「貴陽の無人自動車製造に世界の自動運転エンジニアが結集 SankeiBiz」など、2018年3月14日     ニュース

ニュース
貴陽の無人自動車製造に世界の自動運転エンジニアが結集

「Move it」は、最新自動車技術の開発、製造、振興に専念する自動運転のグローバルな革新的オープンソースコミュニティーである。「Move it Hackathon」はコミュニティー初のオフラインアクティビティーで、自動運転が直面する共通課題に協力して取り組むことを目指している。そのソリューションは無人自動車の革新と適用の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
と連動したVR体験?Uber、自動運転車向けの特許を取得

世界70カ国で配車サービスを展開するUberは、今後もユーザーに新しい乗車体験を提供する技術を追い求めていくことが期待されます。 自動運転車の車内におけるVRの活用については2017年末から大手IT企業でも言及が増えています。Mogura VRでは、各社が取り組むVR/ARとAV(自動運転車)に関する記事を紹介してい …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
貴陽の無人自動車製造に世界の自動運転エンジニアが結集(共同通信PRワイヤー)

この共同キャンプに参加したエンジニアと助言者は全て、一流の自動運転企業と大学からやって来た。アクティビティーはワイヤ制御技術転換、アルゴリズムのデバッグ、自動運転サンプルの製造と試運転、助言の共有などに及んでいる。エンジニアは現地でライン制御車両技術を実践し、ライン制御車両の基本シャシーを …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
脳波やジェスチャー操作も ここまで進化した “未来を感じる”クルマたち (1/2)

脳波やジェスチャーで操作できる――そんなクルマの未来を自動車メーカー各社が描いている。ここ数年で自動運転技術を始め、通信機能を備えるコネクテッドカーとその周辺技術はさらに発展し、未来を感じるクルマたちが数多く登場してきた。 ITmedia NEWSでは、EV(電気自動車)メーカー大手の米Tesla(テスラ)最量販 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
脳波やジェスチャー操作も ここまで進化した “未来を感じる”クルマたち

目的地までの運転操作をクルマ側が担う自動運転技術を採用するのが、トヨタ自動車が「2018年北米国際自動車ショー」(米デトロイト、1月14日~2月28日)で世界初公開したクロス … AIやディープラーニング(深層学習)の技術を取り込み、クルマが運転手の行動を先読みしながら運転をサポートできるようになるとしている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマの先を狙える建設車両自動運転

東日本高速が除雪運転支援に取り組むのは、操作にたけた熟練オペレーターの高齢化や労働者不足を懸念しているからだ。ICT(情報通信技術)を活用して経験の浅いオペレーターでも的確に操作できるようにする。同社は13年度から研究・開発に着手。これまでにGPSを活用して凍結しやすい橋の位置をオペレーターに …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
の情報多すぎて選びにくい=無職・石原信哉・73

高齢運転者による交通事故が報道されることが多くなった。自動車メーカーは自動運転の開発を競って進めているが、これからも技術の支援を受けのある生活を続けたい。 先日、大手3社の新車を見学した。豪華なショールームに、親切で丁寧な販売員。それぞれに好感が持てた。もらったカラフルで分厚いカタログはめくる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自律走行トラックで「空っぽの荷台」を埋めるという、Uberの挑戦が始まった

技術的な障害はまだいくつかある。例えば、一部の州では道路の端に停車している緊急車両を追い越す際、一定の間隔をとるよう義務づけられている。Uberのチームはこの規定に確実に沿うための方法を模索している。 またすべての運転操作を行うドライヴァーと同様、自動運転のトラックに乗車するオペレーターも、周囲の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
東大首席だった山口真由氏、運転免許の試験に落ちていた過去を告白

と告白。東大法学部在学中に司法試験に合格、卒業時には首席だったという華麗な経歴を持つ山口氏の発言に橋下氏らも「落ちる人いるの!?」と驚愕。すると「ペーパーは満点だったんですけど、実技で落とされて…。後ろからも来てたし、いろんなことを言われてパニックになってしまって。生まれて初めて試験に落ちました。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【電子版】米キティホークの空飛ぶ自動運転タクシー、試作機の動画公開 グーグル共同創業者が支援

キティホークのCEOを務めるのはセバスチャン・スラン氏。グーグルの先端技術開発部門であるX(旧グーグルX)を創設し、自動運転車や「グーグルグラス」などの開発プロジェクトを主導した人物として知られる。 空飛ぶ自動運転タクシーを巡っては、参入が相次いでいる。インテルが支援する独ボロコプター(Volocopter)は1月に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「[FT]米カリフォルニア州、完全自動運転車の走行解禁へ 日本経済新聞」など、2018年3月1日     ニュース

ニュース
[FT]米カリフォルニア州、完全自動運転車の走行解禁へ

米カリフォルニア州は、運転席に人が座らない完全自動運転車の走行を解禁する新たな規則を承認した。シリコンバレーのロビイストにとって念願の勝利だ。 同州の車両管理局(DMV)が自動車メーカーとIT(情報技術)企業に対し、「自然人」が乗らない自動運転の走行試験に青信号を出した。 これまでは緊急事態に備え、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
無給油1000km走行し、今できる自動運転まで全部入ったセレナe-Powerの衝撃

そのノートの大躍進を実現したのが「e-Power」というパワートレインです。 この「e-Power」は、電気自動車リーフで培ってきた電気自動車の技術に電気をガソリン発電供給するという、いわばいいとこどりの現状の電気自動車の最適解です。つまり、ガソリンは使いますが、を動かしている駆動はモーターそのものなので、制御も …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転技術ってどこまで来ている? AIの「認識」「判断」能力向上がカギ

自動運転の実現に向けては、パソコンの頭脳であるCPUを開発する米インテル社と日産自動車が提携したり、米グーグル系の自動運転開発会社ウェイモが、 … 本欄では、今後の自動運転に関するニュースを楽しみに見るためにも、その技術がどこまできているのか、何が課題なのかについて、ざっくり解説したいと思います。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
購入前に押さえておきたい豆知識 SUV選びチェックするべき4つのポイント

装着の有無に加えて実走行での使い勝手も比較したい もはや必須装備となった安全&運転支援装備。その中核となる衝突回避システムのチェックポイントは、回避対象に歩行者や自転車を含むか。都市部の走行が多いユーザーにとって特に重要だ。予防安全機能は自動運転技術を応用した運転支援と車両周辺状況の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車が電車になる日

年が明けて間もなく、ラスベガスで世界最大級の最新技術の見本市CESが開催された。過去10年間CESの主役であった … これまで「トヨタのに乗る」と考えられていた。今後、ライドシェア、自動運転などが進み、「e―Palette」のような世界観が広がっていくことで、電車と同じように「(自動車サービス)に乗る」となるはずだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ベンチャー出資 自動運転開発強化

… 割当増資を引き受け、資本提携すると発表した。自動運転技術の開発を強化する。出資比率は5%で金額は非公表。アイシンがベンチャー企業に出資するのは初めてという。 イデインは2015年4月設立で、AIを使った画像認識技術に強みを持つ。の周りの障害物を検知し自動走行で駐車するシステムへの活用を目指す。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルネサス、レベル3、4の自動運転システムの実用化に向けスマートカメラ用SoC「R-Car V3H」を発表

例えば、自動運転を実現するには3次元の空間の中において自と不特定多数の障害物の位置関係を把握しつつ、さらに障害物が何であるかを認識しなければなりません。この実現には、AIを取り入れたコンピュータビジョン処理が期待されており、今回のR-Car V3Hは業界最高レベルの低消費電力技術により、わずか0.3W( …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動車が電車になる日

モーターショーのように自動車の最新モデルが展示されているのではなく、インターネットにつながった「コネクテッドカー」、人工知能(AI)により実現しつつある自動運転車など、世界中の自動車メーカーがそれぞれの「未来のクルマ」像を提示している。 今年、ひときわ面白い発表をしたのが日本メーカーの雄、トヨタ自動車だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
誰もがCMを制作できる自動車販売サイト

Campaignの視点: 制作されたCMは単に「かろうじて鑑賞に堪える」といったレベルでなく、見ていて楽しい作品に仕上がっており、感銘を受けた。クリエイティブ領域で人工知能の技術をどのように活用できるかを、証明した取り組みといえるだろう。 (文:マシュー・ミラー 翻訳・編集:田崎亮子). 提供: Campaign Asia-Pacific.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
コネクテッドカー(乗用車)、2035年に1億台超

予測によると2035年には、世界で販売される新車のうち、96.3%がコネクテッドカーになる見通しだ. 富士経済は、自動運転技術との融合が進むコネクテッドカーやサイバーセキュリティに対する取り組み、AI(人工知能)と自動車の関連性、テレマティクスサービスなど、35品目の市場について調査し、将来の市場を予測した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
フォード、自動運転車によるピザ宅配実験–マイアミで

Fordは、宅配に関する新たな提携の下、フロリダ州マイアミの路上での自動運転車の実験をまもなく開始する。 Reutersが報じているように、Fordは、GoogleからスピンアウトしたWaymoやGeneral Motorsといった競合企業のように独自の自動運転車を開発するのではなく、提携を推進することによってこの新しい分野に参入 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「本当に望まれているのは「自動運転」なのか「予防安全」なのか (1/4) @IT MONOist」など、2018年1月30日     ニュース

ニュース
本当に望まれているのは「自動運転」なのか「予防安全」なのか (1/4)

1つは「安全で快適な車両の提供」だ。自動車が関係する交通事故のうち90%は人的ミスが占めるといわれている。自動運転技術は、この人的ミスを低減することができる。自動車メーカーは自動運転技術によって、消費者に「安全な車両」という価値を提供できるわけだ。また、高速道路での長距離移動など、車間距離を維持し …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
コラム:自動運転車革命、見落とされる「本質」

自動車メーカーやテクノロジー企業は、穏便な表現のNHTSAの要請に応えて、少しずつ技術の内容を公表しつつある。米アルファベット傘下のウェイモは昨年10月、安全リポートを公表。米インテルが買収した運転支援ソフト会社モービルアイは、「安全な自動運転車を開発し、それを証明する計画」を発表した。自動車大手 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
サムスン、Waymoと同じ場所で自動運転車の試験を開始–カリフォルニア州の基地跡地

また、Waymoはアリゾナ州フェニックスで公開試験を開始するにあたり、自社のにユーザーインターフェースを搭載し、走行中のが「見ている」景色を乗員が見られるようにした。 キャッスル空軍基地の跡地を利用するのは、Waymoとサムスンだけにとどまらない。Waymoの試験場は今後、さらに広大な自動運転技術の研究 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
性能テスト つくばの日本自動車研 来月から /茨城

警察庁が2016年5月に作成したガイドラインでは、公道での実証試験に入る前に、同研究所などの実験施設で、安全走行が可能かを確認するよう求めている。 永井正夫所長は「公道試験中に事故が起これば国全体の研究開発も止まってしまう恐れがある。テストを通じて開発者に技術を磨く場を提供し、自動運転技術開発 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トラックの電子けん引や無人バス・タクシー、自動運転事業化へ実験活発化

新東名の浜松サービスエリア〜遠州森町パーキングエリアの約15キロを、各メーカーが開発した自動運転システムを搭載したトラックが3台で隊列になって走行、1月23日〜25日の3日間で6.5往復した。 レーダーを用いて前方車両との車間距離を一定に保つACCと呼ばれる技術があるが、今回の実験ではACCに加え、車間 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
法と技術シンポジウム(第2回)「コネクティッド カー(Connected Car)とプライバシー・個人情報保護」開催の …

人工知能技術による自動運転車は社会を大きく変えると予想され、自動運転車の実用化と普及に向けて技術開発が進みつつある。現在はその前段階としてネットワークに接続されたいわゆるコネクティッドカーの開発が自動車会社を中心に行なわれている。一方でコネクティッドカーの社会での普及に関しては法制度の整備が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転への期待、睡眠求める日本人

仮眠や打ち合わせ、食事や仕事など、自動運転中の車内はいわば「第3の生活空間」(ドイツBosch社日本法人社長のKlaus Meder氏)である(関連記事:部品メーカー主導の自動運転技術)。快適な車内空間の実現に向けて、座席や表示機器などをめぐる開発競争は過熱している。2020年以降には完全自動運転車の市場 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ウェイモ、自動運転向けミニバン多数調達へ

米アルファベット傘下の自動運転車開発会社ウェイモは30日、自動運転車による一般向け配車サービスの開始を視野に、使用する自動運転車を大幅に増やす方針だ。 ウェイモは、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)から多数のミニバンを調達することで合意したと発表した。年内に受け取りを開始する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ世界販売 3位に後退

このうち、日産のグループは去年上半期の販売台数で初めて首位になりましたが、その後、国に義務づけられたの検査で不正が発覚し、国内の工場で一時、生産停止に追い込まれた影響で、結局、トップには立てませんでした。 一方、トヨタ … 特に力を入れているのが、自動運転など新しい技術を活用したサービス事業です。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ社長・副社長、セールスの前線へ 販売店てこ入れ

豊田社長は九州、工場たたき上げの河合満副社長は関東、「つながる」を担う友山茂樹副社長は中部、事業・販売を担うディディエ・ルロワ副社長は近畿を担当する。 24日、全国の販売 … 豊田社長は今月、米ラスベガスであった技術見本市CESで、自動運転車を使って相乗りなど幅広いサービスをめざすと宣言。「をつくる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動車産業界仕事研究イベント】Car Technology Forum 全国3都市で開催

AI(人工知能)を搭載した就活ロボが学生一人ひとりの行動記録からマッチした企業を個別に案内するといった、学生と企業のマッチングを促進する仕組みを導入しています。また、朝日新聞のその日の記事から社会や業界に関してのトピックスを就活目線でわかりやすく解説した「今日の朝刊」など、 単なる就活ノウハウの提供 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
グーグル系ウェイモ、自動運転の試験 数千台に拡大

【シリコンバレー=中西豊紀】米グーグル系の自動運転開発会社ウェイモは29日、公道試験用のを今の600台から数千台へと大幅に増やすと発表した。提携相手の欧米フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)から調達する。から得られるデータの量を増やし、他社に先行して実走行に耐えられる自動運転 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
如実に表れた「中国市場での販売力の差」

中国を含む主要市場では電気自動車(EV)などを優遇する制度が今後導入され、自動運転など次世代技術への対応も急務となる。世界市場で販売を拡大するには、他社との提携を通じた規模の拡大が必要で、世界の大手4グループの首位争いは激しくなりそうだ。 … と提携。電動用モーターでは日立製作所と組んだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「General Motorsが計画 完全な自動運転車を2019年までに量産で製造 livedoor」など、2018年1月20日     ニュース

ニュース
General Motorsが計画 完全な自動運転車を2019年までに量産で製造

ハンドルもペダルもない完全自動運転車」の量産計画が発表される … 自動運転技術の開発は、いまもっとも自動車業界でホットな話題でしょう。 … ところが、このほど米国では、デトロイトで開催されたモーターショーの「Detroit Auto Show」にあわせて、General Motors(GM)が、なんと完全自動運転仕様の電気自動車と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
「第2のテスラ」狙う中国EVベンチャーの実力

さらに健康状態の測定までできる。車内機器は、アマゾンのAI(人工知能)アシスタント「アレクサ」やジェスチャーで自由自在に操作できる――。 最新テクノロジーを”全部乗せ”したといっても過言ではないEV(電気自動車)のコンセプトカーが、1月9日から米ラスベガスで開かれた見本市「CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動運転車にドローン、量子コンピュータチップ…… – Intelの最新情報が詰め込まれた基調講演

例えば、人々は1日あたり1.5TBのデータを消費し、自動運転車は1日あたり4TB、ロボット制御には工場全体で1PBのデータを要すると説明。 … 集団)との提携を果たし、すでに提携を果たしているフォルクスワーゲン、BMW、日産、NAVINFOとともに、各国の道路交通法に準拠した自動運転車両の開発を加速させていく考えだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「視界360度・脳波測定・自走二輪 車の自動運転が進化 朝日新聞」など、2018年1月15日     ニュース

ニュース
視界360度・脳波測定・自走二輪 自動運転が進化

クルマ自動運転技術が進化している。トヨタ自動車は「視野」を360度に拡大し、日産自動車は乗る人の脳波をとらえて運転に反映させる。ヤマハ発動機は自ら立って走れるオートバイをつくった。 各社は米ラスベガスで12日(日本時間13日)まで開かれた家電・技術見本市「CES」で新技術を披露。 トヨタが公開した自動運転 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車のある未来】GMがハンドルのない自動運転車を2019年実用化へ!NVIDIAとサーファー憧れ …

自動運転車の開発競争が熾烈なことは既にご存じの通りだが、必ずしも自動車メーカーが主導であるとは限らないのが面白い点だ。ハンドルやブレーキペダルが自動運転車の開発や実験は、米Google(アルファベット)のウェイモが先行した。そしてこの数年は、ディープラーニング技術で脚光を浴びている「NVIDIA」も台頭して …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AIと自動運転車が街を見守る

2040年、道路交通の主役は自動運転車になり、運転免許はほぼ不要になる。自動運転は交通事故を減らすだけでなく、センサーを駆使して街を24時間見守り、犯罪を未然に防ぐ。は移動手段から、社会の安全を支える … レベル4の完全自動運転技術は2020年の実用化を目指している。 注)レベル3と言っても、渋滞中の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
フォード、駐車場などインフラと連動する自動運転車

ハケットCEOは「まずは自動運転を使った移動・輸送受託のビジネスモデルを広げることに注力する」とし、中小企業なども対象の顧客とすることを示唆した。 フォードは2021年に自動運転車の導入を計画している。米ゼネラル・モーターズ(GM)から2年遅れとなることについてケン・ワシントンCTO(最高技術責任者)は「都市 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
打倒テスラ宣言の高級自動運転EV「フィスカー」創業者の野望

創業者のヘンリック・フィスカー(Henrik Fisker)は「バッテリー技術の新時代」の幕開けだという。 … CESに向けて意気込むフィスカーに、EV業界の今後と、現行の自動運転車に足りないものについて聞いてみた。 … また、当社が発表するソリッドステートのバッテリーは自動運転車だけでなく家電の未来をも変えるものだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ヤマハの低速自動運転車の”現実味”—CES 2018で提案

CES 2018で、関係者の間で話題になっていたのが、”ワンマイルモビリティを再定義する”というコンセプトのヤマハの低速自動運転車だ。 … 今後については、商品としての信頼性を高めたうえで、「ゆくゆくは、現行の誘導線を利用した自動走行の置き換えも考えていきたい」と、同社モビリティ技術本部の吉田睦グループ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
デンソー子会社が次世代AUTOSAR対応OSを開発、自動運転車のECUに適用へ

自動運転車やコネクテッドカー、ADAS(先進運転者支援システム)など、高度な車載システムに採用される高性能なインテリジェントECUがターゲットで、ヘテロジニアスな … AUBIST OS POSIX版は、そういった処理に対応可能なマルチコア/メニーコア技術を活用した高性能なプロセッサを搭載するインテリジェントECUに最適 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
北米国際自動車ショー開幕、各社が自動運転技術などアピール フォードがEV投資倍増を表明

各社は売れ筋のピックアップトラックやスポーツ用多目的(SUV)を展示の中心に据える一方、電気自動車(EV)や自動運転など先端技術の開発もアピールしている。 米自動車大手フォード・モーター幹部は14日、会場内で記者団に対し、EVやハイブリッド(HV)の開発費を従来計画の2倍超に当たる110億ドル(約1 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
大型ブームの先へ

… 【デトロイト=兼松雄一郎、工藤正晃】北米国際自動車ショーが14日(日本時間15日)開幕する。販売が好調な大型を中心に各社が戦略車種を相次ぎ発表する見通し。ただ、大型の需要は原油価格の動向次第で変調を来しかねない。「大型ブーム」の先をにらみ、欧米やアジアの自動車大手が電動化や自動運転技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマ技術 激戦インドでは欧米・現地企業の動きに要注意

これらの地域における自動車技術の特許等の動向について調査を行ったところ、日本の完成メーカーは、ASEAN各国の市場で力強さを発揮し、特許出願件数 … 調査では、図1に示す点線内の技術(注:自動二輪車・三輪車に関する特許出願に関しては原則調査対象外としたが、車種が特定されていない出願や、自動車等に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
燃料電池車「MIRAI」に未来はこないのか!?

トヨタ自動車が、電気自動車への本格参入を明確にした。17年10月に開幕した「東京モーターショー2017」でAI(人工知能)を搭載した電気自動車の「トヨタコンセプト愛i」を発表。20年代前半には、航続距離が大幅に伸びる「全固体電池」の実用化方針を打ち出した。電気自動車時代でも世界のトップメーカーであり続ける意欲 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
新刊/中村吉明著『AIが変えるクルマの未来 自動車産業への警鐘と期待』

人工知能(AI)関連本と思って読み進めると違った。変革期にある自動車産業の現在位置を解説した一冊だ。カーシェアリング、電動化、自動運転といった革新の波が、組み立… (残り:173文字/本文:253文字). (2018/1/15 05:00). ※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけます。 会員登録 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
CES閉幕 AI進化で新たな競争加速 電機とクルマの境界消え、合従連衡へ号砲 (1/2ページ)

先陣を切ったのはトヨタ自動車だった。開幕に先立つ8日、未来の商用をイメージした電気自動車(EV)の試作を発表。独特の箱形のデザインで移動型の店舗になったり、移動ホテルになったりする。多彩な用途を実現するため米ネット通販大手アマゾン・コムや米配車大手ウーバー・テクノロジーズ、ピザハットと提携したこと …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【CES 2018】Intelの自動運転向けソリューションを統括するキャシー・ウインター氏に聞く

ウインター氏:5Gに関して自動運転は非常にいいユースケースになると考えている。現在の自動車は常時接続にはなっていないが、すでに自動運転車の開発フェーズでは高速な携帯電話回線が必要になり、5Gはそのよいアプリケーションになる。高精度マップの構築にも5Gは必要になるだろう。また、自動運転が普及した後は、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「CESで自動運転車を初体験 —— とても退屈で、素晴らしい体験だった BUSINESS INSIDER JAPAN」など、2018年1月11日     ニュース

ニュース
CESで自動運転車を初体験 —— とても退屈で、素晴らしい体験だった

1月10日(現地時間)、同僚と私は自動運転タクシーに乗るために、CESの会場であるラスベガス・コンベンション・センター(LVCC)近くの駐車場に向かった。今回の取り組みでは、Aptivが車両自動運転技術を提供、Lyftが実際の運行を担当している。 我々はラスベガスのドライブを楽しんだ。だが今のところ、CESで体験した中 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Uberが自動運転にNVIDIAの技術を採用、開発ペースを加速…CES 2018で発表

Uberは、ボルボ『XC90』SUVの最初のテスト車両で、NVIDIA GPUコンピューティングテクノロジの使用を開始。現在では高性能のNVIDIAプロセッサーを使用して、自動運転/配車車両自動運転の貨物トラックの両方でディープニューラルネットワークを稼働させている。以来、Uber車両の開発ペースは急激に加速しており、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
インテル傘下のMobileye、今後の自動運転プロジェクトの詳細など明らかに

Mobileyeの最高経営責任者(CEO)で最高技術責任者(CTO)のAmnon Shashua氏は、自動運転車の開発における重要分野に関して、センシング、REM(Road Experience Management)、運転ポリシーなどを挙げている。 この方針に従い、Mobileyeの2018年の「マスタープラン」には、レベル4(L4、高度に自律的な運転が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転向け技術をCESで披露、存在感を強調するNXP

NXPは、LG Electronicsおよび、アルゴリズム関連の専門技術を提供するドイツHELLA Aglaiaと、先進運転支援システム(ADAS)や自動運転車向けの技術開発で協業するという。これが、CESにおけるNXPの発表の目玉の1つだ。この協業により、NXPが「S32V」プロセッサをベースとして開発した、ADASおよび自動運転車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転の実験、杉並で開始 住宅街の公道は都内初

住宅街の公道を利用した東京都内初の自動運転車の実証実験が11日、杉並区内で始まった。自動運転技術開発を手がけるアイサンテクノロジーのほか東京大学、測量会社の第一航業(東京・杉並)が杉並区の支援を受けて実施した。区立の井草森公園の周囲の都道・区道約1キロを、ミニバンをベースにした自動運転車が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米運輸当局、トラックや列車の自動運転で新たな政策指針策定へ

道路交通安全局(NHTSA)は自動運転車に対する「不必要な規制の障壁」や安全性の検証と認証の方法に関して意見を求めている。連邦公共交通局や連邦高速道路局も意見を公募している。これらの意見は同省の連邦自動運転車政策の第3版の作成に利用される。チャオ長官によると第3版は今夏に公表される見通し。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車技術のためのディストリビューションAutomotive Grade LinuxをToyotaとAmazonがサポート

AGLはそれに対してさらにセキュリティを厚くし、自動運転車をハッカーにやられないようにしたい。遠隔通信や地図関連の技術も重要だ。とくに地図データは、各社ばらばらでなく、全メーカーが共有できる形式であることがきわめて重要だ。地図の共通化は、AGLがメインの課題として追究している安全性の面でも欠かせない。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転 通行量の多い市街地で実証実験 東京 杉並区

自動運転の実用化に向けて東京 杉並区で、人やの通行量が比較的多い市街地を自動で走行させる実証実験が行われました。 続きを読む. この実証実験は、杉並区や自動運転技術開発に取り組む民間企業、それに東京大学などが共同で行ったものです。 の上部には特殊なセンサーがあって人や障害物を検知できる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アウディが2018年に自動運転「レベル3」のA8を発売予定。日本での発売は?

clicccar.com(クリッカー)
2018年、本国ではいよいよ世界初の自動運転レベル3の製品としてA8がデビューの予定です。すでにドイツでは法整備が整い、あとは国際的な技術基準が整えられ、その技術認証がクリアとなればレベル3自動運転車としてデビューとなるそうです。デビュー時には時速60km以下の自動車専用道路に限って使用できるものとなり …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
OKIグループとアヴネット、自動運転向けのAIボードを開発

OKIグループの設計受託企業であるOKIアイディエスは、技術商社大手のアヴネットと共同でレベル4~5の自動運転車に向けた人工知能(AI)コンピューターボードを開発した(リリース)。2018年2月からアヴネットが国内で販売する。将来的にはアジアにも販路を広げる。ボードは開発・評価用であり、実際のシステム開発をOKI …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ルノー・日産・三菱がベンチャー・キャピタルを設立 バッテリーや自動運転など新たなモビリティに5年間で …

ルノー・日産・三菱の約10億ドルという出資額は、CVCを持つ自動車メーカーとしては最大となる。 BMW iVenturesもGM Venturesも、ベンチャー・キャピタル運営の経歴が長いが、ファンド規模は彼らより小さい(BMWは、iVenturesの次の10年での投資総額を5億ドル以上に増やしている)。トヨタもロボティクスや人工知能の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
CESで自動運転車を初体験 —— とても退屈で、素晴らしい体験だった

1月10日(現地時間)、同僚と私は自動運転タクシーに乗るために、CESの会場であるラスベガス・コンベンション・センター(LVCC)近くの駐車場に向かった。今回の取り組みでは、Aptivが車両自動運転技術を提供、Lyftが実際の運行を担当している。 我々はラスベガスのドライブを楽しんだ。だが今のところ、CESで体験した中 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転向け技術をCESで披露、存在感を強調するNXP

同プラットフォームはBaiduが開発したもので、“ロボットカー向けAndroid”としても知られている。この提携により、NXPの半導体チップがApollo Open Autonomous Driving Platformをサポートできるようになるとしている。 こうしたさまざまな発表内容から、NXPが、「ADASや自動運転車向けオープンプラットフォームの強力な …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、何でも出来る・使えるクルマ「e-Palette Concept」を「CES」に出展

提携する米ウーバーテクノロジーズ、マツダに加え、新たにアマゾン、ピザハット、滴滴を含めた計5社を第1弾パートナーとして、多機能車両を開発する。 また、トヨタが培ってきた安全性の高い車両制御技術を用いて開発した車両制御インターフェースを自動運転キット開発会社に開示する予定だ。自動運転キット開発会社は、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「夢のクルマ、実現間近 IT企業交え開発競う 完全自動運転、今年前半試行も 毎日新聞」など、2018年1月4日     ニュース

ニュース
夢のクルマ、実現間近 IT企業交え開発競う 完全自動運転、今年前半試行も

自動運転を目指す企業にはIT企業が目立つ。名古屋大の野辺継男(のべつぐお)客員准教授は「自動運転はソフトウエアの開発そのもの。IT企業の得意分野だ」と指摘する。米半導体大手、エヌビディアが自動運転向けの人工知能(AI)を開発するなど技術は格段に進歩しており「完全自動運転は意外と早く実現するかもしれ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ラスベガスで完全自動運転タクシーに乗れる!AptivとLyftがCES 2018に合わせ運行

自動運転技術を開発するAptivと配車サービスを手がけるLyftは、米国ネバダ州ラスベガスで開催される家電見本市Consumer Electronics Show(CES)2018の期間中、ラスベガス … 使用する自動車は自動運転に必要な各種センサを車体に一体化させており、一般的な自動運転車と違って目障りな装置が飛び出していない。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【電子版】ドライバーの脳波で走行 日産が運転支援技術を開発

高い安全性や移動手段としてのの新しい可能性を追求するため、世界各メーカーは自動運転技術の確立を急いでいる。日産自では2016年に、高速道路の同一車線で車間距離を把握して停車や前進を促す自動運転を実現。20年までには一般道での自動運転技術を投入する予定。一方、 トヨタ自動車も20年の高速道路向け …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
伊那市長谷で1~3月 自動運転車実証実験へ

… で自位置を特定し、既定のルートを走行する20人乗りのバス車両を使用する。磁気センサーはレベル4の実験区間の一部150メートルに埋設する。 モニターや近隣住民にアンケートを実施して、自動運転の社会受容性を検証。小型無人機ドローンなど新産業技術を連携させる伊那市の物流の仕組み作りを踏まえ、人と荷物 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産、ドライバーの心を読んで反応時間を短縮する技術を開発

Nissanの最新研究プロジェクト’brain-to-vehicle’(B2V)は、ドライバーがハンドルをまわそうと思ったり、ブレーキを踏もうと思っただけで行動を予測する技術を開発し … SFシリーズの「ブラックミラー」の世界を彷彿させるが、この技術から得られるデータを利用して、ADASが改善され、もっと賢く能力の高い自動運転車への道が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Local MotorsがOlli顧客のために10億ドル超の資金調達

▽Xcelerateについて当社の使命は未来-Xcelerateはテキサス州フリスコに本社を置く持続可能な輸送リース会社で、米国中の最も進歩的な組織の一部に資金援助を提供している。モビリティーの将来と自動運転によるフリート技術に重点を置き、Xcelerateは、フリートを電動パワートレイン車両に移行させつつある公的および …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
交通事故死者、17年は過去最少の3694人 68年ぶり更新

政府は20年までに年間死者数2500人以下を目標に掲げている。ただ、17年版の警察白書は従来の対策では「達成は困難」と指摘した。警察庁は17年6月、遠隔システムの制御により、無人の自動運転車の公道実験を初めて認める許可基準を公表。将来的な事故防止に向けて先端技術の開発を支援する。事故原因などを …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
幅広い分野手がける KYB の“モノづくり”とは…クルマ、バイクから航空・鉄道、建設機械関連まで

被災をきっかけに資郎は一時的に海軍の技術者となる。 … その後は、建設機械、産業機械用のギヤポンプやギヤモーター、パワーステアリング、コンクリートミキサなどの特殊車両、航空機部品などさまざまな分野へ進出 … やがて訪れる自動車の電動化、自動運転化の世界でもその技術力は余すことなく活かされることだろう。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車の試乗体験コース、順義区に開設

北京市順義区政府は12月29日、同市で初となる自動運転車の試乗体験ができるテストコースをオリンピック水上公園に整備したと明らかにした。新華社電などが伝えた。 テストコースは全長7キロメートル。北京汽車集団(北汽集団)傘下の新技術研究部門が技術支援を行い、系列の北京… 関連国・地域: 中国-北京.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
“現役最強のホンダ”を徹底解剖! もはや「国民」の新型N-BOX進化の裏側

の新技術と「マジで軽かよ?」とビックリする … と、今どきの思いつくクルマの装備や技術のほぼすべてが新型N-BOXで手に入る。そして、それら … 発売中の増刊『クルマプレイボーイ』では、2018年のイチ推しカー、コンパクトSUV最強の10台、ニッポン自動運転の実力、各メーカートップ独占インタビューetc…専門誌が書け …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
夢のクルマ、実現間近 IT企業交え開発競う 完全自動運転、今年前半試行も

IT企業と自動車メーカーが入り乱れて開発競争は過熱している。独フォルクスワーゲン(VW)はエヌビディアと提携。独BMWは米半導体大手インテルなどと組み、インテルはウェイモとの協業を発表した。そのウェイモはホンダとも共同研究を検討している。自動運転車をいち早く実現できる相手はどこか。既存メーカーの模索は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Local MotorsがOlli顧客のために10億ドル超の資金調達

… 共同通信JBN】Local Motors(https://localmotors.com )は、Elite Parking Services子会社のフロリダ州に本拠を置くElite Transportation Services(ETS)とテキサス州のXcelerateのいずれも業界をリードする専門家らと提携して、Local Motorsの自動運転シャトルバス「Olli」のためのサードパーティーによる運営支援と車両 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
車載SWでイスラエル社と提携、LG電子

車載SWでイスラエル社と提携、LG電子. LG電子は、自動運転車向けソフトウエア事業を強化するため、ジェスチャー・顔認識技術を手掛けるイスラエルのアイサイト・テクノロジーズと手を組んだ。 アイサイトのジェスチャー・顔認識技術を採用した車載インフォテインメントシステムを1月9日に米ラスベガスで開幕する家…
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「自動運転車の安全な走行を実現する「ダイナミックマップ」生成でKDDI、ゼンリン、富士通が共同で実証実験 ITmedia」など、2017年12月27日     ニュース

ニュース
自動運転車の安全な走行を実現する「ダイナミックマップ」生成でKDDI、ゼンリン、富士通が共同で実証実験

KDDI、ゼンリン、富士通は、2018年1月から、自動運転車の走行に利用する「ダイナミックマップ」を生成するために必須となる大容量データの情報収集と、自動運転へのマップ配信技術の実証実験を開始する。 ダイナミックマップは、自動運転や運転支援システムに必要となる高精度の3次元情報を持つデジタル地図。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「日本の自動運転技術は世界最高になり得るのか」デロイトトーマツ周氏が語る…オートモーティブワールド …

毎年規模を拡大して開催しており、前回は世界中から3万4542名の業界関係者が来場した。「カーエレクトロニクス技術展」「EV・HEV駆動システム技術展」「クルマの軽量化技術展」「コネクティッド・カーEXPO」「自動車部品・加工EXPO」の5テーマに、新たに「自動運転EXPO」を加えた6つの展示会を開催する。また業界の第一 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ZMP、第1回 自動運転EXPOに RoboCar MiniVan など出展へ

技術を活用した製品を自動車メーカ/部品メーカ等へ販売している。これまで実験・開発用車両「RoboCarシリーズ」や、ソニー製高感度CMOSセンサを搭載したステレオビジョン「RoboVisionシリーズ」、カメラやレーザセンサなどから周辺環境を把握し、自位置を推定、ステアリングやアクセル・ブレーキの制御を行う自動運転 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
2017年、小沢が面白かったクルマベスト5

というのも、今年後半は東京モーターショーもあって新作「EV(電気自動車)」「セミ自動運転カー」さらに「スポーツカー」の意欲作を楽しみにしていたのに、実際に出てきたのは日産「リーフ」のみ。北米プレミアムEVブランド、テスラ初のコンパクト「モデル3」は出遅れてるし、面白いセミ自動自動運転技術を搭載した市販は抑えめ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
の操作はジェスチャーで、アルプス電気がCES 2018で公開予定

アルプス電気は12月26日、2018年1月に米国ラスベガスで開催されるCES 2018において、自動運転車向けのジェスチャーによる入力技術を初公開すると発表した。 将来の自動運転車に向けて、アルプス電気が提案するのが、静電方式による入力デバイス。これは、ジェスチャーによる運転席周辺の入力操作を可能にするもの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【インタビュー】インテル 執行役員 オートモーティブ担当 大野誠氏に、Intelの自動車向け半導体ビジネス …

買収総額は約153億ドル(日本円で約1兆7442億円、1ドル=114円換算)と巨額の買収劇となったことでも大きな注目を集めたが、それだけの資金を投じて自動運転のキーコンポーネントとみられているコンピューター・ビジョンの技術を手に入れるというのが、Intelの自動運転実現への本気度を示していると業界では考えられて …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【材料】アートSHDなど自動運転関連が軒並み高、KDDIの3次元マップ提携の動きなど受け物色人気再燃

… エレクトロニクス<6769>、アイサンテクノロジー<4667>など自動運転車関連株が軒並み買われている。年末で中小型株物色の流れが強まるなか、内需の材料テーマ株に個人投資家資金を中心とした物色の矛先が向いており、その流れのなか株価面で休養十分な同セクターにも注目が集まった。自動運転技術を巡る世界の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Uber、失敗に終わった自動車リース事業をFair.comに売却か

The Wall Street Journalによると、提携ディーラーを介して中古を無期限でリースするサービスを展開する新興企業Fair.comが、同事業を買収するという(金額 … Khosrowshahi氏は規制当局、ドライバー、乗客との良好な関係の構築に努めつつ、自動運転技術を盗んだとして提訴されている大きな訴訟問題にも対処している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
交通トラフィックを先読みする

日本でいうところの花火渋滞などに備えて、流入トラフィックを別ルートに誘導することもできる。 自動車をデータ通信のパケットに見立てて、最適なルーティングを行うために、ノードや伝送路の情報を活用するといったところだろう。 将来的には自動運転車が主流になるかもしれないといわれる中、こうした技術は都市と移動手段 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車分野・製薬分野が積極採用しているIT人材とは

自動運転など自動車分野の先進技術に興味があったことが志望動機となったこの男性は、好きなことに加えて、英語に堪能。一方、日本語力は会話レベル。海外の協業パートナー/開発拠点との連携がなければプロジェクトを進められないため英語力が当然求められるが、日本語力は必要ないとして採用担当者が条件を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
人工知能が仕事を奪う」に怯えている人たちが、今絶対にすべきこと

今では農業人口はわずか約3%で、近代化の過程でより「食える」産業の綿花・紡績産業、鉄鋼産業、電子機器産業、自動車産業などなどへと労働者が移動していったことはよく知られています。 ですから、人工知能が行う処理がいかに魔法のように見えても、労働市場で実際に起こることは、これまで何度も起こってきた技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
北京市 ハイテク産業推進ガイドラインを発表

北京市政府は26日、「ハイテク産業推進ガイドライン」を発表しました。このガイドラインは、次世代情報技術、集積回路、先端設備製造、医薬保健、省エネ・環境保全、人工知能(AI)搭載型新エネルギー自動車、新材料、人工知能、ソフトウェア・情報サービス、技術サービス業の10分野に対する指針となり、イノベーションによる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
音声認識技術の中心「サウンドバレー」:安徽省

すでに一般家庭のほか、おもちゃ、自動車、会議記録といった分野での応用が進んでいます。 人工知能と産業との融合・応用は、仕事や日常生活を便利にするだけでなく、効率の向上や、手作業からの解放といった面で、実体経済の発展を促しています。 合肥ハイテク区の責任者によりますと、「サウンドバレー」は1000億元の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
【材料】アートSHDなど自動運転関連が軒並み高、KDDIの3次元マップ提携の動きなど受け物色人気再燃

アートスパークホールディングス<3663>が一時6%高、ゼンリン<9474>も4%近い上昇をみせたほか、モルフォ<3653>、ベリサーブ<3724>、ザインエレクトロニクス<6769>、アイサンテクノロジー<4667>など自動運転車関連株が軒並み買われている。年末で中小型株物色の流れが強まるなか、内需の材料テーマ株に個人 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「「レベル8」の自動運転車はトランスフォーム…2060年のモビリティ レスポンス」など、2017年12月19日     ニュース

ニュース
「レベル8」の自動運転車はトランスフォーム…2060年のモビリティ

コンペの参加者は、2060年のロサンゼルス市がレベル5以上の完全自動運転車を導入したと想定し、車両やインフラストラクチャーが、どのように変化すべきかを提案する。 2017デザイン&デベロッパー … 現在、米国のSAE(自動車技術者協会)が定めている自動運転のレベルは、0~5まで。最高のレベル5が完全自動運転車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「ホンダの自動運転はパーソナルカー」安井裕司氏…GTC 2017

半導体メーカーのNVIDIAが12月12~13日に開催した技術イベント「GTC Japan 2017」において、ホンダの自動運転AI開発をリードする本田技術研究所 四 … 走行する公共交通としての自動運転車と、パーソナルカーとして、オーナーが行きたいところに、高精度地図データがない場所であっても移動するために使う自動運転車
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
韓国政府「2020年までに自動運転車の高速道路運行を可能に」規制見直す

政府はまた、2020年まで高速道路で自動運転車が運行できるよう関連規制を改正すると共に、自動運転車に搭載される9大主要部品と技術の開発に向けて、2021年まで1445億ウォン(約145億円)を投資する。2022年まで電気自動車を35万台に増やす計画も立てた。 産業部は政策推進の背景と関連し、「産業競争力が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転開発で重要なのはチップスペックではない」NVIDIAグプタ氏…GTC 2017

半導体メーカーのNVIDIAが12月12~13日に開催した技術イベント「GTC Japan 2017」において、NVIDIA Global Head – Solutions Architecture & Engineering, … 自動運転車は産業グレードのディープラーニングの活用例となる。それを … 自動運転車にディープラーニングを利用する際に考慮すべき点は、第一に安全性。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AI半導体「エヌビディア」は何がスゴいのか

エヌビディアのAIコンピューターを搭載した、自動運転車のプロトタイプ。 … 12月中旬、4000人を超える技術者たちが東京・お台場のホテルに詰めかけた。 … トヨタ以外にも、エヌビディアは米EVメーカーのテスラ、独高級大手のアウディとも次々に協業を進め、ハンドルがいらない「レベル5」の完全自動運転に対応するAI搭載 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
素材大手、次世代に投資

素材大手が次世代自動車向け材料の増産に乗り出す。つながる「コネクテッドカー」に不可欠なガラス材料について、積水化学工業は200億円を投じオランダ工場に生産ラインを増設し、クラレも韓国で18年から増産する。日本の素材大手は「CASE」と呼ばれる次世代カーの先端分野に積極投資し、基幹技術を握るとともに …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産 エクストレイル、プロパイロット標準装備の特別仕様を発売

特別仕様は上級グレード「20X」および「20Xハイブリッド」(ともに2列シート)をベースに、自動運転技術「プロパイロット」や、「インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)」、「RCTA(後退時車両検知警報)」、「ハイビームアシスト」、「インテリジェント アラウンドビューモニター」、「インテリジェント ルームミラー」などの運転 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
BMW、GMなどスタートアップや技術者採用・投資に熱心な5社の「AutoTech投資戦略」

自動運転技術」や「先進運転支援システム(ADAS)」に代表されるAutoTechとは、自動車運転の安全性や走行性の向上を目指す先端技術を指す。 …. メーカーとは対照的に、BMWは組織内にAV部門を開設し、インテル(Intel)やモービルアイ(Mobileye)といった大手テクノロジー企業と提携関係を結び、完全自動運転車の共同 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【絶賛発売中!】2018年版『間違いだらけのクルマ選び』

新型リーフ、テスラ・モデル3、VW e-ゴルフなどEVが続々登場、欧州ではエンジン規制まで話が進み、国産メーカーは遅れが指摘されるが……、それは本当なのか? 一方で、長足の進歩を遂げた自動運転技術を搭載の、レクサスLSやそのライバルが一斉登場。EVも自動運転も未来の話ではなく、いよいよ私たちの今日の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
モバイル技術を活用し、IoT時代を牽引 – クアルコムのIoT事業戦略

このような状況を背景に、12月15日に行われたクアルコムのIoT事業戦略会において、同社のシニアバイスプレジデントであるRaji Talluri(ラジ・タルーリ)氏は、「モバイル分野で培った技術が活きている」と同社製品の優位性を語った。 「例えば、自動運転の分野において、が得た情報を瞬時に処理し、ドライバーを適切に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
HV王者のトヨタがEVにアクセル踏み込む理由

トヨタ自動車が2017年の東京モーターショーに出品した「コンセプトアイ」の2車種。人工知能(AI)を搭載した電気自動車(EV)だ。今後はEVを含む電動車の … HV(ハイブリッド車)で圧倒的な世界シェアを誇るトヨタ自動車も、急速に進むEV(電気自動車)シフトには焦りと危機感を隠せなかった。 トヨタは12月18日、2025年頃 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日本最大のAI・人工知能の専門展!4月、ビッグサイトにて開催

リード エグジビション ジャパン(株)は、2018年4月4日(水)~6日(金)までの3日間、東京ビッグサイトにて「第2回 AI・人工知能EXPO」を開催する。 … 製造、IT、自動車・運輸、教育、メディア、広告など来場者の業種は幅広く、また会場で熱心に商談をする様子から「AI」は各業界が注目し、導入を進めていることがはっきりした。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
AI半導体「エヌビディア」は何がスゴいのか

たとえばトヨタは、自動運転車の頭脳にエヌビディアのスーパーコンピュータ「ドライブPX」を採用。実際にどの車種にいつ頃搭載されるのかは明らかでないが、自動運転に欠かせないといわれるAIの部分で、共同開発を進めている。 トヨタ以外にも、エヌビディアは米EVメーカーのテスラ、独高級大手のアウディとも次々に協業を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
BMW、GMなどスタートアップや技術者採用・投資に熱心な5社の「AutoTech投資戦略」

自動運転技術」や「先進運転支援システム(ADAS)」に代表されるAutoTechとは、自動車運転の安全性や走行性の向上を目指す先端技術を指す。 …. メーカーとは対照的に、BMWは組織内にAV部門を開設し、インテル(Intel)やモービルアイ(Mobileye)といった大手テクノロジー企業と提携関係を結び、完全自動運転車の共同 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「テスラ、自動運転用に独自のAIチップを開発へ イーロン・マスクが語った構想の思惑 WIRED.jp」など、2017年12月12日     ニュース

ニュース
テスラ、自動運転用に独自のAIチップを開発へ イーロン・マスクが語った構想の思惑

テスラが自動運転技術を進化させるために人工知能(AI)のチップを独自開発していることを、イーロン・マスクが明らかにした。新チップによってクルマ自動運転 … 野心的なプロジェクトを加えた。テスラのクルマは将来、自社設計のチップを用いて自動運転の人工知能(AI)ソフトウェアを動かすことになるだろう、というのだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマの「完全自動運転」でなくなる職業・モノ全リスト

日産とホンダが開発するのは6段階中の「レベル4」で、運転はすべて自動。ハンドルやブレーキはついているが、ほとんど「飾り」に近い。 自動運転車が公道を走る日は、もっと早く訪れるかもしれない。日本政府は、「東京五輪」をメドに技術開発を急いでいて、五輪の来場者を乗せるバスやタクシーを「ドライバーレス」にすると宣言 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
インテルが買収した自動運転技術イスラエル企業「Mobileye」…シャシュア CEOとは何者か

1999年にイスラエルで設立されたモービルアイは、自動走行の中心的な技術となる「先端運転支援システム」(ADAS)を世界に先駆けて開発した企業だ。 ADASは、車線を離脱したり、歩行者や前方車両との追突の危険性があった際に警告してくれる「インテリジェント安全装置」である。モービルアイのADASは、前方車両と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
OKI、アヴネットとAI搭載の高度自動運転技術開発向け新型プラットフォームを共同開発

新型プラットフォームは、『AD(自動運転)はADAS(先進運転支援システム)の単純延長ではない』、かつ「コンパクト設計」の実現というコンセプトのもと開発されました。車載電子システムの機能安全要求レベルASIL-C(注7)に対応したMPSoCを2個搭載し、1つ目で多数のセンサー情報を処理して人物、車両、障害物の検出を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車、統合機運 国有大手3社が戦略提携 EV開発強化、外資に対抗

戦略提携で「国家チーム」を組むことによって、EV、人工知能(AI)、自動運転といった最先端分野の研究・開発力を高めると同時に、海外展開を加速し「中国ブランド」の国際化を … 国内メーカーにEVなど次世代技術の開発を奨励し、世界市場で主導権を握ることを目指す。3社の合併構想はそのための一手との見方が強い。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「カーシェアリング」参入 会員募集

交通エコロジー・モビリティ財団によると、国内の個人向けカーシェアリングの車両は、2010年の1265台から、15年は1万6418台と13倍に増加。日産は「シェアリングは今後確実に広まる。新車販売に与える影響もゼロではない」として、に対する需要が「保有」から「利用」へと変化する中、これまで中心だった新車販売以外 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
中国のAIは”大したことはやってない”のか

ディープラーニングを行っているわけではないため、正確にはAIとは言えないのだが、レーザーを照射して周辺の対象物を検出・測距するという、自動運転でも使われる技術を用いている。 この自動運転車を走らせているのは、大手ECコマース会社・京東。日本でいうAmazonのような企業で、注文された商品を無人で届けよう …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ボルボが目指す死傷者ゼロ、可能性が大きくなる1台…西村直人【カーオブザイヤー2017-18】

2020年までに新しいボルボでの交通事故による死亡者や重傷者の数をゼロにする」これはボルボが掲げている安全思想「Vision2020」の大きな目標です … 2017年、一気に注目度が高まった自律自動運転技術に関してもボルボは積極的ですが、XC60では全モデルを通して要素技術である「パイロットアシスト/運転の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【特集】「人工知能」関連に物色人気再燃の兆し、政府がAI用新型半導体支援<注目テーマ>

自動運転車、ロボット、バイオ創薬、ドローン、フィンテックなど市場の有力テーマである技術系分野において、AIはそれらに横ぐしを通すように密接に絡み、 … 打ち出しているが、直近、読売新聞などを通じて、自動運転車やロボットに搭載するAI向け新型半導体の開発支援に乗り出すことが伝わり、関連株を強く刺激している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
Tesla、独自のAIチップを開発中。イーロン・マスクが語る

ますます進化を続けるTesla(テスラ)の電気自動車ですが、CEOとして会社を率いるイーロン・マスク氏によれば、なんとTeslaは独自のAI(人工知能)チップを開発中だというのです。 マシンラーニング関連のカンファレンス、Neural Information Processing Systems(NIPS)に登壇したマスク氏は、「Teslaはソフトウェアやハード …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
統合機運 国有大手3社が戦略提携

3社はそれぞれ日系メーカーと合弁会社を設立するなど中国自動車産業の中核を担ってきた。しかし、売り上げの大半を合弁相手のブランド車に依存しており、独自ブランドの販売では精彩を欠いているのが実情だ。戦略提携で「国家チーム」を組むことによって、EV、人工知能(AI)、自動運転といった最先端分野の研究・開発力 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【GTC Japan 2017】トヨタやホンダも参加するNVIDIAの技術カンファレンスが開幕

GTC Japan 2017は、GPUテクノロジーに関わる人に向けて研究開発やビジネスに関連したセッションやトレーニングが用意されるイベント。カンファレンスセッションとしては、ディープラーニング、AI(人工知能)、GPU、HPCなどさまざまなテーマがあるが、自動車関連も充実したものとなっている。 同社のGPUはAIエンジンとして …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【電子版】17年の半導体製造装置市場、過去最高の559億ドルに SEMIが見通し

米SEMI(カリフォルニア州)は12日、2017年の半導体製造装置の世界販売額が前年比36.5%増の559億ドルとなり、過去最高を更新する見通しだと発表した。ITバブルだった00年に記録した477億ドルを初めて超える。世界の半導体市場が自動車やIoT(モノのインターネット)、AI(人工知能)、医療などで拡大し、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
フォードとアリババが戦略提携 スマート自動車開発でも協力

フォードとアリババは、多様な分野で戦略的に提携することで合意した。共同でスマート自動車の開発にも取り組み、人工知能、スマート移動サービス、デジタルマーケティングなどでも協力する。12月8日、中国… ご覧頂いている記事は、有料購読記事となります。 日本未公開の業界別情報を中心に、以下コンセプト沿った記事を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
統合機運 国有大手3社が戦略提携

3社はそれぞれ日系メーカーと合弁会社を設立するなど中国自動車産業の中核を担ってきた。しかし、売り上げの大半を合弁相手のブランドに依存しており、独自ブランドの販売では精彩を欠いているのが実情だ。戦略提携で「国家チーム」を組むことによって、EV、人工知能(AI)、自動運転といった最先端分野の研究・開発力 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「インテルとワーナー・ブラザースが提携–自動運転車内でのエンタメ提供に向け CNET Japan」など、2017年11月30日     ニュース

ニュース
インテルとワーナー・ブラザースが提携–自動運転車内でのエンタメ提供に向け

Intelの傾向として、同社は画像認識や運転の判断といった開発に伴う初期問題の枠を超えて、人々が自動運転車をどのように扱うかも見据えている。同社は2017年に入ってフォーカスグループ調査を実施し、一般の人々がロボタクシーへの乗車にどのような反応を示すのかを調べた。 Intelは自社の自動運転車技術の開発 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
林先生が思う“新時代のクルマ”は、「人と人のつながりまで変えてくれる可能性を持っているクルマ

を取り巻く現状と世界の潮流を学んだ上で、3時間目では「自動運転技術」と「電気自動車」の両方の機能を兼ね備えたクルマとして発売されたばかりの新型「日産リーフ」に触れました。藤島さんは、新型「日産リーフ」は航続距離が400kmに伸びたことに加え、自動運転技術などが搭載され、新時代のクルマであると紹介しま …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
2020年までにドライバーは不要になる?日産の最新の自動運転技術は右左折も可能

今後ますます一般的になっていくことが予想されている自動運転技術。人がハンドル … 日産の取り組んでいる自動運転技術「プロパイロット」は、まさにそんな未来に向けて着々と進化を遂げているようだ。 … また、私たちドライバーがどこまで自動運転車を受け入れられるかという心理上の課題もまだあるのではないだろうか。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
豊田通商、東芝と車載ソフト新会社、自動運転など対応

豊田通商は東芝と車載ソフトを開発する新会社を12月に設立する。自動運転をはじめとした次世代技術の開発が加速するなか、の電子制御に使うソフトの需要は伸びている。両社の技術やノウハウを生かし、自動運転車で使う画像を認識するソフトや、電気自動車(EV)で電池の劣化を予測するソフトなどの開発に取り組む。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
パイオニアの自動運転用センサー、名大発ソフトに対応

オートウエアは名古屋大学や産業技術総合研究所などが共同開発したオープンソースのソフト。既存の車両やセンサーなどと組み合わせて自動運転システムを構築できるため、自動車メーカーなど多くの企業や研究機関が利用している。パイオニアは2020年以降にライダーを量産する計画。実験段階から関与して自動運転車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
市街地に繰り出す自動運転車、GMとベンチャーが競争

【サンフランシスコ】自動運転技術を活用した「ロボットタクシー」の商用化を競い、米国の自動車最大手と新興企業が当地の公道に繰り出した。両社は起伏に富むサンフランシスコでの取り組みがグーグルの親会社アルファベットに追いつく上で役立つと考えている。 ゼネラル・モーターズ(GM)は28日、自律走行する「シボレー・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
中国で自動運転車の発展が加速、2018年に量産へ

7月に中国・天津市で開催された「世界智能大会」で展示された百度の自動操縦(2017年7月1日撮影、資料写真)。(c)CNS/李 … 百度の李彦宏(Robin Li)CEOは「我々が7月に無人運転技術プラットフォームのアポロ計画を開設してから現在まで、既に6000人の開発エンジニアが投票して同計画への支持を表明している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
電動化&自動運転に向けたサプライヤーの技術を体感【Vision Zero Days Japan】

また、バイワイヤが失陥したとき、普通のブレーキだと倍力装置が作動せず、目いっぱい踏んでも制動力不足になりますが、このシステムだと普段と同じように利きます。応答性の良さは自動運転にも有用で、システムの判断から実際の作動までのタイムラグはほとんどありません。次世代用のシャシー技術としては、こういう …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
事故も再現、自動運転向けシミューレーターをトヨタらが無償公開

自動運転車は世界中の輸送システムに革命をもたらそうとしている。その誇大広告を信じるのならば、完全な自律型移動手段がもうすぐ一般道を席巻することになるはずだ。 しかし、現実はそれほど単純な話ではない。最新鋭の自動運転技術でも、極端に限定的な環境・気象条件下でしかうまく走れないのだ。そして、今後数 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
2030年、私たちはどのようなクルマに乗っているのか

この「感情エンジン」はソフトバンクグループ傘下のcocoro SBが開発したAI技術ですが、ホンダに限らず、各社ともIT企業や、半導体業界との連携を進めています。 これは見方を変えれば、未来のクルマは、いまの自動車会社だけでは手に負えないほどの機能が求められているということです。人工知能を駆使した自動運転技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
2030年、私たちはどのようなクルマに乗っているのか

いま、自動車産業では100年に一度の大きなパラダイムシフトが進んでいる。 … もうEVであることは当然で、それに人工知能を駆使した自動運転という要素が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
インテルとワーナー・ブラザースが提携自動運転車内でのエンタメ提供に向け

自動運転車に乗る未来の人々は、どんな時間を車内で過ごすのだろうか。映画「ジャスティス・リーグ」を見たりするのだろうか。Intelの最高経営責任者(CEO)のBrian Krzanich氏は米国時間11月29日、「Los Angeles Auto Show」での基調講演で Warner Bros. Entertainmentとの提携を発表し、冒頭の質問を提起した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
広汽集団、デンソーと戦略提携覚書

広州市に拠点を置く自動車大手の広州汽車集団(広汽集団)は29日、デンソー(愛知県刈谷市)と戦略提携覚書を28日に交わしたと発表した。これまで協力関係にあったガソリンの部品に加えて、エコカー部品や自動運転… 関連国・地域: 中国-広東/日本. 関連業種: 自動車・二輪車/IT・通信/製造一般. この記事は該当 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「テスラの電動トラックが普及すれば、「運転手の仕事」は本当になくなるのか? WIRED.jp」など、2017年11月19日     ニュース

ニュース

テスラの電動トラックが普及すれば、「運転手の仕事」は本当になくなるのか?

このトラックにはテスラの第2世代の自動運転技術「エンハンスト オートパイロット」が搭載されており、自動ブレーキ、車線維持システム、車線逸脱警報システムが装備されている。「われわれ … それはつまり、この国での初期の無人運転のほとんどは、70,000ポンド(約32トン)を積めるトラックのかたちになることを意味する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース

都市交通を変えるデータマッピング企業「Esri」の巨大なパワー

自動運転車の実用化に先立ち、都市部の交通を変革しようとする動きが活発化している。テクノロジー企業各社が、人や車両を監視して交通を改善するクラウドツールの開発を進める中、空間データ解析を手掛ける「Esri」は、インテル傘下の「モービルアイ」と提携し、車両に搭載したセンサーから交通データを収集する取組みを …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「 「みちびき」が導く 自動運転誤差数センチに 三菱電機の試験走行 日本経済新聞」など、2017年10月24日     ニュース

ニュース
「みちびき」が導く 自動運転誤差数センチに 三菱電機の試験走行

三菱電機は10月中旬、日本が打ち上げた準天頂衛星「みちびき」からの信号を利用した自動運転技術を搭載した実験を試験走行した。兵庫県赤穂市のテスト …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
スバルが自動運転車のテストができる試験場を開設!

今後SUBARUでは、新しいテストコースをフル活用し、2020年に自動車線変更機能、さらに交差点での衝突を防ぐ技術など、自動運転化時代を見据えたアイ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
モービルアイ、米インテル傘下で研究開発を強化

インテル・モービルアイ連合は自動運転車の開発を急ぐ。 … このほどドイツで開かれた自動車技術の会議で、インテルの自動運転部門トップは「包括的な …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
テスラが安全機能装備でトップ、自動運転競争の中で-調査会社

同リポートでは、成人人口の約30%を占めるものの、新車販売に占める割合が11%にとどまるミレニアル世代が、あらゆる年齢層で自律運転技術の受け入れに …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
居眠り運転、サングラス姿でも音で注意 検知精度向上へ

乗用車はトラックに比べてクルマの構造や運転手の装いが様々で、システムにより高い精度が必要という。 将来的には自動運転車向けの技術開発にもつなげ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
次世代の未来探る 東京モーターショー併催イベント開催

次世代がつくる未来の社会について専門家が語る「フューチャーモビリティサミット」( … 自動運転についてトヨタ自動車の友山茂樹専務役員は「クルマでの自由時間を … 自動車のコモディティー化(汎用化)が指摘される中、本田技術研究所の脇谷勉 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
オムロン、「第45回東京モーターショー2017」に出展

第45回東京モーターショー2017」のオムロンブースでは、安全な自動運転の実現に貢献する最先端のセンシング技術を体験型デモンストレーションを通じて紹介し …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
テクノロジーによって銃を「安全」にしても、乱射事件はなくならない 政治に振り回される米銃規制の混迷

技術的観点から見てトラックは、個人が所有するクルマやタクシーよりも、自動運転技術を導入しやすい。大型トラックは主として、長い直線道路が続き、レーン …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転、5割が「関心あり」 – オプションでつけるならいくらまで出す?

… 東京大学先端科学技術研究センター教授の西成活裕氏と共同で実施した自動運転 … 将来、レベル3~5の自動運転車が発売された場合の購入意欲をみると、レベル3(条件 … レベル5の完全自動運転車が日本で市販される時期は、「10年以内」 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
人工知能活用が加速 EVで各社競演 東京モーターショー27日開幕

世界的な環境規制で自動車メーカーが開発にしのぎを削る電気自動車(EV)がこぞって出展される。人工知能(AI)を活用する動きも目立ち、先進技術の競演の場 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
電気自動車を独自開発 AI対応、遠隔操作も可能

ソニーは24日、遠隔で操作ができる電気自動車の試作車を開発したと発表した。センサーで車外の様子が360度で把握できるほか、人工知能(AI)などにも対応。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
テスラ、自動車保険業界にも大変革

アメリカではリバティ・ミューチュアル(Liberty Mutual)と提携した。 自動運転テクノロジーによっての安全性が向上すれば、自動車保険業界は大きな変革に迫 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「AI、環境…技術力を競う 東京モーターショーが27日開幕 産経ニュース」など、2017年10月22日     ニュース

ニュース
AI、環境…技術力を競う 東京モーターショーが27日開幕

またトヨタは“未来の愛車”をテーマにしたコンセプト「コンセプト・アイ」も公開予定。AIが運転手の表情や声などから心理状態を推定し、支援が必要な場合に自動 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【レクサス LS 新型】豊田合成、グリップセンサー付きハンドルを国内で初開発…電波暗室も導入

自動ブレーキや車線維持走行などを備える高度運転支援システム搭載車両では、 … また豊田合成は、今後の自動運転技術の進展に対応した付加価値の高い …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【電子版】中国ホライズン、インテル・キャピタルから1億ドル調達 自動運転向けAIチップの開発加速

自動駐車する自動運転車のプロトタイプの開発資金に割り当てられるとしている。 … 自動運転車向けのプロトタイプは早ければ年内にも完成するという。 … ホーム用機器や玩具などへの技術応用を狙う。16年11月にはインテルと高度運転支援 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
AI、環境…技術力を競う 東京モーターショーが27日開幕

27日に開幕する2年に1度の自動車の祭典、東京モーターショーに向け、国内自動車メーカーの出展内容が21日までにほぼ出そろった。各社は人工知能(AI)で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「グーグルは自律走行車の開発に、なぜインテルの力を借りることにしたのか WIRED.jp」など、2017年10月16日     ニュース

ニュース
グーグルは自律走行の開発に、なぜインテルの力を借りることにしたのか

完全な自律走行が可能なの開発レースで先頭に立つ者がいるとすれば、 … Mobileyeは自動運転技術に取り組むメーカーの大半に、自動ブレーキに必要な …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
デンソーが開催した「AI Tech Seminar 2017」で、AIと自動運転研究の最前線を見た!

自動運転やAI開発の最前線で活躍する学者、技術者の講演は非常に興味深かった … 作られたクルマからの情報をどんどんデータを採る、そういうイニシアチブが …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
最先端の自動車技術集めたイベント(秋田県)

会場ではボタン一つで駐車ができる自動運転技術を搭載した新型の試乗体験や、県内の自動車部品メーカーの製品を紹介したブースなどが設置されています。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
EVシフト加速

1回の充電で走行可能な距離がガソリンに比べ短いのと、充電に時間が … 人工知能(AI)による自動運転技術の開発も進み、100年以上にわたるの概念が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
86レースを真剣に楽しんで優勝!橋本洋平「未来の愛車は東京モーターショーで出逢ってきた」/未来の …

【特集】「未来のクルマとモータースポーツ」では、モータースポーツも自動車も … 未来はEV(電気自動車)やAI(人工知能)など最先端技術だけではない、クルマを …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「アマゾン、配送途中のドローンを自動運転車で充電する技術–特許を取得 CNET Japan」など、2017年10月15日     ニュース

ニュース
アマゾン、配送途中のドローンを自動運転車で充電する技術–特許を取得

さらにAmazon Technologiesは、自動運転車からドローンに充電する技術を考案。この技術を米国特許商標庁(USPTO)へ出願したところ、米国時間10月3日 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
百度が北汽グループと組んで、2021年までに完全自動運転車を量産する予定

百度は、サイバーセキュリティ、画像認識、そして自動運転技術だけでなく、仮想アシスタント機能を提供するDuerOSも供給する。そして北汽はそれらの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車、初の安全基準 19年新型から

国土交通省は自動運転車に関する初の安全基準を導入した。 … 四月、現在実用化されている自動走行機能はドライバーの操作を手助けする技術水準で、運転中 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
電動パワーステアリング世界市場、25年には8410万台に 中国を中心に拡大

パワーステアリングとは、車両のハンドル操作に必要な力を軽減する装置。 … 自動運転技術競争はアクセルやハンドル、ブレーキといった複数の機能をが …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
佐藤琢磨「自動運転や電気自動車の恩恵を受けたい」F1とインディと技術の進歩を語る。未来のクルマ

ここ10年のようにハイブリッドのクルマがこれだけ普及しているとは思いませんでした。 ここから先の未来には自動運転の普及やインフラが整えば充電の必要ない …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
超音波技術の洗浄機、受注伸長 静岡のメーカー

洗浄機メーカーのUSメック(静岡市駿河区、漆畑宏次社長)は、超音波技術を用いた洗浄機の受注を伸ばしている。の安全運転や自動運転を支援する装置の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動車は、賢くなればなるほど騒々しくなる

最近、コンピュータ関連の展示会に足を運ぶと、IoT(モノのインターネット)とAI(人工知能)が大流行していることがわかります。IT・電機メーカー各社は、こぞって …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
百度が北汽グループと組んで、2021年までに完全自動運転車を量産する予定

製造を担う中国の自動車メーカーである北汽(BAIC)グループとの提携によって実現を目指す。北汽グループは、百度が進めるApollo自動運転プログラムの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
グーグルは自律走行の開発に、なぜインテルの力を借りることにしたのか

完全な自律走行が可能なの開発レースで先頭に立つ者がいるとすれば、それはWaymoだ。 … だが、利益の出る本格的な自動運転サーヴィス事業の実現には、それだけでは足りない。業界他社と … そして今回、Waymoとの提携が明らかになった。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「トヨタが自動運転に採用、22歳が開発した「高性能センサー」の実力 WIRED.jp」など、2017年10月13日     ニュース

ニュース
トヨタが自動運転に採用、22歳が開発した「高性能センサー」の実力

いまの技術では、自律走行はしっかりと“見る”ことができません。ハードウェアとデータの抜本的な改善が必要なのです」とラッセルは話す。2017年4月に姿を現 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ウェイモ、「自動運転車について話そう」…自動運転車の安全性や長所を訴える

ウェイモが開発している自動運転の最新技術に関する情報を、随時更新していく。ウェイモは、「人々が自動運転技術について学び、自動運転車に親しむ機会を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
BMW/インテル/モービルアイ連合にマグナが参画…自動運転技術を共同開発

カナダに本拠を置く自動車部品大手、マグナインターナショナルは10月10日、BMWグループ、インテル、モービルアイの自動運転車開発連合に参画すると発表した …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
パナソニック、自動運転・コネクテッドカー向けサイバーセキュリティ技術を開発

コネクテッドカーはICT端末としての機能を持ち、先進安全システムや自動運転を実現する次世代のクルマとして注目を集めているが、ネットワークに常時接続する …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NVIDIA、自動運転車向けの新AIコンピュータやVRコラボレーションプラットフォームの新展開を発表

フアン氏は、自動運転車向けAIコンピュータプラットフォーム「NVIDIA DRIVE PX」の … フアン氏はNVIDIAが、ドライバーを支援する自社のAIコパイロット技術向け …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米加州、自動運転実験の規制緩和へ前進 来年前半にも公道で

米加州、自動運転実験の規制緩和へ前進 来年前半にも公道で … 【シリコンバレー=兼松雄一郎】米カリフォルニア州は11日、無人で自動運転車が走行する公道 … 同州は無人による自動運転の実験を認めることで、自動運転技術の世界的開発拠点 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ロボドクター、自動運転… AI社会の到来に備えておくべきこと

ここ数年で著しい進歩を見せているAI(人工知能)技術。そんなAIを身近に感じられるもののひとつが、自動運転車ではないでしょうか。すでに日本でも部分的な …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転、量産化の課題は? MobileyeのCEOが語った

自動運転、量産化の課題は? … Mobileye社は車両探知、自動ブレーキなどの自動運転技術を開発するイスラエルの企業で1999年に設立。2017年3月には、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ソニー立て直したイメージセンサー…サムスン電子も追撃に出た(2)

スマートフォンの需要増大は氷山の一角だ。自動運転車と遠隔医療、スマートセキュリティ技術はそれこそ四方にカメラが必要な「イメージセンサーのかたまり」だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【東京モーターショー2017】住友理工、「リコウな未来」に貢献する各種製品を体感展示へ

住友理工ブースのテーマは「Smartly Driving Change~リコウな未来、理工の技術で~」。電気自動車開発の加速化や、自動運転に向けた技術が進展するなど、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「赤信号で停止、障害物を回避–パナソニックが「自動運転EVコミューター」を公開 CNET Japan」など、2017年10月12日     ニュース

ニュース

赤信号で停止、障害物を回避–パナソニックが「自動運転EVコミューター」を公開

あわせて、車両試験場を設置し、取り組んでいるという自動運転技術についてデモを … オートモーティブ開発本部では5年先の技術を見据え、パナソニック全社 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

スバル、自動運転見据えたスポーツセダン 試作出品へ

スバルは、27日に始まる東京モーターショーに、スポーツセダンの試作を出品する。詳細は明らかにされていないが、高度な運転支援技術を備えながらも積極的 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

自動運転本格化で高まる存在感、ジェイテクトはステアリングシステムで未来を示す (1/2)

具体的には、人とクルマの意思が調和する自動運転対応技術の開発を推進する。例えば、HMI(ヒューマンマシンインタフェース)側では、運転者の操作意思を確認 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

GM社がStrobe社を買収、LiDAR技術で無人自動運転を進化

光を使うLiDARは高解像度の画像を得られ、カメラやレーダーを単体で使うより正確に車両周囲が見える。無人の自動運転技術を進化させるためにはLiDARの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

自動運転、相次ぎ公道実験 石狩市・札幌市・上士幌町… 高齢化対応急ぐ

北海道内の自治体が自動運転車の公道実験を相次ぎ始めている。 … の増加に直面するなか、市民の足を確保する自動運転技術への道内自治体の関心は高い。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

パナの自動運転システム、画像処理技術で360度認識 22年めど実用化

パナソニックは10日、開発中の自動運転システムを搭載した試作を報道陣に公開した。テレビやデジタルカメラで培った画像処理技術を生かし、歩行者が多い …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

札幌中心部を走る自動運転車がお目見え!

札幌中心部を走る自動運転車がお目見え! … 自動運転やシェアリングエコノミーなど、気になる実証実験の模様も現地からお届けします。 … 林業ハッカソンサミット」は林業×ITの最新技術を取り込みと、日本ならではの背景が語られました。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

NVIDIA、レベル5の自動運転を見据えた「DRIVE PX Pegasus」を発表

NVIDIAは、自動運転技術の導入を後押しする強力なプラットフォーム「Drive PX 2」を2016年に発表 … レベル5のは、周囲の環境を常に監視する必要がある。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

トヨタの自動運転開発を担う「TRI」に米ベンチャー「LUMINAR」社が貢献

clicccar.com(クリッカー)
トヨタの自動運転開発を担う「TRI」に米ベンチャー「LUMINAR」社が貢献 … これにより、ビルの谷間でもNAVIで正確に自の位置が判るようになり、測位誤差が1m … Research Institute)が先頃、自動運転技術等の開発進捗状況を公表しました。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース

「MATLAB」でディープラーニング、自動運転向けにMathWorks社が提供

MATLABユーザーの多い自動車業界で人工知能(AI)を使った自動運転技術の開発などに利用してもらうことを想定する。 強化したディープラーニング機能は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

パナ、一般道での自動運転技術を34年にも実用化 自動停止機能のほか縦列駐車技術も

… 機器で培った画像処理や検知技術を応用した人工知能(AI)の開発を進める。 … な状況を想定した技術を、納入先の自動車メーカーと確立していく必要がある。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

大野ゴム工業、足回り部品を中心に充実した品揃えが強み

自動車のハイブリッド化(HV化)、電気自動車化(EV化)の影響については、「自動車がAI(人工知能)制御に変われば、センサーやカメラ、運転者に情報・状況を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

車を回避、人形の手前で停止… 自動運転試験場を公開

… 走行してコース上の自動車を回避したり、飛び出してきた人形の手前で停止したりした。 同社は、ウイルスがハンドルやアクセルなどの制御機器を乗っ取る懸念に対応し、新型ウイルスを人工知能(AI)が分析して対策を講じる新システムも発表した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
BMW/インテル/モービルアイ連合にマグナが参画…自動運転技術を共同開発

2016年7月、BMWグループ、インテル、モービルアイの3社は、自動運転車の開発における提携を発表。2021年までに、完全自動運転車を量産することを目指し …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「インテル、ウェイモとの提携を発表…完全自動運転の技術開発へ レスポンス」など、2017年9月19日     ニュース

ニュース
インテル、ウェイモとの提携を発表…完全自動運転技術開発へ

FCAのエンジニアとグーグルのエンジニアが協力し、最新の自動運転技術の自動車への搭載について、協業を進めてきた。またFCAはウェイモに対して、自動 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
インテルとWaymo、完全自動運転の実現を目指して協力

Intelは米国時間9月18日、Alphabet傘下で自動運転技術を手がけるWaymoに協力し、レベル4およびレベル5の自動運転実現に向けて支援すると発表した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
VWグループ主導の自動運転研究プロジェクトが始動

今回のプロジェクトには、駐車や追い越し、複雑な都市部の運転など、幅広い技術テストが含まれる。技術面での試験の他、「ユーザーが自動運転をどのように …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノー日産三菱が2022年に1400万台の販売目指す、600km走るEVや完全自動運転車も

プラットフォームとパワートレインの共有や、電動化・自動運転などの技術の共有によるシナジー創出に取り組み、2022年に年間販売台数は1400万台以上、売上 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
世界初の自動運転向けリアルタイム・ミリ波レーダ・シミュレータ を提供開始

自動運転の需要が拡大する中、ミリ波レーダをはじめ、カメラ、赤外線、超音波などのセンシング技術の向上が、高いレベルの自動運転を実現する重要な鍵となり …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
車の自動運転 法から考える

人工知能(AI)による自動運転技術が普及した際に起こりうる社会問題を考えるシンポジウムが18日、新潟市中央区の朱鷺メッセで開かれた=写真=。AIの研究 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
パイオニアとHEREが提携–グーグルとは異なる戦略で自動運転に挑む

パイオニアとHEREは、2015年9月以降、自動運転で利用可能な技術に関して協議を開始。2016年5月には、自動運転向け地図データの効率的な更新、運用を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
レノボとイスラエル企業が提携…自動運転車のセキュリティ向上へ

レノボとアルガス・サイバー・セキュリティ(以下、アルガス)社は9月15日、アルガスが特許を持つ侵入検知・防止システム技術を、レノボの自動運転車向け …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
変形する車? 特許出願に見る自動車の未来

自動運転技術やライドシェアに取り組むシリコンバレー企業に遅れてはならないとばかりに、自動車メーカーはこの5年で米国での特許出願を大幅に強化した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
独アウディが「レベル3」市販化で先行、他社は及び腰

アウディがフランクフルト国際自動車ショーで誇示したのは、レベル3の技術を搭載した新型「A8」。車線変更を支援し、運転手は … N)は、まだ運転手の監視が常に必要な「レベル2」の自動運転車の導入にとどまっている。テスラは昨年、自動運転機能 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

FCA、BMW、インテル、モービルアイ、完全自動運転の実現に向けた自律走行プラットフォームの開発で協力 Car Watch

FCA、BMW、インテル、モービルアイ、完全自動運転の実現に向けた自律走行プラットフォームの開発で協力

独BMWグループ、インテル、モービルアイは8月16日(現地時間)、フィアット・クライスラー・オートモーティブ(FCA)と、完全自動運転に向けて開発を進める自律 …

自動運転のBMW-Intel連合に、Fiat Chryslerが参画 日経テクノロジーオンライン

自動運転のBMW-Intel連合に、Fiat Chryslerが参画

この実験では、Mobileyeの自動運転関連技術とIntelのコンピューティング技術/5G移動通信技術を組み合わせることで、「car-to-cloudシステム」の評価を行うと …

コネクテッドカーにおけるビッグデータ技術開発のためToyota、Intel、EricssonなどがR&Dコンソーシアムを … TechCrunch Japan

コネクテッドカーにおけるビッグデータ技術開発のためToyota、Intel、EricssonなどがR&Dコンソーシアムを …

テクノロジー業界の著名な企業数社がToyotaとチームを組んで、自動運転車と未来の高度な自動車技術をサポートするビッグデータシステムを開発することになっ …

インテルとモービルアイ、自動運転の公道テストへ…「レベル4」技術搭載 レスポンス

インテルとモービルアイ、自動運転の公道テストへ…「レベル4」技術搭載

インテルは8月9日、新たな自動運転車の開発計画を発表した。これは8月8日、インテルがモービルアイを傘下に収めたことに伴う発表で、両社は自動運転車の …

Intel、自動運転車を100台製造し、年内テスト開始へ ITmedia

Intel、自動運転車を100台製造し、年内テスト開始へ

米Intelは8月8日(現地時間)、イスラエルの自動運転技術企業Mobileyeの買収を完了したと発表した。翌9日、Mobileyeと協力し、レベル4(完全自動走行)の …

自動運転で一大勢力を築いたインテル、自動車事業に注力する背景は (ニフティニュース)

自動運転で一大勢力を築いたインテル、自動車事業に注力する背景は

インテルは2016年に自動運転事業本部を立ち上げ、2017年1月にはIntel GOを発表した。3月には、単眼カメラと画像処理半導体による衝突防止システムで実績 …

インテルの自動車向け特許出願

インテルの自動運転自動車向けの特許出願動向を調べたので紹介する。
前回ブログでは、自動運転向けのCPUを含む開発環境の製品を紹介した。
ここでは、特許出願を米国特許のマクロ分析を時系列マップで示す。
intel車特許.png
2010年からの出願数が急増している。ディープラーニングなど人工知能が流行り始めた時期に同期する。
勿論、自動運転の話題とも同期する。
インテルが自動車業界をターゲットに開発を進めていることが明らかになった。
——————————————————————————————
seesaa_profile_icon動向調査の専門サイト

このサイトは、「自動運転」「家電」を中心としたヒット商品・将来商品の情報を満載。

・「ニュース」のリンク集。

・プチ分析の「本ブログ」の一覧。

 など

研究開発(R&D)の戦略立案にお役立てください。

——————————————————————————————

インテルの自動運転技術

強みのあるCPUFPGA、ディープラーニング用のハードウェア・アクセラレーション・テクノロジーなどアーキテクチャーを使って、自動車会社の好きに開発できるもの。
「インテル入ってる」の自動車バージョンだ。
  1. 自動車からクラウドまでを網羅した自動運転向けソリューション
  2. 自動運転向け開発プラットフォーム
  3. 直列コンピューティングと並列コンピューティングの理想的なバランス
  4. 驚異的な拡張性を備えた開発プラットフォーム
  5. 自動車向けソフトウェア開発キット(SDK)
  6. 自動車向け 5G プラットフォーム
  7. インテルのデータセンター向けテクノロジー
「広告」
seesaa_profile_icon動向調査の専門サイト

このサイトは、「自動運転」「家電」を中心としたヒット商品・将来商品の情報を満載。

 

・「ニュース」のリンク集。

・プチ分析の「本ブログ」の一覧。

 など

研究開発(R&D)の戦略立案にお役立てください。