「トヨタ「モビリティ戦略」の次の狙い 日経ビジネスオンライン」など、2018年3月9日     ニュース

ニュース
トヨタ「モビリティ戦略」の次の狙い

だが簡単には実現しないとなるや、自社の開発車両の使用を見切り、クライスラーのミニバンにWaymoの自動運転システムを搭載し、一般向けの配車サービスを始めてしまうという。購入台数は数千台規模を計画しているようだ。 延べ650万キロに及ぶ公道実験、豊富な資金力と人材をバックとした技術的優位に加えて、規制を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転カーを「信号機」として利用するサイバー信号機が開発される

自動運転技術を研究するカーネギーメロン大学の青木俊介さんは、無線通信を使って一時的に目に見えない信号機(サイバー信号機)を作り出すことで、複数の自動運転カー … サイバー信号機が機能すると、無線信号を受け取った緑色の自動運転カーはその場で一時停止して、後続車両も停車せざるを得ない状況を作ります。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
一般社団法人日本自動車工業会との「AI時代のソフト品質保証の考え方」に関する連携について

本連携では、自動運転車のようなAI技術を用いたソフトウェア(またはシステム)に対する品質保証のフレームワークについて、JAXAが保持しているコンピュータと人の調和に着目した安全評価解析技術を活かして協力します。また、装置の安全な動作を保証する点においても、JAXAのIV&Vで構築した立証方法が利用できると …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタも注目のブロックチェーン3.0が自動車業界を変える!?

ブロックチェーン技術を開発するKaula(カウラ)と自動車関連スタートアップベンチャーのAZAPA(アザパ)が、から得られるデータを、ブロックチェーン技術を使う管理システムを共同開発すると発表。 … ネット接続機能を前提とした技術を用いて、自動運転車に新たな価値や利便性をもたらすための開発を行っている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ポルシェがブロックチェーンスタートアップ企業「XAIN(ゼイン)」と提携することを発表

コンテストを開催した関係者からは「ポルシェとお客様のデジタル機器にサポートされた未来を実現するため、独自の技術革新の可能性に頼るだけではなく、新しい … ブロックチェーン技術導入は、ポルシェだけではなく各自動車メーカーも自動運転車の開発に向け、積極的に取り入れようとする動きが見受けられるので、本格的に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ系サプライヤー、来年度「技術者」採用増やします!

アイシン精機や豊田自動織機などトヨタ自動車グループの主要メーカーが発表した2018年度の採用計画は、多くの企業が技術系や現場で働く技能職の採用増を見込む。の電動化や自動運転に対応し、ソフトウエア開発者などを増やす。各社が主要拠点を置く愛知県は労働市場の需給逼迫(ひっぱく)が続いている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
デンソー、ルネサスに5%出資 革新機構から取得

デンソーは9日、半導体大手のルネサスエレクトロニクス株の保有比率を0.5%から5%に引き上げると発表した。筆頭株主の産業革新機構から約850億円で取得する。自動運転などに使う車両制御システムの開発で、半導体の先端技術を持つルネサスとの連携を深めるのが狙いだ。 デンソーは自動運転技術の実現に向け、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
次世代は動く光の絵で安全性向上、三菱電が新提案、標識も高速認識

三菱電機は2018年2月、自動車関連の最新技術を発表した。 クルマの動きに対応した光のイラストを、車両周辺の路面に投射する技術の進化版を公開した。クルマの動きを周囲の歩行者や車両に事前に伝えやすくなり、安全に貢献する。 電動車両自動運転での採用を期待する。例えば、電動車両ではモーターだけで走行 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
レベル2は満足も昼夜や白線で差

日産自動車は新型「リーフ」に自動運転技術を多く盛り込んだ。代表的なのが、自動車専用道路の単一車線における車線中央維持機能「プロパイロット」である。加えて、指1本で駐車操作を完了する「プロパイロットパーキング」は日産で初めての採用となった。実車試験で実力を確認し、分解で機能を支える部品の特徴を分析 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
香港で開催されるグレートフェスティバ オブイノベーションに出席する日本のイノベーションリーダーたち

吉澤 隆氏(日産自動車株式会社全自動運転R&D担当VP) 自動運転技術分野の先駆者である日本の自動車メーカー、日産自動車は、2022年までに完全自動運転車を市場に投入すると発表しました。同社は自動運転車のオンロードでのテスト走行を2017年にロンドンで初めて実施し、日本でのローンチ成功を経て、今年、高速 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
一般社団法人日本自動車工業会との「AI時代のソフト品質保証の考え方」に関する連携について

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(以下、JAXA)は、この度、一般社団法人日本自動車工業会(以下、JAMA)と「AI時代のソフト品質保証の考え方」 … 自動運転車にAI(人工知能)を搭載して完全自動化を行う場合、AI自らが様々な環境下で判断を行うため動作予測が難しく、安全のためのソフトウェア品質保証が課題 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ自動車ら、AI活用の「タクシー配車」支援システムを都内で試験導入

トヨタ自動車とJapanTaxiは3月9日、KDDI、アクセンチュアと共同で、人工知能(AI)を活用した「タクシー配車支援システム」を開発し、東京都内で試験導入したと … 運行実績や人口動態予測だけでなく、タクシー需要への影響が大きい気象、公共交通機関の運行状況、大規模施設でのイベントなど、トヨタ、JapanTaxi、KDDIが …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
配車支援システム 人工知能でタクシー需要予測

トヨタ自動車などは9日、人工知能(AI)でタクシー需要を予測し、配車を支援するシステムを開発したと発表した。KDDIやアクセンチュア、タクシー大手日本交通グループのIT関連会社「ジャパンタクシー」(東京)と共同で手掛けた。既に東京都内で試験導入しており、18年度の実用化を目指す。 携帯電話利用者の位置情報や …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「GMも圧倒する「グーグル」自動運転技術の脅威 東洋経済オンライン」など、2018年3月8日     ニュース

ニュース
GMも圧倒する「グーグル」自動運転技術の脅威

自動車業界は今、「CASE」の頭文字を取って、コネクティビティ=通信との接続、オートノマス=自動運転、シェアリング=共有サービス、エレクトリックモビリティ=電動化 … 自動運転やコネクティッドといった新技術が組み合わされると、ロボットタクシーや無人運転のライドシェア、さらにはeコマースと連動した自動配送の物流 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日本郵便、自動運転20年までに実用化 12日の実験開始前に式典

今回の実験では、運転席と助手席に人が乗り、万一の場合には運転操作を行う。 実験は、自動運転技術を開発している「アイサンテクノロジー」(名古屋市)と「ティアフォー」(同市)両社の技術を導入。一般のミニバンの屋根の上に周辺環境を認識する3次元センサーを設置し、周囲の環境を把握して障害物との距離を計算し …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【岩貞るみこの人道医】一般道での自動運転が実現できない最大の理由

たしかにクルマ同士の事故は、クルマ同士がコネクテッドしてぶつからないようにと技術の開発が進んでいる。でも、こう言ってはなんだが、クルマの中にいる人はエアバッグや衝撃吸収ボディがあるから、速度さえそれなりに落とせばなかなか死ぬような事故にはならない。自動運転なんてなくても、交通事故死者数は削減できる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
京都大学、タダノ/クレーンなど自動運転化へ共同研究着手/包括契約締結 [2018年3月8日1面]

京都大学とタダノがICT(情報通信技術)と人工知能(AI)を活用し、クレーンや高所作業などの自動運転を実現する共同研究に乗りだす。7日に都内で包括連携契約を締結した。タダノのクレーン技術と京大が持つ先端研究の知見を融合し、無人で動く遠隔稼働式クレーンや高所作業を開発。建設業の慢性的な人材不足を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタがAI分野におけるソフトウェア開発体制を強化

自動運転技術は日進月歩である。つまり、ハードウェアである車両の性能よりも、そこに組み込まれるソフトウェアとデータの重要度が増していることはいうまでもない。 先週、トヨタはAIのソフトウェア研究開発の新会社を設立したと発表した。トヨタのほか、グループ企業のアイシン精機、デンソーも出資をし、総額3000億円の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
コネクテッドカーが上海の公道走る、テスト区間も近く整備へ

上海の自動運転技術は、閉鎖空間での走行試験から、実地テストの時代に入った。現在の自動運転車はまだ完全な「無人運転」ではない。安全上の理由から、自動運転車の走行試験では、いざという時に手動運転に切り替えられるよう、運転手を配備している。 遠くから見ると、道路を走っている自動運転車と普通の自動車は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アイシングループ、シリコンバレーのVCと55億円のベンチャー投資ファンドを設立

アイシングループがファンドを組成した背景は、電気自動車(EV)や自動運転車、ライドシェアサービスなど、自動車産業での新興技術の勃興がある。アイシンは、シリコンバレーを中心に世界中の技術を発掘しているフェノックスVCと協力することで、世界最先端技術へのアクセススピードの加速、自動車産業の底上げにつながる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
これからの「ラジオ」の生き残り戦略[ITmedia NEWS アンカーデスクマガジン 水曜日版 2018/3/7]

注目点を明確にしてディスカッションが行えるので、技能伝承や技術継承、社員研修、安全教育ツールとして活用できます。 … 体制、3000億円以上投資へ http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1803/02/news094.html トヨタ自動車は3月2日、自動運転に必要なAIソフトの研究開発などを手掛ける新会社「Toyota Research …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
人工知能のカラクリは数学? ―「人工知能の数学」をゼロから学べる参考書

自動車の仕組みに詳しくなくても自動車を運転できるように、数学を使わないで人工知能を扱う方法もたくさんありますが、モデルの精度を上げたり、チューニングしたりするためには、数学の知識が必要になることがしばしばです。 本書は、高校数学のキホンからていねいに学習することで、初めて大学レベルの数学を学ぶ方や、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「トヨタ、自動運転AIで新会社 都内に1000人規模 日本経済新聞」など、2018年3月3日 ニュース

ニュース 
トヨタ、自動運転AIで新会社 都内に1000人規模

トヨタ自動車は2日、デンソー、アイシン精機と共同で人工知能(AI)など自動運転技術を開発する新会社を設立すると発表した。技術者を中心に1000人規模で今後数年で3000億円以上を投資する。トヨタは2020年から自動運転車の本格投入を始める計画。国内外の技術者を大量採用してAIの応用技術やソフトウエアなどの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
福山市と群馬大研究センターが公道で実験 市長試乗、住宅街1キロを走行 県内で初、実用化に期待 /広島

福山市の日吉台学区で1日、公道を使った自動運転車の実証実験が始まった。高齢者の移動手段の確保などを目指し、路線バスなど走行ルートを限定した自動運転技術開発に取り組む群馬大次世代モビリティ社会実装研究センター(群馬県桐生市)に福山市が委託した。実証実験は国内各地で進んでおり、県内では初めて。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
「風景把握」に力 群大研究「地域限定、商用化」目指し 桐生で毎日新聞記者が試乗 /群馬

… 激化している自動運転技術。群馬大は2016年に桐生市内で自動運転自動車の公道実証実験を開始し、「次世代モビリティ社会実装研究センター」を拠点に、路線バスや機械式駐車場の駐車での導入などに取り組む。目指すのは、地域限定の完全自動運転商用化。研究はどこまで進んでいるのか。2月16日、自動運転車に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
日産とDeNAの「イージーライド」に試乗、クルマ×ITは次世代へ

2013年に日産は、2020年までに革新的な自動運転技術を複数車種に搭載する予定と発表。日本の自動車メーカーとしては、いち早く自動運転の実現に言及した。筆者は同時期に米国のテストコースで実験に同乗。ステアリングに触れずにコーナーを曲がり、歩行者を模したボードが飛び出すとペダルを操作しなくても急停止 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
自動運転技術、日本と欧米の違い

平昌冬季五輪を無事に終え、新たなマスコットキャラクターが決まるなど、東京五輪に向けた準備が始まった。世界中からメディアや観光客が集まるオリンピック・パラリンピックは日本の技術力を国内外に示す格好の場でもある。その一つが五輪会場周辺などを走る自動運転車だ。 □海外でもあまり例のない規模の実験.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
ADASおよび自動運転技術の開発、スムーズかつ高速に!

より進化したADASは、運転に不慣れだったり、瞬時の判断操作能力が衰えてしまったりしたドライバーを支援し、周囲の人たちをも事故から守る。これらの取り組みにはより実践的なテスト走行と検証が必須であり、当サイトでもお馴染みのZMP社は、市販をベースにした自動運転技術開発用プラットフォーム「RoboCar® …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
トヨタがアマゾン他と提携。自動運転車の宅配・宿泊サービスを本格始動!

ネット通販の商品配送やファストフードの宅配など、提携先の用途に応じた設備を各車両に搭載し、走行データなどをひとつのプラットフォームに集めてサービス改善に役立てる。また、マツダ・Uber・滴滴出行が技術パートナーとして車両設計に加わるほか、Uberや他社が開発した自動運転システムも搭載して、技術・サービス面 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
ルノー日産三菱が機能統合を加速「一体運用での成長を証明する」

プラットフォームやパワートレインだけでなく、新技術とモビリティサービスの機能統合も進める。ルノー日産三菱では、2022年までに12車種のゼロエミッションの新型を発売する計画だが、複数の車両セグメントで電気自動車の新規プラットフォームと構成部品を共用することになる。自動運転技術についても、さまざまなレベル …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
日経企業イメージ調査 関連、技術で評価高く

日本経済新聞社と日経広告研究所は「第30回日経企業イメージ調査」をまとめた。ビジネスパーソンが抱く企業イメージの総合ランキング(調査21項目の平均得点=総合得点)はトヨタ自動車が17年連続で1位となった。 自動運転など新技術の開発が急ピッチで進む自動車関連が順位を上げた。車載電池に強みを持つ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
日産のミニバン「セレナ」に、エンジンで発電して電気で走る「e-POWER」搭載! 発表会場からリポート

日産自動車株式会社 専務執行役員 星野朝子氏は発表会の冒頭に「セレナは”BIG”、”EASY”、”FUN”、これがを作る時のコンセプトでございます。このコンセプトの元、日本の自動車メーカー初の自動運転技術“プロパイロット”を搭載して、一昨年の2016年秋に発売いたしました。そして今回、新たに『e-POWER』を搭載いたし …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 

 

ニュース
トヨタ、自動運転AIで新会社 都内に1000人規模

トヨタ自動車は2日、人工知能(AI)など自動運転技術を開発する新会社を東京都内に設立すると発表した。当初は300人体制とし、国内外の技術者を獲得して1000人規模に拡大する。ソフトウエアなどの技術者が不足する中、トヨタが大量採用に乗り出すことで人材獲得競争が一段と激しくなる可能性もある。 トヨタ自動車の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
北京汽車・董事長「パナソニックと提携拡大交渉」

【北京=多部田俊輔】中国国有自動車大手、北京汽車集団の徐和誼董事長は3日、パナソニックと提携拡大の交渉をしていると明らかにした。両社は電気自動車(EV)分野で提携しており、自動運転をにらんだスマートカー領域に広げる方向で話し合いを進めているという。先端技術を獲得したい北京汽車と、世界最大の中国市場 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタはIT企業の下請けになるのか 運転免許も信号機も不要になる日

それ以外は使われていないわけですが、その時間帯にを使いたい人もいるわけで、自動運転クルマが常時インターネットとつながるようなコネクテッド技術が実用化すれば、 … そのクルマはソフトバンクグループと提携してロボット技術「感情エンジン」を搭載、所有者の健康状態、趣味嗜好などを読み取ることもできます。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「誰も見たくないグーグル連勝-無人走行車用地図作製の大競争時代 ブルームバーグ」など、2018年2月24日     ニュース

ニュース
誰も見たくないグーグル連勝-無人走行用地図作製の大競争時代

アルファベット傘下で自動運転車開発を進めるウェイモや配車アプリの米 ウーバー・テクノロジーズ、それにゼネラル・モーターズ( GM)や フォード・モーターといった米自動車メーカー大手が無人運転で使える精密なマップ作製に向け取り組んでいるほか、ハードウエアや専門ソフトを手掛ける幾つもの新興企業がこの分野で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産とDeNA、「Easy Ride」テスト開始 自動運転車が横浜走る

日産自動車とディー・エヌ・エー(DeNA)は2月23日、自動運転車にモニターを乗せて一般道を走行する実証実験を横浜市内で行うと発表した。共同開発中の無人運転車両を … ビジネスモデルは、乗客から運賃を得る方法と、提携店舗から費用を得る方法の2パターンを検討している」(広報部)という。 両社は実験終了後、運行 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
日産・DeNA 自動運転の先、サービス磨く実証実験

日産自動車とディー・エヌ・エー(DeNA)が3月5日から約2週間、自動運転車を使った交通サービス「イージーライド」の実証実験を横浜市内で行う。 … 海外では米グーグル系の自動運転技術開発会社ウェイモが欧米フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)から調達した車両を使い、アリゾナ州で無人ライドシェア …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
福山市で自動運転車の公道実験 3月1、2日に広島県自治体で初

福山市は3月1、2日、自動運転技術が普及する社会の到来を見据え、自動走行の実証実験を日吉台公民館(日吉台)周辺など二つのルートで行う。 … 政府は2025年までに人が一切関わらない完全自動運転車の実用化を目指しており、全国では自治体が大学や企業と連携して走行実験を行う動きが広がっている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
テスラの自動運転は本当に“使える”のか?

渋滞の中、オートパイロットで運転中に、ふと、みんな自動運転車ならどうなるんだろう? と考えた。まず、人間の運転の場合、前のブレーキランプの光を見て、こちらも減速しなきゃとブレーキを踏む。ここには当然タイムラグがあり、前が急ブレーキだったり、反応が遅れたりすると車間が詰まったり、最悪追突することになる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
人工の実験都市・深センをひっそり走る「自動運転バス」

派手なプレスリリースで注目される深センの自動運転バス。世界一流の技術が投入されているものの、実用化の具体的な目処が立つような状態ではない。プレスリリース先行のように … むしろ「自動運転クルマが人間の運転するクルマに混じって道路を走るようになるのは、まだまだ先の話だ」と思っていた。 そこで、中国語が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ紡織社長、沼副社長が昇格

トヨタ紡織は現在、自動運転技術やコネクテッドカー(つながる)などの普及を見据え、二〇二〇年度までの新経営計画を策定中。沼氏の起用で生産現場の足元を固めつつ、次世代の内装技術の開発を加速させる。 一五年六月に社長に就任した石井氏は、不振の欧州事業の整理など収益構造の強化を進めてきた。新経営 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車HMIが革新、表示系デバイスへの要求に変化

車載ディスプレーとタッチパネルについて、この1年の技術動向、技術トピックスをご紹介ください。 近未来の自動車は、自動運転の進化によって、より安全・快適な移動を提供できるようになります。車内デザインも変化し、車内の居住空間も大きく広がっていきます。自動車は「第三の生活空間」になります。その結果、自動車に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
一時は消えかけた4WSが今高性能を中心に続々採用されている理由とは

また最終的にステアリングホイールやペダルがなくなった場合には、前輪と後輪は同じような角度にステアすることで、より取り回しが楽になると考えられています。完全自動運転の大きなハードルのひとつは、難度の高い場所への駐車で、それを上手くこなすためにも必要な機能のひとつであると予想されているのです。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
デジタル広告の有望市場は自動車の中にある

自動車を運転するドライバーの運転行動は、ネットでの検索活動よりも金銭的な価値がある」とデータマネジメントについて自動車メーカーと協同するコンサルタントのロジャー・ランクトット氏が話す通り、運転中の自動車の情報をAIが整理して、適切なタイミングで適切な広告を出すことは技術的に可能になりつつあります。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
デンソー、米ベンチャーのデルファーに出資 車載の電子防護技術開発へ

自動車部品大手デンソーは22日、サイバーセキュリティーを手掛ける米国のベンチャー企業「デルファー」に出資したと発表した。自動運転や、通信機能を持ち幅広いサービスを提供する「コネクテッドカー(つながる)」のシステムをサイバー攻撃から守る技術を共同開発する。出資の金額や比率は非公表。 デルファーは2016年 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【ATのエンストを甘く見るな(下)】整備士に分からない故障「制御プログラム」

メーカーは、整備体制をディーラーに任せ、面倒なトラブルを回避したいのはよくわかるが、不良で事故を起こすことを防ぐため、真摯に現実の欠陥対策を行うべきだ。AI自動運転が普及してくる中、現状のディーラーの技術レベルについてもメーカーは責任を負わなければならないだろう。ユーザー側としては大変重大な問題 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
日産 西川社長「より多くの人に新モビリティを」…DeNAと自動運転車の実証実験開始

一方、DeNAの守安功社長は「高齢化に伴う移動困難者の増大や交通に関わる人手不足などさまざまな社会課題をインターネットとAI(人工知能)で解決していきたい。先端技術に取り組んでいる日産自動車との協力でより良いサービスが提供できる。本格サービス時には完全自動運転時代の中核を担えるよう育てていきたい」 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「トヨタ系3社、次世代シート共同開発 自動運転向け念頭 日刊工業新聞」など、2018年2月20日     ニュース

ニュース
トヨタ系3社、次世代シート共同開発 自動運転向け念頭

トヨタ系3社、次世代シート共同開発 自動運転向け念頭 … 自動運転車の内装品は現在とは形状や機能が変わる可能性が大きい。3社は開発面で協業を進め、海外のメガサプライヤーや大手電機メーカーに対抗する。 3社はすでに「 … デンソーが電子制御ユニット、アイシン精機が乗員の体重センサーなど技術面で支援する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
独コンチネンタル、世界最大級の携帯電話展「MWC」で未来のモビリティを語る

今後はデジタル技術を介してすべてのモノが互いに絡み合って生活の一部となり、自動車に乗る行為自体も、広く消費者の生活にシームレスに融合されていきます。 そんな近未来 … こうして入手情報の交通整理を的確に行えれば、自動運転車が進行経路を見つけるなど、自動運転車の安全運行時に大きな役割を果たします。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
運転の相棒はおしゃれなキャップ。居眠り運転を防止する帽子

こうした人間のミスを防ぐためにも自動運転車の導入が急がれる昨今だが、フォード社はトラックドライバーが身に着ける帽子に工夫を凝らすことで、居眠り運転を防ぐ方法を提案した。 … キャップはまだ試作品の段階であり、当面は商品化の予定が無いという話だが、フォード社はこの技術の共有に前向きな姿勢を見せている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
日米二極で先端研究

トヨタ自動車は米国では人工知能(AI)や自動運転など新たな領域での開発体制づくりを急いでいる。日本での電動車開発と合わせて、日米二極で先端技術の研究開発を強化することで米グーグルなど異業種との競争に備える。 「未来のモビリティ社会という誰も見たことのない世界を目指している」。豊田章男社長は社内で、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
三菱電機社長に杉山氏 柵山氏は会長、4月1日付

三菱電機が、杉山武史副社長(61)を4月1日付で社長に昇格させる人事を固めたことが20日、分かった。柵山正樹社長(65)は会長に退く。 自動車機器や家電などの幅広い分野を担当してきた杉山氏を経営トップとすることで、自動車分野や人工知能(AI)など成長領域での事業拡大を目指す。柵山社長が就任から丸4年を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
訂正:ソニーとタクシー6社、AI駆使した配車サービスで合意

T>とグリーンキャブなどタクシー会社6社は、人工知能(AI)を活用した配車サービスを提供する新会社設立で合意し、20日に意向確認書を締結した。ソニーが提供するAIによってタクシー需要を予測し、より効率的な配車サービスを目指すとしている。 新会社を設立するのは、グリーンキャブのほか国際自動車、寿交通、大和 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「WaymoとUber、自動運転技術めぐる訴訟で和解 CNET Japan」など、2018年2月13日     ニュース

ニュース

WaymoとUber、自動運転技術めぐる訴訟で和解

Waymoは2017年、配車サービス企業UberがWaymoの自動運転車開発に必要な技術に関する企業秘密を盗んだとして、Uberを提訴した。 和解の一環として、WaymoはUber株式の0.34%を取得する。この交渉に詳しい情報筋らによると、Uberの現在の時価総額である720億ドル(約7兆8300億円)から換算して、約2億4500 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

AIベンチャーが狙うクルマの「頭脳」

香港のAIベンチャーであるセンスタイムは2017年12月、ホンダと自動運転用のAIを共同開発すると発表した。武器とするのは画像認識技術。中国の公安当局が複数の都市で運用する、監視システムで使われているものだ。 中国では大都市の主要な交差点にカメラを設置して、クルマや人間の動きを記録している。センスタイム …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

鉄道の廃線跡地を自動運転サービスに活用、実証実験へ

国土交通省は、中山間地域における道の駅を拠点とした自動運転サービスとして、鉄道廃線跡地を活用して地域内の生活の足を確保する実証実験を実施すると発表した。 国土交通省では、高齢化が進行する … 車両はアイサンテクノロジーが開発した車両自律型技術を搭載した自動運転車を使う。事前に作製した高精度3次元 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

日産の新型「リーフ」を解剖する!

電動化や自動運転化――。自動車業界に変革の波が押し寄せてきている。これまで培ってきた自動車技術の本流が入れ変わり、新たな技術が勃興する。こうした時代に備えて最新の電気自動車(EV)の実力を確かめたい。ターゲットに選んだのは、日産自動車の新型「リーフ」だ。2017年10月に初の全面改良を実施した同 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

カーエレクトロニクスとともに発展を遂げてきた日本の自動車産業電動化・自動化に向けた将来像を探る

とはいえ、私がデンソーで開発部門長や専務を2010 年まで務めてきた中で、エンジンも、ブレーキも、ボディ系も一通りやり終えたこともあって、クルマ技術競争はもうほぼ終わりかなと思ってたんですよ。ところがこの数年で自動運転が見えてきて、EVへのシフトもものすごい勢いで始まっていますし、技術の進化はすごいなと …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

ウェブセミナー 日産×Amanek – 進化する移動とユーザー体験を議論

ウェブセミナーは、日産自動⾞でコネクテッドカーとモビリティサービスの可能性に挑む三浦修一郎氏と、ホンダで日本のテレマティクスをリードし、現在は … ライドシェア、カーシェアリングなど移動のさまざまな形が世界的に広がりをみせ、自動運転技術の進化と相まって、クルマは従来とは異なる移動ツールへと変化しようとして …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

SUVに自動運転、大トルク化競う

各社が出展したSUVのコンセプトや新型から見えた開発方針は、「運転を簡単に、楽しくすること」である。トルクを大きくして走る楽しさを追求し、自動運転技術の導入で運転者の負荷を抑える。 パワートレーンにダウンサイジングターボエンジンは使うものの、電動化は遅れている。各社は環境負荷を抑えることの優先順位を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

クルマがスマホ化する時代 ポルシェ ジャパン社長に聞く

自動車業界は、EV(電気自動車)と自動運転という2つのイノベーションによる変化を迎えている。時代の変化と無縁な企業はなく、ポルシェもまた例外ではない。ポルシェといえば自動車好きのためのであり、EVや自動運転の波は一般より緩やかであるようにも思えるが、七五三木社長の危機感は決して小さなものではない …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

MEB対応で電池を床下全面に配置

… 台数をグループで300万台とする目標は、自動車業界に大きなインパクトを与えた。急速に電動化を進める中で、VWグループの高級ブランドAudi社は将来の自動運転技術の採用を見据えて、注目すべき電動コンセプトカーを相次いで公開している。今回は、Audi社の電動コンセプトカーや環境対応技術プラットフォームを …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

米グーグル、IoT事業責任者にサムスン電子元幹部を起用

… 傘下のグーグルは今月、あらゆるものがインターネットにつながるIoT(インターネット・オブ・シングス)事業の責任者として、12月に韓国サムスン電子の最高技術責任者(CTO)を辞任したインジョン・リー氏を起用した。リー氏が … 新たに浮上している技術分野には、自動運転車や仮想アシスタント付き家電などが含まれる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース

AIベンチャーが狙うクルマの「頭脳」

ハンドルを握る人間の運転手は不要となり、判断能力を備えたAI(人工知能)と半導体がクルマを操る時代がやってくる。 自動車産業の収益構造も大きく変わる。産業全体の利益が2015年の4000億ドル(約44兆円)から2030年の6000億ドル(約66兆円)へと拡大する一方で、ハードウエアを製造する完成車メーカーや自動車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

素材メーカー「クルマ攻略」の攻め筋、勝ち筋

自動車メーカーは人工知能(AI)や電動化など多方面の技術課題を抱える。一方、足元ではエンジン車がまだまだ事業の中心だ。「何でもかんでもやらないといけない時代になって材料のことまで考える余力が少なくなる」化学大手幹部は顧客の台所事情を推察する。その上で『餅は餅屋』とばかりに、軽量化ならアルミニウム …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「期待膨らむ自動運転車 市民がモニター乗車 長野日報」など、2018年2月12日     ニュース

ニュース
期待膨らむ自動運転車 市民がモニター乗車

自動運転車で将来、仕事とかに行ければいい」と楽しみにしていた。 同市東春近の会社員伊藤清朗さん(51)は「発進、加速がもう少しスムーズになればという思いはあるが、自分の住んでいる地域で行われる最新技術の実験。どう展開していくか興味深い」と話した。 市民モニターは1月末から公募し、締め切りまでの4日間で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
東京から始まるモビリティー革命、世界を先導する

激安電気自動車(EV)」「自動運転サービス」「乗り捨て自転車」「すぐ乗れるタクシー」「環境世界一の燃料電池(FCV)」「誰でもモビリティー」――。世界有数の大都市である東京都。2020年にこの地は世界に向けた先端技術の“ショーケース”となる(図1)。東京都が抱える人口の増加や一極集中、環境対応自動運転への …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
4000億円規模の研究開発投資、デンソーが「歯を食いしばってやる」宣言

自動車部品メーカーが、国内外で開発部門の強化に動いている。電気自動車(EV)や自動運転車などの次世代は、バッテリーや自動走行システムの開発に膨大な費用が必要になる。次世代でもガソリンから引き続き使用される既存部品は、完成メーカーから現状以上の原価低減の要請が強まるとみられる。各社は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車・輸送機 ニュース

「2017年までに開発に着手した新技術・新製品をもっと形につなげるべく、現場の従業員にもアイデア出しを奨励しつつ、他の企業や研… 続きを読む … 自動車産業で自動運転. … 住友電気工業はNECと協業し、コネクテッドカー(つながる)時代を見据えた自動車の車内と車外をつなぐ次世代部品開発に着手した。両社が持つ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動車・輸送機 ニュース

… 及川卓也氏(写真)と技術顧問契約を結んだ。自動車産業で自動運転… 続きを読む · 住友電工、NECと協業 次世代部品開発に着手. (2018/2/12 05:00). 住友電気工業はNECと協業し、コネクテッドカー(つながる車)時代を見据えた自動車の車内と車外をつなぐ次世代部品開発に着手した。両社が持つ人工知能(AI)や、Io.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
住友電工、NECと協業 次世代部品開発に着手

住友電気工業はNECと協業し、コネクテッドカー(つながる車)時代を見据えた自動車の車内と車外をつなぐ次世代部品開発に着手した。両社が持つ人工知能(AI)や、Io… (残り:225文字/本文:305文字). (2018/2/12 05:00). ※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけます。 会員登録する …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「自動運転の基幹技術、AIが読む「ダイナミックマップ」とは? (1/3) ITmedia」など、2018年2月9日     ニュース

ニュース
自動運転の基幹技術、AIが読む「ダイナミックマップ」とは? (1/3)

人はクルマを運転する際、地図やナビの情報だけではなく、常に自分の目や耳で周囲の状況を把握する。例えば信号の色や工事中の看板、歩行者や他のクルマの動きなど、刻々と変化する情報に対応している。こうした情報が重要なのは自動運転車も同じ。ダイナミックマップは、高精度な3次元地図データに交通規制や道路 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転中の事故、責任の所在は? 運転者の過失は生じるのか 損保会社に聞く

ひとえに「自動運転」といっても、レベル1からレベル5まで5段階があり、現在、日本で市販されているクルマに搭載されているのは、レベル2までの技術です。レベル1は、自動ブレーキやACC(アブダクティブ・クルーズ・コントロール。車間距離を一定に保ちながらクルマが定速で自動走行する)などのいわゆる「運転支援」技術、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車ITセキュリティ研究の第一人者、フィッシュマイスター准教授「ソフトウエア技術を制すものが自動

同准教授は自動車ITセキュリティ研究の第一人者で、コネクテッドカーや自動運転車の安全とセキュリティを確実にするためのデータ主導型、エビデンス・ベースの … フィッシュマイスター准教授によると、その大きなカギとなるのはソフトウエア技術で、ソフトウエア技術を制するものが自動運転を制すると言っても過言ではない …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、自動運転の研究開発を促進…米非営利団体への支援継続

トヨタ自動車の米国の人工知能技術の研究・開発部門、トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)は、ロボティクスや自動運転の研究を行う米国の非営利団体「 … OSRFは、「ROS2」と呼ばれる第2世代のROS(ロボット・オペレーティング・システム)が、自動運転車のソフトウェアや支援システムの開発に広く使用されることを期待 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自律走行の開発レースの勝敗を決める「LiDAR」技術 その古くて新しい歴史と課題

だからこそ、自律走行の開発レースでプレイヤーたちは、運転手のいない完全なロボットカーをつくるのに、このレーザーセンサーを必要不可欠だと考えている(例外として有名なのは、イーロン・マスクだ。彼はカメラで十分だと判断しているらしい)。 同じ理由から、アルファベットの自動運転部門であるウェイモ(Waymo)とライド …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
元Google及川卓也氏、デンソーの技術顧問に 自動運転など推進

デンソーは2月9日、エンジニアの及川卓也氏と技術顧問契約と締結したと発表した。Google日本法人などで活躍した及川氏のスキルと経験を生かして情報通信分野を強化し、電動化・自動運転・コネクテッドカー(つながる)などの事業を推進する狙い。 photo デンソーの公式Webサイト. 及川氏は、OS「Windows」やWeb …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転は史上最大の産業になる」エヌビディアCEOが語る理由

自動運転の対象はのみならず耕運機、ブルドーザー、掘削機などあらゆる動く機械に及びます。実現のためには非常に高速なセンサーとその信号を分析するコンピューターが必要で、完成形はまだ存在しません。だがわれわれのAIやコンピューティングの技術を低消費電力と低コストで達成する能力で、そんなコンピューターを …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
[韓国毎日経済新聞]SKと韓国交通公団、5Gで車間通信

韓国通信大手のSKテレコムと韓国交通安全公団は5日、ソウル郊外・京畿道の試験エリアで、最新の自動運転技術を公開した。道路を走っていた自動運転対応2台がスクールゾーンに進入。2台はこれを認識して自然に速度を落とした。 1人の子供が信号を無視して道路に飛び出す。すぐさま街灯に設置された監視カメラが5 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
歩行者と光のアニメーションでコミュニケーションするクルマ…三菱電機が開発

三菱電機は2月8日、周囲の歩行者や車両に対して光での動きを伝える技術「安心・安全ライティング」の進化について発表した。ドア開けや後退のタイミングに、車外センサーと連動して光で歩行者 … もっと分かりやすく伝えるコミュニケーション技術が求められている。この問題は、自動運転車両においても同じだと考えている」
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルネサス社長「全分野で追い風」17年12月期 純利益42%増

自信の背景には主力の車載半導体の分野で、自動運転技術や高度運転支援システム(ADAS)の普及によって需要の伸びが期待できるためだ。 1月上旬に米ネバダ州ラスベガスで開かれたコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)。完全自動運転車のデモを披露したルネサスブースを世界の自動車大手幹部が次々と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
トヨタ、自動運転の研究開発を促進…米非営利団体への支援継続

トヨタ自動車の米国の人工知能技術の研究・開発部門、トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)は、ロボティクスや自動運転の研究を行う米国の非営利団体「 … トヨタの狙いは、既存の自動車産業の枠を超え、より広範なモビリティ企業へと発展するために、TRIのロボティクスや自動運転の研究をいっそう強化することにある。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタが日本交通子会社に75億円出資、タクシー向け新サービスを共同開発

都内の500台のタクシーに装着した通信型ドライブレコーダー「TransLog(トランスログ)」から走行中の画像や車両データを収集、地図上に反映させて人工知能(AI)で解析した結果をナビゲーションアプリに車線単位での混雑状況として配信する。 トヨタ自動車のモビリティサービスプラットフォームは、DCM(車載通信機)から …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
住友電工とNECがモビリティ事業で協業を開始 – AI・IoT技術を活用

住友電気工業(住友電工)とNECは2月9日、自動車部品の企画・開発をはじめとしたモビリティ事業において2017年12月より協業を開始したと発表した。 今回の協業は、第1弾として自動車をネットワークでつなぐコネクテッド領域から開始し、両社が有するAI(人工知能)・IoT(Internet of Things)技術を活用して車両や車外 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ボルボやロータスを傘下に収める中国浙江吉利控股集団が、ダイムラーの筆頭株主になることを計画中!

スウェーデンの自動車メーカー、ボルボを傘下に持つ中国浙江吉利控股集団(ジーリー・ホールディング・グループ)は、ダイムラーに入り込むことを真剣に検討中だ。ドイツの『Bild am Sonntag』紙は、ジーリーの李書福会長に関する特集記事の中で、中国の自動車大手である同社がクウェート投資庁の保有する6.8%を上回る株 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「自動運転車も使うLiDARセンサー技術でマヤの巨大都市を発見。グアテマラの森林に6万もの構造物 Engadget 日本版」など、2018年2月5日     ニュース

ニュース
自動運転車も使うLiDARセンサー技術でマヤの巨大都市を発見。グアテマラの森林に6万もの構造物

文化遺産保護のための科学的調査を行うPACUNUM財団はLiDAR技術を利用した調査によって、中米グアテマラの森林地帯に6万ものこれまでに知られていない構造物を発見しました。これはこの地に栄えた古代マヤ文明の都市がわれわれの認識よりかなり大規模で、マヤの人口も従来は500万人ほどとされていた …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
人間と機械の“意思疎通”が不十分な自動運転技術 (1/2)

今後、ロボットカーにもさまざまなセンサー技術を適用することで、透視能力のような機能を搭載できるのではないだろうか。しかし今のところ、人間のドライバーの心まで読み取れるような透視機能はまだ存在しない。 このような、自動運転車の実現に向けたビジョンが不十分であるという現状に対し、恐れることなく立ち向かって …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車の公道実証プロジェクトと事業化–国内外で進む

… Chuxing、Pizza Hut、Mazda、Uber、技術パートナーとしてDidi Chuxing、マツダ、Uber Technologiesと提携し、実験車両による実証事業を進める。 MSPFでは、車両制御インターフェースを開示、他社開発の自動運転制御キットが搭載可能で、モビリティサービスプラットフォーム上でサービス事業者が必要とするAPIを公開 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日立オートモティブシステムズ、一般道にて自動運転の走行実証試験を実施!対向や歩行者の検知 …

… ステアリングのすべてを自動的に制御し、ドライバーをサポートする高速道路同一車線自動運転技術「プロパイロット」が装備されている。また、アクセル、ブレーキ、ハンドル、シフト、パーキングブレーキまで、駐車操作のすべてを自動制御する国産初の本格的自動駐車システム「プロパイロット パーキング」も採用されている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
新型FCVで平昌まで自動運転

【ソウル=鈴木壮太郎】韓国の現代自動車は5日、新型燃料電池(FCV)「NEXO」(ネクソ)を3月、韓国で発売すると発表した。同日はネクソに自動運転技術を搭載した試作でソウル近郊から五輪開催地の平昌まで走行するデモンストレーションを公開。次世代の開発で先行するトヨタ自動車など世界大手に対抗する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
現代自動車、ソウル~平昌間190キロメートル高速道路で自動運転に成功

現代自動車が平昌(ピョンチャン)冬季五輪を控えてソウル~平昌間の高速道路約190キロメートル区間で自動運転に成功した。数百キロメートルの長距離コースで、区間別法規が許容する最高速度(時速100~110キロメートル)を実現し、自動運転技術を披露したのは韓国ではこれが初めてだ。 現代自動車は2日、米国自動車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
無人の自動運転車が公道を走る、ボッシュが走行テスト開始へ 2018年内

このプロジェクトは、どのようなが都市部での完全自動運転を実現できるかという考察を元に、自動運転を可能とするシステムの量産化を整えるのが狙い。背景には、ドライバーがのもとへ行くのではなく、がドライバーのもとへ来る、という考えがあるという。市街地のあらかじめ決められた範囲内では、スマートフォンを使っ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
元グーグル技術者が自動運転ロボットカー『Nuro』を発表…スタートアップ

元グーグル技術者が自動運転ロボットカー『Nuro』を発表… … 米国に本拠を置くスタートアップ企業、Nuroは、無人で自動運転を行うロボットカー、『Nuro』を発表した。 Nuroは、 … Nuroの完全自動運転車は、商品輸送のコスト構造を変え、さまざまな日用品やサービスのための強力なプラットフォームを作り出す、としている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日立オートモティブ、デリーモーターショー2018で電動化や自動運転など紹介予定

くわえて、インドでは電動化車両自動運転車両の普及に向けた動きも活発化。2030年までに内燃機関搭載の国内販売を禁じ、電気自動車のみに制限するとの方針を政府が明らかにしている。また、交通事故での死亡者数が世界最多となるインドでは、安全運転支援をはじめとする技術へのニーズが高まっている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
デンソー社長「変なEVを乱立させたくない」

単独でを造れるほどの広範な技術を有するが、走行性能からサービス競争に移る次世代カーでは、これまでの積み上げがリセットされた非連続な世界での戦いに … これまでは完成メーカーとすり合わせをして作り込むことで成長してきた歴史がある。 … 電動化や自動運転の時代は全体をどう電子制御するかが重要だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
デンソー社長「変なEVを乱立させたくない」

デンソーは自動車部品メーカー国内首位、世界でもトップ3に入る。単独で車を造れるほどの広範な技術を有するが、走行性能からサービス競争に移る … 一方、最近はソフトウエア系が注目され、人工知能や自動運転などでほかに強いプレーヤーが出ている。ソフトでできないものがあれば、自前だけでなく外の力も借りていく。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
三菱自動車工業の17年4~12月期、最終損益700億円の黒字

三菱自動車工業が5日に発表した2017年4~12月期の連結決算は、最終損益が700億円の黒字(前年同期は2133億円の赤字)に転換した。売上高は前年同期比13.1%増 … 企業がネット上に開示した決算発表資料から業績データやポイントを人工知能(AI)技術を使って自動で文章を作成しました。詳しくはこちらをご覧ください.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動運転車の公道実証プロジェクトと事業化–国内外で進む

… Technologiesと提携し、実験車両による実証事業を進める。 MSPFでは、車両制御インターフェースを開示、他社開発の自動運転制御キットが搭載可能で、モビリティサービスプラットフォーム上でサービス事業者が必要とするAPIを公開する。サービス事業者や開発会社とオープンに提携することで、新たなモビリティサービス …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
無人の自動運転車が公道を走る、ボッシュが走行テスト開始へ 2018年内

このプロジェクトは、どのようなが都市部での完全自動運転を実現できるかという考察を元に、自動運転を可能とするシステムの量産化を整えるのが狙い。背景には、ドライバーがのもとへ行くのではなく、がドライバーのもとへ来る、という考えがあるという。市街地のあらかじめ決められた範囲内では、スマートフォンを使っ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
広汽集団、自動運転車研究企業と提携

中国自動車大手の広州汽車集団(広汽集団)は2日、自動運転車の研究を進める広州小馬智行科技(小馬智行)と戦略提携枠組み協定を交わしたと発表した。 小馬智行はロボットやドローン(小型無人機)の技術開発を手掛けているほか、レベル4(高度自動運転)、レベル5(完全自動… 関連国・地域: 中国-広東. 関連業種: …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「日本で「自動運転車」がまだできない単純な理由 投信1」など、2018年1月31日     ニュース

ニュース
日本で「自動運転車」がまだできない単純な理由

日本の企業では、スバルの自動ブレーキ機能「アイサイト」や、日産の高速道路の単一車線での自動運転技術などが開発・改良され、一部はすでに市販に搭載されています。 ただし、日本ではまだ法律的に「完全自動運転」が認められていません。つまり、免許を持っている人が常に運転席にいてを操縦しないといけないの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
2050年になくなる仕事 自動運転で違反が減れば警察庁が困る?

いつの時代にも、技術革新によって、消える仕事は必ずあるので、既得権者からの反発を食らう。 モビリティの世界でも、馬車からクルマに変わったことで、馬を取り扱う仕事が減った。日本でも江戸時代は駕籠屋(かごや)がいたが、不要になった。急速に普及した自動改札機によって、切符を切る人の仕事がなくなってしまった …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Waymo、自動運転の配車サービスに向けFiat Chryslerから大量調達へ

WaymoとFiat Chrysler Automobiles(FCA)は米国時間1月30日、各種サービスの展開に先駆けて自動運転車を十分に拡充するため、FCAがWaymoに … WaymoはFCAからミニバンを納車され、その後これらのミニバンに米自動車技術者協会(SAE)が定める基準でレベル4の自動運転に必要なハードウェアとソフトウェアを …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ドライバーレスの自動運転ライドシェアへ、FCAとウェイモが提携を拡大

FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)は1月30日、グーグル(Google)の自動運転車開発会社、ウェイモ(Waymo)との提携関係を拡大すると発表した。 FCAは2016年、グーグルと自動運転車のプロジェクトで提携。FCAのエンジニアとグーグルのエンジニアが協力し、最新の自動運転技術の自動車への搭載 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日野自、電動研究へ先端技術の新組織

日野自動車 商用の電動化や自動運転などの技術開発を手掛ける「先進技術本部」を新設すると31日発表した。2月1日付で実施し開発人員の1割を充てる。日野はトヨタ自動車やマツダが設立した電気自動車(EV)の基盤技術の開発会社「EVシー・エー・スピリット」に参加した。新設部署から担当者を派遣し、社内外で技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
17年 中国市場浸透カギ 次世代対応、提携拡大も

2017年の主要自動車グループの世界販売台数は、仏ルノーと日産自動車、三菱自動車の3社連合が2位となったが、世界最大の自動車市場・中国での販売力の差が如実に表れた。中国を含む主要市場では電気自動車(EV)などを優遇する制度が今後導入され、自動運転など次世代技術への対応も急務となる。世界市場で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トラック隊列、自動運転実験 北関東道壬生―笠間

日野自動車などトラックメーカー4社と豊田通商は30日、自動運転技術を活用し、トラック4台が隊列走行する実証実験を栃木、茨城両県の北関東自動車道で始めた。2月1日まで、車両間を通信でつないだ隊列走行を行い、地形や交通の影響などを確認する。 トラック物流業界では人手不足やドライバーの高齢化を背景に、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
不整地運搬/遠隔操作で自動走行/操作簡便、同時に複数車運転/熊谷組ら

熊谷組は、KATO HICOM(横浜市)、JMUディフェンスシステムズ(京都府舞鶴市)と共同で、不整地運搬(クローラキャリア)の自動走行技術を開発した。運転席から離れた操作室と不整地運搬の両方にコンピューターを設置して無線で接続(無線LAN)し、土砂積載場所から搬入場所まで自動で走行する。オペレーターは …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
欧米部品大手、CASEが迫る第2の創業

CASE――。コネクテッドカー(つながる=C)、自動運転(A)、シェアリング(S)、電動化(E)といった自動車業界に押し寄せる技術革新は、それぞれの英語の頭文字をとってこう呼ばれる。100年に1度と言われる自動車産業の変革期に挑むのは部品メーカーも同じ。欧米のメガサプライヤーがM&A(合併・買収)や自らの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
運転手の眠気を抑えるパナソニックのセンサー技術とは?

運転手の眠気を抑えるパナソニックのセンサー技術とは? … 自動車メーカーが開発に力を注ぐ自動運転車や電気自動車(EV)。 … 同社オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社技術本部センシングソリューション開発センターの式井愼一主任技師は「ドライバーに不快感を与えずに覚醒させる技術を目指した」とシステム …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
デンソー、東京に新拠点 4月開設、自動運転や通信技術開発を強化

トヨタ自動車グループの部品大手デンソーは31日、東京都港区に自動運転や通信技術の新たな研究開発拠点を設けると発表した。従業員約200人で4月に開設する。自動車の安全機能や人工知能(AI)に関わる国内の開発部門の一部を移転し、海外の研究拠点を統括する役割も担う。 他の研究機関や企業との連携も進め、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ファーウェイの米国進出を一蹴 ベライゾンも諜報懸念、スマホ販売中止 (1/2ページ)

5G通信網はスマホから自動運転自動車人工知能(AI)などあらゆる用途での利用が見込まれる。そのため、米安全保障当局や議員の一部から、中国政府と密接な関係を持つ可能性のあるメーカーによる5G対応スマホは、安全保障上のリスクにつながると危惧する声が上がっていた。 調査会社レコン・アナリティクスのアナ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Teslaの電気自動車が時間単位でレンタルできるように!

Teslaの電気自動車が時間単位でレンタルできるように! 間もなく開催され … 店舗を構えたモール・オブ・アメリカは全米最大級のショッピングモールとあり、多くの消費者に電気自動車をアピールする狙いだ。 Tesla車は …. 人工知能を搭載して自動運転し、ガソリンではなく電気で走る車やトラックが次々と開発されている。 しかし、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ドライバーレスの自動運転ライドシェアへ、FCAとウェイモが提携を拡大

FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)は1月30日、グーグル(Google)の自動運転車開発会社、ウェイモ(Waymo)との提携関係を拡大すると発表した。 FCAは2016年、グーグルと自動 … 今回の提携拡大の柱となるのが、FCAとウェイモが自動運転車によるライドシェアサービスを行うこと。FCAによると、世界初の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
元グーグルのエンジニアが立ち上げたNuro、宅配用自動運転バンを発表

近頃では、大手企業が、名の知られていなかった自動運転スタートアップとの提携を突然発表することは、珍しいことではない。新たに登場 … バンの重量は1トン以下で、その重さの大半を占めるのは、電気駆動システムに電力を供給するバッテリである(このバンがガソリンだと思った人は、おそらくいないはずだ)。幅は普通 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
17年 中国市場浸透カギ 次世代対応、提携拡大も

2017年の主要自動車グループの世界販売台数は、仏ルノーと日産自動車、三菱自動車の3社連合が2位となったが、世界最大の自動車市場・中国での販売力の差が如実に表れた。中国を含む主要市場では電気自動車(EV)などを優遇する制度が今後導入され、自動運転など次世代技術への対応も急務となる。世界市場で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
無人販売所が完全自動運転で街を走り回る!会計も燃料補給も手かからずな「Robomart」

無人販売所が完全自動運転で街を走り回る!会計も燃料補給 … 今回ご紹介するのは、ドライバーを必要としない、レベル5の完全自動運転車による食料品販売サービスになる。 自動化されて … ワイヤレス充電ステーションに関しても、主要なEV充電ステーションと提携する計画で、試験運用に向けて本格的に動き出している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「米GM、キャデラックで先行導入へ-EVや自動運転など先端技術 ブルームバーグ」など、2018年1月16日     ニュース

ニュース
米GM、キャデラックで先行導入へ-EVや自動運転など先端技術

米GM、キャデラックで先行導入へ-EVや自動運転など先端技術. Craig Trudell、David Westin. 2018年1月16日 9:46 … GMは中国での急成長を踏まえ、キャデラックが向こう10年で新しい電気自動車(EV)や自動運転車を投入していくのに適したブランドだと考えている。キャデラックのヨハン・ダ・ネイシン社長がデトロイトで …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【特集】「自動運転車」に熱視線再び、北米自動車ショー開幕で新ステージへ<注目テーマ>

現地時間14日、米ミシガン州デトロイト市で世界の耳目を集める北米国際自動車ショーが開幕した。各メーカーにとって戦略車種の発表はもちろんのこと、自動運転技術のお披露目の場ともなる。ここでは自動運転やコネクテッドカー(つながる)向けの次世代技術を展示、米フォードや独フォルクスワーゲンのほか、米半導体 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
独コンチネンタル「会社分割を検討」 自動運転を分離か

自動運転・電動化の部門と既存事業を切り離す可能性が高い。自動車部品 … デルファイは、2017年末にガソリン、ディーゼルのエンジン向けのシステムなど自動車の動力関連部門を上場企業として分離独立させた。本体は自動車向けの通信、車載情報システムなど自動運転との関連性が高い技術開発に集中している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
激化する自動運転技術の開発競争、そして実現は目の前に

まず、特徴的な話題は自動運転に関する話題である。CESといえば、かつてはテレビ、ビデオ、オーディオなどの“黒モノ家電”、昨今では携帯電話を始めとするスマートデバイスなどが、その時々の最新技術を実装した主役として扱われていたが、2018年はがその主役に躍り出た。こうした傾向は昨年あたりから誰しもが感じる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
GMが「ハンドルのないクルマ」を2019年に投入へ ついに「本物」の自律走行がやってくる

ウェイモやUberなどの競合が自動運転技術の開発で他社との提携を選択したのに対し、GMは垂直統合を進めている。16年にはサンフランシスコのスタートアップ企業Cruise Automationを6億ドル(約663億円)で買収し、完全自律走行の開発を任せたと報じられた。 GMはLiDARセンサーも自前で調達する方針で、昨年10 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「ハンドルが無いクルマ」がついに実現!? GMが無人走行可能なクルマを販売するため、アメリカ運輸省と …

自動車業界における最新トレンドのひとつであり技術革新が進んでいる自動運転について、業界の巨人といえるゼネラルモーターズが金字塔を打ち立てることになりそうです。 同社が発表したニューモデル「クルーズAV」のインテリア画像には、ステアリング・ホイールもペダルも見当たりません。ついにドライバーがいなくても走る …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産がデザインコンセプト 日本建築などからヒント

トヨタ自動車の高級ブランド「レクサス」が販売するクーペ「LC」ではデザインの一部に伝統的な日本刀をイメージしたデザインを持たせた。マツダは「日本の美意識」をテーマにシンプルさを追究したコンセプトを発表している。 自動運転技術やシェアリングの広がりで、は所有から使用に使い方が変わりつつある。「ただ、は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
レクサスSUV、最上級コンセプト公開 北米ショー

【デトロイト=工藤正晃】トヨタ自動車は15日、高級「レクサス」ブランドで、都市向けの多目的スポーツ(SUV)の最上級コンセプトを発表した。2025年までに世界で展開するレクサスの全車種に電気自動車(EV)や燃料電池自動車(FCV)、ハイブリッド(HV)などの電動を設ける計画で、コンセプトの自動運転技術や …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃 第144回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(84)自動運転

自動運転の「レベル」 今、自動運転はどこまで行っているのだろうか。自動運転技術は大まかにわけて「レベル5」まであるという。 まず「レベル0」はドライバーがすべての操作を行うだ。おそらく私のメーカー最安値軽自動車は「レベル0」である。レベルの高いではないとは思っていたが0とは驚きだ。ドラクエのレベルで …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ボトルネック見極めに必要 米運輸長官、自動運転さらに意見公募

チャオ長官は「政府には極めて多くの障壁がある。それは官僚主義だ。われわれは重複しているものや、技術革新の進展を妨げているボトルネックを見極めている」と指摘した。 NHTSAは自動運転車に対する「不必要な規制の障壁」や安全性の検証と認証の方法に関して意見を求めている。FTAやFHAも意見を公募している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
トヨタ、新型アバロン公開=対話型AIを初搭載-北米自動車ショー

… 【デトロイト時事】トヨタ自動車は15日、米デトロイトで開催中の北米国際自動車ショーで、大型セダン「アバロン」の新型モデルを公開した。同社の乗用車として初めて音声対話型の人工知能(AI)によるアシスタント機能を搭載。先端技術を活用した新たな価値をアピールし、苦戦が続くセダン市場のてこ入れを図る。 今春米国で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
北米自動車ショー、主役は大型車

もう一つは、AI=人工知能や電気自動車といった最近のトレンドとは異なる、車本来の「走る楽しさ」を求める動きです。近年、アメリカではAIを使った自動運転技術への関心が急速に高まっていて、先週、ラスベガスでは各社こぞって自動運転を使ったコンセプトカーなどを披露しました。今回、発表されたトラックは最新技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アマゾンのAI、トヨタ車に 今春にも上級セダン

【デトロイト=工藤正晃、湯沢維久】大手自動車メーカー各社が「つながる車」や電動化対応の新型車を米国市場に相次ぎ投入する。トヨタ自動車は上級セダンに米アマゾン・ドット・コムの人工知能(AI)を初めて搭載する。中国・欧州勢は2019年から電気自動車(EV)を発売する。減速傾向が続く市場と環境規制への両にらみの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
GMが「ハンドルのないクルマ」を2019年に投入へ ついに「本物」の自律走行車がやってくる

しかし今回の動きは、自動車産業が個人によるクルマの所有や人間のドライヴァーといったものから離れつつあるなかで、GMが現在の地位を保つために進める積極的 … GMで自動運転関連の法務などを担当するポール・ヘンマースバウは現行の法規について、「非論理的に近いか、もしくは人工知能がドライヴァーとなる時代に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
車での音声操作にもアマゾン、経済圏拡大はかる

トヨタ自動車が15日、北米国際自動車ショーで米アマゾン・ドット・コムの人工知能(AI)「アレクサ」を搭載した車種を発表した。車の中から家のエアコンを操作できるほか、ネットでの買い物も可能になる。アマゾンはスピーカー端末で高まるシェアを武器に、家庭だけでなく、自動車も含めた自社経済圏の拡大をはかっている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
身近に起こっている自動化のトレンド(後)

電気自動車になると電装品は8割か9割になるという。とくに、自動運転車の場合には人工知能が一番大切な技術になる。先ほどのGoogleは人工知能を武器にして自動車産業に参入しようとしている。このように、自動運転車の時代は今までの自動車産業とは求められる技術が全然違うことが明らかだ。もちろん自動車の足回り …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「自動運転車」に熱視線再び、北米自動車ショー開幕で新ステージへ<注目テーマ>

欧米や中国などで国策として推進される電気自動車(EV)シフトの動きだが、一方で「自動化」への流れも顕著となっている。自動運転技術を巡る世界の開発競争は一段と先鋭化している。既に高速道路の単一車線での自動操縦などは実用化されているが、最終的には人工知能(AI)を活用してドライバーの操作を全く必要と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【オートモーティブワールド2018】自動車技術展、世界最大規模の1100社出展 1月17日から

世界最大規模の先端自動車技術展「第10回オートモーティブワールド」が明日17日から19日まで、東京臨海都心の東京ビサッグサイトで開催される。主催はリードエグジビションジャパン。第10回と … 主催者によると今回は、AI(人工知能)関連の展示・セミナーも見どころだという。 オートモーティブワールド2018は、「第10回 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【2018 希望への展望】住友商事社長・中村邦晴さん(67)

既に自動車やIoT(モノのインターネット)&AI(人工知能)、エネルギー周辺などのワーキンググループがあるが、もう少し柔軟に対応できる組織も検討している。例えばコネクテッドカー(つながる車)は自動車と通信技術が融合する分野で、自動車の部品産業も自動車部門からと素材の部門からの2つのアプローチがある。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
デンソー、東芝情報システムなどと 車載製品向け組込ソフトウェア開発強化に向けて資本提携

デンソーと東芝グループは、2017年4月にIoTを活用したモノづくり、高度運転支援・自動運転などの分野での協業強化を開始しており、画像認識システム向けの人工知能技術や自動車用リチウムイオン電池パックなどを共同で開発している。今後も3社は、戦略パートナーとして組込ソフトウェア事業、IoTを活用したモノづくりなど …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
GMが「ハンドルのないクルマ」を2019年に投入へ ついに「本物」の自律走行がやってくる

ウェイモやUberなどの競合が自動運転技術の開発で他社との提携を選択したのに対し、GMは垂直統合を進めている。16年にはサンフランシスコのスタートアップ企業Cruise Automationを6億ドル(約663億円)で買収し、完全自律走行の開発を任せたと報じられた。 GMはLiDARセンサーも自前で調達する方針で、昨年10 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
激化する自動運転技術の開発競争、そして実現は目の前に

に関しては、CASE(C:Connected<つながる>、A:Autonomous<自動運転>、S:Sharing<共有>、E:Electricity<電動化>)という4つの分野が注目されて … そして、そのために世界各国の有力企業同士(特に、自動車メーカー(関連企業)と“ITジャイアント”)、先端的技術を持つベンチャー企業らが相互に提携を進め …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「視界360度・脳波測定・自走二輪 車の自動運転が進化 朝日新聞」など、2018年1月15日     ニュース

ニュース
視界360度・脳波測定・自走二輪 自動運転が進化

クルマ自動運転技術が進化している。トヨタ自動車は「視野」を360度に拡大し、日産自動車は乗る人の脳波をとらえて運転に反映させる。ヤマハ発動機は自ら立って走れるオートバイをつくった。 各社は米ラスベガスで12日(日本時間13日)まで開かれた家電・技術見本市「CES」で新技術を披露。 トヨタが公開した自動運転 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車のある未来】GMがハンドルのない自動運転車を2019年実用化へ!NVIDIAとサーファー憧れ …

自動運転車の開発競争が熾烈なことは既にご存じの通りだが、必ずしも自動車メーカーが主導であるとは限らないのが面白い点だ。ハンドルやブレーキペダルが自動運転車の開発や実験は、米Google(アルファベット)のウェイモが先行した。そしてこの数年は、ディープラーニング技術で脚光を浴びている「NVIDIA」も台頭して …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AIと自動運転車が街を見守る

2040年、道路交通の主役は自動運転車になり、運転免許はほぼ不要になる。自動運転は交通事故を減らすだけでなく、センサーを駆使して街を24時間見守り、犯罪を未然に防ぐ。は移動手段から、社会の安全を支える … レベル4の完全自動運転技術は2020年の実用化を目指している。 注)レベル3と言っても、渋滞中の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
フォード、駐車場などインフラと連動する自動運転車

ハケットCEOは「まずは自動運転を使った移動・輸送受託のビジネスモデルを広げることに注力する」とし、中小企業なども対象の顧客とすることを示唆した。 フォードは2021年に自動運転車の導入を計画している。米ゼネラル・モーターズ(GM)から2年遅れとなることについてケン・ワシントンCTO(最高技術責任者)は「都市 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
打倒テスラ宣言の高級自動運転EV「フィスカー」創業者の野望

創業者のヘンリック・フィスカー(Henrik Fisker)は「バッテリー技術の新時代」の幕開けだという。 … CESに向けて意気込むフィスカーに、EV業界の今後と、現行の自動運転車に足りないものについて聞いてみた。 … また、当社が発表するソリッドステートのバッテリーは自動運転車だけでなく家電の未来をも変えるものだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ヤマハの低速自動運転車の”現実味”—CES 2018で提案

CES 2018で、関係者の間で話題になっていたのが、”ワンマイルモビリティを再定義する”というコンセプトのヤマハの低速自動運転車だ。 … 今後については、商品としての信頼性を高めたうえで、「ゆくゆくは、現行の誘導線を利用した自動走行の置き換えも考えていきたい」と、同社モビリティ技術本部の吉田睦グループ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
デンソー子会社が次世代AUTOSAR対応OSを開発、自動運転車のECUに適用へ

自動運転車やコネクテッドカー、ADAS(先進運転者支援システム)など、高度な車載システムに採用される高性能なインテリジェントECUがターゲットで、ヘテロジニアスな … AUBIST OS POSIX版は、そういった処理に対応可能なマルチコア/メニーコア技術を活用した高性能なプロセッサを搭載するインテリジェントECUに最適 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
北米国際自動車ショー開幕、各社が自動運転技術などアピール フォードがEV投資倍増を表明

各社は売れ筋のピックアップトラックやスポーツ用多目的(SUV)を展示の中心に据える一方、電気自動車(EV)や自動運転など先端技術の開発もアピールしている。 米自動車大手フォード・モーター幹部は14日、会場内で記者団に対し、EVやハイブリッド(HV)の開発費を従来計画の2倍超に当たる110億ドル(約1 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
大型ブームの先へ

… 【デトロイト=兼松雄一郎、工藤正晃】北米国際自動車ショーが14日(日本時間15日)開幕する。販売が好調な大型を中心に各社が戦略車種を相次ぎ発表する見通し。ただ、大型の需要は原油価格の動向次第で変調を来しかねない。「大型ブーム」の先をにらみ、欧米やアジアの自動車大手が電動化や自動運転技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマ技術 激戦インドでは欧米・現地企業の動きに要注意

これらの地域における自動車技術の特許等の動向について調査を行ったところ、日本の完成メーカーは、ASEAN各国の市場で力強さを発揮し、特許出願件数 … 調査では、図1に示す点線内の技術(注:自動二輪車・三輪車に関する特許出願に関しては原則調査対象外としたが、車種が特定されていない出願や、自動車等に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
燃料電池車「MIRAI」に未来はこないのか!?

トヨタ自動車が、電気自動車への本格参入を明確にした。17年10月に開幕した「東京モーターショー2017」でAI(人工知能)を搭載した電気自動車の「トヨタコンセプト愛i」を発表。20年代前半には、航続距離が大幅に伸びる「全固体電池」の実用化方針を打ち出した。電気自動車時代でも世界のトップメーカーであり続ける意欲 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
新刊/中村吉明著『AIが変えるクルマの未来 自動車産業への警鐘と期待』

人工知能(AI)関連本と思って読み進めると違った。変革期にある自動車産業の現在位置を解説した一冊だ。カーシェアリング、電動化、自動運転といった革新の波が、組み立… (残り:173文字/本文:253文字). (2018/1/15 05:00). ※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけます。 会員登録 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
CES閉幕 AI進化で新たな競争加速 電機とクルマの境界消え、合従連衡へ号砲 (1/2ページ)

先陣を切ったのはトヨタ自動車だった。開幕に先立つ8日、未来の商用をイメージした電気自動車(EV)の試作を発表。独特の箱形のデザインで移動型の店舗になったり、移動ホテルになったりする。多彩な用途を実現するため米ネット通販大手アマゾン・コムや米配車大手ウーバー・テクノロジーズ、ピザハットと提携したこと …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【CES 2018】Intelの自動運転向けソリューションを統括するキャシー・ウインター氏に聞く

ウインター氏:5Gに関して自動運転は非常にいいユースケースになると考えている。現在の自動車は常時接続にはなっていないが、すでに自動運転車の開発フェーズでは高速な携帯電話回線が必要になり、5Gはそのよいアプリケーションになる。高精度マップの構築にも5Gは必要になるだろう。また、自動運転が普及した後は、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「GM、来年に無ハンドル車 自動運転、量産先陣も 東京新聞」など、2018年1月13日     ニュース

ニュース
GM、来年に無ハンドル車 自動運転、量産先陣も

【ニューヨーク=共同】米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は十二日、ハンドルやアクセルペダル、ブレーキペダルのない量産可能な自動運転車を二〇一九年に実用化すると発表した。特定の場所を走るといった一定の条件下で、全ての操作をシステムが担う「レベル4」に分類される自動運転技術を搭載する世界初の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
無人運転車が生む「第4の画面」 TVやスマホに続く

クルマは私たちの日常生活や娯楽、仕事の場所や方法を一変させた。 自動車業界のたゆまぬ技術革新により、現代のクルマはより速く、高燃費で、安全性が増している。だが、渋滞や事故、長時間運転に伴うストレスなどの問題はまだ解消されていない。このため、クルマの導入並みのインパクトを持つ「完全自動運転車」革命 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【春闘】全トヨタ労連、ベア3千円以上要求発表 大変革期で「厳しい交渉に」 自動運転・EV…が収益圧迫

ただ、電気自動車(EV)や自動運転といった次世代技術への対応が迫られるなど経営の先行きは不透明で、決着は予断を許さない。 ベア要求は5 … ただ、自動車業界は「100年に1度」といわれる大変革期に直面しており、トヨタも昨年12月、2025年に全車種にEVなどの電動モデルを設定する方針を表明。新技術の開発 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【CES 2018】ソフトウェアでレーダーなどの分解能を格段に向上。デンソーが展示した“魔法”みたいな「CS …

現在この技術は研究中で、デンソーとしては「まず知ってもらうことが大事」(北山氏)とのこと。CESで展示することで知ってもらい、要件に合わせての開発などへつながることを視野に入れている。 安全なクルマ自動運転車を作る上で、目の役割にあたるレーザーやライダーの分解能は高ければ高い方がよいだろう。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米GM、2019年に自動運転レベル4をクリアする量産準備を発表へ

… の小型電気乗用車「シボレー・ボルトEV」をベースに、自動運転技術のレベル4をクリアする量産準備「クルーズAV」を来る2019年に実用化すると発表した。 … これは文字通りの完全な自動運転車のリリースを目指すもので、GMでは、車両事故の94%を占める人間によるドライバのエラー完全に排除することを目指すとして …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルーズコントロールの車間設定は開きすぎ? 安全な車間距離にイラつく日本の現状

たしかに技術が進んで車々間通信を行う隊列走行といった自動運転技術であれば、車間がほとんどない状態であっても事故は起きにくいかもしれない。しかし、個々のクルマの制動性能も異なれば、ドライバーの反射神経やテクニックもさまざまな状況において、車間距離を詰めるというのはリスキーな行為だ。もしACCのついた …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【交通死者減少】ゼロ目指し知恵絞ろう(1月13日)

昨年、県内で発生した交通事故の死者数は68人で、64年ぶりに70人を下回った。全国でも3694人と統計史上最少だった。一方、年明けから県内外で高齢ドライバーの逆走や、逆走に伴う重大事故が発生した。死亡事故の減少は適切な対策を重ねれば、犠牲者は減らせることを示している。車両や交通環境の安全技術の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
技術はどこまで進んでいるのか?

日経BP社編集による『日経テクノロジー展望2018 世界を動かす100の技術』(日経BP社 )では未来の技術がどこまで実用化段階にあるのかがさまざまな観点から紹介されています。例えばぶつからない自動運転ですね、それがどこまで実現できているのか。あるいは仮想通貨はどこまで実現しているのか。はたまた、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
米GM 19年に自動運転実用化へ

【ニューヨーク時事】米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は12日、ハンドルやペダルのない自動運転車の走行許可を米運輸省に申請したと発表した。既に2019年に … GMは、一定の条件下で人の運転操作が不要な「レベル4」の自動運転車を… … GM、いすゞ自動車と再び資本提携か 細井社長、「ビッグ3」を手玉に取る?
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「現代自・VW、グーグル出身VBと提携 自動運転車を共同開発 日本経済新聞」など、2018年1月6日     ニュース

ニュース
現代自・VW、グーグル出身VBと提携 自動運転車を共同開発

【ソウル=山田健一、フランクフルト=深尾幸生】韓国・現代自動車は4日、米グーグル出身の技術者が設立したIT(情報技術)ベンチャー企業の米オーロラ社と組み、自動運転車を開発すると発表した。自動運転に適した先進的なITインフラを備えた「スマートシティー」を世界から選び、両社が共同で実証実験する。ドライバーが …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Toyota Research InstituteがCESで次世代の自動運転実験「Platform 3.0」を公開

トヨタ自動車(以下、トヨタ)の子会社で、米国で人工知能等の研究開発を行うToyota ResearchInstitute, Inc.(以下、TRI)は、次世代の自動運転実験「Platform 3.0」を、ネバダ州ラスベガスで開催されるCES に出展すると発表した。Lexus LS600hL をベースとするこのクルマは、より高度な技術と、ベース車両であるLexus LS …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転、提案型で攻勢

自動運転はさらに高い精度や安全性が求められる時代に入る。今はレーダーやセンサーを使って周辺の状況を把握しているが、コーナーをきちんと曲がる、衝突しない、といった精度の高い自動運転には新たな技術が必要になる。が家とつながるなど、あらゆるモノがネットにつながるIoTとの連携も進む。 三菱電機は人工衛星 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
“諸刃の剣”カーシェア事業の強化で“痛し痒し”の自動車メーカー (1/2ページ)

大手自動車メーカーが同じ車両を複数の利用者が使う仕組み「カーシェアリング」事業を強化している。トヨタ自動車は4月に新サービスの提供を視野に会社を設立。日産自動車は今月、主に電気自動車(EV)を使ったカーシェアを始める。海外ではカーシェアのための機能を備えた新型も登場しており、将来は自動運転技術と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノー・日産連合、自動運転タクシーで協業へ 複数社と参入準備 (1/2ページ)

三菱自を含む3社は、既に自動運転車の実験を進めている米グーグルやウーバー・テクノロジーズのようなテクノロジー企業との協業を望んでいると同氏は語った。 … だろう」と述べた上で、テクノロジー企業にとって自動化技術はあくまで自社の主力事業を強化するものであり、その意味で「提携は可能と考えている」と語った。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
CES 2018開催間近! ホンダ、デンソーなど、最先端テクノロジーの競演

例えば、Hondaの今回のメイン展示はやバイクではなく、コミュニケーションロボットだ。コンセプトモデル「3E-A18」や、アタッチメントを変えること … 同じ自動車分野では、デンソーがコネクティッド技術自動運転技術を中心にシミュレーターやデモ機を使って展示を行う。世界的にも関心が高まっているコネクティッドカーの実現 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
現代自・VW、グーグル出身VBと提携 自動運転車を共同開発

また独フォルクスワーゲン(VW)も同日、オーロラ社との提携を発表した。VWは2017年に完全自動運転車「セドリック」のコンセプトを発表。21年までに公道走行試験をする方針で、開発を加速する。 16年末設立のオーロラ社は、グーグルで長く自動運転車開発を率いてきたクリス・アームソン氏が最高経営責任者(CEO)を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノー・日産連合、自動運転タクシーで協業へ 複数社と参入準備 (1/2ページ)

三菱自を含む3社は、既に自動運転車の実験を進めている米グーグルやウーバー・テクノロジーズのようなテクノロジー企業との協業を望んでいると同氏は語った。 … だろう」と述べた上で、テクノロジー企業にとって自動化技術はあくまで自社の主力事業を強化するものであり、その意味で「提携は可能と考えている」と語った。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「自動運転 海外では「レベル3」実用化へ NHK」など、2018年1月2日     ニュース

ニュース
自動運転 海外では「レベル3」実用化へ

世界の自動車メーカーが次世代の技術として自動運転の開発を急いでいますが、ことしはドライバーがハンドルから手を離した状態でも走行が可能な「レベル3」と呼ばれる … 自動運転技術は5つの段階に分類され、このうち実用化されているのは衝突を回避する自動ブレーキや渋滞時に前のに自動で追従する機能など、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ自動車がEV開発で「仲間作り」を本格化、7社共同で車種拡大を目指す!

clicccar.com(クリッカー)
そうしたなか、日経新聞によるとトヨタは提携関係にあるマツダ、スズキ、スバル、ダイハツ、日野、デンソーのノウハウを持ち寄り、7社共同で電動の開発を加速させるそうです。 おりしも自動車各社では「電動化」に加え、「自動運転」や「コネクテッドカー」(繋がる)など、次世代技術関連の開発費が増大しており、基盤となる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
どこの国のどんなプロフェッショナルがロボットに職を奪われるのか?

科学の進歩は職業ドライバーの職をも奪う。研究者らの予測では、近い将来、タクシーのサービスは自動運転車が提供することになり、人間の代わりに目的地まで商品を自力で配達する自動車が使われるため、長距離トラック運転手という職業も消滅する。 自動運転技術は飛躍的な発展を遂げている。現在、BMW、 Daimler、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
フルモデルチェンジが多い?2018年の自動車業界を大予測

2018年も東京オートサロンで幕を開ける日本のクルマ業界。SUBARUの「完成検査不備問題」が「燃費不正問題」にまで拡大 … GPSの誤差が数cm程度になると言われていて、将来の自動運転技術に貢献するほか、対応したカーナビの自位置精度が高まるはず。 2017年から続く話題では、ドライブレコーダーの普及がさらに …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「ホンダ 自動運転の画像認識 香港のIT企業と共同開発 NHK」など、2017年12月7日     ニュース

ニュース
ホンダ 自動運転の画像認識 香港のIT企業と共同開発

大手自動車メ-カーのホンダは、人やの動きが複雑な市街地での自動運転の実用化に向けて、AI=人工知能の技術に強みを持つ香港のIT企業と共同で画像認識などの … 発表によりますと、ホンダは香港のIT企業、センスタイムと今後5年間、自動運転に欠かせない画像認識などの技術を共同開発することで合意しました。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
BlackBerry、コネクテッド・カーと自動運転車のセキュリティに関する枠組みを発表

サイバーセキュリティ・ソフトウェアを提供するカナダのBlackBerry Limitedは、コネクテッド・カーと自動運転車をサイバー攻撃から保護するために求められる枠組みを発表した。 最新技術とコネクティビティが自動車に実装されることで運転体験が向上する一方、自動車メーカーは解決すべきサイバーセキュリティに関する複雑な …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
《経済》 自動運転の公共交通 実証実験始まる

自動運転技術を活用したサービスを開発するSBドライブ(東京)と浜松市、スズキ、遠州鉄道は、自動で走るが地域の公共交通機関として住民の生活を支える未来を想定し、西区庄内地区で実証実験を始める。路線バスのように決まったルートを走る軽自動車を七日から十九日まで運行し、住民に利用してもらいながら課題を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ヤマハ発、CES初出展 AI搭載2輪など公開

人工知能(AI)搭載2輪や飛行ロボット(ドローン)、近距離移動を想定した自動運転技術を発信。分野の垣根を超えたパートナー探しや、オープンイノベーションによる技術革新と事業創出を目指す。 自動運転サービスの実現を目指す電動4輪モビリティ「06GEN=写真」は、路面画像認識によって自位置を確認。クラウド技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ウーバーの日本市場攻略が行き詰まったワケ

自家用で乗客を運ぶライドシェア(相乗り)の世界最大手、ウーバー・テクノロジーズが日本市場での方向転換を決めた。11月下旬、ウーバーのアジア事業を … その後もセクハラ問題やグーグル傘下で自動運転技術を開発するウェイモとの裁判ざたが続く。6月には責任をとって創業者カラニック氏がCEOを辞任する事態に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産とDeNAの配車サービスが一般向け実証実験、無人運転車投入は次のフェーズで

実証実験には一般のモニターに参加してもらい、2018年3月5~18日の2週間で実施する。車両は電気自動車「リーフ」の先代モデルをベースとした自動運転車で、運転席には人が座る。走行するのは、あらかじめ設定されたルートとなる。モニターは、スマートフォンのアプリを通じて行きたい場所の設定や配車の予約を行う。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
進む世界のEVシフト「トヨタが中国メーカーに追い抜かれる日」

電気自動車(EV)や自動運転の開発競争が世界的に激化し、中国企業は巨大市場を背に急成長中だ。世界を席巻 … 業績が安定しているトヨタグループの株価は、トヨタから1千円引くと豊田自動織機、2千円引くとデンソーといった相場観があった。それが … いずれもトヨタが得意なハイブリッド(HV)の技術から転用できる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【岩貞るみこの人道医】これ以上の「音」は無理なんですけれど? クルマの警告音を考える

すでにおなかいっぱいな状況であるにもかかわらず、自動運転の未来に向けて現在も、さまざまな運転支援技術の開発が続けられている。そして、開発者に話を聞くと、ほぼ全員が口をそろえて「コーション(注意喚起)もアラーム(警告)も、音!」と言っている。ちょっと待った。このまま単に上乗せされても私、もう、無理なんです …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
3D CADによるクルマと飛行機の設計・製作の支援(2)

前回から、乗り物(ヴィークル)を動かす過程ではなく、生み出す過程において情報通信技術が大活躍しているという話を取り上げている。今回は、クルマと飛行機を題材に、CAD/CAMの使われ方、3Dモデリング、自動運転について紹介しよう。執筆にあたっては、3D CADを提供しているダッソー・システムズに協力いただいた。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動走行し、空きスペースに自動駐車

自動運転やカーシェアリングなど、自動車の利用方法が大きく変わろうとしている中、これらの変化に先んじて技術開発を行うため、安心・安全分野の先端技術開発を … 自動バレー駐車とは、大規模駐車場にて車両が自動走行し、空きスペースに自動駐車するしくみであり、同社は上記共同研究と協業を含む活動の一環として、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
日本は潮流を生み出す先駆者だ! 自動車業界の覇権を握りつつある日本=中国

中国メーカーの自動車も近年は質の向上が見られるようになってきているのは事実で、中国で人気となっているSUV市場では販売が好調な中国車も存在する。 … また、人工知能を搭載したトヨタのコンセプトカー「Concept-i」などの存在を挙げたうえで、機能と美しさを兼ね備えた物作りは日本の工業デザインの最大の特徴だ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
車の進化を体感 大阪モーターショー8日開幕

西日本最大級の自動車展示会「第10回大阪モーターショー」(日本自動車販売協会連合会大阪府支部、日本自動車輸入組合、読売新聞大阪本社などの実行委員会主催)が8日、大阪市住之江区のインテックス大阪で開幕する。 国内外の32ブランドが出展する。人工知能(AI)を搭載した自動運転車や電気自動車(EV)の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ダッシュボードで注文・予約 GM、電子商取引スタート

車でのECをめぐっては米IT大手アマゾン・コムが来年から米欧で、ドイツ自動車大手BMWに音声を使った人工知能サービスを提供する予定で、自動車メーカーとIT企業が連携したサービスが広がりそうだ。 ロイター通信によると、EC開発に当たり米IT大手IBMと協力。利用者に手数料や通信費はかからず、ECに参加する業者 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ホンダ、自動運転を共同研究 中国のAIベンチャーと

両社の技術を持ち寄り、道路状況に応じてどんなリスクがあるかなどを予測する。安全な停止や回避といった行動がとれる自動運転車を開発する。将来はロボティクスの分野でも提携を拡大する予定だ。 ホンダは2025年をメドに一般道で自動運転技術の確立を目指している。AIでは人間の感情や運転のクセを分析する技術を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「ZMPが初めて無人の自動運転車で公道実験へ、遠隔システム検証 ロイター」など、2017年12月5日     ニュース

ニュース
ZMPが初めて無人の自動運転車で公道実験へ、遠隔システム検証

同社はタクシー大手の日の丸交通(同)と協業し、東京五輪・パラリンピックの開かれる2020年に一部地域で無人の自動運転タクシーのサービス実現を目指している。今回の実験を通じて、遠隔操作による自動運転システムを検証し、自動運転技術とサービスのさらなる開発と安全性向上を図る。 遠隔型自動運転システムを用 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ヤマハ発がカート型自動運転車出展、リゾート地で活用

ヤマハ発製のカートを使った自動運転車両が続々と登場している。2017年6月には産業技術総合研究所が旗振り役となって、ヤマハ発製のゴルフ用カートを基に「スマートEカート」を開発した。同車両自動運転の基本的なシステムは、すでに遊園地向けなどで販売している電磁誘導型である。地中の深さ3cmから5cmの位置 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産とDeNA、一般参加可の自動運転車実験へ

DeNAが開発した専用アプリでを指定した場所に呼び出した後、目的地まで移動するサービスの実験を行う。原則として自動運転で走行するが、必要に応じて同乗するドライバーが運転する。 自動運転技術の開発に取り組む日産は、20年代の早期に、無人運転のを使った配車サービスの実用化を目指している。 2017年12 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ鯉淵常務理事「すべての人が自由に移動できる社会を」—自動運転開発の取り組み

自動車業界の機能安全活動の裾野の拡大、および自動運転技術開発の促進を図ることを目的とするもので、テーマは昨年に続き「自動運転に向けた機能安全・ … 講演テーマは、「トヨタの先進安全・自動運転開発技術への取組み」。 … 周りののウインカーの点滅や、道路上の子供の様子を検知して動きを予測するもの。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転バス、地域が期待 安全走行へ課題も、滋賀

運転技術に不安を覚え、免許返納について時折考えるという高木清治さん(75)=同町=は「実現すれば自家用がなくても安心」と期待する。 高齢化や過疎化が進む奥永源寺地域のような中山間地域では住民の移動や物流の手段をどう確保するかが課題。国交省はその一助として、ドライバーが不要な自動運転車の実用化 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノー、EUの自動運転&コネクトカープロジェクトに参画…1000台のメガーヌ納入へ

専用仕様のメガーヌには、自動運転&コネクテッドカー技術が搭載されており、速度、ハンドル角、タイヤのグリップ、フロントガラスのワイパー操作、エアバッグの展開などの車両データを収集して分析する … ルノーによると、SCOOPプロジェクト参画の目標は、道路上でより安全なを顧客に提供し、交通の流れを改善すること。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ジェイテクト 自動運転関連技術の本格開発 リチウムイオン・キャパシター、パワースーツなど新規分野も拡大

ジェイテクトは、今後の自動運転に対応したステアリングシステムの開発にも着手している。レベル3の自動運転で求められる、ドライバーが自らの意志でステアリングを操作しているかを判定する技術として、自動運転から手動運転へのシームレスな移行、そして路面の変化やクルマの姿勢の変化があっても正確に応答する高 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ヤマハ、AI搭載で自立走行する「MOTOROiD」、自律ライディングロボット「MOTOBOT Ver.2」など「CES …

… 発表された「06GEN」は運転席が用意されていたが、名称にAutomatedという言葉が追加されたこちらは、路面画像認識で自位置を認識する低コストな自動運転車となっており、クラウド技術を使った高スケーラビリティな管制サーバを一体化してシステムを構成。また、自動運転サービサーがWeb-APIを使う独自のMobility …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
車検時にスキャンツールで電動パワートレインや予防安全技術を点検するのが義務化される日は近い …

同省自動車局整備課の平井隆志課長は検討会冒頭の挨拶で、「近年ハイブリッドカー、FCV、EVなど電子装置を活用したクルマ自動運転技術が急速に普及している。政府としても事故減少のため、2020年までに新車搭載率を9割以上とすべく取り組んでいる。これらは電子制御装置によって制御されており、故障した場合は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
《経済》 アスモ、デンソーと合併

自動車用小型モーター製造のアスモ(湖西市)は二〇一八年四月、親会社の自動車部品大手デンソー(愛知県刈谷市)に吸収合併される形で両社のモーター事業を統合する。の電動化や自動運転技術の開発競争が激化する中、いずれの技術でも鍵を握るモーター事業をデンソーに集約して製品開発を強化する。四日、両社 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
日本電産、仏車大手と合弁電気自動車向けモーター

日本電産は4日、フランスの自動車大手グループPSA(旧プジョー・シトロエン・グループ)と電気自動車(EV)向け駆動用モーターを生産する合弁会社を同国に設立すると発表した。PSAが持つノウハウや生産設備を生かしてEVの主要部品となるモーターの競争力を高め、需要拡大に対応したい考えだ。 合弁会社は2億2千万 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アメリカ国防副長官、人工知能分野の競争の敗北を懸念

この報告は、ロシアのプーチン大統領が最近、ロシアが将来世界を運営し、最もよい人工知能を保有すると語った後に出されました。 ロシアのメディアも、ロシア軍は自動車やロボット、新型巡航ミサイルなどを開発する中で決定的な力を持っているとしています。 中国も人工知能産業の向上のために数十億ドルを費やしており、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
日産とDeNA 自動運転車の配車サービス実験へ

日産自動車と大手IT企業のディー・エヌ・エーは、完全自動運転を使った配車サービスの実現に向けて、来年3月に、横浜市で一般のモニターが参加する実証実験を行うと発表しました。 続きを読む … 自動運転車を使ったサービスの開発は自動車メーカーやIT企業などが提携し、業界の垣根を越えた競争が加速しています。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ZMPが初めて無人の自動運転車で公道実験へ、遠隔システム検証

ZMPとの提携を1月に解消したIT企業のディー・エヌ・エー(DeNA)(2432.T)と日産自動車(7201.T)も同日、一般のモニターが参加する、開発中の自動運転車による移動サービス「Easy Ride(イージーライド)」の実証実験を来春実施すると発表した。 実験では万が一に備えてドライバーが同乗するが、両社も20年代早期に、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「自動ブレーキも項目に 国交省、自動運転技術対応で車検制度の省令改正へ 産経ニュース」など、2017年12月4日     ニュース

ニュース
自動ブレーキも項目に 国交省、自動運転技術対応で車検制度の省令改正へ

自動ブレーキなど自動運転技術の普及拡大を受け、国土交通省は3日、自動運転車の機能維持に対応する車検制度の検討に入った。従来のブレーキやハンドルなどの検査に加え、電子制御装置の機能確認などを車検の必要項目に盛り込む。既に自動ブレーキなどの新車搭載は進んでおり、現状に即した制度導入が必要と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動で路肩のを回避、車線変更も 沖縄本島中部でバス公道実験 新衛星で位置計測

今回の自動運転では、日本版の衛星利用測位システム(GPS)の構築のため打ち上げられた準天頂衛星「みちびき」からの信号を受信し、数センチの誤差で走行位置を計測する。衛星情報に高精度の地図情報などを組み合わせることで、路肩に駐車する車両をスムーズにかわして走行するほか、一部区間では車線変更の実証 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日本版GPS活用、バス自動運転 沖縄で安定走行検証

内閣府が沖縄本島内で「沖縄におけるバス自動運転実証実験」を実施している。同様な実験は県内で3度目。今回は初めて日本版GPSと呼ばれる準天頂衛星「みちびき」と高精度3次元地図を活用。人工知能(AI)技術なども使い、車両の正確な位置情報や線上の障害物を把握などして、都市部の比較的交通量の多い幹線 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アップデートされた日産リーフは、新しいデザインによって「普遍的な価値」を手に入れた

つまり、ガソリンの本格的な代替になり得るようになった。 さらに、高速道路同一車線自動運転技術の「プロパイロット」に加えて、自動駐車機能も備えている。未来を見据えた“空気”を身にまとい、自動運転技術も備えた新型「日産リーフ」。そのアップデートに相応しいデザインとは何か──。日産のデザインチームは大いに悩ん …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動で路肩のを回避、車線変更も 本島中部で /沖縄

公共交通の活性化によって沖縄の慢性的な渋滞の緩和につなげることを目標に、県内のバス事業者や警察関係者らにも試乗してもらいながら、最新の自動運転技術の安定・信頼性を検証する。実証実験のため、一般客は乗車できない。 今回の自動運転では、日本版の衛星利用測位システム(GPS)の構築のため打ち上げ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転で観光ルート走行 徳島の山間部で実証実験

自動運転で観光ルート走行 徳島の山間部で実証実験. 2017.12.4 17:21 … 事前に作成したルートの3次元の地図を基に、レーダーで周囲の地形や物体を検知して現在位置を確認する技術を活用した。自動運転を … 山間部の狭い道の運転に慣れていない観光客が、自動運転で観光地を巡れたら便利だ」と期待を寄せた。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
完全自動運転の実証試験が次のステージへ!?

そうした道の駅を、完全自動運転の拠点として捉えて実証試験を行うのである。 完全自動運転とは、米自動車技術会(SAE)が規定する自動運転レベルの4または5を指す。このレベルでは、自動機能がない普通の運転をレベル0として考え、自動ブレーキなど高度な運転支援システムを搭載する場合はレベル1、さらに日産の『 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
デンソー、アスモを吸収合併 2018年4月に

小型モーターが得意なアスモの事業を取り込むことで、電気自動車(EV)などの電動化や自動運転システムの開発に弾みを付ける。 デンソーは北米の完全子会社分も含めて … 電動化や自動運転技術の開発に向け、両社の技術を持ち寄ることで開発スピードを加速する。 アスモの2017年3月期の単独決算は、売上高2406 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
国交省、車検に車載式故障診断機の活用を検討へ

国土交通省は、使用過程の電子制御装置の機能を確認する手法として、自動車検査に車載式故障診断装置(OBD)の活用を検討する。 自動 … 自動運転技術は、高度・複雑なセンシング装置と電子制御装置で構成しているが、これらの装置が故障した場合、期待された機能が発揮されず、誤作動につながるおそれもある。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタにとってテスラは敵ではない?シェアリングや自動運転が大問題か

ハイブリッドやPHVに使われている高度な基幹技術、たとえばパワフルな交流モーター、バッテリーの直流電流を交流電流に変換するインバータ、減速したときに電気を … その外側にクルマメーカーにとってはより大きな脅威であるシェアリングや自動運転といった大問題が待ち構えていることを理解しておくべきだろう。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「インテルとワーナー・ブラザースが提携–自動運転車内でのエンタメ提供に向け CNET Japan」など、2017年11月30日     ニュース

ニュース
インテルとワーナー・ブラザースが提携–自動運転車内でのエンタメ提供に向け

Intelの傾向として、同社は画像認識や運転の判断といった開発に伴う初期問題の枠を超えて、人々が自動運転車をどのように扱うかも見据えている。同社は2017年に入ってフォーカスグループ調査を実施し、一般の人々がロボタクシーへの乗車にどのような反応を示すのかを調べた。 Intelは自社の自動運転車技術の開発 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
林先生が思う“新時代のクルマ”は、「人と人のつながりまで変えてくれる可能性を持っているクルマ

を取り巻く現状と世界の潮流を学んだ上で、3時間目では「自動運転技術」と「電気自動車」の両方の機能を兼ね備えたクルマとして発売されたばかりの新型「日産リーフ」に触れました。藤島さんは、新型「日産リーフ」は航続距離が400kmに伸びたことに加え、自動運転技術などが搭載され、新時代のクルマであると紹介しま …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
2020年までにドライバーは不要になる?日産の最新の自動運転技術は右左折も可能

今後ますます一般的になっていくことが予想されている自動運転技術。人がハンドル … 日産の取り組んでいる自動運転技術「プロパイロット」は、まさにそんな未来に向けて着々と進化を遂げているようだ。 … また、私たちドライバーがどこまで自動運転車を受け入れられるかという心理上の課題もまだあるのではないだろうか。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
豊田通商、東芝と車載ソフト新会社、自動運転など対応

豊田通商は東芝と車載ソフトを開発する新会社を12月に設立する。自動運転をはじめとした次世代技術の開発が加速するなか、の電子制御に使うソフトの需要は伸びている。両社の技術やノウハウを生かし、自動運転車で使う画像を認識するソフトや、電気自動車(EV)で電池の劣化を予測するソフトなどの開発に取り組む。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
パイオニアの自動運転用センサー、名大発ソフトに対応

オートウエアは名古屋大学や産業技術総合研究所などが共同開発したオープンソースのソフト。既存の車両やセンサーなどと組み合わせて自動運転システムを構築できるため、自動車メーカーなど多くの企業や研究機関が利用している。パイオニアは2020年以降にライダーを量産する計画。実験段階から関与して自動運転車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
市街地に繰り出す自動運転車、GMとベンチャーが競争

【サンフランシスコ】自動運転技術を活用した「ロボットタクシー」の商用化を競い、米国の自動車最大手と新興企業が当地の公道に繰り出した。両社は起伏に富むサンフランシスコでの取り組みがグーグルの親会社アルファベットに追いつく上で役立つと考えている。 ゼネラル・モーターズ(GM)は28日、自律走行する「シボレー・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
中国で自動運転車の発展が加速、2018年に量産へ

7月に中国・天津市で開催された「世界智能大会」で展示された百度の自動操縦(2017年7月1日撮影、資料写真)。(c)CNS/李 … 百度の李彦宏(Robin Li)CEOは「我々が7月に無人運転技術プラットフォームのアポロ計画を開設してから現在まで、既に6000人の開発エンジニアが投票して同計画への支持を表明している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
電動化&自動運転に向けたサプライヤーの技術を体感【Vision Zero Days Japan】

また、バイワイヤが失陥したとき、普通のブレーキだと倍力装置が作動せず、目いっぱい踏んでも制動力不足になりますが、このシステムだと普段と同じように利きます。応答性の良さは自動運転にも有用で、システムの判断から実際の作動までのタイムラグはほとんどありません。次世代用のシャシー技術としては、こういう …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
事故も再現、自動運転向けシミューレーターをトヨタらが無償公開

自動運転車は世界中の輸送システムに革命をもたらそうとしている。その誇大広告を信じるのならば、完全な自律型移動手段がもうすぐ一般道を席巻することになるはずだ。 しかし、現実はそれほど単純な話ではない。最新鋭の自動運転技術でも、極端に限定的な環境・気象条件下でしかうまく走れないのだ。そして、今後数 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
2030年、私たちはどのようなクルマに乗っているのか

この「感情エンジン」はソフトバンクグループ傘下のcocoro SBが開発したAI技術ですが、ホンダに限らず、各社ともIT企業や、半導体業界との連携を進めています。 これは見方を変えれば、未来のクルマは、いまの自動車会社だけでは手に負えないほどの機能が求められているということです。人工知能を駆使した自動運転技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
2030年、私たちはどのようなクルマに乗っているのか

いま、自動車産業では100年に一度の大きなパラダイムシフトが進んでいる。 … もうEVであることは当然で、それに人工知能を駆使した自動運転という要素が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
インテルとワーナー・ブラザースが提携自動運転車内でのエンタメ提供に向け

自動運転車に乗る未来の人々は、どんな時間を車内で過ごすのだろうか。映画「ジャスティス・リーグ」を見たりするのだろうか。Intelの最高経営責任者(CEO)のBrian Krzanich氏は米国時間11月29日、「Los Angeles Auto Show」での基調講演で Warner Bros. Entertainmentとの提携を発表し、冒頭の質問を提起した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
広汽集団、デンソーと戦略提携覚書

広州市に拠点を置く自動車大手の広州汽車集団(広汽集団)は29日、デンソー(愛知県刈谷市)と戦略提携覚書を28日に交わしたと発表した。これまで協力関係にあったガソリンの部品に加えて、エコカー部品や自動運転… 関連国・地域: 中国-広東/日本. 関連業種: 自動車・二輪車/IT・通信/製造一般. この記事は該当 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「高速道路ではレベル4が走り、駐車場は不要になる――2020年の自動運転と都市のモビリティー TechCrunch Japan」など、2017年11月29日     ニュース

ニュース
高速道路ではレベル4が走り、駐車場は不要になる――2020年の自動運転と都市のモビリティー

iNEXTの自動運転技術は運転手との協調性に重点を置いているようで、当日流されたコンセプトムービーでは、普段は人間が運転しながらも、テレビ電話中は自動車が代わりに運転したり、運転手を目的地まで届けた後はクルマが自分で帰っていく様子も映されていた。さながらSF映画の世界のようだが、それが実現する日は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車技術のWaymo、一般道路走行距離400万マイル(644万キロ)に到達

Pocket. waymo. Google親会社Alphabetの傘下にある自動運転車開発企業Waymoは、一般道路でのテスト走行距離400万マイル(644万キロ)を達成しました。 … Waymoの自動運転車技術は、一般道路でのテストと、予測できない実際環境のシナリオを想定した私道での実験の組み合わせにより開発が行なわれています。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
動画わかる最新自動運転! 日産が公道テストで魅せた巧みすぎる「高速道路合流」

日産自動車は、2020年以降の実用化を目指した最新の自動運転実験車両での公道テストを開始し、その体験走行会をメディア関係者向けに実施した。実験車両はインフィニティQ50(日本名:スカイライン)をベースとし、そこに新世代のProPILOT技術を搭載。目的地をナビゲーションで設定するだけで、一般道と高速道を含む …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
デジタル地図HERE、独企業を買収…コネクトカーや自動運転車のソフト更新のセキュリティ向上へ

今回の買収は、コネクトカーや自動運転車の無線によるソフト更新を、安全に行うのが狙い。ATSはデータ、ソフトウェア、ファームウェアを安全でコスト効果の高い方法で多くの車両に配信するためのオープンソースおよびオープンスタンダードのOTA(オーバー・ジ・エア)技術に特化した企業。自動車メーカーなどに、その技術を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ホンダとソフトバンク提携 何がスゴイのか「つながる

いまいちピンとこない―――ソフトバンクと、ホンダの子会社の本田技術研究所は今月16日、をインターネットに常時接続する「コネクテッドカー(つながる)」の共同研究で合意したと発表した。ホンダがこの … 確かに、自動運転が実現すれば、つながるが渋滞情報、目的地検索などが情報を収集し、運転してくれます。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
デンソー・NEC、共同出資で車載器開発

デンソーとNECは2016年4月に車載ソフトのシステム基盤開発で共同出資会社を設立し、同12月には自動運転など次世代自動車の開発で提携していた。デンソーは自社で車載通信機器やメーターなどの企画や初期設計をし、NECプラットフォームズに詳細設計や性能評価などを委託していた。企画段階から両社の技術者が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、役員人事を前倒し 副社長にデンソーの小林氏

高級ブランド「レクサス」部門の加古慈(ちか)チーフエンジニア(50)を生え抜きの女性社員として初めて常務役員に起用する。アフリカに … 自動運転技術の開発や世界的な電気自動車(EV)シフトに備える。従来は4月 … 友山氏も豊田社長に近く、に通信機器を搭載して幅広いサービスを行う事業などを担当。吉田氏は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
シャーシの挙動をラボで再現、計測できるシステム…東陽テクニカが開発

DMTSは、東陽テクニカの「輸入商社からソリューションプロバイダーへ」という成長戦略に基づき、2017年1月に設立された同社の技術研究所の成果物としてリリースされるもので、 … 自動運転車両が、障害物を検知したときに、どのように減速し、どのようにハンドルを切るか、ラボで評価したいというニーズを強く感じている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車両、山あい走行=富山県南砺市〔地域〕

富山県南砺市の山あいの公道で26日、国土交通省の自動運転車両の実証実験が始まった。全国13カ所で9月から始まっ … 自動運転技術の普及は、人口減少時代の到来を見据えて同省が推進。南砺市では、レーダーと事前測量のデータを基に自動走行する4人乗りの車両を使って実験している。公道での無人車両走行は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
インフィニティ QX50 新型発表…プロパイロット搭載【ロサンゼルスモーターショー2017】

日産自動車の海外向け高級ブランド、インフィニティは11月28日、米国で開催したロサンゼルスモーターショー2017のプレビューイベントにおいて、新型『QX50』を初公開した。 … 新型QX50には、高速道路の単一車線において、アクセル、ブレーキ、ステアリング操作を自動で制御する自動運転技術「プロパイロット」を搭載。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
トヨタがさらなる体制変更、「生きるか死ぬか」という瀬戸際の戦いに臨む

小木曽氏は、商用車を担当するCVカンパニーのプレジデントをチーフエンジニア兼務で務めることになる。なお、アドヴィックスの社長には、小木曽氏に代わって、トヨタ自動車で専務役員 経理本部本部長を務めた大竹哲也氏が就任する。 また、米国シリコンバレーを拠点にAI(人工知能)など先進技術の開発を進めているToyota …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ車に搭載 LINE開発AIアシスタント「Clova」、その実力とは?

現在、さまざまなジャンルで導入が進む人工知能自動車業界においても、音声を認識し、要求された検索などのタスクを実行する「AIアシスタント」が注目を集めている。2018年からは、「LINE」が開発したAIアシスタント「Clova(クローバ)」とトヨタ自動車による連携もスタート。これにより、一体どんなことが可能になるのだろうか …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
オートモビリティーLAの新興企業トップ10コンペでスイスのWayRayにグランプリ

今年のトップ10新興企業には、自動運転車のソフトウエア・管理ソリューション、人工知能のデベロッパー、自動車相乗りのソフトウエアプロバイダー、電気自動車充電ツールなどを代表する幅広いファイナリストが含まれていた。今年の入賞者には、各社の開発推進を支援する貴重なビジネスツールなど総額20万ドル相当の賞品 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【電子版】ウェイモ、自動運転公道テスト 走行距離640万キロ超

… 【ロサンゼルス時事】米IT大手グーグルの自動運転部門が分社したウェイモのクラフチック最高経営責任者(CEO)は28日、自動運転車による公道試験の走行距離が累計400万マイル(約640万キロ)を超えたと明らかにした。平均的な米国人が約300年かけて到達する走行距離という。12月1日に一般公開するロサンゼルス …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ホンダとソフトバンク提携 何がスゴイのか「つながる車」

ソフトバンクとホンダは、人工知能(AI)技術を自動車で活用するための共同研究を既に進めている。 両社は2018年度から共同研究を本格的に始める。北海道鷹栖町にある同研究所 … つながる車をめぐっては、トヨタ自動車がNTT、LINEと提携。海外では独フォルクスワーゲン(VW)が韓国のLG電子と提携するなど、国境を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ホンダとソフトバンク提携 何がスゴイのか「つながる

確かに、自動運転が実現すれば、つながるが渋滞情報、目的地検索などが情報を収集し、運転してくれます。大変便利ですが、ただ、自動運転はまだまだ先の話。それにがネットにつながっていなくても、スマホを車内に持ち込めば、ネットの操作はできます。利用者が、“普通”ののネットをわざわざ使うか、疑問です」
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
デンソー・NEC、共同出資で車載器開発

NECの持つ無線通信やソフト、人工知能(AI)、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」のノウハウを生かし、コネクテッドカーのような次世代を見据えた車載機器の研究 … デンソーとNECは2016年4月に車載ソフトのシステム基盤開発で共同出資会社を設立し、同12月には自動運転など次世代自動車の開発で提携していた。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「つながるクルマと自動運転が社会イノベーションをもたらす――モータージャーナリスト 清水和夫氏 WirelessWire News」など、2017年11月28日     ニュース

ニュース
つながるクルマ自動運転が社会イノベーションをもたらす――モータージャーナリスト 清水和夫氏

自動運転の時代、そしてクルマやインフラがつながる「コネクテッド」の時代の、セキュリティとはどのようなものか。 … 米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)が米国に拠点を置く自動車技術者協議会(SAE)のレベル分けによれば、自動運転の「レベル2」は人間が責任を完全に持つもの、「レベル4」はシステムが責任をもつもの、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Waymoが路上での自動運転実績400万マイル(約644万キロ)を達成

Waymoは実走行距離という意味でのリードを保ち続けている。それは成功した自動運動技術を開発する際に最も重要な指標だ。10年ほど前にGoogleの自動運転車プロジェクトとして始まった、Alphabet傘下のWaymoは、今や路上での自動運転の実績が400万マイル(約644万キロ)に達した。 その400万マイルは、初期の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ副社長にデンソー小林氏 自動運転見据え連携強化

トヨタ副社長にデンソー小林氏 自動運転見据え連携強化 … 来年一月一日付。自動運転など革新技術の商品化に向け、グループ内の連携を強化する狙いがあるとみられる。今月二十八日に発表 … させる狙いがある。友山氏は、とインターネットを結び付けて新サービスを生み出す分野を担当しており、取り組みを加速させる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
人気のガソリンかEVか、LA自動車ショー控え売り込みに苦悩

各メーカーは、消費者に依然人気のあるガソリンを売り込みつつ、規制当局や投資家の要求にも応じて、クリーンエネルギー自動運転技術をアピールしなければならないという難題を強いられそうだ。 消費者はまだ自動運転車を受け入れる準備ができておらず、カリフォルニア州が普及を求める電気自動車(EV)の実際の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
VRを用いて自律走行に「なりきってみる」という奇妙な研究に、ダイムラーが真剣に取り組むワケ

わたしたちは、自律走行そのものになることを体験してみたかったのです。もし座っていたら、クルマを運転しているのとほとんど変わりませんから」と、設計者のひとりであるジョーイ・リーは語る。「この姿勢だと、無防備感が尋常ではありません」. 自動運転技術が徐々に実世界に入ってくるようになると、ハンドルを握る人間は、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ステルス暗号化や高精度位置制御でコネクテッドカーに安心安全を提供 テリロジー

例えば、米国のFreeWaveの技術とSwift Navigationの技術とを組み合わせれば、自動運転車の高精度位置制御を実現できる。FreeWaveのFreeWave Radiosは、自動運転向けのRTK-GPS(リアルタイムキネマティックGPS)として、既知点からの補正観測情報を携帯電話や無線を利用して移動局に送信し、移動局の位置を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
回して楽しいディーゼル BMW「X3 xDrive 20d」に試乗

BMWが初代「X3」を発売したのは2004年。3シリーズのプラットフォームを使い、4輪駆動技術もセダンのために開発したものを共用。本格的 … ガソリンの導入は2018年になるとのことで、今回試乗できたのはディーゼルの「X3 xDrive 20d」。 … これをBMWでは“将来完成する自動運転技術を部分的に実現”したものとする。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
公道試験に同乗し衝撃の連続、そしてシビれた! 右折もクリアするニッポン「自動運転」の実力

… てくるまでの間、飯島さんが操作したのはこの1回だけ。晴れた日の平日昼間とはいえ、東京の公道でこんなことができちゃうとは! ☆『週刊プレイボーイ』50号(11月27日発売)「ニッポン自動運転の大逆襲が始まった!」では、日産の自動運転技術の責任者である飯島氏に最新型の自動運転試作について詳しく聞いた!
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ジェイテクト、高耐熱リチウムイオンキャパシタ開発

燃費規制の拡大、高度運転支援・自動運転の普及・拡大を受け、省エネ・自動運転化に大きく貢献する電動パワーステアリングの適用範囲の拡大が求められているが、大型車両 … この条件に対し、ジェイテクト製のリチウムイオンキャパシタは独自技術により、-40℃から85℃まで使用可能となり、室内での使用要求に適合。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【岩瀬大輔】「インシュアテック」で保険はどう変わる?

かような“未来の自動車”に関連して、米国の友人のでちょっとした自動運転を体験した。縦列駐車である。ボタン一つでスムーズに斜め後ろにバックし、その成功率は100%。自動ブレーキなどの技術と相まって、自動車事故は間違いなく減る。そして自動車保険のあり方も確実に変わる。米テスラは所有者向けに安価な自動車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
トヨタ副社長にデンソー小林氏 自動運転見据え連携強化

小林氏は一九七二年にトヨタ自動車工業(現トヨタ自動車)に入社し人事、経理、国内営業に携わった。二〇〇三年にデンソーへ移り、一五年から現職。東京五輪・パラリンピック組織委員会理事、名古屋商工会議所副会頭を務め、豊田章男社長(61)の信頼が厚い。近年は中央の政界や官界とのパイプ役になっていた。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
三菱自動車、「雲海出現NAVI」に三国峠など10ヶ所の雲海スポットを追加

雲海出現NAVI」は、全国の代表的な雲海観測スポットの3D地形データに対して、天候状態、気温、気圧、風向、風力、湿度の予測データをインプットし、雲の専門家による知見と人工知能を用いて雲のでき方や形状をシミュレーションすることで、雲海の出現確率を予測するシステム。 「雲海出現MAP」から雲海観測スポットを指定 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
Lyft、カリフォルニア州で自動運転車の試験許可を取得

Lyftがカリフォルニア州公道での自動運転車試験に向けて、大きく一歩前進した。 … Lyftが自動運転業界で発表済みの提携は数件だが、その規模は大きい。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転時代の OSを制するのは誰だ!?

クルマ社会における最大の関心は、自動運転のシステムの主導権をどこが握るかだ。 … また中国ではBMWと百度が提携し、中国全土で実験を重ねている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「合流地点でも”かなり運転の上手なドライバー”、日産の自動運転を体感 日経テクノロジーオンライン」など、2017年11月20日     ニュース

ニュース
合流地点でも”かなり運転の上手なドライバー”、日産の自動運転を体感

日産自動車が2020年以降の実用化を目指す自動運転実験の公道試験を開始した。「Infiniti Q50(日本名:スカイライン)」をベースとした実験で、自動運転技術「ProPILOT(プロパイロット)」の新世代版を搭載する。カー・ナビゲーション・システムを設定すると目的地まで、一般道と高速道路を含むルートを自動運転で走行 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
VWグループ、電動車両自動運転に大型投資…340億ユーロ以上

フォルクスワーゲングループは11月17日、2018~2022年末までに、電動車両自動運転、新しいモビリティサービス、デジタル化に340億ユーロ(約4兆5000億円)以上を … フォルクスワーゲングループのマティアス・ミュラーCEOは、「既存の技術車両プロジェクトを進めながら、デジタル化、自動運転、電動モビリティ、新しい …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転「AIの街」育ち アセントロボ、実車不要に

アセントロボティクス(東京・渋谷)は「レベル4」の完全自動運転車を実現するAI開発を手掛ける。実際の道路で起きうる状況をAIが3次元 … 創業者で技術責任者のチーフアーキテクトを務めるフレッド・アルメイダ氏(46)は、開発したソフトウエア「ATLAS(アトラス)」についてこう説明する。アトラスは自動運転車用のデータ生成 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
英予算案、自動運転車や電気自動車の開発促進へ

ロンドン 19日 ロイター] – ハモンド英財務相が22日発表する予算案には、自動運転車、電気自動車、人工知能(AI)、通信網の開発促進策が盛り込まれる。 英財務省が19日、明らか … 万ポンドを投じる。 コンピューターサイエンスの教員8000人の増員に1億ポンド、デジタル技術・建設技術の改善に7600万ポンドを投資する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
富士通テンからデンソーテンへ…自動運転実現の一端を担うデンソーテンのポテンシャルとは?!

また、前方のクルマに一定の距離でついていく車間自動制御システムや、衝突を予測して警報やブレーキを自動でコントロールする衝突時被害低減システムに応用されるミリ波レーダー、さらには、車両の全周囲を様々な視点から“立体的”な俯瞰映像で確認できるマルチアングルビジョン TM等のセンシング技術も開発してきた。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ボルボ、自動運転による輸送ソリューションの研究成果を発表…鉱山や港湾で試験走行

すでに鉱山や採石場のような場所において、自動運転車が試験走行し、業務をこなすことに成功。次の段階として、港湾や高速 … ボルボグループのマルティン・ルンドステット社長兼CEOは、「この技術は、間違いなく将来の製品に影響を与え、未来のスマートな社会を発展させる可能性を秘めている。安全性は最大の関心事で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
バイドゥ、自動運転ミニバスの生産と試験運用を2018年に開始へ

NetEaseの報道によると、中国検索大手の百度(バイドゥ)は自動運転ミニバスの小規模生産と試験運用を2018年7月に開始する予定だという。 … 小規模生産と試験運用を行った後、バイドゥは2019年に中国の自動車ブランドであるJAC Motors、BAIC Motorと、2020年にはChery Automobileと協力して自動運転車をローンチ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Element AI が、SKテレコム、現代自動車、ハンファと4500万米ドルのAIファンドを設立

今回の新しい共同投資パートナーシップを通じて、Hanwha Asset Managementの投資ノウハウが、戦略的パートナーである現代自動車とSKテレコム、ならびにElement AIのAI分野における技術やノウハウと組み合わさります。今回のパートナーシップを通じて、既存産業でのイノベーションを推進するAI、自動運転、フィン …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
シミュレータの活用でAIの教育を50倍以上効率化する「ATLAS(アトラス)」、β版をローンチ——2020年 …

… 4 自動運転の実現を目指す。DeepMind、Waymo、Uber らが主戦場とする欧米と比べ、日本やアジアでは道路環境が大きく異なることから、Ascent Robotics では、特に道幅が狭く人通りが多い日本の道路環境に対応可能なレベル 4 完全自動運転車を早期に作ることで、世界的にもこの分野で先んじることを期待している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
~中古買取×インターネット・ライブオークションのカープライス~ 「東京モーターショー2017」潜入レポート!

最先端のIT技術を活用した日本初のインターネット・中古ライブオークション事業を展開するカープライス株式会社(本社:東京都杉並区、代表取締役:梅下直也・林耕平、以下「当社」)は本日、「第45回東京モーター … 話題のキーワード「AI」「電気自動車」「自動運転」などが存分に盛り込まれており、見応えは十分でした!
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
英予算案、自動運転車や電気自動車の開発促進へ

ロンドン 19日 ロイター] – ハモンド英財務相が22日発表する予算案には、自動運転車、電気自動車人工知能(AI)、通信網の開発促進策が盛り込まれる。 英財務省が19日、明らかにした。 同相は、予算案を通じて政権の支持率を高めたい意向だが、欧州連合(EU)離脱決定が経済の重しとなっており、選択肢は限られて …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Element AI が、SKテレコム、現代自動車、ハンファと4500万米ドルのAIファンドを設立

Element AIは、画期的な人工知能ソリューションをエンタープライズ企業に提供し、AIにおける最良のノウハウと企業家を組み合わせることにより、あらゆる組織において最先端の次世代AIを実現しています。Element AIは、カナダのケベック州モントリオールに本社を置き、BDC Capital、Data Collective、Fidelity Investments …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「日立、クルマの自動運転技術なども紹介された「Hitachi Social Innovation Forum 2017 TOKYO」 Car Watch」など、2017年11月7日     ニュース

ニュース
日立、クルマ自動運転技術なども紹介された「Hitachi Social Innovation Forum 2017 TOKYO」

日立製作所は11月1日~2日、東京・有楽町の東京国際フォーラムにおいて、「Hitachi Social Innovation Forum 2017 TOKYO」を開催した。日立グループ世界 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転ウェイモ、米大手ディーラーと提携 保守業務を委託

ウェイモをはじめ、自動運転技術を推進する企業は、自動運転車が2020年頃から、主にローコストなオンデマンド配車サービスで普及すると考えている。もしそう …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
視界の悪い環境でも自動運転、カギは「測位技術」と「地図」

三菱電機は、高精度な衛星測位技術とセンシング技術を組み合わせた自動運転の実証実験「xAUTO(エックスオート)」を、「第45回 東京モーターショー2017」( …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ副社長、原価低減「自動運転など先端技術の原資稼ぐ」

トヨタ副社長、原価低減「自動運転など先端技術の原資稼ぐ」 … について「中長期ではこれから自動運転、燃料電池、EV(電気自動車)、コネクテッド(つながる) …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
除雪自動運転、東日本高速が北海道で試行

東日本高速道路(NEXCO東日本)は除雪自動運転を目指して日本独自の … ICT(情報通信技術)の活用によって経験の浅いオペレーターでも的確に操作 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルネサス トヨタが目指す自動運転機能用の半導体がルネサス製品に決定

ルネサス トヨタが目指す自動運転機能用の半導体がルネサス製品に決定 … デンソーが自動運転用ECUの開発を担当するが、車両周囲のセンサー情報をもとに自 … になることが見込まれ、中国の自動車メーカーも一斉に電動化技術の導入を開始し …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
テスラ株主の中国テンセント、独自の自動運転技術を計画-関係者

中国のテンセント・ホールディングス( 騰訊)は独自の自動運転システムを開発している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。米アルファベット傘下ウェイモ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転テーマに群大でシンポ 来月2日

群馬大が研究に取り組んでいる自動運転をテーマにした社会情報学 … 自動運転技術をどのように活用すれば、地域社会に貢献できるのかなども考える …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
東京モーターショー閉幕、日系も電気化・スマート化―中国メディア

また、100%自動運転を達成し、将来は持ち主を空港や駅まで送っていき、だけ帰るというのが現実になる可能性がある。 … 益子CEOは、「電気化、スマート化、ネットワーク化といった新技術が自動車分野で急速に発展し、中国市場でより急速に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
1個の光源で2通りの車内照明に、Schott社が開発

分岐数やチューブの長さは車両の特性に合わせて変更可能。1個のRGBのLED … さらに吉武氏は「マルチライトは自動運転技術との相性が良い」と強調する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
コンセプトカーはハリボテか、コミットメントか

1つはトヨタ自動車の「TOYOTA CONCEPT-愛i」。搭載された人工知能システム「Yui(ユイ)」は、ドライバーの嗜好や感情を分析し、ドライブコースの提案などをし …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
三菱自動車工業の17年4~9月期、最終損益483億円の黒字

企業がネット上に開示した決算発表資料から業績データやポイントを人工知能(AI)技術を使って自動で文章を作成しました。詳しくはこちらをご覧ください.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
東京モーターショー閉幕、日系車も電気化・スマート化―中国メディア

今年のテーマは「ビヨンド・ザ・モーター」(エンジンを超えて)で、三菱自動車、 … この車は三菱自動車の電気自動車技術、四輪駆動技術、新しい車載型人工知能(AI)技術を … 新時代に入り、電気化とスマート化が従来の自動車メーカーに新たな課題を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【「01」発想講座】2018年主流は「電気自動車」 鍵握るAI、業界再編の動き加速

鍵を握るのはバッテリーやモーターではなく、電子システムを制御管理するエレクトロニクスであり人工知能(AI)だ。 … 気になるのは、電気自動車の乗り心地だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動運転ウェイモ、米大手ディーラーと提携 保守業務を委託

グーグル系の自動運転車開発企業「ウェイモ(Waymo)」が、全米最大手の自動車ディーラー「AutoNation」と提携したことが明らかになった。自動運転車業界に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「百度・李CEO「完全自動運転車が来年から走る」 AFPBB News」など、2017年11月2日     ニュース

 

ニュース
百度・李CEO「完全自動運転車が来年から走る」

百度は金龍客車以外にも、中国自動車メーカーの北京汽車(Beijing Automobile Works)と提携している。百度は自動運転技術を提供し、北京汽車は設備機器の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
高精度地図作成に最適なセンサーは「カメラでもライダーでもなくミリ波レーダー」

ボッシュは、「第45回東京モーターショー 2017」のプレスブリーフィングにおいて、自動運転に求められる高精度地図の作成でインクリメントPと提携したと発表した。 … 車載カメラだけよりもデータが軽く、既に多くの量産に搭載されているミリ波レーダー …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
焦点:自動運転技術に群がる新興企業、成功への「狭き道」

O>に勤めていたLei Xu氏とJustin Song氏は、自動運転車への関心や投資の高まりを受けて、「次の大きなもの」を … その大半が、買収や提携によるものだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
KPMG、自動車・運輸産業に向けたホワイトペーパーを刊行

本ホワイトペーパーでは、ディープラーニングが完全自動運転車の実現に欠かすことができないテクノロジーとして捉え、今後 … 既存のビジネスモデルは変化し、自動車メーカーは自社で担うのか、あるいは他社と提携するのか、判断が求められます。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動車販売店向け人工知能を活用した接客ツールを開発 – グーネット自動車流通

人工知能を活用したメッセージの送信、車検や点検の時期を自動でお知らせするなどの機能を月額30万からという低コストで導入することが可能となった。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
EVは期待はずれ。東京モーターショーで中島聡が感じた本音

そして、その人工知能の実態は自動車にではなく、クラウドにあり、ドライバーが別の乗り物に乗ると、ついて来てくれるなど、これまでの自動車メーカーの発想から …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「OK Google、クルマのエンジンをかけて」、三菱自が2018年からスタート

三菱自動車は「第45回東京モーターショー 2017」において、スマートスピ