「Elapheのインホイールモータ技術を駆使した自動運転コンセプトカー “Icona Nucleus”、ジュネーブモーター … MotorFan[モーターファン]」2018年3月12日     ニュース

ニュース
Elapheのインホイールモータ技術を駆使した自動運転コンセプトカー “Icona Nucleus”、ジュネーブモーター …

… 完全自動運転)を目指しており、現在のレベル3(条件付自動運転)から一気に躍進することになる。運転者がいらないというのはただ単にダッシュボードやハンドルの場所が空くだけでなく、完全にくつろげる空間としての車内の再デザインが求められることになる。焦点はもう道路ではなく、旅の経験そのものになっている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「EV向けバッテリー世界首位」パナソニックの不安は

自動運転EVコミュータ」は、部品などを開発するための実験であり、電気自動車を開発する計画はないとのこと。 パナソニックが電気自動車関連で一番力を入れて … ただし、ウェイモ幹部によれば新会社の中心は自動運転技術の開発であり、自動車の製造ではないという。その方針に沿ってか、ウェイモは17年6月、自社 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AdaSkyとST、自動車向けに高分解能の視認能力の提供で協力

STの協力により、当社は初の自動運転車向け高分解能サーマル・カメラを、最小サイズ、最軽量、最低消費電力で、かつ可動部品を用いることなく製造することができました。超低消費電力設計や車載アプリケーションに最適なIP、そして28nm FD-SOI技術など、STならではの専門知識や技術があってこそ、センサの性能に課 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Waymo(元Google)が自動運転トラックの公道テストを開始、物流の自動化競争に参戦

Googleからスピンアウトした自動運転カー開発のWaymoが、自動運転トラックの公道テストを行うことを発表しました。 … 自動運手カー技術でリードするWaymoですが、トレーラーは車両自体が大きく、旋回や制動での挙動の違いや一般より死角が多いなどの特性があるため、自動運転カー技術をそのまま応用できるわけ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自工会、次期会長に豊田トヨタ社長…初の再任に

また、20年の東京オリンピック・パラリンピックに向けた燃料電池(FCV)普及や自動運転技術の導入に関わる環境整備も重要となる。豊田氏は前回の任期中には、若年層のクルマ離れなどへの対策として、隔年開催の東京モーターショーがない年には東京臨海副都心でクルマやバイクへの関心を高めてもらうイベントを開催 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
未来の交通手段の実証実験が始まった! 日産とDeNAが協業する「イージーライド」って何だ?

イージーライドは、日産が開発中の完全自動運転技術を、DeNAが開発するモビリティーサービス事業と連動させるものだ。 ここでいうモビリティーサービス … 第1段階の実証試験では、3月に横浜・みなとみらい地区の約4.5kmのルートで先代「日産リーフ」をベースとした完全自動運転車を運行させる。 では、イージーライドとは …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産リーフは、この技術が凄い! 開発担当者が、4つの開発秘話&うんちくを大公開!! 【NISSAN LEAF …

自動運転技術」「シャシー制御」「パワートレイン」「空力/燃費性能」という4つのテーマに“技術うんちく”というエッセンスを加えた、熱のこもった、とてもユニークな内容だっ … 実際に新型リーフのステアリングを握ると、エンジンやハイブリッドカーでは味わうことができない、静かで快適な乗り味に魅了される。e-Pedalと呼ばれる「 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「一国多制度」検討の時 技術革新と多様化に対応

一国多制度」検討の時 技術革新と多様化に対応 柳川範之 … 第4次産業革命といった言葉を持ち出すまでもなく、現代社会が大きな技術革新の波にさらされていることは疑いの余地がないだろう。人工知能(AI)の発達や自動運転車の急速な普及、仮想通貨やブロックチェーン技術など、多くの新技術に関する話題が飛び交う。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アウディ Pop.Up Next は室内に49インチスクリーン装備のドローンEV…ジュネーブモーターショー2018

Up Nextがジュネーブモーターショー2018でワールドプレミアされている。 Pop.Up NextはPop.Upに対して、大幅に軽量化され、インテリアのデザインも変更。超軽量の2名乗りキャビンは、車両モジュールと飛行モジュールのどちらにも取り付け可能。アウディは、バッテリーと自動運転技術のノウハウで、このプロジェクトを支援し …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
もはや付いてるのが当たり前!? 『衝突被害軽減ブレーキ搭載』を総額2ケタ万円で手に入れる

【ボルボ S60(2代目)/ボルボ V60(初代)】クーペ風セダンのS60と、ステーションワゴンのV60がデビューしたのは2011年。35km/h以下で歩行者や前方歩行車両との衝突を回避する「ヒューマン・セーフティ」と、低速走行時の衝突を防止する「シティ・セーフティ」を標準装備した。その後のマイナーチェンジなどで先進安全技術を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「Lyft、米最大規模の自動運転車テスト施設GoMentum Stationと提携 CNET Japan」など、2018年3月9日     ニュース

ニュース
Lyft、米最大規模の自動運転車テスト施設GoMentum Stationと提携

GoMentum Stationは米国で最大規模の安全な自動運転車テスト施設である。Lyftによると、この提携により、Lyftの自動運転車を一般の人々に提供するまでの時間を短縮できるという。 Lyftのエンジニアリング担当バイスプレジデントであるLuc Vincent氏は次のように述べた。「Lyftでは、自動運転車があらゆる人々にとって交通 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ポルシェがブロックチェーンスタートアップ企業「XAIN(ゼイン)」と提携することを発表

ドイツに本社を置く自動車メーカーポルシェが2018年2月、ブロックチェーンとAI開発をするベルリンのスタートアップ企業XAIN(ゼイン)と提携し、自動車分野への … ブロックチェーン技術導入は、ポルシェだけではなく各自動車メーカーも自動運転車の開発に向け、積極的に取り入れようとする動きが見受けられるので、本格的に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Didi Chuxing(滴滴出行)、自動車取引ビジネスの拡大に向け「Renrenche(人人)」と提携

同じイニシアチブのもと Didi は、自動車シェアのプラットフォームを作るために自動車メーカーとも提携する予定で、また電気自動車の充電ビジネス、ガス事業にも手を広げてきた。広報担当者によればガス事業は現在利益があるという。同社が検討している他のセクターとしては、自動運転、自転車レンタル、自動車金融がある。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタも注目のブロックチェーン3.0が自動車業界を変える!?

ネット接続機能を前提とした技術を用いて、自動運転車に新たな価値や利便性をもたらすための開発を行っている。 … また、上記のTRIはマサチューセッツ工科大学(MIT)とも提携して、MITデジタル通貨イニシアティブの責任者は「ブロックチェーン・テクノロジーを用いて、ユーザーが自らの運転データを確実にコントロール出来る …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【ドイツ・中国―その他】ダイムラー、北京汽車のEV子会社に3.9%出資

ダイムラーは昨年6月に北京汽車と交わした枠組み合意書で、BJEVに戦略的投資を行い、新エネルギー(NEV)分野での提携を強化する方針を表明していた。 ダイムラーのフベルトゥス・ … になったと発表している。吉利集団は、EVや自動運転車(自動走行)などの分野でダイムラーの協力を求めたい考えとみられる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
アウディ、イタルデザイン、エアバスが、ジュネーブモーターショーで、自動運転車両とパッセンジャー …

アウディ、イタルデザイン、エアバスの3社は、3月8日~18日に開催のジュネーブモーターショーで、道路および空中を移動する完全な自動運転の電気自動車コンセプトモデル “Pop.Up Next” を展示している。遠い将来この “クルマ” は、人々を乗せて都市の道路と空中をすばやく便利に移動し、様々な交通問題を解決する可能性 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
グーグル系のウェイモ、自動運転トラックの実用試験

には専用の自動運転システムを積むものの、まずは経験豊富な運転手が同乗して問題があれば人による運転に切り替える。 ウェイモは乗用車ですでに延べ500万 … 同社は同日の声明で「10年近い乗用車での走行経験がトラックへの自動運転技術の応用を可能にした」とコメントした。 自動運転トラックの開発に取り組むの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【材料】個人投資家わらしべ:アクセルが自動運転ベンチャーのティアフォーに出資【FISCOソーシャル …

現在、自動運転技術を支えるシステムLSIは、コンピュータグラフィックス処理に最適化された画像処理用半導体(GPU)が最適解として利用されていますが、今後自動運転車を幅広く普及させていくためには、より自動運転に最適化された専用デバイスが必要になると考えられており、今回両社はその研究開発で協力していくこと …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ブロードコム買収検討か インテル、米紙報道

ただ、ブロードコムの時価総額は1040億ドル(約11兆円)と大きいことなどから、買収計画が実行される保証はないとも伝えている。 インテルは、ロイター通信の取材に対し「合併や買収に関連するうわさや臆測にはコメントしない」と答えた。昨年買収した自動運転車技術開発を手掛けるイスラエルのモービルアイなどとの統合 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
三菱ふそう、電動ごみ収集の実験へ 川崎市と協定

三菱ふそうトラック・バスは9日、川崎市と環境配慮型社会の構築などで包括協定を締結したと発表した。電動のごみ収集を使い、二酸化炭素(CO2)や騒音を出さないごみ収集の実証試験を実施する。将来的には部分的な自動運転の導入も検討し、先進技術を検証する拠点とする。 ご… [有料会員限定] この記事は会員 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「2040年、主役は自動運転車 AIで車内と街の見守りも 日本経済新聞」など、2018年3月7日     ニュース

ニュース
2040年、主役は自動運転車 AIで車内と街の見守りも

環境規制の強化による電動化や自動運転技術の進化を核として、2040年に向けてクルマ技術は大きく変わる。一部の国で … 本稿では自動運転技術とその実現を支えるセンサー、人工知能(AI)の将来の姿を探る。 □75%が自動運転車に. 2040年、道路交通の主役は自動運転車になり、運転免許はほぼ不要になる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車で郵便物配送、日本郵便が東京都心で実証実験へ

実証実験期間は3月12日から16日。自動運転車が千代田霞が関郵便局を出発し、西新橋郵便局を経由して銀座郵便局まで、郵便物などを輸送する。実証実験には自動運転技術の開発を手がけるアイサンテクノロジー、ティアフォーのほか、損害保険ジャパン日本興亜、東京都(東京自動走行ワンストップセンター)が協力する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転もっと身近に フォードが宅配実験、ウェイモは疑似体験動画 (1/2ページ)

フォードの自動運転車・電動化担当バイスプレジデントのマラクバイ氏は「フロリダの実験で、ビジネスモデルの検証を行う。顧客の反応を調べ、その結果を2021年に市場投入を計画している専用のデザインに生かす」と説明した。 同社は荷物の配達を自動運転の将来の鍵とみている。ウェイモやゼネラル・モーターズ(GM)は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマは“動く居住空間”へ、VWがコンセプトEVを公開

クロス)」、MPV(多目的)の「I.D. BUZZ(アイ.ディ.バズ)」を発表している。 音声やAR技術を介した操作や完全自動運転、インターネットへの常時接続などの機能によって、乗員を運転から解放し、乗員に新しい自由な時間を提供する。AR技術には、米マイクロソフト(Microsoft)の「HoloLens」を利用する。学習機能を備えた …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「Waymo」が公道を自動運転車で走行する様子を収めた360°動画を公開

Googleの自動運転車開発プロジェクトが独立し、アルファベット(Alphabet)傘下となった「Waymo」。 同社はGoogle時代の2009年に自動運転車の開発をスタートさせ、既に公道での実走行テストを800万km以上に渡って行なうなど、自動運転技術で他社を凌駕しています。 そうしたなか、同社は動画サイトで自動運転車に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
エアバスとアウディがタッグ! 空を飛び、地上も走る自動運転車「Pop.up」が進化

空を飛び、地上も走る自動運転車「Pop.up」が進化. エアバスが、モジュラー式の空飛ぶ自動運転車「Pop.up」の構想を明らかにしたのは昨年3月のこと。それから1年、その進化 … ご存知のとおり、エアバスは空飛ぶタクシーを開発中で、アウディは自動運転やバッテリー分野で技術を積み上げている。また、イタルデザインは …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車の実用化を支援、国家標準拡充へ

自動運転車に関する韓国の国家標準(KS)が、現在の93種から2021年には200種に増える見通しだ。産業通商資源省の国家技術標準院は7日に自動運転車の実用化に向けた標準作りの研究会を開き、業界関係者と共に標準化計画をまとめ、KS適用対象の拡大などを話し合う。 政府は運転… 関連国・地域: 韓国.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
VWのEVセダンは「モデルS」に対抗、自動運転中は「HoloLens」で拡張現実

ステアリングやペダルのない、レベル5の自動運転車となる。バッテリー容量は111kWh、走行距離は最大で665kmだ。 EVのコンセプト「I.D.」シリーズの4車種目となる。車両サイズは全長5163×全幅1947×全高1506mmで、ホイールベースを3100mmとし、プレミアムクラスのセダンと位置付ける。同シリーズでは、これまでに …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日中韓の5G商用化「実はいばらの道」中国メーカー米市場参入に立ちこめる暗雲

韓国メーカーは、5Gを自動運転車の基幹技術の一つと位置づける。2月6日配信の中央日報日本語版によると、業界大手のSKテレコムは19年の自動運転商用化を目標に据える。自動運転車2台による実験では、前方が事故を予測して停車した際、その情報を0.001秒で後続に伝えて停止させることに成功した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NVIDIA、世界トップクラスの AI エキスパートが集結する GPU テクノロジ カンファレンスを開催

本カンファレンスで初めて世に出る技術も多く、AI の進化をけん引し、仮想現実や自動運転車を実現する企業と直接コミュニケーションを図ることのできる、 … ・200超のスタートアップが独自の高い技術力をアピールします。3 月 27 日(火)午後 4:30~5:30 (太平洋標準時間)に行われる NVIDIA Inceptionアワードの最終選考 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
VWのEVセダンは「モデルS」に対抗、自動運転中は「HoloLens」で拡張現実

Volkswagen(VW)は、「ジュネーブモーターショー 2018」(プレスデー:2018年3月6~7日、一般公開日:2018年3月8~18日)において、電気自動車(EV)のコンセプトセダン「I.D. VISION」を世界初公開した。ステアリングや … 乗員の好みや感情を理解する学習機能を備えた人工知能「バーチャルアシスタント」も搭載している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
Uber、自動運転でWaymoとの連携を熱望との噂

常に話題に事欠かないUber(ウーバー)に、こんな噂がでています。自動運転車開発のWaymo(ウェイモ)との提携を視野にいれている、と。Waymoとなにを話しているのか、どういう状態にあるのか、詳しいところはわかりませんが、Uber側が提携を希望しているらしいという噂です。 あれ? UberとWaymoといえば、先月、特許 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日本郵便 自動運転車で配送実証実験へ

日本郵便は、自動運転車による郵便物配送の実証実験を、来週から東京都内で始める。 実験では、東京・千代田区の日本郵便本社内にある郵便局から、銀座郵便局までのおよそ2kmの区間で、自動運転車を使って郵便物を運ぶ。 センサーやカメラなどで信号や障害物を認識しながら自動運転を行い、安全を確保するため …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「「世界最高」性能の自動運転車向けライダーを実現、測定距離が2倍に @IT MONOist」など、2018年3月6日     ニュース

ニュース
「世界最高」性能の自動運転車向けライダーを実現、測定距離が2倍に

東芝は2018年3月5日、自動運転システムのセンサーなどに用いられるライダー(LiDAR:Light Detection and Ranging)向けの計測回路技術を開発したと発表した。従来の車載用ライダーと比較して測定可能距離が2倍となる200mを実現しており、その性能は「世界最高」(同社)だという※)。今後は、さらなる測定距離の延伸 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日本郵便、公道で自動運転実験 都心で2キロメートル

日本郵便の担当者は「労働力の減少に新技術で対処したい」と話す。 実験には自動運転技術を手掛けるアイサンテクノロジーとティアフォー(名古屋市)が開発した車両を使用する。車両が自らの位置を特定できるようにするため、実験前に道路周辺の3次元データを取得する。運転時はカメラとセンサーで信号や障害物を認識し …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米・フォードが自動運転車によるピザ宅配に挑戦! 今後は無人タクシーも登場?

clicccar.com(クリッカー)
米・フォードがフロリダ州マイアミで、自動運転車を使ったピザの宅配実験をスタートさせました。 … このように、米国では自動運転技術普及の先に商品の無人デリバリーや、自動運転タクシーサービスなどが待ち受けているとみられ、日本でも早々に自動車会社が率先して新たなビジネスモデルの構築を模索する時代が訪れそう …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「ロボネコヤマト」の実証実験から、自動運転時代の「新しい宅配」のかたちが見えた

一連のサーヴィスを支えるのが、人工知能を利用した車両運行システム。宅配ドライヴァーのノウハウを取り入れながらDeNAが開発したもので、道路の混雑状況や受け取りの需要予測などを考慮しながら配送ルートなどの計画を立てる。「ドライヴァーは計画に沿って運転すればいいだけなので、高齢者や女性の雇用にも …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ベントレーはあえて「自動運転レヴェル」を上げない ライヴァルのアウディ「A8」に先を譲る理由とは

このことを考えると、この新モデルが自動運転技術のレヴェル2を超えられないのは驚きだ。レヴェル2では、車両のステアリングと速度は「1つまたは複数のドライヴァー支援システム」によって制御されるが、そのほかの運転要素は人が制御する。 ベンテイガのアクティヴレーンアシスト機能(ALA)が、人間に代わってステアリング …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
KDDIが自動運転ベンチャー「ティアフォー」に出資する理由

KDDIは3月5日、自動運転ベンチャーのティアフォー(名古屋市)と資本・業務提携を結んだと発表した。出資金額は非公開。ティアフォーは、周辺環境の認識や経路判断を担う自動運転車用のOS「Autoware」を開発したほか、無人運転の実証実験に成功している。KDDIはティアフォーの技術力を生かし、第5世代移動通信 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転支える無償ソフト OS公開、国内外で開発に活用 (1/2ページ)

運転席に人のいないのハンドルが動き、ひとりでに走った。昨年12月、愛知県幸田町で実施された全国初の公道実験。緊急時にブレーキなどを遠隔操作する以外は人が運転に関わらない「完全自動運転」で、政府が定めた自動運転のレベル区分のうち、2番目に高度な「レベル4」に相当した。技術面で中心的な役割を担った …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
コンチネンタル NVIDIA社と提携 自動運転向けAIの世界生産を目指す

また、高精細地図を取り入れ車両が地図上で自位置を特定できるようなれば、地図の更新機能も搭載する計画だ。 コンチネンタルが持つ先進運転支援システムに関する専門知識により、多機能カメラ、魚眼カメラでのサラウンドビュー、短距離、長距離のレーダーセンサー、高解像度3D LiDAR技術の他に運転支援・自動運転 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「本気モード」の自動運転、日産・DeNAとANA・SBドライブがレベル4相当を実証

自動運転技術を搭載した実験車両に一般公募した参加者を乗せ、横浜市の日産グローバル本社から周辺の商業施設を3月18日まで周回する。参加者はスマートフォン(スマホ)アプリを使って乗車する時間と場所を指定できる。検証する自動運転技術はレベル4相当。実験の運転席には担当者が座るものの、原則として …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
中国企業の自動運転車を体験した外国人記者、「不思議なことに私はまだ生きている」―中国メディア

1日、環球網は、中国の通信機器大手、華為技術自動運転車を体験した外国人記者から「不思議なことに私はまだ生きている」との言葉が寄せられたことを伝えた。 … 外国人記者のコメントはこの体験を受けたもので、同氏は「ファーウェイの自動運転分野参入を示すものではなく、同社のCPU『Kirin970』の人工知能(AI)性能 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ダイソンが開発中の「既存車と根本で異なるEV」とは

グーグルやパナソニックも自動運転実験用に電気自動車を作っている。 異業種参入の中でもインパクトが大きそうなのがアップル。正式発表ではないが、電気自動車開発プロジェクト「Project Titan」が14年に始まったことは公然の秘密だ。日本勢では、ソニーが17年10月に独自開発したAI(人工知能)対応の電気自動車の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ボルボがヴェンチャーキャピタルを設立、スタートアップ獲得競争での勝算は?

例えば、自社の製造プロセスを改善するソフトウェアやハードウェア、自動車の購入や維持に役立つイノヴェイション、人工知能、機械学習、データサイエンスの分野、またカーシェアリングの仕組みをシンプルにする可能性をもつ「マイクロトランザクション」といった分野である。 つまるところ、クルマの設計や組み立て、販売、使 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタデンソーアイシンが都内で自動運転開発を加速「従来と異なる発想で」

TRI-ADの出資金額は5000万円で、出資比率はトヨタ自動車が90%、デンソーとアイシンが5%ずつ。代表取締役CEOには、AI(人工知能)などの研究開発を行うトヨタ自動車の米国子会社Toyota Research Institute(TRI)のCTOを務めるジェームス・カフナー(James Kuffner)氏が就任する。カフナー氏は、グーグル(Google) …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
存在感を増すCVC(コーポレート・ベンチャー・キャピタル)。どんな企業がやっているのか

GVは、2009年にGoogle VenturesとしてスタートしたAlphabet、Inc.のベンチャーキャピタル部門である。ライフサイエンス、ヘルスケア、人工知能、ロボット工学、運輸、サイバーセキュリティ、農業の分野において、300社以上に投資している。(参照:Portfolio). Uber(自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリ)も投資先のひとつ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
コンチネンタル NVIDIA社と提携 自動運転向けAIの世界生産を目指す

この提携で、AI 自動運転車を開発から大量生産へと移行させるうえで、鍵となるすべての要素の準備が整いました。当社の最新の DRIVE Xavier プロセッサー、幅広い NVIDIA DRIVE ソフトウェア、そして、テスト、検証、機能上の安全性における「Cloud-to-Car」アプローチと、コンチネンタル の専門知識やグローバルな事業 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
KDDI、5G活用で共同実証実験 自動運転車OS企業と提携

KDDIは5日、センサーなどから集めた情報をもとに自動運転車を制御する基本ソフト(OS)開発のティアフォー(名古屋市)に出資し、資本業務提携したと発表した。出資額は非公表。今後、第5世代(5G)移動通信方式を活用した自動運転の実証実験などを共同で行う方針だ。 両社は昨年12月、愛知県内でティアフォーのOS「 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ホンダ、急変する自動車市場に長期戦略で挑む

独自の高効率なプラグインハイブリッドを開発の中心として取り組み、燃料電池、電気自動車の開発へつなげる。 4.先進安全技術導入への取り組み 事故ゼロ社会の実現に向けて安全運転支援システムの標準装備を順次各地域へ拡大し、自動運転技術の研究開発は外部との提携を活用したオープンイノベーションにより …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「スマートモビリティで何が起きる? 自動運転車やカーシェアが都市を変えるプロセスとは ビジネス+IT」など、2018年2月22日     ニュース

ニュース

自動運転車が走り出し、MaaSが浸透すると世界は変わる

運転しなくても自動的に走る自動運転車に関するニュースを目にする機会が本当に増えました。「とはいっ …. 自動運転車体)はタクシーやライドシェアサービスのみならず、小売店や宿泊・飲食施設、物流向け等様々なサービスに用いられることを想定されており、数多くの異業種パートナーとの提携も併せて発表されました。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告 
ニュース

自動運転車が走り出し、MaaSが浸透すると世界は変わる

でもご紹介しましたが、加速する自動運転技術開発とMaaS(Mobility-as-a-Service)という革新的なコンセプトの登場により自動車業界には地殻変動ともいうべき変化が起きています。また、今年1月に米ラスベガスで開催された世界最大級の家電見本市「CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)2018」でも、大きな …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「冗長性」と「見えない領域」、GM無人運転の中核技術

クルーズAVの自動運転システムには、三つの基本機能がある。「認識(Perception)」と「走行計画(Planning)」、「車両制御(Control)」だ。全ての基本機能で、冗長性に配慮した設計にした。 「認識」機能は、車両周囲の物体の位置や速度、方向、種類を計算する。中核が、車両周囲の360度を認識するセンサー群である。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「次世代自動運転・コネクテッドカー・カンファレンス 2018」でトヨタの鯉渕部長が講演

講演では、トヨタの高度運転支援システムや自動運転に対する考え方や、それを支える技術のほか、自動運転技術の実用化に向けた社会コンセンサスや … 無人回送による利便性向上、自動運転車から集まる情報を用いた新サービスの創出といった「新規ビジネス」という4つの観点に触れ、「自動運転技術は、モビリティを大きく …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

北米フォード社長が「不適切な行動」で突然の退任。CTOなど歴任し自動運転やスマホ連携システムに精通

ラジ・ナイール氏は2017年6月までフォードCTOの職を務めていたこともあり、特に技術面での舵取りに重要な貢献をしてきた人物。製品開発責任者として世界で販売されるフォードを知り尽くし、自動運転車やスマートフォンに連携するインフォテインメント、モビリティサービスに重きをおいたブランド戦略を主導してきたことを …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

政令指定都市で初、名古屋市で自動運転実験(愛知県)

運転席が無人のを公道で走らせる政令指定都市初の自動運転実験が22日、名古屋市中区で行われた。遠隔型の自動運転システムを搭載したが中区の官庁街を1.2キロ走行し、愛知県の大村秀章知事と名古屋市の河村たかし市長が試乗した。世界的な開発競争が起きている自動運転技術で、愛知県などは来年度、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

トヨタブランド初の車線維持支援機能レーントレーシングアシスト(LTA)を体験

ただし、これは、自動運転技術におけるレベル2に該当する装置であり、運転者がハンドル操作をすることが前提で、それを補助する機能である。 … 今回、マイナーチェンジをした上級ミニバンのアルファード/ヴェルファイアにトヨタブランドとして初めてLTAを採用するにあたり、開発を担当したトヨタ自動車第1先進安全開発部 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

鈴木、EV電池部品に参入 新株予約権で14億円調達

EVの普及を予想して3年前から電池用部品の開発をしていたが、このたび量産のめどがついたという。部品をつくるための加工機械や洗浄設備などを導入、21年3月に全ての設備を入れて生産体制を整える。 自動運転などの技術革新が進んでいることからに搭載される電子部品の数が増えるとみて、ほかの自動車部品にも …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

人気自動車ジャーナリスト(と編集スタッフ)が真剣チェック!気になる中古試乗判定 アウディ A4 アバント

トラフィックジャムアシスト」は0kmから65km走行時に、車線や周囲の建物、車両を感知してステアリング操作を含め車両を導く。また、オプション … それから、自動運転技術を活用した「トラフィックジャムアシスト」も追加されまして、これは渋滞時にペダルに加えてステアリングまで操作し運転をサポートします。また、メーターが …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

英国ウィリアム王子がアストンマーチンDB11でホリバMIRAのテストコースを激走

ウィリアム王子はホリバMIRA社が提供する自動車の研究開発用の設備を訪問したほか、ホリバMIRA社のテストコースで自動運転車のシミュレーションを体験した。 … 最後に、ウィリアム王子は、MIRAアカデミー(2013年より若手の技術者へ教育支援を行う施設として開講)のレセプションに出席し、博士課程の学生たちの話を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

PSAグループとクアルコム、セルラーV2Xの実証実験へ

PSAグループは2月21日、クアルコムと共同で、「セルラーV2X」(Vehicle to Everything:車間通信・路車間通信)の実証実験を行うと発表した。 セルラーV2Xは、車両とあらゆるものをつなぐ高信頼・低遅延の通信技術。セルラーV2Xは、有力な無線通信技術のひとつで、自動運転やインテリジェントモビリティにおける利用が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「WaymoとUber、自動運転技術めぐる訴訟で和解 CNET Japan」など、2018年2月13日     ニュース

ニュース

WaymoとUber、自動運転技術めぐる訴訟で和解

Waymoは2017年、配車サービス企業UberがWaymoの自動運転車開発に必要な技術に関する企業秘密を盗んだとして、Uberを提訴した。 和解の一環として、WaymoはUber株式の0.34%を取得する。この交渉に詳しい情報筋らによると、Uberの現在の時価総額である720億ドル(約7兆8300億円)から換算して、約2億4500 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

AIベンチャーが狙うクルマの「頭脳」

香港のAIベンチャーであるセンスタイムは2017年12月、ホンダと自動運転用のAIを共同開発すると発表した。武器とするのは画像認識技術。中国の公安当局が複数の都市で運用する、監視システムで使われているものだ。 中国では大都市の主要な交差点にカメラを設置して、クルマや人間の動きを記録している。センスタイム …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

鉄道の廃線跡地を自動運転サービスに活用、実証実験へ

国土交通省は、中山間地域における道の駅を拠点とした自動運転サービスとして、鉄道廃線跡地を活用して地域内の生活の足を確保する実証実験を実施すると発表した。 国土交通省では、高齢化が進行する … 車両はアイサンテクノロジーが開発した車両自律型技術を搭載した自動運転車を使う。事前に作製した高精度3次元 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

日産の新型「リーフ」を解剖する!

電動化や自動運転化――。自動車業界に変革の波が押し寄せてきている。これまで培ってきた自動車技術の本流が入れ変わり、新たな技術が勃興する。こうした時代に備えて最新の電気自動車(EV)の実力を確かめたい。ターゲットに選んだのは、日産自動車の新型「リーフ」だ。2017年10月に初の全面改良を実施した同 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

カーエレクトロニクスとともに発展を遂げてきた日本の自動車産業電動化・自動化に向けた将来像を探る

とはいえ、私がデンソーで開発部門長や専務を2010 年まで務めてきた中で、エンジンも、ブレーキも、ボディ系も一通りやり終えたこともあって、クルマ技術競争はもうほぼ終わりかなと思ってたんですよ。ところがこの数年で自動運転が見えてきて、EVへのシフトもものすごい勢いで始まっていますし、技術の進化はすごいなと …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

ウェブセミナー 日産×Amanek – 進化する移動とユーザー体験を議論

ウェブセミナーは、日産自動⾞でコネクテッドカーとモビリティサービスの可能性に挑む三浦修一郎氏と、ホンダで日本のテレマティクスをリードし、現在は … ライドシェア、カーシェアリングなど移動のさまざまな形が世界的に広がりをみせ、自動運転技術の進化と相まって、クルマは従来とは異なる移動ツールへと変化しようとして …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

SUVに自動運転、大トルク化競う

各社が出展したSUVのコンセプトや新型から見えた開発方針は、「運転を簡単に、楽しくすること」である。トルクを大きくして走る楽しさを追求し、自動運転技術の導入で運転者の負荷を抑える。 パワートレーンにダウンサイジングターボエンジンは使うものの、電動化は遅れている。各社は環境負荷を抑えることの優先順位を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

クルマがスマホ化する時代 ポルシェ ジャパン社長に聞く

自動車業界は、EV(電気自動車)と自動運転という2つのイノベーションによる変化を迎えている。時代の変化と無縁な企業はなく、ポルシェもまた例外ではない。ポルシェといえば自動車好きのためのであり、EVや自動運転の波は一般より緩やかであるようにも思えるが、七五三木社長の危機感は決して小さなものではない …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

MEB対応で電池を床下全面に配置

… 台数をグループで300万台とする目標は、自動車業界に大きなインパクトを与えた。急速に電動化を進める中で、VWグループの高級ブランドAudi社は将来の自動運転技術の採用を見据えて、注目すべき電動コンセプトカーを相次いで公開している。今回は、Audi社の電動コンセプトカーや環境対応技術プラットフォームを …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

米グーグル、IoT事業責任者にサムスン電子元幹部を起用

… 傘下のグーグルは今月、あらゆるものがインターネットにつながるIoT(インターネット・オブ・シングス)事業の責任者として、12月に韓国サムスン電子の最高技術責任者(CTO)を辞任したインジョン・リー氏を起用した。リー氏が … 新たに浮上している技術分野には、自動運転車や仮想アシスタント付き家電などが含まれる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース

AIベンチャーが狙うクルマの「頭脳」

ハンドルを握る人間の運転手は不要となり、判断能力を備えたAI(人工知能)と半導体がクルマを操る時代がやってくる。 自動車産業の収益構造も大きく変わる。産業全体の利益が2015年の4000億ドル(約44兆円)から2030年の6000億ドル(約66兆円)へと拡大する一方で、ハードウエアを製造する完成車メーカーや自動車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

素材メーカー「クルマ攻略」の攻め筋、勝ち筋

自動車メーカーは人工知能(AI)や電動化など多方面の技術課題を抱える。一方、足元ではエンジン車がまだまだ事業の中心だ。「何でもかんでもやらないといけない時代になって材料のことまで考える余力が少なくなる」化学大手幹部は顧客の台所事情を推察する。その上で『餅は餅屋』とばかりに、軽量化ならアルミニウム …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「現代自、燃料電池車でソウルから平昌まで自動運転 日本経済新聞」など、2018年2月7日     ニュース

ニュース
現代自、燃料電池でソウルから平昌まで自動運転

現代グループは、21年までにスマートシティーでレベル4の自動運転システムを実用化し、30年までには無人自動運転技術の商業化を計画している。また、自動運転車の実用化に向けてV2X技術の研究やインフラ構築も行っており、17年10月には米国のモビリティー研究機関のACM(American Center for Mobility)の最先端 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
GM、自動運転に年1千億円を投資

【ニューオーリンズ=兼松雄一郎】米ゼネラル・モーターズ(GM)は6日、2018年中に自動運転技術の開発に10億ドル(約1090億円)を投じると公表した。従来は年6億ドル程度の投資だったが、今年はペースを上げる。 GMはハンドルもペダルもない量産型の自動運転車を米国で19年に実用化する計画だ。実験中のGMの自動 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
2021年に完全自動運転システムの市場投入へ!NVIDIAとコンチネンタルが自動運転車向けAI車載 …

同提携は、レベル2(部分自動運転)から、車両にハンドルやペダルが搭載されていないレベル5(完全自動運転)機能までの、幅広いAIコンピュータ・システムの … 多機能カメラ、サラウンド・ビュー付き魚眼カメラ、短距離および長距離レーダー・センサー、高解像度3D Lidar技術に加え、支援運転・自動運転向け中央制御装置が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
国土交通省:福岡県みやま市において、自動運転サービスの実証実験を2月17日から開始

国土交通省では、高齢化が進行する中山間地域における人流・物流の確保のため、「道の駅」等を拠点とした自動運転サービスの2020年までの社会実装を目指し、全国13箇所 … みやま市役所山川支所」自動運転実証実験における主な検証項目は、以下のとおり。 … 自動運転としてのシステムは、路連携型技術を用いる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
2台で5G送受信、SKTが自動運転試験

2台で5G送受信、SKTが自動運転試験. 韓国通信大手のSKテレコム(SKT)は5日、韓国国土交通省傘下の韓国交通安全公団と共同で、2台の自動運転車が第5世代(5G)移動通信技術でデータを送受信しながら走るテスト走行に成功したと発表した。 テスト走行は、自動運転車の試験のために京畿道華城市に造成され…
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
と自転車、歩行者の共存を

ですから、例えば主な施策の中には「交通不便地域における新たな生活交通確保」というものがあるので、中心市街地では難しくとも、施策としてそうした地域での実験などはできるのではないかなぁ、と。自動運転自動車の存在は、自転車とどう共存できるのか。自動運転技術レベルや、導入の度合いによっては、専用レーンを …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アウディ、自動運転可能なセダンを4月発売

アウディ、自動運転可能なセダンを4月発売. 中国第一汽車集団(一汽集団)とドイツのフォルクスワーゲン(VW)による合弁、一汽大衆汽車(吉林省長春市)は、アウディブランドから「レベル3(条件付き自動運転)」の自動運転技術を搭載したセダン「A8L」の新型を発売する。計画では4月に販売を開始する予定。6日付…
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ヤフー、顧客企業とビッグデータを活用する新規事業を創出…日産自動車などと実証実験

ヤフーは、顧客企業の持つデータとヤフーのビッグデータ・人工知能(AI)技術を融合して顧客企業の活動を支援する新規事業創出に向けた実証実験を、本格的に … 実証実験に先行して日産自動車、江崎グリコ、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)、神戸市、福岡市といった企業・自治体などそれぞれと実証実験を進めている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
2021年に完全自動運転システムの市場投入へ!NVIDIAとコンチネンタルが自動運転車向けAI車載 …

提携は、レベル2(部分自動運転)から、車両にハンドルやペダルが搭載されていないレベル5(完全自動運転)機能までの、幅広いAIコンピュータ・システムの … NVIDIAは今回の提携とは別に、トヨタ、日産、アウディ、メルセデス、テスラ、バイドゥなどと自動運転向けAIコンピューティング・エコシステムでの連携を発表している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「茨城県内の一般道において自動運転の実現に向けた走行実証試験を実施 PR TIMES 」など、2018年2月2日     ニュース

 

ニュース
茨城県内の一般道において自動運転の実現に向けた走行実証試験を実施

模擬市街路における走行実証試験では、複数のセンサーを統合し自動走行に必要となる高度な認識性能を実現するセンサーフュージョン機能について、一般道 … などによる評価検証を重ねるとともに、高度な自動運転を実現する各種センサー技術の開発を加速し、自動車メーカーによる自動運転車両の早期実現に貢献します。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
一般人はいつ自動運転車に乗れるのか? この道20年の研究者に聞く

特に、ドライバーレスで動くバスのような交通機関や、自動運転車のシェアリングサービスなどに対しては、まったく新しい乗り物という見方をしたほうが社会的に受け入れやすいと思います。 ――そうした心理的なことに加え、技術的に足りない部分はあるのでしょうか。 大きな課題の1つは、周囲の状況を確認するセンサーの能力 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
スリッパがスイッチひとつでウィ〜ンと自動整列! 自動運転技術を応用したスリッパが、日産本社ギャラリー …

日産自動車が、先進の自動運転技術で“おもてなし”を進化させた「自動で整列するスリッパ」を発表!? というちょっとユニークなニュースを耳 … 部屋の前で無造作に脱ぎ散らかったスリッパが、パネルのスイッチをポチっと押すだけで「ウィ〜ン」と動き出し、の車庫入れのように自動整列。クルっと方向転換し、迷うこともなく、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
EVの普及と自動運転の実現は、電力と運輸のネットワークを融合する!

2017年の東京モーターショーでは、日独の自動車メーカーや部品メーカーが電動化と自動運転技術を競っていた。 … は所有する時代からシェアする時代に移行し、スマートフォンのアプリで呼べば自動運転のEVが充放電ステーションから家まで迎えに来て、最適経路選択のアルゴリズムによりスムーズに目的地までヒトや …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
オンセミがアウディと戦略的提携、最新技術をいち早く車載用に

オン・セミコンダクターは2018年1月29日(現地時間)、Audi(アウディ)の半導体技術活用プログラム「Progressive SemiConductor Program」のパートナーに選定されたと発表した。自動運転車や電気自動車での採用を前提に、両社が直接関わりながら最新の半導体技術を自動車に適用させていく共同開発を行う。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ついに米国で「自律走行タクシー軍団」が走り出す ウェイモが「数千台」のミニヴァン導入を決定

競合に先駆けたスタートダッシュと計650万kmの公道テストによって、ウェイモはドライヴァーレス技術の開発レースに勝利したようだ。このロボットを使ってどう金を生むのか、そのビジネスモデル(ソフトウェアをクルマメーカーに売るのか? それとも自律走行タクシー軍団を米国中に走らせて金を稼ぐのか?)はまだ不透明なよう …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ホンダ倉石副社長「中国のスピードに遅れないよう、中国企業と提携を進めている」

ホンダの倉石誠司副社長は2月2日に都内で開いた決算説明会で、自動運転技術やカーシェアリングで中国企業と相次ぎ提携したことについて「中国は非常にスピードが … 車両の)電動化については中国がこれからリードしていくだろうし、シェアサービスについてもものすごく今伸びている」とした上で、「やはり我々としても中国 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
カナダ・オンタリオ州、次世代ネットワーク計画に55.7億円を投資 デジタル・インフラの建設で新技術・製品 …

このプログラムはオンタリオ・センター・フォー・エクサレンス(OCE)が運営・管理します。 ・この次世代ネットワークへの投資は、人工知能(AI)や5G無線技術、コネクテッドカーおよび自動運転車、ビッグデータ・アナリティクス(分析)、先進的製造業、サイバーセキュリティなど、変革技術の開発と採用を加速化するためのものです。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
製造業者とベンチャー企業の「マッチング」の成果は? 愛知・豊田市で発表会

愛知県豊田市の製造業者とベンチャー企業の「マッチング」の成果は? 豊田市は製造業者から課題を聞き取り、全国のベンチャー企業と引き合わせて共同開発を支援する取り組みを行っています。2日は発表会が開かれました。自動車ボディのメーカーと、人工知能技術を扱う企業が開発した機械は、自動車部品の表面に凹凸 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
オンセミがアウディと戦略的提携、最新技術をいち早く車載用に

自動運転車や電気自動車での採用を前提に、両社が直接関わりながら最新の半導体技術を自動車に適用させていく共同開発を行う。 オン・セミコンダクターは、イメージセンサー、パワーマネジメント、自動運転システムのコネクティビティ、パワー半導体などの製品ポートフォリオを持つ。アウディは半導体メーカーと直接協業する …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ホンダ倉石副社長「中国のスピードに遅れないよう、中国企業と提携を進めている」

ホンダの倉石誠司副社長は2月2日に都内で開いた決算説明会で、自動運転技術やカーシェアリングで中国企業と相次ぎ提携したことについて「中国は非常にスピードが … 車両の)電動化については中国がこれからリードしていくだろうし、シェアサービスについてもものすごく今伸びている」とした上で、「やはり我々としても中国 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「Waymo、アトランタでも自動運転車のテスト走行を開始へ CNET Japan」など、2018年1月23日     ニュース

ニュース
Waymo、アトランタでも自動運転車のテスト走行を開始へ

また、最近になってミシガン州で冬季のテストを開始したほか、サンフランシスコでもテストを再開している。 「世界で初めて完全自動運転車両を公道で走行させた当社は、その技術をさまざまな都市や環境に展開することに注力している。アトランタ都市圏で当社のテストを実施し、この人命を救う技術を、さらに多くの場所で多く …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
VWとヒュンダイが、創業1年の自動運転スタートアップと組んだ理由 狙いは幹部3人の「輝かしい実績」

ドリュー・バグネルは、Uberで自動運転技術開発チームを率いてきた(バグネルとアームソンは「DARPAグランド・チャレンジ」で、同じカーネギーメロン大学チームのメンバーだった)。 Auroraの若さは、この経営幹部3人の実力によって補われているようである。自律走行がいよいよ実現に近づいたいま、業界はさまざまな問題 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転隊列トラックの実証実験 静岡・新東名高速で

日野自動車などトラックメーカー4社と豊田通商は23日、自動運転技術を活用し、トラック3台が隊列走行する実証実験を静岡県内の新東名高速道路で始めた。運転手が乗るトラックに続いて無人運転が走る技術の確立を目指す。物流業界の人手不足の解消や労働時間の短縮につなげる。 浜松サービスエリア―遠州森町 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車向けの4次元レーダーシステム、マグナが発表…デトロイトモーターショー2018

マグナインターナショナル(以下、マグナ)は、米国で開催中のデトロイトモーターショー2018において、自動運転車向けの4次元レーダーシステムを発表した。 マグナは、カナダに本拠を置く大手自動車部品メーカー。29か国 … が、自動運転車向けの4次元レーダーシステム「ICON RADAR」。これは、米軍の技術を導入したもの。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
パイオニア 路線バスの自動運転技術開発に向け実証実験を開始

複数のバス会社を保有し路線バスの運行ノウハウを持つ、みちのりグループとカーナビゲーションで培った自位置推定技術や、自動運転に必要とされる走行空間センサー「3D-LiDAR」、自動運転用地図などの開発を進めるパイオニアは、それぞれの知見を持ち寄り、将来の自動運転社会の実現に向けて研究・開発を進めて …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NSW、自動運転・ADAS開発向けスターターキットを提供開始

また、このスターターキットの提供にあたり、NVIDIA製品の販売代理店であるマクニカ、「VEK-AI 2」の製造元であるエンルートラボとの協業により、自動運転車・コネクティッド・カーの普及を目指す顧客のプロジェクトサイクルをサポートする。 なお、NSWでは、本スターターキットを自動車メーカーや自動車部品サプライヤー、建 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
燃料電池の自動運転車向け、GMがプラットフォームを公開…デトロイトモーターショー2018

GMは、米国で開催中のデトロイトモーターショー2018において、水素燃料電池技術による自動運転車両向けプラットフォームを展示した。2017年10月の合衆国陸軍協会ミーティングで初公開されている。 この新開発プラットフォームは、「SURUS」(サイレント・ユーティリティ・ローバー・ユニバーサル・スーパーストラクチャー)と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
無人コンビニ、米シアトルに開店

アマゾンは「画像認識やセンサー、AIの技術自動運転車に使われているのと同じ」と技術力の高さをアピールする。当初は昨年初めにもオープンする予定だったが、正確性を高めるのに時間を要した模様だ。こうした技術が普及すれば、小売店の形態や雇用情勢まで変化させる可能性もあるが、米メディアによると、アマゾンは …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
レクサスの次世代SUV、自動運転「ショーファーモード」搭載…デトロイトモーターショー2018

レクサスは、米国で開催中のデトロイトモーターショー2018において、最上級クロスオーバーのコンセプトカー、『LF-1リミットレス』に自動運転技術を搭載すると発表した。 LF-1リミットレスは、レクサスが次世代のクロスオーバーを提案したコンセプトカー。ボディサイズは、全長5014mm、全幅1986mm、全高1605mm、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュアンス・コミュニケーションズ 視線検出を統合し対話型AIを搭載した「ドラゴン・ドライブ」が登場

ニュアンスのAI搭載式ドラゴン・ドライブの革新的な新機能は自動車のインテリジェンス&自動運転技術部門でCES 2018 イノベーション・アワードを受賞した。 … ニュアンスのオートモーティブ事業担当シニア・バイスプレジデントであるアーンド・ヴァイルは、「コネクテッドカーや自動運転車の実現が近付くにつれ、クルマは急速に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
「未来の自動車づくり」を牽引 AZAPAが起こすイノベーション

AZAPAは自動車に欠かせない「エンジン制御(ECU、電子制御ユニット)」に関する独自のコア技術をベースに、未来の自動車づくりにおける、さまざまな課題を解決する … AI(人工知能)による自動運転、コネクテッドカーなど自動車のあり方が大きく変わっていく中、同社は自動車メーカーと第1次サプラヤー(Tier1)との間に入り、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
次の成長をもたらす「カイゼン2.0」に必要なものとは?

これからの改善にはIoT(Internet of Things)や人工知能(AI)、ロボット、ブロックチェーンの新技術の導入が必須。 … 例えば自動車1つとっても、電気自動車の無線による給電、自動運転の公道実験の実現、人工知能(AI)搭載自動車の発売、3Dプリンターによるボディー製造など、これらは全て2017年の1年間で起こったこと …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AIで流体解析シミュレーションの時間はどこまで短縮できる?

ヴァイナス(大阪市北区、藤川泰彦社長)は、人工知能(AI)を使って自動車や航空機の流体解析シミュレーション時間を短縮する技術開発を進めている。シミュレーション … 例えば自動車では、車体に近い部分は空気や液体の流れなど「現象の変化」を大きく受けるので、メッシュを高密度に配置することが必要だ。しかし経験の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュアンス・コミュニケーションズ 視線検出を統合し対話型AIを搭載した「ドラゴン・ドライブ」が登場

ドラゴン・ドライブは、トヨタ、アウディ、BMW、ダイムラー、フィアット、フォード、GM、ヒュンダイ、上海汽車など2億台以上の自動車に搭載され、40以上の言語で対話型サービスを提供しているが、今回の新機能追加で一段と進化を遂げている。 ドラゴン・ドライブの新機能は、対話型人工知能と視線検出などの非言語モダリティ( …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
VWとヒュンダイが、創業1年の自動運転スタートアップと組んだ理由 狙いは幹部3人の「輝かしい実績」

ピッツバーグを拠点とするAurora Innovationは18年1月4日、自社の自動運転ソフトウェアを商業化するために、フォルクスワーゲンとヒュンダイ(現代自動車)の両社と契約を締結したと … またヒュンダイとの提携によって、Auroraのソフトウェアは同社の自律走行をはじめとするヒュンダイ製のクルマに搭載されることになる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「CESで自動運転車を初体験 —— とても退屈で、素晴らしい体験だった BUSINESS INSIDER JAPAN」など、2018年1月11日     ニュース

ニュース
CESで自動運転車を初体験 —— とても退屈で、素晴らしい体験だった

1月10日(現地時間)、同僚と私は自動運転タクシーに乗るために、CESの会場であるラスベガス・コンベンション・センター(LVCC)近くの駐車場に向かった。今回の取り組みでは、Aptivが車両自動運転技術を提供、Lyftが実際の運行を担当している。 我々はラスベガスのドライブを楽しんだ。だが今のところ、CESで体験した中 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Uberが自動運転にNVIDIAの技術を採用、開発ペースを加速…CES 2018で発表

Uberは、ボルボ『XC90』SUVの最初のテスト車両で、NVIDIA GPUコンピューティングテクノロジの使用を開始。現在では高性能のNVIDIAプロセッサーを使用して、自動運転/配車車両自動運転の貨物トラックの両方でディープニューラルネットワークを稼働させている。以来、Uber車両の開発ペースは急激に加速しており、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
インテル傘下のMobileye、今後の自動運転プロジェクトの詳細など明らかに

Mobileyeの最高経営責任者(CEO)で最高技術責任者(CTO)のAmnon Shashua氏は、自動運転車の開発における重要分野に関して、センシング、REM(Road Experience Management)、運転ポリシーなどを挙げている。 この方針に従い、Mobileyeの2018年の「マスタープラン」には、レベル4(L4、高度に自律的な運転が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転向け技術をCESで披露、存在感を強調するNXP

NXPは、LG Electronicsおよび、アルゴリズム関連の専門技術を提供するドイツHELLA Aglaiaと、先進運転支援システム(ADAS)や自動運転車向けの技術開発で協業するという。これが、CESにおけるNXPの発表の目玉の1つだ。この協業により、NXPが「S32V」プロセッサをベースとして開発した、ADASおよび自動運転車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転の実験、杉並で開始 住宅街の公道は都内初

住宅街の公道を利用した東京都内初の自動運転車の実証実験が11日、杉並区内で始まった。自動運転技術開発を手がけるアイサンテクノロジーのほか東京大学、測量会社の第一航業(東京・杉並)が杉並区の支援を受けて実施した。区立の井草森公園の周囲の都道・区道約1キロを、ミニバンをベースにした自動運転車が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米運輸当局、トラックや列車の自動運転で新たな政策指針策定へ

道路交通安全局(NHTSA)は自動運転車に対する「不必要な規制の障壁」や安全性の検証と認証の方法に関して意見を求めている。連邦公共交通局や連邦高速道路局も意見を公募している。これらの意見は同省の連邦自動運転車政策の第3版の作成に利用される。チャオ長官によると第3版は今夏に公表される見通し。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車技術のためのディストリビューションAutomotive Grade LinuxをToyotaとAmazonがサポート

AGLはそれに対してさらにセキュリティを厚くし、自動運転車をハッカーにやられないようにしたい。遠隔通信や地図関連の技術も重要だ。とくに地図データは、各社ばらばらでなく、全メーカーが共有できる形式であることがきわめて重要だ。地図の共通化は、AGLがメインの課題として追究している安全性の面でも欠かせない。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転 通行量の多い市街地で実証実験 東京 杉並区

自動運転の実用化に向けて東京 杉並区で、人やの通行量が比較的多い市街地を自動で走行させる実証実験が行われました。 続きを読む. この実証実験は、杉並区や自動運転技術開発に取り組む民間企業、それに東京大学などが共同で行ったものです。 の上部には特殊なセンサーがあって人や障害物を検知できる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アウディが2018年に自動運転「レベル3」のA8を発売予定。日本での発売は?

clicccar.com(クリッカー)
2018年、本国ではいよいよ世界初の自動運転レベル3の製品としてA8がデビューの予定です。すでにドイツでは法整備が整い、あとは国際的な技術基準が整えられ、その技術認証がクリアとなればレベル3自動運転車としてデビューとなるそうです。デビュー時には時速60km以下の自動車専用道路に限って使用できるものとなり …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
OKIグループとアヴネット、自動運転向けのAIボードを開発

OKIグループの設計受託企業であるOKIアイディエスは、技術商社大手のアヴネットと共同でレベル4~5の自動運転車に向けた人工知能(AI)コンピューターボードを開発した(リリース)。2018年2月からアヴネットが国内で販売する。将来的にはアジアにも販路を広げる。ボードは開発・評価用であり、実際のシステム開発をOKI …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ルノー・日産・三菱がベンチャー・キャピタルを設立 バッテリーや自動運転など新たなモビリティに5年間で …

ルノー・日産・三菱の約10億ドルという出資額は、CVCを持つ自動車メーカーとしては最大となる。 BMW iVenturesもGM Venturesも、ベンチャー・キャピタル運営の経歴が長いが、ファンド規模は彼らより小さい(BMWは、iVenturesの次の10年での投資総額を5億ドル以上に増やしている)。トヨタもロボティクスや人工知能の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
CESで自動運転車を初体験 —— とても退屈で、素晴らしい体験だった

1月10日(現地時間)、同僚と私は自動運転タクシーに乗るために、CESの会場であるラスベガス・コンベンション・センター(LVCC)近くの駐車場に向かった。今回の取り組みでは、Aptivが車両自動運転技術を提供、Lyftが実際の運行を担当している。 我々はラスベガスのドライブを楽しんだ。だが今のところ、CESで体験した中 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転向け技術をCESで披露、存在感を強調するNXP

同プラットフォームはBaiduが開発したもので、“ロボットカー向けAndroid”としても知られている。この提携により、NXPの半導体チップがApollo Open Autonomous Driving Platformをサポートできるようになるとしている。 こうしたさまざまな発表内容から、NXPが、「ADASや自動運転車向けオープンプラットフォームの強力な …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、何でも出来る・使えるクルマ「e-Palette Concept」を「CES」に出展

提携する米ウーバーテクノロジーズ、マツダに加え、新たにアマゾン、ピザハット、滴滴を含めた計5社を第1弾パートナーとして、多機能車両を開発する。 また、トヨタが培ってきた安全性の高い車両制御技術を用いて開発した車両制御インターフェースを自動運転キット開発会社に開示する予定だ。自動運転キット開発会社は、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「【CES 2018】AIや自動運転の先端技術が多数登場。トヨタ、日産、ホンダが揃って出展する「CES 2018 … Car Watch」など、2018年1月7日     ニュース

ニュース
【CES 2018】AIや自動運転の先端技術が多数登場。トヨタ、日産、ホンダが揃って出展する「CES 2018 …

当時はIVI(In-Vehicle Infotainmen)に着目していたが、テスラモーターズの先進的なEV(電気自動車)や、アウディの自動運転実験などが展示されるようになり、CESの風景も様変わり。かつては、車載用の大型スピーカーやカーオーディオが展示され、ズンドコ低音が鳴り響いていたノースホールに多くの自動車メーカーや …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
北京市郊外に、公道で初の自動運転ゾーンが開設へ

交通委員会の職員によれば、北京市は自動車と道路が対話できるよう、信号設備や交通標識などの道路設備を更新することで、自動運転技術の発展を振興しようとしている。 北京は2017年12月、中国で自動車メーカーが公道で自動運転車をテストできる規制をパスした最初の都市となった。法規に則り、自動運転車は一定 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
マニエッティ・マレリ:CES2018にて最先端の技術の発表予定

CES2018にてマニエッティ・マレリは何を発表・展示するのだろうか。1月9-12日の間、ラスベガスのウィンホテル内の約6000平方フィート(557.4平米)のスペースにおいて同社は電装や車両用灯具、代替パワートレインなどの展示をする予定。なかでも自動運転やコネクティビティ、ハイブリッド/電気モビリティなどに注目した …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ社長と安倍官邸の攻防 「3%賃上げ」は実現するか

そこで安倍首相は2月の訪米前に豊田社長と会談して意見を聞き、トランプ氏に日本叩きをやめるように働きかけた。そうした働きに配慮し … 豊田社長は「自動車業界は100年に一度の大変革の時代に入った」と電気自動車や自動運転など次世代技術に大規模な投資を行なうことを発表し、今月、大幅な組織改革を行なう。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ホンダ、CES2018で「未来のロボティクス社会」を提案

さらに、米国カリフォルニア州シリコンバレーを中心に、グローバルで優れた技術の発掘を行い、イノベータ―との協業を促進する「Honda Xcelerator(ホンダ・エクセラレーター)」をスタートアップ企業と取り組んでいるオープン … DeepMap:自動運転車に対し、高精細マップとリアルタイムの高精度位置情報を提供する技術
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
今年の日本はこんなに変わる!政治・経済・トレンド・ヒット商品を大予測

豊洲市場移転も五輪準備も停滞し、五輪では京都や大阪のクレーンを全部東京に持ってこないと工事が間に合わないと言われているほど。前途多難 … さて、自動運転技術(レベル0〜最高5まで)はどこまで実用化が進むか。 … 国内では、遠隔自動運転の実験も行われているが、手塚治虫の世界はまだ遠いかも。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
北京市郊外に、公道で初の自動運転ゾーンが開設へ

北京は2017年12月、中国で自動車メーカーが公道で自動運転車をテストできる規制をパスした最初の都市となった。法規に則り、自動 … INSIDE は The News Lens との提携により台湾地域外への展開を開始し、台湾のスタートアップビジネスや革新的な製品・サービスを世界中の人々へ紹介する計画だ。 The News Lens の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「AI(人工知能)で実現! 【エレクトロニクス・自動車・工場を進化させるAI技術が出展】 PR TIMES」など、2018年1月5日     ニュース

ニュース
AI(人工知能)で実現! 【エレクトロニクス・自動車・工場を進化させるAI技術が出展】

加えて、工場で生産の異常を検知するAIや、AIを駆使して実現できる自動運転などエレクトロニクス・自動車業界にもAIの進化が見られます。 … 人工知能検査システム AIハヤブサ (株) ミラック光学AI(人工知能)+ 機械学習による検査従来の画像処理ソフトのようにパターンマッチング主体の処理では判断が難しかった検査を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「CES 2018」で、トヨタの人工知能研究開発会社が次世代自動運転実験車「Platform 3.0」を展示

トヨタ自動車の子会社で、人工知能などの研究開発を行なうToyota Research Institute(以下、TRI)は、1月9日に米国ネバダ州ラスベガスで開幕する「CES 2018」において、次世代自動運転実験車「Platform 3.0」を展示すると発表した。 このPlatform 3.0の開発にあたり、TRIは以下の3つの主要なテーマを設定した。 1.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車・輸送機 ニュース

トヨタ自動車人工知能(AI)開発子会社である米トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)は4日、米ラスベガスで9日開幕する「CES 2018」に自動運転の新型研究車両「プラットフォーム3.0」を … 各国の規制を背景に国内外の完成車メーカー各社が電気自動車(EV)をはじめとする電動車の開発を本格化しており、基幹部品の.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AI、自動運転、信頼回復…… 企業トップの言葉から読み解く2018年

技術革新による変化をポイントとして掲げる経営者も多い。三菱商事の垣内威彦社長は18年の経済状況が好調に推移すると考える根拠として、「(米Apple、Googleなどの)巨大ITプラットフォーマーの存在」、電気自動車(EV)や自動運転の開発が進む「自動車業界」、そして「人工知能(AI)」を挙げた。「人類が火や電気を初めて …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車メーカートップが語る2018年の展望と課題とは…天気予報に見立てて

そこで語られた自動車メーカートップの2018年の展望と課題とは。 まずは新春お決まりの2018年を天気予報に見立てるという質問に、トヨタ自動車の豊田章男社長からは「会社からは曇りに晴れを付けておけといわれている。晴れでも良いじゃないの … ただ西川社長は「人工知能がいろんな仕事を速くしている。これは開発にも …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
機械 ニュース

【5軸化など加速/DMG森精機・森雅彦社長】 電気自動車(EV)、人工知能(AI)、高齢社会などの社会変化の中、5軸化、複合化、自動化をさらに進める。周辺機器… 続きを読む · 新菱冷熱、タイのコージェネプラント完成−商業運転を開始. (2018/1/5 05:00). 新菱冷熱工業(東京都新宿区、加賀美猛社長、03・3357・2151) …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
2018TOP年頭語録/DMG森精機・森雅彦社長ほか

(2018/1/5 05:00). 【5軸化など加速/DMG森精機・森雅彦社長】. 電気自動車(EV)、人工知能(AI)、高齢社会などの社会変化の中、5軸化、複合化、自動化をさらに進める。周辺機器… (残り:1,833文字/本文:1,913文字). (2018/1/5 05:00). ※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動運転の主役はやはり自動車メーカー

東京モーターショーの技術展示では、電動化や自動運転が脚光を浴びるだけでなく、クルマの基本性能を高める軽量化技術を提案した足回り関連のサプライヤーにも注目が集まった。 今回の東京モーターショーではトヨタ、日産、メルセデス・ベンツ、アウディ、VWといったメーカーがEVで自動運転のコンセプトカーを出展していた …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、周り360度200mまで認識 自動運転車を開発

トヨタ自動車は5日、外部認識能力を高めた次世代の自動運転実験を開発したと発表した。センサー技術を向上させて車両全周を200メートルの範囲で認識できるようにした。の周囲の物体を正確に検知できるようになり、より安全性の高い自動運転が可能になる。 次世代実験は「プラットフォーム 3.0」という名称。米国に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転元年だ!ラスベガスで「自動運転タクシー」が走る理由[CES 2018]

自動運転車技術を保有するAptivによれば、タクシー配車サービスを提供するLyftとパートナーシップを締結し、CES 2018において「自動運転タクシー」の試験運行を実施する。自動運転タクシーは、CES 2018のメイン会場の1つであるラスベガス・コンベンション・センター(LVCC)のゴールドロットと呼ばれるエリアから出発し、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノー・日産連合、自動運転タクシーでテクノロジー企業との連携模索

日産自は ディー・エヌ・エーと自動運転車両を用いたタクシーの試験走行を横浜で 来年実施し、ルノーは自動運転車両の開発で仏交通サービスのトランスデブと組んでいる。日仏連合は昨年、自動運転車両に最適なバックエンドのクラウド技術の開発に共同投資する 契約を米マイクロソフトと結んだ。 レジック氏は「自動運転車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
360度の障害物を認識 トヨタ、自動運転車「Platform 3.0」を開発

… は、自動運転車のプロトタイプ「Platform 3.0」を、家電見本市「CES 2018」(1月9~12日、米ラスベガス)に出展する。周囲200メートルの環境を立体的に捉えるLIDAR(LIght Detection And Ranging)システムを備え、全方位を認識できる。外観はスマートに仕上げ、自動運転技術の装備もコンパクトにまとめ、複数の実験 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AI(人工知能)で実現! 【エレクトロニクス・自動車・工場を進化させるAI技術が出展】

加えて、工場で生産の異常を検知するAIや、AIを駆使して実現できる自動運転などエレクトロニクス・自動車業界にもAIの進化が見られます。 … の検出速度と精度・悪天候でも、遮蔽物があっても安定検出できるのが特徴で、カメラ画像から、歩行者,各種自動車,2輪,白線,標識等自動運転技術に必須となる物体検出をします。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
VWと現代自、自動運転技術の米新興企業に未来託す

自動運転車の開発競争が繰り広げられる中、ドイツの フォルクスワーゲン (VW)と韓国の現代自動車がシリコンバレーで1年前に創業したばかりの新興企業オーロラ・イノベーションに未来を賭ける。オーロラの創業者には、米グーグルや テスラ で自動運転車の研究を率いた人物が名を連ねている。 オーロラは4日、VWおよび …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産、ドライバーの脳波測定「運転支援」技術開発 自動運転社会に向けて

日産自動車は1月3日、ドライバーの脳波を測定して運転を支援する技術(Brain-to-Vehicle、B2V)を開発したと発表した。同技術は、 … 将来の自動運転社会では、人間はクルマをコントロールしないと考える人が多いかもしれません。しかし、この技術はその反対です」――日産自動車のダニエレ・スキラッチ副社長は述べる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ソフトバンクが目指す自動運転バスのある未来とは、試乗会でみえたもの

試乗会は、三菱地所が丸の内エリアで進める「オープンイノベーションフィールド」の一環で、先進技術やテクノロジーを用いた実証実験を支援する取り組みによるもの … ロボットがこのルートをトレースし、車両に取り付けられた走行用の各種センサーの情報からAIが歩行者や障害物を検知し自動運転を制御するという仕組みだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自律走行のために街を「再発明」すれば、道路は人に優しくなる 米国で動き始めた「新しい都市設計」

どの都市も、自律走行を前提とした将来の街づくりについて、そろそろ考え始める必要がある。そうした目標に向けて、米都市交通担当官協議会(NACTO)は2017年10月末、独自の「約束の地」のヴィジョンを公開した。NACTOは、こうした問題に真剣に取り組む全米60都市の交通計画担当官と技術者からなる組織だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
[FT]独VW、米ベンチャーと探る自動運転の未来

独フォルクスワーゲン(VW)がシリコンバレーの新興企業オーロラと自動運転車の研究開発で提携した。オーロラは米グーグルで自動運転開発の責任者だったクリス・アームソン氏が代表を務める。数々の老舗自動車メーカーが、自動運転の未来に適応しようとテクノロジー産業に期待を寄せているが、今回の動きもその一例だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノー・日産連合、自動運転タクシーでテクノロジー企業との連携模索

三菱自を含む3社は、既に自動運転車の実験を進めている米 グーグルや ウーバー・テクノロジーズのようなテクノロジー企業との協業を望んでいると同氏は語った。 … だろう」と述べた上で、テクノロジー企業にとって自動化技術はあくまで自社の主力事業を強化するものであり、その意味で「提携は可能と考えている」と語った。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ウェブ
ボタンひとつでが迎えに来る? VWが米新興企業と戦略的提携

フォルクスワーゲングループは1月4日、CES 2018の開幕を控えて、オーロラ社との間で自動運転分野における戦略的提携を締結した、と発表した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「自動運転はどこまで進んだのか? Yahoo!ニュース 個人」など、2018年1月3日     ニュース

ニュース
自動運転はどこまで進んだのか?

テレビでも1昨年までは自動ブレーキだったのが、ニッサンの最新のリーフのように、公道での自動運転の能力をアピールするが2017年は増えてきたように思う。 …. しかし、間違いなく交通システムを変え、運転手という雇用形態を消滅させる技術だとすると、公共機関や大学でももっと研究が進み、それに基づく準備が必要に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
来週のCES期間中に完全自動運転タクシー、好みの地点までラスベガスの公道走行

自動運転技術を開発する英アプティブ(旧デルファイ・オートモーティブ)と配車サービス大手の米リフトは2日、両社が協力して、アプリで乗車予約を受け付ける自動運転タクシーの試験サービスを9-12 … CESでは多くの企業が自動運転車のデモ走行を実施しているが、駐車場など閉鎖された区域で実施されるものがほとんど。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
どれだけ便利になるのか 人やモノの移動も様変わり

運転席はなく、向かい合ったシートに乗り込んで談笑していれば、目的地まで連れて行ってくれる。すでに傘下の独アウディが高速道路での低速走行など一定の条件付きで、走行中にハンドルやアクセルから手足を離すことができる自動運転車を欧州で発売している。自動運転技術を巡っては、米グーグルなどIT企業も交えた …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
マツダの魂動デザイン 無駄をそぎ落とす「引き算」で進化

電動化、コネクティビティ、自動運転など、さまざまな技術革新の荒波にもまれる自動車業界。カーシェアの台頭などでクルマのコモディティ化が一層進むのではないかという観測も出ている。 自動車メーカーがその変化に対応しながら自分のアイデンティティをどう保つのか四苦八苦するなか、そのトレンドに乗らず今日の基準で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
変化する人との関係~福岡モーターショー2017

多くの観客は国産メーカーによる「未来のクルマ」の展示を楽しみに来場しているのではなかろうか。少なくとも筆者はそのクチである。入口をくぐるとレクサスのLS、LCが出迎える。中に進むと日産、ホンダ、トヨタ、マツダなど、国内メーカーのコンセプトカーがずらりと並んでいた。総じていえるのは、やはり自動運転技術と電気 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
見えぬ影響、課題 自動運転「とっさの判断」可能か

AIによる自動運転技術の拡大が期待される交通分野。しかし事故・違反の際はだれが責任をとるのかといった法律の整備が課題だ。原因がソフトの誤作動だった場合、現在の保険制度では対応できない可能性がある。 AIは、未経験のアクシデントに遭遇した場合、人間のような「とっさの判断」ができない可能性が指摘される。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
KDDI・ゼンリン・富士通、自動運転向けダイナミックマップの実証実験を開始

実験の目的は「ダイナミックマップ」生成のために必須技術となる走行時の大容量データを収集していくこと。そして自動運転車へのマップ配信技術の実地検証にある。 完全自動運転にあたっては、自動運転車が自らの位置情報を把握するため、道路や付帯構造物などの正確な情報把握が欠かせない。またこれに気象情報や …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
来週のCES期間中に完全自動運転タクシー、好みの地点までラスベガスの公道走行

ニュートノミーは16年に、シンガポールで世界初の自動運転タクシー実証試験を行い、注目されたスタートアップ。買収に先立つ17年初めには、ニュートノミーとリフトの提携が発表され、ニュートノミーの本社があるボストンの一部地区で、リフトの配車サービス網やアプリを使いニュートノミーの自動運転車を走らせる試験 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「自動運転の交通事故 責任範囲設定で開発競争に先手 2025年メド完全実用化 産経ニュース」など、2017年12月30日     ニュース

ニュース
自動運転の交通事故 責任範囲設定で開発競争に先手 2025年メド完全実用化

自動運転車による交通事故をめぐり政府が責任範囲の設定を急ぐのは、今後、成長産業になるとみられるこの分野で先頭集団を走る日本の自動車メーカーを後押しする狙いがある。各国の自動車メーカーやIT関連企業がしのぎを削る自動運転技術の開発競争で、人工知能(AI)の開発などで出遅れた日本の官民が連携して“ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
フォード、自動運転車・電気自動車チームを会社発祥の地デトロイト コークタウンへ移転

フォードは12月14日、同社の最新技術のカギである自動運転と電気自動車開発・販売戦略チームをフォードの“ふるさと”で進めることになると発表した。 フォード創業の地、デトロイトのコークタウン。風情のある建物だ. フォードが自動運転開発と電気自動車の開発・販売戦略チームをデトロイトの約4180平方メートルの土地に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタは「コネクテッド」な次期クラウンで、クルマの新たな価値を創造できるか

クルマ同士やクラウドとの接続性が高まり、さらに電動化や自動運転技術の導入が進めば、クルマは「所有」するものから「利用」するものへと変わっていくだろう。 こうした動きにメーカーも対応していかなければならない。現にドイツのダイムラーは、カーシェアリング・サーヴィスを自社で提供している。クラウンのチーフエンジニア …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転中にVR体験 ルノーが新型EVで導入

ルノー・日産アライアンスの「 コネクテッドカー」技術開発担当シニア・バイス・プレジデントであるOgi Redzic氏は「自動運転技術はすぐにでも市場に参入することになるでしょう。この技術が普及すれば、私たちは今までになかった体験ができるようになると考えています。シンビオズは、もう運転の必要がない運転者たちが乗車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ドイツ4ブランド、元日から値上げ…輸送費増

フォルクスワーゲン(VW)も小型車「ゴルフ」やセダン「パサート」など9車種で、3年ぶりに平均で1・2%値上げする。アウディも17車種で1%、BMWも2%の値上げを予定している。 原油価格の上昇で、完成を日本に輸送する費用が増えた。世界的に自動運転技術や電気自動車(EV)などの開発競争が激しく、従来より研究 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
フォード、自動運転車・電気自動車チームを会社発祥の地デトロイト コークタウンへ移転

最近では中国向けにゾタイ(Zotye)社と電気自動車関係においてパートナーシップを締結し、Zotye Ford Automobile Co. の50%50%ジョイントベンチャー企業を設立している。ほかにもArgo AI社に10億ドル以上投資しており、Argo AI社のロボット技術や人工知能技術などをフォードの自動運転技術に応用できないか模索して …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「アウディが先陣、自動運転車が「レベル3」になると何ができる? 投信1」など、2017年12月20日     ニュース

ニュース
アウディが先陣、自動運転車が「レベル3」になると何ができる?

また、の長距離運転には“疲れ”がつきものです。また、運転者は運転に集中しなくてはならず、スマホなどを見ることはできません。このことが自動車で移動することの大きなハードルとなっているのではないでしょうか。 そこで期待されるのが、今、話題となっている「自動運転技術」です。ただし、スマホを見ながら移動するため …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
平昌五輪に合わせ自動運転のFCV披露 高速道路走行=現代自

これらのは、米自動車技術者協会(SAE)が定める自動運転技術区分で最上位のレベル5に次ぐレベル4を満たしている。レベル4は限定条件の下でドライバーが運転に関与せず、システムがの速度と方向をコントロールする段階で、ドライバーが必要ない無人自動車を意味するレベル5とともに完全自動運転に分類され …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
オートリブの最新自動運転車、ディープラーニングで乗員を理解…CES 2018で公開予定

スウェーデンに本拠を置き、自動運転技術などを手がけるオートリブ社は12月19日、米国ラスベガスで2018年1月に開催されるCES 2018において、最新の自動運転車の研究開発車両「LIV 2.0」を初 … 具体的には、車両の頭脳が、ドライバーや乗員の声や手の動きを追跡することにより、ドライバーや乗員の気持ちを理解。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
無人の電動カートがお迎え…公道で自動走行実験

国立研究開発法人「産業技術総合研究所(産総研)」(東京都)が手掛ける実験で、県内外で実験を重ね、2020年の実用化を目指す。愛知県や東京都では14日、公道での自動運転システムの実証実験が行われたが、人が全く乗っていないが公道を通って利用者を迎えに行くのは、輪島での実験が国内初めてという。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
『ニッサン・エクストレイル』特別仕様運転支援システムを標準化。価格は280万円から

エクストレイル』は、発売以来、高い走行性能を兼ね備えた本格SUVとして、お客さまから好評を得ています。また、本年搭載した、高速道路同一車線自動運転技術の“プロパイロット”は、幅広いお客さまにご愛用いただいています。 今回発売する特別仕様“20Xi”、“20Xi HYBRID”は、ガソリンの“20X”、およびハイブリッド …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NVIDIAがAIで目指す未来の姿 – GTC Japan 2017基調講演レポート

12月12日と13日の2日間にわたって、NVIDIAが技術者向けイベント「GTC Japan 2017」を開催した。 … AIは、自動運転車や産業・福祉ロボットのような未来を実現する技術だ。AIが活用される … 自動運転車はソフトウェアによって定義され、NVIDIAでは「NVIDIA DRIVE」と呼ばれる自動運転アーキテクチャを開発している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ボルボの自動運転実証実験「Drive Meプロジェクト」、予想以上に問題解決に時間が掛かっているため4年 …

ボルボの自動運転車の実証実験計画「Drive Meプロジェクト」が足踏み状態となっている。同社は、100台の自動運転車をスウェーデンで展開するというこの計画を4年先送りするとし、技術がまだ万全でないことを認めた。ボルボによれば今後4年間で、ドライバーのいないクルマに搭載された自動運転テクノロジーと人々がどう …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
韓国、すぐ金になる技術ばかり好む…長期投資に出なければ

自動運転車のカメラとレーダー、ライダセンサーは運転者の知覚能力に代わる核心部品だ。それだけ重要だが韓国の技術が最も遅れている分野だ。人の目のように周辺環境を把握する前後方カメラセンサーはイスラエルのモービルアイの製品を装着した。ゼロシャトルの4つの角に取り付けられた触覚形の装置には光で距離を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
未来を先取り!? 夢のコンセプトカーが集結!

会場には、近未来を予見するかのようなコンセプトカーが続々登場。トヨタからは“未来の愛車”を目指し提案する「TOYOTA Concept-愛i(コンセプト・アイ)」シリーズの最新モデルが登場。ドライバーの感情認識や嗜好推定を行う技術自動運転技術を組み合わせ、ユーザーの安心・安全と気持ちを先回りした提案が行えるように。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米運送大手UPS、Tesla発表の電動トラック125台を予約

トラックはTeslaの発表していた「Tesla Semi」で、完全な電気自動車ゆえの機能性や同社の得意とする自動運転技術などが費用とCO2排出量の削減につながることが期待される。 Teslaによれば、カーゴなしのSemiは停止状態からわずか5秒で約100km/hに到達するほどのトルクをもち、通常のディーゼルエンジンの15秒 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ウェブ
伊マニエッティ、将来の自動運転向け技術をCES 2018で初公開予定

イタリアの自動車部品大手、マニエッティマレリは12月19日、米国ラスベガスで2018年1月に開催されるCES 2018において、将来の自動運転向け技術を初公開すると発表した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
Waymo、自動運転車の乗客に保険を適用へ–オンデマンド保険のTrovと提携

Waymoは米国時間12月19日、同社が開発している自動運転のミニバン「Chrysler Pacifica Hybrid」の乗客に保険をかけるため、オンデマンド保険の新興企業であるTrovと提携すると発表した。Trovは設立からわずか5年ほどだが、今後は同社がWaymoの自動運転車の乗客に保険を提供する。保険の対象としては遺失物や、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「[FT]中国、スパイ活動警戒で外国製自動運転車を規制へ 日本経済新聞」など、2017年12月15日     ニュース

ニュース
[FT]中国、スパイ活動警戒で外国製自動運転車を規制へ

外国製の自動運転車はスパイ活動に利用される恐れがあるとの懸念から、世界最大の自動車市場である中国の規制当局が純国産技術を優先する可能性が浮上している。 外国の自動車メーカーは、中国での自動運転技術の推進に制限を受けているという。中国政府は国家安全保障上の問題を理由に、高解像度カメラや全 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転の歴史は、砂漠でのレースから始まった 国防総省のチャレンジから興った新産業の舞台裏

彼らは2007年11月3日、ロサンゼルス郊外の閉鎖された空軍基地で、動き回るロボットたちをじっと見ていた。ロボットは交差点を行き交い、の走る間に入り込み、駐車スペースを見つけたりしていた。これらのロボットたちは、米国防総省傘下の国防高等研究計画局(DARPA)の主催する自律走行レース「アーバンチャレンジ」 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
国交省と経産省が“国内初”、車両内無人で公道を自動走行

開発車両は、自動運転レベル4相当の機能を持つ。今回の走行試験では運転者が遠隔で車両を監視して、危険と判断した場合には車両を止める。車両運転に係る義務は遠隔操作者にあるため、自動運転レベル2に該当する。国土交通省自動車局技術政策課の担当者によれば「保安要員が電動自転車などで車両を追いかけて …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
次世代ずらり、未来変える? 福岡モーターショー開幕

今回のテーマは「クルマと変えよう暮らしの未来」で、電気自動車(EV)や水素で走る燃料電池(FCV)、人工知能(AI)を活用した自動運転の試作が並んだ。 福岡市博多区の自動車整備士の津曲(つまがり)龍さん(36)は息子の将英君(5)と初めて訪れた。「EVや自動運転など最新の技術をみたいと思ってきました」。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルネサス 自動運転のセンサー、仏社と開発へ

ライダーはレーザー光を用いての周辺を広範囲にセンシングする技術。目に見えないレーザー光を放射状に発光させて反射光などを測定し、遠距離にある障害物までの距離を測定する。や歩行者のほか、障害物の性質も把握できる。 ルネサスは「R―Car(アールカー)」ブランドで周辺認知から判断、駆動という自動運転に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【可愛い】ハンドルもアクセルもない自動運転AIモビリティ「Milee(マイリー)」の展示を見に行ってきた

会場にはNVIDIAが開発中の自動運転車「BB8」も展示。迫力満点。しかし、写真のように人気は可愛い「Milee」に集中していた. 可愛い外観は、株式会社カブクとの連携で実現した。カブクは全世界に300以上構築している工場ネットワークを活用し、産業用3Dプリントや切削、射出成形など多種多様な工法や素材を組み合わせ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
オムロン子会社、顔認識技術運転者の状態を監視

危険な運転が検出されると、センターから事業者の管理者向けに自動的にメールで通知する機能も備える。また、事業者はセンターに集めたデータを分析して、危険な運転が多い従業員に対して安全運転の指導ができる。車両には内外を撮影するドライブレコーダーも設置してあるため、必要に応じて危険運転時の映像を確認 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマが売れない時代のビジネス基盤 トヨタのコネクテッドカー戦略

一方、外の世界とつながるコネクテッドカーは、継続的なサービスや周辺事業の可能性を広げ、将来の自動運転技術などのベースにもなる。山本氏は、「パワートレインはEV(Electric Vehicle)やFCV(Fuel Cell Vehicle)に変わり、自動運転も導入されるが、基盤になるのはコネクテッド技術自動運転クルマが自律化しても …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【材料】パイオニアは3日ぶり反発、米エヌビディアと自動運転車開発プラットフォームへの対応で協業へ

【材料】パイオニアは3日ぶり反発、米エヌビディアと自動運転車開発プラットフォームへの対応で協業へ … 改めて自動運転関連として関心が高まっているようだ。 … 軽量・低コストな3D-LiDARの開発を進めており、今年9月から国内外の自動車メーカーやICT(情報通信技術)関連企業などにサンプル供給を開始している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
検索の百度、自動運転技術の開発にアクセル

インターネット検索中国最大手の百度(バイドゥ)が自動運転技術の開発を加速する。国家プロジェクトの認定をこのほど取得し、提携する国内自動車大手と組んで2018年に商用で実証試験し、19年からは乗用車にも広げる。ネット銀行、人工知能(AI)スピーカーにも参入するなど多角化を進めて検索依存から脱却し、騰訊 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
福岡でモーターショー開幕 2年ぶり、AI搭載EV試作車など新技術展示 ルノー、ボルボも

九州最大の自動車展示会「福岡モーターショー2017」が15日、2年ぶりに福岡市で開幕した。18日まで。トヨタ自動車をはじめとした国内外のメーカーが参加し、人工知能(AI)といった最新技術を搭載した試作車のほか、新型車やバイクを含めて計200台以上を出展。試作車の一部は実際に乗り込むことができるなど、来場者 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
サムスン電子、米向けOS開発社と提携

サムスン電子は、米国の向けOS(基本ソフト)開発会社のレノボ(Renovo、中国のIT業者レノボとは別会社)と提携し、自動運転車の開発を加速させる。 米シリコンバレーに本拠を置くサムスン電子戦略革新センター(SSIC)が、レノボが開発したOS「AWare」を… 関連国・地域: 韓国/米国. 関連業種: 自動車・二輪車/IT・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【報ステ】『AIの目』…自動運転のカギ握る半導体

東京都内で14日、自動運転の実証実験が行われた。公道を無人の … 自動運転のカギを握るのは、大量の画像データを高速で処理できる半導体で、『AIの目』とも言われている。AIがや … トヨタやアウディなど自動車メーカーが相次いでエヌビディアとの提携に踏み切り、その時価総額は12兆円を超えている。ジェンスン・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
検索の百度、自動運転技術の開発にアクセル

インターネット検索中国最大手の百度(バイドゥ)が自動運転技術の開発を加速する。国家プロジェクトの認定をこのほど取得し、提携する国内自動車大手と組んで2018年に商用で実証試験し、19年からは乗用車にも広げる。ネット銀行、人工知能(AI)スピーカーにも参入するなど多角化を進めて検索依存から脱却し、騰訊 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「日産とDeNA、一般參加できる自動運転タクシー実験を2018年3月に実施。事前登録受付中 Engadget 日本版」など、2017年12月6日     ニュース

ニュース
日産とDeNA、一般參加できる自動運転タクシー実験を2018年3月に実施。事前登録受付中

日産自動車とDeNAが、自動運転車両を利用した配車サービスの実証試験を、2018年3月5~18日の期間限定で実施すると発表しました。試験を実施する区域は横浜市みなとみらい … 自動運転技術を使うこの実証試験にわれわれ一般人が参加するには、まず事前登録が必要です。受付はすでに始まっており、2018年1月15 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
運転手いない遠隔型自動運転、14日初の公道実験

愛知県は、運転席にドライバーが乗らない自動運転の実証実験を14日に同県幸田町で行う方針を決めた。警察庁によると、公道で遠隔制御の自動運転車を走らせるのは全国初という。県は、自動運転技術の実用化に向けた一歩とする考えだ。 実験は、3次元地図の作製に強いアイサンテクノロジー(名古屋市)、名古屋大学発 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
“地域限定”群馬大で研究進む 路線バスや駐車場、生活圏内のニーズに対応 /群馬

今月2日、前橋市荒牧町の群馬大で開かれた、自動運転技術に関するシンポジウム。群馬大の … 自動運転の研究は、大学や自動車メーカー、IT企業などが取り組んでいる。小木津氏によると、自動車メーカーが進めているのは主に、前橋や東京、北海道など全国のどこでも機能する自動運転技術の研究。しかし、地域 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【インタビュー】“空気を読む”AIを目指す…ホンダ AI研究開発グループ 安井裕司氏

自動運転の実現に向けたAI技術を読み解くため、業界のキーパーソンに各社の取り組みについて話を聞いた。第1回目となる今回は、本田技術研究所 四輪R&Dセンター 統合制御開発室 ADブロック 自動運転用AI研究開発グループ グループリーダの安井裕司氏。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米・GMが小型EVによる「完全自動運転」タクシーサービスをニューヨーク市内で実証へ

clicccar.com(クリッカー)
米GMが2019年をめどに、米国の複数の都市で同社製の無人自動運転車を使ったタクシーサービスを開始するそうです。 … 一方、米アリゾナ州フェニックスではGoogle系の「ウェイモ(Waymo)」が同様のサービスを既にスタートさせていますが、GMとしては技術的難易度や需要度がより高い大都市でのサービスを目指してい …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「匠の技」頼みの日本自動車メーカーの危機—— VRでの新車開発でドイツに完敗

シーン」とは映画の場面と同じ意味で、開発段階でクルマのソフトウエアにあらゆるシーンを覚え込ませて、判断できるようにするのだ。 これが完全自動運転のレベルになると、億単位のシーンを想定しなければならなくなる。とても実車を使った開発は到底無理だ。もし、VRを使わなければ技術完成までに100万年かかるといった …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
オン・セミコンダクター、車両の電動化などに向けた事業戦略記者説明会

オン・セミコンダクターは12月5日、自動車向けソリューションを中心とした同社の事業戦略についての説明会を開催した。 同社は半導体技術を使いながら、自動車の電装化や自動運転、ロボット化する産業機器、IoTを牽引する通信などの分野に注力してビジネスを展開している企業。 説明会にはオン・セミコンダクター …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【高論卓説】欧米で過熱化する「自動車2.0」 (1/2ページ)

11月末の米サンフランシスコには、ゼネラル・モーターズ(GM)の「インベスターズ・ディ」に世界の投資家が集結した。同社の成長戦略の要である自動運転技術のお披露目やビジネスモデルの発表に加え、買収した自動運転のソフトウエア開発会社クルーズ・オートメーションが手掛けるレベル4(高度自動運転)の自動運転車の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アウディ、AI導入のカメラ開発—レベル3自動運転でも人工知能は必須

アウディが今回発表した単眼カメラは、車両の周囲の状況を正確に把握することを可能にする技術。このカメラは、車両前方約120度の範囲を対象に、解像度1.3メガピクセルの画像を1秒間に15枚撮影する。この画像 … 新型アウディ『A8』が搭載するレベル3の自動運転でも、人工知能が必須のテクノロジーになる、としている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
フォード、中国で50車種投入 25年までに

電気自動車(EV)かハイブリッド(HV)で15車種以上、多目的スポーツ(SUV)で8車種を発売する。19年末までに中国で販売する全ての新車に通信機能を … 中国ネット大手、百度とは自動運転技術を開発しているほか、中国の中堅自動車メーカー、衆泰汽車(浙江省)とはEV合弁を設立し、新工場を建設する計画もある。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
アウディ、AI導入のカメラ開発—レベル3自動運転でも人工知能は必須

アウディ、AI導入のカメラ開発—レベル3自動運転でも人工知能は必須 … アウディは12月4日、米国カリフォルニア州で開幕したNIPS(神経情報処理システム)カンファレンスにおいて、人工知能(AI)を用いて極めて精密な3D環境モデルを構築 … アウディは前回の2016年、自動車メーカーとして初めて、NIPSに参加している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
GM、電子商取引に参入 車載画面で注文、予約

車でのECを巡っては米IT大手アマゾン・コムが来年から米欧で、ドイツ自動車大手BMWに音声を使った人工知能サービスを提供する予定で、自動車メーカーとIT企業が連携したサービスが広がりそうだ。 ロイター通信によると、EC開発に当たり米IT大手IBMと協力。利用者に手数料や通信費はかからず、ECに参加する業者 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【トップ近況】日本損害保険協会・原典之会長、自動車保険に大きな変化予想「環境整備を一層加速していく」

日本損害保険協会の原典之会長(62)は「今まで以上にフォワードルッキング(先読み)な視点で環境変化に対応することが必要だ」と語る。協会創立100周年を迎え、さらなる業界の発展を目指す。 人工知能(AI)やビッグデータ、自動運転車といった技術の進歩で主力の自動車保険などに大きな変化が予想される。各社が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

「アップル、自動運転技術に関する論文を公開–極秘プロジェクトの一端か CNET Japan」など、 2017年11月24日     ニュース

 

ニュース
アップル、自動運転技術に関する論文を公開–極秘プロジェクトの一端か

Appleの自動運転車プログラムについては以前より報じられているが、その研究はこれまでいくぶん謎に包まれたままだった。 Appleのコンピュータサイエンス研究者らが、3Dの物体検出に関する論文を発表したと、Reutersが報じた。オンライン誌「arXiv」に寄稿されており、自動運転車の開発に関してAppleが公開した初の論文 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
杉並で自動運転の公道実験 来年1月、未来の作りへデータ収集

JR中央線の荻窪駅南側の住宅街で実施し、“未来の”作りに必要なデータを集める。杉並区も自動運転のシステム対応に欠かせない高精度の3次元地図や車両整備スペースを提供して支援する。 実験は自動運転技術を開発しているアイサンテクノロジー(名古屋市中区)と東京大学、区内に本社を置く測量会社の第一航業が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマが変われば、都市も変わる 東京モーターショーでイノヴェイターと考えた「モビリティの未来」

第45回となった2017年の会場で目を引いたのは、自動運転や人工知能(AI)といった「次世代のクルマ」に関する展示の数々だった。広大な会場には世界中の自動車メーカーが、自動運転やAIなどに関する最先端のコンセプトカーを展示し、その技術力を競い合った。 そんな新しい時代のクルマのあり方について考えるトーク …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【電子版】米アップル、自動運転で周囲の物体の検知性能向上 「ライダー」補完技術を開発

自動運転車に搭載された3次元(3D)ライダー(LiDAR、レーザーレーダー)が捉えた点群データをもとに、周囲に存在するや自転車、歩行者などを効率的に検出する技術を米アップルの人工知能(AI)研究者らが開発した。機械学習を応用したもので、最先端のライダーを使った場合の検出精度を上回ったという。成果は米 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【木下隆之のクルマ三昧】自動車事故はゼロにならない!? 運転支援技術の“落とし穴” (1/3ページ)

自動運転の過渡期のいま、運転支援技術も進んでいる。アウディはA8に、条件付きながらレベル3の機能を搭載した。メルセデスSクラスも驚くほど高い技術を搭載している。日本の最高級モデルであるレクサスLS500にも、現在ではもっとも進んだ技術を投入してみせた。「ぶつからないクルマ」の時代へと、目も眩むような速さ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
名古屋モーターショーが開幕 各社が試作披露

トヨタ自動車は、ドライバーの感情を理解するAIを搭載した試作「コンセプト愛」を展示し、ステージ前はカメラを構えた人でにぎわった。日産自動車の自動運転技術を搭載したEV試作「IMx」をはじめ、ホンダやスズキもEVを出展。スバルはスポーツセダンの試作「ヴィジヴ パフォーマンス コンセプト」を披露し、来場者は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車商用化へ、政府が特別組織発足

韓国の国土交通省は22日、自動運転車の早期商用化に向けた特別組織を発足したと発表した。 自動車や道路、空間情報、交通など自動運転車関連の政策機能と人材を一つに集めて自動車管理官室・先端自動車技術課の中に… 関連国・地域: 韓国. 関連業種: 自動車・二輪車/IT・通信/政治. この記事は該当の有料 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ロボットライダー、ペットのようなバイク…ヤマハ発動機が描く未来の二輪車像

人との対戦を通じ、ロボット自らハンドルやアクセルを操り、自律走行する技術の進化を狙うほか、ペットのように動くバイクの開発にも力を入れる。ヤマハはどうしてロボットにこだわるのか。 … 車両自動運転車に改造する四輪とは異なり、バイクには手を加えていない。 モトボットには6つのアクチュエーター(駆動装置)が搭載 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
GAC MotorがGM8 MPVを発表し、中国・高所得者市場のMPVの状況を再定義

ハイエンド市場を対象とするGM8は世界トップのリソースと最先端技術を統合したGAC MotorのレベルCプラットフォームをベースに製造されている。この新MPVの高貴さは目 … GAC Motorの第2世代自動運転車両のWitStarIIが2017 Guangzhou International Automobile Exhibitionで披露された。同社初の電動車両GE3が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動操舵の国際基準、国内採用 国交省が「レベル2」普及後押し

このほか、自動駐車機能では、原則10キロメートル以下で作動し、運転者が動作をいつでも終了可能にすることなどを規定。リモコン駐車による基本的な機能も示した。 国交省は各機能の基準導入について「すでに一部の車両で装備されており、技術が成熟してきた。基準導入により、車両の安全に寄与する」と安全車両の普及 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
世界を代表する日本の自動車企業には「ジェダイの武士」がいる=中国メディア

記事は「トヨタは既に純粋な家族企業ではないが、現在の社長である豊田章男氏は創業者・豊田喜一郎氏の孫であり、責任を担うとともに一族の誇りを抱いている」としたうえで、先月の東京モーターショーにおいて豊田社長が「自動車業界の急速な変化は人びとの予想を遥かに超えている。もし現状に満足してしまえば、トヨタの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「ルネサス、トヨタの自動運転車に半導体供給へ 日本経済新聞」など、2017年10月31日     ニュース

ニュース
ルネサス、トヨタの自動運転車に半導体供給へ

トヨタが2020年の実用化を目指す自動運転車に採用されたという。高速道路で自動走行できる「レベル3」の自動運転技術を支える。トヨタが自動運転の初期 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転レベル3のアウディ「A8」、日本発売は2018年

Audi ElaineやA8は、レベル3以上の自動運転機能に対応した「Audi AI」を搭載し、 … AI(人工知能)技術に関してアウディでは「自動運転車は高度なセンサーや …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
バブルが弾けた?自動運転ブーム 平坦ではない完全自動運転への道のり

テレビCMなども増え、年々注目度が高まる「自動運転技術。レベル1と呼ばれる技術は一般に普及し、レベル2の技術を搭載した自動車が商品化され、市場 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米トヨタ、自動運転車専用テストコースと契約…危険な状況を想定したテストも

TRIのRyan Eustice副社長は、「ゴーメンタム・ステーションにおいて、自動運転車のテスト走行を行うことで、技術をさらに発展させることができる」と語っている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NASAが開発支援の人型ロボット、4千キロの「自律歩行」目指す

自動運転車の実用化が間近に迫る中、カリフォルニア工科大学は既に次世代の自動運転技術の開発に取り組んでいる。同校が検討中の新技術の中には、数千 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
未来のを支えるテクノロジー(中)電機メーカー台頭−自動運転の“陣地取り”合戦

部門を統括するロルフ・ブーランダー取締役は「自動運転には従来にない新技術が必要になり、系列企業との取引だけでは対応できなくなってきている」と、日系 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
フォード傘下のArgo AI、LiDARセンサを手がけるスタートアップを買収

自動運転車に可能な限り最高のセンサを搭載するため、Fordが投資する「Argo AI」が新たな企業買収を実施し、LiDAR技術への取り組みを強化した。 Argo AI …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
三菱ふそう、EVトラックで市場奪取の本気度

乗用車に加え、商用でもEVシフトが鮮明だ(撮影:尾形文繁) … 国内外の自動車メーカーがEVや自動運転車など次世代の乗用車を数多く出展している。 … ないが、実はトラックなど商用の分野でも最先端の技術を投入したEVが出品されている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマのスマホ化」を進める世界最大の自動車部品メーカーの戦略

これからの自動車産業では、「自動運転」、「コネクティッドカー(外部の … 米ボーイングの最新鋭機「787」が約800万行なので、クルマがいかに電子技術の塊に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
欧州自動車メーカーが「EVシフト」をことさら大合唱する理由

今年は各自動車メーカーがこぞってガソリンからEV(電気自動車)へのシフトを睨んだコンセプトカーの展示や、運転操作の要らない自動運転技術の最新デモ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
日立、熟練の技をAIで再現 車用鋼板で仕上げ自動化

日立製作所は製鉄所で働く熟練技術者の技をAI(人工知能)で再現する技術を開発した。自動車用の鋼板を薄く延ばす工程を自動化する。熟練工の技能伝承に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「まるで天国!」東京モーターショーに感動冷めやらぬ中国人の見学レポート=中国報道

28日から一般公開が始まった東京モーターショー。今年は電気自動車(EV)や人工知能(AI)を活用する試作車が目立っているようだ。中国メディアの捜狐は28 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
マツダ、ホンダから軽まで…海外メディアを魅了した美しい日本車たち 東京モーターショー (1/3ページ)

各社のブースには電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)がずらりと並び、世界的な環境規制強化を背景とした電動化シフトが鮮明となった。人工知能(AI)や …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
産業春秋/モノづくり、最後の砦

開催中の東京モーターショーには、次世代の電気自動車(EV)や、人工知能(AI)による自動運転を目指した車が多数展示されている。今後のクルマの方向性を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
欧州自動車メーカーが「EVシフト」をことさら大合唱する理由

欧州自動車メーカーが「EVシフト」をことさら大合唱する理由 … 今年は各自動車メーカーがこぞってガソリン車からEV(電気自動車)へのシフトを睨ん …. 自動運転と密接に関わるのはクルマとビッグデータの接続を行うコネクティビティや人工知能(AI)。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

「自動運転バス 運行開始 ドイツで初めて NHK」など、2017年10月26日     ニュース

ニュース
自動運転バス 運行開始 ドイツで初めて

ただ実用化に向けては技術の確立だけでなく、自動運転に対応した道路インフラの整備や事故が起きた際に、だれが責任をとるかなど解決すべき課題が多く …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
マツダ、モーターショーも「エンジン」で異彩

結局、マツダブースではロータリーを載せた車両が登場することはなかった。代わりに世界で初めてお目見えしたのが、次世代のデザインや技術を盛り込んだ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「人間は退屈な作業から解放される」 アウディが量産初の自動運転レベル3(東京モーターショー2017)

なぜなら、アウディはこうした自動運転技術が事故を減らしての安全性を高めることはもちろん、人間を単調で生産性の低い作業から解放し、より自由な時間を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
仙台の産官学、住宅地で自動運転の実証実験

東北大学や東北経済連合会、仙台市などで構成する「東北次世代移動体システム技術実証コンソーシアム」は25日、仙台市内の住宅展示場で自動運転車などの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【東京モーターショー2017】日産、完全自動運転技術&航続距離600km以上のEVコンセプト「ニッサン IMx …

また、ニッサン IMxはリーフに搭載される「プロパイロット」を進化させ、ドライバーが運転に一切介在しない完全自動運転を実現。クルマに任せてドライブができる「 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
どんな困難にも挑むことをトヨタが宣言、全ての人に移動の自由を提供するために

また、電気自動車(EV)と燃料電池(FCV)の両軸で電動化を進めていく方針を示した。さらに、 … レクサスブランドでも、フラグシップセダン「LS」の将来像となる自動運転技術を搭載したコンセプトモデル「LS+ Concept」を披露した。実用化目標は、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
シート形状、自由自在 自動運転に対応

ジェイテクトはハンドル格納機能を備えた試作を展示した。 デンソーは仮想現実(VR)技術を使い、自動運転の認識技術などをゲーム感覚で紹介している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
バックミラーも速度計も液晶に JDI、次世代に商機

の運転支援技術の普及とともに、バックミラーや速度計、エアコンのボタンなども液晶画面に置き換わると予測。自動運転車の普及が始まる20年ごろのの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
EVとシェアリングで自動車業界は今後どうなる? 失われる事業、伸びる事業

いま日本の自動車産業にEV(電気自動車)の波が押し寄せている。 … さらにIoTや人工知能(AI)などのテクノロジーも台頭し、MaaS(Mobility as a Service) …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
東京モーターショー、電気自動車とAIが席巻する未来を予告

人工知能(AI)搭載のコンセプト・バイク。「オーナーの存在を認識するなどまるで生き物のようなインタラクション(相互作用)機能」を持つという。自動的にバランスを …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転バス 運行開始 ドイツで初めて

自動運転は、電気自動車と並んで自動車メーカー各社が激しい開発競争を … 情報を処理するAI=人工知能が不可欠で、自動車メーカー各社がIT企業との協力を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
次世代EVアピール 27日開幕

第45回東京モーターショー(日本自動車工業会主催)が25日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で報道陣に先行公開され、各社は人工知能(AI)や自動運転機能 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
EVショック度、依然「大」 自動車部品、静岡県影響は全国2位

国内外の完成車メーカーには、EVを将来の主力と位置付けて開発を速める動きもある。25日開幕した東京モーターショーでは、自動車各社が人工知能(AI)など …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ホンダEV発売へ 電機業界からも出展続々

自動車各社が人工知能(AI)や自動運転を駆使した近未来の車を披露したほか、ホンダの八郷隆弘社長は同日、平成32年に日本で電気自動車(EV)を発売する …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
東京モーターショー開幕、クルマ×ITが続々

第45回東京モーターショーが2017年10月27日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開幕する。音声対話できる人工知能(AI)や自動運転など、自動車産業とITの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
東京モーターショー開幕へ 問い直される開催の意義

東京モーターショーの報道向け内覧会が25日、東京ビッグサイト(東京)で開かれた。電気自動車(EV)や人工知能(AI)を活用した車の開発競争が激しさを増し、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
どんな困難にも挑むことをトヨタが宣言、全ての人に移動の自由を提供するために

トヨタ自動車 副社長のDidier Leroy氏が、「第45回東京モーターショー 2017」 … て、人工知能(AI)とコネクテッドカー、自動運転がカギを握る領域になるという。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
デルファイ、自動運転の新興企業買収 ニュートノミーと4.5億ドルで合意

米自動車部品大手デルファイ・オートモーティブは24日、自動運転技術を … ニュートノミーは、シンガポール政府とマサチューセッツ工科大学の研究・技術提携から … 同社によると、年内に3大陸で60台の自動走行が走り、18年末までには150台に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「  Appleの自動運転プロジェクト「Titan」の車両が、至近距離から目撃される ギズモード・ジャパン」など、2017年10月20日     ニュース

ニュース
Appleの自動運転プロジェクト「Titan」の車両が、至近距離から目撃される

今回の動画をTwitterに投稿したのは、自動運転関連技術を開発しているVoyageの共同創立者のMacCallister Higgins氏。彼は「AppleのTitanについては、140 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ドライヴァーに寄り添う人工知能の姿を、 コンセプトモデル「Audi Elaine」に見た

しかも、それをわずか数年後には量産に搭載しようとしている。 …. AudiはElaineで、自動運転技術がどの程度の進化を遂げると想定しているのか。まず最初 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
近未来の電動披露=東京モーターショー、27日開幕

日本メーカーの多くは、世界的な環境規制の強化で普及の機運が高まる電気自動車(EV)の試作を披露し、自動運転の実用化に向けた最新技術も紹介。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
グーグル、ソフトバンクが「相乗り」争奪

クルマの相乗りを意味する「ライドシェア」を巡り、IT(情報技術)・通信企業、 … だからこそ、自動運転でも3領域それぞれの代表企業がカードを求めて領域外への …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Lyft、10億ドル調達–アルファベット傘下CapitalG主導

また、自動運転車にも取り組んでおり、nuTonomy、Drive.ai、Jaguar Land Rover、General Motors(GM)、Waymo(Alphabet傘下の自動運転技術企業) …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
東京モーターショー2017、“電動化”に製造系エンジニアの注目集まる

その結果は「自動運転」(48.8%)、「燃料電池自動車(FCV)」(31.2%)、「電気 … 回答者の業種別に興味がある技術テーマを集計した結果は次のとおり。 … また「IoT/コネクテッドカー/車車・路・歩車間通信(V2X)」については、「情報通信機器 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマの「ミラーレス」が進んでいくには自動運転技術の進化は必須?

2016年6月に保安基準が改正されたことにより、バックミラー(後写鏡)のかわりにカメラとモニターを用いるCMS(カメラモニタリングシステム)を市販に搭載する …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「ガラス張りのダッシュボード」なら勝てる

自動運転という、自動車メーカーがこぞって開発しているものに対し、「必須じゃない」と言い切れる潔さは実にカッコイイと思います。「高級メーカーだからこそ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
本当に変えるべきは「社内文化」――IDOMの挑戦

中古買い取りビジネスを中心に展開していたガリバーインターナショナル … 自動運転技術やシェアリングエコノミーなど、自動車を取り巻く環境が劇的に変化する …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
BMW、新型「X3」発売 6年半ぶり全面改良、自動運転技術搭載

BMWの日本法人「ビー・エム・ダブリュー」(東京)は19日、約6年半ぶりに全面改良したスポーツタイプ多目的(SUV)「X3(エックス・スリー)」を発売した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ドライヴァーに寄り添う人工知能の姿を、 コンセプトモデル「Audi Elaine」に見た

それは進化した人工知能(AI)によってクルマが「知性」をもち、ドライヴァーに「 … この世界最大級のモーターショーでAudiが世界初公開した電気自動車(EV) …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AIとIoTを活用した新たな自動車アフターマーケットのカタチ…オートバックスセブン

今月初め、米Googleは「Google Home」というスマートスピーカーの販売を日本でも開始した。このスピーカーの特徴は、AI(人工知能)が搭載されていることと、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
Lyft、10億ドル調達–アルファベット傘下CapitalG主導

また、自動運転車にも取り組んでおり、nuTonomy、Drive.ai、Jaguar Land … 傘下の自動運転技術企業)といった自動運転車業界の企業と提携している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「打ち上げられた「みちびき4号機」と自動運転の技術 Yahoo!ニュース 個人」など、2017年10月10日     ニュース

ニュース
打ち上げられた「みちびき4号機」と自動運転技術

三菱重工と宇宙航空研究開発機構(以下、JAXA)は、10月10日午前7時01分37秒に「みちびき4号機(準天頂衛星)」を搭載したH-IIAロケット36号を種子島の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米エヌビディア、完全自動運転車の「頭脳」供給 18年後半に

エヌビディアのGPUは世界の自動車・部品大手が自動運転車の研究に使っており、「レベル5」と呼ばれる完全自動運転技術開発に弾みがつく可能性がある。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車3台を展示したアウディの狙い

今回のIAAで、自動運転に最も力を入れて発表したのは独アウディだ。アウディは、独フォルクスワーゲン(VW)グループの中で自動運転技術の開発を担っており、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
センシングの特等席はランプの中? 自動運転時代のセンサー内蔵型ランプ

同社は自動運転技術の高度化によってランプが不要になる可能性も視野に入れ、ランプの付加価値向上に取り組んでいる。「自動運転技術が高度化しても、暗い …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米ウェイモ、自動運転車の安全性訴えるキャンペーン開始

O)傘下で自動運転技術開発を手掛けるウェイモは、複数の団体と共同で、自動運転車の価値や安全性を訴えるキャンペーンを開始すると明らかにした。 ウェイモ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
第45回東京モーターショー2017において、クルマを進化させる 日立グループの先進技術を紹介

人・クルマ・社会がつながる未来へ」をテーマに、メカトロニス技術を基盤にした、「電動化システム」や「自動運転システム」など、クルマを進化させる先進システム …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
中国ネット通販大手が「自動運転トラック」発表、路上試験開始―中国メディア

これは同社と上汽大通が共同開発する「EV80」新エネ自動運転小型トラックで、「自動運転機能+感知システム+新エネ」などの先端技術を搭載した最新の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ウェブ
【東京モーターショー2017】ジェイテクト

RESPONSEが提供する記事を自動的にPickし、あなたの誌面にお届けします。より速報性、網羅性の高い誌面を作りたい方はフォローをお勧めします。 関連記事 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「【東京モーターショー2017】アウディ 日本初登場モデルが5台 自動運転コンセプトカー「エレーヌ」も出展 carview!」など、2017年10月9日     ニュース

ニュース
【東京モーターショー2017】アウディ 日本初登場モデルが5台 自動運転コンセプトカー「エレーヌ」も出展

ジャパン・プレミアとなるのは、レベル4の高度な自動運転技術を搭載した電気自動車のコンセプトモデル「Elaine(エレーヌ)」、7月にバルセロナでワールド・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AI技術開発は絶え間なし!日立、世界最小クラスの遠距離ミリ波レーダー開発

日立オートモティブシステムズは、車両走行中に前方200mまで遠距離にある障害物を検知する、77GHz前方遠距離ミリ波レーダーを開発した。2015年に開発 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【東京モーターショー2017】クラリオンが自動運転時代に向けたコンセプトカーを出展

E8401)を出展し、自動運転時代に向け開発を進める「Smart Cockpit … Sound」の技術ソリューションを活用し、2020年代をターゲットに自宅リビングから最終 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「KDDIと北大、自動運転で”合流”を実現するAI技術を開発 マイナビニュース」など、2017年10月6日     ニュース

ニュース
KDDIと北大、自動運転で”合流”を実現するAI技術を開発

自動運転技術を取り入れた完全自動運転車は2020年ごろから普及が始まると言われており、自律的な運転が実現できることを主眼に開発が進められている …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【東京モーターショー2017】アウディからはレベル4の自動運転コンセプトカーをはじめ5台のジャパン …

clicccar.com(クリッカー)
東京モーターショー2017、アウディからは今年フランクフルトモーターショーで発表された高度な自動運転技術が搭載されたEVのコンセプトカー、自動運転の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
SIP自動走行システム、20社以上が参加して国内で大規模実証実験 5つの自動運転技術を検証

内閣府は、東名高速道路、新東名高速道路、首都高速道路、常磐自動車道、東京臨海地域の一般道路などで国内外の自動車メーカーなど、20を超える機関が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車スタートアップコンペ、自動運転やコネクトなど10社を選出…オートモビリティLA

自動車スタートアップコンペ、自動運転やコネクトなど10社を選出… … 自動車業界とテクノロジー業界が、新製品や新技術を発表し、輸送の将来を取り巻く問題 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマが「知性をもつ」未来、モビリティはどう進化するのか イノヴェイターが語る特別イヴェントを開催

レヴェル3」とは、市街地も含む一般道で運転者が前方を注視することなく、自動走行できる技術を指す。Audiは部分的な自動運転である「レヴェル2」の技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
財政を立て直さなければ「希望」もない。自動運転もムリ!

9/30のブログでアメリカの自動運転をレポートしましたが、道路が適切に管理されなければこのままでは“自動運転車の技術は整っても日本では自動運転車は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自社技術見極め着実に成長 四国化成工業・玉城邦男社長

あるゆるモノがネットにつながるIoTや人工知能(AI)、自動運転技術が進化すればそれを支える化学素材の需要も伸びる。既存事業の周辺にある新たな …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
GM、連日の上場来高値-自動運転車などで3.4兆円事業誕生との見方

… 歴史を持つ自動車メーカーであるGMが優れた最新技術を持っているのではないかというものだ。 ドイツ銀行のアナリスト、ロッド・ラーチ氏は、GMの自動運転車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車メーカーの世界ランキング:トヨタ脅かす欧州勢の躍進、自動運転とEVが主戦場

背景には、自由競争の促進、環境・安全技術の革新、水平分業・協業による低コスト化といったEUの自動車産業の復活戦略があった。欧州勢の代表格がM&Aで …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
最先端技術伝える催し

イベントや展示を通じ、自動運転やブロックチェーンといった先端技術を身近に感じてもらう。15日まで開催する。 NTTや群馬大学などは公道での自動運転の実証 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

「Baidu(百度)、自動運転技術向けに100億人民元(約1700億円)のファンド創設を発表——〝自動運転版 … THE BRIDGE,Inc. / 株式会社THE BRIDGE 」など、2017年10月5日     ニュース

ニュース
Baidu(百度)、自動運転技術向けに100億人民元(約1700億円)のファンド創設を発表——〝自動運転版 …

Baidu は、自社だけのものでなくオープンソースのエコシステムを確立することにより、3~5年で中国を自律走行のリーダーにする動きを加速したいと考えている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
コマツ、建機のIT化から見える自動運転の未来

ドライバーの座席がない巨大な無人ダンプトラック、熟練オペレーターでも難しいセンチメートル単位の精度で平らに整地するICT(情報通信技術)ブルドーザー、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アウディ、レベル4自動運転技術搭載のEVコンセプトモデル「Elaine」など東京モーターショー2017で日本 …

2017年フランクフルトモーターショーで発表した、レベル4の自動運転技術を搭載したEV(電気自動車)のコンセプトモデル「Elaine」や、レベル3の自動運転 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【岩貞るみこの人道車医】「スイッチひとつで自動運転」日産よ、“きっちり説明”は嘘だったのか

あくまでも「運転支援技術」。「被害を軽減するだけであって、事故を起こさないよう完璧に止まるわけではない」からだ。どうか、きちんと使ってくれますように。自動 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ZMP、政府のSIP自動走行システムの大規模実証実験に参加

同社は、将来の自動運転タクシーサービスの実現を目指し、自動運転技術の研究開発を進めている。今回の実証実験では、自動運転技術開発プラットフォーム …