VICS

Vehicle Information and Communication Systemの略称がVICSで、 道路交通情報通信システムと和文表記される。

「「VICS(ビックス)」とは、渋滞や交通規制などの道路交通情報を、
FM多重放送やビーコンを使ってリアルタイムにカーナビに届けるシステムです。
VICS情報は24時間365日提供され、カーナビによるルート検索や渋滞回避に活用されています。 」(出展;VICSセンター)

VICSセンターとは、 正式には、「一般財団法人道路交通情報通信システムセンター」。

VICSセンター が収集、処理、編集した道路交通情報を通信・放送メディアによって送信し、カーナビゲーションなどの車載装置に文字や図形(地図など)として表示させる国内向けのシステムであり、道路上に設置した情報発信装置(ビーコン)やFM多重放送などにより、交通情報を提供するものである。

VICSによって提供される情報としては、渋滞情報、所要時間、事故・故障車・工事情報、速度規制・車線規制情報、駐車場の位置、駐車場・サービスエリア・パーキングエリアの満車・空車情報などがある。

これらの情報は、日本道路交通情報センター(JARTIC)が都道府県警察、道路管理者から収集したものである。

特許情報を使って推測した「VICSセンターの技術」

2014年前後の 5件の特許出願で分かるのは、安定的な道路交通関連情報の取得技術やプローブカーを走行させたうえで、道路ごとの状況をデータ化する技術などがある模様。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です