「Elapheのインホイールモータ技術を駆使した自動運転コンセプトカー “Icona Nucleus”、ジュネーブモーター … MotorFan[モーターファン]」2018年3月12日     ニュース

ニュース
Elapheのインホイールモータ技術を駆使した自動運転コンセプトカー “Icona Nucleus”、ジュネーブモーター …

… 完全自動運転)を目指しており、現在のレベル3(条件付自動運転)から一気に躍進することになる。運転者がいらないというのはただ単にダッシュボードやハンドルの場所が空くだけでなく、完全にくつろげる空間としての車内の再デザインが求められることになる。焦点はもう道路ではなく、旅の経験そのものになっている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「EV向けバッテリー世界首位」パナソニックの不安は

自動運転EVコミュータ」は、部品などを開発するための実験であり、電気自動車を開発する計画はないとのこと。 パナソニックが電気自動車関連で一番力を入れて … ただし、ウェイモ幹部によれば新会社の中心は自動運転技術の開発であり、自動車の製造ではないという。その方針に沿ってか、ウェイモは17年6月、自社 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AdaSkyとST、自動車向けに高分解能の視認能力の提供で協力

STの協力により、当社は初の自動運転車向け高分解能サーマル・カメラを、最小サイズ、最軽量、最低消費電力で、かつ可動部品を用いることなく製造することができました。超低消費電力設計や車載アプリケーションに最適なIP、そして28nm FD-SOI技術など、STならではの専門知識や技術があってこそ、センサの性能に課 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Waymo(元Google)が自動運転トラックの公道テストを開始、物流の自動化競争に参戦

Googleからスピンアウトした自動運転カー開発のWaymoが、自動運転トラックの公道テストを行うことを発表しました。 … 自動運手カー技術でリードするWaymoですが、トレーラーは車両自体が大きく、旋回や制動での挙動の違いや一般より死角が多いなどの特性があるため、自動運転カー技術をそのまま応用できるわけ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自工会、次期会長に豊田トヨタ社長…初の再任に

また、20年の東京オリンピック・パラリンピックに向けた燃料電池(FCV)普及や自動運転技術の導入に関わる環境整備も重要となる。豊田氏は前回の任期中には、若年層のクルマ離れなどへの対策として、隔年開催の東京モーターショーがない年には東京臨海副都心でクルマやバイクへの関心を高めてもらうイベントを開催 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
未来の交通手段の実証実験が始まった! 日産とDeNAが協業する「イージーライド」って何だ?

イージーライドは、日産が開発中の完全自動運転技術を、DeNAが開発するモビリティーサービス事業と連動させるものだ。 ここでいうモビリティーサービス … 第1段階の実証試験では、3月に横浜・みなとみらい地区の約4.5kmのルートで先代「日産リーフ」をベースとした完全自動運転車を運行させる。 では、イージーライドとは …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産リーフは、この技術が凄い! 開発担当者が、4つの開発秘話&うんちくを大公開!! 【NISSAN LEAF …

自動運転技術」「シャシー制御」「パワートレイン」「空力/燃費性能」という4つのテーマに“技術うんちく”というエッセンスを加えた、熱のこもった、とてもユニークな内容だっ … 実際に新型リーフのステアリングを握ると、エンジンやハイブリッドカーでは味わうことができない、静かで快適な乗り味に魅了される。e-Pedalと呼ばれる「 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「一国多制度」検討の時 技術革新と多様化に対応

一国多制度」検討の時 技術革新と多様化に対応 柳川範之 … 第4次産業革命といった言葉を持ち出すまでもなく、現代社会が大きな技術革新の波にさらされていることは疑いの余地がないだろう。人工知能(AI)の発達や自動運転車の急速な普及、仮想通貨やブロックチェーン技術など、多くの新技術に関する話題が飛び交う。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アウディ Pop.Up Next は室内に49インチスクリーン装備のドローンEV…ジュネーブモーターショー2018

Up Nextがジュネーブモーターショー2018でワールドプレミアされている。 Pop.Up NextはPop.Upに対して、大幅に軽量化され、インテリアのデザインも変更。超軽量の2名乗りキャビンは、車両モジュールと飛行モジュールのどちらにも取り付け可能。アウディは、バッテリーと自動運転技術のノウハウで、このプロジェクトを支援し …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
もはや付いてるのが当たり前!? 『衝突被害軽減ブレーキ搭載』を総額2ケタ万円で手に入れる

【ボルボ S60(2代目)/ボルボ V60(初代)】クーペ風セダンのS60と、ステーションワゴンのV60がデビューしたのは2011年。35km/h以下で歩行者や前方歩行車両との衝突を回避する「ヒューマン・セーフティ」と、低速走行時の衝突を防止する「シティ・セーフティ」を標準装備した。その後のマイナーチェンジなどで先進安全技術を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「2040年、主役は自動運転車 AIで車内と街の見守りも 日本経済新聞」など、2018年3月7日     ニュース

ニュース
2040年、主役は自動運転車 AIで車内と街の見守りも

環境規制の強化による電動化や自動運転技術の進化を核として、2040年に向けてクルマ技術は大きく変わる。一部の国で … 本稿では自動運転技術とその実現を支えるセンサー、人工知能(AI)の将来の姿を探る。 □75%が自動運転車に. 2040年、道路交通の主役は自動運転車になり、運転免許はほぼ不要になる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車で郵便物配送、日本郵便が東京都心で実証実験へ

実証実験期間は3月12日から16日。自動運転車が千代田霞が関郵便局を出発し、西新橋郵便局を経由して銀座郵便局まで、郵便物などを輸送する。実証実験には自動運転技術の開発を手がけるアイサンテクノロジー、ティアフォーのほか、損害保険ジャパン日本興亜、東京都(東京自動走行ワンストップセンター)が協力する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転もっと身近に フォードが宅配実験、ウェイモは疑似体験動画 (1/2ページ)

フォードの自動運転車・電動化担当バイスプレジデントのマラクバイ氏は「フロリダの実験で、ビジネスモデルの検証を行う。顧客の反応を調べ、その結果を2021年に市場投入を計画している専用のデザインに生かす」と説明した。 同社は荷物の配達を自動運転の将来の鍵とみている。ウェイモやゼネラル・モーターズ(GM)は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマは“動く居住空間”へ、VWがコンセプトEVを公開

クロス)」、MPV(多目的)の「I.D. BUZZ(アイ.ディ.バズ)」を発表している。 音声やAR技術を介した操作や完全自動運転、インターネットへの常時接続などの機能によって、乗員を運転から解放し、乗員に新しい自由な時間を提供する。AR技術には、米マイクロソフト(Microsoft)の「HoloLens」を利用する。学習機能を備えた …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「Waymo」が公道を自動運転車で走行する様子を収めた360°動画を公開

Googleの自動運転車開発プロジェクトが独立し、アルファベット(Alphabet)傘下となった「Waymo」。 同社はGoogle時代の2009年に自動運転車の開発をスタートさせ、既に公道での実走行テストを800万km以上に渡って行なうなど、自動運転技術で他社を凌駕しています。 そうしたなか、同社は動画サイトで自動運転車に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
エアバスとアウディがタッグ! 空を飛び、地上も走る自動運転車「Pop.up」が進化

空を飛び、地上も走る自動運転車「Pop.up」が進化. エアバスが、モジュラー式の空飛ぶ自動運転車「Pop.up」の構想を明らかにしたのは昨年3月のこと。それから1年、その進化 … ご存知のとおり、エアバスは空飛ぶタクシーを開発中で、アウディは自動運転やバッテリー分野で技術を積み上げている。また、イタルデザインは …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車の実用化を支援、国家標準拡充へ

自動運転車に関する韓国の国家標準(KS)が、現在の93種から2021年には200種に増える見通しだ。産業通商資源省の国家技術標準院は7日に自動運転車の実用化に向けた標準作りの研究会を開き、業界関係者と共に標準化計画をまとめ、KS適用対象の拡大などを話し合う。 政府は運転… 関連国・地域: 韓国.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
VWのEVセダンは「モデルS」に対抗、自動運転中は「HoloLens」で拡張現実

ステアリングやペダルのない、レベル5の自動運転車となる。バッテリー容量は111kWh、走行距離は最大で665kmだ。 EVのコンセプト「I.D.」シリーズの4車種目となる。車両サイズは全長5163×全幅1947×全高1506mmで、ホイールベースを3100mmとし、プレミアムクラスのセダンと位置付ける。同シリーズでは、これまでに …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日中韓の5G商用化「実はいばらの道」中国メーカー米市場参入に立ちこめる暗雲

韓国メーカーは、5Gを自動運転車の基幹技術の一つと位置づける。2月6日配信の中央日報日本語版によると、業界大手のSKテレコムは19年の自動運転商用化を目標に据える。自動運転車2台による実験では、前方が事故を予測して停車した際、その情報を0.001秒で後続に伝えて停止させることに成功した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NVIDIA、世界トップクラスの AI エキスパートが集結する GPU テクノロジ カンファレンスを開催

本カンファレンスで初めて世に出る技術も多く、AI の進化をけん引し、仮想現実や自動運転車を実現する企業と直接コミュニケーションを図ることのできる、 … ・200超のスタートアップが独自の高い技術力をアピールします。3 月 27 日(火)午後 4:30~5:30 (太平洋標準時間)に行われる NVIDIA Inceptionアワードの最終選考 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
VWのEVセダンは「モデルS」に対抗、自動運転中は「HoloLens」で拡張現実

Volkswagen(VW)は、「ジュネーブモーターショー 2018」(プレスデー:2018年3月6~7日、一般公開日:2018年3月8~18日)において、電気自動車(EV)のコンセプトセダン「I.D. VISION」を世界初公開した。ステアリングや … 乗員の好みや感情を理解する学習機能を備えた人工知能「バーチャルアシスタント」も搭載している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
Uber、自動運転でWaymoとの連携を熱望との噂

常に話題に事欠かないUber(ウーバー)に、こんな噂がでています。自動運転車開発のWaymo(ウェイモ)との提携を視野にいれている、と。Waymoとなにを話しているのか、どういう状態にあるのか、詳しいところはわかりませんが、Uber側が提携を希望しているらしいという噂です。 あれ? UberとWaymoといえば、先月、特許 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日本郵便 自動運転車で配送実証実験へ

日本郵便は、自動運転車による郵便物配送の実証実験を、来週から東京都内で始める。 実験では、東京・千代田区の日本郵便本社内にある郵便局から、銀座郵便局までのおよそ2kmの区間で、自動運転車を使って郵便物を運ぶ。 センサーやカメラなどで信号や障害物を認識しながら自動運転を行い、安全を確保するため …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「「世界最高」性能の自動運転車向けライダーを実現、測定距離が2倍に @IT MONOist」など、2018年3月6日     ニュース

ニュース
「世界最高」性能の自動運転車向けライダーを実現、測定距離が2倍に

東芝は2018年3月5日、自動運転システムのセンサーなどに用いられるライダー(LiDAR:Light Detection and Ranging)向けの計測回路技術を開発したと発表した。従来の車載用ライダーと比較して測定可能距離が2倍となる200mを実現しており、その性能は「世界最高」(同社)だという※)。今後は、さらなる測定距離の延伸 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日本郵便、公道で自動運転実験 都心で2キロメートル

日本郵便の担当者は「労働力の減少に新技術で対処したい」と話す。 実験には自動運転技術を手掛けるアイサンテクノロジーとティアフォー(名古屋市)が開発した車両を使用する。車両が自らの位置を特定できるようにするため、実験前に道路周辺の3次元データを取得する。運転時はカメラとセンサーで信号や障害物を認識し …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米・フォードが自動運転車によるピザ宅配に挑戦! 今後は無人タクシーも登場?

clicccar.com(クリッカー)
米・フォードがフロリダ州マイアミで、自動運転車を使ったピザの宅配実験をスタートさせました。 … このように、米国では自動運転技術普及の先に商品の無人デリバリーや、自動運転タクシーサービスなどが待ち受けているとみられ、日本でも早々に自動車会社が率先して新たなビジネスモデルの構築を模索する時代が訪れそう …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「ロボネコヤマト」の実証実験から、自動運転時代の「新しい宅配」のかたちが見えた

一連のサーヴィスを支えるのが、人工知能を利用した車両運行システム。宅配ドライヴァーのノウハウを取り入れながらDeNAが開発したもので、道路の混雑状況や受け取りの需要予測などを考慮しながら配送ルートなどの計画を立てる。「ドライヴァーは計画に沿って運転すればいいだけなので、高齢者や女性の雇用にも …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ベントレーはあえて「自動運転レヴェル」を上げない ライヴァルのアウディ「A8」に先を譲る理由とは

このことを考えると、この新モデルが自動運転技術のレヴェル2を超えられないのは驚きだ。レヴェル2では、車両のステアリングと速度は「1つまたは複数のドライヴァー支援システム」によって制御されるが、そのほかの運転要素は人が制御する。 ベンテイガのアクティヴレーンアシスト機能(ALA)が、人間に代わってステアリング …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
KDDIが自動運転ベンチャー「ティアフォー」に出資する理由

KDDIは3月5日、自動運転ベンチャーのティアフォー(名古屋市)と資本・業務提携を結んだと発表した。出資金額は非公開。ティアフォーは、周辺環境の認識や経路判断を担う自動運転車用のOS「Autoware」を開発したほか、無人運転の実証実験に成功している。KDDIはティアフォーの技術力を生かし、第5世代移動通信 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転支える無償ソフト OS公開、国内外で開発に活用 (1/2ページ)

運転席に人のいないのハンドルが動き、ひとりでに走った。昨年12月、愛知県幸田町で実施された全国初の公道実験。緊急時にブレーキなどを遠隔操作する以外は人が運転に関わらない「完全自動運転」で、政府が定めた自動運転のレベル区分のうち、2番目に高度な「レベル4」に相当した。技術面で中心的な役割を担った …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
コンチネンタル NVIDIA社と提携 自動運転向けAIの世界生産を目指す

また、高精細地図を取り入れ車両が地図上で自位置を特定できるようなれば、地図の更新機能も搭載する計画だ。 コンチネンタルが持つ先進運転支援システムに関する専門知識により、多機能カメラ、魚眼カメラでのサラウンドビュー、短距離、長距離のレーダーセンサー、高解像度3D LiDAR技術の他に運転支援・自動運転 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「本気モード」の自動運転、日産・DeNAとANA・SBドライブがレベル4相当を実証

自動運転技術を搭載した実験車両に一般公募した参加者を乗せ、横浜市の日産グローバル本社から周辺の商業施設を3月18日まで周回する。参加者はスマートフォン(スマホ)アプリを使って乗車する時間と場所を指定できる。検証する自動運転技術はレベル4相当。実験の運転席には担当者が座るものの、原則として …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
中国企業の自動運転車を体験した外国人記者、「不思議なことに私はまだ生きている」―中国メディア

1日、環球網は、中国の通信機器大手、華為技術自動運転車を体験した外国人記者から「不思議なことに私はまだ生きている」との言葉が寄せられたことを伝えた。 … 外国人記者のコメントはこの体験を受けたもので、同氏は「ファーウェイの自動運転分野参入を示すものではなく、同社のCPU『Kirin970』の人工知能(AI)性能 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ダイソンが開発中の「既存車と根本で異なるEV」とは

グーグルやパナソニックも自動運転実験用に電気自動車を作っている。 異業種参入の中でもインパクトが大きそうなのがアップル。正式発表ではないが、電気自動車開発プロジェクト「Project Titan」が14年に始まったことは公然の秘密だ。日本勢では、ソニーが17年10月に独自開発したAI(人工知能)対応の電気自動車の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ボルボがヴェンチャーキャピタルを設立、スタートアップ獲得競争での勝算は?

例えば、自社の製造プロセスを改善するソフトウェアやハードウェア、自動車の購入や維持に役立つイノヴェイション、人工知能、機械学習、データサイエンスの分野、またカーシェアリングの仕組みをシンプルにする可能性をもつ「マイクロトランザクション」といった分野である。 つまるところ、クルマの設計や組み立て、販売、使 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタデンソーアイシンが都内で自動運転開発を加速「従来と異なる発想で」

TRI-ADの出資金額は5000万円で、出資比率はトヨタ自動車が90%、デンソーとアイシンが5%ずつ。代表取締役CEOには、AI(人工知能)などの研究開発を行うトヨタ自動車の米国子会社Toyota Research Institute(TRI)のCTOを務めるジェームス・カフナー(James Kuffner)氏が就任する。カフナー氏は、グーグル(Google) …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
存在感を増すCVC(コーポレート・ベンチャー・キャピタル)。どんな企業がやっているのか

GVは、2009年にGoogle VenturesとしてスタートしたAlphabet、Inc.のベンチャーキャピタル部門である。ライフサイエンス、ヘルスケア、人工知能、ロボット工学、運輸、サイバーセキュリティ、農業の分野において、300社以上に投資している。(参照:Portfolio). Uber(自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリ)も投資先のひとつ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
コンチネンタル NVIDIA社と提携 自動運転向けAIの世界生産を目指す

この提携で、AI 自動運転車を開発から大量生産へと移行させるうえで、鍵となるすべての要素の準備が整いました。当社の最新の DRIVE Xavier プロセッサー、幅広い NVIDIA DRIVE ソフトウェア、そして、テスト、検証、機能上の安全性における「Cloud-to-Car」アプローチと、コンチネンタル の専門知識やグローバルな事業 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
KDDI、5G活用で共同実証実験 自動運転車OS企業と提携

KDDIは5日、センサーなどから集めた情報をもとに自動運転車を制御する基本ソフト(OS)開発のティアフォー(名古屋市)に出資し、資本業務提携したと発表した。出資額は非公表。今後、第5世代(5G)移動通信方式を活用した自動運転の実証実験などを共同で行う方針だ。 両社は昨年12月、愛知県内でティアフォーのOS「 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ホンダ、急変する自動車市場に長期戦略で挑む

独自の高効率なプラグインハイブリッドを開発の中心として取り組み、燃料電池、電気自動車の開発へつなげる。 4.先進安全技術導入への取り組み 事故ゼロ社会の実現に向けて安全運転支援システムの標準装備を順次各地域へ拡大し、自動運転技術の研究開発は外部との提携を活用したオープンイノベーションにより …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「Waymoの360度ビデオを見ると自動運転車の仕組みがよく分かる、VR体験もあり TechCrunch Japan」など、2018年3月2日     ニュース

ニュース
Waymoの360度ビデオを見ると自動運転車の仕組みがよく分かる、VR体験もあり

360度で撮られているこのビデオは、Waymoのがライダーやレーダー、カメラ、コンピュータービジョンなどを駆使して、自分のまわりの世界を見るだけでなく、近くの物の動きを予測することを見せてくれる。実際に、Waymoの自動運転車に装備された技術は、300ヤード(274メートル)先の物を見分けることができる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
グーグル、自動運転の体験動画 不安心理乗り越える?

【バルセロナ=中西豊紀】米グーグル系の自動運転システム開発会社ウェイモは28日、あたかも自動運転車に乗っているかのような雰囲気を味わえる動画を公表した。自動運転は急速に開発が進む一方、技術の信頼性に不安を抱く人も多いとされる。各社が商用化を競うなか「社会の受け入れ」が自動運転各社の新たな課題に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
幅感覚は正確 群馬大の公道実験に乗ってみた

大学や自動車メーカー、IT企業による研究開発競争が激化している自動運転技術。群馬大は2016年に群馬県桐生市内で自動運転車の公道実証実験を開始し、「次世代モビリティ社会実装研究センター」を拠点に、路線バスや機械式駐車場の駐車での導入などに取り組む。目指すのは、地域限定の完全自動運転商用化。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
幅感覚は正確 群馬大公道実験

大学や自動車メーカー、IT企業による研究開発競争が激化している自動運転技術。群馬大は2016年に桐生市内で自動運転自動車の公道実証実験を開始し、「次世代モビリティ社会実装研究センター」を拠点に、路線バスや機械式駐車場の駐車での導入などに取り組む。目指すのは、地域限定の完全自動運転商用化。研究は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
金沢大とトヨタ紡織が包括連携 の内装、快適性や安全研究

堀副社長は自動運転や電動化など「CASE」といわれる技術革新について言及し、「自動車業界は100年に1度の大変革の時代にさらされている」と強調した。今後上質な移動空間を提供するために金沢大の幅広い知見を活用し、「工学だけでなく心理学的な空間認識も取り入れた研究活動で新製品開発と社内のイノベーション …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ポルシェ、自動車の管理や制御にブロックチェーン技術を活用–実車で試験開始

自動車の管理や制御にブロックチェーン技術を活用(出典:Porsche). 現在の試験では、アプリを使って自動車のドアをロックしたり解錠したりできる。一時的にを他者へ使わせるようなアクセス認証機能も備える。暗号化されたログデータへのアクセス機能を使えば、新たなビジネスモデルも考えられる。さらに、自動運転機能の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転企業に出資

トヨタ自動車グループの愛知製鋼は27日、自動運転技術を手掛けるベンチャー企業の「先進モビリティ」(東京)の第三者割当増資を引き受け、3億円を出資すると発表した。出資比率は非公表だが2割弱とみられる。 両社はこれまで磁気センサーを活用しての走行位置を把握する技術を共同で研究していた。資本提携で関係 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
電気自動車の未来にワクワク感はある? デーブ・スペクターが100%EVの新型「日産リーフ」に出会った

… ガソリンやディーゼルの販売を禁止する国が現れるなど、“クルマ、脱石油”の流れは確実。そこで次世代の主流を担おうとしているのが電気自動車(EV)です。 そして、新たな動力源とともに注目を集める「自動運転技術」も日々進化しています。将来の「完全自動運転」実現に向けた、運転支援技術からも目が離せません。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
コネクテッドカー(乗用車)、2035年に1億台超

富士経済は、自動運転技術との融合が進むコネクテッドカーやサイバーセキュリティに対する取り組み、AI(人工知能)と自動車の関連性、テレマティクスサービスなど、35品目の市場について調査し、将来の市場を予測した。 調査による … 今後はエンベデッド型が大衆クラスにも普及し、市場が急速に拡大するとみられている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
株式投信50日連続の資金流入 株安で、次世代技術にも関心

純流入額は3兆8000億円に達し、11年4~7月の53日間で集めた2兆2300億円を大きく上回った。日経平均株価が1月の高値から一時10%超下げ、その後も戻りが鈍いことから、個人投資家が好機とみて国内株型の投信などを買っているようだ。 人工知能(AI)や自動運転車、ロボットなど次世代技術を手掛ける銘柄に投資 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
トヨタがアマゾン他と提携自動運転車の宅配・宿泊サービスを本格始動!

トヨタ自動車は今年1月、米ラスベガスで開催された国際家電見本市「CES(コンシュマー・エレクトロニクス・ショー)で、移動・物流・物販・宿泊など多目的に使える自動運転の電気自動車(自動運転EV)「イー・パレット・コンセプト」を初公開。ネット通販大手Amazonや、ライドシェア大手のUber(ウーバー)などと提携して、自動 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、自動運転AIで新会社 都内に1000人規模

トヨタ自動車は2日、デンソー、アイシン精機と共同で人工知能(AI)など自動運転技術を開発する新会社を設立すると発表した。技術者を中心に1000人規模で今後数年で3000億円以上を投資する。トヨタは2020年から自動運転車の本格投入を始める計画。国内外の技術者を大量採用してAIの応用技術やソフトウエアなどの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産とDeNAの「イージーライド」に試乗、クルマ×ITは次世代へ

翌年にはフランスのITベンチャー「イージーマイル」(Easymile)と提携し、同社の無人運転小型バス「EZ10」に「ロボットシャトル」という名を与え、国内各地で実証実験を始める。続いて物流大手のヤマト運輸とも手を結び、「ロボネコヤマト」というネーミングで、自動運転社会を見据えた次世代物流サービスの実現を目指すと発表 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「群馬大と三井住友銀行が自動運転車の地域活用で連携 次世代モビリティサービスを開発 ITmedia」など、2018年2月19日     ニュース

ニュース
群馬大と三井住友銀行が自動運転車の地域活用で連携 次世代モビリティサービスを開発

これまで群馬大学では、2016年10月から群馬県桐生市内で自動運転車の公道実証実験を開始したことをきっかけに、同年12月に「次世代モビリティ社会実装研究センター」を設置し、限定地域での完全自動運転商用化を目指すなど、関連分野の企業や自治体などと連携しながら、次世代モビリティシステムの社会実装に向け …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Safety 最新技術から業界を取り巻く状況まで 安全装備、まるごと。

自動運転技術の発展が安全性を高めることに繋がるこれは、トヨタの子会社で人工知能などの研究開発を行う「TRI」が2018年1月に発表した自動運転実験。外周360度の認識が可能で、これまで検知が難しかった暗い色にも対応している。このような自動運転技術の進化がクルマの安全性を高め、ドライバーがより少ない …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【テーマ投資】目前に迫る自動運転社会、自動運転関連銘柄で注目企業はどれか

また、すでにレベル1と言われる運転支援システム搭載が登場している中、今後レベル1の車種の急速な普及に加え、レベル2(部分的自動運転)の普及、レベル3(条件付き自動運転)の登場と普及、そして2030年までにはレベル4(完全自動運転)の登場も予測されています。 自動運転には自動車本体の技術は言うに及ば …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NTT、自動車内の音声操作やコミュニケーションを快適にする集音技術を開発

NTTでは、様々なパートナーとのコラボレーションを通じ、コネクテッドカーや自動運転車など未来の自動車がより豊かな体験を提供できるような技術開発に取り組んでまいります。 なお、本技術について、2018年2月22日〜23日開催の「NTT R&D フォーラム 2018」にて展示いたします。 ※1 EUでは緊急通報システム「eCall」 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
実験が始まった「あらゆる情報とつながるクルマ」の正体

2020年代を視野に入れた重点研究開発テーマは自動運転、電動化、コネクティビティだといわれている。コネクティビティとは、いわゆる“つながるクルマ”だ。外部と高速データ通信できる機能を備え、必要な情報にアクセスしてクルマ単独ではできないことを実現させるという意味である。この分野の技術革新は目覚ましく、欧米 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
フォルクスワーゲン、電気自動車はAppleのデザイン哲学を参考に?

現在、電化の時代へ向けてフォルクスワーゲンの価値を再定義しているところだ」と同社のブランドデザインを統括するクラウス・ビショフ氏はインタビューでコメントしています。 電気自動車では遅れをとっているフォルクスワーゲンですが、2022年までに電気自動車事業、自動運転車技術、デジタルモビリティ事業にグループ全体 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
センシング技術の先端 – 日立オートモティブシステムズ 工藤真氏[インタビュー]

自動運転の本格普及が始まろうとしているいま、長く日本のADAS(運転支援機能)の進化を支えてきた日立オートモティブシステムズ。 … 工藤:両目ですと三角法で距離が簡単に出ますけれども、例えば片目ですと、のサイズがあらかじめ分かっていれば大きさを把握して距離を理解することができますが、のサイズが想定 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AIセミナーの応募倍率は7倍、デンソーがシリコンバレー対抗

自動運転技術開発プロジェクトに必要なAI人材は、常に足りていないのが現状だ」。こう話すのはデンソーの川原伸章先端技術研究所長だ。 自動車メーカーで人工知能(AI)に強い技術者の獲得に乗り出しているのは、トヨタ自動車のような完成メーカーだけではない。同社も「AI人材」の争奪戦に名乗りを上げた1社である。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
統合センサーの開発が続々、多種使い分けは少数寡占へ

自動運転向けに車両の周囲を認識するセンサーの開発が、新たな局面を迎えている。カメラ(CMOSイメージセンサー)、LiDAR(Light Detection and Ranging)、ミリ波レーダー…。多様なセンサーを組み合わせる現行手法に対して、次世代を見据えた技術が、この1年ほどの間に相次いで登場した。主には米国やイスラエルの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
AIセミナーの応募倍率は7倍、デンソーがシリコンバレー対抗

自動運転の技術開発プロジェクトに必要なAI人材は、常に足りていないのが現状だ」。こう話すのはデンソーの川原伸章先端技術研究所長だ。 自動車メーカーで人工知能(AI)に強い技術者の獲得に乗り出しているのは、トヨタ自動車のような完成車メーカーだけではない。同社も「AI人材」の争奪戦に名乗りを上げた1社である。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
【テーマ投資】目前に迫る自動運転社会、自動運転関連銘柄で注目企業はどれか

また、すでにレベル1と言われる運転支援システム搭載が登場している中、今後レベル1の車種の急速な普及に加え、レベル2(部分的自動運転)の普及、レベル3(条件付き自動運転)の登場と普及、そして2030年までには … 同社子会社と、未上場ながら世界的な注目を浴びる自動運転システム開発会社のZMPが提携
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「【岩貞るみこの人道車医】自動運転は「医者」を動かすか「患者」を動かすか レスポンス」など、2018年2月15日     ニュース

ニュース

【岩貞るみこの人道医】自動運転は「医者」を動かすか「患者」を動かすか

効果の期待できないサービスに対して、日本を代表するような技術者が時間を無駄に費やそうとしていたのかと思うと、彼らの雇用主はなにやってんだと、まさにハリセンでひっぱたきたい思いだ。もっとちゃんと市場ニーズを分析してサービスを提案できるプロといっしょに仕事させて実力を発揮させてあげようよと心の底から思った …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

グーグルとウーバーの和解が成立、自動運転技術の盗用問題

グーグル(Google)の自動運転車開発部門、「ウェイモ」が、ウーバーとその子会社を、「自動運転技術の盗用があった」と訴えている問題。この問題に関して、和解 … ウェイモは「ウーバーは、アンソニー・レバンドウスキー氏が持ち出した技術を導入して、自動運転の開発を進めている」と、ウーバーを提訴。一方のウーバーは、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

自動運転車に交通情報

政府は2018年度から自動運転車向けに交通情報を提供する。信号機に取り付けた通信機や交通管制センターから、に信号の色や色が変わるタイミングを伝える。現行の自動運転技術はカメラなどで信号の色を識別しているが、逆光時などに正確に検知できないといった課題があった。民間への情報提供を進め、自動運転の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

自動運転バス 過疎地の足に育てたい

国交省は東京五輪・パラリンピックが開催される2020年までに初歩的な自動運転技術を確立することを目指している。具体的には、(1)過疎地など限定された場所での無人自動走行(2)高速道路で有人の先頭に無人のが追随する自動走行―が目標だ。 業界は開発にしのぎを削っている。日米欧などの自動車メーカー …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

深層断面/自動運転、悪天候にどこまで耐えうるか 雪道実証進む

自動運転技術の研究が進んでいる。大手自動車メーカーなどが巨額の費用を投じて研究開発しており、人による運転が不要な完全自動走行が2020年代にも登場する見通しだ。自動運転を実現するには、悪天候でも正しく道路状況や歩行者などを認知、判断し、的確な操作が求められる。折しも国内では北陸、北日本を中心 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

ホンダ、次世代技術開発でVB協業加速 運転者向けアプリ、新興国で採用検討(動画あり)

スマホを介してさまざまな機能をに付与できるアプリとして、新興国向け車両への採用を検討する。 自動運転やシェアリングなどの次世代技術の開発を巡り、自動車メーカーとベンチャー企業が連携する動きが世界的に広がっている。人々のに対するニーズもさらに変化することが予想される。 杉本CEOは「我々が協業 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

ロモの新しい折り畳みカメラは、「正方形写真」の新たな境地を開いた:『WIRED』US版レヴュー

クルマ自動運転ソフトウェアに関していえば、バイトンは正しい動きをとっている。自動運転技術を手がけるスタートアップのAurora Innovation(オーロラ・イノヴェイション)と提携を結んだのだ。 オーロラは、グーグルがつくり上げてほぼ10年が経とうとしているこの分野へ、新たに参入した自動運転技術のスタートアップだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

ケーヒン、台場R&Dオフィス開設へ パワートレイン電子制御領域の開発強化

ケーヒンは、こうした背景を受け、エンジンの提案型・上流化開発や次世代電動の制御技術の構築など、電子制御領域の開発を強化。さらに、自動運転やコネクテッドカーなど新たな領域に関するリサーチおよび技術イノベーションを強化していく。その環境づくりのため、現在、本社(東京都・新宿)でエンジンのソフトウェア開発 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

平昌五輪の裏で起きている「通信競争」

韓国は、今回のオリンピックのテーマとしてドローンでの警備や、AI搭載の各国語通訳ロボットガイドを投入するなど、高度な情報通信技術を駆使した「ICT … 携帯電話をはじめ、ロボットや自動運転車、医療機器、多数のセンサーなど、あらゆるものがインターネットにつながり、人を介さずデータをやりとりできるようになるが、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

車載セキュリティを2020年以降に製品化、パナソニックとトレンドマイクロ

パナソニックとトレンドマイクロは2018年2月14日、自動運転車やコネクテッドカー向けのサイバーセキュリティソリューションを共同開発すると発表した。 … また、車載LAN規格として広く利用されているCANへの侵入を検知、防御するパナソニックの技術を監視用ECUに実装し、車両制御に関するECUへの不正コマンドを検知 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ウェブ

【岩貞るみこの人道医】自動運転は「医者」を動かすか「患者」

【医】技術が先か、サービスプランが先か 2018年2月5日。今年度第2回、内閣府SIP自動走行システム主催の市民ダイアログが開催された。今回のテーマは「未来社会とMaaS(Mobility as a Service)」である。いくら技術が進歩して完全自動運転の未来になっても、それを使ったサービスが展開されなければなんの意味もない。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース

自動車車両の損害額確定にAIを活用、三井住友海上火災保険

三井住友海上火災保険は、東京大学発のベンチャー企業であるArithmerと人工知能(AI)に関するアドバイザリー契約を締結した。両社は今後、共同でAI開発に … 両社の共同取り組みの第一弾として、自動車の事故画像を読み込み、損傷部位や損傷程度を瞬時に判定するAIシステムを開発した。三井住友海上火災保険は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース

「本当のスマートカー」をつくるという、中国EVブランドの挑戦 米企業との提携でテスラを超えられるか

中国の自動車ブランド「BYTON(バイトン)」が、自動運転システムを開発する米スタートアップのオーロラとの提携を発表した。 自律走行の世界への参入は遅いように見えるが、実は先行するテスラのような競合との戦いに有利に働く可能性もある。先端的な自動運転技術を搭載した電気自動車(EV)を展開しようとする、両者 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

ウェイモとUberの電撃的な和解が意味するもの 自動運転の世界に訪れた「新たな時代」の幕開け

2月9日の朝、昇ったばかりの太陽を尻目に、黎明期の自動運転業界は新しい時代に突入しようとしていた。サンフランシスコの連邦地方裁判所判事ウィリアム・アルサップは、法壇から「この訴訟はすでに過去の歴史となりつつあります」と語りかけた。 自律走行を巡る初の大型裁判として注目されたウェイモ(Waymo)とUber …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

ロモの新しい折り畳みカメラは、「正方形写真」の新たな境地を開いた:『WIRED』US版レヴュー

クルマ自動運転ソフトウェアに関していえば、バイトンは正しい動きをとっている。自動運転技術を手がけるスタートアップのAurora Innovation(オーロラ・イノヴェイション)と提携を結んだのだ。 オーロラは、グーグルがつくり上げてほぼ10年が経とうとしているこの分野へ、新たに参入した自動運転技術のスタートアップだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「100台の自動運転車が接続しても、ネットワークの通信遅延を100m秒以下に――NECが自動運転向け … @IT」など、2018年2月6日     ニュース

ニュース
100台の自動運転車が接続しても、ネットワークの通信遅延を100m秒以下に――NECが自動運転向け …

NECは2018年2月5日、自動運転車向けに、「複数の無線通信端末の間で、帯域や通信時間などの無線リソースを無線基地局から端末の緊急度に応じて調整する」適応ネットワーク制御技術を発表した。多数の無線通信端末が存在する不安定な通信環境でも、自動車にリアルタイムな周辺情報の共有を可能にする。 同技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Continental と NVIDIA、世界規模での AI 自動運転車の生産実現に向け協業

高度運転支援システムにおける Continental の専門知識によって、多機能カメラ、サラウンド ビュー付き魚眼カメラ、短距離および長距離レーダー センサー、高解像度 3D Lidar技術に加え、支援運転・自動運転向け中央制御装置が統合されます。Continental の高度運転支援システムの売上は 2016 年に 12 億ユーロを突破 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ソウルから平昌まで190kmを自動運転、ヒュンダイの次世代燃料電池が成功

このデモンストレーションに使用された自動運転車には、さまざまなカメラとLIDARを搭載。また、自動運転車は大量のデータを処理するため、多くの電力が必要。燃料電池は、燃料電池スタック内の水素と酸素との反応によって電気を生成することができる。ヒュンダイは、自動運転の試験に最適なモデルになる、としている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
はシェア時代へ 自動運転とコネクテッドが後押し

自動運転技術の開発競争は、コネクテッドカー開発とオンデマンド配車ビジネスを巻き込んで、新しいモビリティービジネスの構築を目指すステージに進みつつある。日経BPクリーンテック研究所では、自動運転・コネクテッドカー開発に取り組む世界のイノベーティブな先端企業55社に着目し、その技術開発の動機付けとなる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NEC、周辺情報をリアルタイムに共有できる適応ネットワーク制御技術を開発…自動運転実現に貢献

NECは2月5日、自動運転においてリアルタイムに周辺情報を共有可能とする適応ネットワーク制御技術を開発したと発表した。 昨今、自動車の自動運転に加え、工場・倉庫の搬送や検査・宅配のためのドローンを対象とした自動運行の開発が加速。モバイルネットワークを活用して位置情報やカメラ画像などの周辺情報を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
公道で右折、信号停車 春日井で無人運転実験

県は五日、運転席にドライバーが座らず、人工知能(AI)が走行を制御する自動運転車の実証実験を、春日井市で実施した。県は昨年十二 … 運転席に人が座らず、AIに操作を任せる走行は「レベル4」と呼ばれる最高の自動運転技術。県は二〇一八年度、複数台の自動運転車を公道で同時に走行させる実証実験に乗り出す。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米ウーバー、自動運転技術盗用を否定 グーグル系ウェイモと初公判

O>傘下グーグル系のウェイモが自動運転技術の盗用で米配車大手ウーバー・テクノロジーズ[UBER.UL]を提訴した裁判の審理が5日、始まった。ウーバー側は盗用はなかったと主張した。 自動運転開発会社のウェイモは、同社の元エンジニア、アンソニー・レバンドウスキ氏がウーバーに移る前の2015年12月に、自動運転車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転時代の近未来、移動シーンはどう変わるか…MaaS 市民参加ディスカッション

東京都内の東京大学生産技術研究所で2月5日、「未来社会とMaaS ~これからの移動を実現するサービス~」と題したディスカッションが行われ、SIPメンバーや … さらに、クルマ自動運転も、ただA地点からB地点へ最短距離で行くだけでなく、道路の混雑状況や飛び出しリスク、料金といった条件に最適なルートを選定し、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産、中国全ブランドにプロパイロット…2019年から自動運転レベル2導入へ

プロパイロットは、高速道路の同一車線で使える自動運転技術。まずは2016年8月、日本国内向けの新型『セレナ』に採用された。プロパイロットは、高速道路の単一車線での自動運転技術で、渋滞走行と長時間の巡航走行の2つのシーンで、アクセル、ブレーキ、ステアリングのすべてを自動的に制御し、ドライバーの負担を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NEC、産総研、理研がAI研究で連携、基盤技術開発から実用化までを一貫で加速

また、個別システムのスマート化の進展により求められる「自律型AI間の協調」については、自律制御システム間で、譲る、分担する、融通するといった、AI同士が自律的に協調を行う技術を研究する。この技術により、自動運転車など自律型の機器が出現し、社会システムにこれらが組み込まれる際に、人間が制御するよりもより …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
素材各社・クルマ攻略(上)「餅は餅屋」に 材料売りからの“脱却”へ

素材業界が、自動車分野を中心にバリューチェーンの上流を目指している。三井化学が1月に試作や金型製造など開発支援のアークを買収するなど、各社は材料売りからの脱却をもくろむ。コスト面で優位な中国や中東、米国と同じ土俵で戦っても勝ち目はない。一方、自動車業界も100年に1度の変革期を迎え、産業構造の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
コンチネンタルとNVIDIA、自動運転システムの開発で提携

ContinentalとNVIDIAは米国時間2月5日、自動運転車開発に関する戦略的提携を締結したと発表した。「NVIDIA DRIVE」プラットフォームをベースとした自動運転システムを開発し、2021年に市場投入を目指す。目標は、購入者のニーズに応じてSAEのレベル2〜レベル5に対応し、自律性という面でスケーラブルなコンピュータ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
はシェア時代へ 自動運転とコネクテッドが後押し

自動運転技術の開発競争は、コネクテッドカー開発とオンデマンド配車ビジネスを巻き込んで、新しいモビリティービジネスの構築を目指すステージに進みつつある。 … 社に着目し、その技術開発の動機付けとなるビジョン、製品開発や実証テストなどの活動実績、そして買収や出資、業務提携などの協業関係を調査してまと…
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ウェブ
コンチネンタルとエヌビディアが提携…完全自動運転システムを2021年導入へ

今回の提携により、レベル2の部分的な自動運転から、ステアリングホイールやペダルがないレベル5の完全自動運転まで、AIコンピュータシステムの生産が可能になるという。 コンチネンタルとエヌビディアは、高速道路での車両周辺360度の認識、自動での車線変更や合流など、高度に自動化された運転機能を共同開発して …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「VWとウーバー、自動運転向けにエヌビディアの技術採用 ブルームバーグ」など、2018年1月8日     ニュース

ニュース
VWとウーバー、自動運転向けにエヌビディアの技術採用

グラフィック半導体の米 エヌビディアは、同社の人工知能(AI)に関する専門知識・技術を ウーバー・テクノロジーズとフォルクスワーゲン(VW)が自動運転車の実用化のために採用すると発表した。 エヌビディアの … VWはインテリジェント・コパイロット・システムの開発にエヌビディアの技術を取り入れる。両社が発表した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米ラスベガスで開幕へ 次世代技術競う

日産は、運転手の脳波を測定することで、実際にハンドルやアクセルを操作する前にシステムが作動してイメージ通りの運転を可能にしたり、自動運転時の安全性を高めたりする技術を発表する。トヨタのAI開発子会社は車外の状況を把握するセンサー類を高度化した新しい自動運転実験を公開。自動運転技術やAIの開発を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米家電見本市が9日開幕、つながるやAIに注目

人工知能(AI)を搭載した機器の展示が増えるほか、自動運転やコネクテッドカー(つながる)など自動車関連の技術も多く紹介される。家電業界と他の業界との垣根がなくなり、最新の技術を紹介する展示会としての様相が色濃くなっている。 「1年前は200だった自動運転の協業先が、300以上に増えた」。開幕に先立つ7日、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
現代自、米オーロラと自動運転車を共同開発

現代自、米オーロラと自動運転車を共同開発. 韓国・現代自動車グループは4日、米オーロラと組み、自動運転車を開発すると発表した。2021年までにドライバーが運転に関与しないレベル4(米国基準)技術の実用化を目指す。自動運転技術の実証実験に適した「スマートシティー」を選定して、テスト走行を実施する。 まずは、燃 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタの自動運転テクノロジーは人間を超えた!? 全周囲200mをセンシングする「Platform 3.0」

clicccar.com(クリッカー)
ガーディアン(高度安全運転支援)とショーファー(全自動運転)という2つの方向で自動運転テクノロジーを開発しているトヨタ。北米の子会社で人工知能等の研究開発を担うToyota Research Institute, Inc.(TRI)の開発した次世代の自動運転実験「Platform 3.0」を発表しました。 旧型のレクサスLSをベースとした実験 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ドライバーの脳波を「先読み」してを制御、日産が開発

つまり、自律自動車が路上を走るようになるまで、実際にその技術にお目にかかることはなさそうだ(「完全自律型自動車 2021年に販売開始」を参照)。 それなのに、なぜ関心を集めているのか。自動運転の時代が来ても多くの人々は運転を楽しみたいはずだ。そのとき、より安全な運転のためにこの技術は役立つと日産は主張 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノー・日産・三菱自、新興企業に年230億円投資

仏ルノー・日産自動車・三菱自動車の連合は自動運転などの分野で優れた技術を持つ新興企業を対象とする投資ファンドを設立する。2018年から毎年2億ドル(約230億円)規模を投資する方針だ。同企業連合は2022年までに人が運転に関与しない完全自動運転車を実用化する計画を示しており、投資先の技術を活用して …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NVIDIA、自動車向けARプラットフォーム「Drive AR」発表

こうしたARとしての機能は自動運転技術が進歩することで、カメラによる周辺環境のマッピングや認識が進むため可能になります。 NVIDIAのCEOジェンスン・フアン氏は、「をさらに未来に向けて次のレベルに押し上げることができる」として、この「Drive AR」を紹介しました。具体的に採用される車種などは不明ですが、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
今年のCESの主人公は“スマートシティ”

革新技術展示会」と呼ばれるに相応しい。 今年CESが投げかける話題は「スマートシティ」だ。かつて個人用スマート機器で革新を繰り返し、昨年はスマートホーム、今年はスマートシティにまで拡張された。人工知能(AI)とモノのインターネット(IoT)、5世代(G)通信、自動運転車、ロボットなど、先端技術を組み合わせた結果だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転に光、照明メーカーが次世代ランプ開発に拍車

自動運転の本格化に向け、自動車用照明メーカーが次世代ランプの開発に取り組んでいる。小糸製作所は光線の反射で全周囲の歩行者や車両を検知するランプや、走行状況を光で伝える照明の開発に着手。同様の照明は市光工業も手がけ始めた。スタンレー電気や三菱電機はの動線を路上に照射する技術を開発.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
今年のCESの主人公は“スマートシティ”

かつてテレビ、オーディオなどが主役だったとすれば、自動車、ドローンはもちろん、人工知能(AI)のような先端技術が席巻している。「革新技術展示会」と呼ばれるに相応しい。 今年CESが投げかける話題は「スマートシティ」だ。かつて個人用スマート機器で革新を繰り返し、昨年はスマートホーム、今年はスマートシティにまで …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米ラスベガスで開幕へ 次世代技術競う

開幕に先駆け、中国のEVベンチャー、フューチャー・モビリティーは7日、「バイトン」ブランドで、次世代高速通信や顔認証による解錠、米アマゾン・コムの音声AI「アレクサ」といった最新技術に対応し、音声や手ぶりでカーナビなどを操作できるコンセプト車を公開した。自動運転機能も搭載する。「自動車とIT両業界にまたがった …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車・輸送機 ニュース

自動運転の本格化に向け、自動車用照明メーカーが次世代ランプの開発に取り組んでいる。小糸製作所は光線の反射で全周囲の歩行者や車両を検知するランプや、走行状況を光で伝える照明の開発に着手。同様の照明は市光工業も手がけ始めた。スタンレー電気や三菱電機は車の動線を路上に照射する技術を開発.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
LG電子、ADAS開発で世界大手と提携

韓国のLG電子は、自動運転車に用いる先進運転支援システム(ADAS)に関する次世代技術開発でオランダの半導体大手NXPセミコンダクターズと、ドイツの自動車部品メーカー・ヘラと提携した。 LG電子の「次世代ADASカメラおよび映像認識・制御アルゴリズム」と、NX… 関連国・地域: 韓国/欧州. 関連業種: 自動車・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「AI(人工知能)で実現! 【エレクトロニクス・自動車・工場を進化させるAI技術が出展】 PR TIMES」など、2018年1月5日     ニュース

ニュース
AI(人工知能)で実現! 【エレクトロニクス・自動車・工場を進化させるAI技術が出展】

加えて、工場で生産の異常を検知するAIや、AIを駆使して実現できる自動運転などエレクトロニクス・自動車業界にもAIの進化が見られます。 … 人工知能検査システム AIハヤブサ (株) ミラック光学AI(人工知能)+ 機械学習による検査従来の画像処理ソフトのようにパターンマッチング主体の処理では判断が難しかった検査を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「CES 2018」で、トヨタの人工知能研究開発会社が次世代自動運転実験車「Platform 3.0」を展示

トヨタ自動車の子会社で、人工知能などの研究開発を行なうToyota Research Institute(以下、TRI)は、1月9日に米国ネバダ州ラスベガスで開幕する「CES 2018」において、次世代自動運転実験車「Platform 3.0」を展示すると発表した。 このPlatform 3.0の開発にあたり、TRIは以下の3つの主要なテーマを設定した。 1.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車・輸送機 ニュース

トヨタ自動車人工知能(AI)開発子会社である米トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)は4日、米ラスベガスで9日開幕する「CES 2018」に自動運転の新型研究車両「プラットフォーム3.0」を … 各国の規制を背景に国内外の完成車メーカー各社が電気自動車(EV)をはじめとする電動車の開発を本格化しており、基幹部品の.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AI、自動運転、信頼回復…… 企業トップの言葉から読み解く2018年

技術革新による変化をポイントとして掲げる経営者も多い。三菱商事の垣内威彦社長は18年の経済状況が好調に推移すると考える根拠として、「(米Apple、Googleなどの)巨大ITプラットフォーマーの存在」、電気自動車(EV)や自動運転の開発が進む「自動車業界」、そして「人工知能(AI)」を挙げた。「人類が火や電気を初めて …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車メーカートップが語る2018年の展望と課題とは…天気予報に見立てて

そこで語られた自動車メーカートップの2018年の展望と課題とは。 まずは新春お決まりの2018年を天気予報に見立てるという質問に、トヨタ自動車の豊田章男社長からは「会社からは曇りに晴れを付けておけといわれている。晴れでも良いじゃないの … ただ西川社長は「人工知能がいろんな仕事を速くしている。これは開発にも …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
機械 ニュース

【5軸化など加速/DMG森精機・森雅彦社長】 電気自動車(EV)、人工知能(AI)、高齢社会などの社会変化の中、5軸化、複合化、自動化をさらに進める。周辺機器… 続きを読む · 新菱冷熱、タイのコージェネプラント完成−商業運転を開始. (2018/1/5 05:00). 新菱冷熱工業(東京都新宿区、加賀美猛社長、03・3357・2151) …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
2018TOP年頭語録/DMG森精機・森雅彦社長ほか

(2018/1/5 05:00). 【5軸化など加速/DMG森精機・森雅彦社長】. 電気自動車(EV)、人工知能(AI)、高齢社会などの社会変化の中、5軸化、複合化、自動化をさらに進める。周辺機器… (残り:1,833文字/本文:1,913文字). (2018/1/5 05:00). ※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動運転の主役はやはり自動車メーカー

東京モーターショーの技術展示では、電動化や自動運転が脚光を浴びるだけでなく、クルマの基本性能を高める軽量化技術を提案した足回り関連のサプライヤーにも注目が集まった。 今回の東京モーターショーではトヨタ、日産、メルセデス・ベンツ、アウディ、VWといったメーカーがEVで自動運転のコンセプトカーを出展していた …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、周り360度200mまで認識 自動運転車を開発

トヨタ自動車は5日、外部認識能力を高めた次世代の自動運転実験を開発したと発表した。センサー技術を向上させて車両全周を200メートルの範囲で認識できるようにした。の周囲の物体を正確に検知できるようになり、より安全性の高い自動運転が可能になる。 次世代実験は「プラットフォーム 3.0」という名称。米国に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転元年だ!ラスベガスで「自動運転タクシー」が走る理由[CES 2018]

自動運転車技術を保有するAptivによれば、タクシー配車サービスを提供するLyftとパートナーシップを締結し、CES 2018において「自動運転タクシー」の試験運行を実施する。自動運転タクシーは、CES 2018のメイン会場の1つであるラスベガス・コンベンション・センター(LVCC)のゴールドロットと呼ばれるエリアから出発し、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノー・日産連合、自動運転タクシーでテクノロジー企業との連携模索

日産自は ディー・エヌ・エーと自動運転車両を用いたタクシーの試験走行を横浜で 来年実施し、ルノーは自動運転車両の開発で仏交通サービスのトランスデブと組んでいる。日仏連合は昨年、自動運転車両に最適なバックエンドのクラウド技術の開発に共同投資する 契約を米マイクロソフトと結んだ。 レジック氏は「自動運転車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
360度の障害物を認識 トヨタ、自動運転車「Platform 3.0」を開発

… は、自動運転車のプロトタイプ「Platform 3.0」を、家電見本市「CES 2018」(1月9~12日、米ラスベガス)に出展する。周囲200メートルの環境を立体的に捉えるLIDAR(LIght Detection And Ranging)システムを備え、全方位を認識できる。外観はスマートに仕上げ、自動運転技術の装備もコンパクトにまとめ、複数の実験 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AI(人工知能)で実現! 【エレクトロニクス・自動車・工場を進化させるAI技術が出展】

加えて、工場で生産の異常を検知するAIや、AIを駆使して実現できる自動運転などエレクトロニクス・自動車業界にもAIの進化が見られます。 … の検出速度と精度・悪天候でも、遮蔽物があっても安定検出できるのが特徴で、カメラ画像から、歩行者,各種自動車,2輪,白線,標識等自動運転技術に必須となる物体検出をします。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
VWと現代自、自動運転技術の米新興企業に未来託す

自動運転車の開発競争が繰り広げられる中、ドイツの フォルクスワーゲン (VW)と韓国の現代自動車がシリコンバレーで1年前に創業したばかりの新興企業オーロラ・イノベーションに未来を賭ける。オーロラの創業者には、米グーグルや テスラ で自動運転車の研究を率いた人物が名を連ねている。 オーロラは4日、VWおよび …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産、ドライバーの脳波測定「運転支援」技術開発 自動運転社会に向けて

日産自動車は1月3日、ドライバーの脳波を測定して運転を支援する技術(Brain-to-Vehicle、B2V)を開発したと発表した。同技術は、 … 将来の自動運転社会では、人間はクルマをコントロールしないと考える人が多いかもしれません。しかし、この技術はその反対です」――日産自動車のダニエレ・スキラッチ副社長は述べる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ソフトバンクが目指す自動運転バスのある未来とは、試乗会でみえたもの

試乗会は、三菱地所が丸の内エリアで進める「オープンイノベーションフィールド」の一環で、先進技術やテクノロジーを用いた実証実験を支援する取り組みによるもの … ロボットがこのルートをトレースし、車両に取り付けられた走行用の各種センサーの情報からAIが歩行者や障害物を検知し自動運転を制御するという仕組みだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自律走行のために街を「再発明」すれば、道路は人に優しくなる 米国で動き始めた「新しい都市設計」

どの都市も、自律走行を前提とした将来の街づくりについて、そろそろ考え始める必要がある。そうした目標に向けて、米都市交通担当官協議会(NACTO)は2017年10月末、独自の「約束の地」のヴィジョンを公開した。NACTOは、こうした問題に真剣に取り組む全米60都市の交通計画担当官と技術者からなる組織だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
[FT]独VW、米ベンチャーと探る自動運転の未来

独フォルクスワーゲン(VW)がシリコンバレーの新興企業オーロラと自動運転車の研究開発で提携した。オーロラは米グーグルで自動運転開発の責任者だったクリス・アームソン氏が代表を務める。数々の老舗自動車メーカーが、自動運転の未来に適応しようとテクノロジー産業に期待を寄せているが、今回の動きもその一例だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノー・日産連合、自動運転タクシーでテクノロジー企業との連携模索

三菱自を含む3社は、既に自動運転車の実験を進めている米 グーグルや ウーバー・テクノロジーズのようなテクノロジー企業との協業を望んでいると同氏は語った。 … だろう」と述べた上で、テクノロジー企業にとって自動化技術はあくまで自社の主力事業を強化するものであり、その意味で「提携は可能と考えている」と語った。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ウェブ
ボタンひとつでが迎えに来る? VWが米新興企業と戦略的提携

フォルクスワーゲングループは1月4日、CES 2018の開幕を控えて、オーロラ社との間で自動運転分野における戦略的提携を締結した、と発表した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「AIと生きる/2 自動運転始まる村の「足」 ぬくもりは負けない 毎日新聞」など、2018年1月1日     ニュース

ニュース
AIと生きる/2 自動運転始まる村の「足」 ぬくもりは負けない

玄関から手押しを持ってきて、足の不自由な高齢の乗客に手渡す。「いってらっしゃい」と声をかけ、運転席に戻ると次の停車場所に向かった。 バスやタクシーの運転手は人工知能(AI)やロボットで代替できる可能性が高いといわれる。技術が進歩すれば、都市部でも大勢の人が職を失うかもしれない。ただ、村で自動運転の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
2018急上昇ワード:「無人化ビジネス」仕事奪うパンドラの箱か? 人手不足の救世主か?

自動運転技術ベンチャー「ZMP」は、2020年の「無人タクシー」の実現に向け、2018年は「無人運転の開発を加速させる年」(ZMP担当者)。2017年12月には運転席 … フォー」も米半導体大手のNVIDIA(エヌビディア)と業務提携し、ハンドル、アクセル、ペダルのない完全自動運転車を開発、2018年春に実証実験をするという。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
完全自動運転時代の必須技術!「ダイナミックマップ」の実証実験を開始へ

KDDI株式会社、株式会社ゼンリン、富士通株式会社は26日、完全自動運転車の安全な走行を実現するための必須技術とされる「ダイナミックマップ」について、その … 実証実験においては、KDDIが自動運転車に搭載されたカメラやセンサーによって生成されるデータを確実かつ効率的にアップロードし、専用ネットワークに送信 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
なぜ、EVに本気になったのか? トヨタの答え

2030年に電動を世界で550万台以上販売し、そのうち電気自動車(EV)と燃料電池(FCV)を100万台以上とする。そして、2025年頃までにはエンジン専用をゼロにする──。トヨタ自動車が車両の電動化を加速すると宣言した。エンジンとハイブリッド(HEV)にほぼ絞り込んできたこれまでの戦略を改め、2020年以降 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノーSYMBIOZコンセプトカーに込められたIAVのノウハウ

自動運転車の開発において、IAVはルノーにとってなくてはならない存在だ。ルノーのSYMBIOZ(シンビオズ)コンセプトカーはベルリンを本拠地とするIAVと技術パートナーとして新たな技術のポテンシャルを引き出そうとしている。張り巡らされたセンサー類やインテリジェントなアルゴリズムがSAE レベル4自動運転段階を可能に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【初めてのマイカー】女の5年ローンでポルシェ 928 S4…岩貞るみこ

でも、当時29歳のかけだしジャーナリストゆえ、運転の技術も人格も信用されていない時代に左ハンドルの大きな輸入の広報車両をお借りするにあたり「928に乗って … いや、本当にいけすかない自然人(法律用語で人間のことをこう呼ぶのだと、自動運転システムを語る弁護士先生に教えていただきました)だったと思います。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【平成30年 年頭所感】ベイオーク 代表取締役社長 塩原 淳平

次世代燃料についても、ハイブリッドカー(HV)・電気自動車(EV)・燃料電池(FCV)などが定着し、エンジンのみの車種の販売の終了に向かいつつあります。自動運転技術については、米国で2018年に本格的なサービスが開始される模様の中、法改正など日本での実用化は先の長い話・・・とは言っていられない状況です。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【平成30年 年頭所感】日本中古自動車販売協会連合会・日本中古自動車販売商工組合連合会 会長 …

自動運転や電気自動車など技術革新により、あつかうクルマそのものが常に進化し変化を続けている今、環境に合わせて我々も変わっていかなくてはなりません。そのためには、青年部などの若い方の柔軟な発想が必ず必要になります。若い方が参加し活躍できる組織を目指し、かつあらゆる情報が組織全体に行き渡るよう …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
【2018年展望】EVで未曾有の日本6社連合へ…CACE+A がもたらす自動車産業の激流

こうした4要素に連動するかたちでAI(人工知能)も欠かせない技術要素として脚光を浴び、「CACE+A」という様相となってきた。AIをめぐっては、自動車業界が外部の企業や研究機関との連携で凌ぎを削る展開となっている。「オープンノベーション」を合言葉に、業界は国内外の多くのスタートアップ企業を含め、協業や出資を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
2018急上昇ワード:「無人化ビジネス」仕事奪うパンドラの箱か? 人手不足の救世主か?

ソフトバンクグループの「SBドライブ」も2017年12月に、運転席のない自動運転シャトルバスの試乗会を開いた。東京23区の公道では初めてだった。報道によると、名古屋大学発のベンチャー「ティアフォー」も米半導体大手のNVIDIA(エヌビディア)と業務提携し、ハンドル、アクセル、ペダルのない完全自動運転車を開発、2018 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「【市場をにぎわす5大テーマ】(4)次世代自動車~ニッポン基幹産業でもゲームチェンジ? まぐまぐニュース!」など、2017年12月31日     ニュース

ニュース
【市場をにぎわす5大テーマ】(4)次世代自動車~ニッポン基幹産業でもゲームチェンジ?

それこそ人の操作が不要な「自動」になっている可能性は高いと見られている。もちろん、 … これにともないエンジンがなくなり、電気自動車(EV)が中心の世の中になるのではないかと見られ、株式市場でもEV関連の銘柄が買われた。 … 自動運転にも必要な技術で、道路や歩行者の情報を外から得て事故を防ぐ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
免許証はいらない?自動車業界の重鎮が2050年に消えるものを予言

ドイツのダイムラーが使い始めたと言われており、Connected(つながるクルマ)、Autonomous(自動運転車)、Shared(配車サービスなど)、Eelectric(電気 … そのためには従来のハードを中心としたメカニカル・エンジニアリングに加え、AI・ビッグデータなどのソフトウエア技術、さらにはロボティクスなどの新しい技術で、人に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
三菱電機、「CES2018」に出展

次世代の運転支援技術を搭載したコンセプトカー「EMIRAI4」を紹介・最新のHMI(ヒューマンマシンインターフェース)技術を搭載し、安心・安全・快適なコックピットを実現。 ・広角カメラ型ドライバー … 北米で実証実験中の自動運転技術搭載「xAUTO-US(エックスオートユーエス)」を紹介。 ・自律型走行技術とインフラ型走行 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
免許証はいらない?自動車業界の重鎮が2050年に消えるものを予言

ホンダは2017年1月、米ラスベガスで毎年、開催されている世界最大の家電見本市で、提携先のソフトバンクの人工知能「感情エンジン」を搭載した世界初のコンセプトカーであるEVコミューター「ホンダNeuv(ニューヴィー)」を公開したが、そのコンセプトが端的に次世代のクルマ社会を物語っている。クルマが、所有者や家族と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「自動運転車の安全な走行を実現する「ダイナミックマップ」生成でKDDI、ゼンリン、富士通が共同で実証実験 ITmedia」など、2017年12月27日     ニュース

ニュース
自動運転車の安全な走行を実現する「ダイナミックマップ」生成でKDDI、ゼンリン、富士通が共同で実証実験

KDDI、ゼンリン、富士通は、2018年1月から、自動運転車の走行に利用する「ダイナミックマップ」を生成するために必須となる大容量データの情報収集と、自動運転へのマップ配信技術の実証実験を開始する。 ダイナミックマップは、自動運転や運転支援システムに必要となる高精度の3次元情報を持つデジタル地図。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「日本の自動運転技術は世界最高になり得るのか」デロイトトーマツ周氏が語る…オートモーティブワールド …

毎年規模を拡大して開催しており、前回は世界中から3万4542名の業界関係者が来場した。「カーエレクトロニクス技術展」「EV・HEV駆動システム技術展」「クルマの軽量化技術展」「コネクティッド・カーEXPO」「自動車部品・加工EXPO」の5テーマに、新たに「自動運転EXPO」を加えた6つの展示会を開催する。また業界の第一 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ZMP、第1回 自動運転EXPOに RoboCar MiniVan など出展へ

技術を活用した製品を自動車メーカ/部品メーカ等へ販売している。これまで実験・開発用車両「RoboCarシリーズ」や、ソニー製高感度CMOSセンサを搭載したステレオビジョン「RoboVisionシリーズ」、カメラやレーザセンサなどから周辺環境を把握し、自位置を推定、ステアリングやアクセル・ブレーキの制御を行う自動運転 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
2017年、小沢が面白かったクルマベスト5

というのも、今年後半は東京モーターショーもあって新作「EV(電気自動車)」「セミ自動運転カー」さらに「スポーツカー」の意欲作を楽しみにしていたのに、実際に出てきたのは日産「リーフ」のみ。北米プレミアムEVブランド、テスラ初のコンパクト「モデル3」は出遅れてるし、面白いセミ自動自動運転技術を搭載した市販は抑えめ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
の操作はジェスチャーで、アルプス電気がCES 2018で公開予定

アルプス電気は12月26日、2018年1月に米国ラスベガスで開催されるCES 2018において、自動運転車向けのジェスチャーによる入力技術を初公開すると発表した。 将来の自動運転車に向けて、アルプス電気が提案するのが、静電方式による入力デバイス。これは、ジェスチャーによる運転席周辺の入力操作を可能にするもの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【インタビュー】インテル 執行役員 オートモーティブ担当 大野誠氏に、Intelの自動車向け半導体ビジネス …

買収総額は約153億ドル(日本円で約1兆7442億円、1ドル=114円換算)と巨額の買収劇となったことでも大きな注目を集めたが、それだけの資金を投じて自動運転のキーコンポーネントとみられているコンピューター・ビジョンの技術を手に入れるというのが、Intelの自動運転実現への本気度を示していると業界では考えられて …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【材料】アートSHDなど自動運転関連が軒並み高、KDDIの3次元マップ提携の動きなど受け物色人気再燃

… エレクトロニクス<6769>、アイサンテクノロジー<4667>など自動運転車関連株が軒並み買われている。年末で中小型株物色の流れが強まるなか、内需の材料テーマ株に個人投資家資金を中心とした物色の矛先が向いており、その流れのなか株価面で休養十分な同セクターにも注目が集まった。自動運転技術を巡る世界の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Uber、失敗に終わった自動車リース事業をFair.comに売却か

The Wall Street Journalによると、提携ディーラーを介して中古を無期限でリースするサービスを展開する新興企業Fair.comが、同事業を買収するという(金額 … Khosrowshahi氏は規制当局、ドライバー、乗客との良好な関係の構築に努めつつ、自動運転技術を盗んだとして提訴されている大きな訴訟問題にも対処している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
交通トラフィックを先読みする

日本でいうところの花火渋滞などに備えて、流入トラフィックを別ルートに誘導することもできる。 自動車をデータ通信のパケットに見立てて、最適なルーティングを行うために、ノードや伝送路の情報を活用するといったところだろう。 将来的には自動運転車が主流になるかもしれないといわれる中、こうした技術は都市と移動手段 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車分野・製薬分野が積極採用しているIT人材とは

自動運転など自動車分野の先進技術に興味があったことが志望動機となったこの男性は、好きなことに加えて、英語に堪能。一方、日本語力は会話レベル。海外の協業パートナー/開発拠点との連携がなければプロジェクトを進められないため英語力が当然求められるが、日本語力は必要ないとして採用担当者が条件を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
人工知能が仕事を奪う」に怯えている人たちが、今絶対にすべきこと

今では農業人口はわずか約3%で、近代化の過程でより「食える」産業の綿花・紡績産業、鉄鋼産業、電子機器産業、自動車産業などなどへと労働者が移動していったことはよく知られています。 ですから、人工知能が行う処理がいかに魔法のように見えても、労働市場で実際に起こることは、これまで何度も起こってきた技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
北京市 ハイテク産業推進ガイドラインを発表

北京市政府は26日、「ハイテク産業推進ガイドライン」を発表しました。このガイドラインは、次世代情報技術、集積回路、先端設備製造、医薬保健、省エネ・環境保全、人工知能(AI)搭載型新エネルギー自動車、新材料、人工知能、ソフトウェア・情報サービス、技術サービス業の10分野に対する指針となり、イノベーションによる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
音声認識技術の中心「サウンドバレー」:安徽省

すでに一般家庭のほか、おもちゃ、自動車、会議記録といった分野での応用が進んでいます。 人工知能と産業との融合・応用は、仕事や日常生活を便利にするだけでなく、効率の向上や、手作業からの解放といった面で、実体経済の発展を促しています。 合肥ハイテク区の責任者によりますと、「サウンドバレー」は1000億元の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
【材料】アートSHDなど自動運転関連が軒並み高、KDDIの3次元マップ提携の動きなど受け物色人気再燃

アートスパークホールディングス<3663>が一時6%高、ゼンリン<9474>も4%近い上昇をみせたほか、モルフォ<3653>、ベリサーブ<3724>、ザインエレクトロニクス<6769>、アイサンテクノロジー<4667>など自動運転車関連株が軒並み買われている。年末で中小型株物色の流れが強まるなか、内需の材料テーマ株に個人 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「アウディが先陣、自動運転車が「レベル3」になると何ができる? 投信1」など、2017年12月20日     ニュース

ニュース
アウディが先陣、自動運転車が「レベル3」になると何ができる?

また、の長距離運転には“疲れ”がつきものです。また、運転者は運転に集中しなくてはならず、スマホなどを見ることはできません。このことが自動車で移動することの大きなハードルとなっているのではないでしょうか。 そこで期待されるのが、今、話題となっている「自動運転技術」です。ただし、スマホを見ながら移動するため …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
平昌五輪に合わせ自動運転のFCV披露 高速道路走行=現代自

これらのは、米自動車技術者協会(SAE)が定める自動運転技術区分で最上位のレベル5に次ぐレベル4を満たしている。レベル4は限定条件の下でドライバーが運転に関与せず、システムがの速度と方向をコントロールする段階で、ドライバーが必要ない無人自動車を意味するレベル5とともに完全自動運転に分類され …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
オートリブの最新自動運転車、ディープラーニングで乗員を理解…CES 2018で公開予定

スウェーデンに本拠を置き、自動運転技術などを手がけるオートリブ社は12月19日、米国ラスベガスで2018年1月に開催されるCES 2018において、最新の自動運転車の研究開発車両「LIV 2.0」を初 … 具体的には、車両の頭脳が、ドライバーや乗員の声や手の動きを追跡することにより、ドライバーや乗員の気持ちを理解。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
無人の電動カートがお迎え…公道で自動走行実験

国立研究開発法人「産業技術総合研究所(産総研)」(東京都)が手掛ける実験で、県内外で実験を重ね、2020年の実用化を目指す。愛知県や東京都では14日、公道での自動運転システムの実証実験が行われたが、人が全く乗っていないが公道を通って利用者を迎えに行くのは、輪島での実験が国内初めてという。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
『ニッサン・エクストレイル』特別仕様運転支援システムを標準化。価格は280万円から

エクストレイル』は、発売以来、高い走行性能を兼ね備えた本格SUVとして、お客さまから好評を得ています。また、本年搭載した、高速道路同一車線自動運転技術の“プロパイロット”は、幅広いお客さまにご愛用いただいています。 今回発売する特別仕様“20Xi”、“20Xi HYBRID”は、ガソリンの“20X”、およびハイブリッド …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NVIDIAがAIで目指す未来の姿 – GTC Japan 2017基調講演レポート

12月12日と13日の2日間にわたって、NVIDIAが技術者向けイベント「GTC Japan 2017」を開催した。 … AIは、自動運転車や産業・福祉ロボットのような未来を実現する技術だ。AIが活用される … 自動運転車はソフトウェアによって定義され、NVIDIAでは「NVIDIA DRIVE」と呼ばれる自動運転アーキテクチャを開発している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ボルボの自動運転実証実験「Drive Meプロジェクト」、予想以上に問題解決に時間が掛かっているため4年 …

ボルボの自動運転車の実証実験計画「Drive Meプロジェクト」が足踏み状態となっている。同社は、100台の自動運転車をスウェーデンで展開するというこの計画を4年先送りするとし、技術がまだ万全でないことを認めた。ボルボによれば今後4年間で、ドライバーのいないクルマに搭載された自動運転テクノロジーと人々がどう …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
韓国、すぐ金になる技術ばかり好む…長期投資に出なければ

自動運転車のカメラとレーダー、ライダセンサーは運転者の知覚能力に代わる核心部品だ。それだけ重要だが韓国の技術が最も遅れている分野だ。人の目のように周辺環境を把握する前後方カメラセンサーはイスラエルのモービルアイの製品を装着した。ゼロシャトルの4つの角に取り付けられた触覚形の装置には光で距離を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
未来を先取り!? 夢のコンセプトカーが集結!

会場には、近未来を予見するかのようなコンセプトカーが続々登場。トヨタからは“未来の愛車”を目指し提案する「TOYOTA Concept-愛i(コンセプト・アイ)」シリーズの最新モデルが登場。ドライバーの感情認識や嗜好推定を行う技術自動運転技術を組み合わせ、ユーザーの安心・安全と気持ちを先回りした提案が行えるように。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米運送大手UPS、Tesla発表の電動トラック125台を予約

トラックはTeslaの発表していた「Tesla Semi」で、完全な電気自動車ゆえの機能性や同社の得意とする自動運転技術などが費用とCO2排出量の削減につながることが期待される。 Teslaによれば、カーゴなしのSemiは停止状態からわずか5秒で約100km/hに到達するほどのトルクをもち、通常のディーゼルエンジンの15秒 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ウェブ
伊マニエッティ、将来の自動運転向け技術をCES 2018で初公開予定

イタリアの自動車部品大手、マニエッティマレリは12月19日、米国ラスベガスで2018年1月に開催されるCES 2018において、将来の自動運転向け技術を初公開すると発表した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
Waymo、自動運転車の乗客に保険を適用へ–オンデマンド保険のTrovと提携

Waymoは米国時間12月19日、同社が開発している自動運転のミニバン「Chrysler Pacifica Hybrid」の乗客に保険をかけるため、オンデマンド保険の新興企業であるTrovと提携すると発表した。Trovは設立からわずか5年ほどだが、今後は同社がWaymoの自動運転車の乗客に保険を提供する。保険の対象としては遺失物や、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「日産とDeNA、一般參加できる自動運転タクシー実験を2018年3月に実施。事前登録受付中 Engadget 日本版」など、2017年12月6日     ニュース

ニュース
日産とDeNA、一般參加できる自動運転タクシー実験を2018年3月に実施。事前登録受付中

日産自動車とDeNAが、自動運転車両を利用した配車サービスの実証試験を、2018年3月5~18日の期間限定で実施すると発表しました。試験を実施する区域は横浜市みなとみらい … 自動運転技術を使うこの実証試験にわれわれ一般人が参加するには、まず事前登録が必要です。受付はすでに始まっており、2018年1月15 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
運転手いない遠隔型自動運転、14日初の公道実験

愛知県は、運転席にドライバーが乗らない自動運転の実証実験を14日に同県幸田町で行う方針を決めた。警察庁によると、公道で遠隔制御の自動運転車を走らせるのは全国初という。県は、自動運転技術の実用化に向けた一歩とする考えだ。 実験は、3次元地図の作製に強いアイサンテクノロジー(名古屋市)、名古屋大学発 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
“地域限定”群馬大で研究進む 路線バスや駐車場、生活圏内のニーズに対応 /群馬

今月2日、前橋市荒牧町の群馬大で開かれた、自動運転技術に関するシンポジウム。群馬大の … 自動運転の研究は、大学や自動車メーカー、IT企業などが取り組んでいる。小木津氏によると、自動車メーカーが進めているのは主に、前橋や東京、北海道など全国のどこでも機能する自動運転技術の研究。しかし、地域 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【インタビュー】“空気を読む”AIを目指す…ホンダ AI研究開発グループ 安井裕司氏

自動運転の実現に向けたAI技術を読み解くため、業界のキーパーソンに各社の取り組みについて話を聞いた。第1回目となる今回は、本田技術研究所 四輪R&Dセンター 統合制御開発室 ADブロック 自動運転用AI研究開発グループ グループリーダの安井裕司氏。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米・GMが小型EVによる「完全自動運転」タクシーサービスをニューヨーク市内で実証へ

clicccar.com(クリッカー)
米GMが2019年をめどに、米国の複数の都市で同社製の無人自動運転車を使ったタクシーサービスを開始するそうです。 … 一方、米アリゾナ州フェニックスではGoogle系の「ウェイモ(Waymo)」が同様のサービスを既にスタートさせていますが、GMとしては技術的難易度や需要度がより高い大都市でのサービスを目指してい …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「匠の技」頼みの日本自動車メーカーの危機—— VRでの新車開発でドイツに完敗

シーン」とは映画の場面と同じ意味で、開発段階でクルマのソフトウエアにあらゆるシーンを覚え込ませて、判断できるようにするのだ。 これが完全自動運転のレベルになると、億単位のシーンを想定しなければならなくなる。とても実車を使った開発は到底無理だ。もし、VRを使わなければ技術完成までに100万年かかるといった …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
オン・セミコンダクター、車両の電動化などに向けた事業戦略記者説明会

オン・セミコンダクターは12月5日、自動車向けソリューションを中心とした同社の事業戦略についての説明会を開催した。 同社は半導体技術を使いながら、自動車の電装化や自動運転、ロボット化する産業機器、IoTを牽引する通信などの分野に注力してビジネスを展開している企業。 説明会にはオン・セミコンダクター …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【高論卓説】欧米で過熱化する「自動車2.0」 (1/2ページ)

11月末の米サンフランシスコには、ゼネラル・モーターズ(GM)の「インベスターズ・ディ」に世界の投資家が集結した。同社の成長戦略の要である自動運転技術のお披露目やビジネスモデルの発表に加え、買収した自動運転のソフトウエア開発会社クルーズ・オートメーションが手掛けるレベル4(高度自動運転)の自動運転車の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アウディ、AI導入のカメラ開発—レベル3自動運転でも人工知能は必須

アウディが今回発表した単眼カメラは、車両の周囲の状況を正確に把握することを可能にする技術。このカメラは、車両前方約120度の範囲を対象に、解像度1.3メガピクセルの画像を1秒間に15枚撮影する。この画像 … 新型アウディ『A8』が搭載するレベル3の自動運転でも、人工知能が必須のテクノロジーになる、としている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
フォード、中国で50車種投入 25年までに

電気自動車(EV)かハイブリッド(HV)で15車種以上、多目的スポーツ(SUV)で8車種を発売する。19年末までに中国で販売する全ての新車に通信機能を … 中国ネット大手、百度とは自動運転技術を開発しているほか、中国の中堅自動車メーカー、衆泰汽車(浙江省)とはEV合弁を設立し、新工場を建設する計画もある。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
アウディ、AI導入のカメラ開発—レベル3自動運転でも人工知能は必須

アウディ、AI導入のカメラ開発—レベル3自動運転でも人工知能は必須 … アウディは12月4日、米国カリフォルニア州で開幕したNIPS(神経情報処理システム)カンファレンスにおいて、人工知能(AI)を用いて極めて精密な3D環境モデルを構築 … アウディは前回の2016年、自動車メーカーとして初めて、NIPSに参加している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
GM、電子商取引に参入 車載画面で注文、予約

車でのECを巡っては米IT大手アマゾン・コムが来年から米欧で、ドイツ自動車大手BMWに音声を使った人工知能サービスを提供する予定で、自動車メーカーとIT企業が連携したサービスが広がりそうだ。 ロイター通信によると、EC開発に当たり米IT大手IBMと協力。利用者に手数料や通信費はかからず、ECに参加する業者 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【トップ近況】日本損害保険協会・原典之会長、自動車保険に大きな変化予想「環境整備を一層加速していく」

日本損害保険協会の原典之会長(62)は「今まで以上にフォワードルッキング(先読み)な視点で環境変化に対応することが必要だ」と語る。協会創立100周年を迎え、さらなる業界の発展を目指す。 人工知能(AI)やビッグデータ、自動運転車といった技術の進歩で主力の自動車保険などに大きな変化が予想される。各社が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「自動運転車を地域の足に 進む高齢化社会 各地で実験 神戸新聞」など、2017年11月25日     ニュース

ニュース
自動運転車を地域の足に 進む高齢化社会 各地で実験

全国的に高齢化や過疎が加速し、バスやタクシーなどのドライバー不足も進む中、「自動運転車」への注目が高まっている。兵庫県内でも神戸市や赤穂市で関連する実験が行われ、淡路市でも来春、実施を予定している。国は東京五輪が開かれる2020年までの実現を目指すが、暮らしに身近な存在になるには、安全性や法 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
未来の駐車、室内から 自動運転で入出庫目指す 群馬大、産学で研究

自動運転技術を研究している群馬大は、立体駐車場などの機械式駐車場管理の大手、新明和工業(兵庫県宝塚市)と、自動運転を駐車場から出し入れするシステムの研究開発に取り組む。実現すれば、利用者がマンションの部屋の中からスマートフォンでを出庫させて玄関前で乗車したり、帰宅時に自動で入庫し …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
現代モービス、低コストの自動運転支援 バック簡単に

【ソウル=山田健一】韓国現代自動車グループの中核部品会社、現代モービスは、新型の自動運転支援技術を開発したと発表した。クルマをバックさせる際、運転手がハンドルを握らなくても前進時にたどった道を自動的に逆進してくれるようにした。高価なセンサーを車体に追加することなく、ソフトウエアの改良だけで実現できる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転技術普及に備え 姫路・日本工科大で講座

将来的な自動運転技術の普及に備え、整備士らが技術の仕組みを学ぶ講座が24日、兵庫県姫路市兼田の日本工科大学校であった。自動運転の研究に取り組む群馬大学の小木津武樹准教授が「無人運転を2020年度に商用化したい」と話した。 県内の整備士や同大学校の学生ら約30人が参加。 同准教授によると、自動 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
リズム時計、車載カメラ部品増産

リズム時計工業は自動運転車の普及で需要が拡大する車載カメラ部品などを増産する。約28億円を投じて子会社の東北リズム(福島県会津若松市)に新たな工場棟を建設し、生産能力をほぼ2倍に引き上げる。時計部品などの製造で培った精密加工技術を生かして2014年に車載カメラ部品に参入しており、受注が伸びている …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ジェイテクト、秋田にIT開発センター

ジェイテクトは24日、秋田市に自動車部品のソフトウエア開発を担う「ジェイテクトIT開発センター秋田」を開いた。自動運転などの次世代開発を巡っては自動車や電機、IT(情報技術)業界で人材の奪い合いとなっている。ジェイテクトは自治体が地元での就業機会の創出に熱心で、IT人材の層も厚い秋田県に着目した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
アスクメルセデス…メルセデスが AI による自動会話サービス導入

メルセデスベンツは11月22日、人工知能(AI)によるチャットボット(自動会話)サービス、「アスクメルセデス」(Ask Mercedes)を開始すると発表した。 アスクメルセデスは、顧客からのメルセデスベンツ車の操作や機能などに関する質問に、リアルタイムで回答してくれるもの。たとえば、「センターコンソールのこのボタンは何ですか …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「アップルの研究者、自動運転の新しい物体検知技術をネットで公開 ロイター」など、2017年11月22日     ニュース

ニュース
アップルの研究者、自動運転の新しい物体検知技術をネットで公開

自動運転車は周囲を認識する際、通常の二次元カメラと、光により奥行きを検知するセンサー技術「LiDAR(ライダー)」(光による検知と測距、Light Detection and Rangingの略)とを組み合わせて利用していることが多い。これらの機能が奥行きに関する情報を供給する際、解像度が低いと、リアルタイムでつながっている通常 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
誰も「自動運転」を正確に定義できない 自動運転機能の多様化が生む混乱

独立系シンクタンクEno Center for Transportationの政策アナリストであるグレッグ・ロジャースは、「日常的には『自動化されたクルマ』『自動運転車』『自律走行』 …. ライマーは「運転の自動化には、技術が人間をサポートできるようにどうやってそれを開発していくかという、エンジニアリングというよりはむしろ行動学的な側面が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
12月に都内初、公道で自動運転車実証実験 公共交通充実の杉並区なぜ協力?

昨今、自動車産業に新たな技術革新の波が押し寄せています。特に、高齢化・人口減少時代を迎えて注目されているのが自動運転技術です。 高齢者になると、どうしても判断能力や反射神経が衰えてしまうため、不慮の交通事故を起こしやすくなります。そのため、免許を自主返納する高齢者もいます。そうした動きが広まる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Volvo、Uberに自動運転用のベース車両を数万台規模で供給

Uber社は供給されたベース車両に独自の自動運転システムを組み込む。ベース車両は、この自動運転システムを追加するために必要なコア技術と、安全性や冗長性を備えている。 Volvo社は、Uber社の自動運転車とは別に、同じベース車両を用いて独自の自動運転システムの開発を進めている。この自動運転車は、2021年 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日中経済協会 中国政府幹部と次世代自動車めぐり意見交換

中国を訪れている日本の経済界の訪問団は22日、中国政府の幹部と会談し、世界の自動車メーカーが次世代のとして開発を進めている自動運転車技術 … この中では、自動ブレーキなど交通事故の防止も期待される自動運転技術や、インターネットと接続するコネクテッドカーなど、次世代の自動車をめぐって意見が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
積雪時の自動運転は電磁誘導線や磁石を読み取れるか—実証実験へ

国土交通省は、道の駅「かみこあに」(秋田県北秋田郡上小阿仁村)で、路面積雪時の電磁誘導線や磁石の読み取り性能を検証する自動運転サービスの実証実験を12月3日から開始すると発表した … 今回の実験では、路面積雪時の走行における埋設された電磁誘導線や磁石の読み取り性能など、路連携技術を検証する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
パナソニックが自動運転車両走行の実証実験を開始

パナソニックは、これまで社内の車両試験場(神奈川県横浜市)や京阪奈地区構内(京都府相楽郡精華町)、門真地区構内(大阪府門真市)で検証を重ねてきた自動運転技術を用いて、今回初めて公道に準じる環境で自動運転走行システムの検証と、自動運転EVコミューターの実用化に向けた有効活用の検証も行う。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
高機能除雪開発へ 国交省 作業員の高齢化で省力化図る

位置情報の精度などの課題を検証し、数年内の実用化を目指す。将来的には自動ブレーキなどの自動運転技術を搭載することを検討している。 除雪の操作には、積雪で見えにくい障害物の回避など熟練した技術が必要となる。しかし除雪の作業員のうち、61歳以上の人の割合が1998年の3%から、2015年には19%まで …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
12月3日から自動運転実験 徳島・三好、モニター募集 2017/11/22 09:54

12月3日から自動運転実験 徳島・三好、モニター募集 国土交通省四国地方整備局は21日、三好市西祖谷山村で計画している自動運転実証実験を12月3~9日に行うと発表した。乗車を希望するモニター100人を募る。 実験に用いるのは、自動運転技術開発を手掛けるアイサンテクノロジー(名古屋市)がトヨタの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「完全自動駐車」技術、日立3社が開発 実用化は20年代前半

日立製作所は専用駐車場で完全自動走行し駐車する「自動バレーパーキングシステム」の基本技術を開発した。管制センターとが遠隔から無線で必要な情報をやりとりし、安全な自動駐車を実現する。日立が得意とする情報通信技術や鉄道向け運行制御技術を応用した。2020年代前半の実用化を目指す。運転手の操作が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
百度の李彦宏会長兼CEO、自動運転バスが計画前倒しで2018年には量産に

検索エンジン百度の李彦宏会長兼CEOは16日、「バイドゥ・ワールド・コングレス2017」で人工知能(AI)分野の最新動向について、「百度自動運転車の量産化計画 … そして、この歴史的任務を担うことになるのが、来年7月末に百度とバス車両メーカーの金龍客車が提携して生産する自動運転小型バス「阿波龍(アポロ)」だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「自動運転車、住民参加で実験開始 神戸の高齢化地区 朝日新聞」など、2017年11月8日     ニュース

ニュース
自動運転車、住民参加で実験開始 神戸の高齢化地区

自動運転車、住民参加で実験開始 神戸の高齢化地区 … 人工知能(AI)の技術などはNTTドコモが提供した。4人乗車可能で、運転席には緊急時に備えて運転手 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノー、プロ並みの危険回避力をもつ自動運転車「CALLIE」を開発。実際にプロドライバーの技術を参考

フランスの自動車会社ルノーが、自動運転車のプロトタイプ「CALLIE(キャリー)」を開発しました。その特徴は、”プロドライバーから開発のインスピレーションを得 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【公道で自動運転 試乗】高速道路で巧みに合流、驚いた! 日産プロパイロット

日産の自動運転開発ではすっかりお馴染みとなっている方だ。 … これまで速度差を合わせてクルマが自動で合流するのは技術的にもかなり難しいとされてきた …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転技術はいつ普及する?東京モーターショー2017で見えた現在地

三菱電機は、カメラ、ミリ波レーダー、準天頂衛星対応高精度ロケータなどを搭載した自動運転技術車を紹介。こちらはすでに2016年5月から高速道路で実証実験 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
解像度4倍の新型ライダー開発、完全自動運転向け…米ベロダイン

米国カリフォルニア州シリコンバレーに本拠を置き、車両の周囲の物体を検知するセンサー、「LiDAR」 … 自動運転車の中核となるセンサー技術を開発している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
テンセントが独自の自動運転システム開発 テスラ第4位株主、協力は不明

自動運転車市場に進出する中国企業としては、これまでで最大となる。 関係者によると、 … 馬化騰会長は3月、自動運転車向けのAI技術の開発に意欲を示した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
OKI、の高速逆走を検知、本庄工場に試験コース

センサーや画像処理技術を使って、高齢者らが運転する自動車の逆走を検知する技術自動運転向け技術について研究開発を進める。あらゆるモノがネットに …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
HEREが富士通と協業、強みを持ち寄り位置情報サービスを開発

富士通が持つ位置情報サービスやデータ分析技術と、HEREの自動運転向け高 … 日本政府が公表する自動運転車の事業化のロードマップも踏まえ、具体的な …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
モーターショー展示の未来の 人の感情を理解する技術

世界10か国から150社・団体が出展するなか、その多くがEV(電気自動車)やAI(人工知能)・自動運転など「自動車」の枠組みを越えた未来の技術を披露した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
焦点:トヨタ連合がEVで反撃、基盤技術を標準化 未来の勢力図見えず

11月8日、電気自動車(EV)で出遅れるトヨタ自動車を中心とした企業連合が、ようやく「反撃」の動きに出始めた。EV基盤技術の標準化だ。写真は人工知能技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマに乗り込むスマホアプリ、トヨタとLINEが共同開発

トヨタ自動車は、LINEの人工知能(AI)アシスタント「Clova」を車載機器と連携させるデモを「第45回 東京モーターショー2017」(東京ビッグサイト、一般公開:10 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
独ダイムラー、自動会話サービス「アスクメルセデス」を発表

写真・図版 11月7日、ドイツ自動車大手ダイムラーは、学習型AI(人工知能)機能を持つチャットボット(自動会話プログラム)型の顧客支援サービス、「アスク …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
<経済編>環境にやさしい未来の車集まる

東京・江東(こうとう)区の会場では、電気でモーターを動かして走る電気自動車(EV)や、コンピューターの人工知能(じんこうちのう)(AI)が人の代わりに運転を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
モーターショー展示の未来の車 人の感情を理解する技術も

世界10か国から150社・団体が出展するなか、その多くがEV(電気自動車)やAI(人工知能)・自動運転など「自動車」の枠組みを越えた未来の技術を披露した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
中国NEV法公布で、日系の自動車業界どうなる?

簡単に説明すると、一定量以上のEV(電気自動車)、PHV(プラグイン … トヨタ社内で「愛Car」と呼ばれている、人工知能搭載の次世代ビークルが、初の量産EVに …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、イスラエルで投資拡大-ロボットや自動運転分野

【テルアビブ=ロイターES・時事】トヨタ自動車はイスラエルのロボットや自動車技術への投資を拡大する方針だ。人工知能(AI)やロボット技術に投資するトヨタの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
HEREが富士通と協業、強みを持ち寄り位置情報サービスを開発

富士通とHEREは2017年11月7日、先進モビリティサービスの開発に向けた提携に … 富士通が持つ位置情報サービスやデータ分析技術と、HEREの自動運転向け高 … 日本政府が公表する自動運転車の事業化のロードマップも踏まえ、具体的な …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルネサスが車載半導体シェア30%を狙う「何が何でも成功したい」 (1/2)

半導体大手、ルネサス エレクトロニクスが「自動運転」という世界的な潮流を … Foundation(AGL)、長城汽車らとの提携を発表し、トヨタ「カムリ」や日産「リーフ」など … されたのが、トヨタが2020年に実用化を目指す自動運転車への製品採用である。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「EV、戦国時代の兆し 開発強化、他業種も参入 グーグル、アップル、ダイソン-- 毎日新聞」など、2017年10月30日     ニュース

ニュース
EV、戦国時代の兆し 開発強化、他業種も参入 グーグル、アップル、ダイソン--

世界の自動車メーカー各社が、従来のガソリン車から、電気自動車(EV)へのシフト … 今回のショーでは、トヨタが人工知能(AI)を搭載した試作EVを公開したのを …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
人工知能「Watson」の無期限試用が可能に、日本IBMがビジネス利用の拡大を強化 (1/2)

日本IBMは2017年10月27日、都内で同社のAI(人工知能)「IBM Watson( … カーシェアリングや自動車シェアリングなどの他、Uberなどの自動車配車サービス …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動運転の普及はバラ色か? 若者たちが語り合う催し

27日、開幕した東京モーターショーで、メーカー各社がアピールに力を入れているのは、自動運転技術だ。近い将来、自動運転車などの普及で道路や街の姿は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
三菱電機は最新のHMIコンセプト「EMIRAI4」(イーミライフォー)や自動運転実証実験「xAUTO …

自動運転技術搭載「xAUTO」は、前方および後側方監視ミリ波レーダ、前方監視カメラなどによる「自律型走行技術」に加え、準天頂衛星システムからのセンチ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
レクサス、東京モーターショーで自動運転技術搭載「LS+Concept」世界初公開

LEXUSは、10月28日から一般公開された東京ビッグサイトで開催される「第45回東京モーターショー2017」で、実用化を見据えた自動運転技術を提案する …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマ産業襲う電動化・自動化・共有化 乗り遅れた日本

電気自動車(EV)や、人工知能(AI)を生かした自動運転が11月5日まで … だが先端技術が、長い「クルマの世紀」を大きく変え、新時代をつくりつつある。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転にらみ育成加速 米の整備士学校と提携 仙台・花壇自動車大学校

運転手が操作に全く関与しない完全自動運転が近い将来に実現すると予想される中、高度化する整備技術に適応する人材育成も大きな課題だ。花壇自動車大学 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
運転する愉しさと自動運転の両方を実現 -東京モーターショー2017レポート②

運転する愉しさと自動運転の両方を実現 -東京モーターショー2017レポート② … に搭載している自動運転技術「プロパイロット」をさらに進化させ、ドライバーが運転に一切 … 完全自動運転が実現した未来でも、クルマを意のまま乗りこなす楽しさを残し、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
このまま自動車が進化しすぎたら、人間はどうなっちゃうの?

今注目されているのが自動車の技術です。がセンサーで危険を察知して、自動でブレーキをかけてくれるらしいですね。それどころかが完全に自動運転になる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
開幕(2)二輪車 部品メーカーの展示が面白い

ヤマハ発動機のブースには、四輪「MWC-4」「クロスハブコンセプト」が展示 … また、EVや自動運転技術の採用により、部品メーカーの商機は大幅に拡大し …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
東京モーターショー ベンチャーも存在感 衝突回避の車いすやEV出展

人工知能(AI)やIoT(モノのインターネット)を駆使した自動運転技術に関心が集まる中、ベンチャー企業も参加し、「近未来のクルマ社会」を来場者に印象づけて …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
東京モーターショーは未来のクルマではなく、未来の暮らし方のショーケースだ

もちろん、それは正しいのですが、その自動運転車を実現するためには、数多くの技術 … そして、もうひとつ重要なのが、東京モーターショーでは、これらの技術や …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動運転にらみ育成加速 米の整備士学校と提携 仙台・花壇自動車大学校

少子化などで整備士を目指す若者が減少する一方、自動運転など高度な機能を持つ自動車整備への対応力が求められており、提携で人材育成を図る狙いだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
三菱電機とHEREが業務提携自動運転向け高精度位置情報システムを相互活用

三菱電機は、オランダの地図会社HEREテクノロジーズと高精度位置情報サービスのグローバルでの利用拡大に向けて両社が持つ高精度位置情報ソリューション …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「Peter Thielは投資対象としての自動運転技術に半信半疑、「自動車など要らない世界が良い」説 TechCrunch Japan」など、2017年10月28日     ニュース

ニュース
Peter Thielは投資対象としての自動運転技術に半信半疑、「自動車など要らない世界が良い」説

そこで当然ながらThielは、自動運転技術に対しても同じことを感じている。彼のベンチャー企業Founders Fundが投資しているライドシェア企業Lyftは、その未来 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車を5割減らす”無人タクシー”の価値

世界中で「自動運転車」が公道を走り始めている。技術が進めば、格安の「無人タクシー」が街中を走り回るようになる。そのとき「46%の自動車が不要になる」 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
完全自動運転車に43.9%が「No」…市販されても購入の意志なし

… 東京大学先端科学技術研究センターの西成活裕教授と共同で実施した「自動運転」 … 自動運転への関心については、「強い関心を持っている」が14.0%、「少し関心を持っ … レベル5の完全自動運転車が日本で市販されるのは何年後かという質問 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
深谷の公道で県内初の自動運転実験 埼玉工大が12月から

深谷の公道で県内初の自動運転実験 埼玉工大が12月から … 公道を利用した自動運転実証実験は県内で初めて。 … 車両はトヨタプリウスの改造。3Dレーザーセンサーとカメラを搭載し、自動運転を実現 … 自動運転技術の研究もその一つという。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
《経済》 EV化 部品各社も知恵

… では、自動車各社が競うように電気自動車(EV)や自動運転に関する技術を披露 … 車両床下に置く電池パックのそばに備え付ける箱型の装置で、ハイブリッド …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
三菱電機、オランダ企業と業務提携 自動運転支援サービスを展開

三菱電機は27日、3次元のデジタル地図を手掛けるオランダ大手のヒア・テクノロジーズと業務提携すると発表した。強みを持つ測位技術と組み合わせ、自動 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
最新技術見ようと大勢の来場者…モーターショー

電気自動車(EV)や自動運転など最新技術を見ようと、家族連れら大勢の来場者が詰めかけた。11月5日 … さいたま市から来た会社員の男性(61)は、「次世代エンジンを積んだ試作を見に来た。自動運転やEVも体験してみたい」と声を弾ませた。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
モーターショー 信頼回復への一歩に

このため多くのEV試作は、人工知能(AI)を搭載し、自動運転や情報通信などの最新技術と連動させている。AIが運転者の感情を読み取り、疲れていると判断 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
東京モーターショーに見る部品メーカー競争

2年に一度のクルマの祭典、東京モーターショーが28日から一般公開されます。完成メーカーは、EV(電気自動車)や自動運転などの分野で先端技術を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
豊田通商、車載ソフト4社と資本業務提携発表

自動車の電動化に加え、自動運転やコネクテッドカー(つながる車)など次世代技術への … 人工知能(AI)や自動車のモデルベース開発などの技術に強みを持つ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
東京モーターショーを一般公開 「未来の車」へ信頼確保も

国内外の約150社が参加し、自動運転や電気自動車(EV)、人工知能(AI)などの先端技術を披露。 自動車業界では、日産自動車やSUBARU(スバル)による …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
三菱電機、オランダ企業と業務提携 自動運転支援サービスを展開

三菱電機は27日、3次元のデジタル地図を手掛けるオランダ大手のヒア・テクノロジーズと業務提携すると発表した。強みを持つ測位技術と組み合わせ、自動 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車によって変貌する都市 無秩序に郊外に拡大 BCG調査

自動運転車によって変貌する都市 無秩序に郊外に拡大 BCG調査 … ような経路を通行したかを研究するため、配車サービスを提供するリフト社(Lyft)と提携した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
豊田通商、車載ソフト4社と資本業務提携発表

豊田通商、車載ソフト4社と資本業務提携発表 … 自動車の電動化に加え、自動運転やコネクテッドカー(つながる)など次世代技術への対応を進めるのが狙い …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
東京モーターショーに見る部品メーカー競争

完成メーカーは、EV(電気自動車)や自動運転などの分野で先端技術を … 主要なマッププロバイダーと提携し、自動運転用の高精度マップを開発しています。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
三菱電機、車載市場へ猛攻 提携とプラットフォームが功を成すか

最後に、CLASを用いた運転支援である。自動運転技術を搭載した実証実験「xAUTO」を用いた実証実験の結果を東京モーターショーで発表する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「日本の電機メーカー 自動運転に自社技術を 事業強化 NHK」など、2017年10月21日     ニュース

ニュース
日本の電機メーカー 自動運転に自社技術を 事業強化

得意としているのは、デジタルカメラやテレビの画像処理で培ったカメラの技術です。自動運転車には合わせて6つの特殊なカメラが搭載され、周囲の状況を認識し …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転の除雪開発へ=今冬から高速道で試験導入-国交省

国土交通省は、自動運転技術を取り入れた除雪の開発を本格化させる。2018年度の運用開始を予定する準天頂衛星「みちびき」も利用、今冬から高速道路で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トロントで「ロボットタクシー」運行へ グーグルの未来都市

アルファベットが手掛けることが決まったトロントのウォーターフロント再開発プロジェクトについて、同社が自動運転車によるオンデマンド型輸送システムの構築を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
スバルが開発加速へギア 自動運転技術のテストコースを北海道で新設

国内外の自動車メーカーがしのぎを削り開発を進める自動運転技術の普及をにらみ、事故ゼロ … この技術を普及価格帯の量産に装備し、事故ゼロに近づける。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
三井物産 クルマどっぷり

PTLはこの技術を駆使している。25万7000台のトラックを保有。 … この周辺の公道で自動運転車を走らせたり、駐車させたりしているのがAZAPA(名古屋市)だ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
まもなく開幕「東京モーターショー2017」 国内大手メーカーの出展内容まとめ

英・仏政府が2040年からガソリンとディーゼルの販売を禁止する方針を … 自動運転技術やEVを活用する指針「ニッサンインテリジェントモビリティ」に沿った …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
浜ホト・晝馬会長が退任へ

若返りを図り、自動運転に応用するレーザー技術の開発など長期プロジェクトを推進する。 晝馬氏は一九五三年、世界で初めて電子式テレビに映像を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日米、交通インフラ技術推進で覚書

覚書によると、自動運転車や小型無人機「ドローン」といった交通分野の新技術のほか、高速鉄道や高速道路などインフラを整備する際の資金調達の手法 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、人工知能で人を理解する「Concept-愛i」シリーズを拡大 3タイプを東京モーターショーに出展

トヨタは、自動運転技術を搭載した電動パーソナルモビリティのコンセプト … 各のスペックも紹介しておくと、Concept-愛iは電動パワートレインを搭載し、航続 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
トヨタ、人工知能で人を理解する「Concept-愛i」シリーズを拡大 3タイプを東京モーターショーに出展

トヨタは、自動運転技術を搭載した電動パーソナルモビリティのコンセプトカー「Concept-愛i(コンセプト・アイ)」シリーズを拡大する。今年1月にラスベガスで開催 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「自動運転支援に準天頂衛星活用 三菱電機、試作車公開 ITmedia エグゼクティブ」など、2017年10月18日     ニュース

ニュース
GM、NY州で2018年に自動運転車のテスト走行を開始

GMがニューヨーク州で自動運転車の試験を行えるようになったのは、試験プログラムによる自動運転技術のテストを許可する方針が示されたためだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマの頭脳でエヌビディアに逆襲

自動運転向け半導体の“旗手”、エヌビディアと火花を散らすモービルアイの … 日産自動車の自動運転技術「プロパイロット」でカメラ画像を解析する黒子の役割を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
東京モーターショー、EVや自動運転が充実 27日開幕

東京モーターショー、EVや自動運転が充実 27日開幕 … は、開発競争にしのぎを削る電気自動車(EV)や自動運転などの分野で先端技術を … 三菱自動車が出展するスポーツ用多目的(SUV)のEVの試作は、AIでドライバーの運転の「腕」を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
完全自動運転で自動車市場は指数関数的な成長へ

自己意識」を持つロボットなどの研究で知られ、完全自動運転車技術と未来を描いた書籍『ドライバーレス革命』の著者でもある米Columbia University, …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AIが運転手を把握 トヨタ試作、疲れたら自動運転

AIが運転手を把握 トヨタ試作、疲れたら自動運転も … 1月に米ラスベガスであった家電・技術見本市「CES」に4人乗りを出していたが、今回、2人乗りと1人乗り …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クアルコム、NXP買収で自動運転車市場に攻勢=CEO

この買収により、クアルコムは自動運転車技術の開発競争で存在感を高めるとみられる。 クアルコムのスティーブ・モレンコフ最高経営責任者(CEO)は、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
超高齢化に成長の種 移動手段・介護現場に技術革新

政府のIT総合戦略本部は完全自動運転の実現時期を「2025年」と見込む。稗方氏は「高速道路を自動走行だけが走るならそれほど難しくないが、急な車線 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
東京モーターショー、次世代エコカー前面に AIとの融合も広がる

東京モーターショーでも国内メーカーはエコカーで技術力を発信するほか、自動運転の普及を見据え、AI搭載やコネクテッドカー(つながる)にも注力する姿勢 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ドライブレコーダー売り上げ急増 交通トラブル対策

今後、この新しい技術を自動車メーカーに提供していきたいとしています。 … 自動運転時代に向けてとドライバーがコミュニケーションがとれる技術の提供 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「トヨタが自動運転に採用、22歳が開発した「高性能センサー」の実力 WIRED.jp」など、2017年10月13日     ニュース

ニュース
トヨタが自動運転に採用、22歳が開発した「高性能センサー」の実力

いまの技術では、自律走行はしっかりと“見る”ことができません。ハードウェアとデータの抜本的な改善が必要なのです」とラッセルは話す。2017年4月に姿を現 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ウェイモ、「自動運転車について話そう」…自動運転車の安全性や長所を訴える

ウェイモが開発している自動運転の最新技術に関する情報を、随時更新していく。ウェイモは、「人々が自動運転技術について学び、自動運転車に親しむ機会を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
BMW/インテル/モービルアイ連合にマグナが参画…自動運転技術を共同開発

カナダに本拠を置く自動車部品大手、マグナインターナショナルは10月10日、BMWグループ、インテル、モービルアイの自動運転車開発連合に参画すると発表した …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
パナソニック、自動運転・コネクテッドカー向けサイバーセキュリティ技術を開発

コネクテッドカーはICT端末としての機能を持ち、先進安全システムや自動運転を実現する次世代のクルマとして注目を集めているが、ネットワークに常時接続する …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NVIDIA、自動運転車向けの新AIコンピュータやVRコラボレーションプラットフォームの新展開を発表

フアン氏は、自動運転車向けAIコンピュータプラットフォーム「NVIDIA DRIVE PX」の … フアン氏はNVIDIAが、ドライバーを支援する自社のAIコパイロット技術向け …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米加州、自動運転実験の規制緩和へ前進 来年前半にも公道で

米加州、自動運転実験の規制緩和へ前進 来年前半にも公道で … 【シリコンバレー=兼松雄一郎】米カリフォルニア州は11日、無人で自動運転車が走行する公道 … 同州は無人による自動運転の実験を認めることで、自動運転技術の世界的開発拠点 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ロボドクター、自動運転… AI社会の到来に備えておくべきこと

ここ数年で著しい進歩を見せているAI(人工知能)技術。そんなAIを身近に感じられるもののひとつが、自動運転車ではないでしょうか。すでに日本でも部分的な …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転、量産化の課題は? MobileyeのCEOが語った

自動運転、量産化の課題は? … Mobileye社は車両探知、自動ブレーキなどの自動運転技術を開発するイスラエルの企業で1999年に設立。2017年3月には、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ソニー立て直したイメージセンサー…サムスン電子も追撃に出た(2)

スマートフォンの需要増大は氷山の一角だ。自動運転車と遠隔医療、スマートセキュリティ技術はそれこそ四方にカメラが必要な「イメージセンサーのかたまり」だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【東京モーターショー2017】住友理工、「リコウな未来」に貢献する各種製品を体感展示へ

住友理工ブースのテーマは「Smartly Driving Change~リコウな未来、理工の技術で~」。電気自動車開発の加速化や、自動運転に向けた技術が進展するなど、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「赤信号で停止、障害物を回避–パナソニックが「自動運転EVコミューター」を公開 CNET Japan」など、2017年10月11日     ニュース

ニュース
赤信号で停止、障害物を回避–パナソニックが「自動運転EVコミューター」を公開

あわせて、車両試験場を設置し、取り組んでいるという自動運転技術についてデモを披露した。 … パナソニック「自動運転EVコミューター」信号停止、発進.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
GM社がStrobe社を買収、LiDAR技術で無人自動運転を進化

無人の自動運転技術を進化させるためにはLiDARの精度が重要となる。Strobe社CEO(最高経営責任者)のJulie Schoenfeld氏は、「数多くの特許を持つStrobe …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転本格化で高まる存在感、ジェイテクトはステアリングシステムで未来を示す (1/2)

ステアリングやベアリングなどの幅広い技術力を示すとともに、新たに自動運転 … ただ、今後は従来の操安性や燃費向上だけでなく、自動運転や高度運転支援 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転、相次ぎ公道実験 石狩市・札幌市・上士幌町… 高齢化対応急ぐ

全国よりも速く高齢化が進み、バスやタクシーの運転手不足と免許返納による交通弱者の増加に直面するなか、市民の足を確保する自動運転技術への道内 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NVIDIA、レベル5の自動運転を見据えた「DRIVE PX Pegasus」を発表

NVIDIAは、自動運転技術の導入を後押しする強力なプラットフォーム「Drive PX 2」を2016年に発表した。それから2年と経たないうちに、さらに改良した …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
スバル、自動運転見据えたスポーツセダン 試作車出品へ

スバルは、27日に始まる東京モーターショーに、スポーツセダンの試作車を出品する。詳細は明らかにされていないが、高度な運転支援技術を備えながらも積極的 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転の風雲児エヌビディア、躍進の裏に「ソフト力」

自動運転のアルゴリズムは日々進化を遂げ、ソフト機能の追加は留まることがない。優れたソフトを生み続ける技術力が、自動運転時代の勝者を決める。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日本初の自動走行宅配ロボットが登場、ラストワンマイルの課題解決めざす

自動運転技術の開発などを行うZMPは10月8日、自動走行する宅配ロボットの実証実験を六本木ヒルズ内で実施すると発表した。六本木ヒルズ内の物流センター …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「MATLAB」でディープラーニング、自動運転向けにMathWorks社が提供

米The MathWorks社は、同社の技術計算用言語/ソフト「MATLAB(マトラボ)」の関連製品でディープラーニング(深層学習)機能を大幅に強化した( …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノー、オランダ新興企業と提携…スマート充電アプリ導入へ

EVとプラグインハイブリッド(PHV)1000台以上と、充電ステーションをつなぐ役割を果たした。同社のパートナーには、ルノーグループだけでなく、BMWやテスラ …

「打ち上げられた「みちびき4号機」と自動運転の技術 Yahoo!ニュース 個人」など、2017年10月10日     ニュース

ニュース
打ち上げられた「みちびき4号機」と自動運転技術

三菱重工と宇宙航空研究開発機構(以下、JAXA)は、10月10日午前7時01分37秒に「みちびき4号機(準天頂衛星)」を搭載したH-IIAロケット36号を種子島の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米エヌビディア、完全自動運転車の「頭脳」供給 18年後半に

エヌビディアのGPUは世界の自動車・部品大手が自動運転車の研究に使っており、「レベル5」と呼ばれる完全自動運転技術開発に弾みがつく可能性がある。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車3台を展示したアウディの狙い

今回のIAAで、自動運転に最も力を入れて発表したのは独アウディだ。アウディは、独フォルクスワーゲン(VW)グループの中で自動運転技術の開発を担っており、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告