ナビゲート オン オートパイロット、テスラ社の技術開発の動き

ナビゲート オン オートパイロット機能を搭載したクルマをすでに開発済みである。

この機能は、車線変更を提案しステアリング操作を行う機能。商用化済なのは、テスラ以外に日産自動車くらいではないかと思われ、テスラ社が先行して開発した機能といえる。

詳細は、以下のレポートを参照してください。

しかし、Autonomous技術の開発は、 テスラ社の全体から見ると少ない傾向にあることが分かった。

詳細は、以下のレポートを参照してください。

ナビゲート オン オートパイロット機能の技術開発の動きをみてみた。

テスラ(Tesra)社のパテントマップによれば、2017年あたりから開発が行われ、今後、増やす傾向があることが分かった。

グラフの注釈

  • 本グラフの見方;横軸;開発時期、縦軸;技術開発アクティビティ(出願数)
  • 2018年の出願数のグレー色の部分は、推定値。未公開分の出願を推定。

母集団=「出願人・権利者;”Tesla”」×「全文;”autopilot”」で検索した。

  •  1)調査日;2020/1/12
  •  2)対象国;米国特許の出願が対象。(US+WO)
  •  3)カウント方法;ファミリー数。代表特許の出願日(優先日)でグラフ化。
  •  4)出願日;20100101~

2020年1月13日更新 アナリスト 松井

Waymo社*PBT技術

DeepMind社の協力を得て、Waymoは、自動運転の強化学習を、より効率化する。その技術がPBT技術である。

PBT 技術とは、Population-Based Trainingの略で、機械学習の強化学習の訓練手法。

「 Waymo’s self-driving vehicles employ neural networks to perform many driving tasks, from detecting objects and predicting how others will behave, to planning a car’s next moves. 」(出展; DeepMindのホームページ

Waymo社とDeepMind社は、いずれもgoogleの親会社のAlphabet傘下。

自動運転技術を開発するWaymoと人工知能(AI)を開発するDeepMindが協力し、自動運転のAI技術の開発を加速させようとしている。

PBTによる訓練手法は、複数のニューラルネットワークを競わせ、より効率的に実施するタスクを残していく、自然淘汰させていく手法といえる。

囲碁が強いAlphagGoは、 DeepMind社 が開発したもの

Waymo社 の自動運転ビジネス

Waymoの事業・提携・技術・特許

特許で見る技術保有

PBT技術について特許出願を調査した。(調査日;2019年12月23日)

【結果】

2件の特許出願が発見された。出願(開発)時期は、2018年~2019年で最近である。

    • DeepMind 社  ;特許出願 2件(※1)
    • Waymo社  ;特許出願 0件。

※1の特許出願番号と公開番号等は以下を参照

  1. US16/417522 US2019/0354867 REINFORCEMENT LEARNING USING A…
  2. WO2018EP082162W WO2019101836A POPULATION BASED TRAINING OF N…

 

2019年12月23日更新 アナリスト 松井