「「EV向けバッテリー世界首位」パナソニックの不安は 毎日新聞」など、2018年3月12日     ニュース

ニュース
「EV向けバッテリー世界首位」パナソニックの不安は

電気自動車(EV)をめぐるパナソニックの動きが活発だ。パナソニックは2017年10月、横浜市にある同社の試験場で、自動運転システムを搭載した小型のEVを報道陣に初めて公開した。「自動運転EVコミュータ」と呼ばれる自社開発の実験は、2人乗りで、全長2・5メートル、車両重量は566キロ。 「いよいよパナソニック …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
JAXAと自工会が連携、自動運転車のAIの品質保証に取り組む

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2018年3月9日、自動運転車など人工知能(AI)によって自働化するシステムの品質保証に向け、日本自動車工業会との連携を開始したと発表した。 2019年3月まで1年間、AIのソフトウェア品質の確保に必要な手法や守るべき要件をまとめる活動に協力する。JAXAは安全評価解析技術など …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、つながる1万台供給 米レンタカー大手に

トヨタは車両を管理・監視する機器の開発やデータの分析で強みを発揮しようとしている。自動車のシェア・レンタル企業はこの分野にあまり力を入れていないため商機があるとみている。 エイビスは貸出時の駐車場内でのの場所探し、返却時のガソリン量や走行距離の読み取りなど、時間がかかっている工程をトヨタ自動 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
グーグルのウェイモ、自動運転の大型トラックの実証実験へ

ウェイモは従来、主にFCA USのクライスラーブランドのミニバン、『パシフィカ』をベースにした自動運転プロトタイプで、自動運転の走行テストを実施してきた。今度は大型商用の分野でも、本格的に自動運転技術の開発に取り組む。 ウェイモは、グーグルのデータセンターに荷物を届ける大型トレーラーに自動運転技術を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
EV時代視野、情報収集 岡山の関連団体

岡山県内の自動車関連企業で構成する「岡山県自動車関連企業ネットワーク会議」は12日、岡山市で総会を開き、2018年度の事業計画を決めた。電気自動車(EV)や自動運転といった産業構造変化の中で、経営、人材、生産技術、開発技術の4つの分科会を通じて経営戦略や業務効率化などに関する研究、情報収集を強化 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
壁の向こうの「見えない物」の立体形状を、レーザー光線で“見る”:米大学がシステムを開発

将来、同じことが自律走行でも可能になるかもしれない。少なくとも、このアイデアは自動運転技術への応用を前提に生まれた。レーザーの光子(光の粒子)の軌跡を利用し、隠れた対象物の位置と形状を計測する技術だ。「隠れているもの」がウサギでも、通り過ぎる歩行者でも、変わりはない。 これは、まったく新しいアイデア …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【インタビュー】フォルクスワーゲン乗用車ブランド CEO Dr.ヘルベルト・ディース氏が語る、ディーゼル …

そのジュネーブショーで、完全自動運転のEV(電気自動車)「I.D.VIZZION(アイ.ディ.ビジョン)」を世界初公開したのがフォルクスワーゲンだ。I.D.VIZZIONは、フォルクスワーゲンが発表し続けるEVの新しい形である「I.D.(アイ.ディ.)」シリーズの4番目のモデルとなり、フォルクスワーゲンがEVにかける熱い意気込みを具現化した …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
JAXAと自工会が連携、自動運転車のAIの品質保証に取り組む

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2018年3月9日、自動運転車など人工知能(AI)によって自働化するシステムの品質保証に向け、日本自動車工業会との連携を開始したと発表した。 2019年3月まで1年間、AIのソフトウェア品質の確保に必要な手法や守るべき要件をまとめる活動に協力する。JAXAは安全評価解析技術など …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AIのタクシー需要予測で売り上げ2割増 トヨタなど4社が実証実験

トヨタ自動車など4社は、人工知能(AI)を用いたタクシー需要予測技術を開発、東京都内で試験導入を開始したと9日に発表した。都内を500m四方ごとに区切り、各地域のタクシー乗車数を30分単位で予測するもので、2018年度内の実用化を目指すという。 共同開発したのはトヨタ自動車のほか、日本交通を母体とするIT企業 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「GMも圧倒する「グーグル」自動運転技術の脅威 東洋経済オンライン」など、2018年3月8日     ニュース

ニュース
GMも圧倒する「グーグル」自動運転技術の脅威

自動車業界は今、「CASE」の頭文字を取って、コネクティビティ=通信との接続、オートノマス=自動運転、シェアリング=共有サービス、エレクトリックモビリティ=電動化 … 自動運転やコネクティッドといった新技術が組み合わされると、ロボットタクシーや無人運転のライドシェア、さらにはeコマースと連動した自動配送の物流 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日本郵便、自動運転20年までに実用化 12日の実験開始前に式典

今回の実験では、運転席と助手席に人が乗り、万一の場合には運転操作を行う。 実験は、自動運転技術を開発している「アイサンテクノロジー」(名古屋市)と「ティアフォー」(同市)両社の技術を導入。一般のミニバンの屋根の上に周辺環境を認識する3次元センサーを設置し、周囲の環境を把握して障害物との距離を計算し …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【岩貞るみこの人道医】一般道での自動運転が実現できない最大の理由

たしかにクルマ同士の事故は、クルマ同士がコネクテッドしてぶつからないようにと技術の開発が進んでいる。でも、こう言ってはなんだが、クルマの中にいる人はエアバッグや衝撃吸収ボディがあるから、速度さえそれなりに落とせばなかなか死ぬような事故にはならない。自動運転なんてなくても、交通事故死者数は削減できる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
京都大学、タダノ/クレーンなど自動運転化へ共同研究着手/包括契約締結 [2018年3月8日1面]

京都大学とタダノがICT(情報通信技術)と人工知能(AI)を活用し、クレーンや高所作業などの自動運転を実現する共同研究に乗りだす。7日に都内で包括連携契約を締結した。タダノのクレーン技術と京大が持つ先端研究の知見を融合し、無人で動く遠隔稼働式クレーンや高所作業を開発。建設業の慢性的な人材不足を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタがAI分野におけるソフトウェア開発体制を強化

自動運転技術は日進月歩である。つまり、ハードウェアである車両の性能よりも、そこに組み込まれるソフトウェアとデータの重要度が増していることはいうまでもない。 先週、トヨタはAIのソフトウェア研究開発の新会社を設立したと発表した。トヨタのほか、グループ企業のアイシン精機、デンソーも出資をし、総額3000億円の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
コネクテッドカーが上海の公道走る、テスト区間も近く整備へ

上海の自動運転技術は、閉鎖空間での走行試験から、実地テストの時代に入った。現在の自動運転車はまだ完全な「無人運転」ではない。安全上の理由から、自動運転車の走行試験では、いざという時に手動運転に切り替えられるよう、運転手を配備している。 遠くから見ると、道路を走っている自動運転車と普通の自動車は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アイシングループ、シリコンバレーのVCと55億円のベンチャー投資ファンドを設立

アイシングループがファンドを組成した背景は、電気自動車(EV)や自動運転車、ライドシェアサービスなど、自動車産業での新興技術の勃興がある。アイシンは、シリコンバレーを中心に世界中の技術を発掘しているフェノックスVCと協力することで、世界最先端技術へのアクセススピードの加速、自動車産業の底上げにつながる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
これからの「ラジオ」の生き残り戦略[ITmedia NEWS アンカーデスクマガジン 水曜日版 2018/3/7]

注目点を明確にしてディスカッションが行えるので、技能伝承や技術継承、社員研修、安全教育ツールとして活用できます。 … 体制、3000億円以上投資へ http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1803/02/news094.html トヨタ自動車は3月2日、自動運転に必要なAIソフトの研究開発などを手掛ける新会社「Toyota Research …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
人工知能のカラクリは数学? ―「人工知能の数学」をゼロから学べる参考書

自動車の仕組みに詳しくなくても自動車を運転できるように、数学を使わないで人工知能を扱う方法もたくさんありますが、モデルの精度を上げたり、チューニングしたりするためには、数学の知識が必要になることがしばしばです。 本書は、高校数学のキホンからていねいに学習することで、初めて大学レベルの数学を学ぶ方や、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「「世界最高」性能の自動運転車向けライダーを実現、測定距離が2倍に @IT MONOist」など、2018年3月6日     ニュース

ニュース
「世界最高」性能の自動運転車向けライダーを実現、測定距離が2倍に

東芝は2018年3月5日、自動運転システムのセンサーなどに用いられるライダー(LiDAR:Light Detection and Ranging)向けの計測回路技術を開発したと発表した。従来の車載用ライダーと比較して測定可能距離が2倍となる200mを実現しており、その性能は「世界最高」(同社)だという※)。今後は、さらなる測定距離の延伸 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日本郵便、公道で自動運転実験 都心で2キロメートル

日本郵便の担当者は「労働力の減少に新技術で対処したい」と話す。 実験には自動運転技術を手掛けるアイサンテクノロジーとティアフォー(名古屋市)が開発した車両を使用する。車両が自らの位置を特定できるようにするため、実験前に道路周辺の3次元データを取得する。運転時はカメラとセンサーで信号や障害物を認識し …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米・フォードが自動運転車によるピザ宅配に挑戦! 今後は無人タクシーも登場?

clicccar.com(クリッカー)
米・フォードがフロリダ州マイアミで、自動運転車を使ったピザの宅配実験をスタートさせました。 … このように、米国では自動運転技術普及の先に商品の無人デリバリーや、自動運転タクシーサービスなどが待ち受けているとみられ、日本でも早々に自動車会社が率先して新たなビジネスモデルの構築を模索する時代が訪れそう …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「ロボネコヤマト」の実証実験から、自動運転時代の「新しい宅配」のかたちが見えた

一連のサーヴィスを支えるのが、人工知能を利用した車両運行システム。宅配ドライヴァーのノウハウを取り入れながらDeNAが開発したもので、道路の混雑状況や受け取りの需要予測などを考慮しながら配送ルートなどの計画を立てる。「ドライヴァーは計画に沿って運転すればいいだけなので、高齢者や女性の雇用にも …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ベントレーはあえて「自動運転レヴェル」を上げない ライヴァルのアウディ「A8」に先を譲る理由とは

このことを考えると、この新モデルが自動運転技術のレヴェル2を超えられないのは驚きだ。レヴェル2では、車両のステアリングと速度は「1つまたは複数のドライヴァー支援システム」によって制御されるが、そのほかの運転要素は人が制御する。 ベンテイガのアクティヴレーンアシスト機能(ALA)が、人間に代わってステアリング …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
KDDIが自動運転ベンチャー「ティアフォー」に出資する理由

KDDIは3月5日、自動運転ベンチャーのティアフォー(名古屋市)と資本・業務提携を結んだと発表した。出資金額は非公開。ティアフォーは、周辺環境の認識や経路判断を担う自動運転車用のOS「Autoware」を開発したほか、無人運転の実証実験に成功している。KDDIはティアフォーの技術力を生かし、第5世代移動通信 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転支える無償ソフト OS公開、国内外で開発に活用 (1/2ページ)

運転席に人のいないのハンドルが動き、ひとりでに走った。昨年12月、愛知県幸田町で実施された全国初の公道実験。緊急時にブレーキなどを遠隔操作する以外は人が運転に関わらない「完全自動運転」で、政府が定めた自動運転のレベル区分のうち、2番目に高度な「レベル4」に相当した。技術面で中心的な役割を担った …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
コンチネンタル NVIDIA社と提携 自動運転向けAIの世界生産を目指す

また、高精細地図を取り入れ車両が地図上で自位置を特定できるようなれば、地図の更新機能も搭載する計画だ。 コンチネンタルが持つ先進運転支援システムに関する専門知識により、多機能カメラ、魚眼カメラでのサラウンドビュー、短距離、長距離のレーダーセンサー、高解像度3D LiDAR技術の他に運転支援・自動運転 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「本気モード」の自動運転、日産・DeNAとANA・SBドライブがレベル4相当を実証

自動運転技術を搭載した実験車両に一般公募した参加者を乗せ、横浜市の日産グローバル本社から周辺の商業施設を3月18日まで周回する。参加者はスマートフォン(スマホ)アプリを使って乗車する時間と場所を指定できる。検証する自動運転技術はレベル4相当。実験の運転席には担当者が座るものの、原則として …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
中国企業の自動運転車を体験した外国人記者、「不思議なことに私はまだ生きている」―中国メディア

1日、環球網は、中国の通信機器大手、華為技術自動運転車を体験した外国人記者から「不思議なことに私はまだ生きている」との言葉が寄せられたことを伝えた。 … 外国人記者のコメントはこの体験を受けたもので、同氏は「ファーウェイの自動運転分野参入を示すものではなく、同社のCPU『Kirin970』の人工知能(AI)性能 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ダイソンが開発中の「既存車と根本で異なるEV」とは

グーグルやパナソニックも自動運転実験用に電気自動車を作っている。 異業種参入の中でもインパクトが大きそうなのがアップル。正式発表ではないが、電気自動車開発プロジェクト「Project Titan」が14年に始まったことは公然の秘密だ。日本勢では、ソニーが17年10月に独自開発したAI(人工知能)対応の電気自動車の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ボルボがヴェンチャーキャピタルを設立、スタートアップ獲得競争での勝算は?

例えば、自社の製造プロセスを改善するソフトウェアやハードウェア、自動車の購入や維持に役立つイノヴェイション、人工知能、機械学習、データサイエンスの分野、またカーシェアリングの仕組みをシンプルにする可能性をもつ「マイクロトランザクション」といった分野である。 つまるところ、クルマの設計や組み立て、販売、使 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタデンソーアイシンが都内で自動運転開発を加速「従来と異なる発想で」

TRI-ADの出資金額は5000万円で、出資比率はトヨタ自動車が90%、デンソーとアイシンが5%ずつ。代表取締役CEOには、AI(人工知能)などの研究開発を行うトヨタ自動車の米国子会社Toyota Research Institute(TRI)のCTOを務めるジェームス・カフナー(James Kuffner)氏が就任する。カフナー氏は、グーグル(Google) …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
存在感を増すCVC(コーポレート・ベンチャー・キャピタル)。どんな企業がやっているのか

GVは、2009年にGoogle VenturesとしてスタートしたAlphabet、Inc.のベンチャーキャピタル部門である。ライフサイエンス、ヘルスケア、人工知能、ロボット工学、運輸、サイバーセキュリティ、農業の分野において、300社以上に投資している。(参照:Portfolio). Uber(自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリ)も投資先のひとつ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
コンチネンタル NVIDIA社と提携 自動運転向けAIの世界生産を目指す

この提携で、AI 自動運転車を開発から大量生産へと移行させるうえで、鍵となるすべての要素の準備が整いました。当社の最新の DRIVE Xavier プロセッサー、幅広い NVIDIA DRIVE ソフトウェア、そして、テスト、検証、機能上の安全性における「Cloud-to-Car」アプローチと、コンチネンタル の専門知識やグローバルな事業 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
KDDI、5G活用で共同実証実験 自動運転車OS企業と提携

KDDIは5日、センサーなどから集めた情報をもとに自動運転車を制御する基本ソフト(OS)開発のティアフォー(名古屋市)に出資し、資本業務提携したと発表した。出資額は非公表。今後、第5世代(5G)移動通信方式を活用した自動運転の実証実験などを共同で行う方針だ。 両社は昨年12月、愛知県内でティアフォーのOS「 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ホンダ、急変する自動車市場に長期戦略で挑む

独自の高効率なプラグインハイブリッドを開発の中心として取り組み、燃料電池、電気自動車の開発へつなげる。 4.先進安全技術導入への取り組み 事故ゼロ社会の実現に向けて安全運転支援システムの標準装備を順次各地域へ拡大し、自動運転技術の研究開発は外部との提携を活用したオープンイノベーションにより …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「スマートモビリティで何が起きる? 自動運転車やカーシェアが都市を変えるプロセスとは ビジネス+IT」など、2018年2月22日     ニュース

ニュース

自動運転車が走り出し、MaaSが浸透すると世界は変わる

運転しなくても自動的に走る自動運転車に関するニュースを目にする機会が本当に増えました。「とはいっ …. 自動運転車体)はタクシーやライドシェアサービスのみならず、小売店や宿泊・飲食施設、物流向け等様々なサービスに用いられることを想定されており、数多くの異業種パートナーとの提携も併せて発表されました。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
ニュース

自動運転車が走り出し、MaaSが浸透すると世界は変わる

でもご紹介しましたが、加速する自動運転技術開発とMaaS(Mobility-as-a-Service)という革新的なコンセプトの登場により自動車業界には地殻変動ともいうべき変化が起きています。また、今年1月に米ラスベガスで開催された世界最大級の家電見本市「CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)2018」でも、大きな …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「冗長性」と「見えない領域」、GM無人運転の中核技術

クルーズAVの自動運転システムには、三つの基本機能がある。「認識(Perception)」と「走行計画(Planning)」、「車両制御(Control)」だ。全ての基本機能で、冗長性に配慮した設計にした。 「認識」機能は、車両周囲の物体の位置や速度、方向、種類を計算する。中核が、車両周囲の360度を認識するセンサー群である。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「次世代自動運転・コネクテッドカー・カンファレンス 2018」でトヨタの鯉渕部長が講演

講演では、トヨタの高度運転支援システムや自動運転に対する考え方や、それを支える技術のほか、自動運転技術の実用化に向けた社会コンセンサスや … 無人回送による利便性向上、自動運転車から集まる情報を用いた新サービスの創出といった「新規ビジネス」という4つの観点に触れ、「自動運転技術は、モビリティを大きく …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

北米フォード社長が「不適切な行動」で突然の退任。CTOなど歴任し自動運転やスマホ連携システムに精通

ラジ・ナイール氏は2017年6月までフォードCTOの職を務めていたこともあり、特に技術面での舵取りに重要な貢献をしてきた人物。製品開発責任者として世界で販売されるフォードを知り尽くし、自動運転車やスマートフォンに連携するインフォテインメント、モビリティサービスに重きをおいたブランド戦略を主導してきたことを …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

政令指定都市で初、名古屋市で自動運転実験(愛知県)

運転席が無人のを公道で走らせる政令指定都市初の自動運転実験が22日、名古屋市中区で行われた。遠隔型の自動運転システムを搭載したが中区の官庁街を1.2キロ走行し、愛知県の大村秀章知事と名古屋市の河村たかし市長が試乗した。世界的な開発競争が起きている自動運転技術で、愛知県などは来年度、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

トヨタブランド初の車線維持支援機能レーントレーシングアシスト(LTA)を体験

ただし、これは、自動運転技術におけるレベル2に該当する装置であり、運転者がハンドル操作をすることが前提で、それを補助する機能である。 … 今回、マイナーチェンジをした上級ミニバンのアルファード/ヴェルファイアにトヨタブランドとして初めてLTAを採用するにあたり、開発を担当したトヨタ自動車第1先進安全開発部 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

鈴木、EV電池部品に参入 新株予約権で14億円調達

EVの普及を予想して3年前から電池用部品の開発をしていたが、このたび量産のめどがついたという。部品をつくるための加工機械や洗浄設備などを導入、21年3月に全ての設備を入れて生産体制を整える。 自動運転などの技術革新が進んでいることからに搭載される電子部品の数が増えるとみて、ほかの自動車部品にも …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

人気自動車ジャーナリスト(と編集スタッフ)が真剣チェック!気になる中古試乗判定 アウディ A4 アバント

トラフィックジャムアシスト」は0kmから65km走行時に、車線や周囲の建物、車両を感知してステアリング操作を含め車両を導く。また、オプション … それから、自動運転技術を活用した「トラフィックジャムアシスト」も追加されまして、これは渋滞時にペダルに加えてステアリングまで操作し運転をサポートします。また、メーターが …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

英国ウィリアム王子がアストンマーチンDB11でホリバMIRAのテストコースを激走

ウィリアム王子はホリバMIRA社が提供する自動車の研究開発用の設備を訪問したほか、ホリバMIRA社のテストコースで自動運転車のシミュレーションを体験した。 … 最後に、ウィリアム王子は、MIRAアカデミー(2013年より若手の技術者へ教育支援を行う施設として開講)のレセプションに出席し、博士課程の学生たちの話を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

PSAグループとクアルコム、セルラーV2Xの実証実験へ

PSAグループは2月21日、クアルコムと共同で、「セルラーV2X」(Vehicle to Everything:車間通信・路車間通信)の実証実験を行うと発表した。 セルラーV2Xは、車両とあらゆるものをつなぐ高信頼・低遅延の通信技術。セルラーV2Xは、有力な無線通信技術のひとつで、自動運転やインテリジェントモビリティにおける利用が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「公道での自動運転実験が多彩に、歩行者の反応も調査 日本経済新聞」など、2018年2月16日     ニュース

ニュース
公道での自動運転実験が多彩に、歩行者の反応も調査

自動運転技術開発に欠かせないものに公道を用いた実走実験がある。現在、人工知能(AI)を用いた自動運転ソフトの開発では、仮想的な街をクラウドの中に構築し、その仮想空間の中を自動運転車が走り回ることで自動運転技術を高める手法が一般的となっており、その仮想空間をつくるための基礎データは実際の公道を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転技術はダントツ、ウェイモの開発力を数字で読み解く

カリフォルニア州の交通当局は同州の公道で自動運転車をテストする企業に、その年のテスト実績を報告するよう義務づけている。各社が2018年1月に提出したレポートを読み解いたところ、興味深い事実が判明した。 公道でのテスト走行距離を見ると、やはりウェイモが最も多くのテストを実施していることが分かった(表1)。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
早期運用に期待 自動運転車の実証実験終了

実験車両をはじめシステムを開発する先進モビリティ(東京)の現場責任者江尻賢治さん(32)は、自動運転による「ドア・ツー・ドア」の戸別輸送につながる技術結果も得られたと述べ、さらに「氷点下の日が続いたが機器に問題はなく、寒冷地走行にも耐えられることが分かった。急勾配の停止動作もできた」と長谷での成果を語る …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
の未来は「コモディティ」と「趣味」の両極に-トヨタ常務理事

トヨタは年明け早々に米国で開かれた国際家電見本市で、自動運転や電動化技術を用いて小売りや外食、配送などさまざまな事業者が活用できる移動車両サービスに取り組むと発表。一方、その数日後にはレースの経験を生かしたスポーツカーのコンセプトを明らかにし、友山茂樹副社長は両極にある、次世代のほろ馬車と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
悪天候下での自動運転の安全性を高める技術、三菱電機が開発

三菱電機は2018年2月14日、研究開発成果披露会を開催し、自動車分野向けでは自動運転関連の技術や電動車両向けのモーターシステム関連の技術などを披露した。 その一つが、悪天候における自動運転の安全性を高める技術である。2017年10月に4基目が打ち上げられた準天頂衛星を利用した技術で、雪や大雨、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自律走行の「膨大な消費電力」は、どこまで削減できるか 激化する「省エネチップ」の開発競争

実用化の初期段階では大きな問題にはなりません」と、グーグルの自動運転部門の元責任者で、現在は自動運転技術の開発を手がけるスタートアップAurora InnovationのCEOを務めるクリス・アームソンは言う。Auroraはフォルクスワーゲンやヒュンダイ、中国のEVブランド「BYTON(バイトン)」との提携を発表している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
新たな勝ちパターン作れるか ゴーン氏、ルノーCEOに再任

ただ、カーシェアリングの普及や自動運転技術の進化などに伴い、自動車業界の競争軸はものづくりから顧客基盤の利活用へと移りつつある。 米ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)は35年には自動車業界のプロフィットプール(市場全体の営業利益の総和)の4割は自動運転車やカーシェアリングなどの新たな製品・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
次世代携帯通信 料金抑制と危機管理が重要だ

ハッカーの攻撃による自動運転車の誤作動や、通信時の患者情報のデータ流出といった危険性を指摘する声は少なくない。 暮らしの利便性を高め、安心をもたらすための新技術が脅威と化しては本末転倒である。 新たな通信規格作りや、端末・通信設備の開発にあたっては、利用者の安全面に十分配慮しながら進めることが …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
住友電工とNEC、モビリティ事業で協業–自動車でのAI/IoT活用を加速

住友電気工業とNECは2月9日、人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)を活用したモビリティ事業で協業したと発表した。2017年12月から両社で取り組みを開始している … 住友電工は自動車内で利用される車載部品や、交通インフラを支える交通管制システムなど、モビリティ分野に関するさまざまな製品・技術を保有する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
~ “人工知能”をビジネスに活かしたいと考えている方、必見 ~ AI 搭載製品・サービス が集結!

2000年代から第三次AIブームと呼ばれ、世界中で最も注目を集めているAI(人工知能)。2017年は自動運転やロボット系以外にも、スマートフォン、AIスピーカーなど、AIを搭載した製品・サービスが次々と発表されました。AI技術の向上と急速な進展により、AI導入の大本命といわれている自動車や製造業界はもちろん、私たち …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
無人タクシーに挑む、日の丸交通の危機感

ドライバーが不要な自動運転車が普及したとき、タクシーはどうなるのか。業界の存続をかけて動いているのが、都内タクシー大手、日の丸交通の富田和孝社長だ。自動運転ベンチャーのZMP(東京・文京)と提携自動運転タクシーの実証実験を計画するなど積極的に動く富田社長に話を聞いた。(聞き手は庄司 容子) …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
新たな勝ちパターン作れるか ゴーン氏、ルノーCEOに再任

1999年に資本提携したルノーと日産は2014年に「研究・開発」「生産技術・物流」「購買」「人事」の4部門の機能を統合するなど、あたかも1つの会社であるかのような状態 … 米ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)は35年には自動車業界のプロフィットプール(市場全体の営業利益の総和)の4割は自動運転車やカーシ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「自動運転の基幹技術、AIが読む「ダイナミックマップ」とは? (1/3) ITmedia」など、2018年2月9日     ニュース

ニュース
自動運転の基幹技術、AIが読む「ダイナミックマップ」とは? (1/3)

人はクルマを運転する際、地図やナビの情報だけではなく、常に自分の目や耳で周囲の状況を把握する。例えば信号の色や工事中の看板、歩行者や他のクルマの動きなど、刻々と変化する情報に対応している。こうした情報が重要なのは自動運転車も同じ。ダイナミックマップは、高精度な3次元地図データに交通規制や道路 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転中の事故、責任の所在は? 運転者の過失は生じるのか 損保会社に聞く

ひとえに「自動運転」といっても、レベル1からレベル5まで5段階があり、現在、日本で市販されているクルマに搭載されているのは、レベル2までの技術です。レベル1は、自動ブレーキやACC(アブダクティブ・クルーズ・コントロール。車間距離を一定に保ちながらクルマが定速で自動走行する)などのいわゆる「運転支援」技術、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車ITセキュリティ研究の第一人者、フィッシュマイスター准教授「ソフトウエア技術を制すものが自動

同准教授は自動車ITセキュリティ研究の第一人者で、コネクテッドカーや自動運転車の安全とセキュリティを確実にするためのデータ主導型、エビデンス・ベースの … フィッシュマイスター准教授によると、その大きなカギとなるのはソフトウエア技術で、ソフトウエア技術を制するものが自動運転を制すると言っても過言ではない …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、自動運転の研究開発を促進…米非営利団体への支援継続

トヨタ自動車の米国の人工知能技術の研究・開発部門、トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)は、ロボティクスや自動運転の研究を行う米国の非営利団体「 … OSRFは、「ROS2」と呼ばれる第2世代のROS(ロボット・オペレーティング・システム)が、自動運転車のソフトウェアや支援システムの開発に広く使用されることを期待 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自律走行の開発レースの勝敗を決める「LiDAR」技術 その古くて新しい歴史と課題

だからこそ、自律走行の開発レースでプレイヤーたちは、運転手のいない完全なロボットカーをつくるのに、このレーザーセンサーを必要不可欠だと考えている(例外として有名なのは、イーロン・マスクだ。彼はカメラで十分だと判断しているらしい)。 同じ理由から、アルファベットの自動運転部門であるウェイモ(Waymo)とライド …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
元Google及川卓也氏、デンソーの技術顧問に 自動運転など推進

デンソーは2月9日、エンジニアの及川卓也氏と技術顧問契約と締結したと発表した。Google日本法人などで活躍した及川氏のスキルと経験を生かして情報通信分野を強化し、電動化・自動運転・コネクテッドカー(つながる)などの事業を推進する狙い。 photo デンソーの公式Webサイト. 及川氏は、OS「Windows」やWeb …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転は史上最大の産業になる」エヌビディアCEOが語る理由

自動運転の対象はのみならず耕運機、ブルドーザー、掘削機などあらゆる動く機械に及びます。実現のためには非常に高速なセンサーとその信号を分析するコンピューターが必要で、完成形はまだ存在しません。だがわれわれのAIやコンピューティングの技術を低消費電力と低コストで達成する能力で、そんなコンピューターを …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
[韓国毎日経済新聞]SKと韓国交通公団、5Gで車間通信

韓国通信大手のSKテレコムと韓国交通安全公団は5日、ソウル郊外・京畿道の試験エリアで、最新の自動運転技術を公開した。道路を走っていた自動運転対応2台がスクールゾーンに進入。2台はこれを認識して自然に速度を落とした。 1人の子供が信号を無視して道路に飛び出す。すぐさま街灯に設置された監視カメラが5 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
歩行者と光のアニメーションでコミュニケーションするクルマ…三菱電機が開発

三菱電機は2月8日、周囲の歩行者や車両に対して光での動きを伝える技術「安心・安全ライティング」の進化について発表した。ドア開けや後退のタイミングに、車外センサーと連動して光で歩行者 … もっと分かりやすく伝えるコミュニケーション技術が求められている。この問題は、自動運転車両においても同じだと考えている」
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルネサス社長「全分野で追い風」17年12月期 純利益42%増

自信の背景には主力の車載半導体の分野で、自動運転技術や高度運転支援システム(ADAS)の普及によって需要の伸びが期待できるためだ。 1月上旬に米ネバダ州ラスベガスで開かれたコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)。完全自動運転車のデモを披露したルネサスブースを世界の自動車大手幹部が次々と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
トヨタ、自動運転の研究開発を促進…米非営利団体への支援継続

トヨタ自動車の米国の人工知能技術の研究・開発部門、トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)は、ロボティクスや自動運転の研究を行う米国の非営利団体「 … トヨタの狙いは、既存の自動車産業の枠を超え、より広範なモビリティ企業へと発展するために、TRIのロボティクスや自動運転の研究をいっそう強化することにある。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタが日本交通子会社に75億円出資、タクシー向け新サービスを共同開発

都内の500台のタクシーに装着した通信型ドライブレコーダー「TransLog(トランスログ)」から走行中の画像や車両データを収集、地図上に反映させて人工知能(AI)で解析した結果をナビゲーションアプリに車線単位での混雑状況として配信する。 トヨタ自動車のモビリティサービスプラットフォームは、DCM(車載通信機)から …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
住友電工とNECがモビリティ事業で協業を開始 – AI・IoT技術を活用

住友電気工業(住友電工)とNECは2月9日、自動車部品の企画・開発をはじめとしたモビリティ事業において2017年12月より協業を開始したと発表した。 今回の協業は、第1弾として自動車をネットワークでつなぐコネクテッド領域から開始し、両社が有するAI(人工知能)・IoT(Internet of Things)技術を活用して車両や車外 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ボルボやロータスを傘下に収める中国浙江吉利控股集団が、ダイムラーの筆頭株主になることを計画中!

スウェーデンの自動車メーカー、ボルボを傘下に持つ中国浙江吉利控股集団(ジーリー・ホールディング・グループ)は、ダイムラーに入り込むことを真剣に検討中だ。ドイツの『Bild am Sonntag』紙は、ジーリーの李書福会長に関する特集記事の中で、中国の自動車大手である同社がクウェート投資庁の保有する6.8%を上回る株 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「日本で「自動運転車」がまだできない単純な理由 投信1」など、2018年1月31日     ニュース

ニュース
日本で「自動運転車」がまだできない単純な理由

日本の企業では、スバルの自動ブレーキ機能「アイサイト」や、日産の高速道路の単一車線での自動運転技術などが開発・改良され、一部はすでに市販に搭載されています。 ただし、日本ではまだ法律的に「完全自動運転」が認められていません。つまり、免許を持っている人が常に運転席にいてを操縦しないといけないの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
2050年になくなる仕事 自動運転で違反が減れば警察庁が困る?

いつの時代にも、技術革新によって、消える仕事は必ずあるので、既得権者からの反発を食らう。 モビリティの世界でも、馬車からクルマに変わったことで、馬を取り扱う仕事が減った。日本でも江戸時代は駕籠屋(かごや)がいたが、不要になった。急速に普及した自動改札機によって、切符を切る人の仕事がなくなってしまった …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Waymo、自動運転の配車サービスに向けFiat Chryslerから大量調達へ

WaymoとFiat Chrysler Automobiles(FCA)は米国時間1月30日、各種サービスの展開に先駆けて自動運転車を十分に拡充するため、FCAがWaymoに … WaymoはFCAからミニバンを納車され、その後これらのミニバンに米自動車技術者協会(SAE)が定める基準でレベル4の自動運転に必要なハードウェアとソフトウェアを …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ドライバーレスの自動運転ライドシェアへ、FCAとウェイモが提携を拡大

FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)は1月30日、グーグル(Google)の自動運転車開発会社、ウェイモ(Waymo)との提携関係を拡大すると発表した。 FCAは2016年、グーグルと自動運転車のプロジェクトで提携。FCAのエンジニアとグーグルのエンジニアが協力し、最新の自動運転技術の自動車への搭載 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日野自、電動研究へ先端技術の新組織

日野自動車 商用の電動化や自動運転などの技術開発を手掛ける「先進技術本部」を新設すると31日発表した。2月1日付で実施し開発人員の1割を充てる。日野はトヨタ自動車やマツダが設立した電気自動車(EV)の基盤技術の開発会社「EVシー・エー・スピリット」に参加した。新設部署から担当者を派遣し、社内外で技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
17年 中国市場浸透カギ 次世代対応、提携拡大も

2017年の主要自動車グループの世界販売台数は、仏ルノーと日産自動車、三菱自動車の3社連合が2位となったが、世界最大の自動車市場・中国での販売力の差が如実に表れた。中国を含む主要市場では電気自動車(EV)などを優遇する制度が今後導入され、自動運転など次世代技術への対応も急務となる。世界市場で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トラック隊列、自動運転実験 北関東道壬生―笠間

日野自動車などトラックメーカー4社と豊田通商は30日、自動運転技術を活用し、トラック4台が隊列走行する実証実験を栃木、茨城両県の北関東自動車道で始めた。2月1日まで、車両間を通信でつないだ隊列走行を行い、地形や交通の影響などを確認する。 トラック物流業界では人手不足やドライバーの高齢化を背景に、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
不整地運搬/遠隔操作で自動走行/操作簡便、同時に複数車運転/熊谷組ら

熊谷組は、KATO HICOM(横浜市)、JMUディフェンスシステムズ(京都府舞鶴市)と共同で、不整地運搬(クローラキャリア)の自動走行技術を開発した。運転席から離れた操作室と不整地運搬の両方にコンピューターを設置して無線で接続(無線LAN)し、土砂積載場所から搬入場所まで自動で走行する。オペレーターは …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
欧米部品大手、CASEが迫る第2の創業

CASE――。コネクテッドカー(つながる=C)、自動運転(A)、シェアリング(S)、電動化(E)といった自動車業界に押し寄せる技術革新は、それぞれの英語の頭文字をとってこう呼ばれる。100年に1度と言われる自動車産業の変革期に挑むのは部品メーカーも同じ。欧米のメガサプライヤーがM&A(合併・買収)や自らの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
運転手の眠気を抑えるパナソニックのセンサー技術とは?

運転手の眠気を抑えるパナソニックのセンサー技術とは? … 自動車メーカーが開発に力を注ぐ自動運転車や電気自動車(EV)。 … 同社オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社技術本部センシングソリューション開発センターの式井愼一主任技師は「ドライバーに不快感を与えずに覚醒させる技術を目指した」とシステム …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
デンソー、東京に新拠点 4月開設、自動運転や通信技術開発を強化

トヨタ自動車グループの部品大手デンソーは31日、東京都港区に自動運転や通信技術の新たな研究開発拠点を設けると発表した。従業員約200人で4月に開設する。自動車の安全機能や人工知能(AI)に関わる国内の開発部門の一部を移転し、海外の研究拠点を統括する役割も担う。 他の研究機関や企業との連携も進め、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ファーウェイの米国進出を一蹴 ベライゾンも諜報懸念、スマホ販売中止 (1/2ページ)

5G通信網はスマホから自動運転自動車人工知能(AI)などあらゆる用途での利用が見込まれる。そのため、米安全保障当局や議員の一部から、中国政府と密接な関係を持つ可能性のあるメーカーによる5G対応スマホは、安全保障上のリスクにつながると危惧する声が上がっていた。 調査会社レコン・アナリティクスのアナ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Teslaの電気自動車が時間単位でレンタルできるように!

Teslaの電気自動車が時間単位でレンタルできるように! 間もなく開催され … 店舗を構えたモール・オブ・アメリカは全米最大級のショッピングモールとあり、多くの消費者に電気自動車をアピールする狙いだ。 Tesla車は …. 人工知能を搭載して自動運転し、ガソリンではなく電気で走る車やトラックが次々と開発されている。 しかし、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ドライバーレスの自動運転ライドシェアへ、FCAとウェイモが提携を拡大

FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)は1月30日、グーグル(Google)の自動運転車開発会社、ウェイモ(Waymo)との提携関係を拡大すると発表した。 FCAは2016年、グーグルと自動 … 今回の提携拡大の柱となるのが、FCAとウェイモが自動運転車によるライドシェアサービスを行うこと。FCAによると、世界初の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
元グーグルのエンジニアが立ち上げたNuro、宅配用自動運転バンを発表

近頃では、大手企業が、名の知られていなかった自動運転スタートアップとの提携を突然発表することは、珍しいことではない。新たに登場 … バンの重量は1トン以下で、その重さの大半を占めるのは、電気駆動システムに電力を供給するバッテリである(このバンがガソリンだと思った人は、おそらくいないはずだ)。幅は普通 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
17年 中国市場浸透カギ 次世代対応、提携拡大も

2017年の主要自動車グループの世界販売台数は、仏ルノーと日産自動車、三菱自動車の3社連合が2位となったが、世界最大の自動車市場・中国での販売力の差が如実に表れた。中国を含む主要市場では電気自動車(EV)などを優遇する制度が今後導入され、自動運転など次世代技術への対応も急務となる。世界市場で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
無人販売所が完全自動運転で街を走り回る!会計も燃料補給も手かからずな「Robomart」

無人販売所が完全自動運転で街を走り回る!会計も燃料補給 … 今回ご紹介するのは、ドライバーを必要としない、レベル5の完全自動運転車による食料品販売サービスになる。 自動化されて … ワイヤレス充電ステーションに関しても、主要なEV充電ステーションと提携する計画で、試験運用に向けて本格的に動き出している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「自動運転や電化の進む中で「技術以外」をどう磨くか (1/2) TechFactory」など、2018年1月29日     ニュース

ニュース
自動運転や電化の進む中で「技術以外」をどう磨くか (1/2)

環境対策や搭乗者保護、クルマのサービス化などこれらの普及を後押しする要素も多く、ADASを内包する自動運転と電化はいずれにしても、何らかのカタチで市販に盛り込まれていくだろう。 しかし、技術的に可能であることと、市販に搭載することでは大きく意味が異なる。市場性はもちろんのこと、人命に関わる製品で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車、米世論調査で「安心して乗れる」はわずか27%

一方、コロラド州在住のソーニャ・コイさんは、自動運転車について「多くの潜在力を秘めた、素晴らしい技術であり革新だ」と前向きな意見を述べつつ「通常のでも同じことだが、事故の際の法的責任がどうなるかについては懸念している」と話した。 自動車やハイテク業界は、自動運転車の公道での走行実験に対する規制緩和 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車へのサイバー攻撃を検知–富士通研が新技術

富士通は、車載ネットワーク(CAN)に対するサイバー攻撃を検知する技術を2018年度に実用化する計画であると明らかにした。 … 富士通では、人工知能(AI)やデータ分析などの機能を使って自動運転車を実現するIoT(モノのインターネット)基盤「Mobility IoT Platform」を提供しており、新技術もセキュリティ機能に組み込ま …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
CES 2018の注目テーマは「スマートホーム」「自動運転」「5G」! 最新トレンドをレポート

1月9日から米ラスベガスで開催された「CES 2018(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)」。CESは世界最大規模の家電見本市で、昨年の出展企業は4,000社以上、来場者数は約17万人を超えました。近年のトレンドとしては「IoT製品」等が多く出展され、デジタルマーケターも目が離せないイベントとなっています。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタが“会社”ではなくなる日

つまり、“会社”から“モビリティ・カンパニー”への転換ですね。 その象徴といえるのが、モビリティサービス専用EV「イー・パレット・コンセプト」です。 「イー・パレット・コンセプト」は、4~7メートル前後の全長を想定した、低床・箱型、バリアフリーの空間を持つEVです。 電動化、コネクテッド、自動運転技術が搭載されています。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
大手労組の要求案固まる 日産は一時金抑えめ

自動車大手の労働組合は29日までに2018年の春季労使交渉を巡る要求案を固めた。日産自動車などは一時金で抑えめの要求になった。原材料価格の上昇などから業績の動向を慎重にみる傾向が強い。経営側は電動化や自動運転など次世代技術の研究開発に資金を厚く投じる必要があるとみている。 日産自動車労働 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
『所有』から『リース』へ。ボルボが提案する“あえて買わない選択”

このキャンペーンで紹介されているXC40は、ボルボが新たに導入したリースプログラム『Care by Volvo』の対象を買うのではなくリースすることで、保険やメンテナンスなどにかかる時間と労力を省けるのが大きなメリットです。 ボルボによると、自動運転技術が自動車業界に革新をもたらしたように、のリースシステムこそ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ネクスティア・オートモーティブ、自動・混合モード運転に向けた操舵技術を発表

この技術は、車両技術の半・完全自動化が進む自動車業界で、ネクスティア・オートモーティブの技術が今後推進させていく独自のステアリング関連技術を支える技術基盤になると云う。 同技術について同社研究開発担当の執行役員、ジェフ・ズラスキ氏は「これら業界をリードする革新はそれぞれの実績に基づいているが、実際 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
EVの登場で “ユーザーエクスペリエンスの革命”が起きている―夏野剛氏インタビュー

夏野剛氏(以下、夏野):EVはこれまでのガソリンはもちろんハイブリッドともまったく違う乗り物になっているといえるでしょう。 … ボタン一つで駐車が可能な自動駐車機能がありますし、高速道路では、アクセル、ブレーキ、ステアリングを自動で制御してくれる自動運転技術「プロパイロット」もあるので、ストレスが大幅に軽減 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
間近に迫る自動車革命 自動走行から空飛ぶ無人タクシーまで

要は、航空機の製造で培った技術力を武器に新たなビジネスに参入する機会を虎視眈々と狙っているわけだ。 このところ、利用者の増えているウーバーと同じように、「ゆくゆくは携帯電話で空飛ぶ自動タクシーを呼べるようにする」と鼻息が荒い。実はウーバーでは2016年から始めた無人走行の実地試験のデータを集積して …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動車へのサイバー攻撃を検知–富士通研が新技術

従来の技術では、周期的に伝達される車載ネットワークへのメッセージ間隔が許容範囲を外れるかどうかで攻撃を検知していた。しかし、実際のメッセージも受信タイミングが揺らぐことがあるため、この方法では正常なやり取りを攻撃と誤って検知することがあった。 富士通では、人工知能(AI)やデータ分析などの機能を使って …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
スマホのアプリで自動車ローン申請、PSAグループが中国初のサービス

スマホのアプリで自動車ローン申請、PSAグループが中国初のサービス. 自動車 … PSAグループは、スマートフォンのアプリで自動車ローンの申し込みができるサービスを、中国に進出している自動車メーカーで初めて開始した、と発表した。 このアプリは、 … その中には、人工知能(AI)を必要とするものもある。なお、このアプリ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
間近に迫る自動車革命 自動走行から空飛ぶ無人タクシーまで

無人運転の自動車から空飛ぶまで、自動車の歴史は大きく変わりつつある。Googleの創業者ラリー・ページ氏は空飛ぶ自動車の開発に情熱と資金を投入しており、同氏が支援するベンチャー企業キティホークは商業化を目指し、試作機の改良に邁進している。ページ氏曰く「自宅の裏庭に留めた空飛ぶ自動車に乗って好きな …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「現代自・VW、グーグル出身VBと提携 自動運転車を共同開発 日本経済新聞」など、2018年1月6日     ニュース

ニュース
現代自・VW、グーグル出身VBと提携 自動運転車を共同開発

【ソウル=山田健一、フランクフルト=深尾幸生】韓国・現代自動車は4日、米グーグル出身の技術者が設立したIT(情報技術)ベンチャー企業の米オーロラ社と組み、自動運転車を開発すると発表した。自動運転に適した先進的なITインフラを備えた「スマートシティー」を世界から選び、両社が共同で実証実験する。ドライバーが …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Toyota Research InstituteがCESで次世代の自動運転実験「Platform 3.0」を公開

トヨタ自動車(以下、トヨタ)の子会社で、米国で人工知能等の研究開発を行うToyota ResearchInstitute, Inc.(以下、TRI)は、次世代の自動運転実験「Platform 3.0」を、ネバダ州ラスベガスで開催されるCES に出展すると発表した。Lexus LS600hL をベースとするこのクルマは、より高度な技術と、ベース車両であるLexus LS …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転、提案型で攻勢

自動運転はさらに高い精度や安全性が求められる時代に入る。今はレーダーやセンサーを使って周辺の状況を把握しているが、コーナーをきちんと曲がる、衝突しない、といった精度の高い自動運転には新たな技術が必要になる。が家とつながるなど、あらゆるモノがネットにつながるIoTとの連携も進む。 三菱電機は人工衛星 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
“諸刃の剣”カーシェア事業の強化で“痛し痒し”の自動車メーカー (1/2ページ)

大手自動車メーカーが同じ車両を複数の利用者が使う仕組み「カーシェアリング」事業を強化している。トヨタ自動車は4月に新サービスの提供を視野に会社を設立。日産自動車は今月、主に電気自動車(EV)を使ったカーシェアを始める。海外ではカーシェアのための機能を備えた新型も登場しており、将来は自動運転技術と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノー・日産連合、自動運転タクシーで協業へ 複数社と参入準備 (1/2ページ)

三菱自を含む3社は、既に自動運転車の実験を進めている米グーグルやウーバー・テクノロジーズのようなテクノロジー企業との協業を望んでいると同氏は語った。 … だろう」と述べた上で、テクノロジー企業にとって自動化技術はあくまで自社の主力事業を強化するものであり、その意味で「提携は可能と考えている」と語った。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
CES 2018開催間近! ホンダ、デンソーなど、最先端テクノロジーの競演

例えば、Hondaの今回のメイン展示はやバイクではなく、コミュニケーションロボットだ。コンセプトモデル「3E-A18」や、アタッチメントを変えること … 同じ自動車分野では、デンソーがコネクティッド技術自動運転技術を中心にシミュレーターやデモ機を使って展示を行う。世界的にも関心が高まっているコネクティッドカーの実現 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
現代自・VW、グーグル出身VBと提携 自動運転車を共同開発

また独フォルクスワーゲン(VW)も同日、オーロラ社との提携を発表した。VWは2017年に完全自動運転車「セドリック」のコンセプトを発表。21年までに公道走行試験をする方針で、開発を加速する。 16年末設立のオーロラ社は、グーグルで長く自動運転車開発を率いてきたクリス・アームソン氏が最高経営責任者(CEO)を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノー・日産連合、自動運転タクシーで協業へ 複数社と参入準備 (1/2ページ)

三菱自を含む3社は、既に自動運転車の実験を進めている米グーグルやウーバー・テクノロジーズのようなテクノロジー企業との協業を望んでいると同氏は語った。 … だろう」と述べた上で、テクノロジー企業にとって自動化技術はあくまで自社の主力事業を強化するものであり、その意味で「提携は可能と考えている」と語った。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「AI(人工知能)で実現! 【エレクトロニクス・自動車・工場を進化させるAI技術が出展】 PR TIMES」など、2018年1月5日     ニュース

ニュース
AI(人工知能)で実現! 【エレクトロニクス・自動車・工場を進化させるAI技術が出展】

加えて、工場で生産の異常を検知するAIや、AIを駆使して実現できる自動運転などエレクトロニクス・自動車業界にもAIの進化が見られます。 … 人工知能検査システム AIハヤブサ (株) ミラック光学AI(人工知能)+ 機械学習による検査従来の画像処理ソフトのようにパターンマッチング主体の処理では判断が難しかった検査を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「CES 2018」で、トヨタの人工知能研究開発会社が次世代自動運転実験車「Platform 3.0」を展示

トヨタ自動車の子会社で、人工知能などの研究開発を行なうToyota Research Institute(以下、TRI)は、1月9日に米国ネバダ州ラスベガスで開幕する「CES 2018」において、次世代自動運転実験車「Platform 3.0」を展示すると発表した。 このPlatform 3.0の開発にあたり、TRIは以下の3つの主要なテーマを設定した。 1.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車・輸送機 ニュース

トヨタ自動車人工知能(AI)開発子会社である米トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)は4日、米ラスベガスで9日開幕する「CES 2018」に自動運転の新型研究車両「プラットフォーム3.0」を … 各国の規制を背景に国内外の完成車メーカー各社が電気自動車(EV)をはじめとする電動車の開発を本格化しており、基幹部品の.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AI、自動運転、信頼回復…… 企業トップの言葉から読み解く2018年

技術革新による変化をポイントとして掲げる経営者も多い。三菱商事の垣内威彦社長は18年の経済状況が好調に推移すると考える根拠として、「(米Apple、Googleなどの)巨大ITプラットフォーマーの存在」、電気自動車(EV)や自動運転の開発が進む「自動車業界」、そして「人工知能(AI)」を挙げた。「人類が火や電気を初めて …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車メーカートップが語る2018年の展望と課題とは…天気予報に見立てて

そこで語られた自動車メーカートップの2018年の展望と課題とは。 まずは新春お決まりの2018年を天気予報に見立てるという質問に、トヨタ自動車の豊田章男社長からは「会社からは曇りに晴れを付けておけといわれている。晴れでも良いじゃないの … ただ西川社長は「人工知能がいろんな仕事を速くしている。これは開発にも …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
機械 ニュース

【5軸化など加速/DMG森精機・森雅彦社長】 電気自動車(EV)、人工知能(AI)、高齢社会などの社会変化の中、5軸化、複合化、自動化をさらに進める。周辺機器… 続きを読む · 新菱冷熱、タイのコージェネプラント完成−商業運転を開始. (2018/1/5 05:00). 新菱冷熱工業(東京都新宿区、加賀美猛社長、03・3357・2151) …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
2018TOP年頭語録/DMG森精機・森雅彦社長ほか

(2018/1/5 05:00). 【5軸化など加速/DMG森精機・森雅彦社長】. 電気自動車(EV)、人工知能(AI)、高齢社会などの社会変化の中、5軸化、複合化、自動化をさらに進める。周辺機器… (残り:1,833文字/本文:1,913文字). (2018/1/5 05:00). ※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動運転の主役はやはり自動車メーカー

東京モーターショーの技術展示では、電動化や自動運転が脚光を浴びるだけでなく、クルマの基本性能を高める軽量化技術を提案した足回り関連のサプライヤーにも注目が集まった。 今回の東京モーターショーではトヨタ、日産、メルセデス・ベンツ、アウディ、VWといったメーカーがEVで自動運転のコンセプトカーを出展していた …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、周り360度200mまで認識 自動運転車を開発

トヨタ自動車は5日、外部認識能力を高めた次世代の自動運転実験を開発したと発表した。センサー技術を向上させて車両全周を200メートルの範囲で認識できるようにした。の周囲の物体を正確に検知できるようになり、より安全性の高い自動運転が可能になる。 次世代実験は「プラットフォーム 3.0」という名称。米国に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転元年だ!ラスベガスで「自動運転タクシー」が走る理由[CES 2018]

自動運転車技術を保有するAptivによれば、タクシー配車サービスを提供するLyftとパートナーシップを締結し、CES 2018において「自動運転タクシー」の試験運行を実施する。自動運転タクシーは、CES 2018のメイン会場の1つであるラスベガス・コンベンション・センター(LVCC)のゴールドロットと呼ばれるエリアから出発し、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノー・日産連合、自動運転タクシーでテクノロジー企業との連携模索

日産自は ディー・エヌ・エーと自動運転車両を用いたタクシーの試験走行を横浜で 来年実施し、ルノーは自動運転車両の開発で仏交通サービスのトランスデブと組んでいる。日仏連合は昨年、自動運転車両に最適なバックエンドのクラウド技術の開発に共同投資する 契約を米マイクロソフトと結んだ。 レジック氏は「自動運転車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
360度の障害物を認識 トヨタ、自動運転車「Platform 3.0」を開発

… は、自動運転車のプロトタイプ「Platform 3.0」を、家電見本市「CES 2018」(1月9~12日、米ラスベガス)に出展する。周囲200メートルの環境を立体的に捉えるLIDAR(LIght Detection And Ranging)システムを備え、全方位を認識できる。外観はスマートに仕上げ、自動運転技術の装備もコンパクトにまとめ、複数の実験 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AI(人工知能)で実現! 【エレクトロニクス・自動車・工場を進化させるAI技術が出展】

加えて、工場で生産の異常を検知するAIや、AIを駆使して実現できる自動運転などエレクトロニクス・自動車業界にもAIの進化が見られます。 … の検出速度と精度・悪天候でも、遮蔽物があっても安定検出できるのが特徴で、カメラ画像から、歩行者,各種自動車,2輪,白線,標識等自動運転技術に必須となる物体検出をします。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
VWと現代自、自動運転技術の米新興企業に未来託す

自動運転車の開発競争が繰り広げられる中、ドイツの フォルクスワーゲン (VW)と韓国の現代自動車がシリコンバレーで1年前に創業したばかりの新興企業オーロラ・イノベーションに未来を賭ける。オーロラの創業者には、米グーグルや テスラ で自動運転車の研究を率いた人物が名を連ねている。 オーロラは4日、VWおよび …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産、ドライバーの脳波測定「運転支援」技術開発 自動運転社会に向けて

日産自動車は1月3日、ドライバーの脳波を測定して運転を支援する技術(Brain-to-Vehicle、B2V)を開発したと発表した。同技術は、 … 将来の自動運転社会では、人間はクルマをコントロールしないと考える人が多いかもしれません。しかし、この技術はその反対です」――日産自動車のダニエレ・スキラッチ副社長は述べる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ソフトバンクが目指す自動運転バスのある未来とは、試乗会でみえたもの

試乗会は、三菱地所が丸の内エリアで進める「オープンイノベーションフィールド」の一環で、先進技術やテクノロジーを用いた実証実験を支援する取り組みによるもの … ロボットがこのルートをトレースし、車両に取り付けられた走行用の各種センサーの情報からAIが歩行者や障害物を検知し自動運転を制御するという仕組みだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自律走行のために街を「再発明」すれば、道路は人に優しくなる 米国で動き始めた「新しい都市設計」

どの都市も、自律走行を前提とした将来の街づくりについて、そろそろ考え始める必要がある。そうした目標に向けて、米都市交通担当官協議会(NACTO)は2017年10月末、独自の「約束の地」のヴィジョンを公開した。NACTOは、こうした問題に真剣に取り組む全米60都市の交通計画担当官と技術者からなる組織だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
[FT]独VW、米ベンチャーと探る自動運転の未来

独フォルクスワーゲン(VW)がシリコンバレーの新興企業オーロラと自動運転車の研究開発で提携した。オーロラは米グーグルで自動運転開発の責任者だったクリス・アームソン氏が代表を務める。数々の老舗自動車メーカーが、自動運転の未来に適応しようとテクノロジー産業に期待を寄せているが、今回の動きもその一例だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノー・日産連合、自動運転タクシーでテクノロジー企業との連携模索

三菱自を含む3社は、既に自動運転車の実験を進めている米 グーグルや ウーバー・テクノロジーズのようなテクノロジー企業との協業を望んでいると同氏は語った。 … だろう」と述べた上で、テクノロジー企業にとって自動化技術はあくまで自社の主力事業を強化するものであり、その意味で「提携は可能と考えている」と語った。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ウェブ
ボタンひとつでが迎えに来る? VWが米新興企業と戦略的提携

フォルクスワーゲングループは1月4日、CES 2018の開幕を控えて、オーロラ社との間で自動運転分野における戦略的提携を締結した、と発表した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「自動運転はどこまで進んだのか? Yahoo!ニュース 個人」など、2018年1月3日     ニュース

ニュース
自動運転はどこまで進んだのか?

テレビでも1昨年までは自動ブレーキだったのが、ニッサンの最新のリーフのように、公道での自動運転の能力をアピールするが2017年は増えてきたように思う。 …. しかし、間違いなく交通システムを変え、運転手という雇用形態を消滅させる技術だとすると、公共機関や大学でももっと研究が進み、それに基づく準備が必要に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
来週のCES期間中に完全自動運転タクシー、好みの地点までラスベガスの公道走行

自動運転技術を開発する英アプティブ(旧デルファイ・オートモーティブ)と配車サービス大手の米リフトは2日、両社が協力して、アプリで乗車予約を受け付ける自動運転タクシーの試験サービスを9-12 … CESでは多くの企業が自動運転車のデモ走行を実施しているが、駐車場など閉鎖された区域で実施されるものがほとんど。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
どれだけ便利になるのか 人やモノの移動も様変わり

運転席はなく、向かい合ったシートに乗り込んで談笑していれば、目的地まで連れて行ってくれる。すでに傘下の独アウディが高速道路での低速走行など一定の条件付きで、走行中にハンドルやアクセルから手足を離すことができる自動運転車を欧州で発売している。自動運転技術を巡っては、米グーグルなどIT企業も交えた …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
マツダの魂動デザイン 無駄をそぎ落とす「引き算」で進化

電動化、コネクティビティ、自動運転など、さまざまな技術革新の荒波にもまれる自動車業界。カーシェアの台頭などでクルマのコモディティ化が一層進むのではないかという観測も出ている。 自動車メーカーがその変化に対応しながら自分のアイデンティティをどう保つのか四苦八苦するなか、そのトレンドに乗らず今日の基準で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
変化する人との関係~福岡モーターショー2017

多くの観客は国産メーカーによる「未来のクルマ」の展示を楽しみに来場しているのではなかろうか。少なくとも筆者はそのクチである。入口をくぐるとレクサスのLS、LCが出迎える。中に進むと日産、ホンダ、トヨタ、マツダなど、国内メーカーのコンセプトカーがずらりと並んでいた。総じていえるのは、やはり自動運転技術と電気 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
見えぬ影響、課題 自動運転「とっさの判断」可能か

AIによる自動運転技術の拡大が期待される交通分野。しかし事故・違反の際はだれが責任をとるのかといった法律の整備が課題だ。原因がソフトの誤作動だった場合、現在の保険制度では対応できない可能性がある。 AIは、未経験のアクシデントに遭遇した場合、人間のような「とっさの判断」ができない可能性が指摘される。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
KDDI・ゼンリン・富士通、自動運転向けダイナミックマップの実証実験を開始

実験の目的は「ダイナミックマップ」生成のために必須技術となる走行時の大容量データを収集していくこと。そして自動運転車へのマップ配信技術の実地検証にある。 完全自動運転にあたっては、自動運転車が自らの位置情報を把握するため、道路や付帯構造物などの正確な情報把握が欠かせない。またこれに気象情報や …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
来週のCES期間中に完全自動運転タクシー、好みの地点までラスベガスの公道走行

ニュートノミーは16年に、シンガポールで世界初の自動運転タクシー実証試験を行い、注目されたスタートアップ。買収に先立つ17年初めには、ニュートノミーとリフトの提携が発表され、ニュートノミーの本社があるボストンの一部地区で、リフトの配車サービス網やアプリを使いニュートノミーの自動運転車を走らせる試験 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「AIと生きる/2 自動運転始まる村の「足」 ぬくもりは負けない 毎日新聞」など、2018年1月1日     ニュース

ニュース
AIと生きる/2 自動運転始まる村の「足」 ぬくもりは負けない

玄関から手押しを持ってきて、足の不自由な高齢の乗客に手渡す。「いってらっしゃい」と声をかけ、運転席に戻ると次の停車場所に向かった。 バスやタクシーの運転手は人工知能(AI)やロボットで代替できる可能性が高いといわれる。技術が進歩すれば、都市部でも大勢の人が職を失うかもしれない。ただ、村で自動運転の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
2018急上昇ワード:「無人化ビジネス」仕事奪うパンドラの箱か? 人手不足の救世主か?

自動運転技術ベンチャー「ZMP」は、2020年の「無人タクシー」の実現に向け、2018年は「無人運転の開発を加速させる年」(ZMP担当者)。2017年12月には運転席 … フォー」も米半導体大手のNVIDIA(エヌビディア)と業務提携し、ハンドル、アクセル、ペダルのない完全自動運転車を開発、2018年春に実証実験をするという。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
完全自動運転時代の必須技術!「ダイナミックマップ」の実証実験を開始へ

KDDI株式会社、株式会社ゼンリン、富士通株式会社は26日、完全自動運転車の安全な走行を実現するための必須技術とされる「ダイナミックマップ」について、その … 実証実験においては、KDDIが自動運転車に搭載されたカメラやセンサーによって生成されるデータを確実かつ効率的にアップロードし、専用ネットワークに送信 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
なぜ、EVに本気になったのか? トヨタの答え

2030年に電動を世界で550万台以上販売し、そのうち電気自動車(EV)と燃料電池(FCV)を100万台以上とする。そして、2025年頃までにはエンジン専用をゼロにする──。トヨタ自動車が車両の電動化を加速すると宣言した。エンジンとハイブリッド(HEV)にほぼ絞り込んできたこれまでの戦略を改め、2020年以降 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノーSYMBIOZコンセプトカーに込められたIAVのノウハウ

自動運転車の開発において、IAVはルノーにとってなくてはならない存在だ。ルノーのSYMBIOZ(シンビオズ)コンセプトカーはベルリンを本拠地とするIAVと技術パートナーとして新たな技術のポテンシャルを引き出そうとしている。張り巡らされたセンサー類やインテリジェントなアルゴリズムがSAE レベル4自動運転段階を可能に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【初めてのマイカー】女の5年ローンでポルシェ 928 S4…岩貞るみこ

でも、当時29歳のかけだしジャーナリストゆえ、運転の技術も人格も信用されていない時代に左ハンドルの大きな輸入の広報車両をお借りするにあたり「928に乗って … いや、本当にいけすかない自然人(法律用語で人間のことをこう呼ぶのだと、自動運転システムを語る弁護士先生に教えていただきました)だったと思います。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【平成30年 年頭所感】ベイオーク 代表取締役社長 塩原 淳平

次世代燃料についても、ハイブリッドカー(HV)・電気自動車(EV)・燃料電池(FCV)などが定着し、エンジンのみの車種の販売の終了に向かいつつあります。自動運転技術については、米国で2018年に本格的なサービスが開始される模様の中、法改正など日本での実用化は先の長い話・・・とは言っていられない状況です。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【平成30年 年頭所感】日本中古自動車販売協会連合会・日本中古自動車販売商工組合連合会 会長 …

自動運転や電気自動車など技術革新により、あつかうクルマそのものが常に進化し変化を続けている今、環境に合わせて我々も変わっていかなくてはなりません。そのためには、青年部などの若い方の柔軟な発想が必ず必要になります。若い方が参加し活躍できる組織を目指し、かつあらゆる情報が組織全体に行き渡るよう …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
【2018年展望】EVで未曾有の日本6社連合へ…CACE+A がもたらす自動車産業の激流

こうした4要素に連動するかたちでAI(人工知能)も欠かせない技術要素として脚光を浴び、「CACE+A」という様相となってきた。AIをめぐっては、自動車業界が外部の企業や研究機関との連携で凌ぎを削る展開となっている。「オープンノベーション」を合言葉に、業界は国内外の多くのスタートアップ企業を含め、協業や出資を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
2018急上昇ワード:「無人化ビジネス」仕事奪うパンドラの箱か? 人手不足の救世主か?

ソフトバンクグループの「SBドライブ」も2017年12月に、運転席のない自動運転シャトルバスの試乗会を開いた。東京23区の公道では初めてだった。報道によると、名古屋大学発のベンチャー「ティアフォー」も米半導体大手のNVIDIA(エヌビディア)と業務提携し、ハンドル、アクセル、ペダルのない完全自動運転車を開発、2018 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「自動運転 感じる未来(福岡モーターショー2017) 日本経済新聞」など、2017年12月16日     ニュース

ニュース
自動運転 感じる未来(福岡モーターショー2017)

国内外のメーカーが最新技術を使った自動車などを披露する「福岡モーターショー2017」が15日、福岡市内で開幕した。2007年の初回からほぼ隔年で開催しており、今回は6回目。出展車両は二輪車を含めて204台。コンセプトカーや最新モデルだけでなく、地元大学が開発する電動車いすの自動運転システムなども登場した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米デザインスタジオが考案した「自律走行スクールバス」が描き出す、新しい通学の姿

いいニュースは、ハンナは人間ではなく自動運転のスクールバスなので、ベビーシッター代を払う必要がないこと。悪いニュースは、ロボットであるハンナがクルマの間を縫ってわが子を安全に送り届ける責任を負うことだ。 自律走行スクールバスが時期尚早なアイデアだと感じられるなら、それは自動運転技術がまだ公共の場で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
増えるEV、各社が競う

15日に福岡市で「福岡モーターショー2017」が開幕した。前回は出展を見送った三菱自動車や電気自動車(EV)ベンチャーの米テスラも参加し、会場には次世代として各社が思い描くEVや自動運転技術を搭載したコンセプトカーのほか、最新モデルの市販などが登場。来場者は自動車の未来を体感した。 自動車業界は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
三つ巴の携帯キャリアに、第4勢力参入[ITmedia NEWS アンカーデスクマガジン 金曜日版 2017/12/15]

無人運転」実現に向け、各社が一歩を踏み出し始めました。自動運転技術ベンチャーのZMP(東京都文京区)は12月14日、都内の公道で初めて運転席に人がいない自動運転を走らせる実証実験をスタート。2020年に完全無人タクシーを商用化する考えです。 ◇20年に「無人タクシー」実現へ 都内公道で自動運転の実証 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
トヨタ走ればデータ湧く つながる車へ全方位提携

トヨタはまず2018年春から画像を人工知能(AI)で解析し、車線別の渋滞状況を試験提供する。さらにタクシー … その新型車には豊田章男社長も「トヨタ自動車の未来の武器になる」と期待する。 多くの産業で … PwCストラテジー&によると、15年に自動車産業で生み出された利益の41%は自動車販売によるもの。だが30年に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
2年ぶり福岡モーターショー、最新技術を展示

九州最大の自動車展示会「福岡モーターショー2017」が15日、2年ぶりに福岡市で開幕した。18日まで。トヨタ自動車をはじめ国内外のメーカーが参加し、人工知能(AI)といった最新技術を搭載した試作車のほか、新型車やバイクを含めて計200台以上を出展した。実際に乗り込むことができる車もある。 国内の四輪車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
トヨタ走ればデータ湧く つながるへ全方位提携

自動車産業が未曽有の大転換時代に突入した。「C=コネクテッド(つながる)」「A=オートノマス(自動運転)」「S=シェアリング」「E=エレクトリック(電動化)」という4つの変革は、の使われ方や造り方を大きく変え、完成や部品メーカーに事業モデルの変革を迫る。その一方で産業ピラミッドの外にいた企業には新たな市場 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「日産とDeNA、一般參加できる自動運転タクシー実験を2018年3月に実施。事前登録受付中 Engadget 日本版」など、2017年12月6日     ニュース

ニュース
日産とDeNA、一般參加できる自動運転タクシー実験を2018年3月に実施。事前登録受付中

日産自動車とDeNAが、自動運転車両を利用した配車サービスの実証試験を、2018年3月5~18日の期間限定で実施すると発表しました。試験を実施する区域は横浜市みなとみらい … 自動運転技術を使うこの実証試験にわれわれ一般人が参加するには、まず事前登録が必要です。受付はすでに始まっており、2018年1月15 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
運転手いない遠隔型自動運転、14日初の公道実験

愛知県は、運転席にドライバーが乗らない自動運転の実証実験を14日に同県幸田町で行う方針を決めた。警察庁によると、公道で遠隔制御の自動運転車を走らせるのは全国初という。県は、自動運転技術の実用化に向けた一歩とする考えだ。 実験は、3次元地図の作製に強いアイサンテクノロジー(名古屋市)、名古屋大学発 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
“地域限定”群馬大で研究進む 路線バスや駐車場、生活圏内のニーズに対応 /群馬

今月2日、前橋市荒牧町の群馬大で開かれた、自動運転技術に関するシンポジウム。群馬大の … 自動運転の研究は、大学や自動車メーカー、IT企業などが取り組んでいる。小木津氏によると、自動車メーカーが進めているのは主に、前橋や東京、北海道など全国のどこでも機能する自動運転技術の研究。しかし、地域 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【インタビュー】“空気を読む”AIを目指す…ホンダ AI研究開発グループ 安井裕司氏

自動運転の実現に向けたAI技術を読み解くため、業界のキーパーソンに各社の取り組みについて話を聞いた。第1回目となる今回は、本田技術研究所 四輪R&Dセンター 統合制御開発室 ADブロック 自動運転用AI研究開発グループ グループリーダの安井裕司氏。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米・GMが小型EVによる「完全自動運転」タクシーサービスをニューヨーク市内で実証へ

clicccar.com(クリッカー)
米GMが2019年をめどに、米国の複数の都市で同社製の無人自動運転車を使ったタクシーサービスを開始するそうです。 … 一方、米アリゾナ州フェニックスではGoogle系の「ウェイモ(Waymo)」が同様のサービスを既にスタートさせていますが、GMとしては技術的難易度や需要度がより高い大都市でのサービスを目指してい …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「匠の技」頼みの日本自動車メーカーの危機—— VRでの新車開発でドイツに完敗

シーン」とは映画の場面と同じ意味で、開発段階でクルマのソフトウエアにあらゆるシーンを覚え込ませて、判断できるようにするのだ。 これが完全自動運転のレベルになると、億単位のシーンを想定しなければならなくなる。とても実車を使った開発は到底無理だ。もし、VRを使わなければ技術完成までに100万年かかるといった …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
オン・セミコンダクター、車両の電動化などに向けた事業戦略記者説明会

オン・セミコンダクターは12月5日、自動車向けソリューションを中心とした同社の事業戦略についての説明会を開催した。 同社は半導体技術を使いながら、自動車の電装化や自動運転、ロボット化する産業機器、IoTを牽引する通信などの分野に注力してビジネスを展開している企業。 説明会にはオン・セミコンダクター …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【高論卓説】欧米で過熱化する「自動車2.0」 (1/2ページ)

11月末の米サンフランシスコには、ゼネラル・モーターズ(GM)の「インベスターズ・ディ」に世界の投資家が集結した。同社の成長戦略の要である自動運転技術のお披露目やビジネスモデルの発表に加え、買収した自動運転のソフトウエア開発会社クルーズ・オートメーションが手掛けるレベル4(高度自動運転)の自動運転車の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アウディ、AI導入のカメラ開発—レベル3自動運転でも人工知能は必須

アウディが今回発表した単眼カメラは、車両の周囲の状況を正確に把握することを可能にする技術。このカメラは、車両前方約120度の範囲を対象に、解像度1.3メガピクセルの画像を1秒間に15枚撮影する。この画像 … 新型アウディ『A8』が搭載するレベル3の自動運転でも、人工知能が必須のテクノロジーになる、としている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
フォード、中国で50車種投入 25年までに

電気自動車(EV)かハイブリッド(HV)で15車種以上、多目的スポーツ(SUV)で8車種を発売する。19年末までに中国で販売する全ての新車に通信機能を … 中国ネット大手、百度とは自動運転技術を開発しているほか、中国の中堅自動車メーカー、衆泰汽車(浙江省)とはEV合弁を設立し、新工場を建設する計画もある。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
アウディ、AI導入のカメラ開発—レベル3自動運転でも人工知能は必須

アウディ、AI導入のカメラ開発—レベル3自動運転でも人工知能は必須 … アウディは12月4日、米国カリフォルニア州で開幕したNIPS(神経情報処理システム)カンファレンスにおいて、人工知能(AI)を用いて極めて精密な3D環境モデルを構築 … アウディは前回の2016年、自動車メーカーとして初めて、NIPSに参加している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
GM、電子商取引に参入 車載画面で注文、予約

車でのECを巡っては米IT大手アマゾン・コムが来年から米欧で、ドイツ自動車大手BMWに音声を使った人工知能サービスを提供する予定で、自動車メーカーとIT企業が連携したサービスが広がりそうだ。 ロイター通信によると、EC開発に当たり米IT大手IBMと協力。利用者に手数料や通信費はかからず、ECに参加する業者 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【トップ近況】日本損害保険協会・原典之会長、自動車保険に大きな変化予想「環境整備を一層加速していく」

日本損害保険協会の原典之会長(62)は「今まで以上にフォワードルッキング(先読み)な視点で環境変化に対応することが必要だ」と語る。協会創立100周年を迎え、さらなる業界の発展を目指す。 人工知能(AI)やビッグデータ、自動運転車といった技術の進歩で主力の自動車保険などに大きな変化が予想される。各社が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「ZMPが初めて無人の自動運転車で公道実験へ、遠隔システム検証 ロイター」など、2017年12月5日     ニュース

ニュース
ZMPが初めて無人の自動運転車で公道実験へ、遠隔システム検証

同社はタクシー大手の日の丸交通(同)と協業し、東京五輪・パラリンピックの開かれる2020年に一部地域で無人の自動運転タクシーのサービス実現を目指している。今回の実験を通じて、遠隔操作による自動運転システムを検証し、自動運転技術とサービスのさらなる開発と安全性向上を図る。 遠隔型自動運転システムを用 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ヤマハ発がカート型自動運転車出展、リゾート地で活用

ヤマハ発製のカートを使った自動運転車両が続々と登場している。2017年6月には産業技術総合研究所が旗振り役となって、ヤマハ発製のゴルフ用カートを基に「スマートEカート」を開発した。同車両自動運転の基本的なシステムは、すでに遊園地向けなどで販売している電磁誘導型である。地中の深さ3cmから5cmの位置 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産とDeNA、一般参加可の自動運転車実験へ

DeNAが開発した専用アプリでを指定した場所に呼び出した後、目的地まで移動するサービスの実験を行う。原則として自動運転で走行するが、必要に応じて同乗するドライバーが運転する。 自動運転技術の開発に取り組む日産は、20年代の早期に、無人運転のを使った配車サービスの実用化を目指している。 2017年12 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ鯉淵常務理事「すべての人が自由に移動できる社会を」—自動運転開発の取り組み

自動車業界の機能安全活動の裾野の拡大、および自動運転技術開発の促進を図ることを目的とするもので、テーマは昨年に続き「自動運転に向けた機能安全・ … 講演テーマは、「トヨタの先進安全・自動運転開発技術への取組み」。 … 周りののウインカーの点滅や、道路上の子供の様子を検知して動きを予測するもの。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転バス、地域が期待 安全走行へ課題も、滋賀

運転技術に不安を覚え、免許返納について時折考えるという高木清治さん(75)=同町=は「実現すれば自家用がなくても安心」と期待する。 高齢化や過疎化が進む奥永源寺地域のような中山間地域では住民の移動や物流の手段をどう確保するかが課題。国交省はその一助として、ドライバーが不要な自動運転車の実用化 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノー、EUの自動運転&コネクトカープロジェクトに参画…1000台のメガーヌ納入へ

専用仕様のメガーヌには、自動運転&コネクテッドカー技術が搭載されており、速度、ハンドル角、タイヤのグリップ、フロントガラスのワイパー操作、エアバッグの展開などの車両データを収集して分析する … ルノーによると、SCOOPプロジェクト参画の目標は、道路上でより安全なを顧客に提供し、交通の流れを改善すること。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ジェイテクト 自動運転関連技術の本格開発 リチウムイオン・キャパシター、パワースーツなど新規分野も拡大

ジェイテクトは、今後の自動運転に対応したステアリングシステムの開発にも着手している。レベル3の自動運転で求められる、ドライバーが自らの意志でステアリングを操作しているかを判定する技術として、自動運転から手動運転へのシームレスな移行、そして路面の変化やクルマの姿勢の変化があっても正確に応答する高 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ヤマハ、AI搭載で自立走行する「MOTOROiD」、自律ライディングロボット「MOTOBOT Ver.2」など「CES …

… 発表された「06GEN」は運転席が用意されていたが、名称にAutomatedという言葉が追加されたこちらは、路面画像認識で自位置を認識する低コストな自動運転車となっており、クラウド技術を使った高スケーラビリティな管制サーバを一体化してシステムを構成。また、自動運転サービサーがWeb-APIを使う独自のMobility …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
車検時にスキャンツールで電動パワートレインや予防安全技術を点検するのが義務化される日は近い …

同省自動車局整備課の平井隆志課長は検討会冒頭の挨拶で、「近年ハイブリッドカー、FCV、EVなど電子装置を活用したクルマ自動運転技術が急速に普及している。政府としても事故減少のため、2020年までに新車搭載率を9割以上とすべく取り組んでいる。これらは電子制御装置によって制御されており、故障した場合は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
《経済》 アスモ、デンソーと合併

自動車用小型モーター製造のアスモ(湖西市)は二〇一八年四月、親会社の自動車部品大手デンソー(愛知県刈谷市)に吸収合併される形で両社のモーター事業を統合する。の電動化や自動運転技術の開発競争が激化する中、いずれの技術でも鍵を握るモーター事業をデンソーに集約して製品開発を強化する。四日、両社 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
日本電産、仏車大手と合弁電気自動車向けモーター

日本電産は4日、フランスの自動車大手グループPSA(旧プジョー・シトロエン・グループ)と電気自動車(EV)向け駆動用モーターを生産する合弁会社を同国に設立すると発表した。PSAが持つノウハウや生産設備を生かしてEVの主要部品となるモーターの競争力を高め、需要拡大に対応したい考えだ。 合弁会社は2億2千万 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アメリカ国防副長官、人工知能分野の競争の敗北を懸念

この報告は、ロシアのプーチン大統領が最近、ロシアが将来世界を運営し、最もよい人工知能を保有すると語った後に出されました。 ロシアのメディアも、ロシア軍は自動車やロボット、新型巡航ミサイルなどを開発する中で決定的な力を持っているとしています。 中国も人工知能産業の向上のために数十億ドルを費やしており、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
日産とDeNA 自動運転車の配車サービス実験へ

日産自動車と大手IT企業のディー・エヌ・エーは、完全自動運転を使った配車サービスの実現に向けて、来年3月に、横浜市で一般のモニターが参加する実証実験を行うと発表しました。 続きを読む … 自動運転車を使ったサービスの開発は自動車メーカーやIT企業などが提携し、業界の垣根を越えた競争が加速しています。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ZMPが初めて無人の自動運転車で公道実験へ、遠隔システム検証

ZMPとの提携を1月に解消したIT企業のディー・エヌ・エー(DeNA)(2432.T)と日産自動車(7201.T)も同日、一般のモニターが参加する、開発中の自動運転車による移動サービス「Easy Ride(イージーライド)」の実証実験を来春実施すると発表した。 実験では万が一に備えてドライバーが同乗するが、両社も20年代早期に、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「日本の電機メーカー 自動運転に自社技術を 事業強化 NHK」など、2017年10月21日     ニュース

ニュース
日本の電機メーカー 自動運転に自社技術を 事業強化

得意としているのは、デジタルカメラやテレビの画像処理で培ったカメラの技術です。自動運転車には合わせて6つの特殊なカメラが搭載され、周囲の状況を認識し …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転の除雪開発へ=今冬から高速道で試験導入-国交省

国土交通省は、自動運転技術を取り入れた除雪の開発を本格化させる。2018年度の運用開始を予定する準天頂衛星「みちびき」も利用、今冬から高速道路で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トロントで「ロボットタクシー」運行へ グーグルの未来都市

アルファベットが手掛けることが決まったトロントのウォーターフロント再開発プロジェクトについて、同社が自動運転車によるオンデマンド型輸送システムの構築を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
スバルが開発加速へギア 自動運転技術のテストコースを北海道で新設

国内外の自動車メーカーがしのぎを削り開発を進める自動運転技術の普及をにらみ、事故ゼロ … この技術を普及価格帯の量産に装備し、事故ゼロに近づける。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
三井物産 クルマどっぷり

PTLはこの技術を駆使している。25万7000台のトラックを保有。 … この周辺の公道で自動運転車を走らせたり、駐車させたりしているのがAZAPA(名古屋市)だ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
まもなく開幕「東京モーターショー2017」 国内大手メーカーの出展内容まとめ

英・仏政府が2040年からガソリンとディーゼルの販売を禁止する方針を … 自動運転技術やEVを活用する指針「ニッサンインテリジェントモビリティ」に沿った …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
浜ホト・晝馬会長が退任へ

若返りを図り、自動運転に応用するレーザー技術の開発など長期プロジェクトを推進する。 晝馬氏は一九五三年、世界で初めて電子式テレビに映像を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日米、交通インフラ技術推進で覚書

覚書によると、自動運転車や小型無人機「ドローン」といった交通分野の新技術のほか、高速鉄道や高速道路などインフラを整備する際の資金調達の手法 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、人工知能で人を理解する「Concept-愛i」シリーズを拡大 3タイプを東京モーターショーに出展

トヨタは、自動運転技術を搭載した電動パーソナルモビリティのコンセプト … 各のスペックも紹介しておくと、Concept-愛iは電動パワートレインを搭載し、航続 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
トヨタ、人工知能で人を理解する「Concept-愛i」シリーズを拡大 3タイプを東京モーターショーに出展

トヨタは、自動運転技術を搭載した電動パーソナルモビリティのコンセプトカー「Concept-愛i(コンセプト・アイ)」シリーズを拡大する。今年1月にラスベガスで開催 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

ZMP、自動運転を用いたサービス開発向け公道実験支援パッケージの販売開始 MotorFan[モーターファン] (プレスリリース) (登録)

自動運転車、工事による車線減少にもスムーズ対応…お台場で公道実験[動画] レスポンス

自動運転車、工事による車線減少にもスムーズ対応…お台場で公道実験[動画]

ZMPでは、2014年から名古屋市で自動運転の公道実証実験を開始。昨年2~3月には神奈川県藤沢市湘南ライフタウンで、ロボットタクシーの自動運転技術担当 …