CASEが変える、未来とは

ここでは、CASEに取り組む企業等が発信する情報を調べた上で、得られた情報をベースに私たちの未来の暮らしにもたらすものがどのようなものかを推測しました。

推測された未来

クルマが変わり、運転が変わり、人の移動が分かり、宅配や物流など、運送ビジネスが変わるというのが調査で分かりました。このように変わった先には、快適で、安全で、安心して暮らせるようになるというもので、2050年頃をゴールに、段階的にそこに向かうと、日本国政府を始め自動車メーカーなどのCASEを主導する企業等が進めていることが分かりました。

【参考にした資料】

Connected(コネクテッド)の実現でくる未来像

クルマがネットワークにつながれば、例えば、

  • 渋滞レスカーナビ
  • 盗難車の自動追跡サービス
  • 保険料を実際の走行距離情報で決める自動車保険
  • 自動で救助がくる交通事故対応サービス
  • 前走車の急ブレーキに確実に対応できる追従走行(ACC)
  • スマホで呼ぶと来るクルマ(駐車場で、自宅に送迎、など)
  • など

Autonomous(自動運転) の実現でくる 未来像

クルマが自動運転に変われば、例えば、

  • 運転に不安な年寄りの事故が減る
  • マイカー購入相当の料金で送迎サービスが利用できる。
  • 移動中の運転疲労がなくなり、色々と楽しむことができる。
  • 駐車場で勝手に自動駐車
  • レンタカーの返却は、無人で。
  • など

Shared&Services(シェアリング) の実現でくる 未来像

  • マイカーが不要に。
  • スマートフォーンで呼べば来るタクシー。
  • 相乗りタクシーで安価に。

Electric(電動化) の実現でくる 未来像

  • 環境汚染の地球的課題の解決につながる。温暖化などで台風発生被害などが減る。
  • 空気がきれいな都会生活ができるようになる。
  • ガソリン代などの運送コストが減り、タクシーなどの送迎サービスのコストが下がる

更新日;2019/10/31

「CASE」とは

「CASE」は、「Connected(コネクテッド)」「Autonomous(自動運転)」「Shared & Services(シェアリング)」「Electric(電動化)」のこと。

参考

メルセデス・ベンツの 中長期戦略のネーミングとして、 「CASE」が使われた。

トヨタは、「CASE」という新しい領域で技術革新が進むことを示し、自らがクルマの概念が大きく変え、「未来のモビリティ社会」の実現に取り組むとしている。(出展;トヨタ自動車ホームページ

「【レクサス LS 新型】車線変更に操舵回避も…自動運転に“つながる”先進技術を試した レスポンス」など、2017年9月26日     ニュース

ニュース
【レクサス LS 新型】車線変更に操舵回避も…自動運転に“つながる”先進技術を試した

速度調整からハンドル支援まで積極的に採用され、おそらくN社なら“ぶっちぎった”広告宣伝をするところだろうが、トヨタはあくまでも「自動運転につながる技術」 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ダイムラー、米公道でトラック隊列走行試験…自動運転とコネクト技術導入

最新の自動運転技術とコネクテッド技術を搭載したフレートライナーブランドの大型トレーラー2台を使用する。2018年から運輸業者と共同で行う予定だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
IoT、自動運転、AIなど先端技術のスキルをもつIT人材へ 年収保証型オファーを提供する転職支援サービス …

〈イノベーションとルール〉自動運転の事故責任 法改正議論

自動運転技術の開発が世界で進んでいる。将来目指す最も高度なレベルでは人工知能(AI)などのシステムがすべての運転を担い、人は介入しない。では、AIが …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
フレイトライナー、自動運転トラックの縦列「プラトーン走行」を米国で公道テスト。CO2排出削減、安全性も向上

その技術は乗用車に採用されつつある単体での自動運転ではなく、自動運転によって2台以上のトラックをまるで連結しているかのように接近させて走行させる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車安全技術は大きな変革期、EuroNCAP発表

むしろこれからの自動車の安全性は、運転支援システムの進歩や自動運転技術の導入に大きく左右される。自動車安全技術はこれからの10年間で、これまで …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家わらしべ:アクセルは「自動運転関連」のテーマ性に注目

これまでの自動車の在り方を大きく変える技術として「電気自動車」そして「自動運転」は市場の「テーマ」として注目されており、今後大きな成長が期待出来る分野 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AZAPAとリコー、10月から公道で自動運転の共同実証実験

実験は「近未来技術実証特区」の秋田県仙北市で、10月から来年度にかけて継続的に行われる。過疎地域の労働力不足解消などに向けた自動運転の実用化を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
中国・百度、自動運転基金を開設

同社は長年の社内開発を経て、自動運転技術を第三者に開放する方針を4月に決定。開発を加速し、米国の電気自動車大手テスラや、IT大手グーグル傘下 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ウェブ
自動運転技術搭載のセダンを公開 スバル

SUBARU(スバル)は25日、自動運転技術を搭載したスポーツセダンのコンセプトカーを10月下旬に始まる東京モーターショーで世界初公開すると発表した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「この赤外線カメラシステムは、自動運転技術を改善する TechCrunch Japan」など、2017年9月13日     ニュース 

ニュース
この赤外線カメラシステムは、自動運転技術を改善する

イスラエル企業のAdaSkyが作った新しい赤外線センサーが、レベル3~5自動運転機能の実用化を早めるかもしれない。このシステムは、赤外線カメラに機械 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ジャガーが2040年以降の自動運転を示す「FUTURE-TYPE」を発表

clicccar.com(クリッカー)
「FUTURE-TYPE」は、フル充電された状態の車両をオンデマンドで呼び出すことができる完全自動運転車のコンセプトカー。自動運転やコネクテッド技術、電動 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
GMとCruiseが初の「量産型」自動運転車を発表

Vogtは自動運転技術における安全性に対する彼らの目標はどれ位向上して来たかについて語り、規模なしには何事もなし得ないと語った。数百台程度の車を路上 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転の手続き 都庁窓口で一括受付

都は自動運転技術の実用化を成長戦略の柱の一つにしたい考えだ。今年2月に開いた国家戦略特区区域会議では小池百合子知事が羽田空港周辺で公道実験 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【フランクフルトモーターショー2017】アウディ アイコン 公開…完全自動運転の大型EVサルーン

アイコンは、「アウディAI」搭載によって、「レベル5」の完全自動運転を実現するコンセプト … 同時に、アウディの先進技術をアピールするために、ドライブトレイン、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Audi社、自動運転レベル4から5に対応のコンセプトカーを出展

レベル3対応の新型「A8」と合わせて展示し、同社の自動運転車への取り組みや人工知能(AI)技術について紹介する。 レベル4のコンセプトカーは、「e-tron …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
EV、自動運転時代到来…日本の自動車メーカーに未来はあるか

自動運転技術の開発で世界をリードしているのはアメリカのシリコンバレー(NVIDIAなど)とイスラエル(MOBIL EYEなど)で、日本はここでも大きな後れを取って …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
EV・自動運転で最新車=地元勢、名声回復狙う-独自動車ショー

電気自動車(EV)や自動運転など注目分野で各社が最新車を展示し、技術やデザインを競う。排ガス不正やカルテル疑惑で揺れた地元ドイツ勢は、名声回復を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
今年の東京モーターショーは自動車業界「天下分け目」の号砲になる

自動運転など新しい技術がもたらす大変革を紹介する展示スペースを設け、来場者に将来像を描くパノラマ映画や自動運転シミュレーターなどを体験してもらう …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

ジャガー フューチャータイプ 発表…2040年の自動運転シェアモビリティ提案 レスポンス

ジャガー フューチャータイプ 発表…2040年の自動運転シェアモビリティ提案

自動運転などのインテリジェントな安全技術やコネクテッド技術、電動化技術を搭載した未来のジャガー車を提案する。 フューチャータイプは、次世代のモビリティ …