「自立走行する自動車」分析レポート

無人による自動走行車が走る時代が近い!「まだまだ先のこと?」ではないのです。

事故が減る。渋滞が激減する。いやいや、自分で運転しない。マイカーを持たない。スマホで呼べばすぐ迎えに来る。
自動運転車だけが公道を走るという時代もありえる。無謀な運転者がいなくなって、事故で死ぬ人がいなくなる。

この市場立ち上げのメインプレーヤーは、Google、それにトヨタ、日産、GM、などの自動車メーカーやUBERなどの配車サービス企業、それに法整備や道路環境を整備する国。

米国が先行するが、日本でも、実験走行まで来ている。すぐ買う時代がくる。
昨年2015年くらいから記事などを賑わせ表面化した新しい市場であり、日々進展していっているので、要注目。

 

無人による自動走行車が走る時代が近づいています。

事故が減る。渋滞が激減する。いやいや、自分で運転しない。マイカーを持たない。スマホで呼べばすぐ迎えに来る。

 

自動運転車専用道路もできる。無謀な運転者がいなくより、事故が起きないという世界。

 

この市場立ち上げの仕掛け人は、Google。
米国で走行実験を進めていて、公道での走行距離を延ばし、人工知能の学習を進めます。

公道実験の実績から、商用化の実力を見せつけているいるようです。
その結果、国がそれをバックアップする形をとっていて、法整備を進めています。
さらに、自動車メーカーと協業するところまで来ています。

Fiat Chryslerとすでに提携をし、他の米国の自動車メーカーにも協業を呼び掛けています。

その大きな流れを受けて、トヨタ、日産、GM、などの自動車メーカーのトップ企業が追従します。
追従というよりは、主導権を握ろうと技術開発を進めます。

トヨタは、人工知能の研究を子会社を作り、かつ、大学と協業し進めます。

一方、日産は、自動運転機能を搭載した新型セレナを他社に先駆けて発売しました。
ブランド戦略ともいえますが、テストマーケッティングともいえます。

GMも勿論取り組んでいます。

実用を阻む壁があります。道路交通法です。国によるそうですが、基本「無人では公道を走れない」という法律があるそうです。
法整備が整うまでの間の製品は、自動運転支援と称し、無人ではなく有人を基本とした、「自動運転モード」に切り替え可能なものになります。

 

自動運転技術のレベルには、0、1、2、3、4が定義されている。

レベル4が完全自動運転で、無人が可能というもの。
レベル3は、緊急時のみ人、換言すれば、緊急時以外は自動運転というもの。

 

BMWは、レベル3の技術を保有しているという記事があります。すべての公道を走れるだけのレベル3なのかは疑問がありますが、実用かがちかいことはわかります。

日産は、新型「セレナ」を日本ですでに発売。
道路整備が行き届いている、高速道路のみに限定した自動運転機能を使うように設定されています。

ただし、このレベルの技術は、トヨタもすでにあると思われます。
オートクルーズ機能や自動駐車機能などは、CMになっているように、実用化されています。

技術レベルは、まだまだ、これで終わりません。レベル4の完全自動運転が来ます。
商用化時期を2025年としていますが、より前倒しするとの記事があるくらい、
10年以内に商用化され公道でみることができる見込みです。

自動車メーカーの経営者の方は、必死で実用化技術を確保しているところでしょう。
自動車メーカーに関わる下請け等の企業は、このような未来に対し準備してください。

部品が変わる。カーナビなどが変わる。クルマがITと繋がる。クラウドと繋がる。道路にセンサが整備される。
スマホの機能に自動車コントロールなるものができる。渋滞情報がクルマからの情報で精度が上がる。タイムリーになる。

ビッグデータになって、新たなビジネスが生まれる。

それほど先のことではないです。ものすごく早いスピードで動いています。
生き残るには、この動きを見ながら、あなたの仕事を考えないと、危険です。

この後も、継続的にウォッチしますので、皆さん、このサイトに来てください。

Googleロボットカー

1年以上前の時点ですでに、ロボットカーは、カリフォルニア州の公道で走行実験を行っているという記事を発見しました。
その開発は、あのGoogle です。
自動車業界は、メカから電気に駆動源が変わるだけでなく、ITとの関わりを持つ方向にあることを感じます。
そしてシャープ、パナソニック、東芝の日本勢に代わってapple,googleが参入してきた携帯電話のメーカーの変遷にみるように、
自動車業界も参入を許すことになる時代が来るのかもしれませんね!それが無いことを否定できないように思います。
日本のメーカー頑張れ!
2010年10月10日の記事

http://www.pickandbuzz.com/?p=1509
スラン氏の話ではこのロボット自動車は、自動車で収集した情報に基づいて制作した詳細な地図を利用しつつ、ビデオカメラやレーダーセンサー、レーザー測定器などで他の車をまさに、「見ながら」自律走行するそうで、車両には訓練を受けた技術者が乗り込む他に、不測の事態に備えて運転席には運転手が座っているという事です。
以上

ホンダの自動運転カー

前回、自動運転についてトヨタが最初であるように書きましたが、ホンダも発表していたようです。

ホンダマガジンで知ったAC-Xです。
http://bizmakoto.jp/style/articles/1111/10/news140.html

 AC-Xは、市街地走行から長距離移動までを担う次世代プラグインハイブリッドカー。エンジン走行モードを選べば従来のホンダ車のようにアグレッシブな走りが楽しめ、自動運転モードを選べば移動をリラックスしてくつろぐ時間に変えられるというもの。

このリラックスを実感できる時代が早くきて欲しいものです。

リチウムイオン電池の出願数比較

これまでブログで紹介したハイブリッド自動車等の電池がリチウムイオンを採用したことを紹介しました。
・日産フーガ・ハイブリッドで自社製
・トヨタPHVプリウスがパナソニック製
そこで、その出願件数を比較することにしました。
※2002年以降の出願に限定の1000件弱の円グラフです。
リチウムイオン電池マップ.png
三洋電機を含めパナソニックは、43%シェアです。
トヨタも多いですが、それを超えていることが分かります。

スモールスポーツEV

昨日、東京モーターショーの記事を紹介しました。
自動操縦、ケータイにより駐車場に自動操縦で駐車、など、興味深い内容だったようです。
新聞、テレビで取り上げられていました。
http://car.watch.impress.co.jp/docs/event_repo/tms2011/20111201_494845.html
ホンダは、EV、プラグイン、Nシリーズのコンセプトカーを公開
本田技研工業は、東京モーターショーのプレスカンファレンスで、スモールスポーツEV(電気自動車)のコンセプトカー「EV-STER」、次世代クルーザー「AC-X」、未来都市型モビリティ「MICRO
COMMUTER」と新型軽自動車の「N」シリーズを公開した。
モーターショーを受け分析テーマは、そろそろ変更し、ハイブリッドを止めて、「自動操縦」「衝突防止」などにしてはと思い始めました。

新型プリウス、カーナビによる走行制御

2009年の新型プリウス発売前の、膨大なので詳細分析をしませんが、前回ブログで記載した2006年の出願傾向を感じていただくためにランダムに抽出した3件を紹介しまう。
3件だけで見る傾向は、いずれも内燃機関、あるいは、電動発電機の制御でした。
その中で面白い発明と思ったのは、以下の2件目で、カーナビゲーションシステムの走行履歴と全電動走行モードスイッチの選択履歴から、全電動走行(EV走行)を行う頻度が高い区域を予想し、制御するというものです。
新型プリウスは、カーナビ情報を使ってまでして制御しているのでしょうか?

(54)【発明の名称】ハイブリッド車両の動力装置の前後進切換制御装置
(21)【出願番号】特願2006-338901(P2006-338901)
(22)【出願日】平成18年12月15日(2006.12.15)
(71)【出願人】トヨタ自動車株式会社
(57)【要約】
【課題】内燃機関と電動発電機の回転の相対差により無段階に変速比を変更可能な機構に更に前後進切換機構が追加された形式のハイブリッド車両の動力装置に於いて、車両の進行方向を転換する際、電動発電機に大きな回転数を要求することなく、内燃機関と電動発電機とからの回転力が車輪へ伝達されるようにすること。
【解決手段】本発明の前後進切換制御装置は、車両の現在の進行方向と車両進行方向指示手段の示す方向が異なるとき、電動発電機の回転数が所定値を超えるか否かで前後進切換手段の回転の伝達方向の切換を実行するか否かを決定する。

【発明の名称】ハイブリッド車両
(21)【出願番号】特願2006-319446(P2006-319446)
(22)【出願日】平成18年11月28日(2006.11.28)
(71)【出願人】トヨタ自動車株式会社
(57)【要約】
【課題】ハイブリッド車両において、運転者毎に2次電池の残存容量を調整する。
【解決手段】運転者が全電動走行モードをどの程度の頻度で選択するかを全電動走行スイッチによる全電動走行モード選択履歴から計算し、2次電池の残存容量の引き上げ量を設定する。カーナビゲーションシステムの走行履歴と全電動走行モードスイッチの選択履歴から、全電動走行(EV走行)を行う頻度が高い区域を予想する。そして、この区域に侵入した際に設定された2次電池の残存容量の目標値の引き上げを行う。

【発明の名称】ハイブリッド車両システム及びハイブリッド車両システムプログラム
(21)【出願番号】特願2006-205633(P2006-205633)
(22)【出願日】平成18年7月28日(2006.7.28)
(71)【出願人】トヨタ自動車株式会社
(57)【要約】
【課題】ハイブリッド車両システムにおいて、車両の要求パワーに基づいてエンジンの停止条件及び始動条件を定めている車両をボートローンチ用に使用する場合に、適切にエンジン停止を禁止できるようにすることである。
【解決手段】ボートローンチ用に車両を用いる場合のハイブリッド車両システム10の制御部60は、車両の要求パワーに基づきエンジン停止・始動条件を判断し、ボートを岸辺に運んで水上に移動させるボートローンチ用に車両が使用されているか否かを判断し、シフト位置が後進ポジションにあるか否かを判断し、車両の現在位置が岸辺であるか否かを判断し、これらの判断結果に基づいてエンジンの停止条件の適用を禁止する。

人気ブログランキングへ

ホンダと日産の逆転現象!

昨日紹介したマップをさらに分析してみます。
hv1997-2008.png
トヨタは、新型プリウス発表の2009年の2年前の2007年に350件以上の出願していて、日産、ホンダを圧倒する開発が行われた模様。
一方、現在、インサイトなどハイブリッド自動車を販売しているホンダは、50件に満たない出願数であった。
さらに、日産は、現在、ハイブリッドを販売していないにも関わらず、出願ししている。
このホンダと日産の出願数が、販売と逆な傾向があった。
ちょっと、心配になったので、ホンダの出願に漏れがないか、この後確認してみます。

HV出願が多い、(株)エクォス・リサーチ

前回紹介したマップによれば、ハイブリッド自動車に関する1995年出願数が多い出願人が㈱エクォス・リサーチであることを紹介しました。
そのHP(http://www.equos.co.jp/info2/about_us03.html)など、親会社を調べていくと以下のことが分かりました。
トヨタ系子会社でした。つまり、親子関係をしらべていくと、次の関係でした。
トヨターアイシンーアイシン・エィ・ダブリュ工業株式会社ーエクォス・リサーチ