「トヨタ、自動運転AIで新会社 都内に1000人規模 日本経済新聞」など、2018年3月3日 ニュース

ニュース 
トヨタ、自動運転AIで新会社 都内に1000人規模

トヨタ自動車は2日、デンソー、アイシン精機と共同で人工知能(AI)など自動運転技術を開発する新会社を設立すると発表した。技術者を中心に1000人規模で今後数年で3000億円以上を投資する。トヨタは2020年から自動運転車の本格投入を始める計画。国内外の技術者を大量採用してAIの応用技術やソフトウエアなどの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
福山市と群馬大研究センターが公道で実験 市長試乗、住宅街1キロを走行 県内で初、実用化に期待 /広島

福山市の日吉台学区で1日、公道を使った自動運転車の実証実験が始まった。高齢者の移動手段の確保などを目指し、路線バスなど走行ルートを限定した自動運転技術開発に取り組む群馬大次世代モビリティ社会実装研究センター(群馬県桐生市)に福山市が委託した。実証実験は国内各地で進んでおり、県内では初めて。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
「風景把握」に力 群大研究「地域限定、商用化」目指し 桐生で毎日新聞記者が試乗 /群馬

… 激化している自動運転技術。群馬大は2016年に桐生市内で自動運転自動車の公道実証実験を開始し、「次世代モビリティ社会実装研究センター」を拠点に、路線バスや機械式駐車場の駐車での導入などに取り組む。目指すのは、地域限定の完全自動運転商用化。研究はどこまで進んでいるのか。2月16日、自動運転車に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
日産とDeNAの「イージーライド」に試乗、クルマ×ITは次世代へ

2013年に日産は、2020年までに革新的な自動運転技術を複数車種に搭載する予定と発表。日本の自動車メーカーとしては、いち早く自動運転の実現に言及した。筆者は同時期に米国のテストコースで実験に同乗。ステアリングに触れずにコーナーを曲がり、歩行者を模したボードが飛び出すとペダルを操作しなくても急停止 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
自動運転技術、日本と欧米の違い

平昌冬季五輪を無事に終え、新たなマスコットキャラクターが決まるなど、東京五輪に向けた準備が始まった。世界中からメディアや観光客が集まるオリンピック・パラリンピックは日本の技術力を国内外に示す格好の場でもある。その一つが五輪会場周辺などを走る自動運転車だ。 □海外でもあまり例のない規模の実験.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
ADASおよび自動運転技術の開発、スムーズかつ高速に!

より進化したADASは、運転に不慣れだったり、瞬時の判断操作能力が衰えてしまったりしたドライバーを支援し、周囲の人たちをも事故から守る。これらの取り組みにはより実践的なテスト走行と検証が必須であり、当サイトでもお馴染みのZMP社は、市販をベースにした自動運転技術開発用プラットフォーム「RoboCar® …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
トヨタがアマゾン他と提携。自動運転車の宅配・宿泊サービスを本格始動!

ネット通販の商品配送やファストフードの宅配など、提携先の用途に応じた設備を各車両に搭載し、走行データなどをひとつのプラットフォームに集めてサービス改善に役立てる。また、マツダ・Uber・滴滴出行が技術パートナーとして車両設計に加わるほか、Uberや他社が開発した自動運転システムも搭載して、技術・サービス面 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
ルノー日産三菱が機能統合を加速「一体運用での成長を証明する」

プラットフォームやパワートレインだけでなく、新技術とモビリティサービスの機能統合も進める。ルノー日産三菱では、2022年までに12車種のゼロエミッションの新型を発売する計画だが、複数の車両セグメントで電気自動車の新規プラットフォームと構成部品を共用することになる。自動運転技術についても、さまざまなレベル …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
日経企業イメージ調査 関連、技術で評価高く

日本経済新聞社と日経広告研究所は「第30回日経企業イメージ調査」をまとめた。ビジネスパーソンが抱く企業イメージの総合ランキング(調査21項目の平均得点=総合得点)はトヨタ自動車が17年連続で1位となった。 自動運転など新技術の開発が急ピッチで進む自動車関連が順位を上げた。車載電池に強みを持つ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
日産のミニバン「セレナ」に、エンジンで発電して電気で走る「e-POWER」搭載! 発表会場からリポート

日産自動車株式会社 専務執行役員 星野朝子氏は発表会の冒頭に「セレナは”BIG”、”EASY”、”FUN”、これがを作る時のコンセプトでございます。このコンセプトの元、日本の自動車メーカー初の自動運転技術“プロパイロット”を搭載して、一昨年の2016年秋に発売いたしました。そして今回、新たに『e-POWER』を搭載いたし …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 

 

ニュース
トヨタ、自動運転AIで新会社 都内に1000人規模

トヨタ自動車は2日、人工知能(AI)など自動運転技術を開発する新会社を東京都内に設立すると発表した。当初は300人体制とし、国内外の技術者を獲得して1000人規模に拡大する。ソフトウエアなどの技術者が不足する中、トヨタが大量採用に乗り出すことで人材獲得競争が一段と激しくなる可能性もある。 トヨタ自動車の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
北京汽車・董事長「パナソニックと提携拡大交渉」

【北京=多部田俊輔】中国国有自動車大手、北京汽車集団の徐和誼董事長は3日、パナソニックと提携拡大の交渉をしていると明らかにした。両社は電気自動車(EV)分野で提携しており、自動運転をにらんだスマートカー領域に広げる方向で話し合いを進めているという。先端技術を獲得したい北京汽車と、世界最大の中国市場 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタはIT企業の下請けになるのか 運転免許も信号機も不要になる日

それ以外は使われていないわけですが、その時間帯にを使いたい人もいるわけで、自動運転クルマが常時インターネットとつながるようなコネクテッド技術が実用化すれば、 … そのクルマはソフトバンクグループと提携してロボット技術「感情エンジン」を搭載、所有者の健康状態、趣味嗜好などを読み取ることもできます。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「Waymo、アトランタでも自動運転車のテスト走行を開始へ CNET Japan」など、2018年1月23日     ニュース

ニュース
Waymo、アトランタでも自動運転車のテスト走行を開始へ

また、最近になってミシガン州で冬季のテストを開始したほか、サンフランシスコでもテストを再開している。 「世界で初めて完全自動運転車両を公道で走行させた当社は、その技術をさまざまな都市や環境に展開することに注力している。アトランタ都市圏で当社のテストを実施し、この人命を救う技術を、さらに多くの場所で多く …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
VWとヒュンダイが、創業1年の自動運転スタートアップと組んだ理由 狙いは幹部3人の「輝かしい実績」

ドリュー・バグネルは、Uberで自動運転技術開発チームを率いてきた(バグネルとアームソンは「DARPAグランド・チャレンジ」で、同じカーネギーメロン大学チームのメンバーだった)。 Auroraの若さは、この経営幹部3人の実力によって補われているようである。自律走行がいよいよ実現に近づいたいま、業界はさまざまな問題 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転隊列トラックの実証実験 静岡・新東名高速で

日野自動車などトラックメーカー4社と豊田通商は23日、自動運転技術を活用し、トラック3台が隊列走行する実証実験を静岡県内の新東名高速道路で始めた。運転手が乗るトラックに続いて無人運転が走る技術の確立を目指す。物流業界の人手不足の解消や労働時間の短縮につなげる。 浜松サービスエリア―遠州森町 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車向けの4次元レーダーシステム、マグナが発表…デトロイトモーターショー2018

マグナインターナショナル(以下、マグナ)は、米国で開催中のデトロイトモーターショー2018において、自動運転車向けの4次元レーダーシステムを発表した。 マグナは、カナダに本拠を置く大手自動車部品メーカー。29か国 … が、自動運転車向けの4次元レーダーシステム「ICON RADAR」。これは、米軍の技術を導入したもの。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
パイオニア 路線バスの自動運転技術開発に向け実証実験を開始

複数のバス会社を保有し路線バスの運行ノウハウを持つ、みちのりグループとカーナビゲーションで培った自位置推定技術や、自動運転に必要とされる走行空間センサー「3D-LiDAR」、自動運転用地図などの開発を進めるパイオニアは、それぞれの知見を持ち寄り、将来の自動運転社会の実現に向けて研究・開発を進めて …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NSW、自動運転・ADAS開発向けスターターキットを提供開始

また、このスターターキットの提供にあたり、NVIDIA製品の販売代理店であるマクニカ、「VEK-AI 2」の製造元であるエンルートラボとの協業により、自動運転車・コネクティッド・カーの普及を目指す顧客のプロジェクトサイクルをサポートする。 なお、NSWでは、本スターターキットを自動車メーカーや自動車部品サプライヤー、建 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
燃料電池の自動運転車向け、GMがプラットフォームを公開…デトロイトモーターショー2018

GMは、米国で開催中のデトロイトモーターショー2018において、水素燃料電池技術による自動運転車両向けプラットフォームを展示した。2017年10月の合衆国陸軍協会ミーティングで初公開されている。 この新開発プラットフォームは、「SURUS」(サイレント・ユーティリティ・ローバー・ユニバーサル・スーパーストラクチャー)と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
無人コンビニ、米シアトルに開店

アマゾンは「画像認識やセンサー、AIの技術自動運転車に使われているのと同じ」と技術力の高さをアピールする。当初は昨年初めにもオープンする予定だったが、正確性を高めるのに時間を要した模様だ。こうした技術が普及すれば、小売店の形態や雇用情勢まで変化させる可能性もあるが、米メディアによると、アマゾンは …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
レクサスの次世代SUV、自動運転「ショーファーモード」搭載…デトロイトモーターショー2018

レクサスは、米国で開催中のデトロイトモーターショー2018において、最上級クロスオーバーのコンセプトカー、『LF-1リミットレス』に自動運転技術を搭載すると発表した。 LF-1リミットレスは、レクサスが次世代のクロスオーバーを提案したコンセプトカー。ボディサイズは、全長5014mm、全幅1986mm、全高1605mm、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュアンス・コミュニケーションズ 視線検出を統合し対話型AIを搭載した「ドラゴン・ドライブ」が登場

ニュアンスのAI搭載式ドラゴン・ドライブの革新的な新機能は自動車のインテリジェンス&自動運転技術部門でCES 2018 イノベーション・アワードを受賞した。 … ニュアンスのオートモーティブ事業担当シニア・バイスプレジデントであるアーンド・ヴァイルは、「コネクテッドカーや自動運転車の実現が近付くにつれ、クルマは急速に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
「未来の自動車づくり」を牽引 AZAPAが起こすイノベーション

AZAPAは自動車に欠かせない「エンジン制御(ECU、電子制御ユニット)」に関する独自のコア技術をベースに、未来の自動車づくりにおける、さまざまな課題を解決する … AI(人工知能)による自動運転、コネクテッドカーなど自動車のあり方が大きく変わっていく中、同社は自動車メーカーと第1次サプラヤー(Tier1)との間に入り、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
次の成長をもたらす「カイゼン2.0」に必要なものとは?

これからの改善にはIoT(Internet of Things)や人工知能(AI)、ロボット、ブロックチェーンの新技術の導入が必須。 … 例えば自動車1つとっても、電気自動車の無線による給電、自動運転の公道実験の実現、人工知能(AI)搭載自動車の発売、3Dプリンターによるボディー製造など、これらは全て2017年の1年間で起こったこと …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AIで流体解析シミュレーションの時間はどこまで短縮できる?

ヴァイナス(大阪市北区、藤川泰彦社長)は、人工知能(AI)を使って自動車や航空機の流体解析シミュレーション時間を短縮する技術開発を進めている。シミュレーション … 例えば自動車では、車体に近い部分は空気や液体の流れなど「現象の変化」を大きく受けるので、メッシュを高密度に配置することが必要だ。しかし経験の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュアンス・コミュニケーションズ 視線検出を統合し対話型AIを搭載した「ドラゴン・ドライブ」が登場

ドラゴン・ドライブは、トヨタ、アウディ、BMW、ダイムラー、フィアット、フォード、GM、ヒュンダイ、上海汽車など2億台以上の自動車に搭載され、40以上の言語で対話型サービスを提供しているが、今回の新機能追加で一段と進化を遂げている。 ドラゴン・ドライブの新機能は、対話型人工知能と視線検出などの非言語モダリティ( …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
VWとヒュンダイが、創業1年の自動運転スタートアップと組んだ理由 狙いは幹部3人の「輝かしい実績」

ピッツバーグを拠点とするAurora Innovationは18年1月4日、自社の自動運転ソフトウェアを商業化するために、フォルクスワーゲンとヒュンダイ(現代自動車)の両社と契約を締結したと … またヒュンダイとの提携によって、Auroraのソフトウェアは同社の自律走行をはじめとするヒュンダイ製のクルマに搭載されることになる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「General Motorsが計画 完全な自動運転車を2019年までに量産で製造 livedoor」など、2018年1月20日     ニュース

ニュース
General Motorsが計画 完全な自動運転車を2019年までに量産で製造

ハンドルもペダルもない完全自動運転車」の量産計画が発表される … 自動運転技術の開発は、いまもっとも自動車業界でホットな話題でしょう。 … ところが、このほど米国では、デトロイトで開催されたモーターショーの「Detroit Auto Show」にあわせて、General Motors(GM)が、なんと完全自動運転仕様の電気自動車と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
「第2のテスラ」狙う中国EVベンチャーの実力

さらに健康状態の測定までできる。車内機器は、アマゾンのAI(人工知能)アシスタント「アレクサ」やジェスチャーで自由自在に操作できる――。 最新テクノロジーを”全部乗せ”したといっても過言ではないEV(電気自動車)のコンセプトカーが、1月9日から米ラスベガスで開かれた見本市「CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動運転車にドローン、量子コンピュータチップ…… – Intelの最新情報が詰め込まれた基調講演

例えば、人々は1日あたり1.5TBのデータを消費し、自動運転車は1日あたり4TB、ロボット制御には工場全体で1PBのデータを要すると説明。 … 集団)との提携を果たし、すでに提携を果たしているフォルクスワーゲン、BMW、日産、NAVINFOとともに、各国の道路交通法に準拠した自動運転車両の開発を加速させていく考えだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「米GM、キャデラックで先行導入へ-EVや自動運転など先端技術 ブルームバーグ」など、2018年1月16日     ニュース

ニュース
米GM、キャデラックで先行導入へ-EVや自動運転など先端技術

米GM、キャデラックで先行導入へ-EVや自動運転など先端技術. Craig Trudell、David Westin. 2018年1月16日 9:46 … GMは中国での急成長を踏まえ、キャデラックが向こう10年で新しい電気自動車(EV)や自動運転車を投入していくのに適したブランドだと考えている。キャデラックのヨハン・ダ・ネイシン社長がデトロイトで …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【特集】「自動運転車」に熱視線再び、北米自動車ショー開幕で新ステージへ<注目テーマ>

現地時間14日、米ミシガン州デトロイト市で世界の耳目を集める北米国際自動車ショーが開幕した。各メーカーにとって戦略車種の発表はもちろんのこと、自動運転技術のお披露目の場ともなる。ここでは自動運転やコネクテッドカー(つながる)向けの次世代技術を展示、米フォードや独フォルクスワーゲンのほか、米半導体 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
独コンチネンタル「会社分割を検討」 自動運転を分離か

自動運転・電動化の部門と既存事業を切り離す可能性が高い。自動車部品 … デルファイは、2017年末にガソリン、ディーゼルのエンジン向けのシステムなど自動車の動力関連部門を上場企業として分離独立させた。本体は自動車向けの通信、車載情報システムなど自動運転との関連性が高い技術開発に集中している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
激化する自動運転技術の開発競争、そして実現は目の前に

まず、特徴的な話題は自動運転に関する話題である。CESといえば、かつてはテレビ、ビデオ、オーディオなどの“黒モノ家電”、昨今では携帯電話を始めとするスマートデバイスなどが、その時々の最新技術を実装した主役として扱われていたが、2018年はがその主役に躍り出た。こうした傾向は昨年あたりから誰しもが感じる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
GMが「ハンドルのないクルマ」を2019年に投入へ ついに「本物」の自律走行がやってくる

ウェイモやUberなどの競合が自動運転技術の開発で他社との提携を選択したのに対し、GMは垂直統合を進めている。16年にはサンフランシスコのスタートアップ企業Cruise Automationを6億ドル(約663億円)で買収し、完全自律走行の開発を任せたと報じられた。 GMはLiDARセンサーも自前で調達する方針で、昨年10 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「ハンドルが無いクルマ」がついに実現!? GMが無人走行可能なクルマを販売するため、アメリカ運輸省と …

自動車業界における最新トレンドのひとつであり技術革新が進んでいる自動運転について、業界の巨人といえるゼネラルモーターズが金字塔を打ち立てることになりそうです。 同社が発表したニューモデル「クルーズAV」のインテリア画像には、ステアリング・ホイールもペダルも見当たりません。ついにドライバーがいなくても走る …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産がデザインコンセプト 日本建築などからヒント

トヨタ自動車の高級ブランド「レクサス」が販売するクーペ「LC」ではデザインの一部に伝統的な日本刀をイメージしたデザインを持たせた。マツダは「日本の美意識」をテーマにシンプルさを追究したコンセプトを発表している。 自動運転技術やシェアリングの広がりで、は所有から使用に使い方が変わりつつある。「ただ、は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
レクサスSUV、最上級コンセプト公開 北米ショー

【デトロイト=工藤正晃】トヨタ自動車は15日、高級「レクサス」ブランドで、都市向けの多目的スポーツ(SUV)の最上級コンセプトを発表した。2025年までに世界で展開するレクサスの全車種に電気自動車(EV)や燃料電池自動車(FCV)、ハイブリッド(HV)などの電動を設ける計画で、コンセプトの自動運転技術や …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃 第144回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(84)自動運転

自動運転の「レベル」 今、自動運転はどこまで行っているのだろうか。自動運転技術は大まかにわけて「レベル5」まであるという。 まず「レベル0」はドライバーがすべての操作を行うだ。おそらく私のメーカー最安値軽自動車は「レベル0」である。レベルの高いではないとは思っていたが0とは驚きだ。ドラクエのレベルで …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ボトルネック見極めに必要 米運輸長官、自動運転さらに意見公募

チャオ長官は「政府には極めて多くの障壁がある。それは官僚主義だ。われわれは重複しているものや、技術革新の進展を妨げているボトルネックを見極めている」と指摘した。 NHTSAは自動運転車に対する「不必要な規制の障壁」や安全性の検証と認証の方法に関して意見を求めている。FTAやFHAも意見を公募している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
トヨタ、新型アバロン公開=対話型AIを初搭載-北米自動車ショー

… 【デトロイト時事】トヨタ自動車は15日、米デトロイトで開催中の北米国際自動車ショーで、大型セダン「アバロン」の新型モデルを公開した。同社の乗用車として初めて音声対話型の人工知能(AI)によるアシスタント機能を搭載。先端技術を活用した新たな価値をアピールし、苦戦が続くセダン市場のてこ入れを図る。 今春米国で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
北米自動車ショー、主役は大型車

もう一つは、AI=人工知能や電気自動車といった最近のトレンドとは異なる、車本来の「走る楽しさ」を求める動きです。近年、アメリカではAIを使った自動運転技術への関心が急速に高まっていて、先週、ラスベガスでは各社こぞって自動運転を使ったコンセプトカーなどを披露しました。今回、発表されたトラックは最新技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アマゾンのAI、トヨタ車に 今春にも上級セダン

【デトロイト=工藤正晃、湯沢維久】大手自動車メーカー各社が「つながる車」や電動化対応の新型車を米国市場に相次ぎ投入する。トヨタ自動車は上級セダンに米アマゾン・ドット・コムの人工知能(AI)を初めて搭載する。中国・欧州勢は2019年から電気自動車(EV)を発売する。減速傾向が続く市場と環境規制への両にらみの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
GMが「ハンドルのないクルマ」を2019年に投入へ ついに「本物」の自律走行車がやってくる

しかし今回の動きは、自動車産業が個人によるクルマの所有や人間のドライヴァーといったものから離れつつあるなかで、GMが現在の地位を保つために進める積極的 … GMで自動運転関連の法務などを担当するポール・ヘンマースバウは現行の法規について、「非論理的に近いか、もしくは人工知能がドライヴァーとなる時代に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
車での音声操作にもアマゾン、経済圏拡大はかる

トヨタ自動車が15日、北米国際自動車ショーで米アマゾン・ドット・コムの人工知能(AI)「アレクサ」を搭載した車種を発表した。車の中から家のエアコンを操作できるほか、ネットでの買い物も可能になる。アマゾンはスピーカー端末で高まるシェアを武器に、家庭だけでなく、自動車も含めた自社経済圏の拡大をはかっている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
身近に起こっている自動化のトレンド(後)

電気自動車になると電装品は8割か9割になるという。とくに、自動運転車の場合には人工知能が一番大切な技術になる。先ほどのGoogleは人工知能を武器にして自動車産業に参入しようとしている。このように、自動運転車の時代は今までの自動車産業とは求められる技術が全然違うことが明らかだ。もちろん自動車の足回り …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「自動運転車」に熱視線再び、北米自動車ショー開幕で新ステージへ<注目テーマ>

欧米や中国などで国策として推進される電気自動車(EV)シフトの動きだが、一方で「自動化」への流れも顕著となっている。自動運転技術を巡る世界の開発競争は一段と先鋭化している。既に高速道路の単一車線での自動操縦などは実用化されているが、最終的には人工知能(AI)を活用してドライバーの操作を全く必要と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【オートモーティブワールド2018】自動車技術展、世界最大規模の1100社出展 1月17日から

世界最大規模の先端自動車技術展「第10回オートモーティブワールド」が明日17日から19日まで、東京臨海都心の東京ビサッグサイトで開催される。主催はリードエグジビションジャパン。第10回と … 主催者によると今回は、AI(人工知能)関連の展示・セミナーも見どころだという。 オートモーティブワールド2018は、「第10回 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【2018 希望への展望】住友商事社長・中村邦晴さん(67)

既に自動車やIoT(モノのインターネット)&AI(人工知能)、エネルギー周辺などのワーキンググループがあるが、もう少し柔軟に対応できる組織も検討している。例えばコネクテッドカー(つながる車)は自動車と通信技術が融合する分野で、自動車の部品産業も自動車部門からと素材の部門からの2つのアプローチがある。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
デンソー、東芝情報システムなどと 車載製品向け組込ソフトウェア開発強化に向けて資本提携

デンソーと東芝グループは、2017年4月にIoTを活用したモノづくり、高度運転支援・自動運転などの分野での協業強化を開始しており、画像認識システム向けの人工知能技術や自動車用リチウムイオン電池パックなどを共同で開発している。今後も3社は、戦略パートナーとして組込ソフトウェア事業、IoTを活用したモノづくりなど …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
GMが「ハンドルのないクルマ」を2019年に投入へ ついに「本物」の自律走行がやってくる

ウェイモやUberなどの競合が自動運転技術の開発で他社との提携を選択したのに対し、GMは垂直統合を進めている。16年にはサンフランシスコのスタートアップ企業Cruise Automationを6億ドル(約663億円)で買収し、完全自律走行の開発を任せたと報じられた。 GMはLiDARセンサーも自前で調達する方針で、昨年10 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
激化する自動運転技術の開発競争、そして実現は目の前に

に関しては、CASE(C:Connected<つながる>、A:Autonomous<自動運転>、S:Sharing<共有>、E:Electricity<電動化>)という4つの分野が注目されて … そして、そのために世界各国の有力企業同士(特に、自動車メーカー(関連企業)と“ITジャイアント”)、先端的技術を持つベンチャー企業らが相互に提携を進め …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「視界360度・脳波測定・自走二輪 車の自動運転が進化 朝日新聞」など、2018年1月15日     ニュース

ニュース
視界360度・脳波測定・自走二輪 自動運転が進化

クルマ自動運転技術が進化している。トヨタ自動車は「視野」を360度に拡大し、日産自動車は乗る人の脳波をとらえて運転に反映させる。ヤマハ発動機は自ら立って走れるオートバイをつくった。 各社は米ラスベガスで12日(日本時間13日)まで開かれた家電・技術見本市「CES」で新技術を披露。 トヨタが公開した自動運転 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車のある未来】GMがハンドルのない自動運転車を2019年実用化へ!NVIDIAとサーファー憧れ …

自動運転車の開発競争が熾烈なことは既にご存じの通りだが、必ずしも自動車メーカーが主導であるとは限らないのが面白い点だ。ハンドルやブレーキペダルが自動運転車の開発や実験は、米Google(アルファベット)のウェイモが先行した。そしてこの数年は、ディープラーニング技術で脚光を浴びている「NVIDIA」も台頭して …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AIと自動運転車が街を見守る

2040年、道路交通の主役は自動運転車になり、運転免許はほぼ不要になる。自動運転は交通事故を減らすだけでなく、センサーを駆使して街を24時間見守り、犯罪を未然に防ぐ。は移動手段から、社会の安全を支える … レベル4の完全自動運転技術は2020年の実用化を目指している。 注)レベル3と言っても、渋滞中の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
フォード、駐車場などインフラと連動する自動運転車

ハケットCEOは「まずは自動運転を使った移動・輸送受託のビジネスモデルを広げることに注力する」とし、中小企業なども対象の顧客とすることを示唆した。 フォードは2021年に自動運転車の導入を計画している。米ゼネラル・モーターズ(GM)から2年遅れとなることについてケン・ワシントンCTO(最高技術責任者)は「都市 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
打倒テスラ宣言の高級自動運転EV「フィスカー」創業者の野望

創業者のヘンリック・フィスカー(Henrik Fisker)は「バッテリー技術の新時代」の幕開けだという。 … CESに向けて意気込むフィスカーに、EV業界の今後と、現行の自動運転車に足りないものについて聞いてみた。 … また、当社が発表するソリッドステートのバッテリーは自動運転車だけでなく家電の未来をも変えるものだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ヤマハの低速自動運転車の”現実味”—CES 2018で提案

CES 2018で、関係者の間で話題になっていたのが、”ワンマイルモビリティを再定義する”というコンセプトのヤマハの低速自動運転車だ。 … 今後については、商品としての信頼性を高めたうえで、「ゆくゆくは、現行の誘導線を利用した自動走行の置き換えも考えていきたい」と、同社モビリティ技術本部の吉田睦グループ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
デンソー子会社が次世代AUTOSAR対応OSを開発、自動運転車のECUに適用へ

自動運転車やコネクテッドカー、ADAS(先進運転者支援システム)など、高度な車載システムに採用される高性能なインテリジェントECUがターゲットで、ヘテロジニアスな … AUBIST OS POSIX版は、そういった処理に対応可能なマルチコア/メニーコア技術を活用した高性能なプロセッサを搭載するインテリジェントECUに最適 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
北米国際自動車ショー開幕、各社が自動運転技術などアピール フォードがEV投資倍増を表明

各社は売れ筋のピックアップトラックやスポーツ用多目的(SUV)を展示の中心に据える一方、電気自動車(EV)や自動運転など先端技術の開発もアピールしている。 米自動車大手フォード・モーター幹部は14日、会場内で記者団に対し、EVやハイブリッド(HV)の開発費を従来計画の2倍超に当たる110億ドル(約1 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
大型ブームの先へ

… 【デトロイト=兼松雄一郎、工藤正晃】北米国際自動車ショーが14日(日本時間15日)開幕する。販売が好調な大型を中心に各社が戦略車種を相次ぎ発表する見通し。ただ、大型の需要は原油価格の動向次第で変調を来しかねない。「大型ブーム」の先をにらみ、欧米やアジアの自動車大手が電動化や自動運転技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマ技術 激戦インドでは欧米・現地企業の動きに要注意

これらの地域における自動車技術の特許等の動向について調査を行ったところ、日本の完成メーカーは、ASEAN各国の市場で力強さを発揮し、特許出願件数 … 調査では、図1に示す点線内の技術(注:自動二輪車・三輪車に関する特許出願に関しては原則調査対象外としたが、車種が特定されていない出願や、自動車等に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
燃料電池車「MIRAI」に未来はこないのか!?

トヨタ自動車が、電気自動車への本格参入を明確にした。17年10月に開幕した「東京モーターショー2017」でAI(人工知能)を搭載した電気自動車の「トヨタコンセプト愛i」を発表。20年代前半には、航続距離が大幅に伸びる「全固体電池」の実用化方針を打ち出した。電気自動車時代でも世界のトップメーカーであり続ける意欲 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
新刊/中村吉明著『AIが変えるクルマの未来 自動車産業への警鐘と期待』

人工知能(AI)関連本と思って読み進めると違った。変革期にある自動車産業の現在位置を解説した一冊だ。カーシェアリング、電動化、自動運転といった革新の波が、組み立… (残り:173文字/本文:253文字). (2018/1/15 05:00). ※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけます。 会員登録 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
CES閉幕 AI進化で新たな競争加速 電機とクルマの境界消え、合従連衡へ号砲 (1/2ページ)

先陣を切ったのはトヨタ自動車だった。開幕に先立つ8日、未来の商用をイメージした電気自動車(EV)の試作を発表。独特の箱形のデザインで移動型の店舗になったり、移動ホテルになったりする。多彩な用途を実現するため米ネット通販大手アマゾン・コムや米配車大手ウーバー・テクノロジーズ、ピザハットと提携したこと …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【CES 2018】Intelの自動運転向けソリューションを統括するキャシー・ウインター氏に聞く

ウインター氏:5Gに関して自動運転は非常にいいユースケースになると考えている。現在の自動車は常時接続にはなっていないが、すでに自動運転車の開発フェーズでは高速な携帯電話回線が必要になり、5Gはそのよいアプリケーションになる。高精度マップの構築にも5Gは必要になるだろう。また、自動運転が普及した後は、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「ラスベガスを走る「自動運転タクシー」の正体 東洋経済オンライン」など、2018年1月14日     ニュース

ニュース
ラスベガスを走る「自動運転タクシー」の正体

の開発を手掛けたのは、自動車部品メーカーの英アプティブ(旧・米デルファイ)とタクシー配車サービス会社の米リフト。リフトはあのウーバー・テクノロジーズと双璧をなす米国で人気のサービスだ。 アプティブは、2017年10月に自動運転技術のソフトフェアを開発するベンチャー、nuTonomy(ニュートノミー)社を4億5000万 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「大型の祭典」にも自動運転の波 北米自動車ショー

… 【デトロイト=兼松雄一郎】14日(日本時間15日)に本格的な開幕を控える北米国際自動車ショー(通称デトロイトショー)でプレス発表会が米ゼネラル・モーターズ(GM)を先陣に始まった。自動車メーカーは通常、年初の世界最大の家電見本市CESで自動運転などの近未来技術、長期のサービス戦略を発表し、その翌週の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転に光を照らせ!次世代ランプ、開発最前線

自動運転の本格化に向け、自動車用照明メーカーが次世代ランプの開発に取り組んでいる。小糸製作所は光線の反射で全周囲の歩行者や車両を検知するランプや、走行状況を光で伝える照明の開発に着手。同様の照明は市光工業も手がけ始めた。スタンレー電気や三菱電機はの動線を路上に照射する技術を開発。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
GM ハンドルない、19年実用化 無人タクシーとして使用

米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は12日、ハンドルやアクセルペダル、ブレーキペダルのない量産可能な自動運転車を2019年に実用化すると発表した。共同電によると、特定の場所を走るといった一定の条件下で、全ての操作をシステムが担う「レベル4」に分類される自動運転技術を搭載する世界初の量産に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
GM:ハンドルもペダルもないクルマの登場

自動運転レベルにおいては「4」の相当だ。しかしハンドルもペダルもないとなると、公道を走るためには当然ながら法規対応の変更が必要になる。GMはNHTSA(米国運輸省道路交通安全局)へこれらの車両に対する請願書を提出、従来車両と同等の安全性能を有することが証明できれば、現在の法規制では一社あたり …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタの株価が「2年ぶりの高値」を付けた理由 生き残りをかけた戦いは始まったばかり?

トヨタも例外ではなく、自動運転技術を活用したモビリティーサービス専用のEV(電気自動車)を発表した。 … 向けて、米アマゾンやピザハット、中国ライドシェア大手の滴滴出行などと提携し、2020年代前半のサービス実証を目指すとともに、東京五輪・パラリンピックにもこうした技術を搭載した車両を投入する意向も示している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
日本電産・永守会長が語る、自動車サプライチェーン大変革

今後、制御系や人工知能(AI)はとても大事。キャパシティー拡大のため、独ECU設計会社も買った。だが完成車は作らない。電池など、止まっているものにも興味はない。ロボットも完成品に近い部分までしか手がけない。顧客と競合するものは絶対しないのが、創業以来のポリシーだ」 ―現況と、100年後の未来像をどう見 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「まずは全固体電池 ルノー・日産・三菱自が投資計画 日本経済新聞」など、2018年1月12日     ニュース

ニュース
まずは全固体電池 ルノー・日産・三菱自が投資計画

フランスRenault(ルノー)や日産自動車、三菱自動車などで構成するRenault・日産・三菱自連合は2018年1月9日、オープンイノベーションを支援する企業ベンチャーキャピタルファンドを設立すると発表した。名称は「Alliance Ventures(アライアンス・ベンチャーズ)」。電動化や自動運転、人工知能(AI)などの成長分野に対し …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ自動車が車載Linux「AGL」を車載情報機器に全面採用、「他社も続く」

… 中の各種自動車モデルに素早く展開できた」と述べている。 消費者向けエレクトロニクス展示会「CES 2018」(2018年1月9~12日、米国ネバダ州ラスベガス)に出展しているAGLは、車載Linuxの車載情報機器向けディストリビューションの最新版となる「AGL UCB 5.0」を公開。併せて、アマゾン(Amazon)のAI(人工知能) …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
<札幌モーターショー特集>国内外27社 200台出展

国内外の最先端の自動車を展示する「札幌モーターショー2018」(道、道経連、北海道新聞社などでつくる実行委主催)が19~21日、札幌市豊平区の札幌ドームで開かれる。4回目となる今回は、27社38ブランドの四輪車と二輪車など約200台が出展される。各社が開発競争にしのぎを削る電気自動車(EV)や人工知能(AI) …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AI使った家電やロボット…米見本市が開幕

【ラスベガス(米ネバダ州)=松本裕平】世界最大級の家電・情報技術(IT)の見本市「CES」が9日、米ラスベガスで開幕した。 電機、自動車、IT企業など3900社以上が出展し、人工知能(AI)を使った自動運転システムや家電、ロボットなど最先端の技術を披露している。 トヨタ自動車は配車サービスなどに使える自動運転の試作 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
NVIDIA、AI自動運転プラットフォーム「NVIDIA DRIVE」の機能安全技術の詳細を発表

NVIDIAは2018年1月10日(米国時間)、同社のAI自動運転車プラットフォーム「NVIDIA DRIVE」の機能安全アーキテクチャの詳細を発表した。このプラットフォームは、オペレーター、環境、システムに関連する問題が発生した場合も含めて、冗長化と多様化を通じて車両の安全稼働を実現する。 自動車メーカーはNVIDIA …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「レベル3」自動運転開発を支援――NXP、自動運転車アプリケーション向け開発/テストプラットフォーム …

オランダのNXP Semiconductorsは2018年1月11日、自動車の自動運転アプリケーションの開発とテストに向けたソフトウェアプラットフォーム「NXP Automated Drive Kit」を発表した。同プラットフォームでは、自動車技術者協議会(SAE International)の定める「レベル3」の自動運転車を開発できる。 レベル3の自動運転は、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
無人運転を19年に実用化へ

【ラスベガス=兼松雄一郎】米ゼネラル・モーターズ(GM)は11日、無人運転の量産を2019年にも実用化する方針を公表した。基本的に人が運転に関与しない高度な自動運転車で、全米での普及に向け米当局に申請した。の次世代技術の焦点である自動運転は独フォルクスワーゲン(VW)やトヨタ自動車も開発を急ぐ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「もうチキンバスケットとは言わせない」

クルマの天井でくるくる回り、周囲の状況を把握する。自動運転の実験車両がほぼ標準的に採用しているLIDAR(レーザーレーダー)を供給するのが米Velodyne LiDAR社だ(図1)。優れた認識精度が高く評価されている一方で、「量産には使えない」(ある自動車メーカーの自動運転技術者)との声も少なくない。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタの自動運転コンセプト、関係者の度肝を抜く!

ラスベガスで行われている『CES』(最新技術の見本市)に於いてトヨタは『eパレットコンセプト』というのを発表した。簡単に言えば、工場などで使われている無人運搬を一般道で運用しようというもの。下手な文章でクドクド説明するより、下の動画を見て頂きたい。物流を電気で走る自動運転車に置き換えていくという …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産、ドコモなど6社 「つながる」の実証実験

日産自動車やNTTドコモなど6社は12日、コネクテッドカー(つながる)の実証実験を2018年中に日本で始めると発表した。周囲の車両や道路インフラ、歩行者が持つ機器と直接通信できる「セルラーV2X」と呼ぶ新たな技術規格の信頼性などを評価し、より安全な自動運転技術の実現などに役立てる。 セルラーV2Xは携帯 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産など、自動運転車の開発加速に向けたVCファンドを設立

初年度には、クルマの電動化、自動運転システム、コネクティビティ、人工知能などの新たなモビリティに焦点を当てている新興企業や、技術起業家が参加するオープンイノベーションのパートナーシップを対象に最大2億ドルを投資する予定で、こうした取り組みを毎年継続していくことで、財務リターンを確保しながら、新技術や新 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
<札幌モーターショー特集>夢の時代接近 自動運転、欠かせぬAI

次世代自動車の主役に躍り出た電気自動車(EV)と共に注目される技術が「自動運転」と、その実現に欠かせない「人工知能(AI)」だ。に乗り、行き先を告げるだけで目的地に連れて行ってくれる―。そんな夢のような時代に近づく技術を採用したコンセプトカーが札幌モーターショーにも登場する。 自動運転などの国家戦略「 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産とNASA、自動運転モビリティの共同研究を拡大

NASAの技術をベースに日産が開発した「SAM」(シームレス・オートノマス・モビリティ) 全 1 枚 拡大写真 日産自動車の米国法人の北米日産とNASA(アメリカ航空宇宙局)は1月11日、自動運転モビリティ … 日産とNASAはこの5年間、研究開発パートナーシップの下、自動運転車両システムの研究開発で協力してきた。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
注目ベンチャー5社「快眠」スリープテックや「妊活センサー」、「眼鏡型360度カメラ」が面白い:CES2018

アメリカ・ラスベガスで開催されている世界最大規模のテクノロジーショー「CES 2018」。デジタル業界の新年はCESと共に明けるといわれるほどだが、2018年はいつにも増してスタートアップの出展が注目度を高めている。スタートアップが集まるエリア「Eureka Park」は、巨大なサンズコンベンションセンターの1階を全て埋め …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
GM、19年にもハンドルなし「無人運転」の量産

の次世代技術の焦点である自動運転は独フォルクスワーゲン(VW)やトヨタ自動車も開発を急ぐ。GMが早期に … GMが実用化するのは、「レベル4」と呼ばれる自動運転車。特定の場所や … トヨタは20年代前半に実用化する方針を打ち出し、日産自動車は提携する仏ルノー、三菱自動車との連合で22年をメドに開発する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
南洋大とボルボ、自動運転電気バスを開発へ

自動運転電気バスはまず、NTUのキャンパス近くにある自律走行用のテストコースで実証実験を実施。その後、公道試験に進む予定だ。 NTUは2016年10月に陸上交通庁(LTA)と自動運転バスの技術開発で提携を結んでいる。同大キャンパスと西部ジュロンの環境配慮型工業団地クリーンテック・パークを結ぶ1.5 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「CESで自動運転車を初体験 —— とても退屈で、素晴らしい体験だった BUSINESS INSIDER JAPAN」など、2018年1月11日     ニュース

ニュース
CESで自動運転車を初体験 —— とても退屈で、素晴らしい体験だった

1月10日(現地時間)、同僚と私は自動運転タクシーに乗るために、CESの会場であるラスベガス・コンベンション・センター(LVCC)近くの駐車場に向かった。今回の取り組みでは、Aptivが車両自動運転技術を提供、Lyftが実際の運行を担当している。 我々はラスベガスのドライブを楽しんだ。だが今のところ、CESで体験した中 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Uberが自動運転にNVIDIAの技術を採用、開発ペースを加速…CES 2018で発表

Uberは、ボルボ『XC90』SUVの最初のテスト車両で、NVIDIA GPUコンピューティングテクノロジの使用を開始。現在では高性能のNVIDIAプロセッサーを使用して、自動運転/配車車両自動運転の貨物トラックの両方でディープニューラルネットワークを稼働させている。以来、Uber車両の開発ペースは急激に加速しており、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
インテル傘下のMobileye、今後の自動運転プロジェクトの詳細など明らかに

Mobileyeの最高経営責任者(CEO)で最高技術責任者(CTO)のAmnon Shashua氏は、自動運転車の開発における重要分野に関して、センシング、REM(Road Experience Management)、運転ポリシーなどを挙げている。 この方針に従い、Mobileyeの2018年の「マスタープラン」には、レベル4(L4、高度に自律的な運転が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転向け技術をCESで披露、存在感を強調するNXP

NXPは、LG Electronicsおよび、アルゴリズム関連の専門技術を提供するドイツHELLA Aglaiaと、先進運転支援システム(ADAS)や自動運転車向けの技術開発で協業するという。これが、CESにおけるNXPの発表の目玉の1つだ。この協業により、NXPが「S32V」プロセッサをベースとして開発した、ADASおよび自動運転車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転の実験、杉並で開始 住宅街の公道は都内初

住宅街の公道を利用した東京都内初の自動運転車の実証実験が11日、杉並区内で始まった。自動運転技術開発を手がけるアイサンテクノロジーのほか東京大学、測量会社の第一航業(東京・杉並)が杉並区の支援を受けて実施した。区立の井草森公園の周囲の都道・区道約1キロを、ミニバンをベースにした自動運転車が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米運輸当局、トラックや列車の自動運転で新たな政策指針策定へ

道路交通安全局(NHTSA)は自動運転車に対する「不必要な規制の障壁」や安全性の検証と認証の方法に関して意見を求めている。連邦公共交通局や連邦高速道路局も意見を公募している。これらの意見は同省の連邦自動運転車政策の第3版の作成に利用される。チャオ長官によると第3版は今夏に公表される見通し。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車技術のためのディストリビューションAutomotive Grade LinuxをToyotaとAmazonがサポート

AGLはそれに対してさらにセキュリティを厚くし、自動運転車をハッカーにやられないようにしたい。遠隔通信や地図関連の技術も重要だ。とくに地図データは、各社ばらばらでなく、全メーカーが共有できる形式であることがきわめて重要だ。地図の共通化は、AGLがメインの課題として追究している安全性の面でも欠かせない。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転 通行量の多い市街地で実証実験 東京 杉並区

自動運転の実用化に向けて東京 杉並区で、人やの通行量が比較的多い市街地を自動で走行させる実証実験が行われました。 続きを読む. この実証実験は、杉並区や自動運転技術開発に取り組む民間企業、それに東京大学などが共同で行ったものです。 の上部には特殊なセンサーがあって人や障害物を検知できる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アウディが2018年に自動運転「レベル3」のA8を発売予定。日本での発売は?

clicccar.com(クリッカー)
2018年、本国ではいよいよ世界初の自動運転レベル3の製品としてA8がデビューの予定です。すでにドイツでは法整備が整い、あとは国際的な技術基準が整えられ、その技術認証がクリアとなればレベル3自動運転車としてデビューとなるそうです。デビュー時には時速60km以下の自動車専用道路に限って使用できるものとなり …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
OKIグループとアヴネット、自動運転向けのAIボードを開発

OKIグループの設計受託企業であるOKIアイディエスは、技術商社大手のアヴネットと共同でレベル4~5の自動運転車に向けた人工知能(AI)コンピューターボードを開発した(リリース)。2018年2月からアヴネットが国内で販売する。将来的にはアジアにも販路を広げる。ボードは開発・評価用であり、実際のシステム開発をOKI …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ルノー・日産・三菱がベンチャー・キャピタルを設立 バッテリーや自動運転など新たなモビリティに5年間で …

ルノー・日産・三菱の約10億ドルという出資額は、CVCを持つ自動車メーカーとしては最大となる。 BMW iVenturesもGM Venturesも、ベンチャー・キャピタル運営の経歴が長いが、ファンド規模は彼らより小さい(BMWは、iVenturesの次の10年での投資総額を5億ドル以上に増やしている)。トヨタもロボティクスや人工知能の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
CESで自動運転車を初体験 —— とても退屈で、素晴らしい体験だった

1月10日(現地時間)、同僚と私は自動運転タクシーに乗るために、CESの会場であるラスベガス・コンベンション・センター(LVCC)近くの駐車場に向かった。今回の取り組みでは、Aptivが車両自動運転技術を提供、Lyftが実際の運行を担当している。 我々はラスベガスのドライブを楽しんだ。だが今のところ、CESで体験した中 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転向け技術をCESで披露、存在感を強調するNXP

同プラットフォームはBaiduが開発したもので、“ロボットカー向けAndroid”としても知られている。この提携により、NXPの半導体チップがApollo Open Autonomous Driving Platformをサポートできるようになるとしている。 こうしたさまざまな発表内容から、NXPが、「ADASや自動運転車向けオープンプラットフォームの強力な …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、何でも出来る・使えるクルマ「e-Palette Concept」を「CES」に出展

提携する米ウーバーテクノロジーズ、マツダに加え、新たにアマゾン、ピザハット、滴滴を含めた計5社を第1弾パートナーとして、多機能車両を開発する。 また、トヨタが培ってきた安全性の高い車両制御技術を用いて開発した車両制御インターフェースを自動運転キット開発会社に開示する予定だ。自動運転キット開発会社は、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「Uber、自動運転車に NVIDIA の技術を採用 PR TIMES」など、2018年1月10日     ニュース

ニュース
Uber、自動運転車に NVIDIA の技術を採用

CES 2018 の開幕前に開催されたプレス カンファレンスにおいて、NVIDIA の創業者兼 CEO、ジェンスン・フアン (Jensen Huang) は、このコラボレーションでは Uber Advanced Technologies Group の自動運転車両自動運転トラックで NVIDIA の技術を利用し、AI アルゴリズムの実行によって、複雑な環境においても各 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
エヌビディアCEO、2時間に及ぶ「自動運転強化宣言」の中身

プレゼンの中で、フアンはVWとウーバーとの提携以外にも、自動運転技術を手掛けるスタートアップ「オーロラ(Aurora)」とのパートナーシップや、中国におけるバイドゥと部品大手のZFとの提携拡大、BlackBerry QNXとの協業、自動車向けAI機能の強化、新たなARテクノロジーの開発、自動運転車向けスーパーコンピュータの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転EV 配送・相乗りも 米家電見本市

【ラスベガス清水憲司、釣田祐喜】トヨタ自動車は8日、米ネット通販大手アマゾン・コムや米ライドシェア大手ウーバー・テクノロジーズなどと連合を組み、バス型の自動運転電気自動車(EV)の開発を進めると表明した。自動運転やライドシェアなど新たな技術・サービスが次々と登場する中、を使う側の視点を重視しないと …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米フォード、自動運転車での食品・買い物の配達実験へ

米 フォード・モーターは、買い物・宅配代行の新興企業ポストメイツと提携し、自動運転による宅配実験を ピザ以外にも拡大、最終的に運転者なしでネット注文の … フォードは年内に、消費者とドライバーを結び付けて食料品や出前、他の買い物などを宅配するポストメイツと手を組み、自動運転技術によって宅配がどのように …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、次世代移動サービスに照準=自動運転車で宅配や相乗り

トヨタ自動車が自動運転機能を搭載した商用電気自動車(EV)の試作を公表し、無人運転による宅配など多様なサービスに活用していく方針を明らかにした。背景にあるのは、ライドシェア(相乗り)の … 自動車業界では、異業種企業の参入により、自動運転などの技術競争が加速。海外では同時に、自動車を所有せずに …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車用ソフトウェアを開発するAImotive、シリーズCラウンドで3800万米ドルを調達

ハンガリー・ブタペストを拠点とする AImotive は、自動運転車のカメラやセンサーからデータを収集し、人工知能の運転システムが歩行者や障害物を回避できるようそれらを認識するソフトウェアを … 調達資金は、世界でのスケールに向けた動きやシミュレーション技術を駆使した自律走行ソフトウェア制作の加速に活用される。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
技術力の結集。ミニマムなセンサー類を装備したトヨタの自動運転車「Platform 3.0」

現在開催中のCES 2018にて、トヨタの子会社で人工知能等の研究開発を行なうToyota Research Institute, Inc.(TRI)が開発した自動運転実験「Platform 3.0」が展示されます。 これは車外の状況を検知するセンサーやレーザー類の機能を大幅に強化しているだけでなく、Lexus LS600hLのボディーに馴染むデザインとなっ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
電機大手、車載技術競う AI使い道案内、自動運転サポート… CESでパナやソニー

三菱電機は展示を車載関連に絞り、運転支援機能を備えた試作を公開。声で個人を認証し、登録しておいた行き先を画面に表示するシステムや、ドローンを活用して道路状況を把握する技術を提案する。 ソニーは自動運転に活用する車載カメラ向けの画像センサーを紹介。暗所や逆光でもの周囲360度の状況を正確に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
TOYOTAのさようなら自動車、こんにちはモビリティサービス宣言 CES2018

世界最大の家電見本市「CES」が9日、米ラスベガスで開幕するのに先駆けて発表した。披露したのは全長4.8メートルの電気自動車(EV)「e―Palette(イー・パレット)コンセプト」。エリア限定で完全自動運転ができる. 「レベル4」の技術を載せて、まず20年の東京五輪で、大会関係者の移動で実験する。 提携する米ウーバー …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
サムスン、自動運転向けプラットフォームをCES 2018で発表…レベル3-5に対応

サムスン、自動運転向けプラットフォームをCES 2018で発表…レベル3-5に対応 … 韓国のサムスン電子は1月9日、米国ラスベガスで開幕したCES2018において、自動運転向けの新開発プラットフォーム、『DRVLINE』を発表した。 … 自動車メーカーが自動運転技術車両に組み込む際のソリューションになることを目指す。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
【CES 2018】ルノー、日産、三菱自動車、ベンチャーキャピタル「アライアンス・ベンチャーズ」設立。5年間で …

Ionic Materialsはマサチューセッツ州を拠点に自動車および多様な用途に使われる高密度エネルギーバッテリーの性能およびコスト競争力向上を可能とする固体高分子電解質を開発している。 このほか、Alliance Venturesは初年度、クルマの電動化、自動運転システム、コネクティビティ、人工知能などの新たなモビリティに …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
技術リーダーに必須の「4種の神器」とは?

既に当時と同様に、大きな変化の兆候が表れています。 例えば、自動車業界では電気自動車へのシフトが一気に進み、各国で電気自動車に対する法律やインフラ整備が進んでいます。それだけではなく、自動運転に対する法整備も現実のものとなろうとしています。 金融業界では、2017年にデータの分析や予測に人工知能が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ZF:人工知能(AI)による自動運転がまもなく現実に

特に環境データの検出と処理のために搭載された「ZF ProAI」はテスト車両で中央制御ユニットとして機能し、モジュラー・アプローチで自動運転機能の開発を可能にする。ZFのアプローチは、車の用途やハードウェアの構成、自動運転のレベルなど自動車メーカーのニーズに応じて対応可能で、あらゆるクルマに適用できる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
LG、新AIプラットフォームをCES 2018で発表…ドライバーの眠気を認識

韓国のLGエレクロニクスは1月9日、米国ラスベガスで開幕したCES2018において、新開発のAI(人工知能)プラットフォーム、『ThinQ』を発表した。 ThinQは、AIの研究を加速するために、韓国のLG人工知能研究所が中心になって開発。 … 自動車の室内を監視するモニターとして活用できる。ドライバーの表情や動作を検知し、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
エヌビディアCEO、2時間に及ぶ「自動運転強化宣言」の中身

プレゼンの中で、フアンはVWとウーバーとの提携以外にも、自動運転技術を手掛けるスタートアップ「オーロラ(Aurora)」とのパートナーシップや、中国におけるバイドゥと部品大手のZFとの提携拡大、BlackBerry QNXとの協業、自動車向けAI機能の強化、新たなARテクノロジーの開発、自動運転車向けスーパーコンピュータの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転EV 配送・相乗りも 米家電見本市

自動運転やライドシェアなど新たな技術・サービスが次々と登場する中、を使う側の視点を重視しないと生き残れないと判断。他業種との … 減少を抑えるには、ユーザー側の企業と提携し、の使われ方にも目配りする必要がある。 … 運転手なしで動くライドシェアや配送、移動販売、宿泊施設などとしての使用を想定する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米フォード、自動運転車での食品・買い物の配達実験へ

米 フォード・モーターは、買い物・宅配代行の新興企業ポストメイツと提携し、自動運転による宅配実験を ピザ以外にも拡大、最終的に運転者なしでネット注文の配達ができるようにするに … 当面は運転者が乗り込んで進める実験を通じて、フォードは自動配達システムがどのように機能するかを十分見極めることにしている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転EV、ユーザーの視点重視 配送・相乗りも 米家電見本市

【ラスベガス清水憲司、釣田祐喜】トヨタ自動車は8日、米ネット通販大手アマゾン・コムや米ライドシェア大手ウーバー・テクノロジーズなどと連合を組み、バス型の自動運転電気自動車(EV)の開発を進めると表明した。自動運転やライドシェアなど新たな技術・サービスが次々と登場する中、を使う側の視点を重視しないと …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
CES2018:FordとQualcommがの広範な接続性実現のために提携

携帯電話の接続性は、自動運転車ならびにモビリティサービスなどに向けて、フォードが展開しようとしている、充電ステーションネットワークやパートナープラットフォームなどの重要な要素となっている。Fordはまた本日(1月9日)、クラウドベースのコネクテッドスマートシティプラットフォームも発表した。この上に、都市や、運送 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
元グーグルの自動運転開発責任者、新会社立ち上げ再起動

【ラスベガス=中西豊紀】米グーグルで自動運転車の開発プロジェクトを率いてきたクリス・アームソン氏は業界では知る人ぞ知るスターエンジニアだ。2016年夏の突然の辞任後は沈黙を守っていたが、このほど新たなベンチャーを立ち上げ自動運転の世界に戻ってきた。すでに独フォルクスワーゲン(VW)とも提携。「(機械の) …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
TOYOTAのさようなら自動車、こんにちはモビリティサービス宣言 CES2018

世界最大の家電見本市「CES」が9日、米ラスベガスで開幕するのに先駆けて発表した。披露したのは全長4.8メートルの電気自動車(EV)「e―Palette(イー・パレット)コンセプト」。エリア限定で完全自動運転ができる. 「レベル4」の技術を載せて、まず20年の東京五輪で、大会関係者の移動で実験する。 提携する米ウーバー …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AI進化、最新技術が競演 家電見本市、米で開幕

日産自動車はカルロス・ゴーン会長が記者会見し、提携先の三菱自動車、フランス自動車大手ルノーと共同で新興企業を支援するファンドを設け、今後5年間で最大10億ドル(約1130億円)を投資すると発表した。先進的な技術を取り込み、電気自動車(EV)や自動運転車の競争力を高める。ホンダはAI搭載のロボットを中心に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【コラム】新年(2018年)に予測する中国自動車業界、次の一手

2018年は日本の自動車メーカーは当然、ドイツメーカーも新エネルギーの発売を予定している。全国乗用車市場信息聯席会の秘書長(事務局長)は、2017年の電気自動車などの新エネルギー販売台数は、50万台を突破今年は、100万台の大台を達成できるかがポイントと発言している。だけに限るわけではないが、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「【新聞ウォッチ】米家電見本市「CES 2018」開幕、次世代技術の競演で際立つ自動車各社 レスポンス」など、2018年1月9日     ニュース

ニュース
【新聞ウォッチ】米家電見本市「CES 2018」開幕、次世代技術の競演で際立つ自動車各社

【新聞ウォッチ】米家電見本市「CES 2018」開幕、次世代技術の競演で際立つ自動車各社 … で火花」というタイトルで、「もともとはテレビなど家電製品が主役だったが、自動運転車や人工知能(AI)の開発競争が加速する中、自動車やIT、半導体業界、ベンチャー企業も入り乱れて次世代技術を競い合う場になりそうだ」と紹介。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米 家電ショーを前に AI搭載家電や自動運転車披露

アメリカのラスベガスで世界最大規模の家電ショーが始まるのを前に、主要メーカーは、AI=人工知能が搭載された家電製品や、自動運転の電気自動車など最 … メーカーの存在感が年々高まり、トヨタ自動車の豊田章男社長は「これが将来の移動手段だ」と述べて、自動運転の電気自動車のコンセプトカーを披露しました。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「2018年の自動車業界は“晴れ”基調」、自工会会長の西川氏

… に大台となる500万台に乗った。 2018年のさらなる市場拡大を目指して、西川氏は「技術革新と事業革新が成長のためのキーワードだ」との考えを述べた。技術革新では、日産をはじめ自動車メーカー各社が取り組む電動化の加速はもちろん、人工知能(AI)の活用によって企画や技術開発のスピードが上がるとの見通しだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NVIDIA、「Xavier」を活用した次世代の自動運転プラットフォームを提供へ

グラフィックスチップ大手のNVIDIAは米国時間1月7日、同社の「Xavier」を利用した次世代の自動運転プラットフォームを発表した。Xavierは、自動車向けの人工知能(AI)に賭ける同社が研究開発に20億ドル(約230億円)を費やしたSoC(System on a Chip)だ。 NVIDIAが「世界で最もパワフルなSoC」と呼ぶXavierは、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NVIDIAが「GTC Japan 2017」で人工知能時代の到来をアピール

NVIDIAでは,このほかにヘルスケアもAIの技術が役立つ分野と位置づけている。フアンCEOは,基調講演の中で日本におけるAI活用の重要な分野として自動車,産業ロボット,建設に加えてヘルスケアを挙げ,その市場規模が700億ドルに上るとした。基調講演の最後に,フアンCEOは,これらの技術によるAI革命が始まったと …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車・輸送機 ニュース

ブルームバーグ)トヨタ自動車はインターネット通販最大手の米アマゾン・ドット・コムやライドシェア大手のウーバー・テクノロジーズなどと提携し、自動運転や … 【米ラスベガス=杉本要】米エヌビディアは7日(日本時間8日)、自動運転向けの人工知能(AI)技術で独フォルクスワーゲン(VW)や米ウーバー・テクノロジーズなどと.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ZF:AIコントロールボックスが百度の自動駐車システムに採用

ZFフリードリヒスハーフェン社(以下ZF)と中国の百度社(バイドゥ:Baidu、以下、百度)は、アメリカで開催される「コンシューマーエレクトリックショー(CES) 2018」に先立ち、無人で自動駐車を可能にする新しいシステムを発表する。両社の戦略的提携による最初の成果であるこのシステムは、ZFがアメリカの半導体 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
主戦場は音声対応=「つながる家電」日韓競う-米見本市

… 【ラスベガス時事】世界最大級の家電・IT見本市「CES」の開幕を前にした8日の記者会見で、日韓の電機メーカーはあらゆる機器がつながるIoT(モノのインターネット)への対応を競った。CESの主戦場は数年前まで薄型テレビだったが、音声対話型人工知能(AI)を住宅・家電や自動車といかに連携させるかに移った。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
トヨタ:自動運転EVで宅配や移動ホテル-アマゾンなどと提携

トヨタはこのサービスの展開にあたり、車両制御のインターフェース(規格)を外部に開示。これによりさまざまな企業が開発した自動運転システムの搭載が可能になるとしている。豊田章男社長は「eパレット」のコンセプトは、これまでのの概念を超えて消費者にサービスを含めた「新たな価値が提供できる未来のモビリティ社会 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
運転手なしでピザ宅配? トヨタがアマゾンなどと提携

これよりも小さめのと大きめのも追加してつくる。 アマゾンやピザハットのほかに、中国でライドシェアを手がける配車大手、滴滴出行(ディディチューシン)や、ほかの分野で提携済みの米配車大手ウーバー・テクノロジーズ、マツダとも協力する。 トヨタ以外の企業が開発した自動運転システムも載せられるようにし、提携の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
元グーグル社員らが創業の自動運転企業Aurora、現代やVWと提携

シリコンバレーで自動運転車の開発を手掛けるスタートアップ「Aurora」がフォルクスワーゲン(VW)と現代自動車と提携する。約1年前の創業 … Auroraを創業したのは、グーグルの自動運転プロジェクトの元責任者であるクリス・アームソン(Chris Urmson)と、テスラのオートパイロット技術の元開発責任者であるスターリング・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
CES 2018:アマゾンやUberと組んだトヨタは、新しい自律走行で「モビリティ企業」に転身できるか

トヨタは今回、UberやUberの中国におけるライヴァルである滴滴出行(ディディチューシン)、マツダ、ピザハット、そしてアマゾンと提携した。Uberと滴滴出行、マツダは技術パートナーである。車両の設計に加わるだけでなく、必要に応じて独自の自動運転プログラムを搭載できる。ピザハットとアマゾンは、顧客からの注文が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ 電気自動車のコンセプトカー発表 米IT企業と連携も

… のを前に、現地で自動運転で走行する電気自動車のコンセプトカーを発表し、商品の配送などのサービスに使うためにアメリカのIT企業などと提携しての開発を進めることを … 技術は急速に進展しており、競争の火ぶたは切られた」と述べて、トヨタとしてこれまでのの概念を超えた取り組みを進める意気込みを示しました。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタが自動運転商用=対話型AIにも関心-米家電見本市

… 【ラスベガス時事】米ネバダ州ラスベガスで9日開幕する世界最大級の家電・IT見本市「CES」を前に、日本の電機・自動車大手が8日、記者会見を開いた。トヨタ自動車は完全な自動運転機能を備えた商用のコンセプトを初公開。話し掛けるだけでさまざまな情報が得られる音声対話型AI(人工知能)を備えた機器も相次いで …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アルガス・サイバー・セキュリティーがコネクテッド/自律走行をサイバー攻撃から守るためルネサスと提携

コネクテッドと自動運転車両を推進する上での重要な要素となり、走行中の全車両をサイバー攻撃から守るという我が社の使命における新たな節目と言えます。コネクテッド車両が増え、自律走行の時代が急速に近づく中、自動車サプライチェーンに属するすべての企業サイバーセキュリティーを最優先事項とし、どのような …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車・輸送機 ニュース

… シェア大手のウーバー・テクノロジーズなどと提携し、自動運転や電動化技術を用いて小売りや外食、配送などさまざまな事業者が活用できる移動車両サービスに取り組むと発表した。 … 【米ラスベガス=杉本要】中国・南京に本拠を構える電気自動車(EV)ブランドの「バイトン」は7日(日本時間8日)、初の試作を発表した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AirbiquityとArityがエッジ分析機能のOTAソフトウエアとデータ管理をコネクテッドカー業界に提供

Arityとの提携は、AirbiquityのOTAmaticによるアップグレード可能なエッジ分析がこの市場機会をいかにスマートに取り込んでいるかを実証している」と述べた。 Arityのゲーリー・ハルグレン社長は「最新航空機は1回の飛行で0.5テラバイトのデータを生成する。コネクテッドな自動運転車も同じで、車両ごともしくは車両間で大量 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタが次世代「電気自動車」 移動型店舗にも活用

トヨタが発表したeパレットは自動運転の技術を活用して人の移動や物流、移動型の店舗など、幅広く利用できる次世代の電気自動車です。インターネット通販のアマゾンなど5社と提携し、を売るだけでなく、安全性や決済などのサービス面での収益の拡大を図ります。2020年の東京オリンピックで実験を行い、2020年代前半 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
NVIDIAのAI技術、Uberが自動運転車に採用へ (1/2)

NVIDIAは「CES 2018」のプレスカンファレンスで、Uber Technologiesの自動運転車に同社のAI(人工知能)技術が採用されると発表した。 … NVIDIAのCEO(最高経営責任者)であるJensen Huang氏は、NVIDIAは、「蓄積してきたGPU技術を基に、急速に成長する市場、例えばゲーム(1000億米ドル)、人工知能(3兆 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、サービス業向け自動走行EV 5社と実証実験

EVのほか、中距離向けにはマツダの技術を生かし「レンジエクステンダー」と呼ばれる発電専用エンジンを積んだプラグインハイブリッド(PHV)の供給も検討する。ウーバーや滴滴はそれぞれ自動運転技術を開発しているが、トヨタはイー・パレットの車両制御のインターフェースを開示し、協業企業がそれぞれの自動運転技術を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米 家電ショーを前に AI搭載家電や自動運転車披露

アメリカのラスベガスで世界最大規模の家電ショーが始まるのを前に、主要メーカーは、AI=人工知能が搭載された家電製品や、自動運転の電気自動車など最先端の技術を取り入れた製品を披露しました。 続きを読む. アメリカのラスベガスでは、国内外のおよそ4000社が出展する世界最大規模の家電ショー「CES」が9日 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
元グーグル社員らが創業の自動運転企業Aurora、現代やVWと提携

シリコンバレーで自動運転車の開発を手掛けるスタートアップ「Aurora」がフォルクスワーゲン(VW)と現代自動車と提携する。約1年前の創業 … Auroraを創業したのは、グーグルの自動運転プロジェクトの元責任者であるクリス・アームソン(Chris Urmson)と、テスラのオートパイロット技術の元開発責任者であるスターリング・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタが自動運転商用=対話型AIにも関心-米家電見本市

… 【ラスベガス時事】米ネバダ州ラスベガスで9日開幕する世界最大級の家電・IT見本市「CES」を前に、日本の電機・自動車大手が8日、記者会見を開いた。トヨタ自動車は完全な自動運転機能を備えた商用のコンセプトを初公開。話し掛けるだけでさまざまな情報が得られる音声対話型AI(人工知能)を備えた機器も相次いで …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
35%が完全自動運転車※1を利用したい完全自動運転車でやってみたいことトップは「睡眠」

完全自動運転車の実用化には、現時点では法律や技術面での多くの課題があります。しかし、実用化によって、交通事故や渋滞といった社会問題の解決に効果が見込まれることから、将来は一般的な移動手段となることが予想されます。誰もが安心して利用できるような法整備や技術向上が進むことを期待したいと思います。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタがサービス向け自動運転EV、Amazonを仲間に

限られた範囲で完全自動運転を実現できる「レベル4」の技術を搭載するという。エレクトロニクス関連の大型展示会「CES 2018」(米国ラスベガス、2018年1月9日~1月12日)の開幕に先立って開いた記者発表会で披露した。 発表会にはトヨタ社長の豊田章男氏が登壇し、e-Palette Conceptの発表を「これまでのクルマの概念 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産がデモ、脳波を使って“思い通りの運転”を支援する技術

自動運転車への適用を想定した技術だが、クルマを人間のコントロール外に置くのではなく、ドライバーが行う次の運転操作を支援することで”思い通りの運転”をサポートすることを目指す。日産自動車によると、完全自動運転車であっても運転の責任はドライバーが負うことを前提にし、運転支援システムに人の脳を融合する技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ソニー、自動車の危険回避を支援する「セーフティコクーン」。イメージセンサー活用

今回のCES 2018では、今後高度な自動運転の実現に向け、ソニーが提案する、イメージセンサー技術による「の眼」の進化を紹介。暗所、逆光などの運転環境下において自動車の周囲360度の状況を検知し、早期からの危険回避行動を支援する技術を疑似体験できるようにする。 さらに、望遠や広角、高速、感度などが求め …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車、次の課題は商用化 CES開幕へ

【ラスベガス】米アプティブのグレン・デボス最高経営責任者(CEO)は1年前、自社で開発したSUV(スポーツタイプ多目的)型の自動運転車に見込み客を乗せ、世界最大の家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」の会場内を行き来していた。複雑な環境でも自動運転を可能にする自社技術の進展を見て …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「VWとウーバー、自動運転向けにエヌビディアの技術採用 ブルームバーグ」など、2018年1月8日     ニュース

ニュース
VWとウーバー、自動運転向けにエヌビディアの技術採用

グラフィック半導体の米 エヌビディアは、同社の人工知能(AI)に関する専門知識・技術を ウーバー・テクノロジーズとフォルクスワーゲン(VW)が自動運転車の実用化のために採用すると発表した。 エヌビディアの … VWはインテリジェント・コパイロット・システムの開発にエヌビディアの技術を取り入れる。両社が発表した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米ラスベガスで開幕へ 次世代技術競う

日産は、運転手の脳波を測定することで、実際にハンドルやアクセルを操作する前にシステムが作動してイメージ通りの運転を可能にしたり、自動運転時の安全性を高めたりする技術を発表する。トヨタのAI開発子会社は車外の状況を把握するセンサー類を高度化した新しい自動運転実験を公開。自動運転技術やAIの開発を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米家電見本市が9日開幕、つながるやAIに注目

人工知能(AI)を搭載した機器の展示が増えるほか、自動運転やコネクテッドカー(つながる)など自動車関連の技術も多く紹介される。家電業界と他の業界との垣根がなくなり、最新の技術を紹介する展示会としての様相が色濃くなっている。 「1年前は200だった自動運転の協業先が、300以上に増えた」。開幕に先立つ7日、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
現代自、米オーロラと自動運転車を共同開発

現代自、米オーロラと自動運転車を共同開発. 韓国・現代自動車グループは4日、米オーロラと組み、自動運転車を開発すると発表した。2021年までにドライバーが運転に関与しないレベル4(米国基準)技術の実用化を目指す。自動運転技術の実証実験に適した「スマートシティー」を選定して、テスト走行を実施する。 まずは、燃 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタの自動運転テクノロジーは人間を超えた!? 全周囲200mをセンシングする「Platform 3.0」

clicccar.com(クリッカー)
ガーディアン(高度安全運転支援)とショーファー(全自動運転)という2つの方向で自動運転テクノロジーを開発しているトヨタ。北米の子会社で人工知能等の研究開発を担うToyota Research Institute, Inc.(TRI)の開発した次世代の自動運転実験「Platform 3.0」を発表しました。 旧型のレクサスLSをベースとした実験 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ドライバーの脳波を「先読み」してを制御、日産が開発

つまり、自律自動車が路上を走るようになるまで、実際にその技術にお目にかかることはなさそうだ(「完全自律型自動車 2021年に販売開始」を参照)。 それなのに、なぜ関心を集めているのか。自動運転の時代が来ても多くの人々は運転を楽しみたいはずだ。そのとき、より安全な運転のためにこの技術は役立つと日産は主張 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノー・日産・三菱自、新興企業に年230億円投資

仏ルノー・日産自動車・三菱自動車の連合は自動運転などの分野で優れた技術を持つ新興企業を対象とする投資ファンドを設立する。2018年から毎年2億ドル(約230億円)規模を投資する方針だ。同企業連合は2022年までに人が運転に関与しない完全自動運転車を実用化する計画を示しており、投資先の技術を活用して …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NVIDIA、自動車向けARプラットフォーム「Drive AR」発表

こうしたARとしての機能は自動運転技術が進歩することで、カメラによる周辺環境のマッピングや認識が進むため可能になります。 NVIDIAのCEOジェンスン・フアン氏は、「をさらに未来に向けて次のレベルに押し上げることができる」として、この「Drive AR」を紹介しました。具体的に採用される車種などは不明ですが、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
今年のCESの主人公は“スマートシティ”

革新技術展示会」と呼ばれるに相応しい。 今年CESが投げかける話題は「スマートシティ」だ。かつて個人用スマート機器で革新を繰り返し、昨年はスマートホーム、今年はスマートシティにまで拡張された。人工知能(AI)とモノのインターネット(IoT)、5世代(G)通信、自動運転車、ロボットなど、先端技術を組み合わせた結果だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転に光、照明メーカーが次世代ランプ開発に拍車

自動運転の本格化に向け、自動車用照明メーカーが次世代ランプの開発に取り組んでいる。小糸製作所は光線の反射で全周囲の歩行者や車両を検知するランプや、走行状況を光で伝える照明の開発に着手。同様の照明は市光工業も手がけ始めた。スタンレー電気や三菱電機はの動線を路上に照射する技術を開発.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
今年のCESの主人公は“スマートシティ”

かつてテレビ、オーディオなどが主役だったとすれば、自動車、ドローンはもちろん、人工知能(AI)のような先端技術が席巻している。「革新技術展示会」と呼ばれるに相応しい。 今年CESが投げかける話題は「スマートシティ」だ。かつて個人用スマート機器で革新を繰り返し、昨年はスマートホーム、今年はスマートシティにまで …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米ラスベガスで開幕へ 次世代技術競う

開幕に先駆け、中国のEVベンチャー、フューチャー・モビリティーは7日、「バイトン」ブランドで、次世代高速通信や顔認証による解錠、米アマゾン・コムの音声AI「アレクサ」といった最新技術に対応し、音声や手ぶりでカーナビなどを操作できるコンセプト車を公開した。自動運転機能も搭載する。「自動車とIT両業界にまたがった …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車・輸送機 ニュース

自動運転の本格化に向け、自動車用照明メーカーが次世代ランプの開発に取り組んでいる。小糸製作所は光線の反射で全周囲の歩行者や車両を検知するランプや、走行状況を光で伝える照明の開発に着手。同様の照明は市光工業も手がけ始めた。スタンレー電気や三菱電機は車の動線を路上に照射する技術を開発.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
LG電子、ADAS開発で世界大手と提携

韓国のLG電子は、自動運転車に用いる先進運転支援システム(ADAS)に関する次世代技術開発でオランダの半導体大手NXPセミコンダクターズと、ドイツの自動車部品メーカー・ヘラと提携した。 LG電子の「次世代ADASカメラおよび映像認識・制御アルゴリズム」と、NX… 関連国・地域: 韓国/欧州. 関連業種: 自動車・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「ホンダ 自動運転の画像認識 香港のIT企業と共同開発 NHK」など、2017年12月7日     ニュース

ニュース
ホンダ 自動運転の画像認識 香港のIT企業と共同開発

大手自動車メ-カーのホンダは、人やの動きが複雑な市街地での自動運転の実用化に向けて、AI=人工知能の技術に強みを持つ香港のIT企業と共同で画像認識などの … 発表によりますと、ホンダは香港のIT企業、センスタイムと今後5年間、自動運転に欠かせない画像認識などの技術を共同開発することで合意しました。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
BlackBerry、コネクテッド・カーと自動運転車のセキュリティに関する枠組みを発表

サイバーセキュリティ・ソフトウェアを提供するカナダのBlackBerry Limitedは、コネクテッド・カーと自動運転車をサイバー攻撃から保護するために求められる枠組みを発表した。 最新技術とコネクティビティが自動車に実装されることで運転体験が向上する一方、自動車メーカーは解決すべきサイバーセキュリティに関する複雑な …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
《経済》 自動運転の公共交通 実証実験始まる

自動運転技術を活用したサービスを開発するSBドライブ(東京)と浜松市、スズキ、遠州鉄道は、自動で走るが地域の公共交通機関として住民の生活を支える未来を想定し、西区庄内地区で実証実験を始める。路線バスのように決まったルートを走る軽自動車を七日から十九日まで運行し、住民に利用してもらいながら課題を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ヤマハ発、CES初出展 AI搭載2輪など公開

人工知能(AI)搭載2輪や飛行ロボット(ドローン)、近距離移動を想定した自動運転技術を発信。分野の垣根を超えたパートナー探しや、オープンイノベーションによる技術革新と事業創出を目指す。 自動運転サービスの実現を目指す電動4輪モビリティ「06GEN=写真」は、路面画像認識によって自位置を確認。クラウド技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ウーバーの日本市場攻略が行き詰まったワケ

自家用で乗客を運ぶライドシェア(相乗り)の世界最大手、ウーバー・テクノロジーズが日本市場での方向転換を決めた。11月下旬、ウーバーのアジア事業を … その後もセクハラ問題やグーグル傘下で自動運転技術を開発するウェイモとの裁判ざたが続く。6月には責任をとって創業者カラニック氏がCEOを辞任する事態に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産とDeNAの配車サービスが一般向け実証実験、無人運転車投入は次のフェーズで

実証実験には一般のモニターに参加してもらい、2018年3月5~18日の2週間で実施する。車両は電気自動車「リーフ」の先代モデルをベースとした自動運転車で、運転席には人が座る。走行するのは、あらかじめ設定されたルートとなる。モニターは、スマートフォンのアプリを通じて行きたい場所の設定や配車の予約を行う。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
進む世界のEVシフト「トヨタが中国メーカーに追い抜かれる日」

電気自動車(EV)や自動運転の開発競争が世界的に激化し、中国企業は巨大市場を背に急成長中だ。世界を席巻 … 業績が安定しているトヨタグループの株価は、トヨタから1千円引くと豊田自動織機、2千円引くとデンソーといった相場観があった。それが … いずれもトヨタが得意なハイブリッド(HV)の技術から転用できる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【岩貞るみこの人道医】これ以上の「音」は無理なんですけれど? クルマの警告音を考える

すでにおなかいっぱいな状況であるにもかかわらず、自動運転の未来に向けて現在も、さまざまな運転支援技術の開発が続けられている。そして、開発者に話を聞くと、ほぼ全員が口をそろえて「コーション(注意喚起)もアラーム(警告)も、音!」と言っている。ちょっと待った。このまま単に上乗せされても私、もう、無理なんです …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
3D CADによるクルマと飛行機の設計・製作の支援(2)

前回から、乗り物(ヴィークル)を動かす過程ではなく、生み出す過程において情報通信技術が大活躍しているという話を取り上げている。今回は、クルマと飛行機を題材に、CAD/CAMの使われ方、3Dモデリング、自動運転について紹介しよう。執筆にあたっては、3D CADを提供しているダッソー・システムズに協力いただいた。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動走行し、空きスペースに自動駐車

自動運転やカーシェアリングなど、自動車の利用方法が大きく変わろうとしている中、これらの変化に先んじて技術開発を行うため、安心・安全分野の先端技術開発を … 自動バレー駐車とは、大規模駐車場にて車両が自動走行し、空きスペースに自動駐車するしくみであり、同社は上記共同研究と協業を含む活動の一環として、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
日本は潮流を生み出す先駆者だ! 自動車業界の覇権を握りつつある日本=中国

中国メーカーの自動車も近年は質の向上が見られるようになってきているのは事実で、中国で人気となっているSUV市場では販売が好調な中国車も存在する。 … また、人工知能を搭載したトヨタのコンセプトカー「Concept-i」などの存在を挙げたうえで、機能と美しさを兼ね備えた物作りは日本の工業デザインの最大の特徴だ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
車の進化を体感 大阪モーターショー8日開幕

西日本最大級の自動車展示会「第10回大阪モーターショー」(日本自動車販売協会連合会大阪府支部、日本自動車輸入組合、読売新聞大阪本社などの実行委員会主催)が8日、大阪市住之江区のインテックス大阪で開幕する。 国内外の32ブランドが出展する。人工知能(AI)を搭載した自動運転車や電気自動車(EV)の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ダッシュボードで注文・予約 GM、電子商取引スタート

車でのECをめぐっては米IT大手アマゾン・コムが来年から米欧で、ドイツ自動車大手BMWに音声を使った人工知能サービスを提供する予定で、自動車メーカーとIT企業が連携したサービスが広がりそうだ。 ロイター通信によると、EC開発に当たり米IT大手IBMと協力。利用者に手数料や通信費はかからず、ECに参加する業者 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ホンダ、自動運転を共同研究 中国のAIベンチャーと

両社の技術を持ち寄り、道路状況に応じてどんなリスクがあるかなどを予測する。安全な停止や回避といった行動がとれる自動運転車を開発する。将来はロボティクスの分野でも提携を拡大する予定だ。 ホンダは2025年をメドに一般道で自動運転技術の確立を目指している。AIでは人間の感情や運転のクセを分析する技術を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告