11月度のアクセス数

11月度は、訪問者数、PV数ともに、過去最高だった先月と比べ減少しました。モーターショウがあって記事閲覧数が伸びた10月期でしたので、本サイトへのアクセス数微増傾向に変わりはないと言えます。 今後も閲覧いただけるように、記事投稿の努力をしてまいりますので、期待してください。

11月度の記事の投稿数

新規記事を5 件、投稿しました。 徐々に記事作成数を増やしています。

投稿内容は、主に、業界全体の潮流を分析することにフォーカスしました。政府の動きがこの業界に与える影響などを分析したPEST分析まで行い、皆さんが行う環境分析の素材にしていただけるように、分析をしています。ぜひ、ご覧ください。

記事注目度ランキング

「LiDAR」の記事に注目が集まっていることが分かりました。

続いて、「人工知能」「自動バレーパーキング」「CASE関連」「MaaS」などが注目されていることが分かります。

「人工知能」は、レポート掲載したものはない中で注目度が高く、今後の記事制作を計画しようと思いました。

11月度に新しく掲載した記事は、すでにgoogle検索される程度になってきていて、読まれている記事になっているようです。

表1.ページビュー数ランキング(タイトルの注目度 )

  1. LiDAR
  2. トヨタ
  3. CASEが変える、未来とは
  4. Connectedが産みだす商品・サービス像
  5. Autonomousが産みだす商品・サービス像
  6. Veoneer
  7. 人工知能
  8. 「そもそも、なぜCASEなのか?」
  9. 日産
  10. Waymo
  11. 自動バレーパーキング
  12. MaaS
  13. 自動運転参入のリスク・チャンス、PEST分析
  14. 「Innoviz Technologies」特許出願動向
  15. Innoviz Technologies
  16. level5
  17. デンソー
  18. Luminar
  19. Mobileye(モービルアイ)
  20. コネクテッドカー

表2. 閲覧時間ランキング (記事内容の注目度 )

  1. LiDAR
  2. 日産
  3. 人工知能
  4. 自動バレーパーキング
  5. CASEが変える、未来とは
  6. Autonomousが産みだす商品・サービス像
  7. 「CASE」とは
  8. Connectedが産みだす商品・サービス像
  9. MaaS
  10. 提携
  11. 自動運転参入のリスク・チャンス、PEST分析
  12. 「そもそも、なぜCASEなのか?」
  13. トヨタ
  14. Autoware
  15. 「Innoviz Technologies」特許出願動向
  16. Waymo
  17. Veoneer
  18. ADAS
  19. デンソー
  20. Ibeo

補足)指標の意味

補足1)ページビュー数ランキング、「タイトル」の注目度としてみてください。

なぜならば、ページビュー数とは、サイトにアクセスされた回数をページ単位に示したものなので、当サイトの場合、まだまだ記事数が少ない状態の中で、Google等検索エンジンで表示されて閲覧されたページのランキングに相当すると思います。

補足2)閲覧時間ランキング、記事内容の注目度としてみてください。

なぜならば、閲覧時間とは、サイトのページに滞在(閲覧)時間を測った結果を示すものであるからで、勿論、ページの文字量が左右しますが、興味のないページだと分かると、最後まで読まない読者が多い傾向にあるので、どちらからといえば、記事内容が期待に応えられた度合を閲覧時間で測った指標としてみるようにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です