Cooperative Adaptive Cruise Control の略語。 クルーズ・コントロール の1種で、「協調型車間距離維持支援システム」と 和文表記される用語。

技術開発の流れは、定速走行する クルーズ・コントロール 「CC」がクルマに搭載され、次に、LiDARなどのセンサで 前方を走るクルマまでの距離を測り追従走行するアクティブ ・ クルーズ ・ コントロール 「ACC」がクルマに搭載され、その次がCACCがクルマに搭載されることが期待されている。

「CACC」は、未来のクルーズコントロール、或いは、アクティブ ・ クルーズ ・ コントロール として構想されているもので、協調型とあるように、前方を走るクルマのブレーキやアクセルの動きを通信で取得し、 前方を走るクルマ に協調して車間距離を維持する機能として商品化される見込み。ただし、前のクルマにも通信機能が必要なことから、CACC機能を持ったクルマの普及に時間がかかると思わ、一方、運転手不足や運転疲労の課題があるトラック運送に絞り、複数車両が 列をなして走行するトラックの隊列走行といったビジネスが考えられている。

参考) 「CC」「ACC」 の動向

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です