□Technology

縦1列に並んだクルマの車間距離と速度を一定に保って自動走行するシステム技術。

大量の荷物を輸送する複数のトラックに自動運転機能を搭載し、運転手を休んだ状態で、自立走行する機能。

これにより、運転手の負担を軽減できるとともに、疲労による事故などが減ること期待する技術。

技術内容は、隊列内の車間距離を短縮できるように、車間距離制御すること。車線保持の精度向上の技術も必要になる。

走行制御技術では、車間距離が4m~10m 程度で、アルゴリズムや認識アルゴリズム等ソフトウェアの技術が中心になる。

それ以外に、環境 認識技術、位置認識技術、車車間通信、省エネ技術を総合してなされる機能。



ibarakishimbun1
Youtube

●テスラ*テスト走行

テスラ、自動運転トラックの隊列走行をテストへCNET Japan Tesla Motorsが同社の自動車向けに自動運転技術を開発していること、そして、9月に発表予定の電気セミトラックを開発していることは、周知の事実だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です