDARセンサを手がけるスタートアップを買収

自動運転車に可能な限り最高のセンサを搭載するため、Fordが投資する「Argo AI」が新たな企業買収を実施し、LiDAR技術への取り組みを強化した。 Argo AI …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
三菱ふそう、EVトラックで市場奪取の本気度

乗用車に加え、商用でもEVシフトが鮮明だ(撮影:尾形文繁) … 国内外の自動車メーカーがEVや自動運転車など次世代の乗用車を数多く出展している。 … ないが、実はトラックなど商用の分野でも最先端の技術を投入したEVが出品されている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマのスマホ化」を進める世界最大の自動車部品メーカーの戦略

これからの自動車産業では、「自動運転」、「コネクティッドカー(外部の … 米ボーイングの最新鋭機「787」が約800万行なので、クルマがいかに電子技術の塊に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
欧州自動車メーカーが「EVシフト」をことさら大合唱する理由

今年は各自動車メーカーがこぞってガソリンからEV(電気自動車)へのシフトを睨んだコンセプトカーの展示や、運転操作の要らない自動運転技術の最新デモ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
日立、熟練の技をAIで再現 車用鋼板で仕上げ自動化

日立製作所は製鉄所で働く熟練技術者の技をAI(人工知能)で再現する技術を開発した。自動車用の鋼板を薄く延ばす工程を自動化する。熟練工の技能伝承に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「まるで天国!」東京モーターショーに感動冷めやらぬ中国人の見学レポート=中国報道

28日から一般公開が始まった東京モーターショー。今年は電気自動車(EV)や人工知能(AI)を活用する試作車が目立っているようだ。中国メディアの捜狐は28 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
マツダ、ホンダから軽まで…海外メディアを魅了した美しい日本車たち 東京モーターショー (1/3ページ)

各社のブースには電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)がずらりと並び、世界的な環境規制強化を背景とした電動化シフトが鮮明となった。人工知能(AI)や …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
産業春秋/モノづくり、最後の砦

開催中の東京モーターショーには、次世代の電気自動車(EV)や、人工知能(AI)による自動運転を目指した車が多数展示されている。今後のクルマの方向性を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
欧州自動車メーカーが「EVシフト」をことさら大合唱する理由

欧州自動車メーカーが「EVシフト」をことさら大合唱する理由 … 今年は各自動車メーカーがこぞってガソリン車からEV(電気自動車)へのシフトを睨ん …. 自動運転と密接に関わるのはクルマとビッグデータの接続を行うコネクティビティや人工知能(AI)。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「Baidu(百度)、自動運転技術向けに100億人民元(約1700億円)のファンド創設を発表——〝自動運転版 … THE BRIDGE,Inc. / 株式会社THE BRIDGE 」など、2017年10月5日     ニュース

ニュース
Baidu(百度)、自動運転技術向けに100億人民元(約1700億円)のファンド創設を発表——〝自動運転版 …

Baidu は、自社だけのものでなくオープンソースのエコシステムを確立することにより、3~5年で中国を自律走行のリーダーにする動きを加速したいと考えている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
コマツ、建機のIT化から見える自動運転の未来

ドライバーの座席がない巨大な無人ダンプトラック、熟練オペレーターでも難しいセンチメートル単位の精度で平らに整地するICT(情報通信技術)ブルドーザー、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アウディ、レベル4自動運転技術搭載のEVコンセプトモデル「Elaine」など東京モーターショー2017で日本 …

2017年フランクフルトモーターショーで発表した、レベル4の自動運転技術を搭載したEV(電気自動車)のコンセプトモデル「Elaine」や、レベル3の自動運転 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【岩貞るみこの人道車医】「スイッチひとつで自動運転」日産よ、“きっちり説明”は嘘だったのか

あくまでも「運転支援技術」。「被害を軽減するだけであって、事故を起こさないよう完璧に止まるわけではない」からだ。どうか、きちんと使ってくれますように。自動 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ZMP、政府のSIP自動走行システムの大規模実証実験に参加

同社は、将来の自動運転タクシーサービスの実現を目指し、自動運転技術の研究開発を進めている。今回の実証実験では、自動運転技術開発プラットフォーム …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Oracle、「自動運転」の自律型データベースを発表

現地時間2017年10月1日の基調講演には、同社の創業者で最高技術責任者(CTO)のLarry Ellison氏が登壇し、この製品を紹介。サイバーセキュリティの脅威を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転 地図で後押し 加藤社長に聞く

自動車メーカーなどに自動運転に使う3次元地図を提供しているが、実際に案件数が増えている。当社が強みとする3次元地図の作製技術を生かし、自動運転 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転、世界の有望企業ランキング 1位はフォード

電気自動車製造では巨大市場を背後に抱える中国企業を中心に新規参入が増えるだろうが、自動運転、無人運転技術も競争力の源泉となるのであれば、資金力 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「オートリブ、新興企業の主要部門を買収…自動運転技術の開発強化 レスポンス」など、2017年9月29日     ニュース

ニュース
オートリブ、新興企業の主要部門を買収…自動運転技術の開発強化

Fotonic i Norden社は、同じくスウェーデンに本拠を置き、高度な自動運転に欠かせないLiDAR(ライダー)とToF(タイム・オブ・フライト)カメラの設計、開発、製造 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転技術を支えるAIスタートアップ 3選

AIの進化にともなって、自動運転技術の開発は急速に進んでいる。自動運転技術の開発には車本体のハードの部分と、AIで操作するためのソフトの部分が必要で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転量産化に向けて戦国時代へ突入

これと同時期に、シリコンバレーのメディアが、新型アウディA8の自動運転向けの技術に、Intelのプログラマブル・ソル―ションズ事業本部(PSG)とIntelの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アジア版ウーバーが自動運転に大型出資、シンガポールで導入へ

Drive.aiという名が示す通り、ディープラーニング等の人工知能(AI)技術自動運転分野に投入し、企業や政府、ライドシェア車両での実用化を目指している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
まず自動運転トラック参入 ウェイモCEO、相乗りより先の可能性

フォードモーターやゼネラル・モーターズ(GM)といった米自動車大手は独自の自動運転技術、プログラムに数百万ドルを投じており、これまでウェイモとの提携に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
北海道初、市街地での自動運転バスの実証実験を実施

JIC実行委員会は、ロボット関連技術の開発・革新により日本が抱える「災害」「 … 今回の実証実験は、自動運転バスを市街地で運行するものとしては北海道で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタとマツダ、デンソーがEV開発の新会社を設立へ!その狙いとは

しかし、両社の提携は、EVはもちろん、自動運転技術などこれから求められる … トヨタとマツダ、デンソーが共同技術開発へそんな中、9月29日、トヨタとマツダ、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AI、IoTをテーマに10周年記念シンポ—モノづくり日本会議

自動運転というのは技術開発としては、確かに面白い。しかし、本当はそうではない。自動運転そのものはイノベーションではない。自動運転を開発している研究者 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
東京モーターショー2017 – ホンダ、スポーツ&アーバンEVコンセプトカー出展

ウェブ
自動運転技術を支えるAIスタートアップ 3選

AIの進化にともなって、自動運転技術の開発は急速に進んでいる。自動運転技術の開発には車本体のハードの部分と、AIで操作するためのソフトの部分が必要で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「トヨタ、20年代前半に一般道で自動運転 実用化時期を発表 日本経済新聞」など、2017年9月28日     ニュース

ニュース
フォードとLyftが提携–自動運転車と配車サービス展開で

都市に良い影響を及ぼす形で自動運転技術を導入していくために、業界の枠を超えて、トップを走る企業が互いに協調していくべきであると、われわれは固く信じ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタの自動運転車が採用したLuminar製の新型LiDARとは?

各社が鎬を削る自動運転技術開発。必要なセンサーも高精度なGPS、レーザー、カメラなどさまざまなデバイスが必要となる。そのなかでも、注目度が増している …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米上院、自動運転車の普及促進法案で超党派合意

スーン、ピーターズ両議員は共同声明で「自動運転技術の採用により、命が救われるほか、障害者の移動性が改善し、新規雇用が創出されると見込んでいる」と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米リフトがフォードと提携-自動運転車の開発・配車サービス導入で

両社はブログへの 投稿で、手頃な値段の自動運転車を設計し、そうした車をいずれリフトのネットワークに導入するために必要なシステムと技術の開発に向け …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Daimler社、米国の公道でトラックの隊列走行を試験

今回の試験では、Freightlinerブランドの新型「Cascadia」同士を、通信機能と自動運転技術を組み合わせてデジタル接続する。Wi-Fiベースの車車間通信(V2V) …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
テスラの新型EVはトラック市場をどう変えるのか

テスラはトラック市場でも、自動運転技術や低水準の営業費といった自社の中核的な強みを生かすことができるだろう。だが、充電インフラの不備やバッテリー …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
棚卸し自動化、タグ1円以下で一気に普及か

ZMPの自動運転制御開発車両プラットフォーム(基盤)技術を応用した。小型のロボットカーやロボット台車にタグの読み取り装置を載せて施設内で稼働する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
清水和夫の自動運転ソシオロジー

自動運転について、やや静観の構えを見せていた国産勢(日産自動車を除く)だが、 … すでに実用化済みの技術を合わせると多岐に渡るが、実際にさまざまな …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「インテル、ウェイモとの提携を発表…完全自動運転の技術開発へ レスポンス」など、2017年9月19日     ニュース

ニュース
インテル、ウェイモとの提携を発表…完全自動運転技術開発へ

FCAのエンジニアとグーグルのエンジニアが協力し、最新の自動運転技術の自動車への搭載について、協業を進めてきた。またFCAはウェイモに対して、自動 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
インテルとWaymo、完全自動運転の実現を目指して協力

Intelは米国時間9月18日、Alphabet傘下で自動運転技術を手がけるWaymoに協力し、レベル4およびレベル5の自動運転実現に向けて支援すると発表した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
VWグループ主導の自動運転研究プロジェクトが始動

今回のプロジェクトには、駐車や追い越し、複雑な都市部の運転など、幅広い技術テストが含まれる。技術面での試験の他、「ユーザーが自動運転をどのように …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノー日産三菱が2022年に1400万台の販売目指す、600km走るEVや完全自動運転車も

プラットフォームとパワートレインの共有や、電動化・自動運転などの技術の共有によるシナジー創出に取り組み、2022年に年間販売台数は1400万台以上、売上 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
世界初の自動運転向けリアルタイム・ミリ波レーダ・シミュレータ を提供開始

自動運転の需要が拡大する中、ミリ波レーダをはじめ、カメラ、赤外線、超音波などのセンシング技術の向上が、高いレベルの自動運転を実現する重要な鍵となり …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
車の自動運転 法から考える

人工知能(AI)による自動運転技術が普及した際に起こりうる社会問題を考えるシンポジウムが18日、新潟市中央区の朱鷺メッセで開かれた=写真=。AIの研究 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
パイオニアとHEREが提携–グーグルとは異なる戦略で自動運転に挑む

パイオニアとHEREは、2015年9月以降、自動運転で利用可能な技術に関して協議を開始。2016年5月には、自動運転向け地図データの効率的な更新、運用を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
レノボとイスラエル企業が提携…自動運転車のセキュリティ向上へ

レノボとアルガス・サイバー・セキュリティ(以下、アルガス)社は9月15日、アルガスが特許を持つ侵入検知・防止システム技術を、レノボの自動運転車向け …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
変形する車? 特許出願に見る自動車の未来

自動運転技術やライドシェアに取り組むシリコンバレー企業に遅れてはならないとばかりに、自動車メーカーはこの5年で米国での特許出願を大幅に強化した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
独アウディが「レベル3」市販化で先行、他社は及び腰

アウディがフランクフルト国際自動車ショーで誇示したのは、レベル3の技術を搭載した新型「A8」。車線変更を支援し、運転手は … N)は、まだ運転手の監視が常に必要な「レベル2」の自動運転車の導入にとどまっている。テスラは昨年、自動運転機能 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

完全自動運転化急ぐテスラ、エンジニアの離反相次ぐ ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

完全自動運転化急ぐテスラ、エンジニアの離反相次ぐ

自動運転技術の開発には、自動車大手のフォード・モーターやGM、アルファベットの自動運転車開発部門ウェイモ、ウーバー・テクノロジーズなどの配車サービス …

ステアリングホイールとペダルは着脱式…自動運転車向け特許、フォードが取得 レスポンス

ステアリングホイールとペダルは着脱式…自動運転車向け特許、フォードが取得

米国の自動車技術者団体のSAEが定義した「レベル5」の完全自動運転車とは、自動化システムは、ドライバーが運転できる全ての条件下において、全ての運転 …

フォード創業家会長「自分の出番」、巻き返しに意欲 ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

フォード創業家会長「自分の出番」、巻き返しに意欲

フォードはEV技術でも自動運転技術でも追い越された。スタイリッシュなEVを製造・販売する テスラ は今年4月、時価総額でもフォードを抜いた。大手自動車 …

自動運転車の中国進出に壁、デジタル地図規制 ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

自動運転車の中国進出に壁、デジタル地図規制

自動車大手 ゼネラル・モーターズ (GM)や フォード・モーター 、グーグルの親会社アルファベットやアップルは自動運転車やその技術を支えるソフトウエアの開発 …

自動運転技術開発企業ランキング、首位はフォード…ルノー日産は3位 (レスポンス)

自動運転技術開発企業ランキング、首位はフォード…ルノー日産は3位

この調査は、自動運転技術開発において、現時点で進んでいる企業をランク付けしたもの。ビジョン、市場投入戦略、パートナー、生産戦略、技術と販売、 …

完全無人運転を要望するフォード、グーグル、ウーバー、リフト、ボルボ

政府に対し「完全無人運転」の実現を妨げないよう要望書を改めて提出したという2016/11/23の日経の記事をみつけた。
フォードやグーグル、完全無人運転実現へ規制緩和要請 

フォード、グーグル、ウーバー、リフト、ボルボ

この5社は、無人運転車の開発に自信があるのだと思う。

そして、企業成長に向け無人運転車がカギを握るのだと思う。