ニュース
貴陽の無人自動車製造に世界の自動運転エンジニアが結集

「Move it」は、最新自動車技術の開発、製造、振興に専念する自動運転のグローバルな革新的オープンソースコミュニティーである。「Move it Hackathon」はコミュニティー初のオフラインアクティビティーで、自動運転が直面する共通課題に協力して取り組むことを目指している。そのソリューションは無人自動車の革新と適用の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
と連動したVR体験?Uber、自動運転車向けの特許を取得

世界70カ国で配車サービスを展開するUberは、今後もユーザーに新しい乗車体験を提供する技術を追い求めていくことが期待されます。 自動運転車の車内におけるVRの活用については2017年末から大手IT企業でも言及が増えています。Mogura VRでは、各社が取り組むVR/ARとAV(自動運転車)に関する記事を紹介してい …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
貴陽の無人自動車製造に世界の自動運転エンジニアが結集(共同通信PRワイヤー)

この共同キャンプに参加したエンジニアと助言者は全て、一流の自動運転企業と大学からやって来た。アクティビティーはワイヤ制御技術転換、アルゴリズムのデバッグ、自動運転サンプルの製造と試運転、助言の共有などに及んでいる。エンジニアは現地でライン制御車両技術を実践し、ライン制御車両の基本シャシーを …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
脳波やジェスチャー操作も ここまで進化した “未来を感じる”クルマたち (1/2)

脳波やジェスチャーで操作できる――そんなクルマの未来を自動車メーカー各社が描いている。ここ数年で自動運転技術を始め、通信機能を備えるコネクテッドカーとその周辺技術はさらに発展し、未来を感じるクルマたちが数多く登場してきた。 ITmedia NEWSでは、EV(電気自動車)メーカー大手の米Tesla(テスラ)最量販 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
脳波やジェスチャー操作も ここまで進化した “未来を感じる”クルマたち

目的地までの運転操作をクルマ側が担う自動運転技術を採用するのが、トヨタ自動車が「2018年北米国際自動車ショー」(米デトロイト、1月14日~2月28日)で世界初公開したクロス … AIやディープラーニング(深層学習)の技術を取り込み、クルマが運転手の行動を先読みしながら運転をサポートできるようになるとしている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマの先を狙える建設車両自動運転

東日本高速が除雪運転支援に取り組むのは、操作にたけた熟練オペレーターの高齢化や労働者不足を懸念しているからだ。ICT(情報通信技術)を活用して経験の浅いオペレーターでも的確に操作できるようにする。同社は13年度から研究・開発に着手。これまでにGPSを活用して凍結しやすい橋の位置をオペレーターに …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
の情報多すぎて選びにくい=無職・石原信哉・73

高齢運転者による交通事故が報道されることが多くなった。自動車メーカーは自動運転の開発を競って進めているが、これからも技術の支援を受けのある生活を続けたい。 先日、大手3社の新車を見学した。豪華なショールームに、親切で丁寧な販売員。それぞれに好感が持てた。もらったカラフルで分厚いカタログはめくる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自律走行トラックで「空っぽの荷台」を埋めるという、Uberの挑戦が始まった

技術的な障害はまだいくつかある。例えば、一部の州では道路の端に停車している緊急車両を追い越す際、一定の間隔をとるよう義務づけられている。Uberのチームはこの規定に確実に沿うための方法を模索している。 またすべての運転操作を行うドライヴァーと同様、自動運転のトラックに乗車するオペレーターも、周囲の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
東大首席だった山口真由氏、運転免許の試験に落ちていた過去を告白

と告白。東大法学部在学中に司法試験に合格、卒業時には首席だったという華麗な経歴を持つ山口氏の発言に橋下氏らも「落ちる人いるの!?」と驚愕。すると「ペーパーは満点だったんですけど、実技で落とされて…。後ろからも来てたし、いろんなことを言われてパニックになってしまって。生まれて初めて試験に落ちました。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【電子版】米キティホークの空飛ぶ自動運転タクシー、試作機の動画公開 グーグル共同創業者が支援

キティホークのCEOを務めるのはセバスチャン・スラン氏。グーグルの先端技術開発部門であるX(旧グーグルX)を創設し、自動運転車や「グーグルグラス」などの開発プロジェクトを主導した人物として知られる。 空飛ぶ自動運転タクシーを巡っては、参入が相次いでいる。インテルが支援する独ボロコプター(Volocopter)は1月に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です